New Testament Theology新約聖書神学

Advanced Information 高度情報

New Testament Theology is that branch of the Christian disciplines which traces themes through the authors of the NT and then amalgamates those individual motifs into a single comprehensive whole.新約聖書の神学は、NTの作家を通してテーマをトレースして、単一の包括的な全体にそれらの個々のモチーフをamalgamatesキリスト教の規律のその枝である。 Thus it studies the progressive revelation of God in terms of the life situation at the time of writing and the delineates the underlying thread which ties it together.したがって、それは、執筆時点での生活状況の面で神の漸進的啓示を研究し、それを一緒に結びつける基盤のスレッド群を区別します。 This discipline centers upon meaning rather than application, ie, the message of the text for its own day rather than for modern needs.この規律を意味するのではなく、申請に基づきセンター、すなわち、むしろ現代のニーズに合わせてより自身の一日のためのテキストのメッセージ。 The term employed most frequently for the current state of biblical theology is "crisis," due to the growing stress on diversity rather than unity and the failure to attain any consensus whatever as to methodology or content.聖書神学の現在の状態のために最も頻繁に用いられる用語は、多様性ではなく、団結と任意のコンセンサスを達成するために失敗した場合に増大するストレスによる "危機"であり、方法論やコンテンツに関して何でも。 However, this is hyperbolic.しかし、これは双曲線です。

Historical Survey歴史的な調査

In the centuries following the apostolic era dogma dominated the church and biblical theology was forced to take a subordinate role.使徒の時代のドグマは、次の世紀に教会と聖書神学は従属的な役割を取ることを余儀なくされた支配した。 The "rule of faith," or the magisterium of the church, was the guiding principle. "信仰のルール"、または教会の教導職は、基本理念であった。 The change began with the Reformation, when sola Scriptura replaced dogma as the hermeneutic of the church.変化はscriptura solusの女性が教会の解釈学としてドグマを取り替え改革、始まった。 The true beginning of "biblical theology" came after the Enlightenment within German pietism. "聖書の神学"の本当の始まりはドイツ語敬けん内啓蒙の後に来た。 The mind replaced faith as the controlling factor, and the historical-critical method developed.心が制御因子として信仰を交換し、歴史上重要な方法が開発された。 JF Gabler in 1787 defined the approach in purely descriptive terms, and after him critics treated the Bible like any other book. JFガブラーは、1787年に純粋に記述的な観点でのアプローチを定義して、彼の後の批評家は、他の本のように聖書を治療した。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In Tubingen, FC Baur in 1864 developed "tendency criticism," which reconstructed NT history under Hegel's thesis (Petrine church), antithesis (Pauline church), and synthesis (the later church of the second century).テュービンゲン、FCバウアーでは1864年にヘーゲルのテーゼ(使徒ペテロ教会)、アンチテーゼ(ポーリーン教会)、および合成(第2世紀の後の教会)の下でNTの歴史を再構築 "傾向批判"を開発。 Later in the century the history of religions school with Wilhelm Bousset and William Wrede looked at the sources of Christianity in terms of the surrounding religions.後で世紀にウィルヘルムBoussetとウィリアム·レーデと宗教学校の歴史は周囲の宗教の観点からキリスト教の源を見た。 From that time the basis of NT theology was said to be the early church rather than Jesus.その時からNTの神学の基礎はむしろイエスよりも、初期の教会であると言われていた。 The conservative reaction, via Schlatter and Zahn in Germany, the Cambridge trio (Lightfoot, Westcott, and Hort), and the Princetonians (Hodge, Machen, Warfield, and Vos) argued for the interdependence of biblical theology with exegesis and systematics.シュラッターやザーンドイツでは、ケンブリッジトリオ(ライトフット、ウェストコットとホートの)、およびPrincetonians経由して保守的な反応、(ホッジ、マッケン、ウォーフィールド、及びVOS)は釈義と系統と聖書神学の相互依存性を主張した。

Karl Barth and dialectical theology (1919) rescued the old liberalism after its collapse following the First World War.カール·バルトと弁証法的神学(1919年)は、第一次世界大戦後に、その崩壊後、古いリベラリズムを救出した。 He said that God speaks to man through the Bible.彼は、神が聖書を通して人に話すと言いました。 Therefore the testaments were studied along theological rather than historical-critical lines.したがって、遺言は、神学的ではなく、歴史上重要な線に沿って検討した。 Oscar Cullmann with his salvation-history approach represented the conservative wing, and Rudolf Bultmann with his demythologization and existential interpretation controlled the liberal faction.彼の救い史のアプローチを持つオスカークルマンは、保守派を代表して、彼のdemythologizationと実存的解釈とルドルフブルトはリベラル派を支配していた。 Following Bultmann, Ernst Fuchs and Gerhard Ebeling developed the new hermeneutic, and influential school which considered the Bible to be encounter or "word-event."ブルトマンに続いて、エルンスト·フックスとゲルハルトエベリングは新しい解釈学を開発し、出会いやであることが聖書を考慮影響力のある学校 "の単語·イベント。" They reacted against the Bible as propositional truth and said that in it man is called to a new relationship with God.彼らは、命題の真理としては、聖書に対して反応し、その中で人間は、神との新しい関係に呼ばれていることを述べた。

There are several more recent approaches, such as Wolfhart Pannenberg's return to the historical approach as a scientific discipline and Brevard Childs's canon process, which considers the Bible as a unity and states that biblical theology must begin with the final canonical form rather than the developing stages of the biblical books.そのような科学的な規律と聖書神学は、最終的な標準形ではなく、発展途上の段階で始まる必要があることを団結と国家としての聖書を考慮brevardチャイルズのキヤノンプロセスなどの歴史的なアプローチへハルトパネンベルクの復帰など、いくつかのより多くの最近のアプローチがありますが、聖書の本の。 The major characteristic, however, has been disunity.大きな特徴は、しかし、不統一となっています。 No voice has gained ascendancy and no single system dominates as did Baur, Bousset, or Bultmann in the past.なしの声が優勢を得ておらず、バウアー、Bousset、またはブルトマンは、過去に行ったように単一のシステムが支配していません。 However, the interest is greater than ever before, and several voices, notably those of the canon-critical camp, are turning interest back to biblical theology.しかし、関心はかつてないほど大きく、特にいくつかの声、キヤノンクリティカルキャンプのものは、聖書神学に戻って関心を向けている。 Relationship to Other Disciples.他の弟子たちとの関係。 To Systematic Theology.体系的神学へ。 Since biblical theology began as a reaction against dogmatics, there has always been tension between the two.聖書神学は、教義学に対する反応として始まって以来、常に両者の間に緊張関係があった。 Many like Ernst Kasemann have argued that the fragmentary nature of the NT data makes any attempt to unify the diverse theologies impossible.エルンストケーゼマンのような多くは、NTのデータの断片的な性質が多様な神学が不可能に統一しようとする試みを行うと主張してきた。 However, this is doubtful (see below), and the two are interdependent.しかし、これは疑問である(下記参照)、両者は相互に依存しています。 Biblical theology forces systematics to remain true to the historical revelation, while dogmatics provides the categories to integrate the data into a larger whole.聖書神学は、教義が大きく全体にデータを統合するためのカテゴリを提供しながら、系統は、歴史的な啓示に忠実であり続けることを強制します。 However, the organization itself stems from the text; Scripture must determine the integrating pattern or structure.しかし、組織自体はテキストに由来し、聖書は、統合パターンや構造を決定する必要があります。 Biblical theology is descriptive, tracing the individual emphases of the sacred writers and then collating them to ascertain the underlying unity.聖書神学は、神聖な作家の個々の強調をトレースし、基になる結束を確認するためにそれらを照合し、詳細になります。 Systematics takes this material and reshapes it into a confessional statement for the church; it bridges the gap between "what it meant" and "what it means."システマはこの材料を取り、教会のための告白文にそれの形状を変更し、それが "それが何を意味するのか"との間のギャップを埋めると "それが何を意味するのか。" At the same time, systematics provides the preunderstanding that guides the interpreter, so the two disciplines interact in a type of "hermeneutical circle" as each informs and checks the other.それぞれが通知され、他のチェックを行うと同時に、系統は通訳を案内preunderstandingを提供しているので、2つの分野は、 "hermeneuticalサークル"の一種で相互作用します。

To Exegesis釈義へ

There is a constant tension within biblical theology between diversity and unity, and a holistic consideration of the biblical material is a necessary corrective to a fragmented approach to the Bible.そこに多様性と統一の間に聖書神学内の一定の張力であり、聖書の材料の全体的な考慮事項は、聖書に断片化されたアプローチに必要な是正である。 Thus biblical theology regulates exegesis (Gaffin).したがって聖書の神学釈義(Gaffin)を調節する。 Yet exegesis also precedes biblical theology, for it provides the data with which the latter works.それが後者の作品でデータを提供するためにまだ評釈はまた、聖書神学の前にあります。 The theologian correlates the results of the exegesis of individual texts in order to discover the unity between them.神学者は、それらの間の団結を発見するために、個々の文章の解釈の結果を相関させる。 Therefore the hermeneutical circle is now a three-way enterprise.したがってhermeneuticalサークルは今三方企業です。

To Historical Theology歴史的な神学へ

"Tradition" controls not only Roman Catholic dogma but Protestant thinking as well. "伝統"は、同様に、ローマカトリックの教義が、プロテスタントの考え方だけでなく、制御します。 All interpreters find their data base in their community of faith.すべての通訳者は信仰の共同体で、それらのデータ·ベースを見つける。 Historical theology makes the theologian aware of the ongoing dialogue and thus functions both as a check against reading later ideas into a passage and as a store of knowledge from which to draw possible interpretations.歴史的神学は、継続的な対話の神学者を認識させるため、通路に後でアイデアを読んに対するチェックとして、解釈の可能性を引き出すための知識のストアとして両方の機能。 This discipline also enters the hermeneutical circle, within which the text challenges our preunderstanding and both draws upon and reforms our tradition-derived beliefs.この規律は、テキストは私達preunderstandingに挑戦し、両方が我々の伝統から派生した信念に基づいた改革描き、その中hermeneuticalサークルに入る。

To Homiletical Theology Homiletical神学

Nearly every theologian realizes that theology dare not merely describe the past thinking of the biblical authors.ほぼすべての神学者の神学は、単に聖書の著者の過去の思考を説明する勇気がないことに気づく。 It must demonstrate the relevance of those ideas for contemporary needs.それは、現代のニーズに合わせてそれらの考えの妥当性を示さなければなりません。 This is the task of homiletical theology.これはhomiletical神学の課題である。 Of course, no one is either a theologian or a homiletician; in a very real sense the two converge.もちろん、誰もがいずれかの神学者やhomileticianません;非常に本当の意味で二人は収束している。 Yet it is still valid to differentiate the levels at which we work, so long as we realize that true interpretation must blend all five aspects, biblical, systematic, exegetical, historical, and homiletical.しかし、それは、我々の仕事するレベルを区別するので、長い間我々は真の解釈を実現するように聖書の、体系的な解釈の、歴史的、homileticalすべての5つの側面を、ブレンドしなければなりませんまだ有効です。 The task itself has been explained best by missiology's "contextualization."タスク自体は、伝道のことで、最良の説明されてきた "文脈"。 The preacher/missionary takes the results of the first four disciplines and communicates this to the current "context" of the church/mission field.説教師/宣教師は、最初の4つの分野の結果を受け取り、教会/ミッションフィールドの現在の "コンテキスト"にこれを通信します。

Specific Problem Areas特定の問題領域

Unity and Diversity統一性と多様性

Many argue that the biblical books are circumstantial and linked to irreversible historical contingency; therefore there was no true unifying theology.多くは、聖書の書籍は情況と歴史的偶発性を不可逆的にリンクされていると主張しているので全く真統一神学はありませんでした。 Some go so far as to state there was no true "orthodoxy" in the earliest church but only a series of different groups struggling for control.最古の教会内には真の "正統性"が、制御のために苦労して異なるグループの唯一のシリーズはありませんでした状態へといくつかは今のところ行く。 Certainly there is tremendous diversity in the Bible, since most of the books were written to defend God's will for his people against various aberrations.図書のほとんどは諸収差に対して彼の人々のために神の意志を守るために書かれていたので、確かに驚異的な多様性は、聖書の中にあります。 Further, there is a great variety of expressions, eg, Paul's "adoption" motif or John's "newborn" imagery.さらに、式の多種多様例えば、ポールの "養子縁組"モチーフやジョンの "新生児"のイメージがあります。 However, this does not mean that it is impossible to compile divergent traditions into a larger conceptual whole (cf. Eph. 4:5-6).しかし、これは、それを大きく概念的な全体(参照エペソ4:5-6)に発散伝統をコンパイルすることが不可能であることを意味しません。 Through all the diverse expressions a unified perspective and faith shine through.すべての多様な表現を通じて統一的な視点と信仰が透けて見える。 The key is linguistic/semantic; the differences can often be understood as metaphors which point to a larger truth.キーは、言語/セマンティックです。違いはしばしば大きな真実を指す比喩として理解することができます。 At this level we can detect unity.このレベルでは、我々は団結を検出することができます。

Tradition-History伝統·歴史

Many believe that doctrines and traditions developed in stages, and that inspiration should be applied to the originating event, the stages in the subsequent history of the community, and the final stage in which it was "frozen" into the canon.多くは、教説や伝統段階で開発され、そのインスピレーションは元のイベント、地域の歴史を、その後、それがキヤノンに "凍結"された最終段階の各ステージに適用されるべきであると信じています。 This makes detection of any biblical theology very difficult and usually leads to multiple interpretations.これは、任意の聖書神学の検出が非常に困難になり、通常は複数の解釈につながる。 However, there is another way, which depends upon the final form and traces only that which is evident in the text.しかし、テキストで明らかにされているだけという最終的な形とトレースに依存する別の方法が存在する。 Moreover, we must not allow a concept of tradition to replace the search for a unifying center.また、伝統の概念が統一センターの検索を置き換えることを許してはいけません。 Tradition-critical speculation becomes an end in itself, with very little in the way of fruitful results.伝統クリティカルな憶測が実りある結果のように、非常に少ないと、それ自体が目的となります。 Still, when placed within the context of the whole process, the method can highlight individual emphases, eg, in the four Gospels.それでも、全体のプロセスのコンテキスト内に置かれたときは、この方法は、四つの福音書では、例えば、個々の強調を強調表示することができます。

Analogia Fidei and Progressive Revelation Analogia信仰のと漸進的啓示

When one places too much stress on unity, "parallelomania" can result, ie, the tendency to apply any parallel (even if a wrong one) to a text. 1はユニティに過度のストレスをかけたときに、 "parallelomania"は、すなわち、テキストに(たとえ間違ったものであれば)全ての並列を適用する傾向をもたらすことができます。 Actually, as evidenced even in the Reformers, "the faith" or dogma can control our exegesis.実際に、改革派でも明らかなように、 "信仰"またはドグマは私たちの評釈を制御することができます。 A better phrase would be analogia Scriptura, "Scripture interpreting Scripture."良いフレーズは、 "啓典解釈啓。" analogia Scripturaだろう Here too we must exercise care and stress a proper use of parallels, studying the use of the terms in both passages in order to determine whether the meanings truly overlap.ここでも我々は注意を払うと緯線の適切な使用を強調する意味が本当に重なるかどうかを判断するために、両方の通路での用語の使用を研究しなければなりません。 Progressive revelation ties together the seemingly disparate notions of tradition-history and analogia Scriptura.進歩的な啓示は、一緒に伝統の歴史とanalogia Scripturaの一見異なる概念を結び付けます。 One must trace the historical process of revelation and determine the continuities between individual parts.一つは、啓示の歴史的なプロセスをトレースし、個々の部品の間に連続性を判断する必要があります。

History and Theology歴史と神学

James Barr says that ambiguity about the connection between revelatory events and historical causation and between revelation and the biblical text itself causes problems for the possibility of biblical theology.ジェームズBarrは天啓のイベントや歴史的な因果関係の間と啓示と聖書のテキスト自体の間の接続について、その曖昧さが聖書神学の可能性のために問題を引き起こすと言う。 Yet history is necessary for theology.まだ歴史は神学のために必要である。 While there is theology in narrative sections like the Gospels, this does not obviate the historical core.福音書のような物語のセクションで神学がありますが、これは歴史的なコアを未然に防ぐことはありません。 Lessing's "ugly broad ditch" between "accidental truths of history" and "necessary truths of reason" is based upon the philosophical skepticism of the Enlightenment. "歴史の偶然の真理"と "理性の必要な真理"の間レッシングの "醜い広い溝"は啓蒙の哲学的懐疑論に基づいています。 In the post-Einsteinian age this position is no longer viable.ポスト·アインシュタインの時代にこの位置は生存できなくなりました。 There is no reason that theology must be divorced from the possibility of revelation in history.神学は、歴史の中で啓示の可能性から離婚しなければならないという理由はありません。 Indeed, history and its interpretation are united, and recent approaches to historiography demonstrate not only the possibility of seeing God's revelation in history but the necessity of doing so.確かに、歴史とその解釈が統一され、史書に最近のアプローチは、歴史の中で神の啓示を見ての可能性が、そうすることの必要性だけでなく、実証する。 In Kings-Chronicles or the Gospels, for instance, history and theology are inseparable.キングス·クロニクルまたは福音書では、例えば、歴史と神学は不可分である。 We know Jesus as he has been interpreted for us through the sacred evangelists.彼は神聖な伝道者を介して私たちのために解釈されているように我々はイエスを知っている。

Language, Text, and Meaning言語、テキスト、および意味

Recent theorists have drawn such a sharp contrast between modern conditions and the ancient world that the interpreter seems forever separated from the intended meaning of the text.最近の理論は、現代の状況やインタプリタは永遠にテキストの意図する意味から分離思われる古代の世界との間のようなシャープなコントラストを描いた。 They assert that a text once written becomes autonomous from the author, and the interpreter cannot get behind his or her preunderstanding to make an "objective" reading.彼らは一度書かれたテキストは、著者から自律なり、インタプリタは "客観的"読書をするように彼または彼女のpreunderstanding後ろ得ることができないと主張している。 The world of the interpreter cannot interpenetrate the world of the Bible.通訳の世界は、聖書の世界に浸透することはできません。 Gadamer argues for a fusion of horizons between the interpreter and the text, and Ricoeur speaks of the "world-referential" dimension, ie, Scripture draws the reader into its own world.ガダマーは、インタプリタとテキストの間の地平の融合を主張している、とリクールは "世界自己参照"の次元のことを話す、すなわち、聖書には、独自の世界へと読者を描画します。 More recent approaches such as structuralism go beyond the text to stress the "deeper structure" beneath it, ie, the universal patterns of the mind which speak to every generation.このような構造主義などのより最近のアプローチは、その下に "深い構造"、すなわち、すべての世代に話す心の普遍的パターンを強調するテキストを越えて行く。 It is said that we are moving further and further from the original meaning of Scripture.それは我々が聖書の本来の意味から遠く移動していると言われています。 However, this is not necessarily the case.しかし、これは必ずしもそうではありません。 Wittgenstein talked of the "language games" which language plays, and ED Hirsch speaks of the "intrinsic genre" of the text, ie, the rules of the language game which narrow the possibilities and facilitate interpretation.ウィトゲンシュタインは、言語が再生する "言語ゲーム"の話、およびED Hirschは、テキストの "本質的なジャンル"、すなわち、可能性を狭めると解釈を容易に言語ゲームのルールのことを話す。 Meaning in the text is open to the interpreter, who must place his preunderstanding "in front of" the text (Ricoeur) and enter its own language game.テキストでの意味は、テキスト(リクール) "の前の"彼のpreunderstandingを置き、独自の言語ゲームを入力する必要がインタプリタに開かれています。 Within this the original meaning is a possible goal.この中で元々の意味は、可能な目標である。 When we recognize the NT as stating propositional truth, the intended meaning becomes a necessary enterprise.命題真実を述べるとして、NTを認識すると、意図された意味は必要な企業になります。

OT and NT OTとNT

Any true biblical theology must recognize the centrality of the relationship between the testaments.任意の真の聖書神学は、聖書との関係の重要性を認識しなければならない。 Again the issue is diversity vs. unity.再び問題が多様対団結です。 The various strata of both must be allowed to speak, but the unity of these strata must be recognized.両方の様々な地層を話すことが許可されている必要がありますが、これらの地層の結束を認識しなければならない。 Several aspects demand this unity: the historical continuity between the testaments; the centrality of the OT for the NT; the promise-fulfillment theme of the NT; the messianic hope of the OT and its place as a "pedagogue" (Gal. 3). 、NT用のOTの中心性、NTの約束 - 履行のテーマ、 "教育者"(ガロン3)のようなOTとその場所の救世主希望聖書の間に歴史的連続性:いくつかの側面がこの団結を要求。 Many, from Marcion to Bultmann, have posited an absolute dichotomy between the testaments, yet to do so is to separate the NT from its historical moorings and to cause it to founder in a sea of historical irrelevance. 、marcionですからブルトマンに、多くのまだこれを行うには、遺言の間の絶対的な二分法を措定しているが、その歴史的係留からNTを分離するために、歴史的な見当違いの海の中で創始者にそれを引き起こすことである。 Others elevate OT over NT (AA van Ruler) or take a purely Christological approach to the OT (Hengstenberg, Vischer).その他は、NT(AAバンルーラー)上のOTを昇格またはOT純粋にchristologicalのアプローチ(ヘングステンベルク、フィッシャー)を取る。 None does full justice to the two testaments.車では、2つの遺言に完全な正義を行いません。 For instance, while a completely Christological approach guards against the tendency to historicize the OT away from promise-fulfillment, it leads to a subjective spiritualizing of the OT which denies its intended meaning.離れて約束自己実現からOTを歴史化する傾向に対して完全christologicalのアプローチガードしながら、例えば、それはその意図された意味を否定するOTの主観的spiritualizingにつながる。 Therefore, I would posit "patterns of unity and continuity" (Hasel) as the OT looks forward to the NT and the NT depends upon the OT for its identity. OTとしてしたがって、私がそう仮定 "団結と継続性のパターン"(Hasel)は、そのアイデンティティのOTに依存NT間を楽しみにしています。 Both are valid aspects of God's ongoing redemptive activity in history.双方は、歴史の中で、神の継続的な贖いの活動の有効な側面である。

Theology and Canon神学とキヤノン

Brevard Childs has made the final form of the canon the primary hermeneutical tool in determining a biblical theology.ブレバードチャイルズはキヤノンの最終的な形聖書神学を決定する上で主要な史観hermeneuticalツールになりました。 He believes that the parts of Scripture must maintain a dialectical relationship with the whole of the canon.彼は聖書の部分はキヤノンの全体との弁証法的関係を維持しなければならないと考えています。 Therefore there is no true biblical theology when only the individual voices of the various strata are heard.したがって、様々な地層の個人のみの声が聞かれるには真の聖書神学はありません。 However, many critics demur, saying that biblical authority and inspiration are dynamic rather than static, centering not only upon the final form of the text but also upon the individual stages within the tradition process, both before the "final" form and after it, even up to the present day.しかし、多くの批評家の決定を留保する、聖書の権威とインスピレーションがテキストの最終形態に応じず、 "最終的な"フォーム前と後の両方の伝統のプロセス内の個々の段階に応じていない唯一のセンタリング、静的ではなく動的であることを言って、今日までさえあります。 Childs responds that while the tradition process has validity, any true theology must depend upon the canon itself and not upon the speculative results of historical criticism.チャイルズは伝統プロセスは妥当性を有しているが、任意の真の神学は歴史的な批判の投機的な結果にキヤノンそのものに依存してはならないことを応答します。 Childs's concern is valid, but there are certain problems.チャイルズの懸念は有効ですが、特定の問題があります。 First, both the original community and the current interpreter have priority over the author and text.まず、元の社会と現在のインタプリタの両方は、著者とテキストよりも優先されます。

Second, Childs admits that with his approach the original meaning of the text cannot be recovered.第二に、チャイルズは彼のアプローチを使用してテキストの本来の意味を回復することはできませんことを認めている。 Many canon critics see the true meaning as encompassing not only the canonical thrust but also the meaning of the original event/saying, subsequent developments, and current interpretations.多くの批評家は、キヤノンの正規の推力だけでなく、元のイベント/言って、その後の展開、現在の解釈の意味だけでなく、を包含するものとして真の意味を参照してください。 The text is reduced to a mere voice in a cacophony of sounds.テキストは音の不協和音で単なる音声に低減されます。 Third, many other critics reduce Scripture to a "canon within the canon" (eg, Kasemann).第三に、他の多くの批評家が "キヤノン内のキヤノン"(例えば、ケーゼマン)に聖書を減らすことができます。 One chooses a theme as center and stresses only those passages which fit this so-called core of Scripture.ひとつは、センターとしてのテーマを選択し、聖書のこのいわゆるコアに合うだけの通路を強調している。 This reduction must be avoided and the whole of Scripture allowed to speak.この減少は避けられ、聖書の全体は話すことが許されなければならない。

Authority権威

Since biblical theology is descriptive, dealing with "what it meant," critical scholars deny its authority.聖書神学は説明的であるため、扱う "それが何を意味するのか、"重要な学者は、その権限を拒否します。 True biblical authority, it is said, rests upon its "apostolic effectiveness" in fulfilling its task (Barrett) or upon the community behind it (Knight) or its content (Achtemeier).真の聖書の権威は、それは言われて、そのタスクを果たす上で、その "使徒の効果"(バレット)に基づいて、又は、その背後にあるコミュニティ(ナイト)やその内容(Achtemeier)に基づいている。 In actuality the authority of Scripture transcends all these; as the revelation of God, it has propositional authority; as the revelation of God to man, it has existential authority.実際には聖書の権威は、これらすべてを超越して、神の啓示として、それは命題の権威を持っています。人間に神の啓示として、それは実存的な権限を持っています。 The text is primary, and the authority of the interpreter is secondary, ie, it derives its authority from the text.テキストが主であり、通訳者の権威が二次的なものである、すなわち、それはテキストからその権威を導出します。 Theology as interpreted meaning has authority only to the extent that it reflects the true message of the inspired Scriptures.解釈の意味として神学は、それがインスピレーションを得た聖書の真のメッセージを反映する程度に権威を持っています。 The Barthian separation between the living Word and the written Word, with the latter having only instrumental authority, is an inadequate mode, for it fails to understand properly the claims of Scripture for itself.それはそれ自身のために適切に聖書の主張を理解することが失敗したために生きているWordと書かれたWord間Barthian分離は、インストゥルメンタルのみ権限を有する後者は、不十分なモードです。 The Bible is both propositional revelation and the dynamic instrument of the Holy Spirit.聖書は命題啓示と聖霊のダイナミックな楽器でもあります。 The authority of biblical theology stems not just from the fact that it speaks to the contemporary situation (which is the task of systematics and homiletics) but from the fact that it communicates divine truth.聖書神学の権威だけではなく、それが現代の状況(これは、系統と説教学の仕事である)に話すという事実から、それは神の真理を伝えているという事実から生じている。

A Proper Methodology適切な方法

The Synthetic Method traces basic theological themes through the strata of Scripture in order to note their development through the biblical period. 合成法は、聖書の時代を通じて発展を注意するために、聖書の地層を通って基本的な神学的テーマをトレースします。 Its strength is stress on the unity of Scripture.その強さは、聖書の統一へのストレスです。 Its weakness is its tendency toward subjectivity: one can force an artificial pattern upon the NT material.その弱点は主観性に向けての傾向である:一つは、NT材料に人工的なパターンを強制することができます。

The Analytical Method studies the distinctive theology of individual sections and notes the unique message of each. 分析方法は、個々のセクションの独特の神学を研究し、それぞれのユニークなメッセージを指摘している。 The strength is the emphasis upon the individual author's meaning.強さは、個々の著者の意味に重点を置いています。 The weakness is the radical diversity, which results in a collage of pictures with no cohesiveness.弱点はない結束と一緒に写真のコラージュをもたらす根本的な多様性である。

The Historical Method studies the development of religious ideas in the life of God's people. 歴史的方法は、神の人々の生活の中で宗教的なアイデアの開発を研究している。 Its value is the attempt to understand the community of believers behind the Bible.その値は、聖書の背後にある信者の社会を理解しようとする試みである。 Its problem is the subjectivity of most reconstructions, in which the scriptural text is at the mercy of the theorist.その問題は、聖書のテキストは理論家のなすがままになっているほとんどの再建の主観です。

The Christological Method makes Christ the hermeneutical key to both testaments. christologicalの方法はキリストtestamentsの両方に史観hermeneutical鍵になります。 Its strength is its recognition of the true center of the Bible.その強さは、聖書の真の中心のその認識です。 Its weakness is its tendency to spiritualize passages and force interpretations foreign to them, especially in terms of the OT experience of Israel.その弱点は、特にイスラエルのOTの経験の面で、それらへの外部通路と力の解釈を霊的にするためにその傾向があります。 One should not read everything in the OT or NT as a "type of Christ."一つとしてotまたはNTのすべてを読んではいけない "キリストの種類"。

The Confessional Method looks at the Bible as a series of faith statements which are beyond history. 告白の方法は、歴史を超えて信仰された一連の文としては、聖書を見ます。 Its value is its recognition of creed and worship in NT faith.その値は、NTの信仰信条と崇拝のその認識です。 Its danger is its radical separation between faith and history.その危険性は、信仰と歴史の間に、その過激分離です。

The Cross-Section Method traces a single unifying theme (eg, covenant or promise) and studies it historically by means of "cross-sections" or samplings of the canonical record. 横断的方法は、単一統一テーマ(例えば、契約や約束)、歴史的に"クロスセクション"または正規のレコードのサンプリングによる研究、それをトレースします。 Its strength is the understanding of major themes that it provides.その強さは、それが提供する主要なテーマの理解である。 Its weakness is the danger of arbitrary selection.その弱点は、任意選択の危険性です。 If one selects the wrong central theme, other themes can be forced into harmony with it. 1つが間違って中心的なテーマを選択した場合、他のテーマは、それとの調和に強制することができます。

The Multiplex Method (Hasel) combines the best of these and proceeds hermeneutically from text to theory. 多重方式 (Hasel)は、これらの長所を組み合わせて、テキストからの理論にhermeneutically移る。 It begins with grammatical and historical analysis of the text, attempting to unlock the meaning of the various texts within their life settings.それは彼らの人生の設定内の様々な文章の意味のロックを解除しようとすると、テキストの文法や歴史的分析から始まります。 Here a sociological analysis is also helpful, since it studies those life settings in terms of the social matrix of the believing communities.それは信じて地域社会の行列の観点からそれらの人生の設定を研究しているので、ここでは社会学的な分析も役立ちます。 As the data are collected from this exegetical task, they are organized into the basic patterns of the individual books and then further of the individual authors.データは、この解釈のタスクから収集されると、それらは個々の書籍や、さらに個々の著者の基本的なパターンに整理されています。 At this stage the interpreter has delineated the emphases or interlocking forces in the strata.この段階では、インタプリタは地層中の強調または連動力を線引きしています。 Once these various traditions (eg, Markan, Johannine, Pauline) have been charted, the student looks for basic principles of cohesion between them, for metaphorical language which discloses larger patterns of unity between the authors.これらの様々な伝統(例えばMarkan、ヨハネ、パウロ)がチャーターされたら、学生は、著者の間の結束の大きなパターンを開示している隠喩的な言語のために、それらの間の結合の基本原理を探します。 One must seek the unified whole behind statements of election and universal salvific will, on the one hand, or behind realized and final eschatology, on the other.一つは、選挙と普遍救済の文の背後に統一された全体を求める必要があり、一方で、または他の背後に、終末論を実現し、最終的になります。 Paul's stress on justification by faith will be united with John's use of new-birth language.他力本願でポールのストレスが新誕生言語のヨハネの使用と一体化されます。 These larger unities are charted on two levels, first with respect to overall unity and second concerning the progress of revelation.このような大規模な単一性は、最初の啓示の進捗状況に関する全体的な統一と第二に関して、2つのレベルでグラフ化されて表示される。 Finally, these motifs are compiled into major sections and subsections, following a descriptive (biblical) method rather than an artificial reconstruction.最後に、これらのモチーフがわかりやすい(聖書)メソッドではなく、人工的な再建に続いて、主要なセクションやサブセクションにコンパイルされます。 In other words, the data rather than the dogmatic presuppositions of the interpreter control the operation.換言すれば、データではなくインタプリタの独断的な前提は、動作を制御する。 From this will emerge a central unifying theme around which the other subthemes gather themselves.このことから、他のサブテーマが自分自身を集める、その周り中心の統一テーマをemergeします。 Within this larger unity the individual themes maintain complementary yet distinct roles.この大規模な統一の中で個々のテーマは、相補まだ明確な役割を維持している。 The larger cohesive unity must result from rather than become the presupposition of the theological enterprise, ie, the texts determine the patterns.大きなまとまり団結は、テキストパターンを決定する、すなわち、起因するのではなく、神学的な企業の前提にならなければなりません。

Themes in NT Theology NTの神学のテーマ

These final two sections will apply the above proposals first to the basical theological messages of individual NT authors and then to the quest for a unifying central theme in the NT.これらの最後の2つのセクションでは、個別のNT著者のbasical神学的なメッセージにしてから、NTの統一中心テーマの探求への最初の提案は、上記が適用されます。 Since there are separate articles in this volume on the theologies of Matthew, Mark, Luke, John, and Paul, we will present here the rest of the NT corpus, namely the themes of the general epistles and of Revelation.マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネ、パウロの神学上のこのボリュームで別の記事があるので、我々は一般の書簡と黙示録のテーマ、すなわち、ここでNTのコーパスの残りの部分を紹介します。

Hebrews was written to a group of Jewish Christians, perhaps in Rome, who were in danger of "apostasizing" due to persecution.ヘブル人への手紙は、おそらく迫害に起因する "apostasizing"の危険にさらされていたローマでは、ユダヤ人のクリスチャンのグループに書き込まれました。 As a result, the author stresses the pilgrimage aspect of the Christian life (see Kasemann).結果として、著者はクリスチャンの人生の巡礼の側面を(ケーゼマンを参照)を強調している。 The believer is to recognize that he or she lives between two worlds, the present age of trouble and the future age of salvation.信者は、彼または彼女は二つの世界は、トラブルの現在の年齢と救いの将来の年齢の間に住んでいることを認識することである。 The key is a faith which makes hope a concrete reality (11:1) and makes the "powers of the age to come" a present reality (6:4-5).キーは、具体的な現実(11時01分)を願って作り、現在の現実を(6:4-5)、 "時代の力が来るように"なる信仰です。 In light of the superiority of Christ over the old Jewish economy, the Christian must cling to the high priest "after the order of Melchizedek" (7:1-2).古いユダヤ人の経済に対するキリストの優位性を踏まえて、クリスチャンは "メルキゼデクの順序をした後、"大祭司(7:1-2)にしがみつく必要があります。 While many have made the high priestly Christology the major theme of Hebrews, it is more likely that the pilgrimage aspect, rooted in the exhortation passages, is central.多くは高い聖職者のchristologyヘブル人への手紙主なテーマきたが、それは勧告通路に根ざし巡礼の側面は、中心となる可能性が高くなります。

James, probably the first NT book written, is addressed to a Jewish Christian audience, perhaps in Palestine.ジェームズは、おそらく最初に書かれたNTの本は、おそらくパレスチナでは、ユダヤ教、キリスト教の聴衆に宛てたものです。 The church was poor, without influence, and passing through a time of persecution in which wealthy Jews were confiscating their property (2:6, 5:1-6).教会が影響を受けることなく、貧しく、裕福なユダヤ人は自分の財産(2時06、5:1-6)を没収された迫害の時を通過。 The book is immensely practical, dealing in a pastoral way with weak believers and their tendencies.本は弱い信者とその傾向と牧歌的な方法で対処する、非常に実用的です。 It draws upon wisdom themes regarding trials and temptation, social concern, the problem of the tongue, and interpersonal conflicts to underscore the necessity of putting one's faith into practice in the practical Christian life.それは実用的なクリスチャン生活の中で実践に自分の信仰を置くことの必要性を強調するために知恵の試練や誘惑に関するテーマ、社会問題、舌の問題、対人葛藤に描画。

I Peter utilizes a great deal of creedal or catechetical material, ie, formal statements on Christian doctrine composed by the apostles for the early church, to speak to a further situation of persecution on behalf of a mixed church of Jewish and Gentile Christians in northern Galatia.私はピーターは北部ガラテヤのユダヤ人と異邦人のクリスチャンの混合教会に代わって迫害の更なる状況に話すように、初期の教会の使徒たちによって構成され、キリスト教の教義上の信条や問答式の材料大量の、すなわち、正式なステートメントを利用して。 It combines an eschatological perspective (ie, the end has begun and glory is near) with an ethical emphasis (ie, exemplary behavior must result from the experience of God's salvation in light of the world's opposition).それは倫理的な重点(すなわち、模範的な行動が世界の反対の光の中で、神の救いの経験からもたらさなければならない)と終末論の視点を(すなわち、終わりが始まったと栄光が近い)を組み合わせた。 Christ is the model of the righteous sufferer (3:18), and his exaltation is shared by the one who endures similar hostility.キリストは正義の苦しんでいる人(3:18)のモデルであり、彼の高揚は、同様の敵意に耐える1によって共有されます。 Therefore, in the midst of this evil world the believer is an alien whose true citizenship is in heaven and who rejoices even when suffering (1:6-7) because it is a participation in the humiliation/exaltation of Christ.したがって、この邪悪な世界の真っ只中に信者は、その真の市民権天にあると喜ぶ外国人の場合でも苦しみ(1:6-7)それはキリストの屈辱/高揚への参加であるためです。

II Peter and Jude are sister epistles written to combat false teaching of the Gnostic type which rejected the lordship of Christ (II Pet. 2:1) and the parousia (II Pet. 3:3-4) and degenerated into immorality (Jude 4). IIペテロとユダはキリスト(Ⅱペテロ2:1)とparousia(ⅱペット。3:3-4)の支配権を拒否され、不道徳に退化グノーシス主義のタイプの偽ティーチング(ジュード4に対抗するために書かれた姉妹の書簡アール)。 In light of this, there is a decided emphasis upon the primacy of apostolic teaching (II Pet. 1:16, 20-21; 3:2) and upon the return of Christ in judgment (II Pet. 3:3-4; Jude 5-6).との判断で、キリストのリターン(ⅱペット3:3-4時。これに照らし合わせて、使徒の教えの優位性(3時02分IIペット1:16、20-21)に応じて決定した重点があります;ジュード5-6)。 The coming day of the Lord is central in II Peter, and the judgment of those who oppose God, either human or angelic/demonic, comes to the fore in Jude.主の来る日は、ペテロの第二の中心的であり、神に反対する人々の判断は、人間または天使/悪魔のどちらか、ジュード前面に押し出されてくる。 Both stress the stringent responsibility of the church to oppose the false teachers.ストレス教会の厳格な責任を偽教師に反対する両方。

Unifying Themes統一テーマ

Five criteria are necessary to the search for a central motif that binds together the individual emphases and diverse doctrines of the NT: (1) the basic theme must express the nature and character of God; (2) it must account for the people of God as they relate to him; (3) it must express the world of mankind as the object of God's redemptive activity; (4) it must explain the dialectical relationship between the testaments; (5) it must account for the other possible unifying themes and must truly unite the theological emphases of the NT. 5つの基準を一緒にNTの個々の強調や多様な教義を結合し、中央のモチーフを検索する必要がある:(1)基本的なテーマは、神の性質や性格を表現しなければならない、(2)それは、神の人々のために考慮する必要があります彼らは彼に関連する、(3)それは、神の贖いの活動の目的として、人類の世界を表現しなければならない、(4)それは、遺言の間に弁証法的関係を説明しなければならない、(5)それは、他の可能な統一テーマを考慮しなければならないと真のNTの神学的な強調を団結させる必要があります。 Many proposed themes will fit one or another of the strata of OT and NT, eg, the narrative or the poetic or the prophetic or the wisdom or the epistolary portions, but will fail to summarize all.多くの提案されたテーマは、OTとNTの地層のいずれかまたは別の、例えば、物語や詩的または予言や知恵や書簡の部分にフィットしますが、すべてを要約する失敗します。 This theme must balance the others without merely lifting one above its fellow motifs.このテーマは、単にその仲間のモチーフの上に​​1を持ち上げずに他人のバランスを取る必要があります。

The Covenant (Eichrodt, Ridderbos) has often been utilized to express the binding relationship between God and his people. 規約 (アイヒロート、Ridderbos)は、しばしば神と神の人々との間の結合関係を表現するために利用されている。 It includes both the legal contract and the eschatological hope which results, both the universal dimension of the cosmic God who creates as well as sustains and the specific communion which results.それは法的な契約と結果終末論的希望、両方だけでなく、を作成として維持し、どの結果特定の交わり宇宙神の普遍的次元の両方が含まれます。 The problem is that this is not universally attested in the testaments as the central core.問題は、これが普遍的に中央のコアとして遺言で証言されていないことです。 A better theme might be "election" as expressing the act of God or "promise" as the hope which results (see below).良いテーマは神の行為または(下記参照)の結果の希望として "約束"を表現するなど "選挙"であるかもしれません。

God and Christ (Hasel) have been stressed a great deal lately, noting the theocentric character the NT. 神とキリストは (Hasel)神を中心とした文字NTを指摘し、最近多くのことを強調してきた。 This is much better than stressing aspects, such as the holiness or lordship or kingship of God, and better than making either God or Christ the center, which would do a disservice to OT or NT respectively.これは、ストレスなどの神の神聖または支配権や王権などの側面、およびそれぞれOTまたはNTにひどい仕打ちをするだろう中央、神やキリストのどちらかを作るより良いよりもはるかに優れています。 However, while we may view the theme dynamically to allow for the individual expression of subthemes, this too may be narrow since the community of God's people is not a natural part of it.我々はサブテーマの個々の表現を可能にするためにテーマを動的に表示するかもしれないが、神の民の共同体はそれの自然な一部ではないのでしかし、これはあまりにも狭いかもしれません。

Existential Reality or Communion has been stressed (Bultmann et al.) as the true purpose of the Bible. 実存的なリアリティや聖体拝領は、聖書の真の目的として(ブルトマンら)強調されている。 Proponents argue that this ties together the other themes and expresses the dynamic work of God among his people.提唱者は、一緒にこの絆、他のテーマと主張し、彼の人々の間で神のダイナミックな作品を表現しています。 Yet as expressed by many it ignores too readily the propositional and creedal content of Scripture.まだとして、それはあまりにも容易に聖書の命題と信条の内容を無視し、多くのことで表明した。 While communion is certainly a primary motif, it is not the unifying theme.交わりは確かに主要なモチーフですが、それは統一テーマではありません。

Eschatological Hope (Kaiser) is often stressed, in either the sense of promise or of hope. 終末論的希望 (カイザー)は、しばしばの約束や希望のいずれかの意味で、強調されている。 The strength of this is the way it unites the testaments, since both look to the future consummation of God's activity in history.これの強さは、歴史における神の活動の将来の成就に両方を見て以来、それが遺言を結びつける方法です。 It also unifies the other three above, which can be said to express aspects of this hope.また、この希望の側面を表現すると言うことができる上記の他の3つを、統一します。 Its weakness, as often noted by various scholars, is the absence of stress on this in many portions of Scripture, eg, the wisdom literature or the Johannine writings.その弱点は、できるだけ頻繁に様々な学者が述べたように、聖書、例えば、知恵文学や使徒ヨハネの記述の多くの部分で、この上のストレスが存在しないことである。 Again, this is a major emphasis but not the unifying theme.繰り返しますが、これは重点ではなく、統一テーマである。

Salvation History (von Rad, Cullmann, Ladd) may be the best of the positions, for it recognizes God's/Christ's redemptive activity on behalf of mankind, in terms of both present and future communion.それは、現在および将来の交わりの両面で、神の/人類に代わって、キリストの贖いの活動を認識するために救いの歴史 (フォン·ラッド、クルマン、ラッド)は、位置の最も良いかもしれません。 More than the others above, it subsumes each of the categories into itself.上記の他のものよりも、それ自体にの各カテゴリを包括しています。 Those who oppose this as the unifying theme argue from two directions: (1) its artifical nature, since there is no single instance in OT or NT where it is directly stated; and (2) the lack of emphasis upon it in the entire NT, eg, it fits Luke-Acts but not John.統一テーマとして、これに反対する人々は、2つの方向からの主張:otまたはNTには、単一のインスタンスが存在しないため、(1)その人工的な性質は、それが直接記載されている場所であり、全体のNTでそれを強調(2)不足例えば、それはルーク - 行為ではなく、ジョンフィットします。 However, any "unifying theme" is by its very nature artifical, since it is a principle derived from the individual themes of Scripture.それは聖書の個々のテーマから派生する原理であるので、しかし、いかなる "統一テーマ"は、その性質上、人工的です。 Also, while it is not "central" to every book, it is behind those diverse motifs and is thereby able to bind them together.それはすべての予約をするには、 "中央"ではないながらも、それは、これらの多様なモチーフの背後にあり、それによって、それらを一緒に結合することができる。 Every theme here has a viable claim, so we must see which of the five best summarizes the others.ここですべてのテーマは、生存の主張を持っているので、我々は他の人をまとめたベスト5のかを確認しなければなりません。 Therefore, salvation-history has the best claim to the title "unifying theme."したがって、救いの歴史は、タイトルへの最適な債権を有する "統一テーマを"。

GR Osborne GRオズボーン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
J. Barr, The Scope and Authority of the Bible; CK Barrett, "What is NT Theology? Some Reflections," Horizons in Biblical Theology 3; H. Boers, What is NT Theology? J. Barr氏は、聖書のスコープと権威; CKバレット、聖書神学3ホライズンズ "NTの神学若干の考察、何ですか?"; H·ボーアは、NTの神学とは何ですか? B. Childs, Biblical Theology in Crisis; R. Gaffin, "Systematic Theology and Biblical Theology," The NT Student and Theology a III, ed JH Skilton; D. Guthrie, NT Theology; G. Hasel, NT Theology: Basic Issues in the Current Debate; U. Mauser, ed., Horizons in Biblical Theology: An International Dialogue; E. Kasemann, "The Problem of a NT Theology," NTS 19:235-45; GE Ladd, A Theology of the NT; R. Morgan, The Nature of NT Theology: The Contributions of William Wrede and Adolf Schlatter; JD Smart, The Past, Present, and Future of Biblical Theology; G. Vos, Biblical Theology. B·チャイルズ、危機における聖書神学; R. Gaffin、 "体系的神学と聖書神学、" NTの学生や神学第III編、JHスキルトン; D·ガスリー、NTの神学; G. Hasel、NTの神学:基本的な問題で現在の議論; U.モーゼル、ED、聖書神学の地平:国際対話、GEのラッドは、NTの神学;、E.ケーゼマンは、 "NTの神学の問題は、" 19:235-45は、NTS Rモーガン、NTの神学の性質:ウィリアムヴレーデとアドルフシュラッターの貢献度、JDスマートは、聖書神学の、過去·現在·未来、G.ヴォス、聖書神学。



Also, see:また、参照してください:
Theology of Matthew マタイの神学
Theology of Mark マークの神学
Theology of Luke ルークの神学
Theology of John ヨハネの神学


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです