Theology of Paulパウロの神学

Advanced Information 高度情報

Paul gives two different accounts of the source of his theology.ポールは彼の神学のソースの2つの異なるアカウントを提供します。 In Gal. GALに。 1:11-12 he insists that he did not receive it from men but "through a revelation of Jesus Christ," referring to his experience on the Damascus Road. 1:11-12彼はダマスカスRoadに彼の経験を参考に、 "イエス·キリストの啓示によって"彼は男性からそれを受け取っていないと主張しているけど。 But in I Cor.しかし私うわっインチ 15:3-8 he pictures himself as simply passing on the tradition he had received about Christ's atoning death, burial, and resurrection. 15:3-8彼は単に彼がキリストの贖いの死、埋葬、そして復活について受けた伝統の上に渡して、自分自身を写真。 Some scholars (eg, Drane) maintain that two different Pauls are speaking in these passages: the former an enthusiastic individualist, whose theology was based on the immediate inspiration of the Holy Spirit; the latter an older, more sober Paul, whose individualism has been curbed by the experience of conflict and the need to come to terms with the other apolstles' understanding of the faith.一部の学者(例えば、Drane)は、2つの異なるポールが、これらの通路で話していることを維持する:その神学聖霊の直接のインスピレーションに基づいていたかつての熱狂的な個人主義者、、後者の個人主義であった古い、もっと地味なポール、紛争の経験と信仰の他のapolstlesの理解との折り合いをつける必要性によって抑制。 Others (eg, Bruce) argue that Paul's acceptance of the radically new tradition about Jesus, in opposition to "the traditions of my fathers" (Gal. 1:14), was a direct result of the Damascus Road revelation, so that the one complements the other.その他(例えば、ブルース)がイエスについて根本的に新しい伝統のパウロの受け入れは、(ガラテヤ1:14) "私たちの先祖の伝統"に反対して、ダマスカスの道の啓示の直接的な結果であったようにと主張している1他を補完します。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Either way, it is a problem to know why Paul presents the gospel in terms so different from those which Jesus himself used.いずれにせよ、それはパウロがイエスご自身が使用しているものとは全く違う言葉で福音を提示する理由を知っている問題である。 For instance, why is "justification by faith", scarcely present in Jesus' teaching, so prominent in Paul's, and why does Paul virtually ignore Jesus' great theme of the kingdom of God?例えば、なぜ 'ポールでとても目立つ、教育、そしてなぜパウロはイエス事実上無視されて "イエスでは殆ど存在し、神の王国の偉大なテーマを"他力本願 "、ですか? Plainly Paul felt himself empowered, as an apostle of Christ, to speak in his name (II Cor. 13:3) under the inspiration of the Holy Spirit (I Cor. 2:12-13, 16) in ways in which the earthly Christ had never spoken.はっきりとパウロは、自分がこの世でどの方法で(私はコリント2:12-13、16)聖霊の下にインスピレーション(Ⅱコリント13時03分)彼の名前で話すことを、キリストの使徒として、権限を与えられて感じたキリストが語られたことはなかった。 IN fact, his thought is fantastically creative combination of elements drawn together, under the orchestration of the Spirit, from many different sources: from Jesus' earthly teaching (eg, I Cor. 7:10-11; 9:14), from his own background in Pharisaism (eg, Rom. 10:6-9; Gal. 4:22-26), from earlier Christian traditions (eg, I Cor. 15:3-7; Rom. 3:24-25; Phil. 2:6-11), from secular Greek thought (eg, Rom. 2:15; Col. 3:18-4:1), from his own insight (Eph. 3:4), and above all from the OT (Rom. 15:4; II Tim. 3:15-16).彼から、イエスのこの世の教えから(9時14分例えば、Iコリント7:10-11):実際には、彼の思想は、多くの異なるソースから、聖霊のオーケストレーションの下で、一緒に描画要素の素晴らしく創造的な組み合わせです偽善での独自の背景(例えば、ROM 10:6-9;。ギャル4:22-26)、それ以前のキリスト教の伝統から(例えば、Iコリント15:3-7;ロム3:24-25;フィル。彼自身の洞察力(エペソ3:4)から大佐3:18-4:1)と、上記のすべてのOTから(;。世俗ギリシア思想(例えば、ROM 2時15分から2:6-11) ROMの15時04分、IIティム3:15-16)。 Opinions are of course divided as to whether Paul thus distorted the message of Jesus or not.意見は、パウロはこのようにしてイエスのメッセージかどうかを歪めているかどうかが分かれもちろんです。

(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです