Hail Mary, Ave Maria天使祝詞、アベマリア

Advanced Catholic Information 高度なカトリックの情報

The Hail Mary (sometimes called the "Angelical salutation", sometimes, from the first words in its Latin form, the "Ave Maria") is the most familiar of all the prayers used by the Universal Church in honour of our Blessed Lady.ヘイルメアリーは(時々 "アヴェマリア"は、そのラテン語フォームの最初の言葉から、時々、 "Angelicalあいさつ"とも呼ばれます)私たちの祝福された聖母の名誉のユニバーサル教会で使用されるすべての祈りの中で最も親しまれている。

It is commonly described as consisting of three parts.これは、一般的に3つの部分からなるとして記述されています。 The first, "Hail (Mary) full of grace, the Lord is with thee, blessed art thou amongst women", embodies the words used by the Angel Gabriel in saluting the Blessed Virgin (Luke, I, 28).最初に、 "恵みに満ち雹(メアリー)は、主が女性の間恵まれなた、なたである"聖母マリア(ルカ、I、28)敬礼で天使ガブリエルによって使用される言葉を体現しています。 The second, "and blessed is the fruit of thy womb (Jesus)" , is borrowed from the Divinely inspired greeting of St. Elizabeth (Luke, i, 42), which attaches itself the more naturally to the first part, because the words "benedicta tu in mulieribus" (I, 28) or "inter mulieres" (I, 42) are common to both salutations. 、第二の言葉ので、最初の部分に、より自然に自分自身をアタッチ聖エリザベス(ルーク、私、42)は、神の啓示の挨拶から借りている"と祝福は、なたの子宮の果実(イエス)である" "ベネディクタmulieribusでTU"(I、28)または "インターmulieres"(I、42)は、両方の礼拝に共通しています。 Finally, the petition "Holy Mary, Mother of God, pray for us sinners now and at the hour of our death. Amen." is stated by the official "Catechism of the Council of Trent" to have been framed by the Church itself.最後に、 "聖マリア、神の母は、今、私たちの死の時間で私たち罪人のために祈ります。アーメン。"請願は、教会自体に囲まれてされたと公式の"公教要理トレントの評議会"によって規定されています。 "Most rightly", says the Catechism, "has the Holy Church of God added to this thanksgiving, petition also and the invocation of the most holy Mother of God, thereby implying that we should piously and suppliantly have recourse to her in order that by her intercession she may reconcile God with us sinners and obtainfor us the blessing we need both for this present life and for the life which has no end." "ほとんど間違いなく"、公教要理は言う、 "それによって私たちが敬虔にと嘆願するようにして、そのために、彼女に頼るべきであることを示唆し、また、請願とは、神の最も聖なる母の呼び出し、この感謝祭に神の聖なる教会を追加しました彼女の執り成しは、彼女は私たち罪人とobtainfor私たちと私たちは現世の生活のためとは終わりがありません生活のための両方が必要に祝福を神に和解させることがあります。 "

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Origin起源

It was antecedently probable that the striking words of the Angel's salutation would be adopted by the faithful as soon as personal devotion to the Mother of God manifested itself in the Church.それは、神の御母への個人的な献身は、教会の中で自分自身を明らかにするとすぐに天使のあいさつの印象的な言葉を忠実に採用されるだろうとantecedently概してだった。 The Vulgate rendering, Ave gratia plena , "Hail full of grace", has often been criticized as too explicit a translation of the Greek chaire kecharitomene , but the words arein any case most striking, and the Anglican words are in any case most striking, and the Anglican Revised Version now supplements the "Hail, thouthat art highly favoured" of the original Authorized Version by the marginal alternative, "Hail thou, endued with grace".ウルガタレンダリング、 アヴェグレーシアプレナ 、 "恵みに満ちあられ"は、しばしばギリシャchaire kecharitomeneあまりにも明示的な変換として批判されたが、言葉areinいずれにせよ、最も印象的な、聖公会の言葉はどのような場合に最も顕著であるたと聖公会の改訂版になりましサプリメント "あられ、非常に有利なthouthatアート"限界代替によるオリジナル正規版のは、 "恵みに授け、わたしを呼び止める。" We are not surprised, then, to find these or analogous words employed in a Syriac ritual attributed to Severus, Patriarch of Antioch (c. 513), or by Andrew of Crete and St. John Damascene, or again the "Liber Antiphonarious" of St. Gregory the Great as the offertory of the Mass for the fourth Sunday of Advent.私たちは驚いていないですが、その後、これらのまたはセウェルス、家父長のアンティオキア(紀元前513)、またはクレタ島と聖ヨハネダマシンのアンドリューによって、または再度の "LIBER Antiphonarious"に帰属シリアの儀式で用いられる類似の単語を検索する聖グレゴリーのアドベントの第四日曜日のミサの賽銭として大きい。 But such examples hardly warrant the conclusion that the Hail Mary was at that early period used in the Church as a separate formula of Catholic devotion.しかし、このような例はほとんど雹メアリーはカトリックの信心の別個の式としての教会で使われている早い時期からあったという結論を正当化しません。 Similarly a story attributing the introduction of the Hail Mary to St. Ildephonsus of Toledo must probably be regarded as apocryphal.同様トレドの聖Ildephonsusに雹メアリーの導入を帰物語は、おそらく作り話とみなされなければならない。 The legend narrates how St. Ildephonsus going to the church by night found our Blessed Lady seated in the apse in his own episcopal hair with a choir of virgins around her who were singing her praises.私たちの祝福された聖母が彼女の賞賛を歌っていた彼女の周りの処女の聖歌隊で、自分の聖公会の髪に後陣に座って発見伝説は聖Ildephonsusは夜の教会に行く方法を語っていきます。 Then St. Ildephonsus approached "making a series of genuflections and repeating at each of them those words of the angel's greeting: `Hail Mary full of grace the Lord is with thee, blessed art thou amongst women, and blessed is the fruit of thy womb' ".その後、聖Ildephonsusは"genuflectionsのシリーズを作ってそれらの各々での天使の挨拶のこれらの言葉を繰り返して近づい:`恵みの雹メアリーフル主は女性との間に祝福されたなた、なたであり、祝福されたが、なたの子宮の果物です'"。 Our Lady then showed her pleasure at this homage and rewarded the saint with the gift of a beautiful chasuble (Mabillon, Acta SS. OSB, saec V, pref., no. 119).聖母は、このオマージュで彼女の喜びを見せ、美しいカズラ(マビヨン、ACTA SS。OSBは、SAEC V、県、いいえ。119)の贈り物に聖人を報いた。 The story, however, in this explicit form cannot be traced further back than Hermann of Laon at the beginning of the twelfth century.物語は、しかし、この明示的な形で、12世紀の初めに戻ってさらにランのヘルマンよりもトレースすることはできません。

In point of fact there is little or no trace of the Hail Mary as an accepted devotional formula before about from certain versicles and responsories occurring in the Little Office or Cursus of the Blessed Virgin which just at that time was coming into favour among the monastic orders.実際のところ修道会の間で人気に来ようとしていたちょうどその時その聖母の小さな事務所または毎日の祈りの規則的順序で発生する特定のversiclesとresponsoriesから約前に受け入れられた祈りの式のように雹メアリーのほとんど、あるいはまったく痕跡がある。 Two Anglo-Saxon manuscripts at the British Museum, one of which may be as old as the year 1030, show that the words "Ave Maria" etc. and "benedicta tu in mulieribus et benedictus fructus ventris tui" occurred in almost every part of the Cursus, and though we cannot be sure that these clauses were at first joined together so as to make one prayer, there is conclusive evidence that this had come to pass only a very little later. 1030年と同じくらい古い可能性があります一つは大英博物館で二つのアングロサクソンの写本、言葉 "アヴェマリア"などと "mulieribusらベネディクトゥス烏ベントリスTUIでベネディクタTUは"のほぼすべての部分で発生していることを示し毎日の祈りの規則的順序は、我々はこれらの句が最初にあったことを確認することはできませんけれどもすると、1つの祈りになるように一緒に参加し、これが後に、ごくわずかしか渡すために来たという決定的な証拠がある。 (See "The Month", Nov., 1901, pp. 486-8.) The great collections of Mary-legends which began to be formed in the early years of the twelfth century (see Mussafia, "Marien-legenden") show us that this salutation of our Lady was fast becoming widely prevalent as a form of private devotion, though it is not quite certain how far it was customary to include the clause "and blessedis the fruit of thy womb". (頁486から8、、 "月" 11月、1901年を参照してください)​​12世紀の早い時期に形成されるようになったメアリー - 伝説の偉大なコレクションを( "マリエン-legenden" Mussafiaを参照)を表示私たち聖母のこの挨拶は速い、それは句を含めるのが通例だったどこまで全く定かではないけど、プライベートな献身の形態として広く普及してきて "と、なたの子宮の果実をblessedis"されたこと。 But Abbot Baldwin, a Cistercian who was made Archbishop of Canterbury in 1184, wrote before this date a sort of paraphrase of the Ave Maria in which he says:しかしアボットボールドウィン、1184年にカンタベリー大主教を作ったシトー修道会は、この日付より前に彼が言うているアヴェ·マリアの言い換えのようなものを書いた:

To this salutation of the Angel, by which we daily greet the most Blessed Virgin, with such devotion as we may, we are accustomed to add the words, "and blessed is the fruit of thy womb," by which clause Elizabeth at a later time, on hearing the Virgin's salutation to her, caught up and completed, as it were, the Angel's words, saying: "Blessed are thou amongst women and blessed is the fruit of thy womb."我々は、我々は、単語を追加するには慣れている可能性があるエンジェルのこの挨拶に、それによって我々は毎日そのような献身と、ほとんどの聖母マリアに挨拶後でby句エリザベス "と祝福すると、なたの子宮の果物です"時間は彼女にヴァージンの挨拶を聞いて、それは言って、天使の言葉だったように、追いついて、完成した。 "祝福女性との間に汝あり、祝福されたが、なたの子宮の果物です"

Not long after this (c. 1196) we meet a synodal decree of Eudes de Sully, Bishop of Paris, enjoining upon the clergy the see that the "Salutation of the Blessed Virgin" was familiarly known to their flocks as well as the Creed and the Lord's Prayer; and after this date similar enactments become frequent in every part of the world, beginning in England with the Synod of Durham in 1217.長くないこの後(紀元前1196年)私たちは、 "聖母マリアのあいさつは"親​​し同様クリード彼らの群れに知られているとされていることがわかり聖職者によって禁じる、ユード·ド·シュリー、パリの司教の宗教会議の布告を満たす主の祈りであり、この日付以降に同様の制定は1217年でダーラムの教会会議でイングランドで始まり、世界各地で頻繁になる。

THE HAIL MARY AS A SALUTATIONあいさつ文のASヘイルメアリー

To understand the early developments of this devotion it is important to grasp the fact that those who first used this formula fully recognized that the Ave Maria was merely a form of greeting.この献身の早期進展を理解するためには、まず次の式を使用している人は完全にアヴェマリアが単に挨拶の形式であったことを認識しているという事実を把握する事が重要である。 It was therefore long customary to accompany the words with some external gesture of homage, a genuflection, or least an inclination of the head.それは頭の傾きオマージュ、片ひざをつくのいくつかの外部ジェスチャーで言葉を同行することは長い慣習であったか、少なくとも。 Of St. Aybert, in the twelfth century, it is recorded that he recited 150 Hail Marys daily, 100 with genfluctions and 50 with prostrations.セントAybertのうち、12世紀に、それは彼がprostrationsとgenfluctionsと50と150雹marys毎日、100を唱えたと記録されている。 So Thierry tells us of St. Louis of France that "without counting his other prayers the holy King knelt down every evening fifty times and each time he stood upright then knelt again and repeated slowly an Ave Maria."だからティエリーは "彼の他の祈りを数えずに聖なる王は、毎晩50回ひざまずき、彼は直立するたびに再度ひざまずいて、ゆっくりとアヴェマリアを繰り返している"とフランスのセントルイスを告げ Kneeling at the Ave Maria was enjoined in several of the religious orders.アヴェ·マリアで膝間は宗教的な受注のいくつかで差し止められた。 So in the Ancren Riwle (qv), a treatise which an examination of the Corpus Christi manuscript 402 shows to be of older date than the year 1200, the sisters are instructed that, at the recitation both of the Gloria Patri and the Ave Maria in the Office, they are either to genuflect or to incline profoundly according to the ecclesiastical season.だからAncren Riwle(qv)は、コーパスクリスティの原稿402の試験は1200年より前の日付であることが示している論文では、姉妹はその、グロリアパトリとアヴェマリアの両方の朗読でで指示されているOfficeは、彼らが深く教会の季節に応じて平身低頭する、または傾斜するのいずれかです。 In this way, owing to the fatigue of these repeated prostrations and genufletions, the recitation of a number of Hail Marys wasoften regarded as a penitential exercise, and it is recorded of certain canonized saints, eg the Dominican nun St. Margaret (d. 1292), daughterof the King of Hungary, that on certain days she recited the Ave a thousand times with a thousand prostrations.このように、これらのせいで繰り返さprostrationsとgenufletionsの疲労、雹marys数の暗唱はざんげの行使と見なさwasoften、それが一定の列聖聖人記録されている、例えばドミニコ修道女聖マーガレット(民主党1292 )、daughterof特定の日に、彼女は千prostrationsとアヴェ千回を唱えハンガリーの王。 This concept of the Hail Mary as a form of salutation explains in some measure the practice, which is certainly older than the epoch of St. Dominic, of repeating the greeting as many as 150 times in succession.あいさつの一形態としての雹メアリーのこの概念は、いくつかの測定を連続して150回と同数の挨拶を繰り返すのは確か聖ドミニクのエポックよりも古い習慣を、説明しています。 The idea is akin to that of the "Holy, Holy, Holy", which we are taught to think goes up continually before the throne of the Most High.アイデアは、我々が最も高いの御座の前に継続的に上がると思うように教えられている "聖なる、聖なる、聖なる"のそれに似ています。

DEVELOPMENT OF THE HAIL MARYヘイルメアリーの開発

In the time of St. Louis the Ave Maria ended with the words of St. Elizabeth: "benedictus fructus ventris tui"; it has since been extended by the introduction both of the Holy Name and of a clause of petition.セントルイスの時にアヴェマリアは、聖エリザベスの言葉で終わった: "ベネディクトゥス烏ベントリスTUI"、それは、以来、神聖な名前のと請願の句の両方を導入することによって拡張されています。 As regards the addition of the word "Jesus," or, as it usually ran in the fifteenth century, "Jesus Chrustus, Amen", it is commonly said that this was due to the initiative of Pope Urban IV (1261) and to the confirmation and indulgence of John XXII.単語 "イエス"、または、それは通常、15世紀に走ったように、 "イエスChrustus、アーメン"の追加に関しては、それは一般的に、これはウルバヌスIV(1261)のイニシアチブへとしたことによるものと言われていますジョンXXIIの確認と耽溺。 The evidence does not seem sufficiently clear to warrant positive statement on the point.証拠がポイントにプラスの声明を正当化するのに十分に明確に見えることはありません。 Still, there, can be no doubt that this was the widespread belief of the later Middle Ages.それでも、そこに、これは後の中世に広く信じられていたことは疑うことはできない。 A popular German religious manual of the fifteenth century ("Der Selen Troïst", 1474) even divides the Hail Mary into four portions, and declares that the first part was composed by the Angel Gabriel, the second by St. Elizabeth, the third, consisting only of the Sacred Name, Jesus Christus, by the popes, and the last, ie the word Amen, by the Church. 15世紀のドイツの宗教的な人気のあるマニュアル( "デアセレンTroïst"、1474)でも、4つの部分に天使祝詞を分割して、最初の部分は、天使ガブリエル、聖エリザベスによって第二、第三、によって作曲されたことを宣言教皇による神聖な名前は、イエスクリストゥス、、、最後だけから成る、教会によって、単語はアーメン、すなわち。

THE HAIL MARY AS A PRAYER祈りと天使祝詞

It was often made a subject of reproach against the Catholics by the Reformers that the Hail Mary which they so constantly repeated was not properly a prayer.それは頻繁に彼らがそう絶えず繰り返さアベマリアの祈りが正しくなかったことを改革派カトリック教徒に対する非難の対象にしました。 It was a greeting which contained no petition (see. eg Latimer, Works, II, 229-230).それは請願(see.例えばラティマー、ワークス、II、229から230)を含んでいなかった挨拶でした。 This objection would seem to have long been felt, and as a consequence it was uncommon during the fourteenth and fifteenth centuries for those who recited their Aves privately to add some clause at the end, after the words "ventris tui Jesus".この異議は長く感じているように見えるし、結果としてそれが言葉 "ベントリスTUIイエス"の後に、最後にいくつかの句を追加するには、個人的に彼らの鳥類を唱えた人々のために14と15世紀中には珍しくなかった。 Traces of this practice meet us particularly in the verse paraphrases of the Ave which date from this period.このような行為の痕跡は、特にこの時期から現在までAveの詩の言い換えで私たちを満たしています。 The most famous of these is that attributed, though incorrectly, to Dante, and belonging in any case to the first half of the fourteenth century.これらの中で最も有名なのはダンテには、しかし誤って帰属し、14世紀前半にどのような場合に属するということです。 In this paraphrase the Hail Mary ends with the following words:この言い換えで雹メアリーは次の言葉で終わっている:

O Vergin benedetta, sempre tu O Verginベネデッタ、ゼンパーTU
Ora per noi a Dio, che ci perdoni,ノイAディオ、cheのCI perdoni、当たりオラ
E diaci grazia a viver si quaggiu E diaciグラツィアviver SI quaggiu
Che'l paradiso al nostro fin ci doni; Che'lパラディーゾアルフィン当方CIドニ;

(Oh blessed Virgin, pray to God for us always, that He may pardon us and give us grace, so to live here below that He may reward us with paradise at our death.) (ああ聖母マリア、彼は私たちを許して、私たちに恵みを与えるため、彼は我々の死で楽園を私たちに報いることができるように、下記ここに住んでもよいこと、いつも私たちのために神に祈る。)

Comparing the versions of the Ave existing in various languages, eg Italian, Spanish, German, Provençal, we find that there is a general tendency to conclude with an appeal for sinners and especially for help at the hour of death.例えば、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、プロバンスの様々な言語で、既存のアヴェのバージョンを比較すると、我々は罪人のために、特に死の時間に助けを訴えると結論するための一般的な傾向があることがわかります。 Still a good deal of variety prevailed in these forms of petition.まだいろいろの良い取引が請願のこれらのフォームで勝った。 At the close of the fifteenth century there was not any officially approved conclusion, though a form closely resembling our present one was sometimes designated as "the prayer of Pope Alexander VI" (see "Der Katholik", April, 1903, p. 334), and was engraved separately on bells (Beisesel, "Verehrung Maria", p. 460).フォームは密接に私たちの現在の1は時々 "教皇アレクサンデル六世の祈り"として指定された似たけれども、15世紀の近くで任意の正式承認された結論は、ありませんでした( "デアKatholik"を参照して、4月、1903年、p。334) 、および(Beisesel、 "Verehrungマリア"は、p。460)鐘で別々に刻まれた。 But for liturgical purposes the Ave down to the year 1568 ended with "Jesus, Amen", and an observation in the "Myroure of our Ldy" written for the Bridgettine nuns of Syon, clearly indicates the generally feeling.しかし、 "イエス、アーメン"と、サイオンのBridgettine修道女のために書かれた "私たちのLDYのMyroure"の観察で終わった1568年にダウンアヴェ典礼の目的のために、はっきりと、一般的に気持ちを示しています。 "Some saye at the begynnyng of this salutacyon Ave benigne Jesu and some saye after `Maria mater Dei', with other addycyons at the ende also. And such thinges may be saide when folke saye their Aves of theyr own devocyon. But in the servyce of the chyrche, I trowe it to be moste sewer and moste medeful (ie meritorious) to obey the comon use of saying, as the chyrche hath set, without all such addicions." "このsalutacyonアヴェbenigneイエズスのbegynnyngでいくつかのフィールドセイと`マリアの母校·デイ "の後のいくつかのフィールドセイ、エンデで他addycyonsとも。そして、このようなthingesはtheyr自身devocyonのSAIDE時フォルケフィールドセイ彼らの鳥類かもしれません。しかしservyceでchyrche、私はそれがそのようなすべてのchyrche addicionsことなく、設定され、かれらのように、というのはcomonの使用に従うことをMOSTE下水道とMOSTE medeful(すなわち勲功)になるようにtrowe。 "

We meet the Ave as we know it now, printed in the breviary of the Camaldolese monks, and in that of the Order de Mercede c.我々は今それを知っているようCamaldolese僧侶の聖務日課書に印刷され、アヴェを満たし、政令デMercede cのインチ 1514. 1514年。 Probably this, the current form of Ave, came from Italy, and Esser asserts that it is to be found written exactly as we say it now in the handwriting of St. Antoninus of Florence who died in 1459.おそらく、この、Aveの現在のフォームは、イタリアから来て、Esser氏は、それは我々が1459年に亡くなったフィレンツェの聖アントニヌスの手書きで、今それを言うように正確に書かれて発見されると主張している。 This, however, is doubtful.しかし、これは疑問である。 What is certain is that an Ave Maria identical with our own, except for the omission of the single word nostrae , stands printed at the head of the little work of Savonarola's issued in 1495, of which there is a copy in the British Museum.確かなことは私たち自身と同一のアヴェマリアは、単一ワードnostraeの省略を除いて、大英博物館内のコピーがあるうちサヴォナローラの1495年に発行されたのほとんどの仕事のヘッドに印刷さ立っている。です Even earlier than this, in a French edition of the "Calendar of Shepherds" which appeared in is repeated in Pynson's English translation a few years later in the form: "Holy Mary moder of God praye for us synners. Amen. ".以前にも、これよりも、数年後には形でピンソンの英訳で繰り返されるで登場し、 "羊飼いのカレンダー"のフランス語版では"神prayeの聖マリアたちsynners Moderのためのアーメン"。 In an illustration which appears in the same book, the pope and the whole Church are depicted kneeling before our Lady and greeting her with this third part of the Ave.同じ本の中で表示される図では、教皇と教会全体が聖母の前にひざまずいてAveのこの3番目の部分で彼女を迎えて描かれている。 The official recognition of the Ave Maria in its complete form, though foreshadowed in the words of the Catechism of the Council of Trent, as quoted at the beginning of this article, was finally given in the Roman Breviary of 1568.完全な形でのアヴェマリアの公式認識が、しかし公教要理トレントの評議会の言葉を予示、この資料の冒頭に引用したように、最終的に1568年のローマの聖務日課書で与えられた。

One or two other points connected with the Hail Mary can only be briefly touched upon.ヘイルメアリーに接続他の1つまたは2つのポイントは簡単にしか触れられてすることができます。 It would seem that in the Middle Ages the Ave often become so closely connected with the Pater noster, that it was treated as a sort of farsura , or insertion, before the words et ne nos inducas in tentationem when the Pater noster was said secreto (see several examples quoted in "The Month", Nov., 1901, p. 490).主の祈りは、secretoと言われたとき、それは(中世にAVEがしばしば言葉の前に、それはfarsuraのソート、または挿入として扱われたので、密接に主の祈りと接続tentationemでらねNOSのinducasになるように思われる"月"に引用され、いくつかの例では、11月、1901年、p。490)を参照してください。 The practice of preachers interrupting their sermons near the beginning to say the Ave Maria seems to have been introduced in the Middle Ages and to be of Franciscan origin (Beissel, p. 254).アヴェマリアに言っても初めの近くに説教を中断説教師の実践は、中世に導入されているようだと(バイセルは、p。254)フランシスコ会の起源である。 A curious illustration of its retention among English Catholics in the reign of James II may be found in the "Diary" of Mr. John Thoresby (I, 182).ジェームズ2世の治世に英語カトリック教徒の間でその保持の奇妙なイラストがミスタージョンThoresbyの "日記"(I、182)で見つけられるかもしれません。 It may also be noticed that although modern Catholic usage is agreed in favouring the form "the Lord is with thee", this is a comparatively recent development.それはまた、現代のカトリックの使用量はフォームを好んで合意しているが、 "主があなたと共にある"と気づいたことがあり、これは比較的最近の開発です。 The more general custom a century ago was to say "our Lord is with thee", and Cardinal Wiseman in one of his essays strongly reprobates change (Essays on Various Subjects, I, 76), characterizing it as "stiff, cantish and destructive of the unction which the prayer breathes".より一般的なカスタムは1世紀前、 "わたしたちの主はあなたと共にいる"と言うことであり、彼のエッセイの一つでワイズマン枢機卿は強く "、硬いcantishとの破壊として、それを特徴付ける、変化を(さまざまなテーマのエッセイ、私、76)reprobates祈りは呼吸する塗油 "。 Finally it may be noticed that in some places, and notably in Ireland, the feeling still survives that the Hail Mary is complete with the word Jesus.最後に、それはいくつかの場所であり、特にアイルランドでは、気持ちはまだ雹メアリーは、単語イエスと完全であることを生き残ることに気づいたことがあります。 Indeed the writer is informed that within living memory it was not uncommon for Irish peasant, when bidden to say Hail Marys for a penance, to ask whether they were required to say the Holy Marys too.確かに作家は、彼らがあまりにも神聖Marysの回答を要求され​​たかどうかを聞いて、贖罪のために雹marysを言うときに招かれ、生きているメモリ内にそれがアイルランドの農民のために珍しくなかったことが通知されます。 Upon the Ave Maria in the sense of Angelus, see ANGELUS.お告げの意味でのアヴェマリア時、お告げを参照してください。 On account of its connection with the Angelus, the Ave Maria was often inscribed on bells.アンジェラスとの接続のアカウントでは、アヴェマリアは、しばしば、鐘に刻まれた。 One such bell at Eskild in Denmark, dating from about the year 1200, bears the Ave Maria engraved upon it in runic characters.デンマークのEskild 1つのそのような鐘は、約1200年から交際、ルーン文字で、その上に刻まれたアヴェ·マリアを負いません。 (See Uldall, "Danmarks Middelalderlige Kirkeklokker", Copenhagen, 1906, p. 22.) (Uldallを参照して、コペンハーゲン、1906年、p "のMiddelalderlige KirkeklokkerをDanmarks" 22。)

Herbert Thurstonハーバートサーストン

The Catholic Encyclopedia, Volume VII カトリック百科事典は、第VII巻



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです