Codex Amiatinusコー​​デックスAmiatinus

Catholic Information カトリックの情報

The most celebrated manuscript of the Latin Vulgate Bible, remarkable as the best witness to the true text of St. Jerome and as a fine specimen of medieval calligraphy, now kept at Florence in the Bibliotheca Laurentiana.聖ジェロームの真のテキストへの最良の証人として、現在蔵書Laurentianaでフィレンツェに保た中世の書道の立派な見本として顕著ラテン語ウルガタ聖書の最も有名な写本、。 The symbol for it is written am or A (Wordsworth).それのための記号は午前書面または(ワーズワース)されています。 It is preserved in an immense tome, measuring in height and breadth 19 1/4 inches by 13 3/8 inches, and in thickness 7 inches -- so impressive, as Hort says, as to fill the beholder with a feeling akin to awe.それは13 3/8インチで高さと幅19 1/4インチで測定し、計り知れないトメに保存され、厚さは7インチです - ので印象的な、ホルトが言うように、のように畏敬に似た気持ちで見る人を埋めるために。 Some consider it, with White, as perhaps "the finest book in the world"; still there are several manuscripts which are as beautifully written and have besides, like the Book of Kells or Book of Lindisfarne, those exquisite ornaments of which Amiatinus is devoid.いくつかは、 "世界でも有​​数の本"多分として、ホワイトと、それを考えてみましょう。まだとして美しく書かれており、ほかに持っているいくつかの写本はケルズの書やリンディスファーン、Amiatinusが欠けているのものと絶妙な装飾品の本のように、ある。 It contains 1029 leaves of strong, smooth vellum, fresh-looking today, despite their great antiquity, arranged in quires of four sheets, or quaternions.それは4つのシート、またはクォータニオンの帖に配置その大昔、にもかかわらず、強力な、滑らかなベラム、新鮮に見える今日の1029年の葉が入っています。 It is written in uncial characters, large, clear, regular, and beautiful, two columns to a page, and 43 or 44 lines to a column.これは、カラムにアンシャル体の文字、ページへの大規模な、明確な規則的、美しい、2列、および43または44行で書かれています。 A little space is often left between words, but the writing is in general continuous.小さなスペースは、しばしば言葉の間に残されますが、書き込みは一般的に連続である。 The text is divided into sections, which in the Gospels correspond closely to the Ammonian Sections.テキストは、福音書にammonianセクションに密接に対応してセクションに分かれています。 There are no marks of punctuation, but the skilled reader was guided into the sense by stichometric, or verse-like, arrangement into coda and commata, which correspond roughly to the principal and dependent clauses of a sentence.そこに句読点のないマークがありませんが、熟練した読者はstichometric、または文章の元本と従属節にほぼ対応してコーダとcommataに詩のような、アレンジによってセンスに導かれました。 This manner of writing the scribe is believed to have modelled upon the great Bible of Cassiodorus, but it goes back perhaps even to St. Jerome; it may be shown best by an example:スクを書いて、この方法は、カッシオドルスの偉大な聖書に基づいてモデル化したと考えられますが、それは、聖ジェロームに多分戻っている、それは例によって最もよく示されることがあります。

QUIA IN POTESTATE ERAT POTESTATE ERAT IN QUIA

SERMO IPSIUS SERMO IPSIUS

ET IN SYNAGOGA ERAT HOMO HABENS SYNAGOGA ERAT HOMO HABENSのET

DAEMONIUM INMUNDUM DAEMONIUMのINMUNDUM

ET EXCLAMAVIT VOCE MAGNA ET EXCLAMAVIT VOCE MAGNA

DICENS DICENS

SINE QUID NOBIS ET TIBI IHU SINE頭の良いノビスホテルET TIBI IHU

NAZARENE VENISTI PERDERE NOSナザレVENISTI PERDERE NOS

SCIO TE QUI SIS SCS DI SCIO TE QUI SISは、SCSのDI

ET INCREPAVIT ILLI IHS DICENS ET INCREPAVIT ILLI IHS DICENS

It will be noticed that the section "ET IN" and the coda begin at about the same perpendicular line, the commata begin further in under the third or second letter, and so likewise does the continuation of a colon or comma which runs beyond a single line (see facsimile page).これは、セクションが "ET IN"とコーダが同一垂直線について、commata第三または第二の手紙の下で更に開始から始まることに気づいた、なども同様に、単一のコロンを超えて実行される、またはカンマの継続はありませんされますライン(ファクシミリページを参照してください)​​。 This arrangement, besides aiding the intelligence of the text, gave a spacious, varied, and rather artistic appearance to the page.この配置は、テキストの知性を助けるほか、ページへの、広々とした様々な、むしろ芸術的な外観を与えた。 The initial letter of a section was often written in ink of a different colour, and so also was the first line of a book.セクションの最初の文字は、多くの場合、異なる色のインクで書かれており、そのためにも、本の最初の行であった。 Beyond that there was no attempt at decorating the text.その向こう飾るテキストにおける試みはありませんでした。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The codex (or pandect) is usually said to contain the whole Bible; but it should be noted that the Book of Baruch is missing, though the Epistle of Jeremias, usually incorporated with it, is here appended to the Book of Jeremias.コー​​デックス(または法典)は、通常、聖書全体が含まれていると言われていますがイェレミアスの信徒は、通常、それを組み込んだけれどもそれは、バルークの予約が欠落していることに留意すべきである、ここでイェレミアス帳に追加されます。 Besides the text of the Scriptural books, it contains St. Jerome's "Prologus Galeatus" and his prefaces to individual books; the capitula, or summaries of contents; and, in the first quaternion, certain materials which have been much discussed and have proved of the greatest service in tracing the history of the codex, among them dedicatory verses, a list of the books contained in the codex, a picture of the Tabernacle (formerly thought to be Solomon's Temple), a division of the Biblical books according to Jerome, another according to Hilary and Epiphanius, and a third according to Augustine.最初の四元数で、あまり議論されているとの証明された特定の材料と、capitulumの複数形、または内容の要約、聖書の本のテキストのほかに、それは聖ジェロームの "Prologus Galeatus"と個々の書籍への彼の序文が含まれていますその中で、奉献詩は、コーデックス、幕屋の絵(旧ソロモンの神殿と考えられる)、ジェロームによると聖書の書物の一部門に含まれている本のリストを、コーデックスの歴史をたどる中で最大のサービス別のヒラリーとエピファニオスによると、第三アウグスティヌスによる。 Part of Solomon's prayer (1 Kings 8:22-30) in an Old Latin text is reproduced at the end of Ecclesiasticus.古いラテン語のテキストにあるソロモンの祈り(1キングス8:22-30)の一部が集会の最後に再生される。 A Greek inscription at the beginning of Leviticus, recording that "the Lord Servandus prepared" this codex or part of it, has entered largely into the discussion of its origin.レビ記の冒頭ギリシア碑文、このコーデックスまたはその一部を、 "主Servandusが準備された"という記録はその起源の議論に主に入っている。

The recovery of the history of Codex Amiatinus, which has important bearings upon the history of the Vulgate itself and of the text of the Bible, was due to the labours of many scholars and the insight of one man of genius, de Rossi.ウルガタ聖書自体の、聖書のテキストの歴史に重要なベアリングを持っているコーデックスAmiatinusの歴史の回復は、多くの学者や天才、デ·ロッシの一人の男の洞察力の労働によるものであった。 At the beginning of the pandect, as we have mentioned, there are certain dedicatory verses; they record the gift (of the codex) to the venerable convent of St. Saviour by a certain Peter who was abbot from the extreme territory of the Lombards.法典の初めに、我々が言及したように、特定の奉献の詩があります、彼らはランゴバルドの極端な領土から大修道院長だった特定のピーター聖救世主の由緒ある修道院に贈り物を(コーデックス)を記録します。 The Latin text is as follows:次のようにラテン語のテキストは次のとおりです。

CENOBIUM AD EXIMII MERITO連生体AD EXIMII MERITO

VENERABILE SALVATORIS VENERABILE SALVATORIS

QUEM CAPUT ECCLESIAE頭ecclesiaのQUEM

DEDICAT ALTA FIDES DEDICAT ALTA FIDES

PETRUS LANGOBARDORUMペトリュスLANGOBARDORUM

EXTREMIS DE FINIB. EXTREMIS DE FINIB。 ABBAS ABBAS

DEVOTI AFFECTUS DEVOTI AFFECTUS

PIGNORA MITTO MEI pignusの複数形MITTO芽衣

St. Saviour's is the name of the monastery on Monte Amiata (whence Amiatinus) near Siena; here this codex was kept from the ninth century till the year 1786, when it was brought to Florence after the suppression of the monastery.聖救世主はシエナ近くモンテAmiata(そこAmiatinus)の修道院の名前です。ここにこのコーデックスは、それが修道院の抑制後にフィレンツェにもたらされたときに、1786年までに9世紀から保たれた。

Naturally, the codex was supposed to be a gift to this house, but nothing was known of the donor.当然、コーデックスは、この家にプレゼントすることになっていたが、何もドナーの知らなかった。 Bandini, the librarian of the Laurentiana, into whose hands the codex came, noticed that the names of neither the donor nor the recipient belonged to the original dedication. Bandini、Laurentianaの司書は、その手にCodexはドナーもレシピエントもの名前が元の献身に属していたことに気づいた、来た。 They were written in a different hand over parts of the original inscription, as betrayed by evident signs of erasure.消去の明白な兆候に裏切られたように彼らは、元の碑文の一部の上に別の手で書かれていました。 The letters italicized above were by the second hand, while the initial letter C of the first line and the E in the fifth were original.第五の最初の行とEの頭文字Cがオリジナルだっながら上記のイタリック文字は、第二の手であった。 Bandini noticed, also, that cenobium replaced a shorter word and that the last five letters of salvatoris were written on parchment that had not been erased, and so that the ten letters of this word replaced five of the original word. Bandiniは連生体は短い言葉に置き換え、salvatorisの最後の5文字が、この言葉の10文字は、元の単語の5を交換するように消去されていませんでした羊皮紙に書かれた、とされたことをすること、また、気づいた。 The metre also was entirely at fault.メートルにも落ち度が全くなかった。 The clue for reconstructing the original lines he found in the expression caput ecclesiæ, which he judged referred to St. Peter.彼は聖ペテロと呼ば判断表現e​​cclesiaの頭の中に見つかっ元の行を再構成するための手がかり。 And as in the Middle Ages a favourite title for the Apostolic See was culmen apostolicum, he reconstructed the line in this fashion:使徒を参照のための好みのタイトルは山頂apostolicumだった中世のように、彼はこのような形で行を再構築:

CULMEN AD EXIMII MERITO VENERABILE PETRI山頂AD EXIMII MERITO VENERABILE PETRI

This conjecture produced a correct hexameter verse, retained the original initial C, supplied a word of proper length at the beginning and another at the end, and afforded a sense fitting in perfectly with the probabilities of the case.この予想は、正しい6歩格の詩を生成した元の最初のCを保持し、終わりに始まり、別の時に適切な長さの単語を供給し、例確率と完全にセンスフィッティングを得た。 In the fifth line, instead of Petrus Langobardorum, Bandini suggested Servandus Latii, because of the inscription about Servandus mentioned above. 5行目には、代わりにペトリュスLangobardorumの、Bandiniが原因上記のServandus約碑文の、Servandus Latiiを示唆した。 This Servandus was believed to be a friend of St. Benedict, to whom he made a visit at Monte Cassino in 541; he was abbot of a monastery near the extremity of Latium.このServandusは、彼が541でモンテ·カッシーノで訪問した人に、聖ベネディクトの友人であると信じられていた、彼はラティウムの先端近くに修道院の修道院長であった。

These conjectures were accepted by the learned world; Tischendorf, for instance, writing seventy-five years later, said Bandini had so well proved his case that no doubt remained.これらの推測は、世界を学んで受け入れられた。ティッシェンドルフは、例えば、書き込み75年後、Bandiniがとてもよく疑いの余地は残っていないことを彼のケースを証明したと述べた。 Accordingly, it was settled that the Codex Amiatinus dated from the middle of the sixth century, was the oldest manuscript of the Vulgate, and was written in Southern Italy.したがって、それは、6世紀半ばの日付からコーデックスAmiatinusは、ウルガタ聖書の最古の写本であり、南イタリアで書かれたことを解決した。 A few protests were raised, however; that, for instance, of Paul de Lagarde.少数の抗議行動は、しかし、提起された、ポール·ド·ラガルドの、例えば、という。 He had edited St. Jerome's translation of the Hebrew Psalter, using freely for that purpose a codex of the ninth century; Amiatinus he judged, with a not unnatural partiality, to be "in all probability" from the hand of the scribe of his ninth-century Psalter, written "at Reichenau on the Lake of Constance".彼はその目的の第九世紀のコーデックスのために自由に使用して、ヘブライ語の詩篇の編集された聖ジェロームの翻訳を持っていました; Amiatinusは、彼は彼の第九のスクライブの手から "すべての確率"であると、不自然ではない不公平で、判断"ボーデン湖にライヒェナウで"書かれた世紀の詩篇、。 But, to quote Corssen, it was GB de Rossi, "that great Roman scholar, whose never-failing perspicacity and learning discovered at once the birthplace of our famous manuscript" (Academy, 7 April, 1888).しかし、コルセンを引用するためには、(アカデミー、1888年4月7日) "と、その尽きることのない洞察力と私たちの有名な写本の発祥の地を一度に発見された学習、その偉大なローマの学者"、ギガバイト·デ·ロッシだった。

De Rossi followed Bandini in his reconstruction of the first verse, but he thought it unlikely that an abbot, presenting a book to the pope at Rome, should speak of "the extreme limits of Latium", really but a short distance from Rome.デ·ロッシは、最初の詩の彼の再建にBandiniに従ったが、彼はそれがありそうもないローマで法王に書籍を提示する修道院長が、本当に、 "ラティウムの極限"について語るべきだと思ったが、ローマからわずかな距離にあります。 Anzizni, the librarian of the Laurentiana, pointed out to him that the space erased to make room for Petrus Langobardorum was greater than called for by the conjecture of Bandini. Anzizni、Laurentianaの司書は、ペトリュスLangobardorumのために場所を空けるために消去スペースはBandiniの推測によって求めよりも大きかったことを彼に指摘した。 De Rossi was at the time engaged on an inquiry into the ancient history of the Vatican library, and, recalling a passage of Bede, he divined that the lost name was Ceolfridus.デ·ロッシは、バチカン図書館の古代史の調査に従事する時だった、と、ビードの一節を思い出して、彼は失われた名前がCeolfridusたことを占った。 The erasures, which were irregular, seeming to follow the letters very closely, corresponded perfectly to this conjecture.非常に密接に手紙に従うように見せかけ、不規則だった消去は、この推測に完全に対応していた。 He proposed then the verse:彼はその後、詩を提案した:

CEOLFRIDUS BRITONUM EXTREMIS DE FINIB. CEOLFRIDUS BRITONUM EXTREMIS DE FINIB。 ABBAS ABBAS

The phrase exactly suited an abbot from the end of the world, as England was then regarded and styled; and the story of Ceolfrid made de Rossi's conjectures acceptable at once, especially to English scholars.まさにイギリスのように、世界の終わりからアボット適しフレーズは、その後みなされ、スタイリングされた;とCeolfridの話は特に英語学者に、一度デ·ロッシの推測が受け入れた。 Ceolfrid was the disciple of Benedict Biscop, who founded the monasteries of Wearmouth and Jarrow in Northumberland towards the end of the seventh century. Ceolfridは、7世紀の終わりに向かってノーサンバーランドWearmouthとジャローの修道院を設立したベネディクトbiscopの弟子だった。 England, in those days, was the most devoted daughter of the Roman See, and Abbot Benedict was enthusiastic in his devotion.イングランドは、当時のローマ教皇の最も献身的な娘だった、とアボットベネディクトは彼の献身で熱狂的だった。 His monasteries were dependent directly on Rome.彼の僧院は直接ローマに依存していた。 Five times during his life he journeyed to Rome, usually bring back with him a library of books presented by the pope.彼の生命の間に5回、彼は、ローマへ旅通常彼と法王によって提示された書籍のライブラリを持ってきている。 Ceolfrid, who had accompanied him on one of these visits, became his successor in 686 and inherited his taste for books; Bede mentions three pandects of St. Jerome's translation which he had made, one of which he determined in his old age, in 716, to bring to the church of St. Peter at Rome.これらの訪問の1に彼を同行していたCeolfridは、686年に彼の後継者となった図書のための彼の味を継承し、ビードは716で、彼は彼の老後の決定一つは彼が作った聖ジェロームの翻訳、の3法令全書に言及、ローマの聖ペテロ教会に持って行く。 He died on the way, but his gift was carried to the Holy Father, then Gregory II.彼は途中で死んだが、彼の贈り物はその後教皇、グレゴリーIIに行った。 This codex de Rossi identified with Amiatinus.このコーデックス·デ·ロッシがAmiatinusで識別されます。

This conjecture was hailed by all as a genuine discovery of great importance.この推測は非常に重要なの本物の発見などのすべてによって賞賛された。 Berger, however, objected to Britonum, suggesting Anglorum.バーガーは、しかし、Anglorumを示唆Britonumに反対した。 Hort soon placed the matter beyond the possibility of doubt.ホルトはすぐに疑いの可能性を超えて問題を置きました。 In an anonymous life of Ceolfrid, the chief source of Bede's information, which, though twice published, had been overlooked by all, Hort found the story of Ceolfrid journeying to Rome and carrying the pandect inscribed with the verses: Ceolfrid、二回発行されても、すべてでは見過ごされていたが、ビードの情報のチーフソースの匿名の生活では、ホルトCeolfridの物語はローマに旅すると詩が刻まれた法典を運んで見つかりました:

CORPUS AD EXIMII MERITO VENERABILE PETRI CORPUS AD EXIMII MERITO VENERABILE PETRI

DEDICAT ECCLESIAE QUEM CAPUT ALTA FIDES DEDICAT ecclesiaのQUEM頭アルタFIDES

CEOLFRIDUS, ANGLORUM EXTIMIS DE FINIBUS ABBAS CEOLFRIDUS、ANGLORUM EXTIMIS DE FINIBUS ABBAS

etc. Despite the variations, there could be no doubt of their identity with the dedicatory verses of Amiatinus; Corpus was of course the original, not Culmen, and Anglorum, not Britonum; the other differences were perhaps due to a lapse of memory, or this version may represent the original draft of the dedication.等の変動にもかかわらず、Amiatinusの奉献詩と自分のアイデンティティの疑いがあるかもしれない;コーパスはもちろんオリジナルではなく、山頂であった、とAnglorumなく、Britonum、他の違いは、おそらくメモリの経過によるものであったか、このバージョンでは、献身の原案を表すかもしれません。 De Rossi's chief point was proved right.デ·ロッシのチーフポイントは右証明された。 It established that Amiatinus originated in Northumberland about the beginning of the eighth century, having been made, as Bede states, at Ceolfrid's order.それはAmiatinusがCeolfridの注文で、ビードの状態として、作成されたということは、8世紀の初めについてノーサンバーランドに由来することを確立した。 It does not follow, however, that the scribe was an Englishman; the writing and certain peculiarities of orthography have led some to believe him an Italian.それは筆記がイギリス人であったこと、しかし、従わない;ライティングと正書法の一定の特殊性は、いくつかは彼にイタリア語を信じる気になっています。 We know that these two monasteries had brought over a Roman musician to train the monks in the Roman chant, and they may also, for a similar purpose, have procured from Italy a skilled calligrapher.我々は、これらの2つの修道院は、ローマの聖歌僧侶を訓練するためにローマのミュージシャンの上に持ってきたことを知って、彼らはまた、同様の目的のために、イタリアから能筆を調達している可能性があります。 The handwriting of Amiatinus bears a strong resemblance to some fragments of St. Luke in a Durham manuscript, to New Testament fragments bound up with the Utrecht Psalter, and to the Stonyhurst St. John; these facts, together with Bede's statement that Ceolfrid had three pandects written, indicate that "there was a large and flourishing school of calligraphy at Wearmouth or Jarrow in the seventh and eighth centuries, of which till lately we had no knowledge at all" (White). Ceolfridは3つを持っていたことビードの声明と一緒に、これらの事実; Amiatinusの筆跡はユトレヒト詩篇と密接に結びついて新約聖書の断片、およびStonyhurstセントジョンへ、ダラム原稿の聖ルカのいくつかの断片に強い似ている書かれた法令全書、(白) "Wearmouthまたはジャローで書道の大規模と繁栄の学校は最近まで、われわれは全く知識がなかった、そのうちの7番目と8番目の世紀にあった"ことを示している。 This conclusion is confirmed by peculiarities in the text and in certain of the summaries.この結論は、テキストとサマリの特定における特殊性によって確認される。

The contents of the first quaternion of Amiatinus coincide so remarkably with descriptions of the celebrated Codex Grandior of Cassiodorus that it has been supposed that the leaves were transferred from it bodily; the conjecture has been rendered more credible by the fact that this codex was actually seen in England by Bede, perhaps before Amiatinus was carried to Rome. Amiatinusの最初のクォータニオンの内容は、それが葉を身体それから転送されたことが想定されていることカッシオドルスの有名なコデックスGrandiorの記述と一致するので、著しく、予想はこのコーデックが実際に見られたという事実によって、より信頼性の高いレンダリングされているAmiatinusがローマに運ばれたかもしれない前に、ビード、イングランド、インチ Moreover, the contents of our codex do not correspond exactly to the list prefixed which purports to give the contents.また、私たちのコーデックスの内容が内容を与えると主張する接頭辞リストに正確に対応していない。 These reasons, however, would only prove that the Codex Grandior served as the model, which seems indubitable; while, on the other hand, weighty reasons have been urged against the other attractive hypothesis (see White and de Rossi).これらの理由は、しかし、唯一のコーデックスGrandiorは間違いのないと思われるモデルを務めていましたことを証明するだろう。しながら、その一方で、重大な理由が(白とデロッシを参照)は、他の魅力的な仮説に押し付けてきた。

Despite the lowering of its date by a century and a half, Amiatinus holds the first place for purity of text among the manuscripts of the Vulgate.一世紀半でその日付の低下にもかかわらず、Amiatinusは、ウルガタ聖書の写本のうち、テキストの純度のための最初の位置を占めています。 Its excellence is best explained on the ground that its prototype was an ancient Italian manuscript, perhaps one of those brought from Rome by Benedict Biscop, perhaps one brought by Adrian, abbot of a monastery near Naples, when in 668 he accompanied Benedict and Theodore to England.その卓越性は、最高668で彼はベネディクトとセオドアに同行したときに、その原型は、おそらくベネディクトbiscopによってローマから持ってきたものか、おそらくエイドリアンによってもたらさ1、ナポリ近くの修道院の修道院長は、古代イタリアの写本であったという理由で説明されていますイングランド。 It is remarkable that Amiatinus and the other Northumbrian codices are nearest in text to Italian manuscripts, especially to Southern Italian, and to manuscripts betraying Italian descent.それはAmiatinusや他のノーサンブリアのCODECは、特に南イタリアへ、そしてイタリアの降下を裏切った原稿に、イタリア語の原稿にテキスト内の最寄りであることが顕著である。 The group to which it belongs bears the closest relationship to the best-esteemed Greek manuscripts extant, aleph, B. (Cf. MANUSCRIPTS OF THE BIBLE; CRITICISM, BIBLICAL, sub-title Textual.) In the Old Testament, the text is not of equal purity throughout; Berger, eg, notes the inferiority of Wisdom and Ecclesiasticus, and Tischendorf of Machabees.旧約聖書では、テキストがない、それが属しているグループには、現存する、アレフ、B.(。批判、聖書、副題の原文聖書cf.の写本)最高の尊敬のギリシア語写本に最も近い関係を有する全体等しい純度の、バーガーなど、知恵と集会の書、とのmachabeesティッシェンドルフの劣性を指摘している。 The Psalter does not present the Vulgate text, but St. Jerome's translation from the Hebrew (cf. PSALTER; VULGATE).詩篇は、ウルガタ聖書のテキストを提示しますが、ヘブライ語(参照詩篇;ウルガタ)から聖ジェロームの翻訳はありません。 The excellence of the Amiatine text is not a new discovery: it was well known to the Sixtine revisers of the Vulgate, who used it constantly and preferred it, as a rule, to any other. Amiatineテキストの優秀さは、新たな発見はありません:それはよく常にそれを使用し、他には、原則として、それを好まウルガタ聖書のシックスティーン改訂者に知られていた。 To this is largely due the comparative purity of the official Vulgate text and its freedom from so many of the corruptions found in the received Greek text, which rests, as is well known, on some of the latest and most imperfect Greek manuscripts.これに公式の一般的なテキストと最新かつ最も不完全ギリシア語写本のいくつかで、よく知られているように、眠っている、受信したギリシャ語のテキストに見られる破損のように多くのからの自由の純度の比較によるところが大きい。

Publication information Written by John Francis Fenlon.ジョン·フランシスFenlonによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Sean Hyland.ショーンハイランド転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume IV.カトリック百科事典は、ボリュームⅣ。 Published 1908. 1908年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.ニヒルのObstat。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです