Christian Halo, Nimbusキリスト教ハロー、ニンバス

General Information 一般的な情報

In Christian sacred art (Eastern and Western churches), holy persons (saints) are depicted with a halo, a golden, yellow or white circular glow, around the head.キリスト教の神聖な芸術(東と西の教会)では、神聖な人(聖人)が頭の周りにハロー、黄金色、黄色または白色の円形の輝きと共に描かれている。 It is sometimes called a nimbus as well.それは時々だけでなく、雨雲と呼ばれています。

The halo appears in the art of ancient Greece and Rome, and was incorporated into Christian art sometime in the 4th century.ハローは、古代ギリシャやローマの芸術に表示され、いつか4世紀にキリスト教美術に組み込まれました。 Round halos are used to signify saints.ラウンドハローは、聖人を意味するのに使用されます。 A cross within a halo is used to represent Jesus Christ.ハロー内でのクロスは、イエス·キリストを表すために使用されます。 Triangular halos are used for representations of the Trinity.三角形のハローは、三位一体の表現に使用されます。 Square halo are used to depict unusually saintly living personages.スクエアハロは異常に聖人のような生きている人物を描くために使用されています。

In popular piety, this practice has led to the belief that saints during their earthly life actually walked around with a halo around their head.人気の信心深さでは、このような行為は、地上の生命の間に聖人が実際に自分の頭の周りにハロで歩き回っという信念につながっている。 Of the many wonderful stories about saints, some report that a saint was literally glowing.聖人、聖人、文字通り光ったことをいくつかの報告書については、多くの素晴らしいストーリーの。 This is called the aureole, a lemon-drop-shaped item that appears to radiate from the entire body of the holy being.これは、変成帯、聖なる存在の全体の体から放射状に現れるレモンドロップ形のアイテムと呼ばれています。 Finally, there is also "glory," a glowing effusion used to cover up depictions of genitalia.最後に、 "栄光"性器の描写を隠蔽するために使用される白熱胸水もある。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The halo underwent an interesting transformation during the Renaissance.ハロは、ルネッサンス時代に興味深い変貌を遂げる。 Originally, the halo represented a glow of sanctity emanating from the head.もともと、ハロは頭部から発せられる尊厳の輝きを表現。 Since it was conventionally drawn as a circle, during the Renaissance, when perspective became more important in art, the halo was changed from an aura surrounding the head to a golden ring that appeared in perspective, mysteriously floating above the heads of the saints.それは、従来の円として描かれていたので、ルネッサンス時代に、視点は芸術で、より重要になったときに、ハロは不思議聖人の頭の上に浮かんで、視点に登場黄金のリングに頭を取り巻くオーラから変更されました。


Haloハロー

General Information 一般的な情報

The Halo, also called Nimbus, in art, is a radiant circle or disk surrounding the head of a holy person, a representation of spiritual character through the symbolism of light.ニンバスとも呼ばれるハロは、当技術分野では、神聖な人は、光の象徴を通じて精神的なキャラクターの表現の頭部を囲む晴れやかなサークルやディスクです。 In Hellenistic and Roman art the sun-god Helios and Roman emperors often appear with a crown of rays.ヘレニズムやローマの芸術では太陽神ヘリオスとローマ皇帝はしばしば光の冠付きで表示されます。 Because of its pagan origin, the form was avoided in Early Christian art, but a simple circular nimbus was adopted by Christian emperors for their official portraits.その異教の起源のために、フォームは初期キリスト教美術では避けていましたが、単純な円形の雨雲は、彼らの公式肖像画のためのキリスト教皇帝で採択された。

From the middle of the 4th century, Christ was also shown with this imperial attribute, as was his symbol, the Lamb of God, from the end of the 4th century.四世紀半ばから、キリストはまた彼のシンボル、神の子羊は、4世紀の終わりからあったように、この帝国の属性で示された。 In the 5th century it was sometimes given to angels, but it was not until the 6th century that the halo became customary for the Virgin Mary and other saints. 5世紀にそれは時々天使に与えられましたが、それはハロは聖母マリアや他の聖徒のために慣習的になった6世紀までなかった。 For a period during the 5th century, living persons of eminence were depicted with a square nimbus. 5世紀の間に期間については、隆起の住んでいる人は、正方形のニンバス描かれた。

The halo was used regularly in representations of Christ, the angels, and the saints throughout the Middle Ages.ハローは中世にキリスト、天使と聖人の表現で定期的に使用されていました。 Often Christ's halo is quartered by the lines of a cross or inscribed with three bands, interpreted to signify his position in the Trinity.しばしばキリストのハローは、クロスの線で四つまたは三位一体の彼の位置を意味すると解釈3バンド、と刻まれています。 From the 15th century, however, with the growth of naturalism in Renaissance art, the nimbus created problems in representation. 15世紀からは、しかし、ルネサンス美術における自然主義の成長とともに、雨雲は、表現の問題を作成しました。 At first it was treated by some Florentine artists as a solid object seen in perspective, a disk fixed to the back of a saint's head.当初は視点で見られる固体オブジェクトのようないくつかのフィレンツェの芸術家、聖人の頭の後ろに固定されたディスクで処理した。 The inadequacy of this solution led to its decline in Italian art in the 16th century and to its abandonment by Michelangelo and Titian.この解決策の不備は16世紀のイタリアの芸術におけるその衰退に、ミケランジェロやティツィアーノその放棄につながった。 In Flemish painting of the 15th century, it began to be represented as rays of light; under the influence of the Counter-Reformation, which sought to restore a glorious conception to religious art, this form was adopted by Italian artists of the late 16th century, notably Tintoretto, as a realistically rendered light emanating from the holy person's head. 15世紀のフランドル絵画では、それは光の線のように表されるようになった。宗教美術への栄光概念を復元しようとした反宗教改革の影響を受けて、このフォームは、16世紀後半のイタリアの芸術家によって採用されました、特に神聖な人の頭から出てくる現実的にレンダリングされた光として、ティントレット。 This new interpretation was the standard one in the Baroque period and in most subsequent religious works.この新しい解釈は、バロック時代に、最もその後の宗教的な作品で標準的なものであった。

The halo is also found in Buddhist art of India, appearing from the late 3rd century AD.ハローも後半3世紀から現れる、インドの仏教美術に見られる。 It is believed that the motif was brought to the East by Greek invaders.それはモチーフはギリシャの侵略者によって東アジアにもたらされたと考えられている。

Encyclopaedia Britannicaブリタニカ大百科事典


Nimbus雨雲

Advanced Information 高度情報

(Latin, related to Nebula, nephele, properly vapour, cloud), in art and archaeology signifies a shining light implying great dignity. (正しく星雲に関連するラテン語、ネペレ、蒸気、雲)、芸術と考古学の偉大な尊厳を示唆輝く光を意味します。 Closely related are the halo, glory, and aureole.密接に関連して、ハロ、栄光、そして栄冠です。

In Nature自然

All such symbols originate in natural phenomena, scientifically accounted for in textbooks on physics.このようなすべてのシンボルは、自然現象に由来する科学的に物理学の教科書に計上。 There are circular phenomena of light in drops or bubbles of water and in ice crystals which by the refraction of light reveal in greater or less degree the spectral colours.光の屈折により大きい、または小さい程度のスペクトルの色で明らかに水滴や水の泡で、氷結晶中の光の円形の現象があります。 Of the accompanying phenomena the horizontal and vertical diameters, the "column of light", may be mentioned.随伴現象の水平方向と垂直方向の直径は、 "光の柱"が挙げられる。 The curious rings of light or colour similar to the above, which often form themselves before the iris of the eye even in candle light, are more gorgeous on the mountain mist (Pilatus, Rigi, and Brocken), if the beholder has the sun behind him; they surround his shadow as it is projected upon the clouds.多くの場合、ろうそくの光の中でさえ目の虹彩前に自分自身を形成し、見る人の背後に太陽を持っている場合、山のミスト(ピラトゥス、リギ山、そしてブロッケン)の詳細ゴージャスです上記と同様の光や色の好奇リング、彼は、それが雲に投影されると、彼らは自分の影を囲む。 The dewdrops in a meadow can produce an appearance of light around a shadow, without, however, forming distinct circles.牧草地で露は別個のサークルを形成するが、なくても、影の周りに光の外観を生成することができます。

Occasionally one even sees the planet Venus veiled by a disc of light.時折1つでも光のベールに包まれたディスクで金星を見ている。 The phenomena of discs and broad rings are more usual in the sun and moon.ディスクと広いリングの現象は、太陽と月で、より一般的である。 The Babylonians studied them diligently (Kugler, "Sternkunde und Sterndienst in Babel", II, 1).バビロニア人は(クーグラー、 "バベルでSternkundeウントSterndienst"、2世、1)熱心にそれらを検討した。 The terminology of these phenomena is vague.これらの現象の用語は曖昧である。 The disc or circle around the sun can be correctly called "anthelia", and the ring around the moon "halo".太陽の周りをディスクまたはサークルは正しく "アンセリア"と呼ばれ、月の "ハロ"の周りにリングすることができます。 A more usual name is "aureole", which in a restricted sense means an oval or elliptical ray of light like a medallion.もっと普段の名前は、狭義にはメダリオンのような光の楕円形または楕円形の線を意味する "栄冠"です。 If the brightness is merely a luminous glow without definitely forming ring, circle.明るさは間違いなくリング、サークルを形成することなく、単に明るい輝きである場合。 or ellipse, it is usually spoken of as a "glory".または楕円、それは通常、 "栄光"として語られている。 The types in nature in which rays or beams of light with or without colour challenge attention, suggested the symbolical use of the nimbus to denote high dignity or power.自然の中でタイプはどの色でチャレンジ注意の有無に関わらず、光線またはビームは、高品格、または電源を示すために、雨雲の象徴的な利用を提案。 It is thus that Divine characteristics and the loftiest types of humanity were denoted by the nimbus.それは神の特性と人間のloftiestタイプは雨雲によって示されたことことである。

In Poetry詩の

In poetry, this symbol of light is chiefly used in the form of rays and flames or a diffused glow.詩では、光のこのシンボルは、主光線と炎や拡散グローの形で使用されています。 The Bible presents the best example: God is Light.聖書は、最良の例を提示します:神は光です。 The Son of God, the Brightness of His Father's glory (Hebr., i, 3).神の御子は、御父の栄光の明るさ(Hebr.、私は、3)。 An emerald light surrounds God and His throne (Apoc., iv, 3), and the Son of Man seems to the prophet a flame of fire (Apoc., i, 14 sq.).エメラルド色の光は、神と神の御座(Apoc.、4世、3)を取り囲み、人の子は、預言者の火の炎(Apoc.、I、14㎡)には思える。 So also He appeared in His Transfiguration on Tabor.だからまた、彼は、ターボルの彼の変貌で登場しました。 On Sinai, God appeared in a cloud which at once concealed and revealed Him (Ex., xxiv, 16, sq.) and even the countenance of Moses shone with a marvellous light in the presence of God (Ex., xxxiv, 29, sq.).シナイ山で、神は一度隠さクラウドで登場し、(例、24、16平方)彼を明らかにし、さらにモーセの表情は、神の存在(例、34、29日には不思議光で輝いていた㎡)。 Such descriptions may have influenced Christian artists to distinguish God and the saints by means of a halo, especially around the head.そのような記述は、特に頭の周りに、ハローによって神や聖人を区別するために、キリスト教の芸術家に影響を与えている可能性があります。 They were also familiar with the descriptions of the classical poets whose gods appeared veiled by a cloud; eg according to Virgil, divinity appears "nimbo circumdata, succincta, effulgens" (bathed in light and shining through a cloud).彼らはまた、神々雲のベールに包ま登場古典詩人の説明を十分に理解した;例えばバージルによると、神は "nimbo circumdata、succincta、effulgens"(光が差し込み、雲を通して輝く)が表示されます。

In Artアートで

In the plastic arts (painting and sculpture) the symbolism of the nimbus was early in use among the pagans who determined its form.造形芸術(絵画や彫刻)の雨雲の象徴性は、早期にその形式を決定異教徒間で使用中だった。 In the monuments of Hellenic and Roman art, the heads of the gods, heroes, and other distinguished persons are often found with a disc-shaped halo, a circle of light, or a rayed-fillet.古代ギリシャやローマの芸術のモニュメントでは、神々、英雄、および他の著名人の頭は、しばしば、円盤状のハロ、光の輪、あるいは写真を撮る - フィレットで発見されています。 They are, therefore, associated especially with gods and creatures of light such as the Phoenix.彼らは、したがって、特に神々やフェニックスのような光の生き物に関連付けられています。 The disc of light is likewise used in the Pompeian wall paintings to typify gods and demigods only, but later, in profane art it was extended to cherubs or even simple personifications, and is simply a reminder that the figures so depicted are not human.光のディスクも同様に、唯一神とdemigodsを類型化するポンペイの壁画に使用されますが、後で、不敬、当技術分野では天使、あるいは単純な擬人に延長された、と単純に数字が描かれ、人間ではないことを思い出させてくれます。 In the miniatures of the oldest Virgil manuscript all the great personages wear a nimbus.最古のバージル原稿のミニチュアで、すべての偉大な人物は、雨雲を着用してください。

The custom of the Egyptian and Syrian kings of having themselves represented with a rayed crown to indicate the status of demigods, spread throughout the East and the West.自分自身を持っていることのエジプトやシリアの王のカスタムは、東西に広がっdemigodsのステータスを示すために写真を撮るの冠で表現。 In Rome the halo was first used only for deceased emperors as a sign of celestial bliss, but afterwards living rulers also were given the rayed crown, and after the third century, although not first by Constantine, the simple rayed nimbus.ローマでは、ハローが最初に天の至福の印として故人の皇帝のためにのみ使用されますが、その後定規を住んでいたことも写真を撮るの冠を与えられ、第三世紀以降、コンスタンティン、シンプルな写真を撮る雨雲が最初ではないが、された。 Under Constantine the rayed crown appears only in exceptional cases on the coin, and was first adopted emblematically by Julian the Apostate.コンスタンティヌスの下芒王冠はコインで例外的な場合にのみ表示され、最初のジュリアンの背教によってemblematically採択された。 Henceforth the nimbus appears without rays, as the emperors now wished themselves considered worthy of great honour, but no longer as divine beings.今後は雨雲は皇帝が今自身が偉大な名誉の価値があると考えられませんが、神聖な生き物として、もはや望んだように、線が表示されなくなります。

In early Christian art, the rayed nimbus as well as the rayless disc were adopted in accordance with tradition.初期キリスト教美術では、写真を撮るの雨雲と同様真っ暗なディスクは、伝統に基づいて採択された。 The sun and the Phoenix received, as in pagan art, a wreath or a rayed crown, also the simple halo.太陽とフェニックスはまた異教美術、花輪や写真を撮る冠、シンプルなハローのように、受け取った。 The latter was reserved not only for emperors but for men of genius and personifications of all kinds, although both in ecclesiastical and profane art, this emblem was usually omitted in ideal figures.両方の教会と世俗の技術では、このエンブレムは、通常、理想的な数値では省略したが、後者は、皇帝のためではなく、すべての種類の天才と擬人の男性のためだけでなく、予約されていた。 In other cases the influence of ancient art tradition must not be denied.他のケースでは、古代芸術の伝統の影響を否定してはいけません。 The Middle Ages scarcely recognized such influence, and were satisfied to refer to the Bible as an example for wreath and crown or shield shaped discs as marks of honour to holy personages.中世はほとんどそのような影響を認識しておらず、花輪やクラウンや神聖な人への名誉の印として盾形のディスクのための例としては、聖書を参照するために満足していた。 Durandus writes:ドゥランドゥスは書いている:

"Sic omnes sancti pinguntur coronati, quasi dicerunt. Filiae Jerusalem, venite et videte martyres cum coronis quibus coronavit eas Dominus. Et in Libro Sapientiae: Justi accipient regnum decoris et diadema speciei de manu Domini. Corona autem huiusmodi depingitur in forma scuti rotundi, quia sancti Dei protectione divina fruuntur, unde cantant gratulabundi: Domine ut scuto bonae voluntatis tuae coronasti nos" (Thus all the saints are depicted, crowned as if they would say: O Daughters of Jerusalem, come and see the martyrs with the crowns with which the Lord has crowned them. And in the Book of Wisdom: The Just shall receive a kingdom of glory, and a crown of beauty at the hands of the Lord, and a crown of this kind is shown in the form of a round shield. because they enjoy the divine protection of the Holy God, whence they sing rejoicing: O Lord, Thou hast crowned us with a shield of Thy goods-will.) (Rationale divin. offic., I, 3, 19, sq.). "シックomnesサンクpinguntur coronati、準dicerunt Filiaeエルサレム、リブロSapientiaeで料理Veniteらvidete martyres兼coronis quibus coronavit EAS Dominus ET:。ユスティaccipientレグナムdecorisらディアデーマspecieiデ·マヌードミニコロナautem huiusmodi depingiturでフォーマscuti rotundi、quia。サンクデイprotectioneヴィfruuntur、未定義cantant gratulabundi:ドミネUT scuto bonae voluntatis tuae coronasti NOS "(したがって、すべての聖人が描かれ、彼らが言うかのように戴冠:エルサレムの娘たちが、来て、冠と殉教者を見ていると主は彼らの栄冠と知恵の書にしました:。ただ王国の栄光、主の手で美の冠を受けるものとし、この種の冠は、ラウンドシールドの形で示されているためです。彼らは聖なる神の加護を享受し、彼らが歌うwhenceが歓喜:主よ、汝の盾で私たちを戴冠汝財ん)(根拠divin offic、私、3、19㎡)。。

Furthermore the Middle Ages are almost exclusively accredited with the extension of symbolism inasmuch as they traced, sometimes felicitously, allusions to Christian truths in existing symbols, of which they sought no other origin.また中世はほぼ全面的に、時には適切には、彼らはトレースだけれども象徴の拡張子を持つ彼らは、他の起源を求めていませんそのうち既存のシンボルでキリスト教の真理への当てつけを認定されています。 Durandus adds to the passage quoted above, the nimbus containing a cross, usual in the figures of Christ, signifying redemption through the Cross, and the square nimbus which was occasionally combined with it in living persons, to typify the four cardinal virtues.ドゥランドゥス上記の引用文に追加され、キリストの姿でいつもの十字架、十字架を通して償還を意味し、時折4枢機卿の美徳を類型化する、生きている人にそれと一緒にした正方形のニンバスを含む雨雲。 Judging by the principal monuments, however, the square nimbus appears to be only a variant of the round halo used to preserve a distinction and thus guard against placing living persons on a par with the saints.主な建造物から判断すると、しかし、正方形のニンバスは聖人並みに生きている者を配置することを防ぐので、区別を保存するために使用し、ラウンドハロの唯一のバリアントであるように見えます。 The idea of the cardinal virtues, the firmness of a squared stone, or the imperfection of a square figure as contrasted with a round one was merely a later development.ラウンド1とは対照的に枢機卿の美徳、乗石の硬さ、または正方形の図の不完全性のアイデアは、単に後の開発であった。 In the cross nimbus the association of the nimbus with an annexed cross must be conceded historical; but that this cross is a "signum Christi crucifixi" Durandus probably interprets correctly.このクロスドゥランドゥスおそらく正しく解釈 "クリスティcrucifixiはシグナム"であることはなく、併合してクロス雨雲の雨雲の関連付けは、クロスは歴史的譲歩しなければならない。

Origin起源

As stated above the nimbus was in use long before the Christian era.雨雲の上に述べたように、キリスト教の時代のずっと前に使用されていた。 According to the exhaustive researches of Stephani it was an invention of the Hellenic epoch.シュテファニの徹底的な研究によると、それは、古代ギリシャ時代の発明でした。 In early Christian art the nimbus certainly is not found on images of God and celestial beings, but only on figures borrowed from profane art, and in Biblical scenes; in place of the simple nimbus, rays or an aureole (with the nimbus) were made to portray heavenly glory.初期キリスト教美術の雨雲は確かに神と天の生き物の画像で発見されていませんが、唯一不敬技術から借りた数字であり、聖書の場面で、単純な雨雲、線や栄冠(雨雲付き)の代わりに作られた天の栄光を描いています。 Hence it follows that the Bible furnished no example for the bestowal of a halo upon individual saintly personages.したがって、それは、聖書が個々の聖人のような人物に応じてハロの贈り物のために全く例を提出していないということになります。 As a matter of fact the nimbus, as an inheritance from ancient art tradition, was readily adopted and ultimately found the widest application because the symbol of light for all divine, saintly ideals is offered by nature and not infrequently used in Scripture.実際のところ、雨雲は、古代芸術の伝統からの継承として、容易に採用され、すべての神、聖人のような理想のために、光のシンボルは自然によって提供されるとまれに聖書の中で使用されていないため、最終的に最も広いアプリケーションを見つけました。 In contemporary pagan art, the nimbus as a symbol of divinity had become so indefinite, that it must have been accepted as something quite new.現代の異教の技術では、神性の象徴としての雨雲は、それが全く新しいものとして受け入れられている必要があることなので、不定になっていた。

The nimbus of early Christian art manifests only in a few particular drawings, its relationship with that of late antiquity.初期キリスト教美術の雨雲は、いくつかの特定の図面、古代後期のそれとの関係でのみ現れる。 In the first half of the fourth century, Christ received a nimbus only when portrayed seated upon a throne or in an exalted and princely character, but it had already been used since Constantine, in pictures of the emperors, and was emblematic, not so much of divine as of human dignity and greatness.あまりないので、4世紀前半には、キリストが王座または高貴と豪壮な文字で座って描かのみ雨雲を受けたが、それはすでに皇帝の絵で、コンスタンティン以来使用されていたが、象徴的だった人間の尊厳と偉大さのように神の。 In other scenes however, Christ at that time was represented without this emblem.他のシーンではしかし、キリストは、その時点でこのエンブレムなしで表されました。 The "exaltation" of Christ as indicated by the nimbus, refers to His dignity as a teacher and king rather than to His Godhead.雨雲によって示されるように "キリストの高揚"は、先生と王としての彼の尊厳はなく、彼の神性を意味します。 Before long the nimbus became a fixed symbol of Christ and later (in the fourth century), of an angel or a lamb when used as the type of Christ.やがて雨雲はキリストの固定シンボルとなった以降(4世紀)は、天使やキリストの型として使用する子羊の。 The number of personages who were given a halo increased rapidly, until towards the end of the sixth century the use of symbols in the Christian Church became as general as it had formerly been in pagan art.それはかつて異教のアートにされていたとして、キリスト教の教会のシンボルの使用が一般的となった6世紀の終わりに向かってまでハローを与えられた人物の数は急速に増加した。

Miniature painting in its cycle represents all the most important personages with haloes, just as did the Virgil codex, so that the continuity of the secular and Christian styles is obvious.そのサイクルで細密画は世俗とキリスト教スタイルの連続性が明らかになるように、ウェルギリウスコーデックスがやったのと同じように、ハローを持つすべての最も重要な人物を表しています。 This connection is definitively revealed when royal persons, eg, Herod, receive a nimbus.王家の人、例えば、ヘロデは、ニンバスを受け取るときに、この接続は決定的に明らかにされています。 Very soon the Blessed Virgin Mary always, and martyrs and saints usually, were crowned with a halo.非常にすぐに聖母マリア、いつもと殉教者と聖人通常は、ハロで戴冠した。 More rarely the beloved dead or some person conspicuous for his position or dignity were so honoured.より稀彼の立場や尊厳のために目立つの最愛の人が死亡またはいくつかの人はとても光栄に思ってなかった。 Saints were so represented if they constituted the central figure or needed to be distinguished from the surrounding personages.彼らが中心人物を構成したり周囲の人物を区別することが必要であれば聖人はそう表現した。 The nimbus was used arbitrarily in personification, Gospel types, and the like.雨雲が擬人化、ゴスペルの種類、等に任意に使用されていました。 Official representations clearly show a fixed system, but outside of these there was great variety.公式の表現が明確に固定されたシステムを示しているが、これらの外に多種多様がありました。 Works of art may be distinctly differentiated according to their birthplace.芸術作品は、はっきりと彼らの発祥の地に応じて分化させることができる。 The nimbus in the Orient seems to has e been in general use at an early period, but whether it was first adopted from ecclesiastical art is uncertain.オリエントの雨雲は、期間を早期に一般的に使用された電子を持っているようだが、それが最初に教会の芸術から採用されたかどうかは不明である。 In general the customs of the East and West are parallel; for instance, in the West the personifications appear with a nimbus as early as the third century and Christ enthroned no later than in the East (in the time of Constantine).一般的に東洋と西洋の習慣は平行であり、例えば、西洋で擬人は、遅くとも東(コンスタンティヌスの時間)に比べて即位していない第三世紀とキリスト早けれ雨雲と一緒に表示されます。 Their nature makes it apparent that in every department of plastic art the nimbus is more rarely used than in painting.その性質は、プラスチック製の芸術のすべての部門で雨雲がより稀に絵よりも使用されていないことが明らかになります。

Form and Colour形と色

The form of the symbol was first definitely determined by Gregory the Great who (about 600) permitted himself to be painted with a square nimbus.シンボルの形が最初に間違いなくグレゴリー自身が正方形のニンバスで塗装することが認められた人(約600)大王によって決定された。 Johannus Diaconus in his life of the pope, gives the reason: "circa verticem tabulae similitudinem, quod viventis insigne est, preferens, non coronam" (bearing around his head the likeness of a square, which is the sign for a living person, and not a crown.) (Migne, "PL", 75, 231).法王の彼の生活の中でヨハネスのDiaconusは、理由を与える: "年頃verticemタビュリーsimilitudinem、刑務所viventis insigne EST、preferens、非coronam"(彼の頭の周りに生きている人のための記号である正方形の肖像が付いた、としない冠)(ミーニュ、 "PL"、75、231)。 It appears to have already been customary to use the round nimbus for saints.これは、すでに聖徒のためにラウンドニンバスを使用するのが通例であったように見えます。 In any event the few extant examples from the following centuries show that, almost without exception only the living, principally ecclesiastics, but also the laity and even women and children, were represented with a square nimbus.いずれにしても、次の世紀から数現存例は、ほぼ例外なく、唯一の生きている、主に聖職者だけでなく、信徒も、女性や子供をそれを示す正方形のニンバス表されていました。 The aureole, that is the halo which surrounds an entire figure, naturally takes the shape of an oval, though if it is used for a bust, it readily resumes the circular form.それはバストのために使用されている場合、それは容易に円形のフォームを再開しても全体図を囲むハロで栄冠は、自然に、楕円形の形を取ります。 The radiation of light from a centre is essential and we must recognize the circle of light of the sun-god in ancient art as one of the prototypes of the aureole.中心からの光の放射が不可欠であり、我々は栄冠のプロトタイプの一つとして古代美術における太陽神の光の輪を認識する必要があります。 The medallion form was for a long time in use among the ancient Romans for the Imagines clipeata.メダリオンフォームが想像するclipeataための古代ローマ人の間で使用されている長い時間のためだった。 The gradations of colour in the aureole reveal the influence of Apoc., iv, 3, where a rainbow was round about the throne of God.変成帯の色のグラデーションがapo​​cですの影響を明らかにする。、虹は神の御座約ラウンドだっIV、3、。 Indeed, in very early times the aureole was only used in representations of God as the Dove or Hand, or of Christ when the divinity was to be emphatically expressed.確かに、非常に早い時期に栄冠だけ神性はきっぱりと表現されることになっていたときに鳩や手として、またはキリストの神の表現で使用されていた。

In early Christian times (as now) the round nimbus was by far the most usual designation of Christ and the saints.初期キリスト教時代(今のような)でラウンドニンバスは群を抜いて、キリストと聖人の最も一般的な呼称であった。 The broad circle is often replaced by the ring of light or a coloured disc, especially on fabrics and miniatures.広いサークルは多くの場合、特に織物やミニチュアで、光や色のついたディスクのリングに置き換えられます。 In pictures without colour the nimbus is shown by an engraved line or a raised circlet, often by a disc in relief.写真では色なしで雨雲は頻繁に救援に入っているディスクで、刻まれたライン点字サークレットで示されています。 In the aureole blue indicates celestial glory, and it is used in the nimbus to fill in the surface, as are yellow, gray, and other colours while the margins are sharply defined in different tints.後光青で天の栄光を示しており、マージンは大幅に異なる色合いで定義されていながら、黄色、灰色、および他の色であるように、それは、表面を埋めるために雨雲で使用されています。 In many haloes the inner part is white.多くのハローでは、内側の部分は白です。 In mosaics, since the fifth and sixth centuries, blue has been replaced by gold.モザイクでは、第五及び第六世紀以来、青は金に置き換えられています。 From this period also, the frescoes show a corresponding yellow as seen for instance in paintings in the catacombs.この時期からも、フレスコ画はカタコンベに絵画のインスタンスに見られるように対応する黄色を示しています。 Gold or yellow prevails in miniatures, but there is a great deal of variety in illustrated books.ゴールドまたは黄色のミニチュアで勝ったが、絵本の多様性はたくさんある。 Blue as a symbol of heaven has the preference, but gold, which later became the rule, gives a more obvious impression of light.天国の象徴として青が好みを持っていますが、それ以降のルールになった金は、光のより明白な印象を与えます。

The explanation of the cross nimbus variety is obvious.クロスニンバス品種の説明は明らかである。 Since the sixth century it has characterized Christ and the Lamb of God, but occasionally it is given to the other Persons of the Trinity.第六世紀以来、それは、キリストと神の子羊を特徴付けているが、時折それがトリニティの他の人に与えられます。 In connection with it, in the fourth and fifth centuries there was a monogram nimbus.それに伴い、第4および第5世紀にモノグラムの雨雲があった。 The cross and the monogram of Christ were beside or above the head of Christ and the Lamb.十字架とキリストのモノグラムは、キリストと子羊の頭の横や上だった。 In the fifth century they were brought to the upper edge of the nimbus and finally both were concentrically combined with it. 5世紀にはそれらは雨雲の上端に持って来られたと最終的に双方が同心円状に、それに合わせた。 In more recent times the monogram and the monogram nimbus have become more rare.もっと最近ではモノグラムとモノグラムの雨雲はより稀になってきた。 The letters Alpha and Omega for Christ and M and A for Mary, were intended for monograms and frequently accompanied the nimbus.手紙Maryのアルファとオメガ、キリストのために、Mと、モノグラムのために意図し、頻繁に雨雲を伴っていた。

Development開発

In order to understand the nimbus and its history, it is necessary to trace it through the different branches of art.雨雲とその歴史を理解するためには、芸術のさまざまな分岐を介してそれをトレースすることが必要である。 The frescoes in the catacombs have a peculiar significance inasmuch as they determine the period when the nimbus was admitted into Christian art.カタコンベのフレスコ画は、雨雲がキリスト教美術に入院した期間を決定だけれども独特な意義を持っています。 The numerous figures lacking this symbol (Christ, Mary, and the Apostles) show that before Constantine, representations of specifically Christian character were not influenced by art traditions.このシンボル(キリスト、マリア、そして使徒)を欠く多数の数値は、コンスタンティンの前に、具体的にはキリスト教の文字の表現が芸術の伝統に影響を受けなかったことを示している。 Only pictures of the sun, the seasons, and a few ornamental heads carried a nimbus at that date.日、季節、およびいくつかの観賞用ヘッドの写真だけは、その日に雨雲を運んだ。 The single exception is found in a figure over the well-known "Ship in a Storm" of one of the Sacrament chapels.唯一の例外は、聖餐礼拝堂の一つのよく知られている "嵐の中の船"の上の図に含まれています。 But it is to be observed that in this case we are not dealing with a representation of God, but merely with a personification of heavenly aid, which marked a transition from personifications to direct representations of holy personages.しかし、それは、このケースでは、我々は神の表現ではなく、単に擬人から神聖な人の直接的な表現への移行をマーク天援助の擬人化を扱っていないことが観察されるであろう。 The figure seems to be copied from pictures of the sun god.図は、太陽神の絵からコピーしているようだ。

On the other hand, several pictures of Christ in the catacombs, dating from the fourth century, indicate the period when the nimbus was first used in the way familiar to us.一方、第4世紀からカタコンベのキリストのいくつかの写真は、雨雲が最初に私たちにおなじみの形で使用された期間を示す。 Besides the Roman catacombs others, especially that of El Baghaouat in the great Oasis of the Libyan desert, must be taken into account.ローマのカタコンベの他人のほかに、特にリビア砂漠の偉大なオアシスのエルBaghaouatのことは、考慮しなければならない。 For the period succeeding Constantine, mosaics furnish important evidence since they present not only very numerous and usually definite examples of the nimbus, but have a more official character and give intelligent portrayals of religious axioms.コンスタンティンに続く期間については、モザイクは、彼らが唯一の雨雲の非常に多く、通常は明確な例を提示しないので、重要な証拠を提出するが、より多くの公式キャラクターを持っており、宗教的な公理のインテリジェントな描写を与える。 Although allowance must be made for later restorations a constant development is apparent in this field.引当金は後で修復のために作らなければなりませんが一定の開発は、このフィールドには明らかである。 The treatment of the nimbus, in the illuminating and illustrating of books, was influenced by the caprices of the individual artist and the tradition of different schools.照明や書籍の説明で雨雲の治療は、個々のアーティストと別の学校の伝統の気まぐれによって影響を及ぼされました。 In textiles and embroidery the most extensive use was made of the nimbus, and a rich colour scheme was developed, to which these technical arts are by nature adapted.織物や刺繍で最も広範な使用は雨雲で作られた、豊富なカラースキームが開発され、そのこれらの技術的な芸術が自然に適応されます。 Unfortunately the examples which have been preserved are only imperfectly known and the dates are often difficult to determine.残念ながら保存されてきた例は、単に不完全に知られており、日付はしばしば判断することは困難です。

Sculpture presents little opportunity for the use of the nimbus.彫刻は雨雲の使用のために少し機会を提供します。 In some few instances, indeed, the nimbus is painted on ivory or wood carvings but more often we find it engraved or raised in relief.いくつかのいくつかのインスタンスでは、確かに、雨雲は、象牙や木材の彫刻に描かれているが、より頻繁に私達はそれが浮き彫りに刻まれた点字見つける。 Figures with this emblem are rare.このエンブレムのついた数値はまれである。 On the sarcophagi we find that Christ and the Lamb (apart from the sun) alone appear with a circle or disc, the Apostles and Mary, never.石棺に私たちは、使徒とメアリーは、キリストと単独で子羊(離れて日から)サークルやディスクに表示されていることを決して認められません。 In ivory neither Mary nor Christ is so distinguished.象牙のメアリーもキリストでもないが、そうとは区別される。 In the course of centuries the Christian idea that God, according to Holy Scripture the Source of Light and Divine things, must always be given a halo.コー​​スの世紀のキリスト教思想が、神は、光と神のものソース教典によると、常に後光を与えられなければならない。 became more pronounced.より顕著になった。 This applied to the three Divine Persons and their emblems, as the Cross, Lamb, Dove, Eye, and Hand; and since, according to Scripture, saints are children of Light (Luke, xvi, 8; John, xii, 36), as such they should share the honour. 、、(ジョン、12、36ルーク、16、8)と聖書によれば、聖人は、光の子であり、以来、これは、十字架のように3つの神の名とそのエンブレムに適用子羊、鳩、アイ、ハンドのような彼らは名誉を共有する必要があります。

Preference was shown for the garland or crown (corona et gloriae corona) of Christ which was also bestowed by God as a reward upon the saints, either spiritually in this life or in the Kingdom of Heaven (Ps. xx, 4; Heb., ii, 7 sq.).好ましいのは、また聖人の際に、どちらかの精神的にこの生活の中で、または天の王国(詩xxは、4で報酬として神によって授けられたキリストの花輪や冠(コロナらgloriaeコロナ)に示しました;。HEB、 II、7㎡)。 Garlands and crowns of glory are frequently mentioned in the Bible (I Peter v, 4; Apoc., iv, 4, etc.).栄光の花輪やクラウンは頻繁に聖書(; apocです、IV、4、等私はピーターV、4)に記載されています。 The nimbus also takes the form of a shield to emphasize the idea of Divine protection (Ps. v, 13).雨雲はまた、神の保護(詩篇V、13)のアイデアを強調するために、シールドの形をとる。 A truly classic authority for the explanation of the nimbus may be found in Wis., v, 17: the Just shall "receive a kingdom of glory, and a crown of beauty at the hands of the Lord: for with His right hand He will cover them, and with His holy arm He will defend them."雨雲の説明は本当に古典的な権限は、ウィスコンシン州は、v、17で見つけられるかもしれません:ちょうど "王国の栄光、主の手で美の冠を受けるものとします:彼は意志彼の右手を持つためにそれらをカバーしており、彼の神聖な腕で彼はそれらを守るだろう。 " (In Greek, "Holds the shield over them".) (ギリシャ語では、 "彼らの上にシールドを保持します。")

Whereas in pagan art, the rayless nimbus signified neither holiness nor Divine protection but merely majesty and power, in Christian art it was more and more definitely made the emblem of such virtue and grace, which emanating from God, extends over the saints only.異教のアートに対し、真っ暗な雨雲は、それがますます間違いなく神から発し、唯一の聖人に及ぶような美徳と優雅さのエンブレムを作ったキリスト教美術では、ホーリネスも神の保護ではなく、単に、威厳とパワーどちらを意味した。 Urban VIII formally prohibited giving the nimbus to persons who were not beatified.ウルバヌス八世は正式に列福されていなかった人に雨雲を与えることを禁止。 Since the eighteenth century the word "halo" has been incorporated into the German language.十八世紀以来単語 "ハロ"は、ドイツ語の言語に組み込まれています。 In Western countries John the Baptist is the only saint of the Old Testament who is given a halo, doubtless because before his time the grace of Christ had not yet been bestowed in its fullness.欧米諸国では、バプテスマのヨハネは、彼の時間の前にキリストの恵みがまだの膨満贈与されていなかったので、確かに、ハロが与えられている旧約聖書の唯一の聖人である。

We have already found that the aureole was be considered exclusively a device of Christian art, especially as it was reserved at first for the Divinity, and later extended only to the Blessed Virgin.我々はすでに、栄冠は、それが神のために最初に予約されており、後で聖母マリアに限り、延長された、特にとして、もっぱらキリスト教美術のデバイスと見なされることが分かってきた。 Instead of simple beams it often consists of pointed flames or is shaded off into the colours of the rainbow.代わりに、単純な梁のことがよく尖った炎で構成されていたり、虹の色にぼかしています。 This form as well as the simple nimbus, by the omission of the circumference, may be transposed into a garland of rays or a glory.このフォームだけでなく、単純な雨雲は、円周の省略によって、光線の花輪や栄光に移調することができる。 A glory imitating the sun's rays was very popular for the monstrances, in other respects the lunula suggests the nimbus only because the costliness of the material enhances the lustre.太陽の光を模倣栄光はmonstrancesのために非常に人気があった、他の点でルヌーラは、材料の犠牲の大きさは、光沢を高めるという理由だけでニンバスを示唆している。 The aureole obtained the Italian name of mandorla from its almond shape.栄冠はそのアーモンド形状からマンドルラのイタリア語の名前を取得しました。

In Germany the fish was agreed upon for the symbol of Christ, or a fish bladder if it had the shape of a figure 8.それは図8の形状を持っていた場合、ドイツでの魚はキリストの象徴、または魚の膀胱のために合意された。 God the Father is typified in later pictures by an equilateral triangle, or two interlaced triangles, also by a hexagon to suggest the Trinity.父なる神は、三位一体を示唆する六角形でも、正三角形、または2つのインターレース三角形によって後で写真に代表される。 If there is no circle around the cross nimbus, the three visible arms of the cross give the same effect.クロス雨雲周りにサークルが存在しない場合は、クロスの3目に見える武器は同じ効果を与える。 Occasionally the mandorla is found composed of seven doves (type of the Seven Gifts of the Holy Ghost), or of angels.時折マンドルラは7羽の鳩(聖霊の7つの贈り物の種類)、または天使で構成が見つかった。 The latter are used in large pictures of the Last Judgment or heaven, for instance in the "glories" of Italian domes.後者はイタリアのドームの "栄光"で、例えば、最後の審判や天国の大きな画像で使用されています。 In painting, haloes of cloud are sometimes used for delicate angel heads, as in Raphael's works.絵画では、雲のハローは、時には、ラファエロの作品のように、繊細な天使のヘッドに使用されます。 Angels also form a nimbus around the head of the Mother of God.天使はまた、神の母の頭の周りに雨雲を形成している。 She is also given the twelve stars of Apoc., xii, 1.彼女はまた、apocですの12星を与えられている。、12、1。 Saint John Nepomucene has five or seven stars because of the great light which hovered over his body when he was drowned in the Moldau by order of King Wenceslaus.セントジョンNepomuceneが原因彼は王ヴェンツの順序によってモルダウで溺死したときに彼の体を上にマウス偉大な光の5または7つ星を持っています。

Artists have developed many varieties of the nimbus and aureole.アーティストはニンバスと栄冠の多くの品種を開発してきました。 Since the Renaissance it has been fashioned more and more lightly and delicately and sometimes entirely omitted, as the artists thought they could suggest the characteristics of the personage by the painting.アーティストは、彼らが絵に人物の特徴を示唆していると考えていたとしてルネサンス以来、それは、軽く、繊細に、時には完全に省略し、より多く作られています。 It is true that the nimbus is not intrinsically a part of the figure and at times even appears heavy and intrusive.それは雨雲が本質的に図の一部ではなく、時間でさえ重いと押し付けがましい表示されている事実である。 A distinguishing symbol may not, however, be readily dispensed with and with the omission of this one the images of the saints have often degenerated into mere genre pictures and worldly types.特徴的なシンボルは、しかしながら、容易にしばしば単なる風俗写真や世俗的なタイプに退化していると、この1聖人の像の不作為を省略することはできません。 A delicate circlet of light shining or floating over the head does not lessen the artistic impression, and even if the character of Christ or the Madonna is sufficiently indicated in the drawing, yet it must be conceded that the nimbus, like a crown, not only characterizes and differentiates a figure but distinguishes and exalts it as well.頭の上に輝くまたは浮かぶ光の繊細なサークレットは芸術的な印象を軽減していません、とだけでなく、キリストや聖母の文字が十分に図に示されている、まだそれは王冠のように、雨雲ことを認めなければならない場合であっても特徴と数字を区別しますが、区別と同様にそれをexalts。

G Gietmann G Gietmann
Transcribed by Michael C. Tinklerマイケル·C·ティンクラーによって転写
The Catholic Encyclopedia, Volume XIカトリック百科事典は、ボリュームXI
Nihil Obstat, February 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年2月1日。 Remy Lafort, STD, Censor Imprimatur.レミlafort、規格は、認可を検閲しています。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです