Avicennaアヴィセンナ

Catholic Information カトリックの情報

(Abn Ali al Hosain ibn Abdallah ibn Sina, called by the Latins Avicenna). (ラテン系アヴィセンナによって呼び出さABNアリ·アル·アブドッラー·イブンHosainイブンシーナ)。 Arabian physician and philosopher, born at Kharmaithen, in the province of Bokhara, 980; died at Hamadan, in Northern Persia, 1037.ボハラ、980の州でKharmaithenで生まれたアラビアの医師と哲学者、;ハマダーンで死去、北ペルシャ、1037インチ Avicenna was actually Persian, not Arabianアヴィセンナは、実際には、アラビア語、ペルシャ語ではありませんでした

From the autobiographical sketch which has come down to us we learn that he was a very precocious youth; at the age of ten he knew the Koran by heart; before he was sixteen he had mastered what was to be learned of physics, mathematics, logic, and metaphysics; at the age of sixteen he began the study and practice of medicine; and before he had completed his twenty-first year he wrote his famous "Canon" of medical science, which for several centuries, after his time, remained the principal authority in medical schools both in Europe and in Asia.彼は物理学、数学、論理を学んだことが何だったかマスターしていた彼は16歳の前に、10歳の時、彼が心でコーランを知っていた我々は彼が非常に早熟な青年であったことを知り、私たちが降りてきた自伝的スケッチからと、形而上学、16歳の時、彼は医学の研究と練習を始めたので、彼は彼の第二十一年に完了した前に、彼は、数世紀のために、彼の時間の後、残った医療科学の彼の有名な "キヤノン"と書いたヨーロッパとアジアの両方の医学校で校長権限。 He served successively several Persian potentates as physician and adviser, travelling with them from place to place, and despite the habits of conviviality for which he was well known, devoted much time to literary labours, as is testified by the hundred volumes which he wrote.彼は、場所から場所へ一緒に旅行し、医師や顧問として順次いくつかのペルシャ有力に仕え、彼がよく知られていたためにお祭り気分の習慣にもかかわらず、文学的な労働者に多くの時間を捧げた、として彼が書いた百ボリュームによって証言されています。 Our authority for the foregoing facts is the "Life of Avicenna,", based on his autobiography, written by his disciple Jorjani (Sorsanus), and published in the early Latin editions of his works.上記の事実のための私たちの権威は彼の弟子Jorjani(Sorsanus)によって書かれた彼の自伝に基づいて "アヴィセンナの生活"、であり、彼の作品の初期のラテン語のエディションで発表した。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Besides the medical "Canon," he wrote voluminous commentaries on Arisotle's works and two great encyclopedias entitled "Al Schefa", or "Al Chifa" (ie healing) and "Al Nadja" (ie deliverance).医療に加えて、 "キヤノン"と、彼はArisotleの作品と二つの大きな "アルSchefa"と題する事典、または "アルChifa"(すなわち治癒)と "アル·ナジャ"(すなわち救出)に膨大な論評を書いた。 The "Canon" and portions of the encyclopedias were translated into Latin as early as the twelfth century, by Gerard of Cremona, Dominicus Gundissalinus, and John Avendeath; they were published at Venice, 1493-95. "キヤノン"や百科事典の部分はクレモナのジェラルド、ドミニクGundissalinus、ジョンAvendeathによって、12世紀には早くもラテン語に翻訳され、彼らは、ヴェネツィア、1493年から1495年に出版された。 The complete Arabic texts are said to be are said to be in the manuscript in the Bodleian Library.完全なアラビア語のテキストは、ボドリアン図書館で写本であると言われていると言われています。 An Arabic text of the "Canon" and the "Nadja" was published in Rome, 1593. "キヤノン"と "ナジャ"のアラビア語のテキストは、ローマ、1593年に公開されていました。

Avicenna's philosophy, like that of his predecessors among the Arabians, is Aristoteleanism mingled with neo-Platonism, an exposition of Aristotle's teaching in the light of the Commentaries of Thomistius, Simplicius, and other neo-Platonists.アヴィセンナの哲学は、アラブの間で彼の前任者のそれのような、ネオプラトン哲学、Thomistius、Simpliciusの論評の光の中でアリストテレスの教育の博覧会と、ネオプラトン他混じりAristoteleanismです。

His Logic is divided into nine parts, of which the first is an introduction after the manner of Porphyry's "Isagoge"; then follow the six parts corresponding to the six treatises composing the "Organon"; the eighth and ninth parts consists respectively of treatises on rhetoric and poetry.彼の論理は最初は斑岩の "手引き"の方法の後に導入となっている9つの部分に分割され、その後 "オルガノン"を構成する6論文に対応する6つの部分に従うこと。8番目と9番目の部分は論文にでそれぞれ構成されていますレトリックや詩。 Avicenna devoted special attention to definition, the logic of representation, as he styles it, and also to the classification of sciences.アヴィセンナは、彼がそれをスタイルとして、また科学の分類、定義、表現の論理に特別な注意を捧げた。 Philosophy, he says, which is the general name for scientific knowledge, includes speculative and practical philosophy.科学的知見の総称です哲学は、彼によれば、投機的で実用的な哲学が含まれています。 Speculative philosophy is divided into the inferior science (physics), and middle science (mathematics), and the superior science (metaphysics including theology).投機的な哲学は劣る科学(物理学)、および中央科学(数学)、および優れた科学(神学形而上学を含む)に分割されます。 Practical philosophy is divided into ethics (which considers man as an individual); economics (which considers man as a member of domestic society); and politics (which considers man as a member of civil society).経済学(国内社会の一員としての人間を考慮する);;と政治(市民社会の一員としての人間を考慮する)実践哲学、倫理(個人としての人間を考慮している)に分かれています。 These divisions are important on account of their influence on the arrangement of sciences in the schools where the philosophy of Avicenna preceded the introduction of Aristotle's works.これらの部門はアヴィセンナの哲学はアリストテレスの作品の導入に先行し、学校で科学の配置への影響については、アカウント上で重要である。

A favourite principle of Avicenna, which is quoted not only by Averroes but also by the Schoolmen, and especially by St. Albert the Great, was intellectus in formis agit universalitatem, that is, the universality of our ideas is the result of the activity of the mind itself.イブン=ルシュドによってもschoolmanの別だけでなく、引用されているアヴィセンナの好きな原則は、、特に聖アルバートですformis agit universalitatem、のグレートだったintellectusによって、私たちのアイデアの普遍性の活動の結果である心そのもの。 The principle, however, is to be understood in the realistic, not in the nominalistic sense.原理は、しかし、現実的ではなく、nominalistic意味で理解されるべきである。 Avicenna's meaning is that, while there are differences and resemblances among things independently of the mind, the formal constitution of things in the category of individuality, generic universality, specific universality, and so forth, is the work of the mind.アヴィセンナの意味は、独立心のものの間の相違点と類似点がありますが、ということである、など個性の範疇で物事の正式な憲法、汎用の普遍性、具体的な普遍性とは、心の働きです。 Avicenna's physical doctrines show him in the light of a faithful follower of Aristotle, who has nothing of his own to add to the teaching of his master.アヴィセンナの物理的な教義は彼のマスターの教えを追加するには、彼自身の何の関係もありませんアリストテレスの忠実な信奉者の光の中で彼を見る。 Similarly, in psychology, he reproduces Aristotle's doctrines, borrowing occasionally an explanation, or an illustration, from Alfarabi.同様に、心理学の中で、彼はAlfarabiから、時折説明、またはイラストを借りて、アリストテレスの教説を再現します。 On one point, however, he is at pains to set the true meaning, as he understands it, of Aristotle, above all the exposition and elaboration of the Commentators.彼はそれを理解として一点に、しかし、彼はコメンテーターのすべての博覧会と推敲の上、アリストテレスの、真の意味を設定するための痛みである。 That point is the question of the Active and Passive Intellect.そのポイントは、アクティブとパッシブの知性の問題です。 (See ARABIAN SCHOOL OF PHILOSOPHY). (哲学のアラビアの学校を参照のこと)。 He teaches that the latter is the individual mind in the state of potency with regard to knowledge, and that the former is the impersonal mind in the state of actual and perennial thought.彼は、後者は知識に関して効力の状態で個々の心であり、前者は実際と多年生思考の状態で人間味の心であることを教示している。 In order that the mind acquire ideas, the Passive Intellect must come into contact with the Active Intellect.心はアイデアを取得するようにするために、受動的知性は、積極的な知性と接触する必要があります。 Avicenna, however, insists most emphatically that a contact of that kind does not interfere with the independent substantiality of the Passive Intellect, and does not imply that it is merged with the Active Intellect.アヴィセンナは、しかし、その種の接触は受動的知性の独立した実在性を妨害しないことを最も強調して主張し、それが積極的な知性とマージされていることを意味するものではありません。 He explicitly maintains that the individual mind retains its individuality and that, because it is spiritual and immaterial, it is endowed with personal immortality.彼は、明示的に個々の心は、その個性を保持し、それが精神的、軽微でありますので、それは個人的な不死性に恵まれている、ということを維持します。 At the same time, he is enough of a mystic to maintain that certain choice souls are capable of arriving at a very special kind of union with the Universal, Active, Intellect, and of attaining thereby the gift of prophecy.同時に、彼は、特定の選択肢の魂がユニバーサル、アクティブ、知性と労働組合の非常に特別な種類に到着することができるし、それによって預言の賜物を達成するためのものである維持するのに十分な神秘的なのです。

Metaphysics he defines as the science of supernatural (ultra-physical) being and of God.彼は超自然(超物理的)である、神のの科学であると定義して形而上学。 It is, as Aristotle says, the theological science.アリストテレスが言うようにそれは、神学的な科学である。 It treats of the existence of God, which is proved from the necessity of a First Cause; it treats of the Providence of God, which, as all the Arabians taught, is restricted to the universal laws of nature, the Divine Agency being too exalted to deal with singular and contingent events; it treats of the hierarchy of mediators between God and material things, all of which emanated from God, the Source of all sources, the Principle of all principles.それが第一の原因必然性から証明された神の存在を扱い、それはすべてのアラブが教示されているように、自然の普遍的法則に制限されて、神の摂理の扱い、神庁はあまりにも高貴であること単数形と偶発事象に対処するために、それは神と物質的なものとの間のメディエーターの階層として扱い、これらはすべて、神からすべてのソース、すべての原則の原則のソースを放って。 The first emanation from God is the world of ideas.神からの最初の放射能は、アイデアの世界です。 This is made up of pure forms, free from change, composition, or imperfection; it is akin to the Intelligible world of Plato, and is, in fact, a Platonic concept.それはプラトンの分かりやすい世界に似ている、と、実際には、プラトニックな概念であり、これは変化、組成物、または欠陥から自由に純粋な形態、構成されています。 Next to the world of ideas is the world of souls, made up of forms which are, indeed, intelligible, but not entirely separated from matter.アイデアの世界の隣には、確かに、分かりやすいが、完全に物質から分離されていないフォームで構成された魂の世界がある。 It is these souls that animate and energize the heavenly spheres.それはアニメーションこれらの魂であり、天の球を活性化する。 Next to the world of souls is the world of physical forces, which are more or less completely embedded in terrestrial matter and obey its laws; they are, however, to some extent amenable to the power of intelligence in so far as they may be influenced by magic art.魂の世界の隣には、多かれ少なかれ完全に地球物質に埋め込まれていて、その法律に従わされている物理力の世界である、彼らは、しかし、ある程度まではこれまでのところ、彼らが影響を受ける可能性があるとしての知性の力に従順魔法の芸術。 Lastly comes the world of corporeal matter; this, according to the neo-Platonic conception which dominates Avicenna's thought in this theory of emanation, is of itself wholly inert, not capable of acting but merely of being acted upon (Occasionalism).最後に、肉体の物質の世界が来る、これは、放射能のこの理論でアヴィセンナの思想を支配ネオプラトニック構想によると、それ自身の演技のではなく、単に(偶因)に作用することができる、完全に不活性ではありません。 In this hierarchical arrangement of beings, the Active Intellect, which, as was pointed out above, plays a necessary role in the genesis of human knowledge, belongs to the world of Ideas, and is of the same nature as the spirits which animate the heavenly spheres.人間のこの階層的な構成では、上で指摘したように、積極的な知性は、アイデアの世界に属している、人間の知識の発生に必要な役割を果たしており、天をアニメーションスピリッツと同じ性質のものである球。 From all this it is apparent that Avicenna is no exception to the general description of the Arabian Aristoteleans as neo-Platonic interpreters of Aristotle.すべてこのことから、アヴィセンナはアリストテレスのネオプラトニック通訳としてアラビアAristoteleansの一般的な説明にも例外ではないことは明らかである。

There remain two other doctrines of general metaphysical nature which exhibit him in the character of an original, or rather an Arabian, and not a neo-Platonic interpreter.元、あるいはむしろ、アラビアではなく、ネオプラトニックインタプリタの文字の中で彼を示す一般的な形而上学的性質の二つの他の教説が残っている。 The first is his division of being into three classes: (a) what is merely possible, including all sublunary things; (b) what is itself merely possible but endowed by the First Cause with necessity; such are the ideas that rule the heavenly spheres; (c) what is of its own nature necessary, namely, the First Cause.第一は3つのクラスにあることの彼の部門である:(a)どのようなすべての現世のものを含めて、単に可能であること、(b)どのような自体が単に可能であるが、必要との第一の原因に恵まれ、そのような天球を支配するアイデアがありますこと、(c)、すなわち、必要な独自の自然の第一の原因は何です。 This classification is mentioned and refuted by Averroes.この分類は、イブン=ルシュドが言及したと反論している。 The second doctrine, to which also Averroes alludes, is a fairly outspoken system of pantheism which Avicenna is said to have elaborated in a work, now lost, entitled "Philosophia Orientalis".また暗示をイブン= 2番目の教義は、アヴィセンナは "Philosophia東洋"と題され、今では失われ、仕事で詳述したといわれる汎神論のかなり率直なシステムです。 The Scholastics, apparently, know nothing of the special work on pantheism; they were, however, aware of the pantheistic tendencies of Avicenna's other works on philosophy, and were, accordingly, reluctant to trust in his exposition of Aristotle.スコラは、明らかに、汎神論に特別な作業は何も知らない、彼らは、それに応じて、アリストテレスの彼の博覧会に信頼に消極的しかし、哲学上のアヴィセンナの他の作品の汎神論的な傾向を知っていた、とあった。

Publication information Written by William Turner.ウィリアムターナーによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Geoffrey K. Mondello, Amy M. Mondello, and Stephen St. Damian Mondello.ジェフリー·K·モンデッロ、エイミー·M·モンデッロ、そしてスティーヴン·セント·ダミアンモンデッロ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume II.カトリック百科事典は、第Ⅱ巻。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.ニヒルのObstat、1907。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
Avicenna Peripatetici...Opera (Venice, 1495); MUNK in Dict.アヴィセンナPeripatetici ...オペラ(ヴェネツィア、1495年); dictのMUNK。 des sciences phil.デサイエンスフィル。 (Paris,1844-52), art. (パリ,1844-52)、芸術。 Ibn-Sina; CARRA DE VAUX, Avicenne (Paris, 1900); UEBERWEG-HEINZE, Gesch.イブン·シーナ、カルラ、DE VAUX、Avicenne(パリ、1900);ユーベルベーク·エインセ、Gesch。 der Phil., 9th ed.デア·フィル。、第九編。 (Berlin, 1905), II,247, 248; tr. (ベルリン、1905)、II、247、248、TR。 MORRIS (New York, 1890), 412, 413; STOCKL, Lehrb.モリス(ニューヨーク、1890)、412、413;シュテックル、Lehrb。 der Gesch.デアGesch。 der Phil.デア·フィル。 (Mainz, 1888), I, 329 sqq., tr. (マインツ、1888)、私は、329 sqq名。は、tr。 FINLAY (Dublin, 1903) 293 sqq.; TURNER, Hist.フィンレー(ダブリン、1903)293 sqq名;ターナー、シーッ。 of Phil.フィルの。 (Boston, 1903), 312, 313. (ボストン、1903)、312、313。



Also, see:また、参照してください:
Islam, Muhammad イスラムは、ムハンマド
Koran, Qur'an コーラン、クルアーン
Pillars of Faith 信仰の柱
Abraham アブラハム
Testament of Abraham 新約聖書のアブラハム
Allah アッラー
Hadiths hadiths
Revelation - Hadiths from Book 1 of al-Bukhari ヨハネの黙示録-h adithsから1冊のアルb ukhari
Belief - Hadiths from Book 2 of al-Bukhari 信念-h adithsから2冊のアルb ukhari
Knowledge - Hadiths from Book 3 of al-Bukhari 知識-h adithsから3冊のアルb ukhari
Times of the Prayers - Hadiths from Book 10 of al-Bukhari 回の祈り-h adithsから1 0本のアルb ukhari
Shortening the Prayers (At-Taqseer) - Hadiths from Book 20 of al-Bukhari ショートニングの祈り( - taqseer ) -h adithsから2 0本のアルb ukhari
Pilgrimmage (Hajj) - Hadiths from Book 26 of al-Bukhari 巡礼(メッカ巡礼) -h adithsから2 6本のアルb ukhari
Fighting for the Cause of Allah (Jihad) - Hadiths of Book 52 of al-Bukhari アッラーの道のために戦って(聖戦) -h adithsの5 2冊のアルb ukhari
ONENESS, UNIQUENESS OF ALLAH (TAWHEED) - Hadiths of Book 93 of al-Bukhari 一体性、独自性、アッラーtawheed ) -h adithsの9 3冊のアルb ukhari
Hanafiyyah School Theology (Sunni) hanafiyyah神学学校(スンニ派)
Malikiyyah School Theology (Sunni) malikiyyah神学学校(スンニ派)
Shafi'iyyah School Theology (Sunni) shafi'iyyah神学学校(スンニ派)
Hanbaliyyah School Theology (Sunni) hanbaliyyah神学学校(スンニ派)
Maturidiyyah Theology (Sunni) maturidiyyah神学(スンニ派)
Ash'ariyyah Theology (Sunni) ash'ariyyah神学(スンニ派)
Mutazilah Theology mutazilah神学
Ja'fari Theology (Shia) ja'fari神学( shia )
Nusayriyyah Theology (Shia) nusayriyyah神学( shia )
Zaydiyyah Theology (Shia) zaydiyyah神学( shia )
Kharijiyyah kharijiyyah
Imams (Shia) imams ( shia )
Druze druze
Qarmatiyyah (Shia) qarmatiyyah ( shia )
Ahmadiyyah ahmadiyyah
Ishmael, Ismail イスマーイール、イスマイル
Early Islamic History Outline 初期イスラム史概説
Hegira 逃避行
Averroes イブン=ルシュド
Avicenna avicenna
Machpela machpela
Kaaba, Black Stone カーバ神殿は、ブラックストーン
Ramadan ラマダン
Sunnites, Sunni sunnites 、スンニ派
Shiites, Shia シーア派は、 shia
Mecca メッカ
Medina メディナ
Sahih, al-Bukhari sahih 、アルbukhari
Sufism スーフィズム
Wahhabism ワッハーブ派の教義
Abu Bakr アブバクル
Abbasids abbasids
Ayyubids ayyubids
Umayyads umayyads
Fatima ファティマ
Fatimids (Shia) fatimids ( shia )
Ismailis (Shia) ismailis ( shia )
Mamelukes mamelukes
Saladin saladin
Seljuks seljuks
Aisha アイーシャ
Ali アリ
Lilith リリス
Islamic Calendar イスラム暦
Interactive Muslim Calendar インタラクティブなイスラム教徒のカレンダー


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです