Theology of Johnヨハネの神学

Advanced Information 高度情報

For a man who has been so prominent in Christian thinking throughout the centuries John is a strangely shadowy figure.何世紀もの間、キリスト教の考え方にとても目立つてきた人のためにジョンが妙に謎に満ちた人物である。 In the Gospels and Acts he is almost invariably accompanied by someone else and the other person is the spokesman (there is an exception when John tells Jesus that he forbade a man to cast out demons; Luke 9:49).福音書と使徒行伝では彼はほぼ毎回誰かを伴って、他の人がスポークスマン(ジョンは彼が悪霊を追い出す男を禁じているイエスを指示する例外がある、ルカ9時49分)です。 He is often linked with Peter and with his brother James, and these three were specially close to Jesus (Matt. 17:1; Mark 14:33; Luke 8:51).彼は頻繁にピーターと彼の兄弟ジェームズとリンクされており、これらの3つは、特別にイエス(マタイ午後5時01、午前14時33分マルコ、ルカ午前8時51分)に接近していた。 He and James were called "sons of thunder" (Boanerges; Mark 3:17), which perhaps points to the kind of character revealed in their desire to call down fire from heaven on people who refused to receive Jesus (Luke 9:54).おそらくイエス(ルカ9時54)を受け取ることを拒否した人々に天から火を呼び出すための自分の欲望に明らかにしたキャラクタの種類を指しているように、彼とジェームズは、 "雷の子ら"(マーク3:17 Boanerges)と呼ばれていました。

We learn more from the writings linked with his name.我々は彼の名前とリンク著作から多くを学びなさい。 The Fourth Gospel as it stands is anonymous, but there is good reason for thinking that John wrote it and that he was the beloved disciple who leaned on Jesus' breast at the Last Supper (John 13:23) and to whom the dying Jesus commended his mother (John 19:26-27).それは現状のままで第4福音書には、匿名であるが、そこにジョンがそれを書いたことを考えるには理由があり、彼は最後の晩餐(ヨハネ13:23)で人々と瀕死イエス表彰誰にイエスの胸に寄りかかった最愛の弟子であったこと彼の母(ヨハネ19:26-27)。 The impression we get is that John had entered into the mind of Jesus more than any of the other disciples had.我々が受ける印象はジョンがもっと持っていた他の弟子たちの誰よりもイエスの心の中に入っていたということです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

God as Father父としての神

From his Gospel we learn a good deal about the Father and, indeed, it is to John more than anyone else that Christians owe their habit of referring to God simply as "the Father."彼の福音書から、私たちは父についての良い取引を学ぶと、確かに、それはジョンにもっとクリスチャンが単に神に言及彼らの習慣借りている他の誰よりも "父"。 John uses the word "father" 137 times (which is more than twice as often as anyone else; Matthew has it 64 times, Paul 63).ジョンは言葉 "父" 137回(マタイはそれを64回を持っている、ポール63としてしばしば他の誰のように2倍以上である)を使用しています。 No less than 122 refer to God as Father, a beautiful emphasis which has influenced all subsequent Christian thinking. 122劣らは父、後続のすべてのキリスト教の考え方に影響を与えてきた美しい重点として神を参照しません。 John also tells us that this God is love (I John 4:8, 16), and love is an important topic in both his Gospel and his epistles.ジョンはまた、この神は愛(ヨハネ4時08、16)であることを教えてくれる、と愛は彼の福音書と彼の書簡の両方で重要なトピックです。 We know love in the Christian sense because we see it in the cross (John 3:16; I John 4:10); it is sacrificial giving, not for worthwhile people, but for sinners.我々は、クロス(;私ヨハネ4:10ヨハネ3:16);でそれを見るので、私たちは、キリスト教的な意味での愛を知っているそうではない価値のある人々のために、罪人のために、与え犠牲です。

The Father is constantly active (John 5:17); he upholds his creation and brings blessing on those he has made.父は(ヨハネ5:17)常にアクティブであり、彼は彼の創造を掲げ、彼が作ったものに祝福をもたらします。 He is a great God whose will is done, particularly in election and salvation.彼は、その意志特に選挙と救いに、行われる偉大な神である。 "No one can come to me," said Jesus, "unless the Father who sent me draws him" (John 6:44); and again, "You did not choose me, but I chose you" (John 15:16; cf. 8:47; 18:37). "誰もが私に来ることはできない"とイエスはいった、 "わたしをつかわされた父は、彼を描画しない限り、"(ヨハネによる福音書6:44)と、再び、(ジョン·午後3時16分 "あなたは私を選ばなかったが、私はあなたを選びました";ますcf 8時47分、午前18時37)。

The book of Revelation was written by John (Rev. 1:1-3), though which John is not specified.黙示録は、ジョンが指定されていないにもかかわらずジョン(黙1:1-3)、によって書かれました。 But there is good reason for seeing it as coming from John the apostle and as stressing an important aspect of Johannine thought, namely that of divine sovereignty.しかし、それは神の主権、すなわち、ヨハネ使徒から来たものとしてと使徒ヨハネの思想の重要な側面を強調するようにそれを確認するのに十分な理由がある。 It is easy to get lost in a strange world of seals, trumpets, bowls, and animals with unusual numbers of heads and horns.それは、頭や角の異常な数字とシール、トランペット、ボウル、動物の不思議な世界で迷子になることは容易である。 But this is not the important thing.しかし、これは重要なことではありません。 Throughout this book God is a mighty God.この本を通して神は偉大な神である。 He does what he wills and, though wickedness is strong, in the end he will triumph over every evil thing.彼が何をするか、彼は意志と、悪は最後には、強いですが、彼はあらゆる邪悪なものを介して勝利するでしょう。 There is a great deal about the wrath of God in Revelation (and something about it in the Gospel), which brings out the truth that God is implacably opposed to evil and will in the end overthrow it entirely.神は執念深く悪に反対しているという真実を引き出し、最後にそれを完全に転覆されます黙示録で神の怒り(と福音でそれについての何か)、について多くのことがあります。

Christologyキリスト論

Throughout the Johannine writings there is a good deal of attention given to Christology.使徒ヨハネの記述を通してキリストに与えられた注目の良い取引があります。 The Gospel begins with a section on Christ as the Word, a passage in which it is clear that God has taken action in Christ for revelation and for salvation.福音書は、Word、それは神が啓示と救いのためにキリストにある行動を取っていることは明らかである通路としてキリストのセクションから始まります。 Christ is "the Savior of the world" (John 4:42), and this is brought out when he is referred to as Christ (= Messiah), Son of God, Son of man, and in other ways.キリストは "世の救い主"(ヨハネ4:42)であり、これは彼がキリスト(=救世主)と呼ばれているときに、持ち出し、神の御子、男の息子は、他の方法でされています。 They all depend in one way or another on the thought that God is active in Christ in bringing about the salvation he has planned.彼らはすべての神は彼が計画している救いをもたらす上でキリストにあってアクティブであることを考えた上で1つの方法または別の依存。 John has an interesting use of terms like "glory" and "glorify," for he sees the cross as the glorification of Jesus (John 12:23; 13:31).彼はイエスの賛美(;午前13時31ヨハネ12:23)とのクロスを見ているためにジョンは "美化" "栄光"のような用語の面白い使い方があります。 Suffering and lowly service are not simply the path to glory; they are glory in its deepest sense.苦しみと卑しいサービスは、単に栄光への道ではありません、彼らはその最も深い意味での栄光である。 This striking form of speech brings out the truth that God is not concerned with the kind of thing that people see as glorious.言論のこの印象的な形は、神は、人々が栄光として表示されるものの種類に関係がありませんという真実を引き出します。 The whole life of Jesus was lived in lowliness but John can say, "We have beheld his glory" (John 1:14).イエスの一生は低さに住んでいましたが、ジョンは(ヨハネ1:14) "私たちはその栄光を見た"、と言うことができます。

Miracles奇跡

John's treatment of the miracles is distinctive.奇跡のジョンの治療が独特です。 He never calls them "mighty works" as do the synoptists, but "signs" or "works."彼は "偉大な作品"としてのsynoptistsを行うが、 "署名"したり呼び出すことはありません "の作品。" They point us to significant truth, for God is at work in them.彼らは神が彼らの仕事であるため、重要な真実に私たちを指しています。 "Work" may be used of Jesus' nonmiraculous deeds as well as those that are miraculous, which suggests that his life is all of a piece. "仕事"は、彼の人生は、作品のすべてであることを示唆しているだけでなく、奇跡的であるものとして、イエスのnonmiraculous行為を用いてもよい。 He is one person; he does not do some things as God and others as man.彼は一人であり、彼は男としての神および他のようないくつかのことを行いません。 But all he does is the outworking of his mission, a thought which means much to John.しかし、彼はすべての彼の任務の完遂、ジョンに多くのことを意味する思想です。 There are two Greek words for "to send," and John's gospel has both more frequently than any other book in the NT.そこに2つのギリシャ語の単語は、 "送信する"ためのものであり、ヨハネの福音書は、両方のより頻繁にNTの他のどの本よりも持っています。 Mostly he uses the words to bring out the truth that the Father sent the Son, though there are some important passages linking the mission of his followers with that of Jesus (John 17:18; 20:21).ほとんど彼がイエスのこと(;午前20時21ヨハネ17:18)と彼の信奉者の使命を結ぶいくつかの重要な通路がありますが、父は、息子を送ったことの真実を引き出すために言葉を使用しています。 Being sent means that Jesus became man in the fullest sense, as is brought out by his dependence on the Father (cf. John 5:19, 30) and by statements about his human limitations (eg John 4:6; 11:33, 35; 19:28).午前11時33分;父に彼の依存性(cf.ジョン5:19、30)で、彼の人間の限界についての記述(例えばジョン·午前4時06分で出てきますように、イエスは、真の意味で人になったことを意味して送信されている35、午前19時28分)。 John's Jesus is fully divine, indeed, but he is also fully human.ヨハネのイエスは確かに、完全に神ですが、彼はまた、完全にヒトである。

The Holy Spirit聖霊

John tells us more about the Holy Spirit than do the other evangelists.ジョンは私達に他の伝道者が行うよりも、聖霊についての詳細を伝えます。 He is active from the beginning of Jesus' ministry (John 1:32-33), but the full work of the Spirit among man awaited the consummation of Jesus' own ministry (John 7:39).彼はイエスの最初からアクティブになっている "厚労省(ヨハネ1:32-33)、しかし、男の間で聖霊の完全な仕事が待っていたイエスの成就自身のミニストリー(ヨハネ7時39分)を。 The Spirit is active in the Christian life from the beginning (John 3:5, 8) and there are important truths about the Spirit in Jesus' farewell discourse.霊は初めからキリスト教生活の中でアクティブになっている(ヨハネ3:5、8)とイエスの別れの談話の精神に関する重要な真理があります。 There we learn among other things that he is "the Spirit of truth" (John 14:16-17), that he will never leave Jesus' people (John 14:16), and that he has a work among unbelievers, namely that of convicting them of sin, righteousness, and judgment (John 16:8).そこに我々が(ヨハネ14:16)、彼はイエスの人を残すことは決してありませんつまり、彼は "真理の御霊"(ヨハネ14:16-17)であることを他のものの間で学び、彼がいること、すなわち、不信心者の間で仕事を持っていること罪、正義、および判断(ジョン午前16時08)から彼らを有罪の。

The Spirit is active in leading Christians in the way of truth (John 16:13), and John has a good deal to tell us about the Christian life.御霊は真理の道(ヨハネ16:13)でキリスト教徒をリードでアクティブになっている、とジョンはクリスチャン生活についてお聞かせするのは良い取引を持っています。 He speaks of "eternal life," which seems to mean life proper to the age to come, life of the highest quality (cf. John 10:10).彼は、来るべき時代に人生が適切な最高品質(参照ヨハネ10:10)の寿命を意味すると思われる "永遠の命"のことを話す。 Entrance into life is by believing, and John uses this verb 98 times (though never the noun "faith"). (決して名詞 "信仰"が)人生への入り口は、信じることであり、ジョンはこの動詞を98回使用しています。 Believers are to be characterized by love (John 13:34-35).信者たちは愛(ヨハネ13:34-35)によって特徴づけられることがあります。 They owe all they have to the love of God, and it is proper that they respond to that love with an answering love, a love for God that spills over into a love for other people.彼らは、神の愛に持っているすべてを借りて、そしてそれは彼らが答える愛、他の人々への愛に波及、神への愛とその愛に応答することが適当である。 This receives strong emphasis in I John.これは私がジョンの強い重点を受け取ります。 John emphasizes the importance of light (for believers are people who "walk in the light"; I John 1:7) and of truth.と真実のヨハネは光(ヨハネ1時07信者は "光の中を歩く"人々であるため)の重要性を強調している。 Jesus is the truth (John 14:6) and the Spirit is the Spirit of truth (John 14:17).イエスは真理です(ヨハネ14:6)と聖霊は真理の御霊(ヨハネ夜02時17)です。 To know the truth is to be free (John 8:31-32).真実を知るために(ヨハネ8:31-32)を無料にすることです。

John's is a profound and deep theology, though expressed in the simplest of terms.用語の最も簡単で発現してもジョンのは、深遠で深い神学です。 It sets forth truths which no Christian can neglect.これは、前後全くクリスチャンがおろそかにできない真理を設定します。

L Morris信用モリス
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
JE Davey, The Jesus of St. John; WF Howard, Christianity According to St. John; R. Kysar, The Fourth Evangelist and His Gospel; CF Nolloth, The Fourth Evangelist; NJ Painter, John: Witness and Theologian; SS Smalley, John: Evangelist and Interpreter; DG Vanderlip, Christianity According to John. JEデイビー、聖ヨハネのイエス、R. Kysar、四エバンジェリストと彼の福音;、CF Nolloth、四エバンジェリスト、ニュージャージー州の画家、ジョン·セント·ジョンによると、WFハワード、キリスト教:証人や神学者、SSスモーリー、ジョン:エバンジェリストと通訳、ジョンによると、DGバンダリップ、キリスト教。



Also, see:また、参照してください:
Theology of Matthew マタイの神学
Theology of Mark マークの神学
Theology of Luke ルークの神学
New Testament Theology 新約聖書神学


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです