Soul Sleepソウルスリープ

Advanced Information 高度情報

Psychopannychy, or soul sleep, is the doctrine that the soul sleeps between death and resurrection. Psychopannychy、または魂の睡眠は、魂は死と復活の間スリープする教義です。 It has been held sporadically in the church.それは教会で散発的に開催されています。 It is not a heresy in the narrower sense, due to the paucity of Scripture teaching on the intermediate state, but it may be called a doctrinal aberration.それは、狭い意味での中間的な状態で聖書教育の不足が原因で異端ではありませんが、それは教義上の収差と呼ばれることもある。 Some Anabaptists endorsed it.いくつかの再洗礼派は、それを承認した。 In the Forty-two Articles of Edward VI, which preceded the Thirty-nine Articles, the following statement, as the Fortieth Article, was included: "They which say that the souls of those who depart hence do sleep being without all sense, feeling or perceiving till the Day of Judgment, do utterly dissent from the right belief disclosed to us in Holy Scripture." 39の記事を先行エドワード六世、四十二条に、第40条に次のステートメントは、次表に含めていました: "それ故に睡眠はすべての感覚が無くてください出発する人々の魂は、気持ちと言う彼らまたは審判の日まで、知覚、教典で私たちに開示右信念から全く異議を行います。 "

The case for soul sleep rests principally on these considerations: (1) Human existence demands the unity of soul and body.魂の睡眠のためのケースでは、これらの考慮事項に主にかかっている:(1)人間の存在は、魂と肉体の統一が求められています。 If the body ceases to function, so must the soul.体が機能しなくなった場合には、魂がそうしなければなりません。 (2) The use of the term "sleep" in Scripture for death is alleged to point to the cessation of consciousness. (2)死亡の聖書における用語 "スリープ"の使用は、意識の停止を指すように言われている。 (3) A state of consciousness between death and resurrection, characterized by bliss or woe, unwarrantably anticipates the judgment of the last day, when the basis for these experiences provided. (3)至福または悲哀が特徴の死と復活の間の意識の状態は、unwarrantablyこれらの経験の基盤が提供された場合、最終日の判決を予想しています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
On the contrary view, while the normal state of man is admittedly a union of soul and body, the possibility of disembodied conscious existence is firmly held, both on the analogy of God's existence as pure spirit (man being made in his image) and on the basis of such passages as Heb.反してビュー上で、人間の正常な状態は確かに魂と肉体の労働組合であるが、肉体を離れた意識が存在する可能性がしっかりと保持されており、両方の純粋な精神としての神の存在の類推(男が彼のイメージで作られている)およびオンヘブルような通路としての基礎。 12:23 and Rev. 6:9-11.午前12時23分と牧師6:9-11。 As to the word "sleep," it is intended to apply to the body, even though the individual as such may be said to sleep in death.言葉としては "睡眠"と、それは、次のような個人が死で眠ると言われていても、体に適用することを意図されています。 This is clear from Matt.これは、マットからも明らかである。 27:52; John 11:11; Acts 13:36, etc. On the third point it may be replied that the exclusion of the possibility of bliss or woe from the intermediate state, on the ground that the divine judgment which justifies such reactions will not yet have been pronounced, would logically rule out the joyful assurance of salvation in this life as well as the foreboding of judgment to come. 27:52、ヨハネ11:11、それはそのような反応を正当化する神の裁きという理由で、中間状態から至福または悲哀の可能性を排除していると回答することができる第三の点に作用する13時36分などまだ宣告されていませんが、論理的には、この生活の中で、救いの喜びの保証だけでなく、来るべき審判の予感を排除するだろう。 But see John 5:24; Phil.しかし、ヨハネ5:24参照;フィル。 1:28. 1時28分。

Continuing consciousness after death seems to be a necessary (rather than an accidental) element in Jesus' account of the rich man and Lazarus, and also in our Lord's promise to the dying thief.死の後の継続的な意識は、イエスの金持ちとラザロのアカウントで、また死んで泥棒たちの主の約束に必要な(というより偶発的な)要素であると思われる。 The clearest and strongest passages, however, are in Paul's writings (Phil. 1:23; II Cor. 5:8).明確にして最強の通路は、しかし、ポールの文章(;二コー5時08分ピリピ1:23)である。 If it be contended in the case of the former passage that the sleep of the soul so effectually erases the interval between death and resurrection that the prospect of being with Christ, even though actually long delayed, could produce joyful anticipation, in any event the same thing can hardly be said for the second passage, where not only the resurrection body but the intermediate state is directly contemplated, being a less desirable alternative than the change to the resurrection body without death (vs. 4).それはかつての通路の場合に主張される場合は、そのように効果的に消去され、死と復活の間の間隔、そのいずれにしてもキリストと共にいることの見通し、実際に長い遅れていても、うれしそうな期待感を作り出すことができる、同じ魂の眠り事はほとんど復活ボディが、中間的な状態だけではなく、直接死せずに復活の体への変化(対4)未満望ましい代替されて、意図された第2の通路のために言うことができません。

EF Harrison EFハリソン
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
J. Calvin, Psychopannychia; O. Cullmann, Immortality of the Soul or Resurrection of the Dead? J·カルバン、Psychopannychia; O.クルマン、死者の魂や復活の不死? E. Lewis, Christ, the First Fruits; R. Whately, A view of the Scripture Revelations concerning a Future State. E.ルイス、キリスト、まず果物; R·ウェイトリー、将来の状態に関する聖書の黙示録のビュー。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです