Glorification賛美

Advanced Information 高度情報

This refers especially to the time when, at the parousia, those who died in Christ and the living believers will be given the resurrection of the body, a final and full "redemption of our body" (Rom. 8:23), preparatory for and suited to the final state of the Christian believer. parousiaで、キリストと生きた信者で亡くなった人は、体の復活、最終的かつ完全な "私たちの体の償還"(ローマ8:23)が与えられるとき、これはのための準備、特に時間を指すとキリスト教信者の最後の状態に適しています。 As a theological term it is a synonym of immortality, when immortality is thought of as the glorification which believers will receive, and not, as erroneously thought of, as simply the continued existence of both the believers and the finally impenitent.神学用語として、それは不滅を信者が受け取る賛美と考える、と、のように誤って信者と最後に改心両方の単に継続的な存在として、考えられていない不滅の同義語です。

Glorification, therefore, is only for believers, and it consists of the redemption of the body.賛美は、したがって、信者のみを対象としており、それが体の償還で構成されています。 At that time "this perishable" will "put on the imperishable," and "this mortal," the body, will "put on immortality" (I Cor. 15:53).その時 "この腐りやすい"は "不滅の上に置く"と "この死を免れ、"体は、(私うわっ。午前15時53分) "不滅置く"しますします。 Then death, the Christian's last enemy (I Cor. 15:26), will be swallowed up in victory (I Cor. 15:54).その後、死は、クリスチャンの最後の敵は(私うわっ。15:26)、勝利(私うわっ。午前15時54分)に飲み込まれます。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The finally impenitent will be resurrected, but this is a second resurrection, to damnation, the "second death" (Rev. 2:11).最後に改心が復活しますが、これは天罰に2番目の復活、 "第二の死"(黙示録2:11)させていただきます。 Scripture does not refer to this second resurrection as either immortality or glorification.聖書は不滅や賛美のいずれかとして、この2番目の復活を参照していません。

Our special glory seems to consist, in part, in the hope we hold to: that we will be glorified.私たちは栄光を受けることを:私たちの特別な栄光は我々が保持を期待して、部分的には、構成されているようだ。 Paul also seems to teach that after the believers are glorified, the whole created world will undergo a fundamental renewal: "For the anxious longing of the creation waits eagerly for the revealing of the sons of God. For the creation was subjected to futility,... in hope that the creation itself will be set free from its corruption into the freedom of the glory of [or glorification of] the children of God" (Rom. 8:19-21 NASB).パウロはまた、信者たちは栄光をされた後、全体の作成世界が根本的なリニューアルを受けることになると教えているようだ。神の子孫で明らかにするために熱心に待ちます "創造の気になる憧れの作成については、無益に供した。 ..作成自体は、[またはの賛美]神の子 "(ローマ8:19-21 NASB)の栄光の自由にその腐敗から解放されることを期待します。

JK Grider JKのグライダー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです