Ransom身代金

Advanced Information 高度情報

Ransom is one of the metaphors employed by the early church to speak of the saving work of Christ.身代金は、キリストの仕事の節約の話をする初期の教会で採用メタファーの一つです。 It is found on the lips of Jesus in Mark 10:45 / Matt.それはマーク10:45 /マットでイエスの唇に記載されています。 20:28, "The Son of man came not to be ministered unto, but to minister and to give his life as a ransom for many." 20:28、 "人の子は仕えられるために来ていないが、大臣にと多くの身代金として自分の命を与えるために。" Paul also states that Christ gave himself as a "ransom for all" (I Tim. 2:6).ポールはまた、キリストは(私のティム。2:6) "すべての人のための身代金"としての地位を与えたと述べている。 As a metaphor ransom commonly points to a price paid, a transaction made, to obtain the freedom of others.メタファーとして身代金は、一般的には、他人の自由を得るためには、取引が行われ、支払われた価格を指します。 These ideas are supported also by such expressions as "buying" and "price" (I Cor. 6:20) and "redeem" (I Pet. 1:18ff.).これらのアイデアは、 "買い"と "価格"(Iコリント6:20)と​​(私のペットです。1:18 ffを。) "買い戻す"などの表現によってもサポートされています。

The ideas are rooted in the ancient world where slaves and captured soldiers were given their freedom upon the payment of a price.アイデアは奴隷と捕捉兵士が代金の支払の際、自由を与えられた古代世界に根ざしている。 In the OT ransom is linked again with slaves, but also with varied aspects of the cultures as well as the duties of kinsmen (cf. Ruth 4). OTの身代金ではなく、多様な文化の側面だけでなく、近親(参照ルース4)の職務を、スレーブと再びリンクされています。 Most importantly the idea of ransom (redeem) is also linked with the deliverance out of Egypt (eg, Deut. 7:8) and the return of the exiles (eg, Isa. 35:10).最も重要なのは身代金のアイデアは(償還)もエジプトから救出(例えば、申。7時08分)と亡命者の復帰(例えば、イザヤ35:10)と連動しています。 In both settings the focus is no longer on the price paid but on the deliverance achieved and the freedom obtained.両方の設定に焦点が支払われた価格ではなく、達成救出し、得られた自由ではなくなりました。 Now the focus is on the activity of God and his power to set his people free.今や焦点は神と神の人々が自由に設定する彼の力の活性になります。 When the ideas of ransom are linked to the saving activity of God, the idea of price is not present.身代金のアイデアは神の省エネ活動にリンクされている場合、価格の考え方は存在しません。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
When the NT, therefore, speaks of ransom with reference to the work of Christ, the idea is not one of transaction, as though a deal is arranged and a price paid. NTは、それゆえ、キリストの仕事を参照して、身代金のことを話すときは、契約が配置されているかのような考え方は、トランザクションのいずれかでないと価格は支払った。 Rather the focus is on the power (I Cor. 1:18) of the cross to save.むしろ焦点は、保存するための十字架の力(Iコリント1:18)である。 In the famous ransom saying of Mark 10:45 Jesus speaks of his coming death as the means of release for many.マーク10:45イエスの言葉で有名な身代金では、多くのリリースの手段として彼の来る死のことを話す。 The contrast is between his own solitary death and the deliverance of the many.コントラストは、彼自身の孤独死や多くの救出との間にある。 In the NT the terms of ransom and purchase, which in other contexts suggest an economic or financial exchange, speak of the consequences or results (cf. I Cor. 7:23). NTでは、他の文脈で経済や金融為替を示唆身代金と購入条件は、結果または結果(参照:Ⅰコリント7:23)の話。 The release is from judgment (Rom. 3:25-26), sin (Eph. 1:7), death (Rom. 8:2).リリースは判決(ローマ3:25-26)、罪(エペソ1:7)、死(ローマ8:2)からです。

There is no need, then, to ask the question posed so often in the past: To whom was the ransom paid?必要が過去にそう頻繁にその質問を聞いて、その後、存在しません:誰に身代金が支払われたのですか? It is not possible to consider payment to Satan as though God were obligated to meet Satan's demands or "asking price."それは、神がサタンの要求または満たすために義務づけられたかのようにサタンへの支払いを考慮することはできません "言い値を。" And since the texts speak always of the activity of God in Christ, we cannot speak of God paying himself.テキストはキリストにある神の活動は常に話すのでそして、私たちは、神が自分自身を払って話すことはできません。 While the sacrifice of Christ is rooted in the holiness and justice of God, it is not to be seen against the background of law only but more especially of covenant.キリストの犠牲は神の神聖と正義に根ざしているが、それだけでなく、より特に契約の法律を背景に見られることはありません。 In Christ, God takes upon himself the freedom, the release from bondage, of his people.キリストは、神が彼自身に彼の人々の自由、束縛からの解放を取ります。 He meets the demands of his own being.彼は自分の存在の要求を満たしています。

RW Lyon RWのリヨン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
D. Hill, Greek Words and Hebrew Meanings: Studies in the Semantics of Soteriological Terms; F. Buchsel, TDNT, IV, 340-56; L. Morris, Apostolic Preaching of the Cross. D.ヒル、ギリシャ語およびヘブライ語の意味:Soteriological規約のセマンティクスの研究; F. Buchsel、TDNT、IV、340から56、モリスは、ローマ教皇の説教の十字架。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです