The Rite of Constantinopleコンスタンティノープルの儀式

Catholic Information カトリックの情報

(Also BYZANTINE RITE.) (また、ビザンチンの儀式。)

The Liturgies, Divine Office, forms for the administration of sacraments and for various blessings, sacramentals, and exorcisms, of the Church of Constantinople, which is now, after the Roman Rite, by far the most widely spread in the world.断然、ローマの儀式の後、今では最も広く世界に広がっているコンスタンティノープルの教会のliturgies、神の事務所は、秘跡を投与するための、様々な祝福、sacramentals、そして悪魔払いのためのフォーム、。 With one insignificant exception -- the Liturgy of St. James is used once a year at Jerusalem and Zakynthos (Zacynthus) -- it is followed exclusively by all Orthodox Churches, by the Melkites (Melchites) in Syria and Egypt, the Uniats in the Balkans and the Italo-Greeks in Calabria, Apulia, Sicily, and Corsica. 1些細な例外を除いて - セントジェームスの典礼は、エルサレムとザキントス(Zacynthus)で年に一度、使用されている - それは、シリアとエジプトでMelkites(Melchites)でそのuniatsにより、すべての正統派教会が独占的に続いているバルカン半島とカラブリア、プーリア、シチリア、コルシカ島でイタロギリシア。 So that more than a hundred millions of Christians perform their devotions according to the Rite of Constantinople.キリスト教徒の百以上の何百万人がコンスタンティノープルの儀式に従って彼らの祈りを行うようにします。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
I. HISTORY I.沿革

This is not one of the original parent-rites.これは、元の親の儀式の一つではありません。 It is derived from that of Antioch.それは、アンティオキアのものから派生しています。 Even apart from the external evidence a comparison of the two liturgies will show that Constantinople follows Antioch in the disposition of the parts.たとえ離れて外部の証拠から2典礼の比較では、コンスタンティノープルは、部品の処分はアンティオキアに従っていることを示します。 There are two original Eastern types of liturgy: that of Alexandria, in which the great Intercession comes before the Consecration, and that of Antioch, in which it follows after the Epiklesis.典礼の二つの元東部のタイプがあります:·オブ·アレキサンドリア、ここで偉大な執り成しは奉献の前に来ると、それが後に続きEpiklesisたアンティオキアのことである。 The Byzantine use in both its Liturgies (of St. Basil and St. John Chrysostom) follows exactly the order of Antioch.その両方のliturgies(聖バジル、聖ヨハネクリュソストモス)の使用は、ビザンチンのアンティオキア正確に順序に従います。 A number of other parallels make the fact of this derivation clear from internal evidence, as it is from external witness.それは外部の証人からのものであるとして、他の類似点の数は、内部の証拠から派生したという事実が明らかになった。 The tradition of the Church of Constantinople ascribes the oldest of its two Liturgies to St. Basil the Great (d. 379), Metropolitan of Cæsarea in Cappadocia.コンスタンティノープルの教会の伝統は、聖バジル大(民主党379)、カッパドキアのcæsareaメトロポリタンにその二つのliturgiesの最古ascribesを。 This tradition is confirmed by contemporary evidence.この伝統は、現代的な証拠により確認されている。 It is certain that St. Basil made a reformation of the Liturgy of his Church, and that the Byzantine service called after him represents his reformed Liturgy in its chief parts, although it has undergone further modification since his time.それが彼の時間以来さらなる修飾を受けているが、それは聖バジルは彼の教会の典礼の改革を行ったことは確かであり、彼の後に呼ばれるビザンチンサービスは、そのチーフの部分で彼の改心典礼を表している。 St. Basil himself speaks on several occasions of the changes he made in the services of Cæsarea.聖バジル自身は、彼がカイザリヤのサービスで行われた変更のいくつかの機会に話す。 He writes to the clergy of Neo-Cæsarea in Pontus to complain of opposition against himself on account of the new way of singing psalms introduced by his authority (Ep. Basilii, cvii, Patr. Gr., XXXII, 763).彼は彼の権威(Ep. Basilii、cvii、Patrし、Gr。、32、763)で導入された詩篇歌の新たな方法を考慮して自分自身に対する反対を訴えるためにポントスのネオ·カイザリヤの聖職者に書き込みます。 St. Gregory of Nazianzos (Nazianzen, d. 390) says that Basil had reformed the order of prayers (euchon diataxis -- Orat. xx, PG, XXXV, 761). Nazianzosの聖グレゴリー(。Nazianzen、D 390)は、バジルは祈りの順序( - 聖体XX、PG、35、761 euchon diataxis)を改革していたと言います。 Gregory of Nyssa (died c. 395) compares his brother Basil with Samuel because he "carefully arranged the form of the Service" (Hierourgia, In laudem fr. Bas., PG, XLVI, 808).彼は(Hierourgia、laudem FR。BASに。、PG 46、808) "慎重にサービスの形を配置された"ので、グレゴリーのnyssaは(死亡したc。395)サムエルと一緒に弟のバジルを比較します。 Prokios (Proclus) of Constantinople (d. 446) writes: "When the great Basil . . . saw the carelessness and degeneracy of men who feared the length of the Liturgy -- not as if he thought it too long -- he shortened its form, so as to remove the weariness of the clergy and assistants" (De traditione divinæ Missæ, PG, XLV, 849).コンスタンティノープル(民主党446)のProkios(Proclus)は書いている: "偉大なバジルを...典礼の長さを恐れていた男性の不注意と縮退を見たとき - 彼はそれがあまりにも長い間考えられていないかのように - 彼は短く、その聖職者とアシスタントの疲れ "を削除するように、フォーム、(デtraditionedivinæMissæ、PG 45、849)。

The first question that presents itself is: What rite was it that Basil modified and shortened?それ自身を示す最初の質問は、次のとおりです。儀式はバジルを修正して、短くすること、それは何でしたか? Certainly it was that used at Cæsarea before his time.確かにそれは自分の時間の前にカイザリアで使用したということでした。 And this was a local form of the great Antiochene use, doubtless with many local variations and additions.そして、これは確かに多くの局所的な変化や追加が、偉大な学派の使用のローカル形式だった。 That the original rite that stands at the head of this line of development is that of Antioch is proved from the disposition of the present Liturgy of St. Basil, to which we have already referred; from the fact that, before the rise of the Patriarchate of Constantinople, Antioch was the head of the Churches of Asia Minor as well as of Syria (and invariably in the East the patriarchal see gives the norm in liturgical matters, followed and then gradually modified by its suffragan Churches); and lastly by the absence of any other source.総主教区の前に上昇、その事実から、開発のこの行の先頭に立っているオリジナルの儀式がアンティオキアを我々はすでに言及してきたために聖バジル、現在の典礼の処分から証明されることに注意してコンスタンティノープルを、アンティオキアは、小アジアの教会だけでなく、シリアのように(そして常に東アジアで見家父長制続き、その後徐々にその補佐主教教会によって変更、典礼事項でノルムを指定します)の長であった、そして最後に存在しないことによって他のソースの。 At the head of all Eastern rites stand the uses of Antioch and Alexandria.東部のすべての儀式の先頭にアンティオキアとアレクサンドリアの用途が立つ。 Lesser and later Churches do not invent an entirely new service for themselves, but form their practice on the model of one of these two.レッサーと後で教会は自分自身のための全く新しいサービスを考案したが、これら2つのうちの1つのモデルに自分の練習を形成しません。 Syria, Palestine, and Asia Minor in liturgical matters derive from Antioch, just as Egypt, Abyssinia, and Nubia do from Alexandria.典礼問題でシリア、パレスチナ、小アジア、エジプト、アビシニア、およびヌビアアレキサンドリアから行うのと同じように、アンティオキアから派生します。 The two Antiochene liturgies now extant are;今現存する2学派の典礼である;

(1) that of the Eighth Book of the Apostolic Constitutions and (1)ローマ教皇の憲法第八ブックのそれと

(2) parallel to it in every way, the Greek Liturgy of St. James (see ANTIOCHENE LITURGY). (2)あらゆる方法でそれに平行に、セントジェームス、ギリシャの典礼(アンティオキア学派の典礼を参照してください)​​。

These are the starting-points of the development we can follow.これらは、我々は従うことができ、開発の出発点である。 But it is not to be supposed that St. Basil had before him either of these services, as they now stand, when he made the changes in question.しかし、それは彼が質問に変更を加えたときに、彼らが今、立っているような聖バジル、これらのサービスのいずれかを彼の前に持っていたことが想定されるべきではない。 In the first place, his source is rather the Liturgy of St. James than that of the Apostolic Constitutions.最初の場所では、彼のソースではなく、ローマ教皇の憲法よりもセントジェームズの典礼です。 There are parallels to both in the Basilian Rite; but the likeness is much greater to that of St. James.そこバシリウスの儀式の両方に類似点がありますが肖像にはセントジェームスのそれにはるかに大きい。 From the beginning of the Eucharistic prayer (Vere dignum et justum est, our Preface) to the dismissal, Basil's order is almost exactly that of James.解雇へeucharistic祈り(アdignumらjustum EST、私たちの序文)の先頭から、バジルの注文はほぼ正確にジェームズのことです。 But the now extant Liturgy of St. James (in Brightman, "Liturgies Eastern and Western", 31-68) has itself been considerably modified in later years.しかし、聖ヤコブの今現存典礼(イトマンでは、 "東洋と西洋の典礼"、31から68)は、それ自体がかなり遅い年に変更されました。 Its earlier part especially (the Liturgy of the Catechumens and the Offertory) is certainly later than the time of St. Basil.特にその前の部分(catechumensと典礼のさい銭)聖バジルの時刻より後に確かにある。 In any case, then, we must go back to the original Antiochene Rite as the source.いずれにしても、その後、我々は、ソースとオリジナルのアンティオキア学派の儀式に戻る必要があります。 But neither was this the immediate origin of the reform.しかし、どちらもこれが改革の当面の原点でした。 It must be remembered that all living rites are subject to gradual modification through use.それはすべての生きている儀式が使用して徐々に修正の対象となることを忘れてはならない。 The outline and frame remain; into this frame new prayers are fitted.アウトラインとフレームが残っているが、このフレームに新たな祈りが取り付けられています。 As a general rule liturgies keep the disposition of their parts, but tend to change the text of the prayers.一般的なルールとして典礼は、その部品の配置を維持しますが、祈りのテキストを変更する傾向があります。 St. Basil took as the basis of his reform the use of Cæsarea in the fourth century.聖バジルは彼の改革の基礎として第4世紀のcæsarea使用しました。 There is reason to believe that that use, while retaining the essential order of the original Antiochene service, had already considerably modified various parts, especially the actual prayers.その使用は、元のアンティオキア学派のサービスの本質的な秩序を維持しながら、既にかなり特に様々な部分、実際の祈りを変更していたと信じる理由がある。 We have seen, for instance, that Basil shortened the Liturgy.私たちは、バジル典礼を短縮すること、例えば、見てきました。 But the service that bears his name is not at all shorter than the present one of St. James.しかし、彼の名を冠するサービスはセントジェームスの現在より短いすべてではありません。 We may, then, suppose that by his time the Liturgy of Cæsarea had been considerably lengthened by additional prayers (this is the common development of Liturgies).我々は、その後、彼の時間でのcæsarea典礼かなり(これはのliturgiesの共通の開発である)は、追加の祈りによって長くされていたと仮定することができる。 When we say, then, that the rite of Constantinople that bears his name is the Liturgy of St. James as modified by St. Basil, it must be understood that Basil is rather the chief turning-point in its development than the only author of the change.我々は彼の名を冠するのコンスタン儀式は聖ワシリーによって変更されたセントジェームズの典礼であることを確認してから、と言うとき、それはバジルの唯一の作家よりも、その開発のターニングポイントではなくチーフであることを理解しなければならない変化。 It had already passed through a period of development before his time, and it has developed further since.それは、すでに彼の時間の前に、開発の期間を通過した、そして、それはので、今後の開発してきました。 Nevertheless, St. Basil and his reform of the rite of his own city are the starting-point of the special use of Constantinople.それにもかかわらず、聖バジルと自分の町の儀式の彼の改革は、コンスタンティノープルの特殊用途の出発点です。

A comparison of the present Liturgy of St. Basil with earlier allusions shows that in its chief parts it is really the service composed by him.以前の当てつけと聖バジルの現在の典礼の比較は、その最高の部分でそれは本当に彼が作曲サービスであることを示しています。 Peter the Deacon, who was sent by the Scythian monks to Pope Hormisdas to defend a famous formula they had drawn up ("One of the Trinity was crucified") about the year 512, writes: "The blessed Basil, Bishop of Cæsarea, says in the prayer of the holy altar which is used by nearly the whole East: Give, oh Lord, strength and protection; make the bad good, we pray, keep the good in their virtue; for Thou canst do all things, and no one can withstand Thee; Thou dost save whom Thou wilt and no one can hinder Thy will" (Petri diac. Ep. ad Fulgent, vii, 25, in PL, LXV, 449).彼らは年間約512( "三位一体の一つが十字架につけられた")を策定していた有名な式を守るために教皇ホルミスダスにスキタイ人の僧侶によって送信されたピーター·ディーコンは、書いている: "祝福されたバジル、カイザリアの司教は言うほぼ全体の東で使用されている神聖な祭壇の祈り:おお主よ、強度と保護を与える;悪い良いを作り、私たちは祈る、彼らの美徳に良いしているものもあります。汝canstのためにすべてのもの、無いずれかの操作を行います。 Theeを耐えることができます。なたドーストは(。、PL、65、449でペトリダイアックEpの広告燦爛たる、VII、25) "誰なたと誰も汝の意志を妨害することはできませんを保存します。 This is a compilation of three texts in the Basilian Liturgy: Keep the good in their virtue; make the bad good by thy mercy (Brightman, op. cit., pp. 333-334); the words: Give, O Lord, strength and protection come several times at the beginning of prayers; and the last words are an acclamation made by the choir or people at the end of several (Renaudot, I, p. xxxvii).これはバシリウス典礼3つのテキストを編集したものです:彼らの美徳で良いを保持し、(イトマン、前掲、頁333から334。)汝の慈悲により良い悪いを作る;言葉:主よ、力を与えて下さいと保護は祈りの初めに数回来て、そして最後の言葉には、いくつかの終わり(ルノドー、I、P XXXVII。)で聖歌隊や人々によって作られた発声投票しています。 The Life of St. Basil ascribed to Amphilochios (PG, XXIX, 301, 302) quotes as composed by him the beginning of the Introduction-prayer and that of the Elevation exactly as they are in the existing Liturgy (Brightman, 319, 341). Amphilochios生得的に聖バジルの生命(PG、29、301、302)のようにはじめに - 祈りの初め、彼らは既存の典礼であるとまったく同じ標高(イトマン、319、341)のそれは、彼が作曲し引用している。 The Second Council of Nicæa (787) says: "As all priests of the holy Liturgy know, Basil says in the prayer of the Divine Anaphora: We approach with confidence to the holy altar . . .".ニカイア(787)の2番目の協議会によると、 "聖なる典礼のすべての司祭たちが知っているように、バジルは、神照応の祈りの中で言います:私たちは、聖なる祭壇に自信を持ってアプローチし..."。 The prayer is the one that follows the Anamnesis in St. Basil's Liturgy (Brightman, p. 329. Cf. Hardouin, IV, p. 371).祈りは、聖バジルの典礼(イトマン、頁329。Cfを。アルドゥアン、四、p。371)で既往歴に続くものである。

From these and similar indications we conclude that the Liturgy of St. Basil in its oldest extant form is substantially authentic, namely, from the beginning of the Anaphora to the Communion.これらと似たような兆候から、我々はその現存最古の形で聖バジルの典礼の聖体拝領に照応の初めから、すなわち、実質的に本物であることを結論した。 The Mass of the Catechumens and the Offertory prayers have developed since his death. catechumensとさい銭祈りのミサは彼の死以来、開発してきました。 St. Gregory Nazianzen, in describing the saint's famous encounter with Valens at Cæsarea, in 372, describes the Offertory as a simpler rite, accompanied with psalms sung by the people but without an audible Offertory prayer (Greg. Naz., Or., xliii, 52, PG, XXXVI, 561).聖グレゴリーnazianzenは、372のカイザリアでヴァレンスと聖人の有名な出会いを、説明する際に、人々によって歌わ詩篇を伴う単純な儀式、としてではなく、可聴さい銭の祈り(Greg.ナズ、または。、XLIIIなしさい銭を記述、52、PG、36、561)。 This oldest form of the Basilian Liturgy is contained in a manuscript of the Barberini Library of about the year 800 (manuscript, III, 55, reprinted in Brightman, 309-344).バシリウス典礼のこの最も古い形は、約800年のバルベリーニライブラリ(原稿、III、55、イトマン、309から344に転載)の原稿に含まれています。 The Liturgy of St. Basil now used in the Orthodox and Melkite (or Melchite) Churches (Euchologion, Venice, 1898, pp. 75-97; Brightman, 400-411) is printed after that of St. Chrysostom and differs from it only in the prayers said by the priest, chiefly in the Anaphora; it has received further unimportant modifications.今では正統派とMelkite(またはMelchite)教会(頁75から97 Euchologion、ヴェネツィア、1898;イトマン、400から411)で使用される聖バジルの典礼聖クリュソストモスのものの後に印刷し、それとは異なるされている場合のみ祈りの中で主に照応で、司祭は言った、それはさらに重要でない変更を受けています。 It is probable that even before the time of St. John Chrysostom the Liturgy of Basil was used at Constantinople.それも、聖ヨハネクリュソストモスの時間の前にバジルの典礼は、コンスタンティノープルで使用したことが考えられます。 We have seen that Peter the Deacon mentions that it was "used by nearly the whole East".私たちは、ピーター·ディーコンは、それが "ほぼ全体の東で使用された"と言及していることを見てきました。 It would seem that the importance of the See of Cæsarea (even beyond its own exarchy), the fame of St. Basil, and the practical convenience of this short Liturgy led to its adoption by many Churches in Asia and Syria.それは(たとえ独自exarchy越えて)のcaesarea参照の重要性は、聖バジルの名声、そしてこの短い典礼の実用的な利便性は、アジアとシリアの多くの教会で採択につながったように思われます。 The "East" in Peter the Deacon's remark would probably mean the Roman Prefecture of the East (Præfectura Orientis) that included Thrace.ピーターの "東"ディーコンの発言は多分トラキアが含まれていた東のローマ県(PræfecturaOrientis)を意味するだろう。 Moreover, when St. Gregory of Nazianzos came to Constantinople to administer that diocese (381) he found in use there a Liturgy that was practically the same as the one he had known at home in Cappadocia.また、時Nazianzosの聖グレゴリーの教区(381)は、彼がそこに実質的に彼はカッパドキアの自宅で知っていたものと同じであった典礼使用で見つかったことを管理するにはコンスタンティノープルに来ました。 His Sixth Oration (PG, XXXV, 721 sq.) was held in Cappadocia, his Thirty-eighth (PG, XXXVI, 311) at Constantinople. 6度目の演説(PG、35、721㎡)がコンスタンカッパドキア、(PG、36、311)、彼の第38で開催されました。 In both he refers to and quotes the Eucharistic prayer that his hearers know.両方の年に彼はを参照し、聞き手が知っているeucharistic祈りを引用している。 A comparison of the two texts shows that the prayer is the same. 2つのテキストの比較は、祈りは同じであることを示しています。 This proves that, at any rate in its most important element, the liturgy used at the capital was that of Cappadocia -- the one that St. Basil used as a basis of his reform.これは、その最も重要な要素の任意のレートで、資本で使用典礼はカッパドキアのことだったことを証明 - 聖バジルは彼の改革の基礎として使用したものを。 It would therefore be most natural that the reform too should in time be adopted at Constantinople.したがって、改革があまりにも時間にコンスタンティノープルで採択されるべきであることが最も自然であろう。 But it would seem that before Chrysostom this Basilian Rite (according to the universal rule) had received further development and additions at Constantinople.しかし、それはクリュソストモス前にこのバシリウス会の儀式が(普遍的規則に従って)コンスタンさらなる発展や追加を受けていたように思われます。 It has been suggested that the oldest form of the Nestorian Liturgy is the original Byzantine Rite, the one that St. Chrysostom found in use when he became patriarch (Probst, "Lit. des IV. Jahrhts.", 413).それは、ネストリウス派の典礼の最も古い形が元ビザンチンの儀式は、彼が家長(プロプスト、 "点灯します。DES IV。Jahrhtsが。"、413)になったとき、聖クリュソストモスが使用中で見つけたものであることが示唆されている。

The next epoch in the history of the Byzantine Rite is the reform of St. John Chrysostom (d. 407).ビザンチンの儀式の歴史の中で、次の時代は聖ヨハネクリュソストモス(民主党407)の改革である。 He not only further modified the Rite of Basil, but left both his own reformed Liturgy and the unreformed Basilian one itself, as the exclusive uses of Constantinople.さらに彼は、コンスタンティノープルの排他的な使用法として、バジルの儀式を修正しましたが、彼自身の改心典礼と未改質バシリウス1自体の両方を残していないだけ。 St. John became Patriarch of Constantinople in 397; he reigned there till 403, was then banished, but came back in the same year; was banished again in 404, and died in exile in 407.聖ヨハネは、397年にコンスタンティノープル総主教となった、彼は、403までそこに君臨した後、追放されたが、同じ年で帰ってきた。404で再び追放された、と407に亡命中に死亡した。 The tradition of his Church says that during the time of his patriarchate he composed from the Basilian Liturgy a shorter form that is the one still in common use throughout the Orthodox Church.彼の教会の伝統は、彼の家長の時間の間に彼は典礼バシリウスまだ正教会全体で一般的に使用されているものである短い形式から成るという。 The same text of Proklos (Proclus) quoted above continues: "Not long afterwards our father, John Chrysostom, zealous for the salvation of his flock as a shepherd should be, considering the carelessness of human nature, thoroughly rooted up every diabolical objection. He therefore left out a great part and shortened all the forms lest anyone . . . stay away from this Apostolic and Divine Institution", etc. He would, then, have treated St. Basil's rite exactly as Basil treated the older rite of Cæsarea.上に引用しProklos(Proclus)の同じテキストは続けて: "長いその後羊飼いとして群れの救いのために熱心な私たちの父、ジョン·クリュソストモスは、すべきではありません、徹底的に悪魔のような異議を根ざした人間の本性の不注意を考慮彼は。したがって、大部分を残し、誰lestすべてのフォームを短縮...これは、ローマ教皇と神の機関から離れて滞在 "などバジルのcæsarea古い儀式を治療したとおりに、彼は、その後、聖バジルの儀式を扱っていると思います。 There is no reason to doubt this tradition in the main issue.主な問題は、この伝統を疑う理由はありません。 A comparison of the Liturgy of Chrysostom with that of Basil will show that it follows the same order and is shortened considerably in the text of the prayers; a further comparison of its text with the numerous allusions to the rite of the Holy Eucharist in Chrysostom's homilies will show that the oldest form we have of the Liturgy agrees substantially with the one he describes (Brightman, 530-534).バジルのそれとクリュソストモスの典礼の比較は、同じ順序に従うと祈りのテキストに大幅に短縮されていることを示してくれます。クリュソストモスの発するにおける聖体の儀式には多数の当てつけと、そのテキストのさらなる比較を私たちは典礼の持っている最も古い形は、彼は説明します1(イトマン、530から534)と実質的に一致していることが表示されます。 But it is also certain that the modern Liturgy of St. Chrysostom has received considerable modifications and additions since his time.しかし、それは聖クリュソストモスの典礼は、現代の彼の時間以来、かなりの変更や追加を受け取ったことも確かである。 In order to reconstruct the rite used by him we must take away from the present Liturgy all the Preparation of the Offerings (Proskomide), the ritual of the Little and Great Entrances, and the Creed.彼が使用する儀式を再構築するために、我々は現在の典礼からすべての供物の準備(Proskomide)、リトルとグレート入り口の儀式、との信条を奪う必要があります。 The service began with the bishop's greeting, "Peace to all", and the answer, "And with thy spirit."サービスは、司教の挨拶、 "すべてへの平和"から始まった、と答え、 "そして汝の精神としています。" The lessons followed from the Prophets and Apostles, and the deacon read the Gospel.レッスンは、預言者と使徒から続き、助祭は福音をお読みください。 After the Gospel the bishop or a priest preached a homily, and the prayer over the catechumens was said.ゴスペルの後、司教または司祭が説教を説教し、catechumensの上の祈りは言われました。

Originally it had been followed by a prayer over penitents, but Nektarios (381-397) had abolished the discipline of public penance, so in St. Chrysostom's Liturgy this prayer is left out.もともとは上のpenitents祈りが続いていたが、ネクタリオス(381から397)が聖クリュソストモスの典礼では、この祈りが省略されるように、国民の贖罪規律を廃止した。 Then came a prayer for the faithful (baptized) and the dismissal of the catechumens.その後に忠実(バプテスマ)とのcatechumens解雇のための祈りが来た。 St. Chrysostom mentions a new ritual for the Offertory: the choir accompanied the bishop and formed a solemn procession to bring the bread and wine from the prothesis to the altar (Hom. xxxvi, in I Cor., vi, PG, LXI, 313).聖クリュソストモスはさい銭の新しい儀式を述べる:合唱団は司教に同行し、祭壇(Hom. 36、Iコリントでは、VI、PG、LXI、313語頭音添加のパンとワインを持って来るために厳粛な行列を形成した。 )。 Nevertheless the present ceremonies and the Cherubic Chant that accompany the Great Entrance are a later development (Brightman, op. cit., 530).それにもかかわらず存在する儀式やグレートエントランスに同行天使のチャントは、後の開発(イトマン、前掲書、530)である。 The Kiss of Peace apparently preceded the Offertory in Chrysostom's time (Brightman, op. cit., 522, Probst, op. cit., 208).平和のキスは明らかクリュソストモスの時間(イトマン、前掲書、522、プロプスト、前掲書、208)にさい銭を先行していた。 The Eucharistic prayer began, as everywhere, with the dialogue: "Lift up your hearts" etc. This prayer, which is clearly an abbreviated form of that in the Basilian Rite, is certainly authentically of St. Chrysostom. eucharistic祈りは対話で、同様どこでも、始めた:バシリウス会の儀式にはっきりそのの省略形である "あなたの心を持ち上げる"など、この祈りは、聖クリュソストモス真正に確かにある。 It is apparently chiefly in reference to it that Proklos says that he has shortened the older rite.それはProklos彼は古い儀式を短縮したと言っていること、それに関連して主に明らかになります。 The Sanctus was sung by the people as now.サンクトゥスは、現在のように人々によって歌われた。 The ceremonies performed by the deacon at the words of Institution are a later addition.機関の言葉に助祭が行う儀式は後に追加されています。 Probst thinks that the original Epiklesis of St. Chrysostom ended at the words "Send thy Holy Spirit down on us and on these gifts spread before us" (Brightman, op. cit., 386), and that the continuation (especially the disconnected interruption: God be merciful to me a sinner, now inserted into the Epiklesis; Maltzew, "Die Liturgien" etc., Berlin, 1894, p. 88) are a later addition (op. cit., 414).プロプスト聖クリュソストモスの元Epiklesisの言葉 "私たちに、私たちの前に広がるこれらの贈り物に汝の聖霊を押し送信"(イトマン、前掲書、386)で終わったと思っていること、および継続(特に切断中断:神は今やEpiklesisに挿入された罪人、私に慈悲を; Maltzew、 "死ぬLiturgien"など、ベルリン、1894年、P 88)後で追加(前掲、414)である。 The Intercession followed at once, beginning with a memory of the saints.仲裁は、聖人の記憶から始まり、一度に続く。 The prayer for the dead came before that for the living (ibid., 216-415).死者のための祈りは(同上、216から415)生活のために、その前に来た。 The Eucharistic prayer ended with a doxology to which the people answered, Amen; and then the bishop greeted them with the text, "The mercy of our great God and Saviour Jesus Christ be with all of you" (Tit., ii, 13), to which they answered: "And with thy spirit", as usual.その後司教はテキストでそれらを迎え、 "我々の偉大な神と救い主イエス·キリストの慈悲はあなたのすべてである"(Tit.、II、13);人がアーメンと答えたため頌栄で終わっeucharistic祈り、それらが答えTo: "やなたの精神を持つ"、いつものように。 The Lord's Prayer followed, introduced by a short litany spoken by the deacon and followed by the well-known doxology: "For thine is the kingdom" etc. This ending was added to the Our Father in the Codex of the New Testament used by St. Chrysostom (cf. Hom. xix in PG, LVII, 282).主の祈りには、嫌になるほど短い助祭によって話され、よく知られている頌栄続いによって導入され、続いて "ザインは、王国のために"など、この結末はStによって使用される新約聖書の写本には私たちの父に追加されましたクリュソストモス(PG内の参照ハオマ汁です。XIX、LVII、282)。 Another greeting (Peace to all) with its answer introduced the manual acts, first an Elevation with the words "Holy things for the holy" etc., the Breaking of Bread and the Communion under both kinds.その答えを持つ別の挨拶は(すべてに平和など)、両方の種類の下にパンと聖体の破壊 "聖なるための神聖なもの"と書かれた最初の手動の行為は、標高を導入しました。 In Chrysostom's time it seems that people received either kind separately, drinking from the chalice.クリュソストモスの時間では、聖杯から飲んで、人々は別々にいずれかの種類を受けているようだ。 A short prayer of thanksgiving ended the Liturgy.感謝の短い祈り、典礼を終えた。 That is the rite as we see it in the saint's homilies (cf. Probst., op. cit., 156-202, 202-226).それは我々が聖人の発する(参照プロプスト。、前掲書、156から202まで、202から226)にそれを見るように儀式です。 It is true that most of these homilies were preached at Antioch (387-397) before he went to Constantinople.それは、彼はコンスタンティノープルに行く前に、これらを発するのほとんどはアンティオキア(387から397)で説教されたことは事実です。 It would seem, then, that the Liturgy of St. Chrysostom was in great part that of his time at Antioch, and that he introduced it at the capital when he became patriarch.それは、聖クリュソストモスの典礼アンティオキアで自分の時間のことを偉大な部分にあった、彼が家長になったとき、彼は資本でそれを導入したこと、その後、思われる。 We have seen from Peter the Deacon that St. Basil's Rite was used by "nearly the whole East".私たちは、聖バジルの儀式 "がほぼ全体の東"で使用されたことをピーターディ​​ーコンから見てきました。 There is, then, no difficulty in supposing that it had penetrated to Antioch and was already abridged there into the "Liturgy of Chrysostom" before that saint brought this abridged form to Constantinople.それはアンティオキアに浸透し、既に聖人はコンスタンティノープルにこの短縮した形を持ってきたその前に "クリュソストモスの典礼"に要約された存在だったと仮定しても特に問題は、その後、ありません。

It was this Chrysostom Liturgy that gradually became the common Eucharistic service of Constantinople, and that spread throughout the Orthodox world, as the city that had adopted it became more and more the acknowledged head of Eastern Christendom.それを採用していた都市は、より多くの東部キリスト教の認知頭になったとして、それは、徐々にコンスタンティノープルの共通の聖体サービスとなったこのクリュソストモス典礼であり、正教会の世界全体でその広がり。 It did not completely displace the older rite of St. Basil, but reduced its use to a very few days in the year on which it is still said (see below, under II).それは完全に聖バジルの古い儀式を変位が、それはまだ(世の下、以下を参照してください)​​と言われている年では非常に数日にその使用を低減していませんでした。 Meanwhile the Liturgy of St. Chrysostom itself underwent further modification.一方聖クリュソストモスの典礼自体がさらなる修正を受けた。 The oldest form of it now extant is in the same manuscript of the Barberini Library that contains St. Basil's Liturgy.今現存それの最も古い形は、聖バジルの典礼が含まれていますバルベリーニライブラリの同じ原稿である。 In this the elaborate rite of the Proskomide has not yet been added, but it has already received additions since the time of the saint whose name it bears.これでProskomideの精巧な儀式はまだ追加されていませんが、それは既に名前は、クマ聖人の時代から追加を受けています。 The Trisagion (Holy God, Holy Strong One, Holy Immortal One, have mercy on us) at the Little Entrance is said to have been revealed to Proklos of Constantinople (434-47, St. John Dam., De Fide Orth., III, 10); this probably gives the date of its insertion into the Liturgy.リトルエントランス三聖誦(聖なる神は、1つの神聖な強力な、聖なる不滅の1つは、私たちのご慈悲を)はコンスタンティノープルのProklos(434から47に明らかにされたと言われている聖ヨハネダム。、デfideオース。、Ⅲ 、10)、これはおそらく典礼への挿入の日付を示します。 The Cherubikon that accompanies the Great Entrance was apparently added by Justin II (565-78, Brightman, op. cit., 532), and the Creed that follows, just before the beginning of the Anaphora, is also ascribed to him (Joannis Biclarensis Chronicon, PL, LXXII, 863).グレートエントランスに伴うCherubikonは、明らかに、ちょうど照応の始まる前に、ジャスティンⅡ(565から78、イトマン、前掲書、532)であり、次の信条によって追加されたことも(Joannis Biclarensis彼に帰されるChronicon、PL LXXII、863)。 Since the Barberini Euchologion (ninth cent.) the Preparation of the Offerings (proskomide) at the credence-table (called prothesis) gradually developed into the elaborate rite that now accompanies it.バルベリーニEuchologion(第九セントです。)徐々に今それに付随する精巧な儀式へと発展して信憑-テーブルで供物の準備(proskomide)(語頭音添加と呼ばれる)以来。 Brightman (op. cit., 539-552) gives a series of documents from which the evolution of this rite may be traced from the ninth to the sixteenth century.ブライト(前掲。、539から552)は、この儀式の進化は第九から16世紀までさかのぼるかもしれないそこから一連の文書を提供します。

These are the two Liturgies of Constantinople, the older one of St. Basil, now said on only a few days, and the later shortened one of St. Chrysostom that is in common use.これらは、コンスタンティノープルの2のliturgiesあり、聖バジルの古いものは、今ではわずか数日で言うと、一般的に使用されている聖クリュソストモス後で短く1。 There remains the third, the Liturgy of the Presanctified (ton proegiasmenon).清めの3分の典礼(トンproegiasmenon)が残っている。 This service, that in the Latin Church now occurs only on Good Friday, was at one time used on the aliturgical days of Lent everywhere (see ALITURGICAL DAYS and Duchesne, Origines, 222, 238).ローマカトリック教会に今だけグッドフライデーで発生このサービスは、(ALITURGICAL日、デュシェーヌ、Origines、222、238を参照のこと)どこでも四旬節の日に使用aliturgical 1時だった。 This is still the practice of the Eastern Churches.これはまだ、東方教会の練習です。 The Paschal Chronicle (see CHRONICON PASCHALE) of the year 645 (PG, XCII) mentions the Presanctified Liturgy, and the fifty-second canon of the Second Trullan Council (692) orders: "On all days of the fast of forty days, except Saturdays and Sundays and the day of the Holy Annunciation, the Liturgy of the Presanctified shall be celebrated." "40日間の断食のすべての日には、を除いて:645(PG、九十二)があらかじめ清め典礼に言及し、第二次Trullan評議会(692)受注の第五十二キヤノン年の復活祭のクロニクル(CHRONICON PASCHALEを参照してください)土曜、日曜と聖受胎告知の日、清めの典礼が祝わなければならない。 " The essence of this Liturgy is simply that the Blessed Sacrament that has been consecrated on the preceding Sunday, and is reserved in the tabernacle (artophorion) under both kinds, is taken out and distributed as Communion.この典礼の本質は、単に前の日曜日に献堂されており、両方の種類の下の幕屋(artophorion)で予約されて、取り出し、聖体として配布されている聖体です。 It is now always celebrated at the end of Vespers (hesperinos), which form its first part.それが今では常に、その最初の部分を形成晩課(晩課)の終わりに祝われます。 The lessons are read as usual, and the litanies sung; the catechumens are dismissed, and then, the whole Anaphora being naturally omitted, Communion is given; the blessing and dismissal follow.レッスンはいつものように読んで、連祷歌われ、catechumensには却下され、その後、全体の照応が自然に省略されて、聖体拝領は、与えられ、祝福と解雇が続く。 A great part of the rite is simply taken from the corresponding parts of St. Chrysostom's Liturgy.儀式の大部分は、単純に聖クリュソストモスの典礼の対応する部分から取られます。 The present form, then, is a comparatively late one that supposes the normal Liturgies of Constantinople.現在の形は、その後、コンスタンティノープルの通常のliturgiesを想定比較的遅く一つです。 It has been attributed to various persons -- St. James, St. Peter, St. Basil, St. Germanos I of Constantinople (715-30), and so on (Brightman, op. cit., p. xciii).セントジェームズ、聖ペテロ、聖バジル、コンスタンティノープルの聖ゲルマノス私(715から30)、というように(イトマン、前掲、P九十三。) - それは、様々な人々に起因している。 But in the service books it is now officially ascribed to St. Gregory Dialogos (Pope Gregory I).しかし、サービスブックでそれが正式に聖グレゴリーDialogos(グレゴリウス私)に起因している。 It is impossible to say how this certainly mistaken ascription began.これは確かに間違え帰属がどのように始まったのかと言うことは不可能です。 The Greek legend is that, when he was apocrisiarius at Constantinople (578), seeing that the Greeks had no fixed rite for this Communion-service, he composed this one for them.ギリシャの伝説は、彼はギリシア人はこの聖体サービスに決まった儀式がなかったことを見て、コンスタンティノープル(578)でapocrisiariusだったとき、彼は彼らのためにこれを構成し、ということである。

The origin of the Divine Office and of the rites for sacraments and sacramentals in the Byzantine Church is more difficult to trace.神の事務所の、ビザンチン教会の秘跡とsacramentalsための儀式の起源は、トレースすることがより困難である。 Here too we have now the result of a long and gradual development; and the starting-point of that development is certainly the use of Antioch.ここでも我々は今、長いと緩やかな開発の結果を持って、そしてその開発の出発点は、確かにアンティオキアの使用です。 But there are no names that stand out as clearly as do those of St. Basil and St. Chrysostom in the history of the Liturgy.しかし、典礼の歴史の中で、聖バジル、聖クリュソストモスのものをやるほど明確に目立つには名前はありません。 We may perhaps find the trace of a similar action on their part in the case of the Office.我々は、おそらくオフィスの場合にはその部分に同様の行動の痕跡を見つけることができます。 The new way of singing psalms introduced by St. Basil (Ep. cvii, see above) would in the first place affect the canonical Hours.詩篇歌の新たな方法は、最初の場所でカノニカル時間に影響を与える聖バジル(Ep. cvii、上記参照)によって導入された。 It was the manner of singing psalms antiphonally, that is alternately by two choirs, to which we are accustomed, that had already been introduced at Antioch in the time of the Patriarch Leontios (Leontius, 344-57; Theodoret, HE, II, xxiv). theodoretの、HE、Ⅱ、XXIV、それは既に(レオンティオス、344から57家長Leontiosの時にアンティオキアで導入されていた我々が慣れているために2つの合唱団で交互ですantiphonally詩篇歌のようにして、、、だった)。 We find one or two other allusions to reforms in various rites among the works of St. Chrysostom; thus he desires people to accompany funerals by singing psalms (Hom. iv, in Ep. ad Hebr., PG, LXIII, 43) etc.私たちは、聖クリュソストモスの作品のうち、様々な儀式の改革への1つまたは2つの他の言及を見つける;こうして彼は詩篇(。EPでHom. IV、広告Hebr、PG、LXIII、43)などが歌って葬儀に同行する人を望んでいる

With regard to the Divine Office especially, it has the same general principles in East and West from a very early age (see BREVIARY).特に神の事務所に関しては、それは非常に早い年齢から東と西で同じ一般原則(聖務日課書を参照してください)​​があります。 Essentially it consists in psalm-singing.基本的には賛美歌を歌うことにある。 Its first and most important part is the Night-watch (pannychis, our Nocturns); at dawn the orthros (Lauds) was sung; during the day the people met again at the third, sixth, and ninth hours, and at sunset for the hesperinos (Vespers).その最初の、そして最も重要な部分は、ナイトウォッチ(pannychis、当社Nocturns)です。夜明けorthros(賞賛)が歌われた、日中の人は、第三第六、9時間後に再会し、そして、夕焼けを晩課(晩課)。 Besides the psalms these Offices contained lessons from the Bible and collects.詩篇のほかに、これらの事務所は、聖書とを収集からの教訓を含んでいた。 A peculiarity of the Antiochene use was the "Gloria in excelsis" sung at the Orthros (Ps.-Athan., De Virg., xx, PG, XXVIII, 276); the evening hymn, Phos ilaron, still sung in the Byzantine Rite at the Hesperinos and attributed to Athenogenes (in the second cent.), is quoted by St. Basil (De Spir. Sancto, lxxiii, PG, XXXII, 205).まだビザンチンの儀式で歌わ夜の賛美歌、フォスilaron;学派利用の特徴はOrthrosで歌わ "でexcelsisグロリア"(。詩篇-Athan、デVirg、XX、PG、28、276)であった晩課とAthenogenes(第二パーセントインチ)に起因する時、聖バジル(デスピール。Sancto、LXXIII、PG 32、205)によって引用されている。 Egeria of Aquitaine, the pilgrim to Jerusalem, gives a vivid description of the Office as sung there according to Antioch in the fourth century ["S. Silviæ (sic) peregrin.", ed.アキテーヌのエゲリアは、エルサレムへの巡礼者は、["SSilviæ(原文のまま)Peregrinは。"、エド四世紀にアンティオキアによるとそこに歌われるようにOfficeの鮮やかな説明を与える。 Gamurrini, Rome, 1887]. Gamurrini、ローマ、1887年]。 To this series of Hours two were added in the fourth century. 2時間のこのシリーズに第四世紀に追加されました。 John Cassian (Instit., III, iv) describes the addition of Prime by the monks of Palestine, and St. Basil refers (loc. cit.) to Complin (apodeipnon) as the monks' evening prayer.ジョンカッシア(Instit.、III、IV)は、パレスチナの修道士によって総理の追加について説明し、聖バジル修道士の夕べの祈りとして祷(晩堂課)まで(上記引用前掲書)を指します。 Prime and Complin, then, were originally private prayers said by monks in addition to the official Hours.総理と祷は、その後、もともと公式時間に加えて、僧侶が言った民間の祈りでした。 The Antiochene manner of keeping this Office was famous all over the East.このオフィスを維持する学派の方法は、すべての東で有名だった。 Flavian of Antioch in 387 softened the heart of Theodosius (after the outrage to the statues) by making his clerks sing to him "the suppliant chants of Antioch" (Sozomen, HE, VII, xxiii). 387のアンティオキアフラウィウスは、彼の店員は彼に、 "アンティオキアの嘆願チャント"(Sozomen、彼は、第VII、23)が歌うことによって、テオドシウスの心臓部(仏像に怒り後)軟化。 And St. John Chrysostom, as soon as he comes to Constantinople, introduces the methods of Antioch in keeping the canonical Hours (16, VIII, 8).と聖ヨハネクリュソストモスは、できるだけ早く、彼はコンスタンティノープルに来るように、(16、VIII、8)カノニカル時間を維持するのにアンティオキアの方法を紹介します。 Eventually the eastern Office admits short services (mesoorai) between the day Hours, and between Vespers and Complin.最終的には東の事務所は一日時間の間に、とvespersと終祷の間の短いサービス(mesoorai)を認めている。 Into this frame a number of famous poets have fitted a long succession of canons (unmetrical hymns); of these poets St. Romanos the singer (sixth cent.), St. Cosmas the singer (eighth cent.), St. John Damascene (c. 780), St. Theodore of Studion (d. 826), etc., are the most famous (see BYZANTINE LITERATURE, sub-title IV. Ecclesiastical etc.).このフレームに有名な詩人の数は参事の長期連続(unmetrical賛美歌)を装着している、これらの詩人のセントは歌手(第六パーセント)をロマノス、聖は歌手(第八パーセント)、ダマスコの聖ヨハネが(コスマスウ780)、Studionの聖セオドア(民主党826)などは、(ビザンチン文学、副題IVを参照してください。教会など)が最も有名である。 St. Sabas (d. 532) and St. John Damascene eventually arranged the Office for the whole year, though, like the Liturgy, it has undergone further development since, till it acquired its present form (see below).聖Sabas(民主党532)、聖ヨハネダマシンは、最終的に全体の年間のOfficeを配置、それが現在の形(下記参照)を取得するまでは、しかし、典礼のように、それは、以来、さらなる発展を遂げてきました。

II. Ⅱ。 THE BYZANTINE RITE AT THE PRESENT TIME現時点では、ビザンチンの儀式

The Rite of Constantinople now used throughout the Orthodox Church does not maintain any principle of uniformity in language.今正教会全体で使用されるコンスタンティノープルの儀式は、言語の均一性のいずれかの原則を維持しません。 In various countries the same prayers and forms are translated (with unimportant variations) into what is supposed to be more or less the vulgar tongue.様々な国で同じ祈りとフォームが下品舌多かれ少なかれあることになっているものに(重要でないバリエーション)も変換されます。 As a matter of fact, however, it is only in Rumania that the liturgical language is the same as that of the people.実際のところ、しかし、それは典礼言語は、人々のそれと同じであることを唯一のルーマニアにある。 Greek (from which all the others are translated) is used at Constantinople, in Macedonia (by the Patriarchists), Greece, by Greek monks in Palestine and Syria, by nearly all Orthodox in Egypt; Arabic in parts of Syria, Palestine, and by a few churches in Egypt; Old Slavonic throughout Russia, in Bulgaria, and by all Exarchists, in Czernagora, Servia, and by the Orthodox in Austria and Hungary; and Rumanian by the Church of that country.ギリシャ語(他のすべてが翻訳されているから)エジプトではほぼすべての正統派で、パレスチナとシリアは、ギリシャの修道士によって、マケドニア(Patriarchistsによる)、ギリシャでは、コンスタンティノープルで使用され、シリアの一部地域ではアラビア語、パレスチナ、バイその国の教会はとルーマニア、エジプトでのいくつかの教会、ロシア全土、ブルガリア、およびすべてExarchistsによって、Czernagora、セルビア、およびオーストリアとハンガリーの正教会によって古いスラヴ語。 These four are the principal languages.これらの4つは、主体の言語です。 Later Russian missions use Esthonian, Lettish, and German in the Baltic provinces, Finnish and Tatar in Finland and Siberia, Chinese, and Japanese.後でロシアのミッションは、フィンランドやシベリア、中国語、日本語でバルト地方、フィンランド語、タタール語のエストニア語、レット語、ドイツ語を使用しています。 (Brightman, op. cit., LXXXI-LXXXII). (イトマン、前掲書、八十一 - 八十二)。 Although the Liturgy has been translated into English (see Hapgood, op. cit. in bibliography), a translation is never used in any church of the Greek Rite.典礼(ハップグッド、前掲文献のを参照してください)​​を英語に翻訳されていますが、翻訳は、ギリシャの儀式のいずれかの教会で使用されることはありません。 The Uniats use Greek at Constantinople, in Italy, and partially in Syria and Egypt, Arabic chiefly in these countries, Old Slavonic in Slav lands, and Rumanian in Rumania.そのuniatsはスラブの土地で古いスラヴ語、これらの国々を中心に、イタリア、そして部分的にシリアとエジプトでは、コンスタンティノープルでアラビア語をギリシャ語の使用、及びルーマニアのルーマニア。 It is curious to note that in spite of this great diversity of languages the ordinary Orthodox layman no more understands his Liturgy than if it were in Greek.それは、ギリシャ語であった場合よりも、言語のこの偉大な多様性にもかかわらず、普通の正統派素人はもう彼の典礼を理解できないことに注意することは、大変興味深いです。 Old Slavonic and the semi-classical Arabic in which it is sung are dead languages.それが歌われている古いスラヴ語と半古典アラビア語は死んだ言語である。

The Calendarカレンダー

The Calendarカレンダー

It is well known that the Orthodox still use the Julian Calendar (Old Style).それも正統派はまだユリウス暦(旧スタイル)を使用することが知られている。 By this time (1908) they are thirteen days behind us.この頃には(1908)、彼らは私たちの後ろに13日です。 Their liturgical year begins on 1 September, "the beginning of the Indict, that is of the new year".彼らの典礼 "は新年のある起訴の始まり"、9月1日に始まります。 On 15 November begins the first of their four great fasts, the "fast of Christ's birth" that lasts till Christmas (25 December). 11月15日クリスマス(12月25日)まで続く "キリストの誕生速い"、彼らの4偉大な断食の最初を開始します。 The fast of Easter begins on the Monday after the sixth Sunday before Easter, and they abstain from flesh-meat after the seventh Sunday before the feast (our Sexagesima).イースターの高速は、復活祭前の第六日曜日後の月曜日に始まり、そして彼らは祝宴の前に第七日曜日(私たちの六旬節)の後に肉肉を控える。 The fast of the Apostles lasts from the day after the first Sunday after Pentecost (their All Saints' Day) till 28 June, the fast of the Mother of God from 1 August to 14 August.使徒の高速は、6月、8月1日から8月14日に神の御母の速い28までペンテコステ後の最初の日曜日の翌日(彼らの諸聖人の日)まで続きます。 Throughout this year fall a great number of feasts.この年間を通しての宴を多数落ちる。 The great cycles are the same as ours -- Christmas, followed by a Memory of the Mother of God on 26 December, then St. Stephen on 27 December, etc. Easter, Ascension Day, and Whitsunday follow as with us.偉大なサイクルは、我々と同じです - 12月27日に、12月26日神の母の記憶に続くクリスマス、、シュテファン等のイースター、昇天祭、そしてウィットサンデーは、私たちと同じように従ってください。 Many of the other feasts are the same as ours, though often with different names.他のお祭りの多くは、しかし、多くの場合、異なる名前で、我々と同じである。 They divide them into three categories, feasts of our Lord (heortai despotikai), of the Mother of God (theometrikai), and of the saints (ton hagion).彼らは、神の母(theometrikai)、聖人(トンhagion)の3つのカテゴリは、わたしたちの主(heortai despotikai)の宴にそれらを分割します。 They count the "Holy meeting" (with St. Simeon, 2 February), the Annunciation (25 March), the Awakening of Lazarus (Saturday before Palm Sunday), etc., as feasts of Our Lord.彼らは私たちの主の宴として、 "聖会"(聖シメオン、2月2日付)、受胎告知(3月25日)、ラザロの目覚め(パームサンデー前の土曜日)などを数える。 The chief feasts of Our Lady are her birthday (8 September), Presentation in the Temple (21 November), Conception (9 December), Falling-asleep (koimesis, 15 August), and the Keeping of her Robe at the Blachernæ (at Constantinople, 2 July).聖母のチーフの宴には、(少なくとも彼女の誕生日(9月8日)、同寺で発表(11月21日)、コンセプション(12月9日)、落ちる眠っている(koimesis、8月15日)であり、Blachernæで彼女のローブの備置コンスタンティノープル、7月2日)。 Feasts are further divided according to their solemnity into three classes: great, middle, and less days.偉大な、中間、少ない日のお祭りは、さらに3つのクラスにその厳粛さに応じて分割されています。 Easter of course stands alone as greatest of all.もちろんイースターはすべての最も大きいとして単独で立っている。 It is "The Feast" (he heorte, al-id); there are twelve other very great days and twelve great ones.それは "饗宴"(彼heorte、アルid)です; 12、他の非常に偉大な日と12素晴らしいものがあります。 Certain chief saints (the Apostles, the three holy hierarchs -- Sts. Basil, Gregory of Nazianzus, and John Chrysostom -- 30 January, the holy and equal-to-the-Apostles Sovereigns, Constantine and Helen, etc.) have middle feasts; all the others are lesser ones.特定のチーフ聖人(使徒は、3聖なるhierarchs - STSバジル、ナジアンゾスの聖グレゴリオス、およびヨハネクリュソストモス - 1月30日、聖と同等·ツー·ザ·使徒の血筋、コンスタンティンとヘレン等)が真ん中持っている宴、他はすべて低いものです。 The Sundays are named after the subject of their Gospel; the first Sunday of Lent is the feast of Orthodoxy (after Iconoclasm), the Saturdays before Meatless Sunday (our Sexagesima) and Whitsunday are All Souls' days.日曜日は、その福音書の主題にちなんで命名され、四旬節の最初の日曜日は、正統性の饗宴(因習打破した後)であり、肉を含まない日曜日(私たちの六旬節)とウィットサンデーの前に土曜日は、すべての精神の日です。 Our Trinity Sunday is their All Saints.私たちのトリニティ日曜日は彼らのすべての聖人です。 Wednesdays and Fridays throughout the year are days of abstinence (Fortescue, "Orth. Eastern Church", 398-401).年間を通して水曜日と金曜日は禁欲の日(フォーテスキュー、 "オース。東方教会"、398から401)である。

Service-booksサービス書籍

The Byzantine Rite has no such compendiums as our Missal and Breviary; it is contained in a number of loosely arranged books.ビザンチンの儀式は、私たちのミサと聖務日課としては、そのようなcompendiumsを持っていない、それは、大まかに配置された書籍の数に含まれています。 They are: the Typikon), a perpetual calendar containing full directions for all feasts and all possible coincidences.彼らは以下のとおりです。Typikon)、すべてのお祭りや、すべての可能な偶然の一致のための完全な指示を含む永久カレンダー。 The (Euchologion) contains the priest's part of the Hesperinos, Orthros, the three Liturgies, and other sacraments and sacramentals. (Euchologion)は、晩課、Orthros、3のliturgies、および他の秘跡とsacramentalsの司祭の部分が含まれています。 The Triodion contains the variable parts of the Liturgy and Divine Office (except the psalms, Epistles, and Gospels) for the movable days from the tenth Sunday before Easter to Holy Saturday. Triodionは、復活祭前の聖土曜日の第十日曜日から可動日間の典礼と神の事務所の変数部分を(詩篇、書簡、福音書を除く)が含まれています。 Tbe Pentekostarion continues the Triodion from Easter Day to the first Sunday after Pentecost (All Saints' Sunday). TBE Pentekostarionは、復活祭から聖霊降臨祭後の最初の日曜日(諸聖人の日)にTriodionを続けています。 The Oktoechos gives the Offices of the Sundays for the rest of the year (arranged according to the eight modes to which they are sung -- okto echoi) and the Parakletike is for the weekdays. Oktoechosは、今年の残りのために日曜日のオフィスを与えます(それらが歌われているための8つのモードに応じて配置 - okto echoi)とParakletikeは平日のためのものです。 The twelve Menaias, one for each month, contain the Proper of Saints; the Menologion is a shortened version of the Menaia, and the Horologion contains the choir's part of the day Hours. 12 Menaias、各月の1は、聖人の適正が含まれています。MenologionはMenaiaの短縮バージョンです、とホロロジオンは一日の時間の合唱の部分が含まれています。 The Psalter (psalterion), Gospel (enaggelion), and Apostle (apostolos -- Epistles and Acts) contain the parts of the Bible read (Fortescue, "Orth. E. Ch.", 401-402; Nilles, "Kal. Man.", XLIV-LVI; Kattenbusch, "Confessionskunde", I, 478-486). Nilles、 "Kalの男; - (書簡や行為ポストロス)聖書読み出し(フォーテスキューの部品が含まれている"オルトE.チャンネル。 "、401から402詩篇(psalterion)、ゴスペル(enaggelion)、そして使徒。 "、XLIV-LVI、カッテンブッシュ、" Confessionskunde "と、私は、478から486まで)。

The altar, vestments and sacred vessels祭壇、服や神聖な船

A church of the Byzantine Rite should have only one altar.ビザンチンの儀式の教会は1つだけの祭壇を持っている必要があります。 In a few very large ones there are side-chapels with altars, and the Uniats sometimes copy the Latin multitude of altars in one church; this in an abuse that is not consistent with their rite.いくつかの非常に大規模なものでは祭壇とサイドチャペルが存在していて、そのuniats、時には1教会で祭壇のラテン多数をコピーし、これが彼らの儀式と一致していない虐待インチ The altar (he hagia trapeza) stands in the middle of the sanctuary (ierateion); it is covered to the ground with a linen cloth over which is laid a silk or velvet covering.祭壇は(彼アヤtrapeza)聖域(ierateion)の真ん中に立っている、それは、シルクやベルベットのカバーを置いているその上に麻布を使ってグランドに覆われている。 The Euchologion, a folded antimension, and perhaps one or two other instruments used in the Liturgy are laid on it; nothing else. Euchologion、折らantimension、おそらく典礼で用いられる他の1つまたは2つの楽器は、その上に配置され、他には何も。 [See ALTAR (IN THE GREEK CHURCH).] Behind the altar, round the apse, are seats for priests with the bishop's throne in the middle (in every church). [(ギリシャの教会)の祭壇を見てください。]祭壇の背後には、後陣を丸め、真ん中の司教の王座を持つ司祭(すべての教会)のための席です。 On the north side of the altar stands a large credence-table (prothesis); the first part of the Liturgy is said here.祭壇の北側に大きな信憑テーブル(語頭音添加)の略で、典礼の最初の部分は、ここで言われています。 On the south side is the diakonikon, a sort of sacristy where vessels and vestments are kept; but it is in no way walled off from the rest of the sanctuary.南側にdiakonikon、船や服が保持されている聖具の一種であるが、それは聖域の残りの部分からにしゃ断されるものではない。 The sanctuary is divided from the rest of the church by the ikonostasis (eikonostasis, picture-screen), a great screen stretching across the whole width and reaching high up to the roof (see sub-title The Iconostasis sv HISTORY OF THE CHRISTIAN ALTAR).聖域はikonostasis(eikonostasis、絵に描いた画面)、偉大な画面全体の幅を横切ってストレッチやアップ屋根に高い到達(副題キリスト教の祭壇イコノスタスのsvの履歴を参照)によって教会の他の部分から分割されている。 On the outside it is covered with a great number of pictures of Christ and the saints, arranged in a more or less determined order (Christ always to the right of the royal doors and the Bl. Virgin on the left), before which rows of lamps are hung.外ではそれは、多かれ少なかれ、決められた順序(キリスト常に王家の扉と左のBL。聖母の右側)に配置されたキリストの絵や聖人の行の前に多くので覆われているランプが掛けられている。 The ikonostasis has three doors, the "royal door" in the middle, the deacon's door to the south (right hand as one enters the church), and another door to the north. ikonostasisは3ドア、真ん中に "王家の扉"、南には助祭のドア(1教会を入ると右手)と、北へのもう一つのドアがあります。 Between the royal door and the deacon's door the bishop has another throne facing the people.王家の扉と助祭のドアの間司教は人々が直面するもう一つの王座を持っています。 Immediately outside the ikonostasis is the choir.直ちにikonostasis外の合唱団です。 A great part of the services take place here.サービスの大部分はここで行われます。 In the body of the church the people stand (there are no seats as a rule); then comes the narthex, a passage across the church at the west end, from which one enters by doors into the nave.人々は(原則として全く席がありません)に立つ教会のボディでは、その後に1つが身廊にドアで入り、そこからナルテックス、西の端の教会の向こう側に通路が、付属しています。 Most of the funeral rites and other services take place in the narthex.葬儀やその他のサービスのほとんどは、ナルテックスで開催されます。 Churches are roofed as a rule by a succession of low cupolas, often five (if the church is cross-shaped).教会は低いキューポラの承継による原則として屋根のですが、多くの場合5(教会が十字状である場合)。 In Russia there is generally a belfry.ロシアでは一般的に鐘楼があります。 The vestments were once the same as the Latin ones, though now they look very different.祭服はかつてラテン語のものと同じであった、しかし、今、彼らは非常に異なって見える。 It is a curious case of parallel evolution.これは、平行進化の奇妙なケースです。 The bishop wears over his cassock the sticharion our alb; it is often of silk and coloured; then the epitrachelion, a stole of which the two ends are sewn together and hang straight down in front, with a loop through which the head is passed.司教は、彼のカソックsticharion私たちのアルバの上身に着けている、それはしばしば絹のと着色され、その後epitrachelion、両端は縫い合わせと頭を通過させるループと、正面にまっすぐ垂れ下がっているのを盗んだ。 The sticharion and epitrachelion are held together by the zone (girdle), a narrow belt of stuff with clasps. sticharionとepitrachelionはゾーン(ガードル)、留め金のようなものの狭いベルトで一緒に保持されている。 Over the wrists he wears the epimanikia, cuffs or gloves with the part for the hand cut off.手首の上に彼が切り取ら手の一部とepimanikia、袖口や手袋を身に着けている。 From the girdle the epigonation, a diamond-shaped piece of stuff, stiffened with cardboard, hangs down to the right knee.ガードルからepigonation、原料のダイヤモンド形の作品は、段ボールで補強し、右ひざに垂れ下がる。 Lastly, he wears over all the sakkos, a vestment like our dalmatic.最後に、彼はすべてsakkos、私たちのダルマティカような法衣の上に着ている。 Over the sakkos comes the omophorion. sakkosにわたってomophorionが来る。 This is a great pallium of silk embroidered with crosses.これは、十字架で刺繍シルクの偉大パリウムです。 There is also a smaller omophorion for some rites.いくつかの儀式のための小さなomophorionもあります。 He has a pectoral cross, an enkolpion (a medal containing a relic), a mitre formed of metal and shaped like an imperial crown, and a dikanikion, or crosier, shorter than ours and ending in two serpents between which is a cross.彼は我々のものとなっている間にクロス2蛇で終わるよりも短く胸クロス、エンコルピオン(遺物を含むメダル)、金属と帝国の王冠のような形で形成されたマイター、及びdikanikion、または牧杖を持っています。 To give his blessing in the Liturgy he uses the trikerion in his right and the dikerion in his left hand.典礼では、彼の祝福を与えるために彼は彼の権利と左手にdikerionでtrikerionを使用しています。 These are a triple and double candlestick with candles.これらは、キャンドルでトリプルとダブルの燭台です。 The priest wears the sticharion, epitrachelion, zone, and epimanikia.司祭はsticharion、epitrachelion、ゾーン、およびepimanikiaを身に着けている。 If he is a dignitary he wears the epigonation and (in Russia) the mitre also.彼は高官であれば、彼はまたepigonationと(ロシア)マイターを身に着けている。 Instead of a sakkos he has a phainolion, our chasuble, but reaching to the feet behind and at the sides, and cut away in front (see CHASUBLE and illustrations).代わりに彼はphainolion、私たちのカズラが、後ろと側面の足に到達しており、正面に切り取る(カズラやイラスト参照)sakkosの。 The deacon wears the sticharion and epimanikia, but no girdle.助祭sticharionとepimanikia、ないガードルを身に着けている。 His stole is called an orarion; it is pinned to the left shoulder and hangs straight down, except that he winds it around his body and over the right shoulder at the Communion.彼のストールはorarionと呼ばれ、それが左の肩に固定されて、彼は彼の体の周りと聖体拝領で右の肩の上にそれを巻き取ることを除いて、まっすぐ下にハングします。 It is embroidered with the word "HAGIOS" three times.これは "ハギオス"を3回言葉が刺繍されています。 A very common abuse (among Melkites too) is for other servers to wear the orarion.非常に一般的な虐待は(あまりにMelkites間)orarionを着用し、他のサーバのためのものです。 This is expressly forbidden by the Council of Laodicea (c. 360, can. xxii).これは、明示的にラオディケア評議会(c. 360、することができます。XXII)で禁止されています。 The Byzantine Rite has no sequence of liturgical colours.ビザンチンの儀式の典礼色のないシーケンスを持っていません。 They generally use black for funerals, otherwise any colours for any day.彼らは一般的にそうでなければ葬式、任意の日の任意の色に黒を使用します。 The vessels used for the holy Liturgy are the chalice and paten (diskos), which latter is much larger than ours and has a foot to stand it (it is never put on the chalice), the asteriskos (a cross of bent metal that stands over the paten to prevent the veil from touching the holy bread), the spoon (labis) for giving Communion, the spear (logche) to cut up the bread, and the fan (hripidion) which the deacon waves over the Blessed Sacrament -- this is a flat piece of metal shaped like an angel's head with six wings and a handle.聖なる典礼のために使用する船舶は、後者は我々よりもはるかに大きく、それを我慢するために足を持って聖杯と金属製の円盤(diskos)である(それは聖杯に置かれることはありません)、asteriskos(略曲がった金属製のクロス聖なるパンに触れてからベールを防ぐために、金属製の円盤)の上に、聖餐、パンをカットするための槍(logche)、および聖体上助祭波ファン(hripidion)を与えるためのスプーン(ラビス) - この6つの翼とハンドル付きの天使の頭のような形をした金属の平らな部分です。 The antimension) is a kind of corporal containing relics that is spread out at the beginning of the Liturgy. antimension)は、典礼の初めに広げていた伍長含む遺物の一種である。 It is really a portable altar.それは、本当にポータブル祭壇です。 The Holy Bread (always leavened of course) is made as a flat loaf marked in squares to be cut up during the Proskomide with the letters IC.聖パン(もちろん、常に発酵)は、ICの文字とProskomide中に切断される四角でマークフラットパンとして作られています。 XC. XC。 NI. NI。 KA. KA。 (Iesous Christos nika). (Iesousクリストスニカ)。 In the diakonikon a vessel is kept with hot water for the Liturgy (Fortescue, op. cit., 403-409; "Echos d'Orient", V, 129-139; R. Storff, "Die griech. Liturg.", 13-14). 。。 "エコーズドゥオリエント"は、V、129か​​ら139;; diakonikonで容器(フォーテスキュー、前掲、403から409までの典礼用の湯と一緒に保管されている "。ダイgriech Liturg" R Storff、 13-14)。

Church music教会音楽

The singing in the Byzantine Rite is always unaccompanied.ビザンチンの儀式で歌うことは常に伴われる。 No musical instrument of any kind may be used in their churches.いかなる種類の楽器は、その教会で使用することはできません。 They have a plain chant of eight modes that correspond to ours, except that they are numbered differently; the four authentic modes (Doric, Phrygian, Lydian, and Mixolydian -- our 1st, 3rd, 5th, and 7th) come first, then the Plagal modes (our 2nd, 4th, 6th, and 8th).彼らは、彼らが異なる番号が付けられていることを除いて、私たちのものに対応する8つのモードのうちの平野聖歌を持って、本格的な4つのモード(ドーリア式、フリギア、リディア、とミクソリディアン - 私たちの第一、第三、第五、第7)が最初に来て、その後変格モード(私たちの、第二第四番目、6番目、8番目)。 But their scales are different.しかし、彼らのスケールが異なっている。 Whereas our plainsong is strictly diatonic, theirs is enharmonic with variable intervals.私たちの旋律は厳密にダイアトニックであるのに対し、彼らは可変間隔で異名同音です。 They always sing in unison and frequently change the mode in the middle of a chant.彼らはいつも声をそろえて歌うと頻繁に詠唱の途中でモードを変更します。 One singer (generally a boy) sings the dominant (to ison) of the mode to the sound of A continuously, while the rest execute their elaborate pneums (see PLAIN CHANT).残りは(平野聖歌を参照)は、手の込んだpneumsを実行しながら、一歌手(一般的に少年)は、連続しての音にドミナント(ISONに)モードを歌う。 The result is generally -- to our ears -- unmelodious and strange, though in some cases a carefully trained choir produces a fine effect.結果は、一般的です - 私たちの耳に - 非旋律的な、奇妙な、いくつかのケースで慎重に訓練された聖歌隊が細かい効果を生み出すのに。 One of the best is that of St. Anne's (Melkite) College at Jerusalem, trained by the French Pères Blancs.最高の一つは、フランスのペレスのブランによって訓練され、エルサレムのセントアンズ(Melkite)大学のことです。 One of these, Père Rebours, has written an exhaustive and practical treatise of their chant ("Traité de psaltique" etc.; see bibliography).これらのいずれか、ペールReboursは、(;参考文献を参照してください "Traitéデpsaltique"など)は聖歌をすべて網羅した実用的な論文を書いています。 In Russia and lately, to some extent, in the metropolitan church of Athens they sing figured music in parts of a very stately and beautiful kind.ロシアでは、最近、ある程度までは、アテネ首都圏の教会で、彼らは歌う非常に厳かで美しい種類の部品で音楽を考え出した。 It is probably the most beautiful and suitable church music in the world.それは、おそらく世界で最も美しいと適切な教会音楽です。

The Holy Liturgy聖なる典礼

The present use of the Byzantine Rite confines the older Liturgy of St. Basil to the Sundays in Lent (except Palm Sunday), Maundy Thursday, and Holy Saturday, also the eves of Christmas and the Epiphany, and St. Basil's feast (1 January).ビザンチンの儀式を閉じ込めるの現在の使用古いも四旬節の日曜日に聖バジル(パーム日曜日を除いて)、聖木曜日、聖土曜日、クリスマス、エピファニーの前夜の典礼、聖バジルの饗宴(1月1日)。 On all other days on which the Liturgy is celebrated they use that of St. Chrysostom.典礼が祝われているすべての他の日に、彼らは聖クリュソストモスのものを使用しています。 But on the weekdays in Lent (except Saturdays) they may not consecrate, so they use for them the Liturgy of the Presanctified.しかし、四旬節中の平日(土曜日を除く)で、彼らは奉献ないかもしれないので、彼らは彼らのために清めの典礼を使用します。 An Orthodox priest does not celebrate every day, but as a rule only on Sundays and feast-days.正教会の司祭は毎日祝うが、唯一の日曜日と饗宴 - 日には原則としてありません。 the Uniats, however, in this, as in many other ways, imitate the Latin custom.そのuniatsしかし、これでは、他の多くの方法のように、ラテン語のカスタムを真似。 They also have a curious principle that the altar as well as the celebrant must be fasting, that is to say that it must not have been used already on the same day.彼らはまた、祭壇のほか、祝賀会は、それが同じ日に既に使用されていてはならないと言うことはつまり、断食しなければならないこと好奇原則を持っている。 So there is only one Liturgy a day in an Orthodox Church.だから、唯一の典礼は正教会の日があります。 Where many priests are present they concelebrate, all saying the Anaphora together over the same offerings.多くの祭司たちが、彼らが共同執行者として参加する存在する場合、すべて同じ製品の上に一緒に照応を言う。 This happens nearly always when a bishop celebrates; he is surrounded by his priests, who celebrate with him.司教を祝うとき、これはほぼ常に起こる、彼は彼と一緒に祝う彼のプリーストに囲まれています。 The Liturgy of St. Chrysostom, as being the one commonly used, is always printed first in the Euchologia.聖クリュソストモスの典礼は、一般的に使用される一つとして、常にEuchologiaで最初に印刷されます。 It is the framework into which the others are fitted and the greater part of the Liturgy is always said according to this form.それは他のものが取り付けられていると典礼の大部分は、常にこのフォームに従って、言われているフレームワークです。 After it are printed the prayers of St. Basil (always much longer) which are substituted for some of the usual ones when his rite is used, and then the variants of the Liturgy of the Presanctified.それは、その後、彼の儀式が使用されている場合、通常のもののいくつかのために置換され聖バジル(常にはるかに長い)の祈りと清めの典礼の変異体を印刷した後。 The Liturgies of Basil and Chrysostom, then, differing only in a certain number of the prayers, may be described together.バジルとクリュソストモスのliturgiesは、その後、祈りの特定の番号だけが異なる、一緒に記述することができる。

The first rubric directs that the celebrant must be reconciled to all men, keep his heart from evil thoughts, and be fasting since midnight.第一朱書きは、祝賀会の参加者はすべての人と和解しなければならないことを指示する邪悪な考えから彼の心を維持し、真夜中から断食することができます。 At the appointed hour (usually immediately after None) the celebrant and deacon (who communicates and must therefore also be fasting) say the preparatory prayers before the ikonostasis (Brightman, op. cit., 353-354), kiss the holy ikons, and go into the diakonikon.指定された時間(通常は直ちになし後)に祝賀会の参加者とディーコン(誰が通信して、そのためにも絶食しなければなりません)ikonostasis前の準備の祈り(イトマン、前掲書、353から354まで)は、神聖なikonsキスを言うと、 diakonikon入る。 Here they vest, the celebrant blessing each vestment as it is put on, say certain prayers, and wash their hands, saying verses 6-12 of Psalm 25 ("Lavabo inter innocentes" etc., op. cit., 354-356).ここで彼らはベスト、祝賀会の祝福各法衣を、それが上に置かれると、特定の祈りを言って、手を洗う、詩篇25の詩6月12日( "洗手インターinnocentes"など、前掲書、354から356)を言って。 Then the first part of the Liturgy, the Preparation of the Offering (proskomide) begins at the credence table (prothesis).その後、典礼の最初の部分は、募集の準備(proskomide)は信憑テーブル(語頭音添加)から始まります。 The loaves of bread (generally five) are marked in divisions as described above under the caption Altar, etc. The celebrant cuts away with the holy lance the parts marked IC.キャプションの祭壇の下に上記のようなパンのパンは、(一般的に5)部品はICのマークされた聖槍と祝賀会カット離れるなど、各部門でマークされます。 XC. XC。 NI. NI。 KA., and says: "The Lamb of God is sacrificed." 。KA、と書かれています: "神の子羊が犠牲にされています。" These parts are then called the Lamb.これらの部品は、次にラムと呼ばれています。 The deacon pours wine and warm water into the chalice.助祭は、聖杯にワインと暖かい水を注ぐ。 Other parts of the bread are cut away in honour of the All-holy Theotokos, nine for various saints, and others for the bishop, Orthodox clergy, and various people for whom he wishes to pray.パンの他の部分は司教、正教会の聖職者、彼は祈ることを望む人のための様々な人々のためにオール聖なる生神女、様々な聖人のために9、他人の名誉で切り取られています。 This rite is accompanied by many prayers, the particles (prosphorai) are arranged on the diskos (paten) by the Lamb (that of the Theotokos on the right, because of the verse "The Queen stands at thy right hand". A long rubric explains all this), covered with the asteriskos and veils, and the offerings are repeatedly incensed.この儀式は多くの祈りを伴っている "女王は汝の右手に立っている"詩のために、粒子(prosphorai)ラム(右側の生神女のそれによってdiskos(金属製の円盤)に配置される。長い朱書きは、このすべてがasteriskosとベールで覆われており、製品が繰り返し激怒され、)について説明します。 The deacon then incenses the prothesis, altar, sanctuary, nave, and the celebrant.その後助祭香語頭音添加、祭壇、聖域、身廊、そして祝賀会。 (A detailed account of the now elaborate rite of the Proskomide is given in the "Echos d'Orient", III, 65-78.) They then go to the altar, kiss the Gospel on it and the deacon holding up his orarion says: It is time to sacrifice to the Lord. (Proskomideの今では手の込んだ儀式の詳細な説明は、 "エコーズドゥオリエント"、III、65から78に示されている。)彼らはその後、祭壇に進み、それに福音にキスをし、彼のorarionを持ち上げ、ディーコンは言う:これは、主に犠牲をする時間です。 Here begin the Litanies (ektenai or synaptai).ここに連祷を(ektenaiまたはsynaptai)を開始します。 The doors of the ikonostasis are opened, and the deacon goes out through the north door. ikonostasisのドアが開いたと、ディーコンは、北のドアを通って外に出ています。 Standing before the royal doors he chants the Great Litany, praying for peace, the Church, the patriarch or synod (in Orthodox countries for the sovereign and his family), the city, travellers, etc., etc. To each clause the choir answer "Kyrie eleison".合唱団の答えはそれぞれの句に、彼は平和のために祈って、グレート祷を唱える王室ドア、教会、家長や教会会議(主権と彼の家族のために正教会の国で)、都市、旅行、などなどの前に立って"連祷"。 Then follows the first antiphon (on Sundays Ps. cii), and the celebrant at the altar says a prayer.その後、最初のアンティフォン(日曜をpsのです。CII)に続き、祭壇に司祭が祈りを言う。 The Short Litany is sung in the same way (the clauses are different, Brightman, op. cit., 362-375) with an antiphon and prayer, and then a third litany; on Sundays the third antiphon is the Beatitudes.ショート祷は、アンティフォンと祈り、そして、3番目の連祷と同じように(。句が異なっており、イトマン、前掲、362から375)で歌われ、第三アンティフォン日曜山上の垂訓である。

The Little Entranceリトルエントランス

Here follows the Little Entrance.ここで少しエントランスは、次のとおりです。 The deacon has gone back to the celebrant's side.助祭は、祝賀会の側に帰ってしまった。 They come out through the north door in procession, the deacon holding the book of the Gospels, with acolytes bearing candles.彼らは、行進、ろうそくを冠し学生たちとともに、福音の本を持って助祭に北のドアを通って出てくる。 The troparia (short hymns) are sung, ending with the Trisagion: "Holy God, Holy Strong One, Holy Immortal One, have mercy on us" (three times) ; then "Glory be to the Father", etc. "As it was in the beginning", etc. -- and again "Holy God", etc. Meanwhile the celebrant says other prayers. tropariaが(ショート賛美歌)三聖誦で終わる、歌われています(3回)、 "聖なる神は、1つの強力な、聖なる不滅の1つは、私たちをあわれんでください";それとして、 "等"栄光は父と "初めにあった "など - そして再び"聖なる神 "等一方祝賀会の参加者は、他の祈りを言う。 A reader sings the Epistle; a Gradual is sung; the deacon sings the Gospel, having incensed the book; more prayers follow.読者は信徒を歌う;徐々に歌われています。助祭本を激怒した、ゴスペルを歌い、より祈りが続きます。 Then come prayers for the catechumens, and they are dismissed by the deacon: "All catechumens go out. Catechumens go out. All catechumens go away. Not one of the catechumens [shall stay]."その後catechumensのために祈りを来て、彼らは助祭によって却下されています: "すべてのcatechumensが外出をcatechumens、外出すべてのcatechumensが消えないの​​catechumens 1 [滞在しなければならない]。。。" -- Of course nowadays there are no catechumens. - もちろん、最近は全くcatechumensにはありません。 The prayers for the catechumens bring us to the first variant between the two Liturgies. catechumensのための祈りは、2つのliturgies間の最初のバリアントに私たちをもたらす。 The one said by the celebrant is different (and, as an exception, shorter) in St. Basil's rite (Brightman, op. cit., 374 and 401). 1は、祝賀会の参加者によって聖バジルの儀式(イトマン、前掲書、374、401)で(そして、例外として、短い)が異なると述べた。 The deacon says, "All the faithful again and again pray to the Lord in peace", and repeats several times the curious exclamation "Wisdom!"助祭は何回か好奇心符 "すべての信者が何度も何度も安らかに主に祈りを"と言うと、繰り返し "の知恵!" (sophia) that occurs repeatedly in the Byzantine Rite -- before the Gospel he says "Wisdom! Upright!" (上智大学)、それは、ビザンチンの儀式で繰り返し発生する - 福音の前に彼は言う "知恵直立!" -- sophia. - ソフィア。 orthoi., meaning that the people should stand up. orthoi。、人々は立ち上がるべきであることを意味します。

The Liturgy of the Faithful信徒の典礼

The Liturgy of the Faithful begins here.信徒の典礼はここから始まります。 Prayers for the faithful follow (different in the two rites, Brightman, op. cit., 375-377 and 400-401); and then comes the dramatic moment of the Liturgy, the Great Entrance.忠実なフォローのための祈り(2儀式、イトマン、前掲、375から377と400から401で異なる。);その後典礼劇的な瞬間、グレートエントランスを付属しています。 The celebrant and deacon go to the prothesis, the offerings are incensed.祝賀会の参加者と助祭は語頭音添加に行く、オファリングは、激怒されています。 The deacon covers his shoulders with the great veil (see ÆR) and takes the diskos (paten) with the bread; the thurible hangs from his hand; the celebrant follows with the chalice.助祭は偉大なベール(AERを参照)で肩をカバ​​ーしており、パンと一緒にdiskos(金属製の円盤)をとり、香炉は彼の手からハングアップ、司祭は聖杯と続く。 Acolytes go in front and form a solemn procession.学生たちは、フロントに行くと厳粛な行列を形成します。 Meanwhile the choir sings the Cherubic Hymn (Cheroubikos hymnos): "Let us, who mystically represent the Cherubim, and who sing to the Life-giving Trinity the thrice holy hymn, put away all earthly cares so as to receive the King of all things [here the procession comes out through the north door] escorted by the army of angels. Alleluia, alleluia, alleluia." 、 "してみましょう、神秘的にケルビムを表し、生命を与える三位一体三度聖なる賛美歌を歌う人この世のすべては万物の王を受信するように気片付け:一方合唱団天使の賛美歌(Cheroubikos hymnos)を歌う[ここに行列が北のドアを通って出てくる]天使の軍隊に護衛。ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ "。 The procession goes meanwhile all round the church and enters the sanctuary by the royal doors.行列は、すべてのラウンド教会その間なり、王室のドアによって聖域に入る。 The Cherubic Hymn has a very elaborate and effective melody (Rebours, op. cit., 156-164) with almost endless pneums.天使のような賛美歌はほとんど無限とpneums(Rebours、前掲書、156から164まで)は非常に精巧かつ効果的なメロディーを持っています。 This ceremony, with its allusion to the entrance of the "King of all things" before the offerings are consecrated, is a curious instance of a dramatic representation that anticipates the real moment of the Consecration.この儀式は、供物を奉献される前に、 "万物の王"の入り口への当てつけで、奉献の本当の瞬間を見込んで劇的な表現の好奇インスタンスです。 After some more prayers at the altar, different in the two liturgies, the deacon cries out, "The doors! The doors! Let us attend in wisdom", and the doors of the ikonostasis are shut. 2典礼で異なる祭壇、いくつかのより多くの祈りの後、助祭は、 "私たちは知恵で出席しましょう​​!ドア扉"を、叫び、そしてikonostasisのドアがシャットダウンされます。 The Creed is then sung.クリードは、その後、歌われています。

The Anaphora (Canon)照応(キヤノン)

Here begins the Anaphora (Canon).ここに照応(キヤノン)が開始されます。 There is first a dialogue, "Lift up your hearts" etc., as with us, and the celebrant begins the Eucharistic prayer: "It is meet and just to sing to Thee, to bless Thee, praise Thee and give thanks to Thee in all places. . . ." "それはでなたに感謝を満たしており、ちょうど、汝に歌ってあなたを祝福し、あなたを賞賛し、与える:対話は、私たちと同様に、等"あなたの心を持ち上げる "、そして司祭eucharistic祈りを開始し、最初にそこにあるすべての場所で​​.... " The form in St. Basil's Rite is much longer.聖バジルの儀式で、フォームがはるかに長いです。 It is not said aloud, but at the end he lifts up his voice and says: "Crying, singing, proclaiming the hymn of victory and saying:" -- and the choir sings "Holy, Holy, Holy" etc., as in our Mass. Very soon, after a short prayer (considerably longer in St. Basil's Rite) the celebrant comes to the words of Institution.それは、声を出して言ったが、最後に彼は彼の声を持ち上げると述べていません: "勝利の賛美歌を宣言と言って、歌って、泣く:" - と合唱団のように、 "聖なる、聖なる、聖なる"などを歌う私たちのマサチューセッツ州は非常にすぐに、短い祈り(聖バジルの儀式でかなり長い)の後に司祭は機関の言葉になる。 He lifts up his Voice and sings: "Take and eat: this is my Body that is broken for you for the forgiveness of sins"; and through the Ikonostasis the choir answers "Amen".彼は声を持ち上げると歌う: "取って食べなさい:これは、罪の赦しのためにあなたのために壊れている私の体です"と、Ikonostasisを通して合唱団が "アーメン"と応答します。 Then: "Drink ye all of this, this is my Blood of the New Testament that is shed for you and for many for the forgiveness of sins."その後、 "あなたがたにこのすべてを飲んで、これはあなたのために、罪の赦しのための多くのために流される新約聖書の私の血である。" R. Amen -- as before. R.アーメン - 以前のように。 The Orthodox, as is known, do not believe that these words consecrate, so they go straight on to the Anamnesis, and a special rubric in their Euchologion (ed. Venice, 1898, p. 63) warns them not to make any reverence here.正教会では、知られているように、これらの言葉を奉献ことを信じていないので、既往歴を直進し、そのEuchologionで特別朱書き(編ヴェネツィア、1898年、p。63)はここに畏敬の念をしないことを警告。 The Uniats, on the other hand, make a profound reverence after each form.そのuniats、その一方で、各フォームの後に深い畏敬の念を作る。 The Anamnesis (our "Unde et memores") again is longer in the Basilian Liturgy.既往歴は、(我々の "アンクルらmemores")再びバシリウス典礼では長くなっています。 The Epiklesis follows. Epiklesisは次のとおりです。 The deacon invites the celebrant in each case: "Bless, sir, the holy bread [or wine]."助祭は、それぞれの場合に祝賀会を誘う: "祝福、先生、聖なるパン[やワイン]。" The two forms (of Basil and Chrysostom) may stand as specimens of the principle of abbreviation that distinguishes the later rite.二つの形式が(バジルとクリュソストモス)後の儀式を区別する略語の原則の標本として立つことがあります。 In St. Basil's Liturgy it is: "We pray and beseech thee, O Holy of Holy ones, that according to the mercy of thy favour thy Holy Spirit come down on us and on these present gifts to bless them, sanctify them and to make...."聖バジルの典礼では、次のとおりである: "我々は祈るとなた賛成汝の聖霊の慈悲に合わせて、聖別する彼らを祝福し、作るために、私たちに、これらの現在のギフトで降りてくることを懇願するのthee、聖なるもののオー·ホーリー、 .... " (Chrysostom: "Send down thy Holy Spirit on us and on these present gifts...."). (クリュソストモス: "私たちに、これらの本のギフトの汝の聖霊を押し送信....")。 Then, after an irrelevant interpolation, with two verses from Ps.その後、無関係補間後、Psから2詩を持つ。 l about the celebrant's own soul, he continues (Basil): "this bread the precious Body itself of our Lord and God and Saviour Jesus Christ" (Chrys.: "and make this bread the precious Body of thy Christ").祝賀会の参加者自身の魂約リットルは、彼が(バジル)続けて: "このパンは貴重な私たちの主と神と救い主イエスキリストの体そのもの"(Chrys.: "とは、このパンなたのキリストの貴重な体にする")。 Deacon: "Amen. Bless, Sir, the holy chalice."助祭: "。。アーメン祝福、先生は、神聖な聖杯" Celebrant (Basil): "But this chalice the Precious Blood itself of our God and Saviour Jesus Christ" (Chrys.: "And what it is in this Chalice the precious Blood of Thy Christ").司祭(バジル): "しかし、この聖杯、私たちの神と救い主イエス·キリストの尊い血そのもの"(Chrys.: "そして、それがこの聖杯汝キリストの尊い血にあるもの")。 Deacon: "Amen. Bless, Sir, both."助祭: "アーメン祝福、先生は、両方の。" Celebrant (Basil): "That was shed for the life and salvation of the world" (Chrys.: "Changing it by thy Holy Spirit").司祭(バジル): "世界の命と救いのために流された"(Chrys.: "汝の聖霊によってそれを変更する"を参照)。 Deacon: "Amen. Amen. Amen."助祭: "アーメンアーメンアーメン。" Both then make a deep prostration, and the deacon waves the ripidion (fan) over the Blessed Sacrament.どちらも、深い虚脱を行い、助祭波聖体以上ripidion(ファン)。 This ceremony, now interpreted mystically as a symbol of adoring angels, was certainly once a practical precaution.今絶賛して天使の象徴として神秘的に解釈されるこの儀式は、かつて確かに実用的な予防措置であった。 They have no pall over the chalice and there is a danger of flies.彼らは聖杯上から棺を持っていないとハエの危険性がある。 The waving of the ripidion occurs several times during the Liturgy. ripidionのウエーブは、典礼の間に数回発生します。 In the Byzantine Rite, as in all the Antiochene family of liturgies, the Intercession follows at this point.ビザンチンの儀式、典礼のすべての学派の家族のように、仲裁は、この時点で、次の。 First comes a memory of saints; the deacon then reads the Diptychs of the Dead, and the celebrant says a prayer into which he may introduce the names of any of the faithful departed for whom he wishes to pray.最初は、聖人の記憶を来る;助祭はその後死者のDiptychsを読み取り、祝賀会は、彼は祈ることを望む人のために忠実に故人の任意の名前を導入する可能性があるに祈りを言う。 Prayers for the living follow (in Russia for the second time occur the names of "Our Orthodox and Christ-loving Lord Nicholas, Czar and Autocrat of all the Russias" and of all his "right-believing and God-fearing" family), with the names of the patriarch (or Synod) and metropolitan, and the ending; "and all [masc.] and all [fem.]" kai panton kai pason.リビングのフォローのための祈り(ロシアで二回 "私達の正統派とキリストを愛するニコラス卿、すべてのロシアの皇帝と従臣"とすべての彼の "右信じ、神を恐れる"家族の名前が発生する)、家長の名前(またはシノドス)と首都圏、エンディングと、 "[MASC]とすべてとすべて[FEM]"甲斐パントン会pason。 The deacon then reads the Diptychs of the Living; more prayers for them follow.助祭は、次にリビングのDiptychsを読み取ります。それらのためのより多くの祈りが続きます。 Here ends the Anaphora.ここに照応は終了します。 The celebrant blesses the people: "The mercy of our great God and Saviour Jesus Christ be with all of you."祝賀会の参加者は、人々を祝福: "我々の偉大な神と救い主イエス·キリストの慈悲は、あなたのすべてとともにありますように。" Choir: "And with thy spirit."合唱: "そして汝の精神としています。" And the deacon goes out to his place before the ikonostasis and reads a litany, praying for various spiritual and temporal favours, to each clause of which the choir answers: "Kyrie eleison", and at the last clause -- "Having prayed in the union of faith and in the communion of the Holy Ghost, let us commend ourselves and one another and our whole life to Christ, our God."と助祭ikonostasis前に彼の場所に出て嫌になるほど読み込み、様々な精神的、時間的のために祈って合唱すると、回答の各句に、好意: "連祷"、そして最後の節で - "で祈ったので信仰と聖霊の交わりの組合は、私たちはキリスト、私たちの神のために自分自身とお互いと私たちの人生を賞賛しましょう​​。 " To Thee, O Lord (Soi, Kyrie).汝、主よ(ソイ、キリエ)へ。 -- -

Meanwhile the celebrant says a long prayer silently.一方、司祭は静かに長い祈りを言う。 The people sing the Lord's Prayer, and the celebrant adds the clause: For Thine is the Kingdom" etc. The Inclination follows. The deacon says, "Bow your heads to the Lord" (our "Humiliate capita vestra Domino"); they answer, "To Thee, O Lord", and the celebrant says the Prayer of Inclination (different in the two Liturgies). The preparation for Communion begins here. The deacon winds his orarion (stole) around his body, the curtain of the royal doors (they have besides the doors a curtain that is continually drawn backward and forward during the Liturgy) is drawn back, and the celebrant elevates the Holy Eucharist saying, "Holy things for the holy", to which the answer is: "One only is holy, one only is Lord, Jesus Christ in the glory of God the Father.人々は、主の祈りを歌い、そして祝賀会は、WHERE句を追加します:汝のためにイギリスである主 "(私たちの"恥をかか人当たりVESTRAドミノ ")への弓頭を、彼らは答える"傾きは以下などが助祭は言う。 " 、 "あなたの所に、主よ"と、祝賀会の傾きの祈り(2 liturgiesは異なる)と言います。聖体の準備はここから始まります。助祭は、彼の体の周りに王室のドアのカーテンを彼orarion(ストール)の巻き(彼らはドアのほか、継続的典礼中に前後に描かれているカーテンを持っている)に引き戻され、司祭は聖体になる答えは、 "聖なるための神聖なもの"と言って上げます: "一つだけです聖なるは、1つは父なる神の栄光のうちに、主、イエス·キリストです。 Amen." The Communion hymn (koinonikon) of the day is sung, and the Communion begins. While the clergy Communicate in the Sanctuary a sermon is sometimes preached. The celebrant breaks the Holy Bread into four parts, as it is marked, and arranges them on the diskos thus: --アーメン。 "一日の聖体賛美歌(koinonikon)が歌われ、聖体拝領が始まります。聖職者はサンクチュアリでコミュニケーションながら説教はときどき説教されています。祝賀会の参加者は、それがマークされているように、4つの部分に聖なるパンを壊し、そしてアレンジこうしてdiskos上でそれら: -

      ISNIKAXS (Where I=Iota, S=Sigma) ISNIKAXS(ここで、i =イオタ、S =シグマ)

He puts the fraction marked (IOTA-SIGMA) into the chalice, and the deacon again pours into it a little warm water (the use of warm water is a very old peculiarity of this rite).The part marked (CHI-SIGMA) is divided into as many parts as there are priests and deacons to Communicate.彼が聖杯にマークされた画分(IOTA-SIGMA)を置くと、ディーコンは再び少し暖かい水(温水の使用は、この儀式の非常に古い癖です)に注ぐ。マークされた部分(CHI-SIGMAは)です司祭と通信するために執事がある限り多くの部分に分けられています。 Meanwhile, prayers are said; those about to Communicate ask pardon of their offences against each other.一方、祈りは言われて、それらのお互いに対する彼らの犯罪の恩赦を求める通信する約。 The celebrant says, "Behold I draw near to our immortal King" etc., and receives Holy Communion in the form of bread, saying: The precious and all-holy Body of Our Lord and Saviour Jesus Christ is given to me N. priest [or bishop] for the forgiveness of my sins and for life everlasting." Then he says, "Deacon, approach". and gives him Communion with the same form (To thee N. deacon etc.). The celebrant then drinks of the chalice with a corresponding form -- The precious and all-holy Blood -- and communicates the deacon as before. After Communion each says silently a very beautiful prayer -- I believe, Lord, and I confess that Thou art in very truth Christ, the Son of the living God etc. (Brightman, op. cit., 394.) The rest of the clergy are Communicated from the portion marked (IOTA-SIGMA), that has been put into the chalice and is therefore soaked in the consecrated wine, with one form (The precious and all-holy Body and Blood). The celebrant divides the portions marked NI and KA, and the deacon puts them into the chalice with a sponge. The doors are opened and the deacon says, "Draw near in the fear of God and with faith". The celebrant comes down to the doors with the chalice and the spoon and communicates the people with the Holy Bread dipped in the chalice, and with one form, as before. The people stand to receive Communion (the Byzantine Rite knows practically no kneeling at all). Finally, the deacon puts all the remaining particles into the chalice and carries it back to the prothesis. Those other particles (prosphora) originally cut off from the bread have lain on the diskos (paten) since the proskomide. It has been a great question whether they are consecrated or not. The Orthodox now say that they are not, and the deacon puts them into the chalice after the Communion. It is obviously a question of the celebrant's intention. The Uniat priests are told to consecrate them too, and in their Liturgy the people receive in Communion (Fortescue, op. cit., 417; "Echos d'Orient", III, 71-73).祝賀会の参加者等 "私は我々の不滅のキングに近づく"見よ、と言って、パンの形で聖体拝領を受けて、と言って:私たちの主、救い主イエス·キリストの尊いとすべての聖なる体はN司祭私に与えられている[または司教]永遠の私の罪の赦しのために、生活のため。 "それから彼は言う、"ディーコン、アプローチ "と同じ形式(N.助祭などをなたに)と彼に聖体を与える。祝賀会はその後のドリンク対応するフォームで聖杯 - 貴重とすべての聖なる血 - 前と同じように助祭を伝え拝領した後、それぞれが非常に美しい祈り静かに言う - 。私は信じています、主よ、と私は非常に真理キリストにその汝を告白し、生ける神等(イトマン、前掲書、394。)聖職者の残りの子は聖杯に置かれているので、奉献さに浸漬された部分(イオタ - シグマ)から伝達される1フォーム(貴金属、すべての聖なる体と血)を持つワイン。祝賀会は、NIとKAをマークした部分を分割し、助祭は、スポンジで聖杯に入れます。扉が開かれると、ディーコンは言う、 "描画"神への恐怖に近いと信仰を持つ。司祭カリスとスプーンを使ってドアまで来て聖なるパンを持つ人々を伝える人々が受け取るように立つ前と同じように、聖杯、および1つのフォームに浸した。聖体拝領は(ビザンチンの儀式は実質的には全くひざまずい知らない)、最後に、助祭は聖杯に残っているすべての粒子を入れ、語頭音添加に戻ってそれを運ぶ。もともとパンから切り離さそれらの他の粒子(prosphora)がdiskosに横になっている(金属製の円盤)proskomide以来。それは正統派は今、彼らはないと言う。彼らが献堂されているかどうかに大きな問題であったと、ディーコンは聖体拝領後の聖杯に入れます。それは明らか祝賀会の意図の質問です。Uniat司祭があまりにもそれらを奉献するように言われ、彼らの典礼では、人々が聖体(フォーテスキュー、前掲、417。 "エコーズドゥオリエント"、III、71から73)で受信されています。

Dismissal解雇

Here begins the Dismissal.ここで解雇が始まります。 The deacon unwinds his orarion, goes back to the choir before the ikonostasis, and says a short litany again with the choir.助祭は、彼orarionを巻き戻しikonostasis前に聖歌隊に戻り、聖歌隊で再び短い嫌になるほどと言います。 He then goes to the prothesis and consumes all that is left of the Holy Eucharist with the prosphora.彼はその後、語頭音添加に行くとprosphoraと聖体の残っているのを消費します。 Meanwhile, some of the bread originally cut up at the Prothesis has remained there all the time.一方、もともと語頭音添加を見上げカットパンのいくつかはそこにすべての時間を推移している。 This is now brought to the celebrant, blessed by him, and given to the people as a sacramental (the French pain bénit -- see ANTIDORON).これは現在では、祝賀会の参加者に持って彼によって祝福し、(フランスの痛みbénit - ANTIDORONを参照)礼典として人々に与えられます。 After some more prayers the celebrant and deacon go to the diakonikon, the doors are shut, they take off their vestments, and the Liturgy is over.祝賀会の参加者と助祭はdiakonikonに行くいくつかのより多くの祈りの後、ドアがシャットダウンされ、彼らは服を脱ぐと、典礼は終わっています。 The whole service is very much longer than our Mass. It lasts about two hours.全体のサービスはそれが約2時間持続する私たちのミサよりもはるかに長くなっています。 It should be noted that all the time that the choir are singing or litanies being said the priest is saying other prayers silently (mystikos).それは聖歌隊が歌っているか、連祷されているすべての時間は、司祭は(mystikos)黙って他の祈りを言っていると述べたことに注目すべきである。 The Byzantine Rite has no provision for low Mass. As they say the Liturgy only on Sundays and feast-days, they have less need for such a rite.彼らは唯一の日曜日と饗宴 - 日の典礼は、彼らがそのような儀式にはあまり必要性を持っていると言うように、ビザンチンの儀式は、低マサチューセッツための規定がありません。 In cases of necessity, where there is no deacon, the celebrant supplies his part as best he can.やむを得ない場合においては、何助祭がない場合には、司祭は、彼ができる最善のように彼の一部を供給しています。 The Uniats, who have begun to celebrate every day, have evolved a kind of low Liturgy; and at the Greek College at Rome they have a number of little manuscript books containing an arrangement for celebrating with a priest and one lay server only.毎日祝うために始めているそのuniatsは、低典礼のようなものを進化させてきた、そしてローマでギリシャの大学で彼らは司祭と祝うための配列を含む小さな原稿数冊の本を持っておらず、1つしかサーバーを注意して置きます。 But in the Levant, at any rate, the Liturgy is always sung, and incense is always used; so that the minimum of persons required for the Liturgy is a celebrant, server, and one other man who forms the choir.しかし、レバントで、いずれにせよ、典礼は常に歌われ、香が常に使用されます。典礼に必要な人の最小値は祝賀会、サーバー、および合唱団を形成するもの、他の男になるように。

Liturgy of the Presanctified清めの典礼

Liturgy of the Presanctified清めの典礼

The Liturgy of the Presanctified is fitted into the general framework of St. Chrysostom's Rite.清めの典礼は聖クリュソストモスの典礼の一般的な枠組みに嵌め込まれている。 It is usually celebrated on Wednesdays and Fridays in the first six weeks of Lent, and on all the days of Holy Week, except Maundy Thursday and Easter Eve which have the real Liturgy (of St. Basil).これは通常、実際の典礼(聖バジルの)持っている私たちの幸せな時間とイースターイブを除いて、四旬節の最初の6週間で、と聖週間のすべての曜日で水曜日と金曜日に祝われる。 On other days in Lent there is no liturgical service at all.四旬節の他の日に全く典礼サービスはありません。 On the Sunday before more loaves (prosphorai) are used than otherwise.日曜日には多くのパン前(prosphorai)そうでなければより使用されています。 The same rite of preparation is made over all.準備の同じ儀式はすべてを介して行われます。 After the Elevation the celebrant dips the other prosphoras into the chalice with the spoon, and places it in another chalice in the tabernacle (artophorion) kept for this purpose.昇格後は祝賀会のディップは、他のスプーンで杯にprosphoras、幕屋(artophorion)内の別の聖杯にそれを置き、この目的のために続けた。 The Liturgy of the Presanctified is said after Vespers (hesperinos), which forms its first part.清めの典礼は、その最初の部分を形成している晩課(晩課)、後に言われています。 There is of course no further Proskomide, but the preparatory prayers are said by celebrant and deacon as usual.そこにはさらなるProskomideはもちろんありませんが、準備の祈りはいつものように祝賀会の参加者とディーコンと言われています。 The Great Litany is introduced into the middle of Vespers.グレート祷は、晩課の真ん中に導入される。 The hymn phos ilaron (see below) is sung as usual, and the lessons are read.賛美歌リンilaron(下記参照)がいつものように歌われており、レッスンが読み込まれます。 The prayers for catechumens and their dismissal follow. catechumensのための祈りとその解雇は次のとおりです。 The Great Entrance is made with the already consecrated offerings, and a changed form of the Cherubic Hymn is sung (Maltzew, "Die Liturgien", 149).グレートエントランスはすでに献堂供物で作られていて、天使のような賛美歌の変更フォームが(Maltzew、 "死ぬLiturgien"、149)歌われています。 The curtain of the royal doors is half-drawn across, the whole Anaphora is omitted, and they go on at once to the Short Litany before the Lord's Prayer.王家のドアのカーテンは、ハーフ描か越え、全体の照応が省略されており、彼らは主の祈りの前にショート祷に一度に進んでください。 The Lord's Prayer, Inclination, and Elevation with the form: "The presanctified Holy Things to the holy" follow.主の祈り、傾き、フォームで標高: "神聖に清め神聖なもの"に従ってください。 Wine and warm water are poured into the chalice, but not, of course, consecrated.ワインと温かい水が聖杯に注ぎますが、もちろん、奉献されていません。 Communion is given with one form only.聖体は、ただ1つの形で与えられる。 The Blessed Sacrament already dipped in consecrated wine is now dipped in unconsecrated wine.すでに聖体拝領用のぶどう酒に浸した聖体は今神にささげられていないワインに浸漬する。 The celebrant drinks of this wine after his Communion without any prayer.彼の聖体拝領後の任意の祈りなしに、このワインの祝賀会のドリンクをお楽しみいただけます。 The Liturgy ends as usual (with different forms in some parts), and the deacon consumes what is left of the Holy Eucharist (unless some of it is again reserved for the next Presanctified Liturgy and the wine in the Chalice. This is the merest outline of the rite. Its earlier part is inextricably joined to the Vespers (Maltzew, op. cit., 121-158).典礼は、(一部の地域で異なる形で)いつものように終わり、助祭はそれの一部は再び次の清め典礼と聖杯のワインのために予約されていない限り、聖体(の残っているものになります。これはほんのアウトラインです儀式であり、その前の部分は密接晩課(Maltzew、前掲書、121から158)に接合されている。

The Divine Office神の事務所

The Divine Office is very long and complicated.神の事務所は非常に長くて複雑です。 When sung in choir it lasts about eight hours.合唱で歌われるとき、それは約8時間持続します。 It is said entirely only by monks.それが唯一の僧侶たちによって完全に言われています。 Secular priests say part of it, as their devotion dictates.彼らの献身を反映するように世俗の司祭は、その一部を言う。 The Uniats frequently apply to Rome to know what to do, and the answer is always: Servetur consuetudo, by which is meant that their secular clergy should say as much of the Office as is customary.そのuniatsは頻繁に何をすべきかを知るためにローマに適用され、答えは常に:通例であるとして彼らの教区司祭は、できるだけ多くのOfficeを言うべきであることを意味していることでServetur consuetudo、。 It is impossible for them to say it all.彼らはそれをすべて言うのは不可能です。 The Office is divided into the hours named above (under Service-books) which correspond to ours, with additional short hours (mesoora) intermediate between Prime, Terce, Sext, None, and Vespers. Officeは追加の短い時間(mesoora)総理との間に中間、3時課、6度音程、なし、晩課で、私たちのものに対応して、上記の名前の時間(サービスブックの下)に分かれています。 It is made up of psalms, lessons, prayers, and especially of a great number of hymns in rhythmical prose.それは詩篇、レッスン、祈り、特にリズミカルな散文で賛美歌の大多数で構成されています。 The Psalter is divided into twenty parts called kathismata, each of which is made up of three sections (staseis).詩篇は、3つのセクション(staseis)で構成され、それぞれがkathismataと呼ばれる20の部分に分かれています。 The whole Psalter is sung every week.全体の詩篇は、毎週歌われています。 The most important of the many kinds of hymns are the following: A canon (kanon) is made up of nine odes corresponding to the nine canticles (of Moses, Exodus 15:1-19; Deuteronomy 32:1-43; of Anna, 1 Samuel 2:1-10; Habakkuk 3:2-19; Isaiah 26:9-20; Jonah 2:2-10; the Benedicite, Magnificat, and Benedictus) sung at Lauds.賛美歌の多くの種類の中で最も重要なのは、次のとおりです。カノン(カノン)は、(モーゼの出エジプト記15:1-19 9雅歌に対応する9個オードで構成され、申命記32:1-43;アンナの、 1サムエル2:1-10;ハバクク3:2-19、イザヤ書26:9-20;ヨナ2:2-10、感謝の祈り、マニフィカト、およびベネディクトゥス)賞賛で歌われる。 Of these canticles the second is sung only in Lent; therefore most canons have no second ode.これらの賛美歌の第二は、四旬節で歌われているため、ほとんどの参事会は第二頌歌を持ちません。 Each ode is supposed to correspond more or less to its canticle.各頌歌は、その賛美歌に多かれ少なかれ対応することになっています。 Thus the sixth ode will generally contain a reference to Jona's whale.したがって、第六odeは、一般的にジョナのクジラへの参照が含まれます。 Otherwise the canon is always about the feast on which it is sung, and much ingenuity is expended in forcing some connexion between the event of the day and the allusions in the canticles.そうしないとキヤノンはそれが歌われているごちそうについて常にあり、はるかに工夫が一日の出来事と雅歌で当てつけの間に何らかのかかわりを強制的に消費されています。 The odes are further divided into a heirmos and troparia of any number, from three to twenty or more.オードは、さらに3つから20以上に、任意の数のheirmosとtropariaに分かれています。 The heirmos sets the tune for each ode (see PLAIN CHANT), and the troparia follow it. heirmosは各頌歌(平野聖歌を参照)、およびtropariaそれに従うための曲を設定します。 The last troparion of each ode always refers to Our Lady and is called theotokion.各odeの最後troparionはいつも聖母マリアを指し、theotokionと呼ばれています。 The odes often make an acrostic in their initial letters; sometimes they are alphabetic.オードは頻繁に彼らの最初の文字でアクロスティックを作る;時には彼らはアルファベットです。 In long canons a poem is intercalated in the middle during which people may sit (they stand for nearly the whole Office); it is called theotokion.長い参事に詩は、人々は(彼らはほぼ全体のOffice用のスタンド)に座ることがあり、その間に中間にインターカレートされ、それがtheotokionと呼ばれています。 Three troparia form an kathisma ("house", cf. Italian stanza).三tropariaフォームkathisma( "家"は、cf。イタリアスタンザ)。 The canons for the weekdays are in the Oktoechos, those for immovable feasts in the Menaias, for movable ones in the Triodion and Pentekostarion (see above under Service-books).平日の参事TriodionとPentekostarionに可動のもの(サービスブックの下で上記参照)のために、OktoechosでMenaiasで不動の宴のためのものです。 One of the most famous of all is St. John Damascene's Golden Canon for Easter Day (translated by Dr. JM Neale in his "Hymns of the Eastern Church", 4th ed., London, pp. 30-44).すべての中で最も有名なの一つは、イースター日(彼の "東方教会の賛美歌"、第4版、ロンドン、頁30から44にDr JMニール訳)のためにダマスコの聖ヨハネのゴールデンカノンです。 Other kinds of chant are the kontakion, a short poem about the feast, the stichos a versicle, generally from a psalm (like our antiphons), which introduces a sticheron, or hymn sung at Matins and Vespers.聖歌の他の種類は、一般的にsticheronを紹介詩編(当社antiphonsなど)、または賛美歌歌わ朝の祈り時と晩課から、kontakion、饗宴についての短い詩、stichos短詩です。 An idiomelon is a troparion that has its own melody, instead of following a heirmos (for other kinds of chant see Nilles, "Kalend. Man.", pp. lvii-lxix, and the example he gives from the feast of the Transfiguration, 6 August). idiomelonは、代わりに聖歌他の種類のNillesを参照して、 "Kalend。男"、頁LVII-LXIX、彼は変容の饗宴から与え例えばheirmosを(次のうち、独自のメロディーを持っていtroparionです8月6日)。 The Great Doxology (doxologia) is our "Gloria in excelsis", the small one our "Gloria Patri".グレート頌栄(doxologia)は私たちの "グロリアでexcelsis"は、私たちの "グロリアパトリ"小さな一つです。 The Hymnos Akathistos ("standing hymn") is a complete Office in honour of Our Lady and of her Annunciation. Hymnos Akathistos(以下 "常任賛美歌")聖母の名誉と彼女の受胎告知の完全なオフィスです。 It has all the Hours and is made up of psalms, odes, etc., like other Offices.それはすべての時間を持ち、他のオフィスのように詩篇、オード等から構成されています。 It is sung very solemnly on the Saturday before the second Sunday before Easter; and they sing parts of it every Friday evening and Saturday morning in Lent.それは、復活祭前の第二日曜日の前の土曜日に、非常に厳かに歌われているので、彼らは四旬節に毎週金曜日の夜と土曜日の朝にそれの部分を歌います。 It is always sung standing.それは、常に立って歌われています。 The Hymnos Akathistos is printed at the end of the Horologion. Hymnos Akathistosはホロロジオンの最後に出力されます。 P. de Meester, OSB, has edited it with an Italian translation (Akolouthia tou akathistou hymnou. -- Officio dell' inno acatisto, Rome, 1903). P·デ·メーステル、OSBは、イタリア語の翻訳( - 職権のdell '革新acatisto、ローマ、1903 Akolouthia塔akathistou hymnou)でそれを編集しました。 At the end of Vespers every day is sung the famous phos ilaron, as the evening light disappears, and the lamps are lit: --晩課の終わりに毎日夜の光が消えると、有名なリンilaronを歌われ、ランプが点灯しています: -

Hail, gladdening Light, of his pure glory poured彼の純粋な栄光のあられ、gladdening Lightは、注ぎ

Who is the immortal Father, heavenly, blest, 、祝福、天の、不滅の父は誰です

Holiest of Holies, Jesus Christ, Our Lord.至、イエス·キリストは、わたしたちの主の神聖。

Now we are come to the sun's hour of rest,今、私たちは、残りの日の時間に来ている

The lights of evening round us shine,私たちが輝く夜のラウンドのライト、

We hymn the Father, Son and Holy Spirit divine,我々賛美歌父と子と聖霊神、

Worthiest art Thou at all times to be sung歌われるために常時Worthiestなた

With undefiled tongue,汚れのない舌で、

Son of our God, giver of life alone.私たちの神の子、一人で人生の贈り。

Therefore in all the world, thy glories, Lord, they own.そのため、全世界に、汝の栄光を、主は、彼らが所有しています。

-- Keble's translation in the "Hymns, Ancient and Modern", No. 18. - "古代と現代賛美歌"のキーブルの翻訳、第18号。

The Seven Great Mysteries (Sacraments)七大ミステリー(秘跡)

There are, lastly, services for the administration of the Seven Great Mysteries (the Seven Sacraments) that are printed in the Euchologion after the liturgies (ed. cit., pp. 136-288).典礼(編前掲、頁136から288)の後Euchologionで印刷されます七大謎(七つの秘跡)の管理のためのサービスは、最後にあります。

Baptism洗礼

Baptism is always conferred by immersion (the Orthodox have grave doubts as to the validity of baptism by infusion. See Fortescue, Orth. E. Church, p. 420).洗礼は、常に(正教会が注入によって洗礼の有効性に関して重大な疑問を持っています。フォーテスキュー、オース。E.教会は、p。420を参照してください)​​に浸漬することにより付与される。 The child is anointed all over its body and dipped three times with its face towards the east.子は、そのすべてのボディに油を注いで、東に向かってその顔で三回浸した。 The form is: "The servant of God N. is baptized in the name of the Father, Amen, and of the Son, Amen, and of the Holy Ghost, Amen."形式は次のとおりです。 "神Nのサーバントがアーメン、父の、アーメン、と息子は、アーメン、そして、聖霊の名によってバプテスマを受けています。"

Confirmation確認

Confirmation follows at once and is conferred by priests (the Holy See recognizes this confirmation as valid and neither rebaptizes nor reconfirms converts from Orthodoxy).確認が一度に従っており、司祭(ローマ法王庁が有効であるとして、この確認を認識し、rebaptizesも再確認どちらも正統から変換)により与えられる。 The whole body is again anointed with chrism (to hagion hyron) prepared very elaborately with fifty-five various substances by the cumenical patriarch on Maundy Thursday (Fortescue, op. cit., 425-426).全身が洗足木曜日(フォーテスキュー、前掲書、425から426)でcumenical家長五〇から五種々の物質と非常に精巧に用意聖油(hagion hyronへ)で再度油を注がれています。 The form is: "The seal of the gift of the Holy Ghost" (Euch., 136-144).形式は次のとおりです(Euch.、136から144) "聖霊の賜物のシール"。 The Orthodox never rebaptize when they are sure of the validity of former baptism; but they reconfirm continually.彼らはかつての洗礼の有効性を確認したら正統派再洗礼はありませんが、彼らは継続的に再確認する。 Confirmation has become the usual rite of admittance into their Church, even in the case of apostates who have already been confirmed orthodoxly.確認も既にorthodoxly確認されている背教者の場合には、彼らの教会にアドミタンスのいつもの儀式となっています。

Holy Communion聖体拝領

The pious Orthodox layman Communicates as a rule only four times a year, at Christmas, Easter, Whitsunday, and the Falling Asleep of the Mother of God (15 August).敬虔な正統派の素人は、原則として年4回だけ、クリスマス、イースター、サンデーで、落下眠った神の母(8月15日)のを伝えます。 The Blessed Sacrament is reserved for the sick in the artophorion, (or ierophylakion) under both kinds more or less, that is to say it has been dipped into the chalice and allowed to dry.聖体は、多かれ少なかれ両方の種類の下(またはierophylakion)、artophorionで病気のために予約されて、それはそれは、聖杯の中に浸漬し、乾燥させてきたと言うことです。 It is given to the sick with a spoon and with the usual form (see above under Holy Liturgy).それはスプーンで、通常のフォーム(聖なる典礼の下で上記参照)と病人に与えられます。 They have no tradition of reverence for the reserved Eucharist.彼らは、予約された聖体に対する敬意のない伝統を持っていません。

Penance苦行

Penance (metanoia) is administered rarely, usually on the same occasions as Holy Communion.贖罪(回心)は、通常、聖体拝領と同じ場面で、稀に投与されていません。 They have no confessionals.彼らはざんげを持ちません。 The ghostly father (pneumatikos) sits before the ikonostasis under the picture of Our Lord, the penitent kneels before him (one of the rare cases of kneeling is in this rite), and several prayers are said, to which the choir answers "Kyrie eleison".幽霊の父(pneumatikos)は私たちの主の絵の下にikonostasis前に座って、彼の前に跪い後悔(ひざまずいての珍しい例1この儀式である)、およびいくつかの祈りが、どの合唱団に答え "連祷、と言われています"。 The "choir" is always the penitent himself. "合唱"は常に後悔している自分自身です。 Then the ghostly father is directed to say "in a Cheerful voice: Brother, be not ashamed that you come before God and before me, for you do not confess to me but to God who is present here."それから幽霊の父が言うように指示され、 "朗らかな声で:あなたは私にではなく、ここに存在している神に告白しないために、あなたは神の前と私の前に来ることを恥じていないこと、ブラザー" He asks the penitent his sins, says that only God can forgive him, but that Christ gave this power to his Apostles saying: "Whose sins ye shall forgive", etc., and absolves him with a deprecatory form in a long prayer in which occur the words: "May this same God, through me a sinner, forgive you all now and for ever."彼は後悔している彼の罪を尋ね、その唯一の神は彼を許すことができると言いますが、キリストが言って彼の使徒たちに、この力を与えた: "誰の罪をあなたがたが赦さなければならない"などがあり、中に長い祈りの言い訳の形で彼をabsolves言葉を発生する: "この同じ神が、私を通して罪人は、今、永遠にあなたをすべて許し給う。" (Euch., pp. 221-223.) (Euch.、頁221から223。)

Holy Orderホーリーオーダー

Holy Order (cheirotonia) is given by laying on the right hand only.ホーリーオーダー(cheirotonia)は右手のみを敷設によって与えられる。 The form is (for deacons): "The grace of God, that always strengthens the weak and fills the empty, appoints the most religious sub-deacon N. to be deacon. Let us then pray for him that the grace of the Holy Ghost may come to him."フォーム(執事)です: "常に弱いが強化され、空を埋め、ほとんどの宗教の副助祭Nの助祭であると任命神の恵みは、私たちはその後、彼のために祈りましょう、その聖霊の恵み彼に来るかもしれない。 " Long prayers follow, with allusions to St. Stephen and the diaconate; the bishop vests the new deacon, giving him an orarion and a ripidion.長い祈りは、聖シュテファンと助祭の職への当てつけで、フォロー、司教がベスト新助祭を、彼にorarionとripidionを与える。 For priests and bishops there is the same form, with the obvious variants, "the most religious deacon N. to be priest", or "the most religious elect N. to be Metropolitan of the holy Metropolis N."司祭や司教のためにそこに同じ形は "ほとんどの宗教助祭Nを祭司とし、"明らかな変種である、または "ほとんどの宗教はN聖なる都Nの都であることを選ぶ" (nearly all their bishops have the title Metropolitan), and the subjects receive their vestments and instruments. (ほぼすべての彼らの司教は、タイトルメトロポリタンを持っている)、被験者はその服や楽器を受け取る。 Priests and bishops concelebrate at once with the ordainer (Euch., 160-181).司祭と司教はordainer(Euch.、160から181)で一度共同​​執行者として参加する。 The Orthodox believe that the grace of Holy orders may perish through heresy or schism, so they generally reordain converts (the Russian Church has officially refused to do this, Fortescue, op. cit., 423-424).正教会は僧籍の恵みが異端や分裂を通して滅びるかもしれないので、彼らは一般的に変換(ロシア教会が正式にこれを行うことを拒否している、フォーテスキュー、前掲書、423から424)をreordainと信じています。

Matrimony縁組

Matrimony (gamos) is often called the "crowning" (stephanoma) from the practice of crowning the spouses (Euch., 238-252).心中有鬼(ガモス)は、しばしば配偶者をクラウニングの練習(Euch.、238から252)から(stephanoma) "戴冠"と呼ばれています。 They wear these crowns for a week, and have a special service for taking them off again (Euch., 252).彼らは一週間はこれらの冠を着用し、それらを再び離陸のための特別なサービス(Euch.、252)を持っています。

The Anointing of the Sick病者の塗油

The Anointing of the Sick (euchelaion) is administered (when possible) by seven priests.病者の塗油は、(euchelaion)7プリースト(可能な場合)を投与されています。 The oil contains as a rule wine, in memory of the Good Samaritan.オイルは良きサマリア人のメモリには、ルールのワインとして含まれています。 It is blessed by a priest just before it is used.それは、それが使用される直前に、司祭の祝福を受けています。 They use a very long form invoking the all-holy Theotokos, the "moneyless physicians" Sts.彼らはすべて、聖なる神の母、 "金のない医師は" STSを起動する非常に長いフォームを使用します。 Cosmas and Damian, and other saints.コスマスとダミアンと、他の聖人。 They anoint the forehead, chin, cheeks, hands, nostrils, and breast with a brush.彼らは、ブラシでおでこ、あご、頬、手、鼻、胸に塗る。 Each priest present does the same (Euch., 260-288).各司祭が存在すると、(Euch.、260から288)も同様のことをします。 The service is, as usual, very long.サービスは、いつものように、非常に長いです。 They anoint people who are only slightly ill, (they very much resent our name: Extreme Unction), and in Russia on Maundy Thursday the Metropolitans of Moscow and Novgorod anoint everyone who presents himself, as a preparation for Holy Communion (Echos d'Orient, II, 193-203).彼ら塗るのわずか病気の人、(彼らは非常に私たちの名前再送:終油の秘跡を)私たちの幸せな時間で、ロシアでの聖体拝領(エコーd'Orientのための準備として、自分自身を提示し、モスクワとノブゴロド塗るの皆のメトロポリタン、II、193から203まで)。

Sacramentals Sacramentals

There are many Sacramentals.多くのSacramentalsがあります。 People are sometimes anointed with the oil taken from a lamp that burns before a holy icon (occasionally with the form for confirmation: "The seal of the gift of the Holy Ghost").人々は神聖なアイコン( "聖霊の賜物のシール"たまに確認するためのフォームが)の前に燃えることをランプから取った油で時々油を注がれています。 They have besides the antidoron another kind of blessed bread -- the kolyba eaten in honour of some saint or in memory of the dead.いくつかの聖人に因んでか、死んだのメモリ内に食べkolyba - 彼らはantidoron以外に恵まれパンの別の種類を持っている。 On the Epiphany ("The Holy Lights" -- ta hagia phota) there is a solemn blessing of the waters.エピファニーに( "ホーリーライト" - TAアヤphota)水の厳粛な祝福があります。 They have a great number of exorcisms, very stern laws of fasting (involving abstinence from many things besides flesh meat), and blessings for all manner of things.彼らは偉大な悪魔払いの数は、空腹時の非常に厳しい法律(鳥獣の肉の他に多くのものか​​ら禁欲を含む)、およびあらゆる種類のもののために祝福を持っています。 These are to be found in the Euchologion.これらはEuchologionで見つけられるべきである。 Preaching was till lately almost a lost art in the Orthodox Church; now a revival of it has begun (Gelzer, Geistliches u. Weltliches, etc., 76-82).説教は正教会で最近ほぼ失われた芸術まででしたが、現在それの復活は(。ゲルツァー、Geistliches U Weltlichesなど、76から82まで)を開始しました。 There is a long funeral service (Euch., ed. cit., 393-470).長い葬儀サービス(Euch.編、前掲書、393から470まで)があります。 For all these rites (except the Liturgy) a priest does not wear all his vestments but (over his cassock) the epitrachelion and phainolion.すべてのこれらの儀式(典礼を除く)に対して司祭はepitrachelionとphainolionをすべて彼の祭服を着用しますが、(彼のカソック以上)はありません。 The high black hat without a brim (kalemeukion) worn by all priests of this rite is well known.この儀式のすべての司祭が着用つば(kalemeukion)なしで高い黒の帽子はよく知られている。 It is worn with vestments as well as in ordinary life.それは普通の生活の中だけでなく、服を着用しています。 Bishops and dignitaries have a black veil over it.司教と要人はそれ以上黒いベールを持っています。 All clerks wear long hair and a beard.すべての事務員は、長い髪とひげを着用してください。 For a more detailed account of all these rites see "Orth. Eastern Church", pp. 418-428.すべてのこれらの儀式の詳細な説明については、 "オース。東方教会"、418から428頁を参照してください。

Publication information Written by Adrian Fortescue.エイドリアンフォーテスキュー書かれた文献の情報です。 Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラス·J·ポッター転写されています。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume IV.イエスキリストの聖心カトリック百科事典は、ボリュームIVに捧げた。 Published 1908. 1908年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.ニヒルのObstat。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
The Orthodox Service-books in Greek are published at their official press (ho phoinix) at Venice (various dates: the Euchologion quoted here, 1898); the Uniat ones at Rome (Propaganda).ギリシャ正教サービス電子書籍は、ヴェネツィアでの彼らの公式プレス(ホphoinix)(様々な日付:Euchologionここでは引用、1898)で公開されています。ローマでUniatもの(プロパガンダ)。 There is also an Athenian edition; and the Churches that use translations have published their versions.そこアテナイ版もであり、翻訳を使う教会はそれらのバージョンを公開しています。 Provost ALEXIOS MALTZEW (of the Russian Embassy church at Berlin) has edited all the books in Old Slavonic with a parallel German translation and notes (Berlin, 1892); RENAUDOT, Liturgiarum orientalium collectio (2d ed., 2 vols., Frankfort, 1847); NEALE, The Liturgies of St. Mark, St. James, St. Clement, St. Chrysostom, St Basil (London, 1875, in Greek); another volume contains The Translations of the Primitive Liturgies of St. Mark, etc.; ROBERTSON, The Divine Liturgies of Our Fathers among the Saints John Chrysostom, Basil the Great and that of the Presanctified (Greek and English, London 1894); DE MEESTER, La divine liturgie de S. Jean Chrysostome (Greek and French, Paris, 1907); iHe theia leitourgia, periechousa ton esperinon, ktl (Athens, 1894); CHARON, Les saintes et divines Liturgies, etc. (Beirut, 1904); STORFF, Die griechiechen Liturgien, XLI of THALHOFER, Bibliothek der Kirchenväter (Kempten, 1877); Kitãb al-liturgiãt al-ilahiyyeh (Melchite Use in Arabic, Beirut, 1899); GOAR, Euchologion, sive Rituale Gr corum (2nd ed., Venice, 1720); PROBST, Liturgie der drei ersten christlichen Jahrhunderte (Tübingen, 1870); ANON., Liturgie des vierten Jahrhunderts und deren Reform (Münster, 1893); KATTENBUSCH, Lehrbuch der vergleichenden Konfessionskunde: Die orthodoxe anatolische Kirche (Freiburg im Br., 1892); NILLES, Kalendarium manuale utriusque ecclesi (2nd ed., Innsbruck, 1896-97); PRINCE MAX OF SAXONY, Pr lectiones de Liturgiis orientalibus (Freiburg im Br., 1908), I; HAPGOOD, Service-Book of the Holy Orthodox-Catholic Apostolic (Gr co-Russian) Church (Boston and New York, 1906); ALLATIUS, De libris et rebus eccl.学長アレクシオスMALTZEW(ベルリンでのロシア大使館の教会の)並列ドイツ語訳と注釈(ベルリン、1892)と古いスラヴ語ですべての書籍を編集しました;。ルノドー、Liturgiarum orientalium collectio(第2版、2 vols学、フランクフォート、1847 );ニール、聖マルコ、聖ヤコブ、聖クレメント、聖クリュソストモス、聖バジル(ロンドン、ギリシャ1875年)のliturgiesの、別のボリュームには聖マルコのプリミティブのliturgiesなどの翻訳が含まれています; ROBERTSON、聖人ヨハネクリュソストモス、あらかじめ清め(ロンドン1894年、ギリシャ語と英語)の大王とそのバジルの間で父親たちの神のliturgies、DEミースター、ラ神liturgieデS.ジャンChrysostome(ギリシャ語とフランス語、パリ、 1907); IHEテイアーleitourgia、periechousaトンesperinon、KTL(アテネ、1894); CHARON、レ·サントら神学のliturgies等(ベイルート、1904); STORFF、ダイgriechiechen Liturgien、THALHOFERのXLI、国立図書館·デアKirchenväter(ケンプテン、 1877);Kitãbアルliturgiãtアルilahiyyeh(アラビア語でMelchite利用、ベイルート、1899);アール、Euchologion、sive Rituale Grのコルム(第2版、ヴェネツィア、1720年);プロプスト、Liturgieファンデドライersten christlichen Jahrhunderte(テュービンゲン、 1870); ANON、Liturgieデvierten Jahrhundertsウントデレン改革(ミュンスター、1893);カッテンブッシュ、Lehrbuchデアvergleichenden Konfessionskunde:ダイ正教会anatolischeシュタイン(フライブルク、臭素、1892); NILLES、Kalendarium manuale utriusque ecclesi(第2版、。インスブルック、1896年から1897年);ザクセンの王子MAX、PR lectionesデLiturgiis orientalibus(フライブルク、臭素、1908)、私;。ハップグッド、聖なる正教会·カトリックのローマ教皇(GR共同ロシア)教会(ボストンのService-Bookとニューヨーク、1906); ALLATIUS、デlibrisら判じ絵eccl。 Gr corum (Cologne, 1646); CLUGNET, Dictionnaire grec-français des noms liturgiques en usage dans l'église grecque (Paris, 1895); ARCHATZIKAKI, Etudes sur les principales Fêtes chrétiennes dans l'ancienne Eglise d'Orient (Geneva, 1904); DE MEESTER, Officio dell' inno acatisto (Greek and Italian, Rome, 1903); GELZER, Geistliches und Weltliches aus dem türkisch-griechischen Orient (Leipzig, 1900); GAISSER, Le système musical de l'Eglise grecque (Maredsous, 1901); REBOURS, Traitê de psaltique. GRコルム(ケルン、1646年); CLUGNET、Dictionnaire grec-ついにデNOMS liturgiques専用使用DANS L'égliseカートgrecque(パリ、1895); ARCHATZIKAKI、エチュードシュールレprincipales FETESchrétiennesDANS L'Egliseのアンシェーヌオリエント(ジュネーブ、1904 )、DEメーステル、職権Dellの革新acatisto(ギリシャとイタリア、ローマ、1903);ゲルツァー、GeistlichesウントWeltliches AUS DEMtürkisch-griechischenオリエント(ライプチヒ、1900); GAISSER、ルSYSTEMEミュージカルドゥEgliseのgrecque(マレッツ、 1901); REBOURS、Traitêデpsaltique。 Théorie et pratique du chant dans l'Eglise grecque (Paris, 1906); FORTESCUE, The Orthodox Eastern Church (London, 1907). Théorieら入港許可デュ聖歌DANS L'Egliseのgrecque(パリ、1906);フォーテスキュー、正教会東方教会(ロンドン、1907)。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです