The Words Inscribed on the Cross, INRI十字架に刻まれた言葉は、INRI

General Information 一般的な情報

Many paintings of the Crucifixion of Jesus include the letters INRI somewhere on or near the Cross.イエスキリストの磔刑の多くの絵画は十字架上またはその近くにどこかに手紙INRIが含まれています。 People often ask what that means.人々はしばしば、それが何を意味するかを尋ねる。

The Bible actually tells us. Matthew 27:37 says that, on the Cross, over the head of Jesus, was a sign that said "This is Jesus the King of the Jews."聖書が実際に教えてくれる。 マタイ27:37には十字架上で、イエスの頭の上に、言った印だった、と言っている"これはユダヤ人の王イエスである。" (KJAV) Mark 15:26 and John 19:19 say essentially the same thing. (KJAV) マーク15時26分および19時19分ジョンは、本質的同じことを言う。

Keep in mind that the Romans had crucified many thousands of people in the 70 years before the Crucifixion.ローマ人が磔刑の前の70年間で人々の何千人も十字架につけられていたことを覚えておいてください。 They had established patterns for much of the procedure.彼らは、手順の多くのためのパターンを確立していた。 It was common for those who were about to be executed / crucified to be part of a procession, moving from the court in the city to the place of crucifixion outside of the city.それは都市の裁判所から街の外にはりつけの場所に移動し、約行列の一部であるように十字架につけられた/実行されるようにされた人々が一般的でした。 As part of the procession, one of the guards commonly carried a sign that announced the crime that the person was condemned for.行列の一環として、警備員の1人は、一般的には、のために非難されたことを発表した犯罪記号を運んだ。 In the case of Jesus, no actual crime had been determined, so His official crime was in claiming to be the King of the Jews, even though He never actually made that claim.イエスの場合には、実際の犯罪が決定されていなかったので、彼の公式の犯罪は、彼が実際にその請求をしたことがないにもかかわらず、ユダヤ人の王であることを主張していた。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
In any case, it appears that that sign was then affixed to His Cross, and that is the source of those words.いずれにせよ、それは、その符号は、その後十字架に貼り付けされたように見え、それはそれらの言葉の源です。

The painters who painted the Crucifixion worked more than a thousand years after the fact.キリストの磔刑を描いた画家たちは、事実の後に千年以上働いていました。 Therefore, they each had a substantial amount of artistic freedom in expressing the scene.したがって、彼らはそれぞれのシーンを表現する芸術の自由の実質的な量を持っていた。 At that time (the Middle Ages), all (Roman Catholic) Church Masses were conducted in Latin, and nearly everything associated with Christianity was written and spoken in Latin.当時(中世)は、すべて(ローマカトリック)教会のミサはラテン語で行われた、キリスト教と関連付けられているほぼすべてがラテン語で書かれたと話されていた。 VERY few books existed (before the printing press was invented) and only the Church and government normally had them, so virtually no people in a Congregation had any books, including the Bible.非常に数冊の本が存在していた(印刷機が発明される前に)とだけ教会と政府は通常、信徒でない人々が聖書を含めて、すべての書籍がありませんでしたので、事実上、それらを持っていた。 However, a number of Christian phrases WERE commonly known by the people, and one was Jesus' official crime, commonly referred to by four Latin words, IESVS NAZARENVS REX IVDAEORVMしかし、キリスト教のフレーズの数は、一般の人々に知られており、1は、一般的に4ラテン語の言葉で呼ばイエスの公式犯罪、IESVS NAZARENVS REX IVDAEORVMあった

Since anyone who would actually see the paintings of the Crucifixion in the Middle Ages (inside a Church) would then already be familiar with the phrase (in Latin), the painters all apparently chose to simplify their paintings by only including the initials of the four Latin words, INR I. The early Church had also apparently used that abbreviation.実際に中世(教会内)ではりつけの絵を参照してくださいと誰もが、既にフレーズ(ラテン語で)に精通しているであろうので、画家はすべて明らかに4つだけのイニシャルを含めることによって、彼らの絵を簡略化することを選んだラテン語の単語は、INR I.初期の教会はまた、明らかにその略称を使用していた。

Luke 23:38 also mentions the sign on the Cross, and he mentions that the sign was written in three languages, Greek, Latin and Hebrew. ルーク23時38分また 、十字架の上でサインを言及して、彼は記号が3言語、ギリシャ語、ラテン語、ヘブライ語で書かれたことに言及している。 Scholars then chose to follow the wording presented in John, as it is more complete by including the reference to Nazareth, and as it might be presenting the Latin version of the text on the Cross.学者たちは、それが十字架上でのテキストのラテンバージョンを発表するかもしれないようにそれはナザレへの参照を含めることによって、より完全であるように、ジョンに提示文言に従うことを選んだ、と。 In all three languages the first word was Jesus, but since Greek and Hebrew don't use the letter J, His Name was spelled beginning with an I .すべての3つの言語で最初の単語はイエスだったが、ギリシャ語、ヘブライ語、手紙Jを使用しないので、彼の名前はから始まる綴られていました。 The Roman (Latin) spelling followed that, ( IESVS ) even though their language included a J. The second word represented Nazareth, or Nazarene, N .ローマ(ラテン)スペルが続いている(IESVS)彼らの言語はJをナザレ、またはナザレ、Nを表す二番目の単語が含まれていたにもかかわらず。 The third word represented king, which in Latin ( REX ) begins with an R . 3番目のワードはラテン語で(REX)、Rで始まる王を占めた。 The fourth word represented Jews, ( IVDAEORVM ) again spelled beginning with an I . 4番目のワード表さユダヤ人、(IVDAEORVM)が再びで始まるスペル。 You can see that the INRI then says "Jesus Nazareth King Jews".あなたは、INRIその後、 "イエスナザレ王ユダヤ人"と言うことがわかります。

So the actual Latin words were: Iesvs Nazarenvs Rex Ivdaeorvm.だから実際のラテン語の言葉は次のとおりだった:Iesvs NazarenvsレックスIvdaeorvm。 Latin did not include a 'u' and 'v's appear where we would read 'u's.ラテン語では 'u'とuのを "我々は読んでいましたここで、vのが表示される 'が含まれていませんでした。

In Greek, the four actual words were: Iesous Nazoraios Basileus Ioudaiosギリシャ語では、4つの実際の言葉は次のとおりだった:Iesous NazoraiosレウスIoudaios

There does not presently seem to be solid documentation for the precise Hebrew text.現在正確なヘブライ語のテキストのための強固なドキュメンテーションがあるように思えません。 Opinions exist on what the wording was, but they vary.意見は言葉遣いが何であったかに存在するが、彼らは変わる。 Modern Hebrew is somewhat different from the Hebrew that was used in the time of Jesus, so a modern back-translation would probably be close but possibly not precise.現代ヘブライ語は、イエスの時代に使用されたヘブライ語とは多少異なりますので、現代の逆翻訳は、おそらく近いが、おそらく正確なものではないだろう。

The wording of the Latin seems solid due to the fairly early creation of the Vulgate (Latin) Bible by Saint Jerome.ラテン語の文言は固体聖ヒエロニムスによってウルガタ聖書(ラテン語)聖書のかなり初期の創造のためと思われる。 The wording of the Greek seems solid due to the New Testament Books all having originally been written in Greek, and those texts were used as the sources for the translations into several languages of Bibles (which still exist), so comparison should assure accuracy of the original wording.ギリシャ語の言い回しが原因ですべてもともとギリシャ語で書かれた新約聖書書籍に固体と思われ、それらのテキストは聖書(まだ存在している)のいくつかの言語への翻訳のソースとして使用されていたので、比較の精度を保証する必要があります元の言葉遣い。

Another Important Thing to Note注意するもう一つの重要なこと

Many (hopefully, most) Christians acknowledge that the Bible is "inerrant", that is, it contains NO errors. (うまくいけば、ほとんどの)多くのクリスチャンはそれはエラーが含まれていない、聖書は、 "間違いのない"ことを認め、それはです。 The reason for this belief is obvious.この信念の理由は明白です。 If one accepts that God participated in the writing of the Bible, it is beyond possibility that He would either intentionally or unintentionally permit errors or misleading statements to have been included in it. 1神が聖書の執筆に参加したことを受け入れるなら、それは彼が意図的にまたは意図せずにエラーやそれに含まれているために誤解を招く発言を許可する可能性を超えています。

Most Christians make an incorrect assumption that modern English translations are therefore inerrant.ほとんどのキリスト教徒は現代英語の翻訳が故に間違いのないことを誤った仮定をする。 They are not, even though their various translators make enormous efforts to try to make them inerrant.彼らは様々な翻訳者がそれらを間違いのないようにしようとする巨大な努​​力を行うにもかかわらず、ではありません。

There are several reasons for this.これにはいくつかの理由があります。 In both the case of the Old Testament and the New Testament, the contents of many of the Books were originally passed down from generation to generation VERBALLY.旧約聖書と新約聖書の場合の両方では、書籍の多くの内容はもともと口頭で世代から世代へと受け継がれた。 Most people of the time were illiterate, but books as we know them were extremely rare anyway.当時のほとんどの人は文盲であったが、我々は彼らがとにかく非常に稀であった知っている書籍として。 Virtually no one other than governments and wealthy people had any.実質的には政府や裕福な人々以外誰も任意がありませんでした。 Keep in mind that a "book" had to be created in a very difficult way. "本が"非常に困難な方法で作成されなければならなかったことを覚えておいてください。 The papyrus or parchment had to first be created, along with the ink.パピルスや羊皮紙には、インクと一緒に、最初に作成する必要がありました。 Then a person had to copy an existing book, letter by letter, to create a new book.その後、人は新しいブックを作成するために、既存のブック、手紙で手紙をコピーしなければならなかった。 And a 'book' was not the convenient thing we imagine.と '本'は我々が想像する便利なものではなかった。 It was generally a collection of rolls of papyrus or parchment which unrolled to strips that were many feet long.それは一般的に長く多くの足だったストリップに広げパピルスや羊皮紙のロールのコレクションでした。 Given all this, it is pretty obvious why the great majority of people gained essentially ALL of their knowledge verbally.国民の大多数は、口頭で本質的に彼らの知識のすべてを得た理由は、このすべてを考えると、それはかなり明白です。

By the time the words were actually committed to papyrus or parchment, therefore, a number of generations of verbal description, and human memories, were involved.時間によって言葉は、実際にそのため、口頭で説明し、人間の記憶の世代数が、関与していた、パピルスや羊皮紙にコミットされた。 Where the ORIGINAL MANUSCRIPTS were certainly inerrant, these written copies could possibly have contained some minor flaws.元の原稿は確かに間違いのあった場合には、これらの書かれたコピーは、おそらくいくつかのマイナーな欠陥が含まれている可能性があります。

Next, consider that writing materials have a limited lifetime before they fade or disintegrate.次に、彼らはフェードまたは崩壊する前に、筆記用具は、限られた寿命を持っていることを考慮してください。 At regular intervals, it was necessary for scribes to copy the entire texts, letter by letter, to make a new copy.一定の間隔を置いて、それが新たなコピーを作成するために、文字ずつ全体のテキストをコピーするには律法のために必要であった。 Of course, all the scribes were extremely careful, but keep in mind that our full Bible contains 773,746 words, or over three million individual characters!もちろん、すべての律法学者たちは非常に慎重だったが、私達の完全な聖書は773746単語、または300万個の文字が含まれていることに留意してください! Scribes generally had to work from the most recent copy.律法学者たちは、一般的に最新のコピーから働かなければならなかった。 The result is that by around 900 AD (the oldest common documents that still exist of the Bible), those texts are copies of copies of copies.結果は900年頃(まだ聖書の存在最古の共通文書)によって、それらのテキストはコピーのコピーのコピーであるということです。 If a single character of those three million was mis-copied by any scribe, all later scribes would unknowingly copy that flaw.それら300万の1つの文字が任意のスクライブにより誤コピーされた場合、それ以降のすべての律法学者たちは無意識のうちに、その欠陥をコピーします。

Another complication arose when the texts were translated from one language to another, and eventually to English.別の合併症は、テキストがある言語から別の言語に、そして最終的には英語に翻訳されたときに起こりました。 Most words in nearly every language have several possible meanings.ほぼすべての言語のほとんどの単語はいくつかの可能な意味を持っています。 A translator is faced, for nearly every single word, with selecting the "best" translation.翻訳者は、 "最高"の翻訳を選択すると、ほぼすべての単一の単語のために、直面している。 Different translators make different choices, which has resulted in our variety of modern Bible translations, all of which generally agree (since they were all created from the same source texts) but which have minor differences due to the translating choices.別の翻訳者が現代の聖書翻訳の私たちの様々な結果になって別の選択肢を作り、これらの全ては、一般的に同意します(これらはすべて同じソーステキストから作成されたので)が、翻訳の選択肢のためにマイナーな違いを持っ​​ている。 How would you translate the English word 'shift'?どのように英語の単語 'シフト'を翻訳するでしょう? As an action when driving a car?車を運転しているときにアクションとして? As a key on a computer keyboard?コンピュータのキーボード上のキーと? As an eight-hour work period? 8時間勤務期間として? As what you do when you slightly move in a movie theater seat?あなたは少し映画館の座席に移動したときにあなたが何をするかのように? See the problem?問題を参照してください? A translator needs to determine the context of the text, to determine just which translation is most correct.トランスレータは、最も正確であるだけでどの変換を決定するために、テキストの文脈を決定する必要があります。 Therefore, individual human judgment is unavoidably involved in the translation process.したがって、個々の人間の判断は避けられない翻訳プロセスに関与している。


The point being made here is that, even though the ORIGINAL MANUSCRIPTS were certainly inerrant, having been directed by God Himself, our modern Bibles can have minor flaws.ここで作られている点は、元の原稿が神ご自身によって指示されたこと、確かに間違いのあったにもかかわらず、私たちの現代の聖書は、マイナーな欠陥を持つことができる、ということです。 This is mentioned here because the sign over Jesus on the Cross obvious had some single specific wording.明らか十字架上のイエスの上記号がいくつかの単一の特定の文言があったのでこれは、ここで言及されています。 However, the four Gospels vary slightly on exactly what is said.しかし、4つの福音書は述べているかを正確に若干異なります。

Matthew 27:37 マタイ27:37
This is Jesus the King of the Jewsこれはユダヤ人の王イエスである

[Hebrew] (symbols that cannot be displayed here) [ヘブライ語](ここでは表示することができませんシンボル)
[Greek] houtos esti Iesous basileus Ioudaios [ギリシャ] houtos推定IesousレウスIoudaios

Mark 15:26 マーク午後3時26分
The King of the Jewsユダヤ人の王

[Greek] basileus Ioudaios [ギリシャ]レウスIoudaios

John 19:19 ジョン19:19
Jesus of Nazareth the King of the Jewsナザレのイエス、ユダヤ人の王

[Latin] Iesvs Nazarenvs Rex Ivdaeorvm [ラテン] Iesvs NazarenvsレックスIvdaeorvm
[Greek] Iesous Nazoraios basileus Ioudaios [ギリシャ] Iesous NazoraiosレウスIoudaios

Luke 23:38 ルーク23時38分
This is the King of the Jewsこれはユダヤ人の王である

[Greek] houtos esti basileus Ioudaios [ギリシャ] houtos推定レウスIoudaios
also sometimes given as:また時々で与えられる:
[Greek] outos estin o basileus twn ioudaiwn [ギリシャ] outos estin OバシレウスTWN iou​​daiwn


None of those languages used spaces between words.これらの言語のいずれも単語の間にスペースを使用しません。 Since the Latin language was that of the official government, it was almost certainly presented at the top, which gives extra cause for INRI later becoming the (Latin) abbreviation regarding the Crucifixion.ラテン系の言語は、政府の公式のことだったので、それはほぼ間違いなく、後ではりつけについては、(ラテン)の略語になりつつINRIのための余分な原因を与える上、で発表されました。 That means the top line on the sign would have had 26 letters and no spaces, in Latin.看板の一番上の行を意味するラテン語で、26文字(スペースなし)を使っていたでしょう。

Regarding the Greek, Luke's probable Greek text is already around 26 letters long, which might explain why no reference to Nazareth or even Jesus is included, to fit on the width of the sign.ギリシャに関しては、ルークの可能性ギリシャ語のテキストは、ナザレ、あるいはイエスへの参照が記号の幅に合うように、含まれていない理由を説明するかもしれない、長い26文字の周りに既にある。

If Matthew gives us the Hebrew text, it only involves 19 Hebrew characters, so there is a potential mystery as to why Nazareth was not included.マシューは私たちにヘブライ語のテキストを与える場合は、それだけで19ヘブライ語の文字が含まれますので、ナザレが含まれていなかった理由として、潜在的な謎がある。 However, only the Latin text was legally appropriate, so both the Greek and Hebrew might have been appended, to make sure that the local people would certainly understand the "crime" of Jesus.しかし、唯一のラテン語のテキストは、合法的に適切であった、地元の人々は確かにイエスの "犯罪"を理解するであろうことを確認するには、ギリシャ語とヘブライ語の両方が添付されている可能性がありそう。


Yes, this seems like an irrelevantly minor point!はい、これは無関係にマイナーポイントのように思える! We all know what the sign meant!我々は、すべての記号が何を意味するのか知っている! And there is the possibility that each of the four Gospel writers might have actually phrased it in these various ways.四福音書作家のそれぞれが実際にこれらの様々な方法でそれを言葉で表現されているかもしれないという可能性があります。 Some modern students feel that the precise wording of the three languages were slightly different on the sign, and that John was referring to the 'official' Latin; Luke, writing to a Greek Nobleman (Theophilus), was referring to the Greek; Matthew generally wrote for the Jews, and might have been referring to the Hebrew; and Mark just presented a brief overview.いくつかの近代的な学生は3つの言語の正確な文言は兆候で若干異なっていたことを感じ、そしてジョンは "公式"ラテン語に言及していたこと、ギリシャの貴族(テオフィロス)への書き込み、ルーク、ギリシャ語に言及していました、マタイ、一般ユダヤ人のために書いた、ヘブライ語に言及されている可能性があり、ちょうど簡単な概要を提示したマーク。 But still, the actual sign had some specific wording, and so three of these (modern translations) might be at least technically incorrect or incomplete.しかし、それでもまだ、実際の記号はいくつかの特定の文言があったので、これらの(現代の翻訳)の3は、少なくとも技術的に不正確または不完全であるかもしれません。

I choose to believe that the four ORIGINAL MANUSCRIPTS each precisely and correctly expressed the exact wording, and that the various effects mentioned above have resulted in the four slightly different current wordings.私は4つの元の原稿は、それぞれ正確に、正しく正確な文言を発現することを信じることを選択し、上記の様々な効果は、4つのわずかに異なる現在の文言につながっていること。 Where some Christians want to believe in the precise inerrancy of the King James or other modern Bible, such evidence suggests that that might be inappropriate.一部のキリスト教徒が欽定または他の近代的な聖書の正確な間違いのないことを信じたいところでは、そのような証拠は、それは不適切かもしれないことを示唆している。 Modern Bibles are certainly very close, and they certainly get all the main Lessons correct, but on minor items, the possibility exists that they are flawed.現代の聖書は確かに非常に接近している、と彼らは確かに正しいすべての主要な教訓を得るが、小項目で、可能性は、彼らは欠陥があることが存在します。 In the case of the King James, after its original 1611 publication, there were a number of "revised" Versions which corrected many such small flaws that had been found.ジェームズ王の場合は、元の1611年公表された後、発見されていた多くのそのような小さな欠陥を修正し、 "修正された"バージョンの数がありました。 But with over three million characters in it, even today, the most carefully checked KJAV Bible still must contain flaws.しかし、それは300万文字以上あっても、今日の、最も慎重にチェックKJAV聖書はまだ欠陥が含まれている必要があります。 Even though the Original Manuscripts didn't!元の原稿ではなかったのに!



Also, see:また、参照してください:
Seven Words on the Cross 十字架上の七つの言葉

Cross クロス
Crucifix 十字架像
The Arising of Jesus イエスが生じる


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです