Anthroposophy人智学

Advanced Information 高度情報

A religious and philosophical system based on the theosophical ideas of Rudolf Steiner (1861-1925).ルドルフ·シュタイナー(1861-1925)の神智アイデアに基づいて宗教や哲学的システム。 Born in Hungary and raised a Roman Catholic, Steiner studied science at the University of Vienna, became an accomplished Goethe scholar, and acquired an intense interest in the occult.ハンガリーで生まれ、ローマカトリックを調達し、シュタイナーはウィーン大学で科学を学び、熟達したゲーテの学者となり、オカルトに強い関心を取得しました。 In 1902, while serving as editor of a literary magazine, he became general secretary of the German Theosophical Society but soon grew disillusioned with its overstress on Eastern religious thought. 1902年、文芸誌の編集者を務めながら、彼はドイツの神智学協会の書記長となったが、すぐ東の宗教思想への過度のストレスに幻滅しました。 In 1913 Steiner broke with theosophy and founded the Anthroposophical Society, which joined certain Christian elements to its basically theosophical outlook. 1913年にシュタイナーは神智学を破ったし、その基本的神智見通しに特定のキリスト教の要素が加わった人智学協会を設立した。 In 1922 Steiner and Friedrich Rittlemeyer, a former Protestant pastor, organized the movement into "Christian Fellowships" (Christengemeinschaften) where priests and priestesses performed mystical rites patterned after the Catholic Mass. 1922年にシュタイナーとフリードリヒRittlemeyer、前者プロテスタント牧師は、司祭と尼僧は、カトリックのミサの後にパターン化された神秘的な儀式を行う "クリスチャン·フェローシップ"(Christengemeinschaften)に運動を組織した

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Like theosophy from which it came, anthroposophy includes elements from Hinduism, Neoplatonism, Gnosticism, and Sufism.それが来た神智学と同様に、人智学は、ヒンドゥー教、新プラトン主義、グノーシス主義とスーフィズムの要素が含まれています。 It affirms the existence of spiritual as well as material worlds and teaches that salvation consists of escaping the confines of the material world by obtaining esoteric spiritual knowledge about the true nature of things.それは精神の存在だけでなく、材料の世界を肯定し、救いは、物事の本質についての難解な精神的な知識を取得することにより、物質的な世界の境界を脱出で構成されていることを教えています。 Unlike theosophy (wisdom of God), which holds that such knowledge comes from avatars (incarnations) and arhats (master teachers), anthroposophy (wisdom of man) teaches that people possess the truth within themselves.保持神智学(神の知恵)とは異なり、そのような知識は、アバター(化身)とarhats(マスター教師)から来ている、人智学(人間の知恵)は、人々が自分自身の中に真実を持って教えている。 By cultivating one's occult powers through certain mental, physical, and spiritual exercises, anyone can become a Hellseher, a master of clear vision, and thereby gain extraordinary spiritual insight.特定の、精神的、物理的、および精神的な演習を通じて自分のオカルトの力を培養することによって、誰もがHellseher、明確なビジョンのマスターとなり、それによって異常な精神的な洞察を得ることができます。 According to Steiner's doctrine of the "seven lotus flowers," each person has seven bodies (physical, astral, etheric, the most intimate "I," etc.) which open out, like the lotus blossom, to new levels of truth.のシュタイナーの教義によると、 "7蓮の花、"一人一人が真実の新たなレベルに、蓮の花のように、外に開いた7体(等 "、私は"最も親密な、エーテル、アストラル、物理的な)があります。 Once these spiritual organs are developed through meditation (yoga), one has access to "cosmic memory" through which he can understand all things.これらの精神的な器官が瞑想(ヨガ)によって開発されたら、1、彼はすべてのことを理解できるような "宇宙の記憶"へのアクセス権を持っている。

Whereas theosophy views Christ as only one of many avatars, anthroposophy teaches that Christ is the only avatar, an exalted solar being (Sonnenwesen) who entered human history as the full revelation of the spiritual world.多くアバターのだけ一つとして神智学の景色キリストに対し、人智学は、キリストが唯一のアバター、霊的世界の完全な啓示として、人類の歴史に入った高貴な太陽の存在(Sonnenwesen)であることを教示している。 Contact with Christ brings deeper penetration into his own knowledge of reality.キリストとの接触は、現実​​の自身の知識に深く浸透をもたらします。 Thus for anthroposophists celebration of the Eucharist has ultimate significance.したがってanthroposophistsため聖体のお祝いは、究極の意味を持っています。 Called the "Act of the Consecration of Man." "人の奉献の行為"と呼ばれ the sacrament mystically joins the celebrant with the spirit and body of Christ, making him truly "man" and capable of realizing his own occultic powers.聖餐式は、神秘的、彼は本当に "男"と彼自身のオカルトパワーを実現することが可能なこと、キリストの精神と身体との祝賀会に参加します。

Anthroposophy was condemned by the Roman Catholic Church in 1919.人智学は1919年にローマ·カトリック教会によって非難された。 Followers today are most numerous in Germany, Britain, and the United States, and generally are drawn from "intellectuals" in search of more "effervescent" religious experience outside established religious channels.フォローしている今日はドイツ、イギリス、アメリカで最も多数であり、一般的に確立された宗教的なチャネル外より "発泡性の"宗教的経験の検索では "知識"から描かれています。

TP Weber TPのウェーバー

Bibliography. 参考文献。
GA Kaufmann, Fruits of Anthroposophy; R. Steiner, The Story of My Life; F. Rittlemeyer, Reincarnation.ジョージア州のカウフマン、人智学の果物; R.シュタイナー、ストーリー·オブ·マイ·ライフ、F. Rittlemeyer、輪廻転生。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです