Theology of Lukeルカの神学

Advanced Information 高度情報

The Evidence証拠

The theology of Luke may be discerned by observing several converging lines of evidence.ルカの神学は、証拠のいくつかの収束線を観測することによって識別することができる。 Since a Gospel lacks the logical sequence of propositional statements characteristic of the epistles, great care is needed to assess this evidence accurately.福音は書簡の特性命題文の論理的な配列を欠いているので、細心の注意を正確にこの証拠を評価するために必要です。 The following must be considered.以下のことを考慮しなければなりません。

Narrative Structure物語構造

The careful statement of purpose inserted before the narrative commences alerts the reader to observe factors that contribute to assurance regarding the truth of the Christian gospel.物語の前に挿入された目的の慎重な発言には、アラートをキリスト教の福音の真理についての保証に寄与する要因を観察するために読者を開始します。 The inclusion of the birth narratives, in contrast to Mark and John, and with different episodes from those in Matthew, directs the reader to certain themes regarding the messiahship and sonship of Jesus.マークとジョンとは対照的に、そしてマシューとは異なるエピソードの誕生物語を含めることは、イエスののmessiahshipと息子であることについて、特定のテーマに読者を導く。 The use of a chiastic structure in Zechariah's Benedictus (1:68-79) focuses attention on the middle theme, oath/covenant, along with the other repeated themes: God's "coming" (or "visitation"), his "people," "salvation," "prophets," the "hand" of the "enemies," and the "fathers."ゼカリヤのベネディクトゥス(1:68-79)でchiastic構造の使用は、他の繰り返されるテーマに沿って、宣誓/誓約、真ん中のテーマに焦点を当てて:神のは "人"彼(または "訪問") "来る" "救い"、 "預言者の敵"と "父"の "" "手" The introduction of two witnesses Simeon and Anna, according to the accepted pattern of two witnesses, draws attention to and confirms the identity of the baby as the promised Messiah (2:25-38).二人の証人シメオンとアンナの導入は、二人の証人の受け入れられたパターンに従って、に注意を喚起し、約束のメシア(2:25-38)として赤ちゃんの身元を確認します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Within the narrative of Jesus' ministry certain editorial touches have great effect in featuring theological themes.イエスのミニストリー一定社説タッチの物語の中では神学的テーマをフィーチャーに大きな影響を及ぼします。 For example, by omitting most of Mark's narrative of 6:45-8:26, Luke is able to move quickly from the stilling of the storm (Mark 4:35-41; Matt. 8:23-27; Luke 8: 22-25), with its significant climactic question, "Who is this?"例えば、6:45-8:26のマルコ物語の大部分を省略することで、ルークは嵐(マルコ4:35-41の静めるから素早く移動することができる。マット8:23-27、ルカ8:22 -25)は、その重要なクライマックスの質問に、 "誰がこれですか?" pausing for only a few incidents, mainly those with messianic significance, to the question of Herod, "Who, then, is this?"唯一のいくつかの事件のために一時停止し、主にこれらの救世主的な意義を持つ、ヘロデ王の質問に、 "誰が、その後、これがですか?" (Luke 9:9), and on to the question at Caesarea Philippi, "Who do you say I am?" (ルカ9:9)、およびピリポでの質問に、 "あなたは、わたしをだれと言うか" Another use of structure is the inclusion of the unique central section.構造の別の用途は、ユニークな中央セクションが含まれていることです。 This not only contains a collection of Jesus' teachings but features a travel motif.これは、イエスの教えのコレクションが含まれていますが、旅行のモチーフを備えていないだけ。 There is a strong sense of movement toward Jerusalem, the city of destiny in God's plan (9:51; 53; 13:22; 33; 17:11; 18:31).エルサレム、神の計画の中で運命の街に向けた動きの強い感覚があります(9:51、53;午後1時22分、33;午後5時11分、夜06時31分)。 Cf. CF。 9:31; 19:11, 28 on Jerusalem, and 9:57; 24:13-17 for examples of Luke's specific references to traveling.午前9時31分、エルサレムで午後7時11分、28、9時57分、走行にルークの特定の参照の例については、24:13-17。 The introduction to this section looks ahead specifically to Jesus' ascension ("taken up," Luke 9:51; cf. the same term in Acts 1:2).このセクションの導入は、イエスの昇天(; C​​F行為1:2の同じ用語 "を取り上げ、"ルカによる福音書9:51)に特異的に前方に見えます。 This is a unique emphasis of Luke, the final event of his Gospel (24:50-53).これはルークのユニークな重点、彼の福音書(24:50-53)の最終イベントです。

Vocabulary語彙

Careful observation of word frequency, provides significant evidence of theological emphasis, especially in comparison with the other Gospels.単語の出現頻度の注意深い観察は、特に他の福音書と比較して、神学的に強調の重要な証拠を提供しています。 Observing the relative frequency of such words as "salvation," "sinner," "today," "God," "word," "city," and various words grouped in semantic fields such as those relating to poverty and wealth (to cite just a few) is foundational in assessing the theology of Luke. "罪人"、 "今日"、 "神"、 "ワード"、 "街"、そしてそのような引用することは、貧困と富(に関連するものとセマンティックフィールドでグループ化され、様々な言葉、 "救い"のような単語の相対頻度を観察するわずか数)ルカの神学を評価する上での基礎である。 One example is the unusual frequency of "today" (Luke 2:11; 4:21; 5:26; 12:28; 13:32, 33; 19:5, 9; 22:34, 61; 23:43 and nine times in Acts). 4時21分、、午前5時26分、12時28分、午後1時32分、33; 19時05分、9;夜09時34分、61、午前23時43分、一例では、 "今日"の異常な周波数(ルカ2:11である行為で9回)。

Contextコンテキスト

Here we see especially the converging lines of evidence.ここでは、証拠の特に収束線が見えます。 When several significant words occur together in a passage which clearly has theological importance, especially if it is at a crucial point in the narrative, the reader may be confident that the author is making a major theological statement.いくつかの重要な単語は明らかに神学的な重要性を持って通路に一緒に発生した場合、それは物語の重要なポイントである場合は特に、読者は著者が主要な神学的声明を出していることを確信することがあります。 Jesus' conversation with Zacchaeus is an example.ザアカイとイエスの会話は一例です。 It occurs shortly before Jesus' triumphal entry, centers on one of the so-called sinners (Luke 19:7), social outcasts, and other unpopular people featured in Luke as the objects of Jesus' concern.それはまもなく懸念イエスのいわゆる罪人(ルカ午後7時07分)、社会的のけ者、イエスのオブジェクトとしてルークで特色他の不人気の一人で勝利のエントリー、センター 'の前に発生します。 The vocabulary includes such key terms as "today" and "salvation."語彙は、 "今日"とのような重要な用語含まれています "救いを。" Another significant event occurs at the beginning of Jesus' ministry: his preaching in the Nazareth synagogue.ナザレの会堂で説教:もう一つの重大な出来事は、イエスのミニストリーの初めに発生します。 This contains a programmatic statement about Jesus' anointing by the Spirit to preach good news to the poor.これは、イエスが貧しい人に福音を宣べ伝えるために、聖霊によって油注ぎについて、プログラムによるステートメントが含まれています。 The significant use of Isaiah 61 with its jubilee motif (the "year of the Lord's favor") contributes to its theological importance.その記念行事をモチーフにしたイザヤ書61の重要な用途( "主の恵みの年")は、その神学的重要性に貢献しています。

Geographical and Historical Background地理的·歴史的背景

Other indications of theology are seen in Luke's stress on these features.神学の他の適応症は、これらの機能のルカのストレスで見られている。 Luke sets the salvation events within the sweep of human history.ルークは、人間の歴史の掃引内の救いのイベントを設定します。 His description of Jesus' orientation to Jerusalem from Luke 9:51 on points to the passion, resurrection, and ascension.情熱、復活、昇天を指す上でルーク9時51分からエルサレムにイエスの向きが彼の説明。

In summary, every aspect of the Gospel, from individual words to the larger historical scene, is worth investigating for theological information.要約すると、福音のあらゆる側面は、個々の単語から大規模な歴史的シーンに、神学的な情報については検討に値します。

Theological Themes神学的なテーマ

Some of the specific themes and topics in Luke are:ルークの特定のテーマやトピックの一部は以下のとおりです。

Christologyキリスト論

As in the other Gospels, Jesus is seen as Messiah (eg, Luke 9:20).他の福音書と同じように、イエスがメシア(例えば、ルカ9:20)と​​見られている。 He is also the Son of God, as the angel indicates (Luke 1:35) and as he himself recognizes at age twelve (Luke 2:49).天使が示すように(ルカ1:35)と彼自身が年齢12(ルカ2:49)で認識するように、彼は、また神の子である。 One unique contribution of Luke is the presentation of Jesus as a prophet.ルークの一つのユニークな貢献が預言者としてのイエスのプレゼンテーションです。 He is compared and contrasted with John the Baptist as a prophetic figure.彼が比較され、予言人物として洗礼者ヨハネと対比される。 Luke hints at his prophetic role in 4:24-27 and 13:33.ルーク4:24-27と13時33分に彼の予言役割をほのめかす。 Also the ministry of Elisha comes to mind at the raising of the son of the widow of Nain near where Elisha had raised the son of the "great woman" of Shunem.またエリシャ省はエリシャがシュネムの "偉大な女性"の息子を調達していた場所の​​近くにナインのやもめの息子の子育てに頭に浮かぶ。

Soteriology救済論

Without question, Luke emphasizes the need and provision of salvation.問題がなければ、ルークは、救いの必要性と提供を重視しています。 The Gospel focuses on the cross through the passion predictions (9:22, etc.), in common in Matthew and Luke, in the early foreshadowings of 2:35; 5:35; and especially through the sayings at the Last Supper (22:19-22).午前5時35分、、福音は2:35の早期foreshadowingsで、マシューとルークの共通の情熱を予測(9時22分など)を介してクロスに焦点を当て、特に最後の晩餐(22時ことわざを通して:19-22)。 In Acts the cross is seen as God's will, though accomplished by sinful people (Acts 2:23).罪深い人々(使徒2:23)によって達成ものの行為のクロスは、神の意志として見られている。 If neither the Gospel nor Acts contains the explicit statements familiar from Paul on the theology of atonement, that does not mean Luke's doctrine is deficient.福音書も使徒どちらも償いの神学上のポールからおなじみの明示的な記述が含まれている場合、それはルークの教義が不足しているわけではありません。 The Gospel presents the need of salvation and the progress of Jesus to the cross vividly; Acts declares the opportunity of forgiveness through Christ (eg, 2:38; 4:12; 10:43; 13:39).福音は救いの必要性と鮮やかに十字架にイエスの進捗状況を紹介し、行為(; 4時12分、午前10時43分、13時39分例えば、2:38)、キリストを通して赦しの機会を宣言します。

Gloryグローリー

Nevertheless, Luke has a very strong theology of glory.それにもかかわらず、ルークは栄光の非常に強力な神学を持っています。 He emphasizes the victory of the resurrection, with a declaration of the vindication of Jesus (Acts 2:24; 3:15; 4:10; 10:39-42; 13:26-37; 17:31).彼は、イエス(; 3:15; 4時10分、10:39-42、13:26-37;午後05時31使徒2:24)の擁護の宣言で、復活の勝利を強調している。 The ascension is stressed predictively in the middle of the Gospel (9:51) and in the middle of Luke's two-volume work, Luke 24 and Acts 1.アセンションは、福音(9時51分)の中間の場合、ルークルークの2つのボリュームの仕事、24と1の行為の途中で予測的に強調されている。

Doxology頌栄

This theology of glory finds practical expression in repeated ascriptions of glory to God.栄光のこの神学は、神への栄光の繰り返しascriptionsの中で実用的な表現を見つけることができます。 These occur especially at the birth of Christ (2:14) and on the occasions of healing (eg, Luke 5:25-26; Acts 3:8-10).これらは、特に(;行為3:8-10例えば、ルカ5:25-26)キリスト(2:14)の出生時と癒しの場面で発生します。

The Holy Spirit聖霊

The Spirit is prominent from the beginning (Luke 1:15, 41; 2:25-35).スピリットは、初め(; 2:25-35ルカ1:15、41)から顕著である。 Jesus was conceived by the overshadowing of the Spirit (1:35).イエスは御霊(1:35)で覆っによって考え出された。 He was full of the Spirit and led by the Spirit at the time of his temptation (4:1).彼は聖霊に満ちていたし、彼の誘惑(4:1)時の御霊に導か。 The Spirit was upon him in his ministry (4:18).霊は彼の大臣(4:18)で彼にあった。 The Lord promised the Holy Spirit in answer to prayer (11:13) and in anticipation of Pentecost (24:49; Acts 1:4).主は祈り(11:13)に答えと聖霊降臨を見越して(; 1:4使徒24:49)、聖霊を約束した。 The Holy Spirit is, of course, prominent throughout the book of Acts.聖霊は、もちろん、行為の本を通して顕著である。

Prayer祈り

This is especially significant at times of crisis in the life of Jesus (Luke 3:1; 6:12; 9:18) and in the early perilous days of the church (eg, Acts 4:23-31; 6:4, 6; 8:15; 9:11; 10:2; 13:3).これは、イエスキリストの生涯における危機の時代(; 6時12分、ルカ3時01分9時18分)で、特に重要であると教会の初期の危険な時代に(例えば、使徒行伝4:23-31、6:4、 6、午前8時15分、9時11分、10時02分、午後01時〇三)。

The Power of God神の力

Along with the other Gospels, Luke records the miracles of Jesus and uses the word dynamis.他の福音書と一緒に、ルカはイエスの奇跡を記録し、単語ダイナミスを使用しています。 This emphasis continues throughout Acts.この重点は行為を通じて継続する。

Sense of Destiny; Prophecy and Fulfillment運命の感覚、予言と成就

This is a unique emphasis of Luke.これはルークのユニークな重点を置いています。 The verb dei, "it is necessary," occurs frequently with reference to the things Jesus "must" accomplish (Luke 2:49; 4:43; 9:22; 13:33; 24:7, 26, 44-47).動詞デイは、 "それが必要だ"とイエスは達成 "しなければならない"もの(;午前4時43分、午前9時22分、午前13時33分、24:7、26、44から47ルカによる福音書2:49)を参照して、頻繁に発生する。 This is seen both in terms of accomplishment (Luke 1:1, translating peplerophoremenon as "accomplished" or, with NIV, "fulfilled") and in terms of fulfillment of OT prophecy.これは成果の両面から見られている(ルカ1:1、 "成就"、 "熟練"や、新改訳と同様peplerophoremenonの翻訳)とOT預言の成就に関して。 "Proof from prophecy" is a significant aspect of Luke's writing. "予言からの証拠は"ルークの文章の重要な側面です。

Eschatology終末論

This aspect of Luke's work has occasioned much discussion.ルークの仕事のこの側面は、多くの議論が引き起こされています。 It was the view of H. Conzelmann that Luke wrote against a background of concern because Jesus had not yet returned.それは、イエスがまだ戻っていなかったので、ルークの懸念を背景に書いたコンツェルマンの見方だった。 Luke supposedly met this alleged "delay of the parousia" by reworking Jesus' teachings which the church is to continue.ルークは、おそらく教会が継続することであるリワークイエスの教えによって、この疑惑 "parousiaの遅延"に会った。 Without dealing here with Conzelmann's various ideas on this and other topics, we may note that further study has shown that, while Luke sees a period of faithful service prior to the Lord's return (eg, the parable of the nobleman, or the ten minas, Luke 19:11-27), he also retains strong eschatological teachings (eg, 12:35-40) and a sense of imminency (eg, 18:8).これと他の話題についてコンツェルマンの様々なアイデアをここに扱うことなく、我々はさらなる研究が示しているに気づくかもしれません、そのルークは、主の復帰(例えば、貴族の寓話、または10ミナス、前に勤続期間を見ながらルカによる福音書19:11-27)、彼はまた、強い終末論の教え(例えば、12:35-40)と切迫感(例えば、18時08分)を保持します。 It is misguided speculation (cf. Luke 17:20-21) which Luke rejected, not the imminency of the Lord's return.それはルーク拒否見当違いの憶測(cf.ルーク17:20-21)ではなく、主のリターンの切迫です。 It is against this background that Luke's unique emphasis on "today" is to be seen.それは、 "今日"でルークのユニークな重点が見られることであることをこのような背景があります。

Israel and the People of Godイスラエルと神の民

The word laos, "people," is used with special meaning in Luke.単語ラオス、 "人々は、"ルカによる福音書の中で特別な意味で使用されます。 In contrast to the crowds (ochloi) and the hostile rulers, the "people" are ready to receive Jesus.群集(ochloi)、敵対的支配者とは対照的に、 "人々は"イエスを受け入れる準備ができています。 Naturally, in the period of Luke-Acts most of these are Jews.当然、ルーク - 行為の期間に、これらのほとんどはユダヤ人である。 Luke seems to be dealing with the nature of the people of God, the position of the church in relation to the unbelieving Jews.ルークは神の民の性質上、懐疑的なユダヤ人との関係で教会の立場を扱っているように思われる。 He emphasizes that thousands of the Jews believed (Acts 21:20), even though he shows Paul as turning to the Gentiles.彼は数千人のユダヤ人は、彼が異邦人に回すとしてポールを示していても、(使徒21:20)と​​信じて強調している。

The Word of God神の言葉

This is a more significant theme in Luke's writings than is generally recognized.これは一般的に認識されているよりも、ルカの記述の前に、もっと重要なテーマです。 Logos occurs in the Gospel prologue (1:2), in 4:22, 32, 36, and notably in the parable of the sower, which stresses obedience to the word of God (8:4-15).ロゴスは神の言葉(8:4-15)に服従を強調している種をまく人のたとえ話で、特に、32、午前4時22分で、ゴスペル·プロローグ(1:2)36に発生した、と。 In Acts the growth of the "word" parallels the growth of the church (Acts 4:31; 6:7; 12:24).行為では "単語"の成長は、教会(;午前6時07分、午前12時24分行為4:31)の成長に匹敵する。

Discipleship弟子の身分

Luke contains teachings not in the other Gospels.ルークはない他の福音書に教えを含んでいます。 In addition to 9:23-26, paralleled in Matthew and Mark, Luke has major sections on discipleship in 9:57-62; 14:25-33. 9:23-26に加えて、マシューとマークで並列、ルーク9:57-62で弟子の主要なセクションを持っています。14:25-33。

Poverty and Wealth貧困と富

The Gospel, addressed to a wealthy person, records Jesus' mission to the poor (4:18).福音は、裕福な人、貧しい人々へのレコードイエスの使命(4:18)宛。 Luke refers to a future reversal of social roles in the Magnificat (1:46-55), the Beatitudes (along with the woes, which only Luke describes; 6:20-26), and the story of the rich man and Lazarus (16:19-31).ルークはマニフィカト(1:46-55)、山上の垂訓(だけルーク説明し悲哀と共に、6:20-26)の社会的役割の将来の反転を意味し、金持ちとラザロ(の物語16:19-31)。 Luke gives direct teaching on possessions (Luke 12:33), has the only comment on the Pharisees' greed (Luke 16:14), and emphasizes the church's generosity in sharing with those in need (Acts 2:44-45; 4:32-37; 11:27-30).ルークは、持ち物(ルカ12:33)に直接指導を与えるパリサイ人 '欲(ルカ16:14)上のコメントのみを有しており、必要とする人々(使徒2:44-45と同室で教会の寛大さを強調し、4: 32から37; 11:27-30)。

Recent Study最近の研究

The study of Luke's theology has been pursued with great vigor during the past several decades.ルカの神学の研究は、過去数十年の間に非常に精力的に進められている。 The creative work of Conzelmann spawned a number of treatises on Luke's theology.コンツェルマンの創造的な仕事は、ルカの神学上の論文の数を生み出した。 At issue have been the purpose for which Luke wrote the Gospel and Acts, the extent and significance of his redaction (editing), and the effect the author's theological tendencies may have had on his historical reliability.問題になってルカの福音書と使徒行伝は、彼の改訂(編集)の範囲と意義、そして著者の神学的傾向は、彼の歴史的な信頼性に持っていたかもしれない効果を書いた目的となっている。 According to Conzelmann, Luke's purpose was to set forth his scheme of salvation history.コンツェルマンによると、ルークの目的は、救いの歴史の彼の計画を定めることであった。 Marshall sees Luke's work as a witness to salvation itself.マーシャルは救いそのものの証人としてルークの仕事を見ている。 Others have seen an apologetic motive (eg, defense of Christianity for one or another purpose) or a theological motive (eg, the identity of the people of God).他の人が申し訳な動機(例えば、1または別の目的のために、キリスト教の防衛)または神学的動機(例えば、神の人々のアイデンティティを)見てきました。 Evaluation of the extent of Luke's redactional work to serve his purposes depends on one's assessment of several matters.彼の目的を果たすためにルークのredactional仕事の程度の評価にはいくつかの事項のいずれかの評価に依存しています。 Is "S" given editorial modification due to theology, style, or sources used?使用神学、スタイル、または源による編集変更与えられた "S"ですか? If to sources, were there theological reasons for using a given source and for allowing its theological data to stand unmodified?ソースにする場合は、指定されたソースを使用するため、その神学的なデータを変更せずに放置することのための神学的な理由がありました? Must it be assumed, as is often done, that Luke's theological purposes affected his historical objectivity adversely?それはルカの神学的な目的のために悪影響彼の歴史的な客観性に影響を及ぼしていることが、しばしば行われているように、想定しなければならない? For a defense of Luke's credibility as both a historian and theologian, see Marshall's work below.歴史家や神学者の両方としてルークの信頼の防衛のために、下記のマーシャルの仕事を参照してください。 In conclusion, Fitzmyer's caution against interpreting Luke's theology in terms of one's own thesis about Luke is itself a comment on many contributions to this subject.結論としては、ルークに関する自らの論文の面でルークの神学の解釈に対するフィッツマイヤーの注意がこの主題に多くの貢献にコメントそのものです。

WL Liefeld WL Liefeld
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
CK Barnett, Luke the Historian in Recent Study; H. Conzelmann, The Theology of St. Luke; NA Dahl, "The Purpose of Luke-Acts," in Jesus in the Memory of the Early Church; EE Ellis, Eschatology in Luke; H. Flender, St. Luke: Theologian of Redemptive History; JA Fitzmyer, The Gospel According to Luke I-IX; E. Franklin, Christ the Lord: A Study in the Purpose and Theology of Luke-Acts; J. Jervell, Luke and the People of God; LT Johnson, The Literary Function of Possessions in Luke-Acts; LE Keck and JL Martyn, eds., Studies in Luke-Acts; IH Marshall, Luke: Historian and Theologian; AJ Mattill, Jr., Luke and the Last Things; JC O'Neill, The Theology of Acts in Its Historical Setting; NB Stonehouse, The Witness of Luke to Christ; CH Talbert, Literary Patterns, Theological Themes and the Genre of Luke-Acts, and (ed.) Perspectives on Luke-Acts; DL Tiede, Prophecy and History in Luke-Acts.ルークCKバーネット、最近の研究では歴史家、コンツェルマン、聖ルカの神学; NAダール、初代教会のメモリにイエスの "ルーク - 行為の目的"、EEのエリス、ルーク終末論; H. Flender、聖ルカ:贖いの歴史の神学者、JAのフィッツマイヤー、ルカI-IXによる福音書; E.·フランクリン、主キリスト:ルーク - 行為の目的及び神学研究; J. Jervell、ルークそして神の民、LTジョンソン、ルーク - 行為における所有物の文学機能; LEケックとJLマーティン、EDS、ルーク - 行為における研究; ihマーシャルは、ルーク:歴史家や神学者、AJ Mattill、ジュニア、ルークそして最後のもの、JCオニール、その歴史的場面における行為の神学; NBストーン、キリストにルークの証人、CHタルバート、文芸パターンは、神学的テーマとルーク - 行為のジャンル、および(編)ルーク - 行為の展望; DL Tiede、ルーク - 行為における予言と歴史。



Also, see:また、参照してください:
Theology of Matthew マタイの神学
Theology of Mark マークの神学
Theology of John ヨハネの神学
New Testament Theology 新約聖書神学


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです