Orthodox Church Listing of Synods and Councilsのsynodsと協議の正教会リスト

General Information 一般的な情報

Council at Jerusalem (not counted in the Councils) 48-51 AD エルサレムの評議会 (評議会には数えない)48から51のAD
About Judaisers. Judaisersについて。 Saints James, Peter, Paul, and Barnabas were involved.聖者ジェームス、ピーター、ポールとバルナバは関与していた。 Described in the Acts of the Apostles [15:6-29].使徒[15:6-29]の行為で説明。 Led by Saint James ("the brother of the Lord"), bishop of Jerusalem.セントジェームズ( "主の兄弟")、エルサレムの司教率いる。 Determined that Gentile converts did not have to embrace Judaism to be Christians.異邦人改宗者がクリスチャンであることがユダヤ教を信奉する必要はなかったと判断した。

Council at Carthage local Council, 251 AD カルタゴ地元の評議会の評議会 、251のAD
About the lapsed.について経過。 Novatianism was defended by Navatius, condemned by Saint Cyprian. Novatianismは聖シプリアンによって非難Navatius、擁護された。 Set requirements for readmission to Church of those who had lapsed during persecutions.迫害の間に失効していた人たちの教会への再入国のための要件を設定します。 Declared baptisms by heretics were worthless (no "baptisms" outside the Church).異端者によって宣言された洗礼は無益であった(教会の外なし "洗礼")。 Required baptism for entry into the Church by those "baptised" by heretics (outside the Church).異端(教会の外)による "洗礼を受けた"ものによる教会への参入のための洗礼を必要とした。 Forbade re-baptism of those who had received Church baptism, then fallen into heresy who sought readmission.再入院を求めた異端に陥った後、教会の洗礼を受けた人々の再洗礼を禁じた。

252 AD. 252 AD。 Reduced requirements for readmission of lapsed who showed serious penance.深刻な苦行を示した経過の再入院の要件を削減しました。 Repeated decisions regarding baptism of previous year.前年の洗礼に関する決定を繰り返す。

255 AD. 255 AD。 Repeated decisions regarding baptism of 251 and 252. 251と252の洗礼に関する決定を繰り返す。 Determined that clerics falling into heresy should be received back into the Church as laymen.異端に陥るの聖職者が素人として教会に戻って受信されるべきであると判断した。

256 AD. 256 AD。 Rejected decisions by Pope Stephen regarding "baptism" outside the Church.教会の外に "洗礼"について、教皇スティーブンによる決定を拒否しました。 Re-affirmed previous decisions regarding baptism.洗礼に関する以前の決定を再確認した。

256 AD. 256 AD。 Repeated decisions made earlier in year, rejecting Pope Stephen's teaching.繰り返し決定は教皇スティーブンの教えを拒否、今年初めに作った。 Declared there were no sacraments outside the Church.教会の外には秘跡がなかったと宣言した。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Council at Elvira local Council, never accepted by Orthodox 300-306 AD正統派の300から306 ADによって決して受け入れエルビラ地元評議評議会
Imposed celibacy on clergy.聖職者で独身を課した。 Established canon forbidding converts from heresy to ever become clergy.かつて聖職者になるために異端からの改宗を禁じる確立キヤノン。

Council at Ancyra local Council, 314 AD アンキラ地元の評議会の評議会 、314のAD
About the lapsed.について経過。 First synod following the end of persecutions.迫害の終了後の最初の会議は。 Condemned as liars, those who publicly proclaimed adherence to the national religion (paganism) in order to receive an official document that allowed them to avoid persecution.嘘つき、公に彼らは迫害を避けるために、許可された公式文書を受信するために、国家の宗教(異教)の遵守を宣言した者として非難した。 Established punishments for these lapsed.これらのための確立された刑罰は、失効した。 Also established punishments for various types of sexual immorality.また、不品行の様々なタイプの刑罰を設立しました。

Council at Neo-Caesaria local Council, c. ネオCaesaria地元評議会の評議会は、c。 315 AD 315 AD
Established punishments for various types of sexual immorality.不品行の様々なタイプのための確立された刑罰。 Established qualifications for clergy.聖職者の資格を確立しました。

First Council at Nicaea - First Ecumenical (Imperial) Council , 325 AD ニカイアにおける最初の評議会-ファーストエキュメニカル(インペリアル)理事会 、325のAD
Convened regarding Arianism, Paulianism, defended by Arius, condemned by Saint Athanasius.聖アタナシウスに非難アリウス、擁護され、アリウス、Paulianismに関する招集した。 Condemned the teaching of Arius who claimed the Lord Jesus Christ was created by God, denying His divinity.主イエス·キリストは彼の神性を否定し、神によって創造されたと主張したアリウスの教えを非難した。 Virtually all those assembled were horrified upon hearing Arius' teaching, but debate arose over terminology.実質的にすべてのものが組み立てられたアリウスの教えを聞いてぞっとしたが、議論は用語の上に起こった。 Despite resistance because it was an unbiblical word, the Fathers embraced the philosophical term homoousios ('of the same essence') as the only term the Arians were unable to distort into compatibility with their heresy.それは非聖書的な言葉だったので、抵抗にもかかわらず、父親がアリウス派が彼らの異端との互換性に歪めることができなかった唯一の用語としての哲学用語をhomoousios( '同じエッセンス')抱きしめた。 Established Symbol of Faith (Nicene Creed) .信仰のシンボル(ニカイア信条)を設立しました

Determined formula for determining Pascha (Easter).パシャ(イースター)を決定するための式を決定した。 Condemned mandatory celibacy for all ranks of clergy.聖職者のランクのすべてのために必須の独身を非難した。 Established regulations on moral issues and church discipline.道徳的な問題と教会の規律に設立規制。 Required Paulianists to be baptised upon entry to Church, even if baptised by Paulianists.必須PaulianistsはPaulianistsからバプテスマを受ける場合であっても、教会に入ったときに洗礼を施される。 Determined prayers on Sundays should be offered standing.日曜日に決定祈りが立って提供されるべきである。

Nicene Creedニカイア信条

I believe in one God.私は一つの神を信じている。 The Father Almighty.全能の父。 Maker of heaven and earth, and of all things visible and invisible.天と地の、可視と不可視のすべての物事のメーカー。
And in one Lord Jesus Christ, the Son of God, the only begotten, begotten of the Father before all ages.そして、もう一つの主イエス·キリスト、神の御子、すべての年齢の前に父のひとり子、ひとりインチ Light of Light; true God of true God; begotten not made; of one essence with the Father, by whom all things were made.ライトの光、真の神の真の神、ひとり作らない;父を持つ1本質は、誰によってすべてのものが行われた。
Who for us men and for our salvation came down from heaven, and was incarnate of the Holy Spirit and the Virgin Mary, and became man.誰が私たちの男性のために、私たちの救いのために天から降りて来て、聖霊と聖母マリアの化身、男となった。
And He was crucified for us under Pontius Pilate, and suffered, and was buried.そして彼は、ポンテオ·ピラトの下で私たちのために十字架につけられて、苦しんで、埋葬されたとされた。
And the third day He rose again according to the Scriptures.そして三日目に彼は聖書によれば、再び上昇した。
And ascended into heaven, and sits at the right hand of the Father; and he shall come again with glory to judge the living and the dead; whose Kingdom shall have no end.そして天に昇り、父の右に座っているので、彼は生きている人と死んだ人を栄光に判断して戻って来る。その王国は終わりがあってはならない。

Synod at Gangra local Council, 340 AD Gangra地元協議会、340 AD でシノドス
The synod of Gangra dealt with a local sectarian group. Gangraの教会会議では、ローカル宗派集団を扱った。 The group condemned marriage altogether (rather like the Cathari, several centuries later).グループが(むしろCathariような、数世紀後)完全に結婚を非難した。 They also condemned eating meat, refused to be obedient to lawful authorities (considered their own authority the only thing to be obeyed), they encouraged women to dress as men (clothes and haircuts), they encouraged parents to abandon their children (to go live the 'pure' life) and children to abandon their parents (for the same reason).彼らはまた、肉食を非難(従うべき唯一のものは、自分の権威と見なされます)合法当局に従順であることを拒否し、彼らは女性が男性(服や髪型)などの服装をすることをお勧め、彼らは両親が生きて行くために自分の子供を(放棄することを奨励"純粋な"生命)と子供、両親を放棄する(同じ理由で)。 It was this group that the synod condemned.それは、教会会議が非難し、このグループだった。 The other notable thing the synod did was to condemn fasting on Sundays (which became a major issue later).教会会議が行った他の注目すべきことは、(後で大きな問題になった)日曜日に断食を非難することであった。

Council at Antioch local Council, 341 AD アンティオキア地方の協議会における協議会 、341のAD
Reinforced Nicaea I's ruling on Pascha.パシャが強化ニカイア私の判決。 Established regulations regarding clergy, the organisation of the local churches, church discipline, and use of canonical letters (used by travelling Christians as proof of being Christians in good standing).聖職者について定めた規程、地元の教会、教会の規律と、正規の手紙(優良なキリスト教徒であることの証拠として、キリスト教徒を走行することにより、使用される)の使用組織。

Council at Sardica 347 AD Sardica 347 AD で審議
Established canons concerning church order and discipline.教会の秩序と規律に関する確立された参事。 Reaffirmed the Symbol of Faith from Nicaea I.ニカイアIから信仰の象徴を再確認

Council at Laodicaea local Council, 364 AD Laodicaea地元の評議会の評議会 、364のAD
Established canons concerning church order and discipline.教会の秩序と規律に関する確立された参事。

First Ecumenical Council at Constantinople - Second Ecumenical (Imperial) Council , 381 AD コンスタンティノープルでの最初の公会議-第二エキュメニカル(インペリアル)理事会 、381のAD
Convened regarding Macedonianism, Apollinarians, Eunomians, Eudoxians, Sabellians, Marcellians, Photinians.に関するMacedonianism、Apollinarians、Eunomians、Eudoxians、Sabellians、Marcellians、Photiniansを招集した。

Macedonius defended the issues, and Saint Gregory the Theologian (aka St Gregory of Nazianzus) and Saint Gregory of Nyssa were champions of Orthodoxy. Macedoniusは問題を擁護し、聖グレゴリーの神学者(ナジアンゾスの別名セント·グレゴリー)とのnyssa聖グレゴリーは正統のチャンピオンだった。

Condemned Arianism.アリウス主義を非難した。 Condemned Macedonianism which denied divinity of the Holy Spirit.聖霊の神性を否定しMacedonianismを非難した。 Defined the Holy Trinity as one God in Three Persons, the Father, the Son, and the Holy Spirit each fully God of the same essence.三人、父、子、聖霊同じ本質の各完全に神の1つの神として聖三位一体を定義しました。 Expanded Symbol of Faith from Nicaea I into what is now commonly labelled 'Nicene Creed' but is more properly known as the Nicene-Constantinopolitan Creed.ニカイアから私は今、一般に "ニカイア信条"とラベル付けされますが、何に信仰の展開されたシンボルは、より適切にニカイア-Constantinopolitan信条として知られています。 As expanded, this Symbol of Faith has remained the basic proclamation of the Christian Faith.拡大するにつれて、この信仰のシンボルはキリスト教信仰の基本的な布告推移している。 Condemned Apollinarianism which taught the Lord Jesus Christ possessed the divine Logos in place of a human mind and was therefore fully divine, but not fully human.主イエス·キリストが人間の心の代わりに神のロゴを持っていたので、完全に人間完全に神ではなく、あった教えApollinarianismを非難した。 Condemned Eunomians (an extreme form of Arianism), the Eudoxians (semi-Arians), the Sabellians (who taught the Father, Son, and Holy Spirit were three modes of manifestation of the one God, denying the distinction of Three Persons), the Marcellians (who taught the Logos was an impersonal divine power that issued from God and entered into a relationship with Jesus to make him the Son of God), and the Photinians (who taught that Jesus was a mere man upon whom the Logos rested).非難Eunomians(アリウス主義の極端な形)、Eudoxians(半アリウス派)、Sabellians(父、子、聖霊は三人の区別を否定し、一人の神の顕現の3つのモードであった教え方)、 Marcellians(ロゴスは神から発行され、彼に神の子を作るためにイエス·キリストとの関係を締結して人間味のない神の力であった教え方)、およびPhotinians(イエスはロゴ休ん人によって単なる男だったと教えられた)。

Ranked relative importance of the five patriarchates with Old Rome first and New Rome (Constantinople) second.第二旧ローマ第一と新ローマ(コンスタンティノープル)と5 patriarchatesの相対的な重要度をランク付けした。 Established regulations for church discipline, including standing during prayer on Sundays and the days of Pentecost.日曜の祈りの間に立って、ペンテコステの日を含む教会の規律のための確立された規制。 Established manner in which heretics were to be received into the Church.異端が教会内に受信されることになっている方法を確立した。

Addition to the Nicene Creedニカイア信条に加え

And in the Holy Spirit, the Lord, the Giver of Life, who proceeds from the Father, Who with the Father and the Son together is worshipped and glorified; Who spoke by the Prophets.預言者で話し、そして聖霊は、主よ、人生の贈り主は、誰が一緒に、父と息子との崇拝と見せかけている父から進行する。
In One Holy, Catholic, and Apostolic Church.一聖、カトリック、使徒教会で。
I acknowledge One Baptism for the remission of sins.私は罪の赦しのために一つの洗礼を認める。
I look for the resurrection of the dead, and the life of the world to come.私は死者の復活を探し、世界の寿命が来ています。 Amen.アーメン。

Council in Constantinople local Council, 394 AD コンスタン地元評議会の評議会 、394のAD
Established various regulations, including the requirement of at least three bishops to ordain a bishop.司教を命じるために、少なくとも3つの司教の要件を含めて確立された様々な規制、。

Council at Carthage local Council, 419-424 AD カルタゴ地元の評議会の評議会 、419から424のAD
Convened regarding Pelagianism and Donatism, which were defended by Pelagius, Celestius, and Donatus.ペラギウス、Celestius、とドナトゥスによって守られたに関するペラギウスとドナトゥスを招集した。 Orthodoxy was championed by Bishop Aurelius.正統性はビショップアウレリウスによって擁護された。

Established regulations for clergy, including excommunication for clerics lower than bishop who appealed decisions outside of Africa (specifically mentioning 'across the sea', ie the pope of Rome). (具体的には、 すなわちローマの法王は、 "海を越えて"に言及)アフリカ以外の決定を不服として控訴司教よりも低い聖職者のために破門含む聖職者のための確立された規制。 Denied jurisdiction of pope of Rome in African church.アフリカの教会でローマ教皇の管轄を否定した。 Enumerated canon of Scripture (OT & NT).聖書の列挙されたキヤノン(OTとNT)。 Set requirements for Donatists received into the Church, including prohibition of rebaptising those baptised as Donatists.のdonatistsとして洗礼を受けたものをrebaptisingの禁止を含む、教会に受信donatistsのための要件を設定します。

Established canon requiring baptism where proof of previous baptism was not available.前の洗礼の証明ができなかったキヤノン必要洗礼を設立しました。 Condemned beliefs of Pelagians: that Adam was created mortal, that infants need not be baptised because they are not subject to the consequences of Adam's sin, that grace is not needed to avoid sin, and that grace only enables us to recognise sin but does not assist us in avoiding sin.のpelagiansの信仰を非難:アダムは恵みが罪を避けるために必要とされていないことを、彼らはアダムの罪の結果の対象にはなりませんので、幼児がバプテスマを受ける必要はありません死すを、作成され、その恵みのみが罪を認識することを可能にしませんが、されたこと罪を回避する上で私たちを支援する。

Council at Ephesus - Third Ecumenical (Imperial) Council , 431 AD エフェソスの評議会-第三のエキュメニカル(インペリアル)理事会 、431のAD
Convened regarding Nestorianism, defended by Nestorius, and condemned by Saint Cyril of Alexandriaネストリウスによって守られ、ネストリウス派に関する招集し、アレクサンドリアの聖キュリロスによって非難

Condemned Nestorianism which taught a separation between the Lord Jesus Christ's divinity and humanity.主イエス·キリストの神性と人間性の間の距離を教えてネストリウス派を非難した。 Nestorianism manifested this in the rejection of the traditional term 'Theotokos' (literally, 'God Birth-Giver'), claiming Mary only gave birth to the Lord's humanity and should thus be called 'Christotokos'.ネストリウス派は、メアリーだけが主の人間性を出産し、その結果、 'Christotokos'と呼ばれるべきであると主張して、(文字通り、 "神出生ギバー ')伝統的な言葉"神の母 "の拒絶反応でこれを明示した。 Defined that the Lord Jesus Christ was a single person who was fully God and fully human and that since mother's give birth to persons (not natures), Mary should be known as 'Theotokos', thus insisting on the unity of the two natures in the one person of Christ.主イエス·キリストは完全に神であった一人だったし、完全に人間と母親の人(しない性質)を出産するので、こと、メアリーは、このように2つの性質の統一を主張し、 "神の母"として知られるべきであると定義されているキリストの一人。 Upheld Christology of Saint Cyril of Alexandria.アレクサンドリアの聖シリルのキリスト論を支持した。 The Symbol of Faith (Nicene-Constantinopolitan Creed) was affirmed and changes to it were forbidden with punishment of deposition for clerics and excommunication for laity prescribed.信仰のシンボル(ニカイア-Constantinopolitan信条)が確認されたし、それへの変更は、聖職者と信徒のために処方さ破門のための堆積の罰で禁じられていた。 Established that the rights of each province should be preserved and inviolate (ie bishops from one province have no rights over other provinces).各州の権利が保持され、破られ(1つの州からすなわち司教は他の地方の上権限を持たない)であるべきであることを確立した。

Council at Constantinople local, 448 AD コンスタン地元で協議会 、448のAD
Convened regarding Eutychianism (Monophysitism), which was defended by Eutyches and condemned by Saint Flavian. Eutychesによって擁護と聖フラウィウス非難さに関するEutychianism(キリスト単)を招集した。 Eutyches, who rejects the 'union'; of 'two natures' in 'one person' is condemned. '組合'を拒否しEutyches、; '一人'の 'つの性質 "のが非難されています。

Council at Ephesus Heretical (known historically as 'Robber Council' 449 AD エフェソス異端で評議会 ( '強盗評議会449 ADとして歴史的に知られている
After Eutyches appeals to the patriarch of Alexandria (Dioscorus) who exonerates him (although it was against canon law to do so), a council is called which restricts the number of Flavian's supporters allowed to attend whilst augmenting the number of Eutyches' supporters, is chaired by Dioscorus who refuses to allow Flavian to speak in his own defence, refuses to hear Saint Leo of Rome's Tome of Leo (his response to reports of the Synod of 448).彼をexonerates(それがそうする宗規に反対したが)アレキサンドリアの家長(Dioscorus)へEutychesをアピールした後、協議会​​がEutyches 'サポーターの数を増強しながら出席できフラウィウスの支持者の数を制限していると呼ばれ、ある彼自身の防衛のために話すことができるようにすることを拒否しフラウィウスDioscorusが議長を務め、 レオのローマのトメ (448の教会会議の報告への彼の応答)の聖レオを聞くことを拒否します。 Eutyches is exonerated, Saint Flavian deposed (and shortly thereafter beaten to death by supporers of Eutyches), all who confess 'two natures' in the Lord Jesus Christ's Person are declared anathema. Eutyches、聖フラウィウス(そしてその後まもなくEutychesのsupporersによって撲殺)退陣、免罪され、主イエス·キリストの人に "2つの性質を"告白するすべての人が破門宣言されています。

Council of Chalcedon - Fourth Ecumenical (Imperial) Council , 451 AD カルケドン公会議-第4エキュメニカル(インペリアル)理事会 、451のAD
Convened regarding Eutychianism (Monophysitism), which was defended by Eutyches and Dioscorus, and condemned by Saint Leo (the Great) of Rome. EutychesとDioscorus擁護されたEutychianism(単性)に関する招集、ローマのサン·レオ(グレート)が非難した。 Annulled and invalidated 'Robber Council' of 449 in Ephesus.無效とエフェソスに449の '強盗評議会 "を無効とした。 Condemned Eutyches and Dioscorus. EutychesとDioscorusを非難した。 Affirmed canons of previous three Ecumenical (Imperial) Councils.前の3エキュメニカル(インペリアル)協議会の参事を確認した。 Condemned Monophysitism.キリスト単を非難した。 After examination of the Tome of Leo affirmed it as 'the faith of the Fathers'. レオのトメの審査を経て"は、父の信仰"としてそれを確認した。 Affirmed completeness of the two natures of the Lord Jesus Christ: divinity and humanity (perfect God and perfect man).神性と人間性(完全な神と完璧な男):主イエス·キリストの2つの性質の完全性を確認した。 Condemned Nestorianism and those 'who divide the one and only-begotten Son'.ネストリウス派を非難し、それらの '1と独り子を分ける人 "。 Condemned simony, reaffirmed prohibitions of bishops acting outside their territory, reaffirmed New Rome (Constantinople) as second in honour (following Old Rome) of the patriarchates.聖職売買を非難し、patriarchatesの(旧ローマに続いて)名誉の第二として、新ローマ(コンスタンティノープル)を再確認し、自国の領土外で演技司教の禁止を再確認した。

Statementステートメント

Therefore, following the Holy Fathers, we all with one accord teach men to acknowledge one and the same Son, our Lord Jesus Christ, at once complete in Godhead and complete in manhood, truly God and truly man, consisting also of a reasonable soul and body; of one substance with the Father as regards his Godhead, and at the same time of one substance with us as regards his manhood; like us in all respects, apart from sin; as regards his Godhead, begotten of the Father before the ages, but yet as regards his manhood begotten, for us men and for our salvation, of Mary the Virgin, the Theotokos, one and the same Christ, Son, Lord, only-begotten, recognised in two natures, without confusion, without change, without division, without separation; the distinction of natures being in no way annulled by the union, but rather the characteristics of each nature being preserved and coming together to form one person and subsistence, not as parted or separated into two persons, but one and the same Son and only-begotten God the Word, Lord Jesus Christ; even as the prophets from earliest times spoke of Him, and our Lord Jesus Christ Himself taught us, and the creed of the Fathers has handed down to us.したがって、合理的な魂にもなる、神と真の男本当に、聖なる父に続いて、我々は全て一つにし、一度神性において完全かつ男らしさで、完全に1つ、同じ息子、わたしたちの主イエス·キリストを承諾し、男性を教え、本体と、父と1つの物質の彼の神性に関しては、私たちと1つの物質と同時に、彼の男らしさに関しては、別に罪から、すべての点で、私たちのよう。として年齢の前に父のひとり子の彼の神性を、みなしが、まだのように、変化することなく、混乱することなく、2つの性質を認識独り子聖母マリア、神の母、1と同じキリスト、御子、主、、、の、私達の人のため、私たちの救いのために、彼の男らしさは、ひとり子に関して分裂せず、分離せず、一切のように二人に別れた、または分離されていない、労働組合によって破棄ではなく、それぞれの自然の特性が保持され、1人と生計を形成するために一緒に来ているのである性質の区別が、1と同じ息子と独り子神のWord、主イエス·キリスト、太古の時代から預言者たちは、彼の話を聞いたたとしても、私たちの主イエス·キリストご自身が私たちに教え、そして、父の信条は、私たちに伝えてきた。

Council of Orange local Council, never accepted in East, 529 AD東アジアで決して受け入れオレンジ地元協議会の理事会 、529のAD
Convened regarding Pelagianism.ペラギウス主義に関する招集した。 Condemned various beliefs of Pelagianism: that humans are unaffected by Adam's sin, that a person's move towards God can begin without grace, that an increase of faith can be attained apart from grace, that salvation can be attained apart from the Holy Spirit, that man's free will can be restored from its destruction apart from baptism, that 'merit' may precede grace, that man can do good and attain salvation without God's help,ペラギウスの非難さまざまな信仰:人間は、アダムの罪の影響を受けないため、その男の、聖霊とは別に達成されることを救い、信仰の増加は恵みから離れて得ることができることを、神に向かって、人の動きは猶予なしで始めることができるフリーは別に洗礼から、その破壊から復元することができますが、その "メリット"が恵みを先行するかもしれません、その人は、善を行うと、神の助けを借りずに救いを達成することができます

Statementステートメント

... ... we must, under the blessing of God, preach and believe as follows.私たちは、神の祝福のもと、説教し、次のように信じなければならない。 The sin of the first man has so impaired and weakened free will that no one thereafter can either love God as he ought or believe in God or do good for God's sake, unless the grace of divine mercy has preceded him.最初の男の罪はとても損なわれ、誰もその後のいずれか、彼が本来の意味通りに神を愛していないか、神の存在を信じるか、神の慈悲の恵みが彼に先行していなければ、神のために善を行うことができることの自由意志を弱めた。 ... ...

According to the catholic faith we also believe that after grace has been received through baptism, all baptised persons have the ability and responsibility, if they desire to labour faithfully, to perform with the aid and cooperation of Christ what is of essential importance in regard to the salvation of their soul.キリストの援助と協力を得て実行するために、我々はまた、猶予が洗礼を介して受信された後、彼らは忠実に労働したい場合は、すべての洗礼を受けた人は、能力と責任を持っていると信じているカトリックの信仰によればに関して本質的な重要性とは何か彼らの魂の救い。 We not only do not believe that any are foreordained to evil by the power of God, but even state with utter abhorrence that if there are those who want to believe so evil a thing, they are anathema.我々だけでなく、任意のは、神の力によって悪に予任ですが、偶数のものを悪そう信じたい人がいる場合、彼らは破門であることを全く嫌悪感を持つ状態とは思えません。 We also believe and confess to our benefit that in every good work it is not we who take the initiative and are then assisted through the mercy of God, but God himself first inspires in us both faith in him and love for him without any previous good works of our own that deserve reward, so that we may both faithfully seek the sacrament of baptism, and after baptism be able by his help to do what is pleasing to him.我々はまた、すべての良い仕事で、それが主導権を取って、その後、神の慈悲を通して支援していますが、神ご自身が、私達に最初に彼の信仰の両方を鼓舞し、以前の良いことなく、彼のために愛する人たちではないことを私たちの利益になると信じて告白する我々は両方を忠実に洗礼の秘跡を求め、洗礼後に彼に喜ばれるものを行うには彼の助けを借りてできるかもしれないように、報酬を受けるに値する私たち自身の作品。

The complicated background to Constantinople IIコンスタンIIへの複雑な背景
Large areas of the Empire were under the influence of Monophysitism.帝国の広い地域では、単性の影響下にあった。 The Monophysites strongly rejected Theodore of Mopsuestia, Theodoret of Cyrus, and Ibas of Edessa as Nestorian heretics. monophysitesの強くプスエスティアのテオドロス、キュロスのtheodoretの、とネストリウス異端としてエデッサのIBAを拒否した。 The orthodox emperor, Justinian, seeking to placate the Monophysites, issued an edict condemning the person and writings of Theodore of Mopsuestia, certain writings of Theodoret of Cyrus, and the letter of Ibas to Maris.正統派の皇帝、ユスティニアヌス、monophysitesのをなだめるために求めて、モプスエスティアのテオドロス、キュロスtheodoretの特定の文章、そしてマリスにIBAの手紙の人と文章を非難勅令を出した。 The Christology of Justinian's edict was perfectly orthodox.ユスティニアヌスの勅令のキリストは完全にオーソドックスでした。

Since the three writers were long dead and their writings had not been condemned by the Council at Chalcedon, there was great reluctance to agree to Justinian's edict. 3作家が長い間死んでいたと、その文章が公における評議会によって非難されていなかったので、ユスティニアヌスの勅令に同意するには絶好の不本意があった。 Moreover, there was no heresy arising from these writings and condemning them was to side with the Monophysites who were opposed to Chalcedon.また、これらの記述に起因し、それらを公に反対していたのmonophysitesの側にあった非難しない異端はありませんでした。 After not a little coercion, the bishops in the East did agree with Justinian and condemned the three writers.少なからず強制した後、東の司教はユスティニアヌスと非難3作家に同意しなかった。

Pope Vigilus was unwilling to accept Justinian's edict for the same reasons it had been resisted in the East.教皇Vigilusは、それが東アジアに抵抗していたのと同じ理由でユスティニアヌスの勅令を受け入れることに消極的だった。 Justinian summoned Vigilus to Constantinople.ユスティニアヌスはコンスタンティノープルにVigilusを召喚。 Due to learning more about the writings condemned by Justinian's edict and/or persuasion/coercion of Justinian, Vigilus agreed to accept the edict.ユスティニアヌスの勅令および/または説得/ユスティニアヌスの強制非難される文章についての詳細を学ぶために、Vigilusは勅令を受け入れることに合意した。 This about-face prompted a synod in North Africa to excommunicate Vigilus, for the metropolitanates of Milan and Aquileia to break communion with Rome, and for criticisms to be issued by the bishops of Gaul.この回れ右はミラノやアクイレイアのmetropolitanatesがローマとの交わりを破るのは、北アフリカの教会会議がVigilusを破門するように求められたら、批判はガリアの司教によって発行されるために。 Faced with such strong opposition in the West, Vigilus withdrew his agreement to Justinian's edict.西洋ではそのような強い反対に直面して、Vigilusはユスティニアヌスの勅令に彼の同意を撤回した。 This second about-face by Vigilus created great confusion and compelled Justinian to call an Ecumenical (Imperial) Council. Vigilusで約-faceこの第二は大混乱を作成し、エキュメニカル(インペリアル)理事を呼び出すためにユスティニアヌス強要。 Initially, Vigilus rejected the legitimacy of the council, but later relented, accepted the condemnation of the three writers, and was reconciled to the Church.当初、Vigilusは、評議会の正当性を拒否されますが、後に折れ、3作家の非難を受け入れ、教会と和解した。

Second Ecumenical Council of Constantinople - Fifth Ecumenical (Imperial) Council , 553 AD コンスタンチノープルの第二公会議-フィフスエキュメニカル(インペリアル)理事会 、553のAD
Convened regarding Monophysitism (Nestorianism) and Origenism.キリスト単(ネストリウス派)とOrigenismに関する招集した。 Nestorius, Theodore of Mopsuestia, Eutyches, and Origen defended these issues, which were condemned by Emperor (Saint) Justinian (the Great)皇帝(セイント)ユスティニアヌス(グレート)が非難されるのnestorius、モプスエスティアのテオドロス、Eutyches、と原産地は、これらの問題を擁護し、

Condemned the person and writings of Theodore of Mopsuestia, who had been Nestorius' teacher and declared the Logos to be a different God than the one called Christ and who taught the Lord Jesus Christ was troubled by desires of human flesh and passions of the human soul. nestoriusの教師をしてとロゴは、キリストと呼ばれるものと、主イエス·キリストを教え、人間の肉体と人間の魂の情熱の欲望に悩まされていたよりも、異なる神であると宣言していたモプスエスティアのテオドロスの人と文章を非難。 Condemned writings of Thedoret of Cyrus which rejected Saint Cyril of Alexandria's Christology.アレクサンドリアのキリストの聖キュリロスを拒否サイラスのThedoretの非難の文章。 Condemned Ibas of Edessa's letter to Maris the Persian for its Nestorian tone.そのネストリウス派のトーンのマリスペルシャにエデッサの手紙のIBAを非難した。 Condemned writings of Diodorus of Tarsus as Nestorian.ネストリウス派としてタルススのディオドロスの文章を非難した。 Repeated condemnations from previous councils of Arius, Eunomius, Macedonius, Apollinaris, Nestorius, and Eutyches.アリウス、Eunomius、Macedonius、アポリナリス、nestoriusは、とEutyches以前の協議会から繰り返し非難。 Condemned Origen, Didymus, and Evagrius for teaching the pre-existence of souls, re-incarnation, the ultimate salvation of demons, that heavenly bodies possessed souls, and other errors.魂、天体の魂を持っていることを再化身、悪魔の究極の救い、、およびその他のエラーの前の存在を教えるための原産地、睾丸、及びEvagriusを非難した。

No canons were produced by this Council.いいえ参事がこの協議会が生産されなかった。

Council of Todelo (Spain) heretical, local Council, 589 AD Todelo(スペイン)異端、地元の評議会の評議会は 、589のAD
In an effort to combat Arianism in Spain by making the Son like the Father in all things (specifically, being a source of the Holy Spirit's procession although this subordinated the Holy Spirit), added the additional phrase 'and the Son' (the Filioque ) to the Nicene-Constantinoplitan Creed despite declarations of previous Ecumenical (Imperial) Councils that no changes were to be made in perpetuity. (具体的には、この劣後聖霊ものの、聖霊の行列の源である)万物の父のように息子を行うことで、スペインでのアリウスと闘うための努力では、追加の句"と息子"(Filioque)を追加変更が永続的に作られてなかったことを以前のエキュメニカル(インペリアル)評議会の宣言にもかかわらず、ニカイア-Constantinoplitan信条。 It was this belief in a 'double procession' of the Holy Spirit that led to the eventual separation between Orthodoxy in the East and Roman Catholicism in the West.それは、東と西のローマカトリック教の正統の間で最終的な分離につながった聖霊の "二重の行列"、この信念であった。

Third Ecumenical Council of Constantinople - Sixth Ecumenical (Imperial) Council , 680-681 AD コンスタンティノープル公会議の第三-第六エキュメニカル(インペリアル)理事会 、680から681のAD
Convened regarding Monothelitism, representing Sergius, Pyrrhus, Paul, Peter, Pope Honorius, and Cyrus.セルギウス、ピュロス、ポール、ピーター、教皇ホノリウス、およびCyrusを表すに関するキリスト単を招集した。

Condemned Monothelitism (a belief that the Lord Jesus Christ had only one will and one energy).非難キリスト単(主イエス·キリストが唯一の意志と一つのエネルギーを持っていた信念)。 Condemned as Monothelite heretics Sergius, Pyrrhus, Paul, and Peter (Patriarchs of Constantinople); Pope Honorius; Patriarch Cyrus of Alexandria, and others.教皇ホノリウス;、アレクサンドリアの総主教キュロス、その他単意異端セルギウス、ピュロス、ポール、ピーター(コンスタンティノープルの総主教)と非難した。 Affirmed that the Lord Jesus Christ, though but one person, after His incarnation possessed two natural wills and two natural energies, just as He possessed two natures.彼は2つの性質を保有して同じように、主イエス·キリストは、しかししかし、一人の人間が、彼の化身した後、2自然な意志と2自然エネルギーを持っていることを確認した。
No canons were produced by this Council.いいえ参事がこの協議会が生産されなかった。

Council in Trullo (Constantinople) - Conclusion of Sixth Council (aka 'Quinsext' to indicate it was a summation of Fifth & Sixth Councils. , 692 AD トゥルッリで評議会(コンスタンティノープル) -それはフィフス·シックス協議会の総和であり 、692のAD を示すために、第6号理事会の結論(別名'Quinsext'
This Council was held in Constantinople (aka in Trullo , literally, 'under the dome' because of the building used) It was convened due to the lack of canons from Fifth and Sixth Ecumenical Councils, Called by Emperor to promulgate canons necessary to correct issues still outstanding from the previous Councils.この評議会はそれは正しい問題に必要な規範を制定することを天皇によって呼び出され、原因第五及び第六のエキュメニカル協議会からの規範の欠如に招集された(のため使われていた建物の"ドームの下にある" トゥルッリで別名、文字通り)、コンスタンチノープルで開催されましたまだ前の協議会から優秀。 Professed faith in all the previous Ecumenical Councils and anathematised those who did not 'hold and embrace' the dogmas promulgated by these Councils.以前のすべてのエキュメニカル協議会で公言して信仰と 'ホールドと抱擁 "しなかった人々をanathematised教義は、これらの協議会によって公布。 Prohibited ordination of man married more than once or married to previously married woman; deposition of any clergy discovered to be guilty of same or marrying after ordination (although approving marriage before ordination to diaconate or priesthood and ordering that deacons or priests who separated from his wife to be deposed).男の禁止叙回以上結婚している、または以前に結婚した女性と結婚しているが、いずれの聖職者の堆積が同じで有罪であることが発見または叙した後に結婚(助祭または司祭に叙階前の結婚を承認し、彼の妻から分離助祭や司祭という順序が退陣する)。 Declared the patriarch of New Rome (Constantinople) should have equal privileges as the patriarch of Old Rome.新ローマ(コンスタンティノープル)の家長は旧ローマの家長として同等の権限を有するべきであると宣言した。 Established monastic regulations.禁欲的な規制を制定しました。 Enacted canon permitting only the Liturgy of the Pre-Sanctified (a vespers service where communion is received from that which was previously consecrated) on days of Lent because these are days of fasting (Saturdays, Sundays, and the Feast of the Annunciation excluded).これらは断食の日(土曜、日曜、及び除外お告げの祭日)であるため、キヤノンは、四旬節の日に(交わりが以前に奉献されたことから受信される晩課サービス)プレきよめの典礼のみを許可することが制定された。 Enacted canons regarding fasting (prohibition of fasting on Saturdays or Sundays, except Holy Saturday; prohibition of eggs and cheese).断食を(;卵とチーズの禁止聖土曜日を除いて、土曜日か日曜日に断食の禁止)についての規範が制定された。 Enacted canon mandating excommunication for one week for laymen administering the Divine Mysteries when a bishop, priest, or deacon present.司教、司祭、助祭または存在する神の謎を投与素人のための一週間キヤノン義務付ける破門を制定した。 Condemned soothsaying, fortune-telling, casting of spells, superstition, etc. Prohibited marriage to heretics.死刑囚予言、迷信、呪文の詠唱、占いなどが異端に結婚を禁止。 Made assisting in abortion or having abortion equivalent to murder.中絶を支援または殺人に相当する中絶を持って作られています。 Established procedures for accepting heretics into the Church.教会に異端を受け入れるための確立された手順。

Council in Constantinople heretical Council, 754 AD コンスタン異端の理事会で審議 、754 AD
After many years of persecution by the Iconoclast Emperor Leo III and his son, the Iconoclast Emperor Constantine V, a council was called to 'determine' if images were proper.タルカス皇帝レオ3世とその息子、タルカス皇帝コンスタンティヌスVによって迫害の多くの年後、評議会は、画像が適切であった場合は、 '決定'に呼ばれていました。 The patriarchates of Rome, Antioch, Alexandria, and Jerusalem refused to participate.ローマ、アンティオキア、アレクサンドリア、エルサレムのpatriarchatesが参加を拒否した。 The bishops who were compelled to attend, accepted the heresy of Iconoclasm under pressure from the emperor.出席を強制された司教は、皇帝からの圧力の下で因習打破の異端を受け入れた。 This false council anathematised Saint John of Damascus and Saint Germanus of Constantinople for idolatry of images.この偽の評議会では、画像の偶像崇拝のためにダマスカスの聖ヨハネとコンスタンティノープルの聖ゲルマヌスをanathematised。

Second Ecumenical Council of Nicaea - Seventh Ecumenical (Imperial) Council , 787 AD ニカイア公会議の第二-セブンスエキュメニカル(インペリアル)理事会 、787のAD
Convened regarding Iconoclasm.因習打破に関する招集した。 The decisions of the council of 754 were never accepted by the faithful and was resisted by the monasteries (despite fierce persecution from the government). 754の理事会の決定は、忠実に受け入れられることはなかったと修道院(政府からの激しい迫害にもかかわらず)によって抵抗されました。 Upon the death of the Iconoclast Emperor Leo IV (son of Constantine V, grandson of Leo III) and the beginning of the regency of Empress Irene, the reign of Iconoclasm came to an end.タルカス皇帝レオ4世(コンスタンティンV、レオ3世の孫の息子)と皇后イレーネの摂政の始まりの死に、因習打破の治世は終焉を迎えた。 This council annulled the council of 754 and condemned Iconoclasm.この協議会は754の審議を無效と因習打破を非難した。 Affirmed veneration (but not adoration, which was for God alone) of images.イメージの崇拝(ただし神の一人のためだったあこがれは)断言した。 Germanus and John of Damascus proclaimed saints.ダマスカス自称聖人のゲルマヌスとジョン。 Condemned simony.聖職売買を非難した。 Decreed that those secretly keeping Jewish customs (eg keeping the Sabbath) but pretending to be Christians should live as Jews openly, but be excluded from the Church.それらはひそかにユダヤ人の習慣を維持することを法令として布告した(安息日を保つことなど)が、キリスト教徒のふりをすると、公然とユダヤ人として生きなければならないが、教会から除外される。 Established monastic regulations.禁欲的な規制を制定しました。

Statementステートメント

We define that the holy icons, whether in colour, mosaic, or some other material, should be exhibited in the holy churches of God, on the sacred vessels and liturgical vestments, on the walls, furnishings, and in houses and along the roads, namely the icons of our Lord God and Saviour Jesus Christ, that of our Lady the Theotokos, those of the venerable angels and those of all saintly people.我々は神聖なアイコン、色、モザイク、またはいくつかの他の材料であるかどうか、神の聖なる教会で、神聖な船舶や典礼祭服に、壁に、家具、家の中に、道路に沿って展示されるべきであることを定義するすなわち、私たちの主なる神と救い主イエス·キリストのアイコン、聖母の生神女、由緒ある天使たちのものとすべての聖人のような人々のもの。 Whenever these representations are contemplated, they will cause those who look at them to commemorate and love their prototype.これらの表現は意図されているときはいつでも、彼らはそれらを見た人々は彼らのプロトタイプを記念し、愛するようになります。 We define also that they should be kissed and that they are an object of veneration and honour [ timitiki proskynisis ], but not of real worship [ latreia ], which is reserved for Him Who is the subject of our faith and is proper for the Divine Nature.我々は、彼らがキスをする必要があることも定義すると、彼らは[timitiki proskynisis]ではなく、本当の崇拝の私たちの信仰の対象であり、神のために適切である彼のために予約されています[latreia]、崇拝と名誉のオブジェクトであることを自然。 The veneration accorded to an icon is in effect transmitted to the prototype; he who venerates the icon, venerated in it the reality for which it stands.アイコンに与え尊敬の念は、プロトタイプに送信が有効である、彼は誰がそれで尊敬アイコン、それが立っているために事実をvenerates。

Council in Frankfurt heretical, local Council, 794 AD フランクフルト異端、地元評議会の評議会 、794のAD
Opposed decisions of Nicaea II, denying it had been an ecumenical council.それは公会議を否定していた、ニカイアIIの決定に反対した。 Pope Hadrian condemned for supporting Nicaea II.教皇ハドリアヌスはニカイアIIをサポートするために非難した。 The worship of images, under the terms worship, adoration, and service of any kind, was forbidden.用語の崇拝、礼拝、そしてあらゆる種類のサービスの下で、イメージ、の崇拝は禁止されていた。 Destruction of images was also opposed, inasmuch as the synod did not condemn depictions as decorations or tools for instructing the illiterate, only the worship or adoration of depictions.画像の破壊はまた教会会議は、描写の文盲、唯一の礼拝や礼拝を指示するための装飾やツールなどの描写を非難しなかった〜だけれども、反対していた。

Council in Aachen heretical, local Council, 809 AD アーヘン異端、地元評議会の評議会 、809のAD
Decreed that belief in the Filioque was necessary for salvation. Filioqueの信仰は、救いのために必要であったことを法令として布告した。

Council in Constantinople local Council, 861 AD コンスタン地元評議会の評議会 、861のAD
Established regulations for monasticism, including requiring local bishop's permission to build monastery.修道院を構築するために地元の司教の許可を必要とするなど、修道院生活のための確立された規制。 Condemned castration.去勢を非難した。 Established regulations for clergy.聖職者のための確立された規制。

Council in Constantinople local Council, 867 AD コンスタン地元評議会の評議会 、867のAD
Tension begun by Frankish missionaries in Bulgaria, acting as Pope Nicholas' emissaries, began to introduce the Symbol of Faith with the addtion of the Filioque .ブルガリアのフランク宣教師によって始めテンションは、教皇ニコラス使者として働く、Filioqueのaddtionと信仰のシンボルを導入し始めた。 Escalated by desire on part of Rome and Constantinople to have jurisdiction in Bulgaria.ブルガリアで管轄権を持っているローマとコンスタンティノープルの一部で願望によってエスカレート。 Triggered by Pope Nicholas, who in 865 for the first time put forward the never-before-heard claim that the Pope had authority 'over all the earth, that is, over every Church.' 865年に初めて前進教皇は権威あったことを決してビフォ聞いたクレーム入れて教皇ニコラスによってトリガ 'すべての教会の上にあり、すべての地球上の、。' This council, convened by Saint Photius and including archbishops of Treves, Cologne and Ravenna from the West, excommunicated and anathematised Pope Nicolasこの協議会は、Saintティノープルと西からトレーブ、ケルン、ラヴェンナの大司教など、破門とanathematised教皇ニコラスによって召集

Council in Constantinople considered a heretical Council by the Orthodox Church, 869-870 AD正教会では異端と見なさ評議コンスタン協議会 、869から870のAD
Only 12 bishops attended at first, and attendance never exceeded 103.わずか12司教は最初に出席し、出席者は103を超えることはなかった。 The legates of Pope Adrian II presided.教皇エイドリアンIIののlegatesが主宰。 Saint Photius had already been condemned, without a hearing, at a Roman synod and Pope Adrian, taking advantage of political changes in Constantinople, pressed for a council.聖photiusはすでに協議に追わコンスタンティノープルでの政治的変化を利用して、ローマの教会会議と教皇エイドリアンに、審問なしに、非難されていた。 Saint Photius' defense was cut short, and when he refused to sign his own condemnation, he was excommunicated.聖photiusは "防衛は短くカットされた、と彼は彼自身の非難に署名することを断ったときに、彼は破門された。 The result of these councils was to intensify the bitterness between East and West.これらの協議の結果は、東と西の間の苦味を強化することであった。 Not regarded as 'Ecumenical' by Roman Catholicism until 11th or 12th century, it has never been accepted by Orthodoxy.第11または12世紀まで、ローマカトリック教によって "コンスタンティノープル"とはみなされない、それが正統に受け入れられたことがありません。

Fourth Ecumenical Council in Constantinople - Eighth Ecumenical (Imperial) Council 879-880 AD コンスタンティノープル公会議第四-八エキュメニカル(インペリアル)理事会 879から880のAD
Resolved scandals between East and West regarding Bulgaria.ブルガリアに関する東と西の間の解決スキャンダル。 Expelled those who did not recognise Nicaea II as Seventh Ecumenical Council.セブンスニカイア公会議としてIIを認識していなかった人たちを追放した。 Outlawed and repudiated local councils of Rome and Constantinople against Saint Photius.非合法化され、サン·ティノープルに対するローマとコンスタンティノープルの地方議会を否認。 Established that the Symbol of Faith from Constantinople I (the Nicene-Constantinopolitan Creed) was to be forever 'un-innovated' and 'immutable'.コンスタンティノープル私(ニカイア-Constantinopolitanクリード)から信仰の象徴、永遠に "非革新"と "不変"であることだったことを確立した。 Required those excommunicated by Rome to be treated as such by Constantinople and vice-versa.コンスタンティノープルとその逆で、そういうものとして扱われるためにローマによって破門されたものを必要とした。 (Accepted by all five patriarchates, including Pope John VIII) (教皇ヨハネVIIIを含むすべて5 patriarchates、によって承認された)

Council in Constantinople local Council, 1082 AD コンスタン地元評議会の評議会は 、1082年のAD
Convened regarding John Italus.ジョンItalusに関する招集した。 Condemned those who seek to discover exactly how the Word was joined to His human substance; Greek doctrines of the soul, heaven, earth, and creation; the destruction of the soul after death; those who say that creation is eternal or immutable; those who do not accept the miracles of Christ, the Theotokos, and all his saints; those who think Greek philosophy true; that creation is not the result of God's free will; the pre-existence of souls; those who deny that creation is created ex nihilo ; those who say that hell is temporary or that all of creation will be restored; and those who understand the Kingdom of Heaven to be temporary.魂は、天と地、そして創造のギリシャの教義;、死後の魂の破壊;その創造は永遠または不変であると言う人; Wordは彼の人間の物質に結合された方法を正確に発見するために求める人々を非難する人々キリストは、神の母、およびすべての彼の聖人の奇跡を受け入れません。ギリシャ哲学が本当だと思う人、その創造は、神の自由意志の結果ではありません。魂のプレ存在、その創造を否定する人は無から作成され、地獄は、一時的または作成のすべてが復元されることであると言う人たち、そして、天の王国は一時的なものと理解している人。

Synod of Blachernae, in Constantinople local Synod, 1157 AD コンスタンローカル教会会議でBlachernaeの教会会議、1157 AD
Convened regarding Basilakes and Soterichus. BasilakesとSoterichusに関する招集した。 Condemned those who say Christ offered His sacrifice to the Father alone, and not to himself and to the Holy Spirit; those who say the sacrifice of the Divine Liturgy is only figuratively the sacrifice of Christ's body and blood; those who deny that the sacrifice in the Liturgy is one and the same as that of Christ on the cross; those who say men were reconciled to the Son through the incarnation and to the Father through the passion; those who think the deification of Christ's humanity destroyed his human nature; those who deny that his deified human nature is worthy of worship; those who say that, since the human nature of Christ was swallowed up into Divinity, his passion was an illusion; those who say that characteristics of Christ's human nature (creaturehood, circumscription, mortality, and blameless passions) exist only hypothetically, when one considers Christ's human nature in abstraction, and not really and truly.神の典礼の犠牲だけ比喩キリストの体と血の犠牲であると言う人;;にその犠牲を否定する人、キリストが一人で父に彼のいけにえをささげではなく、自分自身に、聖霊に言う人たちを非難男性は情熱を通して受肉を通して、父と息子と和解したと言う人;;キリストの人間の神格化は彼の人間性を破壊したと考える人々、それらの典礼は1と十字架上のキリストのそれと同じである彼の神格化された人間性が崇拝に値するものであることを否定し、キリストの人間性が神性に飲み込まれて以来、彼の情熱は錯覚だった、と言う人;言う人たちは、キリストの人間の本性のような特性(creaturehood、外接、死亡率、と潔白情熱)1ではない本当に本当に抽象化で、キリストの人間性を考慮したとき、および、仮説のみ存在します。

Council in Constantinople local Council, 1166 AD コンスタン地元評議会の評議会は 、1166年のAD
Convened regarding Constantine the Bulgarian.コンスタンティンブルガリアに関する招集した。 Condemned those who maintain that 'My father is greater than I' refers only to Christ's human nature, taken in abstraction and who explain the statement in various ways, one of which is that the statement refers to the fact that Christ's human nature retained its properties in the hypostatic union.抽象で撮影と文はキリストの人間の本性は、その特性を保持していることを指しているそのうちの1つは、誰が、様々な方法で文を説明する、唯一のキリストの人間の本性を指し "私の父は私がより大きい"と主張する人々を非難沈下組合インチ

Second Council of Lyons Failed 'reunion Council', 1274 AD ライアンズ失敗しました'再会評議会' の第二評議会 、1274 AD
Motivated by a desire of popes to gain recognition of primacy and by a desire of emperors to receive material and martial aide.優位性の認識を得るために教皇の願望によって素材や武道側近を受信するために皇帝の願望によって動機づけ。 Emperor Michael basically compelled the few Orthodox bishops in attendance to rubber-stamp papal claims.皇帝ミハエルは基本的にゴムスタンプローマ法王の主張に出席し、いくつかの正教会の司教を余儀なくされた。 Rejected throughout the East and regarded as meaningless.東アジア全体で拒否され、無意味と見なす。 Emperor Michael's sister stated: 'Better my brother's empire should perish than the purity of the Orthodox faith.'皇帝ミハエルの姉が次のように述べている: "より良い弟の帝国は正教会の信仰の純度よりも滅びる。" Repudiated by Michael's successor.マイケルの後継者によって否認。

Council at Constantinople local Council, 1285 AD コンスタン地元評議会の評議会は 、1285年のAD
Convened regarding the Procession of the Holy Spirit.聖霊の行列について、招集した。 Clarified the teaching on the Holy Spirit's origin.聖霊の起源についての教えを明らかにした。

Statementステートメント

It is recognised that the very Paraclete shines and manifests Himself eternally by the intermediary of the Son, as light shines from the sun by the intermediary of rays ...; but that does not mean that He comes into being through the Son or from the Son.それは非常に聖霊が輝くと光線の仲介によって太陽からの光が輝くように、息子の仲介者によって永遠にご自身を明示する...ことが認識され、それは彼が息子を通って中に入ったりから来ることを意味するものではありません息子。

Council at Constantinople - Ninth Ecumenical (Imperial) Council , 1341, 1349, 1351 AD コンスタンティノープルでの評議会-ナインスエキュメニカル(インペリアル)理事会 、1341年、1349年、1351年のAD
Convened regarding Barlaam the Calabrian and Acindynus.カラブリアとAcindynus Barlaamに関する招集。 Condemned Barlaam the Calabrian and Acindynus.カラブリアとAcindynus Barlaam非難した。 Condemned those who think the light of Christ's Transfiguration was an apparition, or the essence of God and those who do not believe the divine light is the uncreated grace and energy of God which proceeds from God's essence; those who do not recognise the undivided distinction between God's essence and his energy; those who deny the energy of God is uncreated; those who say the distinction between energy and essence implies that God is not simple and uncompounded; those claim the term 'Godhead' should only be applied to the essence of God, and not to the divine energy; and those who maintain the Divine Essence can be communicated.間で分割されていないの区別を認識していない人、キリストの変容の光が出現、または神と神の光は神の本質から進みまだ創造神の恵みとエネルギーがあると信じていない人たちの本質であったと考える人々を非難神の本質と彼のエネルギー、神のエネルギーを否定する人はまだ創造されていないです;エネルギーとエッセンスの違いを言う人たちは、神がシンプルで行われていないではないことを意味する;用語 '神格'これらの主張は、唯一の神の本質に適用されるべきであるはなく、神のエネルギーにあり、神の本質を維持する人々が通信することができる。

Council of Constance Roman Catholic Council, 1414-1418 AD コンスタンスローマカトリック協議会の理事会 、1414-1418 AD
It deposed John XXIII and Benedict XIII whilst the third pope, Gregory XII, resigned.それは、第三法王、グレゴリウス12世ながら、ヨハネ二十三世とベネディクト13世を退位させ辞任した。 This settled the division of mutliple claimants to the papacy and cleared the way for the Council's election of Martin V. Taught that a general council was highest authority (higher than pope) and required regular meeting of bishops in general council.これは、ローマ教皇にmutliple原告の分裂を解決し、マーティンVの評議会の選挙への道をクリアし、一般理事会は、最高権威(教皇よりも高い)と一般的な審議会の司教の必要な定期的な会議であったと教えている。

Council of Basel Roman Catholic Council, 1431 AD ff バーゼルローマカトリック協議会の理事会は 、1431年のAD FF
Met in accordance with decree of Constance.コンスタンスの法令に従い、会った。 Re-affirmed that a general council was superior in authority to a pope.総務会は、法王への権限で優れていたことを再確認した。 Pope demanded the council be transferred to Ferrara, but only a minority of bishops complied with most continuing to meet in Basel.教皇はフェラーラに転送されますが、ほとんどのバーゼルでの出会いを継続遵守の司教のみ少数れる評議会を要求した。

Council of Ferrara Failed 'reunion Council', 1438 AD; moved to Florence, 1438 - 1443 フェラーラ失敗しました'再会評議会の評議会は 、1438年のAD、フィレンツェ、1438年に移動- 1443
Motivated by a desire of popes to gain recognition of primacy and by a desire of emperors to receive material and military assistance.優位性の認識を得るために教皇の願望によって素材や軍事支援を受けるために皇帝の願望によって動機づけ。 Began in Ferrara, was subsequently transferred to Florence.フェラーラに始まり、その後にフィレンツェに移した。 Primary focus: Filioque.主な焦点:Filioque。 Ended with most Orthodox bishops accepting addition of Filioque, claims of papal primacy, and accepting Latin notion of Purgatory.最も正統派の司教は、ローマ法王の優位性の主張をFilioqueの追加を受け入れて、煉獄のラテン語の概念を受け入れることで終わった。 Upon return to East, most bishops renounced agreement which had been forced on them by Emperor John.東アジアへの復帰時に、ほとんどの司教は、皇帝ジョンによってそれらに強制されていた契約を放棄した。 Soundly rejected by Orthodox faithful throughout Roman Empire and Slavic areas.ぐっすりローマ帝国とスラブの領域を通じて、正教会信徒に拒否されました。 Officially repudiated by Constantinople Patriarchate in 1472. Served as model for Roman Catholicism's Uniates.正式に1472年にコンスタンティノープル総主教庁管轄によって否認。 ローマカトリック教のUniatesのモデルとなった。

Ending of Ferrara-Florence in Rome 1443-1444 AD ローマ 1443-1444 AD にフェラーラ-フィレンツェの結末
Conclusion of Ferrara-Florence after Orthodox departure (1439)正教会出発後フェラーラ - フィレンツェのまとめ(1439)

Synod of Jerusalem Pan-Orthodox Council, 1583 AD エルサレム汎正教協議会の会議で 、1583年のAD
Convened regarding various Roman Catholic beliefs.様々なローマカトリックの信仰についての招集。

The 1583 Synod of Jerusalem condemned the following: 1. 1:エルサレムの教会会議1583は、以下を非難した。 those who do not believe the Holy Spirit proceeds from the Father alone in essence, and from Father and Son in time;本質的には一人で父から聖霊代金を信じていない人と、時間内に、父と息子から;
2. 2。 those who believe the Lord Jesus Christ used unleavened bread at the Last Supper;主イエス·キリストが最後の晩餐で種なしパンを使用したと信じる人々;
3. 3。 those who believe in Purgatory;煉獄を信じる人々;
4. 4。 those who believe the pope, rather than the Lord Jesus Christ is head of the Church;法王はなく、主イエス·キリストが教会の頭であると信じる人々;
5. 5。 those who use the Gregorian calendar and its new Paschalion.グレゴリオ暦とその新しいPaschalionを使用する人々。

In addition, this synod re-affirmed adherence to the decisions of Nicaea I (Ecumenical/Imperial #1 (AD 325)).また、この会議は、ニカイア私(#1インペリアル/コンスタンティノープル(AD 325))の決定の遵守を再確認した。

Council at Iasi (Romania) local Council, 1642 AD ヤシ(ルーマニア)地元の評議会の評議会は 、1642年のAD
Re-affirmed as 'genuine parts of scripture': 1 Esdras (3 Esdras in the Vulgate), Tobit, Judith, three books of the Maccabees, Wisdom, Ecclesiasticus (Ben Sira), Baruch and the Letter of Jeremiah. 1エスドラス(流布本で3エスドラス)、トビト書、ジュディス、maccabeesの3冊は、知恵、集会の書(ベン欠陥)、バルーク、エレミヤの手紙: "聖書の純正部品"として再確認した。 Approved revised version of Confession of Peter of Moghila corrected for its Roman Catholic errors (purgatory, the claim that the change in the eucharistic bread and wine occurs at the 'words of institution'. Moghilaのピーターの告白の承認された改訂版は(煉獄、聖体のパンとワインの変化は'機関の言葉'で発生しているという主張は、ローマカトリックのエラーを修正しました。

Council of Jerusalem - Pan-Orthodox Council 1672 AD エルサレムの評議会-パン正教会評議 1672 AD
Convened regarding Cyril Lukaris.シリルLukarisに関する招集した。 Condemned Calvinism of Cyril Lukaris.シリルLukarisのカルヴァン主義を非難した。 Re-affirmed procession of the Holy Spirit from Father alone.一人で父のもとから聖霊の行列を再確認した。 Condemned 'justification through faith alone'. '単独で信仰を通して正当化 "と非難した。 Explicitly listed Wisdom, Judith, Tobit, The History of the Dragon, Susanna, Maccabees, and Sirach as 'genuine parts of Scripture'.明示的にリストされている知恵、 '聖書の純正部品 "としてジュディス、トビト書、ドラゴン、スザンナ、maccabeesの歴史、とシラク。 Denied unregenerate man is totally depraved.拒否された時代錯誤の男は完全に堕落しています。

Statementステートメント

We believe a man to be not simply justified through faith alone, but through faith which works through love, that is to say, through faith and works.我々は、単に一人で信仰を通して正当化が、愛によって働く信仰を通して、それが信仰と作品を通して、言うことはありませんする男を信じています。 ... ...

But we regard works not as witnesses certifying our calling, but as being fruits in themselves, through which faith becomes efficacious, and as in themselves meriting, through the Divine promises, that each of the faithful may receive what is done through his own body, whether it is good or bad.しかし、我々は、目撃者の証明として、私たちの使命をしない動作しますが、それ自体は果物として、信仰は忠実なのそれぞれが自分の体を介して行われるものを受け取る可能性のある、効果的になり、自分自身のように神の約束を通じて、値するそれを通して捉えそれが良いか悪いか。

Council at Constantinople local Council, 1755 AD コンスタン地元評議会の評議会は 、1755年のAD
Convened regarding Baptism.洗礼に関する招集した。 Decreed that all Westerners -- Latin or Protestant -- had invalid sacraments and were only to be admitted into the Orthodox Church through Baptism.ラテン語やプロテスタント - - 無効な秘跡を持っていて、洗礼を通して正教会に入学するだけであったすべての西洋人に命じた。

Council at Constantinople local Council, 1772 AD コンスタン地元評議会の評議会は 、1772年のAD
Convened regarding Purgatory.煉獄に関する招集した。 Condemned the innovation of purgatory.煉獄の革新を非難した。

Statementステートメント

We the godly, following the truth and turning away from such innovations, confess and accept two places for the souls of the dead, paradise and hell, for the righteous and sinners, as the holy Scripture teaches us.教典は私たちを教えている私たちは、真実に続くとこのような技術革新から離れてしまうと、義人と罪人のために死んで、天国と地獄の魂のための2つの場所を、敬虔な告白で、同意します。 We do not accept a third place, a purgatory, by any means, since neither Scripture nor the holy Fathers have taught us any such thing.聖書も聖なる父どちらも私達にそのようなことを教えてきましたので、我々は、任意の手段によって、第三位、煉獄は受け付けておりません。 However, we believe these two places have many abodes ...しかし、我々は、これらの2つの場所は、多くのabodesを持っていると信じて...
None of the teachers of the Church have handed down or taught such a purgatory, but they all speak of one single place of punishment, hades, just as they teach about one luminous and bright place, paradise.教会の先生方はいずれも、楽園を受け継がないか、またはそのような煉獄を教えたが、それらはすべて彼らが1明るく、明るい場所について教えるのと同じように、刑罰の1つの場所、ハデスの話している。 But both the souls of the holy and the righteous go indisputably to paradise and those of the sinners go to hades, of whom the profane and those who have sinned unforgivably are punished forever and those who have offended forgivably and moderately hope to gain freedom through the unspeakable mercy of God.しかし、聖なる魂と正義の両方が楽園と罪人のもの不敬とunforgivably罪を犯した人々は永遠に罰せられる人の、ハデスに行き、大目に見て気分を害した人々に明白に行くと適度を通じて自由を得ることを望む神の言葉では表せない慈悲。 For on behalf of such souls, that is of the moderately and forgivably sinful, there are in the Church prayers, supplications, liturgies, as well as memorial services and almsgiving, that those souls may receive favour and comfort.適度に罪深いと大目に見てあるような魂の代わりには、それらの魂が賛成と快適受ける可能性があることは、教会の祈り、祈願、典礼と同様、追悼式や喜捨がある。 Thus when the Church prays for the souls of those who are lying asleep, we hope there will be comfort for them from God, but not through fire and purgatory, but through divine love for mankind, whereby the infinite goodness of God is seen.こうして教会は横になって眠っている人々の魂のために祈るとき、私たちは神から彼らのために慰めがあることを願ってではなく、火災や煉獄を通過しますが、人類のための神の愛を通して、それによって神の無限の良さが見られます。

Council at Constantinople local Council, 1819 AD コンスタン地元評議会の評議会は 、1819年のAD
Endorsed the teaching of the Kollyvades monks (frequent communion, the empirical experience of hesychasm against metaphysical speculations and rationalism, etc.) Kollyvades僧のティーチング(頻繁に交わり、形而上的な思索と合理主義等に対するhesychasmの実証的経験)を承認した

Council at Constantinople local Council, 1872 AD コンスタン地元評議会の評議会は 、1872年のAD
Convened regarding Phyletism. Phyletismに関する招集した。 Condemned Phyletism, the heresy that the organisation of the Church should be along racial (ethnic) lines in the same geographical area.教会の組織が同じ地理的領域における人種(民族)の線に沿ってなければならないことを非難Phyletism、異端。

Council at Constantinople Inter-Orthodox Congress, 1923 AD コンスタンチノープル間正教会Congress において評議会 、1923 AD
Authorised local churches to use the Revised Julian calendar whilst maintaining the traditional Paschalion.ロレックス地元の教会では、伝統的なPaschalionを維持しつつ、改訂ユリウス暦を使用することができます。

Information provided by TR Valentine TRバレンタインによって提供される情報



Also, see:また、参照してください:
Roman Catholic Church Listing of Councils ローマカトリック教会のリストについては協議会

Nicene Creed (Symbol of Faith) ニカイア信条(信仰のシンボル)

Athanasian Creed アタナシウス信条
Apostles' Creed 使徒信条

Council of Basel 評議会のバーゼル
Council of Chalcedon 評議会chalcedon
Council of Constance 評議会コンスタンツ
Councils of Constantinople 協議会のコンスタンティノープル
Council of Ephesus エフェソス公会議
Council of Ferrara-Florence 評議会フェラーラ-フィレンツェ
Councils of Nicaea 協議会のニカイア
Photius photius


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです