Simony聖職売買

General Information 一般的な情報

Simony is the buying or selling of spiritual things.シモニーは霊的な事柄の売買です。 The word is derived from the biblical sorcerer Simon Magus, who attempted to buy spiritual powers from the apostle Peter (see Acts 8:18-24).言葉は使徒ペテロ(使徒8:18-24参照)から精神的な力を購入しようとした聖書の魔術師サイモン魔術師から派生しています。

Simony was a problem in the Christian church from the time of the Edict of Milan (313), when the church began to accumulate wealth and power, until modern times.シモニーは、教会が近代まで、富と権力を蓄積し始めミラノ(313)の勅令の時からキリスト教会の問題であった。 This is evident from the frequent legislation against it.これは、それに対する頻繁な法律から明らかである。 In 451, the Council of Chalcedon proscribed ordination for money; this prohibition was reaffirmed by the Third Lateran Council in 1179 and by the Council of Trent (1545-63). 451、お金のために禁止されたカルケドン叙階の理事会で、この禁止は、1179とトレントの評議会(1545年から1563年)による第三ラテラン評議会によって再確認された。 Simony was rampant from the 9th to the 11th century.シモニーは9から11世紀に蔓延していた。 During that period simony pervaded church life on every level, from the lower clergy to the papacy.低い聖職者からローマ教皇に、あらゆるレベルで、その期間の聖職ぷんぷん教会生活の中に。 At the time of the Reformation, major abuses centered on the sale of indulgences and relics.改革、おぼれると遺物の販売を中心とした主要な人権侵害の時点で。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Ecclesiastical law forbids simony and condemns it as a sinful practice that bespeaks a shallow understanding of spiritual values.教会法では、聖職売買を禁じていると精神的な価値の浅い理解をbespeaks罪深い練習としてそれを非難している。 Prohibited are all monetary transactions surrounding blessed or consecrated religious objects, prayers and masses (excluding ecclesiastically authorized offerings for the support of the clergy), and church offices and promotions.禁止は恵まれまたは献堂宗教オブジェクト、祈りと大衆(聖職者のサポートのためのecclesiastically承認製品を除く)は、教会事務所やプロモーションを取り巻くすべての金融取引である。


Simony聖職売買

Catholic Information カトリックの情報

(From Simon Magus; Acts 8:18-24) (サイモン魔術師から;行為8:18-24)

Simony is usually defined "a deliberate intention of buying or selling for a temporal price such things as are spiritual of annexed unto spirituals".シモニーは、通常、 "そのようなものとしての精神的なアール時間的な価格で売買するの意図的な意図は霊歌かれ併合"が定義されます。 While this definition only speaks of purchase and sale, any exchange of spiritual for temporal things is simoniacal.この定義は、売買のことを話す一方で、一時的なもののために精神的な任意の交換は聖職である。 Nor is the giving of the temporal as the price of the spiritual required for the existence of simony; according to a proposition condemned by Innocent XI (Denzinger-Bannwart, no. 1195) it suffices that the determining motive of the action of one party be the obtaining of compensation from the other.また聖職売買の存在を必要とスピリチュアルの代償として時間的に与えている。無実xi非難される命題(デンツィンガー - bannwart、ノー1195)によれば、それは、当事者の一方の作用を決定する動機は十分であること他からの報酬の取得。

The various temporal advantages which may be offered for a spiritual favour are, after Gregory the Great, usually divided in three classes.精神的な好意のために提供することができる様々な時間的な利点は、通常3つのクラスに分かれてグレゴリーの大、後は、されています。 These are: (1) the munus a manu (material advantage), which comprises money, all movable and immovable property, and all rights appreciable in pecuniary value; (2) the munus a lingua (oral advantage) which includes oral commendation, public expressions of approval, moral support in high places; (3) the munus ab obsequio (homage) which consists in subserviency, the rendering of undue services, etc.これらは次のとおりである:(1)お金は、すべての可動や不動産、そして金銭的価値のかなりのあらゆる権利を有してmunusマヌーは(材料の優位性)、(2)経口表彰を含むmunusリンガ(経口利点)、公共承認の表現、高い場所での精神的な支援、いいなりになることで構成されています(3)munus AB obsequio(オマージュ)、過度のサービスの提供等

The spiritual object includes whatever is conducive to the eternal welfare of the soul, ie all supernatural things: sanctifying grace, the sacraments, sacramentals, etc. While according to the natural and Divine laws the term simony is applicable only to the exchange of supernatural treasures for temporal advantages, its meaning has been further extended through ecclesiastical legislation.自然と神の法に従って任期聖職だけ超自然的な宝物の交換に適用可能であるがsanctifyingグレースは、秘跡、sacramentals等:精神的なオブジェクトは、魂の永遠の繁栄を助長しているものは何でも含まれ、すべての超自然的なもの、すなわち時間的な利点のために、その意味はさらに教会の法制化まで延長された。 In order to preclude all danger of simony the Church has forbidden certain dealings which did not fall under Divine prohibition.聖職売買のすべての危険を排除するために、教会は神の禁止に該当していなかった特定の取引を禁じている。 It is thus unlawful to exchange ecclesiastical benefices by private authority, to accept any payment whatever for holy oils, to sell blessed rosaries or crucifixes.それは、祝福されたロザリオや十字架を販売するために、聖なる油のためのものは何でも、任意の支払いを受け入れるために、民間機関によって教会beneficesを交換することは違法である。 Such objects lose, if sold, all the indulgences previously attached to them (S. Cong. Of Indulg., 12 July, 1847).このようなオブジェクトを失う、売却した場合、以前にそれら(S.ベトコン。Indulgの。、1847年7月12日)に接続されたすべてのおぼれる。 Simony of ecclesiastical law is, of course a variable element, since the prohibitions of the Church may be abrogated or fall into disuse.教会の禁止が廃止または廃止になるかもしれないので教会法のシモニーは、もちろん、可変要素である。 Simony whether it be of ecclesiastical or Divine law, may be divided into mental, conventional, and real (simonia mentalis, conventionalis, et realis).それは教会や神の法であることがシモニーかどうか、精神的な、従来の、そして本当の(simoniaオトガイ、conventionalisら現実相)に分けることができる。 In mental simony there is lacking the outward manifestation, or, according to others, the approval on the part of the person to whom a proposal is made.精神的な聖職売買では、他によると、提案がなされた者に対し当該側の承認が外側に症状を欠いている、またはされています。 In conventional simony an expressed or tacit agreement is entered upon.従来の聖職売買で表現または暗黙の合意が上に入力されます。 It is subdivided into merely conventional, when neither party has fulfilled any of the terms of the agreement, and mixed conventional, when one of the parties has at least partly complied with the assumed obligations.それは、当事者の一方が、少なくとも部分的に想定義務を遵守した場合に、当事者は、契約書の条項のいずれかを満たし、かつ、従来の混合したときに、単に従来の細分化されています。 To the latter subdivision may be referred what has been aptly termed "confidential simony", in which an ecclesiastical benefice is procured for a certain person with the understanding that later he will either resign in favour of the one through whom he obtained the position or divide with him the revenues.後者のディビジョンにふさわしい教会の聖職禄彼は位置または除算を得て、誰を使って後で、彼はどちらか一方に有利に辞任することを理解した上で、特定の人のために調達されている "機密聖職売買を"、と呼ばれているものを呼ぶことができる彼と収入。 Simony is called real when the stipulations of the mutual agreement have been either partly or completely carried out by both parties.双方の合意の規定のいずれか、部分的または完全に、両当事者によって行われてきたときにシモニーは実と呼ばれています。

To estimate accurately the gravity of simony, which some medieval ecclesiastical writers denounced as the most abominable of crimes, a distinction must be made between the violations of the Divine law, and the dealings contrary to ecclesiastical legislation.いくつかの中世の教会の作家は、犯罪の中で最も忌まわしいとして糾弾聖職売買の正確重力を推定するために、区別は神の法の違反、および教会法に反する取引の間に行わなければなりません。 Any transgression of the law of God in this matter is, objectively considered, grievous in every instance (mortalis ex toto genere suo).この問題では神の律法のいずれ罪は、客観的に(mortalis EXトトgenere SUO)のすべてのインスタンスで痛ましい、と考えられている。 For this kind of simony places on a par things supernatural and things natural, things eternal and things temporal, and constitutes a sacrilegious depreciation of Divine treasures.額面超自然物事と物事と物事は永遠の時間的な自然、物事に聖職売買の場所のこの種のは、神の宝の冒とく減価償却費を構成する。 The sin can become venial only through the absence of the subjective dispositions required for the commission of a grievous offense.罪だけ痛ましい犯罪の嘱託に要する主観的処分の不在を通じてささいなることができます。 The merely ecclesiastical prohibitions, however, do not all and under all circumstances impose a grave obligation.単に教会の禁止事項は、しかし、すべての適用されないので、すべての状況下で重大な義務を課す。 The presumption is that the church authority, which, in this connection, sometimes prohibits actions in themselves indifferent, did not intend the law to be grievously binding in minor details.推定では、この接続では、時には無関心自分自身で行動を禁止しているが、教会の権威が、細部で悲痛に拘束するために法律を意図していなかったということです。 As he who preaches the gospel "should live by the gospel" (1 Corinthians 9:14) but should also avoid even the appearance of receiving temporal payment for spiritual services, difficulties may arise concerning the propriety or sinfulness of remuneration in certain circumstances.彼は "福音によって生活すべき"福音を説く(1コリント9:14)だけでなく、精神的なサービスのために一時的な支払を受け取ったのも外観を避けるべきである、困難はある特定の状況では報酬の適否や罪深さについて発生する可能性があります誰が The ecclesiastic may certainly receive what is offered to him on the occasion of spiritual ministrations, but he cannot accept any payment for the same.聖職者は、確かに精神的ministrationsの機会に彼に提供されているものを受け取るかもしれないが、彼は同じのため、任意の支払いを受け入れることができません。 The celebration of Mass for money would, consequently, be sinful; but it is perfectly legitimate to accept a stipend offered on such occasion for the support of the celebrant.お金のためのミサの祭典は、結果的に罪深いだろうが、それは祝賀会の参加者をサポートするためにそのような機会に提供して奨学金を受け入れることは完全に合法です。 The amount of the stipend, varying for different times and countries, is usually fixed by ecclesiastical authority (SEE STIPEND).異なる時間や国のために様々な奨学金の額は、通常、教会の権威(俸給を参照)によって固定されています。 It is allowed to accept it even should the priest be otherwise well-to-do; for he has a right to live from the altar and should avoid becoming obnoxious to other members of the gy.それも、司祭がそうでなければ裕福なされるべきである、それを受け入れることを許可されている、彼は​​祭壇から生きる権利があるとGYの他のメンバーに不快になることを避けるべきであるため。 It is simoniacal to accept payment for the exercise of ecclesiastical jurisdiction, eg, the granting of dispensations; but there is nothing improper in demanding from the applicants for matrimonial dispensations a contribution intended partly as a chancery fee and partly as a salutary fine calculated to prevent the too frequent recurrence of such requests.それは、例えば、教会の管轄権の行使のための支払いを受け入れるように聖職売買である分配の付与は、しかし、結婚の分配のために応募者の中から衡平料として、部分的に防止するために計算された有益な罰金として部分的に意図された貢献を求めるの不適切なものは何もありませんこのような要求のあまりに頻繁な再発。 It is likewise simony to accept temporal compensation for admission into a religious order; but contributions made by candidates to defray the expenses of their novitiate as well as the dowry required by some female orders are not included in this prohibition.それは同様に、宗教的な秩序への入学のための一時的な補償を受け入れるように聖職売買されている、しかし、彼らの修練院の費用だけでなく、いくつかの女性のオーダーで必要な持参金を支払うために候補者の貢献は、この禁止事項には含まれません。

In regard to the parish clergy, the poorer the church, the more urgent is the obligation incumbent upon the faithful to support them.教区の聖職者に関しては、教会の貧しい、より緊急のは、それらをサポートするために忠実に課せられた義務である。 In the fulfilment of this duty local law and custom ought to be observed.この義務現地の法律の履行およびカスタムのが観察されるはずである。 The Second Plenary Council of Baltimore has framed the following decrees for the United States: (1) The priest may accept what is freely offered after the administration of baptism or matrimony, but should refrain from asking anything (no. 221).ボルチモアの二本審議会では、次が米国のために政令を額装しています:(1)司祭は自由に洗礼や結婚の投与後に提供されるものを受け入れるかもしれませんが、何か(№221)を求め控えるべきである。 (2) The confessor is never allowed to apply to his own use pecuniary penances, nor may he ask or accept anything from the penitent in compensation of his services. (2)懺悔は、彼自身の使用の金銭のpenancesに適用するためには決して許されず、また、彼は彼のサービスの報酬で後悔しているから何かを依頼するか、受け入れることができる。 Even voluntary gifts must be refused, and the offering of Mass stipends in the sacred tribunal cannot be permitted (no. 289).でも、自主的な贈り物は拒否しなければならず、神聖な法廷でマス奨学金の提供は(№289)が許可することはできません。 (3) The poor who cannot be buried at their own expense should receive free burial (no. 393). (3)自費で埋葬することができない貧しい人々は(№393)を無料で埋葬を受け取る必要があります。 The Second and Third action of a compulsory contribution at the church entrance from the faithful who wish to hear Mass on Sundays and Holy Days (Conc. Plen. Balt. II, no 397; Conc. Plen. Balt. III, no 288). (。。。コンクPLENバルトⅢ、なし288濃PLENバルトⅡ、ノー397)日曜、神聖な日にミサを聞きたいから忠実な教会の入り口に強制寄付のSecondとThirdアクション。 As this practice continued in existence in many churches until very recently, a circular letter addressed 29 Sept., 1911, by the Apostolic Delegate to the archbishops and bishops of the United States, again condemns the custom and requests the ordinaries to suppress it wherever found in existence.この習慣はごく最近まで、多くの教会での存在で続けたように、円形の手紙は、米国の大司教と司教に教皇使節によって1911年9月29日に、対処再びカスタムどこでも見つけ、それを抑制するために要求オーディナリーを非難存在インチ

To uproot the evil of simony so prevalent during the Middle Ages, the Church decreed the severest penalties against its perpetrators.中世の間に流行しているので、聖職売買の悪を根絶するために、教会はその加害者に対する厳しい罰則を定め。 Pope Julius II declared simoniacal papal elections invalid, an enactment which has since been rescinded, however, by Pope Pius X (Constitution "Vacante Sede", 25 Dec., 1904, tit. II, cap. Vi, in "Canoniste Contemp.", XXXII, 1909, 291).教皇ユリウス二世はローマ法王の選挙無効聖職売買、以来、教皇ピオ十世(憲法 "VacanteまさにSede"によって、しかし、取り消された制定、1904年12月25日、で売り言葉。Ⅱ、キャップ。Viは、宣言された "Canoniste Contempを。" 、32、1909、291)。 The collation of a benefice is void if, in obtaining it, the appointee either committed simony himself, or at least tacitly approved of its commission by a third party.禄の照合はvoidである場合は、それを得るには、内定者のどちらか聖職自分自身をコミット、または少なくとも暗に第三者によってその手数料を承認した。 Should he have taken possession, he is bound to resign and restore all the revenues received during his tenure.彼が所持を取っているはずですが、彼は彼の任期中に受信したすべての収益を辞任すると復元にバインドされています。 Excommunication simply reserved to the Apostolic See is pronounced in the Constitution "Apostolicae Sedis" (12 Oct., 1869): (1) against persons guilty of real simony in any benefices and against their accomplices; (2) against any persons, whatsoever their dignity, guilty of confidential simony in any benefices; (3) against such as are guilty of simony by purchasing or selling admission into a religious order; (4) against all persons inferior to the bishops, who derive gain (quaestum facientes) from indulgences and other spiritual graces; (5) against those who, collecting stipends for Masses, realize a profit on them by having the Masses celebrated in places where smaller stipends are usually given.破門は、単に使徒を参照し、憲法 "Apostolicae SEDIS"(1869年10月12日)で発音されるために予約:(1)任意のbenefices内とその共犯者に対する実際の聖職売買の罪を犯した者に対して、(2)いずれの者に対して、一切その任意のbeneficesの機密聖職売買の有罪尊厳、、(3)などに対しては、宗教的な秩序への入学を購入したり、販売することで、聖職売買の罪を犯している、(4)におぼれるからゲイン(quaestum facientes)を引き出すの司教は、より劣ってすべての人に対しておよび他の精神的な甘え、(5)大衆のための奨学金を集める人たち、それらに対して、小さい奨学金は通常与えられている場所で祝わミサを持っていることによって彼らの利益を実現しています。 The last-mentioned provision was supplemented by subsequent decrees of the Sacred Congregation of the Council.最後に述べた条項は、その後の理事会の神聖な集会の政令によって補われた。 The Decree "Vigilanti" (25 May, 1893) forbade the practice indulged in by some booksellers of receiving stipends and offering exclusively books and subscriptions to periodicals to the celebrant of the Masses.令 "Vigilantiは"(1893年5月25日)奨学金を受けて、大衆の祝賀会に定期刊行物を排他的に本やサブスクリプションを提供するいくつかの書店でに耽っ練習を禁止した。 The Decree "Ut Debita" (11 May, 1904) condemned the arrangements according to which the guardians of shrines sometimes devoted the offerings originally intended for Masses partly to other pious purposes.令 "UT Debita"(1904年5月11日)は、神社の守護者は時々、もともと部分的に他の敬虔な目的のために大衆のために意図された供物を捧げているに応じてアレンジを非難した。 The offenders against the two decrees just mentioned incur suspension ipso facto from their functions if they are in sacred orders; inability to receive higher orders if they are clerics inferior to the priests; excommunication of pronounced sentence (latae sententiae) if they belong to the laity.彼らは神聖な注文にある場合だけで上記の2​​つの政令に対する犯罪者は、その機能からサスペンション事実上の負担、彼らは司祭に劣って聖職者であれば、より高い注文を受けることができないこと、はっきりした文章の破門(大腿sententiaの複数形)が信徒に属している場合。

Publication information Written by NA Weber. NAのウェーバーによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Lucia Tobin.ルチアトービン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume XIV.カトリック百科事典は、14巻。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, July 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年7月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです