Sermon on the Mount山上の垂訓

Advanced Information 高度情報

The Sermon on the Mount is the discourse of Jesus in Matt.山上の垂訓はマットでイエスの談話です。 5-7, containing the epitome of his ethical teaching. 5-7、彼の倫理教育の縮図を含む。 The shorter but parallel sermon in Luke 6:20-49 is usually known as the Sermon on the Plain, because of a different description of the setting.ルカ6:20-49にある短いが平行説教は通常ので、設定の異なる記述から、平地の説教として知られています。 No other block of Jesus' teaching has enjoyed such wide influence and intense examination.イエスの教えは、他のブロックには、そのような幅広い影響力と強烈な検査を楽しんでいない。 Its uniqueness derives not only from its impact as a whole, but also from the fact that some of its parts have attained classical status on their own.そのユニークさだけではなく、全体としてその影響から派生して、だけでなく、その部品のいくつかは、自分で古典的な地位を達成しているという事実から。

The sermon has been called anything from essential Christianity to Jesus' manifesto, but it is best seen as the height of Jesus' ethical demands on his disciples occasioned by the nearness of the kingdom.説教は、本質的なキリスト教からイエスには何と呼ばれてきた "マニフェストが、それは最高のイエスの高さとして見られている"王国の近さによって引き起こされた弟子たちに倫理的な要求。 Since Matt.マット以来。 portrays Jesus as seated in rabbinic posture teaching his disciples, the term "sermon" is an unfortunate, though now unavoidable, one.イエスは弟子たちを教えるラビの​​姿勢で座って描いているように、用語 "説教"は1、しかし今では避けられない、不幸なことです。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Contexts of the Sermon説教のコンテキスト

Matthewマシュー

(1) Structure. (1)構造。 The body of Matt.マットの本体。 is organized around five discourses of Jesus, each ending with a transitional formula beginning, "When Jesus finished...."イエスは、過渡的な式で始まる各エンディングの5言説、 "イエスが終了したら...."を中心に構成されている The sermon is the first of these discourses, and, coupled with the narrative section which follows in chs.説教は、CHSの次の物語のセクションと相まって、これらの言説の最初のものである、と。 8-9, forms a characterization of Jesus' early Galilean ministry. 8-9は、イエスの初期のガリレオ省庁の特性を形成している。 Some of the Beautitudes have corresponding woes in ch. Beautitudesの一部はch内の対応する悲哀を持っています。 23, whereas in Luke these appear in the sermon itself. 23は、ルークのに対し、これらは説教自体に表示されます。

(2) Theology. (2)神学。 The sermon meshes well with the theology of Matt.マットの神学とよく説教メッシュ。 in several respects, especially in parallels with the Pentateuch and emphasis on the kingdom.いくつかの点で、特に五と王国に重点を置いて平行インチ The initial verse calls to mind early statements in Gen., and as he presents Jesus' preadult life, certain similarities with Moses are quite striking.初期の詩は、創世記の早い段階で文を気にして呼び出し、彼はイエスの前成人期の生活を示すため、モーセと一定の類似性が非常に印象的です。 The sermon is set on a mountain, and Jesus comes to fulfill the law (5:17) and sets himself up as the authoritative interpreter of its true meaning in the antitheses of ch.説教は山に設定されており、イエスは律法(5:17)を満たすようになるとchのantithesisの複数形で、その真の意味の権威ある通訳として彼自身を設定しています。 5. 5。 The kingdom theme combines with that of righteousness in 5:20 and 6:33, but its importance is seen above all in the Beatitudes, which begin and end with a promise of the kingdom, thus indicating that this is their overriding focus.王国のテーマは、午前5時20分と午前6時33正義のそれと結合し、その重要性は、このように、これは彼らの最優先の焦点であることを示す、beginと王国の約束で終わら山上の垂訓、上記のすべてが見られる。

Synoptic Gospels共観福音書

Various attempts to place the sermon precisely in Jesus' ministry have proven problematic, but it certainly belongs early.イエスのミニストリーに正確に説教を配置する様々な試みが問題と実証されているが、それは確かに早期に属します。 That it bears some relationship to Luke's Sermon on the Plain is evident, especially from the overall agreement in the ordering of parallel material.それは平野にルークの説教に何らかの関係を有するということは、特に並列材料の順序で全体の合意から、明らかである。 The greatest difference is the absence in Luke of the Palestinian Jewish or OT background to the sayings and of the whole block of material where Jesus' teaching is set over against some of contemporary Judaism (5:17-6:18).最大の違いはことわざにパレスチナのユダヤ人やOTの背景の、イエスの教えは現代のユダヤ教(5:17-6:18)のいくつかに対して上設定されている材料のブロック全体のルークで不在です。 Of the various explanations of the relationship between the two sermons, the most satisfactory one is that they represent two separate teaching occassions reflecting different versions of a discourse Jesus gave on several occasions, but adapted to each situation. 2つの説教の間の関係の様々な説明の中で、最も満足のいく1は、彼らがイエスは幾度も与えたが、それぞれの状況に適応した談話の異なるバージョンを反映した2つの独立した教育な機会を表していることである。 This allows for the redactional activity in Matt., but ascribes the basic sermon as it stands to Jesus himself.これは、マットです。でredactional活動を可能にするが、それはイエス自身に現状のままで基本的な説教を帰し。

NT as a Whole全体として、NT

The position of the sermon on the continuum of NT theology may be seen in light of the commonly perceived extremes, James and Paul. NTの神学の連続体上の説教の位置は、一般的に知覚され、極端なジェームズとポールの光の中で見られることがあります。 There are more close parallels between the sermon and James than with any other NT writing, and both of them belong in the Wisdom tradition.何か他のNTの書き込みよりも説教とジェームズの間のより密接な類似点があり、それらの両方が知恵の伝統に属しています。 Because of the widespread belief that Paul and Jesus, in the sermon, taught faith-righteousness versus works-righteousness, the two are often seen as poles apart theologically.なぜなら、パウロとイエスは、説教の中で、信仰義対作品 - 正義を教えたことが広く信念のため、両者はしばしば神学的には隔世の感と見られている。

Theological Assessment神学的なアセスメント

Famous Sections有名なセクション

Three parts of the sermon have wielded considerable influence in their own right on Christian consciousness and liturgy.説教の3つの部分がキリスト教の意識と典礼に自分の右側にかなりの影響力を振るってきた。 The Beatitudes have the kingdom as their primary theme, but they also introduce other of the sermon's emphases.山上の垂訓は、彼らの主要なテーマとして王国を持っていますが、彼らはまた、説教の強調事項の他の紹介。 In contrast to their consoling nature in Luke, in Matt.ルークで彼らの慰め性質とは対照的に、マットインチ they assume the character of ethical demands, and the focus of the blessings themselves is eschatological.彼らは倫理的な要求、そして自身が終末論である祝福の焦点の性格を前提としています。 The Matthean version of the Lord's Prayer is poetic with beautiful symmetry and has heavily influenced Christian liturgy.主の祈りのマタイ伝のバージョンは美しい対称性と詩的であり、重く、キリスト教の典礼に影響を与えてきた。 Jesus uses it as an illustration of the need for simplicity in prayer, and some of its words suggest his follow-up principle of reciprocal forgiveness.イエスは祈りの簡略化のために必要性の実例としてそれを使用して、その言葉のいくつかは相互の赦しの彼のフォローアップの原理を示唆している。 The Golden Rule (7:12) brings to their apex the sermon's earlier teachings on interpersonal relations.ゴールデンルール(7:12)は、それらの頂点に対人関係上の説教の以前の教えをもたらします。 Its interpreters have often stressed Jesus' positive mode of formulating this principle in contrast to the negative way by other great religious teachers.その通訳は、しばしば他の偉大な宗教教師による否定的な方法とは対照的に、この原則を策定イエスのポジティブモードを強調している。 In the context of Jesus' thought as a whole, the Golden Rule is his way of expressing Lev.全体としてのイエスの思想の文脈では、ゴールデンルールは、レフを表現する彼の方法です。 19:18b, which he elsewhere calls the second great commandment (Matt. 22:39), for he sees both as the epitome of the law and the prophets.彼は両方の法律の縮図と預言者として見ているために、彼は別の場所で、第二の偉大な命令(マタイ午後09時39分)を呼び出し19:18 B、。

Troublesome Passages面倒な通路

Several of Jesus' precepts are presented in such an absolute form that many interpreters have questioned the sermon's applicability to the average Christian.イエスの教訓のいくつかは、多くの通訳は平均クリスチャンに説教の適用可能性を疑問視しているような絶対的な形で提示されています。 Tolstoi, on the other hand, while failing to recognize Jesus' use of such techniques as hyperbole, found here maxims the serious person must literally observe.誇大広告のような技術のイエスの使用を認識に失敗しながらトルストイは、その一方で、深刻な人は文字通り守らなければならない格言はこちらをご覧ください。 Certainly the person who literally destroys an eye or a hand (5:29-30) has not solved his problem, because he still has another left.彼はまだ別の左を持っているので、確かに文字通り目や手(5:29-30)を破壊した者は、自分の問題を解決していない。 Hyperbole here serves to underscore the urgency of radical action to remove the source of a temptation.誇張はここで誘惑の源を除去するために抜本的な対策の緊急性を強調しています。 Jesus' forbidding of judging (7:1) has led some to conclude that a Christian cannot be a judge or serve on a jury; however, he is not giving the word a legal meaning, but is talking about being judgmental in interpersonal relations.イエスの(7:1)の判定禁止するには、いくつかのクリスチャンは裁判官であるか、陪審員になることはできないと結論づけているが、彼は言葉に法的な意味を与えていませんが、対人関係での批判であることについて話している。 The prohibition against swearing (5:34) has led some to refuse to swear, even in court, but Jesus' words are best seen against the background of the elaborate rabbinic system of loopholes that precluded simple honesty in personal dealings.宣誓の禁止(5:34)でも​​、法廷で、誓うことを拒否するためにいくつかをリードしてきましたが、イエスの言葉は、最高の個人的な取引で排除されたシンプルな正直その抜け穴の精巧なラビのシステムを背景に見られている。 Jesus himself took an oath (Mark 8:12).イエス自身が誓い(マーク午前8時12分)を取った。 Finally, Jesus' principle of nonresistance (Matt. 5:39) has been applied even to military and police force, whereas, again, Jesus relates it to interpersonal relationships.最後に、無抵抗のイエスの原則(マタイ5時39分)が、一方、軍や警察部隊にも適用されており、再び、イエスは、対人関係に関連している。

Influence and Interpretation影響と解釈

Influence影響

Since the second century no block of Scripture of comparable size has exerted as great an influence as the sermon.第二世紀以来匹敵するサイズの聖書のないブロックが説教として大きな影響力として作用していない。 In the pre-Nicene period, passages from this discourse were quoted or alluded to more than from any other part of the Bible.プリニカイア期間においては、この談話の一節は、引用符で囲まれた、聖書の他の部分からより多くをほのめかした。 To the present day these words still profoundly challenge Christians and non-Christians alike.現在まで、これらの言葉は、まだ深くキリスト教徒と非キリスト教徒同様に挑戦しています。 They caused Tolstoi to change completely his social theory and influenced the development of Gandhi's use of nonviolence as a political force.彼らはトルストイが完全に彼の社会理論を変更する原因となった政治勢力としての非暴力のガンジーの利用の発展に影響を与えた。 Even Nietzche, who objected to the teachings of the sermon, did not ignore them.説教の教えに反対であってもニーチェは、それらを無視しませんでした。

History of Interpretation解釈の歴史

The arresting nature of the sermon has produced numerous diverging efforts to explain, or even explain away, Jesus' words.説教の逮捕性質は、イエスの言葉を説明し、さらに言い逃れをするための多数の発散の努力を生産している。 Many have resisted efforts to limit the sermon's applicability.多くは、説教の適用を制限するための努力に抵抗している。 One approach sees Jesus teaching an obedience-righteousness that cannot be reconciled with Paul.一つのアプローチは、イエスがポールと和解することはできません服従 - 正義を教えて見ている。 Anabaptists did not go so far, but insisted that Jesus' words are so absolute that their obedience precludes Christian participation in certain social and political institutionss.再洗礼派は、これまでのところに行くが、イエスの言葉が彼らの従順は特定の社会的、政治的institutionssのキリスト教への参加を排除するように、絶対的なものだと主張していませんでした。 Bonhoeffer reacted against those who would analyze and interpret but fail to do the sermon.ボンヘッファーは、分析し、解釈しますが、説教を行うには失敗しようとする者たちに対して反応した。 It must be done, but the power to do it comes only from the cross.それが行われたが、それを行うためのパワーが唯一のクロスから来なければなりません。 Luther attempted to avoid what he regarded as the extremes of both the Roman and Anabaptist interpretations and stressed the obligation to keep the sermon's commandments.ルターは、彼はローマや再洗礼派の解釈の両方の極端とみなすものを避けるためにしようとしたと説教の戒めを守る義務を強調した。 Liberal Protestantism has seen the sermon as the heart of the gospel and as Jesus' program for reforming society.リベラルなプロテスタントは福音の中心として、社会改革のためのイエスのプログラムとして説教を見ている。

Others have attempted to limit the sermon's applicability.他の人が説教の適用を制限しようとしました。 The predominant Lutheran view, though not of Luther himself, is that the sermon presents an impossible ideal which cannot be realized, so its function is to show man his inadequacy so he will be prepared for the gospel.優勢ルーテルビューは、ありませんがルーサー自身の、説教は、その関数が、彼は福音のために準備することができるようになる男彼の不十分さを示すことにあるので、実現できない理想を提示することは不可能ということである。 What is sometimes called the existential position sees Jesus as attempting to change attitudes, not actions.と呼ばれることがありますどのような実存的な位置は態度ではなく、アクションを変更しようとしてイエスを見ている。 The medieval Catholic interpretation called these precepts "evangelical counsels" for the few who would seek perfection, rather than commandments for every Christian.中世のカトリックの解釈はこれらの教訓すべてのクリスチャンのためにむしろ戒めよりも、完璧を追求する少数の人々のために "福音の相談"と呼ばれる。 Two approaches limit the full applicability of the sermon to the breaking in of the kingdom, but with different results: Schweitzer saw Jesus primarily as an eschatological figure, so he coined the term "interim ethics" to emphasize that the stringent requirements of the sermon could apply only to the stress-packed times immediately before God introduced his kingdom, an event which never occurred, so the sermon does not apply to our modern situation.二つのアプローチが王国の中で破壊に説教の完全な適用性を制限しますが、異なる結果に:シュヴァイツァーは、主に終末論的人物としてイエスを見たので、彼は説教の厳しい要件ができたことを強調しておきたい用語 "暫定的な倫理"を造語神は彼の王国、発生しなかったイベントを導入する直前にストレス満載の回にのみ適用されますので、説教は、私たちの現代の状況には適用されません。 Dispensationalists also limit the sermon's focus to the kingdom, so for them Jesus' teachings will fully apply only at its future coming. Dispensationalistsはまた、彼らのためにイエスの教えを完全に来て、その将来にのみ適用され、王国への説教の焦点を制限します。

Meaning of the Sermon説教の意味

Jesus concludes the sermon by setting up certain requirements that relate directly to one's being saved or lost.イエスは自分の保存したり失われたりすることに直接関係する一定の要件を設定することで説教を終わります。 He divides mankind into three classes: those who (1) follow him (7:13-14, 17, 21, 24-25), (2) do not follow him (vss. 13-44, 26-27), and (3) pretend to follow him (vss. 15-20, 21-23).彼は3つのクラスに人類を分けています(1)(2)、(7:13-14、17、21、24-25)彼の後を追うが彼に従わない方(vss. 13から44まで、26から27まで)、および(3)(vss. 15-20、21-23)彼に従うふりをする。 To be saved one must actually follow the teachings of the sermon, but Jesus does not say they must be performed perfectly.保存するものは、実際に説教の教えに従わなければなりませんが、イエスは、彼らが完全に行わなければならないと言うことはありません。 The saved are those who accept and actually attempt to direct their lives by the sermon; the lost are those who pretend to follow or who reject these teachings.受け入れて、実際に説教に自分たちの生活を指示しようとした人たちは保存され、失われたが従うか、誰がこれらの教えを拒否したふりをする人々である。 Is this any different from Paul's man of faith?これは信仰のパウロの男から何が違うのですか? Was Paul not scandalized by the notion that a person may live the way he wants?パウロは、人は彼が望んでいる道を生きることができるという考えで憤慨されませんでしたか? The person who rests his faith in Jesus determines to follow him.イエスに信仰を休む人は彼に従うことを決定します。 This is Jesus and Paul.これは、イエスとパウロです。 Mere profession of belief, without the following, will secure Jesus' condemnation, "I never knew you. You evildoers, depart from me" (vs. 23).信念の単なる職業は、次のことなく、イエス·キリストの非難を確保していき、 "私があなたがたを全く知らない。あなたは悪人、私からの出発"(対23)。 An unfortunate feature of much post-Reformation Christianity has been the interpretation of Jesus in light of Paul rather than the converse.ずっと後の改革キリスト教はポールではなく、逆の光の中でイエスの解釈となっています。の不幸な機能 One of the contributions of Bonhoeffer's treatment of this sermon is his insistence on reading Paul in light of Jesus and, hence, his stressing the necessity of doing the sermon.この説教のボンヘッファーの治療の貢献の一つは、イエス様の光の中でポールを読んで彼の主張であり、それゆえ、彼は説教をすることの必要性を強調した。 Perfection is not demanded and aid is provided, but still the true disciple is "the who does the will of the Father" (vs. 21).完璧が要求されておらず、援助が提供されていますが、まだ真の弟子が "父のみこころを行う人"(対21)です。

GT Burke (Elwell Evangelical Dictionary) GTバーク(エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
Augustine, Our Lord's Sermon on the Mount; M. Luther, The Sermon on the Mount; HK McArthur, Understanding the Sermon on the Mount; WS Kissinger, The Sermon on the Mount; A Dictionary of the Bible, extra vol., 1-45; K. Grayston, IDB, IV, 279-89; G. Friedlander, The Jewish Sources of the Sermon on the Mount; CG Montefiore, Rabbinic Literature and Gospel Teachings; D. Bonhoeffer, The Cost of Discipleship; AN Wilder, IB, VII, 155-64; J. Jeremias, The Sermon on the Mount; WD Davies, The Setting of the Sermon on the Mount and The Sermon on the Mount; RM Grant, "The Sermon on the Mount in Early Christianity," Sem 12:215-31; R. Guelich, The Sermon on the Mount; JRW Stott, Christian Counter-Culture.アウグスティヌスは、山上の私たちの主の説教; M.ルター、山上の垂訓、香港マッカーサー、山上の垂訓を理解し、WSキッシンジャーは、山上の垂訓、聖書の辞書、余分VOL、1 - 。 45; K·グレイス、IDB、IV、279から89、G·フリードランダー、山上の垂訓のユダヤ人の源; CGモンテフィオーリ、ラビ文学と福音の教え; D.ボンヘッファー、弟子のコスト、ワイルダー、IB 、第VII、155から64;イェレミアス、山上の垂訓、WDのデイビス、マウントと山上の垂訓の垂訓の設定; rmグラントは、 "初期キリスト教の山上の垂訓、" SEM 12:215-31; R. Guelich、山上の垂訓; JRWストットは、キリスト教のカウンターカルチャー。


Sermon on the Mount山上の垂訓

Advanced Information 高度情報

After spending a night in solemn meditation and prayer in the lonely mountain-range to the west of the Lake of Galilee (Luke 6:12), on the following morning our Lord called to him his disciples, and from among them chose twelve, who were to be henceforth trained to be his apostles (Mark 3:14, 15).ガリラヤ湖(ルカ6:12)の西の山の範囲孤独で厳粛な瞑想と祈りの中で夜を過ごした後は、誰が、次の朝に、私たちの主が弟子たちは彼に呼ばれ、その中から12を選んだ今後は彼の使徒(マーク3時14、15)となるための訓練をすることとなった。 After this solemn consecration of the twelve, he descended from the mountain-peak to a more level spot (Luke 6:17), and there he sat down and delivered the "sermon on the mount" (Matt. 5-7; Luke 6:20-49) to the assembled multitude. 12のこの厳かな奉献の後、彼は山のピークからもっとレベルのスポット(ルカによる福音書6:17)に降り、彼はそこに座って、 "山上の垂訓"(マタイ5月7日配信、ルカ6集まった群衆に:20-49)。 The mountain here spoken of was probably that known by the name of the "Horns of Hattin" (Kurun Hattin), a ridge running east and west, not far from Capernaum.の話ここに山が "ヒッティーンのホルン"(Kurunヒッティーン)、東と西を実行している尾根ではなく、これまでカペナウムからの名で知られていることをおそらくあった。 It was afterwards called the "Mount of Beatitudes."それはその後、 "山上の垂訓のマウント"と呼ばれた。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)



Also, see:また、参照してください:
Beatitudes beatitudes


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです