Indulgencesおぼれる

General Information 一般的な情報

Indulgence, in Roman Catholic practice, the full or partial remission before God of temporal punishment for sins that have been forgiven.逸楽、ローマカトリックの練習で、赦された罪のために一時的な罰の神の前に完全または部分寛解。 It is granted by ecclesiastical authority and is considered to be a special form of intercession made by the whole church through its liturgy and prayers for the reconciliation of one of its members, living or dead.それは、教会の権威によって付与されており、生活のか死んで、そのメンバーのうちの1つの和解のための典礼と祈りを通して、教会全体によって行わとりなしの特別な形であると考えられる。

In the early Christian church, severe penitential observances were imposed by the local priest or bishop on all who had been guilty of serious sins.初期キリスト教の教会では、重度のざんげの儀式は、重大な罪で有罪とされていたすべての人に地元の司祭や司教によって課された。 It was believed that sins must be atoned for, at least in part, by the sinner in this world rather than in the next.それは、罪が少なくとも部分的には、この世界では罪人ではなく隣で、ために贖わなければならないと信じていた。 Works of atonement consisted of fasts, pilgrimages, floggings, and other penances of greater or less severity imposed for a specified period of time.償いの作品は断食、巡礼、floggings、および指定された期間のために課さ大きいか小さい重大度の他のpenancesから成っていた。 Gradually, church authorities substituted lesser works of devotion (such as prayers or almsgiving), accompanied by indulgences equivalent to the corresponding periods of more severe penance.徐々に、教会当局はより厳しい苦行の対応する期間に相当おぼれる伴う献身の低い作品を(そのような祈りや施しなど)、置換された。

It was not until the 12th century that theological reflection focused on indulgences.それは神学的な反射がおぼれることに焦点を当てた12世紀までなかった。 At first there was some opposition to the practice, but toward the end of the 12th century the attitude of theologians gradually became more favorable.最初は練習にいくつかの反対があったが、12世紀の終わりに向かって神学者の態度が徐々に有利になった。 At the same time, the granting of indulgences became increasingly a prerogative of the pope.同時に、おぼれるの付与はますます法王の特権になった。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
During the Middle Ages, abuses surrounded the practice of granting indulgences.中世には、虐待が免罪符を与えた場合の練習を囲んだ。 Their sale, with what appeared to be automatic spiritual benefits, even without personal repentance, led Martin Luther and other leaders of the 16th-century Protestant Reformation to abandon the practice altogether.その販売は、たとえ個人的な後悔することなく、自動精神的な利点のように見えるもので、マーティンルーサーと16世紀のプロテスタントの改革の他の指導者たちは完全に練習を放棄することになった。

The Roman Catholic church still grants indulgences, but the practice has been simplified since 1967.ローマカトリック教会は、まだ免罪符を付与しますが、実際は1967年以来、簡素化されました。 At that time reforms were introduced limiting the occasions for obtaining indulgences and dropping the time equivalents.当時改革がおぼれるを取得して、時間の等価物を削除するための機会を制限して導入された。


Indulgencesおぼれる

Advanced Information 高度情報

Indulgences are the means by which the Roman Church claims to give remission before God of the temporal punishment due to sins, whose guilt has already been forgiven.おぼれることは、カトリック教会は、その罪悪既に赦された罪のために一時的な罰の神の前に赦しを与えていると主張する手段です。 The theology of this idea developed slowly in the Western church and from the sixteenth century in Roman Catholicism; it has often been the case that practice went ahead of the theory.このアイデアの神学は、欧米の教会とローマカトリック教で、16世紀から徐々に開発し、それはしばしば、実際は先の理論の行ったことをそうだった。 Further, the granting of indulgences has sometimes been the occasion of abuse and controversy, eg, the famous controversy between Martin Luther and JJ Tetzel in 1517 in Germany at the beginning of the Protestant Reformation.さらに、おぼれるの付与は、時には虐待や論争、例えば、プロテスタントの改革の初頭にドイツで1517年、マーティンルーサーとJJテッツェル間で有名な論争の機会となっています。

Basic to the theology of indulgences is the distinction between eternal and temporal punishment due to sins.おぼれるの神学の根底には、罪のために永遠と時間的な罰との区別です。 Roman Catholics believe that in absolution, given by the priest following repentance, the repentant sinner receives the remission of sins and removal of eternal punishment by God, for the sake of Jesus Christ.ローマカトリック教徒赦免に、司祭は、次の悔い改めによって与えられた、後悔している罪人が罪を、イエス·キリストのゆえに、神による永遠の罰の除去の赦しを受け取ることを信じています。 The matter of temporal punishment of sins remains, however, and this can only be removed by penitential acts and effort.罪の一時的な罰の問題は、しかし、残っているが、これは唯一のざんげの行為や努力によって除去することができる。 It is here that indulgences are believed to function, in that the church (via the pope or a bishop) grants indulgences to cover all or part of the temporal punishment of sins.それは、教会が(教皇や司教を介して)罪の一時的な罰の全部または一部を覆うようにおぼれるを付与するという点で、おぼれることが機能すると考えられていることをここにある。 In the case of an indulgence granted to a soul in purgatory the effect is to guarantee for that soul the intercession of the saints.煉獄の魂に付与耽溺の場合には効果はその魂のために聖人の執り成しを保証することです。

By what power does the church grant such indulgences?何の力によって教会はそのような免罪符を与えるのでしょうか? There is believed to exist a treasury of merits (those of Christ, the saints, and martyrs) available to the church in and through the communion of saints.聖徒の交わりとを通して、教会に利用功績の宝庫を(キリストのもの、聖人と殉教者)が存在することがあると信じられています。 The pope may make use of this merit and apply it via indulgences to Christian people in order to remit their temporal punishment.法王は送金それらの時間的な処罰をするためにこのメリットを活用し、キリスト教の人々におぼれるを介してそれを適用することができる。 Since the Second Vatican Council the Roman Church has made efforts to revise and improve this whole system.第二バチカン公会議以来、カトリック教会は、このシステム全体を見直し、改善するための努力をしてきた。

P Toon Pトゥーン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
J. Neuner and J. Dupuis, eds., The Christian Faith in the Doctrinal Documents of the Catholic Church; P. Schaff, Creeds of Christendom, II, 205-9, 220, 433, 549. J·ノイナーとJ.デュピュイ、EDS、カトリック教会の教義上のドキュメントのキリスト教信仰;。P.シャフ、キリスト教、Ⅱ、205から9、220、433、549の信条。


Indulgencesおぼれる

Catholic Information カトリックの情報

The word indulgence (Latin indulgentia, from indulgeo, to be kind or tender) originally meant kindness or favor; in post-classic Latin it came to mean the remission of a tax or debt.ワード耽溺(ラテンindulgentia、indulgeoから、一種または入札することがある)は、もともと親切や好意を意味し、後の古典ラテン語では、税金や借金の赦しを意味するようになった。 In Roman law and in the Vulgate of the Old Testament (Isaiah 61:1) it was used to express release from captivity or punishment.ローマ法では、旧約聖書のウルガタ聖書(イザヤ61:1)でそれは監禁若しくは刑罰からの解放を表現するために使用されていました。 In theological language also the word is sometimes employed in its primary sense to signify the kindness and mercy of God.神学的言語でも言葉は時に神の優しさと慈悲を示すために、その主な意味で用いられている。 But in the special sense in which it is here considered, an indulgence is a remission of the temporal punishment due to sin, the guilt of which has been forgiven.しかし、それはここでは考慮されている特別な意味で、耽溺は罪のために一時的な罰の赦しであり、の罪悪感は赦されています。 Among the equivalent terms used in antiquity were pax, remissio, donatio, condonatio.古代で使用される同等の用語のうちPAX、remissio、donatio、condonatioであった。

WHAT AN INDULGENCE IS NOT耽溺されないもの

To facilitate explanation, it may be well to state what an indulgence is not.説明を容易にするために、それは道楽ではないかを述べるためによくなるかもしれません。 It is not a permission to commit sin, nor a pardon of future sin; neither could be granted by any power.それは罪を犯すための権限はなく、また、将来、罪の恩赦、どちらがどのようなパワーによって付与される可能性があります。 It is not the forgiveness of the guilt of sin; it supposes that the sin has already been forgiven.それは罪の罪悪感の赦しではなく、罪がすでに赦されていることを前提にしています。 It is not an exemption from any law or duty, and much less from the obligation consequent on certain kinds of sin, eg, restitution; on the contrary, it means a more complete payment of the debt which the sinner owes to God.それは、一切の法律や義務、そして罪、特定の種​​類に帰結義務からはるかに少ない、例えば、損害賠償の免除ではなく、逆に、それは罪人が神に負っている債務のより完全な支払を意味します。 It does not confer immunity from temptation or remove the possibility of subsequent lapses into sin.それは誘惑から免疫を付与または罪に後続の過失の可能性を除去しません。 Least of all is an indulgence the purchase of a pardon which secures the buyer's salvation or releases the soul of another from Purgatory.すべての少なくとも買い手の救いを固定または煉獄から別の魂を解放恩赦の購入耽溺です。 The absurdity of such notions must be obvious to any one who forms a correct idea of what the Catholic Church really teaches on this subject.このような概念の不条理は、カトリック教会が本当にこの主題について教えの正しい考え方を形成する任意の1に明らかにする必要があります。

WHAT AN INDULGENCE ISインダルジェンスとは何か

An indulgence is the extra-sacramental remission of the temporal punishment due, in God's justice, to sin that has been forgiven, which remission is granted by the Church in the exercise of the power of the keys, through the application of the superabundant merits of Christ and of the saints, and for some just and reasonable motive.耽溺の有り余るメリットのアプリケーションを介して、キーの権力の行使に教会によって付与されている寛解、赦された罪に対して、神の正義で、起因する一時的な罰の超聖礼典の寛解であるキリストと聖人の、一部だけと合理的な動機のために。 Regarding this definition, the following points are to be noted:この定義については、次の点に留意すべきです:

In the Sacrament of Baptism not only is the guilt of sin remitted, but also all the penalties attached to sin.送金罪の罪悪感ではなく、罪に接続されているすべての罰則である洗礼の秘跡だけでなく。 In the Sacrament of Penance the guilt of sin is removed, and with it the eternal punishment due to mortal sin; but there still remains the temporal punishment required by Divine justice, and this requirement must be fulfilled either in the present life or in the world to come, ie, in Purgatory.聖餐式の贖罪における罪の罪悪感が削除され、それとの大罪のために永遠の罰、しかし、そこには、まだ神の正義が必要とする時間的な処罰のままであり、この要件は、現在の生活や世界のいずれかを満たしている必要があり煉獄では、IE、来ています。 An indulgence offers the penitent sinner the means of discharging this debt during his life on earth.耽溺は後悔している罪人に地球上で彼の生命の間に、この債務を排出する手段を提供します。

Some writs of indulgence--none of them, however, issued by any pope or council (Pesch, Tr. Dogm., VII, 196, no. 464)--contain the expression, "indulgentia a culpa et a poena", ie release from guilt and from punishment; and this has occasioned considerable misunderstanding (cf. Lea, "History" etc. III, 54 sqq.).耽溺の一部令状 - それらのどれもが、(無ペッシュ、TrはDogm、第VII、196、464。)任意の法王または評議会が発行した - 表現が含まれている、 "indulgentia罪らpoena"、すなわち罪悪感から、罰から解放され、そして、これはかなり誤解を(参照リー、 "歴史"などⅢ、54 sqq名。)引き起こされています。 The real meaning of the formula is that, indulgences presupposing the Sacrament of Penance, the penitent, after receiving sacramental absolution from the guilt of sin, is afterwards freed from the temporal penalty by the indulgence (Bellarmine, "De Indulg"., I, 7).式の本当の意味は、罪の罪悪感から、聖礼典の赦免を受けた後、その後耽溺による時間ペナルティ(ベラルミーノ、 "デIndulg"から解放され、後悔して、おぼれることは贖罪の聖礼典を前提に、ということです。、私は、 7)。 In other words, sin is fully pardoned, ie its effects entirely obliterated, only when complete reparation, and consequently release from penalty as well as from guilt, has been made.換言すれば、罪は完全に場合にのみ完全な賠償金、完全に抹消し、その効果、すなわち、赦免され、その結果、ペナルティーからだけでなく、罪悪感から解放し、行われている。 Hence Clement V (1305-1314) condemned the practice of those purveyors of indulgences who pretended to absolve" a culpa et a poena" (Clement, I. v, tit. 9, c. ii); the Council of Constance (1418) revoked (Sess. XLII, n. 14) all indulgences containing the said formula; Benedict XIV (1740-1758) treats them as spurious indulgences granted in this form, which he ascribes to the illicit practices of the "quaestores" or purveyors (De Syn. dioeces., VIII, viii. 7).コンスタンツ公会議(1418);したがってクレメントV(1305年から1314年)は "罪らpoena"(。クレメント、I. V、シジュウカラ9、C II)を免除するふりおぼれるもの御用達の練習を非難取り消された(。Sess. 42、N 14)を含むすべての免罪符には式は言った;ベネディクト14世(1740年から1758年)は、彼が "quaestores"または御用達(Deの違法な慣行に帰している、この形で付与されたスプリアスおぼれるとして扱いますSYN。dioeces。、Ⅷ、Ⅷ。7)。

The satisfaction, usually called the "penance", imposed by the confessor when he gives absolution is an integral part of the Sacrament of Penance; an indulgence is extra-sacramental; it presupposes the effects obtained by confession, contrition, and sacramental satisfaction.彼は罪の赦しを与えるときに懺悔によって課さ通常は "苦行"と呼ばれて満足度は、聖餐式の贖罪の不可欠な部分であり、耽溺は超聖礼典であり、それは前提と告白、悔い改めて、聖礼典の満足によって得られる効果を。 It differs also from the penitential works undertaken of his own accord by the repentant sinner -- prayer, fasting, alms-giving -- in that these are personal and get their value from the merit of him who performs them, whereas an indulgence places at the penitent's disposal the merits of Christ and of the saints, which form the "Treasury" of the Church.祈り、断食、施しを与える - - それは後悔している罪人で自分自身の合意実施ざんげの作品からも異なるという点で、これらは個人的なもの、それらを実行し、彼の良さから値を取得し、耽溺の場所一方で、後悔の処分、キリストと教会の "自己"を形成聖人のメリット。

An indulgence is valid both in the tribunal of the Church and in the tribunal of God.耽溺は教会の法廷で、神の法廷の両方で有効です。 This means that it not only releases the penitent from his indebtedness to the Church or from the obligation of performing canonical penance, but also from the temporal punishment which he has incurred in the sight of God and which, without the indulgence, he would have to undergo in order to satisfy Divine justice.これは、それが彼の負債から教会に後悔を解放するか、または正規の苦行を行うの義務だけでなく、ことを意味しますが、また、彼は、神とそのうちの目の前で発生した一時的な罰から、耽溺することなく、彼がしなければならないでしょう神の正義を満足させるために受ける。 This, however, does not imply that the Church pretends to set aside the claim of God's justice or that she allows the sinner to repudiate his debt.しかし、これは、教会は神の正義のまたは彼女は罪人が彼の借金を否認することを可能に申し立てを退けるふりをすることを意味するものではありません。 As St. Thomas says (Suppl., xxv. a. 1 ad 2um), "He who gains indulgences is not thereby released outright from what he owes as penalty, but is provided with the means of paying it."聖トマスが言うように(補遺、XXV。1広告2um)、 "おぼれるを獲得し、彼はそれによって彼はペナルティとして負っているものとはあからさまな解放ではありませんが、それを支払う手段が設けられている。" The Church therefore neither leaves the penitent helplessly in debt nor acquits him of all further accounting; she enables him to meet his obligations.教会は、したがって、どちらも借金でどうしようもなく後悔を残さないも、それ以降のすべての会計の彼をacquits、彼女は彼が彼の義務を履行することができます。

In granting an indulgence, the grantor (pope or bishop) does not offer his personal merits in lieu of what God demands from the sinner.耽溺を与える場合には、譲与者(教皇や司教)は、神が罪人からの要求何の代わりに、彼の個人的なメリットを提供していません。 He acts in his official capacity as having jurisdiction in the Church, from whose spiritual treasury he draws the means wherewith payment is to be made.彼は、その精神的な自己、彼は何で支払いがなされるべきであることを意味描くから、教会で管轄権を有するものとして、彼の公式の立場で役割を果たします。 The Church herself is not the absolute owner, but simply the administratrix, of the superabundant merits which that treasury contains.教会自身は財務省が含まれていることを有り余るメリットは、単に女性の遺産管理人の絶対者ではありませんが、。 In applying them, she keeps in view both the design of God's mercy and the demands of God's justice.それらを適用することで、彼女はビューの両方神の慈悲と神の正義の要求の設計に保ちます。 She therefore determines the amount of each concession, as well as the conditions which the penitent must fulfill if he would gain the indulgence.彼女はそれゆえ各譲歩の量だけでなく、彼は贖宥を得るならば後悔が満たす必要のある条件を決定します。

VARIOUS KINDS OF INDULGENCESおぼれるの様々な種類

An indulgence that may be gained in any part of the world is universal, while one that can be gained only in a specified place (Rome, Jerusalem, etc.) is local. (ローマ、エルサレム、等)を指定された場所でのみ得ることができる1つがローカルでしながら、世界のどの部分で得られるかもしれ耽溺は、普遍的である。 A further distinction is that between perpetual indulgences,which may be gained at any time, and temporary,which are available on certain days only, or within certain periods.さらなる区別は特定の日にご利用いただけます永久いつでも獲得することができるおぼれる、、一時の間、または特定の期間内ということである。 Real indulgences are attached to the use of certain objects (crucifix, rosary, medal); personal are those which do not require the use of any such material thing, or which are granted only to a certain class of individuals, eg members of an order or confraternity.リアルおぼれるは、特定のオブジェクトの使用(十字架、ロザリオ、メダル)に添付されています。個人はどのような素材のものの使用を必要としないもの、または個人の特定のクラスにのみ付与され、注文の例えばメンバーであるまたは団体。 The most important distinction, however, is that between plenary indulgences and partial.最も重要な違いは、しかし、本会議におぼれると部分との間のことです。 By a plenary indulgence is meant the remission of the entire temporal punishment due to sin so that no further expiation is required in Purgatory.免償によるさらなるどんな償いが煉獄で必要とされないように、罪のために全体の時間的な罰の赦しを意味している。 A partial indulgence commutes only a certain portion of the penalty; and this portion is determined in accordance with the penitential discipline of the early Church.部分的な耽溺は、ペナルティの唯一の特定の部分を通っている、そしてこの部分は、初期の教会のざんげの規律に従って決定される。 To say that an indulgence of so many days or years is granted means that it cancels an amount of purgatorial punishment equivalent to that which would have been remitted, in the sight of God, by the performance of so many days or years of the ancient canonical penance.非常に多くの日または年の耽溺が付与されると言うのは、それが古代の正規のように多くの日または年のパフォーマンスによって、神の御前で、送金されたであろうと同等の煉獄の罰の量をキャンセルすることを意味苦行。 Here, evidently, the reckoning makes no claim to absolute exactness; it has only a relative value.ここでは、明らかに、清算は絶対正確に一切主張しません、それは唯一の相対的な価値を持っています。

God alone knows what penalty remains to be paid and what its precise amount is in severity and duration.神だけペナルティを納付すべきままで、何その正確な量は、重症度および持続期間に何があるか知っています。 Finally, some indulgences are granted in behalf of the living only, while others may be applied in behalf of the souls departed.他の人が去った魂を代表にも適用することができる最後に、いくつかの免罪符には、唯一の生きて代わっで付与されます。 It should be noted, however, that the application has not the same significance in both cases.それは、アプリケーションがどちらの場合も同じ意味を持っていないこと、しかし、注意すべきである。 The Church in granting an indulgence to the living exercises her jurisdiction; over the dead she has no jurisdiction and therefore makes the indulgence available for them by way of suffrage (per modum suffragii), ie she petitions God to accept these works of satisfaction and in consideration thereof to mitigate or shorten the sufferings of the souls in Purgatory.生活に耽溺を付与における教会彼女の管轄権を行使する。死者の上に彼女が管轄権を有しないため、それらのための免罪符を利用できるように参政権の道(当たりmodum suffragii)によって、満足のこれらの作品を受け入れるために神彼女嘆願書をIEとで煉獄の魂の苦しみを軽減し、又は短縮するその対価。

WHO CAN GRANT INDULGENCES WHOはおぼれるを付与することができます

The distribution of the merits contained in the treasury of the Church is an exercise of authority (potestas iurisdictionis), not of the power conferred by Holy orders (potestas ordinis).教会の宝庫に含まれているメリットの分配はしない僧籍(家長権ordinis)によって授与権力の権威(権力iurisdictionis)の行使である。 Hence the pope, as supreme head of the Church on earth, can grant all kinds of indulgences to any and all of the faithful; and he alone can grant plenary indulgences.したがって、法王は、地球上の教会の最高責任者として、忠実なのいずれか、すべてにおぼれることのすべての種類を付与することができますので、彼は一人で本会議におぼれるを付与することができます。 The power of the bishop, previously unrestricted, was limited by Innocent III (1215) to the granting of one year's indulgence at the dedication of a church and of forty days on other occasions.以前に無制限の司教の力は、教会の落成式で、他の場面で40日の1年間の耽溺の付与にウス3世(1215)によって制限された。 Leo XIII (Rescript of 4 July. 1899) authorized the archbishops of South America to grant eighty days (Acta S. Sedis, XXXI, 758).レオ13世(4勅語7月。1899)は80日(ACTA S. SEDIS、31、758)を付与する南米の大司教を承認した。 Pius X (28 August, 1903) allowed cardinals in their titular churches and dioceses to grant 200 days; archbishops, 100; bishops, 50.ピウスX(1903年8月28日)200日付与するその名ばかりの教会や教区で許可された枢機卿、大司教、100;司教、50。 These indulgences are not applicable to the souls departed.これらにおぼれるは去った魂には適用されません。 They can be gained by persons not belonging to the diocese, but temporarily within its limits; and by the subjects of the granting bishop, whether these are within the diocese or outside--except when the indulgence is local.これらは教区または外側の範囲内であるかどうか、および付与司教の被験者によって - 耽溺がローカルである場合を除いて、彼らは教区に属していない人々によってではなく、一時的にその範囲内で得られることができます。 Priests, vicars general, abbots, and generals of religious orders cannot grant indulgences unless specially authorized to do so.司祭、一般のvicars、修道院長、特別にそうすることを許可されない限り、宗教的な受注の将軍はおぼれるを付与することはできません。 On the other hand, the pope can empower a cleric who is not a priest to give an indulgence (St. Thomas, "Quodlib.", II, q. viii, a. 16).一方、法王は耽溺を与えるために、司祭(聖トーマス、 "Quodlib。"、2世は、q。八、図16)ではありません聖職者に力を与えることができます。

DISPOSITIONS NECESSARY TO GAIN AN INDULGENCEインダルジェンスを得るために必要な処分

The mere fact that the Church proclaims an indulgence does not imply that it can be gained without effort on the part of the faithful.教会は免罪符を宣言という単なる事実は、それが忠実なの一部で努力なしに得ることができることを意味するものではありません。 From what has been said above, it is clear that the recipient must be free from the guilt of mortal sin.上で述べてきたことから、それは受信者が大罪の罪悪感から自由でなければならないことは明らかである。 Furthermore, for plenary indulgences, confession and Communion are usually required, while for partial indulgences, though confession is not obligatory, the formula corde saltem contrito, ie "at least with a contrite heart", is the customary prescription.さらに、 "悔いて心を持った、少なくとも"式コーデsaltem contrito、すなわち、告白は義務ではありませんが、本会議におぼれることは、告白と聖体拝領は、通常、部分的におぼれるための一方で、必要とされるため、慣習的処方です。 Regarding the question discussed by theologians whether a person in mortal sin can gain an indulgence for the dead, see PURGATORY.大罪で人が死んだために耽溺を獲得できるかどうかの神学者によって議論質問に関しては、煉獄を参照してください。 It is also necessary to have the intention, at least habitual, of gaining the indulgence.また、耽溺を獲得する意向を、習慣的な少なくとも、持っていることが必要である。 Finally, from the nature of the case, it is obvious that one must perform the good works -- prayers, alms deeds, visits to a church, etc. -- which are prescribed in the granting of an indulgence.最後に、事件の性質から、それは1つが良い作品を実行する必要があることは明白である - 耽溺の付与に規定されている - 教会などへの祈り、施しの行為、訪問。 For details see "Raccolta".詳細については、 "Raccoltaは"を参照してください。

AUTHORITATIVE TEACHING OF THE CHURCH教会の権威TEACHING

The Council of Constance condemned among the errors of Wyclif the proposition: "It is foolish to believe in the indulgences granted by the pope and the bishops" (Sess. VIII, 4 May, 1415; see Denzinger-Bannwart, "Enchiridion", 622).ウィクリフのエラーの間で非難コンスタンツ公会議命題: "それは教皇と司教によって付与おぼれる信じることは愚かである"(Sess. VIII、1415年5月4日;デンツィンガー - bannwartを参照して、 "手引書"、622 )。 In the Bull "Exsurge Domine", 15 June, 1520, Leo X condemned Luther's assertions that "Indulgences are pious frauds of the faithful"; and that "Indulgences do not avail those who really gain them for the remission of the penalty due to actual sin in the sight of God's justice" (Enchiridion, 75S, 759), The Council of Trent (Sess, XXV, 3-4, Dec., 1563) declared: "Since the power of granting indulgences has been given to the Church by Christ, and since the Church from the earliest times has made use of this Divinely given power, the holy synod teaches and ordains that the use of indulgences, as most salutary to Christians and as approved by the authority of the councils, shall be retained in the Church; and it further pronounces anathema against those who either declare that indulgences are useless or deny that the Church has the power to grant them (Enchridion, 989). It is therefore of faith (de fide)ブル "Exsurgeドミネ"、1520年6月15日、でレオX "はおぼれることが信徒の敬虔な詐欺である"というルターの主張を非難し、そしておぼれることは、本当に実際に起因するペナルティの赦しのためにそれらを得る人も役立たない "と神の正義の目の前に罪 "(手引書、75S、759)、トレントの評議会(セッション数、25、3-4、12月、1563)が宣言:"免罪符を与えた場合の電力は、教会に与えられているので、太古の時代から、教会はこの神に与えられた電力を利用しているので、キリストは、と、聖務会院は教えて免罪符の使用は、キリスト教徒にとって最も有益ととして協議会の機関によって承認されたとして、内に保持されなければならないことをordains教会にいた、そしてそれはさらにどちらおぼれることは無用であることを宣言したり、教会がそれらを与える権限(Enchridion、989)があることを否定する者に対する破門宣告をするそれは(デfide)信仰のゆえである。

that the Church has received from Christ the power to grant indulgences, and that the use of indulgences is salutary for the faithful.教会はキリストから免罪符を付与する力を受けていること、そしておぼれるの使用は忠実なために有益である。

BASIS OF THE DOCTRINE Doctrineの現状

An essential element in indulgences is the application to one person of the satisfaction performed by others.おぼれるに不可欠な要素は、他の人が行っ満足の一人にするアプリケーションです。 This transfer is based on three things: the Communion of Saints, the principle of vicarious satisfaction, and the Treasury of the Church.聖徒の交わり、代位満足の原則、そして教会の財務省:この転送は、3つの事柄に基づいています。

(1) The Communion of Saints聖人の(1)聖体

"We being many, are one body in Christ, and every one members one of another" (Romans 12:5). "我々は多くされて、キリストにあって一つのからだであり、一人一人別のメンバーの一つである"(ローマ人への手紙12:5)。 As each organ shares in the life of the whole body, so does each of the faithful profit by the prayers and good works of all the rest-a benefit which accrues, in the first instance, to those who are in the state of grace, but also, though less fully, to the sinful members.全身の生活の中で各臓器の株式につれ、忠実な利益の各々は、すべての残りの部分、恵みの状態にある人々に、第一審で、増えた利益の祈りと善行によって行い、も、しかしより少なく完全に、罪深いメンバーへ。

(2) The Principle of Vicarious Satisfaction (2)代位満足の原理

Each good action of the just man possesses a double value: that of merit and that of satisfaction, or expiation.メリットのそれと満足度、または罪の償いその:ただの人間のそれぞれの良いアクションは、double型の値を持っています。 Merit is personal, and therefore it cannot be transferred; but satisfaction can be applied to others, as St. Paul writes to the Colossians (i, 24) of his own works: "Who now rejoice in my sufferings for you, and fill up those things that are wanting of the sufferings of Christ, in my flesh, for his body, which is the Church," (See SATISFACTION.)メリットは個人的なものである、したがって、それは転送できません、しかし、聖パウロは、コロサイ人への手紙を書いているように満足度は彼自身の作品の(i、24)、他人に適用することができます: "誰が今、あなたのための私の苦しみを喜びと埋めるキリストの苦しみの欠けているそれらのものは、私の肉には、彼の体のために、(満足度を参照してください)​​ "、教会である

(3) The Treasury of the Church (3)教会の財務省

Christ, as St. John declares in his First Epistle (ii, 2), "is the propitiation for our sins: and not for ours only, but also for those of the whole world."聖ヨハネが彼の第一の手紙(2、2)で宣言してキリストは、 "だけでなく、全世界の人のためではなく、私たちのために私たちの罪をなだめるために。" Since the satisfaction of Christ is infinite, it constitutes an inexhaustible fund which is more than sufficient to cover the indebtedness contracted by sin, Besides, there are the satisfactory works of the Blessed Virgin Mary undiminished by any penalty due to sin, and the virtues, penances, and sufferings of the saints vastly exceeding any temporal punishment which these servants of God might have incurred.キリストの満足度は無限大であるので、それは、ほかに、罪のために、任意のペナルティによって衰えていない聖母マリア、そして美徳の満足のいく作品がありますが、罪が契約債務をカバーするのに十分以上のものです無尽蔵の資金を構成するのpenances、と大幅に神のしもべたちは、これらの発生している可能性のある一時的な罰を超える聖人の苦しみ。 These are added to the treasury of the Church as a secondary deposit, not independent of, but rather acquired through, the merits of Christ.これらは、二次鉱床として教会の宝庫に追加の独立していないのではなく、キリストのメリット、を介して取得されます。 The development of this doctrine in explicit form was the work of the great Schoolmen, notably Alexander of Hales (Summa, IV, Q. xxiii, m. 3, n. 6), Albertus Magnus (In IV Sent., dist. xx, art. 16), and St. Thomas (In IV Sent., dist. xx, q. i, art. 3, sol. 1).明示的な形で、この学説の発展は素晴らしいschoolmanの、ヘールズ特にアレクサンダー(スンマ、IV Q. XXIIIは、m 3、nである。6)、アルベルトゥス·マグヌス(IVで送信。、distの仕事だった。xxは、美術16)、聖トマス(IVで送信。、蒸留XXは、q。私は、芸術。3、ゾル1)。 As Aquinas declares (Quodlib., II, q. vii, art. 16): "All the saints intended that whatever they did or suffered for God's sake should be profitable not only to themselves but to the whole Church."アクィナス宣言(Quodlib.、Ⅱ、Q七、芸術16。)ように、 "すべての聖徒たちは、彼らがしたことや、神のために苦しんだことは何でも自分自身にではなく、教会全体のみならず、収益性であることを意図しています。" And he further points out (Contra Gent., III, 158) that what one endures for another being a work of love, is more acceptable as satisfaction in God's sight than what one suffers on one's own account, since this is a matter of necessity.そして、彼はさらに、これは必要な事であるので、一つは別の愛の仕事であることのために耐えるものを、一つは自分のアカウントで苦しんでいるよりも、神の目には満足感など、より受け入れ可能であること(コントラゲント。、III 158)と指摘し。 The existence of an infinite treasury of merits in the Church is dogmatically set forth in the Bull "Unigenitus", published by Clement VI, 27 Jan., 1343, and later inserted in the "Corpus Juris" (Extrav. Com., lib. V, tit. ix. c. ii): "Upon the altar of the Cross", says the pope, "Christ shed of His blood not merely a drop, though this would have sufficed, by reason of the union with the Word, to redeem the whole human race, but a copious torrent. . . thereby laying up an infinite treasure for mankind. This treasure He neither wrapped up in a napkin nor hid in a field, but entrusted to Blessed Peter, the key-bearer, and his successors, that they might, for just and reasonable causes, distribute it to the faithful in full or in partial remission of the temporal punishment due to sin."教会のメリット無限の自己の存在が独断的に、雄牛 "Unigenitus"で掲げたクレメントVI、1343年1月27日から発行され、後で "法大全"(Extrav.コム。、libの中に挿入されます。 V、売り言葉IX C II): "十字架の祭壇の上に、"法王は言う、 "これはWordと労働組合の理由で、十分だっただろうが、キリストは、単に彼の一滴の血を流す全人類が、大量の急流を償還するために...それによって人類の無限の宝物を敷設。この宝物が彼はどちらもナプキンに包まれたことも、フィールドに隠れたが、祝福されたピーターは、キーベアラに委託し、彼の後継者は、彼らは、公正かつ合理的な原因のため、全額または罪のために一時的な罰の部分寛解に忠実に配布するかもしれない。 " Hence the condemnation by Leo X of Luther's assertion that "the treasures of the Church from which the pope grants indulgences are not the merits of Christ and the saints" (Enchiridion, 757).したがって(手引書、757) "教会の宝物が、そこから法王助成金におぼれることは、キリストのメリットとは、聖人ではない"というルターの主張のレオXによって非難。 For the same reason, Pius VI (1794) branded as false, temerarious, and injurious to the merits of Christ and the saints, the error of the synod of Pistoia that the treasury of the Church was an invention of scholastic subtlety (Enchiridion, 1541).同じ理由で、ピウス六(1794)は、偽の向こう見ずの、そしてキリストのメリットと聖人、教会の財務省が学力の微妙な発明であったことピストイアの教会会議のエラー(手引書、1541年に有害の烙印)。 According to Catholic doctrine, therefore, the source of indulgences is constituted by the merits of Christ and the saints.カトリックの教義によると、それゆえ、おぼれるのソースは、キリストのメリットと聖人によって構成されています。 This treasury is left to the keeping, not of the individual Christian, but of the Church.この自己株式は、個々のクリスチャンの、しかし、教会の、保管に委ねられています。 Consequently, to make it available for the faithful, there is required an exercise of authority, which alone can determine in what way, on what terms, and to what extent, indulgences may be granted.その結果、忠実にそれを利用できるように、どのような条件で、どのような方法で決定することができ、単独で権限を行使し、そこに必要とされ、どの程度まで、免罪符が与えられてもよい。

THE POWER TO GRANT INDULGENCESおぼれるを付与するには、POWER

Once it is admitted that Christ left the Church the power to forgive sins (see PENANCE), the power of granting indulgences is logically inferred.それはキリストが教会(苦行を参照)の罪を許すことは電源を残したことを認めされたら、おぼれる付与のパワーは論理的に推論されます。 Since the sacramental forgiveness of sin extends both to the guilt and to the eternal punishment, it plainly follows that the Church can also free the penitent from the lesser or temporal penalty.罪の赦しの聖礼典の、罪悪感に、永遠の罰の両方に延びているので、それがはっきりと教会も低いまたは一時的な罰から後悔を解放することができるということになります。 This becomes clearer, however, when we consider the amplitude of the power granted to Peter (Matthew 16:19): "I will give to thee the keys of the kingdom of heaven. And whatsoever thou shalt bind upon earth, it shall be bound also in heaven: and whatsoever thou shaft loose on earth, it shall be loosed also in heaven."これが明確になる、しかし、我々はピーター(マタイ16:19)に付与された電力の振幅を考慮すると: "私は、天国の鍵をなたに与え、地球に全くなたはバインドされ、それがバインドされなければならないまた天に:と全く汝地球上の緩いシャフト、それは天にも増してはならない "。 (Cf. Matthew 18:18, where like power is conferred on all the Apostles.) No limit is placed upon this power of loosing, "the power of the keys", as it is called; it must, therefore, extend to any and all bonds contracted by sin, including the penalty no less than the guilt.それが呼ばれるように(電源のように、すべての使徒たちに授与さcf.マタイ18:18)、制限なしは、 "鍵の力"を失うのこのパワーの上に置かれていない、それは、したがって、任意に拡張する必要があります及びすべての債券は罪悪感に劣らずペナルティを含めて、罪縮小した。 When the Church, therefore, by an indulgence, remits this penalty, her action, according to the declaration of Christ, is ratified in heaven.教会は、したがって、耽溺することによって、このペナルティを送金するとき、彼女のアクションは、キリストの宣言によると、天国に批准されています。 That this power, as the Council of Trent affirms, was exercised from the earliest times, is shown by St. Paul's words (2 Corinthians 2:5-10) in which he deals with the case of the incest man of Corinth.トレントの評議会は断言として、この電力は、太古の時代から、行使されたことを、彼はコリントの近親相姦の男のケースを扱っている聖パウロの言葉(2コリント2:5-10)によって示されている。 The sinner had been excluded by St. Paul's order from the company of the faithful, but had truly repented.罪人は、忠実の会社からセントポールの注文によって除外されていましたが、本当に悔い改めた。 Hence the Apostle judges that to such a one "this rebuke is sufficient that is given by many" and adds: "To whom you have pardoned any thing, I also. For what I have pardoned, if I have pardoned any thing, for your sakes have I done it in the person of Christ."したがって、そのようなものに "この叱責は、多くの人に与えられるもので十分である"と追加される使徒の裁判官: "あなたは、任意のものを赦免している人のために、私はまた、私が赦免されているものについては、私は、任意のものを赦免している場合は、のためのあなたの私はキリストの人にそれを酒をしました。 " St. Paul had bound the guilty one in the fetters of excommunication; he now releases the penitent from this punishment by an exercise of his authority -- "in the person of Christ."聖パウロは破門の足枷に有罪1を縛っていた、彼は今、彼の権限を行使することによって、この罰から後悔を解放 - "キリストの人に。" Here we have all the essentials of an indulgence.ここでは、耽溺のすべての必需品を持っています。

These essentials persist in the subsequent practice of the Church, though the accidental features vary according as new conditions arise.偶然の機能が新たに導入された条件が発生するたびに応じて異なりますが、これらの必需品は、教会のその後の練習に固執する。 During the persecutions, those Christians who had fallen away but desired to be restored to the communion of the Church often obtained from the martyrs a memorial (libellus pacis) to be presented to the bishop, that he, in consideration of the martyrs' sufferings, might admit the penitents to absolution, thereby releasing them from the punishment they had incurred.迫害の間、離れて落ちたが、希望していたそれらのクリスチャンはしばしば殉教者司教に提示される記念(libellusパチス)から得られた教会の聖体拝領に復元、その彼、殉教者の苦しみを考慮して、すべきそれによって、彼らが被った罰からそれらを解放し、赦免にのpenitentsを認めるかもしれません。 Tertullian refers to this when he says (Ad martyres, c. i, PL, I, 621): "Which peace some, not having it in the Church, are accustomed to beg from the martyrs in prison; and therefore you should possess and cherish and preserve it in you that so you perchance may be able to grant it to others."彼が言うときテルトゥリアヌス​​(。広告martyres、C I、PL、私は、621)これを指す: "いくつかは、教会の中でそれを持っていないどの平和、刑務所での殉教者から物乞いに慣れている、したがって、あなたが持っているべきであり、ので、ひょっとすると、他の人にその権限を与えることができるかもしれないことを大切にし、あなたの中にそれを保持する。 " Additional light is thrown on this subject by the vigorous attack which the same Tertullian made after he had become a Montanist.追加された光は、彼がモンタヌス主義者になった後も同じテルトゥリアヌス​​が作った精力的な攻撃によってこのテーマにスローされます。 In the first part of his treatise "De pudicitia", he attacks the pope for his alleged laxity in admitting adulterers to penance and pardon, and flouts the peremptory edict of the "pontifex maximus episcopus episcoporum".彼の論文 "デpudicitia"の最初の部分では、彼は贖罪と恩赦に姦淫を認めるで容疑弛緩のために法王を攻撃し、 "司教マクシムスepiscopus episcoporum"の有無を言わせぬ勅令を嘲り。 At the close he complains that the same power of remission is now allowed also to the martyrs, and urges that it should be enough for them to purge their own sins -- sufficiat martyri propria delicta purgasse". And, again, "How can the oil of thy little lamp suffice both for thee and me?" (c. xxii). It is sufficient to note that many of his arguments would apply with as much and as little force to the indulgences of later ages.方法 "を参照して、再び、そして。"できるsufficiat martyri固有delicta purgasse - 近くで彼は寛解の同じ電力は今や殉教者にも許可されているという苦情が寄せられ、それらを自分の罪をパージさせるために、それが十分であることを要請する汝の小さなランプの油は、なたと私のために両方を十分? "(C. XXII)。それは彼の議論の多くは同じくらいで、後に年齢の免罪符にはほとんど力として適用されることに注意するだけで十分です。

During St. Cyprian's time (d. 258), the heretic Novatian claimed that none of the lapsi should be readmitted to the Church; others, like Felicissimus, held that such sinners should be received without any penance.聖チプリアーノの時間(民主党258)の間に、異端novatianはそのlapsiのいずれも教会に再入院されるべきではないと主張し、他のものは、Felicissimusのように、そのような罪人は、任意の苦行なしで受信されるべきであると判示した。 Between these extremes, St. Cyprian holds the middle course, insisting that such penitents should be reconciled on the fulfillment of the proper conditions.これら両極端の間で、聖シプリアンは、このようなのpenitentsが適切な条件の履行で調整されるべきであると主張して、真ん中のコースを保持しています。 On the one hand, he condemns the abuses connected with the libellus, in particular the custom of having it made out in blank by the martyrs and filled in by any one who needed it.一方で、彼はlibellusと接続侵害を非難し、特にそれを持っていることの習慣が殉教者で空白で作られ、それを必要に応じていずれかにより記入。 "To this you should diligently attend", he writes to the martyrs (Ep. xv), "that you designate by name those to whom you wish peace to be given." "あなたはあなたの名が与えられることに平和を願う人にそれらを指定すること。"、 "あなたが熱心に出席する必要があり、このために"、彼は殉教者への書き込み(Ep. XV) On the other hand, he recognizes the value of these memorials: "Those who have received a libellus from the martyrs and with their help can, before the Lord, get relief in their sins, let such, if they be ill and in danger, after confession and the imposition of your hands, depart unto the Lord with the peace promised them by the martyrs" (Ep. xiii, PL, IV, 261).その一方で、彼は、これらの記念碑の価値を認識し、 "殉教者からlibellusを受けており、彼らの助けを借りて、主の前に、そのようなことができ、自分の罪を救済を受けることができる人を、彼らは病気や危険にさらされている場合、告白とあなたの按手礼の後、殉教者 "(Ep. XIII、PL、IV、261)によってそれらを約束した平和とかれの主出発します。 St. Cyprian, therefore, believed that the merits of the martyrs could be applied to less worthy Christians by way of vicarious satisfaction, and that such satisfaction was acceptable in the eyes of God as well as of the Church.聖シプリアンは、したがって、殉教者のメリットは、代位満足の方法で少なく立派なキリスト教徒にも適用することができると信じて、そのような満足感だけでなく、教会のように、神の目には受け入れられた。

After the persecutions had ceased, the penitential discipline remained in force, but greater leniency was shown in applying it.迫害がやんだ後は、ざんげの規律が力に残ったが、より寛大さは、それを適用することで示された。 St. Cyprian himself was reproached for mitigating the "Evangelical severity" on which he at first insisted; to this he replied (Ep. lii) that such strictness was needful during the time of persecution not only to stimulate the faithful in the performance of penance, but also to quicken them for the glory of martyrdom; when, on the contrary, peace was secured to the Church, relaxation was necessary in order to prevent sinners from falling into despair and leading the life of pagans.聖シプリアン自身は、彼が最初に主張している "福音主義の重大度"を軽減するために非難されたが、これまで彼が苦行の性能に忠実を刺激するだけでなく、迫害の時代にそのような厳しさが入用であったこと(Ep. LII)答えだけでなく、それらを早める殉教の栄光のために、逆に、平和が教会に固定されたときに、緩和は絶望に陥ると多神教徒の生活を送ってから、罪人を防止するために必要であった。 In 380 St. Gregory of Nyssa (Ep. ad Letojum) declares that the penance should be shortened in the case of those who showed sincerity and zeal in performing it -- "ut spatium canonibus praestitum posset contrahere (can. xviii; cf. can. ix, vi, viii, xi, xiii, xix). In the same spirit, St. Basil (379), after prescribing more lenient treatment for various crimes, lays down the general principle that in all such cases it is not merely the duration of the penance that must be considered, but the way in which it is performed (Ep. ad Amphilochium, c. lxxxiv). Similar leniency is shown by various Councils--Ancyra (314), Laodicea (320), Nicaea (325), Arles (330). It became quite common during this period to favor those who were ill, and especially those who were in danger of death (see Amort, "Historia", 28 sq.). The ancient penitentials of Ireland and England, though exacting in regard to discipline, provide for relaxation in certain cases. St. Cummian, eg, in his Penitential (seventh century), treating (cap. v) of the sin of robbery, prescribed that he who has often committed theft shall do penance for seven years or for such time as the priest may judge fit, must always be reconciled with him whom he has wronged, and make restitution proportioned to the injury, and thereby his penance shall be considerably shortened (multum breviabit poenitentiam ejus). But should he be unwilling or unable (to comply with these conditions), he must do penance for the whole time prescribed and in all its details. (Cf. Moran, "Essays on the Early Irish Church", Dublin, 1864, p. 259.) 380で聖グレゴリーのnyssa(Ep.広告Letojum)は苦行がそれを実行するのに誠意と熱意を見せている人の場合は、これを短縮すべきであることを宣言 - "UT隙canonibus praestitumミルク酒contrahere(can. XVIII; CFできます。IX、VI、VIII、XI、XIII、19)。同じ精神で、聖バジル(379)は、様々な犯罪のためのより寛大な処置を処方した後、すべてのそのようなケースでは、それは単にではないという一般原則を定めている考慮しなければならない苦行が、それが実行される方法の持続時間(Ep.広告Amphilochium、C八十四。)類似情状酌量は、様々な協議会で示されている - 。アンキラ(314)、ラオディケア(320)、ニカイア(325 )、アルル(330)それは(活気のない、 "ヒストリア"、28平方参照)が死の危険にさらされた人々、特に病気であった者を優先するように、この期間中にはかなり一般的になった、と。アイルランドとイングランドの古代penitentials 、規律に関して厳格なしかし、特定のケースでの休養を提供する。セントCummian、例えば、彼のざんげ(7世紀)で、強盗の罪の治療(cap. v)は、彼が頻繁に窃盗を犯した人のことを規定しなければならない7年間、もしくは司祭がフィット感を判断するかもしれないような時のための苦行を行うには、常に彼が不当な扱いを受けています彼と仲直りする必要があり、返還が(multum breviabit poenitentiam ejus)傷害に比例し、それによって彼の苦行が大幅に短縮されるものとします。しかし、彼は(これらの条件に準拠するために)不本意であるか、またはできなくなるべきである、と彼はずっと処方とそのすべての詳細をするための苦行を行う必要があります(参考モラン、 "エッセイ早いアイルランドの教会の"、ダブリン、1864年、p。 259。)

Another practice which shows quite clearly the difference between sacramental absolution and the granting of indulgences was the solemn reconciliation of penitents.かなり明確におぼれるの聖礼典の赦免と許可の違いを示して別の練習のpenitents厳粛な和解だった。 These, at the beginning of Lent, had received from the priest absolution from their sins and the penance enjoined by the canons; on Maundy Thursday they presented themselves before the bishop, who laid hands on them, reconciled them with the Church, and admitted them to communion.これらは、四旬節の冒頭で、自分の罪と参事が加味苦行から司祭赦免から受け取った、私たちの幸せな時間で、彼らは教会でそれらを仲直り、その上に手を置いた司教は、前に自分自身を提示し、それらを認めた交わりへ。 This reconciliation was reserved to the bishop, as is expressly declared in the Penitential of Theodore, Archbishop of Canterbury; though in case of necessity the bishop could delegate a priest for the purpose (lib. I, xiii).この和解は、明示的にセオドア、カンタベリー大主教のざんげで宣言されて、司教に留保された;必要な場合には司教が目的(lib.私、13)のための司祭を委任することができるのに。 Since the bishop did not hear their confession, the "absolution" which he pronounced must have been a release from some penalty they had incurred.司教は彼らの告白を聞いていなかったので、彼は発音 "赦免"は、彼らが被ったいくつかの罰から解放されている必要があります。 The effect, moreover, of this reconciliation was to restore the penitent to the state of baptismal innocence and consequently of freedom from all penalties, as appears from the so-called Apostolic Constitutions (lib, II, c. xli) where it is said: "Eritque in loco baptismi impositio manuum"--ie the imposition of hands has the same effect as baptism (cf. Palmieri, "De Poenitentia", Rome, 1879, 459 sq.).効果は、さらに、この和解の洗礼無罪の状態、その結果、すべてのペナルティからの自由への後悔を復元することであった、などと言われ、いわゆるローマ教皇の憲法(libに、Ⅱ、C XLI)から表示されます。 "ロコbaptismi impositio manuumでEritque" - すなわち、按手礼は洗礼(参照パルミエリ、 "デPoenitentia"、ローマ、1879年、459㎡)と同じ効果があります。 In a later period (eighth century to twelfth) it became customary to permit the substitution of some lighter penance for that which the canons prescribed.後の時代(8世紀に第十二)においては、参事が定めるいるそのためのいくつかの軽い苦行の置換を可能にするのが通例となった。 Thus the Penitential of Egbert, Archbishop of York, declares (XIII, 11): "For him who can comply with what the penitential prescribes, well and good; for him who cannot, we give counsel of God's mercy. Instead of one day on bread and water let him sing fifty psalms on his knees or seventy psalms without genuflecting .... But if he does not know the psalms and cannot fast, let him, instead of one year on bread and water, give twenty-six solidi in alms, fast till None on one day of each week and till Vespers on another, and in the three Lents bestow in alms half of what he receives." (13、11)を宣言し、エグバート、ヨーク大司教のこのようざんげ: "ざんげが順調と良い、規定して何を遵守することができます彼にとっては、、我々は神の慈悲の助言を与えることができない彼のために1日ではなく上に。パンと水は彼genuflectingせずに彼の膝または70詩篇50詩篇を歌いましょう....しかし、彼は詩篇を知っていないと、高速でパンと水で1年間ではなく、彼を手放すことはできません場合に二〇から六solidusの複数形を与えるなしまで速い各週の1日に、別の上に、そして3 Lents晩課では、彼が受け取ることの半分に施しを授けるまで施し、。 " The practice of substituting the recitation of psalms or the giving of alms for a portion of the fast is also sanctioned in the Irish Synod of 807, which says (c. xxiv) that the fast of the second day of the week may be "redeemed" by singing one psalter or by giving one denarius to a poor person.週の2日目の速い "が償還することができるという詩篇の朗読を置換または高速の一部に対してALMの与えることの練習にも807のアイルランドの教会会議で認可されている、と言う(C. XXIV) "一つの詩篇を歌ってや貧しい人に1デナリウスを与えることによって。 Here we have the beginning of the so-called "redemptions" which soon passed into general usage.ここで我々はすぐに一般的な用法に渡され、いわゆる "償還"の始まりを持っています。 Among other forms of commutation were pilgrimages to well-known shrines such as that at St. Albans in England or at Compostela in Spain.コミュの他の形態の中には、イギリスのセント·オールバンズで、またはスペインのコンポでそのような周知の神社に巡礼があった。 But the most important place of pilgrimage was Rome.しかし、巡礼の中で最も重要な場所はローマだった。 According to Bede (674-735) the "visitatio liminum", or visit to the tomb of the Apostles, was even then regarded as a good work of great efficacy (Hist. Eccl., IV, 23).ビード(674から735) "visitatio liminum"、または使徒の墓に訪れるによると、その時でさえ、多大な効力の良い仕事(チャンネルですEccl。、IV、23)とした。 At first the pilgrims came simply to venerate the relics of the Apostles and martyrs; but in course of time their chief purpose was to gain the indulgences granted by the pope and attached especially to the Stations.最初は巡礼者は、使徒と殉教者の聖遺物を崇拝するためだけに来ました、しかし、時間の経過で、その主な目的は、法王が付与されており、駅に特に添付おぼれるを得ることになっていました。 Jerusalem, too, had long been the goal of these pious journeys, and the reports which the pilgrims gave of their treatment by the infidels finally brought about the Crusades.エルサレムは、あまりにも、長い間これらの敬虔な旅の目標であった、と巡礼者は異教徒によって、治療のたレポートがついに十字軍をもたらした。 At the Council of Clermont (1095) the First Crusade was organized, and it was decreed (can. ii): "Whoever, out of pure devotion and not for the purpose of gaining honor or money, shall go to Jerusalem to liberate the Church of God, let that journey be counted in lieu of all penance".クレルモンの評議会(1095)に最初の十字軍​​が組織され、そしてそれは(can.ⅱ)法令として布告されました: "純粋な献身の外にではなく、名誉やお金を得ることを目的として、教会を解放するためにエルサレムに行こう人は誰でも、神から、 "その旅は、すべての贖罪の代わりにカウントされるようにします。 Similar indulgences were granted throughout the five centuries following (Amort, op. cit., 46 sq.), the object being to encourage these expeditions which involved so much hardship and yet were of such great importance for Christendom and civilization.同様のおぼれるはそんなに苦労を関与し、まだキリスト教と文明のためのそのような非常に重要であったこれらの探検を奨励するためにされているオブジェクト(活気のない、前掲書、46㎡)以下の5つの何世紀にもわたって付与された。 The spirit in which these grants were made is expressed by St. Bernard, the preacher of the Second Crusade (1146): "Receive the sign of the Cross, and thou shalt likewise obtain the indulgence of all thou hast confessed with a contrite heart (ep. cccxxii; al., ccclxii).これらの助成が行われた精神は、セントバーナード、第二回十字軍(1146)の説教で表現されます: "十字架の印を受信し、汝は同様に悔い心(と告白したすべてのなたの耽溺を得るなかれ。EP cccxxii;ら、ccclxii)。

Similar concessions were frequently made on occasions, such as the dedication of churches, eg, that of the old Temple Church in London, which was consecrated in honor of the Blessed Virgin Mary, 10 February, 1185, by the Lord Heraclius, who to those yearly visiting it indulged sixty days of the penance enjoined them -- as the inscription over the main entrance attests.それらに主ヘラクリウスによって聖母マリア、1185年2月10日、、敬意を表して献堂されたロンドンにある古い寺院教会、同様の譲歩が頻繁にそのような教会の落成式などの場面、例えば、上に出された、その正面玄関上の碑文が証明として - 訪問毎年それは苦行の60日それらを差し止め耽った。 The canonization of saints was often marked by the granting of an indulgence, eg in honor of St. Laurence 0'Toole by Honorius III (1226), in honor of St. Edmund of Canterbury by Innocent IV (1248), and in honor of St. Thomas of Hereford by John XXII (1320).聖人の列聖はしばしばイノセントIV(1248)によるカンタベリーのセントエドモンドの名誉で、ホノリウス3世(1226)によってセントローレンス0'Tooleに敬意を表し、例えば、耽溺の付与によってマークされており、敬意を表してたヨハネ二十二世(1320)によってヘレフォードのセントトーマス。 A famous indulgence is that of the Portiuncula (qv), obtained by St. Francis in 1221 from Honorius III.有名な耽溺はホノリウス3世から1221年にセント·フランシスによって得Portiuncula(QV)のことです。 But the most important largess during this period was the plenary indulgence granted in 1300 by Boniface VIII to those who, being truly contrite and having confessed their sins, should visit the basilicas of Sts.しかし、この期間中の最も重要な大盤振る舞いは、本当に悔いていると持つことが自分の罪を告白した人、それらにボニファティウスVIIIで1300年に付与された全免償されたSTSのバシリカを訪問するべきである。 Peter and Paul (see JUBILEE).ピーターとポール(ジュビリーを参照してください)​​。

Among the works of charity which were furthered by indulgences, the hospital held a prominent place.おぼれることによって助長された慈善団体の作品の中で、病院が目立つ場所を開催しました。 Lea in his "History of Confession and Indulgences" (III, 189) mentions only the hospital of Santo Spirito in Rome, while another Protestant writer, Uhlhorn (Gesch. d. Christliche Liebesthatigkeit, Stuttgart, 1884, II, 244) states that "one cannot go through the archives of any hospital without finding numerous letters of indulgence".彼の "告白とおぼれるの歴史"(III、189)でリーは、その "別のプロテスタントの作家、Uhlhorn(シュトゥットガルトGesch. D。Christliche Liebesthatigkeit、、1884、II、244)の状態ながら、ローマのサント·スピリトの唯一の病院に言及一つは "耽溺の多数の手紙を見つけることなく、すべての病院のアーカイブを行くことはできません。 The one at Halberstadt in 1284 had no less than fourteen such grants, each giving an indulgence of forty days. 1284年ハルバーシュタット少なくとも一つは劣らず14よりも、このような助成金、40日間の耽溺を与えるそれぞれを持っていた。 The hospitals at Lucerne, Rothenberg, Rostock, and Augsburg enjoyed similar privileges.ルツェルン、ローゼンバーグ、ロストック、とアウグスブルクで病院が同様の特権を楽しんだ。

ABUSES虐待

It may seem strange that the doctrine of indulgences should have proved such a stumbling-block, and excited so much prejudice and opposition.それはおぼれるの教義は、つまずきブロックを証明し、そんなに偏見や反対を興奮したとは不思議に思われるかもしれません。 But the explanation of this may be found in the abuses which unhappily have been associated with what is in itself a salutary practice.しかし、これについての説明は不幸そのものに有益な練習は何かに関連付けられている虐待で見つけられるかもしれません。 In this respect of course indulgences are not exceptional: no institution, however holy, has entirely escaped abuse through the malice or unworthiness of man.もちろんこの点でおぼれることは例外的ではありません:しない機関は、しかし聖なる、完全に人間の悪意または不敏を通じて虐待を逃れてきた​​。 Even the Eucharist, as St. Paul declares, means an eating and drinking of judgment to the recipient who discerns not the body of the Lord.さえ聖体は、聖パウロは宣言のように、主の身体をしないdiscerns受信者に裁きを食べたり飲んだりを意味します。 (1 Corinthians 11:27-29). (1コリント11:27-29)。 And, as God's forbearance is constantly abused by those who relapse into sin, it is not surprising that the offer of pardon in the form of an indulgence should have led to evil practices.神の忍耐は常に誰再発罪にそれらによって悪用されると、それは耽溺の形で恩赦の申し出が悪慣行につながっている必要があることは驚くべきことではない。 These again have been in a special way the object of attack because, doubtless, of their connection with Luther's revolt (see LUTHER).これらは、再び特別な方法であるため、確かに、ルターの反乱(ルーサーを参照)との接続の攻撃の対象となっている。 On the other hand, it should not be forgotten that the Church, while holding fast to the principle and intrinsic value of indulgences, has repeatedly condemned their misuse: in fact, it is often from the severity of her condemnation that we learn how grave the abuses were.一方、それは、教会が、原則とおぼれることの本質的な価値を堅持しながら、何度も彼らの誤用を非難していることを忘れてはならない:実際には、それは我々がどのように墓を学ぶことを彼女の非難の重症度からしばしばです虐待があった。

Even in the age of the martyrs, as stated above there were practices which St. Cyprian was obliged to reprehend, yet he did not forbid the martyrs to give the libelli.でも、殉教者の時代に、聖シプリアンとしては叱責を余儀なくされた慣行があった上で述べたように、まだ彼はlibelliを与えるために殉教者を禁止していませんでした。 In later times abuses were met by repressive measures on the part of the Church.後の時代に虐待は教会の一部で抑圧的な措置によって満たされた。 Thus the Council of Clovesho in England (747) condemns those who imagine that they might atone for their crimes by substituting, in place of their own, the austerities of mercenary penitents.こうしてイギリスでCloveshoの評議会(747)、彼らは、自分の代わりに、傭兵のpenitents耐乏生活を代入することによって彼らの犯罪を償うかもしれないと想像する人々を非難している。 Against the excessive indulgences granted by some prelates, the Fourth Council of the Lateran (1215) decreed that at the dedication of a church the indulgence should not be for more than year, and, for the anniversary of the dedication or any other case, it should not exceed forty days, this being the limit observed by the pope himself on such occasions.いくつかの高位聖職者によって付与された過度におぼれるに対して、ラテランの第4回協議会(1215)それは、教会の献身に耽溺が1年以上であってはならないことを命じ、かつ、献身の記念日や、他のケースのためにこれは、このような機会に、法王自身によって観測された制限され、40日を超えてはいけません。 The same restriction was enacted by the Council of Ravenna in 1317.同じ制限は、1317年にラヴェンナの評議会によって制定された。 In answer to the complaint of the Dominicans and Franciscans, that certain prelates had put their own construction on the indulgences granted to these Orders, Clement IV in 1268 forbade any such interpretation, declaring that, when it was needed, it would be given by the Holy See.特定の高位聖職者たちは、これらの注文に付与さにおぼれるで独自の建設を入れていたことをdominicansとフランシスコ会の苦情に答えて、1268年におけるクレメントIVは、それが必要とされたとき、それは次式で与えられます、と宣言して、そのような解釈を禁じ教皇庁。 In 1330 the brothers of the hospital of Haut-Pas falsely asserted that the grants made in their favor were more extensive than what the documents allowed: John XXII had all these brothers in France seized and imprisoned. 1330年にオー·PASの病院の兄弟が偽って彼らの好意で行われた助成金は、書類が許可されたものよりも広範であったことを主張:ヨハネ二十二世は押収され、投獄され、フランスのすべてのこれらの兄弟を持っていた。 Boniface IX, writing to the Bishop of Ferrara in 1392, condemns the practice of certain religious who falsely claimed that they were authorized by the pope to forgive all sorts of sins, and exacted money from the simple-minded among the faithful by promising them perpetual happiness in this world and eternal glory in the next. 1392年フェラーラの司教への書き込みボニIXは、誤ってそれらを永遠の約束して、忠実な間でシンプル志向からすべての罪の種類、及び強要お金を許すことに彼らは法王によって認可されていると主張し、特定の宗教の実践を非難この世界の幸福と隣で永遠の栄光。 When Henry, Archbishop of Canterbury, attempted in 1420 to give a plenary indulgence in the form of the Roman Jubilee, he was severely reprimanded by Martin V, who characterized his action as "unheard-of presumption and sacrilegious audacity".ヘンリーは、カンタベリー大主教は、ローマジュビリーの形で全免償を与えるために1420年にしようとしたとき、彼はひどく "前代未聞の推定と罰当たりな大胆さ"と彼の行動を特徴とするマーティンVで叱責された。 In 1450 Cardinal Nicholas of Cusa, Apostolic Legate to Germany, found some preachers asserting that indulgences released from the guilt of sin as well as from the punishment. Cusaの1450枢機卿ニコラス、ドイツには、ローマ教皇使節では、いくつかの説教者がおぼれることは罪の罪悪感から解放さだけでなく、罰からと主張することがわかった。 This error, due to a misunderstanding of the words "a culpa et a poena", the cardinal condemned at the Council of Magdeburg.言葉の誤解によるこのエラーは、 "罪らpoena"マクデブルクの理事会で非難枢機卿。 Finally, Sixtus IV in 1478, lest the idea of gaining indulgences should prove an incentive to sin, reserved for the judgment of the Holy See a large number of cases in which faculties had formerly been granted to confessors (Extrav. Com., tit. de poen. et remiss.).最後に、1478年シクストゥス4世、おぼれるを獲得するというアイデアは、聖霊の判断のために予約、罪へのインセンティブを証明する必要がないように、。学部は、以前告白(Extrav. COMに付与されていた例が多数を参照してくださいシジュウカラ。デP​​OEN。ら怠慢)。

Traffic in Indulgencesおぼれることでトラフィック

These measures show plainly that the Church long before the Reformation, not only recognized the existence of abuses, but also used her authority to correct them.これらの措置は、教会が長い改革の前に、唯一の侵害の存在を認識していないことをはっきりと示しているが、また、それらを修正するために彼女の権限を使用していました。

In spite of all this, disorders continued and furnished the pretext for attacks directed against the doctrine itself, no less than against the practice of indulgences.すべてこれにもかかわらず、障害は続けないと教義自体に向けられた攻撃の口実を提出し、おぼれるの練習に対するよりも少ない。 Here, as in so many other matters, the love of money was the chief root of the evil: indulgences were employed by mercenary ecclesiastics as a means of pecuniary gain.ここでは、非常に多くの他の問題のように、お金の愛は悪の根チーフだった:おぼれることは、金銭上の利益の手段として傭兵聖職者に雇用されていた。 Leaving the details concerning this traffic to a subsequent article (see REFORMATION), it may suffice for the present to note that the doctrine itself has no natural or necessary connection with pecuniary profit, as is evident from the fact that the abundant indulgences of the present day are free from this evil association: the only conditions required are the saying of certain prayers or the performance of some good work or some practice of piety.後続の記事(改革を参照)に、このトラフィックに関する詳細を残して、それが本の豊富なおぼれるという事実から明らかなように教義自体が、金銭的利益との天然または必要な接続を持っていないことに注意することは現在のために十分であるかもしれない当日は、この悪の協会から、自由に必要な唯一の条件は、特定の祈りまたはいくつかの良い仕事のパフォーマンスや信心深さのいくつかの練習と言っています。 Again, it is easy to see how abuses crept in. Among the good works which might be encouraged by being made the condition of an indulgence, alms giving would naturally hold a conspicuous place, while men would be induced by the same means to contribute to some pious cause such as the building of churches, the endowment of hospitals, or the organization of a crusade.男性はに貢献するために、同じ手段によって誘導されるでしょうが、再び、それは虐待が耽溺の状態を作られて励まされる可能性があり、良い作品の中でもインチこっそり方法が簡単にわかります、与え施し、自然に、目立つ場所を開催するそのような教会の建物、病院の寄付、または十字軍の組織としていくつかの敬虔な原因。 It is well to observe that in these purposes there is nothing essentially evil.それは、これらの目的のために本質的に邪悪なものが何もないことを観察することがよくある。 To give money to God or to the poor is a praiseworthy act, and, when it is done from right motives, it will surely not go unrewarded. 、神にまたは貧しい人々にお金を与えることは称賛に値する行為であり、それが適切な動機から行われたときに、それは確かに報われない行くことはありません。 Looked at in this light, it might well seem a suitable condition for gaining the spiritual benefit of an indulgence.この光の中で見て、それはよく耽溺の精神的な利益を得るための適切な条件に思えるかもしれません。 Yet, however innocent in itself, this practice was fraught with grave danger, and soon became a fruitful source of evil.しかし、それ自体はしかし無邪気な、このような行為は重大な危険性をはらんで、すぐに悪の実りの源になった。 On the one hand there was the danger that the payment might be regarded as the price of the indulgence, and that those who sought to gain it might lose sight of the more important conditions.一方で、支払いが耽溺の価格と見なされるかもしれないことと、それを得るように努めた人々が、より重要な条件を見失うかもしれないという危険性があった。 On the other hand, those who granted indulgences might be tempted to make them a means of raising money: and, even where the rulers of the Church were free from blame in this matter, there was room for corruption in their officials and agents, or among the popular preachers of indulgences.一方、おぼれるを与えた人々がそれらの資金調達の手段で行うように誘惑されることがありますと、教会の支配者は、この問題で非難から自由であった場合でも、その職員や代理店における汚職の余地があった、またはおぼれる人気の説教師の間で。 This class has happily disappeared, but the type has been preserved in Chaucer's "Pardoner", with his bogus relics and indulgences.このクラスには、彼の偽の遺物とおぼれると、喜んで消えてしまいましたが、型はチョーサーの "免罪符売り"に保存されています。

While it cannot be denied that these abuses were widespread, it should also be noted that, even when corruption was at its worst, these spiritual grants were being properly used by sincere Christians, who sought them in the right spirit, and by priests and preachers, who took care to insist on the need of true repentance.それはこれらの虐待が広まっていたことは否定できないが、それは腐敗が最悪であった場合でも、これらの精神的な補助金が適切に右の精神でそれらを求める誠実なキリスト教徒によっておよび司祭や説教によって使用されていた、ことにも留意すべきである、誰が真の悔い改めの必要性を主張するために世話をした。 It is therefore not difficult to understand why the Church, instead of abolishing the practice of indulgences, aimed rather at strengthening it by eliminating the evil elements.それは代わりにおぼれるの練習を廃止の教会は、邪悪な要素を排除することによって、それを強化することを目的としたという理由を理解することは難しいことではありません。 The Council of Trent in its decree "On Indulgences" (Sess. XXV) declares: "In granting indulgences the Council desires that moderation be observed in accordance with the ancient approved custom of the Church, lest through excessive ease ecclesiastical discipline be weakened; and further, seeking to correct the abuses that have crept in . . . it decrees that all criminal gain therewith connected shall be entirely done away with as a source of grievous abuse among the Christian people; and as to other disorders arising from superstition, ignorance, irreverence, or any cause whatsoever--since these, on account of the widespread corruption, cannot be removed by special prohibitions--the Council lays upon each bishop the duty of finding out such abuses as exist in his own diocese, of bringing them before the next provincial synod, and of reporting them, with the assent of the other bishops, to the Roman Pontiff, by whose authority and prudence measures will be taken for the welfare of the Church at large, so that the benefit of indulgences may be bestowed on all the faithful by means at once pious, holy, and free from corruption." "おぼれるの" ITS令でトレントの評議会(sess. XXV)が宣言: "免罪符を与える場合には理事会が過度やす教会の規律が弱まることを通じないように、節度が教会の古代の承認されたカスタムに合わせて観察することを望んで、そしてさらに、それは、それに接続されたすべての犯罪利得は完全にキリスト教の人々の間で痛ましい虐待のソースとして、廃止されるものとする政令...でこっそりしている人権侵害を是正しようとしている、と迷信、無知から生じる他の疾患に関して、不遜、またはいかなる原因 - これらのことから、広範な腐敗のアカウント上で、特別な禁止事項では除去できない - 理事会は前に持ってくる、各司教に彼自身の司教区に存在するような虐待を見つける義務を産む次の地方教会会議、および他の司教の同意と、それらを報告するの、ローマ教皇に、その権限と慎重措置がおぼれることの利点は、贈与することができるので、大規模な教会の福祉のために取られることによってかつて神聖な、信心深い、と腐敗から無料ですべての手段により忠実に。 " After deploring the fact that, in spite of the remedies prescribed by earlier councils, the traders (quaestores) in indulgences continued their nefarious practice to the great scandal of the faithful, the council ordained that the name and method of these quaestores should be entirely abolished, and that indulgences and other spiritual favors of which the faithful ought not to be deprived should be published by the bishops and bestowed gratuitously, so that all might at length understand that these heavenly treasures were dispensed for the sake of piety and not of lucre (Sess. XXI, c. ix).以前の協議会が定める救済手段があるにもかかわらず、おぼれるのトレーダー(quaestores)は信徒の大きなスキャンダルに彼らの非道な練習を続け、事実を嘆息した後、評議会はこれらquaestoresの名前とメソッドが完全に廃止すべきだと定められ、忠実が奪われるべきでないうちにおぼれるおよびその他の精神的な恩恵が司教によって発行されて、長さで、すべての威力は、これらの天の宝物の信心深さではなく、もうけのために分配されたことを理解しているので、無償で贈与されるべきである(そのセッション数。XXIは、c。ⅸ)。 In 1567 St. Pius V canceled all grants of indulgences involving any fees or other financial transactions. 1567年聖ピウスVどの費用やその他の金融取引に関わるおぼれるのすべての権限を取り消した。

Apocryphal Indulgences作り話におぼれる

One of the worst abuses was that of inventing or falsifying grants of indulgence.最悪の人権侵害の一つは、耽溺の助成金を発明または改ざんのことでした。 Previous to the Reformation, such practices abounded and called out severe pronouncements by ecclesiastical authority, especially by the Fourth Council of the Lateran (1215) and that of Vienne (1311).宗教改革以前は、このような慣行は、特にラテランの第4回協議会(1215)および(1311)ヴィエンヌつまり、教会の権威によって厳しい見解を富んだと叫んだ。 After the Council of Trent the most important measure taken to prevent such frauds was the establishment of the Congregation of Indulgences.トレントの評議会後にそのような不正を防ぐために取ら最も重要な指標は、おぼれるの信徒の設立だった。 A special commission of cardinals served under Clement VIII and Paul V, regulating all matters pertaining to indulgences.枢機卿の特別委員会は、免罪符に関連するすべての事項を規制する、クレメンス8とポールVの下を務めた。 The Congregation of Indulgences was definitively established by Clement IX in 1669 and reorganized by Clement XI in 1710.おぼれるの信徒が決定的に1669年にクレメント9世によって設立され、1710年にクレメントxiによって再編成されました。 It has rendered efficient service by deciding various questions relative to the granting of indulgences and by its publications.それはおぼれるの付与とその出版物によってに対して様々な質問を決めることで、効率的なサービスをレンダリングしています。 The "Raccolta" (qv) was first issued by one of its consultors, Telesforo Galli, in 1807; the last three editions 1877, 1886, and 1898 were published by the Congregation. "Raccolta"(QV)は、最初1807年に、そのconsultorsの一つ、Telesforoガリによって発行されたもので、最後の3つのエディションが1877年、1886年、そして1898年の集会で発表された。 The other official publication is the "Decreta authentica", containing the decisions of the Congregation from 1668 to 1882.他の公式出版物は1668年から1882年に信徒の決定を含む、 "認証設decretumの複数形"である。 This was published in 1883 by order of Leo XIII.これは、レオ十三世の命により1883年に出版された。 See also "Rescripta authentica" by Joseph Schneider (Ratisbon, 1885).また、ジョセフ·シュナイダー(Ratisbon、1885)による "Rescripta認証設"を参照してください。 By a Motu Proprio of Pius X, dated 28 January, 1904, the Congregation of Indulgences was united to the Congregation of Rites, without any diminution, however, of its prerogatives. 、1904年1月28日付けのピウスXの教皇自発教令により、おぼれるの信徒は、その特権は、しかし、いずれ減少することなく、儀式の集会に統一されました。

SALUTARY EFFECTS OF INDULGENCESおぼれるの有益な効果

Lea (History, etc., III, 446) somewhat reluctantly acknowledges that "with the decline in the financial possibilities of the system, indulgences have greatly multiplied as an incentive to spiritual exercises, and they can thus be so easily obtained that there is no danger of the recurrence of the old abuses, even if the finer sense of fitness, characteristic of modern times, on the part of both prelates and people, did not deter the attempt."リー(歴史など、III、446)はやや不本意ながら "システムの財務の可能性の低下と、おぼれることは非常に精神的な演習へのインセンティブとして乗じていることを認識し、彼らはこのようにそう簡単には全くないということを得ることができない昔の虐待の再発の危険性も、フィットネスの細かい感覚であれば、現代の特徴は、高位聖職者や人々の両方の一部で、その試みを阻止しなかった。 " The full significance, however, of this "multiplication" lies in the fact that.この "掛け算"の完全な意義は、しかし、その事実にある。 the Church, by rooting out abuses, has shown the rigor of her spiritual life.教会は、人権侵害を根絶することによって、彼女の精神的な生活の厳しさを示している。 She has maintained the practice of indulgences, because, when these are used in accordance with what she prescribes, they strengthen the spiritual life by inducing the faithful to approach the sacraments and to purify their consciences of sin.彼女はおぼれるの練習を維持している、なぜなら、これらは彼女がどのような規定に従って使用されるとき、彼らは秘跡に近づくと、罪の意識を浄化するために忠実を誘導することにより、精神的な生活を強化する。 And further, they encourage the performance, in a truly religious spirit, of works that redound, not alone to the welfare of the individual, but also to God's glory and to the service of the neighbor.さらに、彼らは、個々の福祉だけでなく、神の栄光のために、隣人のサービスを単独ではなく、戻ってくる作品で、本当に宗教的な精神で、パフォーマンスを奨励しています。

Publication information Written by WH Kent. WHケントによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Charles Sweeney, SJ.チャールズ·スウィーニー、SJ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VII.カトリック百科事典は、第VII巻。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

BELLARMINE, De indulgentiis (Cologne, 1600); PASSERINI, De indulgentiis (Rome, 1672); AMORT, De origine......indulgentiarum (Venice, 1738); BOUVIER, Traité dogmatique et pratique des indulgences (Paris, 1855): SCHOOFS, Die Lehre vom kirchl.ベラルミーノ、デindulgentiis(ケルン、1600年); PASSERINI、デindulgentiis(ローマ、1672);活気のない、デ産地...... indulgentiarum(ヴェネツィア、1738年);ブーヴィエ、Traitédogmatiqueら入港許可デおぼれる(パリ、1855年) :SCHOOFS、ダイLehre VOM kirchl。 Ablass (Munster, 1857); GRONE, Der Ablass, seine Gesch. Ablass(ミュンスター、1857);グローネ、デアAblass、まき網Gesch。 u. U。 Bedeutung (Ratisbon, 1863). Bedeutung(Ratisbon、1863)。


Apostolic Indulgencesローマ教皇におぼれる

Catholic Information カトリックの情報

The indulgences known as Apostolic or Apostolical are those which the Roman pontiff, the successor of the Prince of the Apostles, attaches to the crosses, crucifixes, chaplets, rosaries, images, and medals which he blesses, either with his own hand or by those to whom he has delegated this faculty.ローマ教皇や使徒のとして知られておぼれることは、ローマ教皇は、使徒の王子の後継者は、彼自身の手で、またはそれらのいずれかによって、クロス、十字架、chaplets、ロザリオ、イメージ、および彼が祝福メダルに付くものである心に適うこの学部を委譲している。 The principles set forth in the general article on indulgences apply here also.おぼれることについての一般的な記事に記載された原則は、ここでも適用されます。 But since these Apostolic indulgences are among the most frequent and abundant of those now in use throughout the Church, they seem to require a separate and more detailed treatment.これらのローマ教皇におぼれるが今の教会を通して使用されているものの中で最も頻繁に、豊富な間にあるので、しかし、彼らは独立した、より詳細な治療を必要とするように見える。 As the name implies, they are indulgences granted by the pope himself.名前が示すように、彼らは法王自身が付与しおぼれるです。 Some of them are plenary, and others are partial indulgences.そのうちのいくつかは、本会議であり、他は部分的におぼれるされています。 It may be observed that, the possession of the cross or medal or other indulgenced object is not the sole or immediate condition for gaining the indulgences attached thereto by the blessing of the Holy Father or his delegate.それは、十字架やメダルや他のindulgencedオブジェクトの所持は教皇や彼のデリゲートの祝福によってそこに取り付けられた免罪符を得るための唯一の、または即時の条件ではない、ことを観察することができる。 But the possession enables the recipient to gain the various indulgences on the performance of certain prescribed good works or acts of piety.しかし所持は信心深さの特定の所定の良い作品や行為のパフォーマンスに関するさまざまな免罪符を得るために、受信者が有効になります。 In this respect the possession of the object may be regarded as analogous to the local or personal limitation of other indulgences.この点で、オブジェクトの所持は他におぼれるのローカルまたは個人的な限界に類似とみなすことができる。 For in blessing the objects presented to him, the Holy Father thereby grants the indulgences, not to all the faithful indiscriminately, but to certain persons, to wit the actual or prospective possessors of these crosses, medals, etc., which.彼に提示されたオブジェクトを祝福するため、教皇はそれによってウィットこれらの交雑の実際のまたは将来の占有者、メダルなどに、特定の人に無差別ではないすべての忠実な、免罪符を付与しますが、。 may thus be regarded as the marks or tokens distinguishing those persons to whom this special privilege is given.従って、この特別な権限が与えられている人にそれらの人を区別するマークやトークンとみなすことができる。 At the same time, since it is open to all the faithful to obtain such blessed objects, especially now, when the faculty for giving this blessing is so readily granted to the clergy throughout the world, the Apostotic indulgences can hardly be reckoned with those that are merely local or personal.それはこの祝福を与えるための教員はそう容易に世界各地で聖職者に付与されたときに、特に今、そのようなblessされたオブジェクトを取得するためのすべての忠実に開いているので、同時に、Apostoticおぼれることはほとんどそれらのその侮れことができません単にローカルまたは個人的なものである。

Although the popes have been in the habit of granting indulgences from a much earlier date, some of them having an analogous limitation or connection with the holding or wearing of a blessed object, the Apostolic indulgences, as we now know them, date only from the year 1587-just a lifetime after the publication of Luther's famous theses against indulgences.教皇はかなり早い日からおぼれるを付与するのが癖になってきたが、そのうちのいくつかだけから日付、我々は今それを知っているように、ローマ教皇におぼれる、blessされたオブジェクトの保持または着用に類似の制限や接続部を有する年間1587-だけにおぼれるに対するルターの有名な論文の出版後寿命。 And a curious interest attaches to the first origin of this familiar practice.と好奇心の関心は、このおなじみの練習の最初の原点にアタッチされます。 Before that date popes had simply blessed medals or other objects presented to them for that purpose.その日の前に教皇が単にその目的のために彼らに提示メダルやその他のオブジェクトを祝福した。 But as Pope Sixtus V sets forth in his Bull "Laudemus viros gloriosos" (1 December, 1587), the workmen engaged in his restoration and adornment of the Lateran Basilica, in pulling down some very old walls, had accidentally brought to light a number of ancient coins bearing on one side a cross and on the other the likeness of one or other of the early Christian emperors.教皇シクストゥス5世は、彼の雄牛 "Laudemus viros gloriosos"(1587年12月1日)、ラテラノ大聖堂の彼の回復と装飾に従事する労働者に示さ設定としてではなく、いくつかの非常に古い壁を引き下げるには、誤って数値を明るみにしていた片側にクロスと他の上の初期キリスト教皇帝のどちらか一方の肖像が付いた古代のコイン。 This remarkable discovery led the pontiff, in accordance with the opening words of his Bull, to sing the praises of those old rulers of Christendom, such as Constantine, Theodosius, and Marcianus.この驚くべき発見は、コンスタンティヌス、テオドシウス、とMarcianusとしてキリスト教のそれらの古い支配者の賞賛を歌うために、彼の雄牛の開会の言葉によると、法王を導いた。 And, by a happy thought, he made their old coins again pass current, though bearing, as be fitted their new life, not an earthly but a heavenly and spiritual value.そして、幸せな思考によって、彼はベアリングにもかかわらず彼らの古いコインは再びとして、彼らの新しい生活を装着しますが、地上の天国のような、精神的な価値ではないことが、現在の通らせた。 In other words, he granted a number of indulgences, on the performance of certain pious works, to all who became possessors of the old coins enriched with this new blessing.言い換えれば、彼はこの新しい祝福を豊かに古い硬貨の占有者となったすべての人に、特定の宗教にかこつけた作品のパフォーマンスで、おぼれるの番号を付与した。 The list of special indulgences set forth in this Bull as thus attached to those coins of the Christian emperors is the first instance of the Apostolic indulgences which the popes now attach to the medals, etc. presented for their benediction.こうしてキリスト教皇帝のもの硬貨に付着、このレッドブルに定める特別おぼれるのリストは、教皇は今や金メダルにアタッチ使徒のおぼれるなどの最初のインスタンスは、その祝福のために提示されます。 It must not be supposed, however, that the Apostolical indulgences, now so generally given in this familiar manner, are in all respects the same as those granted on this special occasion by Pope Sixtus V. A comparison of the aforesaid Bull "Laudemus viros gloriosos" with the list in the instruction annexed to the customary faculty for blessing rosaries etc., attaching indulgences thereto, will show many points of difference, both in the extent of the indulgences and in the good works prescribed as conditions for gaining them.それが今ではとても一般的に、このよく知られた方法で与えられた使徒のおぼれることは、すべての点でシクストゥスV.前述ブル "Laudemus viros gloriososの比較によって、この特別な機会に付与されたものと同じであること、しかし、想定されてはならない"命令のリストがそれにおぼれるを取り付ける、祝福のロザリオ等の慣習教員に併合で、おぼれるの範囲で、それらを得るための条件として規定されて良い作品の両方で、違いの多くのポイントが表示されます。 And it will be found, as might have been anticipated, that in some cases the indulgences given in the Sixtine Bull are more abundant than the others.そして、それはいくつかのケースではシックスティーンブルで与えおぼれることは他の人よりも豊富であることが、予想されている可能性がありますので、検索することが可能になります。 In at least one important point both lists are in agreement.少なくとも一つの重要な点では、両方のリストが一致している。 Thus it will be seen that in both cases a plenary indulgence may be gained by those who devoutly invoke the Holy Name of Jesus at the hour of death (in mortis articulo).従ってそれは両方のケースで全免償が熱心に死の時間(硬直関節内)でイエス·キリストの神聖な名前を呼び出す人々によって獲得することができることが分かるであろう。 But, on the other hand, the plenary indulgence for confession and Communion which the possessors of the Lateran coins could apparently gain on any day can only be gained by holders of ordinary indulgenced objects on certain great festivals, and that on the fixed condition of reciting certain prayers.しかし、その一方で、ラテランの硬貨の占有者は、明らかに任意の日に取得する可能性があり告白と聖体拝領のために全免償が唯一の特定の大祭りの普通indulgencedオブジェクトの所有者によって得られることができ、その暗唱の固定された状態で特定の祈り。

Publication information出版物の情報
Written by WH Kent. WHケントによって書かれた。 Transcribed by Charles Sweeney, SJ.チャールズ·スウィーニー、SJ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VII.カトリック百科事典は、第VII巻。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです