Resurrection of the Dead死者の復活

General Information 一般的な情報

In the OT OTで

Several considerations moved OT thought away from the early, universal, animistic ideas about postmortem survival which underlay necromancy (I Sam. 28:8-9), funeral provisions, directions for the dead, and Sheol/Hades, the shadowy underworld of ghosts (Ezek. 32:17-32).いくつかの考慮事項がOTは死後生存に関する初期の、普遍的、アニミズム的な発想から離れて移動したと思ったアンダーネクロマンシー(私サム。28:8-9)、葬儀の規定は、死者のための方向性、よみ/ハデス、幽霊の謎に包まれた暗黒街( Ezek。32:17-32)。

Everyday observation, plus the belief that God made man's body in his own image, led to the conviction that man was not "soul" imprisoned within a physical frame but embodied spirit, a unity of body and living self.日常の観察に加えて、神は人間が "魂"物理フレーム内に投獄しかし精神、身体、生活、自己の統一を体現しなかったという信念に導かれ、自分のかたちに人の体を作ったという信念。 Sheol's disembodiment in forgetfulness, hopelessness, without knowledge or relationships (II Sam. 12:23; Job 7:9ff.; 10:20-22; Ps. 30:9; Eccles. 9:2, 5, 10) therefore struck horror, as subhuman.知識や関係のない物忘れで冥土の肉体からの離脱、絶望、(Ⅱサム12時23分;舐め7時09 FF; 10:20-22; Psは30:9;エクルズ9:2、5、10)したがって恐怖を襲った、人間以下のように。 Hence Israel's care for the bodies of the dead (Gen. 23; 50:2, 25; Jer. 8:1ff.; 14:16).死者の遺体のためのゆえ、イスラエルのケア(創世記23; 50:2、25;。エレミヤ8時01 FF;午後2時16分)。

At first Yahweh's rule did not extend beyond death (Pss. 6:5; 88:10-12, Isa. 38:18), until prophetic insistence on his universal sovereignty claimed Sheol also within his jurisdiction (Ps. 139:7-8).彼の普遍的主権を主張予言は彼の管轄内でも冥土主張まで(詩篇139:7-8、前記第ヤハウェのルールで(88:10-12、イザヤ38:18。Pss. 6:5)死を超えて拡張しませんでした)。 The emphasis of Jeremiah and Ezekiel on individual relationships with God led to more religious conceptions of the afterlife (Pss. 16:8-11; 73:23-26).神と個々の関係上エレミヤとエゼキエルの重点は、死後の世界の多くの宗教的な概念(; 73:23-26 Pss. 16:8-11)につながった。 No shadow existence could sustain divine fellowship, but only restoration to full personality in resurrection (Matt. 22:31).影の存在は神の交わりますが、復活の完全な人格にのみ復元(マタイ22:31)を維持することができなかった。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Longing for acquittal from the accusation that great suffering implies great sin made Job contemplate waiting in Sheol until God's wrath be past and he, released, would live again (Job 14:7-15).大きな苦しみは大きな罪を意味することから告発無罪判決への憧れは、ジョブが神の怒りが過去であると彼は、解放、(ヨブ14:7-15)再び生きる希望まで冥土で待って熟考しました。 Despite its difficulties, Job 19:25-27 likewise appears to anticipate immortality in some bodily form.その困難にもかかわらず、舐め19:25-27は、同様にいくつかの身体の形で不死を予想するために表示されます。 Pss. PSS。 73:17; 49:14-15; Isa. 73:17; 49:14-15;アイザ。 53:10ff. 53:10 ffです。 similarly relieve the injustice of suffering by the hope of life with God beyond Sheol.同様にシェオル越え神と人生の希望によって苦しむ不公平を和らげる。

Some think the promises of national vindication and prosperity in the day of the Lord, unless confined to "the final generation," first prompted thoughts of resurrection of intervening generations, although Hos.に限定しない限り、いくつかは、主の日における国家の汚名をすすぐと繁栄の約束を考える "最終世代、"最初ホーズが、介入している世代の復活の思考を促した。 6:2; 13:14; Ezek. 6時02分、夜01時14分; Ezek。 37:1-14 use resurrection language as already familiar.すでにおなじみとして37:1-14使用復活言語。 Isa.伊佐。 24-27 (especially 25:6-8; 26:19ff.) and Dan. 24から27(特に25:6-8; 26:19 FF)とダン。 12:1-4 anticipate the return of men in bodily integrity to share Israel's glory. 12:1-4イスラエルの栄光を共有する身体の整合性の男性のリターンを期待しています。 Isa.伊佐。 26:14 denies resurrection to foes; Daniel includes resurrection "to life" (for Jews faithful under persecution), and "to everlasting contempt" (for Jews who joined the persecutors, 11:32ff.). (迫害に加わったユダヤ人のため、11:32 FFを指定します。) "永遠の侮辱に"(迫害下に忠実なユダヤ人のための)ダニエルは "人生への"復活が含まれており、、26:14には、​​敵への復活を拒否します。 No general resurrection is implied: here, too, justice is the argument.一般的な復活を意味するものではありません:ここでは、あまりにも、正義は引数です。

Zoroastrian, Egyptian, Assyrian, and Babylonian allusions may be either sources or parallels to developing Jewish thought.ゾロアスター教、エジプト、アッシリア、そしてバビロニアのallusionsユダヤ人の考えを開発するための情報源やParallelsどちらかであるかもしれません。

Intertestamental Apocalyptic Thought旧約新約間の終末思想

Intertestamental apocalyptic ranged widely.旧約新約間の終末論は広く及んだ。 Some writers applied moral distinctions within Sheol, with reward and punishment implying some degree of judgment.いくつかの作家は報酬や判断をある程度示唆し罰と、シェオル内道徳の区別を適用しています。 Promises to the faithful, especially martyrs, included earthly glory; justice would likewise resurrect oppressors (with their deformities) to be recognized and punished (II Apoc. Bar.; cf. Mark 9:42ff.).認識され、処罰される正義も同様に抑圧者を復活させるだろう(彼らの奇形)、忠実な、特に殉教者、この世の栄光が含まれていたことを約束する(Ⅱapocですバー;。CFマークffは9時42分)。

Hellenized Judaism preferred immortality of the soul, more richly conceived, to resurrection of the body.魂のヘレニズムユダヤ教好ましい不死は、より豊かに、身体の復活に、想像した。 Palestinian Judaism clung to resurrection.パレスチナのユダヤ教では、復活に執着していた。 "Garments of glory" (of life) were required for life beyond death (I-II Enoch), "nakedness" (disembodiment) being abhorred. (人生の) "栄光の衣"は "裸"(肉体からの離脱)が嫌っている、(I-IIエノク)死を超えて生活のために必要であった。 Some speak of a spiritual body, counterpart to the physical and coexistent with it.いくつかは、それと物理的および共存への対応、精神的なボディの話。 I Enoch says the body buried will rise "glorious"; II Apoc.二apocです、私はエノクは埋葬体が "栄光"が上昇しますと言います。 Bar.バー。 resembles I Cor.私うわっ似ています。 15:35ff.午前15時35分FF。 but holds the transformation comes later; most speak of the risen body as "like angels...made of the light and glory of God"; others of its needing neither food nor marriage.しかし変換は後で来る保持し、大部分が上昇し、体の "天使のような...神の光と栄光で作られた"と話し、他の人のその食品も結婚もする必要がある。

Those raised to share Messiah's temporary (earthly) or final (supernatural) kingdom will be righteous (Jews).それらは救世主の(超自然)一時(この世の)または最終的な王国を共有するために調達し(ユダヤ人)正義となります。 Other writers assume a general resurrection; II Esdras, a resurrection of Messiah and all men after the messianic age. IIエスドラス、救世主年齢後の救世主とすべての人の復活、他の作家は一般的な復活を前提としています。 In I Enoch 22 those already punished remain in Sheol; those not punished move to torturing Gehenna; I Enoch 67 has some wicked raised for judgment.私は22エノクにすでに罰せられたものは陰府に残ります。拷問地獄への移行を処罰していないもの、私は67が判断のためにいくつかの邪悪な上昇を持ってエノク。 Apocalyptists invent various stages of judgment, kingdom, resurrection. Apocalyptistsは判断力、王国、復活の様々な段階を考案。 Test.テスト。 Benj. Benj。 10:6ff.午前10時06分FF。 makes patriarchs rise first, then sons of Jacob, then all men.族長その後ヤコブの息子たちは、すべての人その後、最初の上昇になります。 II Macc., perhaps following hints of Isa.世maccですが。、恐らくアイザのヒントに従う。 24-27 and Daniel, suggests martyrs deserve priority. 24から27とダニエルは、殉教者はプライオリティを与えることを示唆している。

By the first century most Jews held to general resurrection; rabbis argued Abraham so believed (Heb. 11:19).一般的な復活に開催された最初の世紀のほとんどのユダヤ人によって、ラビはそうアブラハムを主張(ヘブル11:19)と信じていた。 Pharisees expected resurrection of the just (Acts 23:8), so probably did Essenes and Qumran covenanters.パリサイ人たちは、ちょうど(行為23:08)ので、おそらくやったエッセネ派とクムランターズの復活を期待していた。 Sadducees denied resurrection as not "Mosaic," and possibly as a foreign idea (Mark 12:18; Josephus says they believed the soul died with the body).サドカイ派は、 "​​モザイク"ではないとして復活を否定したことによると外国のアイデアとして(マルコ12:18;ヨセフス彼らは魂が肉体と共に死んだと信じられている)。 A few, holding matter evil, denied resurrection altogether.いくつかは、問題の悪を保持し、完全復活を否定した。

In the NT NTで

New Christian contributions include新しいキリスト教の貢献が含まれる

Johannine reflection moves even nearer than Paul's toward incorporeal immortality.使徒ヨハネの反射がパウロの霊的不死に向かってよりも近い移動します。 Eternal life is experienced now (John 3:36); the faithful never see death (8:51); believers have already "crossed over" from death to life (5:24), as have those who love (I John 3:14).永遠の命は(ヨハネ3:36)今経験している。忠実(8:51)死を見ることはありません。信者は既にとして(ヨハネ3を愛する人々を持って、死から命(5:24)に "クロスオーバー"しました: 14)。 Faced with Martha's talk about resurrection at the last day, Jesus replies that he himself, and relationship to him, constitute the resurrection and the life (11:25; 17:3) just as belief in him avoids judgment and unbelief is judgment (John 3:18-21).彼の信念は判断を避け、不信仰が(ヨハネ判断であるのと同様に、最後の日の復活についてのマーサの話に直面して、イエスは、彼自身、彼との関係は、(17時03分11時25分)復活であり、命を構成していることを返信3:18-21)。 As Christ's own life (preexistent, earthly, postmortem) passes through death unquenched, so believers will never die (8:51).キリスト自身の人生は(死後、この世の、元から)消されていない死を通過するにつれ、信者は(午前8時51分)死ぬことはありません。 Those who disobey the Son do not see life (3:36).御子に従わない人は(3:36)人生が表示されません。 As does Paul, John appears to discount physical resurrection, yet 5:25, 28ff.ポールが行うように、ジョンはまだ物理的な復活、5時25分、28ffを割り引くために表示されます。 declare a general resurrection, and 6:39-40, 44, 54 a resurrection of believers "at the last day", hardly an accommodation to earlier views or interpolation, since Lazarus's restoration to this life and Christ's physical resurrection mean so much to John.この人生とは、キリストの身体的復活へラザロの復活以来、ジョンにそんなに意味、ほとんど一般的な復活と、6:39-40、44、54 "最終日に"信者の復活、以前のビューまたは補間にある宿泊施設を宣言。 Faith was still exploratory.信仰は、まだ予備的であった。

Further Developmentsさらなる発展

Later thought further illustrates the tension between Hebrew and Greek emphases.後でさらにヘブライ語とギリシャ語の強調点の間の緊張を示して思った。 Gnostic dualism infiltrated Christian teaching about God, Christ, and morality with the alien Greek principle that matter is inherently evil and must be destroyed, resurrection being impossible.グノーシス主義の二元論は、神、キリスト、その物質は本質的に悪であり、破壊しなければならない、復活が不可能であることを外国人ギリシャの原則と道徳についてのキリスト教の教えに潜入。 But (except in asceticism) the church rejected dualism.しかし、(禁欲を除く)教会は二元論を拒否しました。 I and II Clement, Barnabas ("a general resurrection"), and Tertullian ("the soul inherently immortal and death unnatural, yet the same body will be raised") express the orthodox view. IおよびIIクレメント、バルナバ( "一般的な復活")、およびテルトゥリアヌス​​( "不自然な本質不滅の魂と死、まだ同じボディが発生します")正統的な見解を表明。 Ignatius follows John: Christ is eternal life, but "flesh and spirit" will be raised through the Eucharist ("medicine of immortality") and the Spirit. Ignatiusはジョンは、次のとおりです。キリストは永遠の命ですが、 "肉体と精神は"聖体( "不死の薬")と御霊によって発生します。 Origen insists that the natural body is dissolved into dust, but will be raised and "advance to a spiritual body", so striving to reconcile Hebrew and Platonic ideas.原産地は自然な体が粉々に溶解していることを主張しているが、隆起したので、ヘブライ語とプラトニックなアイデアを和解に努め、 "精神的なボディに進む"されます。 Aquinas, too, held our fleshly bodies rise and remain fleshly; like Tertullian, he finds spiritual uses for redundant physical organs.アクィナスは、あまりにも、私たちの肉の体が上昇し、肉欲のまま保持され、テルトゥリアヌス​​のように、彼は、冗長物理的な器官のための精神的な使い方を見つけることができます。

A typical modern statement runs: "The term immortality is preferable. The argument that religious experience implies personal survival points to the immortality of the soul and its values rather than to resurrection of the body."典型的な現代文が実行されます: "という用語不滅であることが好ましい宗教的体験は、魂とその値の不死ではなく、身体の復活への個人的な生存の点を意味するという主張。" This attracts many, who do not always realize the values conserved by the traditional resurrection emphasis: the permanence not only of abstract personality and values but of the individual, with consciousness, relationships, memories, and love, against theories of absorption ("a drop in the eternal ocean of being"), racial survival ("continuing to contribute to ongoing humanity"), or sentimental immortality ("to live in the hearts of those we love is not to die").抽象的な人格や価値観のが、個々だけでなく、耐久性、意識、人間関係、思い出、そして愛をもって、吸収の理論に反対( "ドロップ:これは、常に伝統的な復活を強調することによって保存された値を実現していない人は、多くを魅了という永遠の海で ")、人種的生存率("現在進行中の人類に貢献し続ける ")、または感傷的不死は("私たちが愛する人々の心に住んでいる) "死ぬことはありません。 Essentially, Christians believe that he who called men into being and into fellowship with himself can sustain all persons under eternal conditions, in complete and enriched humanity, in such bodily garment as eternal life requires.本質的に、キリスト教徒がされて入って、彼自身との交わりに男性を呼び出し、彼は永遠の命が必要であるようにそのような身体の衣服で完全かつ濃縮人類における永遠の条件の下ですべての人を支えることができると信じています。

REO White REOホワイト
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
DS Russell, Between the Testaments; J. Baillie, And the Life Everlasting; JH Leckie, World to Come and Final Destiny; Tertullian, On the Resurrection of the Flesh. J·ベイリー、そして永遠の命;;聖書の間のDSラッセル、公団レッキー、世界に来るとファイナルデスティニー、テルトゥリアヌス​​、肉の復活について。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです