Theology of Matthewマタイの神学

Advanced Information 高度情報

In the literature of the church that remains from the first three centuries the Gospel most often referred to is Matthew's.最初の3つの世紀から残っている教会の文学の中で最も頻繁に呼ばれる福音書マタイのです。 Its place in the order of the canon as the first Gospel probably reflects the church's estimation of its priority theologically rather than chronologically.最初の福音書としてキヤノンの順で、その場所は、おそらく、その優先神学的にではなく、時系列の教会の推定を反映している。

In order to understand the theology of Matthew's Gospel it is helpful to begin at the ending.マタイの福音書の神学を理解するためには、エンディングで開始すると便利です。 Its climatic conclusion, the Great Commission (28:16-20), has been called the key to the Gospel's theology.その気候の結論は、偉大な委員会(28:16-20)は、福音書の神学への鍵と呼ばれてきました。 Several important themes are brought together in these verses.いくつかの重要なテーマは、これらの節にまとめられています。

First is the focus on the resurrected Christ.最初は、復活したキリストに焦点を当てている。 Each of the Gospel writers portrays a facet of Jesus' life and ministry.福音書作家の各々は、イエスの生涯とミニストリーの一面を描いている。 Prominent in Matthew's Gospel is the picture of Jesus as the Christ, the messianic Son of God who was also the suffering servant.マタイの福音書における顕著なのは、キリスト、また苦しみ使用人であった神の御子救世主としてのイエスの絵です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
At this baptism Jesus told John that his ministry was "to fulfill all righteousness" (3:15).この洗礼、イエスは彼の大臣は、(3:15) "すべての正しいことを成就するために"だったことをヨハネに告げた。 Righteousness in Matthew is a term meaning covenant faithfulness, obedience to God.マシューは、正義という言葉の意味の誓約忠実、神への服従です。 An angel told Joseph that Jesus "will save his people from their sins" (1:21).天使は、イエスが(1:21) "彼らの罪から彼の人々を救う"というヨセフに言った。 Later Jesus told his disciples that he had come "to give his life as a ransom for many" (20:28).後でイエスは(20:28) "多くの身代金として自分の命を与えるために"彼が来ていた弟子たちに語った。 The prayer of this righteous Son in Gethsemane, "not my will but yours be done" (26:39), was fulfilled on the cross and affirmed by the Roman soldier's confession, "Surely he was the Son of God" (27:54).ゲッセマネのこの正義の息子の祈り、 "私の意志ではないが、マーケットが行われる"(26:39)は、十字架上で成就とローマの兵士の告白によって確認された(27:54 "確かに彼は神の子だった" )。 Christ had fulfilled all righteousness.キリストはすべての正しいことを成就していた。 He had been perfectly obedient to the Father's will.彼は、父の​​意志に完全に従順だった。 It was this resurrected Christ, possessing the regal authority of God (13:37-42; 26:64), who appeared to the disciples to commission them.手数料それらに弟子たちに現れた、、それは神(26:64 13:37-42)の豪奢な権限を所有している、このキリ​​ストの復活だった。

Another aspect of Matthean Christology is the affirmation of Christ's spiritual presence with the disciples.マタイ伝キリストのもう一つの側面は、弟子たちと一緒にキリストの霊的存在の肯定です。 Jesus assured the disciples, "I will be with you" (28:20).イエスは(28:20) "私はあなたと一緒になるだろう"弟子たちを安心させた。 The first of a series of OT texts cited by Matthew is Isaiah's prophecy of Immanuel (Isa. 7:14).マシューが引用した文章のOTシリーズの最初はイマヌエルのイザヤの預言(イザヤ7:14)です。 Its significance is made clear in the phrase "God with us" (1:23; Isa. 8:10).その意義は、フレーズ "私たちと神"(;伊佐午前8時10分1時23分)で明らかにされている。 Christ's presence continues.キリストの存在が継続されます。 Jesus' promise to the disciples, "Where two or three come together in my name, there am I with them" (18:20), was additional confirmation of his presence.弟子たちにイエスの約束(18:20) "ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる、私は彼らとそこに"わたし、彼の存在の追加の確認であった。 Matthew wanted his readers to know that the regal ascended Christ was also spiritually present with his disciples (cf. Eph. 1:22-23).マシューは彼の読者が堂々と昇天キリストも弟子たち(参照エペソ1:22-23)と精神的に存在していたことを知りたいと思った。

This relates also to the Gospel's ecclesiology, the doctrine of the church.これは、福音の教会論、教会の教義にも関する。 Alone among the Gospels Matthew used the word "church" (Gr. ekklesia, 16:18; 18:17).単独の福音書マタイの中で単語 "教会"(;午後6時17 Gr. ekklesia、午後04時18分)を使用しました。 Not without reason has this been called "a pastoral Gospel."理由もなくこれは "牧歌的な福音"と呼ばれていません Matthew saw that much of what Jesus had taught the disciples was applicable to the church of his own day.マタイは、イエスが弟子たちを教えていたことの多くは、自分の一日の教会に適用とされた。 Of great importance in this regard was the commission to make disciples of all nations (28:19).この点で非常に重要なのはすべての国民を弟子(28:19)を作るための委員会であった。

Jesus preached the good news (4:23) to Jews (Galilee and Judea, 4:25) and Gentiles (Decapolis, 4:25).イエスはユダヤ人(ガリラヤとユダヤ、4:25)と異邦人(デカポリス、4:25)に良いニュース(4:23)を説いた。 His disciples and the church which they founded (16:18) were to do the same.弟子たちと、彼らが設立した教会(16:18)同じことをするようになりました。 John's Gospel records Jesus' self-confession, "I am the light of the world" (John 8:12).ヨハネの福音書の記録イエスの自己告白は、(ヨハネ8:12) "わたしは世の光です"。 Matthew, on the other hand, underscored the disciples' missionary responsibility by recording Jesus' statement, "You are the light of the world" (5:14).マシューは、その一方で、声明 'イエス記録することによって、宣教師責任 "を弟子を強調し、(5:14)"あなたがたは世の光である "。

The disciples, and the church, were to continue the ministry of Christ.弟子たちは、教会は、キリストのミニストリーを継続するとした。

They were to make disciples of all nations.彼らはすべての国の人々を弟子とすることであった。 Israel, indeed, had been temporarily displaced as God's chosen instrument of ministry (21:43).イスラエルは、確かに、一時的に同省の神の選ばれたインストゥルメント(21:43)に変位していた。 But this displacement was not permanent (19:28; 23:39).しかし、この変位は(;夜11時39 19:28)永続的ではありませんでした。 However hard of heart most Jews might be to the gospel, the mission to Israel was to continue alongside the mission to the Gentiles until Christ returned at the end of the age (10:23; 28:20; cf. Rom. 11:11-12, 25-26).しかし、心臓のハードほとんどのユダヤ人が福音になるかもしれませんが、イスラエルへのミッションは(キリストの時代の終わりに返されるまで、異邦人へのミッションと一緒に継続して10時23だった; 28:20;ますcf Romの11:11 -12、25-26)。

Making disciples involved more than preaching the gospel, however.しかし、弟子たちはそれ以上の福音を宣べより関わって作る。 Matthew recorded Jesus' commission to make disciples by "teaching them to obey everything I have commanded you" (28:20).マシューは、 "彼らはわたしがあなたがたに命じておいたすべてのことに従うことを教える"(28:20)で弟子を作るために、イエスの手数料を計上しました。 A disciple was to be righteous, to be obedient to God.弟子は神に従順であることが、正義であることだった。

The model for the disciple was Jesus, the perfect Son who fulfilled all righteousness by rendering complete obedience to the Father's will (4:4, 10).弟子のモデルはイエス、父の意志(4:4、10)への完全な服従をレンダリングすることで、すべての正しいことを成就完璧な息子だった。 That same righteousness was to characterize the disciple (5:20).その同じ正義は弟子(5:20)を特徴づけることであった。 Obedience to God was to be a priority in the disciple's life (6:33).神への従順は、弟子の生活の中で優先(6:33)であることだった。 Complete devotion to the Father was the goal (5:48).父への完全な献身は、目標(5時48分)であった。

The will of the Father was made known in the teaching of Jesus.父の意志は、イエスの教えで知られました。 Matthew devoted a considerable portion of his Gospel to the record of Jesus' teaching.マタイはイエスの教えの記録に彼の福音書のかなりの部分を捧げた。 In addition to five distinct units (5-7, 10, 13, 18, 23-25), Jesus' instruction is repeatedly featured in the Gospel elsewhere (eg, 9:12-17). 5つの異なる単位(5-7、10、13、18、23-25​​)に加えて、イエスの命令を繰り返して他の場所で福音(例えば、9:12-17)で紹介されています。

But Matthew was under no illusion that knowledge alone would lead to righteousness.しかし、マシューは、知識だけでは正義につながることのないような錯覚を受けていた。 Teaching was essential, but it had to be met with faith.教育が不可欠であったが、それは信仰の条件を満たしていなければならなかった。 Despite their scrupulous observance of the law, Jesus had excoriated the Pharisees for lack of faith (23:23).法律の彼らの綿密な遵守にもかかわらず、イエス様は信仰の欠如(午後11時23分)のためにファリサイ派をexcoriatedた。 The righteousness recognized by God was first of all inward and spiritual (6:4, 6, 18; cf. Rom. 2:28-29).神によって認識正義はすべて内側と精神的な(; CFロム2:28-29。6:4、6、18)の第一号だった。 Those who believed in Jesus had their lives transformed (8:10; 9:2, 22, 29).イエスを信じた人々は、自分たちの生活は、(; 9:2、22、29 8:10)変換していた。 Not so much the greatness but the presence of faith was important (17:20).あまりないが、偉大な信仰の存在が重要だった(17:20)。

Where faith existed, however, it might be weak and wavering.信仰が存在していたところで、しかし、それは弱いと揺れるかもしれません。 Matthew reminded his readers that even in the presence of the resurrected Christ, some of the disciples doubted (28:17).マシューも復活したキリストの存在下で、弟子たちのうちのいくつかは(28:17)疑ったことを彼の読者に思い出させた。 Frequently Jesus addressed the disciples as ones of "little faith" (6:30; 8:26; 16:8).頻繁にイエスは、 "信仰の薄い"のもの(;午前8時26分、16時08分6:30)として弟子たちに対処した。 This was exemplified in Peter's experience.これは、ピーターの経験で例示された。 He boldly responded to Jesus' call to come to him on the water but then wavered in his faith because of the fearful circumstances (14:30).彼は大胆に水で彼に来て、イエスの呼びかけに応じたが、その後ので恐ろしい状況(14:30)彼の信仰に迷いました。 Without the intervention of Jesus he might have perished.イエスの介入なしに、彼は死んでいたかもしれません。

Matthew likely saw an application in this for his readers.マシューは、おそらく彼の読者のために、この内のアプリケーションを見た。 Jesus had warned his disciples of the persecution facing those who proclaimed the gospel (5:11-12; 10:24-25).イエスは福音(; 10:24-25 5:11-12)を宣言した人々が直面している迫害の弟子たちに警告していた。 They would be opposed by Jew and Gentile (10:17-18).彼らはユダヤ人とジェンティーレ(10:17-18)に反対されるだろう。 The natural response in the face of such opposition was fear (10:26-31).そのような反対に直面して自然な反応は、恐怖(10:26-31)であった。 Self-preservation led to denial of Christ (10:32-33).自己保存キリストの否定(10:32-33)につながった。 This was what Peter had done at Jesus' trial (26:69-74).これは、ペテロがイエスの裁判(26:69-74)で行われていたものだった。

Jesus responded to Peter's failure on the sea by rescuing him.イエスは彼を救出して海にピーターの故障に対応した。 In the same way, failures of faith among the disciples and the sin that resulted should be met not with condemnation but with forgiveness and restoration (18:10-14).同じように、弟子たちの間で信仰の失敗および結果の罪は非難ではなく、寛容と復元(18:10-14)としない満たされるべきである。

The designation "little ones" in 18:6, 10, 14 may refer to disciples like Peter whose faith was weak in the midst of difficult circumstances.午後6時06分で指定 "小さなもの"、10、14、信仰困難な状況の真っ只中に弱っていたピーターのような弟子を参照する場合があります。 In 10:41-42 Matthew recorded Jesus' description of prophets and righteous men as "little ones."マタイ10:41-42でとしての預言者や義人男たちのイエスの説明を記録した "小さなもの。" The next verses relate the imprisonment of John the Baptist and his question about Jesus as Messiah (11:2-3).次の詩は、洗礼者ヨハネとメシア(11:2-3)としてのイエスについての彼の質問の懲役を関連付ける。 Jesus met John's doubts with assuring words (11:4-6) and went on to commend him (11:7-19).イエスは保証単語(11:4-6)とジョンの疑問に会い、彼(11:7-19)を表彰することを続いた。 That was the model for ministry to those in need (cf. 10:42; 25:34-40) and the spirit in which the Great Commission could be carried out.と大宣教命令を行うことができたの精神;それは困っている人へのミニストリー(25:34-40参照10時42分)のモデルとなった。

This mission was to continue until the "end of the age" (28:20).この使命は、 "時代の終わり"(28:20)まで継続することでした。 When the gospel had been preached to all nations, then the end would come (24:14) and Christ would reign as king (25:31-34).福音は、すべての民に宣べ伝えていたとき、それから終わりが来るのだろう(24:14)とキリストは王(25:31-34)として君臨う。 Reference to a kingdom recurs throughout the Gospel.ゴスペルを通して王国が再発への参照。 The beginning verses link Jesus to David the king (1:1, 6).始まりの詩は王ダビデ(1:1、6)にイエスをリンクします。 Unlike the other Gospels, Matthew uses the phrase "kingdom of heaven" far more frequently (thirty-three times) than the phrase "kingdom of God" (four times).他の福音書とは異なり、マシューははるかに頻繁に(32の3回)フレーズ "神の王国"(4回)よりフレーズ "天国"を使用しています。 The expressions are probably equivalent with a possible difference in emphasis only.式は、おそらく唯一の重点の可能性の違いと同等です。 The "kingdom of heaven" may stress the spiritual nature of the kingdom. "天国は、"王国の精神的な性質を強調することができる。

The term "kingdom" seems to have a spiritual and a physical aspect to its meaning.用語 "王国"は、その意味に精神的、物理的な側面を持っているようだ。 The spiritual aspect was present in the ministry of Jesus (12:28) but the physical consummation is anticipated at his return (19:28).精神的な面では、イエスのミニストリー(12:28)中に存在していたが、物理的な成就は、彼の復帰(19時28分)で予想されています。 The kingdom of heaven about which Jesus preached was entered by repentance (4:17).イエスが説教かについて、天の御国は、良心の呵責(4:17)で入力されました。 Forgiveness was based ultimately on Christ's death (26:28).赦しは、キリストの死(26:28)に最終的に基づいていた。

Opposed to the kingdom of heaven is the kingdom of Satan (4:8-9; 12:26), from whom those with faith in Christ are delivered (12:27-28). (12:27-28)配信され、誰キリストへの信仰を持つものから、天国とは対照的に、サタン(12時26分4:8-9)の王国です。 While Satan is powerless before the Spirit of God (12:28), nonetheless he will actively hinder and counterfeit the work of God until the consummation (13:38-39).サタンは神の霊の前には無力ですが(12:28)、それにもかかわらず、彼は積極的に妨害し、終焉(13:38-39)まで、神の仕事を偽造します。

The ministry of the kingdom carried on by Christ is continued by the church (16:18).キリストによってで運ば王国省は教会(16:18)によって継続される。 The Spirit who enabled Christ to carry out his work (12:28) will enable the disciples to continue it (10:20).キリストは(12:28)彼の仕事を遂行するために有効に聖霊が弟子たちはそれ(10:20)を継続することが可能になります。 The ministry of the church is thus a phase of the kingdom program of God.教会のミニストリーは、このように神の国のプログラムのフェーズです。 Ultimately God's program with Israel would also be compelted with a positive response to the gospel of the kingdom (19:28; 23:39; cf. Rom. 9:4-6; 11:25-27).最終的にイスラエルと神のプログラムは、御国の福音(; 23時39分; CFロム9:4-6; 11:25-27午前19時28分)への積極的な応答でcompeltedされるであろう。 Then the "end of the age" (28:20) will come.その後、 "時代の終わり"(28:20)が来るでしょう。 The king will separate the righteous from the unrighteous (7:21-23), the sheep from the goats (25:31-46), the wheat from the tares (13:37-43).王はヤギ(25:31-46)、麦(13:37-43)から小麦からよこしま(7:21-23)、羊から正義を分離します。 Those who have not done the Father's will (7:21), who have not believed in Christ (18:6), will merit eternal punishment (13:42; 25:46).キリスト(18:06)を信じていない父の意志(午前7時21分)を、行っていない人は(; 25:46 13:42)永遠の罰に値するでしょう。 The righteous will enter into eternal life (13:43; 25:46).正しい者は永遠の生命(; 25:46午前13時43分)に入ります。 Until then, the followers of Christ were to "make disciples of all nations" (28:19).それまでは、キリストの信者は(28:19) "すべての国の人々を弟子としなさい"になっていた。

DK Lowery DKロウリー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
EP Blair, Jesus in the Gospel of Matthew; PF Ellis, Matthew: His Mind and His Message; RH Gundry, Matthew: A Commentary on His Literary and Theological Art; D. Hill, The Gospel of Matthew; JD Kingsbury, Matthew: Structure, Christology, Kingdom; JP Meier, The Vision of Matthew; E. Schweizer, The Good News According to Matthew; REO White, The Mind of Matthew. EPブレア、マタイの福音書におけるイエス、PFエリス、マシュー:彼の心と彼のメッセージ; rhガンドレー、マシュー:彼の文学と神学アートの解説、D.ヒル、マタイによる福音書; JDキングズバリ、マシュー:構造、キリスト、イギリス、特マイヤー、マシューのビジョン、E.シュヴァイツァー、マタイによる福音; REOホワイト、マシューの心。



Also, see:また、参照してください:
Theology of Mark マークの神学
Theology of Luke ルークの神学
Theology of John ヨハネの神学
New Testament Theology 新約聖書神学


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです