Witness, Witnessing目撃証人、

Advanced Information 高度情報

Properly, a "witness" (martys) is "one who testifies" (martyreo) by act or word his "testimony" (martyrion) to the truth.正しく、 "証人"(martys)が真実に行為あるいは言葉によって彼の "証言"(martyrionを)(martyreo) "証言1"です。 This act of testifying is called his "testimony" (martyria).証言のこの行為は、彼の "証言"(martyriumの複数形)と呼ばれる。 In ancient days, as at the present, this was a legal term designating the testimony given for or against one on trial before a court of law.古代の時代には、従来どおり、これは裁判所の前に裁判上の1つのためにまたはに対して与えられた証言を指定する法律用語であった。 In Christian usage the term came to mean the testimony given by Christian witnesses to Christ and his saving power.キリスト教の用法ではこの用語は、キリストと彼の省電力クリスチャン証人の証言を意味するようになった。 Because such testimony often means arrest and scourging (cf. Matt. 10:18; Mark 13:9), exile (Rev. 1:9), or death (cf. Acts 22:20; Rev. 2:13; 17:6) the Greek was transliterated to form the English word "martyr," meaning one who suffers or dies rather than give up his faith.このような証言はしばしば逮捕とscourging(cf.マット10時18分、マーク13時09分)を意味するので、亡命(黙1:9)、または死を(参照では、22時20使徒、牧師2:13; 17: 6)ギリシャが苦しんでいるか、彼の信仰を放棄するのではなく、死んだものを意味する "殉教者"英語の単語を形成するために訳されました。 However, in the NT suffering was an incidental factor in the word.ただし、NTの苦しみに言葉で偶発的な要因であった。

A thorough study of witnessing would necessitate a study of the whole Bible.目の当たりにしての徹底的な研究は、聖書全体の研究を必要とするでしょう。 Such words as preaching, teaching, and confessing would have to be included.説教、教育、告白のような言葉が含まれなければならないでしょう。 Greek words (fifteen in number) stemming from "witness" (martys) are used over two hundred times in the NT. "証人"(martys)に由来するギリシャ語の単語は、(数15)NTで200回以上使用されています。 The most common usage is found in the Johannine writings, in which seventy-six instances are found.最も一般的な用法は七〇から六インスタンスが発見された使徒ヨハネの記述で発見されています。 Acts has thirty-nine instances and the Pauline writings thirty-five.行為三〇から九インスタンスとポーリン文章三〇から五を持っています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Leaving aside those uses of the word that refer to man's witness to men (cf. III John 12), God's witness to men (cf. Acts 13:22), man's witness against men (cf. Matt. 18:16), and miscellaneous uses (cf. John 2:25), we will consider the distinctively Christian use of the words.男性への男性の証人(参照ヨハネ12世)、男性への神の証人(参照は13:22行為)、男性に対する男性の証人(cf.マット。午前18時16分)をご参照の単語のそれらの用途はさておき、とその他の用途には(参照ヨハネ2:25)、私たちは言葉の独特のキリスト教の使用を検討していきます。

First, there are those testimonies which are meant to establish the incarnation and the truth of Christianity.まず、化身とキリスト教の真実を確立するために意図されているこれらの証言があります。 In John's Gospel, where this is primary, we find instances of all the main witnesses.これはプライマリであるヨハネの福音書では、我々はすべての主要な証人のインスタンスを見つける。 John the Baptist "bears testimony" (martyreo) to Jesus as the coming Savior of the world (John 1:7-8, 15, 32, 34; 3:26; 5:32).バプテスマのヨハネは、世界の救世主来る(; 3時26分、午前5時32ヨハ​​ネ1:7-8、15、32、34)のように、イエス様に(martyreo) "証言を負う"。 The works that Jesus did were a testimony that he came from the Father (John 5:36); this explains why John called the miracles "signs" (semeion).イエスが行った作品は、彼が父(ヨハネ5:36)から来たという証言であった。ジョンは奇跡 "兆し"(semeion)と呼ばれる理由を説明する。 The OT Scriptures are a testimony to Jesus (John 5:39); this thought is behind most of the NT quotations from the OT.旧約聖書は、イエス(ヨハネ5:39)の証言であり、この思想は、旧約聖書からのNTの引用のほとんどの背後にある。 After the resurrection the main evidences of the truth of Christianity are the ministry of the Holy Spirit (John 15:26), the witness of the disciples to the resurrection (Acts 1:22), and the signs and wonders by which God attested the ministry of the apostles and the churches (Heb. 2:4).復活後キリスト教の真実の主な証拠は、聖霊のミニストリー(ヨハネ15:26)、復活への弟子の証人(使徒1:22)、神が証明されたことによって、しるしと奇跡アール使徒と教会のミニストリー(ヘブル2:4)。

The pattern of Christian missionary and evangelistic activity is set in the NT.キリスト教の宣教師や伝道活動のパターンは、NTで設定されています。 Several principles emerge.いくつかの原則が出てくる。

FL Fisherフロリダ州のフィッシャー
(Elwell Evangelical Dictionary) (エルウェル福音辞書)


Witness of the Spirit聖霊の証人

Advanced Information 高度情報

Witness of the Spirit (Rom. 8:16), is the consciousness of the gracious operation of the Spirit on the mind, "a certitude of the Spirit's presence and work continually asserted within us", manifested "in his comforting us, his stirring us up to prayer, his reproof of our sins, his drawing us to works of love, to bear testimony before the world," etc.聖霊の証人(ローマ8:16)、心に聖霊の優雅な動作の意識であり、 "霊の存在を確信して仕事が継続的に私たちの中にアサートされた"、彼の攪拌、彼は私たちを慰めに "明らかに祈りは、私たちの罪を彼の戒め、彼の世界を前に証言するために、愛の作品に私たちを描く "等への問い合わせまで

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Witness目撃

Catholic Information カトリックの情報

One who is present, bears testimony, furnishes evidence or proof.存在している一つは、証言を負い、証拠や証明をお付けしています。 Witnesses are employed in various ecclesiastical matters, as in civil, in proof of a statement, fact, or contract.証人は、文、事実、または契約の証明の中で、市民のように、様々な教会の問題で採用されています。 According to various circumstances a witness is one who is personally present and sees some act or occurrence and can bear testimony thereto; one who on request or in behalf of a party subscribes his name to an instrument to attest the genuineness of its execution; one who gives testimony on the trial of a cause, appearing before a court, judge, or other official to be examined under oath.リクエストに応じて、または当事者に代わって、その実行の真正性を証明するために、機器に彼の名前をサブスクライブオン;; 1様々な状況によると目撃者は個人的には存在していて、いくつかの行為または発生を見て、証言をそれに耐えることができるものである宣誓の下で検討するために裁判所、裁判官、またはその他の公式の前に現れ、その原因の裁判で証言することができます。 The espousals of Catholics ("Ne temere") to be binding must be in writing, signed by the contracting parties and ordinarily by two witnesses, or by a pastor or ordinary, each within his own territory, as sole witnesses.に結合すると、カトリック教徒のespousals(以下 "temereのNE")唯一の証人として、それぞれ自分の領土内では、契約当事者が通常と二人の証人によって、または牧師または通常によって署名された書面にする必要があります。 In case either or both parties are unable for any cause to write, an additional witness is necessary.いずれかの当事者の双方又は書き込みを行う理由のいかんを問わずできない場合、追加の証人が必要です。 Catholics are incapable of entering into lawful wedlock ("Ne temere") except in the presence of a parish priest, or ordinary, or other priest duly delegated, and two witnesses.カトリック教徒は、教区司祭、または普通の、または正式に委任された他の司祭、そして二人の証人の存在を除いて合法嫡出である子( "temereのNE")に入ることができない。 Though not necessary for validity of the act, the Church desires in both cases that these witnesses be Catholics (SO, 19 Aug., 1891).行為の正当性のために必要ではありませんが、教会はこれらの証人はカトリック教徒(SO、1891年8月19日)であることが両方のケースで望んでいる。 Witnesses of a marriage sign no ecclesiastical document, though they may be called upon by the state to attest by their own hand certain civil records.彼らは彼ら自身の手特定の民事レコードによって証明する状態によって時に呼び出されるかもしれませんが結婚の証人は、全く教会の文書に署名しません。 Sponsors at baptism and confirmation are not properly witnesses; they assist for other purposes (see RELATIONSHIP).バプテスマと確認でスポンサーが正しく証人わけではなく、(関係を参照してください)​​他の目的のために支援します。 A canonical precept, when employed, must be delivered in the presence of the vicar general or two others as witnesses (Cum magnopere, VII).標準的な教訓は、採用時に、証人(口内magnopere、VII)として教区牧師一般または2人前を届けなければなりません。 Ecclesiastical documents are attested or witnessed as circumstances require, eg, by the chancellor, clerk of the court, prothonotary apostolic.状況に応じて教会の文書は首相、裁判所の書記官、首席書記官使徒によって、例えば、証言や目撃されています。 Expert witnesses to some extent have a place in canon law.ある程度専門家証人は宗規で場所を持っている。 In ecclesiastical trials witnesses are adduced to prove a fact directly, or indirectly, ie, by establishing the falsity of the contrary.教会の試験では、証人は、反対の虚偽性を確立することによって、すなわち、または間接的に、直接、事実を証明するために提示されています。

The essential qualifications of a witness are knowledge of the fact at issue and truthfulness: he must be an eye-witness and trustworthy.証人の本質的な資質が問題と真実である事実を知っています:彼は目撃者と信頼でなければなりません。 Hearsay witnesses, however, are admitted, if necessary, in matters not of a criminal nature, eg, in proof of consanguinity or other relationship, baptism, etc. Anyone not expressly prohibited may testify.伝聞証人は、しかし、明示的に禁止されていない誰もが証言するかもしれませんまたは他の血族関係の証明の刑事性質、例えば、洗礼などの問題で、必要であれば、認められている。 Some, as the insane, infants, the blind or deaf, where sight or hearing is necessary for a knowledge of the facts in question, are excluded by the natural law; others by canon law, as those who are bribed or suborned, those who are infamous in law or in fact, convicted perjurors, excommunicated persons, all in a word whose veracity may be justly suspected.いくつかの、非常識な、乳児、盲ろうあ、視覚や聴覚が問題の事実の知識が必要であり、自然の法則によって除外されているように、教会法によって他人、賄賂またはsubornedている人のように、それらの人すべての真実公正疑われる言葉で有罪判決を受けたperjurors、破門者は、法律または事実で悪名高い。 The law likewise rejects those who on account of affection or enmity may be biased, as well as those who may be specially interested in the case.法律では、同様に愛情や憎しみのアカウントにバイアスをかけることができる人々だけでなく、場合には特別に興味があるかもしれない人々を拒否します。 Parents as a rule are not admitted for their children, particularly when the rights of a third party are at stake, or against them and vice-versa; relatives for one another; lawyers for their clients; accomplices or enemies for or against one another; Jews or heretics against Christians; lay persons against clerics, except their own interests are at stake, or there are no clerics to testify; minors or women in criminal cases tried criminally, unless their testimony is necessary, or they testify in favor of the accused.原則として両親が第三者の権利が絡んで、またはそれらとその逆に反対している場合は特に、彼らの子供のために入院されていません。お互いのために親戚、彼らのクライアントのための弁護士、お互いのために賛成か反対かの共犯又は敵;キリスト教徒に対するユダヤ人や異端者は、自分たちの利益がかかっている、または証言する聖職者が存在しない場合を除き、聖職者に対して人を置く;彼らの証言が必要でない限り、刑事事件における未成年者や女性は、刑事試み、またはそれらが被告人に有利な証言。 Clerics, unless compelled by civil authorities, are not allowed to testify against the accused when sentence of death is to be imposed (see IRREGULARITY).行政当局によって強制されない限り、聖職者は、死の宣告が(凹凸を参照)を課されようとしているときに被告人に不利な証言をすることは許されません。 There are many exceptions to these general statements.これらの一般的な記述には多くの例外があります。 A witness is more easily admitted in favour of a person than against him, and in civil than in criminal trials.目撃者は、より容易に、彼に対するより人の賛成で認められ、民事で刑事裁判になることもあります。 No one is tolerated as a witness in his own case.誰もが自分自身の場合の証人として容認されていません。 Hence, those who are engaged in a similar cause, a judge who has adjudicated a like case, etc. are excluded.したがって、同様の原因に従事する者は、のようなケースなどを宣告した裁判官は除外されます。 False witnesses are those who under oath prevaricate or conceal the truth that they are bound to tell: they are guilty of perjury, and if convicted are infamous in law.偽の目撃者は、宣誓の下でうそをつくか、彼らが言うようにバインドされていることの真実を隠蔽する人々である:彼らは偽証の罪を犯しており、有罪判決を受けた場合、法律で悪名高い。 Notaries or others by altering or falsifying documents substantially become guilty of forgery.文書を変更したり、改ざんによって公証人や他の人は、実質的に偽造の罪になります。

Publication information Written by Andrew B. Meehan.アンドリュー·B.ミーハンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Michael T. Barrett.マイケルT.バレット転写されています。 Dedicated to Jerry F. Kobelin The Catholic Encyclopedia, Volume XV.ジェリー·F Kobelinカトリック百科事典は、ボリュームXVへ捧げた。 Published 1912. 1912年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1912.ニヒルのObstat、1912年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

Decret. Decret。 L., II, tit. ·L型、II型、シジュウカラ。 20, De testibus et Attestationibus; SANTI, Praelect. 20、デtestibusらAttestationibus、SANTI、Praelect。 Juris Can.; TAUNTON, The Law of the Church, svジュリスはできる;。トーントン、教会法、SV



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです