Redemption償還

Advanced Information 高度情報

Redemption is the purchase back of something that had been lost, by the payment of a ransom.償還は、身代金の支払いによって、失われていた何かの購入に戻っています。 The Greek word so rendered is apolutrosis, a word occurring nine times in Scripture, and always with the idea of a ransom or price paid, ie, redemption by a lutron (see Matt. 20:28; Mark 10:45).そうレンダリングギリシャ語apolutrosis、聖書の中で9回発生ワード、常に支払わ身代金や価格のアイデアを持つ、すなわち、Lutron社によって償還(;マーク10:45マットを参照20:28)です。 There are instances in the LXX. LXXでインスタンスがあります。 Version of the Old Testament of the use of lutron in man's relation to man (Lev. 19:20; 25:51; Ex. 21:30; Num. 35: 31, 32; Isa. 45:13; Prov. 6:35), and in the same sense of man's relation to God (Num. 3:49; 18:15). 31、32、イザヤ45:13;箴6:。25:51;;;例21時30分ヌム35男に男の関係でLutron社の使用(レビ19:20の旧約聖書のバージョン: 35)、そして神への人間の関係(3時49 Num.のと同じ感覚で、18時15分)。 There are many passages in the New Testament which represent Christ's sufferings under the idea of a ransom or price, and the result thereby secured is a purchase or redemption (comp. Acts 20:28; 1 Cor. 6:19, 20; Gal. 3:13; 4:4, 5; Eph. 1: 7; Col. 1:14; 1 Tim. 2:5, 6; Titus 2:14; Heb. 9:12; 1 Pet. 1:18, 19; Rev. 5:9).そこ身代金や価格の考え方の下、キリストの受難を表す新約聖書の多くの通路があり、それによって確保結果は、購入または償還(comp.のは20:28使徒です。1コリント6時19分、20;。ギャル。 3時13、午前4時04分、5;エペソ1:7、コロサイ1:14; 1テモテ2:05、6;タイタス2時14分、ヘブル9時12分、1ペット1時18分、19。。 ;牧師5:9)。

The idea running through all these texts, however various their reference, is that of payment made for our redemption.すべてのこれらの文章を流れる思想は、しかし、様々な彼らのリファレンスは、私たちの償還のために作られた支払のことです。 The debt against us is not viewed as simply cancelled, but is fully paid.当社に対する債務は単にキャンセルと見なされていませんが、完全に支払われます。 Christ's blood or life, which he surrendered for them, is the "ransom" by which the deliverance of his people from the servitude of sin and from its penal consequences is secured.彼は彼らのために投降し、キリストの血液や生活は、罪に服することから、その刑事影響から彼の人々の救出が固定されることによって、 "身代金"です。 It is the plain doctrine of Scripture that "Christ saves us neither by the mere exercise of power, nor by his doctrine, nor by his example, nor by the moral influence which he exerted, nor by any subjective influence on his people, whether natural or mystical, but as a satisfaction to divine justice, as an expiation for sin, and as a ransom from the curse and authority of the law, thus reconciling us to God by making it consistent with his perfection to exercise mercy toward sinners" (Hodge's Systematic Theology).それは自然かどうか、キリストは、権力の単なる運動によって、また彼の教義によって、また彼の例によっても、彼が加わる道徳的影響で、また彼の人々の任意の主観的な影響を受けても私たちを救う "という聖書の平易な教義であるまたは神秘的な、しかし、神の正義への満足度など、罪の償いとして、法の呪いと権威から身代金として、このようにして罪人に向かって慈悲を行使することが彼の完璧との一貫性を作ることによって私たちに神を和解 "(ホッジの体系的神学)。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Redeemer, Redemption救い主、贖い

Advanced Information 高度情報

Though closely allied to salvation, redemption is more specific, for it denotes the means by which salvation is achieved, namely, by the payment of a ransom.密接に救いと同盟けれどもそれは身代金の支払いによって、すなわち、達成される救いの手段を意味するため、償還は、より特異的である。 As in the case of salvation it may denote temporal, physical deliverance.救いの場合のように、それは時間的、物理的な救出を指示するかもしれない。 In the OT the principal words are pada and ga'al, which are usually rendered by lytrousthai in the LXX, occasionally by rhyesthai.旧約聖書では校長の言葉は通常rhyesthaiによって時折、70でlytrousthaiによってレンダリングされPADAとga'alです。 In the NT lytrousthai is the usual verb form, and nouns are lytrosis and apolytrosis. NT lytrousthaiでいつもの動詞の形態であり、名詞はlytrosisとapolytrosisです。 Occasionally agorazein is used, or exagorazein, denoting the act of purchase in the market, especially the slave market.時折agorazeinは特に奴隷市場、市場で購入する行為を意味する、またはexagorazein、使用されています。 For "ransom" lytron and antilytron are used. "身代金" lytronとantilytronのために使用されます。

In the OT OTで

In ancient Israel both property and life could be redeemed by making the appropriate payment.古代イスラエルでは、両方の財産と生命は、適切な支払いを行うことで償還することができます。 Since the firstborn were spared in the last plague which God visited upon Egypt, he had a special claim on these, so that the firstborn thereafter had to be redeemed by a money payment (Exod. 13:13-15).長子は神がエジプトに訪れた最後の疫病に免れていたので、彼は長子、その後マネー決済(Exod. 13:13-15)によって償還されなければならなかったので、これらに特別な主張を持っていた。 According to the Pentateuchal legislation, if a man lost his inheritance through debt or sold himself into slavery, he and his property could be redeemed if one near of kin came forward to provide the redemption price (Lev. 25:25-27, 47-54; cf. Ruth 4:1-12).男は借金を通して彼の継承を紛失したり、奴隷に身を売った場合の親族の1近くが、償還価格(レビ25:25-27、47を提供するために進み出た場合pentateuchalの法律によると、彼と彼の財産は換金することができる - 54;。CFルツ4:1-12)。 The kinsman-redeemer was also the avenger of blood on occasion.親戚·救い主はまたの機会に血の復讐だった。

God's deliverance of his people from Egypt is spoken of a redemption (Exod. 6:6; 15:13), and he is Israel's Redeemer (Ps. 78:35).エジプトから彼の人々の神の救出は(Exod.午前6時06分、15時13分)償還話され、彼はイスラエルの救い主(詩篇78:35)となります。 The emphasis here may well be upon the great output of strength needed to accomplish this objective, strength which itself serves as a kind of ransom price.ここに重点がうまく自体は身代金の価格のようなものとして機能し、この目的は、強度を達成するために必要な強度の大きな出力時かもしれません。 Once again God's people are found in captivity (Babylon), and again the language of redemption is used in connection with their release (Jer. 31:11; 50:33-34).再び神の民が捕囚(バビロン)で発見され、再び償還の言語は、彼らのリリース(Jer. 31:11; 50:33-34)との接続で使用されています。 The probable meaning of Isa.伊佐の推定意味。 43:3 is that the conqueror of Babylon and therefore the liberator of Judah, even Cyrus, is being promised domain in Africa as a compensation for giving up captive Judah and restoring it to its inheritance in the land of Canaan. 43:3バビロンの征服者、したがって、偶数ユダ、キュロスの解放者は、キャプティブユダを放棄し、カナンの地に、その継承に復元することの対価として、アフリカのドメインを約束されていることです。

The individual also is sometimes the object of God's redemption, as in Job 19:25, where the sufferer expresses his confidence in a living Redeemer who will vindicate him eventually, despite all present appearance to the contrary.また個人は、苦しんでいる人は、それに反するすべての現在の姿にもかかわらず、最終的には彼の潔白を証明でしょう生きて身請けに自信を表明場所、舐め19時25分のように、時々、神の贖いの目的である。 Prov.箴。 23:10-11 presents the same general cast of thought. 23:10-11は、思想の同じ一般的なキャストを紹介します。

It is rather surprising that redemption is verbally so little associated with sin in the OT.これは、償還が口頭ので、少しのot罪に関連付けられていることではなく、驚くべきことである。 Ps. psの。 130:8 contains the promise that Jehovah will redeem Israel from all its iniquities. 130:8エホバはそのすべての不義からイスラエルを買い戻すことを約束するが含まれています。 Isa.伊佐。 59:20, which Paul quotes in Rom.ポールがROMに引用して59:20、。 11:26, says much the same thing in more general terms (cf. Isa. 44:22). 11:26、より一般的な用語(cf.のISA。44:22)で同じことをずっと言っている。 In Ps. PSで。 49:7 the impossibility of self-ransom for one's life is emphasized. 49:7自分の人生のための自己身代金の不可能性が強調される。 It is possible that the scarcity of reference to redemption from sin in the OT is due to the ever-present proclamation of redemption through the sacrificial system, making formal statements along this line somewhat superfluous, Furthermore, redemption from the ills of life, such as the Babylonian captivity, would inevitably carry with it the thought that God redeems from sin, for it was sin which brought on the captivity (Isa. 40:2).それは、旧約聖書で罪から償還への参照の不足がさらに幾分余計、人生の苦難からの償還など、この線に沿って正式な発言を、いけにえの制度を通じて償還絶えず存在布告によるものである可能性があるバビロン捕囚は、必然的にそれにそれは監禁(イザヤ40:2)をもたらした罪であったために、神は、罪から償還するという考えを運ぶでしょう。

The occurrence of numerous passages in the OT where redemption is stated in terms which do not explicitly include the element of ransom has led some scholars to conclude that redemption came to mean deliverance without any insistence upon a ransom as a condition or basis.償還が明示的に身代金の要素が含まれていない用語で記述されている場所otは多くの通路の発生は、その償還条件や基礎として身代金時にどんな主張せずに救出を意味するようになったと結論する一部の学者をリードしてきました。 The manifestation of the power of God in the deliverance of his people seems at times to be the sole emphasis (Deut. 9:26).彼の人々の救出の神の力の現れでは唯一の強調(申9時26分)になるように時間に思えます。 But on the other hand there is no hint in the direction of the exclusion of a ransom.しかし、その一方で身代金の排除の方向にはヒントがありません。 The ransom idea may well be an assumed factor which is kept in the background by the very prominence given to the element of power needed for the deliverance.身代金のアイデアはよく救出のために必要な電力の要素に与えられる非常に隆起して、バックグラウンドで保持され、想定要因となる可能性があります。

In the NT NTで

This observation affords the necessary bridge to the NT use of redemption.この観察は、償還のNTの使用に必要な橋を与える。 Certain passages in the Gospels reflect this somewhat vague use of the word as implying divine intervention in behalf of God's people without specific reference to any ransom to be paid (Luke 2:38; 24:21).福音書の中の特定の通路が支払われる任意の身代金を具体的に参照(; 24:21ルカ2:38)せずに、神の民に代わって神の介入を意味する言葉としてのこのやや漠然とした使用を反映しています。

Mark 10:45, though it does not contain the word "redeem," is a crucial passage for the subject, because it opens to us the mind of Christ concering his mission.それが彼の使命をconcering私たちにキリストの心を開くため、マーク10:45、それは言葉が含まれていないにもかかわらず、 "償還"を、主題のための重要な通路である。 His life of ministry would terminate in an act of self-sacrifice which would serve as a ransom for the many who needed it.同省の彼の人生はそれを必要に応じて多くの人の身代金として役立つであろう自己犠牲の行為で終了していました。 The largest development of the doctrine in the NT comes in the writings of Paul. NTの教義の最大の開発は、パウロの文章にしています。 Christ has redeemed from the curse of the law (Gal. 3:13; 4:5; exagorazein in both cases).キリストは律法ののろい(; 4時05; exagorazein両方のケースでガラテヤ3:13)から換金しています。 In the apostle's most concentrated section on the work of Christ he couples redemption with justification and propitiation (Rom. 3:24; cf. I Cor. 1:30).正当化となだめ、キリストと彼のカップル償還の仕事上の使徒の最も集中セクションで(ローマ3:24;。CF Iコリント1:30)。 One prominent feature of Paul's usage is the double reference to the word, with a present application to the forgiveness of sins based on the ransom price of the shed blood of Christ (Eph. 1:7; cf. I Pet. 1:18-19), and a future application to the deliverance of the body from its present debility and liability to corruption (Rom. 8:23).ポールの使い方の1つの顕著な特徴は、キリスト(エペソ1:7の流された血の身代金価格に基づいて罪の赦しに本出願と、言葉に二重の基準であり、CF私のペット1:18 - 。 19)、汚職への現在の衰弱と責任(ローマ8時23分)から、身体の救出への将来のアプリケーション。 This latter event is associated with the day of redemption (Eph. 4:30), not in the sense that redemption will then be operative for the first time, but that the redemption secured by Christ and applied to the soul's forgiveness is then extended to include the body as well, so that salvation is broughtto its intended consummation.この後者のイベントはしない償還その後初めて手術であろうという意味で、償還日(エペソ4:30)に関連付けられていますが、償還キリストによって担保と魂の赦しに適用され、その後に延長されていること同様に体が含まれているので、その救いは、その意図成就をbroughttoされています。

Redemption, though it includes the concept of deliverance, is a more precise term.償還は、それは救出の概念が含まれていますが、より正確な用語である。 Otherwise it would be expected that biblical writers would make more extensive use of words denoting deliverance per se, such as lyein or rhyesthai, to the neglect of words for redeem.それ以外の場合は、聖書の作家が買い戻すための言葉の軽視に、そのようなlyeinまたはrhyesthaiとして救出自体を表す言葉のより広範な利用を行うことが予想されるであろう。 Yet such is not the case.まだそのようなケースではありません。 It is significant that Paul can content himself with the use of rhyesthai when setting forth the relation of Christ's saving work for us with respect to hostile angelic powers (Col. 1:13), yet when he passes to a contemplation of the forgiveness of our sins he must change his terminology to that of redemption (Col. 1:14).それは、天使のような敵対勢力(コロサイ1:13)に関して私たちのためにキリストの仕事の節約の関係を定めたとき、パウロはrhyesthaiの使用で自分自身をコンテンツができたことは重要であるが、彼は私たちの赦しのもくろみに通過したときに罪は彼が償還(コロサイ1:14)のものと彼の用語を変更する必要があります。 No word in the Christian vocabulary deserves to be held more precious than Redeemer, for even more than Savior it reminds the child of God that his salvation has been purchased at a great and personal cost, for the Lord has given himself for our sins in order to deliver us from them.キリスト教の語彙には言葉はそれが彼の救いは順番に私たちの罪のためにご自身を与えた主のために、偉大な個人的な費用で購入されたことを神の子を連想させる救世主よりもさらに多くのために、救い主よりも貴重開催されるに値するんそこから私たちを提供します。

EF Harrison EFハリソン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
L. Morris, The Apostolic Preaching of the Cross; J. Schneider and C. Brown, NIDNTT, III, 177ff.; O. Procksch et al., TDNT, IV, 328ff.; RJ Banks, ed., Reconciliation and Hope; V. Taylor, Forgiveness and Reconciliation; BB Warfield, The Plan of Salvation; J. Murray, Redemption, Accomplished and Applied; S. Lyonnet and L. Sabourin, Sin, Redemption, and Sacrifice.モリスは、ローマ教皇の説教の十字架; J. SchneiderとC.ブラウン、NIDNTT、III、177ff; O.プロクシュら、TDNT、IV、328ff;。RJ·バンクス、エド、和解と希望。対テイラーは、容赦と和解; bbウォーフィールド、救いの計画、J·マレー、償還、達成され、適用され、S·リヨネとL. Sabourin、罪、償還、と犠牲。


Redemption償還

Catholic Information カトリックの情報

The restoration of man from the bondage of sin to the liberty of the children of God through the satisfactions and merits of Christ.罪の束縛からキリストのsatisfactionsとメリットを通して神の子の自由の男の回復。

The word redemptio is the Latin Vulgate rendering of Hebrew kopher and Greek lytron which, in the Old Testament means generally a ransom-price.単語redemptioは旧約聖書で、一般的に身代金-priceを意味し、ヘブライ語とギリシャ語kopher lytronのラテン語のウルガタ聖書のレンダリングです。 In the New Testament, it is the classic term designating the "great price" (1 Corinthians 6:20) which the Redeemer paid for our liberation.新約聖書では、贖い主が私たちの解放のために支払われた "偉大な価格"(1コリント6:20)を指定する古典的な用語です。 Redemption presupposes the original elevation of man to a supernatural state and his downfall from it through sin; and inasmuch as sin calls down the wrath of God and produces man's servitude under evil and Satan, Redemption has reference to both God and man.償還を前提罪を通してそれから超自然の状態や彼の失脚に男の元の標高あり、罪は神の怒りダウン呼び出し、悪とサタンの下で男の奴隷状態を作り出すだけれども、償還は、神と人間の両方への参照を持ちます。 On God's part, it is the acceptation of satisfactory amends whereby the Divine honour is repaired and the Divine wrath appeased.神の一部では、それは神の名誉が修復され、神の怒りはなだめされる十分な補償の語義である。 On man's part, it is both a deliverance from the slavery of sin and a restoration to the former Divine adoption, and this includes the whole process of supernatural life from the first reconciliation to the final salvation.男の部分で、それは罪の奴隷と復元の元神の養子縁組に救出の両方であり、これは最初の調整から最終的な救いに超自然の生命の全体のプロセスが含まれています。 That double result, namely God's satisfaction and man's restoration, is brought about by Christ's vicarious office working through satisfactory and meritorious actions performed in our behalf.その二重の結果は、すなわち、神の満足度と男の復旧、当社に代わっで行わ満足と称賛に値する行動を介して作業キリストの身代わりのオフィスによってもたらされる。

I. NEED OF REDEMPTION I.は、償還の必要性

When Christ came, there were throughout the world a deep consciousness of moral depravation and a vague longing for a restorer, pointing to a universally felt need of rehabilitation (see Le Camus, "Life of Christ", I, i).キリストが来たとき​​に、道徳的堕落と修復のために漠然とした憧れの深い意識は普遍的にリハビリテーションの必要性を(ル·カミュは、 "キリストの生涯"、私は、私を参照してください)​​感じを指すようにすれば、世界各地であった。 From that subjective sense of need we should not, however, hastily conclude to the objective necessity of Redemption.必要性と主観的な感覚から、我々は、しかし、急いで償還の必要性を客観的結論ではありません。 If, as is commonly held against the Traditionalist School, the low moral condition of mankind under paganism or even under the Jewish Law is, in itself, apart from revelation no proof positive of the existence of original sin, still less could it necessitate Redemption.一般的に伝統主義の学校に対して保持されるように、場合には、異教の下、あるいはユダヤ人の法律の下で、人類の低いモラル条件は、それが償還を必要とする可能性がまだ少ない、バラバラに啓示原罪の存在を肯定的な証拠から、それ自体である。 Working on the data of Revelation concerning both original sin and Redemption, some Greek Fathers, like St. Athanasius (De incarnatione, in PG, XXV, 105), St. Cyril of Alexandria (Contra Julianum in PG, LXXV, 925) and St. John Damascene (De fide orthodoxa, in P. G, XCIV, 983), so emphasized the fitness of Redemption as a remedy for original sin as almost to make it appear the sole and necessary means of rehabilitation.聖アタナシウス(デincarnatione、PG、25、105)で、聖シリルアレクサンドリア(PG内コントラJulianum、LXXV、925)とセントのような原罪と贖い、いくつかのギリシャの祖先は、両方に関する啓示のデータで作業ほとんどそれがリハビリの単独かつ必要な手段を見えるようにするように。ヨハネダマシン(P·G·九十四、983でデfide orthodoxaは)ので、原罪の治療薬として償還の適性を強調した。 Their sayings, though qualified by the oft-repeated statement that Redemption is a voluntary work of mercy, probably induced St. Anselm (Cur Deus homo, I) to pronounce it necessary in the hypothesis of original sin.彼らのことわざは、しかし償還原罪の仮説において必要があると発音するのはたぶん誘導される聖アンセルム(CURデウスホモ、I)は、慈悲の自主的な仕事であることを何度も繰り返さ文で修飾。 That view is now commonly rejected, as God was by no means bound to rehabilitate fallen mankind.神は堕落した人類を更生にバインドされた手段であったように、そのビューは、現在一般的に、拒否されます。 Even in the event of God decreeing, out of his own free volition, the rehabilitation of man, theologians point out other means besides Redemption, vg Divine condonation pure and simple on the sole condition of man's repentance, or, if some measure of satisfaction was required, the mediation of an exalted yet created interagent.満足のいくつかの措置があった場合であっても神decreeing、自分の自由意志のうち、男のリハビリのイベントで、神学者は、人間の悔い改めの唯一の条件でVG神の容赦は純粋で単純な、償還以外に他の手段を指摘したり、 、高貴なまだ作成仲介者の仲介を必要とした。 In one hypothesis only is Redemption, as described above, deemed absolutely necessary and that is if God should demand an adequate compensation for the sin of mankind. 1仮説でのみ上記のように絶対的に必要と認め、償還であり、神が人類の罪のために十分な補償を要求するかどうかそれはです。 The juridical axiom "honor est in honorante, injuria in injuriato" (honour is measured by the dignity of him who gives it, offence by the dignity of him who receives it) shows that mortal sin bears in a way an infinite malice and that nothing short of a person possessing infinite worth is capable of making full amends for it.法人公理 "honorante、injuriatoにおける権利侵害の名誉EST"(名誉はそれを与える彼の尊厳によって測定され、それを受け、彼の尊厳による犯罪)は、その大罪は道無限の悪意とするものがなにもないの熊を示してい無限の価値を有する人の短期はそれのために十分な償いを行うことが可能です。 True, it has been suggested that such a person might be an angel hypostatically united to God, but, whatever be the merits of this notion in the abstract, St. Paul practically disposes of it with the remark that "both he that sanctifieth, and they who are sanctified, are all of one" (Hebrews 2:11), thus pointing to the God-Man as the real Redeemer.確かに、それは抽象的で、この概念のメリットであるものは何でも、そのような人はhypostaticallyユナイテッド神に団結天使かもしれないことが示唆されてきたが、聖パウロは、実質的に発言してそれを破棄 "という彼そのsanctifieth、両聖別された彼らは、このように本当の救い主として神男を指すようにすれば、1つのすべて "(ヘブル人への手紙2:11)です。

II. Ⅱ。 MODE OF REDEMPTION REDEMPTIONのモード

The real redeemer is Jesus Christ, who, according to the Nicene creed, "for us men and for our salvation descended from Heaven; and was incarnate by the Holy Ghost of the Virgin Mary and became man. He was also crucified for us, suffered under Pontius Pilate and was buried".本当の救い主は、私たち男性のためのニカイア信条によると、イエス·キリストは、 "で、私たちの救いのために天から降り;と聖母マリアの聖霊の化身となった男彼はまた私たちのために十字架につけられ、苦しんで"ポンテオ·ピラトの下に葬られた。 The energetic words of the Greek text [Denzinger-Bannwart, n.ギリシャ語のテキストのエネルギッシュな言葉[デンツィンガー - bannwart、nである。 86 (47)], enanthropesanta, pathonta, point to incarnation and sacrifice as the groundwork of Redemption. 86(47)]、enanthropesanta、pathonta、償還の土台として化身と犠牲をポイントします。 Incarnation - that is, the personal union of the human nature with the Second Person of the Blessed Trinity - is the necessary basis of Redemption because this, in order to be efficacious, must include as attributions of the one Redeemer both the humiliation of man, without which there would be no satisfaction, and the dignity of God, without which the satisfaction would not be adequate.化身 - 賛美三位一体の二番目の方で、人間の本性の個人的な労働組合であることは - これは、有効であるためには、1身請け両方の男の屈辱の帰属として含める必要があるので、償還に必要な基礎となっているそれなくし満足感はないだろうと、神の尊厳、満足度は十分ではないでしょうそれなし。 "For an adequate satisfaction", says St. Thomas, "it is necessary that the act of him who satisfies should possess an infinite value and proceed from one who is both God and Man" (III:1:2 ad 2um). "十分満足のために"、聖トマスは(1:2広告2umⅢ) "、それが満たす彼の行為は無限の価値を持っていると、神と人間の両方で1から進めるべきであることが必要である"と言う。 Sacrifice, which always carries with it the idea of suffering and immolation (see Lagrange, "Religions semitiques", 244), is the complement and full expression of Incarnation.常にそれを運ぶ犠牲は、苦しみと自殺のアイデアは(ラグランジュ、 "宗教semitiques"、244を参照)、補体と化身の完全な表現である。 Although one single theandric operation, owing to its infinite worth, would have sufficed for Redemption, yet it pleased the Father to demand and the Redeemer to offer His labours, passion, and death (John 10:17-18).そのせいで無限の価値に一つの神人両性操作が、償還のために十分で、まだそれは彼の労働、情熱、そして死(ヨハネ10:17-18)を提供する需要と身請けに父を喜ばせていただろう。 St. Thomas (III:46:6 ad 6um) remarks that Christ wishing to liberate man not only by way of power but also by way of justice, sought both the high degree of power which flows from His Godhead and the maximum of suffering which, according to the human standard, would be considered sufficient satisfaction.セントトマス(ⅲ:46:6広告6um)は、電力の方法ではなく、正義の道ではない唯一の男を解放したがって、キリストは、彼の神性から流れる電力の高度と苦しみの最大値の両方を求めていると発言、人間の規格によれば、十分満足であると考えられるでしょう。 It is in this double light of incarnation and sacrifice that we should always view the two concrete factors of Redemption, namely, the satisfaction and the merits of Christ.それは化身のこの二重の光の中で、我々は常に償還、すなわち、満足度とキリストのメリットの二つの具体的な要因を見る必要があることを生け贄に捧げる。

A. Satisfaction of ChristキリストのA.満足度

Satisfaction, or the payment of a debt in full, means, in the moral order, an acceptable reparation of honour offered to the person offended and, of course, implies a penal and painful work.満足、または道徳的な順序で完全、手段で債務の支払い、怒っている人に提供される名誉の許容償いとは、もちろん、刑法や痛みを伴う作業を意味します。 It is the unmistakable teaching of Revelation that Christ offered to His heavenly Father His labours, sufferings, and death as an atonement for our sins.それは、キリストが私たちの罪のための償いとしての彼の天の父に彼の労働、苦しみ、そして死を提供した黙示録の紛れもない教えです。 The classical passage of Isaias (lii-liii), the Messianic character of which is recognized by both Rabbinical interpreters and New Testament writers (see Condamin, "Le livre d'Isaie" Paris, 1905), graphically describes the servant of Jahveh, that is the Messias, Himself innocent yet chastized by God, because He took our iniquities upon Himself, His self-oblation becoming our peace and the sacrifice of His life a payment for our transgressions.イサイアス(LII-LIII)、(Condamin、 "ル·リーヴルD'Isaie"パリ、1905年を参照のこと)ラビ通訳や新約聖書の作家の両方で認識されている救世主の文字、の古典通路はグラフィカルJahvehのサーバントを説明し、そのmessiasはですが、ご自身無実の彼が彼の自己奉納私たちの平和と彼の人生を犠牲にする私たちのそむきの罪のための支払になって、彼自身に私たちの咎を取ったので、まだ、神によってchastized。 The Son of Man proposes Himself as a model of self-sacrificing love because He "is not come to be ministered unto, but to minister and to give his life a redemption for many" (lytron anti pollon) (Matthew 20:28; Mark 10:45).人の子は、彼が "仕えられるために来たが、大臣に、彼の人生多くの償還を与えるためにされていない"ので、自己犠牲的な愛のモデルとしての地位を提案(lytronアンチポロン)(マタイ20:28、マルコ10:45)。 A similar declaration is repeated on the eve of the Passion at the Last Supper: "Drink ye all of this. For this is my blood of the new testament, which shall be shed for many unto remission of sins" (Matthew 26:27, 28).同様の宣言が最後の晩餐で受難の前夜に繰り返されます: "このがたのすべてを飲むこれのために罪の多くは、かれの赦しのために流されるものと新約聖書、私の血である"(マタイ26:27、 28)。 In view of this and of the very explicit assertion of St. Peter (1 Peter 1:11) and St. John (1 John 2:2) the Modernists are not justified in contending that "the dogma of Christ's expiatory death is not evangelic but Pauline" (prop. xxxviii condemned by the Holy Office in the Decree "Lamentabili" 3 July, 1907).このビューでは、聖ペテロ(1ペテロ1:11)と聖ヨハネ(1ヨハネ2:2)の非常に明確な主張の近代主義は、キリストの償いをする死のドグマは福音ではない "と主張に正当化されないしかし、ポーリーン "(提案第XXXVIIIが政令で神聖なオフィスに非難" Lamentabili "1907年7月3日)。 Twice (1 Corinthians 11:23, 15:3) St. Paul disclaims the authorship of the dogma.二回(第一コリント11時23分、午後03時03分)聖パウロの教義の原作を負いません。 He is, however, of all the New Testament writers, the best expounder of it.彼は、新約聖書のすべての作家は、しかし、それの最高expounderです。 The redeeming sacrifice of Jesus is the theme and burden of the whole Epistle to the Hebrews' and in the other Epistles which the most exacting critics regard as surely Pauline, there is all but a set theory.イエスの贖いの犠牲はヘブル人への手紙 'と最も厳しい批評家は確かにポーリーンとみなして、他の書簡で全体の信徒へのテーマと負担となって、すべてが集合論があります。 The main passage is Rom., iii, 23 sq.: "For all have sinned, and do need the glory of God. Being justified freely by his grace, through the redemption, that is in Christ Jesus, Whom God hath proposed to be a propitiation, through faith in his blood, to the shewing of his justice, for the remission of former sins."メイン通路は、III、23平方ROMです:。償還を通じて、彼の恵みによって自由に正当化されているすべてのために罪を犯しました "と、神の栄光が必要なのでしょうか、それは、神があることが提案かれキリスト·イエスにある前者の罪の赦しのための彼の正義のshewingに彼の血を信じる信仰によるなだめ、、、。 " Other texts, like Eph., ii, 16; Col., i, 20; and Gal., iii, 13, repeat and emphasize the same teaching.エペソのような他のテキスト、、Ⅱ、16;。大佐、私、20;。とギャル、III、13は、同じ教えを繰り返し、強調している。 The early Fathers, engrossed as they were by the problems of Christology have added but little to the soteriology of the Gospel and St. Paul.彼らはキリスト論の問題であったように夢中になって早期の祖先は、福音書と聖パウロの救済論に少しを追加しました。 It is not true, however, to say with Ritschl (" Die christliche Lehre von der Rechtfertigung und Versohnung", Bonn, 1889), Harnack ("Precis de l'histoire des dogmes", tr. Paris, 1893), Sabatier ("La doctrine de l'expiation et son evolution historique", Paris, 1903) that they viewed Redemption only as the deification of humanity through incarnation and knew nothing of Christ's vicarious satisfaction.それは "リッチュル("死ぬchristliche Lehre·フォン·デア·RechtfertigungウントVersohnung "、ボン、1889)、ハルナック(" PRECISドゥhistoireデdogmes "は、tr。パリ、1893)、サバティエ(と言って、しかし、真実ではありませんラ彼らは化身を介してのみ、人類の神格化として償還を閲覧し、キリストの身代わりの満足度の何も知らないことを教義ドゥ罪滅ぼしら息子進化HISTORIQUE "、パリ、1​​903年)。 "An impartial inquiry", says Riviere, "clearly shows two tendencies: one idealistic, which views salvation more as the supernatural restoration of mankind to an immortal and Divine life, the other realistic, which considers it rather as the expiation of our sins through the death of Christ. The two tendencies run side by side with an occasional contact, but at no time did the former completely absorb the latter, and in course of time, the realistic view became preponderant" (Le dogme de la redemption, p. 209).を通じて、私たちの罪の償いとしてではなく、それを考慮不滅と神の命に人類の超自然的なリストアなど救いをもっと理想主義的​​なビュー1、他の現実的な、 "公平な調査"とは、リヴィエールが言うには、 "明らかに二つの傾向を示していますキリストの死。二つの傾向は、時折接触と並んで実行されますが、(ルdogmeデラ償還、pが "いいえ一度前者は完全に後者を吸収しなかったし、時間の経過で、現実的な見方が優勢となった。 209)。 St. Anselm's famous treatise "Cur Deus homo" may be taken as the first systematic presentation of the doctrine of Redemption, and, apart from the exaggeration noted above, contains the synthesis which became dominant in Catholic theology.聖アンセルムの有名な論文 "野良犬デウスホモは"償還の教義の最初の体系的なプレゼンテーションとして採用し、離れて上記のように誇張することができるから、カトリック神学で支配的になった合成が含まれています。 Far from being adverse to the satisfactio vicaria popularized by St. Anselm, the early Reformers accepted it without question and even went so far as to suppose that Christ endured the pains of hell in our place.遠くsatisfactio vicariaに不利であることから聖アンセルムによって広め、早期の改革派は質問せずにそれを受け入れ、キリストが私たちの代わりに地獄の苦しみに耐えたと仮定してのようにさえ、これまで行ってきました。 If we except the erratic views of Abelard, Socinus (d. 1562) in his "de Deo servatore" was the first who attempted to replace the traditional dogma of Christ's vicarious satisfaction by a sort of purely ethical exemplarism.我々は彼の "デ·デオservatore"でアベラード、Socinus(民主党1562)の不安定な景色を除いて純粋に倫理的模範説の一種で、キリストの身代わりの満足度の伝統的な教義を交換しようとした最初の人であった場合。 He was and is still followed by the Rationalist School which sees in the traditional theory all but defined by the Church, a spirit of vindictiveness unworthy of God and a subversion of justice in substituting the innocent for the guilty.彼は昔も今もすべてが有罪のために無実を代入における教会は、神の執念深さに値しないの精神と正義の転覆によって定義された従来の理論で見て合理主義学校のあとに続いています。 The charge of vindictiveness, a piece of gross anthropomorphism, comes from confounding the sin of revenge and the virtue of justice.執念深担当、グロス擬人の作品は、復讐と正義の徳の交絡罪から来る。 The charge of injustice ignores the fact that Jesus, the juridical head of mankind (Ephesians 1:22), voluntarily offered Himself (John 10:15), that we might be saved by the grace of one Saviour even as we had been lost by the fault of the one Adam (Romans 5:15).不公平の電荷はイエス、人類の法人頭部(エペソ人への手紙1:22)、自発的に我々は我々がすることによって失われていたとしても1救い主の恵みによって救われるためである(ヨハネ10:15)ご自身を提供しているという事実を無視し1アダム(ローマ人への手紙5:15)の障害。 It would be a crude conception indeed to suppose that the guilt or culpability of men passed from the consciences of men to the conscience of Christ: the penalty alone was voluntarily assumed by the Redeemer and, in paying it, He washed away our sins and restored us to our former supernatural state and destination.それは男性の罪悪感や有責性は、男性の良心からキリストの良心に渡されると仮定して、実際に原油受胎のようになりますペナルティは単独で、自発的にそれを支払うことで、救い主で想定していた、彼は私たちの罪を洗い流され、復元私たち私たちの元超自然の状態と目的地へ。

B. Merits of ChristキリストのBのメリット

Satisfaction is not the only object and value of Christ's theandric operations and sufferings; for these, beside placating God, also benefit man in several ways.満足度は、キリストの神人両性操作や苦しみの唯一のオブジェクトと値ではなく、これらのために、神をplacating横に、また、いくつかの方法で人間に利益をもたらす。 They possess, in the first place, the power of impetration or intercession which is proper to prayer, according to John, xi, 42: "And I knew that thou hearest me always."彼らはジョン、XI、42によると、まず第一に、祈りに適切であるimpetrationまたは執り成しの力を持っている "そして、私は、汝はいつも私をhearestことを知っていた。" However, as satisfaction is the main factor of Redemption with regard to God's honour, so man's restoration is due principally to the merits of Christ.しかし、満足度としては、神の名誉に関して償還の主な要因であるので、男の回復は主にキリストのメリットによるものです。 That merit, or the quality which makes human acts worthy of a reward at the hands of another, attaches to the works of the Redeemer, is apparent from the easily ascertained presence in them of the usual conditions of merit, namelyそのメリット、または別の手で報酬の人間の行為は立派になり品質が、救い主の作品に付着し、つまり、メリットの通常の条件のそれらに容易に知る存在から明らかである

the wayfarer state (John 1:14);旅人状態(ヨハネ1:14);

moral liberty (John 10:18);道徳的な自由(ヨハネ10:18);

conformity to the ethical standard (John 8:29); and倫理的な標準(ヨハネ8:29)への適合性、および

Divine promise (Isaiah 53:10).神の約束(イザヤ53:10)。

Christ merited for Himself, not indeed grace nor essential glory which were both attached and due to the Hypostatic Union, but accidental honour (Hebrews 2:9) and the exaltation of His name (Phil., ii, 9-10).キリストは恵みでも、必須でも栄光添付と沈下連合(EU)による両方あったが、偶発的な栄誉(ヘブル2:9)と彼の名前の高揚(ピリピ、II、9月10日)ではありません確かに、自分自身のために報われた。 He also merited for us.彼はまた私たちのために報われた。 Such Biblical phrases as to receive "of his fulness" (John 1:16), to be blessed with His blessings (Ephesians 1:3), to be made alive in Him (1 Corinthians 15:22), to owe Him our eternal salvation (Hebrews 5:9) clearly imply a communication from Him to us and that at least by way of merit.彼に私たちの永遠を借りて祝福(エペソ1:3)、神(1コリント15:22)の中で生きて作られている、と祝福されるように、(ヨハネ1:16) "彼のみちるの"受信するような聖書のフレーズ救世(ヘブル人への手紙5:09)は明らかに少なくともメリットを通って神から私たちに、その通信を意味する。 The Council of Florence [Decretum pro Jacobitis, Denzinger-Bannwart, n.フィレンツェ[DecretumプロJacobitis評議会、デンツィンガー - bannwart、nである。 711 (602)] credits man's deliverance from the domination of Satan to the merit of the Mediator, and the Council of Trent (Sess. V, cc. iii, vii, xvi and canons iii, x) repeatedly connects the merits of Christ and the development of our supernatural life in its various phases. 711(602)]クレジットの男の悪魔の支配からのメディエータのメリットに救出、そしてトレントの評議会(sess. Vは、cc。III、VII、16及び参事III、X)を繰り返し、キリストのメリットを接続し、その様々な段階での私たちの超自然的な生活の発展。 Canon iii of Session V says anathema to whoever claims that original sin is cancelled otherwise than by the merits of one Mediator, Our Lord Jesus Christ, and canon x of Session VI defines that man cannot merit without the justice through which Christ merited our justification.セッションVキヤノンのIIIはその原罪がSession VIの1メディエータのメリットは、わたしたちの主イエス·キリスト、そしてキヤノンxでそうでなければよりキャンセルされたと主張誰に忌み嫌われるその男は、キリストが私たちの正当性を当然それを通して正義なしに値することはできませんが定義されています。言う

The objects of Christ's merits for us are the supernatural gifts lost by sin, that is, grace (John 1:14, l6) and salvation (1 Corinthians 15:22); the preternatural gifts enjoyed by our first parents in the state of innocence are not, at least in this world, restored by the merits of Redemption, as Christ wishes us to suffer with Him in order that we may be glorified with Him (Romans 8:17).私たちのためにキリストのメリットのオブジェクトは罪によって失われた超自然的な贈り物です、それは、恵み(ヨハネ1:14、L6)と救い(1コリント15:22)であり、無罪の状態で私たちの最初の両親が楽しんで超自然的な贈り物キリストは、私たちが彼(ローマ人への手紙8:17)と栄光を受ける可能性があること順序で彼と一緒に苦しむことを望むような、少なくともこの世界では、償還のメリットではリストアされません。 St. Thomas explaining how Christ's merits pass on to us, says: Christ merits for others as other men in the state of grace merit for themselves (III:48:1).聖トマスはキリストのメリットは、私たちに渡す方法を説明する次のように述べています自分自身のための猶予メリットの状態で他の男性と他の人のためにキリストのメリット(ⅲ:48:1)。 With us merits are essentially personal.私達とメリットは基本的に個人的なものである。 Not so with Christ who, being the head of our race (Ephesians 4:15-5:23), has, on that score, the unique prerogative of communicating to the subordinate personal members the Divine life whose source He is.しないように、キリストと私たちのレースの頭(エペソ人への手紙4:15-5:23)である人は、、、その点では、下位の個人会員に、ソースが彼は神の命を伝えるユニークな特権を持っています。 "The same motion of the Holy Ghost", says Schwalm, "which impels us individually through the various stages of grace toward life eternal, impels Christ but as the leader of all; and so the same law of efficacious Divine motion governs the individuality of our merits and the universality of Christ's merits" (Le Christ, 422). "聖霊の同じ動き"は、シュヴァルムは永遠の命、impelsキリストに向かってますが、すべての指導者としての恵みのさまざまな段階を経て、個別にご連絡impelsいる "と言い、そしてとても効果的な神の運動の法則は同じの個性を支配私たちの長所とキリストのメリットの普遍性 "(ル·キリスト、422)。 It is true that the Redeemer associates others to Himself "For the perfecting of the saints, . . . for the edifying of the body of Christ" (Ephesians 4:12), but their subordinate merit is only a matter of fitness and creates no right, whereas Christ, on the sole ground of His dignity and mission can claim for us a participation in His Divine privileges.それは、(エペソ4:12) "キリストの体の啓発のために...、聖徒の完成は、"救い主の仲間他人と自分に忠実であるが、その下位メリットだけ体力の問題ではありませんし、何を作成右、キリストのに対し、彼の尊厳と使命の唯一地面に私たちのために、彼の神の権限への参加を請求することができます。

All admit, in Christ's meritorious actions, a moral influence moving God to confer on us the grace through which we merit.すべては、キリストの功績のあるアクションで、私たちに私たちは値するそれを通して恵みを与えるために神を動かす道徳影響を認める。 Is that influence merely moral or does it effectively concur in the production of grace?その影響は単に道徳的であるか、またはそれが効果的に恵みの生産に同意しますか? From such passages as Luke, vi 19, "virtue went out from him", the Greek Fathers insist much on the dynamis zoopoios or vis vivifica, of the Sacred Humanity, and St. Thomas (III:48:6) speaks of a sort of efficientia whereby the actions and passions of Christ, as vehicle of the Divine power, cause grace by way of instrumental force.ルークは、viなどの19の通路から、 "徳が彼から出て行った"、ギリ​​シャ語の祖先は神聖な人間の、ダイナミスzoopoiosまたは可視vivificaにあまり主張し、聖トマス(ⅲ:48:6)は、ソートのことを話すefficientiaのそれによってキリストの行動と情熱は、神の力の車両として、楽器の力を介して、恵みを引き起こす。 Those two modes of action do not exclude each other: the same act or set of acts of Christ may be and probably is endowed with twofold efficiency, meritorious on account of Christ's personal dignity, dynamic on account of His investment with Divine power.アクションの2つのモードは互いに排除するものではありません:キリストの行為の同じ行為またはセットのか​​もしれませんし、おそらく、神の力を持つ彼の投資のアカウント上で動的キリストの個人の尊厳上のアカウント勲功倍効率、恵まれている。

III. Ⅲ。 ADEQUACY OF REDEMPTION償還の妥当性

Redemption is styled by the "Catechism of the Council of Trent" (1, v, 15) "complete, integral in all points, perfect and truly admirable".償還は、 "公教要理トレントの評議会"(1、V、15) "完全な、すべての点で不可欠な、完璧と称賛"でスタイリングされています。 Such is the teaching of St. Paul: "where sin abounded, grace did more abound" (Romans 5:20), that is, evil as the effects of sin are, they are more than compensated by the fruits of Redemption.そのような物は、聖パウロの教えである "罪はどこに富んだ、恵みはもっとたくさんやった"(ローマ人への手紙5:20)、すなわち、悪罪の効果があるので、彼らが贖罪の果実によって補償以上です。 Commenting on that passage St. Chrysostom (Hom. X in Rom., in PG, LX, 477) compares our liability to a drop of water and Christ's payment to the vast ocean.その一節のようにコメント聖クリュソストモス(ROM内Hom. X。、PG、LX、477で)水と広大な海にキリストの支払いの一滴まで私たちの負債を比較します。 The true reason for the adequacy and even superabundance of Redemption is given by St. Cyril of Alexandria: "One died for all . . . but there was in that one more value than in all men together, more even than in the whole creation, for, beside being a perfect man, He remained the only son of God" (Quod unus sit Christus, in PG, LXXV, 135fi).一つはすべてのために死んだ "...しかし、それ以上の偶数全体の創造ではなく、一緒にすべての男性に比べて、その1以上の値であった:ショーシャンクの妥当性、さらに過剰の真の理由は、アレクサンドリアの聖シリルで与えられます。のために、完璧な男としての仕事に加えて、神の唯一の息子 "(PG内の刑務所unus座るクリストゥス、LXXV、135fi)のままであった。 St. Anselm (Cur Deus homo, II, xviii) is probably the first writer who used the word "infinite," in connection with the value of Redemption: "ut sufficere possit ad solvendum quod pro peccatis totius mundi debetur et plus in infinitum".聖アンセルム(CURデウスホモ、II、18)は、おそらく償還の値に関連して "無限"という言葉を使った最初の作家である: "UT sufficere possit広告solvendum刑務所プロpeccatis totiusムンディdebeturらプラスで無限" 。 This way of speaking was strongly opposed by John Duns Scotus and his school on the double plea that the Humanity of Christ is finite and that the qualification of infinite would make all Christ's actions equal and place each of them on the same level with His sublime surrender in the Garden and on Calvary.話すのこの方法を強くジョンドゥンス·スコトゥスとキリストの人類が有限であることを二重口実に、その彼の学校によって反対された無限の資格はすべてのキリストの行動を等しくすると彼の崇高な降伏と同じレベルにそれらのそれぞれを置くでしょう庭とカルバリーで。 However the word and the idea passed into current theology and were even officially adopted by Clement VI (Extravag. Com. Unigenitus, V, IX, 2), the reason given by the latter, "propter unionem ad Verbum", being the identical one adduced by the Fathers.しかし言葉と現在の神学に渡され、アイデアはあっても公式に同一の一つである、viのクレマン(Extravag.コム。Unigenitus、V、IX、2)、後者によって与えられた理由は、 "propter unionem逐語的に"で採択された父親提示さ。 If It is true that; according to the axiom "actiones sunt suppositorum", the value of actions is measured by the dignity of the person who performs them and whose expression and coefficient they are, then the theandric operations must be styled and are infinite because they proceed from an infinite person. "actiones sunt suppositorum"公理によると、アクションの値は、その後神人両性操作がスタイリングしているため無限でなければならず、それらを実行し、その発現と係数彼らは人の尊厳によって測定され、それは事実だがある場合彼らは無限の人から進んでください。 Scotus's theory wherein the infinite intrinsic worth of the theandric operations is replaced by the extrinsic acceptation of God, is not altogether proof against the charge of Nestorianism leveled at it by Catholics like Schwane and Rationalists like Harnack.神人両性操作の無限の本質的な価値を特徴スコトゥスの理論は神の語義外因によって置き換えられ、Schwaneとハルナックのような合理のようなカトリック教徒でそれを平らにネストリウス派の電荷に対して全く証明になりません。 His arguments proceed from a double confusion between the person and the nature, between the agent and the objective conditions of the act.彼の主張には、代理店との行為の客観的条件との間で、人と自然との間の二重の混乱から進んでください。 The Sacred Humanity of Christ is, no doubt the immediate principle of Christ's satisfactions and merits, but that principle (principium quo) being subordinate to the Person of the Word (principium quod), borrows from it the ultimate and fixed value, in the present case infinite, of the actions it performs.キリストの神聖な人類は、キリストの満足とメリットの即時の原則は間違いありませんが、その原理は(principium現状)ワード(principium刑務所)の人に従属している現状では、そこから究極と固定値を借りるそれが実行するアクションの無限の場合、。 On the other hand, there is in Christ's actions, as in our own, a double aspect, the personal and the objective: in the first aspect only are they uniform and equal while, viewed objectively, they must needs vary with the nature, circumstances, and finality of the act.一方、二重側面、個人的な目的は、私たち自身のように、キリストの行動である:客観的に見て、彼ら制服と同等ながら、第一の局面においてのみ、彼らのニーズは、自然と状況が変化しなければなりませんアール、と行為の終局。

From the adequacy and even superabundance of Redemption as viewed in Christ our Head, it might be inferred that there is neither need nor use of personal effort on our part towards the performance of satisfactory works or the acquisition of merits.本社が妥当とさえ償還有り余るからキリストに見られるように、それはどちらも満足のいく作品のパフォーマンスやメリットの獲得に向けて我々の側の個人的な努力を必要としなかったり使用があることが推論されるかもしれない。 But the inference would be fallacious.しかし、推論は誤っただろう。 The law of cooperation, which obtains all through the providential order, governs this matter particularly.摂理の秩序を介してすべてを取得し、協力の法律では、特にこの問題を支配する。 It is only through, and in the measure of, our co-operation that we appropriate to ourselves the satisfactions and merits of Christ.それだけを通して、キリストの私達が私達自身への適切なsatisfactionsとメリットその私たちの協力の尺度である。 When Luther, after denying human liberty on which all good works rest, was driven to the makeshift of "fiducial faith" as the sole means of appropriating the fruits of Redemption, he not only fell short of, but also ran counter to, the plain teaching of the New Testament calling upon us to deny ourselves and carry our cross (Matthew 16:24), to walk in the footsteps of the Crucified (1 Peter 2:21), to suffer with Christ in order to be glorified with Him (Rom. viii, 17), in a word to fill up those things that are wanting to the sufferings of Christ (Colossians 1:24).ルターは、すべての良い作品の残りの部分は、償還の果実を充当する唯一の手段としての "基準信仰"その場しのぎに駆動された人間の自由を否定した後、彼は及ばなかっただけでなく、平野に反するとき自分自身を否定し、我々のクロス(マタイ16:24)を運ぶ、(1ペテロ2:21)十字架の足跡を歩いて、彼と共に栄光を受けるためには、キリストと共に苦しむために私達に呼びかけ、新約聖書の教え(ワードのROM。VIII、17)は、キリストの受難(コロサイ1:24)に欠けているそれらのものを埋めるために。 Far from detracting from the perfection of Redemption, our daily efforts toward the imitation of Christ are the test of its efficacy and the fruits of its fecundity.極東の償還極致を損なうから、キリストの模倣に向けた私たちの日々の努力は、その有効性のテストとその繁殖力の果実である。 "All our glory", says the Council of Trent, "is in Christ in whom we live, and merit, and satisfy, doing worthy fruits of penance which from Him derive their virtue, by Him are presented to the Father, and through Him find acceptance with God" (Sess. XIV, c. viii) "すべての私たちの栄光"は、トレントの評議会によると、 "私たちが生きて誰にキリストのうちにある、とメリット、そして彼が父に提示されることで、彼からの美徳を引き出す贖罪に値する成果をやって​​、満足、そして彼を通して"神との受け入れを見つける会(14 sess。ⅷ)

IV. Ⅳ。 UNIVERSALITY OF REDEMPTION償還の普遍性

Whether the effects of Redemption reached out to the angelic world or to the earthly paradise is a disputed point among theologians.償還の効果は天使の世界やこの世の楽園に手を伸ばしたかどうかは、神学者の間で係争点です。 When the question is limited to fallen man it has a clear answer in such passages as I John, ii, 2; I Tim.質問は倒れた男に限定されているとき、それは私のジョン、II、2のような通路で明確な答えを持っています私のティム。 ii, 4, iv, 10; II Cor., v, 16; etc., all bearing out the Redeemer's intention to include in His saving work the universality of men without exception. 2世、4、四、10、IIコリント、V、16;等、例外なく彼の省の仕事に男性の普遍性を含むように救い主の意思出全てベアリング。 Some apparently restrictive texts like Matt., xx, 28 xxvi, 28; Rom., v, 15; Heb., ix, 28, where the words "many" (Multi), "more" (plures), are used in reference to the extent of Redemption, should be interpreted in the sense of the Greek phrase no pollon, which means the generality of men, or by way of comparison, not between a portion of mankind included in, and another left out of, Redemption, but between Adam and Christ.マットのようないくつか明らかに制限された文章、xxは、28二十六、28;。ロム、V、15;。HEB、IX、28、参照で使用されている単語は、(マルチ) "多くの" "もっと"(plures)。償還の範囲にはなく、に含まれている人類の部分との間に、ギリシャ語のフレーズがない男性の普遍性を意味ポロン、または比較のための意味で解釈されるべきであり、もう一つは、社債の償還、外に出たけれど、アダムとキリストの間に。 In the determination of the many problems that arose from time to time in this difficult matter, the Church was guided by the principle laid down in the Synod of Quierzy [Denzinger-Bannwart n.この困難な問題に随時生じた多くの問題の決定において、教会はQuierzy [デンツィンガー - bannwart nの教会会議で定め原則によって導かれた。 319 (282)] and the Council of Trent [Sess. 319(282)]とトレント[SESの評議会。 VI, c. VIは、c。 iii, Denzinger-Bannwart, n. III、デンツィンガー - bannwart、nである。 795 (677)] wherein a sharp line is drawn between the power of Redemption and its actual application in particular cases. 795(677)]において鋭いラインは償還の能力および特定のケースで、実際のアプリケーションの間に描画されます。 The universal power has been maintained against the Predestinarians and Calvinists who limited Redemption to the predestinated (cf. the councils named above), and against the Jansenists who restricted it to the faithful or those who actually come to faith [prop.ユニバーサル電源は、(参照上記の名前の議会)predestinatedに償還に限定Predestinariansとカルヴァン派に反対し、忠実な、または実際に信仰[小道具に来る人々にそれを制限のjansenistsに対して維持されてきました。 4 and 5, condemned by Alexander VIII, in Denzinger-Bannwart, 1294-5 (1161-2)] and the latter's contention that it is a Semi-Pelagian error to say that Christ died for all men has been declared heretical [Denzinger-Bannwart, n.1096 (970)].アレクサンダーデンツィンガー - bannwartのVIII、1294から5(1161から2)]、それはすべての人のためにキリストが死んだと言っても半ペラギウスのエラーであること、後者の主張が非難4と5は、宣言された異端[デンツィンガー - Bannwart、n.1096(970)]。 The opinion of Vasquez and a few theologians, who placed children dying without baptism outside the pale of Redemption, is commonly rejected in Catholic schools.バスケスと贖いの淡い外側の洗礼なしに死んでいく子どもたちを置いたいくつかの神学者の意見は、一般的にカトリック系の学校に拒否されます。 In such cases no tangible effects of Redemption can be shown, but this is no reason for pronouncing them outside the redeeming virtue of Christ.このような場合には償還のない目に見える効果は示されていないが、これは、キリストの贖いの美徳外それらを発音するための理由にはならないことができます。 They are not excluded by any Biblical text.これは、どのような聖書のテキストによって除外されていません。 Vasquez appeals to I Tim., ii, 3-6, to the effect that those children, not having any means or even possibility to come to the knowledge of the truth, do not seem to be included in the saving will of God.私のティム。、II、3-6、それらの子どもたちは、いかなる手段、あるいは真理を知るようになる可能性を持っていない旨のバスケスの控訴は、省エネに神の意志が含まれていないようです。 If applied to infants at all, the text would exclude likewise those who, as a matter of fact, receive baptism.まったく乳幼児に適用された場合、テキストも同様に、実際の問題として、洗礼を受ける人は、それらを除外します。 It is not likely that Redemption would seek adults laden with personal sins and omit infants labouring under original sin only.これは、償還が個人的な罪を積んで大人を求め、唯一原罪に苦しんで乳児を省略するというのはよくあることではありません。 Far better say with St. Augustine: "Numquid parvuli homines non sunt, ut non pertineat ad eos quod dictum est: vult omnes salvos fieri?"はるかに優れた聖アウグスティヌスと言う: "Numquid parvuli非sunt、ユタ非pertineat広告EOS刑務所格言EST homines:?vult omnes一斉fieriを" (Contra Julianum, IV, xiii). (コントラJulianum、IV、13)。 With regard to the de facto application of Redemption in particular cases, it is subject to many conditions, the principal being human liberty and the general laws which govern the world both natural and supernatural.特定のケースでは償還の事実上の適用に関しては、それは、人間の自由と自然と超自然の両方の世界を支配する一般的な法律である校長多くの条件に従うものとします。 The Universalists' contention that all should finally be saved lest Redemption be a failure is not only unsupported by, but also opposed to, the New Dispensation which far from suppressing the general laws of the natural order, places in the way of salvation many indispensable conditions or laws of a freely established supernatural order.すべてが最終的に償還しないように保存する必要があることをUniversalists '競合が失敗である、はるかに自然な順序の抑制一般法則から新しい神、救い、多くの必要不可欠な条件のように、場所によってサポートされていないが、また対照的にだけではありませんまたは自由に設定超自然的秩序の法律。 Neither should we be moved by the reproaches of failure often flung at Redemption on the plea that, after nineteen centuries of Christianity, a comparatively small portion of mankind has heard the voice of the Good Shepherd (John 10:16) and a still smaller fraction has entered the true fold.私たちはしばしば、キリスト教の19世紀後、人類の比較的小さな部分は良い羊飼い(ヨハネ10:16)と、まだ小さい分数の声を聞いて、答弁に引き換えで投げ失敗の非難によってどちらを移動する必要があります真のひだに入っている。 It was not within God's plan to illumine the world with the light of the Incarnate Word at once, since he waited thousands of years to send the Desired of the Nations.彼は国連の希望を送信するために何千年も待っていたので、それは一度に化身Wordの光で世の中を明るくするための神の計画の中にありませんでした。 The laws of progress which obtain everywhere else govern also the Kingdom of God.他のどこでも入手進捗の法則はまた、神の王国を支配する。 We have no criterion whereby we can tell with certainty the success or failure of Redemption, and the mysterious influence of the Redeemer may reach farther than we think in the present as it certainly has a retroactive effect upon the past.私たちは、償還の確実成功したか失敗したかと言うことができる何の基準を持っていない、それは確かに過去の時にさかのぼってその効力を生ずるように救い主の神秘的な影響は現在に遠く我々が考える以上に達する可能性があります。 There can be no other meaning to the very comprehensive terms of Revelation.ヨハネの黙示録の非常に包括的な用語には他に意味があってはなりません。 The graces accorded by God to the countless generations preceding the Christian era, whether Jews or Pagans, were, by anticipation, the graces of Redemption.キリスト教の時代を先行する無数の世代に神によって与え美神​​、ユダヤ人や異教徒は、期待して、あったかどうか、償還に甘えて。 There is little sense in the trite dilemma that Redemption could benefit neither those who were already saved nor those who were forever lost, for the just of the Old Law owed their salvation to the anticipated merits of the coming Messias and the damned lost their souls because they spurned the graces of illumination and good will which God granted them in prevision of the saving works of the Redeemer.ただ、古い法律の来るのmessias予想メリットに彼らの救いを負ったとのろわれたがために自分の魂を失ったの償還がどちら既に保存された人々も永遠に失われた人々に利益をもたらすことを陳腐なジレンマではほとんど意味があるが、彼らは、神が救い主の省エネ作品の予知にそれらを付与照明と善意の恵みを拒絶。

V. TITLE AND OFFICES OF THE REDEEMER V.タイトルと贖いの事務所

Besides the names Jesus, Saviour, Redeemer, which directly express the work of Redemption, there are other titles commonly attributed to Christ because of certain functions or offices which are either implied in or connected with Redemption, the principal being Priest, Prophet, King and Judge.名前直接償還の作品を表現イエス、救い主、贖い主、ほかに、一般的にどちらかのために、明示または償還で接続されている特定の関数やオフィスのキリストに起因する他のタイトルがあり、校長である祭司、預言者、王と裁判官。

Priestプリースト

The sacerdotal office of the Redeemer is thus described by Manning (The Eternal Priesthood, 1):救い主の聖職事務所は、このようにマニング(永遠の聖職者は、1)で説明されます:

What is the Priesthood of the Incarnate Son?化身の息子の神権とは何ですか? It is the office He assumed for the Redemption of the world by the oblation of Himself in the vestment of our manhood.それは彼が私たちの男らしさの法衣に身の奉納による世界の償還のために想定オフィスです。 He is Altar, Victim and Priest by an eternal consecration of Himself.彼は自分の永遠の奉献によって祭壇、犠牲者と司祭です。 This is the priesthood forever after the order of Melchisedek who was without beginning of days or end of life &151; a type of the eternal priesthood of the son of God.これは、数日または生命の終わりの始まりもしていませんでしたMelchisedekの注文後永遠聖職です&151;神の息子の永遠の聖職者のタイプ。

As sacrifice, if not by the nature of things, at least by the positive ordinance of God, is part of Redemption, the Redeemer must be a priest, for it is the function of the priest to offer sacrifice.物事の本質によって犠牲として、そうでない場合、少なくとも神の正の条例で、償還の一部であるそれは犠牲をささげるために司祭の関数であるために、救い主は、司祭でなければなりません。 In an endeavour to induce the newly converted Jews to abandon the defective Aaronic priesthood and to cling to the Great High Priest who entered heaven, St. Paul in his Epistle to the Hebrews, extols the dignity of Christ's sacerdotal office.不良品アロン神権を放棄すると天国に入った大祭司にしがみつくために新しく変換されたユダヤ人を誘導するために努力する、ヘブル人への彼の信徒の聖パウロは、キリストの聖職オフィスの尊厳を称賛。 His consecration as a priest took place, not from all eternity and through the procession of the Word from the Father, as some of the theologians seem to imply, but in the fulness of time and through the Incarnation, the mysterious unction which made Him priest being none else than the Hypostatic Union.司祭として彼の奉献ではなくすべての永遠からと父からWordの行列を通して、神学者の一部が意味するように、しかし、時間とfulnessと化身、神の司祭作ら神秘的な慰めを通じ、開催されました沈下連合以外の何者であることは関係ない。 His great sacrificial act was performed on Calvary by the oblation of Himself on the Cross, is continued on earth by the Sacrifice of the Mass and consummated in heaven through the sacrificial intention of the priest and the glorified wounds of the victim.彼の偉大な犠牲的行為が十字架上で自分自身の奉納によってカルバリーで行われた、ミサの犠牲によって地球上継続し、祭司と犠牲者の栄光の傷の犠牲意図を通して、天国で成就されています。 The Christian priesthood, to which is committed the dispensation of the mysteries of God, is not a substitute for, but the prolongation of, the priesthood of Christ: He continues to be the offerer and the oblation; all that the consecrated and consecrating priests do in their ministerial capacity, is to "show forth the death of the Lord" and apply the merits of His Sacrifice.神の謎の摂理を犯しているために、キリスト教の聖職者は、また、代用しますが、期間の延長は、キリストの聖職者ではありません:彼は、申出人と奉納され続け、聖体拝領と奉献の司祭が行うすべてのこと彼らの閣僚の立場で、 "主の死を定め表示する"と彼の犠牲のメリットを適用することです。

Prophet預言者

The title of Prophet applied by Moses (Deuteronomy 18:15) to the coming Messias and recognized as a valid claim by those who heard Jesus (Luke 7:10), means not only the foretelling of future events, but also in a general way the mission of teaching men in the name of God.今後のmessiasにモーセ(申命記18:15)によって適用されたとイエス(ルカ7時10)を聞いた人々によって有効な主張として認識預言のタイトルは、将来の出来事の予告だけでなく、意味だけでなく、一般的な方法で神の名の下に人を教えるという使命。 Christ was a Prophet in both senses.キリストは、両方の意味で預言者であった。 His prophecies concerning Himself, His disciples, His Church, and the Jewish nation, are treated in manuals of apologetics (see McIlvaine, "Evidences of Christianity", lect. V-VI, Lescoeur, "Jésus-Christ", 12e conféer.: Le Prophète). 。自身に関する彼の予言は、彼の弟子たちは、彼の教会、ユダヤ民族は、(McIlvaineを参照して、 "キリスト教の証拠"、講V〜VI、Lescoeur、 "イエス·キリスト"、12Econféer弁証のマニュアルで扱われます:ルProphète)。 His teaching power (Matthew 7:29), a necessary attribute of His Divinity, was also an integrant part of Redemption.彼の指導力(マタイ7時29)、彼の神性の必要な属性は、また償還のインテグラ一部だった。 He who came "to seek and to save that which was lost" (Luke 19:10) should possess every quality, Divine and human, that goes to make the efficient teacher.彼は誰 "を求めると失われたことを保存するために"(ルカ19:10)効率的な教師を作ることになり、神と人間のすべての品質を、持っている必要がありました。 What Isaias (Iv, 4) foretold, "Behold I have given him for a witness to the people, for a leader and a master to the Gentiles", finds its full realization in the history of Christ.イサイアス(IV、4)が予告されたものは、キリストの歴史の中で、その完全な実現を見つけ、 "私はリーダーであり、異邦人へのマスターのために、人々は彼のために証人を与えている"見よ。 A perfect knowledge of the things of God and of man's needs, Divine authority and human sympathy, precept and example combine to elicit from all generations the praise bestowed on Him by His hearers - "never did man speak like this man" (John 7:46).神と人のニーズを、神の権威と人間の共感、教訓と例では、すべての世代から聞き手によって彼に授け称賛を導くために結合するの物事の完全な知識 - "男はこの男のように話すことはなかった"(ヨハネ7: 46)。

Kingキング

The kingly title frequently bestowed on the Messias by the Old Testament writers (Ps. ii, 0; Is. ix, 6, etc.) and openly claimed by Jesus in Pilate's Court (John 18:37) belongs to Him not only in virtue of the Hypostatic Union but also by way of conquest and as a result of Redemption (Luke 1:32).王のタイトルは頻繁に旧約聖書の作家(詩篇II、0;あるIX、6など)でのmessiasを授けたと公然とピラトの法廷(ヨハネ18:37)でイエスが主張することは美徳ではない彼だけに属している沈下連合も征服の方法でと贖い(ルカ1:32)の結果として。 Whether or not the temporal dominion of the universe belonged to His royal power, it is certain that He understood His Kingdom to be of a higher order than the kingdoms of the world (John 18:36).宇宙の時間的な支配権は彼の王権に属していたかどうかに関係なく、それは彼がこの世の国(ヨハネ18:36)より上位であることが彼の王国を理解したことは確かである。 The spiritual kingship of Christ is essentially characterized by its final object which is the supernatural welfare of men, its ways and means which are the Church and the sacraments, its members who are only such as, through grace, have acquired the title of adopted children of God.キリストの精神的な王政は、基本的に男性の超自然の福祉である最終的なオブジェクト、教会と秘跡その方法や手段、恵みによって、養子のタイトルを獲得している、としてのみなもので、そのメンバーによって特徴付けられる神の。 Supreme and universal, it is subordinate to no other and knows no limitations of either time or place.最高裁判所とユニバーサルは、それは他に従属し、いずれかの時間や場所は制限を知らない。 While the kingly functions of Christ are not always performed visibly as in earthly kingdoms, it would be wrong to think of His Kingdom as a merely ideal system of thought.キリストの王の関数は常にこの世の王国のように目に見えて行われていませんが、それは思考の単なる理想的なシステムとして、彼の王国を考えるのは間違っているでしょう。 Whether viewed in this world or in the next, the "Kingdom of God" is essentially hierarchic, its first and last stage, that is, its constitution in the Church and its consummation in the final judgment, being official and visible acts of the King.この世界で、または次で見たかどうかは、 "神の王国"は、キングの公式と見える行為であること、最終的な判断で、教会とその終焉で、その憲法でその最初と最後の段階では、本質的に階層的である。

Judge裁判官

The Judicial office so emphatically asserted in the New Testament (Matthew 25:31; 26:64; John 5:22 sq.; Acts 10:42) and early symbols [Denzinger-Bannwart, nn.と早期のシンボル[デンツィンガー - bannwart、nnは司法事務所はそうきっぱりと新約聖書(; 26:64;;平方ジョン5時22分午前10時42使徒マタイ25:31)で主張した。 1-41 (1-13)] belongs to Christ in virtue of His Divinity and Hypostatic Union and also as a reward of Redemption. 1から41(1-13)]は彼の神性と沈下連合のおかげで、キリストに属しており、また、償還のご褒美として。 Seated at the right hand of God, in token not only of rest after the labours of His mortal life or of glory after the humiliations of His Passion or of happiness after the ordeal of Golgotha, but also of true judicial power (St. Augustine, "De fide et symbolo", in PL, XL, 188), He judges the living and the dead.ゴルゴタの試練の後だけでなく、真の司法権(聖アウグスティヌスは、彼の情熱や幸福の屈辱の後、彼の死を免れな人生の労働の後、または栄光だけでなく、残りのトークンには、神の右に座し"デfideらsymbolo"は、PL、XL、188)で、彼は裁判官の生存者と死者​​を。 His verdict inaugurated in each individual conscience will become final at the particular judgment and receive a solemn and definitive recognition at the assizes of the last judgment.各個人の良心に発足し、彼の判決は特定の判断で最終的になり、最後の裁きの巡回裁判で厳粛かつ決定的な認識を受け取ることになります。 (See ATONEMENT.) (償いを参照してください。)

Publication information Written by JF Sollier. JF Sollierによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by William O'Meara.ウィリアムオメーラ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XII.カトリック百科事典は、ボリュームXII。 Published 1911. 1911年公開された。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1911.ニヒルのObstat、1911年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

OXENHAM, The Atonement (London, 1881); RlVIERE, Le dogme de la Redemption (Paris 1905); HUGON, Le mystere de la Redemption (Paris, 1910); GRIMAL, Le sacerdoce et 1e sacrifice (Paris, 1911); HUNTER, Outlines of dogmatic theology (New York 1894); WILHELM AND SCANNELL, Manual of Catholic theology (London, ;901); TANQUERET, Synopsis theologiae dogmaticae specialis (Rome, Tournai Paris, 1909); with a good bibliography II, 404, and passim; RITTER, Christus der Erloser (Linz, 1903); MUTH, Heilstadt Christi als stelloertretende Genugthuung (Ratisbon, 1904).オクセナム、償い(ロンドン、1881); RlVIERE、ルdogme·デ·ラ·リデンプション(パリ1905); HUGON、ル·ミステール·デ·ラ·リデンプション(パリ、1910);グリマール、ルsacerdoceら1eの犠牲(パリ、1911);ハンター、独断的な神学の概要(ニューヨーク1894);ヴィルヘルムとスキャネル氏は、マニュアルのカトリック神学(ロンドン、; 901); TANQUERET、あらすじ神学dogmaticae specialis(ローマ、トゥルネーパリ、1909);良い文献目録Ⅱ、404と、ここかしこと;リッター、クリストゥスファンデErloser(リンツ、1903);キュームットHeilstadtクリスティALS stelloertretende Genugthuung(Ratisbon、1904)。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです