Saint Bartholomew聖バーソロミュー

General Information 一般的な情報

Saint Bartholomew was one of the Apostles, mentioned only in the lists of the Twelve (Matt. 10:3; Mark 3:18; Luke 6:14; Acts 1:13).聖バーソロミューは、使徒の一人だっただけ12(マタイ10:03;マーク3時18分、ルカ6時14分、1時13分の行為)のリストに記載されている。 His name means "son of Tolmai," and he is frequently identified with Nathanael (John 1).彼の名前は "、Tolmaiの息子"を意味し、彼は頻繁にナサニエル(ジョン1)で識別されます。 According to tradition, he was martyred in Armenia.伝承によれば、彼はアルメニアで殉教した。 Feast day: Aug. 24 (Western); June 11 (Eastern).饗宴日:8月24日(西洋); 6月11日(東部)です。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Saint Bartholomew聖バーソロミュー

Advanced Information 高度情報

Bartholomew was a son of Tolmai, and one of the twelve apostles (Matt. 10:3; Acts 1:13); generally supposed to have been the same as Nathanael.バーソロミューはTolmaiの息子である、と12使徒(;行為1時13マタイ10:3);の一つであった、一般ナサニエルと同じであったと思われて。 In the synoptic gospels Philip and Bartholomew are always mentioned together, while Nathanael is never mentioned; in the fourth gospel, on the other hand, Philip and Nathanael are similarly mentioned together, but nothing is said of Bartholomew.ナサニエルは決して言及されながら、共観福音書ピリポとバルトロマイは常に、一緒に記載され、第4福音書では、他の一方で、フィリップとナサニエルは、同様に一緒に記載されているが、何もバーソロミューのように述べていません。 He was one of the disciples to whom our Lord appeared at the Sea of Tiberias after his resurrection (John 21:2).彼は私たちの主は彼の復活後のティベリア(ヨハネ21:02)の海に現れた誰に弟子の一人であった。 He was also a witness of the Ascension (Acts 1:4, 12, 13).彼はまた、アセンション(1:4、12、13の使徒)の目撃者だった。 He was an "Israelite indeed" (John 1:47).彼は "確かにイスラエル人"(ヨハネ1:47)であった。

(Easton Illustrated Dictionary) (イーストン図解辞書)


Saint Bartholomew聖バーソロミュー

Catholic Information カトリックの情報

One of the Twelve Apostles, mentioned sixth in the three Gospel lists (Matthew 10:3; Mark 3:18; Luke 6:14), and seventh in the list of Acts (1:13). 、および行為(1:13)のリストに第七十二使徒の一人、3福音書リスト(;、マーク3:18ルカによる福音書6時14マタイ10:3)で第六言及。

The name (Bartholomaios) means "son of Talmai" (or Tholmai) which was an ancient Hebrew name, borne, eg by the King of Gessur whose daughter was a wife of David (2 Samuel 3:3).名前(Bartholomaios)はその娘、ダビデの妻(2サミュエル3時03分)であったGessurの王などによる負担は、古代ヘブライ語の名前だった "タルマイの息子"(またはTholmai)を意味します。 It shows, at least, that Bartholomew was of Hebrew descent; it may have been his genuine proper name or simply added to distinguish him as the son of Talmai.これは、バーソロミューは、ヘブライ語の降下であったこと、少なくとも、示して、それは彼の本物の適切な名前であったり、単にタルマイの息子として彼を区別するために追加された可能性があります。 Outside the instances referred to, no other mention of the name occurs in the New Testament.参照されるインスタンスの外では、名前の他の言及は、新約聖書には発生しません。

Nothing further is known of him for certain.何もさらに特定のために彼のことを知られていません。 Many scholars, however, identify him with Nathaniel (John 1:45-51; 21:2).多くの学者は、しかし、ナサニエル(;午前21時02分ジョン1:45-51)彼を識別する。 The reasons for this are that Bartholomew is not the proper name of the Apostle; that the name never occurs in the Fourth Gospel, while Nathaniel is not mentioned in the synoptics; that Bartholomew's name is coupled with Philip's in the lists of Matthew and Luke, and found next to it in Mark, which agrees well with the fact shown by St. John that Philip was an old friend of Nathaniel's and brought him to Jesus; that the call of Nathaniel, mentioned with the call of several Apostles, seems to mark him for the apostolate, especially since the rather full and beautiful narrative leads one to expect some important development; that Nathaniel was of Galilee where Jesus found most, if not all, of the Twelve; finally, that on the occasion of the appearance of the risen Savior on the shore of the Sea of Tiberias, Nathaniel is found present, together with several Apostles who are named and two unnamed Disciples who were, almost certainly, likewise Apostles (the word "apostle" not occurring in the Fourth Gospel and "disciple" of Jesus ordinarily meaning Apostle) and so, presumably, was one of the Twelve.ナサニエルはのsynopticsに記載されていない間に名前が、第4福音書には発生することのないこと、;バーソロミューの名前はフィリップのマタイとルカのリストの中に結合されていることを、この理由は、バーソロミューは、使徒の正式名称ではないということですいくつかの使徒の呼び出しで述べたナサニエルの呼び出しは、マークするように見えること、そしてフィリップはナサニエルの古い友人であって、イエスに彼を連れて来たことを聖ヨハネが示す事実とよく一致しているマークで、その隣が見つかりましたナサニエルは、イエスは十二弟子の、最も、全てではないにして見つかったガリラヤであったこと、というより完全かつ美しい物語1つはいくつかの重要な進展を期待するように導き、特に以来、使徒職のための彼の最後に、その外観の機会にティベリアスの海の海岸の上の救世主上昇し、ナサニエルの名前はいくつかの使徒と、ほぼ確実に、同様に使徒(ワード第4福音書では発生していない "使徒"と "弟子であった2無名の弟子たちと一緒に、現在発見された"イエスは普通に使徒をいう)など、おそらく、十二弟子の一人だった。 This chain of circumstantial evidence is ingenious and pretty strong; the weak link is that, after all, Nathaniel may have been another personage in whom, for some reason, the author of the Fourth Gospel may have been particularly interested, as he was in Nicodemus, who is likewise not named in the synoptics.状況証拠のこのチェーンは、独創的な、かなり強いです。弱いリンクは、彼はニコデモにあったように、結局のところ、ナサニエルが、何らかの理由で、第4福音書の著者は、特に興味を持っていたかもしれない人に、別の人物だったかもしれない、ということです、誰も同様のsynopticsで命名されていません。

No mention of St. Bartholomew occurs in ecclesiastical literature before Eusebius, who mentions that Pantaenus, the master of Origen, while evangelizing India, was told that the Apostle had preached there before him and had given to his converts the Gospel of St. Matthew written in Hebrew, which was still treasured by the Church.インドに伝道しながら聖バーソロミューの言及は、そのPantaenus、原産地のマスターに言及ユーセビアス、前に教会の文献に発生せず、使徒は彼の前にそこに説教したと彼に与えたと言われたと書かれたマタイによる福音書に変換まだ教会によって大切にされたヘブライ語、インチ "India" was a name covering a very wide area, including even Arabia Felix. "インドは"偶数アラビアフェリックスも含め、非常に広い領域をカバーする名前だった。 Other traditions represent St. Bartholomew as preaching in Mesopotamia, Persia, Egypt, Armenia, Lycaonia, Phrygia, and on the shores of the Black Sea; one legend, it is interesting to note, identifies him with Nathaniel.他の伝統はメソポタミア、ペルシャ、エジプト、アルメニア、リュカオニア、フリギア、黒海のほとりで説教と聖バーソロミューを表し、1伝説、それは興味深いですが、ナサニエルとの彼を識別します。

The manner of his death, said to have occurred at Albanopolis in Armenia, is equally uncertain; according to some, he was beheaded, according to others, flayed alive and crucified, head downward, by order of Astyages, for having converted his brother, Polymius, King of Armenia.彼の死の方法は、アルメニアのAlbanopolisで発生したと同じように定かではなく、いくつかによると、彼は彼の兄弟を変換したため、Astyagesの順序によって、頭部下方に、他によると、斬首された生きているflayedと十字架につけられ、 Polymius、アルメニアの王。 On account of this latter legend, he is often represented in art (eg in Michelangelo's Last Judgment) as flayed and holding in his hand his own skin.この後者の伝説上のアカウント、彼はしばしばflayedと彼の手に自分の肌を保持するように(ミケランジェロの最後の審判などで)芸術で表現されます。 His relics are thought by some to be preserved in the church of St. Bartholomew-in-the-Island, at Rome.彼の遺物は、ローマで、聖バーソロミュー·イン·ザ·アイランドの教会に保存されるため、一部で考えられている。 His feast is celebrated on 24 August.彼のごちそうは、8月24日に祝われる。 An apocryphal gospel of Bartholomew existed in the early ages.バーソロミューの作り話の福音は年代前半に存在した。

Publication information Written by John Francis Fenlon.ジョン·フランシスFenlonによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by the Cloistered Dominican Nuns, Monastery of the Infant Jesus, Lufkin, Texas.幼子イエス、ラフキン、テキサス州の隠遁ドミニコ修道女、修道院転写されています。 Dedicated to Jesus the Redeemer The Catholic Encyclopedia, Volume II.イエス救い主カトリックの百科事典、第Ⅱ巻に専念。 Published 1907. 1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, 1907.ニヒルのObstat、1907。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

LE CAMUS, Vie de Notre Seigneur (tr. New York, 1906), I; IDEM in VIG., Dict. LEのカミュ、ヴィ·ド·ノートルダムセニュール(tr.ニューヨーク、1906)、私;。VIGで同上、dictのです。 de la Bible, where references are given for the sources of the traditions, FOUARD, Life of Christ (New York, 1891).参照は伝統の源のために与えられるデラ聖書、FOUARD、キリストの生涯(ニューヨーク、1891)。


St. Bartholomew the Apostle聖バーソロミューの使徒

Orthodox Information 正教会情報

(This information may not be of the scholastic quality of the other articles in BELIEVE. Since few Orthodox scholarly articles have been translated into English, we have had to rely on Orthodox Wiki as a source. Since the Wikipedia collections do not indicate the author's name for articles, and essentially anyone is free to edit or alter any of their articles (again, without any indication of what was changed or who changed it), we have concerns. However, in order to include an Orthodox perspective in some of our subject presentations, we have found it necessary to do this. At least until actual scholarly Orthodox texts are translated from the Greek originals!) (この情報は信じていますの他の記事の学力の質ではないかもしれない。少数の正統派学術論文を英語に翻訳されているので、我々はソースとして正教会ウィキに頼らざるを得なかった。Wikipediaのコレクションは、作成者の名前を示すものではありませんので、記事がために、本質的には誰でも自分の記事のいずれかを(再度、変更したり、それを誰が変更した内容の表示のない)を編集したり変更したりして自由である、我々は懸念を持っていますしかし、我々の主題のいくつかでオーソドックスな視点を含めるためにプレゼンテーション、我々はこれを行うことが必要と認めていますが、実際の学術的正統派テキストはギリシャ語の原本から翻訳されるまで、少なくとも!)

The holy, glorious and all-laudable Apostle Bartholomew (also known as Nathaniel) was one of the Twelve Great Apostles.神聖な、栄光と称賛に値するすべての使徒バルトロマイは、(また、ナサニエルとして知られている)12偉大な使徒の一人であった。 He is referenced in the Synoptic Gospels and in the Acts of the Apostles.彼は共観福音書と使徒行伝で参照されています。 His feast days are celebrated on June 11 (with St. Barnabas) and August 25 (the translation of his relics).彼の宴会日は6月11日(聖バルナバ)と8月25日(彼の遺物の翻訳)に祝われています。 It is believed that he is the same person commemorated on April 22 with Apostles Luke and Clement as Nathaniel of the Seventy.それは彼が七十人ナサニエルとして使徒ルークとクレメントで4月22日に記念同一人物であると考えられている。

Life人生

After the Ascension of Christ, Bartholomew preached in Asia with the Apostle Philip, Philip's sister Mariamma, and Apostle John.キリストの昇天した後、バーソロミューは使徒フィリップ、フィリップの妹Mariamma、そして使徒ヨハネとアジアで説教。 He later preached in India and then Armenia where he was martyred.彼が殉教したところ彼は後にインド、その後アルメニアで説教。 Prior to India, he was crucified upside down in Hierapolis with the Apostle Philip for causing the death of a great serpent the people worshiped and healing people through prayer.前にインドに、彼は人々が崇拝し、祈りを通して人々を癒す偉大な蛇の死を引き起こすために使徒フィリップとヒエラポリスに逆さまに十字架につけられた。 He was removed from the cross during a great earthquake because the people thought God was judging them; St. Philip had already reposed.人々は神が彼らを判断していると思って、彼は偉大な地震の際にクロスから削除されました。聖フィリップはすでにreposedた。

He then went to India, translated the Gospel of Matthew and cured the Armenian king's daughter of insanity; but the king's envious brother had him crucified, skinned him, and finally beheaded him.彼はその後、マタイの福音書を翻訳し、狂気のアルメニア王の娘を治し、インドに行ってきました、しかし、王の嫉妬の弟は彼は彼をスキニング、十字架につけられていたが、最終的に彼を斬首。

Christians buried his body but because of the miracles happening over his relics the pagans threw his coffin into the sea.クリスチャンは彼の体を埋めたが、彼の遺物で起こった奇跡のために異教徒は海に彼の棺を投げた。 The coffin ended up at the island of Lipara where Bishop Agathon—who met it via a revelation in a dream—buried it in a church.棺はビショップアガトン-夢の埋葬教会でそれを中に啓示を介してそれを満たさLiparaの島になってしまった。 St. Bartholomew appeared to St. Joseph the Hymnographer and blessed him that he might be able to sing spiritual hymns, saying, "Let heavenly water of wisdom flow from your tongue!"聖バーソロミューは、聖ヨセフにHymnographer登場し、彼は言った、精神的な賛美歌を歌うことができるかもしれない彼を祝福し、 "あなたの舌からの知恵の流れの天の水をしよう!" He also appeared to Emperor Anastasius (491-518) and told him that he would protect the new town of Dara.彼はまた、天皇アナスタシオス(491から518)に登場し、彼はダラの新しい町を守るであろうことを彼に告げた。 Later his relics were translated to Rome where miracles continue to occur.後で彼の遺物は奇跡が起こり続けてローマに翻訳されました。

Hymns賛美歌

Troparion (Tone 3) Troparion(トーン3)

Holy Apostles Bartholomew and Barnabas,聖使徒バルトロマイとバルナバ、
entreat the merciful God慈悲深い神に懇願する
to grant our souls forgiveness of transgressions.罪の私たちの魂の赦しを付与することができます。

Kontakion (Tone 4) Kontakion(トーン4)

You have appeared to the universe as a great sun,あなたは、偉大な太陽のように宇宙に登場している
shining with the radiance of your teachings and awesome miracles.あなたの教えと素晴らしい奇跡の輝きに輝く。
You enlighten those who honor you, apostle of the Lord, Bartholomew.あなたは、主よ、バーソロミューの使徒があなたを尊重する人々を啓発する。

Sourceソース

St. Nikolai Velimirovic, The Prologue of Ohrid聖ニコライVelimirovic、オフリドのプロローグ

External links外部リンク

Apostle Bartholomew of the Twelve (OCA)十二使徒バルトロマイ(OCA)
Return of the Relics of the Apostle Bartholomew from Anastasiopolis to Lipari (OCA) Anastasiopolisからリパリへの使徒バルトロマイの遺物の返還(OCA)
Bartholomew and Barnabas the Holy Apostles (GOARCH)バーソロミューとバルナバ聖使徒(GOARCH)
Return of the Body of Bartholomew the Glorious Apostle (GOARCH)バーソロミューのボディー栄光の使徒(GOARCH)のリターン
Martyrdom of the Holy and Glorious Apostle Bartholomew from Ante-Niceneアンティ - ニカイアからと栄光の聖なる使徒バルトロマイの殉教
Fathers in the Christian Classics Ethereal LibraryクリスチャンクラシックEtherealの図書館の父親
Saint Bartholomew, the Apostle (Prologue of Ohrid)聖バーソロミュー、使徒(オフリドのプロローグ)


Saint Bartholomew, also known as Nathanaelまたナサニエルとして知られている聖バーソロミュー、

Coptic Orthodox Information コプト正教会情報

The details of Bartholomew or Nathanael's call to discipleship are recorded in John 1:43-51.弟子にバーソロミューまたはナサニエルのコールの詳細は、John 1:43-51に記録されます。 He was brought to Jesus by his friend Philip.彼は友人フィリップによってイエスのところに連れてきた。

It is generally believed that Nathanael and Bartholomew are the same individual.これは、一般的にナタナエルとバーソロミューが同じ個体であると信じられている。 The Synoptic gospels (Matthew, Mark and Luke) do not mention a Nathanael as a disciples.共観福音書(マタイ、マルコとルカ)は、弟子としてナサニエルを言及していない。 John's gospel makes no mention of Bartholomew.ヨハネの福音書は、バーソロミューについての言及はなかった。

Notice that Bartholomew's name is coupled with Philip's name in the listings of Matthew and Luke.バーソロミューの名前はマシューとルークのリストの中で、フィリップの名前と結合されていることに注意してください。 It is found next to Philip in the list of Mark.それはマークのリストにフィリップの隣にあります。 This would seem to agree with the gospel of John, where the evangelist describes Philip as an old friend who brought Nathanael to Jesus.これは、伝道者がイエスにナタナエルをもたらした古い友人のようにフィリップを説明ヨハネの福音書に同意するように思えるでしょう。

Bartholomew means "son of Talmai (Tolmai)" which was ancient Hebrew name.バーソロミューは、古代ヘブライ語の名前だった "タルマイの息子(Tolmai)"を意味します。 It appears in 2 Samuel 3:3 where it is listed as the given name of the King of Geshur who was the father of a wife of David, Maacah.それはダビデ、マアカの妻の父であったゲシュルの王の与えられた名前として表示されている2サミュエル3時03分に表示されます。 Just as we sometimes refer to close friends by their family name rather than their given name, so it appears that only John lists this disciple by his given name.我々は時々、家族の名前ではなく、その与えられた名前で親しい友人を参照してくださいと同じように、それだけでジョンは彼の与えられた名前で、この弟子が表示されていることが表示されます。 The other three gospel writers apparently designated him by his family name, Bar-Tolmai.他の三つの福音書作家は、明らかに彼の家族の名前、バーTolmaiによって彼を指名した。

Characteristics of This Discipleこの弟子の特性

Nathanael means "gift of God."ナタナエルは "神の賜物"を意味します。 John's account tells us that he was from Cana in Galilee, a small village about 5 miles northeast of Nazareth. Johnのアカウントは、彼がガリラヤのカナ、約5マイル北東ナザレの小さな村からのものであったことを教えてくれる。 He might well have been present when Jesus performed his first miracle in that town.イエスはその町で彼の最初の奇跡を行ったとき、彼はよく存在していたかもしれません。 One obscure legend even suggests that he was the bridegroom at that wedding; another pictures him as the former boyfriend of the bride who didn't quite make it.かなりそれを作らなかった花嫁の元ボーイフレンドのような別の写真に彼、一つはっきりしない伝説があっても、彼はその結婚式で花婿だったことを示唆している。 Thankfully we can ignore such reports.ありがたいことに、我々はそのような報告を無視することができます。 When Philip suggested that Jesus was the Messiah, Nathanael honestly expressed his doubts.ピリポは、イエスがメシアであることが示唆されたときは、ナタナエルは正直彼の疑念を表明した。 He failed to see how such a great one could come from a town such as Nazareth.彼は偉大な1、ナザレなどの​​町からどのように来ることができましたを参照してくださいに失敗しました。 Bartholomew reminds us of the many very nice people we meet who straightforwardly tell us that they don't believe in Jesus as their Savior.バーソロミューは、我々は素直に彼らの救い主としてイエスを信じていないことを教えて誰が会う多くの非常に素敵な人を思い出させてくれる。 Maybe they had a bad experience with a church or a pastor or some church members.たぶん、彼らは教会や牧師やいくつかの教会のメンバーとの悪い経験を持っていた。 Perhaps they are confused about religion in general.おそらく彼らは、一般的に宗教について混乱している。 Like Nathanael, they need to see Jesus.ナサニエルのように、彼らはイエスを確認する必要があります。 We won't be able to change their minds, but we can invite them to "come and see."我々は彼らの心を変更することはできませんが、我々はそれらを招待することができ、 "来て、見てください。"

Other than his call to be a disciple Nathanael/Bartholomew is not mentioned frequently in the biblical record.ナサニエル/バーソロミューは、聖書の記録に頻繁に言及されていない弟子になるために彼の呼び出し以外の。 He is mentioned with the other apostles after the resurrection in the account recorded in John 21, in particular verse 2.彼は特定の詩2で、ジョン21に記録されたアカウントで復活した後、他の使徒と言及されている。 His innocence and simplicity won high praise from the lips of the Savior when Philip brought him to Jesus.ピリポはイエスに彼を連れて来たとき、彼の無邪気さとシンプルさは、救い主の唇から高い評価を獲得した。

Outside of Scripture, we hear little of this man.聖書の外では、我々はこの男を少し聞く。 There is no mention of him in ecclesiastical literature before Eusebius, who records in his Church History that Pantaenus of Alexandria, the teacher of Origen, visited India in the second century and found there a Hebrew copy of the Gospel According to Matthew.アレクサンドリアのPantaenus、原産地の先生が、マシューによると、2世紀にインドを訪問し、そこにゴスペルのヘブライ語のコピーを見つけたことを彼の教会史に記録さユーセビアス、前に教会の文学の中で彼の言及はありません。 He was told that Bartholomew had been to India before him and had left this gospel.彼はバーソロミューが彼の前にインドに行ったことがあると、この福音を去ったと言われました。 We should note that "India," at the time, meant everything from Arabia to the east.私たちは、 "インドは、"一度に、サウジアラビアから東までのすべてを意味することに注意してください。 Other traditions suggest that Bartholomew preached in Mesopotamia, Persia, Egypt, Armenia, Phrygia and the shores of the Black Sea.他の伝統は、バーソロミューは、メソポタミア、ペルシャ、エジプト、アルメニア、フリギアと黒海の海岸で説教することをお勧めします。

Even church tradition cannot agree on his death.でも、教会の伝統は、彼の死に同意することはできません。 He supposedly died in Albanopolis (Urbanopolis) in Armenia.彼はたぶんアルメニアAlbanopolis(Urbanopolis)で死亡した。 Some say he was beheaded and others insist that he was skinned alive and crucified head down at the command of King Astyages for having converted King Polymios.いくつかは、彼が斬首されたと言うと他の人が、彼はキングPolymiosを変換したためキングAstyagesのコマンドプロンプトで生きていて、十字架に頭を下げスキニングされたことを主張している。

In Michaelangelo's "Last Judgment" he is pictured as flayed and holding in his hand his own skin.ミケランジェロの "最後の審判"で、彼はflayedと彼の手に自分の肌を保持するように描かれています。 Due to this account of his death, the symbol for Bartholomew/Nathanael is a skinning knife or a series of them.彼の死は、このアカウントのために、バーソロミュー/ナサニエルのシンボルは、スキニングナイフまたはそれらのシリーズです。 Sometimes the knives are pictured together with a "skin."時にはナイフは一緒に描かれている "皮膚"。

James F. KorthalsジェームスF. Korthals



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです