Saint John Chrysostom聖ヨハネクリュソスト

Advanced Information 高度情報

(c.346-407 AD) (c.346-407 AD)の

John Chrysostom, c.346-407, was patriarch of Constantinople and one of the four great Eastern Fathers of the Church.ヨハネクリュソストモス、c.346-407は、コンスタンティノープル総主教は、教会の四大東部の祖先の一人だった。 The son of Christian parents, John was educated in rhetoric and later in theology by Diodore of Tarsus.クリスチャンの両親の息子は、ジョンがタルススのDiodoreによって神学におけるレトリックとそれ以降で教育を受けた。 Feeling a call to the monastic life, he practiced a strict asceticism at home and later retreated to a mountainous area, after suffering damage to his health.修道生活への呼び出しを感じたので、彼は自宅で厳しい禁欲主義を実践し、それ以降の彼の健康に被害を受けた後、山岳地帯に退いた。 On his return to Antioch, he was ordained deacon (381) and priest (386).アンティオキアへの彼のリターンに、彼は助祭(381)と僧侶(386)を任命された。 His bishop, Flavian, appointed him to preach, a duty that he discharged with skill, and he acquired a large popular following in the next 12 years.彼の司教、フラウィウスは、彼が、彼はスキルと共に排出義務を説くために任命され、彼は次の12年間で大きな人気以下を取得しました。

In 398, John was consecrated as patriarch of Constantinople. 398年に、ジョンはコンスタンティノープル総主教として聖別された。 He administered the diocese with fidelity and courage, especially in a series of reforms.彼は、特に一連の改革で、再現性と勇気をもって教区を投与した。 An ascetic in an age of luxury, John was unable to be subservient to the emperor Arcadius and his wife, Eudoxia.贅沢の時代に禁欲的な、ジョンは皇帝Arcadiusと彼の妻、Eudoxia卑屈になることができませんでした。 His tactlessness and idealism united the opposition against him, and he was condemned and deposed at the illegal Synod of the Oaks in 403.彼の要領の悪さと観念論ユナイテッド彼に対する反対、彼は403のオークスの違法宗教会議で非難され、解任された。 After a brief return to Constantinople, he angered the empress again and was forced to leave the city in 404.コンスタンティノープルを簡単に復帰した後、彼は再び皇后を怒らせたと404で街を離れることを余儀なくされた。 He died on an enforced journey to Pontus.彼はポントスに強制旅に死亡した。 Feast day: Nov. 13 (Eastern); Sept. 13 (Western).祝日:11月13日(東部); 9月13日(洋食)。

A writer of pure, almost Attic style, John is one of the most attractive of the Greek preachers, and his eloquence gained him the name of Chrysostom (Golden Mouth).純粋な、ほぼ屋根裏スタイルの作家、ジョンはギリシャ語の説教の中で最も魅力の一つであり、彼の雄弁は彼にクリュソストモス(黄金の口)の名前をあげました。 Most of his writings are in sermon form.彼の文章のほとんどは、説教の形である。 Homilies survive on Genesis, Psalms, Isaiah, Matthew, John, Romans, Galatians, 1 and 2 Corinthians, Ephesians, Philippians, Colossians, Timothy, Titus, and Philemon.発するのは創世記、詩篇、イザヤ書、マタイ、ヨハネ、ローマ人への手紙、ガラテヤ人への手紙、1と2コリント、エペソ、ピリピ、コロサイ人への手紙、ティモシー、タイタス​​、およびフィレモンに生き残る。

Ross Mackenzieロスマッケンジー

Bibliography: Baur, Chrysostomus, John Chrysostom and His Times, trans.参考文献:バウアー、Chrysostomus、ヨハネクリュソストモスとその時代、トランスです。 by M. Gonzaga, 2 vols. M·ゴンザーガ、2 vols学で。 (1960-61). (1960年から1961年)。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

St. John Chrysostom聖ヨハネクリュソストモス

Catholic Information カトリックの情報

(Chrysostomos, "golden-mouthed" so called on account of his eloquence). (クリュソストモス、 "黄金の口"ので、彼の雄弁上のアカウントと呼ばれます)。 Doctor of the Church, born at Antioch, c.アンティオキア、cで生まれた教会博士、。 347; died at Commana in Pontus, 14 September, 407. 347;ポントスにCommanaで亡くなった、9月14日、407。

John -- whose surname "Chrysostom" occurs for the first time in the "Constitution" of Pope Vigilius (cf. PL, LX, 217) in the year 553 -- is generally considered the most prominent doctor of the Greek Church and the greatest preacher ever heard in a Christian pulpit.ジョン - 姓 "クリュソストモス"は年間553教皇Vigiliusの "憲法"(cf.ポーランド、LX、217)で初めて発生した - は、一般的に、ギリシャの教会の中で最も著名な医師と最大と考えられている説教者はかつてキリスト教の説教壇に聞いた。 His natural gifts, as well as exterior circumstances, helped him to become what he was.彼の自然の贈り物だけでなく、外部の状況は、彼が何であったかになることができました。

I. LIFE I. LIFE

(1) Boyhood (1)少年時代

At the time of Chrysostom's birth, Antioch was the second city of the Eastern part of the Roman Empire.クリュソストモスの誕生の時に、アンティオキアは、ローマ帝国の東側の第二の都市であった。 During the whole of the fourth century religious struggles had troubled the empire and had found their echo at Antioch.四世紀の全体の間に宗教的な闘争は、帝国を悩んでいたとアンティオキアで自分のエコーを見つけた。 Pagans, Manichaeans, Gnostics, Arians, Apollinarians, Jews, made their proselytes at Antioch, and the Catholics were themselves separated by the schism between the bishops Meletius and Paulinus.異教徒は、マニ教徒、グノーシス派、アリウス派、Apollinarians、ユダヤ人、アンティオキアで彼らの改宗者を作って、カトリック教徒は司教メレチウスとパウリヌス間の分裂によって、自分自身を分離した。 Thus Chrysostom's youth fell in troubled times.したがってクリュソストモスの若者は混沌とした時代に落ちた。 His father, Secundus, was an officer of high rank in the Syrian army.彼の父親は、セクンドゥスは、シリア軍の高ランクの役員であった。 On his death soon after the birth of John, Anthusa, his wife, only twenty years of age, took the sole charge of her two children, John and an elder sister.彼の死で間もなくジョン、Anthusa、彼の妻の誕生後、年齢だけ20歳は、彼女の二人の子供、ジョンと姉の唯一の担当した。 Fortunately she was a woman of intelligence and character.幸いなことに、彼女は知性と性格の女性だった。 She not only instructed her son in piety, but also sent him to the best schools of Antioch, though with regard to morals and religion many objections could be urged against them.彼女は彼らに押し付けできた道徳と宗教の多くの異議に関しても、信心深さで息子を指示するだけでなく、アンティオキアの最高の学校に彼を送っただけではなく。 Beside the lectures of Andragatius, a philosopher not otherwise known, Chrysostom followed also those of Libanius, at once the most famous orator of that period and the most tenacious adherent of the declining paganism of Rome. Andragatius、さもなければ知られていない哲学の講義のほかに、クリュソストモスは、その期間の最も有名な演説、ローマの衰退異教の最も粘り強い接着一度、またLibaniusのものを追った。 As we may see from the later writings of Chrysostom, he attained then considerable Greek scholarship and classical culture, which he by no means disowned in his later days.我々はクリュソストモスの後の記述からもわかるように、彼はその後かなりのギリシャ語の奨学金と古典文化、彼の後の日で勘当まさかの彼。を達成 His alleged hostility to classical learning is in reality but a misunderstanding of certain passages in which he defends the philosophia of Christianity against the myths of the heathen gods, of which the chief defenders in his time were the representatives and teachers of the sophia ellenike (see A. Naegele in "Byzantin. Zeitschrift", XIII, 73-113; Idem, "Chrysostomus und Libanius" in Chrysostomika, I, Rome, 1908, 81-142).古典的な学習への容疑敵意が現実にあるが、彼の時間のチーフ守備ソフィアellenike(参照の代表者や教師そのうち彼は異教徒の神々の神話に対してキリスト教のphilosophiaを擁護している一定の通路の誤解、 "Byzantin Zeitschrift"、XIII、73から113のA. Naegele、同上、 "ChrysostomusウントLibanius" Chrysostomika、私は、ローマ、1908年、81から142に)。

(2) Chrysostom as Lector and Monk (2)クリュソストモスとして講師とモンク

It was a very decisive turning-point in the life of Chrysostom when he met one day (about 367) the bishop Meletius.彼は1日(約367)の司教メレチウスに会ったとき、それはクリュソストモスの生活の中で非常に決定的なターニングポイントだった。 The earnest, mild, and winning character of this man captivated Chrysostom in such a measure that he soon began to withdraw from classical and profane studies and to devote himself to an ascetic and religious life.この男の、本格的軽度の、そして勝利の文字が、彼はすぐに古典と俗の研究から撤退すると禁欲的な、宗教的な生活に専念するために始めたのはこのような措置にクリュソストモスを魅了した。 He studied Holy Scripture and frequented the sermons of Meletius.彼は教典を学び、メレチウスの説教を頻繁に。 About three years later he received Holy Baptism and was ordained lector.約3年後、彼は聖霊のバプテスマを受け、講師任命された。 But the young cleric, seized by the desire of a more perfect life, soon afterwards entered one of the ascetic societies near Antioch, which was under the spiritual direction of Carterius and especially of the famous Diodorus, later Bishop of Tarsus (see Palladius, "Dialogus", v; Sozomenus, "Hist. eccles.", VIII, 2).しかし、より完璧な人生の願望によって押収された若い聖職者は、その後間もなくCarteriusの精神的な方向性の下にあったアンティオキアの近くに禁欲的な社会の一つであり、特に有名なのディオドロス、タルソの後ビショップ(パラディウスを参照して、 "入力Dialogus。 "、V; Sozomenus、"シーッエクルズ "、VIII、2)。 Prayer, manual labour and the study of Holy Scripture were his chief occupations, and we may safely suppose that his first literary works date from this time, for nearly all his earlier writings deal with ascetic and monastic subjects [cf.祈り、肉体労働や教典の研究は、彼の主な職業であった、そして我々は安全にほぼすべての彼の以前の文章は、この時から、彼の最初の文学作品の日付は、禁欲主義者や修道士の科目[cfで対処することがありますと仮定。 below Chrysostom writings: (1) "Opuscuia"].クリュソストモスの文章以下の(1) "Opuscuia"]。 Four years later, Chrysostom resolved to live as an anchorite in one of the caves near Antioch. 4年後、クリュソストモスは、アンティオキアの近くの洞窟の一つで世捨て人として生きることを決意した。 He remained there two years, but then as his health was quite ruined by indiscreet watchings and fastings in frost and cold, he prudently returned to Antioch to regain his health, and resumed his office as lector in the church.彼はそこに2年残ったが、彼の健康状態はかなり霜と寒さの中に不謹慎なwatchingsとfastingsによって台無しにされたとして、その後、彼は慎重に彼の健康を取り戻すためにアンティオキアに帰り、教会で講師として彼の事務所を再開した。

(3) Chrysostom as Deacon and Priest at Antioch (3)ディーコンとしてクリュソストモスとアンティオキアでプリースト

As the sources of the life of Chrysostom give an incomplete chronology, we can but approximately determine the dates for this Aniochene period.クリュソストモスの生命の源が不完全な年表を与えるように、我々はしかし、約このAniochene期間の日付を決定することができます。 Very probably in the beginning of 381 Meletius made him deacon, just before his own departure to Constantinople, where he died as president of the Second Ecumenical Council.非常におそらく381メレチウスの初めにちょうど彼が第二公会議の会長として死亡したコンスタンティノープルへの彼自身の出発前に、彼の助祭た。 The successor of Meletius was Flavian (concerning whose succession see F. Cavallera, "Le Schime d'Antioche", Paris, 1905).メレチウスの後継者(その承継F. Cavallera、 "ルSchime D'Antioche"、パリ、1​​905年を参照してくださいについて)フラウィウスだった。 Ties of sympathy and friendship connected Chrysostom with his new bishop.同情と友情の絆は彼の新しい司教クリュソストモスを接続した。 As deacon he had to assist at the liturgical functions, to look after the sick and poor, and was probably charged also in some degree with teaching catechumens.助祭として、彼は、典礼機能で支援するために、病人や貧しい人々の世話をしなければならなかった、そしておそらく指導をcatechumensとある程度でも起訴された。 At the same time he continued his literary work, and we may suppose that he composed his most famous book, "On the Priesthood", towards the end of this period (c. 386, see Socrates, "Hist. eccl.", VI, 3), or at latest in the beginning of his priesthood (c. 387, as Nairn with good reasons puts it, in his edition of "De Sacerd.", xii-xv).彼は彼の文学の仕事を続け、私たちは "神権で"、彼は彼の最も有名な本を構成することがありますと仮定同時に、この期間(紀元前386の終わりに向かって、ソクラテスは、 "シーッ。eccl"を参照してくださいは、VI 、3)、または遅くとも彼の聖職者の初め(紀元前387、正当な理由のあるネアンとしての彼の版では、それを置く "デSacerd。" XII-XV)インチ There may be some doubt if it was occasioned by a real historical fact, viz., that Chrysostom and his friend Basil were requested to accept bishoprics (c. 372).それが本当の歴史的事実、すなわちによって引き起こされた場合。、クリュソストモスと彼の友人のバジルが司教(紀元前372)を受け入れるように要求されたことをいくつかの疑問があるかもしれません。 All the earliest Greek biographers seem not to have taken it in that sense.すべて最古のギリシャの伝記作家は、その意味でそれを撮影していないように見える。 In the year 386 Chrysostom was ordained priest by Flavian, and from that dates his real importance in ecclesiastical history.年間386クリュソストモスにフラウィウスによって司祭に叙階され、教会の歴史の中で彼の本当の重要性をさかのぼることからだった。 His chief task during the next twelve years was that of preaching, which he had to exercise either instead of or with Bishop Flavian.次の12年の間に彼の主な任務は、彼はどちらかの代わりに、またはビショップフラウィウスと行使しなければならなかった説教のことでした。 But no doubt the larger part of the popular religious instruction and education devolved upon him.しかし、誰が彼に権限を委譲された人気のある宗教教育と教育の大部分を疑う。 The earliest notable occasion which showed his power of speaking and his great authority was the Lent of 387, when he delivered his sermons "On the Statues" (PG, XLVIII, 15, xxx.).彼は(PG、XLVIII、15、XXX) "像について"彼の説教をするときに言えば自分の力と彼の偉大な権威を示した最古の注目すべき出来事は、387の四旬節だった。 The people of Antioch, excited by the levy of new taxes, had thrown down the statues of Emperor Theodosius.新税の賦課により励起されたアンティオキアの人々は、皇帝テオドシウスの彫像をスローダウンしていた。 In the panic and fear of punishment which followed, Chrysostom delivered a series of twenty or twenty-one (the nineteenth is probably not authentic) sermons, full of vigour, consolatory, exhortative, tranquilizing, until Flavian, the bishop, brought back from Constantinople the emperor's pardon.続いて罰のパニックと恐怖の中で、クリュソストモスフラウィウス、司教は、コンスタンチノープルから持ち帰ったまでは、鎮静、元気いっぱい20または20 - オン(第十九はおそらく本物ではありません)説教シリーズ、慰問、激励のを納入天皇の恩赦。 But the usual preaching of Chrysostom consisted in consecutive explanations of Holy Scripture.しかしクリュソストモスのいつもの説教は教典の連続した​​説明で構成されていました。 To that custom, unhappily no longer in use, we owe his famous and magnificent commentaries, which offer us such an inexhaustible treasure of dogmatic, moral, and historical knowledge of the transition from the fourth to the fifth century.そのカスタムに、不幸にもはや使用中で、私たちは私たちに、独断的な道徳的、および第四から五世紀への移行の歴史的な知識のような尽きることのない宝を提供している、彼の有名な、壮大な論評を借りている。 These years, 386-98, were the period of the greatest theological productivity of Chrysostom, a period which alone would have assured him for ever a place among the first Doctors of the Church.これらの年は、386から98までは、クリュソストモス、一人で教会の最初の医師の間で行われ、これまで彼を保証したであろう時代の最も偉大な神学的な生産性の期間だった。 A sign of this may be seen in the fact that in the year 392 St. Jerome already accorded to the preacher of Antioch a place among his Viri illustres ("De Viris ill.", 129, in PL, XXIII, 754), referring expressly to the great and successful activity of Chrysostom as a theological writer.この記号は年間で392聖ジェローム既に言及、アンティオキアの彼の説教Viriのillustres間の場所(PL、XXIII、754では "デViris病気。"、129)に与えているという事実に見られるかもしれない明示的に神学的な作家としてクリュソストモスの偉大な成功活動へ。 From this same fact we may infer that during this time his fame had spread far beyond the limits of Antioch, and that he was well known in the Byzantine Empire, especially in the capital.この同じ事実から、我々はこの時間の間に彼の名声は遠くアンティオキアの限界を超えて広がっていたことを、彼はよく、特に首都で、ビザンチン帝国で知られていたことを推測することができる。

(4) St. Chrysostom as Bishop of Constantinopleコンスタンチノープルの司教として(4)聖クリュソストモス

In the ordinary course of things Chrysostom might have become the successor of Flavian at Antioch.物事の通常の過程でクリュソストモスでアンティオキアフラウィウスの後継者になったかもしれません。 But on 27 September 397, Nectarius, Bishop of Constantinople, died.しかし、9月27日397に、Nectarius、コンスタンティノープルの司教は、死亡した。 There was a general rivalry in the capital, openly or in secret, for the vacant see.空席が見るための資本の一般的な競争は、公然とまたは密かに、ありました。 After some months it was known, to the great disappointment of the competitors, that Emperor Areadius, at the suggestion of his minister Eutropius, had sent to the Prefect of Antioch to call John Chrysostom out of the town without the knowledge of the people, and to send him straight to Constantinople.数ヵ月後、それは天皇Areadiusが、彼の大臣Eutropiusの提案で、人々の知識がなくても町のヨハネクリュソストを呼び出すためにアンティオキアのPrefect、とに送られたことが、競合他社の大きな失望に、知られていたコンスタンティノープルに彼はまっすぐに送信します。 In this sudden way Chrysostom was hurried to the capital, and ordained Bishop of Constantinople on 26 February, 398, in the presence of a great assembly of bishops, by Theophilus, Patriarch of Alexandria, who had been obliged to renounce the idea of securing the appointment of Isidore, his own candidate.クリュソストモスが固定のアイデアを放棄することを余儀なくされていたテオフィロス、アレクサンドリアの総主教によって、資本へ急いだ、と26日に司教の偉大なアセンブリの存在下で2月、398、コンスタンティノープルの司教に叙階されたこの突然の方法でイシドールの任命、彼自身の候補者。 The change for Chrysostom was as great as it was unexpected.クリュソストモスの変更は、それが予期していなかったほど素晴らしかった。 His new position was not an easy one, placed as he was in the midst of an upstart metropolis, half Western, half Oriental, in the neighbourhood of a court in which luxury and intrigue always played the most prominent parts, and at the head of the clergy composed of most heterogeneous elements, and even (if not canonically, at least practically) at the head of the whole Byzantine episcopate.彼の新しい位置は、彼が成り上がりの大都市、半分西部、半分東洋の真っ只中で、常に最も顕著な部分を演じた豪華さと陰謀には裁判所の近所に、との頭にあったように配置された簡単なものではありませんでした聖職者は、全体のビザンチンbishopの頭に(いない場合は標準的には、少なくとも実質的に)でも、最も異質の要素で構成します。 The first act of the new bishop was to bring about a reconciliation between Flavian and Rome.新しい司教の最初の行動は、フラウィウスとローマの間の和解をもたらすことでした。 Constantinople itself soon began to feel the impulse of a new ecclesiastical life.自分自身をコンスタンティノープルはすぐに新しい教会の生命の衝動を感じるようになった。

The necessity for reform was undeniable.改革の必要性が否定できなかった。 Chrysostom began "sweeping the stairs from the top" (Palladius, op. cit., v).クリュソストモス(パラディウス、前掲書、v)は "上から階段をスイープ"を開始しました。 He called his oeconomus, and ordered him to reduce the expenses of the episcopal household; he put an end to the frequent banquets, and lived little less strictly than he had formerly lived as a priest and monk.彼はoeconomusと呼ばれ、米国聖公会の家計の経費を削減するために彼を命じ、彼は頻繁に宴会に終止符を打つ、彼は以前は司祭と修道士として生きていたよりも少し厳密に住んでいた。 With regard to the clergy, Chrysostom had at first to forbid them to keep in their houses syneisactoe, ie women housekeepers who had vowed virginity.聖職者に関しては、クリュソストモスは、彼らの家のsyneisactoe、処女を誓ったすなわち女性の家政婦を保つために禁止する第一でなければならなかった。 He also proceeded against others who, by avarice or luxury, had given scandal.彼はまた、強欲や豪華で、スキャンダルを与えていた、他の人に対して進んだ。 He had even to exclude from the ranks of the clergy two deacons, the one for murder and the other for adultery.彼は聖職者2執事、殺人、姦通のための他のための1のランクから除外することさえありました。 Of the monks, too, who were very numerous even at that time at Constantinople, some had preferred to roam about aimlessly and without discipline.でも、コンスタンティノープルで、その時点で非常に多くの僧侶たちがあまりにも、、のうち、一部は約あてもなく、規律なしに歩き回ること好んでいた。 Chrysostom confined them to their monasteries.クリュソストモスは彼らの修道院に閉じ込められた。 Finally he took care of the ecclesiastical widows.最後に彼は教会の未亡人の世話をした。 Some of them were living in a worldly manner: he obliged them either to marry again, or to observe the rules of decorum demanded by their state.そのうちのいくつかは、世俗的な方法で生活していた:彼はそれらのいずれか再婚したり、それらの状態によって要求礼儀作法のルールを遵守する義務を負う。 After the clergy, Chrysostom turned his attention to his flock.聖職者の後、クリュソストモスは彼の群れに目を向けた。 As he had done at Antioch, so at Constantinople and with more reason, he frequently preached against the unreasonable extravagances of the rich, and especially against the ridiculous finery in the matter of dress affected by women whose age should have put them beyond such vanities.彼はアンティオキアで行われていたようなので、コンスタンティノープルと、より多くの理由で、彼は頻繁に豊かなの不合理のextravagances説教に対して、特に年齢がそのような洗面化粧台を超えて、それらを入れているはずの女性の影響を受けドレスのうちにとんでもない華美な装飾品に反対。 Some of them, the widows Marsa, Castricia, Eugraphia, known for such preposterous tastes, belonged to the court circle.そのうちのいくつかは、そのような非常識な味で知られる未亡人マルサ、Castricia、Eugraphiaは、裁判所のサークルに属していた。 It seems that the upper classes of Constantinople had not previously been accustomed to such language.それは、コンスタンティノープルの上流階級は、以前にそのような言語に慣れていなかったようだ。 Doubtless some felt the rebuke to be intended for themselves, and the offence given was the greater in proportion as the rebuke was the more deserved.確かにいくつかは、彼ら自身のために意図される非難を感じ、非難に値するがよりあったように与えられた罪は比例して大きかった。 On the other hand, the people showed themselves delighted with the sermons of their new bishop, and frequently applauded him in the church (Socrates, "Hist. eccl." VI).一方、人々は彼ら自身が彼らの新しい司教の説教を喜んで見せ、頻繁に(ソクラテスは、 "シーッ。eccl。" VI)の教会で彼を称賛した。 They never forgot his care for the poor and miserable, and that in his first year he had built a great hospital with the money he had saved in his household.彼らは貧しく、惨めのための彼のケアを決して忘れなかったし、彼の最初の年に彼は彼が彼の家庭で貯めたお金で大きな病院を建てた。 But Chrysostom had also very intimate friends among the rich and noble classes.しかしクリュソストモスは、豊かで高貴な階級の間でも非常に親密な友人を持っていた。 The most famous of these was Olympias, widow and deaconess, a relation of Emperor Theodosius, while in the Court itself there was Brison, first usher of Eudoxia, who assisted Chrysostom in instructing his choirs, and always maintained a true friendship for him.裁判所で、それ自体が彼の合唱団に指示でアシストクリュソストモスBrison、Eudoxiaの最初の先駆けとなりましたし、常に彼のために真の友情を維持しながら、これらの中で最も有名なのは、オリンピア、未亡人と執事、皇帝テオドシウスの関係だった。 The empress herself was at first most friendly towards the new bishop.皇后自身は新しい司教に向けた最初の最も友好的であった。 She followed the religious processions, attended his sermons, and presented silver candlesticks for the use of the churches (Socrates, op. cit., VI, 8; Sozomenus, op. cit., VIII, 8).彼女は、宗教的な行列に続いて彼の説教に出席し、教会の利用(ソクラテス、前掲、VI、8。; Sozomenus、前掲、第VIII、8)の銀の燭台を提示した。

Unfortunately, the feelings of amity did not last.残念なことに、友好の気持ちは続かなかった。 At first Eutropius, the former slave, now minister and consul, abused his influence.第一Eutropiusで、元奴隷、今大臣及び領事は、彼の影響力を乱用した。 He deprived some wealthy persons of their property, and prosecuted others whom he suspected of being adversaries of rivals.彼は、自分の財産の一部の裕福な人を奪われ、彼はライバルの敵と疑われる人を起訴した。 More than once Chrysostom went himself to the minister (see "Oratio ad Eutropium" in PG, Chrys. Op., III, 392) to remonstrate with him, and to warn him of the results of his own acts, but without success.複数回クリュソストモスは彼をいさめるために、そして彼自身の行為の結果が、成功せずに彼に警告するために(PG、クリス。オペアンプ。、Ⅲ、392の "Oratio広告Eutropium"を参照)大臣に身を行ってきました。 Then the above-named ladies, who immediately surrounded the empress, probably did not hide their resentment against the strict bishop.その後すぐに皇后を囲ん上で指名された女性は、おそらく厳しい司教に対する彼らの憤りを隠さなかった。 Finally, the empress herself committed an injustice in depriving a widow of her vineyard (Marcus Diac., "Vita Porphyrii", V, no. 37, in PG, LXV, 1229).最後に、皇后自身は彼女のブドウ園(マーカスダイアック。 "ヴィータPorphyrii"、Vなし37、PG内、65、1229)の未亡人を奪うに不正を犯した。 Chrysostom interceded for the latter.クリュソストモスは、後者のためinterceded。 But Eudoxia showed herself offended.しかしEudoxiaは自身が腹を示した。 Henceforth there was a certain coolness between the imperial Court and the episcopal palace, which, growing little by little, led to a catastrophe.今後は少しずつ成長して、朝廷と聖公会宮殿の間に一定の涼しさは、大惨事にそこに導かれました。 It is impossible to ascertain exactly at what period this alienation first began; very probably it dated from the beginning of the year 401.それは、この疎外が最初に始まった何周期で正確に把握することは不可能であり、非常にたぶんそれは、年間401の初めの日付から。 But before this state of things became known to the public there happened events of the highest political importance, and Chrysostom, without seeking it, was implicated in them.このような状態は国民に知られるようになった前に、しかし、それらに関与していた、それを求めることなく、最高の政治的重要性、クリュソストモスの出来事が起こった。 These were the fall of Eutropius and the revolt of Gainas.これらはEutropiusの秋とGaInAsの反乱であった。

In January, 399, Eutropius, for a reason not exactly known, fell into disgrace. 1月、399で、Eutropiusは、正確に知られていない理由で、不名誉に落ちた。 Knowing the feelings of the people and of his personal enemies, he fled to the church.人々の、彼の個人的な敵の気持ちを知って、彼は教会に逃げた。 As he had himself attempted to abolish the immunity of the ecclesiastical asylums not long before, the people seemed little disposed to spare him.彼は自分自身ではない長い前に教会の精神病院の免疫を廃止しようとしていたように、人々はほとんど彼を割いて配置されたように見えた。 But Chrysostom interfered, delivering his famous sermon on Eutropius, and the fallen minister was saved for the moment.しかしクリュソストモスEutropius上の彼の有名な説教を提供する、干渉、倒れ大臣はしばらく保存されました。 As, however, he tried to escape during the night, he was seized, exiled, and some time later put to death.のように、しかし、彼は夜の間に逃げようとした、彼は、押収され追放されて、しばらくして殺された。 Immediately another more exciting and more dangerous event followed.すぐに別の、よりエキサイティングな、より危険なイベントが続きます。 Gainas, one of the imperial generals, had been sent out to subdue Tribigild, who had revolted. GaInAsの、帝国の将軍の1は、反乱を起こしたTribigildを討伐するために派遣されていた。 In the summer of 399 Gainas united openly with Tribigild, and, to restore peace, Arcadius had to submit to the most humiliating conditions. Tribigildと公然と399 GaInAsの団結した年の夏に、そして、平和を回復するには、Arcadiusは最も屈辱的な条件に提出しなければならなかった。 Gainas was named commander-in-chief of the imperial army, and even had Aurelian and Saturninus, two men of the highest rank at Constantinople, delivered over to him. GaInAsのは帝国軍の司令官の名前、さらには彼に上で配信アウレリアヌスとサツルニヌス、コンスタンティノープルでの最高ランクの2人を、持っていた。 It seems that Chrysostom accepted a mission to Gainas, and that, owing to his intervention, Aurelian and Saturninus were spared by Gainas, and even set at liberty.それが彼の介入のために、そのクリュソストモスGaInAsのミッションを受け入れ、そしてそのようだが、アウレリアヌスとサツルニヌスはGaInAsのことで免れ、さらには自由に設定した。 Soon afterwards, Gainas, who was an Arian Goth, demanded one of the Catholic churches at Constantinople for himself and his soldiers.その後すぐに、牡羊座生まれのゴスだっGaInAsのは、彼自身と彼の兵士のためにコンスタンカトリック教会の一つを要求した。 Again Chrysostom made so energetic an opposition that Gainas yielded.再びクリュソストモスはそうGaInAsのに屈していることの反対を元気に。 Meanwhile the people of Constantinople had become excited, and in one night several thousand Goths were slain.一方、コンスタンティノープルの人々が興奮になっていたし、一晩で数千ゴート族が殺された。 Gainas however escaped, was defeated, and slain by the Huns.しかしエスケープGaInAsのは、敗北し、フン族によって殺された。 Such was the end within a few years of three consuls of the Byzantine Empire.そのような物は、ビザンチン帝国の3領事の数年以内に終了でした。 There is no doubt that Chrysostom's authority had been greatly strengthened by the magnanimity and firmness of character he had shown during all these troubles.クリュソストモスの権威は大きく、彼はすべてのこれらのトラブルの際に表示した文字の寛大さと硬さによって強化されていたことは間違いありません。 It may have been this that augmented the jealousy of those who now governed the empire -- a clique of courtiers, with the empress at their head.自分の頭で皇后と廷臣たちの派閥、 - それが今の帝国を支配した人々の嫉妬を増強し、このだったのかもしれない。 These were now joined by new allies issuing from the ecclesiastical ranks and including some provincial bishops -- Severian of Gabala, Antiochus of Ptolemais, and, for some time, Acacius of Beroea -- who preferred the attractions of the capital to residence in their own cities (Socrates, op. cit., VI, 11; Sozomenus, op. cit., VIII, 10).自分自身で住居に首都の見どころを好ん - GabalaのSeverian、プトレマイスのアンティオコス、そして、しばらくの間、Bero​​eaのAcacius - これらは、現在いくつかの地方の司教を含む教会のランクやから発する新しい同盟国が参加した都市(ソクラテス、前掲、VI、11;。Sozomenus、前掲、第VIII、10)。 The most intriguing among them was Severian, who flattered himself that he was the rival of Chrysostom in eloquence.その中で最も興味をそそられるが、彼は雄弁でクリュソストモスのライバルであったこと、自分自身をおだてSeverianだった。 But so far nothing had transpired in public.しかし、これまでのところ、何も人前で蒸散していなかった。 A great change occurred during the absence of Chrysostom for several months from Constantinople.大きな変化は、コンスタンティノープルからの数ヶ月間クリュソストモスの不在の間に発生しました。 This absence was necessitated by an ecclesiastical affair in Asia Minor, in which he was involved.この不在は、彼が関与した小アジアの教会の事件によって、必要とされた。 Following the express invitation of several bishops, Chrysostom, in the first months of 401, had come to Ephesus, where he appointed a new archbishop, and with the consent of the assembled bishops deposed six bishops for simony.いくつかの司教の明示招待に続き、クリュソストモスは、401の最初の数ヶ月で、彼は新しい大司教に任命エフェソスに来ていて、組み立てられた司教の同意を得て聖職売買のための6つの司教を退陣。 After having passed the same sentence on Bishop Gerontius of Nicomedia, he returned to Constantinople.ニコメディアの司教Gerontiusで同じ文を通過した後、彼はコンスタンティノープルに戻った。 Meanwhile disagreeable things had happened there.一方、嫌なものがあり何が起こった。 Bishop Severian, to whom Chrysostom seems to have entrusted the performance of some ecclesiastical functions, had entered into open enmity with Serapion, the archdeacon and oeconomus of the cathedral and the episcopal palace.クリュソストモスは、いくつかの教会の機能の委託性能を持っていると思われる人にビショップSeverianは、セラピオーン、助祭、大聖堂と聖公会宮殿のoeconomusとオープン敵意を締結した。 Whatever the real reason may have been, Chrysostom, found the case so serious that he invited Severian to return to his own see.あったかもしれないものは何でも本当の理由は、クリュソストモス、彼が見る彼自身に戻りSeverian招待した場合は非常に深刻な発見。 It was solely owing to the personal interference of Eudoxia, whose confidence Serapion possessed, that he was allowed to come back from Chalcedon, whither he had retired.それは、彼が引退していたカルケドン、どこから戻ってくることを許されたことを、自信セラピオーン保有Eudoxia、個人の干渉にもっぱら起因していた。 The reconciliation which followed was, at least on the part of Severian, not a sincere one, and the public scandal had excited much ill-feeling.続い和解は少なくともSeverianはなく、誠実な1の一部にあった、公共スキャンダルはずっと悪い感じ興奮していた。 The effects soon became visible.効果がすぐに見えるようになった。 When in the spring of 402, Bishop Porphyrius of Gaza (see Marcus Diac., "Vita Porphyrii", V, ed. Nuth, Bonn, 1897, pp. 11-19) went to the Court at Constantinople to obtain a favour for his diocese, Chrysostom answered that he could do nothing for him, since he was himself in disgrace with the empress. 402年の春に、ガザの司教Porphyrius(マーカスダイアックを参照してください。 "ヴィータPorphyrii"、V編Nuth、ボン、1897年、頁11から19)は、彼のための好意を得るために、コンスタンティノープルで裁判所に行ったとき彼は皇后との不名誉に身だったので、教区、クリュソストモスは、彼が彼のために何もできなかったと答えた。 Nevertheless, the party of malcontents were not really dangerous, unless they could find some prominent and unscrupulous leader.彼らはいくつかの著名なと不謹慎なリーダーを見つけることができない限り、それにもかかわらず、不満分子のパーティーは、本当に危険ではありませんでした。 Such a person presented himself sooner than might have been expected.そのような人は早く期待していたよりも、自分自身を提示した。 It was the well-known Theophilus, Patriarch of Alexandria.それはよく知られているテオフィロス、アレクサンドリアの総主教であった。 He appeared under rather curious circumstances, which in no way foreshadowed the final result.彼は決して最終的な結果を予示している、むしろ好奇心の強い状況下で登場しました。 Theophilus, toward the end of the year 402, was summoned by the emperor to Constantinople to apologize before a synod, over which Chrysostom should preside, for several charges, which were brought against him by certain Egyptian monks, especially by the so-called four "tall brothers". 402年の終わりに向かってテオフィロスは、会議の前に謝罪しクリュソストモスは、特にいわゆる4により、特定のエジプトの修道士が彼に対して持って来られたいくつかの費用のために、主宰すべきその上にコンスタンティノープルに皇帝によって召喚された"背の高い兄弟"。 The patriarch, their former friend, had suddenly turned against them, and had them persecuted as Origenists (Palladius, "Dialogus", xvi; Socrates, op. cit., VI, 7; Sozomenus, op. cit., VIII, 12).家長、自分の元友人が、突然彼らに背を向けていたが、Origenists(パラディウス、 "Dialogus"は、16世は、ソクラテス、前掲、VI、7;。Sozomenus、前掲、第VIII、12。)として彼らを迫害していた。

However, Theophilus was not easily frightened.しかし、テオフィロスは容易に怯えていませんでした。 He had always agents and friends at Constantinople, and knew the state of things and the feelings at the court.彼はコンスタン常にエージェントや友人を持っていた、と裁判所で物事や感​​情の状態を知っていた。 He now resolved to take advantage of them.彼は今、それらを活用することを決議しました。 He wrote at once to St. Epiphanius at Cyprus, requesting him to go to Constantinople and prevail upon Chrysostom at to condemn the Origenists.彼はコンスタンティノープルとOrigenistsを非難するでクリュソストモス説き伏せるために行くために彼を要求して、キプロスで聖エピファニオスに一度書いた。 Epiphanius went.エピファニオス行きました。 But when he found that Theophilus was merely using him for his own purposes, he left the capital, dying on his return in 403.しかし、彼はテオフィロスは単に彼自身の目的のために彼を使用していたことがわかったとき、彼は403の彼のリターンで死にかけている、資本を残しました。 At this time Chrysostom delivered a sermon against the vain luxury of women.この時クリュソストモスは、女性の無駄高級に対して説教を納入しました。 It was reported to the empress as though she had been personally alluded to.彼女は個人的に示唆したようにされたかのようにそれは、皇后に報告されました。 In this way the ground was prepared.このようにして地面を調製した。 Theophilus at last appeared at Constantinople in June, 403, not alone, as he had been commanded, but with twenty-nine of his suffragan bishops, and, as Palladius (ch. viii) tells us, with a good deal of money and all sorts of gifts.ラディウス(第VIII)はお金とすべての良い取引で、教えてくれるように最後にテオフィロスは、彼が命じられたように、単独で6月、403、しないでコンスタンティノープルで登場したが、彼の大主教の補佐司教の29とし、贈り物の種類。 He took his lodgings in one of the imperial palaces, and held conferences with all the adversaries of Chrysostom.彼は皇帝の宮殿の一つに彼の下宿を取って、クリュソストモスのすべての敵との会議を開催しました。 Then he retired with his suffragans and seven other bishops to a villa near Constantinople, called epi dryn (see Ubaldi, "La Synodo ad Quercum", Turin, 1902).それから彼は(Ubaldiを参照して、 "ラ·Synodo広告Quercum"、トリノ、1902年)、コンスタンティノープルの近くに別荘に彼のsuffragansと7他の司教でリタイアエピdrynと呼ばれる。 A long list of the most ridiculous accusations was drawn up against Chrysostom (see Photius, "Bibliotheca", 59, in PG, CIII, 105-113), who, surrounded by forty-two archbishops and bishops assembled to judge Theophilus in accordance with the orders of the emperor, was now summoned to present himself and apologize.最もばかげた非難の長いリストがに従ってテオフィロスを判断するために組み立て四十から二大司教と司教たちに囲まれ、クリュソストモス(PG、CIIIでphotiusは、 "蔵書"、59を参照して、105から113まで)に対して策定された皇帝の注文が、今では自分自身を提示し、謝罪するために召喚されました。 Chrysostom naturally refused to recognize the legality of a synod in which his open enemies were judges.クリュソストモスは、当然彼の開いた敵がジャッジされた教会会議の合法性を認識することを拒否した。 After the third summons Chrysostom, with the consent of the emperor, was declared to be deposed.第三召喚クリュソストモスの後、天皇の同意を得て、退陣することが宣言されました。 In order to avoid useless bloodshed, he surrendered himself on the third day to the soldiers who awaited him.無駄な流血を避けるために、彼は彼を待っていた兵士たちに、三日目に彼自身を明け渡し。 But the threats of the excited people, and a sudden accident in the imperial palace, frightened the empress (Palladius, "Dialogus", ix).しかし、興奮した人々の脅威、皇居での突然の事故は、皇后(パラディウス、 "Dialogus"、IX)を怯え。 She feared some punishment from heaven for Chrysostom's exile, and immediately ordered his recall.彼女はクリュソストモスの亡命のために天からいくつかの罰を恐れ、すぐに彼のリコールを命じた。 After some hesitation Chrysostom re-entered the capital amid the great rejoicings of the people.いくつかのためらいクリュソストモス後の人々の偉大なrejoicingsなかで資本を再入力。 Theophilus and his party saved themselves by flying from Constantinople.テオフィロスと彼の党は、コンスタンティノープルから飛んで自分自身を救った。 Chrysostom's return was in itself a defeat for Eudoxia.クリュソストモスのリターンは、それ自体がEudoxiaの敗北だった。 When her alarms had gone, her rancour revived.彼女のアラームが行っていた時、彼女は生き返った恨み。 Two months afterwards a silver statue of the empress was unveiled in the square just before the cathedral.皇后のその後銀彫像2ヶ月がちょうど大聖堂前広場で披露された。 The public celebrations which attended this incident, and lasted several days, became so boisterous that the offices in the church were disturbed. 、この事件に参加し、数日間続いた公共お祝いは教会に事務所が妨害されたように騒々しいとなった。 Chrysostom complained of this to the prefect of the city, who reported to Eudoxia that the bishop had complained against her statue.クリュソストモス司教は彼女の像に反対を訴えていたことをEudoxiaに報告市の知事にこれを訴えた。 This was enough to excite the empress beyond all bounds.これは、すべての境界を越えて皇后を励起するのに十分だった。 She summoned Theophilus and the other bishops to come back and to depose Chrysostom again.彼女はテオフィロスを召喚し、他の司教たちは戻ってくると再びクリュソストモスを解任する。 The prudent patriarch, however, did not wish to run the same risk a second time.慎重な家長は、しかし、同じリスクをもう一度実行したくないと思った。 He only wrote to Constantinople that Chrysostom should be condemned for having re-entered his see in opposition to an article of the Synod of Antioch held in the year 341 (an Arian synod).彼はそのクリュソストモスは彼が年341(アリウス派教会会議)で開催されたアンティオキアの教会会議の記事に反対してください再入力したことで非難されるべきであるコンスタンティノープルに書いている。 The other bishops had neither the authority nor the courage to give a formal judgment.他の司教は、権威や正式な判断を下す勇気もありました。 All they could do was to urge the emperor to sign a new decree of exile.彼らが行うことができるすべては、亡命の新しい令に署名するために天皇を促すことであった。 A double attempt on Chrysostom's life failed.クリュソストモスの人生で二重に失敗しました。 On Easter Eve, 404, when all the catechumens were to receive baptism, the adversaries of the bishop, with imperial soldiers, invaded the baptistery and dispersed the whole congregation.イースターイブ、404上では、すべてのcatechumensがバプテスマを受けるようにいたとき、司教の敵は、帝国の兵士と、洗礼堂に侵入し、全体の集会を解散させた。 At last Arcadius signed the decree, and on 24 June, 404, the soldiers conducted Chrysostom a second time into exile.最後Arcadiusで令に署名し、6月24日、404の上に、兵士が亡命クリュソストモス二回目を実施しました。

(5) Exile and Death (5)EXILEと死

They had scarcely left Constantinople when a huge conflagration destroyed the cathedral, the senate-house, and other buildings.巨大な大火災、大聖堂、元老院家、および他の建物を破壊したとき、彼らはほとんどのコンスタンティノープルを残していなかった。 The followers of the exiled bishop were accused of the crime and prosecuted.亡命中の司教の信者は犯罪で告発、起訴された。 In haste Arsacius, an old man, was appointed successor of Chrysostom, but was soon succeeded by the cunning Atticus.速攻Arsaciusでは、老人は、クリュソストモスの後継者に任命されたが、すぐに狡猾なアッティクスによって成功した。 Whoever refused to enter into communion with them was punished by confiscation of property and exile.誰が彼らと交わりに入ることを拒否すると財産の没収や国外追放により罰せられた。 Chrysostom himself was conducted to Cucusus, a secluded and rugged place on the east frontier of Armenia, continually exposed to the invasions of the Isaurians.クリュソストモス自身が絶えずIsauriansの侵略にさらさCucusus、アルメニアの東辺境の人里離れた、堅牢な場所に行った。 In the following year he had even to fly for some time to the castle of Arabissus to protect himself from these barbarians.翌年、彼はこれらの野蛮人から身を守るためArabissusの城へのいくつかの時間を飛ぶことさえありました。 Meanwhile he always maintained a correspondence with his friends and never gave up the hope of return.一方、彼は常に彼の友人と文通を維持し、リターンの希望を決してあきらめなかった。 When the circumstances of his deposition were known in the West, the pope and the Italian bishops declared themselves in his favour.彼の堆積の状況は西洋で知られていた場合には、法王とイタリア司教は彼の好意で自分自身を宣言した。 Emperor Honorius and Pope Innocent I endeavoured to summon a new synod, but their legates were imprisoned and then sent home.皇帝ホノリウスと教皇は罪のない私には、新しい会議を召喚するよう努めますが、それらのlegatesは投獄され、その後、家に送られた。 The pope broke off all communion with the Patriarchs of Alexandria, Antioch (where an enemy of Chrysostom had succeeded Flavian), and Constantinople, until (after the death of Chrysostom) they consented to admit his name into the diptychs of the Church.彼らは教会のdiptychsに彼の名前を認めることに同意(クリュソストモスの死亡後)まで、法王は、アレクサンドリア、アンティオキア(クリュソストモスの敵はフラウィウスに成功したところ)とコンスタンティノープルの総主教とすべての交わりを絶った。 Finally all hopes for the exiled bishop had vanished.最後に亡命中の司教のためにすべての希望は消えてしまった。 Apparently he was living too long for his adversaries.どうやら彼は彼の敵のためにあまりにも長い間住んでいた。 In the summer, 407, the order was given to carry him to Pithyus, a place at the extreme boundary of the empire, near the Caucasus.夏には、407において、注文がコーカサス近くPithyus、帝国の極端な境界で行われ、彼を運ぶために与えられた。 One of the two soldiers who had to lead him caused him all possible sufferings.彼をリードしなければならなかった二人の兵士の一つは、彼に可能なすべての苦しみの原因となった。 He was forced to make long marches, was exposed to the rays of the sun, to the rains and the cold of the nights.彼は長い行進を行うことを余儀なくされ、雨や夜の寒さに、太陽の光にさらされていた。 His body, already weakened by several severe illnesses, finally broke down.すでにいくつかの重篤な病気によって弱体化し、彼の体は、最終的に決裂した。 On 14 September the party were at Comanan in Pontus. 9月14日にパーティーがポントスにComananであった。 In the morning Chrysostom had asked to rest there on the account of his state of health.朝クリュソストモスに健康状態のアカウントであり休むと求めていた。 In vain; he was forced to continue his march.無駄に、彼は彼の行進を続けることを余儀なくされた。 Very soon he felt so weak that they had to return to Comana.非常にすぐに彼は彼らがComanaに戻らなければならなかったほど弱いと感じました。 Some hours later Chrysostom died.いくつかの時間後クリュソストモスが死亡した。 His last words were: Doxa to theo panton eneken (Glory be to God for all things) (Palladius, xi, 38).彼の最後の言葉は次のとおりだった:テオ·パントンenekenへドクサ(栄光はすべてのものを神になる)(パラディウス、XI、38)。 He was buried at Comana.彼はComanaに埋葬された。 On 27 January, 438, his body was translated to Constantinople with great pomp, and entombed in the church of the Apostles where Eudoxia had been buried in the year 404 (see Socrates, VII, 45; Constantine Prophyrogen., "Cæremoniale Aul Byz.", II, 92, in PG, CXII, 1204 B). 1月27日、438日、彼の体が偉大な華やかさとコンスタンティノープルに翻訳され、Eudoxiaは(ソクラテスを参照して、七年間404に埋葬されていた使徒は、45の教会に埋葬された。コンスタンティンProphyrogen、 "CæremonialeAUL Byz。 "PG、CXII、1204 BのII、92)。

II. Ⅱ。 THE WRITINGS OF ST. STの書物。 CHRYSOSTOMクリュソストモス

Chrysostom has deserved a place in ecclesiastical history, not simply as Bishop of Constantinople, but chiefly as a Doctor of the Church.クリュソストモスはコンスタンティノープルの司教としてではなく、主に教会博士としてだけではなく、教会の歴史の中で場所に値しました。 Of none of the other Greek Fathers do we possess so many writings.他のギリシャの祖先のどれも、私たちは非常に多くの書物を持ってください。 We may divide them into three portions, the "opuscula", the "homilies", and the "letters".我々は3つの部分、 "opusculumの複数形"、 "発する"と "手紙"に分けることができる。 (1) The chief "opuscula" all date from the earlier days of his literary activity.彼の文学活動の以前の日から(1)チーフ "opusculumの複数形"すべての日付。 The following deal with monastical subjects: "Comparatio Regis cum Monacho" ("Opera", I, 387-93, in PG, XLVII-LXIII), "Adhortatio ad Theodorum (Mopsuestensem?) lapsum" (ibid., 277-319), "Adversus oppugnatores vitae monasticae" (ibid., 319-87). monastical科目と以下の取引: "Comparatioレジス兼Monacho"( "オペラ"と、私は、387から93、PG内、XLVII-LXIII)、 "Adhortatio広告Theodorum(?Mopsuestensem)lapsum"(同上、277から319) "Adversus oppugnatores monasticae履歴書"(同上、319から87まで)。 Those dealing with ascetical subjects in general are the treatise "De Compunctione" in two books (ibid., 393-423), "Adhortatio ad Stagirium" in three books (ibid., 433-94), "Adversus Subintroductas" (ibid., 495-532), "De Virginitate" (ibid., 533-93), "De Sacerdotio" (ibid., 623-93).一般的に禁欲的な主題を扱ったものが3本で2本で論文 "デCompunctione"(同上、393から423)、 "Adhortatio広告Stagirium"(同上、433から94)は、 "Adversus Subintroductas"(同上、495から532)、 "デVirginitate"(同上、533から93)、 "デSacerdotio"(同上、623から93まで)。 (2) Among the "homilies" we have to distinguish commentaries on books of Holy Scripture, groups of homilies (sermons) on special subjects, and a great number of single homilies. (2) "を発する"の中で私達は、教典の書籍、専門科目を発するのグループ(説教)、および単一発する多くの論評を区別しなければならない。 (a) The chief "commentaries" on the Old Testament are the sixty-seven homilies "On Genesis" (with eight sermons on Genesis, which are probably a first recension) (IV, 21 sqq., and ibid., 607 sqq.); fifty-nine homilies "On the Psalms" (4-12, 41, 43-49, 108-117, 119-150) (V, 39-498), concerning which see Chrys. (a)は、旧約聖書にチーフ "論評"は "創世記"六十から七発する(おそらく最初の校訂アール創世記8説教、と)〜(IV、21 sqq名。、と同書、607 sqq名です。 );クリスを見ているに関する "詩篇"五十から九発する(4-12、41、43から49まで、108から117まで、119から150)、(V、39から498)。 Baur, "Der urspr ngliche Umfang des Kommentars des hl. Joh. Chrysostomus zu den Psalmen" in Chrysostomika, fase.バウアー、Chrysostomika、FASEの "デアurspr ngliche UmfangデKommentarsデHL。JOH。Chrysostomus著デンPsalmen"。 i (Rome, 1908), 235-42, a commentary on the first chapters of "Isaias" (VI, 11 sqq.). I(ローマ、1908)、235から42、 "イザヤ書"(VI、11 sqq名)の最初の章で解説。 The fragments on Job (XIII, 503-65) are spurious (see Haidacher, "Chrysostomus Fragmente" in Chrysostomika, I, 217 sq.); the authenticity of the fragments on the Proverbs (XIII, 659-740), on Jeremias and Daniel (VI, 193-246), and the Synopsis of the Old and the New Testament (ibid., 313 sqq.), is doubtful.フェラ(13、503から65)の断片(217平方、Chrysostomika、私でHaidacher、 "Chrysostomus Fragmente"を参照してください)​​スプリアスです。箴言上のフラグメントの信憑性(13、659から740)、イェレミアスオンとダニエル(VI、193から246)、オールドのあらすじと新約聖書は(同上、313 sqq名)、疑わしい。 The chief commentaries on the New Testament are first the ninety homilies on "St. Matthew" (about the year 390; VII), eighty-eight homilies on "St. John" (c. 389; VIII, 23 sqq. -- probably from a later edition), fifty-five homilies on "the Acts" (as preserved by stenographers, IX, 13 sqq.), and homilies "On all Epistles of St. Paul" (IX, 391 sqq.). (紀元前389 "聖ヨハネ"に、八十から八発するのは、新約聖書でチーフ論評は、最初の "マタイ"で90を発する(VII約390年);です。Ⅷ、23 sqq名 - おそらくそれ以降の版から)、 "聖パウロのすべての書簡について" "行為"(速記者として、IX 13 sqq名で保存されている。)と、発する(IX、391 sqq名。)で五〇から五発する。 The best and most important commentaries are those on the Psalms, on St. Matthew, and on the Epistle to the Romans (written c. 391).最高の、そして最も重要な論評はマタイに、そしてローマの信徒への手紙(391 cに書かれている)で、詩篇ものです。 The thirty-four homilies on the Epistle to the Galatians also very probably comes to us from the hand of a second editor.ガラテヤの信徒への手紙で三十から四発するのも非常におそらく第二編集者の手から私たちに来る。 (b) Among the "homilies forming connected groups", we may especially mention the five homilies "On Anna" (IV, 631-76), three "On David" (ibid., 675-708), six "On Ozias" (VI, 97-142), eight "Against the Jews" (II, 843-942), twelve "De Incomprehensibili Dei Naturæ" (ibid., 701-812), and the seven famous homilies "On St. Paul" (III, 473-514). (b) "を発するのを形成する接続されたグループ"の中で、我々は特に "Oziasで" "ダビデ" "アンナ·オン" 5発する(IV、631から76)、3(同上、675から708)、6に言及することがあり"聖パウロの" "ユダヤ人に対する"(VI、97から142まで)、8(Ⅱ、843から942)、12 "デIncomprehensibiliデイNaturæ"(同上、701から812)と、7有名発する( Ⅲ、473から514まで)。 (c) A great number of "single homilies" deal with moral subjects, with certain feasts or saints. (c)は道徳科目と "シングルを発する"取引の大多数は、特定のお祭りや聖人。 (3) The "Letters" of Chrysostom (about 238 in number: III, 547 sqq.) were all written during his exile. (3)クリュソストモスの "手紙"(数字で約238:III、547 sqq名)すべての彼の亡命中に書かれていました。 Of special value for their contents and intimate nature are the seventeen letters to the deaconess Olympias.その内容のための特別な値と親密な自然の執事のオリンピアに17文字です。 Among the numerous "Apocrypha" we may mention the liturgy attributed to Chrysostom, who perhaps modified, but did not compose the ancient text.多数の "外典"の中で我々は、おそらく変更されたクリュソストモスに起因典礼に言及することがありますが、古代のテキストを作成しませんでした。 The most famous apocryphon is the "Letter to C sarius" (III, 755-760).最も有名なのapocryphonは "C sariusへの手紙"(Ⅲ、755から760)である。 It contains a passage on the holy Eucharist which seems to favour the theory of "impanatio", and the disputes about it have continued for more than two centuries.それは "impanatio"の理論を支持すると思われる聖体の一節が含まれており、それについての紛争は、2つ以上の世紀のために続けている。 The most important spurious work in Latin is the "Opus imperfectum", written by an Arian in the first half of the fifth century (see Th. Paas, "Das Opus impefectum in Matthæum", Tübingen, 1907).ラテン語の中で最も重要なスプリアス仕事は五世紀の前半にアリウス派によって書かれた "オーパスimperfectum"である(Thを参照してください。PaaSは、 "Matthæumでダスオーパスimpefectum"、テュービンゲン、1907)。

III. Ⅲ。 CHRYSOSTOM'S THEOLOGICAL IMPORTANCEクリュソストモスの神学的重要性

(1) Chrysostom as Orator雄弁家として(1)クリュソストモス

The success of Chrysostom's preaching is chiefly due to his great natural facility of speech, which was extraordinary even to Greeks, to the abundance of his thoughts as well as the popular way of presenting and illustrating them, and, last but not least, the whole-hearted earnestness and conviction with which he delivered the message which he felt had been given to him.クリュソストモスの説教の成功は彼の偉大な自然の彼の思考の豊かさだけでなく、それらを提示し、説明するための一般的な方法には​​、ギリシア人にでも臨時あったスピーチの施設、そして、最後のではなく、少なくとも、全体の主原因である彼は彼が彼に与えられたと感じたメッセージを配信していると心の熱意と信念。 Speculative explanation did not attract his mind, nor would they have suited the tastes of his hearers.投機的な説明は、彼の心を引き付けていなかった、そして、彼らは、聞き手の嗜好に合っていただろう。 He ordinarily preferred moral subjects, and very seldom in his sermons followed a regular plan, nor did he care to avoid digressions when any opportunity suggested them.彼は通常道徳の科目を好まないし、めったに彼の説教でレギュラープランに従った、また何か機会がそれらを提案したとき、彼は脱線させないように注意しなかった。 In this way, he is by no means a model for our modern thematic preaching, which, however we may regret it, has to such a great extent supplanted the old homiletic method.このように、彼は、しかし、我々はそれを後悔するかもしれない、古い説教の方法に取って代わったような偉大な程度に持って私たちの現代の主題の説教のためのモデルをしたものではまったくない。 But the frequent outbursts of applause among his congregation may have told Chrysostom that he was on the right path.しかし、彼の信徒の間で拍手が頻繁に爆発は、彼は正しい道の上にあったことクリュソストモスに語っている可能性があります。

(2) Chrysostom as an exegete exegeteとして(2)クリュソストモス

As an exegete Chrysostom is of the highest importance, for he is the chief and almost the only successful representative of the exegetical principles of the School of Antioch. exegeteクリュソストモスが最重要視されるように、彼はほとんどチーフとアンティオキア学派の解釈の原則の唯一の成功した代表的だからである。 Diodorus of Tarsus had initiated him into the grammatico-historical method of that school, which was in strong opposition to the eccentric, allegorical, and mystical interpretation of Origen and the Alexandrian School.タルススのディオドロスは、原産地とアレクサンドリアの学校の偏心、寓話、そして神秘的な解釈に強い反対にあったその学校のgrammatico歴史的方法、に彼を開始した。 But Chrysostom rightly avoided pushing his principles to that extreme to which, later on, his friend Theodore of Mopsuestia, the teacher of Nestorius, carried them.しかしクリュソストモスは当然後で、モプスエスティアの友人のセオドア、nestoriusの教師は、それらを運んだため、その極端に彼の原則をプッシュすることを避けた。 He did not even exclude all allegorical or mystical explanations, but confined them to the cases in which the inspired author himself suggests this meaning.彼はすべての寓話や神秘的な説明を排除しますが、インスピレーション著者自身がこの意味を示唆するものであるときに、それらを閉じ込められていませんでした。

(3) Chrysostom as Dogmatic Theologian独断的な神学者として(3)クリュソストモス

As has already been said, Chrysostom's was not a speculative mind, nor was he involved in his lifetime in great dogmatic controversies.すでに述べたように、クリュソストモスのは、投機心ではなかった、また彼は偉大な独断的な論争で彼の一生の間に関与していた。 Nevertheless it would be a mistake to underrate the great theological treasures hidden in his writings.それにもかかわらず、それは彼の文章の中に隠され偉大な神学宝物を過小評価するのは間違いである。 From the very first he was considered by the Greeks and Latins as a most important witness to the Faith.非常に最初から彼は信仰への最も重要な証人としてギリシア人とラテン系で検討された。 Even at the Council of Ephesus (431) both parties, St. Cyril and the Antiochians, already invoked him on behalf of their opinions, and at the Seventh Ecumenical Council, when a passage of Chrysostom had been read in favour of the veneration of images, Bishop Peter of Nicomedia cried out: "If John Chrysostom speaks in the way of the images, who would dare to speak against them?"クリュソストモスの通路は画像の崇敬の賛成で読まれていた場合であっても、エフェソス公会議(431)双方で、聖キュリロスとAntiochiansは、すでに、自分の意見を代表して、七公会議で彼を呼び出す、ニコメディアの司教ピーターは叫んだ: "ヨハネクリュソストがそれらに対して話すようにあえて画像のように話すのか?" which shows clearly the progress his authority had made up to that date.これは明らかに彼の権威はその日付までに作った進行状況が表示されます。

Strangely enough, in the Latin Church, Chrysostom was still earlier invoked as an authority on matters of faith.不思議なことに、教会ラテン語では、クリュソストモスは、まだ信仰の問題の権威として以前に呼び出されました。 The first writer who quoted him was Pelagius, when he wrote his lost book "De Naturæ" against St. Augustine (c. 415).彼を引用符で囲まれた最初の作家は、聖アウグスティヌス(紀元前415)に対してペラギウス、彼は失われた本を書いたとき "デNaturæ"でした。 The Bishop of Hippo himself very soon afterwards (421) claimed Chrysostom for the Catholic teaching in his controversy with Julian of Eclanum, who had opposed to him a passage of Chrysostom (from the "Hom. ad Neophytos", preserved only in Latin) as being against original sin (see Chrys. Baur, "L'entrée littéraire de St. Jean Chrys. dans le monde latin" in the "Revue d'histoire ecclés.", VIII, 1907, 249-65).非常にすぐにその後カバ自身の司教(421)クリュソストモスの通路(ラテン語でのみ保持 "ハオマ汁です。広告Neophytos"から)として彼に反対していたEclanumのジュリアンと彼の論争でカトリックの教えのためにクリュソストモスを主張(クリスを参照してください。バウアー "L'アントレlittéraireデセントジーンクリス。DANSル·モンドラテン"の "レヴューD'histoireエクルズ。"、VIII、1907年、249から65まで)を原罪に反対する。 Again, at the time of the Reformation there arose long and acrid discussions as to whether Chrysostom was a Protestant or a Catholic, and these polemics have never wholly ceased.繰り返しになりますが、改革の時クリュソストモスはプロテスタントやカトリックであり、これらの論争は完全に消滅したことがないかどうか、長い鼻を突く議論が生じた。 It is true that Chrysostom has some strange passages on our Blessed Lady (see Newman, "Certain difficulties felt by Anglicans in Catholic Teachings", London, 1876, pp. 130 sqq.), that he seems to ignore private confession to a priest, that there is no clear and any direct passage in favour of the primacy of the pope.それは、彼は司祭にプライベート告白を無視しているようだ、クリュソストモス(ニューマンを参照して、 "特定の難しさは、カトリックの教えに英国国教会で感じ"、ロンドン、1876年、頁130 sqq名。)私たちの賛美された聖母上のいくつかの奇妙な通路を持っているのが、法王の優位性を支持して明確かつ直接的な通路が存在しないこと。 But it must be remembered that all the respective passages contain nothing positive against the actual Catholic doctrine.しかし、それはすべて、それぞれの通路は、実際のカトリック教義に対する肯定的なものが含まれていないことを忘れてはならない。 On the other side Chrysostom explicitly acknowledges as a rule of faith tradition (XI, 488), as laid down by the authoritative teaching of the Church (I, 813).反対側のクリュソストモスで明示的に教会の権威の教え(I、813)によって定められたように、信仰の伝統のルール(XI、488)として認めている。 This Church, he says, is but one, by the unity of her doctrine (V, 244; XI, 554); she is spread over the whole world, she is the one Bride of Christ (III, 229, 403; V, 62; VIII, 170).この教会は、彼によれば、ですが、彼女の教義の統一、(V、244、XI、554);ずつ、V、彼女が全世界に広がっている、彼女はキリストの花嫁1(Ⅲ、229、403である62、VIII、170)。 As to Christology, Chrysostom holds clearly that Christ is God and man in one person, but he never enters into deeper examination of the manner of this union.キリストのように、クリュソストモスは、キリストが一人で、神と人間であることを明確にしておきますが、彼はこの組合の方法のより深い検討に入ることはありません。 Of great importance is his doctrine regarding the Eucharist.非常に重要なの聖体に関する彼の教義です。 There cannot be the slightest doubt that he teaches the Real Presence, and his expressions on the change wrought by the words of the priest are equivalent to the doctrine of transubstantiation (see Naegle, "Die Eucharistielehre des hl. Joh. Chry.", 74 sq.).そこに彼は本物の存在を教えて少しでも疑問である、と司祭の言葉によってもたらされた変化の彼の表現は、変質の教義(Naegle、 "死ぬEucharistielehreデHL。JOH。Chry"を参照してください、74と同等であることができません㎡)。

Publication information Written by Chrysostom Baur.クリュソストモスバウアによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Mike Humphrey.マイク·ハンフリー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.カトリック百科事典は、ボリュームviii。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

A complete analysis and critique of the enormous literature on Chrysostom (from the sixteenth century to the twentieth) is given in BAUR, S. Jean Chrysostome et ses oeuvres dans l'histoire litt raire (Paris and Louvain, 1907), 223-297.クリュソストモスに多大な文学(16世紀から20分の)の完全な分析と批判はバウアー、S.ジャンChrysostome ET SESオードブルDANS L'histoireリットraire(パリ、ルヴァン、1907)、223から297に示されている。

(1) LIFE OF CHRYSOSTOM.クリュソストモス(1)生活。

(a) Sources. (a)のソース。 -- PALLADIUS, Dialogue cum Theodoro, Ecclesioe Romanoe Diacono, de vit et conversatione b. - パラディウス、対話兼Theodoro、Ecclesioe Romanoe Diacono、デVITらconversatione B。 Joh. JOH。 Chrysostomi(written c. 408; best source; ed. BIGOT, Paris, 1680; PG, XLVII, 5-82) MARTYRIUS, Panegyricus in S. Joh. Chrysostomi(cを書かれた408。最高のソース; ED BIGOT、パリ、1​​680年、PG、XLVII、5から82)MARTYRIUS、S. JOHでPanegyricus。 Chrysostomum (written c. 408; ed. PG, loc. cit., XLI-LII); SOCRATES, Hist. Chrysostomum(cを書かれた408;。エドPG、locのCIT、XLI-LII)、ソクラテスは、シーッ。 Eccl., VI, 2-23, and VII, 23, 45 (PG, LXVII, 661 sqq.); SOZOMENUS, Hist. Eccl、VI、2月23日、およびVII、23、45(PG、67、661 sqq名);。SOZOMENUS、シーッ。 eccl., VIII, 2-28 (PG,ibid., 1513 sqq.), more complete than Socrates, on whom he is dependent; THEODORET, Hist. 。eccl、ソクラテスよりも完全VIII、2月28日(PG、同上、1513 sqq名。)、誰に彼に依存しています。theodoretの、シーッ。 eccl., V, 27-36; PG, LXXXII, 1256-68, not always reliable; ZOSIMUS, V, 23-4 (ed. BEKKER, p. 278-80, Bonn. 1837), not trustworthy. eccl V、27から36; PG、八十二、1256年から1268年、常に信頼性がありません。ゾシモスV、23から4(。編ベッカー、電話278から80、ボン1837年)、信頼できません。

(b) Later Authors. (b)の後に著者。 -- THEODORE OF THRIMITUS, (PG, XLVII, col. 51-88), without value, written about the end of the seventh century; (PSEUDO-) GEORGIUS ALEXANDRINUS, ed. - THRIMITUSのテオドロス、(PG、XLVII、列51から88)は、値なしで、7世紀の終わりについて書かれた、(擬似)GEORGIUSアレクサンドリア写本、エド。 SAVILE, Chrys.サヴィル、クリス。 opera omnia (Eton, 1612), VIII, 157-265 (8th - 9th century); LEO IMPERATOR, Laudatio Chrys.オペラオムニア(イートン、1612)、VIII、157から265(8 - 9世紀)、LEO大将軍、Laudatioクリス。 (PG, CVII, 228 sqq.); ANONYMUS, (ed. SAVILE, loc. cit., 293-371); SYMEON METAPHRASTES, (PG, CXIV, 1045-1209). (PG、CVII、228 sqq名); ANONYMUS、(編サヴィル、locのCIT、293から371まで。);シミヨンMETAPHRASTES、(PG、CXIV、1045年から1209年)。

(c) Modern Biographies. (C)現代伝記。 -- English: STEPHENS, Saint John Chrysostom, his life and times, a sketch of the Church and the empire in the fourth century (London, 1871; 2nd ed., London, 1880), the best English biography, but it anglicanizes the doctrine of Chrysostom; BUSH, The Life and Times of Chrysostom (London, 1885), a popular treatise. - 英語:スティーブンス、聖ヨハネクリュソストモス、彼の人生と時代、4世紀の教会と帝国のスケッチ(ロンドン、1871;第2版、ロンドン、1880)、最高の英語の伝記が、それはanglicanizesクリュソストモスの教義、ブッシュ、クリュソストモスの人生とタイムズ(ロンドン、1885)、人気のある論文。 French: HERMANT, La Vie de Saint Jean Chrysostome .フランス語:エルマン、ラ·ヴィ·ド·サン·ジャンChrysostome。 . . divis e en 12 livres (Paris, 1664; 3rd ed., Paris, 1683), the first scientific biography; DE TILLEMONT, M moires pour servir l'histoire eccl siastique des six premiers si cles, XI, 1-405, 547-626 (important for the chronology); STILTING, De S. Jo.ディビシュ電子専用12洋書(パリ、1664年、第3版、パリ、1​​683年)、最初の科学的な伝記、DEティユモン、Mモアレはservir L'histoire eccl siastiqueデ6はSiクレス、XI 1から405まで、547初演注ぐ - 626(年表のために重要); STILTING、デ·S·ジョー。 Chrysostomo . Chrysostomo。 . . Commentarius historicus in Acta SS., IV, Sept., 401-700 (1st ed., 1753), best scientific biography in Latin; THIERRY, S. Jean Chrysostome et l'imp ratrice Eudoxie (Paris, 1872; 3rd ed., Paris, 1889), "more romance than history"; PUECH, Saint Jean Chrysostome (Paris, 1900); 5th ed., Paris, 1905), popular and to be read with caution.アクタSSでCommentarius historicus、IV、9月、401から700まで(第1版、1753。)、ラテン語で最高の科学的な伝記;ティエリ、S.ジャンChrysostomeらL'IMP ratrice Eudoxie(パリ、1872;。第3版、パリ、1889年)、 "歴史よりロマンス";ピュエシュ、サンジャンChrysostome(パリ、1900);。第5版、パリ、1​​905年)、人気のある、注意して読み取ることができます。 German: NEANDER, Der hl.ドイツ語:ネアンダー、デアHL。 Joh. JOH。 Chrysostomus und die Kirche, besonders des Orients, in dessen Zeitalter, 2 vols. Chrysostomusウントダイdessen Zeitalterでシュタイン、besondersデ方向づけ、2 vols学です。 (Berlin, 1821 - 22; 4th ed., Berlin 1858); first vol., translated into English by STAPLETON (London, 1838), gives an account of the doctrine of Chrysostom with Protestant views; LUDWIG, Der hl. (ベルリン、1821年から1822年;第4版、ベルリン1858年);。第一巻、ステイプルトン(ロンドン、1838)で英語に訳しましたが、プロテスタントの景色をクリュソストモスの教義のアカウントを与える; LUDWIG、デアHL。 Joh. JOH。 Chrys.クリス。 in seinem Verh liniss zum byzantinischen Hof. seinem Verh linissツムbyzantinischenホーフインチ (Braunsberg, 1883), scientific. (Braunsberg、1883)、科学的。 Chrysostom as orator: ALBERT, S. Jean Chrysostome consid r comme orateur populaire (Paris, 1858); ACKERMANN, Die Beredsamkeit des hl.雄弁家としてクリュソストモス:アルバート、S.ジャンChrysostome consid Rコムデギャルソンorateur populaire(パリ、1858); ACKERMANN、ダイBeredsamkeitデHL。 Joh. JOH。 Chrys.クリス。 (W rzburg, 1889); cf. (W rzburg、1889); CF。 WILLEY, Chrysostom: The Orator (Cincinnati, 1908), popular essay.ウィリー、クリュソストモス:雄弁(シンシナティ、1908)は、人気エッセイ。

(2) CHRYSOSTOM'S WRITINGS. (2)クリュソストモスの著作。

(a) Chronology. (a)の年表。 -- See TILLEMONT, STILTING, MONTFAUCON, Chrys. - ティユモン、STILTING、モンフォコン、クリスを参照してください。 Opera omnia; USENER, Religionsgeschichtliche Untersuchungen, I (Bonn, 1889), 514-40; RAUSCHEN, Jahrb cher der christl.オペラオムニア;ウーゼナー、Religionsgeschichtliche Untersuchungen、私(ボン、1889)、514から40; RAUSCHEN、Jahrbシェール·デア·クリスト。 Kirche unter dem Kaiser Theodosius dem Grossen (Freiburg im Br., 1897), 251-3, 277-9, 495-9; BATIFFOL, Revue bibl., VIII, 566-72; PARGOIRE, Echos d'Orient, III 151-2; E. SCHARTZ, J dische und chrisl.シュタインウンターDEMカイザーテオドシウスのdemグロッセン(フライブルク、Brであり、1897年)、251から3まで、277から9まで、495から9;をbatiffol、レヴューbibl、VIII、566から72; PARGOIRE、エコーオリエント、Ⅲ151 - 。 2、E. SCHARTZ、J discheウントchrisl。 Ostertafeln (Berlin, 1905), 169-84. Ostertafeln(ベルリン、1905)、169から84。

(b) Authenticity. (b)は真正。 -- HAIDACHER, Zeitschr. - HAIDACHER、Zeitschr。 fr Kath. FRのKath。 Theologie, XVIII-XXXII; IDEM, Deshl.神学、XVIII-XXXII、同上、Deshl。 Joh. JOH。 Chrys.クリス。 Buchlein ber Hoffart u. Buchlein BER Hoffart U。 Kindererziehung (Freiburg, im Br., 1907). Kindererziehung(フライブルク、イムBrである。、1907)。

(3) CHRYSOSTOM'S DOCTRINE. (3)クリュソストモスの教義。

MAYERUS, Chrysostomus Lutheranus (Grimma, 1680: Wittenberg, 1686); HACKI, D. Jo. MAYERUS、Chrysostomus Lutheranus(グリンマ、1680:ヴィッテンベルク、1686); HACKI、D.、ジョー。 Chrysostomus . Chrysostomus。 . . a Lutheranismo . Lutheranismo。 . . vindicatus (Oliva, 1683); F RSTER, Chrysostomus in seinem Verh ltniss zur antiochen. vindicatus(オリバ、1683)、F RSTER、Chrysostomusでseinem Verh ltnissツアantiochen。 Schule (Gotha, 1869); CHASE, Chrysostom, A Study in the History of Biblical Interpretation (London, 1887); HAIDACHER, Die Lehre des hl.シューレ(ゴータ、1869);チェイス、クリュソストモス、聖書の解釈史研究(ロンドン、1887); HAIDACHER、ダイLehreデHL。 Joh. JOH。 Chrys.クリス。 ber die Schriftinspiration (Salzburg, 1897); CHAPMAN, St. Chrysostom on St. Peter in Dublin Review (1903), 1-27; NAEGLE, Die Eucharistielehre des hl. BERダイSchriftinspiration(ザルツブルク、1897);チャップマン、ダブリンレビュー(1903)、1月27日サンピエトロで聖クリュソストモス; NAEGLE、ダイEucharistielehreデHL。 Johannes Chrysostomus, des Doctor Eucharisti (Freiburg im Br., 1900).ヨハネスChrysostomus、デ医者Eucharisti(フライブルク、Brである。、1900)。

(4) EDITIONS. (4)エディション。

(a) Complete. ()を完了してください。 -- SAVILE (Eton, 1612), 8 volumes (the best text); DUCAEUS, (Paris, 1609-1636), 12 vols.; DE MONTFAUCON, (Paris, 1718-1738), 13 vols.; MIGNE, PG, XLVII - LXIII. - サビル(イートン、1612)、8巻(最良のテキスト); DUCAEUS、(パリ、1609年から1636年)、12 vols学、DEモンフォコン、(パリ、1718年から1738年)、13 vols学;ミーニュ、PG。 XLVII - LXIII。

(b) Partial. (b)の部分。 -- FIELD, Homilies in Matth. - FIELD、Matthで発する。 (Cambridge, 1839), 3 vols., best actual text reprinted in MIGNE, LVII - LVIII; IDEM, Homilioe in omnes epistolas Pauli (Oxford, 1845-62), VII. (ケンブリッジ、1839)、3 vols学、ミーニュ、LVIIに転載最高の実際のテキスト - LVIII;同上、omnes epistolasパウリでHomilioe(オックスフォード、1845年から1862年)、第VII。 The last critical edition of the De Sacerdotio was edited by NAIRN (Cambridge, 1906).デSacerdotioの最後の重要な版はネアン(ケンブリッジ、1906)が編集しました。 There exist about 54 complete editions (in five languages), 86 percent special editions of De Sacerdotio (in twelve languages), and the whole number of all (complete and special) editions is greatly over 1000.約54完全版(5カ国語)、デSacerdotioの86%の特別版(12言語)、およびすべての整数(完全および特別)版が存在することは非常に1000年を超えています。 The oldest editions are the Latin; of which forty-six different incunabula editions (before the year 1500) exist.最古のエディションには、ラテン語であり、そのうちの四〇から六異なるインキュナブラエディション(1500年前)に存在しています。 See DIODORUS OF TARSUS, METETIUS OF ANTIOCH, ORIGENISTS, PALLADIUS, THEODORE OF MOPSUESTIA.タルスス、アンティオキアMETETIUS、ORIGENISTS、パラディウス、モプスエスティアのテオドロスのディオドロスを参照してください。


Joannes ChrysostomusヨハネスChrysostomus

Catholic Information カトリックの情報

JewishEncyclopedia.com Patriarch of Constantinople, one of the most celebrated of the Church Fathers, and the most eminent orator of the early Christian period; born in 347 at Antioch; died Sept. 14, 407, near Comana, in Pontus.コンスタンJewishEncyclopedia.comの古老、教父の中で最も有名なの一つであり、初期キリスト教時代の最も著名な雄弁家、アンティオキアで347年に生まれ、ポントスに、Comanaの近くに、9月14日、407に死亡した。 Chrysostom originally devoted himself to the law, but soon felt dissatisfied with this vocation, and at the age of twenty-three was made a deacon.クリュソストモスは、もともと法律に専念したが、すぐにこの職業に不満を感じ、23歳で助祭にしました。 About fifteen years later (386) he advanced to the rank of presbyter, and in 398 was appointed by the emperor Bishop of Constantinople.約15年後(386)彼は長老の地位に進み、398でコンスタンティノープルの皇帝司教によって任命された。 Having attacked the empress Eudoxia in his sermons, he was banished (403), but was recalled soon after, upon the unanimous demand of his congregation.彼の説教で皇后Eudoxiaを攻撃していたので、彼は(403)追放されたが、彼の会衆の全会一致の要求に応じて、すぐ後に思い出しました。 He repeated his attacks upon the empress, and was again banished in 404, first to Nicæa, then to Cucusus in the desert of the Taurus, and finally to Pityos on the Black Sea; but he died while on the way to the last-named place.彼は皇后に彼の攻撃を繰り返し、再び404に追放された、第一ニカイア公にし、おうし座の砂漠でCucususに、そして最後に黒海のPityosに、しかし、彼は名前の最後に途中で中に死亡した場所。

The name "Chrysostomus" ("golden-mouthed"; χρυσός "gold," and στόμα "mouth") is a title of honor conferred on this Church father only.名前 "Chrysostomus"( "黄金の口の";χρυσός "金"、およびστόμα "口")のみ、この教会の父に与え名誉のタイトルです。 It was first used by Isidore of Seville (636), and is significant of the importance of the man, whose sermons, of which one thousand have been preserved, are among the very best products of Christian rhetoric.これは、最初のセビリアのイシドール(636)で使用されるものであり、説教、千が保存されているのは、キリスト教のレトリックの非常に最高の製品の一つである人間、の重要性を重要であるされた。 As a teacher of dogmatics and exegesis Chrysostom is not of so much importance, although much space in his works is devoted to these two branches.彼の作品の多くのスペースは、これら2つの分岐に専念しているものの、教義学と評釈クリュソストモスの教師として、そんなに重要ではありません。 Among his sermons, the "Orationes VIII. Adversus Judæos" (ed. Migne, i. 843-944) deserve special notice, inasmuch as they mark a turning-point in anti-Jewish polemics.彼の説教の中で、 "OrationesⅧ。AdversusのJudæos"(編ミーニュ、私。843から944)は、彼らが反ユダヤ主義論争におけるターニングポイントをマークだけれども、特別な注意に値する。 While up to that time the Church aspired merely to attack the dogmas of Judaism, and did that in a manner intended only for the learned, with Chrysostom there began the endeavor, which eventually brought so much suffering upon the Jews, to prejudice the whole of Christendom against the latter, and to erect hitherto unknown barriers between Jews and Christians.その時までに教会はユダヤ教の教義を攻撃するために単に志し、学習のみを対象とした方法で、クリュソストモスとの全体を害するために、最終的にはそんなにユダヤ人によって苦しみもたらした努力を、そこに始まったことでしたが後者に対してキリスト教、ユダヤ人とキリスト教徒の間でこれまで知られていなかった障壁をする。

Attack on Jews.ユダヤ人への攻撃。

It was the existing friendly intercourse between Jews and Christians which impelled Chrysostom to his furious attacks upon the former.これは、前者の際、彼の猛烈な攻撃にクリュソストモスを駆り立て、ユダヤ人とキリスト教徒の間の既存の友好だった。 Religious motives were not lacking, for many Christians were in the habit of celebrating the Feast of the Blowing of the Shofar, or New-Year, the Day of Atonement, and the Feast of Tabernacles ("Adversus Judæos," i.; ed. Migne, i. 848).宗教的な動機は、多くのキリスト教徒がショファルの吹く、または新しい年、贖罪の日の祭りを祝うのが習慣であったために、欠けている、とされていなかった仮庵の祭り( "AdversusのJudæosは、" i;エド。ミーニュは、i。848)。 "What forgiveness can we expect," he exclaimed, "when we run to their synagogues, merely following an impulse or a habit, and call their physicians and conjurers to our houses?" "我々が期待することができますどのような赦し"と、彼は "我々は単に、衝動や習慣に従って、彼らの会堂に実行し、私たちの家に彼らの医師とconjurersを呼び出すとき?"、叫んだ (ib. viii.). (ib.Ⅷ。)。 In another place Chrysostom.別の場所でクリュソストモス。 says: "I invoke heaven and earth as witnesses against you if any one of you should go to attend the Feast of the Blowing of the Trumpets, or participate in the fasts, or the observance of the Sabbath, or observe an important or unimportant rite of the Jews, and I will be innocent of your blood" (ib. i. 8; ed. Migne, i. 855).言う: "私はあなたのいずれかのトランペットを吹くの饗宴に出席するために行くか、断食に参加しなければならない場合、あなたに対して証人として天と地を呼び出すか、または安息日の遵守、または重要または重要でない儀式を観察ユダヤ人の、私はあなたの血の無実だろう "(; EDミーニュは、i 855 ib. iの8。)。 Not only had Chrysostom to combat the pro-Jewish inclinations of the Antiochians in religious matters, but the Jews were held in so much respect at that time, that Christians preferred to bring their lawsuits before Jewish judges, because the form of the Jewish oath seemed to them more impressive and binding than their own (ib. i. 3; ed. Migne, i. 847).宗教的な事柄でAntiochiansのプロユダヤ人の性向に対抗するクリュソストモスを持っていたが、ユダヤ人の誓いの形が見えたので、ユダヤ人は、キリスト教徒はユダヤ人の裁判官の前にそれらの訴訟を起こすことが好ましいので、その時点でとても尊敬で開催されただけでなく、自分自身よりも彼らにもっと印象的結合(ib. iの3;。編ミーニュは、i 847)。

Arguments Against Judaism.ユダヤ教に対する議論。

Chrysostom further argues at length in his writings that Judaism has been overcome and displaced by Christianity.クリュソストモスはさらにユダヤ教はキリスト教によって克服し、避難されていることを彼の文章で長々と論じている。 He attempts to prove this by showing that the Jewish religion can not exist without a temple and sacrifice and a religious center in Jerusalem, and that none of the later religious institutions can fill the place of the ancient ones.彼はユダヤ人の宗教は神殿や犠牲とエルサレムの宗教の中心地なしでは存在できないことを示すことによってこれを証明しようとし、それ以降の宗教団体のいずれも、古代のものの場所を埋めることはできません。 Chrysostom derides the Patriarchs, who, he declares, were no priests, but gave themselves the appearance of such, and merely played their parts like actors.クリュソストモスは、彼が宣言しない司祭なかったが、自分自身にそのようなものの外観を与え、単に役者のように自分のパートを演奏祖を、derides。 He adds: "The holy Ark, which the Jews now have in their synagogues, appears to be no better than any wooden box offered for sale in the market" (ib. vi. 7; ed. Migne, i. 614).と彼は付け加えた: "ユダヤ人は今彼らの会堂であり神聖な箱舟は、市場での販売のために提供され、任意の木箱よりも良いことがないように見える"(ib. viの7; EDミーニュ、私は614を。)。

But he is not satisfied with the derision of all things sacred to the Jews.しかし、彼はユダヤ人に神聖なすべての事の物笑いの種に満足していない。 He tries to convince his hearers that it is the duty of all Christians to hate the Jews (ib. vi. 7; ed. Migne, i. 854), and declaresit a sin for Christians to treat them with respect. (; 854私は、エドミーニュ。7 ib. vi)を、と敬意をもって扱うことクリスチャンのために罪をdeclaresit彼は、それがユダヤ人を憎むすべてのキリスト教徒の義務であることを、聞き手を説得しようとします。 In spite of his hatred of the Jews and Judaism, Chrysostom—as, indeed, the whole Antiochian school in their Bible exegesis—shows a dependence upon the Haggadah, which at the time predominated among the Palestinian Jews.ユダヤ人とユダヤ教の彼の憎悪にもかかわらず、クリュソストモス-ASは、確かに、彼らの聖書の中で全体Antiochian学校同時にパレスチナのユダヤ人の間で優勢haggadahを、への依存を評釈は、示しています。 A few parallels with the Haggadists have been given by Weiss, but they could be easily increased; and even in instances not directly taken from the Haggadah, its influence can be noticed in the writings of Chrysostom. Haggadistsを持ついくつかの類似点は、ワイスによって与えられているが、それらは容易に増やすことができました。とも直接haggadahをから取られていない場合においては、その影響はクリュソストモスの文章に気付くことができます。

Kaufmann Kohler, Louis Ginzbergカウフマンコーラー、ルイギンズバーグ

Bibliography: The best edition of Chrysostom's works is by Montfaucon, 13 vols., in Patrologiœ Cursus Completus, ed.参考文献:クリュソストモスの作品のベスト版がモンフォコン、13 vols学ですが、毎日の祈りの規則的順序PatrologiœCompletus編、インチ。 Migne, Greek series, Paris, 1718-38; Böhringer, Die Kirche Christi und Ihre Zeugen, ix.; Bush, Life and Times of Chrysostomus, 1875; Lutz, Chrysostomus und die Berühmtesten Redner, 1859, Cassel, in Ersch and Gruber, Encyc.ミーニュ、ギリシャ語シリーズ、パリ、1​​718年から1738年;Böhringer、ダイシュタインクリスティウントイーレZeugen、IX; Chrysostomusのブッシュ大統領は、人生と時代、1875;エルシュとグルーバーでルッツ、ChrysostomusウントダイBerühmtestenRedner、1859年、カッセル、、 encycです。 xxvii.; Grätz, Gesch. XXVII;グラッツ、Gesch。 der Juden, iv.ファンデJuden、Ⅳ。 356-357; Perles, Chrysostomus and the Jews, in Ben Chananja, iii. 356から357;ベンChananja、iiiのPerles、Chrysostomusとユダヤ人、。 569-571; Weiss, Dor, iii. 569から571;ワイス、ドール、Ⅲ。 128-129.KLG 128 129.KLG



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです