Christian Arrogance, Self-Righteousnessキリスト教の傲慢、独善

Many modern Christians seem to have developed incredible non-Christian characteristics, and they do not realize it!現代の多くのキリスト教徒が信じられないほどの非キリスト教の特性を開発しているように見える、と彼らはそれを理解していない! Righteous is excellent, exactly what the Lord Taught us.義人は主が教えてくれた、まさに、優れています。 But Self-Righteousness seems to have become rampant among many modern Christians!しかし、独善は、最近の多くのキリスト教徒の間で横行になったようです! Self-Confidence is fine, but Arrogance of alleged superiority is not.自信はいいのですが、疑惑の優位性の傲慢ではありません。 Jesus must certainly be appalled!イエスは確かに愕然としなければなりません!

It is excellent to have very strong Faith, and to defend that Faith against any critics.それは非常に強力な信仰を持つように優れており、どんな批評家に対して、その信仰を守るために。 Fine!ファイン! It is excellent to Testify or Witness to others.それは他の人に証言又は証人に優れています。 But there should be a recognition regarding the limitations of our human brains and minds!しかし、私たち人間の脳と心の限界に関する認識があるはずです! And a consideration that Jesus tried to Teach us Humility, Tolerance and many other such things.そして、イエスは私たちに謙虚、寛容と他の多くのそのような事を教えしようとしたことを考慮。

Many modern Christians, especially a lot of Fundamental Christians, are amazingly aggressive and arrogant regarding claiming that every single detail of whatever they believe is absolutely right and cannot be questioned under any circumstances.特に、多くの近代的なキリスト教徒、基礎キリスト教徒の多くは、彼らが信じるものの一つ一つの詳細は絶対に右であり、どのような状況下でも疑問視することはできないと主張に関して驚くほど積極的で傲慢である。 NO ONE better dare even question any aspect of whatever they believe. Again, having deep Faith SHOULD mean that you really believe what you believe. But when it goes too far, it becomes a sort of Arrogance, something that Jesus and the Bible Taught us to be cautious about.良い誰も彼らが信じるもののあらゆる側面を疑わない勇気。 繰り返しになりますが、深い信仰を持つことは、あなたが本当にあなたが信じるものを信じることを意味していますしかし、それはあまりにも遠くなったとき、それがイエスと聖書は教えてくれたことが何か、傲慢の一種になります警戒すべき。

Several Scriptural Passages directly address the issue of Arrogance, including 1Samuel 2:3; Psalms 12:4; Proverbs 8:13; Isaiah 13:11.詩篇12:04;、箴言8時13分、午後1時11分、いくつかの聖書のイザヤ通路は直接1Samuel 2時03分を含めて、傲慢の問題に取り組む。 These (and other) Scriptures warn against become arrogant in any regard.これら(およびその他の)聖書は、いかなる点においても高ぶっ警鐘を鳴らす。 This includes our Faith.これは、私たちの信仰が含まれています。

It has become common that modern Christians, especially in America, have come to believe that they have absolute and total understanding of every possible aspect of Christian Faith, including every detail. IF any person could actually ever have such absolute and complete knowledge, that means that person either has or believes he/she has an entire and perfect understanding of the Plan of God for man. それは、特にアメリカでは現代のキリスト教徒は、すべての詳細を含めて、彼らはキリスト教の信仰のあらゆる面の絶対および合計に理解していることを信じるようになったことを確認します。すべての人が実際に今までそのような絶対的な、完全な知識を持っている可能性がある場合、つまり、 一般的になってきたその人が持っているかのどちらかと考えている彼を/彼女は男のための神の計画の全体と完璧な理解を持っています。 Such an attitude indicates a belief that the person is as smart as the Lord is, to so completely understand a Plan that has eluded billions of Christians before them, including many who spent their entire lives attempting to understand it.このような態度はそれほど完全にそれを理解しようとして一生を過ごした多くの人々を含めて、彼らの前にキリスト教徒の数十億の目を逃れたプランを理解することは、人が主であるので、スマートであるという信念を示しています。 That is essentially the very definition of Arrogance, of an absolute smugness in one's own perfection that no one is allowed to ever question any aspect of it!それは本質的に誰もが今までそれのどの側面に疑問を許されていないことを自分自身完璧で絶対的なうぬぼれの傲慢さの定義そのものです!

The central concept where this seems to be most totally demonstrated is regarding the absolute insistence of those Christians that THEY are ABSOLUTELY GUARANTEED of Salvation and entry into Heaven. Again, this would be a wonderful situation to be in! これはほとんど完全に実証されているように見える中心的な概念は、彼らは絶対に救いと天国への入国が保証されていることをそれらのキリスト教徒の絶対的な主張に関してです。繰り返しますが、これになるべき素晴らしい状況であろう! It would also make being a Pastor a LOT easier if it was so extremely easy to achieve as to simply have selected the correct church to attend!それは単純に出席するために正しい教会を選択しているように達成するために非常に簡単だった場合にもずっと楽牧師であることになるだろう!

The fact that THIS presentation suggests that such an ABSOLUTE GUARANTEE may not be as absolute as they assume, has resulted in incredibly vicious attacks on me (a Christian Pastor) by those (alleged) Christians!このプレゼンテーションでは、そのような絶対的な保証は、彼らが仮定するほど絶対的ではないかもしれないことを示唆しているという事実は、それらの(疑惑の)キリスト教徒による私(キリスト教の牧師)で信じられないほど悪質な攻撃をもたらした! Many simply say (these are NOT Theologians, but normal attendees of Churches, remember) that I am absolutely NOT a Pastor or Minister at all, and they sometimes use four-letter words in expressing that I am not even a Christian, for saying such a thing!多くは、単にそのような発言のために、私は絶対に全く牧師または大臣はない、と彼らは時々、私もクリスチャンではありませんだということを表現する4文字の単語を使用している(これらは神学者ではありませんが、教会の通常の出席者は、覚えておいてください)​​と言う事!

These people must not read their Bibles, or actually study them!これらの人々は彼らの聖書を読んだり、実際にそれらを勉強してはいけません! The Bible does NOT provide ANY statement of any ABSOLUTE GUARANTEE of either Salvation or entry into Heaven!聖書は、天​​国への救いか、エントリのいずれかの任意の絶対的な保証の任意のステートメントを提供していません! It repeatedly says something that seems similar, and THAT expression has been twisted into the ABSOLUTE GUARANTEES that seem to be announced by many modern Churches.それは、繰り返し同様のようで、その表現が多くの近代的な教会が発表しているように見える絶対保証にねじられている何かを言う。 You might note, however, that virtually always, that ABSOLUTE GUARANTEE ONLY applies to Members of "this" Church, and very definitely NOT the Churches down the road!あなたは、道路下の教会を事実上常に、その絶対的な保証のみ "この"教会のメンバーに適用されること、しかし、注意してください、と非常に間違いないかもしれません! So the claim in itself has to bring on some question as to why the Lord's Bible's Teachings would not equally apply to the 330,000 other Churches in America!だからそれ自体がクレーム主の聖書の教えが平等にアメリカは33万他の教会には適用されない理由として、いくつかの質問に持参しています! But the problem is actually far more basic than that.しかし、問題は、実際にははるかに基本的なことを超えています。

Here are the most direct references to the fact that a person's Faith in Christ secures Salvation: John 3:16; 3:36; 5:24; 6:40; 11:25; 20:31; Acts 8:37; 10:43; 13:39; 16:31; Romans 9:33; 10:9; 2 Tim 3:15; 1John 5:1 .ここでは実際に最も直接的な参照があることを、キリストの救いを確保している人の信仰: ヨハネ3:16;午前3時36分、5時24、6:40、11時25分、午後08時31、午前8時37行為; 10: 43、午後01時39分、午前16時31分、ローマ人への手紙9時33分、10時09分、2ティム3:15; 1ヨハネ5:1である These essentially all use the exact same Original Greek word, pisteuo , (Strongs 4100).これらは本質的にすべて正確に同じオリジナルギリシャ語、pisteuo、(強めて4100)を使用します。 (Only the Timothy Verse is not centered on that specific word, and its wording is actually quite interesting in that regard.) The word is generally translated as "believeth" in the King James, and as "believe" otherwise. (ティモシーだけの詩は、その特定の単語を中心にされず、その文言は、実際にその点で非常に興味深いです。)という言葉は、一般的にキングジェームズの "信じる"と訳されており、それ以外の場合は "信じる"。

John 3:16 is the most commonly cited wording: For God so loved the world, that He gave His only Begotten Son, that whoever believeth in Him should not perish, but have everlasting life.ヨハネ3:16は、最も一般的に引用された文言です:神は誰かれを信じることは滅びるが、永遠の命を持つべきではないことを、彼はひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。 (KJAV). (KJAV)。 Is THIS an absolute guarantee?これは絶対的な保証はありますか? It is certainly understood to be so by those attacking Christians!それは確かにそれらの攻撃のキリスト教徒がそうであると理解される! And why isn't it?そして、なぜそれではありませんか? Because it contains a REQUIREMENT on the individual, regarding some standard of whatever "believeth" means.それは何でも "信じる"という意味のいくつかの標準に関しては、個々に要件が含まれているため。

When a Church decides it can define precisely what is required regarding "believing", then, yes, it appears to then be an absolute guarantee.教会はそれを "信じる"について何が必要かを正確に定義することができますを決定したら、次に、yesの場合、これは絶対的な保証であるように思われる。

Well, countless thousands of Christian Theologians over the past two thousand years have tried to figure out PRECISELY what is required "to believe".まあ、過去2000年間でキリスト教神学者の無数の数千人が "信じること"が必要とされている内容を正確に把握することを試みた。 Each has attempted to meet the standards that he felt applied, but virtually all also realized that they were destined to fall short!各々は、彼が適用されたと感じた基準を満たすことを試みましたが、事実上すべてはまた、それらが及ばないように運命づけられたことに気づいた! So, thousands of lives of Monks and Saints were lived, with incredibly strict personal vows of compliance to things that were felt required to meet the standards of Salvation.だから、僧や聖人の数千人の命が住んでいた、信じられないほど厳格な個人と救いの基準を満たすために必要と感じたものに、コンプライアンスの誓いをした。 Many spent lives of never speaking, and of chastity, and of poverty, and many other things, and STILL they were never absolutely sure that "it was good enough" because of the basic unavoidable fact that we each happen to be humans and we regularly mess up.多くは、話すことがないのと、純潔の、貧困の生活、そして他の多くのものを過ごし、それでも彼らはなぜなら私たちそれぞれが、人間と定期的に我々のことが起こることを基本的な避けられない事実 "それは十分だった"ことが確実になったことがなくてめちゃくちゃ。

We DO have an excellent example to study!私たちは、勉強するための優れた例を持っていますか! We know that Abraham believed so absolutely in the Lord that he was about to sacrifice his own dear son, simply because he believed that God wanted him to do that.私たちは、アブラハムは、彼は神が彼がそれをやってみたかったと信じてというだけの理由で、自分の愛する息子を犠牲にしようとしていたことが、主にあってそう絶対に信じられていることを知っています。 Yes, we can all agree that Abraham was certainly "guaranteed" of Salvation with that depth of belief.はい、我々はすべてのアブラハムは確かに信仰の深さとその救いの "保証"であったことに同意することができます。

Is that a level of belief that applies to you?あなたに適用される信念のレベルは何ですか?

There are other Scriptures that relate to the main concept.メインコンセプトに関連する他の経典があります。 Some resemble Hebrews 5:9 "eternal Salvation to all them that obey Him."いくつかは、 "神に従うことをすべて彼らに永遠の救い。" ヘブル人への手紙5時09にている This Verse (and others) are centered on "obey" or the Greek word hupakouo .この詩は、(他) "オベイ"やギリシャ語hupakouoを中心にしている。 We have the exact same situation as above.我々は、上記とまったく同じ状況があります。 Exactly what is the standard to have to meet to be able to say one "obeys"?まさに一つは "従う"と言うことができるように会わなければならないための標準は何ですか? Strongs (5219) says "to listen, to harken".強めて(5219)は、 "ハーケンに、待機するように"と言っています。 So, would it be enough to observe that "I know I am not SUPPOSED to cheat on my wife" and then still do it?だから、それは、その後、まだそれをやる "私は私が私の妻でカンニングをすることになっていないです知っている"ことを観察するのに十分だろう? Of course not. The Lord expects us each to SHOW Him that by our behaviors and thoughts, that we Devoutly believe everything about Him.もちろん、 主は私たちそれぞれが私たちの行動や思考によって、私たちは熱心に彼についてのすべてを信じていることを彼に示すことを期待しない

OK. [OK]をクリックします。 Fast forward to the modern world.現代世界への早送り。 A person who might be unfaithful to a spouse, or who might lie and intentionally deceive others regularly, or who might intentionally mislead and lie in business dealings to achieve some sale of some product, goes to Church, lists off for the Lord (some of) these various Sins, and is then "wiped clean" (tabula rasa) for another week to do it all over again.配偶者に浮気かもしれない人、または人嘘と意図的に定期的に他人を欺く、または意図的に誤解を与えるかもしれないといくつかの製品の一部の販売を達成するために、ビジネス取引でうそをつくかもしれませんが、教会に行く、(主のためのいくつかをリストします)は、これらの様々な罪をしてから、もう一度すべてをやり直すために、その週(タブララサ) "をきれいに拭いて"されています。 THIS person thinks he/she has some sort of ABSOLUTE GUARANTEE of Salvation and entry to Heaven???この人は彼/彼女は天国への救いと、エントリの絶対的な保証のいくつかの並べ替えを持っていると考えている??

These people seem to try to apply an extremely legalistic definition of the words that are important, and then attempt to do that absolute minimum possible to comply with those defined rules.これらの人々は重要である言葉の定義は非常に律法を適用しようとしているようだし、それらの定義されたルールを遵守することが可能その絶対最小値を行おうとする。 It is almost like they think they are playing some sort of game with the Lord, that He will not notice as they do everything they can to bend every rule they can!それはほとんど彼らは彼らが彼らがすることができますすべてのルールを曲げるために、彼らができることはすべてそうであるように彼は気づかないだろうつまり、主と一緒にゲームのいくつかの並べ替えを再生していると思うようなものです! They seem to assume that the Lord ONLY can see them when they happen to visit His House on Sunday mornings, when they are on their best behaviors!彼らは彼らが彼らの最高の行動にある場合には、日曜日の朝に彼の家を訪問するために発生したとき、主はそれらだけを見ることができることを前提としているように見える! Do they really believe that the Lord does not or can not see the business trickery they do to make sales and profits, or the times they lie and cheat friends and neighbors and relatives?彼らは本当に主がない、またはそれらが売上や利益、または、彼らは友人や近所の人や親戚を嘘とカンニング回のために行う事業のトリックを見ることができないと信じていますか? That seems to be yet another variation of Arrogance, where they seem to believe that they can get away with such things from the Lord!それは彼らが主からのそのようなもので済ませることができると信じているように見える傲慢のさらに別のバリエーション、と思われる!

Look at the Strong's definitions for that Greek word pisteuo.そのギリシャ語pisteuoための強力な定義を見てください。 There are quite a few.かなりの数があります。 "to think to be true" happens to be the first listed. "真であると考えるようにすると、"最初に表示されるようなことが起こる。 " to place confidence in" is also in there. "への信頼を置くようにすると、"そこにもあります。

WELL, IF my job as a Pastor was simply to try to get people to accept that there was a person named Jesus 2000 years ago, wouldn't that mean that they "believe" in Jesus?まあ、牧師は、人々がイエスという人が2000年前にあったことを受け入れるように取得しようとする単純だったので私の仕事ならば、それは彼らがイエスを "信じる"ことを意味するものではないでしょうか? Is that enough?それは十分ですか? There are some Christians who actually think it is!実際にはそれだと思ういくつかのキリスト教徒があります! They are sure that they are guaranteed Salvation simply because they are willing to accept that there had been someone named Jesus alive 2000 years ago!彼らは生きている2000年前のイエスという人物があったことを受け入れても構わないと思っているので、それらが単に救いが保証されていることを確認しています! Wow!ワウ!

Other people, and most Churches, add in additional requirements.他の人々、ほとんどの教会は、追加要件に追加します。 One must not only accept that a Jesus Lived, but that He was "Special".一つは、イエスだけが住んでいたことを認めたが、彼は "特別"だったことをしてはいけません。 Most specifically, if a person makes a very simple statement, ONCE, regarding Jesus being a Personal Savior, THAT is considered to be the sum total of what is required to PROVE the "believeth" part!最も具体的には、人はイエスが救い主​​であることについては、一度、非常に簡単な文を作る場合には、 "信じる"の部分を証明するために必要とされるものの総和であると考えられること! THIS makes Christianity incredibly easy and convenient!これはキリスト教が信じられないほど簡単かつ便利になります! No matter what you have ever done, and no matter what a jerk you might be now, just say a simple sentence, ONCE, and instantly be forgiven everything in the past and simultaneously receive an absolute guarantee of Salvation!あなたがこれまで何をしたかに関係なく、あなたが今どのようなものかジャークに関係なく、ただ単純な文章を言いませんが、一度、瞬時に過去のすべてを赦されると同時に救いの絶対的な保証を受け取る! Who could pass on THAT?誰がそんなことを渡すだろうか?

That IS a description of ONE TINY PART of Salvation, what is called Justification.それは正当化と呼ばれるものを救い、の1つの小さい部分の説明です。 Yes, Justification proceeds exactly in that way. HOWEVER, that is NOT all there is to Salvation! You might think of YOUR part of Justification as being a Letter of Intent to the Lord.はい、まさにそのように正当化が進行する。 しかし、それは救いで全部ではありません!あなたが主に意向書であるとして正当化のあなたの部分を考えるかもしれない。 But at that instant, you have not (yet) SHOWN the Lord anything!しかし、その瞬間に、あなたは(まだ)主は何も示されていない!

Beginning at the instant of Justification, the person is REQUIRED to then spend the remaining LIFETIME in something called Sanctification. 正当化の瞬間に始まって、人は、その後、聖化と呼ばれるもので、残りの生涯を過ごすために必須です。 Every minute, every day. I sometimes describe it as somewhat analogous to Finishing School. 毎分、毎日が。私は時々フィニッシングスクールにいくらか類似としてそれを記述します。 If someone received an Invitation from the Queen of England to some enormous Ball (the Invitation being like Justification, the RIGHT to attend), the person then would need to "refine one's manners and behaviors" in order to actually BELONG in the presence of the Queen of England, by attending some Finishing School.誰かがいくつかの巨大なボール(招待は正当のようにされ、出席する権利)にイギリスの女王からの招待状を受け取った場合、その人はその後、実際の存在に属しているために、 "自分のマナーや行動を調整"する必要があるでしょういくつかのフィニッシングスクールに通うことでイギリスの女王、。 If a Christian thinks that simply by casually stating a simple sentence, that he/she is then fully prepared to be in the Presence of the Lord Jesus, I might remind them of all those Sins that they feel free to keep repeating now!クリスチャンは何気なく彼/彼女はその後、完全に主イエスの存在になるように調製されていることを、簡単な文章を記載することによって、その単純に考えれば、私は、彼らが今、繰り返し続けること自由に感じているすべての人の罪を思い出させるかもしれません! The entire purpose of Sanctification is to gradually get each Christian to Sin less often, and eventually, hardly ever, in order to be more suitable for being in the Presence of the Lord.聖化の全体の目的は、徐々に各クリスチャンは主の御前であることのためのより適切であるためには、めったに、最終的にはそれほど頻繁に罪、とするために取得することです。 (I have a suspicion that using foul four-letter words in insulting a Christian Pastor might not be what the Lord is looking for!) (私は侮辱キリスト教牧師にファウル4文字の単語を使用して主が探しているものはないかもしれないという疑いを持っている!)

SO! SO! You people who insist on absolutely believing your own Minister's assurance that you are GUARANTEED SALVATION because of his own interpretation of that Greek word, fine, you can believe whatever you wish.絶対にあなたが原因で、そのギリシャ語の彼自身の解釈の救いを保証されているあなた自身の大臣の保証を信じることを主張する人々は、罰金は、あなたが望むものは何でも信じることができる。 You can even consider me worthless pond-scum (because I will not repeat the actual words used to describe me) and a total failure as a Christian Pastor.あなたも、池のスカム(私は私を記述するために使用される実際の言葉を繰り返すことはありませんので)とキリスト教牧師として完全な失敗を私は価値がないと考えることができます。 However, I would guess that you could probably use some "Finishing School" that is, an actual effort at IMPROVING one's Christian Walk.しかし、私は、あなたはおそらく、自分のキリスト教の歩行を改善することを、実際の取り組みである、いくつかの "フィニッシングスクール"を使用することができることを推測する。

It is quite sad today that there seem to be millions of people who call themselves Christians who see absolutely no reason to even consider trying to improve themselves in any way!それは自分自身であっても絶対的にどのような方法で自分自身を改善しようとして考慮すべき理由はないキリスト教徒呼んで何百万人もの人々があるように見えることを今日はかなり悲しいです! Since they ALREADY have their ABSOLUTE GUARANTEE into Heaven, they see no reason to "waste time" on such things.彼らはすでに天に彼らの絶対的な保証を持っているので、彼らはそのようなものに "時間を浪費"する理由はない。 I guess that IF they are actually correct about that guarantee, maybe that sort of behavior would get by!私は、彼らがその保証について実際に正しいかどうか、多分行動のソートはしてもらうということを推測する! But if Jesus is anywhere like what we Ministry keep claiming that He is, then how could He be Pleased with "lazy Christians"?イエスはどこでも私達省は彼があることを主張し続けるものが好きであるならば、その後どのように彼は "怠惰なキリスト教徒"に満足しているだろうか? Among Catholics, they are called Non-Practicing Catholics, which means that they CLAIM all the benefits but do not want to bother with the chores or responsibilities.カトリック教徒の間で、彼らはカトリック教徒の非練習と呼ばれ、これは、彼らがすべての利点を主張するが、家事や責任を考慮する必要がないことを意味します。 Of course, many similar Protestants make a big point of always attending Sunday Church Services, and even mostly listening!もちろん、多くの類似したプロテスタントは常に日曜日礼拝に出席するのは大きなポイントを作る、さらには主にリスニング! And then they (arrogantly) go off feeling that they have done EVERYTHING REQUIRED.そして彼らは(傲慢)、彼らは必要なすべての処理を行ったことを感じて消灯します。 Did they?彼らはしましたか? Does Jesus run Heaven where a legalistic set of rules of entry apply, and as long as you got a C - grade in loyally attending Church, then you really do have a GUARANTEED TICKET IN?イエスは、エントリーのルールの律法主義のセ ​​ットが適用される場所天国を実行し、あなたがCを持っている限りない-忠実に教会に通うの等級は、次にあなたが本当にで保証チケットを持っていますか? In all the Bibles I read, Jesus does not seem remotely like that!私が読んだすべての聖書では、イエスはそのようにリモート思えません!

Our tiny Church likes to think that we have some idea about that subject, since our official name is A Christ Walk Church .私たちの小さな教会は、私たちの正式名称はキリストウォーク教会であるため、我々はその主題に関するいくつかのアイデアを持っていることを考えるのが好き。 And in case you didn't notice it, we are not named THE Christ Walk Church because we realized that would be very Arrogant to claim some implied monopoly on Teaching a Christian Walk!私たちはクリスチャンウォークを教える上でいくつかの暗黙の独占を主張することは非常に傲慢であろうことに気づいたので、ケース内に、あなたがそれに気付かなかった、私たちはキリストウォーク教会名前が付けられていない! We are merely "A" Church that attempts to have a focus on Sanctification, that is, lifelong Christian behavior, and constant effort at improvement.我々は単に改善で ""聖化にフォーカスを持ってしようとする教会であり、生涯キリスト教の行動、不断の努力である。

In any case, this results in our having extremely strong confidence that our Teachings of Christian concepts contribute to our Members being Saved and being welcomed into Heaven. Does it include any absolute guarantee? いずれにせよ、我々はキリスト教の概念の私たちの教えが保存されている私たちのメンバーに貢献し、天国に歓迎されている。非常に強い自信を持って、この結果は、それはどんな絶対的な保証が含まれていますか? No. I guess we wish that we COULD do such a miraculous job of Ministry that we were able to offer such a guarantee.いいえ、私は、我々は我々がそのような保証を提供することができたことが環境省のような奇跡的な仕事を行うことができることを望むと思います。 But we think it would be incredibly self-righteous of us to even CLAIM that we could offer any absolute guarantee of it.しかし、我々はそれも我々はそれのいずれかの絶対的な保証を提供する可能性があると主張するのは信じられないほど独善的な私たちのことだと思う。 THAT is the difference, as we see it, in this apparently violently emotional issue!我々はそれを見るように、それはこの明らかに激しく感情的な問題で、その差である!


There is an entirely different way of looking at this problem.この問題を見て完全に異なる方法があります。 It has to do with the DEFINITION of the word Faith.それは、単語の信仰の定義に関係しています。 The people who hold these ABSOLUTE opinions about their Salvation and all the rest seem to have a bizarre idea of what Faith means!彼らの救いとすべての残りの部分については、これらの絶対意見を持つ人々は、信仰とは何を意味するかの奇妙なアイデアを持っているように見える! To have Faith MEANS that you HOPE your understanding is true and correct AND that you HOPE that includes the results that you will eventually be Saved! Faith is a Trust in things that are unknowable. There is NO GUARANTEE when FAITH is involved!信仰を持っていることは、あなたの理解が真実かつ正確であり、あなたがあなたが最終的に保存されることの結果が含まれていますことを願っていますことを願っていることを意味します! 信仰は不可知である事への信頼です。信仰が関与している保証はありません!

IF the concept of Faith involved ABSOLUTE GUARANTEES, then that is not Faith at all, and is rather a clinical and legal guarantee.信仰の概念は絶対保証が関与していた場合、その後、それがすべてでは信仰ではなく、むしろ臨床的および法的な保証である。


Noting that countless Christian Theologians and scholars have spent their entire lives in study to try to be able to grasp some comprehension of the Plan of God, it seems incredible that Members of some modern Churches feel free to announce even greater understanding!無数のキリスト教神学者や学者は神の計画のいくつかの理解度を把握することができるようにしようとする研究に一生を費やしていることに留意し、それはいくつかの近代的な教会のメンバーが一層理解を発表して自由に感じることが信じられないですね! And based on what?そして、何に基づいて? Massive personal study?大規模な個人的な研究? No. Based nearly entirely on what they learned at their own Church from a single Minister, and their reading of the Bible, flavored by the effects of that Minister's Sermons.いいえ、彼らはその大臣の説教の効果により風味シングル大臣は、聖書の彼らの読書から、自分の教会で学んだことをほぼ完全に基づいています。

This attitude of Arrogance of many modern Christians spills over into another related Sinful behavior, Self-Righteousness.多くの近代的なキリスト教徒の傲慢さのこのような態度は、別の関連罪深い振る舞い、独善に波及。 The Bible has a lot to say about that, too, including Deut.聖書申命を含め、あまりにも、そのことについて言いたいことがたくさんあり​​ます。 9:4; Job 9:20; 35:2; Proverbs 12:15; 16:12; 20:6; 21:2; 30:12; Jer 2:35; 2 Cor 10:12: Rev 3:17. 9時04分、 午前9時20分舐め、35:2、箴言12:15、16:12、午前20時06分、午前21時02分、30:12、エレミヤ午前2時35分、2コリント10:12:改訂3時17分。

It seems to be a tremendous incentive for such people to then "talk down" to anyone else who does not possess that perfection of absolutely total knowledge and understanding!そして、それは絶対にトータルな知識と理解のその完成度を有していない他の誰にも "ぎゃふんと言わせる"ために、そのような人々にとって非常に大きなインセンティブと思われる! I have seen many Christians talk in amazingly disgusting ways, often to other Christians (always from some other Church, which apparently Teaches badly!).私は多くのクリスチャンはしばしば、他のキリスト教徒(常に明らかにひどく教えるいくつかの他の教会から!)に、驚くほど嫌な方法で話を見てきました。 Dozens of Christians have even "talked down" like that to me, knowing that I am a Christian Pastor!キリスト教徒の数十も、私はキリスト教の牧師だということを知って、私にはそのような "ダウン話"している! It is almost as though they wished they could spit in my face but are limited to words in e-mails!それは、彼らが私の顔に唾を吐くことを希望するが、電子メール内の単語に限定されているほぼ同じにもかかわらずです! It is not that I deserve any special treatment, because I don't.それは私はしないので、私は、特別な治療を受けるに値することではありません。 But when some Christian starts lecturing me on a laundry list of many errors and flaws they attribute to me, (generally in a remarkably short period of knowing me!) the main thing I see is that they clearly completely missed an important part of what Christianity is supposed to be!しかし、いくつかのクリスチャンは多くのエラーと、彼らは私に属性欠陥の洗濯物のリスト、(一般的には、私を知っているの非常に短い期間で!)で講義私を開始したときに私が参照してください主なものは、彼らは明らかに完全に何かキリスト教の重要な部分を逃したということですことになっている! Jesus was Humble.イエスはハンブルだった。 He was Compassionate.彼は思いやりだった。 He was Considerate.彼は思いやりのある事だった。 He was Tolerant.彼は寛容だった。 He tried to Teach us such behaviors.彼は私たちにそのような行動を教えることを試みた。 He never went around saying "I am smart and you are not!"彼が言って回ったことがない "私はスマートですし、あなたはありません!" When a Christian starts to decide that he/she has the right to "lecture" anyone, he/she really better have really solid ground for anything they might say.クリスチャンは彼/彼女が "講義"誰にも権利を持っていることを決定するために開始したときに、彼/彼女は本当に良いと彼らは言うかもしれない何かのために本当にしっかりとしたグランドを持っています。 Specifically, the equivalent to a Degree in Theology, at least regarding the subject they choose to lecture about!具体的には、少なくとも彼らはについて講演することを選択したサブジェクトに関する神学の学位に相当する!

Such people seem to forget that they are intrinsically flawed, and imperfect.このような人々は、彼らが本質的に欠陥のある、不完全であることを忘れているようだ。 That is a basic assumption of our Christianity, that we are all affected by Original Sin and incapable of being anywhere close to "perfect".それは我々がすべての原罪と "完璧"にどこでも近いことができないの影響を受けている私たちのキリスト教の基本的な仮定である。 As soon as they start lecturing others, especially other Christians who attend other Churches, regarding their flaws (and their own perfection), they are forgetting that casting stones is not advisable as they also live in glass houses!できるだけ早く彼らの欠点を(そして、自分の完璧さ)に関する講義の他、他の教会に出席し、特に他のクリスチャンを、始めると、彼らはまた、ガラスの家に住むように石をキャストすることはお勧めできませんことを忘れている!

But the reality is that many Christians whose knowledge and understanding of Christianity virtually entirely came from some single Minister in their own Church, (and their own individual attempts at understanding the Bible, based on Sermons by that Minister) now commonly feel free, and even expected and encouraged, to lecture (and often also insult) nearly everyone else!しかし、現実には、現在一般的に気軽に、そしてさらにその知識と理解、キリスト教の多くのキリスト教徒は事実上、完全に独自の教会の一部のシングル大臣(およびその大臣の説教に基づいて聖書を理解するのが彼らの自身の個々の試み)から来たということである期待と励まされて、他の(そして多くの場合も侮辱)ほぼ全員が講義を! They see themselves as perfect experts!彼らは完璧な専門家として自分自身を参照してください!

That is a very misguided effort at fulfilling the Bible's guidance toward Witnessing (John 15:27; Acts 1:8, many more). Witnessing, as a humble Christian, is one thing, quite admirable, and even required. Lecturing as though one is an absolute and perfect expert, is something entirely different!それは目の当たりに向かって聖書の指導を充実で非常に見当違いの努力である。(ヨハネ15時27;行為1:8、より多くの)、かなり立派な一つのことであり、さらに必要な講義が1あるかのように、謙虚なクリスチャンとして、目撃絶対的な、完璧な専門家であり、まったく別のものです! Witnessing is a wonderful thing.目の当たりにしては素晴らしいものです。 Jesus would clearly want all Witnessing to demonstrate the Humility He tried to Teach us.イエスは明確にすべての彼は私たちを教えることを試みた謙虚さを実証するために目の当たりにするとよいでしょう。 He clearly would NOT condone any arrogant action of claiming superiority to those being lectured to!彼は明らかに講義をしているものに優位性を主張するのいずれかの傲慢な行動を容赦しないだろう! As soon as any Christian starts to "ANNOUNCE" the Truth, that person is unintentionally demonstrating an enormous gap in his/her Christianity.任意のクリスチャンは真実 "を発表"を開始するとすぐに、その人は無意識に彼/彼女のキリスト教の巨大なギャップを実証しています。 It should quickly be repaired before further attempts are made at Witnessing.さらなる試みが目の当たりに行われる前に、それはすぐに修復する必要があります。

I would point out that Jesus NEVER spoke or acted with the intention of making anyone else feel "small".私はイエスが話したんや他の誰が "小"を感じさせることを意図して行動しないことを指摘するだろう。 It seems to be a grand desire of many Christians today!それは、今日多くのクリスチャンの壮大な欲望と思われる!


The saddest part of this is that such people have absolutely no chance of seeing the point of these comments or ever improving that behavior!これの悲しい部分は、そのような人は絶対にこれらのコメントのポイントを見たり、今までその行動を改善のチャンスが全くないということです! Their belief in their own perfection of Faith is so great that even comments like these are seen as "ignorant people trying to criticize their perfection".信仰の独自の完成で彼らの信念は、これらのようにもコメントが "無知な人々が彼らの完璧さを批判しようとしている"と見られているように素晴らしいです。 They seem to have forgotten that we are all sin-prone and unavoidably flawed.彼らは我々がすべての罪を起こしやすいと不可避的に欠陥があることを忘れているように見える。 Yet, their own sense of self-perfection initiates a self-pride (also non-Christian) that they see as beyond any reproach.しかし、自己完成の独自の感覚は、彼らがどんな非の打ちどころがないと見自己のプライドを(また、非キリスト教)を開始します。 Only a single person could ever rightfully criticize them, their own Minister, but that is the same person who TAUGHT them those bad behaviors!唯一の一人は、これまで当然それらは、独自の大臣を批判することができますが、これは彼らにそれらの悪い行動を教えた同じ人です!

In fact, if anyone should even bring up any tiny criticism regarding any possibility of their non-perfection (such as a Minister from a different Church, such as me), their response seems to be virtually universal.誰でも自分の非完璧(そのような私のような異なる教会から大臣など)の可能性に関するいかなる小さな批判を持ち出す必要がある場合、実際には、彼らの反応は事実上普遍的であるように思われる。 The response is to entirely ignore the comments, and smile broadly (in their Pride), and then go into a personal attack on me, often telling me that Satan is leading me, because no Christian would ever criticize them!応答は完全にコメントを無視することであり、私に個人攻撃に進みます(彼らのプライドで)満面に笑みを浮かべる、そして、 全くキリスト教は今までそれらを批判しなくなるので 、多くの場合、サタンが私をリードしていることを私に告げる

It seems to me that for anyone to LEARN anything, a TEACHER is often beneficial.それは何かを学ぶために誰のために、教師はしばしば有益であるように私には思える。 As a Pastor, a main function of mine is to be a Teacher.牧師として、私の主な機能は、教師になることです。 It seems to me that my job description REQUIRES me to speak up!それは私の仕事の説明は私が声を上げる必要があるような私には思えます! My intention has never been to "criticize" such people, as I don't think it's my place to do so.私の意図は、私はそれがそうする私の場所だとは思わないように、このような人々を "批判"することはありませんでした。 Instead, I feel a responsibility, as a Christian and as a Pastor, to attempt to "plant a seed" regarding possibly improving one's Christian Walk.その代わりに、私は多分1のキリスト教ウォーク改善に関する "種を蒔く"を試みるために、クリスチャンとして、牧師として、責任を感じています。 But it appears that such people feel that they have ALREADY completed their Christian Walk, that they are already "perfect in their understanding of God's Plan and everything about it".しかし、それはそのような人々は、彼らがすでに彼らは "神の計画とそれについてのすべての彼らの理解に最適な"すでに彼らのキリスト教ウォーク、完了していることを感じることが表示されます。 They don't need no stinkin' seeds!彼らはstinkin 'の種子を必要としない! I do not claim to be the smartest person on Earth, but I still find it very sad that they see exactly zero value in my comments which are intended to try to be of benefit specifically for them.私は地球上で最も賢い人であると主張していないが、私はまだ彼らは彼らのために特に有益であるとしようとすることを意図している私のコメントの中で正確にゼロ値が表示されること、それは非常に悲しい見つける。


A relative, who is nearing the end of her life, recently ripped into me in this regard, with a viciousness that was quite impressive!彼女の人生の終わりに近づいている相対的には、最近、非常に印象的だった凶暴で、この点で私にリッピング! She happens to be one of those people who insist that they have the ABSOLUTE GUARANTEE, and that NO ONE could possibly criticize them or give any guidance to them, with the single exception of their own Minister in their own Church.彼女は、彼らが絶対的な保証を持っていることを主張するその一人であることを起こる、と誰もが、おそらくそれらを批判したり、自分の教会で自分の首相の唯一の例外で、それらに任意のガイダンスを与えることができること。 I had merely made what I thought were minimal diplomatic comments regarding her ensuring a wonderful future in Heaven, as she certainly spent a lifetime extremely devoted to the Lord.彼女は確かに非常に主に専念生涯を過ごしたように私は単に、私が彼女の天国で素晴らしい未来を確保に関する最小限の外交的コメントと思っていたものを作った。 However, I am not sure that Jesus will be Pleased with her enormous self-righteousness and conceit regarding what He tried to Teach us.しかし、私は、イエスが彼女の巨大な独善と彼は私たちを教えることを試みたものに関してうぬぼれに満足されることを確認していない。 Over an intended casual lunch at a restaurant, she was constantly TELLING me what my many flaws are and especially regarding religious subjects, where she made clear that she considered me to be absolutely ignorant (she did not use that word).レストランでは、意図したカジュアルな昼食をとりながら、彼女は常に何か私の多くの欠陥があり、特に彼女は(彼女はその言葉を使用していなかった)彼女は私が絶対に無知であると考えられていることを明らかにした宗教的な科目を、についての私に言っていた。

After a number of such tirades (all before any food was even ordered!), I finally said something, which was the gentlest possible approach to the matter of this text.そのようなtirades(すべて任意の食品であっても命じられた前!)の番号の後に、私はようやく、このテキストの問題に穏やか可能なアプローチであった何かを、語った。 Of course, I did not use any terms that were harsh, and I tried to be as diplomatic as a quiet Pastor can be!もちろん、私は過酷だった任意の用語を使用しなかった、と私は静かな牧師ができるほど外交的になろうとしました! Once she realized that I was trying to suggest CHANGES in her words, she said something that is really terrifying!彼女は私が彼女の言葉の変化を示唆しようとしていたことに気づいたら、彼女は本当に恐ろしいです何かを言った! She said "MY Salvation is guaranteed! YOU are the one who has a lot of doubt about getting to Heaven!"彼女は "私の救いが保証されています!天国に得ることについて疑問をたくさん持っている1アール!"と言った In just two sentences, she managed to demonstrate nearly everything that Jesus Taught against!ちょうど2つの文章の中で、彼女は、イエスが教えたことに対して、ほとんどすべてのものを実証することに成功! She was extremely arrogant in her claim, as well as denigrating and insulting to me!彼女は非常に彼女の主張で傲慢なだけでなく、中傷すると私に侮辱的だった! She implied that I was a truly ignorant and stupid Christian Pastor!彼女は私が本当に無知で愚かなキリスト教の牧師であったことを示唆! We had just met for lunch at a restaurant, and I told her that I was about to get up to leave.私達はちょうどレストランで昼食のために会っていた、と私は帰ろうと立ち上がるとしていたことを彼女に告げた。 And she had no clue why!そして、彼女は見当も理由がありませんでした! In her mind, she was just expressing "absolute facts"!彼女の心の中では、彼女はただ "絶対的事実"を表現しました!

Wow!ワウ! My understanding is that even people like Saint Augustine and Saint Thomas Aquinas and all the other famous Christian Fathers, still felt an uncertainty regarding their Salvation. That has always been my understanding, that you did your best at becoming the best Christian you can during your life, and then Jesus would evaluate how well you did! Yes, it is tempting to think that a Billy Graham or a Mother Teresa probably had a real good chance of getting into Heaven!私の理解では、聖アウグスティヌスと聖トマス·アクィナスとすべての他の有名なキリスト教の教父たちのような人でも、まだ自分の救いに関する不確実性を感じたということです。 常にあなたの中にあなたができる最善のクリスチャンになることであなたのベストを尽くした私の理解では、されたこと人生、次にイエスはあなたが何をしたかどうかを評価します!はい、それはビリーグラハムやマザーテレサはおそらく天国に入るの本当の良いチャンスがあったと思うのに誘惑して! But when a Christian simply says that she is GUARANTEED in, I tend to suspect that there is something wrong!しかし、キリスト教は、単に彼女がで保障されていることを言うとき、私は何かが間違っていると思われる傾向がある!

I had hoped to possibly simply plant a seed regarding her possibly doing some introspection regarding that issue, enhancing her Christianity.私はおそらく、単に彼女のキリスト教を高め、彼女はおそらくその問題に関するいくつかのイントロスペクションを行うことについて、種を蒔くことを望んでいた。 But the response was amazing and vicious, including references to Satan leading me!しかし、応答は私を導いてサタンへの参照を含む、素晴らしいと悪循環でした! And it was quite clear that she truly believes that she has no NEED for introspection!そしてそれは、彼女は本当に彼女が内省の必要性を全く持っていないと考えていることは明らかだった! She even tried to turn it around, in telling me that she was feeling sorry for me that I was so much under the influence of Satan!彼女も、彼女は私がサタンの影響下にそんなにあったことを私のために残念に感じていたことを私に言って、それを好転させることを試みた! Really amazing!本当に素晴らしい! It was a very, very sad experience.それは非常に、非常に悲しい経験だった。 I can only Pray that she figures this out before the day when she might have the opportunity to meet Jesus.私は彼女がイエスにお会いする機会があるかもしれないときに、彼女は前日にこれを解明していること祈ることができます。

I guess it must be quite convenient to ASSUME that you know absolutely every detail, combined with the easy response of always claiming that anyone who disagrees with them in the least is Satan leading you!私はいつも以上にそれらに同意しない、誰もがサタンはあなたをリードしていると主張するのは簡単レスポンスと相まって、それはあなたが細部絶対に知っていると仮定することは非常に便利でなければなりませんね! That takes care of every possibility, doesn't it?あらゆる可能性の面倒を見ること、それはしていません?

By the way, I am NOT claiming that I have any brilliance or advantage here!ちなみに、私はここで、任意の輝きや利点を有していると主張していないです! Not at all.全然。 I am merely a simple Pastor, whose function it is to be a Tool of the Holy Spirit.私は単にその機能それは聖霊のツールと​​なることです単純な牧師です。 In addition to my education in becoming a Pastor, the 16 years I have spent in assembling the BELIEVE web-site has provided me with a LOT of information to read!牧師になるための私の教育に加えて、私は組み立てに過ごしてきた16年間は、Webサイトが読み込みに多くの情報を提供してくれたと信じて! My understanding is that in my function as Pastor, I am supposed to attempt to spread seeds when I think that there might be a need.私の理解では、牧師としての私の関数の中で、私は、私は必要性があるかもしれないことを考えるとき、種子を広めるためにしようとするんだということです。 It does NOT mean I am always right, regarding when, how or even if!それはいつ、どのように、または場合でもに関しては、私は常に正しい午前ということではありません! I believe that He expects me to just do the best I am capable of!私は彼が私はちょうど私がすることが可能です最善を尽くすことを期待していると信じて!


The existence of this new web-essay has caused a significant amount of e-mail.この新しいウェブエッセイの存在が電子メールを大量に発生しています。 Many people indicate that they totally agree, and give me attaboys.多くの人々は、彼らが完全に同意することを示している、と私にattaboysを与える。 But several dozen e-mails have already come in from people who are specifically the people I was referring to above!しかし、数十は、電子メールはすでに具体的に私は、上記に言及していた人々である人々からでてきた! Their e-mails have provided me with an insight that I had never even imagined before!それらの電子メールには、私も前には想像もしなかったことを洞察力を提供してくれました! They generally say, yeah, yeah, about the arrogance stuff, but DON'T MESS with my beliefs or my absolute Salvation!彼らは一般的に傲慢なものについて、ええ、ええ、と言うが、私の信念や私の絶対的な救いを台無しにしないでください! They then, in several ways, make clear that they believe NOTHING could ever damage or cancel their Salvation.そして、彼らは、いくつかの方法で、彼らは何が今まで彼らの救いを損傷したり、相殺することができると考えていることを明らかにする。 The most impressive way they show that is that some of them use the foulest four letter words that they may know how to spell, in telling a Christian Pastor "where he can put it" (well, that one is a three letter word!) or about every other possible way they could think of to try to insult or degrade me!彼らが見せる最も印象的な方法は、そのうちのいくつかは、彼らが "彼はそれを置くことができる"キリスト教牧師(まあ、1が3文字の単語であること!)占いで、スペルする方法を知っているかもしれないことfoulest 4文字の単語を使用するということですまたは私を侮辱または劣化しようとすると、彼らは考えることができる他のすべての可能な方法について! (As it happens, THEIR opinion really does not matter to me, only the Lord's Opinion of me!) After I receive such vicious and foul-languaged e-mails from "Christians who have absolute guaranteed entry into Heaven and guaranteed Salvation", I tend to wonder in what part of the Bible did they find those words and those attitudes! (偶然にも、彼らの意見は本当に私の主の意見だけで、私には関係ない!)私は "天国への絶対的な保証されたエントリと保証された救いを持っているキリスト教徒"からこのような悪循環と悪臭languaged電子メールを受信した後、私聖書の一部は、彼らがそれらの単語とそれらの態度を見つけたもので疑問に思う傾向がある! But, from THEIR perspective, since they think that their ticket is absolute into Heaven, there really are NO RULES for how they need to think or talk or act!彼らはチケットが天に絶対だと思いますので、しかし、彼らの観点から、実際に彼らが考えたり話をしたり、行動する必要があります方法については規則がありません! I find that an astounding position for anyone who claims to be a Christian to have!私が持っているクリスチャンであることを主張する人のための、その驚異的な位置を見つける! No rules whatever!ルールはないものは何でも! If they decided to kill a few neighbors, not a problem, I guess, because they still think they have their Guarantee!彼らはいくつかの隣人ではなく、問題を殺すことに決めた場合、彼らはまだ彼らの保証を持っていると思うので、私は思います! They could simply attend Church the next Sunday and apologize to the Lord, and everything would again be PERFECT!彼らは単に、次日曜日教会に出席し、主に謝罪し、すべてが再び完璧になることができる!


Therefore, it seems necessary that I add some Teaching here!したがって、私はここにいくつかの教材を追加することが必要なのだ! YES, Jesus said "I am the Way" being the ONLY way that Christians can get to Heaven. YESの場合、イエスはキリスト教徒は天国へ行くことができる唯一の​​方法である "私は道です"と語った。 In the past couple hundred years, it has become popular to say that being Saved is immediately and irrevocably available to anyone if they are willing to say a single statement, resembling: "Hey, Jesus, I am willing to allow you to be my Savior."過去数百年の間に、それが保存されていると言うことは人気となっている彼らは、単一のステートメントを言うことを望んでいるならば、似た直後に、決定的に、誰でも利用可能である: "ねえ、イエス、私はあなたが私の救い主であることを許容して喜ん"

It is terrifying that many modern Churches Teach that THAT is the whole show!それは、多くの現代の教会はそれが全体のショーであることを教えることが恐ろしいです! Once you make that statement, your Salvation and your ticket to Heaven are absolute and guaranteed!一度あなたがその文を作る、天国へあなたの救いとあなたのチケットは絶対と保証されています! Wow!ワウ!

If that were so, we could really throw away nearly all of the Bible, and just keep the few pages that refer to that!それがそうであったなら、私たちは本当に、ほぼすべての聖書を捨て、そしてちょうどその参照してくださいいくつかのページを保つことができる!

That might be really convenient, but that is NOT what the Bible nor Christianity Teaches!これは本当に便利であるかもしれないが、それは聖書もキリスト教の教えではありません! First, that sentence is ONLY supposed to be valid IF the person is extremely Devout and fully understands what he/she is committing to.まず、その文章が唯一の人は非常に敬虔であり、完全に彼/彼女がにコミットしているか理解しているなら、有効であるために仮定される。 Second, it is only the "flashy" part of being a Christian, generally referred to as Justification, and soon followed by a public water Baptism.第二に、それはクリスチャンであることの唯一の "派手"の部分は、一般的に正当化と呼ばれ、すぐに公共の水の洗礼が続いています。

The critically important part that seems to often be left out today is that Justification is actually only a transition, into a state where Sanctification can occur.多くの場合、今日から取り残されているようだが非常に重要な部分は、正当な理由が聖化が発生する可能性がある状態にし、実際に唯一の遷移です。 This Sanctification is actually a far more significant part of what Christianity is supposed to be, a life-long PROCESS of continual learning and growth.この聖化は、実際にはキリスト教が、継続的な学習と成長の生命長いプロセスであることになっているもののはるかに重要な部分です。

We sometimes describe this as Justification being akin to your parents signing you up for school, while Sanctification is the 12 years you spent actually doing the learning.聖化は、あなたが実際に学習に費やされ12歳である間、我々は時々、正当な理由があなたの両親が学校のためにあなたにサインアップすることに似ているとして、これを説明しています。 Not a lot was really accomplished by them just signing you up, it really depended on YOU and whether you paid attention and learned, whether the entire process of "education" worked very well for you!しないロットが本当に彼らはあなたをサインアップすることによって達成された、それは本当にあなたに依存しており、あなたは "教育"の全体のプロセスはあなたのために非常にうまく機能したかどうか、注意を払って学んだかどうか!

Look at this another way.この別の方法を見てみましょう。 If YOU say a specific sentence, and therefore receive an absolute guaranteed Salvation and entry to Heaven, doesn't that sound extremely "legalistic".は、特定の文を言うので、天国への絶対的な保証された救いとエントリを受信した場合、その音は非常に "律法"はありません。 It would really be saying that the Lord would never again have any say in whether you are Saved or get to Heaven, no matter what you might ever do or say or think.それは本当に主は再び任意あなたは今まで何か、と言うかと思うかもしれないどんなに、あなたは救われているかどうかで言っていないか、天国へ行く必要がないだろうと言っているだろう。 Didn't He show a displeasure regarding the Jews being legalistic about applying the Old Testament Law?彼は、旧約聖書の法律の適用についての律法主義のユダヤ人であることについての不快感を示さなかった?

Now, I suppose it would really simplify things if all Christians really are absolutely guaranteed of Salvation and entry to Heaven.今、私はすべてのキリスト教徒は本当に絶対に救いと天国へのエントリの保証されている場合、それは本当に物事を単純化すると仮定します。 As a Pastor, my job would be far simpler, just having to get people to recite a sentence!牧師として、私の仕事は、単に人々の文を暗唱して取得すること、はるかに簡単になる! I have never thought of my job as that simple!私は単純に私の仕事を考えたことがない! The understanding of our Church is what we think was nearly the universal attitude prior to maybe 50 years ago.私たちの教会の理解は、我々は多分50年前のほぼ前に普遍的な態度だったと思うのです。 We study, get Saved, get Baptized, and constantly try to learn and grow from things we hear in Church.私たちは、勉強には保存され、洗礼を受けると、絶えず学び、私たちは教会で聞く事から成長しようとします。 Then, when our Earthly time is done, we show up at the Gates of Heaven.その後、私たちの地球の時間が終了したとき、私たちは天国の門に現れる。 Our understanding is that, AT THAT MOMENT, the "status of our heart" is evaluated by the Lord.我々の理解は、その瞬間に、 "私たちの心の状態が"主によって評価される、ということです。 IF the Lord is Pleased with that status, we feel that person is welcomed in. IF the Lord is not Pleased with that status, we believe that He sends that person to the other place.主はその状態に満足しているなら、私たちは、主がその状態に満足していない場合は、その人がログインし歓迎される感じ、私達は彼が他の場所にその人を送ると信じています。

It seems unimaginable to our small Church that there could be people in line with "guaranteed tickets" where they might as well just push everyone ahead out of their way "Step aside! Step aside! Guaranteed ticket here!".それは、彼らが同様に控えて外に向かう途中の皆を押すかもしれない "保証チケット"に沿って、人々があるかもしれないことを私たちの小さな教会への想像を絶するようだ "余談ステップ!さておきステップ!保証チケットがここに!" I guess it would be hoped that they don't knock Jesus down as they barge into Heaven!私はそれは彼らが天に割り込むように、彼らはイエスをノックダウンしないことが望まれるでしょうね!

Wow!ワウ! If THAT is the way the Lord runs Heaven, it sure doesn't sound like the Heaven I have always envisioned from the Bible!それは主が天を実行する方法であれば、それは確かに私はいつも聖書から思い描かれた天国のような音ではありません! Our Church sort of assumes that only people who behave and talk and think properly would get in (based on that status of the heart business).私たちの教会での並べ替えでは振る舞うと話し、正しく考えるだけの人々が(心のビジネスのそのステータスに基づいて)になるだろうと想定しています。 In any case, we really do NOT see any basis for ANYONE to brag about having a guaranteed Salvation or guaranteed entry to Heaven.いずれにせよ、我々は本当に保証救いや天国への保証されたエントリを持つ自慢するだれでものためにどんな根拠が表示されません。 It sure doesn't seem to be the Bible we use (King James).それは確かに私たちが使用する聖書(ジェームズ王)であるように思えません。

In fact, I personally wonder if people who carry such self-centered attitudes are EVER even allowed inside Heaven. そのような自己中心的態度を運ぶ人々が今までにあっても天内では許可されている場合、実際には、私は個人的に疑問に思う。 Would Jesus really want to be around people who thought and spoke so self-centeredly? イエスは本当に思ったので、自己centeredlyスポークの人々の周りになりたいでしょうか?


In any case, now that I realize that those Christians who believe they have absolutely guaranteed Salvation and entry to Heaven, can feel that they can act or say whatever they wish, I think I will not be as upset when they express their vocabulary of four-letter-words to and about me!いずれにせよ、今私は、彼らは絶対に天国への救いとエントリが保証されていると信じて、それらのキリスト教徒は、彼らが行動したり、彼らが望むものは何でも言うことができることを感じることができることを認識していること、私は、彼らは4つの語彙を表現するときに私がように動揺することはないと思う私には、約-LETTER-言葉! But it still makes me feel sorry for them, as I sort of wonder how the Lord would look on their treating of one of His workers when their hearts were evaluated.しかし、それはまだ彼らの心が評価されたとき、主はその彼の労働者のいずれかの治療にどのように見えるか不思議の私は一種として、私は彼らを気の毒に感じることができます。

But, if they are right, and there is no evaluation necessary, I guess they are right to be arrogant and self-righteous.彼らは右であり、全く評価が必要がない場合でも、私は、彼らは傲慢で独善的であることが正しいと思います。 And I suppose they also therefore know more than this Pastor does about what Christianity involves!そして私は、彼らはまた、したがって、この牧師はキリスト教が含まものについてよりも多くを知っていると仮定! However, I still intend to keep Teaching the Christianity that our Church believes the Bible presents, and TRYING to live a life which I think Jesus seemed to encourage, such as involving humility and compassion and tolerance and all the rest. We have not found any Scripture that talks about absolute guarantees.しかし、私はまだそのような謙虚さと思いやりと寛容とすべての残りの部分を含むものとして、私たちの教会は聖書のプレゼントを信じているキリスト教を教える、と私はイエスが奨励するように見えたと思う人生を生きるために努力を続けるつもりです。 我々は、いずれかを発見していない聖書絶対保証について語っている。


Since this essay seems to be causing trouble anyway, why not stir up a little more?このエッセ​​イはとにかくトラブルを引き起こしていると考えられるので、なぜもう少しをかき立てるませんか? Our Church has NO "official position" and no real attitude either for or against abortion.私たちの教会はNO "公式見解"と中絶のために賛成か反対かのどちらかは本当の態度を持っていません。 We certainly think that the rampant casual sex is inappropriate, and we aggressively try to Teach against that.我々は確かに蔓延して行きずりのセックスが不適切であることを考えると、我々は積極的にその反対を教えるようにしてください。 But we note that virtually EVERY Christian Church and countless millions of Christians are as violently against abortion as some e-mailers seem to be against me!しかし、我々はいくつかの電子メーラーは私に対してのように見えるように、ほぼすべてのキリスト教会とキリスト教徒の無数の何百万人が妊娠中絶反対など激しくあることに注意してください! Again, no opinion either way here.繰り返しになりますが、意見はありませんどちらにしてもここに。 But Protestant Churches all insist that we are Sola Scriptura , by the Bible alone .しかし、プロテスタント教会は、すべて一人で聖書によって、我々はscriptura solusの女性であることを主張している。 So when I hear my fellow Christians raving on and on against abortion, I sometimes quietly ask what Scripture they cite on which that is based.だから私は妊娠中絶に反対どんどんとわめく私の仲間のクリスチャンを聞いたとき、私は時々静かに彼らがそのベースとなっている引用何啓尋ねる。 None have ever mentioned any.どれも今までに何を述べていない。 There is certainly the Commandment against murdering (NOT "killing", by the way, which is quite different) and several later references to it.殺害(かなり異なっている方法で、 "殺し"ではない)、それにはいくつか後で参照に対する戒めは確かにある。 But I have never yet had any fellow Pastors or Ministers cite any clear Scripture on which their extremely strict position is allegedly based.しかし、私はまだ仲間の牧師や閣僚は、極めて厳格な立場を伝えられるところによると基礎となっている明確な聖書を引用していなかったことがない。 It is my suspicion that that subject is so emotion-laden that it may be a variation of the absoluteness discussed above, that some writer had expressed some personal opinion, or personal interpretation of some Scripture, and it has remained unchallenged and UNCHALLENGEABLE ever since.それは、その主題は、それがいくつかの作家は、いくつかの個人的な意見、またはいくつかの聖書の個人的な解釈を表明していた、それはそれ以来比類のないと議論の余地残ったことを、上述の絶対性の変化かもしれないので、感情を含んだあることが私の疑いです。

I would welcome finding that the Bible DID forbid abortions, but the Scriptures in our King James Bible do not seem to express but the most vague and indirect reference to the concept.私は聖書が禁じて中絶をしましたが、私たちの欽定訳聖書は、聖書では表現していないようだが、コンセプトに最も曖昧で、間接参照という所見歓迎するでしょう。 And even those indirect references seem only to be in the English translations and not in the Original Greek or Hebrew.したり、それらの間接的な参照が元のギリシャ語やヘブライ語の英語翻訳としないであると思われるだけ。

It might also be true that the correct interpretation of some Scripture might establish the valid basis for it.それはまた、いくつかの聖書の正しい解釈はそれのための有効な基礎を確立するかもしれないというのは本当かもしれない。 In any case, given the responses I have gotten from this essay, where Christians who believe they have absolute guarantees think they are allowed to do anything, I start to see how and why some would decide to bomb clinics and kill doctors and nurses.いずれにせよ、彼らは絶対的な保証があると信じているキリスト教徒は、彼らが何かを行うことができていると思う私はこのエッセ​​イから得ている回答、考えると、私はどのように、なぜ一部の診療所を爆撃し、医師や看護師を殺すことを決定すると見始める。 They actually think they are doing such things FOR CHRISTIAN REASONS!彼らは実際に彼らはクリスチャンな理由でそのようなことをやっていると思います! (and out of the other side of their mouth, they express vicious revulsion regarding Muslims who do the very same things!) They actually feel that their Salvation cannot be endangered! (内外彼らの口の反対側に、彼らは非常に同じことを行うイスラム教徒に関する悪質な嫌悪を表現!)彼らは実際に彼らの救いが危険にさらされることができないと感じている! I can only say, Wow!私はうわー、と言うことができます!

Again, our Church is aggressively against the casual sex that is everywhere in society today, and strongly against the casual attitudes that seem to exist regarding women getting abortions.繰り返しますが、私たちの教会は社会の隅々に今日あるカジュアルなセックスに対して積極的であり、強く、女性が中絶を取得に関して存在するように見えるカジュアルな態度に対して。 However, we cannot see that Jesus would have ever expressed any ABSOLUTE rule regarding such a subject.しかしながら、私たちは、イエスが今までそのような主題に関するすべての絶対ルールを表明していることを確認することはできません。 Read the Bible.聖書を読んでください。 Get a sense of Who Jesus was!イエスはだれだったの感覚をゲット! Didn't He ALWAYS show Personal and individual attention to each unique situation which He confronted?彼はいつも直面それぞれ固有の状況に個人や個々の注目を示さなかった? And then He chose a response that was amazingly insightful?そして、彼は驚くべき洞察力にあった応答を選んだ? So, imagine that the Bible might have mentioned some incident where Jesus met some young girl who had just been raped, by some criminal.ですから、聖書はイエスがほんの一部の犯罪者で、レイプされた一部の若い女の子に会ったいくつかの事件に言及したかもしれないことを想像してください。 Jesus would certainly have asked her to sit down and describe to Him the situation, and He would not have interrupted her.イエスは確かに腰を下ろすと、彼に状況を説明するために彼女に尋ねただろう、と彼は彼女を中断しなかっただろう。 And once she was done describing what had happened, Jesus would have offered His amazing insight.そして、一度、彼女は何が起こったか記述行われていた、イエスは、彼の驚く​​べき洞察力を提供してきたと思います。 If He sensed that the girl was suicidal, would He have really ordered her to have and raise that baby?彼は少女が自殺したことを感知した場合、彼は本当に彼女がその赤ちゃんを持って引き上げるよう命じたでしょうか? Such that for nine months, AND for the rest of her life, she would have the most vivid possible reminder of being raped? 9ヶ月間、彼女の人生の残りのために、彼女がレイプされて、ほとんどの鮮やか可能リマインダーを持っているだろうとこのような? Doesn't it seem at least POSSIBLE that Jesus might have concluded that such a life for her would be totally worthless?それは、イエスが彼女のためにそのような人生は全く役に立たないだろうと結論づけている可能性は、少なくともいないようですか? That even if she would somehow avoid committing suicide, she would not likely ever have her remaining life amount to anything?彼女は何とか自殺を避けるだろう場合であっても、彼女はおそらく今までに何かに彼女の残りの人生の量を持っていないだろう? Would Jesus really force her to have a clearly worthless and empty life?イエスは本当に彼女は明らかに価値がないと空の命を持つように強制でしょうか? I am not sure.私はわからない。 In other words, even though we know that Jesus would not be enthusiastic regarding that raped girl having an abortion, we think that MAYBE He might Decide that she could be so much more productive in her future life if He suggested that course to her?言い換えれば、私たちはイエスが中絶を持っているレイプさ女の子に関して熱心でないことを知っているにもかかわらず、我々は、多分彼は彼が彼女にそのコースを提案した場合、彼女は以前よりもずっと生産的な彼女の将来の生活の中でかもしれないことを決定したと思われる? In terms that might be more understandable to the right-to-life proponents, would Jesus see that there would be NO chance that this girl would ever have any happiness, or marriage, or future children?右から人生の支持者に、より分かりやすいかもしれない点では、イエスはこの少女がどんな幸福、または結婚、または将来の子供を持っていることはチャンスはないだろうことがわかりますでしょうか? What decision would Jesus have made if He knew that she had the potential of raising four healthy and happy babies later in life OR in never raising any other children other than the one that would always represent pain and suffering to her?彼は、彼女が生活の中で、または常に痛みを表しており、彼女に苦しんであろう1以外の他の人の子供を育てたことがないの後半の4人の健康と幸せな赤ちゃんを上げる可能性を持っていたことを知っていた場合はどうすればよい決定がイエスがなされたでしょうか? I cannot answer that question, as I am not Jesus.私はイエスではないですので、私は、その質問に答えることはできません。 I merely note that He MIGHT have considered such things.私は単に彼がそのようなことを検討しているかもしれないことに注意。 But the modern view is ALWAYS simply for the short-term implications regarding whether a tiny fetus actually represents a human yet or not.しかし、現代のビューは単に小さな胎児が実際にはまだないか、人間を表しているかどうかについては、短期的な影響のために常にである。 Doesn't it seem at least POSSIBLE that Jesus might evaluate a "bigger picture" including the girl's entire future life, where He might have seen some "best of many undesirable courses?"それは、イエスが彼はいくつか見たことがあるかもしれません女の子の全体の将来の生活など、 "大きい絵"と評価される可能性があること少なくとも可能思えない "多くの望ましくないコースの最高のですか?"

It actually seems somewhat surprising that the right-to-life advocates do not find flaw in the fact that each month, an unfertilized egg is lost (wasted) from each woman!これは、実際には右からの人生の支持者は、毎月、未受精卵は、各女性から(無駄)が失われているという事実に欠陥を見つけていないことをやや意外だ! Isn't that egg essentially 99% of the start of a fetus?その卵は、本質的に胎児の開始の99%はありませんか? What is the difference?違いは何ですか?

It seems to me that many Christians might have supported a possibly wrong viewpoint in a related situation several years ago.それは、多くのキリスト教徒は数年前に関連する状況で、おそらく間違った観点を支えてきたかもしれないと私には思える。 There had been a (young) woman in Florida who had been in a serious traffic accident around 1990 (Terry Shaivo), whom medical doctors had needed to attach to a lot of equipment to maintain heartbeat and breathing.心拍や呼吸を維持するために、多くの機器に接続するために医師が必要としていた1990(テリーShaiv​​o)、周りに重大な交通事故にあったフロリダ州の(若い)女性があった。 The doctors had all agreed that her brain had been so damaged as to functionally be dead from the start.医師は全ての機能スタートから死んだことに、彼女の脳が損傷していたそうであると合意した。 After FIFTEEN YEARS on that equipment, some of her family had decided that it was time to disconnect that equipment, as she had shown no improvement and no indication of awareness during those 15 years.その機器上で15年働いた後、彼女の家族の一部は、彼女はそれらの15年の間に何の改善と意識の兆候は示さなかったとして、それが、その機器を切断するための時間だったことを決定していた。 Millions of American Christians became violently opposed to that, even including the American Congress (which passed a Law specifically about her situation) and President Bush (who even made a special trip from Texas to Washington, DC, just to sign it).アメリカのキリスト教徒の数百万人も(たとえそれに署名するためにテキサスからワシントンD.C.への特別な旅をした人)は、アメリカの連邦議会(彼女の状況について具体的に法を成立させたもの)とブッシュ大統領を含めて、激しくそれに反対しました。

The Christians who so aggressively support right-to-life may or may not be right about many things, I do not know.ので、積極的に右からの生活をサポートするクリスチャンはまたは多くのものについての権利であってもなくてもよい、私は知らない。 But in this one, it seems to me that they may have been extremely wrong! IMHO, as a Christian, the young lady SHOULD have had the opportunity to be WITH JESUS as early as 1990. But the right-to-life advocates would have forced her to NOT be able to be in Heaven with the Lord for another thirty or forty years.しかし、この1つで、それはクリスチャンとして、若い女性は、1990年には早くもイエスと一緒になる機会があったはず、私見 !彼らは非常に間違っていたかもしれないと私には思えるのですが、右から生命の擁護者だろう彼女は別の30または40年間の主と共に天国にすることができなくすることを余儀なく。 Doesn't that seem that they were actively DENYING her the most valuable of all things? I am not saying that their GENERAL attitude is wrong, but just that SOMETIMES it might be short-sighted. ことは、彼らが積極的にすべてのものの中で最も貴重な彼女を否定したことを思えませんか私は時々それは近視眼的であるかもしれないことをちょうど彼らの一般的な態度は間違っていると言っているが、していない。 There are merits in some aspects of some things they say.彼らが言うにはいくつかのいくつかの側面でメリットがあります。 But the Bible did not provide many of the vicious ideas they seem to often promote, and those ideas were clearly just dreamed up by HUMANS who had their own personal opinions.しかし、聖書は、彼らが頻繁に促進するように見える悪質なアイデアの多くを提供しなかったし、それらのアイデアが明確にちょうど彼らの自身の個人的な意見を持っていた人間が思いついた。 The fact that they became so fanatical about this one woman's heartbeat continuing seemed to be a clear example (to me, at least!) that they had entirely lost sight of the POINT of what they were trying to argue for! Since medical science keeps improving, and the woman was so young to start with, it does seem impossible that medical science might have been able to keep her heart beating for a thousand years!彼らはこの一人の女性のハートビートが継続についてとても熱狂的になったという事実は、 彼らが完全に彼らが主張しようとしていた何のポイントを見失っていた明確な例(私には、少なくとも!)ように見えた医学が向上保持するのでと、女性が始めるのがとても若い頃、それは医学は数千年のための彼女の心臓の鼓動を維持することができたかもしれないことを不可能だと思わない! And right-to-life advocates would certainly have bragged that they had accomplished that for her. But I truly suspect that IF they had been able to ask the young woman's opinion, she would certainly have told them "Let me go so I can be with the Lord!"と右から生活擁護派は、確かに彼らは彼女のためにあることを成し遂げたことを自慢していただろう。 しかし、私は本当に彼らが若い女性の意見を聞くことができていたならば、彼女は確かに"私のように行ってみよう、私がすることができ、それらを言っただろうことを疑う主と! "

Again, nothing wrong with right-to-life, but people need to realize that WE are merely humans and that we sometimes become illogical or fanatical about subjects that we feel emotionally about, and that there probably are exceptions to every rule. Many modern (American) Christians seem to assume that ABSOLUTE rules must apply to many subjects, where there can be no exceptions allowed ever.再び右から生命と間違って、何もありませんが、人々は、我々は単なる人間であることを、私たちは時々我々は感情的に約感じること、そしておそらくどんな規則にも例外があることを主題に関する非論理的または狂信的になることを認識する必要があります多くは、現代の(アメリカの)キリスト教徒は絶対的なルールは、これまで許可されても例外はありえない多くの被験者に適用しなければならないことを前提としているようだ。 If Jesus were here today, He would certainly describe that as Legalistic, which He was very much against when trying to apply God's Laws. It is as though we have not really learned very much in 2,000 years! イエス様は、今日ここにあった場合、彼は確かに彼は神の律法を適用しようとするときに反対非常にあった、それは律法として記述する。それは我々が本当に2000年で非常に多くを学んだしていないかのようです!

I can already see that additional thousands of people will be irate at me regarding this, and will be adding to my hate-mail from this essay!私はすでに人々の付加的な何千人もこの件に関して私に怒っているであろうし、このエッセ​​イから私の憎しみメールに追加されることを見ることができます! It always distresses me that (alleged) Christians send me death threats, (many hundreds of them so far). (疑惑)クリスチャンが私に死の脅迫、(それらの多くは、これまで数百人)を送っていること、それは常に私をdistresses。 Didn't they learn ANYTHING in Church?彼らは教会で何かを学ぶことがなかった? Rather than ranting or citing supposed references to Scriptures, I would ask that the ACTUAL WORDING of the Bible be included in such attacks on me, from either the NIV or the KJAV.むしろ聖書になって参照をわめき散らすか、引用ではなく、私は聖書の実際の文言が記されてありますまたはKJAVのいずれかから、私にはそのような攻撃に含まれることをお願いいたします。 If you then want to rip into me, do it on the basis of THOSE WORDS from the Bible and not from some rhetoric that some Christian writer or speaker has said.あなたは、私にリッピングしたい場合は、聖書からではなく、いくつかのキリスト教作家やスピーカーが言ったことをいくつかのレトリックからそれらの単語に基づいてそれを行う。


OK. [OK]をクリックします。 This is only a distantly related issue to Arrogance, but I feel that I need to add another subject here.これだけ傲慢に遠縁の問題ですが、私はここで別の話題を追加する必要があると感じています。 It is essentially the common Christian attitudes toward science.それは本質的に科学への一般的なキリスト教の態度である。

It is really disappointing, but virtually all Christians seem to have absolutely no clue regarding what actual science is!それは本当に残念ですが、事実上すべてのキリスト教徒は、絶対に実際の科学とは何かについて、見当がつかないように見える! Of course, they all THINK they do, and therefore they feel free to express pretty much unlimited OPINIONS.もちろん、彼らはすべて彼らがないと思うので、彼らはかなり無限の意見を表明する自由を感じる。 They are actually probably MORE capable of expressing their personal opinions regarding different procedures of brain surgery, but they do not seem interested in trying to convince anyone of their view in that field!おそらく彼らは、実際に脳の手術の様々な手続きに関する彼らの個人的な意見を表明することを多くの機能を持っていますが、彼らはその分野で自分のビューの誰かを説得しようとしてに興味を持っていないようです!

There is a MASSIVE difference between what most Christians think is science and what really is science.ほとんどのキリスト教徒は科学と本当に科学があると思われるものとの間で大きな差があります。 It might be seen easiest by an example.それは例によって最も簡単に見られるかもしれません。

A Christian FIRST decides on some statement he wants to claim as true. Then he SELECTIVELY looks for and finds data and logic which appear to support whatever it is that he intends to "prove"! キリスト教の最初は、彼が真として主張したいいくつかのステートメントを決定する。それから彼は選択を探し、それが彼が"証明"しようとしていることは何でもサポートするために表示されるデータとロジックを発見! Christians do not even seem to be aware that DIFFERENT Christians often claim exact opposite positions, and base all their claims on the Bible!キリスト教徒が異なっても、キリスト教徒はしばしば正反対の立場を主張することを認識するようで、聖書のすべての彼らの主張の基礎としないでください! Around 1840, nearly all major American Churches split in half, because some insisted that they had proven that the Bible is against slavery, and others insisted that they had proven that the Bible is for slavery. 1840年頃に、いくつかは、彼らが聖書は奴隷制度に反対であることが証明されたと主張しているため、ほぼすべての主要なアメリカの教会は、半分に分割され、他の人は、彼らが聖書が奴隷のためのものであることが証明されたと主張した。 Several of those giant Churches existed as two identical Churches for over 100 years, only joining back together fairly recently. The point here is that the two groups each STARTED OFF with the conclusion they intended to prove, and clearly, both groups felt that their side had found words in the Bible that convincingly proved their case. Could BOTH SIDES have been right?唯一のかなり最近戻って一緒に参加し、100年以上のまったく同じ2つの教会として存在していたそれらの巨大な教会のいくつか。 ここでのポイントは、2つのグループはそれぞれ、彼らが証明するために意図した結論で始まった、と明らかに、両方のグループが、その彼らの側に感じていることです説得力の彼らのケースを証明聖書の中の単語を発見した。双方は右だったかもしれない?

Regarding virtually every social issue today, there are Christian groups which cite Biblical Scripture to allegedly prove both sides of the argument!今日事実上すべての社会的な問題については、伝えられるところでは議論の両側を証明するために聖書の経典を引用してキリスト教のグループがあります!

The problem is centered on the fact that it is DECIDED what the results will be before they even start, and in that way, the various claims by alleged Christian scientists ALWAYS turn out to be true! 問題は、それが、彼 ​​らも開始する前に、結果がどのようになるかを決定し、そのように、疑惑のクリスチャンの科学者による様々な請求は常に真であることが判明しているという事実に集中して!

REAL science is incredibly different from that!本物の科学はそれから信じられないほど違います! True, a researcher usually begins with a hypothesis. However, the reality is that MOST scientific experiments have the result of proving that the hypothesis was WRONG! It is relatively rare when experiments directly prove an initial hypothesis to be correct!確かに、研究者は通常仮説から始まりますしかし、現実には、ほとんどの科学的な実験は仮説が間違っていたことを証明した結果を持っていることです!実験が直接正しいことが当初の仮説を証明するとき、それは比較的まれである!

However, in science, that is NOT seen as a bad thing!しかし、科学では、それは悪いこととして認識されません! Such failures of experiments simply acts to eliminate one possibility regarding finding an answer to the problem at hand.実験のような失敗は、単に当面の問題への答えを見つけることに関しては、一つの可能​​性を排除するように働く。 The scientific attitude is to do enough failed experiments until you eventually narrow it all down enough to achieve a successful experiment. It is well publicized that Thomas Edison spent years attempting thousands of different ideas regarding a light bulb, all of which failed! But THAT was actually a good thing!科学的な態度はあなたが最終的に成功した実験を達成するためにすべてのダウンそれを十分に狭くなるまで十分に失敗した実験を行うことです。 これはよくトーマス·エジソンが電球に関するさまざまなアイデアの数千を試みる年を過ごしたことが公表され、そのすべてが失敗しましたが、それはあった実際に良いこと! Each failure told Edison that some possibilities were not useful, and each failure narrowed down the remaining number of possibilities.各障害にはいくつかの可能性は有用ではなかったことエジソンと言い、それぞれの障害は、可能性の残りの数を絞り込んだ。 Eventually, Edison came upon one approach that actually worked, and we now have billions of light bulbs!最終的には、エジソンが実際に働いた1アプローチに来て、我々は今、電球の数十億を持っている!

The great difference was that Edison NEVER knew how an experiment would turn out. I have done a large number of rigidly scientific experiments during my life, and a lot of them turned out to prove my initial thoughts to have been wrong. So the difference is that actual science DOES NOT absolutely insist on what the results would turn out to be, but it also involves the scientists always examining ALL data and all logic, and not just the parts which might seem to support what he might have hoped for .大きな違いは、エジソンが実験が判明する方法を知らなかったということでした。 私は私の生命の間に厳格な科学実験を多数行っており、それらの多くは私の最初の考えは間違っていると証明することが判明した。だから差があるその実際の科学は絶対に結果があることが判明するであろう何を主張ませんが、 それはまた、科学者は、常にすべてのデータとすべてのロジックを調べ、彼が望んでいるかもしれないものサポートするように見えるかもしれない部品だけではなく、が含まれます


Christians never seem to understand this distinction!キリスト教徒はこの区別を理解するように見えることはありません! They see claims made by some people who call themselves Christian scientists regarding the Earth being formed 6,000 years ago, and think that such claims are as valid as the claims of actual science.彼らは地球に関するクリスチャンの科学者が6000年前に形成されている自分自身を呼び出して、そのようなクレームは、実際の科学の主張と同様に有効であることを考えるいくつかの人々によって作られた特許請求の範囲を参照してください。 They are not, usually because of that selective use of data and logic, in proving a specific expectation.彼らは、特定の期待を証明することに、通常のため、データとロジックの選択的使用のために、ではありません。

Christians generally assume that the true scientists simply cannot handle the competition, and they don't see any difference in quality of the claims made by Christian scientists and by actual scientists.キリスト教徒は、一般的に真の科学者は、単に競争を扱うことができないことを前提として、そして、彼らはキリスト教の科学者によって、実際の科学者によるクレームの質の違いが表示されません。 In contrast, the actual scientists see the difference to be HUGE!これとは対照的に、実際の科学者たちは差が巨大に参照してください! Bigger than huge!巨大より大きい! Because the logical sloppiness is usually really obvious in such efforts by those Christian scientists, the true scientists do not even bother to pay attention.論理的なだらしなさは、通常、それらのクリスチャンの科学者によるそのような努力には本当に明白であるため、真の科学者はさえ注意を払うことを気にしないでください。 I find it rather amusing that Christians seem to think that scientists HATE Christianity.私は、キリスト教徒が科学者がキリスト教を憎むことを考えるように見えること、それはむしろ面白い見つける。 I have never known any scientist who has had such strong emotions for Christianity or any other religion, because instead, they simply consider religions to be illogical, and therefore irrelevant.代わりに、彼らは単に宗教が非論理的であると考えるので、無関係ので、私は、キリスト教や他の宗教のためのそのような強い感情を持っている任意の科学者を知らなかった。 Since serious scientists do not have any respect for the poor methods used by those Christian scientists, they simply ignore Christians and Christianity, NOT having any hatred or ANY strong feelings!重大な科学者がそれらのクリスチャン科学者によって使用される貧困層のメソッドのいずれかの敬意を持っていないので、彼らは単に任意の憎悪またはANY強い気持ちを持っていない、キリスト教徒とキリスト教を無視する!

The most publicized subject, of course is regarding Creation and Natural Selection (which is popularly called evolution).もちろん、ほとんどの公表対象は、創造と自然淘汰(俗進化と呼ばれます)についてです。 In an interesting process of working both sides of the street, Christians commonly seem to think that it is not actually necessary to understand such subjects, but are quickly willing to express intense opinions on all the things that they think are wrong with science!通りの両側の作業の興味深い過程では、キリスト教徒は、一般的に、それが実際にそのような科目を理解する必要はないと思われるように見えるが、すぐに彼らは科学と間違っていると思われるすべてのものに強烈な意見を表明して喜んでである! How can ANYONE rightfully express severe criticism about any subject that he intentionally has avoided ever learning about? IF such a Christian critic would actually ever learn enough about true science to understand what it is, THEN they would be in an excellent position to express criticism.どのように誰もが当然彼は意図的に今までについての学習を避けてきたことを、任意の主題について厳しい批判を表現することができますか? そのようなキリスト教の評論家が実際に今までにそれが何であるかを理解することが真の科学について十分に学ぶことだとしたら、彼らは批判を表明する絶好の位置になります。 But none ever do that. It is most peculiar. どれも今までにそれを行いません。それは、最も独特のものです。 They insist on not knowing or learning about such an important subject, but still aggressively announce that they are right!彼らは知っているか、またはそのような重要な課題についての学習ではないことを主張しますが、それでも積極的に彼らは正しいことを発表! (the Arrogance part!) (傲慢の一部!)

Many Christians have the most bizarre ideas of what evolution is!多くのクリスチャンは何であるか進化の最も奇妙なアイデアを持っている! Whether they personally dreamed it up or whether it was their Minister that dreamed it up, many are really, really funny in being so poorly thought out!彼らは個人的にそれを思いついたり、それを思いついた彼らの大臣であったかどうか、多くの人が、本当にそう不完全に考え抜かれている中で、本当に面白いです!かどうか Most seem to be in either of two categories.ほとんどの2つのカテゴリのいずれかであると思われる。 One is where a LIVING creature somehow changed spectacularly into becoming some totally different creature.一つは、生き物は何とかいくつかの全く違う生き物になることに見事に変更する場所です。 The other is where a creature such as a dog has a litter and they turn out to be goats or cats or chickens.そのような犬の​​ようにクリーチャーがゴミを持っており、彼らはヤギや猫や鶏であることが判明する他の場所です。 People have seen far too many science fiction movies!人々はあまりにも多くのSF映画を見てきました!

Such bizarre ideas have been found my some Ministry to be great at creating intense emotions and hatred in uneducated Christians.このような奇妙なアイデアは、私のいくつかの省が無学のキリスト教徒の激しい感情や憎悪を生み出すことを偉大であることが判明している。 So it has been a very popular subject to rant on.だから、上に暴言を吐くことには非常に人気のある主題となっている。 Without the Minister ever learning anything upon to base solid opinions, and since the Bible never actually mentions any of that, each Minister is free to use his own imagination to dream up any outrageous statements to insert into a Sermon!大臣せず、これまで固体の意見をベースにする時に何かを学習し、聖書が実際にのいずれかを言及したことがないので、各大臣は説教に挿入するために、任意の法外な文を思いつくために彼自身の想像力を自由に使用できます! Truth or honesty or accuracy is irrelevant!真実や誠実さや正確さは無関係です!

ACTUAL Natural Selection is so slow that it is extremely hard to even detect in many species.実際の自然選択は、それがさらに多くの種で検出することは非常に困難であるように遅いです。 But YOU are likely to be taller than your grandparents and great-grandparents.しかし、あなたはあなたの祖父母や曽祖父母より背が高いと思われる。 Good food is part of the reason, but the result is that you might be one inch taller than three generations ago.良い食べ物は理由の一部ですが、結果は3世代前よりも1インチ背が高いかもしれないということである。 Imagine that good food continues to be available for the NEXT 100 generations of your descendants.おいしい料理をあなたの子孫の次の100世代のために利用できるように続けていることを想像してみてください。 If such a height effect would continue, then those people of 2,000 years from now might be around 33 inches taller than we are!このような高さの効果が継続する場合は、今から2000年のそれらの人々は私たちより約33インチ背が高いかもしれません! Note that we hardly even notice that we are much different than our parents or grandparents, but if even very small effects kept repeating for a long time, big changes can occur.我々はほとんどさえ我々は両親や祖父母よりもはるかに異なっていることがわかりませんが、それでも非常に小さな効果が長時間繰り返していた場合は、大きな変更が発生する可能性があることに注意してください。

THAT is the sort of thing that is ACTUALLY what Natural Selection is.それが自然選択とは何か、実際にあるもののようなものです。 Each generation might be a tiny bit different in some way from its parents, and they always are, but if those minor differences occurred for many generations, then really large changes can eventually be seen.各世代は親から何らかの方法でほんの少し異なるかもしれません、そして、彼らは常にありますが、これらの小さな違いは、多くの世代のために発生した場合は、本当に大きな変化が最終的に見ることができます。

Did you know that there were only a handful of breeds of dogs just 500 years ago?あなたは、犬の品種のほんの一握りがちょうど500年前にあったことを知っていましたか? But breeders have intentionally given preference (of survival) of certain puppies, and we now have over 400 official breeds of dogs, after only around a hundred generations of dogs.しかし、犬の唯一の約百世代後に、ブリーダーは特定の子犬の意図的に与えられた優先順位を(生存の)持っている、と我々は今、犬の400以上の公式の品種を持っている。 No one calls that Evolution, but it really is the same exact thing, but in that case, there have been artificially chosen advantages and disadvantages.誰もその進化を呼び出していませんが、それは本当に、まったく同じものですが、その場合には、人為的に選ばれたメリットとデメリットがありました。 Not all changes are GOOD ones, even when they are artificially generated!すべての変更は、それらが人工的に生成された場合であっても、良いものではありません! A small dog which recently won Top Best in the All-England Dog Show, is so deformed due to such artificial changes, where its face is extremely flat, cannot breathe properly!最近オールイングランドドッグショーでトップを獲得したベスト小型犬がいるので、その顔は非常に平坦であり、まともに息ができない、そのような人工的な変化により変形している! AFTER winning, that dog had to be placed on a block of ice, to cool it down and slow down the needed amount of oxygen, just so it could survive!優勝した後、その犬はそれをクールダウンし、それが生き残ることができるだけので、酸素の必要量を遅くするため、氷のブロックの上に置かなければなりませんでした! That happens in Nature, too, and a lot!それはあまりにも、自然の中で行われ、たくさん! Many young birds and dogs and every other kind of animal does not even survive to become an adult.多くの若い鳥や犬や動物の他のすべての種類があっても大人になるために生き残ることはありません。 THAT is actually what Natural Selection is, where an animal that has an inferior trait never gets to get old enough to produce a next generation.劣った形質を持っている動物は次の世代を生み出すのに十分な古い取得する取得することはありませんどこにそれが、自然選択とは何かを実際にです。 The ones who DO are thereby Naturally Selected! DOのものは、それによって当然選択されます!

Even Christians do not believe that a Cocker Spaniel can change into a cat!でも、クリスチャンはコッカースパニエルが猫に変わることができると信じていません! Or that a Chihuahua could have a litter of puppies that included a Great Dane!またはチワワはグレートデーンが含まれていた子犬のくずを持っていること! The field of Animal Husbandry involves rather minimal changes from one generation to the next.畜産の分野では、ある世代から次の世代へという最小限の変更を伴います。 A breeder sees one puppy that does not have a black spot, and decides that is desirable, and selects that puppy out to later mate with another one that does not have that black spot.ブリーダーは、黒点を持っていない1子犬を見て、望ましいと判断し、その黒点を持っていない別のものと後で仲間にその子犬を選択する。 Eventually, after a few generations of dogs, he MIGHT get a whole population of dogs without that black spot. THAT is what Evolution is , but in this case it is driven by artificial choices.結局、犬の数世代後に、彼はその黒点なしで犬の全人口を得るかもしれない。 その進化とは何かということですが、この場合、それは人工的な選択肢によって駆動されます。 Natural Selection is essentially the same, where a white or lighter colored baby might blend in better in a snow-covered area, and therefore not be seen as easily by predators.自然選択は、白または明るい色の赤ちゃんが雪に覆われた地域でより良いに溶け込む可能性がある場合、本質的に同じであるため、捕食者として容易に見ることができない。 A SLIGHT survival advantage might help that particular creature to survive to grow up and have babies.わずかな生存率の優位性が育つと赤ちゃんを持って生き残るためにその特定の生き物を助けるかもしれない。 A baby in that snow-covered region that happened to be born with all black fur, MIGHT still survive, but the ODDS are not good!すべての黒の毛皮を持って生まれることが起こったこと、雪に覆われた地域での赤ちゃん、まだ生き残るかもしれませんが、オッズは良いものではありません! And if the black-furred creature is eaten before it gets old enough to have its own babies, then any preference regarding black-fur might disappear.それはそれ自身の赤ちゃんを持っているのに十分な年齢になる前に黒い毛皮を持つ動物が食べられているならば、その黒い毛皮に関するあらゆる好みは消える場合があります。 The result of thousands and millions of generations of creatures in polar regions has tended to result in nearly all (surviving) animals having white fur.極域の生物の世代の何千、何百万人の結果は白い毛皮を持つほぼすべての(存続)動物になる傾向がありました。 It ain't that complicated!それは複雑ではありません!

For the record, penguins in Antarctica generally are NOT all white, they have large black areas of fur!記録のために、南極のペンギンは、一般的にすべての白ではありませんが、彼らは毛皮の大きな黒い部分を持っている! The scientific explanation for this is pretty simple.このための科学的な説明は非常に単純です。 There are no large predators in Antarctica!南極に大きな捕食者はありません! Whether a specific penguin is bright orange would not necessarily endanger its survival there.特定のペンギンは明るいオレンジが必ずしもそこにその生存を危うくしないであろうかどうかを指定します。 Anywhere else, such a penguin might have very little chance of ever surviving long enougn to grow up.どこにも、そのようなペンギンはこれまで育つのに長いenougnを生き延びたごくわずかなチャンスがあるかもしれません。

In any case, it will some day require some Christians to dismiss their sense of perfection and arrogance before actual scientists would even be willing to listen to them. I personally believe that BOTH groups will greatly benefit when such conversations become possible. I don't see it happening any time soon, because the people who call themselves Christian scientists are too arrogant about themselves, the methods and their results, for them to give any of that up any time soon.いずれにせよ、それはいつの日か実際の科学者があってもそれらに耳を傾けることをいとわないする前にいくつかのクリスチャンは完璧さと傲慢さの感覚を却下する必要があります。 私は個人的にはそのような会話が可能になったときに、両方のグループが大いに利益になると信じています 、私はしないでください自身キリスト教科学呼び出す人々がそれらをいつでもすぐにそれまでのいずれかを与えるために、方法とその結果、自分自身についてあまりに傲慢なので、それは、いつでもすぐに起きてください。

But that particular subject area seems to have a really interesting detail that no one seems to have noticed!しかし、それは特定のサブジェクト·エリアは、誰も気づいていないように見えることは本当に興味深いディテールを持っているようだ! The Bible certainly identifies Adam as UNIQUE (Genesis 1:26).聖書は確かにユニーク(創世記1時26分)としてアダムを識別します。 The ENGLISH TRANSLATION(s) all refer to a PHYSICAL resemblance of Adam to God.英訳(s)はすべて神にアダムの物理的な類似性を参照してください。 But a careful examination of the Original Ancient Hebrew words shows that those words really did NOT actually refer to any PHYSICAL resemblance at all! We believe that the actual Hebrew words of Genesis 1:26 were referring to the fact that God Chose to take an EXISTING creature of His, and ADD A SOUL to him/it, to create an entirely new and unique being, Adam. In that single Act, God made Adam (and all of his descendants, including us) absolutely unique in having a Soul and therefore totally different from any of God's other creatures.しかし、オリジナルの古代ヘブライ語の単語の慎重な調査は、これらの言葉は、本当に実際にはまったく任意の物理的な類似性に言及しなかったことを示しています! 私たちは、創世記1:26の実際のヘブライ語の言葉は神が既存を取ることを選んだという事実に言及したと信じている彼の生き物、そしてまったく新しい、ユニークな人間を作成するために、彼/それに魂を入れる、アダムはその単一の法律では、神が魂を持っていること、したがって、絶対的にユニークなアダム(と私たちを含め、彼のすべての子孫、)が行わ神の他の生き物のいずれかとは全く異なる。 This single adjustment in interpretation has enormous implications.解釈のこの単一の調整は巨大な意味を持つ。 First, it makes a LOT of the Bible a lot more logical, like regarding where Cain went to live when he left Eden.まず最初に、それは彼がエデンを去ったとき、生きていることを行ったカインは場所についてのように、もっと多くの論理的な聖書にかなっている。 (He went to live with CREATURES which happened to LOOK just like Adam, but which did not have Souls.) Or regarding WHY the Flood was later necessary. (彼はちょうどアダムのように見えるために起こった生き物と生きて行きましたが、それは魂を持っていませんでした。)や洪水が後で必要だった理由に関する。 Or countless other parts of the Bible. But it also would allow Christians to find 100% value in science and Evolution, without threatening the claim of uniqueness of us! We MIGHT then have had earlier antecedents that were of simple creatures, during Genesis, but that wonderful distinction of having a Soul has made us absolutely unique ever since Adam.または聖書の無数の他の部分は。 しかし、それはまたクリスチャンが私たちの独自性の主張を脅かすことなく、科学や進化の100%の値を見つけることができるでしょう!我々は、その後創世時に、単純な生き物であった以前の素性を持っていたかもしれないが、魂を持っていることのその素晴らしい区別はかつてアダム以来、私たちが絶対的にユニークになりました。 This even allows a wonderful explanation for why it is possible for blood transfusions from many types of apes could be used for human operations, which might then be seen as totally Christian!これは、たとえそれが類人猿の多くの種類から輸血が可能である理由のための素晴らしい説明がその後完全にクリスチャンとして見られるかもしれない人間の操作に使用することができることができます!

But Christians tend to be set in their ways, and I wonder if any or many might adopt such a view in even a hundred years from now!しかし、キリスト教徒は、彼らの方法で設定される傾向があり、いずれか、または多くの、今からでも、百年後にはこのような見解を採用するかもしれないのかしら!



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです