Chronology of the Life of Jesus Christイエス·キリストの生涯の年表

Catholic Information カトリックの情報

In the following paragraphs we shall endeavour to establish the absolute and relative chronology of our Lord's life, ie we shall show first how certain facts connected with the history of Jesus Christ fit in with the course of universal history, and secondly how the rest of the life of Jesus must be arranged according to the inter-relation of its single elements.私たちは主の生命の絶対的および相対的年代を確立するように努めなければならない、すなわち、私たちはイエス·キリストの歴史と接続されている一定の事実は普遍的な歴史の流れとにどのように適合するかを示さなければならない第一、第二に、どのように残りの部分は、次の段落でイエスキリストの生涯は、その単一の要素の間の関係に応じて配置しなければならない。

I. ABSOLUTE CHRONOLOGY I.絶対年表

The incidents whose absolute chronology may be determined with more or less probability are the year of Christ's nativity, of the beginning of His public life, and of His death.絶対年表多かれ少なかれ確率で決定することができる事件は彼の公的生活の初めの、そして彼の死、キリスト生誕の年としています。 As we cannot fully examine the data entering into these several problems, the reader ought to compare what has been said on these points in the article BIBLICAL CHRONOLOGY.我々は完全にこれらのいくつかの問題に入るデータを調べることができないので、読者は記事聖書の年表にこれらの点を言われてきたかを比較するべきである。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
A. The Nativity A.キリスト降誕

St. Matthew (2:1) tells us that Jesus was born "in the days of King Herod".マタイ(2:1)は、 "ヘロデ王の時代に、"イエスが生まれたことを教えてくれる。 Josephus (Ant., XVII, viii, 1) informs us that Herod died after ruling thirty four years de facto, thirty seven years de jure.ヨセフス(Ant.、XVII、八、1)は、34歳のデファクト、デジュール37年を支配した後に死亡したヘロデことを通知します。 Now Herod was made rightful king of Judea AUC 714, while he began his actual rule after taking Jerusalem AUC 717.彼はエルサレムAUCは717を取った後、彼の実際のルールを始めながら、今ヘロデ王は、ユダヤAUCは714の正当な王としました。 As the Jews reckoned their years from Nisan to Nisan, and counted fractional parts as an entire year, the above data will place the death of Herod in AUC 749, 750, 751.ユダヤ人はニッサンからニッサンに彼らの年を数え、全体の年のように小数部を数えたように、上記のデータは、AUCは749、750、751にヘロデ王の死を配置します。 Again, Josephus tells us from that an eclipse of the moon occurred not long before Herod's death; such an eclipse occurred from 12 to 13 March, AUC 750, so that Herod must have died before the Passover of that year which fell on 12 April (Josephus, "Ant"., iv, 4; viii, 4).繰り返しになりますが、ヨセフスは月食が長くないヘロデ王の死の前に発生したことから教えてくれる、そのような日​​食はとてもそのヘロデ王が4月12日(に落ちたその年の過越の祭りの前に死亡している必要があり、12〜3月13日、AUCは750から発生したヨセフス、 "Ant"、IV、4;。八、4)。 As Herod killed the children up to two years old, in order to destroy the new born King of the Jews, we are led to believe that Jesus may have been born AUC 747, 748, 749.ヘロデはユダヤ人の生まれたばかりのキングを破壊するために、最大2つの歳​​の子供を殺したように、私たちはイエスがAUCが747、748、749生まれてきた可能性があることを信じるように導かれています。 The enrollment under Cyrinus mentioned by St. Luke in connection with the nativity of Jesus Christ, and the remarkable astronomical conjunction of Mars, Jupiter, and Saturn in Pisces, in the spring of AUC 748, will not lead us to any more definite result.イエス·キリストの降誕、そして魚座の火星、木星、土星の驚くべき天文接続詞との関連で聖ルカによって言及Cyrinus下の就学率は、AUCは748年の春に、これ以上明確な結果につながることはありません。

B. Beginning of the Public Ministry B.公共省のはじまり

The date of the beginning of Christ's ministry may be calculated from three different data found respectively in Luke 3:23; Josephus, "Bel. Jud."キリストのミニストリーの始まりの日はルーク3時23分にそれぞれ見られる3つの異なるデータから計算されるかもしれない; "。ベルユート"ヨセフス、 I, xxi, 1; or "Ant.", XV, ii, 1; and Luke 3:1.私は、xxi、1;または "アリ。"、15、II、1;とルーク3時01。

The first of these passages reads: "And Jesus himself was beginning about the age of thirty years".これらの通路の最初は読む: "そしてイエス自身が30歳の年齢を始めていました"。 The phrase "was beginning" does not qualify the following expression "about the age of thirty years", but rather indicates the commencement of the public life.とあるのは "30歳の年齢について、"次の式を満たしていない "始めた"のではなく、公的生活の開始を示します。 As we have found that the birth of Jesus falls within the period 747-749 AUC, His public life must begin about 777-779 AUC私たちはイエスの誕生は747から749のAUC期間内に入ることがわかってきたように、彼の公的生活は777から779程度のAUCを開始する必要があります

Second, when, shortly before the first Pasch of His public life, Jesus had cast the buyers and sellers out of the Temple, the Jews said: "Six and forty years was this temple in building" (John 2:20).第二に、まもなく彼の公共の人生の最初のPasch前に、イエスは神殿の買い手と売り手を追い出した時、ユダヤ人たちは言った:(ヨハネ2:20) "シックスと40年の建物で、この寺であった"。 Now, according to the testimony of Josephus (loc. cit.), the building of the Temple began in the fifteenth year of Herod's actual reign or in the eighteenth of his reign de jure, ie 732 AUC; hence, adding the forty six years of actual building, the Pasch of Christ's first year of public life must have fallen in 778 AUCさて、ヨセフス(上記引用CIT)の証言によると、同寺の建物は、ヘロデ王の実際の治世の第十五年、あるいは彼の治世デジュール、すなわち732 AUCの第十八年に始まった、それゆえ、46年を加算実際の建物、公共生活のキリストの最初の年のPaschが778のAUCに落ちている必要があります

Third, the Gospel of St. Luke (3:1) assigns the beginning of St. John the Baptist's mission to the "fifteenth year of the Tiberius Caesar".第三に、聖ルカ(3:1)の福音 "はティベリウス·カエサルの第十五年"への洗礼者聖ヨハネの使命の始まりを割り当てます。 Augustus, the predecessor of Tiberius, died 19 August, 767 AUC, so that the fifteenth year of Tiberius's independent reign is 782 AUC; but then Tiberius began to be associate of Augustus in AUC 764, so that the fifteenth year reckoned from this date falls in AUC 778.しかしその後ティベリウスはこの日付から起算し十五年が入るように、AUCは764でアウグストゥスの仲間になり始め、アウグストゥス、ティベリウスの前身は、ティベリウスの独立治世の第十五年には782 AUCがあるように、767 AUCは、8月19日に死亡したAUCは778インチ Jesus Christ's public life began a few months later, ie about AUC 779.イエス·キリストの公生活は、AUCは約779数ヵ月後に、すなわちを開始しました。

C. The Year of the Death of Christ C.キリストの死の年

According to the Evangelists, Jesus suffered under the high priest Caiphas (AUC 772-90, or AD 18-36), during the governorship of Pontius Pilate AUC 780-90).伝道者によると、イエスキリスト)はピラトAUCが780から90までの知事の間に、大祭司Caiphas(AUCは772から90まで、18から36またはAD)の下で苦しんだ。 But this leaves the time rather indefinite.しかし、これはむしろ不定の時間を残します。 Tradition, the patristic testimonies for which have been collected by Patrizi (De Evangeliis), places the death of Jesus in the fifteenth (or sixteenth) year of Tiberius, in the consulship of the Gemini, forty-two years before the destruction of Jerusalem, and twelve years before the preaching of the Gospel to the Gentiles.伝統、パトリッツィ(デEvangeliis)によって収集された、ふたご座の領事で、ティベリウスの十五(や16)年にイエスの死を配置するための教父の証言、エルサレムの破壊の前に四十から二年、そして異邦人に福音の説教の前に12年。 We have already seen that the fifteenth year of Tiberius is either 778 or 782, according to its computation from the beginning of Tiberius's associate or sole reign; the consulship of the Gemini (Fufius and Rubellius) fell in AUC 782; the forty second year before the destruction of Jerusalem is AD 29, or AUC 782, twelve years before the preaching of the Gospel to the Gentiles brings us to the same year, AD 29 or AUC 782, since the conversion of Cornelius, which marks the opening of the Gentile missions, fell probably in AD 40 or 41.我々はすでにティベリウスの第十五年は、ティベリウスの関連会社または唯一の治世の初めからその計算によれば、778または782のいずれかであることを見てきました。ジェミニの領事(FufiusとRubellius)は、AUCは782に落ちた;第四十二年前異邦人に福音の説教はジェンティーレミッションのオープニングをマークコーネリアスの転換以来、西暦29またはAUC 782、同じ年に私たちをもたらします12年前のエルサレムの破壊は、AD 29、またはAUC 782です、おそらく紀元40または41で落ちた。

D. The Day of the Death of Christ D.キリストの死の日

Jesus died on Friday, the fifteenth day of Nisan.イエスは金曜日、ニサンの十五日に死亡した。 That He died on Friday is clearly stated by Mark 15:42, Luke 23:54, and John 19:31.彼は金曜日に死亡したことを明らかにマーク15時42分、午前23時54分ルカ、ヨハネ19時31によって規定されています。 The few writers who assign another day for Christ's death are practically lost in the multitude of authorities who place it on Friday.キリストの死を別の日に割り当てる数人のライターは、実質的に、金曜日にそれを置く当局の多数で失われます。 What is more, they do not even agree among themselves: Epiphanius, eg, places the Crucifixion on Tuesday; Lactantius, on Saturday; Westcott, on Thursday; Cassiodorus and Gregory of Tours, not on Friday.詳細は何ですか、彼らも自分たちの中で同意しない:エピファニオス、例えば、火曜日にはりつけを配置します。ラクタンティウス、土曜日に、ウェストコット、木曜日に、カッシオドルスとグレゴリーのツアーではなく、金曜日に。

The first three Evangelists are equally clear about the date of the Crucifixion.最初の三つの伝道者はりつけの日付についても同様に明確である。 They place the Last Supper on the fourteenth day of Nisan, as may be seen from Matthew 26:17-20, Mark 14:12-17 and Luke 22:7-14.彼らは、マタイ26:17-20、マルコ14:12-17とルカ22:7-14から分かるように、ニッサンの十四日に最後の晩餐を置く。 Nor can there be any doubt about St. John's agreement with the Synoptic Evangelists on the question of the Last Supper and the Crucifixion.またそこに最後の晩餐とは、はりつけの質問に共観福音書記者聖ヨハネとの合意に疑問することができます。 The supper was held "before the festival day of the Pasch" (John 13:1), ie on 14 Nisan, as may be seen from Matthew 22:7-14.夕食は、すなわちマタイ22:7-14から分かるように、14ニサンに、(ヨハネ13:1) "Paschのお祭りの日の前に"を開催しました。 Nor can there be any doubt about St. John's agreement with the Synoptic Evangelists on the question of the Last Supper and the Crucifixion.またそこに最後の晩餐とは、はりつけの質問に共観福音書記者聖ヨハネとの合意に疑問することができます。 The Supper was held "before the festival day of the pasch" (John 13:1), ie on 14 Nisan, since the sacrificial day was computed according to the Roman method (Jovino, 123 sqq., 139 sqq.).犠牲の日はローマ法(Jovino、123 sqq名。、139 sqq名。)に従って計算されて以来、夕食はすなわち、14ニッサンに、(ヨハネ13:1) "paschのお祭りの日の前に"を開催しました。

Again, some disciples thought that Judas left the supper table because Jesus had said to him: "Buy those things which we have need of for the festival day: or that he should give something to the poor" (John 13:29). "我々はお祭りの日のための必要としているそれらのものを購入する:または彼は貧しい人々に何かを与えるべきであること"(ヨハネ13:29)繰り返しになりますが、いくつかの弟子たちは、ユダがイエスは彼に言われたので、夕食のテーブルを残したと思った。 If the Supper had been held on 13 Nisan this belief of the disciples can hardly be understood, since Judas might have made his purchases and distributed his alms on 14 Nisan; there would have been no need for his rushing into the city in the middle of the night.晩餐が13ニサンに開催されていた場合はユダは彼の買い物をしたと14ニサンに彼の施しを配布しているかもしれないので、弟子たちのこの信念はほとんど、理解できません、彼の途中で街に突入の必要は全くなかったであろう夜。 On the day of Christ's Crucifixion the Jews "went not into the hall, that they might not be defiled, but that they might eat the pasch" (John 18:28).キリストのはりつけの日に、ユダヤ人は "彼らは汚されていない可能性があり、ホールに行っていないが、彼らはpaschを食べるかもしれない"(ヨハネ午後06時28分)。 The pasch which the Jews wished to eat could not have been the paschal lamb, which was eaten on 14 Nisan, for the pollution contracted by entering the hall would have ceased at sundown, so that it would not have prevented them from sharing in the paschal supper.ユダヤ人は食べることを望んpaschは、それが復活祭での共有からそれらを阻止しなかっただろうので、日没で終了しましたでしょうホールを入力して、契約した汚染のために、14ニサンに食べられていました復活祭の子羊、されていない可能性が夕食。 The pasch which the Jews had in view must have been the sacrificial offerings (Chagighah), which were called also pasch and were eaten on 15 Nisan.ユダヤ人はビューであっpaschはpaschとも呼ばれ、15ニサンに食べられてしまった犠牲の供物(Chagighah)、されている必要があります。 Hence this passage places the death of Jesus Christ on the fifteenth day of Nisan.したがって、この通路はニサンの十五日にイエス·キリストの死を配置します。

Again, Jesus is said to have suffered and died on the "parasceve of the pasch", or simply on the "parasceve" (John 19:14, 31); as "parasceve" meant Friday, the expression "parasceve" denotes Friday on which the pasch happened to fall, not the before the pasch.繰り返しますが、イエスは "paschのparasceve"で、または単に "parasceve"(ヨハネ19:14、31)で苦しんで死んでいたと言われて、金曜日意味 "parasceve"として、表現 "parasceve"は金曜日に示しどのpaschはpasch前ではなく、落ちることを起こった。 Finally, the day following the parasceve on which Jesus died is called "a great sabbath day" (John 19:31), either to denote its occurrence in the paschal week or to distinguish it from the preceding pasch, or day of minor rest.最後に、イエスが死んでいるparasceve翌日は復活祭の週にその発生を示すために、又は前項paschと区別するためか、 "偉大な安息日"(ヨハネ19:31)と呼ばれる、またはマイナー休息日。

II. Ⅱ。 RELATIVE CHRONOLOGY相対的年代

No student of the life of Jesus will question the chronological order of its principal divisions: infancy, hidden life, public life, passion, glory.幼年時代、隠された人生、公的生活、情熱、栄光:イエスキリストの生涯のどの生徒もその主要部門の年代順を問うん。 But the order of events in the single divisions is not always clear beyond dispute.しかし、単一部門内のイベントの順序は常に論争を超えて明確ではありません。

A. The Infancy of Jesus A.イエスの幼児期

The history of the infancy, for instance, is recorded only in the First Gospel and in the Third.乳児期の歴史は、例えば、唯一の最初の福音書で、第三に記録されます。 Each Evangelist contents himself with five pictures: 5写真で各エバンジェリストの内容自身:

St. Matthew describes the birth of Jesus, the adoration of the Magi, the flight into Egypt, the slaughter of the Holy Innocents, and the return to Nazareth.マタイは、イエス、マギの礼拝、エジプトへの飛行、神聖な罪の虐殺、およびナザレへの復帰の誕生を説明します。

St. Luke gives a sketch of the birth, of the adoration of the shepherds, of the circumcision, of the purification of the Virgin, and of the return to Nazareth.聖ルカは、出生、羊飼いの礼拝、割礼、ヴァージンの精製、およびナザレへの復帰のスケッチを提供します。

The two Evangelists agree in the first and the last of these two series of incidents (moreover, all scholars place the birth, adoration of the shepherds, and the circumcision before the Magi), but how are we to arrange the intervening three events related by St. Matthew with the order of St. Luke? 2伝道者(しかも、すべての学者が、出産を置く羊飼いの礼拝、そして賢者の前に割礼)が最初とインシデントのこれらの2つのシリーズの最後には同意するが、どのように我々はによって関係に介在する3つのイベントを手配することです聖ルカの順序と聖マタイ? We indicate a few of the many ways in which the chronological sequence of these facts has been arranged.我々は、これらの事実の時系列が配置された多くの方法のいくつかを示しています。

1. 1。 The birth, the adoration of the shepherds, the circumcision, the adoration of the Magi, the flight into Egypt, the slaughter of the Innocents, the purification, the return to Nazareth.出産、羊飼いの礼拝、割礼、東方三博士の礼拝、エジプトへの飛行、罪なき者の殺りく、精製、ナザレに戻ります。

This order implies that either the purification was delayed beyond the fortieth day, which seems to contradict Luke 2:22 sqq., or that Jesus was born shortly before Herod's death.この順序は、どちらかの精製はルーク午前2時22 sqq名と矛盾するように思われる40日、。超えて遅れたことや、イエスがヘロデ王の死の直前に生まれたことを意味します。 so that the Holy Family could return from Egypt within forty days after the birth of Jesus.聖家族は、イエスの誕生後40日以内に、エジプトから返すことができるようにします。 Tradition does not seem to favour this speedy return.伝統は、この迅速な復帰を支持していないようです。

2. 2。 The birth, the adoration of the shepherds, the circumcision, the adoration of the Magi, the purification, the flight into Egypt, the slaughter of the Innocents, the return to Nazareth.出産、羊飼いの礼拝、割礼、東方三博士の礼拝、精製、エジプトへの飛行、罪なき者の殺りく、ナザレに戻ります。

According to this order the Magi either arrived a few days before the purification or they came on 6 January; but in neither case can we understand why the Holy Family should have offered the sacrifice of the poor, after receiving the offerings of the Magi.この順序によると、東方の三博士がどちら浄化の数日前に到着した、または彼らは1月6日に来た、しかし、聖家族が賢者の提供を受けた後に、貧しい人々のいけにえをささげていなければならない理由もない場合には、我々は理解することができます。 Moreover, the first Evangelist intimates that the angel appeared to St. Joseph soon after the departure of the Magi, and it is not at all probable that Herod should have waited long before inquiring concerning the whereabouts of the new born king.また、天使は賢者の出発後間もなく聖ヨセフに現われて、それはヘロデが生まれたばかりの王の所在に関するお問い合わせの前に長い間待っていなければならないすべての可能性ではないことを最初の伝道者のインナー。 The difficulties are not overcome by placing the adoration of the Magi on the day before the purification; it would be more unlikely in that case that the Holy Family should offer the sacrifice of the poor.困難は精製前の日に東方三博士の礼拝を配置することによって克服されていない、それは神聖な家族は貧しい人々の犠牲をささげるべきであること、その場合、それ以上の可能性は低いでしょう。

3. 3。 As Luke 2:39 appears to exclude the possibility of placing the adoration of the Magi between the presentation and return to Nazareth, there are interpreters who have located the advent of the wise men, the flight to Egypt, the slaughter of the Innocents, and the return from Egypt after the events as told in St. Luke.ルカ2:39プレゼンテーションやナザレへの復帰の間に東方三博士の礼拝を置くことの可能性を除外するために表示されますので、賢者の到来で、エジプトへの逃避、罪なき者の殺りくの位置を確認した通訳者が存在していて、聖ルカで語らなどのイベントの後にエジプトからの戻り。 They agree in the opinion that the Holy Family returned to Nazareth after the purification, and then left Nazareth in order to make their home in Bethlehem.彼らは、聖家族はベツレヘムで彼らの家を作るために精製した後にナザレに戻り、その後、ナザレを去ったという意見には同意する。 Eusebius, Epiphanius, and some other ancient writers are willing to place the adoration of the Magi about two years after Christ's birth; Paperbroch and his followers allow about a year and thirteen days between the birth and the advent of the Magi; while Patrizi agrees with those who fix the advent of the Magi at about two weeks after the purification.ユーセビアス、エピファニオス、およびいくつかの他の古代の作家はキリストの誕生後約2年東方三博士の礼拝を置いても構わないと思っている。Paperbrochと​​その部下誕生と賢者の出現の間に約1年13日を許す;パトリッツィはと一致している間精製した後、約2週間で賢者の出現を修正人。 The text of Matthew 2:1-2 hardly permits an interval of more than a year between the purification and the coming of the wise men; Patrizi's opinion appears to satisfy all the data furnished by the gospels, while it does not contradict the particulars added by tradition.マタイ2:1-2のテキストはほとんど浄化と賢者の到来の間に一年以上の間隔を可能にしません;パトリッツィ氏の意見は、それが明細が追加された矛盾していないながら、福音社が提供するすべてのデータを満足させるように見える伝統による。

B. The Hidden Life of Jesus B.イエスの隠された生活

It was in the seclusion of Nazareth that Jesus spent the greatest part of His earthly life.それは、イエスが彼のこの世の人生の​​最大の部分を費やしたナザレの隠遁していた。 The inspired records are very reticent about this period: Luke 2:40-52; Mark 6:3; John 6:42; 7:15, are about the only passages which refer to the hidden life.インスピレーションのレコードは、この期間については非常に寡黙です:;マーク6時03分、ルカ2:40-52ヨハネ6:42、7:15、隠された人生を参照してください唯一の通路についてです。

Some of them give us a general view of Christ's life: "The child grew, and grew in strength and wisdom; and the grace of God was in him" is the brief summary of the years following the return of the Holy Family after the ceremonial purification in the Temple.そのうちのいくつかは、私たちにキリストの生涯の概観を与える: "子供が成長し、力と知恵に生えていた、神の恵みが彼にあった"儀式後の聖家族の復帰後の数年間の要約です寺の浄化。 "Jesus advanced in wisdom, and age, and grace with God and men", and He "was subject to them" form the inspired outline of Christ's life in Nazareth after He had attained the age of twelve. "イエスの知恵の高度な、年齢、神と人との恵み"、と彼は彼が12歳に達した後にナザレにキリストの生涯のインスピレーションを得た輪郭を形成する "彼らの支配下にあった"。

"When he was twelve years old" Jesus accompanied His parents to Jerusalem, 'according to the custom of the feast'; When they returned, the child Jesus remained in Jerusalem; and his parents knew it not." After three days, they found him in the Temple, sitting in the midst of the doctors, hearing them, and asking them questions." "彼は12歳だったときに"イエスは言われた、 "ごちそうの習慣に従って"、エルサレムに彼の両親に同行し、彼らは戻ってきたとき、子イエスはエルサレムに残って、そして彼の両親はそれを知っていた "3日後に、彼らが見つけた。彼は神殿で、それらを聞いて、医師の真っ只中に座って、彼らに質問をする。 " It was on this occasion that Jesus spoke the only words that have come down from the period of His hidden life: "How is it that you sought me? Did you not know, that I must be about my Father's business [or, "in my Father's house"]?"で、 "どうですか、それはあなたが私を求めていた私は私の父のビジネスについてでなければならないことを、あなたを知らなかった[あるいは?":それは、イエスが彼の隠された人生の期間から下ってきた言葉だけを話しているこの機会にあったわたしの父の家 "]?"

The Jews tell us that Jesus had not passed through the training of the Rabbinic schools: "How doth this man know letters, having never learned?".ユダヤ人はイエスがラビの学校の訓練を通過していなかったことを教えてください: "どのようにこの男は、文字を知っておられる学んだことがないした?" The same question is asked by the people of Nazareth, who add, "Is not this the carpenter?"同じ質問が追加ナザレの人に頼まれて、 "この人は大工ではないですか?" St. Justin is authority for the statement that Jesus specially made "ploughs and yokes' (Contra Tryph., 88). Though it is not certain that at the time of Jesus elementary schools existed in the Jewish villages, it may be inferred from the Gospels that Jesus knew how to read (Luke 4:16) and write (John 8:6). At an early age He must have learned the so called Shema (Deuteronomy 6:4), and the Hallel, or Psalms 113-118 (Hebrew); He must have been familiar with the other parts of the Scriptures too, especially the Psalms and the Prophetic Books, as He constantly refers to them in His public life. It is also asserted that Palestine at the time of Jesus Christ was practically bilingual, so that Christ must have spoken Aramaic and Greek; the indications that He was acquainted with Hebrew and Latin are rather slight. The public teaching of Jesus shows that He was a close observer of the sights and sounds of nature, and of the habits of all classes of men. For these are the usual sources of His illustrations.聖ジャスティンは、イエスが特別に "鋤とヨーク '(コントラTryph。、88)を作った文のための権威です。それはユダヤ人の村に存在していたイエスの小学校の時に、それはから推論することができることは確かではありませんがイエスは読み方を知っていた(ルカ4:16)と書き込み(ヨハネ8:06)という。幼い頃彼はいわゆるシェマ(申命記6:4)、そしてハレル、または詩篇113から118を学んだにちがいない福音(ヘブライ語)、彼は常に彼の公共の生活の中でそれらを参照するように、彼は、特に詩篇と予言の書籍、あまりにも聖書の他の部分に精通されている必要がありますそれはまたパレスチナがイエス·キリストの時代にあったと主張している。実質的にバイリンガル、キリストはアラム語、ギリシャ語話されている必要があるように、彼はヘブライ語とラテン語に精通しているという指摘は、むしろわずかであるイエスの公共教育は、彼は自然の景色や音の近いオブザーバーだったことを示している、と。男性のすべてのクラスの習慣。これらについては、彼のイラス​​トは、通常の源である。

To conclude, the hidden life of Jesus extending through thirty years is far different from what one should have expected in the case of a Person Who is adored by His followers as their God and revered as their Saviour; this is an indirect proof for the credibility of the Gospel story.結論として、30年通って延びるイエスの隠された人生は、1つは彼らの神と彼の信者に愛さとその救い主として崇敬されている人の場合には予​​想していべきかは全く異なるからで、これは信憑性のための間接的な証拠である福音書の物語。

C. The Public Life of Jesus: Its Duration C.イエスの公生活:その時間

The chronology of the public life offers a number of problems to the interpreter; we shall touch upon only two, the duration of the public life, and the successive journeys it contains.公共の人生の年表は、インタプリタに多くの問題を提供しておりますが、2つだけを公共の生命の持続、およびそれに含まれる連続した旅に触れなければならない。

There are two extreme views as to the length of the ministry of Jesus: St. Irenæus (Contra Haer., II, xxii, 3-6) appears to suggest a period of fifteen years; the prophetic phrases, "the year of recompenses", "the year of my redemption" (Isaiah 34:8; 63:4), appear to have induced Clement of Alexandria, Julius Africanus, Philastrius, Hilarion, and two or three other patristic writers to allow only one year for the public life.予言的なフレーズ、 "recompensesの年";聖irenæus(コントラHaer、Ⅱ、XXII、3月6日)は、15年の期間を示唆しているように見える:イエスのミニストリーの長さと2つの極端な意見があります、 "私の贖いの年"(イザヤ34:8、63:4)、公共生活のために1年間のみ許可するようにアレクサンドリア、ユリウス·アフリカヌス、Philastrius、ヒラリオン、2つまたは3つの他のpatristic作家のクレメントを誘発しているように見える。 This latter opinion has found advocates among certain recent students: von Soden, for instance, defends it in Cheyne's "Encyclopaedia Biblica".この後者の意見は、特定の最近の学生の間で支持者を発見した:フォン·ゾーデンは、たとえば、チェーンストークスの "百科事典Biblica"でそれを擁護している。 But the text of the Gospels demands a more extensive duration.しかし、福音書のテキストは、より広範な持続時間が求められています。 St. John's Gospel distinctly mentions three distinct paschs in the history of Christ's ministry (2:13; 6:4; 11:55).聖ヨハネの福音書は、はっきりとキリストのミニストリー(;午前6時04分、11時55分2時13分)の歴史の中で3つの異なるpaschsに言及している。 The first of the three occurs shortly after the baptism of Jesus, the last coincides with His Passion, so that at least two years must have intervened between the two events to give us the necessary room for the passover mentioned in 6:4. Westcott and Hort omit the expression "the pasch" in 6:4 to compress the ministry of Jesus within the space of one year; but all the manuscripts, the versions, and nearly all the Fathers testify for the reading "En de eggysto pascha heeorteton Ioudaion": "Now the pasch, the festival day of the Jews, was near at hand". 3つのうち最初は、まもなくイエスのバプテスマ後に発生し、最後には、 少なくとも2年間は私たちに6時04分に記載されている過越のために必要な余地を与えるために2つのイベントの間に介入している必要がありますので、彼の情熱と一致しているウェストコットとしかし、すべての原稿は、バージョン、およびほぼすべての祖先は読書 "EN DE eggystoパシャheeorteton Ioudaion"の証言、1年​​間の空間内にイエスのミニストリーを圧縮するために6時04分で表現 "pasch"を省略ホート: "今pasch、ユダヤ人の祭りの日には、手元に近くにあった"。 Thus far then everything tends to favour the view of those writers and more recent commentators who extend the period of Christ's ministry a little over two years. But a comparison of St. John's Gospel with the Synoptic Evangelists seems to introduce another pasch, indicated in the Fourth Gospel, into Christ's public life. John 4:45, relates the return of Jesus into Galilee after the first pasch of His public life in Jerusalem, and the same event is told by Mark 1:14, and Luke 4:14.これまでのところ、 すべてはそれらの作家と2年間のキリストのミニストリー少しの期間を延長するより最近のコメンテーターの見解を好む傾向がある。しかし、共観福音書記者と聖ヨハネの福音書の比較はで示されるように、別のpaschを紹介しているようだキリストの公生活に第4福音書、ヨハネ 4:45、エルサレムの彼の公共の人生の最初のpasch後にガリラヤにイエスのリターンをに関し、同じイベントがマーク1:14で語られている、とルーク4時14分。 Again the pasch mentioned in John 6:4 has its parallel in the "green grass" of Mark 6:39, and in the multiplication of loaves as told in Luke 9:12 sqq.再びジョン6:04に記載されているpaschはマーク6時39分の "緑の草"での並列を持っており、パンの乗算でルーク午前9時12 sqq名で言ったように。 But the plucking of ears mentioned in Mark 2:23, and Luke 6:1, implies another paschal season intervening between those expressly mentioned in John 2:13 and 6:4. This shows that the public life of Jesus must have extended over four paschs, so that it must have lasted three years and a few months. Though the Fourth Gospel does not indicate this fourth pasch as clearly as the other three, it is not wholly silent on the question.しかし、マーク2時23分に記載されている耳の摘採、ルカ6:1、明示ジョン2時13分〜6:4で言及されたものとの間に介在する別の復活祭の季節を意 ​​味します。 このショーは、イエスの公生活は4に広がっている必要があることpaschsは、それが3年と数ヶ月続いていなければなりませんように。第四福音書のように明らかに他の3のように、この第四paschを示すものではありませんが、それは質問に完全にサイレントではありません。 The "festival day of the Jews" mentioned in John 5:1, has been identified with the Feast of Pentecost, the Feast of Tabernacles, the Feast of Expiation, the Feast of the New Moon, the Feast of Purim, the Feast of Dedication, by various commentators; others openly confess that they cannot determine to which of the Jewish feasts this festival day refers.ジョン5時01分に記載されている "ユダヤ人の祭りの日"は、聖霊降臨祭の饗宴、仮庵の祭り、罪滅ぼしの饗宴、ニュームーンの饗宴、プリム祭の饗宴、献身の饗宴が発見されました、様々なコメンテーターのものもあれば、率直に、彼らはこのお祭りの日は、ユダヤ人を指すの宴が判別できないことを告白する。 Nearly all difficulties will disappear if the festival day be regarded as the pasch, as both the text (heorte) and John 4:35 seem to demand (cf. Dublin Review, XXIII, 351 sqq.).テキスト(heorte)とジョン4時35分の両方が(参照ダブリンレビュー、XXIII、351 sqq名。)を要求するように見えるようにお祭りの日は、paschとみなすことがあれば、ほぼすべての難しさが消えます。

D. The Public Life of Jesus: His Journeys D.イエスの公生活:彼の旅

The journeys made during His public life may be grouped under nine heads: the first six were mainly performed in Galilee and had Capharnaum for their central point; the last three bring Jesus into Judea without any pronounced central point.彼の公的生活中に行われた旅は、9頭の下にグループ化されることがあります。上半期は、主にガリラヤで実行され、それらの中心点に対してカペナウムを持っていたが、最後の3つは、任意の顕著な中心点なしでユダヤにイエスをもたらす。 We cannot enter into the disputed questions connected with the single incidents of the various groups.我々は、様々なグループの単一事件と接続係争中の質問に入力することはできません。

1. 1。 First Journey.最初の旅。

December, AUC 778 - Spring, 779. 12月、AUCは778 - 春、779。 (Cf. John 1:2; Matthew 3:4; Mark 1; Luke 3:4) (cf.ジョン1:2、マタイ午前3時04分、マーク1、ルカ3:4)

Jesus abandons His hidden life in Nazareth, and goes to Bethania across the Jordan, where He is baptized by John and receives the Baptist's first testimony to His Divine mission.イエスはナザレでの彼の隠された生活を放棄した、と彼はヨハネからバプテスマをお受けになっているヨルダンの向こう側にベタニアに行き、彼の神の使命にバプテストの最初の証言を受け取ります。 He then withdraws into the desert of Judea, where He fasts for forty days and is tempted by the devil.彼はその後、彼が40日間の断食と悪魔に誘惑されるユダヤの砂漠に撤回した。 After this He dwells in the neighbourhood of the Baptist's ministry, and receives the latter's second and third testimony; here too He wins His first disciples, with whom He journeys to the wedding feast at Cana in Galilee, where He performs His first miracle.この後彼はバプテストの部周辺に宿る、後者の2番目と3番目の証言を受け取り、ここであまりにも彼は彼が彼の最初の奇跡を行い、ガリラヤのカナの婚礼の祝宴に彼は旅誰と、彼の最初の弟子を獲得。 Finally He transfers His residence, so far as there can be question of a residence in His public life, to Capharnaum, one of the principal thoroughfares of commerce and travel in Galilee.最後に彼は、これまでにカペナウム、商業、ガリラヤの旅行の主要な大通りのひとつに、彼の公的生活における住居の問題になる場合があるので、彼の住居を移します。

2. 2。 Second Journey. 2番目の旅。

Passover, AUC 779 - about Pentecost, 780.過ぎ越しの祭り、AUCは779 - ペンテコステ、約780。 (Cf. John 2-5; Mark 1-3; Luke 4-7; Matthew 4-9) (cf.ジョン2月5日、1月3日マルコ、ルカ4月7日、マタイ4-9)

Jesus goes from Capharnaum to Jerusalem for the Feast of the Passover; here he expels the buyers and sellers from the Temple, and is questioned by the Jewish authorities.イエスは過越の祭りのためにカペナウムからエルサレムに行き、ここで彼は、寺から買い手と売り手を追い出す、とユダヤ当局によって疑問視されている。 Many believed in Jesus, and Nicodemus came to converse with Him during the night.多くは、イエス様を信じて、ニコデモは、夜の間に彼と会話するようになりました。 After the festival days He remained in Judea till about the following December, during which period He received the fourth testimony from John who was baptizing at Ennon (AV Aenon).祭りの日後、彼はEnnon(AV Aenon)でバプテスマを授けていたジョンから第四の証言を受けている期間中に、次の12月まで約ユダヤに残った。 When the Baptist had been imprisoned in Machaerus, Jesus returned to Galilee by way of Samaria where He met the Samaritan woman at Jacob's well near Sichar; He delayed two days in this place, and many believed in Him.バプテストはMachaerusで投獄されていたとき、イエスはヤコブの井戸の近くにSicharでサマリア人の女性に出会ったサマリアの方法でガリラヤに戻って、彼はこの場所で二日が遅れており、その多くはイエスを信じた。

Soon after His return into Galilee we find Jesus again in Cana, where He heard the prayer who pleaded for the recovery of his dying son in Capharnaum.ガリラヤへ帰国後すぐに我々は彼がカペナウムで彼死ぬ息子の回復のための嘆願の祈りを聞いたカナに再びイエスを見つける。 The rejection of Jesus by the people of Nazareth, whether at this time as, St. Luke intimates, or at a later period, as St. Mark seems to demand, or again both now and about eight months later, is an exegetical problem we cannot solve here.この時点では聖ルカのインナーとして、以降の期間でかどうか、ナザレの人々がイエスの拒絶、サンマルコは、現在と約8ヵ月後に再び需要に思われるとして、または、解釈の問題は我々ですここで解決することはできません。 At any rate, shortly afterwards Jesus is mostly actively engaged in Capharnaum in teaching and healing the sick, restoring among others Peter's mother-in-law and a demoniac.いずれにせよ、まもなくイエスは主に積極的に教え、病人を癒し、とりわけピーターの義母と悪魔に取り付かれた人の回復にカペナウムに従事しています。 On this occasion He called Peter and Andrew, James and John.この機会に彼は、ペテロとアンデレ、ヤコブとヨハネと呼ばれる。 Then followed a missionary tour through Galilee during which Jesus cured a leper; soon he again taught in Capharnaum, and was surrounded by such a multitude that a man sick of the palsy had to be let down through the roof in order to reach the Sacred Presence.するとイエスはらい病を治している間ガリラヤを通じて布教ツアーを追った。間もなく、彼は再びカペナウムで教えられて、麻痺の病人は、神聖な存在に到達するために、屋根を突き破って失望させなければならないというような多数に囲まれていた。 After calling Matthew to the Apostleship, He went to Jerusalem for the second pasch occurring during His public life, it was on this occasion that He healed the man who been sick for thirty-eight years near the pool at Jerusalem.使徒にマシューを呼び出した後、彼は彼の公的生活中に発生した第二paschのためにエルサレムに行ってきました、それは彼がエルサレムのプールの近くに三十八年のために病気になって男を癒したことをこの機会にあった。 The charge of violating the Sabbath and Christ's answer were the natural effects of the miracle.安息日とキリストの答え違反の疑いが奇跡の自然の効果であった。 The same charge is repeated shortly after the pasch; Jesus had returned to Galilee, and the disciples plucked some ripe ears in the corn fields.同じ電荷がまもなくpasch後に繰り返され、イエスはガリラヤに戻っていた、と弟子たちはトウモロコシ畑で完熟したいくつかの耳を羽をむしられた。 The question became more acute in the immediate future; Jesus had returned to Capharnaum, and there healed on the Sabbath day a man who had a withered hand.質問は当面さらに深刻になった;イエスがカペナウムに戻って、安息日に片手のなえた人をそこに癒されていました。 The Pharisees now make common cause with the Herodians in order to "destroy him".パリサイ人たちは現在、 "彼を破壊する"ために、ヘロデ党と共通の原因を作る。 Jesus withdraws first to the Sea of Galilee, where He teaches and performs numerous miracles; then retires to the Mountain of Beatitudes, where He prays during the night, chooses His Twelve Apostles in the morning, and preaches the Sermon on the Mount.イエスは、数多くの奇跡を教えており、実行するガリラヤ湖、への最初の撤回してから、彼は夜の間に祈るビアティチューズの山、に引退し、午前中に彼の十二使徒を選び、山上の垂訓を説く。 He is brought back to Capharnaum by the prayers of the centurion who asks and obtains the of his servant.彼はしもべの要求し、取得した百人隊長の祈りによってカペナウムに戻されます。

3. 3。 Third Journey.第三の旅。

About Pentecost, AUC 780- Autumn, 780.約ペンテコステ、AUCは780 - 秋、780。 (Cf. Luke 7:8; Mark 3:4; Matthew 4, 8, 9, 12, 13) (cf.ルーク7時08分、3時04分マルコ、マタイ4、8、9、12、13)

Jesus makes another missionary tour through Galilee; He resuscitates the son of the widow at Naim, and shortly afterwards receives the messengers sent by John from his prison in Machaerus.彼はナイムで未亡人の息子をresuscitates、そしてまもなくMachaerusで彼の刑務所からジョンによって送られた使者を受信し、イエスはガリラヤを介して他の宣教師のツアーを行います。 Then follows the scene of the merciful reception of the sinful woman who anoints the feet of the Lord while He rests at table in Magdala or perhaps in Capharnaum; for the rest of His missionary tour Jesus is followed by a band of pious women who minister to the wants of the Apostles.伝道ツアーイエスの残りのための大臣への信心深い女性のバンドが続いているし、次に彼はカペナウムでおそらくマグダラのテーブルにかかっている間や、主の足をanoints罪深い女の慈悲レセプションのシーンが、次使徒たちの望んでいる。 After returning to Capharnaum, Jesus expels the mute devil, is charged by the Pharisees with casting out devils by the prince of devils, and encounters the remonstrances of His kinsmen.カペナウムに戻った後、イエスは、ミュート悪魔を吐き出す悪魔のかしらによって悪霊を追い出しとパリサイ人によって充電され、彼の一族のremonstrancesに遭遇した。 Withdrawing to the sea, He preaches what may be called the "Lake Sermon", consisting of seven parables.彼は7つのたとえ話から成る、 "湖の説教"と呼ばれるかもしれないもの、海に説教撤退。

4. 4。 Fourth Journey.第ジャーニー。

Autumn, AUC 780- about Passover, 781.秋、AUCは780 - 過ぎ越しの祭り、781程度。 (Cf. Luke 8:9; Mark 4-6; Matthew 8, 9, 10, 13, 14) (cf.ルーク8時09分、マーク4月6日、マタイ8、9、10、13、14)

After a laborious day of ministry in the city of Capharnaum and on the lake, Jesus with His Apostles crosses the waters.カペナウムの町で、湖に同省の面倒な一日を過ごした後、彼の使徒とイエスが海を渡る。 As a great storm overtakes them, the frightened Apostles awaken their sleeping Master, Who commands the winds and the waves.大きな嵐が彼らを追い越すように、おびえた使徒​​は、風と波を指揮その睡眠のマスターを、目覚めさせる。 Towards morning they meet in the country of the Gerasens, on the east of the lake, two demoniacs.朝に向かって彼らは、湖の東、Gerasensの国で2 demoniacsを満たしています。 Jesus expels the evil spirits, but allows them to enter into a herd of swine.イエスは悪霊を追い出すが、それらは豚の群れの中に入力することができます。 The beasts destroy themselves in the waters of the lake, and frightened inhabitants beg Jesus not to remain among them.獣は湖の水に身を滅ぼす、とおびえた住民は、それらの間で残らないイエスを請う。 After returning to Capharnaum he heals the woman who had touched the hem of His garment, resuscitates the daughter of Jairus, and gives sight to two blind men.カペナウムに戻った後、彼は、彼の衣服の裾を触った女性を癒すヤイロの娘をresuscitatesと、ふたりの盲人に視力を与える。 The second Gospel places here Christ's last visit to and rejection by the people of Nazareth.第二福音はナザレの人々がここにキリストの最後の訪問と拒絶反応を配置します。 Then follows the ministry of the Apostles who are sent two by two, while Jesus Himself makes another missionary tour through Galilee.それから、イエスご自身がガリラヤを介して別の宣教師ツアーを行いますが、2つずつ送られる使徒の大臣に従う。 It seems to have been the martyrdom of John the Baptist that occasioned the return of the Apostles and their gathering around the Master in Capharnaum.それはカペナウムのマスターの周りに使徒とその収集のリターンを引き起こさ洗礼者ヨハネの殉教だったようです。 But, however depressing this event may have been, it did not damp the enthusiasm of the Apostles over their success.しかし、あったかもしれないしかし、このイベントを押し下げ、それが彼らの成功の上に使徒の熱意を減衰させていませんでした。

5. 5。 Fifth Journey.フィフス·ジャーニー。

Spring, AUC 781.春、AUCは781。 (Cf. John 6; Luke 9; Mark 6; and Matthew 14) Jesus invites the Apostles, tired out from their missionary labours, to rest awhile. (cf.ジョン6、ルカ9;マーク6と、マタイによる福音書14)イエスは彼らの布教の労苦から疲れ使徒が、しばらく休ませる誘う。 They cross the northern part of the Sea of Galilee, but, instead of finding the desired solitude, they are met by multitudes of people who had preceded them by land or by boat, and who were eager for instruction.彼らは代わりに、目的の孤独を見つけるのを、彼らは土地によって、またはボートでそれらに先行し、誰が命令に対して熱心だった人々の群衆によって満たされ、ガリラヤ湖の北部を横断しますが、。 Jesus taught them throughout the day, and towards evening did not wish to dismiss them hungry.イエスは一日を通してそれらを教え、夜に向かってそれらは空腹却下たくなかった。 On the other hand, there were only five loaves and two fishes at the disposal of Jesus; after His blessing, these scanty supplies satisfied the hunger of five thousand men, besides women and children, and remnants filled twelve baskets of fragments.一方、イエスの処分で唯一の5つのパンと2匹の魚がいた、彼の祝福の後、これらの乏しい物資は女性と子供以外にも、5000の人の空腹を満たし、そして残りは断片の12のかごにいっぱいになった。 Jesus sent the Apostles back to their boats, and escaped from the enthusiastic multitudes, who wished to make Him king, into the mountain where He prayed till far into the night.イエスは彼らのボートのための使徒を送り返す、と彼は夜に遠くまで祈った山の中に彼を王にしたかった熱狂的な群衆、、から脱出した。 Meanwhile the Apostles were facing a contrary wind till the fourth watch in the morning, when they saw Jesus walking upon the waters.彼らは、イエスが水の上に歩いているのを見たときに一方の使徒は、午前中に第四時計まで逆風に直面していた。 The Apostles first fear, and then recognize Jesus; Peter walks upon the water as long as his confidence lasts; the storm ceases when Jesus has entered the boat.第一の恐怖を使徒、その後イエスを認識し、ピーターは彼の自信が続く限り、水によって歩く、イエスは舟に入ったとき嵐はやみます。 The next day brings Jesus and His Apostles to Capharnaum, where He speaks to the assembly about the Bread of Life and promises the Holy Eucharist, with the result that some of His followers leave Him, while the faith of His true disciples is strengthened.彼の真の弟子たちの信仰が強められたまま次の日、彼の信者の一部は彼を残して、その結果、彼は命のパン約アセンブリに話すと聖体を約束カペナウムにイエスと使徒たちをもたらします。

6. 6。 Sixth Journey.第六ジャーニー。

About May, AUC 781- Sept., 781. 9月、781 - 月、AUCは約781。 (Cf. Luke 9; Mark 7-9; Matthew 14-18; John 7) (cf.ルーク9;マルコ7月9日、マタイ14から18、ヨハネ7)

It may be owing to the enmity stirred up against Jesus by His Eucharistic discourse in Capharnaum that He began now a more extensive missionary tour than He had made in the preceding years of His life.それは、彼は今、彼は彼の人生の前の年の間に作られていたよりも、より広範な布教ツアーを始めたのはカペナウムでの彼の聖体談話によって、イエスに対してかき混ぜ敵意に起因かもしれません。 Passing through the country of Genesar, He expressed His disapproval of the Pharisaic practices of legal purity. Genesarの国を通過し、彼は法的純度のpharisaicの慣行の不満を表明した。 Within the boarders of Tyre and Sidon He exorcized the daughter of the Syrophoenician woman.ツロとシドンの下宿内で彼がSyrophoenician女の娘exorcized。 From here Jesus travelled first towards the north, then towards the east, then south-eastward through the northern part of Decapolis, probably along the foot of the Lebanon, till He came to the eastern part of Galilee.彼はガリラヤの東部に来てまでここから、イエスは、おそらくレバノンの麓に沿って、デカポリスの北部を南東進してから、その後、東に向かって、北に向かって第一旅した。 While in Decapolis Jesus healed a deaf-mute, employing a ceremonial more elaborate than He had used at any of His previous miracles; in the eastern part of Galilee, probably not far from Dalmanutha and Magedan, He fed four thousand men, besides children and women, with seven loaves and a few little fishes, the remaining fragments filling seven baskets.デカポリスイエスに癒されながら、聾唖、彼は彼の前の奇跡のいずれかで使用していたよりも儀式より精巧を採用し、ガリラヤの東部には、おそらくそう遠くないDalmanuthaとMagedanから、彼は子供のほかに、4000人を供給し、女性は、七つのパンといくつかの小さな魚で、残りのフラグメント7バスケットを充填。 The multitudes had listened for three days to the teaching of Jesus, previously to the miracle.群衆は奇跡以前に、イエスの教えを3日間耳を傾けていた。 In spite of the many cures performed by Jesus, during this journey, on the blind, the dumb, the lame, the maimed, and on many others, the Pharisees and Sadducees asked Him for a sign from heaven, tempting Him.イエスによって実行される多くの治療法があるにもかかわらず、この旅の間に、ブラインドで、ダム、ラメは、不具、および多くの他に、パリサイ人とサドカイ人とはイエス誘惑し、天からのしるしのために彼に尋ねた。 He promised them the sign of Jonas the Prophet.彼は彼らにジョナスの符号預言を約束した。 After Jesus and the Apostles had crossed the lake, He warned them to beware of the leaven of the Pharisees; then they passed through Bethsaida Julias where Jesus gave sight to a blind man.イエスと使徒たちが湖を横切った後、彼はパリサイ人のパン種に用心するように警告して、次に、彼らは、イエスが盲人に視力を与えベツサイダのJulias通過。 Next we find Jesus in the confines of Caesarea Philippi, where Peter professes his faith in Christ, the Son of the living God, and in his turn receives from Jesus the promise of the power of the keys.次に私たちは、ペテロがキリストに信仰を公言ピリポ、生ける神の御子の範囲でイエスを見つけて、自分のターンでイエスから鍵の力の約束を受け取る。 Jesus here predicts His passion, and about a week later is transfigured before Peter, James, and John, probably on the top of Mt.Thabor.イエスはここで彼の情熱を予測し、約一週間後おそらくMt.Thaborの上、ペテロ、ヤコブ、ヨハネの前に変貌。 On descending from the mountain, Jesus exorcizes the mute devil whom His disciples had not been able to expel.山から下りで、イエスは弟子たちが除名することができなかったミュート悪魔exorcizes。 Bending his way towards Capharnaum, Jesus predicts His Passion for the second time, and in the city pays the tribute-money for Himself and Peter.カペナウムに向かって自分の道を曲げ、イエスが二度目の彼の情熱を予測し、市内には自分自身とピーターのトリビュート·お金を払っています。 This occasions the discussion as to the greater in the kingdom of heaven, and the allied discourses.この機会に天の御国で大きいのとして議論、および同盟言説。 Finally, Jesus refuses His brethren's invitation to go publicly to the Feast of Tabernacles in Jerusalem.最後に、イエスはエルサレムに仮庵の祭りに公に行くために彼の兄弟の招待を拒否します。

7. 7。 Seventh Journey.セブンスジャーニー。

Sept., AUC 781- December, 781. 9月、AUCは781 - 12、781。 (Cf. Luke 9-13; Mark 10; Matthew 6, 7, 8, 10, 11, 12, 24; John 7-10) (cf.ルーク9月13日、マーク10、マタイ6、7、8、10、11、12、24、ヨハネ7-10)

Jesus now "steadfastly set His face to go Jerusalem", and as the Samaritans refused Him hospitality, He had to take the east of the Jordan.イエスは、今では "断固としてエルサレムに行き、彼の顔を"と、サマリア人は彼におもてなしを拒否したとして、彼はヨルダンの東を取らなければならなかった。 While still in Galilee, He refused the discipleship of several half-hearted candidates, and about the same time He sent other seventy-two, two by two, before His face into every city and place whither He Himself was to come.すべての都市と所定の位置に彼の顔は、彼自身が来ていたどこへ前に、二人ずつ、まだガリラヤにいる間、彼はいくつかの中途半端な候補者の弟子を拒否し、同じくらいの時間、彼は72の他の送信。 Probably in the lower part of Peraea, the seventy-two returned with joy, rejoicing in the miraculous power that had been exercised by them.おそらくPeraeaの下部に、72二人は彼らによって行使された奇跡的な力に歓喜し、喜びをもって帰った。 It must have been in the vicinity of Jericho that Jesus answered the lawyer's question, "Who is my neighbour?"それは、イエスが、弁護士の質問に答えたことがエリコの近くにあったにちがいない "誰が私の隣人ですか?" by the parable of the Good Samaritan.良きサマリア人のたとえ話で。 Next Jesus was received in the hospitable home of Mary and Martha, where He declares Mary to have chosen the better part.次にイエスは彼はメアリーが良い部分を選択したことを宣言しマリアとマルタの手厚い家庭で受信されました。 From Bethania He went to Jerusalem for the Feast of Tabernacles, where he became involved in discussions with the Jews.ベタニアから彼は、彼がユダヤ人との議論に巻き込まれた仮庵の祭りのためにエルサレムに行ってきました。 The Scribes and Pharisees endeavoured to catch Him in the sentence which they asked Him to pronounce in the case of the woman taken in adultery.律法学者とパリサイ人たちは、彼らが姦通で取ら女性の場合に発音するように頼んだ文章で彼をキャッチするために努めました。 When Jesus had avoided this snare, He continued His discussions with the hostile Jews.イエスはこのスネアを避けたときに、彼は敵対的ユダヤ人との彼の議論を継続した。 Their enmity was intensified because Jesus restored sight to a blind man on the Sabbath day.イエスが安息日に盲人の視力を回復するので、それらの反目が激化した。 Jesus appears to have His stay in Jerusalem with the beautiful discourse on the Good Shepherd.イエスは良い羊飼いで美しい談話とエルサレムの彼の滞在を持っているように見えます。 A little later He teaches His Apostles the Our Father, probably somewhere on Mt.少し後に彼はおそらくどこかに山に、私たちの父は、彼の使徒を教えている。 Olivet.オリヴェ。 On a subsequent missionary tour through Judea and Peraea He defends Himself against the charges of Pharisees, and reproves their hypocrisy.ユダヤとPeraeaを通して後続の宣教師のツアーで彼はパリサイ人の罪に対して自分自身を守り、彼らの偽善をたしなめ。 On the same journey Jesus warned against hypocrisy, covetousness, worldly care; He exhorted to watchfulness, patience under contradictions, and to penance.同じ旅にイエスは偽善、どん欲は、世俗的なケアに対して警告し、彼は油断、矛盾の下で忍耐と苦行にexhortedを。 About this time, too, He healed the woman who had the spirit of infirmity.このころは、あまりにも、彼は病弱の精神を持っていた女性を癒した。

8. 8。 Eighth Journey.エイスジャーニー。

December, AUC 781-February, 782. 12月、AUCは781-2月、782。 (Cf. Luke 13-17; John 10:11) The Feast of Dedication brought Jesus again to Jerusalem, and occasioned another discussion with the Jews. (cf.ルーク13から17、ヨハネ10:11)献身の饗宴はエルサレムに再びイエスをもたらし、ユダヤ人と別の議論が引き起こされる。 This is followed by another missionary tour through Peraea, during which Jesus explained a number of important points of doctrine: the number of the elect, the choice of one's place at table, the guests to be invited, the parable of the great supper, resoluteness in the service of God, the parables of the hundred sheep, the lost groat, and the prodigal son, of the unjust steward, of Dives and Lazarus, of the unmerciful servant, besides the duty of fraternal correction, and the efficacy of faith.当選者の数、食卓で座る場所の選択は、ゲストが招待され、偉大な夕食の寓話、意志の堅さ:これは、イエスが教義の重要なポイントの数を説明し、その間Peraea、を介して別の宣教師ツアーが続いている神への奉仕の中で、百匹の羊のたとえ話、失われたグロート、そして兄弟の訂正の義務以外無慈悲なしもべの富める人とラザロの不当なスチュワードの放蕩息子、、、、、、信仰の効能。 During this period, too, the Pharisees attempted to frighten Jesus with the menance of Herod's persecution; on his part, Jesus healed a man who had dropsy, on a Sabbath day, while at table in the house of a certain prince of the Pharisees.この期間の間に、あまりにも、パリサイ人たちはヘロデ王の迫害のmenanceでイエスを驚かすことを試み、彼の部分に、イエスがパリサイ人の特定の王子の家のテーブルにいる間、安息日に、水腫いた男を癒した。 Finally Mary and Martha send messengers to Jesus, asking Him to come and cure their brother Lazarus; Jesus went after two days, and resuscitated His friend who had been several days in the grave.最後にマリアとマーサが来て、彼らの弟ラザロを治すために彼を求めて、イエスに使者を送ってください。イエスは2日後に行くと、墓の中で数日間だった彼の友人を蘇生。 The Jews are exasperated over this miracle, and they decree Jesus must die for the people.ユダヤ人はこの奇跡の上に憤慨しており、彼らは法令イエスは人々のために死ななければならない。 Hence He withdrew "into a country near the desert, unto a city that is called Ephrem".したがって彼は、 "Ephremと呼ばれている都市かれ、砂漠の近くに国に"撤回した。

9. 9。 Ninth Journey.ナインスジャーニー。

February, AUC 782- Passover, 782. 2月、AUCは782 - 過ぎ越しの祭り、782。 (Cf. Luke 17-22; Mark 10, 14; Matthew 19-26; John 11, 12.) (cf.ルーク17から22、マーク10、14、マタイ19から26;ヨハネ11、12)

This last journey took Jesus from Ephrem northward through Samaria, then eastward along the border of Galilee into Peraea, then southward through Peraea, westward across the Jordan, through Jericho, Bethania on Mt.この最後の旅は、エリコ、山にベタニアを通じて、西方ヨルダンを越え、その後南下Peraeaを通じて、Peraeaにガリラヤの境界に沿って東進してから、サマリヤを通って北上Ephremからイエスを取った。 Olivet, Bethphage, and finally to Jerusalem.オリヴェ、Bethphage、最後にエルサレムへ。 While in the most northern part of the journey, He cured ten lepers; a little later, He answered the questions raised by the Pharisees concerning the kingdom of God.旅の中で最も北部にいる間、彼は10ハンセン病患者を治し、少し後に、彼は神の王国に関するパリサイ人たちが提起した質問に答えた。 Then He urged the need of incessant prayer by proposing the parable of the unjust judge; here too belong the parable of the Pharisee and Publican, the discourse on marriage, on the attitude of the Church towards the children, on the right use of riches as illustrated by the story of the rich young ruler, and the parable of the labourers in the vineyard.その後、彼は不当な裁判官のたとえを提案することによって、絶え間ない祈りの必要性を促したが、ここあまりにパリサイ人と居酒屋、結婚に関する言説の寓話に属し、子どもに対する教会の態度に、富としての正しい使い方について豊かな若い支配者の物語、そしてブドウ園の労働者のたとえによって例示。 After beginning His route towards Jerusalem, He predicted His Passion for the third time; James and John betray their ambition, but they are taught the true standard of greatness in the Church.エルサレムに向かって彼のルートを開始した後、彼は三度目の彼の情熱を予測しました。ヤコブとヨハネは彼らの野心を裏切るが、彼らは教会の偉大さの真の標準を教えられています。 At Jericho Jesus heals two blind men, and receives the repentance of Zacheus the publican; here He proposed also the parable of the pounds entrusted to the servants by the master.エリコイエスで2人の盲人を癒す、と居酒屋のZacheusの悔い改めを受け取り、ここで彼はまた、マスタが公務員に委託ポンドのたとえを提案した。

Six days before the pasch we find Jesus at Bethania on Mt.六日pasch前に我々は山にベタニアでイエスを見つける。 Olivet, as the guest of Simon the leper; Mary anoints His feet, and the disciples at the instigation of Judas are indignant at this seeming waste of ointment.サイモンハンセン病患者のゲストとしてオリヴェ、、メアリーは彼の足をanoints、ユダの扇動で、弟子たちは、軟膏のこの見せかけの無駄に憤慨しています。 A great multitude assembles at Bethania, not to see Jesus only but also Lazarus; hence the chief priests think of killing Lazarus too.大群衆は、イエスだけでなく、ラザロを表示しないように、ベタニアで組み立てる;故に、祭司長たちは、あまりにもラザロを殺すのだと思います。 On the following day Jesus solemnly entered Jerusalem and was received by the Hosanna cries of all classes of people.次の日に、イエスは厳粛にエルサレムに入り、人々のすべてのクラスのホサナ叫びによって受信されました。 In the afternoon He met a delegation of Gentiles in the court of the Temple.午後には彼は寺の中庭に、異邦人の代表団に会った。 On Monday Jesus curses the barren fig tree, and during the morning He drives the buyers and sellers from the Temple.月曜日イエスの呪い不毛のイチジクの木の上で、そして午前中に彼は、寺から売り手と買い手を駆動します。 On Tuesday the wonder of the disciples at the sudden withering of the fig tree provokes their Master's instruction on the efficacy of faith.火曜日にいちじくの木の枯れ突然で弟子たちの不思議では信仰の効力に関する彼らのマスターの命令を引き起こす。 Jesus answers the enemies' questions as to His authority; then He proposes the parable of the two sons, of the wicked husbandmen, and of the marriage feast.イエスは、彼の権威のような敵の質問に回答してから、彼は邪悪husbandmanの複数形の、そして結婚披露宴で、二人の息子のたとえ話を提案している。 Next follows a triple snare: the politicians ask whether it is lawful to pay tribute to Caesar; the scoffers inquire whose wife a woman, who has had several husbands, will be after resurrection; the Jewish theologians propose the question: Which is the first commandment, the great commandment of the law?次はトリプルスネアは、次のとおりです。政治家はそれはカエサルに敬意を払うために合法的であるかどうかを尋ねる、あざける者は、その妻の女性は、いくつかの夫を持っていたお問い合わせには、復活した後になるでしょう。ユダヤ人の神学者が質問を提案する:第一の戒めであり、どの、法のいましめ? Then Jesus proposes His last question to the Jews: "What think you of Christ? whose son is he?"それから、イエスはユダヤ人への彼の最後の質問を提案する: "キリストのあなたが何を考えて、その息子である彼?" This is followed by the eightfold woe against the Scribes and Pharisees, and by the denunciation of Jerusalem.これは、律法学者、パリサイ人に対して八重の災いによって、エルサレムの非難が続いている。 The last words of Christ in the Temple were expressions of praise for the poor widow who had made an offering of two mites in spite of her poverty.寺のキリストの最後の言葉は、彼女の貧困にもかかわらず、2ダニの募集をしていた貧しいやもめのために賛美の表現だった。 Jesus ended this day by uttering the prophecies concerning the destruction of Jerusalem, His second coming, and the future judgement; these predictions are interrupted by the parable of the ten virgins and the talents.イエスはエルサレムの破壊に関する予言は、彼の第二は、今後、将来の判断を口にすることで、この日に終了したが、これらの予測は、10処女と才能の比喩によって中断されています。 On Wednesday Jesus again predicted His Passion; probably it was on the same day that Judas made his agreement with the Jews to betray Jesus.水曜日にイエスは再び彼の情熱を予測しました。おそらくそれは、ユダがイエスを裏切るようなユダヤ人と彼の契約をしたのと同じ日にあった。

E. The Passion of Jesus: Its Preparation E.イエスの受難:その準備

Jesus prepares His disciples for the Passion, He prepares Himself for the ordeal and His enemies prepare themselves for the destruction of Jesus.イエスが弟子たちのために情熱を準備し、彼は試練のために自分自身を準備し、彼の敵はイエスの破壊のために自分自身を準備します。

1. 1。 Preparation of the Apostles.使徒の調製。

Jesus prepares His Apostles for the Passion by the eating of the paschal lamb, the institution of the Holy Eucharist, the concomitant ceremonies, and His lengthy discourses held during and after the Last Supper.イエスは、復活祭の子羊、聖体の機関、併用儀式、そして最後の晩餐の間と後に開催された彼の長い談話で食べることによって情熱のために使徒たちを準備します。 Special mention should be made of the prediction of the Passion, and of the betrayal one of the Apostles and the denial by another.特筆は、情熱の予測、そして使徒と別のことで否定の裏切り1で作られるべきである。 Peter, James, and John are prepared in a more particular manner by witnessing the sorrow of Jesus on Mt.ペテロ、ヤコブ、ヨハネは山にイエスの悲しみを目の当たりにすることで、より特定の方法で調製される。 Olivet.オリヴェ。

2. 2。 Preparation of Jesus.イエスの準備。

Jesus must have found an indirect preparation in all He did and said to strengthen His Apostles.イエスは、彼がしたすべての中で間接的に準備を発見し、彼の使徒を強化すると言われている必要があります。 But the preparation that was peculiarly His own consisted in His prayer in the grotto of His Agony where the angel came to strengthen Him.しかし、妙に彼自身だった準備は天使が神を強化するようになった彼の苦悶の洞窟での彼の祈りの中で構成されていました。 The sleep of His favoured Apostles during the hours of His bitter struggle must have prepared Him too for the complete abandonment He was soon to experience.彼の苦闘の時間の間に彼の待遇使徒の睡眠は、彼が体験して間もなくだった完全な放棄のためにあまりにも彼を準備しておく必要があります。

3. 3。 Preparation of the Enemies.敵の準備。

Judas leaves the Master during the Last Supper.ユダが最後の晩餐の時にマスターを残します。 The chief priests and Pharisees hastily collect a detachment of the Roman cohort stationed in the castle of Antonia, of the Jewish temple-watch, and of the officials of the Temple.祭司長たちやパリサイ人たちは急いでユダヤ教寺院ウォッチの、神殿の職員のアントニアの城に駐留するローマのコホートの剥離を収集します。 To these are added a number of the servants and dependents of the high-priest, and a miscellaneous multitude of fanatics with lanterns and torches, with swords and clubs, who were to follow the leadership of Judas.これらにユダの指導に従うことだった剣や棒で、高司祭のしもべと扶養家族の数、提灯や松明を持つ狂信者の雑多な多数追加されています。 They took Christ, bound Him, and led Him to the high-priest's house.彼らは彼を結合した​​、キリストを取って、高司祭の家に彼を導いた。

F. The Passion of Jesus: The Trial F·イエスの受難:トライアル

Jesus was tried first before an ecclesiastical and then before a civil tribunal.イエスは、民事法廷の前にその後教会とする前に、最初に試行されました。

1. 1。 Before Ecclesiastical Court.教会裁判所。

The ecclesiastical trial includes Christ's appearance before Annas, before Caiphas, and again before Caiphas, who appears to have acted in each case as head of the Sanhedrin.教会の裁判はアンナス前、Caiphas前に、再度サンヘドリンの責任者として、それぞれの場合に行動しているように見えCaiphas、前にキリストの外観を備えている。 The Jewish court found Jesus guilty of blasphemy, and condemned Him to death, though its proceedings were illegal from more than one point of view.ユダヤ人の裁判所は冒涜のイエスは有罪とし、その手続はビューの複数の点から違法であっても、死に彼を非難した。 During the trial took place Peter's triple denial of Jesus; Jesus is insulted and mocked, especially between the second and third session; and after His final condemnation Judas despaired and met his tragic death.裁判中にイエスの代わりにピーターのトリプル拒否がかかりました。イエスは侮辱と嘲笑、特に2番目と3番目のセッションの間にされ、そして彼の最終的な非難をした後にユダは絶望し、彼の悲劇的な死に会った。

2. 2。 Before the Civil Court.民事裁判所前。

The civil trial, too, comprised three sessions, the first before Pilate, the second before Herod, the third again before Pilate.民事裁判は、あまりにも、3セッション、ピラトの前の最初の、ヘロデ王の前に第二、ピラトの前に再び三分の一を占めた。 Jesus is not charged with blasphemy before the court of Pilate, but with stirring up the people, forbidding to give tribute to Caesar, and claiming to be Christ the king.しかしイエスは、人々を扇動カエサルに捧げ物を与えることを禁止すると、王キリストであることを主張すると、ピラトの法廷の前に神への冒涜で告発されていません。 Pilate ignores the first two charges; the third he finds harmless when he sees that Jesus does not claim royalty in the Roman sense of the word.ピラトは、最初の2つの電荷を無視し、彼は、イエスが、単語の意味でローマの印税を請求しないことを認識したときに第三は、彼は無害で見つけることができます。

But in order not to incur the odium of the Jewish leaders, the Roman governor sends his prisoner to Herod.しかし、ユダヤ人の指導者の憎悪を負担させないために、ローマの知事は、ヘロデ王に彼の囚人を送信します。 As Jesus did not humour the curiosity of Herod, He was mocked and set at naught by the Tetrarch of Galilee and his court, and sent back to Pilate.イエスはヘロデ王ユーモアの好奇心をしなかったので、彼は嘲笑とセット無駄にガリラヤと彼の裁判所の領主であり、ピラトに送り返された。

The Roman procurator declares the prisoner innocent for the second time, but, instead of setting Him free, gives the people the alternative to choose either Jesus or Barabbas for their paschal freedman.ローマの代理人が二度目のために無実の囚人を宣言しますが、その代わりに彼は自由に設定するのでは、人々に彼らの復活祭のために、イエス·フリードマンやバラバのどちらかを選択するための代替手段を提供します。 Pilate pronounced Jesus innocent for the third time with the more solemn ceremony of washing his hands; he had recourse to a third scheme of ridding himself of the burden of pronouncing an unjust sentence against his prisoner.彼の手を洗うのより厳粛な儀式との三度目の無実ピラト顕著イエス、彼は囚人に対して不当な有罪の言渡をする負担をなくし自身の第3の方式に頼ることがあった。 He had the prisoner scourged, thus annihilating, as far as human means could do so, any hope that Jesus could ever attain to the royal dignity.こうして彼は限り人間の手段は、そう、イエスはかつて王家の尊厳を達成することができることすべての希望を行うことができますように、抹殺、むち打た囚人を持っていた。 But even this device miscarried, and Pilate allowed his political ambition to prevail over his sense of evident justice; he condemned Jesus to be crucified.しかし、このデバイスは、流産、そしてピラトは彼の政治的野心が明らか​​に正義の感覚に優先することができ、彼は十字架につけるためにイエスを非難した。

G. The Passion of Jesus: His Death G.イエスの受難:彼の死

Jesus carried His Cross to the place of execution.イエスが処刑場に十字架を運んだ。 Simon of Cyrene is forced to assist Him in bearing the heavy burden.キュレネのシモンは、重い負担をベアリングで彼を支援するために強制されます。 On the way Jesus addresses his last words to the weeping women who sympathized with His suffering.途中、イエスは、彼の苦しみに同情泣き女性に彼の最後の言葉に対応しています。 He is nailed to the Cross, his garments are divided, and an inscription is placed over His head.彼は、十字架に釘付けされている彼の衣服は分割され、碑文は、彼の頭の上に置かれる。 While His enemies mock Him, He pronounces the well-known "Seven Words".彼の敵は彼を馬鹿にしながら、彼はよく知られている "七つの言葉"を発音する。 Of the two robbers crucified with Jesus, one was converted, and the other died impenitent.イエスと一緒に十字架につけられた2人の強盗のうち、一方が変換され、もう一方は改心し死亡した。 The sun was darkened, and Jesus surrendered His soul into the hands of His Father.太陽は暗くなり、イエスは彼の父の手に彼の魂を明け渡した。 The veil of the Temple was rent into two, the earth quaked, the rocks were riven, and many bodies of the saints that had slept arose and appeared to many.神殿の幕が二つに裂けた、地球はquaked、岩が引き裂かれ、眠っていた多くの聖徒​​たちの体は立って、多くの人に登場しました。 The Roman centurion testified that Jesus was indeed the Son of God.ローマの百人隊長は、イエスが本当に神の子であると証言した。 The Heart of Jesus was pierced so as to make sure of His death.彼の死を確認するために、イエスの心はそう貫いた。 The Sacred Body was taken from the Cross by Joseph of Arimathea and Nicodemus, and was buried in the new sepulchre of Joseph, and the Sabbath drew near.神聖なボディは、アリマタヤのヨセフとニコデモによって十字架から取られた、とヨセフの新しい墓に葬られ、安息日が近づいた。

H. The Glory of Jesus H·イエスの栄光

After the burial of Jesus, the holy women returned and prepared spices and ointments.イエスの埋葬の後、聖なる女性が返され、スパイスや軟膏を用意しました。 The next day, the chief priests and Pharisees made the sepulchre secure with guards, sealing the stone.翌日、祭司長たちやパリサイ人たちは、石をシール、ガード付き墓が安全で作りました。 When the Sabbath was passed, the holy women brought sweet spices that they might anoint Jesus.安息日が渡された場合には、神聖な女性は、彼らがイエスに塗るかもしれないという甘いスパイスをもたらした。 But Jesus rose early the first day of the week, and there was a great earthquake, and an angel descended from heaven, and rolled back the stone.しかし、イエスは早い週の最初の曜日を上昇し、大きな地震が起こった、と天使が天から下って、石をロールバックしました。 The guards were struck with terror, and became as dead men.ガードは恐怖に心を打たれ、死人のようになった。 On arriving at the sepulchre the holy women found the grave empty; Mary Magdalen ran to tell the Apostles Peter and John, while the other women were told by an angel that the Lord had arisen from the dead.墓に着くと聖なる女性は空の墓を発見し、他の女性たちが、主は死者の中から生じていたことを天使によって告げられながら、マグダラのマリアは、使徒ペテロとヨハネを伝えるために走った。 Peter and John hasten to the sepulchre, and find everything as Magdalen has reported.ペテロとヨハネは墓に早めると、マグダレンが報告されているようなものすべてを見つける。 Magdalen too returns, and, while weeping at the sepulchre, is approached by the arisen Saviour Who appears to her and speaks with her.マグダレンも返して、、墓に泣きながら、彼女に現れ、彼女と話す生じ救い主が近づいています。 On the same day Jesus appeared to the other holy women, to Peter, to the two disciples on their way to Emmaus, and to all the Apostles excepting Thomas.同じ日に、イエスはエマオに向かう途中の二人の弟子に、トーマスを除くすべての使徒に、ペテロに、他の神聖な女性に見えた。 A week later He appeared to all the Apostles, Thomas included; later still He appeared in Galilee near the Lake of Genesareth to seven disciples, on a mountain in Galilee to a multitude of disciples, to James, and finally to His disciples on the Mount Olivet whence He ascended into heaven.一週間後に彼はすべての使徒に現れ、トーマスが含まれ、それ以降、まだ彼が山で弟子たちにようやくジェームズに、弟子たちの多くにガリラヤの山で、7弟子たちにGenesarethのガリラヤ湖の近くに出現し、 Olivetのwhenceは彼が天に昇っている。 But these apparitions do not exhaust the record of the Gospels, according to which Jesus showed Himself alive after His Passion by many proofs, for forty days appearing to the disciples and speaking of the kingdom of God.しかし、これらの出現は、弟子たちに現れ、神の国といえば40日間、イエスが多くの証拠によって彼の情熱の後に彼自身が生きて見せ、それによれば、福音書の記録が不足しない。

Publication information Written by AJ Maas. AJマースによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 In Memory of Archbishop Mathew Kavukatt The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.大司教マシューKavukattカトリックの百科事典、ボリュームⅧ偲んで。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです