Biblical Criticism (Textual)聖書の批判(テキスト)

Catholic Information カトリックの情報

The object of textual criticism is to restore as nearly as possible the original text of a work the autograph of which has been lost.原典批評の目的は、可能な限りほぼ失われているそのうちの作品のオリジナルテキスト直筆を復元することです。 In this textual criticism differs from higher criticism, whose aim is to investigate the sources of a literary work, study its composition, determine its date and trace its influence and various transformations throughout the ages.このテキストの批判ではその目的は、文学作品の源を調査、その組成を研究し、その日付を決定し、時代を超えて、その影響力と様々な変換を追跡することです高等批評とは異なります。

A. Necessity and processes of textual criticism Aの必要性とテキストの批判のプロセス

Textual criticism has no application except in regard to a work whose original does not exist; for, if extant, it could easily be reproduced in photogravure, or published, once it had been correctly deciphered.テキストの批判は元が存在しない仕事に関して除いては適用されません。ため、現存している場合、それは簡単にグラビアで再現し、または公表することができ、一度それが正しく解読されていた。 But no autograph of the inspired writings has been transmitted to us, any more than have the originals of profane works of the same era.しかし、聖書のない自筆が弊社に送信されない、任意の複数の同じ時代の不敬な作品のオリジナルを持っている。 The ancients had not that superstitious veneration for original manuscripts which we have today.古代人は我々が今日持っている元の原稿のためにその迷信深い尊敬をしていなかった。 In very early times the Jews were wont to destroy the sacred books no longer in use, either by burying them with the remains of holy personages or by hiding them in what was called a ghenizah.非常に初期の時代のユダヤ人は、使用中の、どちらか神聖な人の遺骨でそれらを埋め込むことにより、またはghenizahと呼ばれていたもので、それらを非表示にすることにより、もはや神聖な本を破壊するために文句を言われませんでした。 This explains why the Hebrew Bibles are, comparatively speaking, not very ancient, although the Jews always made a practice of writing the Holy Books on skin or parchment.ユダヤ人は常に皮膚や羊皮紙に神聖な本を書くことの練習をしたものの、ヘブライ語聖書には、非常に古代ではないであり、相対的に言えば、これが理由です。 In the first centuries of the Christian era the Greeks and Latins generally used papyrus, a material that quickly wears out and falls to pieces.キリスト教時代の最初の世紀にギリシア人とラテン系は一般的にパピルス、素早く身に着けているとバラバラに落ちる素材を使用していました。 It was not until the fourth century that parchment was commonly used, and it is also from that time that our oldest manuscripts of the Septuagint and the New Testament date.それは羊皮紙が一般的に使用されたことを四世紀までなかった、そしてそれはその時からもつまりセプトゥアギンタと新約聖書の日付の私たちの最古の写本。 Nothing short of a continuous miracle could have brought the text of the inspired writers down to us without alteration or corruption, and Divine Providence, who exercises, as it were, an economy of the supernatural, and never needlessly multiplies prodigies, did not will such a miracle.連続まさに奇跡改変または破壊することなく、私たちにインスピレーションを得た作家のテキストを下に持ってこなかったかもしれない、と神の言ってみれば、行使プロビデンス、超自然の経済は、決して無駄には奇才を乗算し、そのような意志はなかった奇跡。 Indeed it is a material impossibility to transcribe absolutely without error the whole of a long work; and a priori one may be sure, that no two copies of the same original will be alike in every detail.確かにそれはエラーなしで絶対に長期の仕事の全体を転写する材料不可能であり、アプリオリ1は、同じ元のない2つのコピーが細部に似てないだろうと、確信しているかもしれません。 A typical example of this is furnished by the Augsburg Confession, presented to the Emperor Charles V on the evening of 25 June, 1530, in both Latin and German.この典型的な例は、ラテン語とドイツ語の両方で1530年6月25日の夜に皇帝カール5世に提示、アウ​​クスブルク信仰告白によって装飾されています。 It was printed in September of the same year and published two months later by its author, Melanchthon; thirty-five copies of it are known to have been made in the second half of the year 1530, nine of them by signers of the Confession.これは、同年9月に印刷され、その著者、メランヒトンによって2ヵ月後に発表された、それの35コピーは告白の署名者によって彼らの1530年、9年の後半に行われていることが知られている。 But, as the two originals are lost, and the copies do not agree either with one another or with the first editions, we are not sure of having the authentic text in its minutest details.しかし、2つの原稿が失われ、コピーが互いに、または最初のエディションのいずれかで同意されないように、我々はその足りない細部に本物のテキストを持っていることの確認されていません。 From which example it is easy to appreciate the necessity of textual criticism in the case of works so ancient and so often transcribed as the books of the Bible.その例から、それは聖書の本として転写さそう多いので、古代と作品の場合にはテキストの批判の必要性を理解することは容易である。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Classes of textual errorsテキストエラーのクラス

Corruptions introduced by copyists may be divided into two classes: involuntary errors, and those which are either wholly or partly intentional.不本意なエラー、全部又は一部が意図的であるもの:写字生によって発生した破損は2つのクラスに分割することができる。 To these different causes are due the observed variations between manuscripts.これらの様々な原因に写本の間に観測された変動によるものである。

(a) Involuntary Errors (a)の非自発的エラー

Involuntary Errors may be distinguished as those of sight, hearing, and memory, respectively.不本意なエラーはそれぞれ、視覚、聴覚、およびメモリのものとして区別することができる。 Sight readily confounds similar letters and words.光景が容易に類似した文字や単語を困惑。 Thus, as can be seen in the pictured example, similar letters are easily interchanged in square Hebrew, Greek uncial and Greek cursive writing.したがって、図の例に見られるように、類似の文字が四角いヘブライ語、ギリシャ語とギリシャ語アンシャル体筆記体で容易に入れ替わる。

When the exemplar is written stichometrically, the eye of the copyist is apt to skip one or several lines.手本はstichometrically書き込まれると、筆耕の目には、1つまたは複数の行をスキップしやすくなる。 To this class of errors belongs the very frequent phenomenon of homoeoteleuton, ie omission of a passage which has an ending exactly like another passage which comes next before or after it.エラーのこのクラスにhomoeoteleutonの非常に頻繁な現象、それの前または後に、次に来る別の通路とまったく同じように終了した通路、すなわち不作為に属します。 A similar thing happens when several phrases beginning with the same words come together.同じ言葉で始まるいくつかのフレーズが一緒に来るとき同じようなことが起こります。 Secondly, errors of hearing are of common occurrence when one writes from dictation.一つはディクテーションから書き込むとき第二に、聴力のエラーが頻繁に発生するものである。 But even with the exemplar before him, a copyist gets into the habit of pronouncing in a low tone, or to himself, the phrase he is transcribing, and thus is likely to mistake one word for another which sounds like it.しかし、彼の前に手本と、筆耕は低い口調で発音するのが習慣に取得するか、あるいは自分自身に、彼は転写、従ってれるフレーズは、それのように聞こえるもう1つの単語を間違える可能性がある。 This explains numberless cases of "itacism" met with in Greek manuscripts, especially the continual interchange of hymeis and hemeis.これは、特にギリシア語写本、hymeisとhemeisの継続的な交流にと会って "itacism"の無数の例を説明します。 Lastly, an error of memory occurs when, instead of writing down the passage just read to him, the copyist unconsciously substitutes some other, familiar, text which he knows by heart, or when he is influenced by the remembrance of a parallel passage.ちょうど筆耕無意識代替、彼に彼が心で知っているいくつかの他、おなじみの、テキストを読むとき、または彼が平行流路の記憶に影響されたときに、代わりに通路を書き留めるの最後に、メモリのエラーが発生します。 Errors of this kind are most frequent in the transcription of the Gospels.この種のエラーは、福音書の転写に最も頻繁にあります。

(b) Errors Wholly or Partly Intentional (b)はエラーが完全にまたは部分的に意図的

Deliberate corruption of the Sacred Text has always been rather rare, Marcion's case being exceptional.神聖なテキストの意図的な破損がなく、常にまれであったが、marcionですのケースは例外的である。 Hort [IntroductiOn (1896), p.ホルト[はじめに(1896年)は、p。 282] is of the opinion that even among the unquestionably spurious readings of the New Testament there are no signs of deliberate falsification of the text for dogmatic purposes." Nevertheless it is true that the scribe often selects from various readings that which favours either his own individual opinion or the doctrine that is just then more generally accepted. It also happens that, in perfectly good faith, he changes passages which seem to him corrupt because he fails to understand them, that he adds a word which he deems necessary for the elucidation of the meaning, that he substitutes a more correct grammatical form, or what he considers a more exact expression, and that he harmonizes parallel passages. Thus it is that the shorter form of the Lord's Prayer in Luke, xi, 2-4, is in almost all Greek manuscripts lengthened out in accordance with Matthew, vi, 9-13. Most errors of this kind proceed from inserting in the text marginal notes which, in the copy to be transcribed, were but variants, explanations, parallel passages, simple remarks, or perhaps the conjectures of some studious reader. All critics have observed the predilection of copyists for the most verbose texts and their tendency to complete citations that are too brief; hence it is that an interpolation stands a far better chance of being perpetuated than an omission. 282]であっても、新約聖書の紛れもなくスプリアス測定値の間で独断的な目的のためのテキストの意図的な改ざんの兆候がないこと。 "それにもかかわらず、それが筆記はしばしば、自分の有利に働くことが、様々な測定値から選択することは事実である意見である個々の意見や、ちょうどそのより一般的に受け入れられている教義。それはまた、彼が解明するために必要と判断した単語を追加していることに、彼はそれらを理解するために失敗したため、完全に誠意を持って、彼は彼に壊れて見える通路を変化させ、ことが起こる意味の、彼代替より正しい文法形式、またはどのような彼は、より正確な表現を考えて、彼は平行通路を調和させることがあるのでそれはルークで、主の祈りの短い形式、XI、2月4日であることであることをマシュー、viのは、9月13日に準じて長く、ほぼすべてのギリシア語写本インチコピーに転写される、テキスト傍注に挿入から進んで、この種のエラーのほとんどは、あったが、亜種、説明、平行通路、シンプル発言、またはおそらくいくつかの熱心な読者の推測のすべての批評家は、最も詳細なテキストとあまりにも簡単アール引用を完了するには、それらの傾向のために写字生の好みを観察している;それゆえに補間よりも生まれついているのはるかに良いチャンスを立っているということです不作為。

Other considerationsその他の考慮事項

From the foregoing it is easy to understand how numerous would be the readings of a text transcribed as often as the Bible, and, as only one reading of any given passage can represent the original, it follows that all the others are necessarily faulty.以上のことから、それは聖書のように頻繁に転写されたテキストの朗読のようになりますどのように非常に多くの理解しやすく、かつ、任意の通路の一方のみの読み取りは、元を表すことができるとして、それは他のすべてに障害が発生していということになります。 Mill estimated the variants of the New Testament at 30,000, and since the discovery of so many manuscripts unknown to Mill this number has greatly increased.ミルは、30,000で、新約聖書の亜種を推定し、ミルにとって未知の非常に多くの写本の発見以来、この数が大幅に増加している。 Of course by far the greater number of these variants are in unimportant details, as, for instance, orthographic peculiarities, inverted words, and the like.もちろん、はるかにこれらの変異の数が増えてい枝葉末節である、として、例えば、正射癖、反転言葉など。 Again, many others are totally improbable, or else have such slight warrant as not to deserve even cursory notice.繰り返しになりますが、他の多くは、全くありそうにないですが、あるいはあってもぞんざいな注意に値するしないようにそのようなわずかな令状を持っています。 Hort (Introduction, 2) estimates that a reasonable doubt does not affect more than the sixtieth part of the words: "In this second estimate the proportion of comparatively trivial variations is beyond measure larger than in the former; so that the amount of what can in any sense be called substantial variation is but a small fraction of the whole residuary variation, and can hardly form more than a thousandth part of the entire text." ;ので、何の量ができる "この第2の推定値では比較的些細なバリエーションの割合が前者よりも大きく計り知れないほどである:合理的な疑いが単語の第六十部分よりも影響を与えないことホルト(はじめに、2)の見積りいかなる意味においても実質的な変化と呼ぶことであるが、全体の残余変動のごく一部と、ほとんどテキスト全体の千分の一以上のものを形成することはできません。 " Perhaps the same thing might be said of the Vulgate; but in regard to the primitive Hebrew text and the Septuagint version there is a great deal more doubt.おそらく同じことがウルガタ聖書の言っているかもしれません。しかし原始ヘブライ語テキストとセプトゥアギンタのバージョンに関して大いにより多くの疑問があります。

We have said that the object of textual criticism is to restore a work to what it was upon leaving the hands of its author.我々は、テキストの批判の対象は、その作者の手を離れた時点であったものに仕事を復元することであると述べている。 But it is, absolutely speaking, possible that the author himself may have issued more than one edition of his work.しかし、それは筆者自身が、彼の作品の複数のエディションを発行している可能性が、絶対に話している。 This hypothesis was made for Jeremias, in order to explain the differences between the Greek and Hebrew texts; for St. Luke, so as to account for the variations between the "Codex Bezæ" and other Greek manuscripts in the third Gospel and the Acts of the Apostles; and for other writers.この仮説は、ギリシャ語、ヘブライ語のテキストの違いを説明するために、イェレミアスのために作られた、聖ルカのためなので、 "コーデックスBezæ"と、他のギリシア語写本3番目の福音との行為の間のばらつきを考慮したとして使徒であり、他の作家のために。 These hypotheses may be insufficiently founded, but, as they are neither absurd nor impossible, they are not to be rejected a priori.これらの仮説は不十分に設立されたかもしれないが、彼らはどちらも不条理でも不可能であるように、彼らは先験的に拒否されることはありません。

B. General principles of textual criticism原典批評のB.一般原則

In order to re-establish a text in all its purity, or at least to eliminate as far as possible, its successive falsifications, it is necessary to consult and weigh all the evidence.そのすべての純度のテキストを再確立するか、または少なくとも、可能な限りその連続改ざんを排除するためには、すべての証拠を相談し、比較検討することが必要である。 And this may be divided into: external, or that furnished by documents reproducing the text in whole or in part, in the original or in a translation -- diplomatic evidence -- and internal, or that resulting from the examination of the text itself independently of its extrinsic attestation -- paradiplomatic evidence.そして、これはに分けることができる:外部、または元や翻訳の全部または一部のテキストを再現する文書によってその内装 - 外交的証拠 - と内部、またはそのテキスト自体独立の検査から結果paradiplomatic証拠 - その外因性の証明。 We shall consider them separately.私たちは、それらを個別に考慮しなければならない。

1. 1。 External (Diplomatic) Evidence外部の(外交)証拠

The evidence for a work of which the original manuscript is lost is furnished by;元の原稿が失われるの仕事のための証拠がここで提供されています。

(a) copies, (manuscripts), (a)のコピー、(原稿)、

(b) versions, and (b)のバージョン、および

(c) quotations. (C)引用。

These three do not always exist simultaneously, and the order in which they are here enumerated does not indicate their relative authority.これらの3つは常に同時に存在していない、と彼らはここに列挙される順序は、それらの相対的な権威を示すものではありません。

(a) Manuscripts (イ)原稿

In regard to the copies of ancient works three things are to be considered, namely:古代の作品のコピーにつきましては三つのことが、すなわち、考慮されるべきである:

(i) age, (i)は、年齢、

(ii) value, and (ii)の値、

(iii) genealogy; and we shall add a word on (iii)の系譜であり、我々は上の単語を追加しなければならない

(iv) critical nomenclature, or notation. (ⅳ)重要な用語、または表記。

(i) Age (ⅰ)年齢

Age is sometimes indicated by a note in the manuscript itself; but the date, when not suspected of falsification, may simply be transcribed from the exemplar.年齢は時々原稿自体にメモで示されますが改ざん疑いのない日付は、単に模範から転写することができる。 However, as dated manuscripts are usually not very old, recourse must be had to various palæographic indications which generally determine with sufficient accuracy the age of Greek and Latin manuscripts.日付の写本は通常、非常に古いではないのでしかし、頼みの綱は、一般的に十分な精度でギリシャ語とラテン語の写本の年齢と決定するさまざまなpalæographic指摘にあったことがなければなりません。 Hebrew palæography, though more uncertain, presents fewer difficulties, inasmuch as Hebrew manuscripts are not so old.ヘブライ語の古文書には、多くの不確実なものの、ヘブライ語写本はとても古いませんだけれども、より少ない困難を提示します。 Besides, the exact age of a copy is, after all, only of minor importance, as it is quite possible that an ancient manuscript may be very corrupt while a later one, copied from a better exemplar, may come nearer to the primitive text.それに、コピーの正確な年齢は、結局のところ、唯一のマイナーな重要性のために、古代の写本が良い手本からコピー後1、ながら、非常に破損している可能性があること、それは非常に可能性のあるように、原始的なテキストに近づいて来るかもしれないしています。 However, other things being equal, the presumption is naturally in favour of the more ancient document, since it is connected with the original by fewer intervening links and consequently has been exposed to fewer possibilities of error.それは少数の介在することにより、元のリンクに接続され、その結果、誤差の少ない可能性にさらされていたので、しかし、他の条件が同じなら、推定は、より多くの古代の文書に賛成して当然である。

(ii) Value (ii)値

It is more important to ascertain the relative value than the age of a manuscript.それは原稿の年齢よりも相対的な価値を見極めることが重要である。 Some evidences inspire but little confidence, because they have frequently been found to be defective, while others are readily accepted because critical examination has in every instance shown them to be veracious and exact.彼らは頻繁に重要な検査はすべてのインスタンスで、それらを忌憚と正確であることが示されたため、他の人が容易に受け入れているが、不良品であることが判明しているので、いくつかの証拠は、少し自信を抱かせる。 But how is the critic to discriminate?しかし、区別する評論家はどうですか? Prior to examination, the readings of a text are divided into three or four classes: the certainly or probably true, the doubtful, and the certainly or probably false.確かにまたはおそらく本当、疑わしい、と確かにまたは多分偽:検査前に、テキストの読みは、3つまたは​​4つのクラスに分けられます。 A manuscript is rated good or excellent when it presents in general true readings and contains few or none that are certainly false; under contrary conditions it is considered mediocre or worthless.それは一般的な真のリーディングで提示して、確かに偽であることをいくつか、またはnoneが含まれている場合に原稿が良好または優秀評価され、逆の条件の下でこれは平凡または無価値と見なされます。 Needless to add, the intrinsic excellence of a manuscript is not measured according to the greater or less care exercised by the scribes; a manuscript may teem with copyist's errors, though it be made from a very correct exemplar; and one transcribed from a defective exemplar may, considered merely as a copy, be quite faultless.それは非常に正しい模範から作られていますが、原稿は筆耕のエラーであふれかもしれません。;追加言うまでもなく、原稿の本質的な素晴らしさは、律法によって行使大きいか小さい世話に準拠して測定されないため、1枚が故障して模範から転写5月は、単にコピーとしてみなされ、かなり非の打ち所のないこと。

(iii) Genealogy (iii)の系譜

The genealogy of documents, from a critical view-point, is most interesting and important.文書の系譜は、重要な視点から、最も興味深く、重要である。 As soon as it is proved that a manuscript, no matter what its antiquity, is simply a copy of another existing manuscript, the former should evidently disappear from the list of authorities, since its particular testimony is of no value in establishing the primitive text.それが証明され次第、その特定の証言は原始テキストを確立することに何の価値もないので、原稿は、何その古さに関係なく、単に別の既存の原稿のコピーではありませんので、前者は明らかに、当局のリストから消えるはずです。 This, for instance, is what happened to the "Codex Sangermanensis" (E of the Pauline Epistles) when it was proved to be a defective copy of the "Codex Claromontanus" (D of the Pauline Epistles).これは、例えば、それは "コーデックスClaromontanus"(パウロの書簡のD)の不良コピーであることが証明されたときに "コーデックSangermanensis"(パウロの書簡のE)に起こったことです。 Now, if a text were preserved in ten manuscripts, nine of which had sprung from a common ancestor, we would not therefore have ten independent testimonies but two, as the first nine would count for only one, and could not, therefore, outweigh the tenth, unless it were shown that the common exemplar of the nine was a better one than that from which the tenth was taken.テキストは10の写本に保存されていたさて、もし、そのうちの9が共通の祖先から生まれた、それゆえ我々は第一9のように一方のみがカウントされ、10の独立した証言が、2つを持っていないでしょう、そして、したがって、上回ることができませんでした第十、それは9の共通の模範は、第10が撮影されたものよりも良いものであったことが示された場合を除きます。 The consequences of this principle are obvious, and the advantage and necessity of grouping the testimonies for a text into families is readily understood.この原則の結果は明白であり、利点や家族へのテキストのために証言をグループ化する必要性は容易に理解されています。 It might be supposed that the critic would be mainly guided in his researches by the birthplace of a manuscript; but the ancient manuscripts often travelled a great deal, and their nationality is rarely known with certainty.それは評論家は、主に原稿の発祥の地で、彼の研究に導かれるであろうことが想定されるかもしれません。しかし、古代の写本はしばしばたくさん旅行をして、彼らの国籍はほとんど確実に知られていません。 Thus, many are of the opinion that the Vaticanus and the Sinaiticus emanated from Cæsarea in Palestine, while others maintain that they were written in Egypt, and Hort inclines to the belief that they were copied in the West, probably in Rome (see CODEX VATICANUS; CODEX SINAITICUS).したがって、多くの人が(コーデックスvaticanusを参照してくださいおそらくローマでは、彼らが西洋にコピーされたことを信念にVaticanusと他の人が彼らがエジプトで書かれていたと主張しながら、パレスチナのカイザリヤから放っ写本、とホート傾いているとの見解である、コーデックスsinaiticus)。 Hence the critics' chief guide in this matter should be the careful comparison of manuscripts, upon the principle that identical readings point to a common source, and when the identity between two or more manuscripts is constant -- especially in exceptional and eccentric variants -- the identity of the exemplar is established.特に異例と偏心異形で - - したがって、この問題で批評家のチーフガイドは、同一の測定値は、共通のソースにポイントして、二つ以上の写本間の同一性が一定であることを原則に、原稿を慎重に比較する必要があります手本のアイデンティティが確立されています。 But this investigation encounters two difficulties.しかし、この調査は2つの困難に遭遇した。 A first, and a very embarrassing, complication arises from the mixture of texts.最初の、そして非常に恥ずかしい、合併症は、テキストの混合物から生じる。 There are but few texts that are pure; that is to say, that are taken from a single exemplar.純粋ないくつかの文章がありますけど、これが単一の模範から取られている、と言うことです。 The ancient scribes were nearly all to a certain extent editors, and made their choice from among the variants of the different exemplars.古代の律法学者たちは、ある程度の編集者へのほぼすべてだったし、別の手本の亜種の中から自分の選択をしました。 Moreover, the correctors or the readers often introduced, either on the margin or between the lines, new readings which were subsequently embodied in the text of the manuscript thus corrected.また、コレクターや読者は、多くの場合、余白や線、その後にこうして修正された原稿の本文中に具体化された新しい読みの間のいずれかを導入しました。 In such a case the genealogy of a manuscript is liable to become very complicated.このような場合、原稿の系譜は非常に複雑になりやすい。 It also sometimes happens that two manuscripts which are closely related in certain books are totally unrelated in others.また、これは密接に特定の書籍に関連している2つの原稿が他の人では全く無関係であることを起こる。 As a matter of fact, the separate books of the Bible, in ancient times, used to be copied each upon its own roll of papyrus, and when they came to be copied from these separate rolls upon sheets of parchment, and bound together in one enormous "codex", texts belonging to quite different families might very possibly be placed together.実際のところ、聖書の別の本は、古代には、パピルスの独自のロールに応じてそれぞれをコピーするために使用され、彼らは羊皮紙のシートに応じて、これらの独立したロールからコピーされるようになったときに、一つに結ばれ巨大な "コーデックス"は、全く異なるファミリーに属するテキストは非常に可能性が一緒に配置される可能性があります。 All these facts explain why critics frequently disagree in determining genealogical groupings.批評家は頻繁に系図グループを決定する際に、同意しない理由は、これらのすべての事実は説明する。 (On this subject consult Hort, "Introduction," pp. 39-69: "Genealogical Evidence".) (この話題に関してはホルトは、 "はじめに" 39から69頁参照してください: "系図の証拠")

(iv) Critical Nomenclature, or Notation (ⅳ)重大な名称、または表記

When the copies of a text are not numerous each editor assigns them whatever conventional symbols he may choose; this was for a long time the case with the editions of the original Greek and Hebrew, of the Septuagint and the Vulgate, not to mention other versions.テキストのコピーが多くない場合には、各エディタは、彼が選択することができるものは何でも、従来のシンボルに割り当てますが、これは他のバージョンを言及しないように、長い時間のためにセプトゥアギンタとウルガタ聖書の、元のギリシャ語やヘブライ語のエディションでそうだった。 But when, as nowadays, the number of manuscripts becomes greatly increased, it is necessary to adopt a uniform notation in order to avoid confusion.しかし、最近のように、原稿の数が大幅に増加したようになるとき、それは混乱を避けるために、均一な記法を採用する必要がある。

Hebrew manuscripts are usually designated by the figures assigned them by Kennicott and De Rossi.ヘブライ語写本は通常ケニコットとデロッシによってそれらを割り当て数字で指定されています。 But this system has the disadvantage of not being continuous, the series of figures recommencing three times: Kennicott manuscripts, De Rossi manuscripts, and other manuscripts catalogued by De Rossi, but not belonging to his collection.しかし、このシステムは、連続ではないという欠点があり、3回recommencing数字のシリーズ:ケニコット写本、デ·ロッシの原稿、および他の原稿デロッシがカタログ化したが、彼のコレクションに属していない。 Another serious inconvenience arises from the fact that the manuscripts not included in the three preceding lists have remained without symbol, and can only be indicated by mentioning the number of the catalogue in which they are described.もう一つの深刻な不便さは3前述のリストに含まれていない原稿はシンボルなしで残っている、と彼らだけが記載されたカタログの数に言及することによって示すことができないという事実から生じる。

The notation of Greek manuscripts of the Septuagint is almost the same as that adopted by Holmes and Parsons in their Oxford edition 1798-1827.セプトゥアギンタのギリシア語写本の表記は、彼らの1798年から1827年にオックスフォード版ホームズとパーソンズで採択されたものとほぼ同じです。 These two scholars designated the uncials by Roman figures (from I to XIII) and the cursives by Arabic figures (from 14 to 311).これら二つの学者はローマ数字(IからXIII)とアラビア数字(14から311まで)によってcursivesによってなuncialsに指定した。 But their list was very defective, as certain manuscripts were counted twice, while others which were numbered among the cursives were uncials either wholly or in part, etc. For cursives the Holmes-Parsons notation is still retained; the uncials, including those found since, are designated by Latin capitals; but no symbols have been assigned to recently discovered cursives.特定の原稿が2回カウントされたとしてcursives間で番号が付いていた他の人がなuncialsの全部又は一部についてcursives等のホームズ·パーソンズ表記は依然として保持されている間しかし、彼らのリストには、非常に不良であった。なuncials、以降に見つかったものを含む、ラテン大文字によって指定されますが、全くのシ​​ンボルが最近発見されたcursivesに割り当てられていません。 (See the complete list in Swete, "An Introduction to the Old Testament in Greek", Cambridge, 1902, p. 120-170.) (ケンブリッジ、1902、p "は旧約聖書のギリシャ語入門"、スウィートで完全なリストを参照してください。120から170)。

The nomenclature of the Greek manuscripts of the New Testament also leaves much to be desired.新約聖書のギリシア語写本の命名法も大いに改善の余地がある。 Wetstein, the author of the usual notation, designates uncials by letters and cursives by Arabic figures. Wetstein、通常の表記法の著者は、アラビア数字で文字とcursivesによってなuncialsを指定します。 His list was continued by Birch and by Scholz, and afterwards by Scrivener, independently, by Gregory.彼のリストは、グレゴリーによって、独立して、バーチバイとショルツによって、その後書士による継続した。 The same letters answer for many manuscripts, hence the necessity of distinguishing indices, thus Dev="Codex Bezæ", Dpaul=Codex Claromontanus, etc. Moreover, the series of figures recommences four times (Gospels, Acts and Catholic Epistles, Epistles of Paul, Apocalypse), so that a cursive containing all the books of the New Testament must be designated by four different numbers accompanied by their index.それ故に多くの原稿のための答えと同じ文字、区別の指標の必要性、こうしてDEV = "コーデックスBezæ" Dpaul =コデックスClaromontanusなどはさらに、図面のシリーズは4回(福音書、使徒とカトリックの書簡は、パウロの書簡再開、黙示録)ので、新約聖書のすべての書籍を含む筆記体は、そのインデックスを伴う4異なる番号によって指定されなければならないこと。 Thus the manuscript of the British Museum "Addit. 17469" is for Scrivener 584ev, 228ac, 269pau, 97apoc (ie the 584th manuscript of the Gospel on his list, the 228th of Acts, etc.), and for Gregory 498ev, 198act, 255paul, 97apoc.したがって、大英博物館の写本 "ADDIT。17469"は584ev書士、228ac、269pau、97apoc(すなわち彼のリストに載っている福音書の第五百八十四原稿、行為の第二百二十八など)、グレゴリー498ev、198act用です255paul、97apoc。 To remedy this confusion Von Soden lays down as a principle that uncials should not have a different notation from the cursives and that each manuscript should be designated by a single abbreviation.この混乱を解決するにはフォン·ゾーデンなuncialsがcursives異なる表記法を持つべきではないことを原則として、それぞれの原稿は、単一の略語によって指定されるべきで定めている。 Hence he assigns to each manuscript an Arabic figure preceded by one of the three Greek initial letters, epsilon, alpha, or delta, according as it contains the Gospels only (euaggelion), or does not contain the Gospels (apostolos), or contains both the Gospels and some other part of the New Testament (diatheke).したがって彼は、それぞれの原稿に3ギリシャの頭文字の1、イプシロン、アルファ、デルタが先行するアラビア数字を代入し、それが唯一の福音書が含まれています(euaggelion)によるとして、または福音書が含まれていません(ポストロス)、またはその両方が含まれています福音書と新約聖書(diatheke)のいくつかの他の部分。 The number is chosen so as to indicate the approximate age of the manuscript.原稿のおおよその年齢を示すように数は、選ばれています。 This notation is unquestionably better than the other; the main point is to secure its universal acceptance, without which endless confusion will arise.この表記は、他よりも紛れもなく優れています。主なポイントは、無限の混乱が生じるされることなく、普遍的な受け入れを確保することである。

For the Vulgate the most famous manuscripts are designated either by a conventional name or its abbreviation (am="Amiatinus", fuld="Fuldensis"); the other manuscripts have no generally admitted symbol.ウルガタ聖書のための最も有名な写本は、従来の名称またはその略称(AM = "Amiatinus"、ファルド= "Fuldensis")のいずれかによって指定され、他の原稿は、一般的に認められたシンボルはありません。 (The present nomenclature is altogether imperfect and deficient. Critics should come to terms and settle upon special symbols for the genealogical groupings for manuscripts which are as yet almost entirely deprived of them. On this subject see the present writer's article, "Manuscrits bibliques" in Vigouroux, "Dict. de la Bible", IV, 666-698). (現在の名称は完全に不完全で欠損している。批評家は折り合いをつけると、まだほぼ完全にそれらを奪われている原稿のための系図グループに特殊記号によって解決すべき。この問題に関して、現在の作家の資料を参照してください、の "bibliquesはManuscrits" Vigouroux、 "dictのです。デラ聖書"、4、666から698まで)。

(b) Versions (b)のバージョン

The importance of the ancient versions in the textual criticism of the Sacred Books arises from the fact that the versions are often far anterior to the most ancient manuscripts.神聖な書籍のテキストの批判には、古代のバージョンの重要性は、バージョンがしばしば最も古代の写本にはるか前方であるという事実から生じる。 Thus the translation of the Septuagint antedated by ten or twelve centuries the oldest copies of the Hebrew text that have come down to us.したがってセプトゥアギンタの翻訳は10または12世紀によって、私たちが降りてくるヘブライ語のテキストの中で最も古いコピーをantedated。 And for the New Testament the Italic and the Peshito versions are of the second century, and the Coptic of the third, while the "Vaticanus' and the "Sinaiticus", which are our oldest manuscripts, date only from the fourth. These translations, moreover, made on the initiative and under the superintendence of the ecclesiastical authorities, or at least approved and sanctioned by the Churches that made public use of them, have undoubtedly followed the exemplars which were esteemed the best and most correct; and this is a guarantee in favour of the purity of the text they represent. Unfortunately, the use of versions in textual criticism offers numerous and sometimes insurmountable difficulties. First of all, unless the version be quite literal and scrupulously faithful, one is often at a loss to determine with certainty which reading it represents. And besides, we have few or no ancient versions edited according to the exigencies of rigorous criticism; the manuscripts of these versions differ from one another considerably, and it is often hard to trace the primitive reading. When there have been several versions in the same language, as is the case, for example, in Latin, Syriac, and Coptic, it is seldom that one version has not in the long run reacted on the other. Again, the different copies of a version have frequently been retouched or corrected according to the original, and at various epochs some sort of recensions have been made. The case of the Septuagint is well enough known by what St. Jerome tells of it, and by the examination of the manuscripts themselves, which offer a striking diversity. For these various reasons the use of the versions in textual criticism is rather a delicate matter, and many critics try to evade the difficulty by not taking them into account. But in this they are decidedly wrong, and later it will be shown to what use the Septuagint version may be put in the reconstruction of the primitive text of the Old Testament.私たちの最古の写本である "Vaticanus 'と"写本 "、第四のみから日付ながら、新約聖書にはイタリックとPeshitoバージョンは第二世紀のものであり、第三のコプト。これらの翻訳は、また、構想にと教会当局の監督の下で行われ、あるいは少なくとも承認され、それらの公共利用をした教会によって認可され、間違いなく最高の、最も尊敬された正しい手本に従っていること、そしてこれは保証であるそれらが表すテキストの純度の賛成で、残念ながら、テキストの批判内のバージョンの使用が多く、時には乗り越えられない困難を提供していますまず、バージョンがかなりリテラルと綿密に忠実である限り、1つは、と判断するために途方に暮れることが多いです。確実性は、読書、それが表すそれに、我々はいくつか持っているか、古いバージョンでは、厳格な批判の緊急性に応じて編集していませんが、これらのバージョンの原稿はかなり互いに異なる、それは原始的な読書をトレースすることがしばしば困難であるそこに持っている場合。同じ言語のいくつかのバージョンがあっとしてラテン語、シリア語、コプト語、例えば、ケースですが、それは1つのバージョンは、長い目で見れば、他に反応していないことはめったにない。繰り返しになりますが、バージョンの異なるコピーは持っている頻繁に加筆するか、元のに応じて補正、および様々なエポックでrecensionsのいくつかの並べ替えが行われました。セプトゥアギンタのケースは十分聖ジェロームはそれを言うことで知られており、原稿自体の検査によって、どのれ印象的な多様性を提供します、これらの様々な理由によりテキストの批判内のバージョンの使用は、かなり微妙な問題である、とする多くの批評家はアカウントにそれらを取っていないことで難しさを回避しようとしますしかし、これでは、彼らは明らかに間違っているし、後でセプトゥアギンタのバージョンを使用しているものに表示され、旧約聖書のテキストをプリミティブの再建に入れてもよい。

(c) Quotations (c)の名言集

That the textual criticism of the Greek New Testament, the Septuagint and the Vulgate has profited by quotations from the Fathers is beyond question; but in using this authority there is need of caution and reserve.ギリシャ語新約聖書、セプトゥアギンタとウルガタ聖書のテキストの批判には、父からの引用によって利益を得たことは、疑う余地なくなっていますが、この権限を使用して、注意と準備の必要性がある。 Very often Biblical texts are quoted from memory, and many writers have the habit of quoting inaccurately.非常に頻繁に聖書の中のテキストをメモリから引用し、多くの作家が不正確に引用しての習慣を持っています。 In his Prolegomena to the eighth edition of Tischendorf (pp. 1141-1142), Gregory gives three very instructive examples on this subject.ティッシェンドルフ(頁1141年から1142年)第8版への彼の序説では、グレゴリーは、このテーマには3つの非常に有益な例を示しています。 Charles Hodge, the author of highly esteemed commentaries, when informed that his quotation from Genesis, iii, 15, "The seed of the woman shall bruise the serpent's head", was a serious inaccuracy, refused to change it on the ground that his translation had passed into use.通知チャールズホッジ、高い評価を受け論評の著者は、創世記、III、15日から彼の引用は、 "女性の種子は打撲、蛇の頭をしなければならない"と、深刻な不正確だった、地面にそれを変更することを拒否している彼の翻訳使われるように過ぎていた。 In his history of the Vulgate the learned Kaulen twice quoted the well-known saying of St. Augustine, once accurately: "verborum tenacior cum perspicuitate sentientiæ", and once inaccurately: "verborum tenacior cum sermonis perspicuitate". "verborum tenacior兼perspicuitatesentientiæ"、一度不正確: "verborum tenacior兼sermonis perspicuitate"ウルガタ聖書の彼の歴史で学んKaulenは二度の周知度を正確に、聖アウグスティヌスの言葉を引用した。 Finally, out of nine quotations from John, iii, 3-5, made by Jeremy Taylor, the celebrated theologian, only two agree, and not one of the nine gives the words of the Anglican version which the author meant to follow.最後に、ジェレミー·テイラー、著名な神学者によって行われたジョン、III、3-5、9からの引用のうち、2つだけは同意していない9のいずれかの著者が従うことを意味公会バージョンの言葉を与える。 Surely we should not look for greater rigour or accuracy from the Fathers, many of whom lacked the critical spirit.確かに我々が祖先から大きい硬直性や正確性について見てはいけない、彼らの多くは批判精神を欠いていた。 Furthermore, it should be noted that the text of our editions is not always to be depended upon.さらに、それは、私たちのエディションのテキストは常に当てにならないことに留意すべきである。 We know that copyists, when transcribing the works of the Fathers, whether Greek or Latin, frequently substitute for Biblical quotations that form of text with which they are most familiar, and even the editors of former times were not very scrupulous in this respect.我々は、ギリシャ語やラテン語では、頻繁に彼らが最も使い慣れたそのテキストの形式聖書の引用に置き換えるかどうかは、父の作品を転写する際に、その写字生を知っていて、昔のも編集者はこの点で非常に実直ではありませんでした。 Would anyone have suspected that in the edition of the commentary of St. Cyril of Alexandria on the fourth Gospel, published by Pusey in 1872, the text of St. John, instead of being reproduced from St. Cyril's manuscript, is borrowed from the New Testament printed at Oxford?誰でも新しいから借用され、1872年にピュージーによって公開第四福音書は、上のアレクサンドリアの聖シリルの解説の版ではなく、聖ヨハネのテキストは聖シリルの原稿から再生されていることを疑っただろう聖書はオックスフォードで印刷? From this standpoint the edition of the Latin Fathers undertaken in Austria and that of the ante-Nicene Greek Fathers published at Berlin, are worthy of entire confidence.このような観点からオーストリアで行わラテン教父のエディションとベルリンで公開アンティ - ニカイアギリシャの祖先のものは、全体の信頼に値する。 Quotatations have a greater value in the eyes of the critic when a commentary fully guarantees the text; and the authority of a quotation is highest when a writer whose reputation for critical habits is well established, such as Origen or St. Jerome, formally attests that a given reading was to be found in the best or most ancient manuscripts of his time. Quotatationsは論評は完全にテキストを保証して評論家の目には大きな価値を持っている、および引用の権威は、原産地や聖ジェロームとして、その評判の重要な習慣のために作家が十分に確立されたときに最も高くなり、正式にそれを証明している与えられたリーディングは彼の時代の最高のまたは最も古い写本で発見されることになっていた。 It is obvious that such evidence overrules that furnished by a simple manuscript of the same epoch.それはそのような証拠は同じ時代のシンプルな原稿は、提供することを覆すことは明らかである。

(2) Internal or Paradiplomatic Evidence (2)内部またはParadiplomatic証拠

It frequently happens that the testimony of documents is uncertain because it is discordant, but even when it is unanimous, it may he open to suspicion because it leads to improbable or impossible results.それは頻繁にそれが耳障りであるため、文書の証言が不確実であることを起こるが、それはありそうにない、あるいは不可能な結果につながりますので、それが全会一致であっても、それは彼が疑いを開く可能性があります。 It is then that internal evidence must be resorted to, and, although of itself it seldom suffices for a firm decision, it nevertheless corroborates, and sometimes modifies, the verdict of the documents.それは内部の証拠は、それがあまりしっかりした意思決定のための十分でない自身のが、それにもかかわらず、文書の評決を裏付ける、時には修正、に頼って、しなければならず、次になります。 The rules of internal criticism are simply the axioms of good sense, whose application calls for large experience and consummate judgment to ward off the danger of arbitrariness amid subjectivism.内部批判のルールは、単にアプリケーションに大きな経験と主観の中で恣意性の危険を追い払うために完璧な判断を必要とする良識の公理である。 We shall briefly formulate and expound the most important of these rules.私たちは簡単に定式化して、これらのルールの中で最も重要な詳しく説明しなければならない。

Rule 1.ルール1。 Among several variants that is to be preferred which best agrees with the context and most closely conforms to the style and mental habits of the author.最高のコンテキストに賛同し、最も密接に作家のスタイルと精神的な習慣に準拠した方法が好まれますいくつかのバリエーションの中で。 -- This rule is thus explained by Hort ("The New Testament in the Original Greek", Introduction, London, 1896, p. 20): "The decision may be made either by an immediate and as it were intuitive judgment, or by weighing cautiously various elements which go to make up what is called sense, such as conformity to grammar and congruity to the purport of the rest of the sentence and of the larger context; to which may rightly be added congruity to the usual style of the author and to his matter in other passages. The process may take the form either of simply comparing two or more rival readings under these heads, and giving the preference to that which appears to have the advantage, or of rejecting a reading absolutely for violation of one or more of the congruities, or of adopting a reading absolutely for perfection of congruity." - この規則は、このようにホルト(P、1896年、はじめに、ロンドン、 "元のギリシャ語新約聖書" 20)で説明されています: "決定は、即時で、それは直感的な判断であったとして、またはによって行うことができる文章の、より大きな文脈の残りの部分の趣旨に文法や調和にそのような適合としてセンスと呼ばれるものを補うために行く慎重に様々な要素を、計量、その当然の著者のいつものスタイルに調和を追加することがおよびその他の通路で彼の問題へ。プロセスは、単にこれらのヘッドの下に2つ以上のライバルの測定値を比較し、優位性を持っているように見えていることを優先するのか、または1つの違反のために絶対に読書を拒絶するのいずれかの形態をとることができる以上congruitiesの、または適合性の完成のために絶対に読書を採用した。 " The application of this rule rarely produces certainty; it usually leads only to a presumption, more or less strong, which the documentary evidence confirms or annuls as the case may be.この規則の適用はめったに確実性を生成しないで、普通は証拠書類が確認している、多かれ少なかれ強い、推定のみにつながるか、場合によってはannuls。 It would be sophistical to suppose that the ancient authors are always consistent with themselves, always correct in their language and happy in their expressions.それは古代の作家は、常に彼らの言語で常に正しい、自分自身と矛盾や表情に満足していると仮定してsophisticalだろう。 The reader is all too liable to imagine that he penetrates their thought, and to make them talk as he himself would have talked on a like occasion.読者は、彼は自分の思想を浸透することを想像して、彼自身のような機会に話をしていると同じように彼らが話すように、あまりにも責任がある。 It is but a step from this to conjectural criticism which has been so much abused.これはからそんなに乱用されていましたが、推測の批判にステップです。

Rule 2.ルール2。 Among several readings that is preferable which explains all others and is explained by none.いくつかの測定値の中で、それは他のすべてを説明し、なしでは説明されているのが好ましい。 -- Gregory, in his "Prolegomena" (8th critical ed. of the New Testament by Tischendorf, p. 63), says apropos of this rule: "Hoc si latiore vel latissimo sensu accipietur, omnium regularum principium haberi poterit; sed est ejusmodi quod alius aliter jure quidem suo, ut cuique videtur, definiat sequaturque." - グレゴリーは、彼の "序説"(第8回クリティカルED新約聖書のティッシェンドルフは、pは63)で、この規則のaproposを言う: "アドホックSI latiore VEL latissimo扇子accipietur、オムニウムregularum principium haberi poterit; EST ejusmodiをセッド刑務所アリウスaliterデジュールquidem SUO、UT cuique videtur、definiat sequaturque。 " It is, in fact, subject to arbitrary applications, which only proves that it must be employed with prudence and circumspection.それは、実際には、唯一のそれは慎重かつ慎重に用いなければならないことを証明している任意のアプリケーションの対象となっている。

Rule 3.ルール3。 The more difficult reading is also the more probable.より困難な読書はまた、よりありえそうです。 -- "Proclivi scriptioni pr stat ardua" (Bengel). - "Proclivi scriptioni PRのstat ardua"(ベンゲル)。 -- Although it may seem entirely paradoxical, this rule is, in a certain measure, founded on reason, and those who have contested it most vigorously, like Wetstein, have been obliged to replace it with something similar. - それは完全に逆説的に思えるかもしれませんが、このルールでは、特定の措置には、その理由に設立され、Wetsteinのように、最も精力的にそれに異議を唱えた人々は、同じような何かでそれを置き換えることが義務付けされています。 But it is true only on condition that the clause be added, all other things being equal; else we should have to prefer the barbarisms and absurdities of copyists solely because they are more difficult to understand than the correct expression or the intelligently turned phrase.しかし、それは他のすべてのものが同じであれば、句のみが追加されることを条件にtrueになります彼らが正しい表現または知的になっフレーズよりも理解することがより困難であるため、他の我々はもっぱら写字生のbarbarismsと不条理を好むように持っている必要があります。 Indeed copyists never change their text merely for the pleasure of rendering it obscure or of corrupting it; on the contrary, they rather try to explain or correct it.確かに写字生は、単にそれがあいまいなレンダリングのか、それを壊すの喜びのためにそれらのテキストを変更することはありません、それどころか、むしろそれを説明したり、解決してみてください。 Hence a harsh expression, an irregular phrase, and an unlooked-for thought are possibly primitive, but always, as we have said, on this condition: ceteris paribus.ほかの条件が等しければ:それ故に厳しい表情、不規則なフレーズ、そして意外な思考はこの条件で、我々が述べたように、常に、おそらく原始的ですが、。 Nor must it be forgotten that the difficulty of the reading may arise from other causes, such as the ignorance of the scribe or the defects of the exemplar which he copies.また、それは読書の難しさは、そのような筆記の無知か、彼がコピー模範の欠陥などの他の原因から発生する可能性があることを忘れてはなりません。

Rule 4.ルール4。 The shortest reading is, in general, the best.最短読書は、一般的には、最高です。 -- "Brevior lectio, nisi testium vetustorum et gravium auctoritate penitus destituatur, præferenda est verbosiori. Librarii enim multo proniores ad addendum fuerunt, quam ad omittendum (Griesbach)." - "Brevior lectio、NiSiをtestium v​​etustorumらgravium auctoritate penitus destituatur、præferendaEST verbosiori Librarii enim multo proniores広告補遺fuerunt、quam広告omittendum(バッハ)。" The reason given by Griesbach, author of this rule, is confirmed by experience.バッハは、この規則の著者が与えられた理由は、経験によって確認される。 But it should not be too generally applied; if certain copyists are inclined to put in an insufficiently authorized interpolation, others, in their haste to finish the task, are either deliberately or unknowingly guilty of omissions or abbreviations.しかし、それはあまりにも一般的に適用すべきではありません特定の写字生が不十分承認補間に置くために傾斜している場合、他のものは、タスクを完了するために彼らの急いで、故意または無意識のうちにどちらか省略や略語の罪を犯している。

We see that the rules of internal criticism, in so far as they can be of any use, are suggested by common sense.我々は、内部批判のルールは、これまでのところ、彼らは任意の使用することができますように、常識によって示唆されていることがわかります。 Other norms formulated by certain critics are based on nothing but their own imaginations.特定の批評家によって定式他の規範は何も、自分の想像力に基づいています。 Such is the following proposed by Griesbach: "Inter plures unius loci lectiones ea pro suspectâ merito habetur quæ orthodoxorum dogmatibus manifeste præ ceteris favet."そのような物はグリースによって提案された次のとおりです。 "インターplures unius座lectiones EAプロsuspectâmerito habeturquæorthodoxorum dogmatibus manifestepræ他の条件favet" It would then follow that the variants suspected of heresy have all the probabilities in their favour, and that heretics were more careful of the integrity of the sacred text than were the orthodox.そして、それは異端の疑いのある変種は彼らの好意のすべての確率を持っていることに従うでしょうし、その異端は正統派よりも神聖なテキストの整合性をより注意していました。 History and reason combined protest against this paradox.このパラドックスに対する歴史と理由を合わせ抗議。

C. Conjectural Criticism C.推測批評

As a principle, conjectural criticism is not inadmissible.原則として、推測の批判は認められないではありません。 In fact it is possible that in all existing documents, manuscripts, versions, and quotations, there are primitive errors which can only be corrected by conjecture.実際には、既存のすべての文書、写本、バージョン、および引用符で、唯一の推測によって補正することができる原始的なエラーがある可能性があります。 The phrase primitive errors is here used to denote those that were committed by the scribe himself in dictated works or that crept into one of the first copies on which depend all the documents that have come down to us.フレーズプリミティブエラーはここに決まり作品にスクライブ自身がコミットされたことや、私たちが降りてくるすべての文書を依存している第一のコピーのいずれかに紛れ込んでいるものを表すために使用されます。 Scrivener, therefore, seems too positive when he writes ("Introduction", 1894, Vol. II, p. 244): "It is now agreed among competent judges that Conjectural Emendation must never be resorted to even in passages of acknowledged difficulty; the absence of proof that a reading proposed to be substituted for the common one is actually supported by some trustworthy document being of itself a fatal objection to our receiving it."Many critics would not go thus far, as there are passages that remain doubtful even after the efforts of documentary criticism have been exhausted, and we cannot see why it should be forbidden to seek a remedy in conjectural criticism.彼の書き込み時に書士は、したがって、( "はじめに"、1894、VOL IIは、p 244)あまりにもポジティブだ: "これは、今推測校正が認識難易度の通路でさえに頼ってはならないことを有能な裁判官の間で合意されています。読書は一般的なものに置換することを提案したという証拠の不在は、実際に自分自身の我々がそれを受信するのに致命的な異議あるいくつかの信頼できるドキュメントでサポートされています。 "後でさえ疑わしいまま通路があるとして、多くの批評家は、これまで行かないだろうドキュメンタリー批判の努力が尽くされた、それは推測の批判で救済策を模索するために禁止されるべきであるなぜ我々は見ることはできません。 Thus Hort justly remarks ("Introduction", 1896, p. 71): "The evidence for corruption is often irresistible, imposing on an editor the duty of indicating the presumned unsoundness of the text, although he may be wholly unable to propose any endurable way of correcting it, or have to offer only suggestions in which he cannot place full confidence."したがって当然の発言( "はじめに"、1896年、P 71)ホルト: "彼は耐えを提案することが完全にできないことがありますが、破損の証拠は、エディタ上のテキストのpresumned不健康を示す義務を課すことは、しばしば非常に魅力的ですそれを矯正する方法、または彼が全幅の信頼を置かないことができる唯一の​​提案を提供する必要があります。 " But he adds that, in the New Testament, the rôle of conjectural emendation is extremely weak, because of the abundance and variety of documentary evidence, and he agrees with Scrivener in admitting that the conjectures presented are often entirely arbitrary, almost always unfortunate, and of such a nature as to satisfy only their own inventor.しかし、彼は、新約聖書では、推測校正の役割があるため、証拠書類の豊かさと多様性で、非常に微弱であり、彼は不幸な、ほとんど常に、提示推測はしばしば完全に任意であることを認めるの書士に同意する、と付け加えていると唯一の独自の発明者を満足させるような性質の。 To sum up, conjectural criticism should only be applied as a last resort, after every other means has been exhausted, and then only with prudent scepticism.他のすべての手段が賢明懐疑的にだけにして排出され、された後に総括すると、推測の批判が最後の手段としてのみ適用されるべきである。

D. Application of the principles and processes of textual criticism原典批評の原則とプロセスのD.アプリケーション

It remains briefly to explain the modifications which the principles of textual criticism undergo in their application to Biblical texts, to enumerate the chief critical editions, and to indicate the methods followed by the editors.これは、テキストの批判の原理はチーフ重要なエディションを列挙するために、編集者が続く方法を示すために、聖書の中のテキストへの応用に受けるの変更を説明するために一時的に残っています。 We shall here speak only of the Hebrew text of the Old Testament and of the Greek text of the New.我々はここで旧約聖書と新ギリシャ語のテキストのヘブライ語のテキストだけ話すものとします。

1. 1。 Hebrew text of the Old Testament旧約聖書のヘブライ語のテキスト

(a) The critical apparatus (イ)重要な装置

The number of Hebrew manuscripts is very great.ヘブライ語写本の数は非常に素晴らしいです。 Kennicott ("Dissertatio generalis in Vet. Test. hebraicum", Oxford, 1780) and De Rossi ("Vaniæ lectiones Vet. Testamenti", Parma, 1784-88) have catalogued over 1300.ケニコット( "Dissertatio generalis獣医インチテスト。hebraicum"、オックスフォード、1780)とデ·ロッシ( "Vaniælectiones獣医。Testamenti"、パルマ、1784年から1788年)は、1300年の上にカタログされています。 Since their day this figure has greatly increased, thanks to discoveries made in Egypt, Arabia, Mesopotamia, and above all in the Crimea.その日以来、この数字は大きく、エジプト、サウジアラビア、メソポタミア、およびクリミア上記のすべて作ら発見のおかげで増加している。 Unfortunately, for the reason given above under A. Necessity and Processes, the Hebrew manuscripts are comparatively recent; none is anterior to the tenth century or at any rate the ninth.残念なことに、Aの必要性とプロセスの下で上記の理由で、ヘブライ語写本は、比較的最近であり、いずれも第九第十一世紀の前方または任意のレートではありません。 The "Codex Babylonicus" of the Prophets, now at St. Petersburg and bearing the date 916, generally passes for the oldest.現在、サンクトペテルブルクでの日付と916が付いた預言者の "コーデックスBabylonicus"は、一般的に最も古いのために渡します。 According to Ginsburg, however, the manuscript numbered "Oriental 4445" of the British Museum dates back to the middle of the ninth century.ギンズバーグによると、しかし、原稿は、9世紀半ばにまでさかのぼり、大英博物館の "オリエンタル4445"の番号が付けられています。 But the dates inscribed on certain manuscripts are not to be trusted.しかし、特定の写本に記された日付は、信頼されることはありません。 (See on this subject, Neubauer, "Earliest manuscripts of the Old Testament" in "Studia Biblica", III, Oxford, 1891, pp. 22-36.) When the Hebrew manuscripts are compared with one another, it is amazing to find how strong a resemblance exists. (頁22から36 "Studia Biblica"において、Ⅲ、オックスフォード、1891年、 "旧約聖書の最古の写本"、この主題にノイバウアーを参照してください。)ヘブライ語写本が互いに比較されるとき、それは見つけるために素晴らしいですどのように強い類似性が存在します。 Kennicott and De Rossi, who collected the variants, found hardly any of importance.ケニコットとバリアントを集めたデ·ロッシは、ほとんどすべての重要な見つかりませんでした。 This fact produces at first a favourable impression, and we are inclined to believe that it is very easy to restore the primitive text of the Hebrew Bible, so carefully have the copyists performed their task.この事実は、最初に好印象で生成され、我々はそれを持っているので、慎重に写字生が自分のタスクを実行し、ヘブライ語聖書の原始テキストを復元するのは非常に容易であると信じるように傾斜している。 But this impression is modified when we consider that the manuscripts agree even in material imperfections and in the most conspicuous errors.私たちも、材料の欠陥で、最も目立つエラーで写本が同意することを考えると、しかし、この印象は変更されています。 Thus they all present, in the same places, letters that are larger or smaller than usual, that are placed above or below the line, that are inverted, and sometimes unfinished or broken.こうして彼らすべてが反転し、時には未完成か壊れているラインの上または下に配置され、同じ場所、通常よりも大きくなったり小さくなったりした手紙、、で、提示する。 Again, here and there, and precisely in the same places, may be noticed spaces indicating a hiatus; finally, on certain words or letters are points intended to annul them.繰り返しになりますが、こことそこに、そして正確に同じ場所で、中断を示すスペースを気づいたことがあり、最後に、特定の単語や文字にそれらを破棄するように意図ポイントです。 (See Cornill, "Einleitung in die Kanon. Bücher des AT", 5th ed., Tübingen, 1905, p. 310.) All these phenomena led Spinoza to suspect, and enabled Paul de Lagarde to prove (Anmerkungen zur griechischen Uebersetzung der Proverbien, 1863, pp. 1, 2) that all the Hebrew manuscripts known come down from a single copy of which they reproduce even the faults and imperfections. (コルニル、 "ダイカノンでEinleitungを。ブッチャーデAT"を参照して、第五編、テュービンゲン、1905年、頁310。)これらのすべての現象は、スピノザが疑われるに至った、と(Anmerkungenツアgriechischen UebersetzungファンデProverbienを証明するためにポール·ド·ラガルドを有効に1863年、知られているすべてのヘブライ語写本は彼らも障害と欠陥を再現そのうちの単一のコピーから降りてくることが頁1、2)。 This theory is now generally accepted, and the opposition it has met has only served to make its truth clearer.この理論は、現在一般的に受け入れられている、それが満たされている反対者は、その真実をはっきりさせるのに役立っています。 It has even been made more specific and has been proved to the extent of showing that the actual text of our manuscripts was established and, so to speak, canonized between the first and second century of our era, in an epoch, that is, when, after the destruction of the Temple and the downfall of the Jewish nation, all Judaism was reduced to one school.それも、より具体的ななされたもので、いわば、私たちの原稿の実際のテキストが確立されたことを示すとの程度に証明されている、私たちの時代第一及び第二世紀の間に列聖され、エポックで、つまり、時、寺院とユダヤ人国家の没落の破壊の後、すべてのユダヤ教は、1つの学校に減少した。 In fact, this text does net differ from that which St. Jerome used for the Vulgate, Origen for his Hexapla, and Aquila, Symmachus, and Theodotus for their versions of the Old Testament, although it is far removed from the text followed in the Septuagint.それは遠くに続くテキストから削除されているが実際には、このテキストは、ネット、聖ジェロームは彼の6カ国語対訳用ウルガタ、原産地、およびアクイラ、シンマクス、旧約聖書のそれぞれのバージョンのためにtheodotusのために使用されるものとの違いは何セプトゥアギンタ。 As centuries elapsed between the composition of the various books of the Old Testament and the determining of the Massoretic text, it is but likely that more or less serious modifications were introduced, the more so as, in the interval, there had occurred two events particularly favourable to textual corruption, namely a change in writing -- the old Phœnician having given way to the square Hebrew -- and a change in spelling, consisting, for example, of the separation of words formerly united and in the frequent and rather irregular use of matres lectionis.旧約聖書の様々な書籍の組成とmassoreticテキストの決定は数世紀の間に経過したように、それは多かれ少なかれ重大な改変が導入されましたが、それ以上のように、間隔で、特に二つの出来事が起きていた可能性が高いですが、古いフェニキアが方形ヘブライ語への道を与えた - - テキストの破損、すなわち書面の変更に有利な以前の単語の分離の例については、構成されるとスペルの変化、団結し、頻繁ではなく、不規則な使用でmatresのlectionisの。 The variants that supervened may be accounted for by comparing parallel parts of Samuel and Kings with the Paralipomena, and above all by collating passages twice reproduced in the Bible, such as Ps. supervenedバリアントはpsなど、Paralipomenonのとサミュエルとキングスの平行部分を比較することにより、を占めており、上記のすべての照合通路で二回聖書で複製することはできません。 xvii (xviii) with 2 Samuel 22, or Isaiah 36-39, with 2 Kings 18:17-20:19. 2キングス18:17-20:19で2サミュエル22、またはイザヤ書36-39とXVII(XVIII)。 [See Touzard, "De la conservation du texte hébreu" in "Revue biblique", VI (1897), 31-47, 185-206; VII (1898), 511-524; VIII (1899), 83-108.] [; VII(1898)、511から524; Touzard、 "レヴューbiblique"の "デ·ラ·保全·デュTEXTEhébreu" VI(1897)、31から47まで、185から206を参照してください。VIII(1899)、83から108を]

An evident consequence of what has just been said is that the comparison of extant manuscripts enlightens us on the Massoretic, but not on the primitive text.ただ言われてきたことの明らかな結果は現存写本の比較はmassoreticの上ではなく、原始的なテキスト上で私たちを啓発することである。 On the latter subject the Mishna and, for still stronger reasons, the remainder of the Talmud cannot teach us anything, as they were subsequent to the constitution of the Massoretic text; nor can the Targums, for the same reason and because they may have since been retouched.後者の主題のmishna上と、依然として強い理由のために、彼らはmassoreticテキストの構成に続いていたとして、タルムードの残りの部分は、私たちには何も教えることはできない。もTargumsはできますが、同じ理由から、彼らは以来、持っているかもしれないので加筆されて。 Therefore, outside of the Massoretic text, our only guides are the Samaritan Pentateuch and the Septuagint version.したがって、テキストmassoreticの外、我々の唯一のガイドが、サマリア五セプトゥアギンタとバージョンです。 The Samaritan Pentateuch offers us an independent recension of the Hebrew text, dating from the fourth century before our era, that is, from an epoch in which the Samaritans, under their high-priest Manasseh, separated from the Jews; and this recension is not suspected of any important modifications except the rather inoffensive, harmless one of substituting Mount Gerizim for Mount Hebal in Deut., xxvii, 4.サマリアは、私たちの時代の前に、出会い系からの第4世紀のヘブライ語のテキストの独立した校訂本、サマリア人は、彼らの高司祭マナセの下で、ユダヤ人から分離された時代から、ですを提供しています、そしてこの校訂本ではありません申でマウントHebalに対するマウントGerizimを代入するのではなく、不快感を与えない、無害な1。、27、4を除くすべての重要な変更の疑いがある。 As to the Septuagint version, we know that it was begun, if not completed, about 280 BC To Paul de Lagarde especially belongs the credit of drawing the attention of scholars to the value of the Septuagint for a critical edition of the Hebrew Bible.セプトゥアギンタのバージョンに関しては、我々はそれが完了していない場合には、ポール·ド·ラガルド約280 BCは特にヘブライ語聖書の重要な版のためのセプトゥアギンタの値に学者の注目を集めての信用に属し、開始されたことを知っています。

(b) Critical editions of the Hebrew textヘブライ語のテキストの(b)の重要なエディション

After the publication of the Psalms at Bologna in 1477, of the Pentateuch at Bologna in 1432, of the Prophets at Soncino in 1485, and of the Hagiographa at Naples in 1487, the entire Old Testament appeared at Soncino (1488), at Naples (1491-93), at Brescia (1494), at Pesaro (1511-17), and at Alcalá (1514-17). 1485年Soncinoので預言者の、1432でボローニャでの五、1477年にボローニャで詩篇の公表の後、そして1487年にナポリでのhagiographa、全体旧約聖書にはナポリで、Soncinoの(1488)に登場( 1491年から1493年)、ブレシア(1494)で、ペーザロ(1511年から1517年)であり、アルカラ(1514年から1517年)であった。 Then, between 1516 and 1568, came the four Rabbinic Bibles of Venice.その後、1516年と1568年の間に、ヴェネツィアの4ラビ聖書が来た。 It is the second, edited by Jacob ben Chayim and printed by Bomberg in 1524-1525, that is generally looked upon as containing the textus receptus (received text).これは、一般的に公認本文(受信したテキスト)を含むように見下ろしていること、第二ジェイコブベンChayimによって編集されたと1524年から1525年にbombergのことで印刷されます。 The list of the innumerable editions which followed is given by Pick in his "History of the Printed Editions of the Old Testament" in "Hebraica" (1892-1893), IX, pp. 47-116.続いて無数のエディションの一覧は、 "Hebraica"(1892年から1893年)、IX、47から116頁で、彼の "旧約聖書の印刷版の歴史"で選んで与えられる。 For the most important editions see Ginsburg, "Introduction to the Massoretic-critical edition of the Hebrew Bible" (London, 1897), 779-976.のために最も重要なのエディションはギンズバーグ、(ロンドン、1897)、 "ヘブライ語聖書のmassoreticのクリティカルエディションの概要"、779から976を参照してください。 The editions most frequently reprinted are probably those of Van der Hoogt, Hahn, and Theile; but all these older editions are now supplanted by those of Baer and Delitzsch, Ginsburg, and Kittel, which are considered more correct.最も頻繁に復刻版はおそらくファンデHoogt、ハーン、そしてタイレのものですが、すべてのこれらの古いエディションは、今や、より正しいとみなされベーアとデリッチ、ギンズバーグ、およびキッテルのものに取って代わられています。 The Baer and Delitzsch Bible appeared in fascicles at Leipzig, between 1869 and 1895, and is not yet complete; the entire Pentateuch except Genesis is wanting.ベーアとデリッチ聖書は1869年と1895年の間に、ライプツィヒで束で登場し、まだ完全ではありません。ジェネシス除いて全体の五は欠けている。 Ginsburg, author of the "Introduction" mentioned above, has published an edition in two volumes (London, 1894).ギンズバーグ、上記の "はじめに"の著者は、2つのボリューム(ロンドン、1894)で版を発表した。 Finally, Kittel, who had called attention to the necessity of a new edition (Ueber die Notwendigkeit und Möglichkeit einer neuen Ausgabe der hebraïschen Bibel, Leipzig, 1902) has just published one (Leipzig, 1905-06) with the assistance of several collaborators, Ryssel, Driver, and others.最後に、新しい版の必要性に注意を呼びかけていたキッテルは、(UeberダイNotwendigkeitウントMöglichkeiteine​​rアニュー全集ファンデhebraïschenBibel、ライプチヒ、1902)だけでいくつかの協力者の支援を受けて1(ライプチヒ、1905年から1906年)を出版している、 Ryssel、ドライバ、および他のです。 Almost all the editions thus far mentioned reproduce the textus receptus by correcting the typographical errors and indicating the interesting variants; all adhere to the Massoretic text, that is, to the text adopted by the rabbis between the first and second centuries of our era, and found in all the Hebrew manuscripts.ほぼこれまで記載されているすべてのエディションには、誤植を訂正し、興味深い変種を示すことにより、公認本文を再現し、すべての私たちの時代第一及び第二世紀の間のラビで採択されたテキストに、つまり、massoreticテキストに準拠し、すべてのヘブライ語写本に見られる。 A group of German, English, and American scholars, under the direction of Haupt, have undertaken an edition which claims to go back to the primitive text of the sacred authors.ドイツ語、英語、そしてアメリカの学者のグループが、ハウプトの指導の下、神聖な作家の原始テキストに戻っていると主張版に着手した。 Of the twenty parts of this Bible, appearing in Leipzig, Baltimore, and London, and generally known under the name of the "Polychrome Bible" sixteen have already been published: Genesis (Ball, 1896), Leviticus (Driver, 1894), Numbers (Paterson, 1900), Joshua (Bennett, 1895), Judges (Moore, 1900), Samuel (Budde, 1894), Kings (Stade, 1904), Isaiah (Cheyne, 1899), Jeremiah (Cornill, 1895), Ezekiel (Toy, 1899), Psalms (Wellhausen, 1895), Proverbs (Kautzsch, 1901), Job (Siegfried, 1893), Daniel (Kamphausen, 1896), Ezra-Nehemiah (Guthe, 1901), and Chronicles (Kittel, 1895); Deuteronomy (Smith) is in press.ジェネシス(ボール、1896)、レビ記(ドライバ、1894)、番号:ライプツィヒ、ボルチモア、ロンドンに登場し、一般に、すでに発表されている "ポリクローム聖書" 16の名で知られるこの聖書の20部、 (パターソン、1900)、ジョシュア(ベネット、1895)、ジャッジ(ムーア、1900)、サミュエル(ブッディ、1894)、キングス(シュターデ、1904)、イザヤ書(チェーンストークス、1899)、エレミヤ(コルニル、1895)、エゼキエル(玩具、1899)、詩篇(ヴェルハウゼン、1895)、諺(カウチ、1901)、仕事(ジークフリート、1893)、ダニエル(Kamphausenに、1896)、エズラ - ニーアマイア(Guthe、1901)、およびクロニクル(キッテル、1895);申命記(スミス)がマスコミである。 It is needless to state that, like all who have thus far endeavoured to restore the primitive text of certain books, the editors of the "Polychrome Bible" allow a broad margin for subjective and conjectural criticism.これまで、特定の書籍の原始テキストを復元するために努力してきたすべての人のよ​​うに、 "多色バイブル"の編集者が主観的と推測批判のための広範な余裕を、という状態に言うまでもない。

2. 2。 Greek text of the New Testament新約聖書は、ギリシャ語のテキスト

(a) Use of the critical apparatus ()重要な装置の使用

The greatest difficulty confronting the editor of the New Testament is the endless variety of the documents at his disposal.新約聖書の編集者が直面している最大の困難は、彼の処分で書類の無限の多様性である。 The number of manuscripts increases so rapidly that no list is absolutely complete.原稿の数はリストは絶対に完全ではないように、急速に増加する。 The latest, "Die Schriften des NT" (Berlin, 1902), by Von Soden, enumerates 2328 distinct manuscripts outside of lectionaries (Gospels and Epistles), and exclusive of about 30 numbers added in an appendix, 30 October, 1902.最新のは、フォンゾーデンによる "ダイSchriftenデNT"(ベルリン、1902)は、2328年の異なるlectionaries(福音書や書簡)の外部原稿、および付録、1902年10月30日に追加された約30の数字の排他を列挙します。 It must be acknowledged that many of these texts are but fragments of chapters or even of verses.それは、これらのテキストの多くはチャプターまたは偶数の詩の断片であるが、あることを認めなければならない。 This enormous mass of manuscripts is still but imperfectly studied, and some copies are scarcely known except as figuring in the catalogues.写本のこの巨大な質量はまだ不完全ですが、勉強して、いくつかのコピーはほとんどのカタログに把握されている場合を除き知られていない。 The great uncials themselves are not yet all collated, and many of them have but lately been rendered accessible to critics.偉大なuncials自体はまだすべて照合し、それらの多くは持っていますが、最近の批評家へのアクセスレンダリングされていません。 The genealogical classification, above all, is far from complete.系図の分類は、なによりも、完成には程遠いです。 and many fundamental points are still under discussion.そして、多くの基本的なポイントはまだ検討中です。 The text of the principal versions and of the patristic quotations is far from being satisfactorily edited, and the genealogical relationship of all these sources of information is not yet determined.校長のバージョンと教父の引用のテキストは十分に編集されているから遠く離れていると、すべての情報が、これらのソースの系統関係は、まだ決定されていません。 These varied difficulties explain the lack of agreement on the part of editors and the want of conformity in the critical editions published down to the present day.これらの様々な困難が編集者の一部についての合意の欠如を説明し、現在までダウン公表クリティカルエディションでの適合の場合。

(b) Brief history of the critical editions and principles followed by editors The first New Testament published in Greek is that which forms the fifth volume of the Polyglot of Alcalá, the printing of which was finished 10 January, 1514, but which was not delivered to the public until 1520. (b)の編集者に続いて重要なのエディションや原理の簡単な歴史は、ギリシャ語で出版された最初の新約聖書では、どれがアルカラポリグロットの5巻目を形成することであり、1514年1月10日を終えたのですが、配信されなかった印刷1520年まで一般に公開。 Meanwhile, early in 1516, Erasmus had published his rapidly completed edition at Basle.一方、初期の1516年、エラスムスはバーゼルで彼急速に完成版を公開しました。 The edition that issued from the press of Aldus at Venice in 1518 is simply a reproduction of that of Erasmus, but Robert Estienne's editions published in 1546, 1549, 1550, and 1551, the first three at Paris and the fourth at Geneva, although founded on the text of the Polyglot of Alcalá, presented variants from about fifteen manuscripts, and into the last, that of 1551, was introduced the division of verses now in use.設立されたものの、1518年にヴェネツィアでアルダスのプレスから発行された版は単にエラスムスのそれの再現ですが、ロバート·エティエンヌのエディションは、ジュネーブで1546年、1549年、1550年、そして1551年、パリで最初の3及び第四に公表アルカラの多言語のテキストに、約15の写本から、そして最後に亜種を発表し、1551年のそれは、現在使用されている詩の分割を導入した。 Theodore Beza's ten editions which appeared between 1565 and 1611 differ but little from the last of Robert Estienne's. 1565年と1611年の間に現れたセオドアベザの10のエディションが異なるが、ロバート·エティエンヌさんの最後から少し。 The Elzevir brothers, Bonaventure and Abraham, printers at Leyden, followed Estienne and Beza very closely; their small editions of 1624 and 1633, so convenient and so highly appreciated by book-lovers, furnish what has been agreed upon as the textus receptus.エルセビル兄弟、bonaventureとアブラハム、ライデンにあるプリンタは、非常に密接にエティエンヌとベを追った。とても便利なので、非常に本好きな人には理解1624年と1633年の彼らの小さなエディションには、公認本文として合意されているものを提出する。 -- "Textum ergo habes nunc ab omnibus receptum, in quo nihil immutatum aut corruptum damus" (Edition of 1633). - (1633年の版) "Textumエルゴは現状ニヒルimmutatum AUT corruptum damusで、NUNC ABオムニバスreceptumをhabes"。 It must suffice to mention here the editions of Courcelles (Amsterdam, 1658) and of Fell (Oxford, 1675), both of which adhere pretty closely to the textus receptus of Elzevir, and those of Walton (London, 1657) and of Mill (Oxford, 1707), which reproduce in substance the text of Estienne, but enrich it by the addition of variants resulting from the collation of numerous manuscripts.ここはクールセルのエディションを言及するのに十分(アムステルダム、1658年)とフェルの(オックスフォード、1675)、エルセビルの公認本文にかなり密着どちらも、とウォルトン(ロンドン、1657年)の、ミルのものがあります(物質エティエンヌのテキストで再現しますが、数多くの写本の照合に起因する亜種を添加することにより、それを豊かにオックスフォード、1707)。 The principal editors who followed -- Wetstein (Amsterdam, 1751-1752), Matthæi (Moscow, 1782-1788), Birch (Copenhagen, 1788), and the two Catholics, Alter (Vienna, 1786-1787), and Scholz (Leipzig, 1830-1836) are noted chiefly for the abundance of new manuscripts which they discovered and collated.続いて校長エディタ - Wetstein(アムステルダム、1751年から1752年)、マッセイ(モスクワ、1782年から1788年)、バーチ(コペンハーゲン、1788)、および2つのカトリック教徒は、アルター(ウィーン、1786年から1787年)、およびショルツ(ライプツィヒ、1830-1836)は、彼らが発見され、照合新しい原稿の豊富さのために主に記載されています。 But we must here limit ourselves to an appreciation of the latest and best-known editors, Griesbach, Lachmann, Tregelles, Tischendorf, Westcott and Hort.しかし、我々はここで最新かつ最も有名なエディタ、グリース、ラハマン、トレゲリス、ティッシェンドルフ、ウェストコットとホートの感謝の気持ちに自分自身を制限する必要があります。

In his second edition (1796-1806) Griesbach, applying the theory that had previously been suggested by Bengel and subsequently developed by Semler, distinguished three great families of texts: the Alexandrian family represented by the codices A, B, C, by the Coptic versions and the quotations of Origen; the Western family, represented by D of the Gospels and the Acts, by the bilingual codices, the Latin versions, and the Latin Fathers; and lastly the Byzantine family, represented by the mass of other manuscripts and by the Greek Fathers from the fourth century onward.コプト語で、アレクサンドリアの家族CODECはA、B、Cで表される彼の第2版(1796年から1806年)にグリースは、以前ベンゲルによって提案され、その後ゼムラーによって開発された理論を適用して、テキストの三大家族を区別バージョンや原産地の引用は、他の原稿の質量で表されており、最後にビザンチン家族、そしてによって、バイリンガルのCODECは、ラテン語のバージョン、およびラテン教父たちによって、福音書と使徒行伝のDで表される西洋の家族、四世紀以降のギリシャ語の祖先。 Agreement between two of these families would have been decisive; but, unfortunately, Griesbach's classification is questioned by many, and it has been proved that the agreement between Origen and the so-called Alexandrian family is largely imaginary.これらの家族の2との間の協定は、決定的だったでしょう、しかし、残念なことに、グリースの分類は多くの人々によって疑問視され、それが原産地といわゆるアレクサンドリアの家族との間の契約は、主に架空であることが証明されている。 Lachmann (Berlin, 1842-1850) endeavoured to reconstruct his text on too narrow a basis.ラックマン(ベルリン、1842年から1850年)が狭すぎるベースで彼のテキストを再構築に努めました。 He took account of only the great uncials, many of which were then either entirely unknown or imperfectly known, and of the ancient Latin versions.彼はその後、完全に未知の、または不完全知られており、古代のラテン語のバージョンのいずれかであった多くは唯一の偉大なuncialsのアカウントを取った。 In his choice of readings the editor adopted the majority opinion, but reserved to himself the conjectural amendment of the text thus established -- a defective method which his successor Tregelles has not sufficiently avoided.朗読の彼の選択でエディタが多数意見を採用したが、彼自身こうして設立されたテキストの推測改正に予約 - 彼の後継トレゲリスが十分に回避していない欠陥法。 The latter's edition (1857-1872), the work of a lifetime, was completed by his friends.後者の版(1857-1872)、生涯の仕事は、彼の友人たちが完成させた。 Tischendorf contributed no less than eight editions of the New Testament in Greek, but the differences among them are decidedly marked.ティッシェンドルフはギリシャ語で新約聖書のない未満8エディションを貢献した人はいないが、それらの違いは明らかにマークされています。 According to Scrivener (Introduction, II, 283) the seventh edition differs from the third in 1296 places, and in 595 it goes back to the received text.書士(はじめに、Ⅱ、283)によると、第7版では、1296年第三の場所で異なっており、595年には、受信したテキストにさかのぼる。 After the discovery of the "Sinaiticus', which he had the honour of finding and publishing, his eighth edition disagreed with the preceding one in 3369 places. Such an amount of variation can only inspire distrust. Nor did the edition contributed by Westcott and Hort (The New Testament in the Original Greek, Cambridge and London, 1881) win universal approval, because, after eliminating in turn each of the great families of documents which they designate respectively as Syrian, Western, and Alexandrian, the editors rely almost exclusively on the "Neutral" text, which is only represented by the "Vaticanus" and the "Sinaiticus", and, in case of disagreement between the two great codices, by the "Vaticanus" alone. The excessive preponderance thus given to a single manuscript was criticized in a special manner by Scrivener (Introduction, II, 284-297). Finally, the edition announced by Von Soden (Die Schriften des NT in ihrer ältesten erreichbaren Textgestalt) gave rise to lively controversies even before it appeared. (See "Zeitschrift fur neutest. Wissensehaft", 1907, VIII, 34-47, 110-124, 234-237.) All this would seem to indicate that, for some time to come, we shall not have a definite edition of the Greek New Testament.彼が発見し、出版の名誉を持っていた "写本"の発見の後、彼の第8版では、変動のような量だけ不信感を抱かせることができます3369の場所で、前のものに反対した。また版は、ウェストコットとホートによる貢献でした(元のギリシャ語、ケンブリッジとロンドンの新約聖書、1881)、彼らは、シリア西部、とアレクサンドリアとしてそれぞれ指定する文書の偉大な家族のそれぞれを順番に除去した後に、編集者がほぼ独占的に依存して、ので、普遍的な承認を得る唯一の "Vaticanus"と "写本"で、かつ、二つの大きなcodexの間に食い違いが生じた場合において、 "Vaticanus"独りで表され "中立"テキスト、過大な優越したがって、単一の原稿に与えられた書士(はじめに、Ⅱ、284から297)で、特殊な方法で批判した。最後に、フォン·ゾーデン(ihrerältestenerreichbaren Textgestaltで死ぬSchriftenデNT)によって発表された版では、それが登場する前であっても活発な議論を巻き起こした。( "Zeitschriftを参照してください。毛皮neutest。Wissensehaft "、1907、viii、34から47まで、110から124まで、234から237まで。)このすべてが来てしばらくの間、我々はギリシャ語新約聖書の明確な版を持ってはならないことを示しているように思われる。

Publication information Written by F. Prat. F·プラットによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラス·J·ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume IV.イエスキリストの聖心カトリック百科事典は、ボリュームIVに捧げた。 Published 1908. 1908年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.ニヒルのObstat。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
The encyclopedias and dictionaries of the Bible have no special article on textual criticism which deals in a particular manner with Biblical texts, but most of the Introductions to Scripture dedicate one or several chapters to this subject; eg, UBALDI, Introductio (5th ed., Rome, 1901), II, 484-615 (De criticâ verbali sacrorum textuum); CORNELY, Introductio (Paris. 1885), I, 496-509 (De usu critico textuum primigeniorum et versionum antiquarum); GREGORY, Prolegomena to 8th ed.聖書の百科事典や辞書は、聖書の中のテキストを持つ特定の方法では、お得なテキストの批判には、特別な記事はありませんが、聖書の紹介のほとんどがこの主題への1つまたはいくつかの章を捧げる;(第5版、Introductio、UBALDI、例えばローマ、1901)、II、484から615(デcriticâverbali sacrorum textuum); CORNELY、Introductio(Paris. 1885)、私は、496から509(デ·有珠山critico textuum primigeniorumらversionum antiquarum)、グレゴリー、第八編に序説。 of TISCHENDORF (Leipzig, 1884-1894); SCRIVENER, Introduction (4th ed., London 1894) II, 175-301; NESTLE, Einführung in das griech. DAS griechでEinführungネスレ;書士入門(第4版、ロンドン1894年。)Ⅱ、175から301;ティッシェンドルフ(ライプチヒ、1884年から1894年)の。 NT (2nd ed., 1899) and HOLTZMANN, Einleitung in das NT (Freiburg-im-Breisgau, 1892). NT(第2版、1899)とホルツマン、DAS NTでEinleitung(フライブルク·イム·ブライスガウ、1892)。

The following may be mentioned as monographs: PORTER, Principles of Textual Criticism (Belfast, 1848); DAVIDSON, A Treatise of Biblical Criticism (1853); HAMMOND, Outlines of Textual Criticism (2nd ed., 1878); MILLER, Textual Guide (London, 1885); HORT, The NT in the Original Greek: lntroduction (2nd ed., London 1896).以下のモノグラフとして挙げることができる:PORTER、原典批評家(ベルファスト、1848)の原則; DAVIDSON、聖書の批判(1853)の論文、ハモンドは、原典批評家(第2版、1878)の輪郭、MILLER、テキストガイド(ロンドン、1885);ホルトは、元のギリシャ語のNT: - 導入(第2版、ロンドン1896年)。 Although, like several of the preceding, this last work aims chiefly at the criticism of the New Testament, the entire second part (pp. 19-72, The Methods of Textual Criticism) discusses general questions.は、前のいくつかのように、この最後の仕事は、新約聖書の批判で主に目的としていますが、全体の2番目の部分(頁19から72、原典批評家の方法)一般的な質問について説明します。 On (b) Versions and (c) Quotations under B. General Principles, cf. (b)のバージョンおよびB.一般原則、CFの下に(c)の名言で。 BEBB, The Evidence of Early Versions and Patristic Quotations on the Text of the Books of the New Testament in II of the Oxford Studia Biblica et Ecclesiastica. BEBB、初期のバージョンとオックスフォードStudia BiblicaらEcclesiasticaのIIで、新約聖書の書籍のテキスト上の教父の引用の証拠。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです