Palm Sundayパームサンデー

General Information 一般的な情報

Palm Sunday, in Christianity, is the Sunday before Easter, so called from the custom of blessing palms and of carrying portions of branches in procession, in commemoration of the triumphal entry of Jesus into Jerusalem.パームサンデーは、キリスト教で、日曜日は、イースター前に祝福の手のひらとエルサレムにイエスの勝利のエントリを記念して、行列に枝の部分を運ぶのカスタムから呼び出されます。 The custom may be traced back at least to the 4th century.カスタムは少なくとも4世紀にまで遡ることができる。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Palm Sundayパームサンデー

Advanced Information 高度情報

Palm Sunday is the Sunday before Easter Sunday, considered to be the second Sunday of the passion of our Lord Jesus Christ.パームサンデーは、わたしたちの主イエス·キリストの受難の第二日曜日であると考えられて復活祭の日曜日の前に日曜日です。 The use of palms was introduced in Rome as late as the twelfth century.手のひらの使用は、12世紀後半にローマで導入されました。 The palms help symbolize the last entry of Jesus into Jerusalem before his crucifixion, during which the people strewed palms in his path as a sign of reverence.手のひらは、人々は畏敬の印として彼のパスに手のひらを= strewの過去分詞形、その間、彼のはりつけの前にエルサレムにイエス·キリストの最後のエントリを象徴するのに役立ちます。 In today's reenactment of that entrance into Jerusalem people are encouraged to carry palms as part of the liturgical experience.エルサレムの人々にその入り口の今日の再現では典礼体験の一部として手のひらを運ぶために奨励されています。

TJ German TJのドイツ語
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
WJ O'Shea, The Meaning of Holy Week. WJオシェイ、聖週間の意味。


Palm Sundayパームサンデー

Catholic Information カトリックの情報

The sixth and last Sunday of Lent and beginning of Holy Week, a Sunday of the highest rank, not even a commemoration of any kind being permitted in the Mass. In common law it fixes the commencement of Easter duty. 6番目と最後の四旬節の日曜日、聖週間の始まり、でも最高ランクではなく、それはイースター義務の開始を修正コモンローではマサチューセッツ州では許可されているあらゆる種類の記念の日曜日。 The Roman Missal marks the station at St. John Lateran (see STATIONS) and before September, 1870, the pope performed the ceremonies there.ローマミサはラテランの聖ヨハネ(ステーションを参照)で、9月、1870年前に駅をマークし、法王はそこ式典を行った。 The Greeks celebrate the day with great solemnity; they call it kyriake or heorte ton baion or heorte baiophoros or also Lazarus Sunday, because on the day before they have the feast of the resuscitation of Lazarus.ギリシア人は、非常に厳粛で一日を祝う;日に、彼らはラザロの蘇生のごちそうを持っているので、彼らの前には、ラザロ日曜日もkyriake呼び出したりheorteトンbaionまたはheorteのbaiophorosまたは。 The emperors used to distribute branches of palm and small presents among their nobles and domestics.皇帝は手のひらとその貴族と使用人の間で小さなプレゼントの枝を配布するために使用。 The Latin liturgical books call it Dominica in Palmis, Dominica or Dies Palmarum.ラテン典礼書は、それPalmisでドミニカ、ドミニカやダイスPalmarum呼ぶ。 From the cry of the people during the procession the day has received the name Dominica Hosanna or simply Hosanna (Ozanna).日が名前ドミニカホサナまたは単にホサナ(Ozanna)を受信した行進中の人々の叫びから。 Because every great feast was in some way a remembrance of the resurrection of Christ and was in consequence called Pascha, we find the names Pascha floridum, in French Pâques fleuries, in Spanish Pascua florida, and it was from this day of 1512 that our State of Florida received its name (Nilles, II, 205).すべての偉大なごちそうは、何らかの方法で、キリストの復活の記念だったとパシャと呼ばれる結果であったため、我々はスペイン語パスクアフロリダ州では、フランス語見るpâquesのfleuriesで名前パシャfloridumを見つけ、そしてそれは1512年のこの日から、その私達の状態でしたフロリダ州の名前(Nilles、II、205)を受信しました。 From the custom of also blessing flowers and entwining them among the palms arose the terms Dominica florida and dies floridus.また祝福の花やヤシの木の中でそれらを遣のカスタムから用語ドミニカフロリダおよびダイスfloridusを生じた。 Flower-Sunday was well known in England, in Germany as Blumensonntag or Blumentag, as also among the Serbs, Croats, and Ruthenians, in the Glagolite Breviary and Missal, and among the Armenians.花の日曜日はよくイギリスで、BlumensonntagまたはBlumentagとしてドイツでは、同じくセルビア人、クロアチア人、そしてRutheniansうち、Glagolite聖務日課とミサで、アルメニア人との間で知られていた。 The latter celebrate another Palm Sunday on the seventh Sunday after Easter to commemorate the "Ingressus Domini in coelum juxta visionem Gregorii Illuminatoris" called Secundus floricultus or Secunda palmarum dominica (Nilles, II, 519).後者は "coelum JUXTA visionem Gregorii IlluminatorisでIngressusドミニ"を記念して復活祭の後第七日曜日に別のパームサンデーを祝うセクンドゥスfloricultusまたはセクンダpalmarumドミニカ(Nilles、Ⅱ、519)と呼ばれる。 Since this Sunday is the beginning of Holy Week, during which sinners were reconciled, it was called Dominica indulgentioe, competentium, and capitilavium from the practice of washing and shaving of the head as a bodily preparation for baptism.今週の日曜日は、聖週間の始まりなので、罪人は仲直りされた時に、それはドミニカindulgentioe、competentium、そして洗礼のための身体の準備として、ヘッドの洗浄とシェービングの練習からcapitilaviumと呼ばれていました。 During the early centuries of the Church this sacrament was conferred solemnly only in the night of Holy Saturday, the text of the creed had been made known to the catechumens on the preceding Palm Sunday.この聖餐式は唯一の聖土曜日の夜に厳粛に授与された教会の世紀の初期、信条のテキストが前のパームサンデーにcatechumensのに知らされていた。 This practice was followed in Spain (Isidore, "De off. eccl.", I, 27), in Gaul (PL, LXXII, 265), and in Milan (Ambrose, Ep. xx).このような行為は、ガリア(PL、LXXII、265)で、(、 "デオフ。eccl。"と、私は、27イシ)スペインに続き、ミラノ(アンブローズ、EP。xx)を参照してくださいインチた In England the day was called Olive or Branch Sunday, Sallow or Willow, Yew or Blossom Sunday, or Sunday of the Willow Boughs.イギリスではこの日は柳の大枝オリーブまたはブランチ日曜日、黄ばんだまたはウィロー、イチイまたはブロッサム日曜日、または日曜日と呼ばれていました。 Since the celebration recalled the solemn entry of Christ into Jerusalem people made use of many quaint and realistic representations; thus, a figure of Christ seated on an ass, carved out of wood was carried in the procession and even brought into the church.祭典がリコール以来、エルサレムの人々にキリストの厳粛なエントリが多くの古風な趣のある、現実的な表現を利用した、したがって、お尻の上に座って、キリストの姿は、木から彫ら行列で運ばれたとさえ教会に持ち込ま。 Such figures may still be seen in the museums of Basle, Zurich, Munich, and Nürnberg (Kellner, 50).このような数値はまだバーゼル、チューリッヒ、ミュンヘン、ニュルンベルク(ケルナー、50)の博物館で見られるかもしれない。

In some places in Germany and France it was customary to strew flowers and green boughs about the cross in the churchyard.ドイツとフランスでいくつかの場所では、教会のクロス約ばらまかれている花と緑の枝の慣習だった。 After the Passion had been recited at Mass blessed palms were brought and this cross (in consequence sometimes called the Palm cross) was wreathed and decked with them to symbolize Christ's victory.情熱がミサ恵まれ手のひらに読誦した後持って来られたと、このクロスは、(結果としては、時にはパームクロスとも呼ばれます)キリストの勝利を象徴するように、それらに取り巻かと飾られていた。 In Lower Bavaria boys went about the streets singing the "Pueri Hebræorum" and other carols, whence they received the name of Pueribuben ("Theologisch-praktische Quartalschrift", 1892, 81).ニーダーバイエルンの男の子で、彼らはPueribubenの名前( "Theologisch-praktische Quartalschrift"、1892年、81)を受けそこから、 "PueriHebræorum"と他のキャロルを歌っ通りを歩きまわった。 Sometimes an uncovered crucifix, or the gospel-book, and often the Blessed Sacrament, was carried in recession.時にはむき出しの十字架、または福音本、そしてしばしば聖体は、不況で運ばれました。 In many parts of England a large and beautiful tent was prepared in the churchyard.イングランドの多くの地域で大規模かつ美しいテントは教会の中で調製した。 Two priests accompanied by lights brought the Blessed Sacrament in a beautiful cup or pyx hung in a shrine of open work to this tent.照明を伴う二つの司祭が美しいカップに御聖体を持ってきたか、聖体容器は、このテントに開いている作業の神社でハングしました。 A long-drawn procession with palms and flowers came out of the church and made four stations at the Laics' cemetery north of the church, at the south side, at the west door, and before the church-yard cross, which was then uncovered.ヤシの木や花が付いている長ったらしい行列が教会から出てきた教会の、南側で、西のドアで、その後発覚した教会ヤードのクロス、前Laics '墓地北に4つの駅を作った。 At each of these stations Gospels were sung.これらの各ステーションでの福音書は歌われていました。 After the singing of the first Gospel the shrine with the Blessed Sacrament was borne forward.最初の福音書の歌唱後聖体を持つ神社は、前方が負担しました。 On meeting, all prostrated and kissed the ground.会議では、すべてはひれ伏しと地面にキスをした。 The procession then continued.行列はその後続いた。 The door of the church was opened, the priests held up on high the shrine with the Blessed Sacrament, so that all who went in had to go under this shrine, and thus the procession came back into the church.教会の扉が開かれた、司祭はに行ったすべての人がこの神社の下に行かなければならなかったので、御聖体と高い神社で持ちこたえ、従って行列が教会に戻ってきた。 The introduction of the Blessed Sacrament into the Palm Sunday procession is generally ascribed to Bl.パームサンデー行列に聖体の導入は、一般的にBLに起因している。 Lanfranc who ordered the ceremony for his Abbey of Bec.ベックの彼のアビーのために儀式を命じLanfranc。

Liturgical writers differ in assigning a time for the introduction of the benediction of palms and of the procession.典礼作家は手のひらと行列の祝祷の導入のための時間を割り当てることが異なります。 Martène, "De antiq. eccl. discipl." Martène、 "デリュブリャナ。eccl。discipl。" xx, 288, finds no mention of them before, the eighth or ninth century. xxは、288は、前に、それらの言及、8または9世紀が検出されなかった。 Peliccia, "Christian. eccl. politia", II, 308, is of the same opinion and mentions Amularius, "De div. off.", I, x, as the first to speak of them. Peliccia、 "キリスト教。eccl。politia"、2世、308は、 "デのdiv。オフ"、同じ意見であるとAmulariusに言及し、それらの話をする最初に私は、xは、。 Binterim, V, i, 173, on the authority of Severus, Patriarch of Antioch, and of Josue Stylites, states that Peter Bishop of Edessa, about 397 ordered the benediction of the palms for all the churches of Mesopotamia. Binterim、V、I、173、セウェルス、アンティオキア総主教の権威でとジョスエStylitesの、国家エデッサのピーター·ビショップ、約397メソポタミアのすべての教会のために手のひらの祝祷を注文した。 The ceremonies had their origin most probably in Jerusalem.式典はエルサレムで、おそらくその起源を持っていた。 In the "Peregrinatio Sylviæ", undertaken between 378 and 394, they are thus described: On the Lord's Day which begins the Paschal, or Great, Week, after all the customary exercises from cook-crow till morn had taken place in the Anastasia and at the Cross, they went to the greater church behind the Cross on Golgotha, called the Martyrium, and here the ordinary Sunday services were held. 378と394の間で行われ、 "PeregrinatioSylviæ"で、彼らはこのように説明されています、復活祭、またはグレート始まる週の主の日に、朝まで調理カラスからのすべての慣習演習はアナスタシアに行われた後、クロスで、彼らは、ゴルゴタで十字架の後ろに大きな教会へ行った殉教者廟と呼ばれ、ここに普通の日曜日のサービスが行われました。 At the seventh hour (one o'clock pm) all proceeded to the Mount of Olives, Eleona, the cave in which Our Lord used to teach, and for two hours hymns, anthems, and lessons were recited.第七時間目(午後1時)すべてのオリーブ山、Eleona、われらの主は教えるために使用されている洞窟へ進み、2時間の賛美歌、国歌、そしてレッスンを読誦します。 About the hour of None (three o'clock pm) all went, singing hymns, to the Imbomon, whence Our Lord ascended into heaven.なしの時間(午後3時)に関するすべてImbomonに、賛美歌を歌って、行って、そこからわたしたちの主は天に昇っている。 Here two hours more were spent in devotional exercises, until about 5 o'clock, when the passage from the Gospel relating how the children carrying branches and Palms met the Lord, saying "Blessed is He that cometh in the Name of the Lord" is read.どのように子どもたちが枝や手のひらを運ぶに関する福音書の一節である "祝福は主の名において来る者がいる彼です"と言って、主に会ったとき、ここで2つの時間より、5時頃まで、勤行で過ごしたお読みください。 At these words all went back to the city, repeating "Blessed is He that cometh in the Name of the Lord."これらの言葉にすべてが繰り返し、街に戻った "祝福が彼である主の御名によって来る。" All the children bore branches of palm or olive.すべての子どもたちは、手のひらやオリーブの枝を産んだ。 The faithful passed through the city to the Anastasia, and there recited Vespers.信徒はアナスタシアには、市内を通過し、晩課をそこに記載の方法。 Then after a prayer in the church of the Holy Cross all returned to their homes.その後、聖十字架教会での祈りの後にすべての彼らの家に戻った。

In the three oldest Roman Sacramentaries no mention is found of either the benediction of the palms or the procession. 3最も古いローマSacramentariesでは言及は手のひらの祝祷または行列のいずれかで検出されなかった。 The earliest notice is in the "Gregorianum" used in France in the ninth and tenth centuries.最古の通知は、第9回と10世紀にフランスで使用されている "Gregorianum"である。 In it is found among the prayers of the day one that pronounces a blessing on the bearers of the palms but not on the palms.ではそれはなく、手のひらに手のひらの担い手に祝福を宣告初日の祈りの間で発見されています。 The name Dominica in palmis, De passione Domini occurs in the "Gelasianum", but only as a superscription and Probst ("Sacramentarien und Ordines", Münster, 1892, 202) is probably correct in suspecting the first part to be an addition, and the De passione Domini the original inscription. palmisにおけるドミニカの名前は、デPassioneのドミニ "はGelasianum"で発生しますが、唯一の上書きとプロプストとして( "Sacramentarienウントordoの複数形"、ミュンスター、1892年、202)を加えてなるように最初の部分を疑って、おそらく正しいであり、デP​​assioneのドミニオリジナル碑文。 It seems certain that the bearing of palms during services was the earlier practice, then came the procession, and later the benediction of the palms.それがサービス中の手のひらのベアリングは以前練習したことは確かなようだし、行列、およびそれ以降の手のひらの祝祷が来た。

The principal ceremonies of the day are the benediction of the palms, the procession, the Mass, and during it the singing of the Passion.当日の主な儀式が手のひらの祝祷、行列、ミサ、そして情熱のその時に歌っている。 The blessing of the palms follows a ritual similar to that of Mass. On the altar branches of palms are placed between the candlesticks instead of flowers ordinarily used.手のひらの祝福はマサチューセッツ州のその手のひらの祭壇の枝にろうそく​​の代わりに通常使用される花の間に配置されていると同様の儀式に従う。 The palms to be blessed are on a table at the Epistle side or in cathedral churches between the throne and the altar.祝福されるために手のひらの信徒側のテーブルの上または王位と祭壇の間で大聖堂の教会であります。 The bishop performs the ceremony from the throne, the priest at the Epistle side of the altar.司教は玉座、祭壇の信徒側の司祭からセレモニーを行います。 An antiphon "Hosanna to the Son of David" is followed by a prayer. "ダビデの子にホサナ"アンティフォンは、祈りのあとに続いています。 The Epistle is read from Exodus xv, 27-xvi, 7, narrating the murmuring of the children of Israel in the desert of Sin, and sighing for the fleshpots of Egypt, and gives the promise of the manna to be sent as food from heaven.信徒は罪の砂漠に、イスラエルの子孫のせせらぎ、エジプトのfleshpotsためため息のナレーションを、出エジプト記XV、27-XVI、7から読み出され、天から食物として送信されるようにマナの約束を与えている。 The Gradual contains the prophetic words uttered by the high-priest Caiphas, "That it was expedient that one man should die for the people"; and another the prayer of Christ in the Garden of Olives that the chalice might pass; also his admonition to the disciples to watch and pray.そして聖杯が通過する可能性のあるオリーブの園のキリストについてのもう一つの祈り、、徐々には "それは一人の男が人々のために死ぬべきであると好都合であったこと、"高司祭Caiphasが発した予言の言葉が含まれても、彼の忠告に弟子たちが見て、祈願する。 The Gospel, taken from St. Matthew, xvi, 1-9, describes the triumphant entry of Christ into Jerusalem when the populace cut boughs from the trees and strewed them as He passed, crying, Hosanna to the Son of David; blessed is he that cometh in the name of the Lord.大衆は木から枝を切り取って、彼は渡されたとして、それらを= strewの過去分詞形、泣いているときに、マタイ福音書から取られた、、16、1-9、ダビデの子にホサナ、エルサレムにキリストの勝利のエントリを記述し、祝福された彼です主の御名によってその来る。 (In private Masses this Gospel is read at the end of Mass instead of that of St. John.) Then follow an oration, a preface, the Sanctus, and Benedictus. (プライベート大衆にこの福音書が代わりに聖ヨハネのそれのミサの最後に読み込まれます)次に演説、序文、サンクトゥス、ベネディクトゥスとに従ってください。

In the five prayers which are then said the bishop or priest asks God to bless the branches of palm or olive, that they may be a protection to all places into which they may be brought, that the right hand of God may expell all adversity, bless and protect all who dwell in them, who have been redeemed by our Lord Jesus Christ.その後、司教や司祭は、神の右手はすべての逆境をexpell可能性があること、それらがもたらされるかもしれない中にあるすべての場所への保護であることが、ヤシやオリーブの枝を祝福する神を尋ね言われている5つの祈りでは、祝福し、わたしたちの主イエス·キリストによって贖われた人、その中に住むすべての人を保護します。 The prayers make reference to the dove bringing back the olive branch to Noah's ark and to the multitude greeting Our Lord; they say that the branches of palms signify victory over the prince of death and the olive the advent of spiritual unction through Christ.祈りはノアの箱舟へとわたしたちの主に挨拶多数にオリーブの枝を復活鳩への参照を作成し、彼らはヤシの枝が死の王子とキリストを通して精神的な慰めとなるオリーブの出現に対する勝利を意味すると言う。 The officiating clergyman sprinkles the palms with holy water, incenses them, and, after another prayer, distributes them.司会牧師は神聖な水、お香、彼らと手のひらを振りかけます、そして、別の祈りの後、それらを配布しています。 During the distribution the choir sings the "Pueri Hebræorum".配布時に合唱団が "PueriHebræorum"を歌っている。 The Hebrew children spread their garments in the way and cried out saying, "Hosanna to the Son of David; Blessed is he that cometh in the name of the Lord."ヘブライ語の子供が邪魔にその衣を広げると言って叫んだ、 "ダビデの子にホサナ。祝福は彼が主の御名によって来ることである。" Then follows the procession, of the clergy and of the people, carrying the blessed palms, the choir in the mean time singing the antiphons "Cum appropinquaret", "Cum audisset", and others.その後、祝福された手のひらを運ぶの聖職者や人々の行列を、以下、antiphonsを歌う平均時間の合唱団が "appropinquaretスペルマ"、 "audissetスペルマ"などがあります。 All march out of the church.教会のすべての行進10。 On the return of the procession two or four chanters enter the church, close the door and sing the hymn "Gloria, laus", which is repeated by those outside.行列のリターン時に、2つまたは4つの詠唱は、教会に入るドアを閉めると、それらの外で繰り返される賛美歌 "グロリア、ラウス"を歌う。 At the end of the hymn the subdeacon knocks at the door with the staff of the cross, the door is opened, and all enter singing "Ingrediente Domino".賛美歌の終わりに、副助祭は、クロスのスタッフと一緒にドアをノックし、ドアが開いて、すべての "Ingredienteドミノ"を歌って入力されています。 Mass is celebrated, the principal feature of which is the singing of the Passion according to St. Matthew, during which all hold the palms in their hands.ミサが祝われる、の主な特徴は、すべて自分たちの手で手のひらを握るその間マタイによると、情熱の歌です。

Palm branches have been used by all nations as an emblem of joy and victory over enemies; in Christianity as a sign of victory over the flesh and the world according to Ps.ヤシの枝は喜びと敵に対する勝利の象徴として、すべての国で使用されてきたキリスト教に肉と世界の勝利の印としてPSによる。 xci, 13, "Justus ut palma florebit "; hence especially associated with the memory of the martyrs. XCI、13、 "ユストゥスUTパルマflorebit";故に特に殉教者のメモリに関連付けられています。 The palms blessed on Palm Sunday were used in the procession of the day, then taken home by the faithful and used as a sacramental.パームサンデーに恵まれ手のひらはその後忠実が持ち帰ると聖礼典として使用し、その日の行列で使用されていた。 They were preserved in prominent places in the house, in the barns, and in the fields, and thrown into the fire during storms.彼らは納屋で、フィールドで、家の中で目立つ場所に保存され、嵐の中に火の中に投げ込まれた。 On the Lower Rhine the custom exists of decorating the grave with blessed palms.ニーダーライン上でカスタムは恵まれ手のひらで飾る墓から存在しています。 From the blessed palms the ashes are procured for Ash Wednesday.祝福された手のひらから、灰は灰の水曜日のために調達しております。 In places where palms cannot be found, branches of olive, box elder, spruce or other trees are used and the "Cæremoniale episcoporum", II, xxi, 2 suggests that in such cases at least little flowers or crosses made of palm be attached to the olive boughs.ヤシの木を見つけることができない場所では、オリーブ、ボックスエルダー、トウヒや他の木の枝を使用していて、かつ "Cæremonialeepiscoporum"、2世は、xxi、2は、そのような場合にはヤシから作ら少なくとも少し花や十字架をアタッチすることを示唆しているオリーブの枝。 In Rome olive branches are distributed to the people, while the clergy carry palms frequently dried and twisted into various shapes.聖職者は頻繁に様々な形状に乾燥させ、ねじれ手のひらを運ぶ間、ローマでオリーブの枝は、人々に配布されます。 In parts of Bavaria large swamp willows, with their catkins, and ornamented with flowers and ribbons, were used.彼らのcatkins、花やリボンで飾ら持つバイエルン大沼柳の部分では、使用された。

Publication information Written by Francis Mershman.フランシスMershmanによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Mark E. Maier.マーク·E·マイヤー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XI.カトリック百科事典は、ボリュームXI。 Published 1911. 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年2月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

ROCK, The Church of Our Fathers (London, 1904); DUCHESNE, Christian Worship (London, 1904), 247; American Ecclesiastical Review (1908), 361; Kirchenlexicon; KELLNER, Heortology (tr. London, 1908); KRAUS, Realencyklopädie; NILLES, Kalendarium Manuale (Innsbruck, 1897). ROCK、父親たちの教会(ロンドン、1904);デュシェーヌ、キリスト教の礼拝堂(ロンドン、1904)、247;アメリカン教会の見直し(1908)、361; Kirchenlexicon、ケルナー、教会祝祭学(tr.ロンドン、1908);クラウス、Realencyklopädie ; NILLES、Kalendarium Manuale(インスブルック、1897)。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです