Coptic Versions of the Bible聖書のコプト語バージョン

Catholic Information カトリックの情報

DIALECTS方言

The Coptic language is now recognized in four principal dialects, Bohairic (formerly Memphitic), Fayumic, Sahidic (formerly Theban), and Akhmimic.コプト語は現在、4つの主要な方言、方言(以前のmemphitic)、Fayumic、sahidicとともに(旧テーベ)で認定され、アクミーム方言されています。 The relative antiquity of these as literary idioms is much debated.これらのような文学的なイディオムの相対的な古さはあまり議論されている。 But the fact is that no Bohairic manuscript and probably no Fayumic manuscript is older than the ninth century, while some Sahidic and Akhimimic codices are apparently as old as the fifth and even the fourth century.しかし、いくつかのsahidicとAkhimimic codexのは明らかとして、第五として、古いものとさえ四世紀いる間おそらくないボハイラ原稿およびno Fayumic原稿は、9世紀ほど古くないという事実である。 In the ninth century Bohairic was flourishing, in Northern Egypt, particularly in the Province of Bohairah (hence its name) south-west of Alexandria and in the monasteries of the Desert of Nitria, while Sahidic was spread throughout Upper Egypt or Sahid (hence the name of Sahidic) inclusive of Cairo, having already superseded Fayumic in the Province of Fayum (ancient Crocodilopolis) and Akhmimic in the region of Akhmim (ancient Panopolis). sahidicさが(それゆえ、上エジプトやサヒド広まった間九世紀にボハイラは、特にBohairah県(それゆえ、その名前)アレクサンドリアの南西とNitriaの砂漠の修道院で、北エジプトでは、繁栄していたカイロのsahidic)は、包括的なの名前は、すでにFayum県(古代Crocodilopolis)に取って代わらFayumicとアフミームの領域(古代Panopolis)にアクミーム方言た。 Later (eleventh century?) when the Patriarch of Alexandria moved his residence from that city to Cairo, Bohairic began to drive out Sahidic and soon became the liturgical language of the Copts throughout Egypt.アレクサンドリアの総主教、その都市からカイロへの彼の住居を移動後(第11世紀?)とき、ボハイラはsahidicさを駆逐し始めてまもなくエジプト全土コプト教徒の典礼言語となった。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
VERSIONS VERSIONS

There are versions of the Bible in all four dialects.すべての4つの方言聖書のバージョンがあります。 All of them are now incomplete, but there is hardly any reason to doubt that they once existed in their entirety.それらのすべてはまだ不完全ですが、彼らは一度、それらの全体に存在していたことを疑う理由はほとんどありません。 It is now considered certain that they were made independently and that their differences are to be traced to a difference between the Greek recensions from which they were translated.現在では、それらは独立して行われたことを特定し、それらの違いは、彼らが翻訳されたギリシャ語からrecensionsの差にトレースされると考えられている。 There is much discussion between specialists as to the age of the Coptic versions, especially as to which of them was made first.コプト語バージョン歳までなどの専門家の間で多くの議論は、それらのどれが最初に作られたように、特にとして、があります。 The present writer in his "Étude sur les versions coptes de la Bible" (Revue biblique, 1897, p. 67) concluded that some Coptic version must have been in existence as early as the end of the second century.彼の "エチュードシュールレバージョンcoptesデラ聖書"(レヴューbiblique、1897年、p。67)筆者はいくつかのコプト語バージョンが2番目の世紀の終わりには早くも存在している必要があることを結論した。 On the other side Forbes Robinson (Hastings, "Dict. of the Bible:, IV, 570) does not think that there is sufficient ground for believing that a Coptic version existed before the fourth century (see also Burkitt in Cheyne, "Encycl. Biblica", IV, 5008 seq.). However, in proportion as older manuscripts are discovered, and Coptic versions are submitted to closer study, the pendulum of opinion is swinging back to the former view. Leipoldt agrees that the Sahidic version was completed about AD 350 ("Gesch. der christlichen Literaturen", VII, 2, Leipzig, 1907, p. 139). Dr. Kenyon goes one step further: "If, therefore, we put the origin of the Coptic versions about AD 200, we shall be consistent with all extant evidence, and probably shall not be very far wrong" ("Textual Criticism of the New Testament", 154, quoted by Budge in "Coptic Biblical Texts", p. LXXXIII). More emphatic still is Horner: "If, with Harnack, relying on Leipoldt we may conjecture, though we cannot prove, that the Sahidic version partly goes back to the third century, there seems some reason for supposing that need of a vernacular version arose as early as the time of Demetrius [AD 188].反対側にはフォーブス·ロビンソン(ヘイスティングス、:Encycl "dictの聖書。、IV、570)十分な根拠がコプト語バージョン(チェーンストークスでもバーキットを参照してください、4世紀前に存在していたことを信じるためにあるとは思いません。" Biblica "、4、5008 seqが。)しかし、古い原稿が発見さに比例し、コプト語バージョンが提出された緊密な研究は、意見の振り子は、元ビューに戻ってスイングしています。Leipoldtはバージョンsahidicが約完了したことに同意します西暦350(の "geschファンデchristlichen Literaturen。"、第VII、2、ライプツィヒ、1907年、P 139。)博士ケニヨンはさらに一歩行く: "したがって、我々は約200の広告コプト語バージョンの原点を置く場合は、我々 "("コプト語聖書の中のテキスト "動かないで引用される、154、"新約聖書の原典批評家 "は、p LXXXIII)現存では、すべての証拠を一貫していなければならないし、おそらく非常に遠く間違ったものではないがこちらは断固たるまだホーナーは、次のとおりです。 "我々はその部分のバージョンsahidic第3世紀にまでさかのぼり、方言バージョンのようなニーズを想定するためのいくつかの理由があると思われることを、証明することはできないが、我々は憶測かもしれないLeipoldtに頼る、ハルナック、場合とディミートリアスの時間と同じくらい早く起きて[AD 188]。 Where history fails us, the internal character of the Sahidic supplies confirmation of a date earlier than the third century.失敗した私たちの歴史はここで、三世紀より前の日付のsahidicとともに供給確認の内部文字。 . .the traces of early mixture shown by the definite tinge of Western influence can hardly be explained except by reference to a date as early as possible. 。西洋の影響の明確な色合いで示される初期の混合物の痕跡はほとんどできるだけ早い日付への参照による場合を除いて説明することはできません。 If Christianity did not exist at all in Upper Egypt before AD 150, then we must come down to the date of Demetrius as the earliest possible date of the version; but if, as is more likely, the Christian religion had spread by means of the Nile immediately after it began to be preached in Alexandria, and had already become infected by heretical and semi-pagan superstitions in the second century, we may provisionally conclude from the character of the Sahidic version that it was made at that time" ("The Coptic Version of the New Testament in the Southern Dialect", III, Oxford, 1911, p. 398).キリスト教は上エジプトではまったく存在しなかった場合、AD 150の前に、私たちは、バージョンのできるだけ早い時期としてディミートリアスの日に降りてくる必要がありますが、として可能性が高くなり、場合には、キリスト教の宗教はによって広がっていたナイル川それはアレクサンドリアで説教されるようになり、すでに2世紀に異端と半異教の迷信に感染になった直後に、我々は暫定的にこれは、その時点で行われたことをバージョンsahidicの文字から結論付けることができる "("南部の方言 "、Ⅲ、オックスフォード、1911年、p。398)コプト語版の新約聖書。

All agree as to the great value of the Coptic versions.すべてはコプト語バージョンの同意を大きな価値として。 The Sahidic version is especially of importance for the study of the Septuagint, as it was made, it seems from Greek manuscripts free from Hexapla influence.それはsahidicバージョンは、特にセプトゥアギンタの研究のために重要である、それはカ国語対訳書の影響力から自由ギリシア語写本からと思われる。 However, the critical value of those versions cannot be fully realized until we have a more comprehensive study of them, based on critical editions as we already have for the New Testament in Boharic and for the Gospels in Sahidic by Horner.我々はすでにBoharicで新約聖書とホーナーsahidicさ福音のために重要なエディションとしては、に基づいてそれらのより包括的な研究を、持っているまでは、これらのバージョンの重要な価値を完全に実現することができません。 The following is a synopsis of the material on hand for the study of the several Coptic versions.以下はいくつかのコプト語バージョンの手には、研究のための材料の概要です。 (See the writer's "Étude des versions coptes de la Bible" in "Rev. bibl." (1896-7) for a fuller account of the Boharic material and in the case of the other three versions for an account up to that date. (Boharic材料の充実アカウントに対して、最大その日付にアカウントの他の3つのバージョンの場合には "牧師bibl。"で作家の "エチュードデバージョンcoptesデラ聖書"(1896から7)を参照してください。

The Bohairic Versionボハイラバージョン

The only complete books of the Old Testament known to be extant in Bohairic are the Pentateuch, the Prophets with Lamentations, the Psalms, and Job.ボハイラに現存であることが知られ、旧約聖書の書籍が完了するだけでは、五、預言者と哀歌、詩篇、およびジョブです。 Of the others we have fragments only, mostly taken from lectionaries.他人の私たちは主にlectionariesから取られ、断片的にしか持っています。 The New Testament is complete.新約聖書は完了です。 Chief editions: Pentateuch, Wilkins (London, 1731); P. de Lagarde (Leipzig, 1867); Prophets and Lamentations, Tattam, Prophetae majores (Oxford, 1852); Prophetae minores (ibid., 1836); Psalms, Tuki (Rome, 1744), Ideler (Berlin, 1837), Schwartze (ibid, 1851); Job, Tattam (London, 1846).チーフエディション:五、ウィルキンス(ロンドン、1731); P.デ·ラガルド(ライプチヒ、1867)、預言者と哀歌、Tattam、Prophetae majores(オックスフォード、1852); Prophetae minores(同上、1836年)、詩篇、Tuki(ローマ、1744)、Ideler(ベルリン、1837年)、シュワルツ(同上、1851);舐め、Tattam(ロンドン、1846)。 The older editions of the New Testament have all been outranked by the recent Oxford edition; "The Coptic Version of the New Testament in the Northern Dialect, otherwise called Memphitic or Bohairic", by Geo.新約聖書の古いエディションは、最近のオックスフォードのすべてのエディションoutrankedされたが、ジオで、 "北部の方言コプト語版の新約聖書には、それ以外のmemphiticまたはボハイラと呼ばれる"。 Horner (4 vols. Clarendon Press, 1898-1905).ホーナー(4 vols学です。クラレンドン·プレス、1898年から1905年)。 The only new manuscript of importance is one of these recently acquired by the late JP Morgan of New York.重要な新しい原稿だけは、最近ニューヨークの後期JPモルガンによる買収もその一つです。 It is supposed to have come from the Monastery of St. Michael in the Fayum as the rest of the collection.それは、残りのコレクションとしてFayumで聖ミカエル修道院から来たことになっています。 It contained once the four Gospels.かつては四福音書が含まれていました。 Many leaves unfortunately are now missing.多くの葉は残念ながら欠けている。 Still it may prove of considerable value as it is from one to two hundred years older than the oldest known Bohairic manuscript of the Gospels (Bodl. Huntington 17, AD 1174).それは、福音書の最古の写本ボハイラ(Bodl.ハンティントン17日、西暦1174年)よりも1〜2百年以前からあるので、まだそれはかなりの価値が証明されるかもしれない。

The Sahidic Versionバージョンsahidic

Of this version until recently we had almost nothing but fragments, representing several hundred manuscripts, chiefly from the monastery of Amba Shnudah (Shenoute) near Sohag province of Akhmim, generally known as the "White Monastery".このバージョンの最近まで私たちは、主に、一般的に "白い修道院"として知らアフミームsohag省は、近くアンバShnudah(Shenoute)の修道院から、数百の原稿を表すが、断片ほとんど何も持っていなかった。 The only complete books were those of the Wisdom of Solomon and the Wisdom of Jesus son of Sirach (Ecclesiasticus), and some of the minor Epistles.書籍が完了するだけでは、ソロモンの知恵とシラクのイエスの息子(集会の書)の知恵のそれら、およびマイナーの書簡の一部であった。 Of late, however, this number has been considerably increased, see above.後半には、しかし、この数は大幅に増加されては、上記を参照してください。 COPTIC LITERATURE, Morgan collection, and British Museum, Recent acquisitions.コプト語文学、モルガン·コレクション、そして大英博物館は、最近買収した。 The most important editions since 1897 (besides those mentioned in the article just referred to) are the following: 1897年以来、最も重要なのエディションは(ちょうど呼ば資料に記載されたもの以外)は、次のとおりです。

Old Testament旧約聖書

(1) Rahlfs, "Die Berliner Handschrift des sahidischen Psalters" (Abhandlungen der königlichen Gesellschaft der Wissenchaften, zu Gottingen, philolog.-hist. Klasse, IV, 4), Berlin, 1901. (1)Rahlfs、 "死ぬベルリナーHandschriftデsahidischen Psalters"(Abhandlungenファンデköniglichenゲゼルシャフト·デアW​​issenchaften、著ゲッティンゲン、philolog.-シーッ。Klasseの、IV、4)、ベルリン、1901年。 This codex, which Rahlfs ascribes to about AD 400, contained in the neighbourhood of 129 leaves out of which 98 are still extant in a rather dilapidated condition. 129近くに含まれているRahlfsがAD約400に帰しこのコーデックスは、98はというと荒れ果てた状態のまま現存しているうちはそのまま残されます。 The greatest lacuna (about thirty leaves), between leaf 94 and 95, covered Psalms 106-143.葉詩篇106から143までをカバーした94と95の間の最大の裂孔(約30葉)、。 Six pages are reproduced in collotype at the end of the book. 6ページは、書籍の末尾コロタイプに再現されています。

(2) "A Coptic Palimpsest containing Joshua, Judges, Ruth, Judith, and Esther", by Sir Herbert Thompson (Oxford Univ. Press, London, 1911). (2)サー·ハーバート·トンプソン(オックスフォード大学を押し、ロンドン、1911年)による "コプトパリンプセスト含ジョシュア、裁判官は、ルース、ジュディス、およびエスター"、。 This palimpsest is the manuscript Add.このパリンプセストは、原稿を追加です。 17,183 of the British Museum known already from the descriptions of W. Wright, "Catalogue of the Syriac Manuscripts in the British Museum", II, 89, no. W·ライト氏の説明からすでに知られている大英博物館の17183、 "大英博物館にあるシリア語カタログの原稿"、2世、89、いいえ。 DCCCXII, and Crum, "Catalogue of the Coptic Manuscripts of the British Museum", no. DCCCXII、およびcrum、 "大英博物館のコプト語写本のカタログ"は、ない。 12. 12。 Specimens of the script, which can be dated in the seventh century, were published by the present writer in "Album de paleographie copte" (Paris, 1888), pl. 7世紀に遡ることができ、スクリプトの標本は、pl、 "アルバム·デ·paleographie copte"(パリ、1888)、現在の作家で出版された。 VII, 1, and LVI, 1.七、1、LVI、1。 Some twenty-five folios of the original manuscript are now missing, leaving as lacunae: Joshua, ii, 15-iii, 5; x, 26-36; xvii, 17-xviii, 6; xix, 50-xx, 1,6; xxii, 14-20; Judges, vii, 2-6, 15-19; viii, 11-19; viii, 28-ix, 8; x, 7-14; xvi, 19-xvii, 1; xviii, 8-21; xix, 8-15; xx, 16-23; xx, 48-xxi, 6; xxi, 15 end; Ruth, iv, 3-9; Judith, ii, 6-iv, 5; v, 6-14; v, 23-vi, 3; vii, 2-7; vii, 18-21; xvi, 7-xvii, 16; Esther (according to Sweet's Greek edition: A, 11-i,11; ii, 8-15; iii, 13-B, 4; iv, 13-C, 6; D, 9-vi, 5; viii, 2-E, 6; E, 17-viii, 12.であり、x、26-36、17、17、18、6、XIX、50-xxの、1,6ジョシュア、II、III-15、5:元の原稿の一部二〇から五フォリオは今窩として残して、欠落している; XXII、14から20、裁判官、七、2-6、15から19、VIII、11月19日、VIII、IX-28、8であり、x、7月14日、XVI、19 - 17、1、18、8 -21、XIX、8月15日、xxは、16から23、XX、XXI-48、6; XXI、15年末、ルース、IV、3-9、ジュディス、2、6-IV、5; V、6 - 14、V、VI-23、3;七、2月7日、第VII、18から21、XVI、7 - 17、16;エスター(甘いのギリシャ語版によると:11-I、11、②、8 - 15、III、13-A、B、4、IV、13〜C、6、D、9 VI、5; VIII、2-E 6、E、17-VIII、12。

(3) "The Coptic (Sahidic) version of certain books of the Old Testament from a Papyrus in the British Museum: by Sir Herbert Thompson (Oxford Univ. Press, London, 1908). This papyrus (British Museum, Or. 5984), once in ordinary book form, now consists of fragments only, preserved in 62 numbered glass frames. Originally it contained the Books of Job, Proverbs, Ecclesiastes, Canticle of Canticles, Wisdom, and Ecclesiasticus (Sirach). Of Job only xxxviii, 27-xxxix, 12 is left. Of Proverbs there are considerable portions from iv, 16 to the end; of Ecclesiastes, likewise from vi, 6 to ix, 6; of Canticle of Canticles, from the beginning to the end; of Wisdom, from the beginning to xix, 8; of Ecclesiasticus from the beginning to xl, 18. The script (illustrated by a plate reproducing Ecclesiasticus Prol., 1-i, 12) is pronounced by Crum (Proc. Of the Soc. of Bibl. Archaeology) to be "Perhaps of the sixth or seventh century". (3) "大英博物館パピルスは、旧約聖書からの特定の書籍のコプト語(sahidic)バージョン:サーハーバートさトンプソン(オックスフォード大学プレス、ロンドン、1908)によるこのパピルス(大英博物館、または5984)。 、通常の書籍の形で一度で、今では62番号のガラスフレームに保存されて断片のみで構成されていますもともとはJobの書籍、箴言、伝道の書は、賛美歌の雅歌、知恵、集会の書(シラク)が含まれていました。仕事の唯一の38、27 12が残っている - 39は、箴言のIV、16から最後までは、かなりの部分、伝道の書、同様にviのは、6〜IX、6に、賛美歌の雅歌から、最初から最後まで、知恵の、から初めからXLサイズは、18〜集会のスクリプト(集会Prolを再現プレートによって示されるように、1-I、12)。SOCのクラム(チュールBibl考古学によって発音され、XIX、8〜始まり。。 ) "たぶん、第6または7世紀"とする。

(4) "Sahidischgriechischa Psalmenfragmente" by C. Wessely in "Sitzungsber. d. kais. Akad. d. Wissenschaften, philos.-histor. Klasse", vol. (4) "philos.-histor。Klasseの、Sitzungsberますd。KAIS。Akadますd。Wissenschaften"でウェセリーCによる "Sahidischgriechischa Psalmenfragmente"誌、vol。 155, I (Vienna, 1907). 155、私は(ウィーン、1907)。 In this the learned curator of the Rainer collection gives us some very important fragments of the Psalms, among which are twenty-four leaves of a papyrus codex containing once the whole Psalter both in Greek and Sahidic on opposite pages, and shorter fragments of two other bilingual parchment manuscripts of the Psalms, and other parchment fragments in Sahidic only.これでコレクションのライナーを学んだ学芸員は、私たちにいくつかの詩篇を授けた非常に重要なフラグメントを与えパピルスコーデックの24葉は含んでいるされている間に全詩篇一度両方の対向ページにギリシャ語とsahidicされ、他の2つの短い断片詩篇の原稿のバイリンガル羊皮紙、唯一sahidicとともに、他の羊皮紙の断片。 Another bilingual fragment of the Psalms, from the same collection, was published by Wessely in his "Griechische u. koptische Texte theologischen Inhalts I" in "Studien zur. Palæographie u. Papyruskunde", IX (Leipzig, 1909) no.同じコレクションから詩篇の別のバイリンガルフラグメントを、彼の "Griechische U。koptische TEXTE theologischen Inhalts私"にウェセリーによって出版された "Studienツア。PalæographieU。Papyruskunde"、IX(ライプチヒ、1909)がありません。 17. 17。

(5) The latter volume of Wessely contains also several fragments of the Old Testament in Sahidic, along with some Psalms in Greek only. (5)ウェセリー後者の体積はいくつかの詩篇はギリシャ語のみと一緒に、またsahidicとともに、旧約聖書の中のいくつかの断片が含まれています。

(6) "Textes de l'ancien testament en copte sahidique" by Pierre Lacau in "Recueil de travaux relatifs a la philologie et a l'archeologie egyptiennes et assyriennes", XXIII (Paris, 1901). (6) "Textesドゥアンシャン遺言専用copte sahidique" "Recueilデtravaux relatifsアラカルトphilologieらA L'考古学egyptiennesらassyriennes"のピエールLacau、XXIII(パリ、1901)によって。 From the library of the Institut Francais, Cairo, one leaf of an Old-Testament lectionary (Borgia, XXXII), and six leaves of a manuscript of Isaias; from the Bibliothèque Nationale, Paris, one leaf of the latter manuscript.フランスの研究所、カイロ、旧新約聖書の聖句集の1葉(ボルジアは、32)、および6葉の写本のisaiasのライブラリーから、国立図書館、パリ、後者の原稿の1葉から。

(7) Winstedt. (7)Winstedt。 Some unpublished Sahidic fragments of the Old Testament in "Journ. of Theol. Studies", X (Oxford, 1909), 233-54.旧約聖書の中のいくつかの未発表sahidicさ断片 ":ダイヤモンド。Theol。研究"、X(オックスフォード、1909)、233から54。 Those are the nos.それらは、nosです。 5, 15, 44, 19, 20, 40, 43, 45, 46, 47, 53, 51, 52, 56, 59, and 14 of Crum's "Catalogue of the Coptic Manuscripts in the British Museum" (London, 1905). 5、15、44、19、20、40、43、45、46、47、53、51、52、56、59、およびcrumの "大英博物館カタログの原稿で、コプト語"(ロンドン、1905)の14 。

(8) "Sahidische Bibel-Fragmente aus dem British Museum zu London I and II" in "Sitzungsberichte der kai. Akademie d. Wissenschaften in Wien, philos.-hist. Klasse", vol. "ウィーンでSitzungsberichteファンデ会。アカデミーD。Wissenschaften、philos.-シーッ。Klasseの"(8) "Sahidische Bibel-Fragmente AUS DEMの大英博物館、ロンドン著IおよびII"誌、vol。 162, VI, and 164, VI (Vienna, 1909-11) by J. Schleifer and "Bruchstucke der sahidischen Bibelubersetzung," (ibid., vol. 170, I, Vienna, 1912) by the same author.同じ著者による162は、VI、および164、J. Schleiferと "Bruchstuckeデアsahidischen Bibelubersetzung、"(同上、巻170、私は、ウィーン、1912年)によってVI(ウィーン、1909年から1911年)。 Those are the nos.それらは、nosです。 11, 43, 48, 47, 21, 51, 40; 1, 4, 5, 7, 10, 13, 23, 8, 938; 9, 934, 935, 936, 953, of Crum's "Catalogue" (see above), plus one fragment from Eaton College Library, London, and one from the Bibliothèque Nationale of Paris (1317, fol. 36). 11、43、48、47、21、51、40、1、4、5、7、10、13、23、8、938、9、934、935、936、953、crumの "カタログ"(上記参照の)、プラス1イートン·カレッジ図書館、ロンドンからの断片、パリの国立図書館(1317、FOL 36)から1。 With reference to the edition of the Paris Old-Testament fragments published by G. Maspero, "Memoires de la Mission," etc. (Paris, 1886) we must mention: G.マスペロによって公開パリ旧新約聖書の断片の版を参照して、 "Memoires·デ·ラ·ミッション"など(パリ、1886)、我々は言及しなければならない:

(9) S. Gaselee's "Notes on the Coptic Version of the LXX, I" in "Journ. of Theol. Studies", XI (1909-10), 246-55, in which the writer supplies from the originals quite a number of corrections and some additions, to the text of the historical books in that edition. (9)S Gaseleeの "LXXのコプト語版についての注意、私は" ":ダイヤモンド。Theol。学"原本からライターは消耗品で、XI(1909年から1910年)、246から55まで、かなりの数歴史的には、書籍のテキストに、いくつかの修正や追加。

Also (10) Deiber's "Fragments coptes inédits de Jérémie", supplying likewise one leaf of Jeremias (23:13-34:4), overlooked by Maspero.また、(10)イェレミアス(23:13-34:4)同様に1つの葉を供給ダイベルの "かけらcoptesinéditsデジェレミー"は、マスペロが見落とし。

(11) Finally, an excellent contribution to the Old-Testament Sachidic fragments by A. Hebbelynck in his "Manuscripts coptes sahidiques du Monastère Blanc, I", reprinted from the "Muséon" (Louvain, 1911).最後に(11)、 "Muséon"(ルヴァン、1911)から転載彼の "原稿coptes sahidiquesデュMonastèreブラン、私は"、のA. Hebbelynckによって古い聖書Sachidic断片への優れた貢献。 The author identifies the fragments scattered throughout Europe which belonged once to the same codices as the thirty-two Borgian fragments.筆者は、32個のBorgian断片と同じcodexのにかつて所属してヨーロッパ全土に散在フラグメントを識別します。 We are informed that this work of identification will be extended to the other fragments of the whole Monastery outside of the Borgian collection.我々は、身分証明書のこの仕事はBorgianコレクションの外側全体の修道院の他の断片に拡張されることが通知されます。

B. New Testament B.新約聖書

(1) "Sacrorum bibliorum fragmenta copto-sahidica musaei Borgiani, vol. III, Novum Testamentum edidit PJ Balestri OSA" (Rome, 1904), with forty full-page collotype specimens under special cover. (1)の下に特殊なカバー40ページ全体のコロタイプ標本との "Sacrorum bibliorum fragmenta copto-sahidica musaei Borgiani、第III巻、ノヴムTestamentum edidit PJバレOSA"(ローマ、1904年)。

(2) "The Coptic Version of the New Testament in the Southern Dialect otherwise called Sahidic and Thebaic, with Critical Apparatus, literal English translation, Register of fragments and estimate of the version", I-III (Oxford, 1911), with photographic specimens of the most important manuscripts.写真付き(2) "批判的な装置とそうでないsahidicとテーベと呼ばれ、南部の方言のコプト語版の新約聖書、リテラル英訳、断片およびバージョンの推定値の登録"、I-III(オックスフォード、1911)、最も重要な写本の標本。 In this masterpiece of patient scholarship, the author (whose name does not appear on the title page), Rev. George Horner, has succeeded in reconstructing the whole of the Four Gospels (a few verses excepted) out of 744 fragments scattered throughout the public and private collections of the world.患者奨学金のこの傑作では、著者(名前がタイトルページには表示されません)、牧師ジョージ·ホーナーは、公的に点在する744のフラグメントのうち4つの福音書(いくつかの印を除く)の全体の再構築に成功してそして世界のプライベートコレクション。 These fragments belonged once to some 150 different manuscripts, the identification of which by the author is perhaps not the least merit of his work.これらの断片は、いくつかの150人の異なる原稿を、著者は、おそらく彼の作品はみじんもメリットがあるの同定にかつて所属。 Unfortunately some valuable fragments, in particular those in the Rainer collection, now incorporated with the Imperial Library of Vienna, were not accessible to Horner in time to be used for his edition.残念ながら、いくつかの貴重な断片が、特に今、ウィーンの皇室に組み込ま図書館のコレクションのライナー、、のそれらは彼の版に使用される時間でホーナーにアクセスできませんでした。

(3) Since then, the New-Testament fragments of that rich collection have been published in autography with the most minute palaeographical details by the curator C. Wessely, "Griechische u. koptische Texte theologischen Inhalts, I-III" in "Studien zur Paläographie u. Papyruskunde", IX, XI, XII (Leipzig, 1909-12). Studienツア "、(3)それ以来、その豊富なコレクションの新旧約聖書の断片がウェセリーキュレーターCで最も分palaeographical詳細を自筆で書くことで出版された、" Griechische U。koptische TEXTE theologischen Inhalts、I-III " PaläographieU。Papyruskunde "、IX、XI、XII(ライプチヒ、1909年から1912年)。

C. Mixed Editions C.ミックスエディション

Fragments both of the Old and the New Testament have also been edited since 1897 (inclusive).新旧両方の聖書の断片も1897(包括的な)した時点以降に編集されています。

(1) By Pleyte and Boeser from the Leyden Museun in their "Catalogue des manuscripts coptes du Musée d'antiquités des Pays-Bas" (Leyden, 1897). (1)ライデンゲルMuseunからPleyteとBoeserによるそれらの "カタログ·デ原稿coptesデュオルセーantiquitésデロワール-BAS"(ライデン、1897)。

(2) By Leipoldt, from the Museum of Berlin in "Aegyptiselie Urkunden aus den königlichen Museen zu Berlin, koptische Urkunden", I (Berlin, 1904). (2)Leipoldtでは、 "Aegyptiselie Urkunden AUSデンköniglichenMuseen著ベルリン、koptische Urkunden"ベルリンの博物館から、私(ベルリン、1904)。

(3) By O. v. Lemm, from the British Museum, the Bibliothèque, Nationale of Paris, the Golenishef Collection, St. Petersburg, and the Berlin Library in his "Sahidische Bibelfragmente III" in "Bulletin de l'Académie imper. des Sciences," Ve, ser., XXV, 4 (St. Petersburg, 1906). (3)O V. Lemmことで、大英博物館、図書館、パリの国立、Golenishefコレクション、サンクトペテルブルグ、そしてアカデミーホテルサンジェルマンimper "掲示板での彼の" Sahidische BibelfragmenteⅢ "でベルリンの図書館から。デサイエンス、 "Veは、特許出願、25、4(サンクトペテルブルク、1906年)。

Most of the New-Testament publications in the fragments just mentioned have been used by Horner for his edition.今述べた断片でNew-聖書の出版物のほとんどは、彼の版のためにホーナーによって使用されている。 But they are not the less welcomed in their independent actual condition, especially when printed page by page and line by line, as done, for instance by Wessely, O. v. Lemm, and Schleifer, so as to give to all students of the Coptic version the means of reconstructing as far as possible the ancient codices as they originally were.しかし、彼らはそれ以下のすべての学生に与えるように、ウェセリー、O. V. Lemm、とSchleiferによって、例えば、行われるように彼らの独立した実態は、ラインによって、ページとラインによるプリント特にページで歓迎されていないコプト語バージョン彼らが最初にあったように、可能な限り、古代の写本を再構築することを意味します。

Fayumic Version Fayumicバージョン

E. Chassinat edited anew and more correctly the fragments once published by Bouriant (Bull. de l'Inst. Franc. D'arch. or. au Claire, II) and showed that they belonged to the same codices as the Borgian "Fragmenta Basmurica", I-III. E. Chassinatは(D'アーチ。Bull.ドゥ総研フラン。または。auのクレア、II)を新たに、より正確に一度Bouriantによって公開断片を編集し、それらがBorgian "Fragmenta Basmuricaと同じcodexの複数に属していることを示した"I-III。 Other additions to the same fragments were made from the Rainer collection by C. Wessely in "Sitzungsber. der kais. Akad. d. Wissensch. in Wien, philos.-hist. Klasse", vol.同じフラグメントに他の追加は "Sitzungsber。ファンデKAIS。Akadますd。Wissensch。ウィーン、philos.-シーッ。Klasseの中で"でウェセリー℃、巻によってコレクションのライナーから作られた。 158, 1 (Vienna, 1908), and Jos. David from the Bibliothèque Nationale of Paris in "Revue biblique" (1910), 80 sqq.. 158、1(ウィーン、1908年)、および "レヴューbiblique"パリの国立図書館(1910年)、80 sqq名からJos.デビッド.. There are also a dozen more fragments rather short, on papyrus or on parchment, described and published as far as they could be deciphered by WE Crum, "Catalogue of the Coptic manuscripts in the British Museum" (London, 1905), nos.記載され、それらは、WEクラムによって解読することができる限り公表パピルスや羊皮紙にかなり短いダース以上の断片、、、 "大英博物館、コプト語の写本のカタログ"(ロンドン、1905)、NOSもあります。 493-510, 1221. 493から510、1221。 Three of those, 500, 502 and 504 are bilingual, one side of the leaf, exhibiting the Greek and the other the Fayumic text.これらの三つは、500、502および504は、Fayumicテキストギリシャやその他を展示し、葉のバイリンガル、片側です。 Since the completion of Crum's "Catalogue," the British Museum has acquired a new fragment, Or. crumの完成以降 "カタログ、"大英博物館が、新しいフラグメントを取得した、あるいはしています。 6948, Acts, vii, 14-28, ix, 28-39. 6948、行為は、VII、14から28、IX、28から39。 It was published by S. Gaselee in "Journ. of Theol. Studies", XI, (1909-10), 514-7.それはSにGaseleeによって出版された ":ダイヤモンド。Theol。の研究"、XI(1909年から1910年)、514から7。

Akhmimic Versionバージョンアクミーム方言

A considerable addition since 1897 has been made to the material for our knowledge of this version, in the discovery of a whole papyrus codex containing the Proverbs of Solomon. 1897年以来、かなりの付加は、ソロモンの箴言を含む全パピルスコーデックの発見に、このバージョンの私たちの知識を材料に作られています。 It is to be hoped that this valuable manuscript, now preserved in the Berlin Library, will soon be published.それが今ではベルリンの図書館に保存され、この貴重な原稿は、まもなく出版されることが期待される。 Apart from that the only other important additions are papyrus fragments of the Gospel of St. John (bilingual, Ch. x, complete in Akhmimic, vv. 1-10, in Greek; xi, complete in Akhmimic, vv, 1-8, 45-52, in Greek; xii, 1-20, in Akhmimic, xiii, 1, 2, 11, 12, in Akhm.) and the Epistle of St. James (I, 13-v, 20).別に他の唯一の重要な追加がセント·ジョン(アクミーム方言で完全なバイリンガル、チャンネルx、、vvは1月10日、ギリシャの福音書のパピルス断片であることから、。XI、完全アクミーム方言で、VV、1-8、 Akhmでアクミーム方言、13、1、2、11、12におけるXII、1月20日、、)、セントジェームスの信徒(私は、13 V、20);ギリシャで45から52、。 They were published by Rosch, in "Bruchstücke des ersten Clemensbriefes" (Strasburg, 1910).彼らは "Bruchstückeデersten Clemensbriefes"(ストラスバーグ、1910)で、Roschによって出版された。 The famous parchment codex of the twelve lesser Prophets in the Rainer collection is unfortunately still unpublished.コレクションのライナーで12より小さい預言者の有名なパーチメントコーデックスは、まだ残念ながら未発表です。 But the short papyrus fragments published by Bouriant have been given out anew in a more correct edition by Lacau in "Bulletin de l'Institut Francais d'archéologie orientale", VIII (Cairo, 1911), 43-107 (see COPTIC LITERATURE in this volume; and EGYPT).しかしBouriantによって公開短いパピルス断片(これで、コプト語の文献を参照してください "掲示板ドゥフランスの研究所考古学オリエン"、第VIII因子(カイロ、1911)、43から107にLacauすることで、より適切な版で新たに配られていますボリューム、およびエジプト)。

Publication information Written by H. Hyvernat. H. Hyvernatによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマスM.バレット転写されています。 Dedicated to the Poor Souls in Purgatory The Catholic Encyclopedia, Volume XVI (Index Volume).煉獄の魂のために、貧しい人に捧げ、カトリックの百科事典、ボリューム世(インデックスボリューム)。 Published 1914. 1914年に公開します。 New York: The Encyclopedia Press, Inc. Nihil Obstat, March 1, 1914.ニューヨーク:百科事典プレス社ニヒルのObstat、1914年3月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです