Tribulation試練

Advanced Information 高度情報

General Biblical Meaning一般的な聖書の意味

"Tribulation" is the general term in the Bible to denote the suffering of God's people. "試練"は、神の民の苦しみを示すために、聖書の中で一般的な用語である。 In the OT the words sara and sar ("straits" or "distress") pertain variously to intense inner turmoil (Pss. 25:17; 120:1; Job 7:11), the pain of childbirth (Jer. 4:31; 49:24), anguish (Job 15:24; Jer. 6:24), and punishment (I Sam. 2:32; Jer. 30:7).内の単語OTサラとsarは( "海峡"や "苦痛")強烈な内面の混乱(Pss. 25:17; 120:1;舐め7時11分)に関係する様々、出産の痛み(Jer. 4時31分; 49:24)、苦悩(ジョブ15:24;ジェア6時24分)、そして罰(私サム2時32分;エレミヤ30:7)。 The Greek thlipsis from thlibo ("to press" or "to hem in") often serves to translate sara in the LXX, and refers generally to the oppression and affliction of the people of Israel or the righteous (Deut. 4:30; Ps. 37:39), while in the NT thlipsis is usually translated "tribulation" or "affliction." thlibo( "の裾に" "押す"か)からギリシャthlipsisはしばしばLXXでサラを翻訳するためのものであり、抑圧と苦悩イスラエルの人々や正義(申4:30一般に指す。Psは。37:39)、通常は "試練"または翻訳されたNT thlipsis中に "苦痛を。"

Varieties of Tribulation艱難の品種

In the NT tribulation is the experience of all believers and includes persecution (I Thess. 1:6), imprisonment (Acts 20:23), derision (Heb. 10:33), poverty (II Cor. 8:13), sickness (Rev. 2:22), and inner distress and sorrow (Phil. 1:17; II Cor. 2:4). NTの試練では、すべての信者たちの経験であり、迫害(私thess。1:6)、懲役(使徒20:23)、嘲笑(ヘブル10:33)、貧困(Ⅱコリント8:13)、病気が含まれています(ヨハネの黙示録2:22)と、内側の苦痛と悲しみ(ピリピ1:17;。二コリント2:4)。 Frequently tribulation is connected with deliverance, which implies that it is a necessary experience through which God glorifies himself in bringing his people to rest and salvation.頻繁に試練は、それが神が休息と救いに彼の人々を持って来ることで自分自身を美化それを通して、必要な経験であることを意味救出と接続されている。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Tribulation in the Purpose of God神の目的でトリビュレーション

Tribulation may be a means by which God disciplines his people for their unfaithfulness (Deut. 4:30).艱難は不貞(申4:30)のために、神の規律彼の人々を意味するかもしれません。 More often, especially in the NT, tribulation occurs in the form of persecution of believers because of their faithfulness (John 16:33; Acts 14:22; Rev. 1:9).より頻繁に、特にNTで、試練は、それらの忠実の信者の迫害の形(;行為14時22分、1時09分牧師ジョン16:33)で発生します。

The sufferings of Christ provide the model for the believer's experience (I Pet. 2:21-25), and in some sense they participate thus in the sufferings of Christ (Col. 1:24).キリストの受難は、信者の経験(私のペットです。2:21-25)するためのモデルを提供し、いくつかの意味で、彼らはキリスト(コロサイ1:24)の苦しみにこうして参加しています。 Tribulations are viewed by Scripture as entirely within the will of God, serving to promote moral purity and godly character (Rom. 5:3-4).苦難は道徳的な純粋さと敬虔な文字(ローマ5:3-4)を促進するのに役立つ、神の意志の中に完全に聖書によって表示されています。 As such, they must be endured with faith in the goodness and justice of God (see James 1:2-4, where "trials" or "temptations" labels what appears to be the same experience), thus serving as a test of the believer's faith and leading to greater stability and maturity.このように、彼らはこのようのテストとして、神の善良さと正義の信仰(ここで、 "試験"、または同じような経験であるように思われるもの "誘惑"のラベル、ジェームズ1:2-4を参照)で耐えなければならない信者の信仰とより高い安定性と成熟につながる。

Jesus promised tribulation as the inevitable consequence of his followers' presence in the evil kosmos (John 16:33), something they could expect as a way of life.イエスが悪コスモス(ヨハネ16時33)、彼らは生活の手段として期待できるようなもので、彼のフォロワーの存在の必然的な結果として試練を約束した。 The Apostle Paul echoes this viewpoint when he warns that godly believers will certainly suffer persecution (II Tim. 3:12-13).彼は敬虔な信者たちは、確かに(Ⅱテモテ3:12-13)迫害を受けるだろうと警告しているときに使徒パウロはこのような観点をエコーし​​ます。 Jesus nevertheless encouraged his followers through his overcoming of the world to seek their victory through the application of his victory.イエスはそれにもかかわらず、彼の勝利のアプリケーションを使用しても勝利を追求する彼の世界の克服を通じて彼の信奉者を奨励した。

The Great Tribulation大艱難

The Teaching of Jesusイエスの教え

The precise expression, "great tribulation" (Matt. 24:21; Rev. 2:22; 7:14, Gr. thlipsis megale), serves to identify the eschatological form of tribulation.正確な表現では、 "大きな試練"(マタイ24:21;牧師午前2時22分; 7時14分、Grのthlipsis megale)は、試練の終末論の形式を識別するのに役立ちます。 These words are Jesus' caption for a worldwide, unprecedented time of trouble that will usher in the parousia, Jesus' return to earth in great glory (see parallels Mark 13:19, "tribulation," and Luke 21:23, "great distress"; also Rev. 3:10, "hour of trial").これらの言葉は、イエスは '悩みの世界、前例のない時間にキャプション、つまりイエスの到来を告げるparousia意志'偉大な栄光に地球に帰還(類似マーク午後01時19分は、 "試練"とルーク21:23、 "多大な苦痛";また牧師3時10分、"裁判の時間 ")。

This period of time will be initiated by the "abomination of desolation" (Matt. 24:15) predicted in Dan.この期間は、ダンに予測 "荒廃の醜態"(マタイ24:15)によって開始されます。 9:27, a desecration of the "holy place" by one whom many scholars believe is the same as the "man of lawlessness" of II Thess. 9時27分、多くの学者は、IIテサロニケの "無法状態の男"と同じであると信じて1による "聖地"の冒涜。 2:3, 4.午前2時03分、4。 Jesus gives specific instructions to inhabitants of Judea for their escape and warns that the intensity of its calamities would almost decimate all life (Matt. 24:15-22).イエスは彼らの脱出のためのユダヤの住民に具体的な指示を与え、その災害の強度がほとんど(マタイ24:15-22)は、すべての生命を間引くだろうと警告している。

Views of the Great Tribulation大艱難の景色

Though some modern interpreters, along with many ancient commentators and early fathers, are inclined to regard Jesus' predictions as totally fulfilled during the destruction of Jerusalem in AD 70, the words of Matt.多くの古代のコメンテーターと早期の父親と一緒にいくつかの近代的な通訳は、完全に広告の70のエルサレムの破壊、マットの言葉の間に満たされ、イエスの予言をみなす傾向があるけど。 24:29, "But immediately after the tribulation of those days," seem to connect them with the parousia. 24:29には、 "しかし、すぐにそれらの日の患難の後、" parousiaとそれらを接続するように見える。 Jesus' words in verse 21 are probably an allusion to Dan. 21節でイエスの言葉は、おそらくダンをほのめかしています。 12:1 because of the reference there to unparalleled trouble (LXX, thlipsis).なぜならそこに比類のないトラブルへの参照(70、thlipsis)の12時01分。 The Daniel passage strengthens the case for the eschatological view of the great tribulation, because it places this period prior to the resurrection of Daniel's people.それはダニエルの人々の復活の前に、この期間を課すからダニエル通路は、大きな試練の終末論的な考えのためのケースを強化しています。

Since Jesus made this prophecy, major wars, catastrophes, and cosmic phenomena have stimulated belief in the presence of the great tribulation.イエスはこの予言をしたので、主要な戦争、災害、宇宙の現象は大きな試練の存在下で、信念を刺激した。 Such a tendency is typified by Hesychius of Jerusalem in some correspondence with Augustine.このような傾向は、アウグスティヌスといくつか対応してエルサレムのHesychiusに代表される。 Augustine disagreed, preferring to interpret such things instead as characteristics of history as a whole with no particular eschatological significance.アウグスティヌスは、特段の終末論的な意義を持つ歴史全体の特性として、代わりにそのような物事を解釈するために好んで、反対した。 In modern times some premillennialists have speculated on the trend of current events as possible precursors of the great tribulation, some even attempting to identify the antichrist with such candidates as Kaiser Wilhelm II and Mussolini.現代では、いくつかのpremillennialistsは大きな試練の可能前駆も、カイザー·ウィルヘルムII世とムッソリーニのような候補者と反キリストを識別しようとするいくつかのように、現在のイベントの傾向に推測している。

Adherents of the major millennial views place the great tribulation at different points in relation to the millennium. Both postmillennialists and amillennialists regard it as a brief, indefinite period of time at the end of the millennium, usually identifying it with the revolt of Gog and Magog of Rev. 20:8-9. Postmillennialists view history as moving toward the Christianization of the world by the church and a future millennium of undetermined length on earth culminating in the great tribulation and final return of Christ. 主要千ビューの信奉者はミレニアムとの関係で異なる点で大きな試練を置く。両方postmillennialistsとamillennialistsは通常ゴグとマゴグの反乱とそれを識別する、千年紀の終わりに、時間の短い、無期限であると考えています牧師20:8-9の。Postmillennialistsは教会によって世界のキリスト教化に向かって移動するように履歴を表示し、大きな試練とキリストの確定申告で最高潮に達する、地球上の無期限の将来千年紀。 In contrast, amillennialists consider the millennium to be a purely spiritual reality from the first advent to the second, a period lasting already two thousand years and to culminate in the great tribulation, a somewhat less optimistic view of history and the progress of the gospel witness.これとは対照的に、amillennialistsミレニアムは 、すでに2000年持続期間初臨から2番目の純粋に精神的な現実であることが大きな試練と、歴史と福音の証人の進捗幾分楽観的な見方で絶頂に達すると考えて。

To premillennialists the millennium is a future, literal thousand years on earth, and the great tribulation a chaotic period toward which history is even now moving, a decline, ie, to be terminated by the return of Christ before the millennium. One group, which describes itself as "historic" premillennialists, understands the great tribulation to be a brief but undetermined period of trouble. premillennialistsミレニアムには、地球上で将来的には、文字通りの千年であり、歴史が今でも動いている方向に大きな試練混乱期は、 ミレニアムの前にキリストのリターンによって終了させる衰退、すなわち一つのグループ、その"歴史に残る" premillennialistsとしての地位を説明し大きな試練は、トラブルの簡潔な、しかし不定区間であることを理解しています。 Another group, dispensational premillennialists, connects it with the seventieth week of Dan.もう一つのグループは、dispensationalのpremillennialistsは、ダンの第七十週と接続します。 9:27, a period of seven years whose latter half pertains strictly to the great tribulation. 9時27分、その後半大きな試練に厳密に関係する7年間の期間。

Within the premillennial movement another issue, the time of the rapture of the church, has given rise to three views. Pretribulationists (rapture prior to the seventieth week) and midtribulationists (rapture at the middle of the seventieth week) perceive the great tribulation as characterized by the wrath of God upon an unbelieving world from which the church is necessarily exempt.キリスト再臨運動内の別の問題は、教会の携挙の時は、3ビューに上昇を与えている。Pretribulationists(前第七十週に歓喜)とmidtribulationistsは (第七十週の真ん中で歓喜)を特徴として大きな試練を知覚教会は必ずしも免除されて、そこから信仰心のない世界に神の怒りによって。

Posttribulationists believe that the great tribulation is merely an intensification of the kind of tribulation the church has suffered throughout history, through which the church logically must pass. Posttribulationistsは大きな試練が単に教会が論理的に通過しなければならない教会の歴史を通して苦しんできた苦難の一種の強化であると信じています。 A more recent, novel view in the posttribulation camp seeks to maintain the imminence of the rapture despite the fact that notable tribulational events would necessarily intervene. posttribulationキャンプ内のより新しい、斬新なビューには、注目すべきtribulationalイベントは必ずしも介入するという事実にもかかわらず、歓喜の切迫性を維持しようとする。 In order to do so, the events of the great tribulation would be "potential" but uncertain in their fulfillment.そうするためには、大きな試練のイベントは "潜在的な"が、その履行に不確実であろう。 Jesus could come at any moment, and one could look back into recent history to see events that fulfilled the great tribulation.イエスはいつでも来ることができました、もう一つは大きな試練を全うしたイベントを表示するには、最近の歴史を振り返ることができます。

WH Baker WHベイカー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)

Bibliography 参考文献
R. Anderson, The Coming Prince; L. Boettner, The Millennium; MJ Erickson, Contemporary Options in Eschatology; RN Gundry, The Church and the Tribulation; SN Gundry, "Hermeneutics or Zeitgeist as the Determining Factor in the History of Eschatology," JETS 20:45-55; AA Hoekema, The Bible and the Future; JE Hartley, TWOT, II, 778-79; R. Schippers, NIDNTT, II, 807-9; H. Schlier, TDNT, III, 140-48; T. Weber, Living in the Shadow of the Second Coming; D. Wilson, Armageddon Now! R.アンダーソン、来る王子; L. Boettner、ミレニアム、MJエリクソン、終末論の現代オプション; RNガンドレー、教会や試練; SNガンドレー、 "解釈学やツァイトガイスト終末論の歴史の決定要因として、" JETS 20:45-55; AA Hoekema、聖書と未来; JEハートレイ、TWOT、Ⅱ、778から79、R·シッパーズ、NIDNTT、Ⅱ、807から9; H.シュリール、TDNT、III、140から48 ;再臨の影に住むT·ウェーバー;今D.ウィルソン、ハルマゲドン! The Premillenarian Response to Russia and Israel Since 1917; J. Walvoord, The Rapture Question. 1917年以来、ロシアやイスラエルへの前千年王国説の信奉者応答; J. Walvoord、歓喜の質問。


Tribulation試練

Advanced Information 高度情報

Tribulation is trouble or affiction of any kind (Deut. 4:30; Matt. 13:21; 2 Cor. 7:4).トリビュレーションは、どのような種類(;マット13時21分; 2コリント7時04分。申命4:30)のトラブルやaffictionです。 In Rom. ROMに。 2:9 "tribulation and anguish" are the penal sufferings that shall overtake the wicked. 2時09分 "試練と苦悩"は悪しき者を追い越すものと刑法の苦しみです。 In Matt.マットです。 24:21, 29, the word denotes the calamities that were to attend the destruction of Jerusalem. 24:21、29、単語はエルサレムの破壊に出席するためだった災難を意味する。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)



Also, see:また、参照してください:
Second Coming of Christ キリストの再臨
Eschatology 終末論
Dispensation, Dispensationalism 天啓、天啓的史観
Views of the Millennium 意見は、そのミレニアム
Last Judgment 最終判断
Rapture of the Church 歓喜の教会

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです