Simple Christian Beliefs!単純なキリスト教の信仰!

There is an enormous variety of Denominations of Christian Churches, and many of them seem to spend much of their time criticizing the other Denominations!そこにキリスト教の教会の教派の巨大な様々であり、それらの多くは、他の宗派を批判する多くの時間を費やすように見える! They each have developed large quantities of Dogma, where they each feel that only they understand the full Truth of the Lord's Message for us.彼らはそれぞれ彼らそれぞれが唯一の彼らは私たちのために主のメッセージの完全な真理を理解していることを感じるドグマを大量に開発した。 Since those various collections of Dogma never exactly match, that's where they center their criticisms of others.彼らは他人の彼らの批判を中央場所ドグマのそれらの様々なコレクションが完全に一致することはありませんので、それはです。

We tend to wonder what Jesus Thinks of such "in-fighting" among His various Christian followers!私たちは、イエスが様々なキリスト教信者の間でそのような "イン戦い"をどう思うか疑問に思う傾向がある! We suspect that He might be a little disappointed.我々は、彼は少しがっかりするかもしれないと疑っている。 Imagine trying to explain to Him why one feels the intense need to rip into other Christians!一つは他のキリスト教徒にリッピングするための強烈な必要性を感じている理由を彼に説明しようと想像してみてください!

Our Church thinks that nearly all these many Churches believe the same "core beliefs" regarding Christianity, Salvation, Atonement, the Apostles' Creed, the Nicene Creed, those sorts of things.私たちの教会は、ほぼすべてのこれらの多くの教会はキリスト教、救い、贖罪、使徒信条、ニカイア信条、物事のそれらの種類については、同じ "信念"を信じていると思います。 Virtually all of the Dogma has been developed (BY HUMAN CHURCH LEADERS) to try to address many less-central issues, especially those where the Bible itself is silent.事実上すべてのドグマのは特に、それほど中心的な問題は、聖書自体がサイレントであるものに対処しようとする(ヒトの教会指導者による)が開発された。 We suspect that if those many Churches could somehow momentarily overlook those non-central issues, they might see that they are actually all one-and-the-same Christian Church!我々は、これらの多くの教会は何とか一瞬これらの非中心的な問題を見落とすことができれば、彼らは実際にすべてのワンとオーバーザ同じキリスト教の教会であることがわかるかもしれないことを疑う!

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
For these reasons, our A Christ Walk Church might be considered to be a "Primitive" Christian Church!これらの理由から、私たちのキリストウォーク教会は "原始的な"キリスト教の教会であると考えられるかもしれません! In general, we attempt to concentrate on the fairly small number of central Christian beliefs.一般的に、我々は中央キリスト教信仰のかなり少数に集中しようとします。 Related to this, we look to the Bible's examples of Jesus' behavior to gain insights into how He responded to various situations of people around Him.これに関連して、我々は彼が彼の周りの人々の様々な状況に対応したかについての洞察を得るために、イエスの行動の聖書の例を見てください。 It might seem surprising, but we see significant differences from the way most modern Christian Churches act and react.それは意外に思えるかもしれないが、我々は、最も近代的なキリスト教の教会が行動し、反応する方法から有意差を参照してください。

There are remarkably few examples of when He gave generalized "rules" or criticisms.彼は一般化された "ルール"や批判を与えたときの著しく少数の例があります。 Those examples were virtually always when He was defending the Old Testament "Law".彼は旧約聖書 "法"を守っていたときに、それらの例には、事実上常にあった。 In other words, He actually presented very little in the way of Dogma!言い換えれば、彼は実際にドグマのように非常に小さな発表! Rather, in most of His interactions with a wide assortment of people, He generally began by patiently LISTENING to their explanation of a situation.むしろ、国民の幅広い品揃えを持つ彼の相互作用のほとんどは、彼は一般的に根気よく状況の彼らの説明を聞くことから始めました。 Then, after reflection, He acted or Spoke. That seems to us to imply that He made a point to consider the unique circumstances of each person and each situation, rather than looking for universal rules to be able to apply, and then He determined a response specifically for that.次に、反射された後、彼は行動したか、スポーク彼は一人一人、それぞれの状況の固有の状況を考慮すべきポイントを作ったことを意味する私たちのように見えることではなく、適用することができるように普遍的なルールを探して、その後彼が決定そのための具体的に応答。 Again, very little Dogma.再び、非常に少ないドグマ。 No generalized "pronouncements" about what clothing or behavior was permitted or banned.どんな服や行動についての一般化された "公式見解"は許されないか、または禁止された。 See the point?ポイントを参照してください?

Of the New Testament, we certainly recognize that He provided us the example of the Eucharist (meal) and He seemed to imply the merit of (Spirit) Baptism.新約聖書の中で、我々は確かに彼は私たちに聖体(食事)の例を提供し、彼が(霊)の洗礼の良さを意味するように思われたことを認識しています。 His Sermon on the Mount provided some new insights, but the Laws He was expressing were all from the Old Testament.山上の説教は、いくつかの新しい知見をもたらしましたが、彼が表現した法律は、旧約聖書からのすべてだった。 An Old Testament Commandment instructed us to treat neighbors well, and Jesus certainly saw that we often did not do that adequately, so He tried to Teach us better behaviors in those areas.旧約聖書の戒めは、私たちがよく近所の人を治療するために指示、とイエスは確かに私たちはしばしば、十分なので、彼は私達にこれらの分野でより良い行動を教えしようとしたことをやらなかったことを見た。 If THAT is Dogma, we are in!それがドグマである場合、我々はしている!

Some examplesいくつかの例

Abortion, Pre-marital Sex, Tattoos, Gay Rights, Divorce, etc.中絶、婚前交渉、タトゥ、同性愛者問題、離婚など

What is the proper Church position on these various modern society subjects?これらの様々な現代社会の科目で適切な教会の立場とは何ですか? Should a Church permit such things?教会はそのようなことを許すべきでしょうか? Should it absolutely ban them without exception?それは絶対に例外なく、それらを禁止する必要がありますか? These questions have been confronting Churches (and governmental organizations) for decades.これらの質問は、何十年も教会(および政府組織)が直面されています。

Many Churches have official position documents, where they ban such things absolutely.多くの教会が、彼らは絶対にそのようなことを禁止する公式見解文書を、持っています。 Some even go farther, and don't even allow Congregation members to even discuss such matters!いくつかは、さらに遠くに行く、さらには集会のメンバーはさえこのような問題を議論することはできません! Such Churches may not be entirely in touch with the modern real world!このような教会は、現代の現実の世界との接触を完全にないかもしれません!

Interestingly, from our view, is that most of those same Churches are quite familiar with another Commandment about some banned sexual activities, but then strongly endorse and encourage homosexual behaviors!興味深いことに、我々の見解から、それらの同じ教会のほとんどは、いくつかの禁止性的活動については、別の戒めにはかなり精通していることですが、その後強く支持し、同性愛者の行動を促す! How do they do that?彼らはどのようにすればよいでしょうか? It seems to us (a small ignorant Church!) that they are trying to walk both sides of that street!それは、彼らがその通りの両側を歩くしようとしている(小無知な教会!)私たちに見えます!

A lot of Churches choose NOT to have such official position documents, but they present just as harsh a position.教会の多くは、そのような公式見解の文書を選択しない、しかし、彼らは同様に厳しい姿勢を示す。 Apparently, they think that by not having a document, that somehow keeps them from getting negative press coverage.どうやら、彼らは文書を持っていないことで、それが何らかの形で否定的な報道を得ることからそれらを保持していることと思います。

Other Churches that don't have an official position document just seem to act as though the problem doesn't actually exist.公式見解文書を持っていない他の教会はただ問題は実際には存在しないかのように動作するように見える。 Like the military's don't ask-don't tell policy.軍のと同様頼む-無関心ポリシーを教えていない。 Pretend that there is no problem and then you don't actually have to address it.問題がないことをふりをせず、その後、実際にはそれに対処する必要はありません。

Yet other (very liberal) Churches also don't have official position documents, but they privately allow or even encourage such activities.まだ他の(非常にリベラルな)教会も公式見解文書を持っていないが、彼らは個人的に許可するかさえ、そのような活動を奨励しています。 Again, such Churches seem to keep their actions private so they don't have to respond to difficult Reporter's questions.繰り返しになりますが、そのような教会は、彼らが困難なレポーターの質問に応答する必要はありませんので、彼らの行動を非公開にするように見える。

We are pretty sure that each of these positions is wrong!私たちは、これらの各位置が間違っていることをかなり確信しています! Does this mean that we encourage all manner of aberrant behavior?これは我々が異常な行動のすべての方法を奨励することを意味するのでしょうか? Not at all!とんでもない! What does it mean?これはどういう意味?


We think it is critically important that every Clergy member imagine Jesus sitting in YOUR chair, knowing that He would apply Compassion, Tolerance, Understanding, Love and much more to each unique individual and situation. Our Church has long believed in the recently popular WWJD concept (What Would Jesus Do).我々は、それがすべての聖職者のメンバーが、イエスは彼がそれぞれユニークな個人や状況に同情、寛容、理解、愛とはるかに適用されることを知って、あなたの椅子に座っている私たちの教会は長い最近人気のWWJDコンセプトを信じて想像することが非常に重要だと思う(イエスは何をします)。 Rather than getting tangled in immediately spouting 'official' Dogma in many situations, our Church always tries to figure out how Jesus might have handled each unique situation.むしろすぐに多くの場面で "公式"ドグマを噴出に絡まってばかりではなく、私たちの教会は常にイエスはそれぞれ固有の状況を扱っている可能性がありますどのように把握しようとします。 Nearly always, THAT NECESSARILY BEGINS BY LISTENING!ほとんど常に、それは必ずしも聞くことによって始まる! Such introspection helps us conclude that He would have acted rather differently than most Churches (sometimes) do.このようなイントロスペクションは、私たちは彼が行う(ときどき)ほとんどの教会ではなく、違った行動しただろうと結論するのに役立ちます。

A Specific Situation Regarding a Very Young Girl非常に若い女の子に関しては具体的な状況

For example, say a 15-year-old girl tells a Minister that she is pregnant, and that she's afraid of her parents.たとえば、15歳の少女は、彼女が妊娠していることを大臣に伝え、彼女は彼女の両親を恐れていると言う。 I'm sure you can guess how most Churches would respond.私はあなたがほとんどの教会がどう反応するか推測することができます確信している。 Maybe fire and brimstone and threats of Hell.たぶん、火と硫黄と地獄の脅威。 Maybe stern lectures on sin.罪で多分船尾講義。 A bunch of methods.メソッドの束。 All very Draconian.すべて非常に過酷。 The girl was distraught to start with.女の子は始めるのが取り乱していた。 After many Churches are done demeaning her, she may be suicidal.多くの教会は彼女を貶める行われた後、彼女は自殺行為かもしれません。

How would the Loving, Patient, Compassionate Jesus have dealt with her?どのように愛する、患者、情け深いイエスは彼女と一緒に処理しただろう? We guess that He would take her somewhere private, maybe out in the country, all alone.我々は、彼がすべてに単独で、国の彼女のどこか民間、多分アウトを取るだろうと推測する。 He'd say, please sit down and let's talk.彼は言うだろう、座ってのは話を聞かせてください。 And then He'd LISTEN to her story, with no interruptions and no judgment.その後彼は、中断なし無判断で、彼女の話耳を傾けると思います。 At some point, she would be bound to say "I know I did wrong" (after all, she's talking to Jesus!). After she would make that admission, He would see no reason to damage her further. We think He would calmly point out that the past is the past and cannot be changed, and we think He would comment on her recognition of sin.いくつかの時点で、彼女は(結局、彼女はイエスに話している!) "私は私が間違っていた知っている"と言って拘束されることでしょう。 彼女が入院になるだろう後、彼は彼女をさらに損傷する理由はないと思います。我々は彼が冷静だと思う過去は過去であり、変更できません、我々は彼が罪の彼女の認識についてのコメントだと思うことを指摘している。

His Love would just be spilling out all over the place! She would come to be calmed by His Gentleness and His Compassion! 彼の愛は、ちょうどすべての場所でこぼれることでしょう!彼女は彼の優しさと彼の慈悲によって鎮められるようになって思います! The two of them would eventually walk back toward town and see if they could do damage control.二人は最終的に町に向かって歩くと、彼らはダメージコントロールを行うことができるかどうかだろう。 At no point would He ever rail on her, and He would have been infinitely Patient with her, and she would absolutely know she was Loved.ない時点で彼は彼女の上にレールまででしょう、そして、彼は彼女と無限患者だっただろう、と彼女は絶対に彼女は愛されていた知っているだろう。 (Note that we are considering the situation where she ACKNOWLEDGES sinfulness. If she had a different attitude, Jesus would surely respond very differently.) And she would probably have Him near her when she confronted her parents, so she wouldn't have to face THAT experience alone. (彼女は違った態度を持っていた場合、イエスは確かに非常に異なって反応するだろう。我々は彼女が罪を認めるような状況を考慮していることに注意してください)​​そして、彼女は彼女の両親に直面したとき、彼女はおそらく彼女の近くに彼がいるでしょうから、彼女が直面しなければならないでしょうそれだけの経験。

OK. [OK]をクリックします。 So she comes out of almost any Church and is thinking about suicide, because of the Church's reaction (which she expected).そこで彼女は、ほぼすべての教会から出てきているため、教会の反応の自殺、(彼女が期待される)を考えている。 And she still has to face her parents, and she will feel mighty alone there, too.そして、彼女はまだ彼女の両親に直面していると、彼女はあまりにも、そこに一人で強大な感じになります。 Pretty different from a smiling, confident girl who was counseled by Jesus.イエスによって助言された笑みを浮かべて、自信を持って女の子からかなり異なる。 Seems to me that many Churches currently do a pretty poor job of (sometimes) representing Him.多くの教会は現在、神を表すのはかなり悪い仕事を(時々)を行うように私には思える。 (a personal opinion.) (個人的な意見。)

A Church either can or cannot justify its thoughts and actions, such as the example above.教会はどちらか、または、上記の例のように、思考と行動を正当化することはできません。 Denominational Churches often have to explain to a hierarchy up above, and that is unfortunate.宗派の教会が頻繁に上の階層に説明しなければ、それは不幸なことです。 And, we can all imagine the news reports that would arise if a Church gave that sort of counsel to a pregnant young girl!そして、我々はすべての教会が妊娠若い女の子に弁護人のその種を与えた場合に生じるの報道を想像することができます! But note that Jesus would never have condoned what had happened, but instead noted that the FUTURE is where we are all going.しかし、イエスは何が起こったかを容認せず、その代わりに、我々はすべての行くところ未来があることを指摘しなかっただろうことに注意してください。 However, it would be so good if a member of the Clergy would rightfully have had to answer only to the Lord for the decisions made if offering such counsel.聖職者のメンバーは当然唯一のそのような助言を提供する場合の意思決定のために主に答えなければならなかったであろうとすれば、それはとても良いでしょう。

Of course, none of us are actually Jesus, so a Church could sometimes foul things up.もちろん、私たちのどれも、実際にはイエスませんので、教会が、時には物事を台無しにする可能性があります。 Churches are collections of human beings, who are capable of errors.教会は、エラーの可能な人間の集まりです。 The centrally important part we see is that each Church strive to do as that Church believes Jesus might have done in a similar situation.我々が見る一元重要な部分は、各教会は、その教会は、イエスが似たような状況で行われたかもしれないと考えているとして行うように努力することです。 That almost never would involve quoting some generalized Dogma.ことはほとんどないいくつかの一般的なドグマを引用し巻き込むんだろう。 Sometimes, that period of introspection allows amazing clarity in murky situations, like with the pregnant girl.時には、内省のその期間は、妊娠中の少女と同じように、暗い状況で驚くべき明快さを可能にします。 How would your Church have responded if a girl approached with that very traumatic situation?少女はその非常に外傷状況に近づいた場合、どのようにあなたの教会は、対応してきましたでしょうか? Certainly, a very tough question, as many personal situations are.確かに、非常に難しい質問では、多くの個人的な状況があるので。

It is unfortunately very common for Churches to immediately respond in some legalistic, pre-programmed way.教会はすぐにいくつかの律法主義、事前にプログラムされた方法で対応することは残念ながら非常に一般的です。 But that was a scared, hurting young person, in a life-changing crisis of a situation.しかし、それは状況の人生を変えるような危機に、おびえさせている、傷つけて若い人だった。 Before jumping to any degrading response, just consider the thoughtful way Jesus might have handled it.任意のレスポンス劣化にジャンプする前に、ちょうどイエスがそれを処理した可能性があり思いやりの道を検討してください。 Then say and do what is appropriate for that unique situation.その後、そのユニークな状況に適しているかと言うとやる。


We want to clarify something here. This whole scenario discussed above is considering a situation which has already occurred. BEFORE the fact, it is absolutely important to strongly emphasize all the proper Christian behaviors and thoughts, in this example, the teaching of the usual abstinence positions of Christian Churches, and fairly aggressively. The young girl scenario discussed above would be a proper handling of such a situation AFTER the fact, and assuming the girl knew that it had been wrong, where nothing could change events that had already happened.我々はここで何かを明確にしたい。 前述のこの全体のシナリオが既に発生している状況を考慮されています。事実の前に、それは強く、この例では、すべての適切なキリスト教の行動や思考、、 いつもの禁欲の教えを強調するために絶対的に重要であるキリスト教の教会の位置は、かなり積極的には前述の若い女の子のシナリオは、事後にそのような状況の適切な取り扱いとし、何がすでに起こった事象を変えることができなかった場合には、女の子はそれが間違っていたことを知っていたと仮定します。

Actually, our Church's approach on many such subjects is actually even MORE strict than that of many Churches, BEFORE the fact.実際に、そのような多くの話題について私たちの教会のアプローチは事実の前に、実際には多くの教会のそれよりもさらに厳しくなっています。 We are VERY CONSERVATIVE!我々は非常に保守的である! There is no doubt that Jesus would have been very stern in His teaching of the Lessons of the Bible.イエスは聖書のレッスンの彼の教えに非常に厳しいあったであろうことは間違いありません。 For example, can you imagine His reaction to the large numbers of "lazy" Christians, who only go to Church and "waste" their time there, because it is supposed to be compliance with the "minimum requirements" expected of him/her.たとえば、あなただけの教会に行くと、それは彼/彼女に期待される "最小要件"に準拠することになっているので、そこに自分の時間を "浪費" "怠惰な"キリスト教徒、数が大きくなって彼の反応を想像することができます。 Such people's actions are empty, and virtually meaningless.そのような人々の行動は空であり、実質的には意味がありません。 The main hope for any Church is that, potentially, regular exposure to Christianity might some day get through to them.どんな教会の主な希望は潜在的に、キリスト教への定期的な曝露がいつか彼らに通じ得るかもしれない、ということです。 Just going through the motions won't cut it.ただ動きを通過すると、それをカットされません。 Actual Faith and Passion are necessary!実際の信仰と情熱が必要です!

Our significant variation demonstrated in the above scenario is in the dealing with a person who has already committed some sin, AND WHO SHOWS EVIDENCE OF REMORSE ABOUT IT.上記のシナリオで示した当社の重要な変化は、すでにいくつかの罪を犯した者への対応であり、誰がそれについて反省の証拠を示している。 In such a case, there is no doubt that Jesus would have been Divinely Compassionate.このような場合には、イエスが神の思いやりだっただろうことは間違いありません。

The result is that our approach is not necessarily any more "liberal" than other Churches in our Teaching.結果は我々のアプローチは、必ずしも私たちの教育の他の教会よりももっと "リベラル"ではないということです。 The difference is in applying Compassion in dealing with human situations, where Compassion is called for.違いは、慈悲が要求される人間の状況に対応するには同情を適用することになっています。

Our Approach to Marital Counseling結婚カウンセリングの考え方

It seems useful here to describe our approach to Marriage Counseling, as we think it shows the sort of approach we feel is both effective and extremely Christian.それは我々がそれは我々が感じる一種の​​アプローチが効果的かつ非常にキリスト教の両方であることを示していると思うと、結婚カウンセリングへの取り組みを説明するためにここで役に立つと思われる。

Our Church developed this approach in 1996 for counseling regarding marital disputes and disputes between neighbors.私たちの教会は夫婦間の紛争や近隣諸国との間の紛争に関する相談のため、1996年にこのアプローチを開発しました。 The following is a reasonable description of the process.以下に、プロセスの合理的な説明です。

Our approach is apparently rather unique!我々のアプローチは明らかにかなりユニークです! We prepare an office (inside the Church) with four chairs, the standard one of the Minister behind the desk and three others.我々は、4つの椅子、机の後ろ大臣と3人の標準的なものを使用してOfficeを(教会内部)を準備。 Two are rather generic, and usually are folding chairs, which are placed about 5 feet apart, near the middle of the roomm, both facing the same direction, and we generally place a "privacy screen" (a portable partition) in the space between those two chairs.二つはかなり一般的なものであり、通常roommの中央付近に、離れて約5フィートを置かれる折りたたみ椅子、同じ方向を向いて、両方があります、そして、我々は一般の間の空間に "プライバシースクリーン"(携帯用パーティション)を置くそれらの椅子2脚。 The two seated people cannot see each other. 2座った人々はお互いを見ることができません。 In front of the two chairs, around ten feet away, we place a nice upholstered chair (from a living room) (facing the two folding chairs).二つの椅子の前で、周りに10フィート離れて、私たちは素敵な布張りの椅子を(居間から)(2折りたたみ椅子が直面している)を置きます。 The husband and wife are greeted and then asked to sit on the folding chairs, where they actually cannot see each other but can clearly hear each other.夫と妻が挨拶し、その後、彼らが実際にお互いを見ることはできませんが、明らかにお互いを聞くことができる折りたたみ椅子、上に座るように求められます。

The Minister starts out the meeting by standing near the upholstered chair.大臣は、布張りの椅子の近くに立って会議を開始します。 The Minister then always notes that we are in a Church, which is a House of the Lord. The Minister then tells them that the Lord Jesus has been Invited to assist and participate in the discussion (in His Own House), and that we provided the upholstered chair for Him, in the event that He chooses to participate in resolving their issues.大臣は、常に私たちは主の家である、教会内にあること指摘している大臣はその後、主イエスは、議論(自分の家)を支援し、参加するように招待されたことを伝え、私たちが提供した彼は彼らの問題の解決に参加することを選択した場合に、彼のための布張りの椅子。 The Minister then asks them to never speak to each other but to try to only speak to the Lord Jesus.首相はその後、お互いに話すことがないことではなく、主イエスだけに話そ ​​うとすることを求めます

Once this is understood, the Minister then asks each of them, in turn, to describe to the Lord Jesus what the situation is.これが理解されれば、首相はその後の状況が何であるかを主イエスに記述するために、順番に、それらの各々を尋ねます。 It is amazing how polite and pleasant people are when they are speaking to a chair in which the Lord Jesus may be Sitting!それは、彼らは主イエスがお座りすることが可能な椅子に話しているときに丁寧で気持ちの良い人々がどのように素晴らしいです! There are virtually never any harsh words or anger in any comments, but instead quite carefully chosen and concise and clear descriptions of how each sees the situation.そこに何かコメント内の任意の厳しい言葉や怒りは、事実は決してありませんが、代わりに非常に慎重に選択し、それぞれの状況を見てどのように簡潔かつ明確な説明。 The Minister's function is in principle as a "referee" in case anyone would ever say anything that might not be appropriate in front of the Lord, but that never yet happened!首相の機能は、誰もが今までに主の前には適切ではないかもしれない何かを言う場合には "審判"として原則的にですが、まだ何が起こっていることはありません! The Minister is also a traffic cop to ask when one person has completed comments to the Lord, where the other person then has the same opportunity.大臣は、一人が他の人が同じ機会を持って主にコメントを完了したときに聞いても、交通警官です。

There have been some people who have felt that they needed to kneel and/or bow down before the Lord, but most people simply sit in the chairs.彼らはひざまずいて、そして/または、主の前にひれ伏す必要があると感じたが、ほとんどの人は単に椅子に座っている何人かの人々がありました。 One man once asked if he was supposed to stand up (I guess like in a school classroom) in order to speak to the Lord and I just answered by suggesting doing what he felt the Lord might wish him to do.彼は主に話すために(私は学校の教室のように推測する)立ち上がることになって、私はちょうど彼が主は彼が何を望むかもしれないと感じた何をして提案することで答えていた場合、一人の男が一度尋ねた。

The Minister's other function is to ask a few very simple questions, specifically "Please describe to the Lord the current situation", (one then the other); "Please describe to the Lord what changes you think would improve your situation" (one then the other); and "Please describe to the Lord what changes you are willing to make toward improving the situation" (in that order). (その後1 "あなたはあなたの状況を改善するだろうと思うどのような変更を主に説明してください";大臣の他の機能は、いくつかの非常に簡単な質問を具体的には、(当時1他) "主に、現在の状況を説明してください"ということです)他の工程と、(その順序で) "あなたをどのような変更を主に記述してください、状況の改善に向け作るために喜んでいる"。

It has been astounding at how effective this has been! There are NO harsh words or nasty comments, and our Ministers have only rarely had to even say "Ummm" when someone started to say something that might not fully be respectful of the other person. それは厳しい言葉や不快なコメントはありません!これがされているどのように効果的で驚異的なされている 、と我々閣僚はまれにしかであっても、誰かが完全に他の人を尊重しないかもしれない何かを言い始めたときに"うーん"と言うこともありませんでした。

This is in contrast to the usual "evil looks" at each other, the accusations, the anger, and the rest that generally exist in a confrontational atmosphere of standard marital counseling sessions.これは、一般的に標準の結婚カウンセリングセッションの対決な雰囲気の中で存在し、お互い非難、怒り、安静時に "悪が見える"いつものとは対照的である。 And that traditional "standard" approach rarely has the two leaving in much better mood or attitude than they came in, each often just wanting to have a chance to "vent" at the other!そして、その伝統的な "標準"のアプローチはほとんど彼らが入ってきたよりも、各しばしば単に他で "噴出する"機会を持つようにしたいと、ずっと良い気分や態度に残して2を持っていません!

There is no comparison between the two!両者の間には比較はありません! Some couples leave arm-in-arm, and MANY leave hand-in-hand!いくつかのカップルがアームインアーム、多くの休業手に手を残す! I am not aware of any other Church that uses this approach, but I think they certainly should try it!私は、このアプローチを使用して、他の教会の承知していないが、私は彼らが確かにそれを試してみるべきだと思います!

Don't we all claim that Jesus is Gentleness?私たちは皆、イエスが優しさであると主張しませんか? These examples are intended to suggest that modern Churches could and should attempt to duplicate that.これらの例は現代の教会ができたことを示唆することを意図しているとことが重複するのを試みるべきです。 Some do, but seemingly far too few.いくつかの操作を行いますが、一見したところ、あまりにも少ない。



We believe that if Churches would generally adopt this sort of humanistic approach, Christian Congregation members would benefit.私たちは、教会は、一般的にヒューマニスティック·アプローチのこの種を採用する場合には、クリスチャン会衆のメンバーが恩恵を受けるだろうと信じています。 And the Lord's Work would be done more effectively.そして、主の作業をより効果的に行われるだろう。 Congregation members would sense Compassion, and possibly an extra enthusiasm might arise for the Church and its Work.会衆のメンバーが同情を感じるでしょう、おそらく余分な熱意は、教会とその仕事のために発生する可能性があります。

It is our belief that virtually ANY existing Church could choose to incorporate our Compassionate emphasis.それは実質的に任意の既存の教会が私たちの思いやりの重点を組み込むことを選択できることを私たちの信念です。 It may require a slight downplay of their Dogma occasionally, but otherwise we think Churches should seriously consider attempting to be more Compassionate to their Congregation members, ie, more like Jesus probably would be!それは我々は教会が真剣に自分の会衆のメンバーにもっと思いやりのあることを試みる検討すべきだと思う時折彼らの教義の軽視が、それ以外は若干のを必要とするかもしれない、もっとイエスのようなつまり、おそらくだろう! (I have trouble imagining Jesus giving a hellfire-and-brimstone Sermon to followers!) (私はトラブルイエスは信者に業火·アンド·硫黄の説教を与える想像を持っている!)


So, what does this mean as regarding our Church's "position" on the various matters mentioned in the title above?ですから、これは上記のタイトルに記載されている様々な事柄について私たちの教会の "位置"に関するとして何を意味するのでしょうか? Essentially, it means that, since the Bible does not directly address those matters, we find it appropriate to learn about the unique person and the unique circumstances before rendering our counsel.本質的に、それは、聖書が直接それらの事項に対処していないので、我々は弁護士をレンダリングする前にユニークな人と固有の状況について学ぶことが適切な見つけることを意味します。

There have been many historic cases in other Churches, where such young girls as discussed above had been raped, and the Church absolutely insisted, demanded that she not only have the baby but raise it as her own.あり、上述したような若い女の子がレイプされた他の教会には多くの歴史的な例であって、教会は絶対に主張し、彼女は唯一の赤ちゃんを持っているが、それ自分とを上げないよう要求している。 There have been women whose entire lives have been destroyed as a result, and the resulting baby suffered as well.その一生結果として破壊され、結果として赤ちゃんが同様に苦しんでされた女性があった。 It is hard to imagine that every young girl forced into that situation would put a full life-long effort into loving and mothering a baby symbolic of the most horrendous event of her life.それは、そのような状況に追い込ますべての若い女の子は彼女の人生の中で最も恐ろしい出来事の象徴赤ちゃんを愛し、母親にフル生涯努力をすることを想像するのは難しいです。 What ultimate good could ever come from that?良い究極の何が今までとは来るだろうか? Both mother and child are irreparably damaged, and much of that damage came as a result of a Church expressing an absolute dogmatic position.母と子の両方が取り返しのつかない損害を与え、そして多くのそのダメージのは、絶対的な独断的な位置を表す教会の結果として来ています。

Now, it might happen that a thoughtful and compassionate Clergyman, after listening to her whole story, might conclude that she had the strength of will, and sufficient self-image, and a limited memory of horror, might conclude that she should have the child, and possibly even raise it.さて、それは思慮深く、思いやりのある牧師は、彼女の一部始終を聞いた後、彼女は意志の強さ、そして、十分な自己イメージ、ホラーの限られたメモリを持っていたと結論するかもしれないことが起こるかもしれませんが、彼女は子供を持つべきであると結論するかもしれない、おそらくも、それを上げる。 However, if that thoughtful Clergyman realized that she was an ultra-sensitive child herself, where nightly nightmares kept her from ever sleeping, or that she had no functional parents or family of her own to help out, or if it was very clear that she would forever hate the baby as a symbol of her horror of rape, we think he should realistically consider the possibility of encouraging adoption or, extremely rarely, possibly even abortion.しかし、その思慮深い牧師は、彼女は毎晩悪夢が今まで寝てから彼女を維持した超高感度子供自身、または彼女が手助けする機能両親または彼女自身の家族を持っていたか、そのことに気づいた場合、それは非常にはっきりしていた場合、その彼女永遠にレイプ彼女の恐怖の象徴として、赤ちゃんが嫌いであろう、我々は彼が現実的に採用を奨励したり、非常にまれに、可能性も、流産の可能性を検討すべきだと思う。

This approach probably means that in 99.8% of cases, the Clergyman would deny support for her getting an abortion, because it represented a "convenient" solution for her after irresponsible activities.それは無責任な活動の後、彼女のための "便利な"解決策を表すので、このアプローチは、おそらく、例99.8パーセントで、牧師は彼女が中絶を取得するためのサポートを拒否するであろうことを意味する。 But in the remaining 0.2%, he would actively support her in proceeding along that path.が、残りの0.2パーセントで、彼は積極的にその経路に沿って進んで彼女を支持するだろう。 We don't think he should get any more involved than in giving his Blessing and in regularly staying in contact with her so she knows she is never alone, and always Loved.我々は、彼がこれ以上彼の祝福を与えることにし、定期的に彼女と接触して滞在よりも巻き込まれるべきではないと思うので、彼女は彼女が一人になることはありませんし、常に愛さ知っています。

Just what that percentage might be is irrelevant.パーセンテージがあるかもしれないだけで何とは無関係です。 The point is that every individual situation should be considered separately, based on the merits and circumstances of the person and situation. A very strong Church position against abortion would be Preached, but the possibility of dealing with an "exception to the rule", after the fact, should remain.ポイントは後に、中絶に対して非常に強い教会の位置が宣べ伝えられるであろう 。すべての個々の状況は、人や状況の長所と状況に基づいて、個別に考慮されるべきであるということですが、 "規則の例外"に対処するための可能性事実は残るはずです。

We think that Jesus would consider this to be common sense!私たちは、イエスが、これは常識であると考えるだろうと思います!



Our procedure, and our recommendation to other Churches, is this.私たちの手順、および他の教会への私たちの推薦は、次のようなものです。 For EACH individual situation, BEFORE formulating any opinions or conclusions, we want the person involved to have complete freedom in describing the circumstances and situation of the matter at hand, without ANY interruptions or criticisms, and with plenty of time for the person to present the whole picture.個々の状況に応じて、任意の意見や結論を策定する前に、我々は任意の中断や批判せずに、手で問題の状況や事情を説明する際に完全な自由を持っている関係者をしたいと思い、人のために時間をたっぷり使って提示する全体像。

After that presentation, rather than then expressing some official position, we try to think of Socratic-type questions to ask.そのプレゼンテーションではなく、その後いくつかの公式の立場を表明した後、我々は聞いてソクラテス型の質問を考えてみてください。 (This is often the toughest part!) The ancient Greek philosopher Socrates is described as a teacher, but he seldom taught anything! (これはしばしば過酷な部分です!)古代ギリシャの哲学者ソクラテスは教師として説明したが、彼はあまり何かを教えない! He generally asked insightful questions, where a companion would then need to think through some train of logic in order to formulate a response.コンパニオンがその応答を定式化するために、ロジックの一部列車を通して考える必要があるでしょうここで、彼は一般的に、洞察力に富んだ質問をしていました。 In a case like the girl above, a few such questions are obvious: "Would you want to continue with High School?"上記の女の子のようなケースでは、いくつかのような質問は明白です: "あなたが高校を続行させることを望みますか?" "Will you be able to get an education and an eventual job to support the two of you?" "あなたはお二人をサポートするために、教育や最終的な仕事を得ることができるだろうか?"

Depending on the personality of the person, it may not even be necessary at all to express disappointment, anger, or punishment.人の性格に応じて、それも失望、怒り、または罰を表現するために、まったく必要でないかもしれません。 They may be able to work through all those things themselves, and then your responsibility is to be supportive, and Compassionate.彼らはすべてのそれらの事自分自身を介して動作することができる場合があり、その後、あなたの責任は、支持し、思いやりになることです。

We have been concentrating on the "immediate" types of situations.我々は状況の "即時型"のタイプに集中されている。 The less immediate situations, like the possibility of a tattoo or conversations regarding gay life-styles or pressures toward pre-marital sex, should be handled in appropriate similar ways.入れ墨や同性愛者のライフスタイルや婚前交渉に向けた圧力に関する会話の可能性のようにそれほど即時の状況は、適切な同様の方法で処理する必要があります。 Again, there can be very strong "standard" positions on such issues, but the positions should always have a small amount of flexibility for unique situations and/or unique individuals.繰り返しになりますが、このような問題に非常に強い "標準"の位置が存在することができますが、位置は常に一意の状況および/またはユニークな個人向けの柔軟性の少量を持っている必要があります。


All of the DIFFERENT Bibles Indicate DIFFERENT聖書のすべてが記入
Uncertainty as to the Real Scripturesリアル聖書のように不確実性

Many modern Christians have chosen to have an attitude where they feel they can pick and choose whatever parts of the Bible they want to believe or that they want to obey.現代の多くのキリスト教徒は、彼らが拾うと、彼らが信じるかどうか、彼らは従うしたいし、好きな聖書の部分を選択することができます感じの態度を取ることを選択しました。 They often cite the fact that dozens of popular Versions of the Bible exist, which don't agree exactly with each other, claiming that that indicates uncertainty as to what it actually says.彼らはしばしばお互いに正確に一致していない聖書の存在するポピュラーなバージョンの数十は、それが実際に言っていることに関して不確実性を示していると主張しているという事実を指摘している。

Such is not the case.このようなケースではありません。 There certainly are many Versions, and they don't always read the same.そこに確かに多くのバージョンがあり、彼らはいつも同じことを読んでいない。 But that has nothing to do with knowing the words!しかし、それは言葉を知っているとは何の関係もありません! The New Testament was originally written in a Greek dialect, and nearly all of the Old Testament was written in ancient Hebrew, later translated into Aramaic.新約聖書はもともとギリシャ語の方言で書かれており、ほぼすべての旧約聖書のアラム語は後に翻訳され、古代ヘブライ語で書かれています。 All of those words are very accurately known.それらの言葉のすべてが非常に正確に知られている。 Better than that, the various possible meanings of all those words are also known.それより良い、すべてのそれらの単語の様々な意味も知られている。 There is a reasonably popular book, called the Strong's Concordance, which lists every one of those original words, with all their possible meanings, as translated into English.合理的に人気のある本がありますが、英語に翻訳されたとして、そのすべての可能な意味で、それらの元の言葉の一つ一つをリストの強力なコンコーダンスを、と呼ばれる。

That's where a major problem lies, in translating those words into English.主要な問題は英語にそれらの単語を変換するときに、どこにあるからだ。 Many words and phrases can be translated more than one way into a different language.多くの単語やフレーズは、別の言語に複数の方法で翻訳することができます。 Remember that Bueños Dias or Aloha can mean either 'hello' or 'goodbye'. ブエノス·ディアスアロハのいずれか'こんにちは'または'別れ'を意味することができることを覚えておいてください。 For each popular translation of the Bible, many dozens of talented translators were involved.聖書の各人気の翻訳については、有能な翻訳者の多くは数十関与していた。 And they all regularly faced words and phrases that have that hello/goodbye aspect to them.そして、彼らはすべて定期的に彼らにそのこんにちは/さようなら側面を持っている単語やフレーズに直面していました。 They used their best judgment as to what the Original text actually meant, in order to select the best translation.彼らは最高の翻訳を選択するために、元のテキストが実際に何を意味するように彼らの最善の判断を使用していました。 THIS is actually the source of virtually all the variation among Bible Versions.これは実際には事実上の源聖書バージョン間のすべてのバリエーションです。 Virtually all serious Bible students keep a Strong's handy, to look up the original source word when the slightest uncertainty seems present.実質的にすべての重篤な聖書の​​学生はわずかな不確実性が存在すると思われるときに、元のソース·ワードをルックアップするために、強いの手元に保管してください。 We highly recommend that.私達は非常にすることをお勧めします。

As to the accuracy of those original words, modern research has accomplished much.それらの元の単語の正確性について、現代の研究は多くを達成した。 As it happens, researchers have discovered over 15,000 scribe-written copies of various Books of the Bible.それが起こるように、研究者は、聖書の様々な書籍のスクライブ·書かれた15,000以上のコピーを発見した。 Enormous amounts of effort have gone into comparing every single character of all of them, and a variety of research methods have been used whenever any differences have been found, in order to determine the actual correct character.努力の膨大な量は、それらのすべてのすべての単一の文字を比較しに行っており、任意の違いは実際に正しい文字を決定するために、発見されていたときに研究の様々な方法が用いられてきた。 With so many existing scribe Manuscripts and such massive analytical efforts, the current original texts are essentially 100% accurate.非常に多くの既存のスクライブ写本や大規模な分析的努力により、現在、元の文章は、基本的に100%正確である。 No significant errors could still exist in any of the Books of the Bible.有意なエラーはまだ聖書の書籍のいずれにも存在しなかった。

There is a related issue.関連する問題があります。 Some Christians have come to feel that they are free to believe or question anything they wish in the Bible.一部のキリスト教徒は、彼らが聖書に望む何を信じるか、気軽に質問していることを感じるようになってきている。 This has given them the impression that they have great liberty regarding what they are required to do and think in order to be a Christian.これは、彼らが彼らがやるとクリスチャンになるために考えることを要求され​​るかについての偉大な自由を持っているという印象を与えている。 They are certainly wrong.彼らは確かに間違っている。

A person is certainly free to decide whether the Bible has any value or not.人は確かに聖書はどのような値を持っているか否かを自由に決めることです。 A central issue in that matter is usually regarding whether God "inspired" the Bible's human authors.その問題の中心的な問題は、通常、神が聖書の人間の著者を "触発された"かどうかについてです。 Consider the possibilities.可能性を検討してください。

IF a person does NOT think that God inspired the Bible, or that God doesn't even actually exist, then the Book would seem to have very limited value, and it would certainly not deserve to be the central focus of Faith.人は神が聖書にインスピレーションを与えていることは考えていない、あるいは神さえ実際には存在しないという場合は、予約は非常に限られた値を持っているように思えるでしょう、そしてそれは確かに信仰の中心的な焦点であるに値しないだろう。

On the other hand, if one accepts the idea that God participated in inspiring the Bible, it becomes an important Book.一つは神が聖書を鼓舞に参加しているという考えを受け入れる一方、もし、それが重要な予約となります。 Technically, there would still be three possibilities to consider.技術的には、まだ考慮すべき3つの可能性があるでしょう。

  1. If God inspired the Bible, and it is all absolutely and precisely true (in its Original language and the Original Manuscripts) and accurate, then we should carefully pay attention to every detail of it.神が聖書にインスピレーションを与え、それがすべて絶対にかつ正確に真(元の言語と、元の原稿で)正確であるなら、私たちは慎重にそれの細部に注意を払う必要があります。 Traditionally, this has always been the case for both Christians and Jews.伝統的に、これは常にキリスト教徒とユダヤ人の両方のためのケースとなっています。

  2. If God inspired the Bible, but He is Evil, then it is likely to nearly all be untrue.神様が聖書にインスピレーションを与えたが、彼は悪であるなら、それは、ほぼすべて虚偽である可能性が高い。 However, no accepted concept of God would see that as possible of Him.しかし、神の概念は全く受け入れ彼のそれはできるだけ見ないであろう。

  3. If God inspired the Bible, but it contains both Truths and untruths, and it contains inaccuracies or distortions, this appears to be the only possible assumption of those Christians who feel they can freely select the parts of the Bible they want to obey.神が聖書にインスピレーションを与え、それが真実と虚偽の両方が含まれ、それは、不正確な情報や歪みが含まれている場合、これは、彼らが自由に彼らが従うたい聖書の部分を選択することができ感じるものキリスト教徒の唯一の可能な仮定であると思われる。 If God is even remotely as Powerful and Considerate and Compassionate as we believe Him to be, would He intentionally include such faults in the Book He provided us as a Guide?神があってもリモートから我々は彼がであると信じるほど強力と思いやりと思いやりである場合、彼は意図的に彼は私たちのようなガイドを提供した書籍で、このような障害を含んでいるでしょう? Or, could He be so sloppy as to unintentionally include such flaws in it?または、彼が意図せずに、​​その中にこのような欠陥を含むようにずさんなのだろうか?

For this last matter, it seems impossible that the God we know and Worship would be either intentionally deceptive or incompetent.この最後の問題に関しては、それは我々が知っている神と崇拝が意図的、欺瞞的、あるいは無能のどちらかであろうと不可能だ。 For, if He was, then the consistency and reliability of our Universe would be an unexpected effort of His.彼があった場合については、その後、我々の宇宙の一貫性と信頼性は、彼の予想外の努力であろう。 When you step out the door of your house, you might fall into a bottomless pit, rather than stepping out on the sidewalk that you know is there.あなたの家のドアをステップアウトするときには、むしろあなたがあることは知っている歩道にステップアウトするよりも、奈落の底に落ちるかもしれません。

For these reasons, it seems inappropriate to feel that a person could pick and choose various parts of the Bible to accept and obey.これらの理由から、それは、人が受け入れ、従うように聖書のさまざまな部分をピックアップして選ぶことができると感じていることは不適切と思われる。 If you accept ANY of it as being valid and valuable, then you are implicitly accepting that God participated in its creation.あなたが有効かつ貴重なものとしてそれのいずれかを受け入れる場合は、暗黙のうちに、神がその作成に参加したことを受け入れている。 And if God participated in the Bible being composed, that seems to necessarily imply that ALL of it was Originally precisely correct and accurate, in its Original language.神は聖書が構成されてに参加している場合と、それは必ずしもそのすべてが元の言語で、もともと正確に正しいと正確だったことを意味すると思われる。

These observations do not make such claims regarding any specific modern Bible translation.これらの観​​察結果は、任意の特定の現代の聖書翻訳に関するそのような主張をしていません。 Given that we see the inconsistencies between Versions, we should certainly be somewhat cautious at totally accepting any one of them.我々はバージョン間の矛盾を見ていることを考えると、我々は確かに完全にそれらのいずれかを受け入れることで幾分慎重であるべきだ。 Either use two or more different Bible Versions in your studies, or have a Strongs handy, or both!どちらかの研究では2つ以上の異なる聖書のバージョンを使用するか、または便利強めて、あるいはその両方を持っている! As long as you can get to an understanding of what the Original texts said and meant, you will have the true meaning!あなたは元の文章が言ったことを理解するために取得し、意味することができている限り、あなたは本当の意味があるだろう!


Essentially, these last thoughts can be compressed into a set of four simple questions!基本的に、これらの最後の思考は4つの簡単な質問のセットに圧縮することができる!

We realize that that is not a traditional "proof" but we consider it our defense for the importance and accuracy of the entire Bible.我々は、それが伝統的な "証拠"ではありませんが、私たちは聖書全体の重要性と精度のために我々の防衛それを考慮し実現しています。 We strongly disapprove when any Christian starts to "selectively" obey bits and pieces of the Bible, as we feel that this argument soundly proves that ALL of it must be honored and respected and obeyed.任意のクリスチャンたちは、この引数はぐっすりとそれのすべてが尊ばれ、尊敬と従わなければならないことを証明していることを感じるように "選択"、ビットと聖書の部分に従うことを開始したときに私たちは強く非難する。





Our Church, A Christ Walk Church , has its own web-site that further discusses our "strict, but core-related" Christian beliefs, attitudes and positions.私たちの教会は、キリスト教会の散歩は、ウェブサイトにはそれぞれ独自のさらなる議論して私たちの"厳格な、しかし、コアに関連した"キリスト教信仰、態度やポジションです。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです