Rapture of the Church教会の携挙

General Information 一般的な情報

The movement of Plymouth Brethren had its beginning in Ireland and England in the 1820s, Plymouth being a main center of activity. Their most prominent early leader was John Nelson Darby (1800-82), who taught that Christ might return at any moment and in a "secret rapture" would take away the members of the true church to dwell in heaven.プリマス同胞の動きは1820年代にアイルランドと英国にその始まりを持っていたプリマスは、活動の中心地である。 彼らの最も顕著な初期のリーダーは、キリストはいつでも返すことがあります教えて、年にジョン·ネルソン·ダービー(1800年から1882年)であった"秘密の歓喜"は天に住むために真の教会のメンバーを奪うだろう。

It is estimated that their membership in the United States, where the sect has been active since the 1860s, is about 98,000.それは宗派は1860以来活躍してきた米国が、内のメンバーシップは、98000程度であると推定されている。

Conrad Wrightコンラッドライト

Bibliography: 参考文献:
Beattie, David J., Brethren: The Story of a Great Recovery Movement (1942); Coad, FR, A History of the Brethren Movement (1968); Ironside, Henry A., A Historical Sketch of the Brethren Movement, rev.ビーティー、デイヴィッドJ.、同業者:海外回復の動き(1942年)のストーリー; COAD、FR、同胞運動(1968年)の歴史;アイアンサイド、ヘンリー·A、同胞運動の歴史的スケッチ、改訂します。 ed.エド。 (1985); Rowdon, Harold H., The Origins of the Brethren: 1825-1850 (1967). (1985);ロウドン、ハロルド·H、同胞の起源:1825年から1850年(1967年)。


Editor's Comment編集者のコメント

Many modern Christians seem to believe that the concept of the Rapture was always part of Christianity, but that is certainly not true.現代の多くのクリスチャンは携挙の概念は常にキリスト教の一部であったと信じているように見えるが、それは確かに真実ではありません。 Many scholars maintain that the Rapture concept first arose in or around 1830 due to a young Scottish girl, Margaret MacDonald.多くの学者はラプチャーのコンセプトが最初に若いスコットランド人の少女、マーガレット·マクドナルドのために、または1830の周りに起こったことを維持します。 She expressed a prophetic vision, and claimed a special insight into the second coming and began to share her views with others.彼女は予言的なビジョンを表明し、再臨に特別な洞察力を主張し、他の人と彼女の見解を共有し始めた。 Her ecstatic conduct and apocalyptic teaching led to a charismatic renewal in Scotland.彼女の恍惚とした行為と終末論的な教えは、スコットランドのカリスマ的なリニューアルにつながった。 Impressed by the accounts of a new Pentecost, Darby visited the scene of the revival.新しいペンテコステのアカウントに感銘を受け、ダービーは復活の現場を訪問しました。 According to his own testimony in later years he met Margaret MacDonald, but rejected her claims of a new outpouring of the Spirit.後年彼自身の証言によると、彼はマーガレット·マクドナルド会ったが、聖霊の新しいほとばしりの彼女の主張を退けた。 Some writers believe that he accepted her view of the rapture and adopted it into his own system.いくつかの作家は彼が歓喜の彼女の見解を受け入れ、自分のシステムにそれを採用したと信じています。

The concept of Rapture was established from Paul's words in one of his Letters to the Thessalonians, at I Thess.ラプチャーの概念は私thessで、テサロニケへの彼の手紙の一つにパウロの言葉から設立されました。 4:15-17, but then some aspects of that text seem to have gotten expanded and interpreted into becoming the Rapture. 4:15-17、しかし、そのテキストのいくつかの側面が拡大し、有頂天になることに解釈頂いているように見える。 My personal observation is that these are NOT words from Jesus at all, and they were written in a postal Letter written around twenty years after Jesus' Death, and was apparently the very first Letter written by Paul at the very beginning of Paul's founding of Christian communities.私の個人的な観察では、これらがすべてではイエスからの言葉ではないということです、そして、彼らはイエスの死の後の20歳頃に書か郵便手紙で書かれていた、と明らかにキリスト教のポール創業の冒頭パウロによって書かれた、非常に最初の手紙だったコミュニティ。 I further note that while Jesus Lived, Paul was then Saul, an intense adversary of Christians.さらに私は、イエス様が住んでいる間、ポールはサウル、キリスト教徒の強烈な敵であったことに注意してください。 As a result of these two matters, I personally wonder at how precise Paul's comments might be regarding his actual knowledge of details of something as unique as the Rapture, which Paul then believed was about to occur during his own lifetime.これら二つの事柄の結果として、私は個人的にはポールのコメントが、パウロはその後彼自身の生涯の間に発生していたところだったと信じて歓喜、などのユニークなものの詳細の彼の実際の知識に関してされるかもしれないか、正確なのだろうか。 Therefore, I recognize that many modern Churches strongly present the Rapture as a concrete belief, and that aids them in building deep Faith in some Christians, but I have many personal reservations regarding any confidence in the accuracy of such claims about the Rapture.したがって、私は、多くの現代の教会が強く具体的な信念としてラプチャーを提示し、それがいくつかのキリスト教徒の深い信仰を構築する上で、それらを助けるが、私は有頂天約そのようなクレームの精度に自信に関する多くの個人的な予約を持っていると認識しています。

Many researchers feel that Margaret MacDonald was a troubled child and that she discovered great popularity once she started presenting her unusual behaviors and claims, and that gave her cause to continue to emphasize that story for the rest of her life.多くの研究者は、マーガレット·マクドナルドは問題児だったし、彼女は彼女の並外れた行動や主張を提示し始めた後、彼女は絶大な人気を発見し、それが彼女の人生の残りのためにその話を強調し続ける彼女の原因を与えたと感じています。 The fact that the famous and charismatic Darby seemed to adopt much of her claims then was therefore the basis of the modern Rapture concept.有名な、カリスマ·ダービー、その後彼女の主張の多くを採用するように見えたという事実は、それゆえ現代のラプチャー概念の基礎となった。

There are other scholars who have varying views on how and where the concept of the Rapture developed, but none are prior to the year 1830, in Scotland or Ireland.そこにどのように、どこで歓喜のコンセプト開発について意見を変えるている他の学者であるが、どれもスコットランドやアイルランドでは、1830年の前にありません。


Rapture of the Church教会の携挙

Advanced Information 高度情報

Rapture of the Church is a phrase used by premillennialists to refer to the church being united with Christ at his second coming (from the Lat. rapio, "caught up").教会の携挙が彼の再臨のキリスト教会と統一されて参照するためにpremillennialistsによって使用されるフ​​レーズです(緯度。rapioから、 "追いつき")。 The main scriptural passage upon which the teaching is based is I Thess.教育の基礎となる主要な聖書の一節は私thessです。 4:15-17: "For this we declare to you by the word of the Lord, that we who are alive, who are left until the coming of the Lord, shall not precede those who have fallen asleep. For the Lord himself will descend from heaven with a cry of command, with the archangel's call, and with the sound of the trumpet of God. And the dead in Christ will rise first; then we who are alive, who are left, shall be caught up together with them in the clouds to meet the Lord in the air; and so we shall always be with the Lord." 4:15-17: "このために、私たちは主の再臨まで残っている生きている私たちが、眠った人々の前にしてはならないことを、主の言葉によってあなたに宣言し、主ご自身がされます。大天使のコールと、神のラッパの音と、コマンドの叫びとともに天から降りて、キリストにある死者が最初に上昇する;次に我々は残されている人、生きている人、彼らと一緒に巻き込まれなければならない雲の中に空中で主に会うために、そして私たちはいつも主としなければならない "。

The major divisions of interpretation of Paul's words center on the relationship of the time of the rapture to the tribulation period which marks the end of the age. 時代の終わりをマーク試練の期間に歓喜の時間の関係上のパウロの言葉中心の解釈の主要部門。 Pretribulationists teach that the church will be removed before this seven-year period and the revelation of the antichrist. Pretribulationists教会この7年間、反キリストの啓示の前に除去されることを教えています。 A second group, the midtribulationists, contend that the church will be raptured during the tribulation after the antichrist's rise to power but before the severe judgments that prepare the way for Christ's return to establish his rule on earth.第二のグループ、midtribulationistsは、教会が権力に反キリストの台頭後であるが、地球上で彼のルールを確立するために、キリストのリターンのための道を準備重度の判断の前に試練の間rapturedとなると主張している。 Another approach to the problem is that of the posttribulationists, who believe that the church will continue to exist in the world throughout the entire tribulation and be removed at the end of the period when Christ returns in power.問題へのもう一つのアプローチは、教会が全体の試練を通して世界に存在し続けるであろうと、キリストが権力を返す期間の終了時に削除されると信じてposttribulationists、のことです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Pretribulationism and the Origin of the Rapture Debate Pretribulationismとラプチャーディベートの起源

Despite the attempt by dispensationalists to identify all premillennialists with peculiar aspects of their thought such as the pretribulation rapture, it is obvious that throughout most of the history of the church those who taught premillennialism did not have such a detailed interpretation of the end times.そのようなpretribulationの歓喜として彼らの思想の特異な側面をすべてpremillennialistsを識別するためのdispensationalistsによる試みにもかかわらず、それは教会の歴史のほとんどを通じて前千年王国説を教えた人は終わりの時のような詳細な解釈を持っていなかったことは明らかである。 Until the early nineteenth century those believers who discussed the rapture believed it would occur in conjuction with the return of Christ at the end of the tribulation period. 19世紀初頭まで、歓喜を論じたもの信者はそれは試練の期間の終わりにキリストの再臨と組み合わせて起こると信じていた。 It was the contribution of John Nelson Darby to eschatology that led many Christians to teach that the return of Christ would be in two stages: one for his saints at the rapture and the other with his saints to control the world at the close of the great tribulation.歓喜で彼の聖徒のために1と素晴らしいの近くで世界を支配する彼の聖人を持つ他の:それは、多くのキリスト教徒は、キリストのリターンが2段階になることを教えるために導いた終末論ジョン·ネルソン·ダービーの寄与があった試練。 According to this interpretation of Bible prophecy between these two events the seventieth week predicted by Daniel (9:24-27) would be fulfilled and the antichrist would come to power.これらの2つのイベントの間に聖書の預言のこの解釈によるとダニエル(9:24-27)によって予測第七十週が果たされると反キリストが権力に来るだろう。 With the church removed from the scene, God would resume his dealings with Israel at that time.シーンから削除教会で、神は、その時点で、イスラエルと彼の取引を再開します。

Darby's ideas had a wide influence in Britain and the United States.ダービーのアイデアは、英国や米国で広く影響を与えた。 Many evangelicals became pretribulationists through the preaching of the interdenominational evangelists of the nineteenth and twentieth centuries.多くの福音派は、19世紀と20世紀の超教派の伝道者の説教を通してpretribulationistsなった。 The Scofield Reference Bible and the leading Bible institutes and graduate schools of theology such as Dallas Theological Seminary, Talbot Seminary, and Grace Theological Seminary also contributed to the popularity of this view.リファレンススコフィールド聖書や聖書研究機関や大手などのダラス神学校、タルボット神学校、グレース神学校としての神学の大学院もこのビューの人気に貢献した。 During the troubled times of the 1960s there was a revival of the pretribulational view on a popular level through the books of Hal Lindsey and the ministries of preachers and Bible teachers who use the electronic media. 1960年代の混沌とし​​た時代の間にハルリンゼイや説教の省庁や電子メディアを使って聖書の先生の著書を通じて、市民レベルでpretribulationalビューの復活があった。

If the influence of Darby is obvious in the work of his successors, it is a more difficult task to determine how he arrived at an understanding of the secret pretribulation rapture.ダービーの影響が彼の後継者の仕事で明白であるなら、それは彼が秘密pretribulationの歓喜の理解に到達した経緯を決定するために、より困難な作業です。 Samuel P. Tregelles, like Darby a member of the Plymouth Brethren movement, charged that the view originated during a charismatic service conducted by Edward Irving in 1832.ダービーのようにサミュエルP.トレゲリス、プリマス同胞運動のメンバーは、ビューは1832年にエドワード·アーヴィングが行ったカリスマ的なサービスに発信されたと告発した。 Other scholars maintain that the new understanding of the rapture was the product of a prophetic vision given to a young Scottish girl, Margaret MacDonald, in 1830.他の学者は歓喜の新しい理解は、1830年に、スコットランドの若い女​​の子、マーガレット·マクドナルドに与えられた予言的なビジョンの産物であったと主張している。 She claimed special insight into the second coming and began to share her views with others.彼女は再臨に特別な洞察力を主張し、他の人と彼女の見解を共有し始めた。 Her ecstatic conduct and apocalyptic teaching led to a charismatic renewal in Scotland.彼女の恍惚とした行為と終末論的な教えは、スコットランドのカリスマ的なリニューアルにつながった。 Impressed by the accounts of a new Pentecost, Darby visited the scene of the revival.新しいペンテコステのアカウントに感銘を受け、ダービーは復活の現場を訪問しました。 According to his own testimony in later years he met Margaret MacDonald, but rejected her claims of a new outpouring of the Spirit.後年彼自身の証言によると、彼はマーガレット·マクドナルド会ったが、聖霊の新しいほとばしりの彼女の主張を退けた。 Despite his opposition to MacDonald's general approach some writers believe that he accepted her view of the rapture and worked it into his own system.マクドナルドの一般的なアプローチに彼の反対にもかかわらず、いくつかの作家は彼が歓喜の彼女の見解を受け入れ、自分のシステムにそれを働いていたと信じています。

Other scholars feel that one must accept Darby's own explanation of how he arrived at his eschatological view.他の学者は、1つは彼が彼の終末論的な考えに到達した経緯のダービーの自身の説明を受け入れなければならないと感じています。 He based it upon an understanding that the church and Israel are distinct entities in Scripture.彼は教会とイスラエルは聖書で個別のエンティティであることを理解すれば、それをもとに。 When the church is withdrawn from the world, then the prophetic events involving Israel can be fulfilled.教会は世界から撤退している場合、その後イスラエルが関与予言イベントを満たすことができる。 Antichrist will rise to power by promising peace on earth and will make an agreement to protect the restored state of Israel.反キリストは地上に有望な平和によって電力に上がるとイスラエルの復元された状態を保護するための合意を行います。 However, the Jews will be betrayed by their new benefactor, who will suddenly suspend all traditional religious ceremonies and demand that they worship him.しかし、ユダヤ人は突然、すべての伝統的な宗教的な儀式を中断させて、彼らが彼を崇拝することを要求するであろう彼らの新たな恩人、に裏切られます。 Those who do not cooperate will be persecuted.協力しない者は迫害されます。 This final holocaust against God's chosen people will lead them to accept Christ as their savior.神の選ばれた人々に対して、この最終的なホロコーストは彼らの救い主としてキリストを受け入れることにつながる。 Plagues will ravage the earth during this time of tribulation, and finally the battle of Armageddon will result in the visible, personal, victorious return to earth of Christ and his saints.疫病は試練のこの時間の間に地球を破壊し、最終的にハルマゲドンの戦いは、キリストと彼の聖人の地球から見える、個人的な、勝利のリターンになります。 The Lord will then bind Satan for a thousand years and rule the world with his followers for a millennium.主は、その後千年のサタンをバインドし、千年紀のための彼の信者で世界を支配する。 According to pretribulation premillennialists all the prophecies which were supposed to be fulfilled when Christ came the first time will come to pass at his second coming. pretribulationのpremillennialistsによると、キリストが初めて来たときに満たされることになっていたすべての預言は再臨で通過するようになる。 The Jewish rejection of Christ in the first century forced the postponement of the kingdom until the second coming.世紀のキリストのユダヤ人の拒絶反応は、第二が来るまで、王国の延期を余儀なくされた。 The view that was taken of the church and its place in prophecy is crucial to the acceptance of the pretribulational rapture and the system it supports.予言の教会とその場所から撮影されたビューがpretribulational歓喜とそれがサポートするシステムの受け入れに不可欠である。

Another argument given in favor of the pretribulation rapture is that the restraining influence of the Holy Spirit must be removed before the antichrist can be revealed (II Thess. 2:6-8). pretribulationの歓喜の好意で与えられたもう一つの引数は(Ⅱテサロニケ。2:6-8)反キリストを明らかにすることができる前に、聖霊の抑制の影響を除去しなければならないということです。 Because the Spirit is particularly associated with the church, it follows that the church must be absent from the scene when the Spirit is gone.スピリットは、特に教会に関連付けられているため、それは精神がなくなったときに、教会はシーンに存在してはならないということになります。 Among the other reasons that seem to support pretribulationism is the imminence of the rapture. pretribulationismをサポートしているようだ他の理由の中で歓喜の切迫性があります。 If it can occur at any time, then no tribulation signs such as the revelation of the antichrist, the battle of Armageddon, or the abomination in the temple precede the "blessed event."それはいつでも発生する可能性がある場合は、そのような反キリストの啓示、ハルマゲドンの戦い、または寺院で醜態何ら試練の兆候は "祝福されたイベント"を先行していません

The Midtribulation View Midtribulation表示

One of the leaders in presenting a different view of the rapture was Harold John Ockenga, a leader in the evangelical movement that developed in the United States after World War II.歓喜の異なるビューを提示する指導者の一人は、ハロルドジョンOckenga、第二次世界大戦後にアメリカで開発福音主義運動のリーダーだった。 In a brief personal testimony in Christian Life (Feb., 1955) he cited many difficulties associated with pretribulationism.クリスチャンライフの短い個人的な証言(2月、1955)で、彼はpretribulationismに関連付けられている多くの困難を挙げている。 These included the secret aspect of the rapture, the revival to be experienced during the tribulation despite the removal of the Holy Spirit, and the reduction in the importance of the church involved in dispensational eschatology.これらは、歓喜の秘密側面、聖霊の除去、dispensationalの終末論に関わる教会の重要性の低下にもかかわらず、試練の間に経験する復活が含まれていました。 Other evangelical leaders joined in the criticism of the pretribulation position.他の福音派の指導者たちはpretribulation位置の批判に参加しました。 The modifications they advocated were slight, involving the limitation of the wrath of God upon the world (Rev. 16-18) to the first three and a half years prior to the battle of Armageddon.彼らが提唱した修正は、最初の3年半前にハルマゲドンの戦いに世界に神の怒り(黙示録16-18)の制限を含む、わずかであった。 Influenced by the repeated mention of three and a half years (forty-two months) in Dan.ダンで3年半の繰り返し言及(四十から二ヶ月)に影響。 7, 9, and 12 and in Rev. 11 and 12, they argued for a shortened tribulation period. 7,9、および12は、牧師と11と12に、彼らは試練の期間短縮を主張した。 To support this argument they cited Dan.この引数をサポートするために、彼らはダンを挙げている。 7:25 which indicated that the church will be under the tyrannical rule of the antichrist for three and a half years.教会は3年半のために反キリストの専制支配下になることを示した7時25分。 Dan.ダン。 9:27 also indicates that the world ruler of the end times will make an agreement with Christians and Jews guaranteeing religious freedom, but then he will carry out the second stage of his plan and suppress religious observances. 9:27また、終わりの時の世界の支配者が宗教の自由を保証するキリスト教徒とユダヤ人との契約を行いますが、その後、彼は彼の計画の第二段階を実施し、宗教的な儀式を抑制することを示します。 Various NT passages were also believed to support midtribulationism, including Rev. 12:14, which predicts a flight into the wilderness by the church during the first three and a half years of the tribulation period.さまざまなNTの通路はまた、試練の期間の最初の3年半の間に教会によって荒野に飛行を予測牧師12時14含め、midtribulationismをサポートするために信じられていた。 Also, midtribulationists believed that their view fits into the Olivet discourse (Matt. 24; Mark 13; and Luke 12) better than the pretribulation interpretation. pretribulationの解釈よりも良いまた、midtribulationistsは、彼らの見解はOlivetの談話(;、マーク13とルーク12マタイ24)にフィットすることを信じていた。

Midtribulationists claim that the rapture is to take place after the fulfillment of certain predicted signs and the preliminary phase of the tribulation as described in Matt. Midtribulationistsは携挙はマットで説明するように、特定の予測徴候と試練の準備段階の履行後に行われることを主張している。 24:10-27. 24:10-27。 The event will not be secret but will be accompanied by an impressive display including a great shout and the blast of the trumpet (I Thess. 4:16; Rev. 11:15; 14:2).イベントは秘密にされませんが、大きな叫び声とトランペットの爆発(私thess 4時16分。牧師午前11時15分、午前14時02分)などの印象的なディスプレイが添付されます。 This dramatic sign will attract the attention of unsaved people, and when they realize that the Christians have disappeared they will come to Christ in such large numbers that a major revival will take place (Rev. 7:9, 14).この劇的な記号が保存されていない人々の注目を集めるでしょう、彼らはキリスト教徒が消えていることがわかると、彼らは大規模なリバイバ​​ルが場所(黙7時09、14)を取るように大量にキリストに来るでしょう。

The Posttribulation View Posttribulation表示

Many other interpreters were uncomfortable with the sharp distinction that the pretribulationists drew between the church and Israel.他の多くの通訳者はpretribulationistsが教会とイスラエルの間に描いた峻別と不快だった。 Christ, they believed, would return to rapture his saints and establish his millennial rule at the same time.キリストは、彼らが信じて、有頂天に彼の聖人を返すと同時に、彼の千年のルールを確立するだろう。 They cited numerous passages (Matt. 24:27, 29) which indicate that Christ's second coming must be visible, public, and following the tribulation.彼らはキリストの再臨は、目に見える公共の、そして試練の後でなければならないことを示す多くの通路(マタイ24:27、29)を挙げた。 This was based upon the fact that much of the advice given to the church in Scripture relative to the last days is meaningless if it does not go through the tribulation.これは、それが試練を通過しない場合、最後の日に聖書の相対の教会に与えられた助言の多くは無意味であるという事実に基づいていた。 For example, the church is told to flee to the mountains when certain events occur, such as the setting up of the abomination of desolation in the holy place (Matt. 24:15-20).例えば、教会はそのような神聖な場所(マタイ24:15-20)で荒廃の醜態の設定など、特定のイベントが発生したとき、山に逃げるように言われています。

Many of the arguments suggested by those who advocate the posttribulation view are stated in opposition to the pretribulation position, which has been the most widely held interpretation among twentieth century American premillenialists. posttribulationビューを提唱する人々によって提案された引数の多くは、20世紀アメリカのpremillenialistsの間で最も広く支持されて解釈されているpretribulation位置、に反対して記載しております。 Included in these critisms are suggestions that the imminent return of Christ does not require a pretribulation rapture.キリストの差し迫ったリターンがpretribulationの歓喜を必要としないことの提案があり、これらのcritismsに含まれています。 Posttribulatioinists also point to the difficulty of deciding which passages of Scripture apply to Israel and which are relevant to the church. Posttribulatioinistsも聖書の一節がイスラエルに適用され、教会に関連するかを決めることの難しさを指摘している。 They also contend that there is a notable lack of explicit teaching about the rapture in the NT.彼らはまた、NTの歓喜に関する明示的な教育の顕著な不足があると主張している。

Advocates of the posttribulation position differ among themselves on the application of the prophetic Scriptures and the details about the return of Christ. posttribulation位置の支持者は予言聖書やキリストのリターンに関する詳細のアプリケーション上で自分自身の間で異なる。 John Walvoord has detected four schools of interpretation among their number.ジョンWalvoordは彼らの数の間で解釈の4校が検出されました。 The first of these, classic posttribulationism, is represented by the work of J. Barton Payne, who taught that the church has always been in tribulation and therefore the great tribulation has largely been fulfilled.これらの、古典的なposttribulationismの最初、教会は常に試練にあったので、大きな試練は、主に満たされていることを教えられ、J.バートンペイン氏の作品で表現されます。 The second main division of posttribulationists is the semiclassic position found in the work of Alexander Reese. posttribulationistsの第2の主要な部門はアレクサンダーリースの仕事で見つけsemiclassic位置です。 Among the variety of views held by these individuals the most common is that the entire course of church history is an era of tribulation, but in addition there is to be a future period of great tribulation.最も一般的なこれらの個人が保有するさまざまなビューの中で、教会の歴史の全過程は苦難の時代ですが、それに加えて大きな試練の将来の期間であることがあるということです。 A third category of posttribulational interpretation is called futurist and is ably presented in the books of George E. Ladd. posttribulational解釈第三のカテゴリーは、未来派と呼ばれ、巧みにジョージ·E·ラッドの図書に示されている。 He accepts a future period of three and a half or seven years of tribulation between the present era and the second coming of Christ.彼は現在の時代とキリストの再臨の間に試練の3半か7歳の将来の期間を受け入れます。 He was led to this conclusion by a literal interpretation of Rev. 8-18.彼は牧師8月18日を文字どおりに解釈することによって、この結論に至った。 A staunch premillennialist, he believes that the pretribulation rapture was an addition to Scripture and as such obscured the truly important event, the actual appearance of Christ to inaugurate his reign.忠実な前千年王国説を信じる人は、彼はpretribulation携挙は聖書に加えていた、そのように本当に重要なイベント、彼の治世の落成式に、キリストの実際の外見に隠さと考えています。 A fourth view is that of Robert H. Gundry, which Walvoord calls the dispensational posttribulational interpretation.第四ビューはWalvoordがposttribulational dispensationalの解釈を呼び出しロバートH.ガンドレー、のことです。 Gundry combines in a novel manner the pretribulational arguments and an acceptance of the posttribulation rapture.ガンドレーは、新規方法pretribulational引数とposttribulationの歓喜の受け入れに兼ね備えています。

The Partial Rapture Interpretation部分ラプチャーの解釈

In addition to the pretribulation, midtribulation, and posttribulation views of the rapture there have been those who contend for a partial rapture theory.歓喜のpretribulation、midtribulation、とposttribulationビューに加えて、部分的な携挙説を争う人々があった。 This small group of pretribulationists teaches that only those who are faithful in the church will be caught up at the beginning of the tribulation. pretribulationistsのこの小さなグループは唯一の教会に忠実である人々が試練の初めに巻き込まれることを教示している。 The rest will be raptured sometime during or at the end of the seven-year period.残りは7年間の期間の終了時、または少なくともいつかrapturedされます。 According to these interpreters those who are most loyal to Christ will be taken first and the more wordly will be raptured later.これらの通訳によると、キリストに最も忠実な人は、最初に連れて行かれると、よりwordlyは後でrapturedなります。 Although it is condemned by most premillennialists, the respected GH Lang advocated this view.それが最もpremillennialistsによって非難されていますが、尊敬されているGHのラングは、このビューを提唱した。

Conclusion結論

The interpretation of the rapture has led to some differences of opinion among evangelicals.歓喜の解釈は、福音派の間でいくつかの意見の違いにつながっている。 Those who hold to a pretribulation rapture have been accused of having a severely circumscribed attitude toward the church and its mission, culture and education, and current events. pretribulationの歓喜に保有する者は教会とその使命、文化、教育、時事問題に向かって厳しく限局的な態度を持っていることの非難されている。 While some dispensationalists involuntarily lend currency to this by regarding their position as almost a cardinal doctrine of the faith, most would reject the above criticism as a baseless generalization.一部dispensationalists思わず信仰のほとんど枢機卿教義としての地位に関することで、これに通貨を貸すが、ほとんどは根拠のない一般化として、上記の批判を拒絶するでしょう。 They would insist that their stance excludes neither a highly developed social ethic or a policy of world rejection rightly understood.彼らは彼らのスタンスはどちらも高度に発達した社会的倫理や正しく理解し、世界の拒絶の方針を除外することに主張するだろう。

RG ClouseクラウズのRG
Elwell Evangelical Dictionaryエルウェル福音辞書

Bibliography 参考文献
OT Allis, Prophecy and the Church; R. Anderson, The Coming Prince; ES English, Re-Thinking the Rapture; RH Gundry, The Church and the Tribulation; GE Ladd, The Blessed Hope; D. MacPherson, The Incredible Cover-Up; P. Mauro, The Seventy Weeks and the Great Tribulation; JB Payne, The Imminent Appearing of Christ; JD Pentecost, Things to Come; A. Reese, The Approaching Advent of Christ; JF Strombeck, First the Rapture; JF Walvoord, The Rapture Question; LJ Wood, Is the Rapture Next? OTのアリス、予言と教会; R.アンダーソン、来る王子; ES英語、再考ラプチャー; rhガンドレー、教会や試練; GEのラッド、祝福されたホープ、D.マクファーソン、信じられないほどのカバーアップ、P·マウロは、70週間と大きな試練; JB Payne氏は、キリストの差し迫った出演; JDペンテコステ、来るもの、A.リース、キリストの接近アドベント;まずJF Strombeck、ラプチャー、JF Walvoord、歓喜の質問; LJウッドは、次のラプチャーか?


Tribulation試練

Advanced Information 高度情報

Tribulation is trouble or affiction of any kind (Deut. 4:30; Matt. 13:21; 2 Cor. 7:4).トリビュレーションは、どのような種類(;マット13時21分; 2コリント7時04分。申命4:30)のトラブルやaffictionです。 In Rom. ROMに。 2:9 "tribulation and anguish" are the penal sufferings that shall overtake the wicked. 2時09分 "試練と苦悩"は悪しき者を追い越すものと刑法の苦しみです。 In Matt.マットです。 24:21, 29, the word denotes the calamities that were to attend the destruction of Jerusalem. 24:21、29、単語はエルサレムの破壊に出席するためだった災難を意味する。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Tribulation試練

Advanced Information 高度情報

General Biblical Meaning一般的な聖書の意味

"Tribulation" is the general term in the Bible to denote the suffering of God's people. "試練"は、神の民の苦しみを示すために、聖書の中で一般的な用語である。 In the OT the words sara and sar ("straits" or "distress") pertain variously to intense inner turmoil (Pss. 25:17; 120:1; Job 7:11), the pain of childbirth (Jer. 4:31; 49:24), anguish (Job 15:24; Jer. 6:24), and punishment (I Sam. 2:32; Jer. 30:7).内の単語OTサラとsarは( "海峡"や "苦痛")強烈な内面の混乱(Pss. 25:17; 120:1;舐め7時11分)に関係する様々、出産の痛み(Jer. 4時31分; 49:24)、苦悩(ジョブ15:24;ジェア6時24分)、そして罰(私サム2時32分;エレミヤ30:7)。 The Greek thlipsis from thlibo ("to press" or "to hem in") often serves to translate sara in the LXX, and refers generally to the oppression and affliction of the people of Israel or the righteous (Deut. 4:30; Ps. 37:39), while in the NT thlipsis is usually translated "tribulation" or "affliction." thlibo( "の裾に" "押す"か)からギリシャthlipsisはしばしばLXXでサラを翻訳するためのものであり、抑圧と苦悩イスラエルの人々や正義(申4:30一般に指す。Psは。37:39)、通常は "試練"または翻訳されたNT thlipsis中に "苦痛を。"

Varities of Tribulation艱難のVarities

In the NT tribulation is the experience of all believers and includes persecution (I Thess. 1:6), imprisonment (Acts 20:23), derision (Heb. 10:33), proverty (II Cor. 8:13), sickness (Rev. 2:22), and inner distress and sorrow (Phil. 1:17; II Cor. 2:4). NTの試練では、すべての信者たちの経験であり、迫害(私thess。1:6)、懲役(使徒20:23)、嘲笑(ヘブル10:33)、proverty(Ⅱコリント8:13)、病気が含まれています(ヨハネの黙示録2:22)と、内側の苦痛と悲しみ(ピリピ1:17;。二コリント2:4)。 Frequently tribulation is connected with deliverance, which implies that it is a necessary experience through which God glorifies himself in bringing his people to rest and salvation.頻繁に試練は、それが神が休息と救いに彼の人々を持って来ることで自分自身を美化それを通して、必要な経験であることを意味救出と接続されている。

Tribulation in the Purpose of God神の目的でトリビュレーション

Tribulation may be a means by which God disciplines his people for their unfaithfulness (Deut. 4:30).艱難は不貞(申4:30)のために、神の規律彼の人々を意味するかもしれません。 More often, especially in the NT, tribulation occurs in the form of persecution of believers because of their faithfulness (John 16:33; Acts 14:22; Rev. 1:9).より頻繁に、特にNTで、試練は、それらの忠実の信者の迫害の形(;行為14時22分、1時09分牧師ジョン16:33)で発生します。

The sufferings of Christ provide the model for the believer's experience (I Pet. 2:21-25), and in some sense they participate thus in the sufferings of Christ (Col. 1:24).キリストの受難は、信者の経験(私のペットです。2:21-25)するためのモデルを提供し、いくつかの意味で、彼らはキリスト(コロサイ1:24)の苦しみにこうして参加しています。 Tribulations are viewed by Scripture as entirely within the will of God, serving to promote moral purity and godly character (Rom. 5:3-4).苦難は道徳的な純粋さと敬虔な文字(ローマ5:3-4)を促進するのに役立つ、神の意志の中に完全に聖書によって表示されています。 As such, they must be endured with faith in the goodness and justice of God (see James 1:2-4, where "trials" or "temptations" labels what appears to be the same experience), thus serving as a test of the believer's faith and leading to greater stability and maturity.このように、彼らはこのようのテストとして、神の善良さと正義の信仰(ここで、 "試験"、または同じような経験であるように思われるもの "誘惑"のラベル、ジェームズ1:2-4を参照)で耐えなければならない信者の信仰とより高い安定性と成熟につながる。

Jesus promised tribulation as the inevitable consequence of his followers' presence in the evil kosmos (John 16:33), something they could expect as a way of life.イエスが悪コスモス(ヨハネ16時33)、彼らは生活の手段として期待できるようなもので、彼のフォロワーの存在の必然的な結果として試練を約束した。 The Apostle Paul echoes this viewpoint when he warns that godly believers will certainly suffer persecution (II Tim. 3:12-13).彼は敬虔な信者たちは、確かに(Ⅱテモテ3:12-13)迫害を受けるだろうと警告しているときに使徒パウロはこのような観点をエコーし​​ます。 Jesus nevertheless encouraged his followers through his overcoming of the world to seek their victory through the application of his victory.イエスはそれにもかかわらず、彼の勝利のアプリケーションを使用しても勝利を追求する彼の世界の克服を通じて彼の信奉者を奨励した。

The Great Tribulation大艱難

The Teaching of Jesusイエスの教え

The precise expression, "great tribulation" (Matt. 24:21; Rev. 2:22; 7:14, Gr. thlipsis megale), serves to identify the eschatological form of tribulation.正確な表現では、 "大きな試練"(マタイ24:21;牧師午前2時22分; 7時14分、Grのthlipsis megale)は、試練の終末論の形式を識別するのに役立ちます。 These words are Jesus' caption for a worldwide, unprecedented time of trouble that will usher in the parousia, Jesus' return to earth in great glory (see parallels Mark 13:19, "tribulation," and Luke 21:23, "great distress"; also Rev. 3:10, "hour of trial").これらの言葉は、イエスは '悩みの世界、前例のない時間にキャプション、つまりイエスの到来を告げるparousia意志'偉大な栄光に地球に帰還(類似マーク午後01時19分は、 "試練"とルーク21:23、 "多大な苦痛";また牧師3時10分、"裁判の時間 ")。

This period of time will be initiated by the "abomination of desolation" (Matt. 24:15) predicted in Dan.この期間は、ダンに予測 "荒廃の醜態"(マタイ24:15)によって開始されます。 9:27, a desecration of the "holy place" by one whom many scholars believe is the same as the "man of lawlessness" of II Thess. 9時27分、多くの学者は、IIテサロニケの "無法状態の男"と同じであると信じて1による "聖地"の冒涜。 2:3, 4.午前2時03分、4。 Jesus gives specific instructions to inhabitants of Judea for their escape and warns that the intensity of its calamities would almost decimate all life (Matt. 24:15-22).イエスは彼らの脱出のためのユダヤの住民に具体的な指示を与え、その災害の強度がほとんど(マタイ24:15-22)は、すべての生命を間引くだろうと警告している。

Views of the Great Tribulation大艱難の景色

Though some modern interpreters, along with many ancient commentators and early fathers, are inclined to regard Jesus' predictions as totally fulfilled during the destruction of Jerusalem in AD 70, the words of Matt.多くの古代のコメンテーターと早期の父親と一緒にいくつかの近代的な通訳は、完全に広告の70のエルサレムの破壊、マットの言葉の間に満たされ、イエスの予言をみなす傾向があるけど。 24:29, "But immediately after the tribulation of those days," seem to connect them with the parousia. 24:29には、 "しかし、すぐにそれらの日の患難の後、" parousiaとそれらを接続するように見える。 Jesus' words in verse 21 are probably an allusion to Dan. 21節でイエスの言葉は、おそらくダンをほのめかしています。 12:1 because of the reference there to unparalleled trouble (LXX, thlipsis).なぜならそこに比類のないトラブルへの参照(70、thlipsis)の12時01分。 The Daniel passage strengthens the case for the eschatological view of the great tribulation, because it places this period prior to the resurrection of Daniel's people.それはダニエルの人々の復活の前に、この期間を課すからダニエル通路は、大きな試練の終末論的な考えのためのケースを強化しています。

Since Jesus made this prophecy, major wars, catastrophes, and cosmic phenomena have stimulated belief in the presence of the great tribulation.イエスはこの予言をしたので、主要な戦争、災害、宇宙の現象は大きな試練の存在下で、信念を刺激した。 Such a tendency is typified by Hesychius of Jerusalem in some correspondence with Augustine.このような傾向は、アウグスティヌスといくつか対応してエルサレムのHesychiusに代表される。 Augustine disagreed, preferring to interpret such things instead as characteristics of history as a whole with no particular eschatological significance.アウグスティヌスは、特段の終末論的な意義を持つ歴史全体の特性として、代わりにそのような物事を解釈するために好んで、反対した。 In modern times some premillennialists have speculated on the trend of current events as possible precursors of the great tribulation, some even attempting to identify the antichrist with such candidates as Kaiser Wilhelm II and Mussolini.現代では、いくつかのpremillennialistsは大きな試練の可能前駆も、カイザー·ウィルヘルムII世とムッソリーニのような候補者と反キリストを識別しようとするいくつかのように、現在のイベントの傾向に推測している。

Adherents of the major millennial views place the great tribulation at different points in relation to the millennium.主要千ビューの信奉者はミレニアムとの関係で異なる点で大きな試練を置く。 Both postmillennialists and amillennialists regard it as a brief, indefinite period of time at the end of the millennium, usually identifying it with the revolt of Gog and Magog of Rev. 20:8-9. postmillennialistsとamillennialists両方が通常牧師20:8-9のゴグとマゴグの反乱とそれを識別する、千年紀の終わりに、時間の短い、無期限であると考えています。 Postmillennialists view history as moving toward the Christianization of the world by the church and a future millennium of undetermined length on earth culminating in the great tribulation and final return of Christ. Postmillennialistsは教会によって世界のキリスト教化に向かって移動するように履歴を表示し、大きな試練とキリストの確定申告で最高潮に達する、地球上の無期限の将来千年紀。 In contrast, amillennialists consider the millennium to be a purely spiritual reality from the first advent to the second, a period lasting already two thousand years and to culminate in the great tribulation, a somewhat less optimistic view of history and the progress of the gospel witness.これとは対照的に、amillennialistsミレニアムは、すでに2000年持続期間初臨から2番目の純粋に精神的な現実であることが大きな試練と、歴史と福音の証人の進捗幾分楽観的な見方で絶頂に達すると考えて。

To premillennialists the millennium is a future, literal thousand years on earth, and the great tribulation a chaotic period toward which history is even now moving, a decline, ie, to be terminated by the return of Christ before the millennium. premillennialistsミレニアムには、地球上で将来的には、文字通りの千年であり、大きな試練の歴史は今でも、ミレニアムの前にキリストのリターンによって終了させる衰退、すなわち、動いている方に混乱期。 One group, which describes itself as "historic" premillennialists, understands the great tribulation to be a brief but undetermined period of trouble. "歴史に残る" premillennialistsとしてそれ自身を記述する1つのグループは、トラブルの簡潔な、しかし不定区間であることが大きな試練を理解しています。 Another group, dispensational premillennialists, connects it with the seventieth week of Dan.もう一つのグループは、dispensationalのpremillennialistsは、ダンの第七十週と接続します。 9:27, a period of seven years whose latter half pertains strictly to the great tribulation. 9時27分、その後半大きな試練に厳密に関係する7年間の期間。

Within the premillennial movement another issue, the time of the rapture of the church, has given rise to three views.キリスト再臨運動内の別の問題は、教会の携挙の時は、3ビューに上昇を与えている。 Pretribulationists (rapture prior to the seventieth week) and midtribulationists (rapture at the middle of the seventieth week) perceive the great tribulation as characterized by the wrath of God upon an unbelieving world from which the church is necessarily exempt (I Thess. 5:9). Pretribulationists(前第七十週に歓喜)とmidtribulationistsは(第七十週の真ん中で歓喜)などの教会は(私thess。5時09分必ずしも免除されて、そこから信仰心のない世界に神の怒りによって特徴付け大きな試練を知覚)。

Posttribulationists believe that the great tribulation is merely an intensification of the kind of tribulation the church has suffered throughout history, through which the church logically must pass. Posttribulationistsは大きな試練が単に教会が論理的に通過しなければならない教会の歴史を通して苦しんできた苦難の一種の強化であると信じています。 A more recent, novel view in the posttribulation camp seeks to maintain the imminence of the rapture despite the fact that notable tribulational events would necessarily intervene. posttribulationキャンプ内のより新しい、斬新なビューには、注目すべきtribulationalイベントは必ずしも介入するという事実にもかかわらず、歓喜の切迫性を維持しようとする。 In order to do so, the events of the great tribulation would be "potential" but uncertain in their fulfillment.そうするためには、大きな試練のイベントは "潜在的な"が、その履行に不確実であろう。 Jesus could come at any moment, and one could look back into recent history to see events that fulfilled the great tribulation.イエスはいつでも来ることができました、もう一つは大きな試練を全うしたイベントを表示するには、最近の歴史を振り返ることができます。

WH Baker WHベイカー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
R. Anderson, The Coming Prince; L. Boettner, The Millennium; MJ Erickson, Contemporary Options in Eschatology; RN Gundry, The Church and the Tribulation; SN Gundry, "Hermeneutics or Zeitgeist as the Determining Factor in the History of Eschatology," JETS 20:45-55; AA Hoekema, The Bible and the Future; JE Hartley, TWOT, II, 778-79; R. Schippers, NIDNTT, II, 807-9; H. Schlier, TDNT, III, 140-48; T. Weber, Living in the Shadow of the Second Coming; D. Wilson, Armageddon Now! R.アンダーソン、来る王子; L. Boettner、ミレニアム、MJエリクソン、終末論の現代オプション; RNガンドレー、教会や試練; SNガンドレー、 "解釈学やツァイトガイスト終末論の歴史の決定要因として、" JETS 20:45-55; AA Hoekema、聖書と未来; JEハートレイ、TWOT、Ⅱ、778から79、R·シッパーズ、NIDNTT、Ⅱ、807から9; H.シュリール、TDNT、III、140から48 ;再臨の影に住むT·ウェーバー;今D.ウィルソン、ハルマゲドン! The Premillenarian Response to Russia and Israel Since 1917; J. Walvoord, The Rapture Question. 1917年以来、ロシアやイスラエルへの前千年王国説の信奉者応答; J. Walvoord、歓喜の質問。



Also, see:また、参照してください:
Second Coming of Christ キリストの再臨
Eschatology 終末論
Dispensation, Dispensationalism 天啓、天啓的史観
Views of the Millennium 意見は、そのミレニアム
Last Judgment 最終判断
Tribulation, Great Tribulation 試練は、大きな試練


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです