States of Jesus Christイエス·キリストの米国

Advanced Information 高度情報

The States of Jesus Christ are the different relationships Jesus Christ had to God's law for mankind, to the possession of authority, and to receiving honor for himself.イエス·キリストの国は、イエス·キリストが人類のために神の律法に、権限を所持し、そして自分自身のために栄誉を受けなければならなかった別の関係です。 Generally two states (humiliation and exaltation) are distinguished.一般的に2つの状態は、(屈辱と高揚)と区別されます。 Thus, the doctrine of the twofold state of Christ is the teaching that Christ experienced first the state of humiliation, then the state of exaltation.このように、キリストの二重の状態の教義は、キリストが最初に屈辱の状態を経験したことを教え、高揚状態です。 Within each of these states four aspects may be distinguished.これらの状態の4つの側面のそれぞれの中に区別することができる。

The Humiliation of Christキリストの屈辱

The four aspects of Christ's humiliation are (1) incarnation, (2) suffering, (3) death, and (4) burial.キリストの屈辱の4つの側面は、(1)の化身、(2)苦しみ、(3)死亡、(4)埋葬されています。 Sometimes a fifth aspect (descent into hell) is included.時には第五の態様(地獄への転落)が含まれています。

Incarnation化身

The incarnation, or Christ's taking to himself a human nature, was itself a step of humiliation.化身、またはキリストの彼自身の人間性に取っては、それ自体が屈辱の一歩でした。 He gave up the honor and glory that belonged to him in heaven (John 17:5).彼は天国(ヨハネ17:5)で彼に属して名誉と栄光をあきらめた。 He also gave up his right to exercise divine authority for his own benefit and the right to enjoy his Lordship over all things in heaven and on earth (II Cor. 8:9; Phil. 2:6-7; Heb. 2:9).彼はまた彼自身の利益と天にあるすべてのものの上に彼の支配権を享受する権利のために、地球上で神の権威を行使するために彼の権利をあきらめた(Ⅱコリント8時09分;。フィル2:6-7、ヘブル2時09分。 )。 Thus he gave up the status of ruler and took on the status of a servant.こうして彼は支配者の地位を放棄し、使用人の地位を引き受けた。 Furthermore, he subjected himself to the demands of living under the law (Gal. 4:4), thus making it necessary for him to obey perfectly the OT laws which God had commanded of his people (John 8:46; Matt. 3:15).さらに、彼はこのようにそれが必要な彼は完全に神が彼の人々(ヨハネ8時46から命じられたOTの法則に従うようにすることは、法律(ガラテヤ4:4)の下での生活の要求に身を供したマットを3: 15)。 He took on himself the obligation to obey God perfectly as a man, as our representative, in order to earn salvation for us through a record of perfect lifelong obedience (Rom. 5:18-19).彼は完璧な生涯服従(ローマ5:18-19)のレコードを介して私たちのために救いを得るために、私たちの代表として、男として完全に神に従うことを自分自身に義務を取った。 This he had to do in the strength of his human nature, without miraculous assistance from his divine powers (cf. Matt. 4:3-4).これは、彼が神の力(cf.マット。4:3-4)から奇跡的な支援なしに、彼の人間性の強さにしなければならなかった。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
It was a true human nature which the Son of God took to himself.それは、神の御子は自分自身にかかった真の人間性だった。 It was not merely a human body, but also a human mind (which learned as we learn, Luke 2:52), and a human soul (which could be troubled as we are troubled, John 12:27; 13:21).それは単に人間の体ではなかっただけでなく、人間の心(私たちが学ぶように学んだ、ルカ2:52)、そして人間の魂(我々が悩んでいるとしてジョン12:27が、悩まされている可能性があり、13時21分)。 Thus, Jesus was fully man, made like us "in every respect" (Heb. 2:17).このように、イエスは(ヘブル2:17) "あらゆる点で"私たちのように作られ、完全に男だった。 He had to be fully man in order to become the sacrifice who was offered for man's sins: if he was not fully man, we could not have been saved.彼は、人間の罪のために提供された犠牲になるためには完全に人間でなければなりませんでした:彼は完全に人間ではなかった場合、我々は保存されていませんでした。 Nevertheless, the human nature of Christ was not subject to sin (Rom. 8:3; Heb. 4:15; I John 3:5).それにもかかわらず、キリストの人間の本性は、罪(;ヘブル午前4時15分、私ヨハネ3:5ローマ8時03分)の対象ではありませんでした。 Thus, his human nature was like Adam's human nature before the fall.このように、彼の人間性は、秋の前にアダムの人間の本性のようだった。

Yet Jesus did not give up any of his divine attributes or become less fully God when he took on a human nature.しかし、イエスは神の属性のいずれかをあきらめませんでしたか、彼は人間の本性に取ったときより少なく完全に神になる。 He remained fully God (John 1:1, 14; Col. 1:19; 2:9), omnipotent (Matt. 8:26-27; Isa. 9:6), omniscient (John 2:25; 6:64; 16:30; 21:17), eternal (8:58), and incapable of dying (2:19; 10:17-18). 、全能(マタイ8:26-27;伊佐午前9時06分)、全知(ヨハネ2時25、彼は完全に神(;;大佐1:19 2:09ヨハネ1:1、14)残っ6:64 、午前16時30、午前21時17分)、永遠(8:58)、および(2:19死ぬことができない; 10:17-18)。 However, these attributes were veiled, not generally manifested during Jesus' earthly ministry (Matt. 13:55-56), and never used for his own benefit or to make the path of obedience easier for him (4:1-11).ただし、これらの属性は、イエスの地上のミニストリー(マタイ13:55-56)の間に一般的に明らかではない、ベールに包まれ、そして彼自身の利益のために、または彼(4:1-11)に簡単に服従の道を作るために使用されなかった。

Thus, Jesus remained fully God and became fully man as well.このように、イエスは完全に神のままで同様に完全に男になった。 It is sometimes said, "while remaining what he was, he became what he was not."それは時々 "彼が何であったかを維持しながら、彼は何ではありませんでした。"と言われ (It should be remembered that it is God's Son, the second person of the Trinity, who became man. God the Father did not become man, nor did the Holy Spirit: Matt. 3:16-17; John 1:1; 3:16; Gal. 4:4). (それは、それが人になった神の御子、三位一体の二人目であることを忘れてはならない神は、父が男になり、また、聖霊もありませんでした:マット3:16-17、ヨハネ1:1; 3。 :16;ギャル4:4)。 It is the most amazing fact in all history that one who was eternal and infinite God should take to himself the lowly nature of a man and should then continue to exist for all eternity as fully God and fully man as well, united in one person.それは一人で団結し、神が彼自身に男の卑しい性質を取る必要があり、同様にその後完全に神と完全に人間として永遠に存在し続けなければならない永遠と無限だったものそのすべての歴史の中で最も驚くべき事実である。

It is important to insist that even while existing in these two natures, Jesus Christ remained one person.それは、これらの2つの性質の中に存在しながらも、イエス·キリストが一人残っていることを主張することが重要です。 His human nature was not an independent person by itself (capable, eg, of talking to the divine nature or acting in opposition to it).彼の人間性は、それ自体で独立した人(神の性質に話したり、それに反対して行動するのは、例えば、有能な)ではありませんでした。 In a manner that surpasses our understanding, the human and divine natures of Christ were integrated into one person, and he remains as both God and man, and yet one person, forever.我々の理解を超えたようにして、キリストの人間と神の性質は一人に統合されました、そして、彼は永遠に一人、まだ神と人間の両方として残っている、と。

Suffering苦しみ

Jesus' sufferings lasted throughout his whole life, though they culminated in his trial and death on the cross.彼らは十字架の上で彼の裁判と死で絶頂に達したにもかかわらず、イエスの苦しみは、彼の全生涯にわたって続いた。 He experienced the ordinary sufferings of living in a fallen world.彼は堕落した世界に住んでいる普通の苦しみを経験した。 He was weary (John 4:6), thirsty (19:28), hungry (Matt. 4:2), sorrowful (John 11:35), and lonely (Matt. 26:56).彼は(マタイ26:56)、(ヨハネ4:6)疲れた(マタイ4:2)空腹、(午前19時28分)のどが渇いて、悲嘆に暮れている(ヨハネ11時35分)、そして孤独でした。 He felt great grief at human sin and its terrible effects (Matt. 23:37; Mark 3:5; 8:12; John 11:33-35, 38).彼は、人間の罪とその恐ろしい効果(;マーク3時05分、8時12ヨハネ11:33-35、38マタイ23:37)で大きな悲しみを感じた。 He endured human opposition and intense hatred against himself (Luke 11:53-54; John 15:18, 24-25).彼は人間の反対と自分自身(ヨハネ夜03時18分、24-25ルカ11:53-54)に対する激しい憎悪に耐えた。 He was "a man of sorrows and acquainted with grief" (Isa. 53:3).彼は、 "悲しみの人と悲しみと知り合いに"(イザヤ53:3)であった。

Moreover, he "learned obedience through what he suffered" (Heb. 5:8); that is, his moral strength and ability to resist temptation increased with the successful meeting of each more difficult temptation, especially those connected with hardship and suffering.さらに、彼は(ヘブル5:8) "彼は苦しんだものを通して従順を学んだ"、それは、彼の精神的な強さ、特に各より難しい誘惑の会議の成功、苦難と苦痛で接続されたもので増加誘惑に抵抗する能力である。 He experienced the sufferings of enduring great temptations without yielding (Matt. 4:l.-11; Luke 11: 53-54; 22:28; Heb. 2:18; 4:15; I Pet. 2:21-23), especially in the Garden of Gethsemane just prior to his death (Matt. 26:37-38; Heb. 5:7; 12:3-4).彼は(:;。:53から54、午後10時28;ヘブル2時18; 4時15分、私のペット2:21-23ルカ11·L-11マタイ4)が得られなくても不朽の偉大な誘惑の苦しみを経験した特に、直前に彼の死(マタイ26:37-38、ヘブル5時07分; 12:3-4)にゲッセマネの園インチ Here it must be remembered that one who does not yield to temptation most fully feels its force, just as someone who successfully holds a heavy weight overhead feels its force much more than someone who drops it at once.ここではそれは誘惑に屈しない1が最も完全に首尾よく重い重量を保持している誰かがオーバーヘッドを一度にドロップ誰かよりもはるかにその力を感じているのと同じように、その力を感じていることを忘れてはならない。

Jesus' humilitation increased in intensity at the time of his trial and death.イエスのhumilitationは彼の裁判と死の時に強度が増加した。 Physical sufferings connected with crucifixion were terrible, as were the mocking and shame connected with such a death.そのような死と接続あざけると恥ずかしそうであったようにはりつけに接続された物理苦しみが、ひどいものだった。 But even worse were the sufferings in spirit which Jesus experienced when God the Father put on him the guilt of our sins (II Cor. 5:21; Gal. 3:13; I Pet. 2:22; Isa. 53:6).しかし、さらに悪いことには、神は父が彼に私たちの罪の罪悪置くとき、イエスが経験した精神の苦しみであった(Ⅱコリント5:21;。ギャル3時13分、私はペット2:22;伊佐53:6)。 。 The Father turned away his face, so that Jesus was left alone with the blackness of sin and guilt upon him (Matt. 27:46; Hab. 1:13).父は、イエスは彼に罪と罪悪感の黒さ(; HAB 1時13マタイ27:46)と二人きりで残っていたので、彼の顔を背けた。 Then, as Jesus fulfilled the role of propitiatory sacrifice (Rom. 3:25; I John 2:2; 4:10), he bore the fury of the intense wrath of God against sin, and bore it to the end.イエス様は機嫌取りの犠牲の役割(;ヨハネ2時02分;ローマ3:25 4:10)成就として、次に、彼は罪に対する神の激しい怒りの怒りを産み、最後にそれを産んだ。

Death

Since the penalty for sin was death (Gen. 2:17; Rom. 6:23), it was necessary that Jesus himself die to bear our penalty.罪に対する罰は、死(大将2時17分、ROM 6:23)だったので、イエスご自身が私たちのペナルティを負担することに死ぬことが必要でした。 His death was similar to ours, and is the pattern for us.彼の死は私たちのものに類似していた、と私たちのためのパターンです。 Jesus' physical body died (Matt. 27:50), and his human spirit (or soul) was separated from his body and passed into the presence of the Father in heaven (Luke 23:43, 46).イエスの肉体は(マタイ27:50)が死亡し、彼の人間の精神(あるいは魂)は、彼の体から分離し、天の父(ルカ23:43、46)の存在に渡された。 Thus, he experienced a death that is like the one we as believers will experience if we die in this present age.そこで、彼は我々がこの現代に死ねば信者として、私たちが経験するもののようである死を経験した。 The knowledge that Jesus has gone through death before us should remove from us the fear of death (I Cor. 15:55-57; Heb. 2:14-15).私達は私達からの死の恐怖の前に削除する必要があり、イエスが死を経験してきたことを知り(私うわっ15:55-57;ヘブル2:14-15)。

It is not correct to say that Jesus' divine nature died, or could die, if "die" implies a cessation of activity, a cessation of consciousness, or a diminution of power (John 2:19; 10:17-18). "ダイ"は活動の停止、意識の停止、または電源の減少(; 10:17-18ヨハネ2:19)を意味するなら、それは、イエスの神性が死んだことを言うことは正しくないか、死ぬかもしれない。 Yet by virtue of union with Jesus' human nature, his divine nature experienced what it was like to go through death.まだイエスの人間性と労働組合のおかげで、彼の神の性質は、それが死を通過するどのようなものであったか経験した。 Whether the divine nature was ever itself the object of divine wrath against sin is not explicitly stated in Scripture.神の性質はこれまで罪に対する神の怒りのオブジェクトそのものであったかどうかを明示的に聖書に記載されていません。 (For the idea that Jesus "descended into hell" after his death on the cross, see below.) (イエス·キリストが十字架上の死の後に "子孫に地獄"という考え方については、以下を参照してください。)

Burial埋葬

Jesus' body was laid in a tomb (Matt. 27:59-60), and he continued under the state of death for a time.イエスの体は墓(マタイ27:59-60)に敷設され、彼は時間の死の状態の下で続けられた。 Thus, Jesus' humiliation was complete in that he suffered all the punishment and shame due to fallen mankind as a result of sin.このように、イエス·キリストの屈辱は、彼がすべての罰と罪の結果として落ちた人類のために恥を負ったという点で、完全であった。

"Descent into Hell." "地獄への転落。"

It does not seem correct to say that Jesus descended into hell, at least not according to any sense in which that phrase can be understood today, apart from specialized meanings which may be assigned to the word "hell."それは、少なくとも、そのフレーズが離れて単語に割り当てられることがあり特別な意味から、今日を理解することができる任意の感覚によるものではない、イエスが地獄に堕ちているということは正しいように見えるしていません "地獄"。 He did not experience further conscious suffering after he died on the cross, for he cried, "It is finished" (John 19:30).彼は十字架の上で死んだ後、彼はさらなる意識の苦しみを経験しなかった、彼は叫んだ "それは終わった"(ヨハネ19:30)のため。 The statement from Ps. Psから声明。 16:10, "Thou dost not give me up to Sheol," quoted of Christ in the NT (Acts 2:27; cf. 13:35) is best understood to mean that God did not abandon him in the grave or in the state of death, for the Hebrew word se'ol can certainly have those meanings. 16:10、 "汝は冥土に私をあきらめないドースト" NT(行為2時27分、CF 13:35)で、キリストの引用符で囲まれた最高の神が墓にまたはで彼を放棄しなかったことを意味すると理解される死の状態は、ヘブライ語の単語をse'olは確かにそれらの意味を持つことができます。

Nor did Christ proclaim a second chance for salvation for those who were dead. I Pet. またキリストが死んでいた人のための救いのために二度目のチャンスを告げなかった。私のペットです。 4:6, "this is why the gospel was preached even to the dead," is best understood to mean that the gospel was preached to believers who had died before the time Peter was writing, and that the reason it was preached to them during their lifetime was not to save them from physical death, but to save them from final judgment. 4時06分、 "福音は死者にさえ説教された理由、これは、"最高の福音は、ペテロが書いていた時間より前に死亡していた信者に説教されたことを意味すると理解されており、それが理由であることの間にそれらに説教されました彼らの寿命は肉体的な死からそれらを保存することではなく、最終的な判断からそれらを保存することはありませんでした。 It is also unlikely that any NT text can be understood to teach that Jesus after his death and before his resurrection went to proclaim his triumph to rebellious spirits in prison (a common Lutheran view) or to bring OT believers into the presence of God in heaven (a Roman Catholic view).これは、任意のNTのテキストが彼の死の後、彼の復活は刑務所内で反抗的なスピリッツ(共通ルーテルビュー)に彼の勝利を宣言するか、天国で神の存在にOTの信者を持って行きましたその前にイエスを教えると理解することができることもほとんどありません(ローマカトリックビュー)。

In Eph.エペソで。 4:9, where Paul says that Christ descended into "the lower parts of the earth," it is best understood as a genitive of apposition, meaning "the lower parts, namely, the earth" (compare NIV: "the lower, earthly regions").パウロは、つまりキリストがに降り "地球の下の部分、"それは最高の同格の属格として理解されていることを言う4時09、 "すなわち、下部を、地球"(新改訳を比較: "低級、この世領域 ")。 Thus, the text refers to the incarnation.したがって、テキストは化身を指します。 I Pet.私のペットです。 3:18-20, admittedly a difficult text, says that Christ "went and preached to the spirits in prison, who formerly did not obey, when God's patience waited in the days of Noah, during the building of the ark." 3:18-20、確かに難しいテキストは、キリストは、 "行って、神の忍耐が箱舟の構築中に、ノアの時代に待っていたときに、以前は、従わなかった刑務所の霊に説教"と述べている。 When it is realized that Peter saw the spirit of Christ as active in the OT prophets (I Pet. 1:10-11), and saw Noah as a "preacher" of righteousness (II Pet. 2:5), this text is probably best understood to mean that Christ in spirit was preaching through Noah while the ark was being built.それはピーターがOTの預言者(私はペットです。1:10-11)でアクティブとしてキリストの精神を見て、正義の "説教"(Ⅱペテロ2:5)としてノアを見たことが実現されると、このテキストはおそらく最高の箱舟が構築されている間に心の中でキリストはノアを通して説教されたことを意味するものと理解。 Thus, no "descent into hell" is contemplated here either.したがって、どんな "地獄への転落は、"どちらかここに意図されていません。

In the Apostles' Creed, the phrase "descended into hell" is a late addition, appearing only around AD 390, and probably originally having the meaning, "descended into the grave."使徒信条において、 "子孫に地獄"のみのAD 390のまわりに現れる、後半に加えてあり、おそらく元々の意味をもつ、 "墓に降りていった。"

The Exaltation of Christキリストの高揚

The four aspects of Christ's exaltation are (1) resurrection, (2), ascension, (3) session, and (4) return in glory.キリストの高揚の4つの側面は、(1)の復活、(2)、アセンション、(3)セッション、および栄光(4)リターンです。

Resurrection復活

The resurrection was the transition point into Jesus' state of exaltation.復活は高揚イエスの状態への遷移点であった。 It was the person of Christ that was exalted, not just his human nature, but the focus of this activity of exaltation was the change in his human nature to a new, much more glorious state.それは高貴なキリストの人だけでなく、彼の人間性であったが、高揚のこの活動の焦点は、新しい、はるかに栄光の状態に彼の人間性の変化であった。

The resurrection was not just a restoration to life, but the beginning of a new, better kind of life, a "resurrection life" (Rom. 6:9-10).復活は、 "復活の人生"(ローマ6:9-10)だけで生活への復帰はありませんでしたが、人生の​​新たな、より良い種の始まり。 After the resurrection, Jesus still had a physical body that could be touched and held (Matt. 28:9; John 20:17, 27), could break bread (Luke 24:30), prepare breakfast (John 21:12-13), and eat (Luke 24:42-43).復活の後、イエスはまだ触れて(マタイ28:9、ヨハネ20時17、27)を開催することができる物理的なボディを持っていた(ルカ24:30)パンを破ることができ、(ヨハネ21:12-13朝食を準備)と、食べる(ルカ24:42-43)。 It was a body of "flesh and bones," for Jesus said, "A spirit has not flesh and bones as you see that I have" (vs. 39).イエスは(対39) "あなたは、私が持っていることを見るように精神は肉や骨はないを持っている"と言ったのは、 "肉と骨"の体であった。

Yet this physical body of Jesus was no longer subject to weakness, sickness, aging, or death.しかし、イエスのこの肉体は、もはや脱力感、病気、老化、または死亡の対象としなかった。 It was imperishable and glorious and powerful (I Cor. 15:42-44; the term "spiritual" here means not "nonmaterial" but "conformed to the character of the Holy Spirit").それは(私うわっ15:42-44。ここでは "精神的な"という用語は、 "非物質的"ではなく、 "聖霊の文字に適合しない"ことを意味します)不滅と栄光と強力だった。 It is possible that John 20:19 implies that Jesus had the ability to enter a locked room miraculously.それは、ヨハネ20時19イエスが奇跡的にロックされた部屋に入る能力を持っていたことを意味している可能性があります。 It is clear, however, that since Jesus was the "firstfruits" of the resurrection, we will be like him when we are raised from the dead (I Cor. 15:20, 23, 49; Phil. 3:21; I John 3:2). 。。フィル3時21分、、それは、イエスが復活の "初穂"だったので、我々は我々が死んだ(私はコリント15時20分、23、49から提起されたときに彼のようになることは明らかである私ヨハネ3:2)。

The resurrection demonstrated the approval of God the Father and his satisfaction with Christ's work of redemption (Isa. 53:11; Phil. 2:8-9).復活は、神の承認父と贖いのキリストの仕事(;フィル2:8-9イザヤ53:11)と彼の満足感を示した。 Now Christ was exalted to a new status with respect to the law as well: he was no longer under the law in the sense of being obligated to obey the OT as our representative, for his work of obedience in our place was complete (Rom. 5:18-19).今やキリストは、同様に法律に関して新しい状態に高貴だった:彼は、私たちの代表としてのOTを遵守する義務があるという意味で法律の下ではもはやなかった私達の場所に服従の彼の仕事のために(ローマ完了した5:18-19)。

The resurrection also was the initiation of a new relationship with God the Father, for Jesus was exalted to the role of messianic "Son" with new power and authority which were not his before as God-man (Matt. 28:18; Acts 13:33; Rom. 1:4; Heb. 1:5).イエスは神の前に人間としての彼ではなかった新たな力と権威(マタイ28:18と救世主 "息子"の役割に高貴だったため復活はまた、父なる神との新しい関係の開始だった; 13使徒:33;ロム1:4;ヘブル1:5)。。

Ascension昇天

Forty days after his resurrection (Acts 1:3), Jesus ascended up to heaven and entered more fully into the privileges of his state of exaltation.彼の復活の後四十日(使徒1:3)、イエスは天に昇り、高揚の彼の状態の権限により完全に入った。 The NT clearly presents Jesus' ascension as a bodily ascension and therefore as ascension to a place (Luke 24:51; John 14:1-3; 16:28; 17:11; Acts 1:9-11), though it is a place ordinarily hidden from our physical eyes (Acts 7:55-56; cf. II Kings 6:17).それはですが、NTははっきり場所(使徒1:9-11、ヨハネ14:1-3、16時28分;、17時11分ルカ24:51)にアセンションとしてしたがって身体アセンションとしてイエスの昇天を提示して、場所は、通常、私たちの物理的な目(; CF II王6時17使徒7:55-56)から隠されて。 Thus, Jesus retained his human nature when he returned to heaven and will retain it forever (cf. Heb. 13:8).彼は天に戻り、(参照ヘブ。夜01時08分)永遠にそれを保持するとき、したがって、イエスは彼の人間性を保持した。 However, Jesus' human nature is now worthy of worship by all creation, unlike our human nature.しかし、イエスの人間性は、私たちの人間性とは違って、今ではすべての被造物によって崇拝に値するものである。

When Jesus ascended into heaven he received glory, honor, and authority which were not his before as God-man (Acts 2:33, 36; Phil. 2:9-11; I Tim. 3:16; Heb. 1:3-4; 2:9), especially the authority to pour out the Holy Spirit on the church in greater fullness and power than before (Acts 1:8; 2:33).フィル2:9-11;;。私ティム3時16分、1時03ヘブル。イエスが天に昇ったとき、彼は栄光、名誉、そして神男(行為2時33分、36などの前に彼はなかった権限を受け-4、2:9)、(1:8使徒まで以上膨満感とパワーの教会に聖霊を注ぐために特に権威; 2:33)。

After Jesus ascended into heaven he also began his high priestly work of representing us before God the Father (Heb. 9:24) and of interceding for us before God (7:25; Rom. 8:34).イエスが天に昇られた後、彼はまた、父(ヘブル9:24)と神(; Romの午前8時34分。7:25)前に、私たちのためにとりなしのは、神の前に私達を表現する彼の高い聖職者の仕事を始めた。 (Lutherans have taught that Jesus' human nature also became omnipresent upon his ascension to heaven, but this teaching does not receive clear support from Scripture, and appears largely to be affirmed in order to support a particular view of the presence of Christ's body in the Lord's Supper.) (ルーテル教会は、イエスの人間性にも天国への彼の上昇時に遍在なったことを教えてきましたが、この教えは、聖書から明確な支持を受けておらず、キリストの体の存在の特定のビューをサポートするために、断言することが主に表示されます主の晩餐)。

Sitting (Session) at the Father's Right Hand.父の右の座に(Session)が座っている。

A further state in the exaltation of Christ was his sitting down at the right hand of the Father in heaven (Acts 2:33; Eph. 1:20-22; Heb. 1:3).キリストの高揚、さらに状態があった彼の(行為2時33分。エペソ1:20-22;ヘブル1:3)天の父の右の座に座っている。 This action shows both the completion of Christ's work of redemption and his reception of new authority as God-man to reign over the universe.このアクションは、償還のキリストの仕事の完成とは、宇宙を支配する神男として新たな権限の彼の受信の両方を示しています。 Christians presently share in this session of Jesus at God's right hand (Eph. 2:6) largely in terms of sharing in spiritual authority over demonic forces (6:10-18; II Cor. 10:3-4) and power to gain increasing victory over sin (Rom. 6:11-14).キリスト教徒は現在、主に悪魔の力を介して精神的な権威で共有するという点で、神の右手(エペソ2:6)(6:10-18。、IIコリント10:3-4)、イエスのこのセッションで共有すると得るために電源罪以上増加勝利(ローマ6:11-14)。

In this exalted state of reigning at God's right hand, Christ will reign until the end of the age, when all his enemies will be conquered (I Cor. 15:24-25).神の右の座に君臨するのこの高貴な状態では、キリストはすべての敵を征服され、年齢、(Iコリント15:24-25)の最後まで支配する。

Return in Gloryグローリーで返す

When Jesus Christ returns to the earth in glory, his exaltation will be complete, and he will receive all the glory that is due to him as the God-man who has purchased our redemption and is worthy of eternal and infinite honor.イエス·キリストは栄光のうちに地球に戻ったとき、彼の高揚は、完全なものとなり、彼は私たちの償還を購入し、永遠と無限の名誉の価値があるしている神男として彼に支払われるべきすべての栄光を受け取ることになります。 Whether this future culmination of Christ's exaltation occurs in only one stage (as amillennialists hold) or two stages separated by a millennium (as post- and premillennialists hold), all agree that Jesus Christ will some day return to the earth to reign in triumph (Acts 1:11; Rev . 1:7), publicly and finally to defeat all his enemies (II Thess. 1:7-8; Rev. 19:11-21), and to sit as judge of all the earth (Matt. 25:31-46; Rev. 22:12).キリストの高揚のこの将来の集大成が1つだけのステージ(amillennialistsが保持するように)や千年紀(ポストとpremillennialistsが保持など)で区切られた2つの段階で発生するかどうか、すべては、イエス·キリストが地球にいつかリターンが勝利に君臨することに同意するものとします(行為1時11分;改訂1:7)、公にし、最終的にすべての敵(Ⅱテサロニケ1:7-8打ち負かす;牧師19:11-21)は、すべての地球(マットの裁判官として座って。25:31-46;牧師午後09時12分)。 Then his kingdom will be established forever, and, exalted with the Father and the Holy Spirit, "he shall reign for ever and ever" (Rev. 11:15; 22:3-5).その後、彼の王国は(; 22:3-5牧師11:15)永遠に確立され、かつ、父と聖霊との高貴な "と、彼は永遠に君臨するもの"になります。

WA GrudemワシントンGrudem
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
L. Berkhof, Systematic Theology; EA Litton, Introduction to Dogmatic Theology; C. Hodge, Systematic Theology, II, 610-38. L. Berkhof、体系的神学、EAリットン、独断的な神学を紹介する; C.ホッジ、体系的神学は、2世、610から38。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです