A New Presentation of Christianityキリスト教の新しいプレゼンテーション

A new way of presenting Christian Theology may be in order. One that does not require any Church or any Christian to change any beliefs, but which allows the various Christian Churches to better tolerate each other. Another benefit is that non-Christians might better see that Christianity is fully compatible with what the Bible says, and that there is no doubt that Christianity truly believes in the One True Lord of the Universe, the Lord which Abraham worshipped, and the single Lord specified in the First of the Ten Commandments.キリスト教神学を提示する新たな方法は、順序に決まりはありません。 任意の教会や任意のクリスチャンはどんな信念を変更する必要はありませんが、様々なキリスト教の教会が良く、お互いを許容することを可能にするワン。もう一つの利点は、非キリスト教徒がよく見えるかもしれないですそのキリスト教は、聖書が言っていることと完全に互換性があり、キリスト教が真に宇宙の唯一の真の神、アブラハムの崇拝主よ、と十戒の最初で指定された単一の主を信じていることは疑う余地がないこと

Christian Churches and Christians seem to spend an enormous amount of time in attacking and criticizing each other's attempts at Christian Worship.キリスト教の教会やキリスト教徒はキリスト教の礼拝で、お互いの試みを攻撃し、批判に膨大な時間を費やしているように見える。 In addition, non-Christians, specifically Muslims and Jews, present even harsher criticisms of Christianity because of a perception that Christians apparently Worship more than One God!加えて、非キリスト教徒、特にイスラム教徒とユダヤ人は、キリスト教徒のためには明らかに複数の神を崇拝しているという認識のキリスト教のさえ厳しい批判をプレゼント! (Even many Christians seem to be confused by this, Worshipping Jesus as the Son of God and then the Father as though an entirely different entity!) The following presentation of Christianity is intended to be totally and perfectly accurate at presenting all Christian beliefs, while also addressing such problems among men's understandings. (それでも多くのキリスト教徒は、全く異なるエンティティあたかも父、神の御子としてのイエスを崇拝する、これで混乱しているように見えると!)キリスト教の次のプレゼンテーションはすべてキリスト教の信仰を提示で全くと完全に正確であることを意図している間また、男性の理解の間でそのような問題に対処する。 It is presented as a possible improvement toward a better and more complete, and actually simpler, understanding of the many subjects addressed by Christian Theology.それは、キリスト教神学によって対処多くの被験者の、より良く、より完全で、実際に単純な理解に向けて可能な改善として提示されます。

There has always been a somewhat self-centered view of why Jesus came to enter human society, that it was absolutely and entirely for a single purpose, for our benefit. In this regard, there is a general assumption that the human Jesus "intentionally concealed" His real Identity from the humans around Him, that He was always actually fully aware of Who He was. 常に我々の利益のために、それは単一の目的のために絶対的に、完全にあったことを、イエスは人間社会に入るようになった理由の幾分自己中心のビューがありました。この点では、人間イエスは"意図的に隠したという一般的な仮定がある彼は実際には常に彼が誰を十分に認識したことを彼の周りの人間から "彼の本当のアイデンティティー、。 The Bible texts seem to make that very unlikely.聖書のテキストは非常にありそうもないことのように思える。 This presentation suggests that the One Lord of the Universe had previously experienced so many, many disappointments by (Old Testament) Jews regarding His Commandments and His expectations, that the Lord actually had a Personal motivation to join human society!このプレゼンテーションでは、宇宙の一つの主は以前に、主が実際に人間社会に参加するための個人的な動機を持っていた戒めと彼の期待について(旧約聖書)は、ユダヤ人によって、非常に多くの、多くの失望を経験していたことを示唆している! In the same way that some historical kings have donned beggar's clothing to be able to mingle with their own peasants, without having everyone behave in unusual ways, it seems clear that the Lord had great reason to want to "Personally experience a truly human lifetime, from Birth to Death", in order to better understand why people never seemed to appreciate what He did for them! With this added perspective, many parts of the Bible, and Christianity, become far clearer.いくつかの歴史的な王は、誰もが異常な方法で行動せずに、独自の農民たちと交流できるように乞食の服を着ているのと同じように、それは、主が"個人的には本当に人間の一生を体験してみたいのに最適な理由を持っていたことは明らかである誕生から死まで、 "人々は彼がそれらのためにやったことを感謝するように見えない理由をよりよく理解するために!この追加された視点では、聖書、キリスト教の多くの部分は、はるかに明確になる。

This is presented here with invitation for constructive criticism and comment.これは、建設的な批判とコメントを招待してここに提示されます。


This presentation will refer to our One True God as Lord, with occasional parenthetical references to any Name commonly associated with Him.このプレゼンテーションでは、一般的に彼に関連付けられている名前に時折挿入句の参照と、主と私たちの唯一の真の神を参照します。 (Citations generally from the King James [KJAV] Bible) (キングジェームズ[KJAV]聖書からの引用、一般)


From the Beginning of time, there has been One True Lord, as was firmly established in the First Commandment brought to us by Moses . 時間の初めから、しっかりとモーセが私たちにもたらした最初の命令で設立されたように、唯一の真の神があった

Isa. 伊佐。 45:5 I [am] the LORD, and [there is] none else, [there is] no God besides me: I girded thee, though thou hast not known me: Isa. 45:5私は[午前]主よ、と[存在する]他なし、[存在しない]には私以外に神は:なたは私を知られていないが、私は、なたを巻いた: 伊佐。 45:22 Look to me, and be ye saved, all the ends of the earth: for I [am] God, and [there is] none else. 1Cor. 45:22は私に見て、あなたがたは、地のすべての端を保存することが:私は[午前]神、およびelseなし1Cor [存在する]に 8:4 Therefore as concerning the eating of those things that are offered in sacrifice to idols, we know that an idol [is] nothing in the world, and that [there is] no other God but one. Deut. 8時04分には、そのため偶像に犠牲で提供されていますそれらのものを食べることに関するように、我々はアイドルが世界では何も[ありません]とその[存在しない]は、他の神が、1つはわかっています。 申。 6:4 Hear, O Israel: The LORD our God [is] one LORD: John 1:1 In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God. 6時04分には 、Oイスラエルを聞く:主は私たちの神、主は1 [さ]: ヨハネ1:1初めに言があった。言は神と共にあった言は神であった。


Our One True Lord Created the Universe and everything in it. 私たちの唯一の真の主は宇宙とその中にすべてのものを作成しました。

Gen. 1:1 In the beginning God created the heaven and the earth. Psa. 創世記1:1初めに、神が天と地を創造したPSAを。 89:11 The heavens [are] thine, the earth also [is] thine: [as for] the world and all it containeth, thou hast founded them. 89:11天[は]汝のもの、地球にも[は]汝:世界とすべてのそれはcontaineth [用として]、汝はそれらを設立なた。 {the fulness...: or, all it containeth} Col. {みちる...:または、すべてのそれcontaineth} 大佐 1:16 For by him were all things created, that are in heaven, and that are upon earth, visible and invisible, whether thrones, or dominions, or principalities, or powers: all things were created by him, and for him: 17 And he is before all things, and by him all things consist. すべてのものは彼によって作成され、彼のためにした:17彼によって用1:16全天にあり、王位かどうか、地上に見えるものと見えないものであることを作成したもの、あるいは領土、または君主、または権力だったそして、彼はすべてのものの前にあり、彼によってすべてのものが構成されています。

As the very last action of this Creation, Our One True Lord Created Adam and then Eve. この創造の非常に最後のアクションとして、私たちの唯一の真の主はアダムを作成し、次にイブ。

Two interesting points might be made here.二つの興味深い点は、ここで作られている可能性があります。


The Lord made some Covenants with mankind, which resembled what we think of as contracts today.主は、私たちが今日の契約のようなものと考えることが似ている、人類といくつかの約款を作った。 The inferior party, mankind, was reminded of what the Lord has provided, and then was presented obligations to comply with, essentially contractual stipulations.劣っパーティ、人類は、主が提供してきました何のことを思い出した後、基本的に契約上の規定を遵守する義務を授与されました。 Compliance with the terms would earn the benefit of Blessings and breaking the terms of the Covenant would earn the burden of a curse.条件の遵守は祝福の恩恵を得るだろうと規約の条項を壊すこと呪いの負担を稼ぐだろう。 The Edenic Covenant with Adam and the Mosaic Covenant with Moses were of this type.エデンの園のアダムとコヴナントとモーセとモーセの規約は、このタイプのものであった。


Edenic Covenant or Covenant of Works , the Lord's promise of redemption (Gen. 3:15). ワークスのエデンの園の規約または本規約 、償還の主の約束(創世3:15)。 The Lord entered into a Covenant with Adam.主は、アダムと契約を締結した。 This Covenant consisted of (1) a promise of eternal life upon the condition of perfect obedience throughout a probationary period; (2) the threat of death upon disobedience; and (3) the sacrament of the tree of life, or, in addition, the sacraments of paradise and the tree of the knowledge of good and evil. 、加えて、命の木(3)聖餐式、または、不従順に死(2)脅威は、この規約は、試用期間を通して完璧な服従の条件に永遠の命(1)約束の内訳楽園とは、善と悪の知識の木の秘跡。

(A common Protestant belief, Original Sin) (一般的なプロテスタントの信仰、原罪)
Adam and Eve soon violated the terms of this Covenant. アダムとイブは、すぐにこの規約の条項に違反した。 This violation is referred to as Original Sin. The Lord applied Judgment to Adam and Eve for that violation, and convicted them and the Punishment was principally a sentence that would apply to them and all of their descendants (us) regarding no longer being able to live forever or to be Saved or reach Heaven, except by His choosing such in individual cases by His Divine Grace. この違反は原罪と呼ばれています主はその違反に対してアダムとイブに判決を適用し、それらを有罪と罰は主にそれらに適用されるとその子孫のすべての(私たち)にできることはもはやに関するないだろう文章だった永遠に生きるか、保存するか、または彼の神の恵みによって、個々のケースでの彼の選択などによる場合を除いて、天に達する。 No human could possibly ever merit Salvation or Heaven on his or her own merits, due to Original Sin.いいえ、人間は、おそらくこれまで原罪のために彼または彼女自身のメリットに救いや天国に値しなかった。


The Lord also made several unilateral Covenants.主はまた、いくつかの一方的な約款を作った。 These are similar to the function of a royal grant from a king, where the king or other person in authority chooses to reward a loyal follower with land, tax exemption, an office or similar benefit.これらは権威の王や他の人が土地、免税、事務所または類似の利益と忠実な信奉者に報酬を与えることを選択した王から王室の助成金の関数に似ています。 One common aspect of such Covenants or grants is that only the superior party binds himself with such promises and that no requirements or conditions are imposed on the inferior party.そのような約款や助成金の一つの一般的な側面だけで優れた当事者がそのような約束をしない要件や条件が劣る当事者に課されていないことを自分自身を結合することである。 These are referred to as unconditional Covenants or Covenants of promise.これらは無条件約款または約束の約款と呼ばれています。 The covenants God made with Noah (Gen. 9:8 - 17), Abraham (Gen. 15:18), and David (2 Sam. 7; 23:5) are this type.コベナンツ神はノア(大将9時08分 - 17)で作られた、アブラハム(創世記15:18)、デビッド(2サム7;午前23時05分)は、このタイプです。 The Lord alone binds Himself by a solemn oath to keep the Covenant.単独で主はコヴナントを保つために厳粛な宣誓によって彼自身をバインドします。


Noachian Covenant , to Noah and his descendants (possibly around 3000 BC) for the preservation of the race (Gen. 9:9; Jer. 1; 33:20) regarding the Flood.洪水に関するレースの保全(33:20;;エレミヤ1。創世9:9)用のノアと彼の子孫にNoachian約款 、(おそらく紀元前3000年頃)。


Abrahamic Covenant , (around 2000 BC) granting blessings through Abram's family (Gen. 15:18; 17, comp. Lev. 26:42).エイブラムの家族(; 17カンプレフ26:42。大将15時18分)を通して祝福を付与アブラハムの約束は 、(2000年頃)。

Abraham was the first individual to clearly demonstrate a deep Devotion to the One True Lord, by his willingness to sacrifice his own son because of the request of the Lord.アブラハムは明らかなぜなら、主のリクエストで自分の息子を犠牲にする彼の意志で唯一の真の神への深い献身を実証するための第一個だった。

The earliest Covenant actually recorded in the Old Testament occurs in Genesis 15:12-21, in which the Lord pledges himself unconditionally to grant the land of Palestine to Abraham's descendants.実際には、旧約聖書に記録されている最古の規約は、主がアブラハムの子孫にパレスチナの土地を付与するには無条件に自分自身を誓約した創世記15:12-21で発生します。 This was because of Abraham's demonstration of his Devotion to the Lord, and descendants of Abraham were forever to be favored by the Lord.これは、主に彼の献身のアブラハムのデモであった、アブラハムの子孫が主に好まれるように永遠になりました。 Descendants of Abraham were known as Semites, because all were descendants of Noah's son Shem.すべてはノアの息子セムの子孫であったので、アブラハムの子孫が、ユダヤ主義者として知られていた。 (Most) descendants of Abraham's son Isaac became known as Israelites (because Isaac's son Jacob became known as Israel), and some of them later became known as Jews (due to his grandson Judah). (多い順)(イサクの息子ヤコブはイスラエルとして知られるようになったため)アブラハムの息子イサクの子孫はイスラエル人として知られるようになった、そのうちのいくつかは後で(孫ユダによる)ユダヤ人として知られるようになった。 (Some) descendants of Abraham's son Ismail (by Abraham's second wife, Sarah's handmaiden Hagar) began calling themselves Muslims around 2,000 years later. (一部)アブラハムの息子イスマイル(アブラハムの二番目の妻、サラの侍女ハガルによって)の子孫は後に2000年前後自身教徒呼び始めた。 All are direct descendants of Abraham.すべてはアブラハムの直接の子孫で​​ある。


Mosaic Covenant or Sinaitic Covenant , (around 1275 BC) designating Israel as the Lord's chosen people (Exod. 19:5,6; Ex. 34:27, 28; Lev. 26:15) (later renewed [Deut. 29; Josh. 24; 2 Chr. 15; 23; 29; 34; Ezra 10; Neh. 9]).主の選ばれた人としてイスラエルを指定モザイク規約またはシナイ誓約 、(1275年頃)(Exod. 19:5,6;変則34:27、28;。レフ26:15)(後にリニューアル[申29;。ジョシュ24; 2 chrです15、23、29、34;エズラ10;。nehです9])。

Around 700 years after Abraham, the favored people of the Lord were generally behaving very badly, and the Lord decided to provide Moses (around 1275 BC) with stone tablets with Ten Commandments on them which He wanted people to follow.アブラハムの後700年ごろ、主の待遇の人々は一般的に非常に誤作動した、と主は彼が人々がしたいと思っていたそれらの十戒石のタブレットでモーセを(1275年頃)を提供することを決めた。 Also, He provided Moses with the words of the First Five Books of the Bible, also known as the Pentateuch.また、彼はまた、モーセ五書として知られている聖書の最初の5冊、の言葉でモーセを提供した。

Exodus 24:7 relates that Moses took "the book of the covenant, and read it in the hearing of the people; and they said, 'All that the Lord has spoken we will do, and we will be obedient.'" Contemporary scholars believe that "the book of the covenant" includes the section in Exodus from 20:23 through 23:33.出エジプト記24:7モーセがかかったことに関連して "契約の本を、人々の耳にそれを読んで; '主が語られたことを我々は実行するすべての、私たちは従順であろう"と彼らは言った、 "現代の学者は、 "契約の書"は午前23時33分午後08時23分からのエクソダスを通じてのセクションが含まれていることを信じています。

Almost immediately, people still behaved badly, including Moses' brother Aaron, and Moses became frustrated and upset and he broke the tablets.ほとんどすぐに、人々はまだモーセの兄アロンなど、行儀、そしてモーセは不満になり、動揺し、彼は錠剤を破った。 The Lord then provided Moses with a second set of them.主は、そのうちの第二セットでモーセを提供した。


Levitical Covenant , making reconciliation through priestly atonement (Num. 25:12,13). レビ規約 、聖職者の償い(Num. 25:12,13)を通じて和解を作る。 The covenant of the priesthood (Num. 25:12, 13; Deut. 33:9; Neh. 13:29),聖職者の誓約(Num. 25:12、13;。申命33:9; nehです13時29分)


Davidic Covenant , (around 1000 BC) Messianic salvation promised through David's dynasty (2Sam. 23:5). のdavidic誓約 、(1000年頃)は、救世主の救いはダビデの王朝(2Sam.午後11時05分)を通じて約束した。 In 2Samuel 7:13-17, the Lord promises to establish the dynasty of King David forever. 2Samuel 7:13-17で、主は永遠にダビデ王の王朝を確立することを約束する。


From these and other passages in the Pentateuch has arisen the conception of a Covenant between the Lord and the people of Israel, whereby the Israelites were to enjoy the blessing and protection of the Lord in return for remaining obedient and faithful to Him.五のこれらおよび他の通路からイスラエル人が従順と神に忠実と引き換えに主の祝福と保護を享受していたことにより、主、イスラエルの人々との間の契約の概念が生じている。 After the Jews were driven out of Palestine and scattered over the earth, the Covenant between the Jews and the Lord was interpreted by them to include an eventual restoration of their ancient homeland.ユダヤ人はパレスチナから追い出さと地球に散らばった後、ユダヤ人と神との間の契約は、その古代祖国の最終的な修復を含めるようにして解釈された。 Jews believe that the creation of the State of Israel in 1948, primarily by the British and the UN, represents this restoration.ユダヤ人は1948年にイスラエル国家の創設は、主に英国と国連が、この復元を表していることを信じています。


The prophets foretold a New Covenant (Jer. 31:31-34) which would center in a person (Isa. 42:6; 49:8).預言者が新しい契約を予告(Jer. 31:31-34)は人の中心(イザヤ42:6; 49:8)であろう。 In the New Covenant, the Covenant of Grace , man is placed in right relationship to God through Christ (Heb. 7:22; 8:6-13; 2Cor. 3:6-18).新しい契約では、 約束の恵みを受けて 、人キリスト(; 8:6-13; 2Corヘブル3:6-18午前7時22分)によって神に正しい関係に置かれる。


Christians seem to have an extremely self-centered view regarding why Jesus came to join human society 2,000 years ago. Only the benefits and effects regarding us are considered! キリスト教徒は、イエスが2000年前に人間社会に参加するために来た理由について、極めて自己中心的見解を持っているように思われる。私達に関してのみ利点と効果を考慮しています! It seems quite obvious that the Lord had His own Personal reasons for wanting to experience what it was like to be a human.主はそれは人間がどういうものか体験したいために彼自身の個人的な理由があったことは極めて明白であると思われる。

After all, The Old Testament of the Bible describes many examples of where people, Jews, often broke the Covenants and Commandments of the Lord.結局のところ、聖書は、旧約聖書には、人、ユダヤ人たちは、しばしば主の聖約と戒めを破った場所の多くの例を説明します。

Even with the Commandments and the Covenants, and many incidents where the Lord acted to help his favored people, many of those people seemed to continue to ignore His Commandments and His desires.でも、十戒と聖約、そして主は彼の待遇の人々を助けるために行動した多くの事件と、それらの人々の多くは、その戒めと彼の欲望を無視し続けているようだった。 No matter how Considerate the Lord was with people, they invariably seemed to act to disappoint Him.主は人とあったか思いやりに関係なく、彼らは常に彼を失望させるように作用するように見えた。

It must have appeared to the Lord that we humans were beyond any help! それは、我々人間がどんな助けを超えていたことが主に登場している必要があります! No matter what He had done for us, we invariably ignored and wasted the potential benefits. 彼は私たちのために何をしたかに関係なく、我々は常に無視され、潜在的な利点を無駄にした。


Our One True Lord therefore decided to "personally experience" what it was like to be a person. We are noting here that several human kings have dressed up in beggar's clothes and gone out among their peasants in order to learn why the people seemed not to appreciate what he had provided for them. 私たちの唯一の真の主は、それゆえ、それが人であることがどのようなものであったか"個人的体験"することを決めた。我々はいくつかの人間の王は、人々がいないように見えた理由を知るために乞食の服を着て、彼らの農民の間で出ていることをここで指摘したアール彼は彼らのために提供していたものを感謝しています。 It seems quite logical that the Lord felt the need to do the same sort of thing.それは主が同じようなことを行う必要性を感じたことは非常に理にかなっています。

This decision involved several complications, which He had to account for.この決定は、彼が説明しなければならなかったいくつかの合併症を、関与。 He could certainly not leave the Universe unattended for an entire human lifetime, so He applied His unlimited powers to enable Him to "be in two places at the same time".彼は確かに全体の人間の生涯のための宇宙から離れることができなかったので、彼は彼を "同時に二つの場所である"ために有効にするために彼の無限の力を適用しています。 Therefore, He was able to remain in Heaven, watching out over the entire Universe, while simultaneously experiencing a human lifetime. Christians distinguish these Two as the Father and the Son, although Both were actually simply the One True Lord.したがって、彼は同時に人間の一生を体験しながら、宇宙全体にわたって見ている。 クリスチャンは父と息子のようにこれら二つを区別し、どちらも単に、実際には1つの真の神であったが 、天国に残ることができました

He realized that He would never be able to actually have human experiences if anyone realized that he had His Divine powers and abilities. Therefore, He chose to give His human existence a sort of "amnesia" regarding His actual capabilities. 彼は誰もが彼が彼の神の力と能力を持っていたことに気づいた場合は、実際に人間の経験を持つことができることはないことに気づいたので、彼は彼の人間の存在を彼の実際の能力に関する"記憶喪失"のようなものを与えることを選んだ。 In Philippians 2:7, the Lord is spoken of as having "emptied Himself" (RSV) (Greek word kenoo, Strongs word 2758) and taken human form.ピリピ人への手紙2時07分で、主は(RSV)の "自分自身を空に"(ギリシャ語kenoo、強めてワード2758)と人間の形をとったとされています。 Note that this also implies that He already Existed (called Pre-Existence of Christ) and that He had simply chosen to adopt the appearance of a human.これはまた、彼はすでに存在していたこと(キリストの前の存在と呼ばれる)と、彼は単に人間の外観を採用することを選択したことを意味することに注意してください。 John 1:14 also referred to the same as the Word becoming flesh.ヨハネ1:14また、Wordと同じになって肉に言及した。 Regarding that Pre-Existence, of having already been Alive before even the birth of Mary, John 3 and 6 and 8 include many Verses where Jesus said precisely that, that He had come down from Heaven.メアリーは、ジョン3と6と8の偶数の誕生イエスは彼が天から降りて来たことを、正確に言っていること、多くの詩をインクルードする前に既に生きていたということを事前に存在を、に関する。 Also, the Nicene Creed also includes the exact same statement, again making clear that Jesus already Existed in Heaven well before the Birth Narrative or even before Mary had been born.また、ニカイア信条はまた再び、イエスがすでに十分にメアリーが生まれた前であっても物語にして生まれたりする前に天に存在していたことを明らかに、まったく同じ文が含まれています。

Therefore, since He had intentionally given Himself that sort of amnesia, even though He actually always could have performed any Miracles He might have wished, He was not actually aware that He had that ability. In fact, the Bible specifically indicates this in many places.実際には、聖書は、特に多くの場所でこのことを示すため、彼は意図的に彼は実際にいつも彼が望んでいた可能性のあるすべての奇跡を行った可能性にもかかわらず、彼はその能力を持っていたことを実際に認識していなかった、自分自身の記憶喪失のその種を与えていたからである。 For example, in John 5:19 Then answered Jesus and said to them, Verily, verily, I say to you, The Son can do nothing by himself. As a result of this apparent attitude by Jesus, whenever He found the need for a Miracle, He always "asked His Heavenly Father" to perform that Miracle, without realizing that He didn't actually need to do that and also not realizing that He was essentially "talking to Himself" in such requests.たとえば、John 5:19そこで、イエスが答えて言われた、本当に、本 ​​当に、私はあなたに言う、息子は自分で何もできない彼は必要性を発見するたびに、イエスによって、この見かけの態度の結果として奇跡は、彼はいつも彼が実際にしても、彼は本質的にそのような要求で "独り言"だったことも知らないでそんなことする必要はなかったことに気づかず、その奇跡を実行するには、 "彼の天の父に尋ねた。"

He also realized that, in order to experience a total human lifetime, He needed to not have His Divine "indestructibility" and "invulnerability to injury and pain and suffering". As a result, His human existence was in every possible sense, "truly human". However, His actual being was still that of the One True Lord of the Universe, so at all moments it could also be said that He was "truly Divine".彼はまた、総ヒトの一生を体験するために、彼は彼の神"不滅"と"怪我や痛みや苦しみに不死身"を持っていないために必要なことに気づきました。 結果として、彼の人間の存在はすべての可能な意味であった、 "真に人間は "本当に神"が存在しているが、彼 ​​の実際の人間はまだ宇宙の唯一の真の主のことだったので、すべての瞬間に、それはまた、彼があったと言うことでした。 "

These decisions therefore enabled the One True God of the Universe to be able to first join human society without needing to attract undue attention by a Miracle, through a relatively normal appearing Birth.これらの決定は、したがって、最初は比較的正常に見える誕生を通して、奇跡によって過度の注意を引き付けるために必要とすることなく、人間社会に参加することができるように宇宙の唯一の真の神を有効にしました。 Then, He was able to experience an entire fully human lifetime, for His own elucidation regarding why people had constantly ignored and violated what He had asked and required of them.その後、彼は、人々は常に無視され、彼は尋ねた、彼らに求めたのか違反していた理由について、彼自身の解明のために、全体の完全ヒト生涯を体験することができました。 At the same time, by spending a lifetime in intimate contact with people, He would have a chance to provide many Lessons in a far more Personal way than He had ever been able to do before.同時に、人々と密接に接触して生涯をかけて、彼は彼が今までに行うことができるされていたよりもはるかに多くの個人的な方法で多くの教訓を提供する機会を持つことになります。

For the record, at that time in human history, the average human lifetime was around 34 or 35 years, and we believe that Jesus was around 33 years old when He was Crucified.記録のために、人間の歴史の中で、その時点で、平均的な人間の寿命は約34または35歳であった、そして我々は彼が十字架につけられたとき、イエスは33歳前後だったと信じています。 That permitted the Lord to experience virtually all aspects of a human lifetime.それは人間の一生のあらゆる側面を体験することが主を認めた。 And more specifically, NOT the lifetime of a person in a wealthy or powerful family, but instead the lifetime of someone with very little material possessions, where the Lord could truly Learn how hard human existence sometimes is.より具体的には、しないで、裕福な、あるいは強力な家族の中で人の寿命ではなく、主が本当に人間の存在が時々がいかに難しいか学ぶことができる非常に小さな物質的な所有物、と誰かの寿命。

There is another reason why He needed to give His human existence a type of amnesia.彼は彼の人間の存在の記憶喪失のタイプを与えるために必要なもう一つの理由があります。 Imagine any small child who could seem to "perform Miracles". "奇跡を行う"ように見える可能性のある小さな子供を想像してみてください。 It seems clear that the Child Jesus would have performed Miracles to cure serious ailments of local people, had He realized that He could actually have done that.それは、子供イエス·キリストが、地元の人々の深刻な病気を治すための奇跡を行ったであろう彼は、彼が実際にそれを行っていることに気づいていたことは明らかなようである。 Such a child would very quickly become known, and very shortly after any such demonstration of a Miracle, such a child would forever and constantly be followed around by hundreds of people, each wanting Miracles for themselves.そのような子は非常に迅速に知られるようになると、非常にまもなく奇跡のようなデモンストレーションの後、そのような子は永遠に、常に何百人もの人々が、自分自身のための各たい奇跡によって周りに続くであろう。 Such a situation might not affect His ability to provide Lessons for people, but it would entirely eliminate any chance that He might have of experiencing a "normal human lifetime".このような状況は、人々のためのレッスンを提供するために彼の能力に影響を与えないかもしれないが、それは完全に彼が "普通の人間の生涯"を経験を持っていると考えている可能性を排除するでしょう。 Therefore, for His own purposes, it was critically important that His human existence have no knowledge of His actually identity as the One True Lord of the Universe, or of His ability to ever do any Miracles Himself.したがって、彼自身の目的のために、それは彼の人間の存在が宇宙の唯一の真の神として、あるいは、今まで何の奇跡は自分自身を行うには、彼の能力の彼の実際のアイデンティティの知識を持たないことが非常に重要だった。

This situation explains the many Scriptures in the New Testament where Jesus "asked the Father" for Guidance or for Miracles, because He actually didn't realize that He could have done all those things Himself!彼は実際に彼はすべてのそれらの事は自分自身を行っている可能性があることに気づかなかったため、 この状況では、イエスは指導のためか、奇跡のために"父に尋ねた"新約聖書の多くの聖書を説明します It also explains how the Lord could have proceeded through an entire childhood without performing any Miracles to either entertain His friends or to aid people in serious need.また、主はどちらか彼の友人を楽しませるために、または重傷を必要としている人々を助けるために奇跡を行うことなく、全体の幼年期を介して進行したかもしれない方法について説明します。 He just didn't know that He could!彼はちょうど彼ができたことを知りませんでした! That was NECESSARY to avoid drawing undue attention to Himself.それは彼自身に過度の注目を集めて回避する必要があった。

Keeping in mind that the One True Lord Existed before Creation, and that therefore essentially all modern Theologians accept that Jesus Pre-Existed Mary (as the One True Lord), this Pre-Existent Lord then had one major issue to resolve regarding how He might join human society .唯一の真の主は創造の前に存在していること、したがって、基本的にすべての近代的な神学者がイエス·メアリー(つの真の神として)事前に存在し、 この事前に存在し、主がその後どのように彼は可能性があるに関する解決するために、1つ大きな問題があったこと受け入れることを念頭に置いて人間社会に参加します He certainly could have simply performed a Miracle and "appeared".確かに彼は単に奇跡を行い、 "登場"している可能性があります。 However, then, people would have either witnessed such a Miracle or been puzzled enough to always wonder how and where He came from. Therefore, He decided to enter human society in a rather standard way, by "being Born" .しかし、その後、人々はどちらかのような奇跡を目撃しただろうか、常にどのように、どこから来た彼が疑問に十分に困惑されているため、彼は"生まれて"ではなく、標準的な方法で人間社会に入ることにした This decision had the bonus for the Lord in then also being able to experience what life as a baby and as a child were like, things that He might not have been able to experience had He joined human society in any other way as an adult.この決定は、その後も赤ん坊のようにどのような生活を体験することができるという、子供は彼が経験することができなかったかもしれないという事のようにあったように彼は大人になって、他の方法で人間社会に参加していたに主のためにボーナスを持っていた。

Such insights that He obtained as a baby and as a child figure to have aided His Compassion toward all babies and children ever after.彼はその後ずっとすべての赤ちゃんと子供たちに向かって、彼の慈悲を助けたように赤ん坊のように、子の図のように得られるような洞察力。

He therefore chose Mary to participate in His being Born. He needed a somewhat unique situation, of a girl/woman who was still "pure", a virgin, but who was able to be associated with a man (Joseph) such that she would not be seen as being a prostitute who had an illegitimate child out of wedlock. 従って彼は彼が、まだ処女"純粋"だった少女/女から、ちょっとユニークな状況を必要としていました、彼の生まれたことに参加するためにマリアを選んだが、男(ジョセフ)に関連付けることができたなら、だれがそんな彼女がこと婚外非嫡出子を持っていた売春婦であるとは見られない。 In this view, Joseph had absolutely nothing to do with this except regarding credibility among the local people, and of demonstrating a true Devotion to the Lord to agree to this peculiar situation.このビューでは、ジョセフは絶対に地元の人々の間で信頼性に関する場合を除き、このとは何の関係もあり、この独特の状況に同意することを主に真の献身を実証するのがありませんでした。 And even Mary may have therefore been less of an active participant than of being a sort of tool for God to accomplish something He had chosen to do, of having a conventional Birth to join human society.さらにメアリーが故に彼は人間社会に参加するために、従来の誕生を持っていることの、何を選択していた何かを達成するために神のためのツールのようなものであることのより積極的な参加者が少なくなっている可能性があります。 We are here noting that Joseph and Mary never seem to have participated in Jesus' religious development, and indeed they were surprised at His interests and abilities at the Temple at age 12 (Luke 2).我々はここでヨセフとマリアはイエスの宗教的な開発に参加していないようですし、実際に彼らが12歳で寺(ルカによる福音書2)に彼の興味や能力に驚いたことがないことを指摘されています。 By the time of Jesus' Public Ministry, Mary was a very old woman (certainly nearing 50, when the average human lifetime was around 35), and the Bible gives no indication that she participated in any of Jesus' decisions or activities then, either.イエスの時代では、どちらか '公共省、メアリーはとても老婆(確かに人間の平均寿命は35程度であった50を、間近)であった、と聖書は彼女がイエスのいずれかに参加したという兆候付与するものではありません "その後の意思決定や活動を。 This is not to say that Mary was not extremely important and worthy of great admiration and respect. Just the fact that the Lord chose Mary uniquely says an enormous amount about her quality!これはメアリーが非常に重要と絶賛し、尊敬に値するしなかったこと。 主がメアリーは一意に彼女の品質については膨大な量を言う選んだという事実だけを言っているのではない

Continuing these thoughts regarding the perspective of Jesus, Who truly was the One True Lord of the Universe, but did not realize it, many Scriptures in the New Testament make much more sense. When Jesus was in stress and need of Guidance, or when Jesus felt that a Miracle was needed for some good cause, it really is logical that Jesus would have "asked the Father" for such things. Obviously, had He realized Who He was, none of that would have been necessary!本当に宇宙の唯一の真の神だったが、それを認識していなかった、新約聖書の多くの聖書は、イエスがストレスとガイダンスを必要としていたとき 。はるかに意味をなさない場合や、イエス 、イエスの視点に関するこれらの思考を継続ミラクルは、いくつかの正当な理由のために必要だった、それは本当にイエス様がそのようなもののために"父に尋ねた"であろうことが論理的である。明らかに、彼は彼が誰実現していると感じていた、のどれも必要なかったであろう! Jesus clearly realized that He was "unusual" and clearly somehow closely associated with the One True Lord, and His personal conclusion was that He was the Son of the Lord.イエスは明らかに彼が "異常"であったことに気づいたと明らかに密接に何とかつの真の神と関連付けられており、彼の個人的な結論は、彼は神の御子であるということでした。 After all, His unusual Birth seemed to indicate that He was the son of Mary and also the Son of the Lord. It is hard to see how Jesus could have come to any other conclusion than that He was the Son of the Lord. No one on Earth, including Jesus Himself, could have possibly imagined that He was actually the One True Lord of the entire Universe!結局のところ、彼の異常な誕生は、彼はメアリーの息子、また主の息子であったことを示しているように見えた。 それは、イエスは彼が主の息子であったことよりも、他の結論に来たかもしれない方法を確認するのは難しいです。誰イエスご自身を含め、地球上で、おそらく彼が実際に宇宙全体の唯一の真の神であったことを想像していた!

Therefore, Jesus came to the habit of considering Himself, and of referring to Himself, as the Son of the Lord. Later Christians were extremely confused by such references, assuming that Jesus KNEW all such things, and that if He said it, it must be an indisputable fact. Therefore many early Christian heresies developed regarding trying to figure out how the First Commandment (there is but One True Lord) could be compatible with Jesus' references to the Father. There appeared to be really obvious contradictions if there was to be any claim that Jesus was actually Lord. そこで、イエスはご自身を考慮することの習慣に来て、主の息子として、ご自身を参照するのでは、その後のキリスト教徒が非常にイエスがすべてのようなものを知っていたと仮定して、このような参照によって混乱していた、そして彼はそれを言ったら、それはしなければならないこと紛れもない事実である。 したがって、多くの初期キリスト教の異端は、最初の命令は、(そこにあるが、唯一の真の神)父へのイエスの参照と互換性がある可能性がどのように把握しように関する開発。にあった場合、本当に明らかな矛盾があるように登場イエスが実際に主だったという主張である。 The comments above provide a clear explanation for how all that could have happened.上記のコメントは起こったかもしれないその方法のすべてのための明確な説明を提供します。 They also clear up many other heresies that developed in the Church over the centuries. Was Jesus "fully human"?彼らはまた、何世紀にもわたって教会で開発した多くの他の異端を片付ける。 イエスは"完全ヒト"ましたか? Clearly He was, without the slightest doubt, by His prior choice of Kenosis, emptying Himself of all knowledge of His actual Nature and capabilities. Was Jesus "fully Divine"? 明らかに彼は 、彼の神性放棄の前に選択することにより、わずかな疑いもなく、あった彼の実際の自然と能力のすべての知識を自分自身を空にする。 イエスは、 "完全に神の"たか? Clearly He was, without the slightest doubt, because at all times, He was always truly the One True Lord of the Universe (even if He didn't realize it at the time). How many Gods are there?すべての回で、彼はいつも宇宙の真の唯一の真の神(彼は一度それを実現していない場合も)だったので、 明らかに彼は 、わずかな疑いもなく、でしたどのように多くの神々があるのですか? Without any doubt, One True Lord! Because of Jesus' effects of Kenosis, He did not realize that and even He referred to the Father as though He was a distinct Person. 何の疑いもなく、唯一の真の主は!ため神性放棄イエスの影響により、彼は彼が明確な人であったかのように、さらには彼が父と呼ぶことに気づかなかった。 Had Jesus not been under the effects of Kenosis, He certainly would never have made such (actually slightly incorrect) statements, which means there would never have been any later heresies regarding whether Jesus was merely an "adopted human, totally mortal" or "always totally Divine, and therefore incapable of experiencing pain and suffering".イエスは神性放棄の影響下で、彼は確かにイエスは単に "が採択された人間の、完全に死す" "または常にあったかどうかについて、それ以降の任意のheresiesがあったことはなかっただろうことを意味し、例えば、(実際には若干間違った)文を作ったことはなかっただろうされていませんでした完全に神、そして痛みや苦しみ "を経験ゆえの無能。 In fact, all of the reasons that the later Trinity concept was developed hundreds of years later never would have even existed!実際には、後で三位一体の概念は、数百年に開発されたことの理由のすべては、後も存在しなかったでしょう! Everyone would have clearly realized that Jesus truly WAS the One True Lord of the Universe!皆はっきりイエスが真に宇宙の唯一の真の神だったことを実現しているだろう! However, such a concept as that would definitely be hard for any fellow humans to swallow, or probably even for Jesus to actually believe.しかし、どのような仲間の人間が実際に信じている多分、イエスのために飲み込む、またはするため間違いなく難しいだろうそのようなコンセプト。 After all, if a Being was truly the One True Lord of the Universe, how could He be desperately hungry, feel the pain of scourging, feel suffering, and experience all the other shortcomings of human existence?結局のところ、本当に宇宙の唯一の真の神であったされていた場合、どのように彼は必死に空腹かもしれない、scourgingの痛みを感じ、苦しみを感じると、人間の存在の他のすべての欠点を体験? No one would have accepted that!誰と受け入れなかったでしょう!


The comments above have focused on aspects of the visit of our One True Lord to human society as regarding His ability to experience "the life of a peasant".上記のコメントは、 "農民の生活"を体験するために彼の能力に関するような人間社会への我々の唯一の真の主の訪問の側面に焦点を当てている。 It is interesting to note that even the Bible (Philippians 2:7) says that He "took upon Him the form of a servant" (Strongs Greek 1401, doulos), along this same line of reasoning.それも、聖書は(ピリピ2:7)彼は推論のこの同じラインに沿って、(強めてギリシャの1401年、ドロス) "彼の上に使用人の形をとった"と述べていることに注意することは興味深いことである That is the exact condition He would need to have chosen to experience a "normal human lifetime".それは彼が "普通の人間の生涯"を体験することを選択したする必要があります正確な条件である。

All of the rest of Christianity remains as it always has been understood. The commonly known portion of the Lord's spending time with humans is that He was then able to initiate the Covenant of Grace bestowed on men in their sinful condition with the promise that, in spite of their inability to keep any of the commandments of the Lord. それは常に理解されてきたとして、キリスト教の残りのすべてが残っている。人間との主の時間を過ごすの一般的に知られている部分が、彼 ​​はその後、約束、内で彼らの罪深い状態で男性に授与の恵みを受けてを開始することができたということです主の戒めのいずれかを保持することができないことにもかかわらず。 Out of sheer Grace He forgives their sin and accepts them as his children through the merits of the Lord Jesus Christ, on the single condition of Faith.薄手の恵みのうち、彼は自分の罪を赦し、信仰の単一条件に、主イエス·キリストのメリットを通じて、彼の子供たちを受け入れること。

In the New Covenant, the Covenant of Grace , man is placed in right relationship to God through Christ (Heb. 7:22; 8:6-13; 2Cor. 3:6-18).新しい契約では、 約束の恵みを受けて 、人キリスト(; 8:6-13; 2Corヘブル3:6-18午前7時22分)によって神に正しい関係に置かれる。


The rest of Christian Theology, of any specific Denomination or Church, can remain essentially as it has long been.任意の特定の宗派や教会のキリスト教神学の残りの部分は、それが長い間あったように、本質的に維持することができます。


Several clarifications might be useful.いくつかの明確化に役立つことがあります。


Does Any of this Really Matter?これのうちのどれかが本当に重要なのか? Is the Bible Credible?聖書は信用できるのですか?

Many non-Christians, and even some Christians, have various doubts about whether the Bible really is the amazing Book that it claims to be.多くは、非キリスト教徒、さらにいくつかのキリスト教徒は、聖書は実際にそれがあると主張していることが素晴らしい本であるかどうかについてのさまざまな疑問を持っている。 The following comments are meant to aid in determining the answer to that.以下のコメントは、それに対する答えを決定する際に役立つように意図されています。

First, some "homework"!まず、いくつかの "宿題"! Imagine that you are given an assignment, to write an essay of a few pages.数ページのエッセイを書くために、あなたは割り当てを与えていると想像してください。 I give you a list of 14 various sports: Baseball, football, soccer, tennis, golf, basketball, rugby, cricket, field hockey, ice hockey, archery, gymnastics, track and field, and wrestling.野球、サッカー、テニス、ゴルフ、バスケットボール、ラグビー、クリケット、フィールドホッケー、アイスホッケー、アーチェリー、体操、陸上競技、レスリング:私はあなたに14様々なスポーツのリストを与える。 You are to write a brief essay indicating the "history" of sports (no computer or encyclopedia or reference books allowed!) The specific point is that you will have to put those 14 sports in some sort of order, a sequence over time.あなたは、特定のポイントは、ご注文のいくつかの並べ替えでそれらの14のスポーツを入れなければならないことに時間をかけてシーケンスです(許可のコンピュータや百科事典や参考資料がない!)スポーツの "歴史"を示す簡潔なエッセイを書くことになっている。 Which one do you think was first?あなたは、最初にあったものを思いますか? You have 14 choices to pick from.あなたは、から選択する14の選択肢があります。 Then, which was second?そして、それは第二でしたか? You have 13 left to pick from, so you already have 182 different possible storylines for just the first two!あなたはすでに最初の2つだけでは、182の異なる可能なストーリーを持っているので、から選ぶことが残って13を持っている!

It turns out that you have a total of 14!, what is called 14-factorial possible sequences to choose from.それはあなたが14の合計を持っていることが判明!、14階乗の可能な配列から選択すると呼ばれるもの。 That happens to be over 87,000,000,000 possible sequences.それは870億以上の可能な配列であることを起こる。 So you have quite a chore ahead of you, and you must realize that, without the added help of a computer or an encyclopedia, the chance that you get the sequence exactly right is not likely to be much better than one in 80 billion!それで、あなたはあなたの前に非常に面倒な作業を持っていて、コンピュータまたはエンサイクロペディアの追加の助けなしに、あなたは正確に適切なシーケンスを得ることのチャンスが80億の1よりもはるかに良いではないだろう、と認識する必要があります!

Yes, you might be able to make educated guesses about some.はい、あなたはいくつかについて教育された推測を行うことができるかもしれません。 And you may even have read books or seen programs that informed you of when some of those sports were developed.あなたも、本を読んだり、それらのスポーツのいくつかが開発された時のことを知らされたプログラムを見ている可能性があります。 I would personally guess that ice hockey was probably not in ancient times, because I am not sure they had ways of smoothing ice enough or maybe even making ice skates.私は、彼らが十分な氷を滑らかにまたは多分アイススケートを作る方法を持っていたことを確認していないので、私は個人的には、アイスホッケーは古代にはおそらくなかったと推測する。 So I would probably put that one in the lower half of my list.だから私は、おそらく私のリストの下半分にその1をかけることになります。 But do you see the problem?しかし、あなたは問題を見ていますか?

How good a guesser would you have to be to get the sequence EXACTLY correct?どのように勘がいい人は、正確に正しい順序を取得しなければならないでしょう? You should see here that you would have to be impossibly good at guessing!あなたが推測で信じられないほど良いでなければならないであろうことをここに表示されるはずです! There is NO chance that you could even come close to getting the sequence right.あなたも正しい順序を得るために近くに来ることができること可能性はありません。 To even get one or two in the exact correct place in the sequence would be quite an accomplishment.仕返しするために、シーケンス内の正確な正しい場所に1つまたは2つは、かなり達成であろう。 (Try it!) (それをお試しください!)

What does this have to do with Christianity or the Bible?これはキリスト教や聖書をどのように処理するかを持っているのですか?

Roughly 3,300 years ago, the text of Genesis 1 was composed (first orally presented by Moses around 1275 BC).大体3300年前には、創世記1章のテキストが(最初の口頭で1275年頃モーセによって提示される)で構成されていた。 It was first actually written down around 3,100 years ago (after actual written languages were invented).それは最初に実際に(実際書かれた言語が発明された後の)3100万年前ダウンして書かれました。 That short Chapter mentions what I see to be 14 distinct events.その短い章は、私は14の別個のイベントであることが表示されるものに言及している。 They are presented in a specific order, with Light being the first, and mankind being the fourteenth.彼らは光が第1であることと、特定の順序で提示され、人類は14されている。 The appearance of fishes and trees and animals and land are all briefly mentioned, but they are mentioned in a specific SEQUENCE.魚や木や動物や土地の外観はすべて簡潔に言及されますが、それらは特定の順序で記載されています。 The paragraphs above are to suggest that NO ancient human being could have come remotely close to being able to get those 14 events in the actual correct sequence.上記の段落では、NO古代の人間が実際の正しい順序でそれらの14のイベントを取得することができることに近いリモート来ないかもしれないことを示唆しています。 He also would have had over 80,000,000,000 possible sequences to select from.彼はまた、から選択する800億以上の可能な配列を使っていたでしょう。 To even get just the first one right, Light, would have already been a one-in-fourteen chance.でも、最初のものだけ右、ライトを取得するには、すでに1イン14のチャンスだっただろう。 On top of that, that particular choice seems a really peculiar one!その上で、その特定の選択は本当に独特の1だ! If an ancient human had composed a "fake" Genesis, would he really have claimed that Light came first?古代の人間は、 "偽の"創世記を作曲していたら、彼は本当に光が最初に来たと主張しているでしょうか? Would such a choice help his credibility regarding anyone actually believing his story?このような選択は、実際に彼の話を信じて誰もに関する彼の信頼を助けるだろうか? It seems unlikely.それはなさそうだ。

Plants before any animals.どんな動物の前に植物。 Fishes before any land animals.どんな陸上動物の前に魚。 Everything before mankind (where man would therefore not be able to witness any of it).人類の前にすべてのもの(男が故にそれのいずれかを目撃することはできないであろう場所)。 Quite a few amazing choices, IF the story was made up by some ancient human!かなりの数の素晴らしい選択肢、物語はいくつかの古代の人間によって構成されていた場合は!

It turns out that ONLY during the most recent hundred years, science has advanced to the point of being able to determine when those various events occurred.それはごく最近の百年の間に、科学はそれらの様々なイベントが発生したときに決定することができるという点に進んでいることが判明した。 And, amazingly, it has been discovered that countless stars existed far before the Earth ever formed!そして、驚くべきことに、それは、地球がこれまでに形成された前に、無数の星が遠くに存在していたことが発見されました! Even the Sun started generating light before the Earth was fully formed! Just within the last 100 years, science has discovered that light really was first!偶数日は、地球が完全に形成される前の光を発生させる開始! ちょうど過去100年以内に、科学は光が本当に初めてだったことを発見しました!

And, of the events mentioned in Genesis 1, in the past 50 years, science has discovered that the very last of them was definitely humans. In fact, the findings of modern science in the past hundred years has established a sequence of those 14 events that is exactly the same as what Genesis 1 presented 3,300 years ago! そして、創世記1章で述べたイベントの、過去50年間で、科学はそれらの非常に最後のは間違いなく人間であったことを発見しました。実際には、過去100年間で現代科学の知見は、これらの14のイベントのシーケンスを確立していますそれはまさに創世記1章は3300年前に提示されるものと同じです! Wow!ワウ! (There is one very minor discrepancy, the appearance of birds is one step different in the two sequences, and otherwise they are absolutely identical!) (1非常にマイナーな相違がありますが、鳥の姿は2つの配列における異なる一歩であり、そうでなければ、それらは全く同じです!)

So, either an ancient human composed Genesis 1 by beating astronomical odds of many billions to one, or he had Help in composing it! だから、古代の人間が1つに何十億の天文オッズを負かすことによって、創世記1章を構成、または、彼はそれを構成する上でヘルプを持っていたどちらか! Only God could have provided such help! Even as recently as 150 years ago, no human could have determined that sequence of events! 神だけがそのようなヘルプを提供している可能性が!でさえ、最近のように150年前、人間は何のイベントのシーケンスを決定できなかっただろう! I was educated as a Nuclear Physicist, a scientist, and this sort of statistical evidence is considered to be overwhelming PROOF in a scientific perspective! No ancient human COULD have composed Genesis 1, with even remotely the correct historical sequence; therefore it really represents absolute proof that God both Exists and that He provided the data for that ancient source!私は核物理学者、科学者としての教育を受けた、と統計的証拠のこの種のは、科学的な視点での圧倒的な証拠とみなされませ古代の人間は、正しい歴史的順序であっても、リモートで、創世記1章から構成されている可能性が;!したがって、それは本当に絶対表す神が存在していて、彼はその古代のソースのデータを提供したことを双方のことを証明する! There really is no other option available, because the odds are just too ridiculously high against!オッズは反対ただ途方もなく高すぎるので、実際には、利用可能な他のオプションはありません!

Actually, the fact that modern science has managed to determine the times of those events to CONFIRM the sequence of Genesis 1 also seems to suggest that Christian belief and modern science are not only compatible, but they even confirm each other!実際に、現代科学は創世記1の配列を確認し、それらのイベントの時間を決定するために管理しているという事実は、そのキリスト教信仰と現代科学が唯一の互換性がありません示唆しているように思われるが、彼らも、お互いを確認!

Now, this does NOT prove that the rest of the Bible was Inspired by God, true.さて、これは聖書の残りの部分は神、真のに触発されたことを証明するものではありません。 But the fact that Genesis 1 definitely was, seems to be impressive evidence that He cared enough about mankind to provide accurate information there.しかし、創世記1章は間違いであったという事実は、彼がそこに正確な情報を提供するために、人類について十分に世話が印象的な証拠であると思われる。 I personally am willing to extrapolate this to assume that the rest of the Bible was also Inspired by God.私は個人的に聖書の残りの部分はまた神に触発されたと仮定して、これを外挿するために喜んで。 It is obviously an individual choice for each person about that.それは明らかにそのことについて一人一人の個人の選択です。 Christianity is based on Faith, of a Trust in things that are unknowable, and I have no problem with that, especially with this evidence that God must certainly have provided the information for Genesis 1.キリスト教は不可知である事への信頼、信仰に基づいており、私はその問題を持たない、特に神は確かに創世記1章のための情報を提供している必要があることを証拠とされています。

I note something else.私は何か他のものに注意してください。 It appears that God was EXTREMELY careful in presenting truly accurate data regarding the sequence of when those events occurred, even though that information has never been very important to us.それは、神がその情報は私達にとって非常に重要ではなかったにもかかわらず、それらのイベントが発生したときのシーケンスについて本当に正確なデータを提示することに非常に慎重であったことが表示されます。 Doesn't it seem likely that He would have been even MORE careful to make sure that each of the many Lessons in the Bible were presented exactly as He wanted them to be?それは彼がそれらになりたいと思ったとして、聖書の中で多くの教訓のそれぞれが正確に表示されていたことを確認することがあっても、より慎重だっただろうと思わないようですか? For the Christians who feel that they are free to pick and choose what parts of the Bible to accept and which parts they could ignore, this seems to me to suggest that we really need to consider it ALL to be quite valid and accurate and true!彼らが受け入れている部品は、無視することができるものは、聖書の部分だけ選んで自由であると感じているキリスト教徒は、これは我々が実際にはかなり有効で、正確かつ真実であることがそれをすべて考慮する必要があることを示唆しているように思える!


Take a scrap of paper and try to form a list of the sports mentioned above, to see the difficulty of assembling an accurate listing.紙切れを取ると、上記のスポーツのリストを形成しようとすると、正確なリストを組み立てることの難しさを見るために。 It is a lot harder than it first seems!それが第一と思われるよりもずっと難しいです!


I have an additional "interesting thought" that seems worth contemplating!私が検討して価値があると思われる、追加の "面白い考え"を持っている! We Christians all believe that we each CONTAIN an Indwelling Holy Spirit.私たちクリスチャンは皆それぞれが留置聖霊が含まれていることを信じています。 Think about that statement!その文を考える! The Holy Spirit IS the One True God of the Universe (as being One of the Persons which the Trinity concept identifies with being our One True God.) That indicates that EACH OF US represents a tiny portion of the Holy Spirit or of God Himself.聖霊は、米国の各々が自身の聖霊や神の小さな部分であることを示しユニバース(三位一体の概念が私たちの唯一の真の神であると識別する人の一人であるとして。)の唯一の真の神である。

We talk about When Jesus Returns.私たちは、イエスを返したときの話。 We actually mean, when the Lord Returns.私たちは、実際には、主を返したときを意味します。 Isn't that the same as "When the Lord has pervaded the world's people?"ことは、 "主よ、世界の人々に浸透したときは?"と同じではありません

OK. [OK]をクリックします。 During just the most recent 100 years or so, scientists have discovered that our human bodies are made up of billions and trillions of INDIVIDUAL cells.ただ、最新の100年かそこらの間に、科学者たちは、私たち人間の体は、個々の細胞の数十億と兆から成っていることを発見した。 We now know the same is true of all other animals and plants (except for the tiniest microscopic ones.)我々は今、同じことが他のすべての動物や植物がtrueであることがわかっている(最も小さい顕微鏡ものを除く。)

What if THAT INSIGHT in science is actually intended by the Lord to help us better understand what is to come?科学であるという洞察が実際に私たちはより良い来ることになっているものを理解するのに役立つ主によって意図されている場合はどうなりますか? Specifically, what if "the Holy Spirit" might actually mean THE TOTALITY of billions of PORTIONS of the Holy Spirit in each of us?具体的には、 "聖霊"は、実際に私たちのそれぞれにおける聖霊の部分の十億の総体を意味するかもしれない場合はどうなるでしょうか?

The implications and consequences of this are huge and complex.これの意味と影響は巨大で複雑である。 But the point here is that MAYBE we have already had the OPPORTUNITY for "the Holy Spirit to be made Whole" if we BELIEVERS IN THE LORD were simply to all respect each other and honor each other?しかし、ここでのポイントは、おそらく我々はすでに、主にあって、我々信者はすべての点同士を単にだったら "全体に作られるべき聖霊"の機会を持ち、お互いを尊重していることですか? That AT ANY TIME OF OUR CHOOSING, we might DECIDE to all "become One True Church" and therefore CREATE the TOTALITY of the Holy Spirit here on Earth.我々の選択の任意の時点で、我々はすべての "唯一の真の教会になる"ため、地球上でここに聖霊の全体を作成することにしたかもしれない。 Given that the Holy Spirit EQUALS Jesus EQUALS the One True Lord of the Universe, doesn't that describe pretty clearly where Jesus Returns?聖霊はイエスがかなり明確にイエス戻り場所が記述されていることを、宇宙の唯一の真の主をしないことを考えると等しいか?

But Christians seem to insist on arguing over who is "more correctly Christian" and so the majority of Christians seem to love to rip into all approaches to Christianity other than the one they specifically follow.しかし、キリスト教徒は "もっと正しくキリスト教"が誰であるかを介して主張に固執するように見えるので、キリスト教徒の大半は、彼らが具体的に従う以外のキリスト教へのすべてのアプローチにリッピングすることを愛するように見える。 So, is humanity likely to ever be capable of the level of mutual respect and mutual honor that would seem necessary?だから、人類はこれまでに相互尊重し、必要と思われる相互の名誉のレベルのことができる可能性が高いですか? Not that I have seen!私は見ていないことを!

But it still seems an interesting concept to think about, as it puts the Holy Spirit into a wonderful new perspective!それは素晴らしい新しい視点に聖霊を置くとして、それはまだ、考えるべき面白いコンセプトですね!



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです