Scripture聖書

Advanced Information 高度情報

The rendering of graphe, a Greek term occurring in the NT in reference to the canonical OT literature. grapheのレンダリングは、標準的なOTの文献を参考にNTで発生するギリシャ語。 Its plural form denotes the entire collection of such compositions (Matt. 21:42; I Cor. 15:3-4), but when used in the singular, graphe can mean either a specified passage (Mark 12:10) or the constituent body of writings (Gal. 3:22).その複数形は、このような組成物のコレクション全体(マタイ午後9時42分、Iコリント15:3-4)を示しているが、単数形で使用された場合、grapheは、指定通路(マルコ12:10)、または構成要素を意味することができます文章の本体(ガラテヤ3:22)。 The (Holy) Scriptures were referred to by the term hiera grammata on one occasion (II Tim. 3:15), while in the Pauline literature the word gramma ("writing") refers consistently to the Hebrew Torah or law. Paulineの文献に単語グラーマグラスが( "書き込み")ヘブライ語トーラーまたは法律に一貫して言及しているが(聖)聖書は、1機会に長期hiera grammata(Ⅱテモテ3:15)によって参照されていました。 The content of a particular verse, or group of verses, is sometimes described as to gegrammenon (Luke 20:17; II Cor. 4:13).特に詩の内容、または詩のグループが、時にはgegrammenon(;二コー4時13分ルーク20:17)にとして記載されている。

The term "book" can describe a single composition (Jer. 25:13; Nah. 1:1; Luke 4:17), while the plural could indicate a collection of prophetic oracles (Dan. 9:2; II Tim. 4:13), both forms being used as a general designation of Scripture.用語 "本"単一組成(Jer. 25:13ルーク4時17分;、いや1:1。)を記述することができます複数の予言神託(Dan.午前9時02分の集合を示している可能性がありながら、、IIティム4。 :13)、両方の形式は、聖書の一般的な名称として使用されている。 The divine author of this material is the Holy Spirit (Acts 28:25), and the writings that are the result of divine revelation and communication to the various biblical authors are said to be inspired (theopneustos, II Tim. 3:16).この材料の神の著者は、聖霊(使徒28:25)であり、様々な聖書の作者に神の啓示とコミュニケーションの結果である文章は(theopneustos、Ⅱテモテ3:16)に触発されたことになります。 Though grammatically passive, this term is dynamic in nature, meaning literally "God-breathed" in an outward rather than an inward direction.文法的に受動的だが、この用語は、むしろ内側方向より外側に "神の霊感"文字通り意味、自然の中でダイナミックです。 God has "breathed out" Scripture as a function of his creative activity, making the revealed word of God authoritative for human salvation and instruction in divine truth.神は神の真理で人間の救いと命令に対する神の啓示という言葉が正式作り、彼の創作活動の関数としての聖書 "を吐き出しました"。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
RK Harrison RKハリソン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
EJ Young, Thy Word Is Truth; R. Mayer, NIDNTT, III, 482-97. EJヤング、汝の言葉は真実です。R.メイヤー、NIDNTT、III、482から97。


Scripture聖書

Advanced Information 高度情報

Scripture invariably in the New Testament denotes that definite collection of sacred books, regarded as given by inspiration of God, which we usually call the Old Testament (2 Tim. 3:15, 16; John 20:9; Gal. 3:22; 2 Pet. 1:20).ジョン20時09分;;ギャル3:22新約聖書の中で常に聖書は、私たちが通常、旧約聖書(2ティム3時15分、16が呼ぶ、神の霊感によるものとみなさ神聖な書籍のその明確なコレクションを、示す; 2ペット。1:20)。 It was God's purpose thus to perpetuate his revealed will.それは彼の明らかに意志を永続させるためにこのように神の目的だった。 From time to time he raised up men to commit to writing in an infallible record the revelation he gave.その時から、彼は絶対に正しいレコードに彼が与えた啓示を書くことにコミットし、男性を引き上げた。 The "Scripture," or collection of sacred writtings, was thus enlarged from time to time as God saw necessary.神は必要な見たように、 "聖書"、または神聖なwrittingsのコレクションは、このように随時拡大した。 We have now a completed "Scripture," consisting of the Old and New Testaments.我々は今、旧約聖書と新約聖書から成る完成した "聖書"を持っている。 The Old Testament canon in the time of our Lord was precisely the same as that which we now possess under that name.私たちの主の時の旧約聖書キヤノンは、まさに私たちが今その名前の下で持っていることと同じであった。 He placed the seal of his own authority on this collection of writings, as all equally given by inspiration (Matt. 5:17; 7:12; 22:40; Luke 16: 29, 31).すべて均等にインスピレーション(:29、31、午前7時12分;、午後10時40ルカによる福音書16マタイ5:17)で与えられるように、彼は執筆のこのコレクションに自分の権威のシールを置いた。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Scripture聖書

Catholic Information カトリックの情報

Sacred Scripture is one of the several names denoting the inspired writings which make up the Old and New Testament.聖書は、旧約聖書と新約聖書を構成している聖書を表すいくつかの名前の一つです。

I. USE OF THE WORD I.は単語の使用

The corresponding Latin word scriptura occurs in some passages of the Vulgate in the general sense of "writing"; eg, Ex., xxxii, 16: "the writing also of God was graven in the tables"; again, II Par., xxxvi, 22: "who [Cyrus] commanded it to be proclaimed through all his kingdom, and by writing also".対応するラテン語の単語scripturaは、 "書き込み"の一般的な意味でのウルガタ聖書のいくつかの通路で発生します。例えば、EX、32、16: "神の書き込みも、テーブル内の心に刻まれた"だった。再び、二パー、36。 、22: "[サイラス]はすべての彼の王国を通じ、また、書くことで宣言することを命じた。" In other passages of the Vulgate the word denotes a private (Tob., viii, 24) or public (Ezra 2:62; Nehemiah 7:64) written document, a catalogue or index (Ps. lxxxvi, 6), or finally portions of Scripture, such as the canticle of Ezechias (Isaiah 38:5), and the sayings of the wise men (Ecclus., xliv, 5).書かれた文書は、カタログやインデックス(詩篇八十六、6)、またはfinally部分;ウルガタ聖書の他の通路の単語は、プライベート(Tob.、VIII、24)または公共の(ネヘミヤ7:64エズラ2:62)である聖書の、そのようなEzechiasの賛美歌(イザヤ38:5)と賢者(Ecclus.、44、5)の言葉のように。 The writer of II Par., xxx, 5, 18, refers to prescriptions of the Law by the formula "as it is written", which is rendered by the Septuagint translators kata ten graphen; para ten graphen, "according to Scripture". "聖書によると、"パラ10 graphen、IIパー、XXX、5、18、の作家はセプトゥアギンタの翻訳カタ10 graphenによってレンダリングされた "と書いてあるとおり"式による法の処方を指します。 The same expression is found in I Esdr., iii, 4, and II Esdr., viii, 15; here we have the beginning of the later form of appeal to the authority of the inspired books gegraptai (Matthew 4:4, 6, 10; 21:13; etc.), or kathos gegraptai (Romans 1:11; 2:24, etc.), "it is written", "as it is written".同じ表現は私ESDRで発見され、III、4、およびII ESDR、VIII、15;。ここで我々はインスピレーションブックgegraptai(マタイ4:4、6の権威への訴えの後、フォームの開始を持っている、 10; 21時13、など)、またはkathos gegraptai(ローマ人への手紙1:11; "と書いてあるとおり" 2:24など)、 "それは書かれている"。

As the verb graphein was thus employed to denote passages of the sacred writings, so the corresponding noun he graphe gradually came to signify what is pre-eminently the writing, or the inspired writing.動詞grapheinこうして聖典の一節を示すために用いられたように、彼は徐々にgraphe対応する名詞は、書面、またはインスピレーション書き込み事前に完ぺきとは何かを示すために来ました。 This use of the word may be seen in John, vii, 38; x, 35; Acts, viii, 32; Rom., iv, 3; ix, 17; Gal., iii, 8; iv, 30; II Tim., iii, 16; James, ii, 8; I Pet., ii, 6; II Pet., i, 20; the plural form of the noun, ai graphai, is used in the same sense in Matt., xxi, 42; xxii, 29; xxvi, 54; Mark, xii, 24; xiv, 49; Luke, xxiv, 27, 45; John, v, 39; Acts, xvii, 2, 17; xviii, 24, 28; I Cor., xv, 3, 4.単語の使用は、ジョン、第VII、38で見られるかもしれないであり、x、35;行為、VIII、32、ROM、IV、3; IX、17;。ギャル、III、8;四、30、IIティム。 、III、16;ジェームズ、II、8、私のペット、2、6、。ⅱペット、私は、20;名詞の複数形、AI graphaiは、マットでも同じ意味で使用されては、xxi、42。 ; XXII、29;二十六、54;マーク、12、24; XIV、49、ルカ、24、27、45、ジョン·V·39;行為、17、2、17、18、24、28、私うわっ。 、15、3、4。 In a similar sense are employed the expressions graphai hagiai (Romans 1:2), ai graphai ton propheton (Matthew 26:56), graphai prophetikai (Romans 16:26).似たような意味で表現graphai hagiai(ローマ人への手紙1:2)、AI graphaiトンpropheton(マタイ26:56)、graphai prophetikai(ローマ人への手紙午後4時26)が採用されています。 The word has a somewhat modified sense in Christ's question, "and have you not read this scripture" (Mark 12:10).言葉は、キリストの質問で多少修正されたセンスを持っている "と、この聖書読んでいない"(マルコ12:10)。 In the language of Christ and the Apostles the expression "scripture" or "scriptures" denotes the sacred books of the Jews.キリストの言葉で表現し、 "聖書"や "聖書は"ユダヤ人の神聖な書籍を意味します。使徒 The New Testament uses the expressions in this sense about fifty times; but they occur more frequently in the Fourth Gospel and the Epistles than in the synoptic Gospels.第4福音書と共観福音書より書簡が、彼らはより頻繁に発生する、新約聖書では、50回程度、この意味での表現を使用します。 At times, the contents of Scripture are indicated more accurately as comprising the Law and the Prophets (Romans 3:21; Acts 28:23), or the Law of Moses, the Prophets, and the Psalms (Luke 24:44).か、モーセの律法、預言者と詩篇(ルカ24:44)、時々、聖書の内容は律法と預言者(行為28:23ローマ人への手紙3:21)を含むように、より正確に表示されます。 The Apostle St. Peter extends the designation Scripture also to tas loipas graphas (2 Peter 3:16), denoting the Pauline Epistles; St. Paul (1 Timothy 5:18) seems to refer by the same expression to both Deuteronomy 25:4 and Luke 10:7.使徒聖ペテロはパウロの書簡を示す、TAS loipas graphas(2ペテロ3:16)にも指定聖書を拡張し、セントポール(1テモテ5:18)申命記25:4の両方に同じ式で参照しているようだとルーク午前10時07分。

It is disputed whether the word graphe in the singular is ever used of the Old Testament as a whole.これは、単数形の単語grapheがこれまで全体としての旧約聖書から使用されているかどうか議論されている。 Lightfoot (Galatians 3:22) expresses the opinion that the singular graphe in the New Testament always means a particular passage of Scripture.ライトフット(ガラテヤ人への手紙3:22)新約聖書における特異grapheは常に聖書の特定の通路を意味することに意見を表明しています。 But in Rom., iv, 3, he modifies his view, appealing to Dr. Vaughan's statement of the case.が、ROM。、4世、3、彼は例博士Vaughanの声明に訴え、彼の見解を変更します。 He believes that the usage of St. John may admit a doubt, though he does not think so, personally; but St. Paul's practice is absolute and uniform.彼は個人的には、そうは思いませんが、聖ヨハネの使用量は、疑いを認めることができると信じておりますが、聖パウロの練習は絶対かつ均一である。 Mr. Hort says (1 Peter 2:6) that in St. John and St. Paul he graphe is capable of being understood as approximating to the collective sense (cf. Westcott, "Hebr.", pp. 474 sqq.; Deissmann, "Bibelstudien", pp. 108 sqq., Eng. tr., pp. 112 sqq., Warfield, "Pres. and Reform. Review", X, July, 1899, pp. 472 sqq.).ホルト氏は、彼がgraphe聖ヨハネと聖パウロの集団感覚(cf.のウェストコット、に近似するものとして理解されることが可能であること(1ペテロ2:6)と言い、頁474 sqq名 "Hebr。";。ダイスマン"Bibelstudien"論文集、pp。108 sqq名。、工学TR。、頁112 sqq名。、ウォーフィールド、 "デプレ。と改革。レビュー"は、X、7月、1899年、頁472 sqq名)。 Here arises the question whether the expression of St. Peter (II, Pet., iii, 16) tas loipas graphas refers to a collection of St. Paul's Epistles.ここでは、聖ペテロ(Ⅱ、ペット。、III、16)TAS loipas graphasの発現は聖パウロの書簡の集合を意味するのか、という疑問が生じる。 Spitta contends that the term graphai is used in a general non-technical meaning, denoting only writings of St. Paul's associates (Spitta, "Der zweite Brief des Petrus und der Brief des Judas", 1885, p. 294).シュピッタは用語g​​raphaiが(シュピッタ、 "デアzweiteブリーフデ·ペトリュスウント·デア·ブリーフ·デ·ユダ"、1885年、p。294)聖パウロの仲間だけの文章を示す、一般的な非技術的な意味で使用されていると主張している。 Zahn refers the term to writings of a religious character which could claim respect in Christian circles either on account of their authors or on account of their use in public worship (Einleitung, pp. 98 sqq., 108).ザーンは、その作者のアカウントまたは公共の崇拝のそれらの使用のアカウント(Einleitung、頁98 sqq名。、108)のいずれかのキリスト教界で尊敬を主張することが宗教的な性格の文章に用語を指します。 But Mr. FH Chase adheres to the principle that the phrase ai graphai used absolutely points to a definite and recognized collection of writings, ie, Scriptures.しかし、氏はFHチェースはフレーズAI graphaiは文章、すなわち、聖書の明確な認識とコレクションに絶対にポイントを使用するという原則に準拠しています。 The accompanying words, kai, tas loipas, and the verb streblousin in the context confirm Mr. Chase in his conviction (cf. Dict. of the Bible, III, p. 810b).付随する言葉、甲斐、TAS loipas、彼の信念で氏チェイス確認コンテキスト(参照dictのです。聖書の、三年、p。810B)内の動詞streblousin。

II. Ⅱ。 NATURE OF SCRIPTURE典の性質

A. According to the Jewsユダヤ人によるとA.

Whether the terms graphe, graphai, and their synonymous expressions to biblion (Nehemiah 8:8), ta biblia (Dan., ix, 2), kephalis bibliou (Psalm 39:8), he iera biblos (2 Maccabees 8:23), ta biblia ta hagia (1 Maccabees 12:9), ta iera grammata (2 Timothy 3:15) refer to particular writings or to a collection of books, they at least show the existence of a number of written documents the authority of which was generally accepted as supreme.用語graphe、graphai、およびそれらの同義表現biblionへ(ネヘミヤ8:8)、書物(Dan.、IX、2)、kephalis bibliou(詩篇39:8)かどうか、彼ieraビブロス(2のmaccabees午前8時23分) 、書物TAアヤ(1のmaccabees 12時09分)、TA iera grammata(2テモテ3:15)特定の文章や書籍のコレクションを参照するには、少なくとも書かれた文書の数が存在することを示している権威の一般的には最高のように受け入れられた。 The nature of this authority may be inferred from a number of other passages.この権威の性質は他の通路の数から推測することができる。 According to Deut., xxxi, 9-13, Moses wrote the Book of the Law (of the Lord), and delivered it to the priests that they might keep it and read it to the people; see also Ex., xvii, 14; Deut., xvii, 18-19; xxvii, 1; xxviii, 1; 58-61; xxix, 20; xxx, 10; xxxi, 26; 1 Samuel 10:25; 1 Kings 2:3; 2 Kings 22:8. 。申、31、9月13日によると、モーセは律法の書を(主の)を書いた、と彼らはそれを維持し、人々にそれを読むかもしれないことを司祭にそれを伝え、また例を参照してください、17、14。 、申、17、18-19、二十七、1、28、1、58から61、29、20、xxxは、10; 31、26; 1サムエル10時25; 1キングス2時03分、2キングス22。: 8。 It is clear from 2 Kings 23:1-3, that towards the end of the Jewish kingdom the Book of the Law of the Lord was held in the highest honour as containing the precepts of the Lord Himself.それは、ユダヤ人の王国の終わりに向かって、主の律法の書を主ご自身の教訓を含むものとして最高の栄誉で開催されたのは、2キングス23:1-3からも明らかである。 That this was also the case after the Captivity, may be inferred from II Esdr., viii, 1-9, 13,14, 18; the book here mentioned contained the injuctions concerning the Feast of Tabernacles found in Lev., xxiii, 34 sq.; Deut., xvi, 13 sq., and is therefore identical with the pre-Exilic Sacred Books.これは捕囚の後もそうだったことを、世ESDRから推論することができる、VIII、1-9、13、14、18;ここで本はレフで見つかっ仮庵の祭りに関するinjuctionsが含まれていた述べ、23、34。 、申XVI、13平方ので、事前に追放された神聖な書籍と同じである;平方。 According to I Mach., i, 57-59, Antiochus commanded the Books of the Law of the Lord to be burned and their retainers to slain.私はマッハ。、私は、57から59によると、アンティオコスは殺害に焼かれるために、主の律法の書籍とその家臣に命じた。 We learn from II Mach., ii, 13, that at the time of Nehemias there existed a collection of books containing historical, prophetical, and psalmodic writings; since the collection is represented as unifrom, and since the portions were considered as certainly of Divine authority, we may infer that this characteristic was ascribed to all, at least in some degree.我々は、マッハ2世から学ぶ、nehemiasの時、歴史の机上、及びpsalmodic文章を含む書籍のコレクションが存在した2、13、;コレクションはunifromとして表されているので、との部分は確かに神のように考えられていたので、は当局は、この特性は、少なくともある程度は、すべてに帰されたことを推測することができる。 Coming down to the time of Christ, we find that Flavius Josephus attributes to the twenty-two protocanonical books of the Old Testament Divine authority, maintaining that they had been written under Divine inspiration and that they contain God's teachings (Contra Appion., I, vi-viii).キリストの時代にまで来て、我々は、彼らが神の霊感の下に書かれていたことと、彼らが神の教え(コントラAppion。、私を、含まれていることを維持し、旧約聖書の神の権威の22 protocanonical書籍にそのフラウィウス·ヨセフスの属性を見つけるVI-VIII)。 The Hellenist Philo too is acquainted with the three parts of the sacred Jewish books to which he ascribes an irrefragable authority, because they contain God's oracles expressed through the instrumentality of the sacred writers ("De vit. Mosis", pp. 469, 658 sq.; "De monarchia", p. 564).彼らは神の神託が( "デVIT。MOSIS"、頁469、658平方神聖な作家の尽力を通して表現が含まれているため、ギリシャ学者フィロは、あまりにも、彼は否定し得ない権威ascribesをする神聖なユダヤ人の書籍の三つの部分に精通している; "デmonarchia"は、p 564)。

B. According to Christian Livingクリスチャン生活によるとB.

This concept of Scripture is fully upheld by the Christian teaching.聖書のこの概念は完全にキリスト教の教えによって支持されています。 Jesus Christ Himself appeals to the authority of Scripture, "Search the scriptures" (John 5:39); He maintains that "one jot, or one tittle shall not pass of the law, till all be fulfilled" (Matthew 5:18); He regards it as a principle that "the Scripture cannot be broken" (John 10:35); He presents the word of Scripture as the word of the eternal Father (John 5:33-41), as the word of a writer inspired by the Holy Ghost (Matthew 22:43), as the word of God (Matthew 19:4-5; 22:31); He declares that "all things must needs be fulfilled which are written in the law of Moses, and in the prophets, and in the psalms, concerning me (Luke 24:44). The Apostles knew that "prophecy came not by the will of man at any time: but the holy men of God spoke, inspired by the Holy Ghost" (2 Peter 1:21); they regarded "all scripture, inspired of God" as "profitable to teach, to reprove, to correct, to instruct in justice" (2 Timothy 3:16). They considered the words of Scripture as the words of God speaking in the inspired writer or by the mouth of the inspired writer (Hebrews 4:7; Acts 1:15-16; 4:25). Finally, they appealed to Scripture as to an irresistible authority (Rom., passim), they supposed that parts of Scripture have a typical sense such as only God can employ (John 19:36; Hebrews 1:5; 7:3 sqq.), and they derived most important conclusions even from a few words or certain grammatical forms of Scripture (Galatians 3:16; Hebrews 12:26-27). It is not surprising, then, that the earliest Christian writers speak in the same strain of the Scriptures. St. Clement of Rome (I Cor., xlv) tells his readers to search the Scriptures for the truthful expressions of the Holy Ghost. St. Irenæus (Adv. haer., II, xxxviii, 2) considers the Scriptures as uttered by the Word of God and His Spirit. Origen testifies that it is granted by both Jews and Christians that the Bible was written under (the influence of) the Holy Ghost (Contra Cels., V, x); again, he considers it as proven by Christ's dwelling in the flesh that the Law and the Prophets were written by a heavenly charisma, and that the writings believed to be the words of God are not men's work (De princ., iv, vi). St. Clement of Alexandria receives the voice of God who has given the Scriptures, as a reliable proof (Strom., ii).イエス·キリストご自身典の権威に訴えるには、(ヨハネ5:39) "経典を検索";彼は(マタイ5:18) "すべてが果たされるまで、1にメモする、または1つの点画が法律の通過してはならない"と主張している、彼は永遠の父なる神の言葉(ヨハネ5:33-41)と聖書の言葉を提示し、作家の言葉として、彼が(ヨハネ10:35) "聖書は分けることができない"という原則とみなし彼はすべてのものがモーセの律法に書かれているニーズを満たさなければならない "ことを宣言し、かつ、神の言葉(;午前22時31分マタイ19:4-5)と、聖霊(マタイ22時43分)に触発された預言者であり、詩篇で、私(ルカ24:44)に関する使徒 "予言はいつでも人間の意志で来ていない:しかし、神の聖なる男性スポーク、聖霊に触発された"ことを知っていた。( 2ペテロ1:21)、彼らは "すべての経典、神の啓示"として "正義を指示し、修正するために、たしなめるように、教えることは有益"(2テモテ3:16)とみなしたように、それらは聖書の言葉を考えた。触発された作家や触発された作家の口(;行為1:15-16、ヘブル4時07分4時25分)で言えば、神の言葉は、最後に、彼らは非常に魅力的な権威(ローマ、ここかしこにとして啓典に訴えて)、それは聖書のどの部分がそのような唯一神(ジョン午前19時36採用できるような典型的な感覚があることを想定し、ヘブル1:05; 7時03 sqq名)、彼らはいくつかの単語や文法一定からも、最も重要な結論を導き出して聖書の形態(ガラテヤ人への手紙3時16分、ヘブル12:26-27)はそれは最古のキリスト教の作家は、聖書の同じ株で話すことが、その後、驚くべきことではないローマの聖クレメント(私うわっ、XLV)。聖霊の真実の表現のために聖書を検索することが彼の読者に伝えます。聖irenæus(Adv. haer。、II、38、2)は、神と神の霊の言葉が発声したとして、聖書を考慮します。原産地は、それがあることを物語っている律法全体と預言者とがあったことを肉にキリストの住居によって証明として再度、彼はそれを考慮して、聖書は聖霊(コントラ資料集、V、X)(の影響)の下に書かれたことをユダヤ人とキリスト教徒の両方によって付与された天国のカリスマによって書かれ、神の言葉であると信じられて文章は男性の仕事(デprincに。、IV、VI)ではありません。アレクサンドリアの聖クレメントが信頼できるように、聖書を与えている神の声を受信して​​いることプルーフ(Strom.、ⅱ)。

C. According to Ecclesiastical Documents教会の資料によるとC.

Not to multiply patristic testimony for the Divine authority of Scripture, we may add the official doctrine of the Church on the nature of Sacred Scripture.聖書の神の権威のための教父の証言を掛けないように、私たちは聖書の性質に教会の公式教義を追加することがあります。 The fifth ecumenical council condemned Theodore of Mopsuestia for his opposition against the Divine authority of the books of Solomon, the Book of Job, and the Canticle of Canticles.第五公会議は、ソロモン、ヨブ記、そして賛美歌の雅歌の本の神の権威に対する彼の反対のためにモプスエスティアのテオドロスを非難した。 Since the fourth century the teaching of the Church concerning the nature of the Bible is practically summed up in the dogmatic formula that God is the author of Sacred Scripture.四世紀以来、聖書の性質に関する教会の教えは、実質的に、神は聖書の著者であることを独断的な式にまとめて示します。 According to the first chapter of the Council of Carthage (AD 398), bishops before being consecrated must express their belief in this formula, and this profession of faith is exacted of them even today.カルタゴの評議会(AD 398)の最初の章によると、奉献される前に、司教はこの式の中の彼らの信念を表明する必要があり、この信仰の職業は、今日も彼らの強要されています。 In the thirteenth century, Innocent III imposed this formula on the Waldensians; Clement IV exacted its acceptance from Michael Palaeologus, and the emperor actually accepted it in his letter to the Second Council of Lyons (1272).クレメントIVはマイケルPalaeologusからその受諾を強要、天皇が実際にライオンズの第二評議会(1272年)に彼の手紙の中でそれを受け入れ、13世紀には、無実の3世は、ワルドーにこの式を課した。 The same formula was repeated in the fifteenth century by Eugenius IV in his Decree for the Jacobites, in the sixteenth century by the Council of Trent (Sess. IV, decr. de can. Script.), and in the nineteenth century by the Vatican Council.同じ式にバチカンによってトレントの評議会(sess.四、DECR。解除することができます。スクリプト。)によって、16世紀のジャコバイトのための彼の令で、19世紀におけるエウゲニウス4世によって15世紀に繰り返された評議会。 What is implied in this Divine authorship of Sacred Scripture, and how it is to be explained, has been set forth in the article INSPIRATION.何が聖書のこの神の原作者で暗示されており、それが説明されることになっている方法は、記事のインスピレーションに記載されています。

III. Ⅲ。 COLLECTION OF SACRED BOOKS神聖な書籍のコレクション

What has been said implies that Scripture does not refer to any single book, but comprises a number of books written at different times and by different writers working under the inspiration of the Holy Ghost.何と言われてきたと、その聖書は、任意の単一の本を参照していないを意味しますが、異なる時間に、聖霊のインスピレーションの下で働いて別の作家によって書かれた本の数を含む。 Hence the question, how could such a collection be made, and how was it made in point of fact?したがって、問題は、どのように収集を行うことができ、どのようにそれは事実の点で作られたのですか?

A. Question of Right右のAに質問

The main difficulty as to the first question (quoestio juris) arises from the fact that a book must be Divinely inspired in order to lay claim to the dignity of being regarded as Scripture.最初の質問(quoestioジュリス)への主な問題点としては、本は神の聖書とみなされての尊厳を主張するためにインスピレーションを得なければならないという事実から生じる。 Various methods have been suggested for ascertaining the fact of inspiration.様々な方法がインスピレーションの事実を把握するために提案されている。 It has been claimed that so-called internal criteria are sufficient to lead us to the knowledge of this fact.それは、いわゆる内部基準は、この事実を知るように私たちを導くのに十分であると主張されている。 But on closer investigation they prove inadequate.しかしよく調査では、それらは不十分であることが明らかになる。

Miracles and prophecies require a Divine intervention in order that they may happen, not in order that they may be recorded; hence a work relating miracles or prophecies is not necessarily inspired.奇跡や予言は、彼らが記録されることがありますした順序ではなく、起こるかもしれないことを順番に神の介入を必要とし、それ故に奇跡や予言に関する作業は必ずしも触発されていません。

The so-called ethico-aesthetic criterium is inadequate.いわゆるethico-美的基準は、不十分である。 It fails to establish that certain portions of Scripture are inspired writings, eg, the genealogical tables, and the summary accounts of the kings of Juda, while it favours the inspiration of several post-Apostolic works, eg, of the "Imitation of Christ", and of the "Epistles" of St. Ignatius Martyr.それはいくつかのポストは、ローマ教皇の作品のインスピレーションを支持しながら、聖書の特定の部分が "キリストの模倣"で、例えば、文章、例えば、系図、ユダの王たちの要約勘定に影響を与えていることを確立するために失敗すると、聖イグナチオ殉教者の "書簡"という。

The same must be said of the psychological criterium, or the effect which the perusal of Scripture produces in the heart of the reader.同じことが、心理的なクリテリウムや、聖書の熟読は、読者の心に作り出す効果を言わなければならない。 Such emotions are subjective, and vary in different readers.このような感情は主観的であり、異なる読者が異なります。 The Epistle of St. James appeared strawlike to Luther, divine to Calvin.セントジェームズの信徒はカルバンに神、ルターにstrawlike登場しました。

These internal criteria are inadequate even if they be taken collectively.これらの内部基準は、それらを総称して取られる場合であっても不十分である。 Wrong keys are unable to open a lock whether they be used singly or collectively.間違ったキーは、それらが単独で、あるいは集合的に使用されるかどうかロックを開くことができません。

Other students of this subject have endeavored to establish Apostolic authorship as a criterium of inspiration.この主題の他の生徒たちは、インスピレーションのクリテリウムとしてローマ教皇の原作者の確立に努めてまいりました。 But this answer does not give us a criterium for the inspiration of the Old Testament books, nor does it touch the inspiration of the Gospels of St. Mark and St. Luke, neither of whom was an Apostle.しかし、この答えは、私たちには、旧約聖書の本のインスピレーションのためのクリテリウムを与えるものではありません、そして、それは使徒だったどちらも人の聖マルコ、聖ルカの福音書のインスピレーションに触れません。 Besides, the Apostles were endowed with the gift of infallibility in their teaching, and in their writing as far as it formed part of their teaching; but infallibility in writing does not imply inspiration.それに、使徒は、その教育の無謬性の贈り物に恵まれていたし、その書面に限り、それは彼らの教えの一部を形成したとして、しかし、書面での無謬性は、インスピレーションを意味するものではありません。 Certain writings of the Roman pontiff may be infallible, but they are not inspired; God is not their author.ローマ教皇の特定の文章は、絶対確実かもしれないが、彼らはインスピレーションされていない、神は彼らの作者ではありません。 Nor can the criterium of inspiration be placed in the testimony of history.またインスピレーションの基準は、歴史の証言に配置することができます。 For inspiration is a supernatural fact, known only to God and probably to the inspired writer.インスピレーションのために、唯一の神に、おそらく触発された作家に知られている超自然的な事実です。 Hence human testimony concerning inspiration is based, at best, on the testimony of one person who is, naturally speaking, an interested party in the matter concerning which he testifies.したがってインスピに関する人間の証言は自然に言えば、ある一人は、彼が証言しているに関する事項における利害関係者の証言に、最高の状態で、基づいている。 The history of the false prophets of former times as well as of our own day teaches us the futility of such testimony.昔の偽預言者の歴史だけでなく、私たち自身の日中は、私たちにそのような証言の無益さを教えている。 It is true that miracles and prophecy may, at times, confirm such human testimony as to the inspiration of a work.それは奇跡と予言5月、時々、作品のインスピレーションのような人間の証言を確認することは事実です。 But, in the first place, not all inspired writers have been prophets or workers of miracles; in the second place, in order that prophecies or miracles may serve as proof of inspiration, it must be clear that the miracles were performed, and the prophecies were uttered, to establish the fact in question; in the third place, if this condition be verified, the testimony for inspiration is no longer merely human, but it has become Divine.しかし、最初の場所ではなく、すべてのインスピレーションを受けた作家は奇跡の預言者や労働者でした。2位で、予言や奇跡はインスピレーションの証拠として役立つかもしれないために、それは奇跡が実行されたことを明確にしなければならない、と予言問題の事実を確立するために、口にした、第三の場所で、この条件が検証された場合は、インスピレーションのための証言は、もはや単なる人間ではありませんが、それは神となっています。 No one will doubt the sufficiency of Divine testimony to establish the fact of inspiration; on the other hand, no one can deny the need of such testimony in order that we may distinguish with certainty between an inspired and a non-inspired book.誰もインスピレーションの事実を確立するために神の証言が十分であることを間違いないでしょうが、他の一方で、誰も我々がインスピレーションと非インスピレーションブックの間を確実に区別することができることを順番にこのような証言の必要性を否定することはできません。

B. Question of FactファクトのB.質問

It is a rather difficult problem to state with certainty, how and when the several books of the Old and the New Testament were received as sacred by the religious community.それは、どのように、いつ旧約と新約のいくつかの書籍は宗教コミュニティによって神聖なものとして受け取られ、確実に状態はかなり難しい問題です。 Deut., xxxi, 9, 24 sqq., informs us that Moses delivered the Book of the Law to the Levites and the ancients of Israel to be deposited "in the side of the ark of the covenant"; according to Deut., xvii, 18, the king had to procure for himself a copy of at least a part of the book, so as to "read it all the days of his life". 。。申、31、9、24 sqq名は、 "契約の箱の側面にある"モーセはレビ人に律法の書を納入し、イスラエルの古代人が堆積することを通知し、申によると、17。 、18、王は "それは彼の人生のすべての日を読む"ように、自分自身のために本の少なくとも一部のコピーを調達しなければならなかった。 Josue (xxiv, 26) added his portion to the law-book of Israel, and this may be regarded as the second step in the collection of the Old Testament writings.ジョスエ(24、26)は、イスラエルの法律の本に彼の部分を追加し、これは、旧約聖書の記述のコレクションの第二段階とみなすことができる。 According to Is., xxxiv, 16, and Jer., xxxvi, 4, the prophets Isaias and Jeremias collected their respective prophetic utterances.です。、34、16、およびエレミヤ。、36、4によれば、預言者イザヤとイェレミアスは、それぞれの予言発話を収集した。 The words of II Par., xxix, 30, lead us to suppose that in the days of King Ezechias there either existed or originated a collection of the Psalms of David and of Asaph.二パーの言葉。、29、30は、そこにキングEzechiasの日のいずれか、または存在していたダビデの詩篇のアサフのコレクションを発信したと仮定して私たちを導く。 From Prov., xxv, 1, one may infer that about the same time there was made a collection of the Solomonic writings, which may have been added to the collection of psalms.プロブ。、25、1から、1つは同じくらいの時間詩篇のコレクションに追加されている可能性がソロモンの書物のコレクションが行われたことを推測することができる。 In the second century BC the Minor Prophets had been collected into one work (Ecclus., xlix, 12) which is cited in Acts, vii, 42, as "the books of the prophets".紀元前2世紀に小預言者は、 "預言者の本"として、行為は、VII、42に引用されている一つの作品(Ecclus.、49、12)に収集されていた。 The expressions found in Dan., ix, 2, and I Mach., xii, 9, suggest that even these smaller collections had been gathered into a larger body of sacred books.ダンに見つかった式。、IX、2、およびIマッハ。、12、9、でもこれらの小さなコレクションが神聖な書籍の大きな体に集めていたことを示唆している。 Such a larger collection is certainly implied in the words II Mach., ii, 13, and the prologue of Ecclesiasticus.このような大規模なコレクションは確かに言葉マッハ2世。、II、13、集会の書のプロローグに暗示されます。 Since these two passages mention the main divisions of the Old-Testament canon, this latter must have been completed, at least with regard to the earlier books, during the course of the second century BCこれらの2つの通路は旧新約聖書キヤノンの主要部門に言及しているので、この後者は、紀元前2世紀の過程で、少なくとも以前の書籍に関しては、完了している必要があります

It is generally granted that the Jews in the time of Jesus Christ acknowledged as canonical or included in their collection of sacred writings all the so-called protocanonical books of the Old Testament.これは、一般的にイエス·キリストの時代のユダヤ人たちは、正規または聖典の彼らのコレクションは、旧約聖書のすべてのいわゆるprotocanonical書籍に含まれているように認めていることが許可されます。 Christ and the Apostles endorsed this faith of the Jews, so that we have Divine authority for their Scriptural character.キリストと使徒は、我々が彼らの聖書の文字のために神の権威を持っているように、ユダヤ人のこの信仰を支持した。 As there are solid reasons for maintaining that some of the New-Testament writers made use of the Septuagint version which contained the deuterocanonical books of the Old Testament, these latter too are in so far attested as part of Sacred Scripture.新聖書作家のいくつかは、旧約聖書の正典を含まセプトゥアギンタのバージョンの使用をしたことを維持するための強固な理由があるように、これらの後者はあまりにも今のところ神聖な啓典の一部として証明されています。 Again, II Pet., iii, 15-16, ranks all the Epistles of St. Paul with the "other scriptures", and I Tim., v, 18, seems to quote Luke, x, 7, and to place it on a level with Deut., xxv, 4.再び、IIペット。、III、15から16は、 "他の聖書"とセントポール、そして私のティムすべての書簡をランク付けする。、V、18、ルカによる福音書は、x、7を引用すると、上に置いているようだ申命を持つレベル。、25、4。 But these arguments for the canonicity of the deuterocanonical books of the Old Testament, of the Pauline Epistles, and of the Gospel of St. Luke do not exclude all reasonable doubt.しかし、パウロの書簡は、聖ルカによる福音書の旧約聖書の正典の規範、のためにこれらの引数は、すべての合理的な疑いを排除するものではない。 Only the Church, the infallible bearer of tradition, can furnish us invincible certainty as to the number of the Divinely inspired books of both the Old and the New Testament.唯一の教会、伝統の絶対確実なベアラは、旧約と新約の両方の神の啓示の書籍の数のように私達無敵の確実性を提供できます。 See CANON OF THE HOLY SCRIPTURES.聖書キヤノンを参照してください。

IV. Ⅳ。 DIVISION OF SCRIPTURE経典の一部門

A. Old and New Testaments A.旧約聖書と新約

As the two dispensations of grace separated from each other by the advent of Jesus are called the Old and the New Testament (Matthew 26:28; 2 Corinthians 3:14), so were the inspired writings belonging to either economy of grace from the earliest times called books of the Old or of the New Testament, or simply the Old or the New Testament.イエスの出現によって互いに分離され、猶予の2分配は旧約と新約聖書(マタイ26:28; 2コリント3:14)と呼ばれていたようなので、古いものからの恵みの経済のどちらに属しているインスピレーションを得た文章であった時間は、古いまたは新約聖書の、または単に古いまたは新約聖書の書籍を呼んだ。 This name of the two great divisions of the inspired writings has been practically common among Latin Christians from the time of Tertullian, though Tertullian himself frequently employs the name "Instrumentum" or legally authentic document; Cassiodorus uses the title "Sacred Pandects", or sacred digest of law.カッシオドルスは、タイトル "セイクリッド学説彙纂"、または神聖なを使用しています。テルトゥリアヌス​​自身が頻繁に名前 "Instrumentum"または法的文書を本物を採用しても聖書の二大部門のこの名前は、テルトゥリアヌス​​の時からラテンキリスト教徒の間で実質的に一般的であった法律のダイジェスト。

B. Protocanonical and Deuterocanonical B. Protocanonicalと二正

The word "canon" denoted at first the material rule, or instrument, employed in various trades; in a metaphorical sense it signified the form of perfection that had to be attained in the various arts or trades.様々な取引で採用第一の材料ルール、または楽器、で表される、単語 "カノン"は、比喩的な意味では、様々な芸術や取引で達成されなければならなかった完成度の形を意味した。 In this metaphorical sense some of the early Fathers urged the canon of truth, the canon of tradition, the canon of faith, the canon of the Church against the erroneous tenets of the early heretics (St. Clem., "I Cor.", vii; Clem. of Alex., "Strom.", xvi; Orig., "De princip.", IV, ix; etc.).この比喩的な意味では初期の祖先の一部は真実のキヤノン、キヤノンの伝統、信仰のキヤノン、早期の異端(聖クレムの誤った教義に対する教会のカノン。、促した "私がうわっ。" VII、クレムアレックス、の、16。 "ストレム。"; ORIG "デプリンチプ。"、IV、IX;など)。 St. Irenæus employed another metaphor, calling the Fourth Gospel the canon of truth (Adv. haer., III, xi); St. Isidore of Pelusium applies the name to all the inspired writings (Epist., iv, 14).ペルシウムの聖ISIDOREすべて聖書(Epist.、IV、14)に名前を適用し、聖は、第4福音書の真理キヤノン(。Adv. haer、III、XI)を呼び出し、別の比喩を用いエイレナイオス。 About the time of St. Augustine (Contra Crescent., II, xxxix) and St. Jerome (Prolog. gal.), the word "canon" began to denote the collection of Sacred Scriptures; among later writers it is used practically in the sense of catalogue of inspired books.聖アウグスティヌス(コントラクレセント、II、39)と聖ジェローム(。Prolog.ガロン)の時間については、単語 "カノン"は、神聖な聖書のコレクションを表すために始めた、それ以降の作家の中でそれがで実用化されているインスピレーションを得た書籍のカタログの感覚。 In the sixteenth century, Sixtus Senensis, OP, distinguished between protocanonical and deuterocanonical books. 16世紀には、シクストゥスSenensis、OPは、protocanonicalと正典の間で区別した。 This distinction does not indicate a difference of authority, but only a difference of time at which the books were recognized by the whole Church as Divinely inspired.この区別は、権限の違いが、神の啓示としての本は教会全体で認識された時刻の差分のみを示すものではありません。 Deuterocanonical, therefore, are those books concerning the inspiration of which some Churches doubted more or less seriously for a time, but which were accepted by the whole Church as really inspired, after the question had been thoroughly investigated.第二正典、したがって、質問は徹底的に調査された後、いくつかの教会は、時間のため、多かれ少なかれ、真剣に疑ったが、本当にインスピレーションを受けたとして、どちらが全体の教会によって受け入れられた、そのうちのインスピレーションに関するものを書籍です。 As to the Old Testament, the Books of Tobias, Judith, Wisdom, Ecclesiasticus, Baruch, I, II, Machabees, and alos Esther, x, 4- xvi, 24, Daniel, iii, 24-90, xiii, 1-xiv, 42, are in this sense deuterocanonical; the same must be said of the following New- Testament books and portions: Hebrews, James, II Peter, II, III John, Jude, Apocalypse, Mark, xiii, 9-20, Luke, xxii, 43-44, John, vii, 53-viii, 11. XVI、24、ダニエル、III、24から90、13、1-XIV - 旧約聖書、トビアス、ジュディス、知恵、集会の書、バルーク、I、IIのmachabees、およびALOSエスターの書籍は、x、4〜として、42、第二正典、この意味では、同じことが、次の新·旧約聖書の書籍や部分から言わなければならない:ヘブル人への手紙、ジェームズ、ピーター2世、II、III、ジョン、ジュード、黙示録、マーク、13、9月20日、ルーク、 XXII、43から44、ジョン、VII、VIII-53、11。 Protestant writers often call the deuterocanonical Books of the Old Testament the Apocrypha.プロテスタントの作家はしばしば旧約聖書外典の正典を呼び出します。

C. Tripartite Division of Testaments聖書のC.三国課

The prologue of Ecclesiasticus shows that the Old-Testament books were divided into three parts, the Law, the Prophets, and the Writings (the Hagiographa).集会の書のプロローグは、旧新約聖書の本は三つの部分、法、預言者、および記述(のhagiographa)に分けたことを示しています。 The same division is mentioned in Luke, xxiv, 44, and has been kept by the later Jews.同じ部門はルーク、24、44に記載されている、後のユダヤ人によって維持されている。 The Law or the Torah comprises only the Pentateuch.法や律法はモーセ五書のみを含む。 The second part contains two sections: the former Prophets (Josue, Judges, Samuel, and Kings), and the latter Prophets (Isaias, Jeremias, Ezechiel, and the Minor Prophets, called the Twelve, and counted as one book).かつて預言者(ジョスエ、裁判官は、サミュエル、およびキングス)、後者の預言者(イザヤ書、イェレミアス、Ezechiel、そして小預言者、十二と呼ばれ、一冊の本としてカウント):2番目の部分は、2つのセクションが含まれています。 The third division embraces three kinds of books: first poetical books (Psalms, Proverbs, Job); secondly, the five Megilloth or Rolls (Canticle of Canticles, Ruth, Lamentations, Ecclesiastes, Esther); thirdly, the three remaining books (Daniel, Esdras, Paralipomenon).第3師団は、書籍の3種類の包含:最初の詩的な書籍(詩篇、箴言、ジョブ)、第二に、5 Megillothまたはロール(賛美歌の雅歌、ルツ記、哀歌、伝道の書、エスター)、第三に、残りの3つの書籍(ダニエル、エスドラス、歴代志)。 Hence, adding the five books of the first division to the eight of the second, and the eleven of the third, the entire Canon of the Jewish Scriptures embraces twenty-four books.したがって、第8〜第一分裂の5冊、第三の11を追加して、ユダヤ教の経典の全体のキヤノンは24冊を包含する。 Another arrangement connects Ruth with the Book of Judges, and Lamentations with Jeremias, and thus reduces the number of the books in the Canon to twenty-two.もう一つの方法は、予約の裁判官、そしてイェレミアスと哀歌とルースを接続し、こうして二〇から二にキヤノンの書籍の数を減らすことができます。 The division of the New-Testament books into the Gospel and the Apostle (Evangelium et Apostolus, Evangelia et Apostoli, Evangelica et Apostolica) began in the writings of the Apostolic Fathers (St. Ignatius, "Ad Philad.", v; "Epist. ad Diogn., xi) and was commonly adopted about the end of the second century (St. Iren., "Adv. haer.", I, iii; Tert., "De praescr.", xxxiv; St. Clem. of Alex., "Strom.", VII, iii; etc.); but the more recent Fathers did not adhere to it. It has been found more convenient to divide both the Old Testament and the New into four, or still better into three parts. The four parts distinguish between legal, historical, didactic or doctrinal, and prophetic books, while the tripartite division adds the legal books (the Pentateuch and the Gospels) to the historical, and retains the other two classes, ie, the didactic and the prophetic books.福音書と使徒に新旧約聖書の本の部門(福音らApostolus、Evangeliaらアポストリ、EvangelicaらApostolica)は、ローマ教皇の父親(聖イグナチオ、文章の始めは、v "広告Philad。"; "Epist 。広告Diogn、xi)は、一般的に第二世紀の終わりに(聖イレーンについて採択された、I、III。 "前売haer。";ターシャ、 "デpraescr。"、34;。聖クレム。など);; "ストローム"第VII、III、アレックスのより最近の父親がそれに付着しなかったそれは4に旧約聖書と新約の両方を分割する方が便利見つからないか、まだに良いされています。三部門のうち、過去に法的帳(五と福音書)を追加し、他の2つのクラス、すなわち、教則を保持しながら、三つの部分。4つの部分は、法的、歴史的、教訓的な教義や、と予言の書籍を区別と予言の書籍。

D. Arrangement of Books書籍のD.アレンジメント

The catalogue of the Council of Trent arranges the inspired books partly in a topological, partly in a chronological order.トレントの評議会のカタログは、部分的に時系列順に、部分的にトポロジカルにインスピレーションを得た本を手配します。 In the Old Testament, we have first all the historical books, excepting the two books of the Machabees which were supposed to have been written last of all.旧約聖書では、我々はすべての最後に書かれていることになっていたのmachabees 2冊の本を除いては、まず、すべての歴史的な書籍を持っています。 These historical books are arranged according to the order of time of which they treat; the books of Tobias, Judith, and Ester, however, occupy the last place because they relate personal history.これらの歴史的な書籍は、彼らが治療に時間の順序に従って配置されており、彼らは個人的な歴史を関連付けるためトビアス、ジュディス、エステルの本は、しかし、最後の場所を占有する。 The body of didactic works occupies the second place in the Canon, being arranged in the order of time at which the writers are supposed to have lived.教訓的な作品の本体は、作家が住んでいたことになっていた時刻の順に配置されているキヤノン2位を占めている。 The third place is assigned to the Prophets, first the four Major and then the twelve Minor Prophets, according to their respective chronological order.三位は、それぞれの系列の順序に従って、最初の4つの主要その後12小預言者は、預言者に割り当てられています。 The Council follows a similar method in the arrangement of the New- Testament books.理事会は、新旧約聖書の本の配置で同様の方法に従います。 The first place is given to the historical books, ie, the Gospels and the Book of Acts; the Gospels follow the order of their reputed composition.最初の場所は、歴史的な書籍、すなわち、福音書と使徒行伝に与えられ、福音書は、その評判の組成の順序に従ってください。 The second place is occupied by the didactic books, the Pauline Epistles preceding the Catholic.第二位は、教則書籍、カトリックの前にパウロの書簡によって占有されています。 The former are enumerated according to the order of dignity of the addresses and according to the importance of the matter treated.前者はアドレスの尊厳の順に従って処理物の重要度に応じて列挙されます。 Hence results the series: Romans; I, II Corinthians; Galatians; Ephesians; Philippians; Colossians; I, II, Thessalonians; I, II Timothy; Titus; Philemon; the Epistle to the Hebrews occupies the last place on account of its late reception into the canon.したがって、一連の結果:、I、II、コリンチャンス;ガラテヤ、エペソ人への手紙、ピリピ人への手紙コロサイ、I、IIテサロニケ、Ⅰ、Ⅱテモテ、テトスへの手紙、ピレモンへの手紙を、ローマ人への手紙ヘブル人への手紙の信徒は、その後半レセプションのアカウントに最後の場所を占めているキヤノンに。 In its disposition of the Catholic Epistles the Council follows the so- called western order: I, II Peter; I, II, III John; James; Jude; our Vulgate edition follows the oriental order (James; I, II, III, John; Jude) which seems to be based on Gal., ii, 9.カトリックの書簡、その処分で評議会は、いわゆる西洋のオーダー以下:;Ⅰ、Ⅱ、Ⅲヨハネ、ヤコブ、ユダ、Ⅰ、ⅡペテロをI、II、III、ジョン、私たちのウルガタ版は(ジェームズ東洋の順序に従う;ギャル、II、9に基づいているようジュード)。 The Apocalypse occupies in the New Testament the place corresponding to that of the Prophets in the Old Testament.黙示録は、新約聖書では、旧約聖書の預言者のそれに対応する位置を占めている。

E. Liturgical Division E.典礼課

The needs of liturgy occasioned a division of the inspired books into smaller parts.典礼のニーズはより小さい部分にインスピレーションを得た書籍の分裂を引き起こされる。 At the time of the Apostles it was a received custom to read in the synagogue service of the sabbath-day a portion of the Pentateuch (Acts 15:21) and a part of the Prophets (Luke 4:16; Acts 13:15, 27). 、13:15使徒、使徒の時にそれは、五(行為15:21)と預言者の一部(ルカ午前4時16分の部分は安息日日のシナゴーグサービスを読み込むために、受信したカスタムでした27)。 Hence the Pentateuch has been divided into fifty-four "parashas" according to the number of sabbaths in the intercalary lunar year.したがって、五はうるう旧暦で安息日の数に応じて五十から四 "parashas"に分割されています。 To each parasha corresponds a division of the prophetic writings, called haphtara.各parashaにhaphtaraと呼ばれる予言の文章の分割を、対応しています。 The Talmud speaks of more minute divisions, pesukim, which almost resemble our verses.タルムードは、ほとんど私たちの詩に似ている分、より部門、pesukim、語っている。 The Church transferred to the Christian Sunday the Jewish custom of reading part of the Scriptures in the assemblies of the faithful, but soon added to, or replaced, the Jewish lessons by parts of the New Testament (St. Just., "I Apol.", lxvii; Tert., "De praescr.", xxxvi, etc.).教会はキリスト教の日曜日忠実なアセンブリにおける聖書の一部を読んで、ユダヤ人の習慣に転送されますが、すぐにに追加、または交換、新約聖書の部品(聖だけ。、 "私はApolによってユダヤ人のレッスン。 "LXVII;ターシャ、"デpraescr "、36など)。 Since the particular churches differed in the selection of the Sunday readings, this custom did not occasion any generally received division in the books of the New Testament.特定の教会は日曜日の測定値の選択が異なっているので、このカスタムは、新約聖書の書籍内の任意の一般的には、受信した分割を機会にしませんでした。 Besides, from the end of the fifth century, these Sunday lessons were no longer taken in order, but the sections were chosen as they fitted in with the ecclesiastical feasts and seasons.加えて、5世紀の終わりから、これらの日曜日のレッスンは、もはやために取られなかったが、彼らは教会のお祭りや季節によってに嵌めてセクションを選択した。

F. Divisions to facilitate reference参照を容易にするために、F.部門

For the convenience of readers and students the text had to be divided more uniformly than we have hitherto seen.読者や学生の便宜のためにテキストがより均一に我々がこれまで見てきた以上に分裂しなければなりませんでした。 Such divisions are traced back to Tatian, in the second century.このような部門は2世紀に、tatianのに戻ってトレースされます。 Ammonius, in the third, divided the Gospel text into 1162 kephalaia in order to facilitate a Gospel harmony. Ammoniusは、第三に、福音の調和を促進するために1162 kephalaiaに福音のテキストを分割。 Eusebius, Euthalius, and others carried on this work of division in the following centuries, so that in the fifth or sixth the Gospels were divided into 318 parts (tituli), the Epistles into 254 (capitula), and the Apocalypse into 96 (24 sermones, 72 capitula).ユーセビアス、Euthalius、その他は5または第6の​​福音書に318パーツ(tituli)、254(capitulumの複数形)への書簡、および96(24への黙示録に分けたので、次の世紀に分裂のこの仕事を続けたsermones、72 capitulumの複数形)。 Cassiodorus relates that the Old Testament text was divided into various parts (De inst. div. lit., I, ii).カッシオドルスは、旧約聖書のテキストは様々な部分(instのデ。DIV。点灯。、I、II)に分割されたことに関するものである。 But all these various partitions were too imperfect and too uneven for practical use, especially when in the thirteenth century concordances (see CONCORDANCES) began to be constructed. 13世紀にコンコーダンス(コンコーダンスを参照)を構築されるようになった場合は特にしかし、これらすべてのさまざまなパーティションは、あまりにも不完全で実用にはあまりにも不均一であった。 About this time, Card.この頃、カード。 Stephen Langton, Archbishop of Canterbury, who died 1228, divided all the books of Scripture uniformly into chapters, a division which found its way almost immediately into the codices of the Vulgate version and even into some codices of the original texts, and passed into all the printed editions after the invention of printing. 1228年に死亡したスティーブン·ラングトン、カンタベリー大主教は、一様に章、ウルガタ版の写本にも、元の文章のいくつかのCODECにほぼすぐにその方法を発見し、すべてに渡された部門に聖書のすべての書籍を分割印刷の発明後の印刷版。 As the chapters were too long for ready reference, Cardinal Hugh of St. Cher divided them into smaller sections which he indicated by the capital letters A, B, etc. Robert Stephens, probably imitating R. Nathan (1437) divided the chapters into verses, and published his complete division into chapters and verses first in the Vulgate text (1548), and later on also in the Greek original of the New Testament (1551).の章では、準備ができて参考のために長すぎたように、聖シェールの枢機卿ヒュー彼は大文字で示される小さなセクションに分けた、おそらくR·ネイサン(1437)を模倣して、Bなどロバート·スティーブンスは、詩にチャプターを分割、と新約聖書(1551年)のギリシャのオリジナルでも、後にウルガタ聖書のテキスト(1548)の最初の章と詩に彼の完全分業を発表します。

V. SCRIPTURE Vの経典

Since Scripture is the written word of God, its contents are Divinely guaranteed truths, revealed either in the strict or the wider sense of the word.聖書は神の書かれた言葉であるため、その内容は、神の真理を保証されているので、厳密または単語のより広い意味でどちらかが明らかになった。 Again, since the inspiration of a writing cannot be known without Divine testimony, God must have revealed which are the books that constitute Sacred Scripture.執筆のインスピレーションは、神の証言なくても知ることができないので、再び、神が聖書を構成する図書であるが明らかになっている必要があります。 Moreover, theologians teach that Christian Revelation was complete in the Apostles, and that its deposit was entrusted to the Apostles to guard and to promulgate.また、神学者はキリスト教のヨハネの黙示録の使徒で完了したし、その預金がガードすると公布する使徒に委ねられたということを教示している。 Hence the apostolic deposit of Revelation contained no merely Sacred Scripture in the abstract, but also the knowledge as to its constituent books.したがって、黙示録の使徒のデポジットが抽象には単に聖書だけでなく、その構成要素である書籍に、知識が含まれていません。 Scripture, then, is an Apostolic deposit entrusted to the Church, and to the Church belongs its lawful administration.聖書は、その後、その合法的な管理を所属教会、そして教会に委託使徒の預金です。 This position of Sacred Scripture in the Church implies the following consequences:教会で聖書のこの位置は、次のような結果を意味します:

(1) The Apostles promulgated both the Old and New Testament as a document received from God. (1)使徒たちは神から受け取った文書として、旧約聖書と新約聖書の両方を公布した。 It is antecedently probable that God should not cast his written Word upon men as a mere windfall, coming from no known authority, but that he should entrust its publication to the care of those whom he was sending to preach the Gospel to all nations, and with whom he had promised to be for all days, even to the consummation of the world.それは、神が知られていない権威から来る、単なる棚ぼたとして男性に彼の書かれた言葉を唱えてはならないことantecedently概してですが、彼はすべての国民に福音を宣べ伝えるために送っていた人々のケアにその出版を委託する必要があること、および誰と、彼も世界の終焉には、すべての日のためになることを約束していた。 In conformity woth this principle, St. Jerome (De script. eccl.) says of the Gospel of St. Mark: "When Peter had heard it, he both approved of it and ordered it to be read in the churches".適合同居この原則では、聖ジェローム(。デスクリプトeccl)聖マルコの福音書の書かれています: "ピーターはそれを聞いたときに、彼は両方それを承認し、教会で読まれるべきで、それを命じた"。 The Fathers testify to the promulgation of Scripture by the Apostles where they treat of the transmission of the inspired writings.父親は、彼らが聖書の伝送扱う使徒典の公布を物語っています。

(2) The transmission of the inspired writings consists in the delivery of Scripture by the Apostles to their successors with the right, the duty, and the power to continue its promulgation, to preserve its integrity and identity, to explain its meaning, to use it in proving and illustrating Catholic teaching, to oppose and condemn any attack upon its doctrine, or any abuse of its meaning. (2)聖書の伝送が使用するように、右、義務とその意味を説明するために、その整合性とアイデンティティを維持するために、その施行を継続する力を持つ彼らの後継者への使徒によって聖書の配信で構成されていますそれはカトリックの教えを証明し、説明では、その教義や、その意味のいずれかの乱用時どんな攻撃に反対し、非難する。 We may infer all this from the character of the inspired writings and the nature of the Apostolate; but it is also attested by some of the weightiest writers of the early Church.私たちは、聖書の文字と使徒の性質から、このすべてを推測することがありますが、それはまた、初期の教会のweightiest作家のいくつかによって証明されています。 St. Irenæus insists upon these points against the Gnostics, who appealed to Scripture as to private historical documents.聖irenæusプライベート歴史的な文書へと聖書に訴えたグノーシスに対して、これらの点に基づい主張している。 He excludes this Gnostic view, first by insisting on the mission of the Apostles and upon the succession in the Apostolate, especially as seen in the Church of Rome (Haer., III, 3-4); secondly, by showing that the preaching of the Apostles continued by their successors contains a supernatural guarantee of infallibility through the indwelling of the Holy Ghost (Haer., III, 24); thirdly, by combining the Apostolic succession and the supernatural guarantee of the Holy Ghost (Haer., IV, 26).彼は最初の使徒の使命を主張することによって、特に、ローマの教会で見られる使徒で連続、(Haer.、III、3-4)の際に、このグノーシス主義のビューを除外し、第二に示すことによって、その説教の彼らの後継者によって継続使徒が聖霊(Haer.、III、24)の留置を通じての無謬性超自然の保証が含まれています。第三に、使徒継承とは、聖霊の超自然的な保証(Haer.、IV、26を組み合わせることにより、 )。 It seems plain that, if Scripture cannot be regarded as a private historical document on account of the official mission of the Apostles, on account of the official succession in the Apostolate of their successors, on account of the assistance of the Holy Ghost promised to the Apostles and their successors, the promulgation of Scripture, the preservation of its integrity and identity, and the explanation of its meaning must belong to the Apostles and their legitimate successors.それは、聖書は聖霊の助けのアカウントで、その後継者の使徒会の公式後継者のアカウントでは、使徒の公式ミッションのアカウント上でプライベート歴史的文書とみなすことができない場合には約束したことと思われる平野使徒とその後継者は、啓典の公布、その完全性、アイデンティティの保全とその意味の説明は、使徒とその正当な後継者に属している必要があります。 The same principles are advocated by the great Alexandrian doctor, Origen (De princ., Praef.).同じ原理は偉大なアレクサンドリアの医師、原産地(デprincに。、Praef。)によって提唱されています。 "That alone", he says, "is to be believed to be the truth which in nothing differs from the ecclesiastical and Apostolical tradition". "それだけで"、と彼は言う、 "何で教会と使徒の伝統とは異なる真実であると信じられるためにある"。 In another passage (in Matth. tr. XXIX, n. 46-47), he rejects the contention urged by the heretics "as often as they bring forward canonical Scriptures in which every Christian agrees and believes", that "in the houses is the word of truth"; "for from it (the Church) alone the sound hath gone forth into all the earth, and their words unto the ends of the world".別の通路(Matth。TR。XXIX、nである。で46から47)で、彼は競合が "家にあることを、"彼らは前方に、すべてのクリスチャンが同意すると信じている正規の経典をもたらす限り、多くの場合、 "異端で付勢拒否真理の言葉 "、"それ(教会)からだけでも、音は "世界の果てまでわたしを全地に出て行っかれ、そして彼らの言葉。 That the African Church agrees with the Alexandrian, is clear from the words of Tertullian (De praescript., nn, 15, 19).アフリカの教会はアレクサンドリアに同意すること、テルトゥリアヌス​​(デpraescript。で、nn、15、19)の言葉からも明らかである。 He protests against the admission of heretics "to any discussion whatever touching the Scriptures".彼は "聖書に触れるものは何でもどんな議論に"異端者の入院に対する抗議。 "This question should be first proposed, which is now the only one to be discussed, `To whom belongs the faith itself: whose are the Scriptures'?. . .For the true Scriptures and the true expositions and all the true Christian traditions will be wherever both the true Christian rule and faith shall be shown to be". "この質問が最初に信仰自体が属する誰に`、ここで議論されるべき唯一のものであるが提案されるべきである:その 'は、聖書は...真の聖書と真の展示会やすべての真のキリスト教の伝統のためだろうか?真のキリスト教の支配と信仰の両方があることが示されなければならない場所 "である。 St. Augustine endorses the same position when he says: "I should not believe the Gospel except on the authority of the Catholic Church" (Con. epist. Manichaei, fundam., n. 6). (Con. epist Manichaei、fundam、nは6。) "私はカトリック教会の権威を除いて福音を信じるべきではありません"と彼は言うときに聖アウグスティヌスは、同じ位置を支持しています。

(3) By virtue of its official and permanent promulgation, Scripture is a public document, the Divine authority of which is evident to all the members of the Church. (3)その公式と永久公布のおかげで、聖書は公開文書であり、神の権威は教会のすべてのメンバーには明らかである。

(4) The Church necessarily possesses a text of Scripture, which is internally authentic, or substantially identical with the original. (4)教会は、必ずしも内部で本物、または元と実質的に同一である聖書のテキストを持っています。 Any form or version of the text, the internal authenticity of which the Church has approved either by its universal and constant use, or by a formal declaration, enjoys the character of external or public authenticity, ie, its conformity with the original must not merely be presumed juridically, but must be admitted as certain on account of the infallibility of the Church.いかなる形式またはバージョンのテキストは、教会は、その普遍的かつ常時使用により、または正式な宣言のいずれかによって承認された内部の信ぴょう性、外部または公共の信憑性の性格を楽しんで、すなわち、その適合性を持つ必要がありますオリジナルではなく、単にjuridicallyと推定されるが、教会の無謬性のアカウントに一定の資格を取得しなければなりません。

(5) The authentic text, legitimately promulgated, is a source and rule of faith, though it remains only a means or instrument in the hands of the teaching body of the Church, which alone has the right of authoritatively interpreting Scripture.それだけでは厳然と聖書を解釈する権利を持っている教会の教え本体の手の中に唯一の手段や楽器残っているものの、(5)本物のテキストは、合法的に公布され、信仰の源とルールです。

(6) The administration and custody of Scripture is not entrusted directly to the whole Church, but to its teaching body, though Scripture itself is the common property of the members of the whole Church.聖書自体は全体の教会のメンバーの共通の財産ですが(6)聖書の管理及び保管は、教会全体に直接委託したが、その教えを本体にはありません。 While the private handling of Scripture is opposed to the fact that it is common property, its administrators are bound to communicate its contents to all the members of the Church.聖書の秘密の取り扱いは、それが共通の財産であるという事実に反対しているが、その管理者は、教会のすべてのメンバーにその内容を伝達するためにバインドされています。

(7) Though Scripture is the property of the Church alone, those outside her pale may use it as a means of discovering or entering the Church.聖書は一人で教会の財産ですが(7)、彼女の淡い外部のユーザーはその教会を発見し、又は入力するための手段としてそれを使用するかもしれません。 But Tertullian shows that they have no right to apply Scripture to their own purposes or to turn it against the Church.しかし、テルトゥリアヌス​​は、彼らが自分の目的に聖書を適用したり、教会に対して、それをオンにする権利を持たないことを示しています。 He also teaches Catholics how to contest the right of heretics to appeal to Scripture at all (by a kind of demurrer), before arguing with them on single points of Scriptural doctrine.彼はまた、聖書の教義の単一点でそれらと議論する前に、すべての(異議の種類による)で、聖書にアピールするために異端の権利に異議を申し立てることはどのようにカトリック教徒を教えている。

(8) The rights of the teaching body of the Church include also that of issuing and enforcing decrees for promoting the right use, or preventing the abuse of Scripture. (8)教会の教え本体の権利はまた下記のものを含んで右の使用を促進する、または聖書の乱用を防止するための政令を発行し、強制すること。 Not to mention the definition of the Canon (see CANON), the Council of Trent issued two decrees concerning the Vulgate, and a decree concerning the interpretation of Scripture (see EXEGESIS, HERMENEUTICS), and this last enactment was repeated in a more stringent form by the Vatican Council (sess. III, Conc. Trid., sess. IV).キヤノン(CANONを参照)の定義を述べないために、トレントの評議会は、ウルガタ聖書に関する2つの政令、聖書の解釈に関する判決を(評釈を参照して、解釈学)を発行し、この最後の制定は、より厳格な形で繰り返されたバチカン評議会(sess. III、濃TRID。は、sess。IV)で。 The various decisions of the Biblical Commission derive their binding force from this same right of the teaching body of the Church.聖書委員会の様々な決定は、教会の教え本体のこれと同じ右からそれらの結合力を引き出す。 (Cf. Stapleton, Princ. Fid. Demonstr., X-XI; Wilhelm and Scannell, "Manual of Catholic Theology", London, 1890, I, 61 sqq.; Scheeben, "Handbuch der katholischen Dogmatik", Freiburg, 1873, I, 126 sqq.). (参考ステイプルトン、プリンスオブFID Demonstrは、X-XI;。ヴィルヘルムとスキャネル、 "マニュアルのカトリック神学"、ロンドン、1890年、私は、61 sqq名;シェーベン、 "Handbuchデアkatholischen Dogmatik"、フライブルク、1873年、私は、126 sqq名)。

VI. Ⅵ。 ATTITUDE OF THE CHURCH TOWARDS THE READING OF THE BIBLE IN THE VERNACULARお国言葉では、聖書の読書に向かって教会の態度

The attitude of the Church as to the reading of the Bible in the vernacular may be inferred from the Church's practice and legislation.お国言葉では、聖書の読書には、教会の姿勢は教会の慣行や法律から推論することができる。 It has been the practice of the Church to provide newly-converted nations, as soon as possible, with vernacular versions of the Scriptures; hence the early Latin and oriental translations, the versions existing among the Armenians, the Slavonians, the Goths, the Italians, the French, and the partial renderings into English.それは聖書の方言バージョンで、できるだけ早く、新たに変換国を提供するために、教会の的となっています。故に早いラテンと東洋の翻訳、アルメニア人、Slavonians、ゴート人、イタリア人の間で既存のバージョン語、フランス語、英語への部分的なレンダリング。 As to the legislation of the Church on this subject, we may divide its history into three large periods:このテーマに関する教会の立法として、我々は三つの大きな時期にその歴史を分割することができる:

(1) During the course of the first millennium of her existence, the Church did not promulgate any law concerning the reading of Scripture in the vernacular. (1)彼​​女の存在の最初の千年紀の間に、教会は、お国言葉で啓典を読んに関する法律を公布しなかった。 The faithful were rather encouraged to read the Sacred Books according to their spiritual needs (cf. St. Irenæus, "Adv. haer.", III, iv).忠実ではなく、その精神的なニーズ(参照聖irenæus、 "前売。haer。"、III、IV)によると神聖な書籍を読むことを奨励された。

(2) The next five hundred years show only local regulations concerning the use of the Bible in the vernacular. (2)次の500年は、お国言葉では、聖書の使用に関する唯一の地方条例を示しています。 On 2 January, 1080, Gregory VII wrote to the Duke of Bohemia that he could not allow the publication of the Scriptures in the language of the country. 1080年1月2日に、グレゴリー7世は、彼が国の言語で聖書の出版を許可しなかったことボヘミアの公爵に手紙を書いた。 The letter was written chiefly to refuse the petition of the Bohemians for permission to conduct Divine service in the Slavic language.手紙は、主にスラヴ語で神のサービスを実施するために必要なアクセス許可ボヘミアンズの嘆願を拒否するために書かれました。 The pontiff feared that the reading of the Bible in the vernacular would lead to irreverence and wrong interpretation of the inspired text (St. Gregory VII, "Epist.", vii, xi).教皇は、お国言葉では、聖書を読むことに触発されたテキストの不遜と間違った解釈(セントグレゴリー7世、 "Epist。"、第VII、XI)につながることを恐れていた。 The second document belongs to the time of the Waldensian and Albigensian heresies.第二文書がWaldensianとアルビジョア異端の時間に属しています。 The Bishop of Metz had written to Innocent III that there existed in his diocese a perfect frenzy for the Bible in the vernacular.メッツの司教は、彼の司教区で、お国言葉で聖書のための完璧な狂気をそこに存在していたことイノセントIIIに書かれていた。 In 1199 the pope replied that in general the desire to read the Scriptures was praiseworthy, but that the practice was dangerous for the simple and unlearned ("Epist., II, cxli; Hurter, "Gesch. des. Papstes Innocent III", Hamburg, 1842, IV, 501 sqq.). After the death of Innocent III, the Synod of Toulouse directed in 1229 its fourteenth canon against the misuse of Sacred Scripture on the part of the Cathari: "prohibemus, ne libros Veteris et Novi Testamenti laicis permittatur habere" (Hefele, "Concilgesch", Freiburg, 1863, V, 875). In 1233 the Synod of Tarragona issued a similar prohibition in its second canon, but both these laws are intended only for the countries subject to the jurisdiction of the respective synods (Hefele, ibid., 918). The Third Synod of Oxford, in 1408, owing to the disorders of the Lollards, who in addition to their crimes of violence and anarchy had introduced virulent interpolations into the vernacular sacred text, issued a law in virtue of which only the versions approved by the local ordinary or the provincial council were allowed to be read by the laity (Hefele, op. cit., VI, 817). 1199年に教皇は、一般的に聖書を読むための欲求は称賛に値すると答えたが、実際は(シンプルかつ無学のために危険である "Epist、II cxli;保護するもの"。Geschデティウス3世 "、ハンブルクPapstes 、1842、Ⅳ、501 sqq名)ティウス3世の死後、トゥールーズの教会会議はCathariの一部で神聖な啓典の誤用に対して1229年、その第十四キヤノン監督: "prohibemus、NEジャンルVeterisらノビTestamenti laicis permittatur habere "(ヘーフェレ、" Concilgesch "、フライブルク、1863 V、875)。1233年タラゴナの教会会議は、その第二キヤノンで同様の禁止を発表したが、両方のこれらの法律は唯一の管轄下に国を対象としていますそれぞれのsynods(ヘーフェレ、同上、918)。により暴力と無秩序の彼らの犯罪に加えて、方言神聖なテキストに悪性の補間を導入していたLollardsの障害に1408年にオックスフォードの三教会会議は、発行された地元の普通の、または、地方委員会によって承認さのおかげで法律が唯一のバージョンは俗人(ヘーフェレ、前掲書、六、8​​17)が読むことを許された。

(3) It is only in the beginning of the last five hundred years that we meet with a general law of the Church concerning the reading of the Bible in the vernacular. (3)それは我々がお国言葉では、聖書の読書に関する教会の一般的な法律に適合している最後の500年の始まりでしかない。 On 24 March, 1564, Pius IV promulgated in his Constitution, "Dominici gregis", the Index of Prohibited Books. 1564年3月24日に、ピウス4世は、彼の憲法に公布され、 "ドミニシgregis"、禁止されている書籍のインデックス。 According to the third rule, the Old Testament may be read in the vernacular by pious and learned men, according to the judgment of the bishop, as a help to the better understanding of the Vulgate.三番目の規則によると、旧約聖書は、ウルガタ聖書をよりよく理解するためにヘルプとして、司教の判断に従って、信心深いと学んだ男性は、お国言葉で読み取ることができます。 The fourth rule places in the hands of the bishop or the inquisitor the power of allowing the reading of the New Testament in the vernacular to laymen who according to the judgment of their confessor or their pastor can profit by this practice.司教やインクイジター彼らの懺悔またはその牧師の判断に従ってこのような行為により利益を得ることができます素人にも分かるように、お国言葉で新約聖書を読むことを可能にするという権力の手の中に四番目の規則の場所。 Sixtus V reserved this power to himself or the Sacred Congregation of the Index, and Clement VIII added this restriction to the fourth rule of the Index, by way of appendix.シクストゥス5世は、自分自身またはインデックスの神聖な集会にこの力を確保され、クレメンス8付録の方法により、インデックスの第四規則にこのような制限を追加しました。 Benedict XIV required that the vernacular version read by laymen should be either approved by the Holy See or provided with notes taken from the writings of the Fathers or of learned and pious authors.ベネディクト14世は、素人で読み取ら方言バージョンはどちら聖霊によって承認された参照するか、父の文章から、または学び、信心深い著者のとったメモが提供されるべきであることを要求した。 It then became an open question whether this order of Benedict XIV was intended to supersede the former legislation or to further restrict it.その後、ベネディクト14世のこの順序は、旧法律に優先したり、さらにそれを制限することを意図したかどうか、未解決の問題となった。 This doubt was not removed by the next three documents: the condemnation of certain errors of the Jansenist Quesnel as to the necessity of reading the Bible, by the Bull "Unigenitus" issued by Clement XI on 8 Sept., 1713 (cf. Denzinger, "Enchir.", nn. 1294-1300); the condemnation of the same teaching maintained in the Synod of Pistoia, by the Bull "Auctorem fidei" issued on 28 Aug., 1794, by Pius VI; the warning against allowing the laity indiscriminately to read the Scriptures in the vernacular, addressed to the Bishop of Mohileff by Pius VII, on 3 Sept., 1816.この疑問は、次の3つの文書で除去されなかった:Jansenistケスネルの特定のエラーの非難を聖書を読んでの必要性に、9月8日にクレメントxiによって発行された雄牛 "Unigenitus"、1713年(cf.デンツィンガーによって"Enchir。" NN 1294-1300); 28日ピウス六で8月、1794年に発行された雄牛 "Auctorem信仰の"によって、ピストイア、会議の中で維持同じ教育の非難;信徒を許しに対する警告無差別にお国言葉で聖書を読むためには、1816年9月3日に、ピウス7世によってMohileffの司教宛て。 But the Decree issued by the Sacred Congregation of the Index on 7 Jan., 1836, seems to render it clear that henceforth the laity may read vernacular versions of the Scriptures, if they be either approved by the Holy See, or provided with notes taken from the writings of the Fathers or of learned Catholic authors.しかし、1836年1月7日、上のインデックスの神聖な集会によって発行された令は、彼らがどちらの神聖を参照することによって承認された、または取らノートが提供された場合今後信徒が、聖書の方言バージョンを読み取ることができることを明らかにレンダリングするようだ教父の書物から学んまたはカトリック作家の。 The same regulation was repeated by Gregory XVI in his Encyclical of 8 May, 1844.同じ規制は1844年5月8日の彼の回勅でグレゴリー16世が繰り返された。 In general, the Church has always allowed the reading of the Bible in the vernacular, if it was desirable for the spiritual needs of her children; she has forbidden it only when it was almost certain to cause serious spiritual harm.それは彼女の子供たちの精神的なニーズのために望まれていた場合、一般的に、教​​会は常に、お国言葉では、聖書を読むことを可能にした、それが深刻な精神的な害を引き起こすことはほぼ確実であった場合にのみ、彼女はそれを禁じている。

VII. Ⅶ。 OTHER SCRIPTURAL QUESTIONS他の聖書の質問

The history of the preservation and the propagation of the Scripture-text is told in the articles MANUSCRIPTS OF THE BIBLE; CODEX ALEXANDRINUS (etc.); VERSIONS OF THE BIBLE; EDITIONS OF THE BIBLE; CRITICISM (TEXTUAL); the interpretation of Scripture is dealt with in the articles HERMENEUTICS; EXEGESIS; COMMENTARIES ON THE BIBLE; and CRITICISM (BIBLICAL).保全の歴史と聖書テキストの伝播は、聖書の記事の原稿の中で語られています。コーデックスアレクサンドリア(等)、聖書の最新バージョン、聖書のエディション;批判(テキスト)、聖書の解釈は以下です評釈;;記事解釈学で扱わ聖書の論評、と批判(聖書)。 Additional information on the foregoing questions is contained in the articles INTRODUCTION; OLD TESTAMENT; NEW TESTAMENT.上記の質問に関する追加の情報は、記事のはじめに収められている。旧約聖書、新約聖書。 The history of our English Version is treated in the article VERSIONS OF THE BIBLE.私たちの英語版の歴史は、聖書の記事のバージョンで扱われます。

Publication information Written by AJ Maas. AJマースによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Robert B. Olson.ロバート·B·オルソン転写されています。 Offered to Almighty God for Timothy and Kris Gray, and for a holy love and understanding of Sacred Scripture for all members of Our Blessed Lord's Church.ティモシーとクリス·グレイのためにと私たちを祝福主の教会のすべてのメンバーのための聖書の神聖な愛と理解のために全能の神に提供される。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIII.カトリック百科事典は、13巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, February 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年2月1日。 Remy Lafort, DD, Censor.レミーLaf​​ort、DDは、検閲しています。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

A list of Catholic literature on Scriptural subjects has been published in the American Ecclesiastical Review, xxxi (August, 1904), 194-201; this list is fairly complete up to the date of its publication.聖書の科目については、カトリック文献のリストは、アメリカの教会のレビュー、31(8月、1904)、194から201に掲載されましたが、このリストはかなりその公開の日までに完成されています。 See also the works cited throughout the course of this article.また、この記事の過程全体にわたって引用作品を参照してください。 Most of the questions connected with Scripture are treated in special articles throughout the course of the ENCYCLOPEDIA, for instance, in addition to those mentioned above, JEROME; CANON OF THE HOLY SCRIPTURES; CONCORDANCES OF THE BIBLE; INSPIRATION OF THE BIBLE; TESTAMENT, etc. Each of these articles has an abundant literary guide to its own special aspect of the Scriptures.聖書キヤノン;;、聖書コンコーダンス、聖書のインスピレーションは、遺書など、聖書に接続された質問のほとんどは、上記のものは、ジェロームに加えて、例えば、百科事典の過程を通して特集記事で扱われるこれらの記事は、それぞれの聖書の独自の特殊な側面に豊富な文学的なガイドを持っています。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです