John Damascene, John of Damascusヨハネダマシン、ジョンのダマスカス

Advanced Information 高度情報

Saint John Damascene, bc675, d.セントジョンダマシン、bc675は、d。 Dec. 4, 749, was a Syrian Christian theologian who synthesized the doctrines of the Eastern Fathers of the Church. 12月4日、749は、教会の東部、父の教説を合成したシリアのキリスト教の神学者であった。 His father served in Damascus under the Muslim caliph as a treasury official, a high office to which John succeeded.彼の父親は財務省の公式、ジョンが成功するために高事務所としてイスラム教のカリフの下にダマスカスでお召し上がりいただけます。 Around 715 he entered the monastery of Saint Sabas (Mar Saba) near Jerusalem, where he studied theology and was ordained a priest. 715の周りに彼は神学を学び、司祭に叙階されたエルサレム、近くサンSabas(3月サバ)の修道院に入った。 Between 726 and 730, Byzantine Emperor Leo III issued edicts against the cult of images. 726と730との間に、ビザンチン皇帝レオ3世は、画像のカルトに対して布告を出した。 John became a leading figure in the defense of icons in the iconoclastic controversy.ジョンは因習打破の論争のアイコンの防衛の第一人者となった。

Among his many writings the Fountain of Knowledge is the main work.彼の多くの著書の中で知識の泉が主な仕事です。 It is divided into three parts--a study of Greek philosophy, a history of heresies, and an exposition of the teaching of the Eastern Fathers on the central Christian doctrines.ギリシャ哲学の研究で​​は、異端の歴史、中央キリスト教の教義上の東部には、父の教えの博覧会 - これは、3つの部分に分かれています。 John is a Doctor of the Church.ジョンは教会博士である。 Feast Day: Dec. 4.ごちそうの日:12月4日。

Ross Mackenzieロスマッケンジー

Bibliography: Cassidy, FP, Molders of the Medieval Mind (1944).参考文献:キャシディ、FP、中世の心のメルダース(1944)。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

John Damasceneヨハネダマシン

Catholic Information カトリックの情報

Born at Damascus, about 676; died some time between 754 and 787. 676について、ダマスカスで生まれ、754と787の間にいくつかの時間後に死亡した。 The only extant life of the saint is that by John, Patriarch of Jerusalem, which dates from the tenth century (PG XCIV, 429-90).聖人の唯一の現存している生活があることは、10世紀にまで遡るジョン、エルサレム総主教、(PG九十四、429から90)である。 This life is the single source from which have been drawn the materials of all his biographical notices.この人生は、すべて彼の伝記の通知の材料を描かれている単一のソースです。 It is extremely unsatisfactory from the standpoint of historical criticism.それは歴史的な批判の観点から非常に不満足である。 An exasperating lack of detail, a pronounced legendary tendency, and a turgid style are its chief characteristics.詳細腹立たしいの欠如、伝説的な傾向が顕著、と仰々しいスタイルは、その主な特徴です。 Mansur was probably the name of John's father.マンスールはおそらくジョンの父の名前でした。 What little is known of him indicates that he was a sterling Christian whose infidel environment made no impression on his religious fervour.なけなしのは彼のことを知られていることは、彼がその異教徒環境彼の宗教的熱情に何の印象を作らなかっスターリングクリスチャンであったことを示します。 Apparently his adhesion to Christian truth constituted no offence in the eyes of his Saracen countrymen, for he seems to have enjoyed their esteem in an eminent degree, and discharged the duties of chief financial officer for the caliph, Abdul Malek.彼は著名な度合いでその自尊心を楽しみ、カリフ、アブドゥルマレクの最高財務責任者の職務を放電したと思われるため、明らかにキリスト教の真実に彼の密着性は、彼のサラセン人の同胞の目には悪気を構成しません。 The author of the life records the names of but two of his children, John and his half-brother Cosmas.人生の著者は、しかし、彼の子供のうちの2つ、ジョンと彼の異母兄弟のコスマスの名前を記録します。 When the future apologist had reached the age of twenty-three his father cast about for a Christian tutor capable of giving his sons the best education the age afforded.将来の弁解が23歳に達したとき、彼の父親は年齢が与えられる最高の教育を息子たちを与えることができるキリスト教の家庭教師を考え出そうとする。 In this he was singularly fortunate.この年、彼は単独で幸運でした。 Standing one day in the market-place he discovered among the captives taken in a recent raid on the shores of Italy a Sicilian monk named Cosmas.市場の場所で1日立ち、彼はイタリアのシチリアという僧がコスマスの海岸に最近の襲撃に取ら捕虜の中から発見。 Investigation proved him to be a man of deep and broad erudition.調査は彼が深く広範な博学の人であることが判明した。 Through the influence of the caliph, Mansur secured the captive's liberty and appointed him tutor to his sons.カリフの影響を通じて、マンスールはキャプティブの自由を確保し、彼に彼の息子の家庭教師を任命した。 Under the tutelage of Cosmas, John made such rapid progress that, in the enthusiastic language of his biographer, he soon equalled Diophantus in algebra and Euclid in geometry.コスマスの指導の下で、ジョンは彼の伝記作家の熱狂的な言語で、彼はすぐに代数幾何とユークリッドのディオファントスを等しかった、このような急速な進歩を遂げた。 Equal progress was made in music, astronomy, and theology.平等な進歩が音楽、天文学、神学で行われました。

On the death of his father, John Damascene was made protosymbulus, or chief councillor, of Damascus.彼の父の死で、ヨハネダマシンはダマスカス、protosymbulus、または首席老中にしました。 It was during his incumbency of this office that the Church in the East began to be agitated by the first mutterings of the Iconoclast heresy.それは東の教会がタルカス異端の最初のつぶやきによって攪拌されるようになったこの事務所の在任中だった。 In 726, despite the protests of Germanus, Patriarch of Constantinople, Leo the Isaurian issued his first edict against the veneration of images. 726で、オセール、コンスタンティノープル総主教の抗議にもかかわらず、レオIsaurianは、イメージの崇拝に対する彼の最初の布告を出した。 From his secure refuge in the caliph's court, John Damascene immediately entered the lists against him, in defence of this ancient usage of the Christians.カリフの裁判所で彼の安全な避難所から、ヨハネダマシンが直ちにキリスト教徒は、この古代の用法の防衛のために、彼に対してのリストに入った。 Not only did he himself oppose the Byzantine monarch, but he also stirred the people to resistance.だけでなく、彼自身がビザンチンの君主に反対でしたが、彼はまた、抵抗する人々をかき混ぜた。 In 730 the Isaurian issued a second edict, in which he not only forbade the veneration of images, but even inhibited their exhibition in public places. 730ではIsaurian彼はイメージの崇拝を禁じているだけではなくて、第二の勅令を出したが、それでも公共の場でそれらの展示を阻害した。 To this royal decree the Damascene replied with even greater vigour than before, and by the adoption of a simpler style brought the Christian side of the controversy within the grasp of the common people.この勅令にダマシンは以前よりもさらに大きな活力と答えた、とシンプルなスタイルの採用により、一般の人々の把握に論争のキリスト教の側面を持って来た。 A third letter emphasized what he had already said and warned the emperor to beware of the consequences of this unlawful action.第三の手紙は、彼が既に言ったことを強調し、この違法行為の結果がどうなるかに注意する皇帝と警告した。 Naturally, these powerful apologies aroused the anger of the Byzantine emperor.当然のことながら、これらの強力な謝罪はビザンチン皇帝の怒りを掻き立てた。 Unable to reach the writer with physical force, he sought to encompass his destruction by strategy.物理的な力で作家に達することができ、彼は戦略によって彼の破壊を包含するように努めた。 Having secured an autograph letter written by John Damascene, he forged a letter, exactly similar in chirography, purporting to have been written by John to the Isaurian, and offering to betray into his hands the city of Damascus.ヨハネダマシンによって書かれた自筆の手紙を確保していたので、彼はIsaurianにジョンによって書かれているように装って、彼の手にダマスカスの街を裏切るために提供筆跡で正確に同じような手紙を、偽造した。 The letter he sent to the caliph.手紙彼はカリフに送信されます。 Notwithstanding his councillor's earnest avowal of innocence, the latter accepted it as genuine and ordered that the hand that wrote it be severed at the wrist.無実の彼の評議員の真剣公言にもかかわらず、後者は本物のようにそれを受け入れ、それを書いた手は手首で切断するよう命じた。 The sentence was executed, but, according to his biographer, through the intervention of the Blessed Virgin, the amputated hand was miraculously restored.文が実行されました、しかし、彼の伝記作家によると、聖母マリアの介入によって、切断された手は奇跡的に復元されました。

The caliph, now convinced of John's innocence, would fain have reinstated him in his former office, but the Damascene had heard a call to a higher life, and with his foster-brother entered the monastery of St. Sabas, some eighteen miles south-east of Jerusalem.今やジョンの無実を確信してカリフは、彼のかつてのオフィスで彼を復活したフェインだろうが、ダマシン高い生活へのコールを聞いて、彼のフォスターの兄と一緒にいくつかの18マイル、セントSabasの修道院に入っていた南エルサレムの東。 After the usual probation, John V, Patriarch of Jerusalem, conferred on him the office of the priesthood.通常の保護観察の後、ジョン·V、エルサレム総主教は、彼の上に神権のオフィスを与えた。 In 754 the pseudo-Synod of Constantinople, convened at the command of Constantine Copronymus, the successor of Leo, confirmed the principles of the Iconoclasts and anathematized by name those who had conspicuously opposed them. 754コンスタンティノープルの擬似宗教会議、コンスタンティンCopronymus、レオの後継のコマンドで召集顕著に反対した人々の名前でiconoclasts whoがアナテマとの原則を確認した。 But the largest measure of the council's spleen was reserved for John of Damascus.しかし、評議会の脾臓の最大の尺度は、ジョンのダマスカスのために予約されました。 He was called a "cursed favourer of Saracens", a "traitorous worshipper of images", a "wronger of Jesus Christ", a "teacher of impiety", and a "bad interpreter of the Scriptures".彼は "サラセン人の呪われた援助者"、 "画像の反逆の崇拝者"、 "イエス·キリストのwronger"、 "不信心の教師"と、 "聖書の悪い通訳"と呼ばれていました。 At the emperor's command his name was written "Manzer" (Manzeros, a bastard).皇帝の命令で彼の名前は "Manzer"(Manzeros、ろくでなし)書かれています。 But the Seventh General Council of Nicea (787) made ample amends for the insults of his enemies, and Theophanes, writing in 813, tells us that he was surnamed Chrysorrhoas (golden stream) by his friends on account of his oratorical gifts.しかし、ニケアのセブンス一般理事会(787)は彼の敵の侮辱のために十分な補償をした、と813で書き込みTheophanesは、彼は彼の雄弁ギフトのアカウントで彼の友人によってChrysorrhoas(黄金のストリーム)を〜という名字のされたことを教えてくれる。 In the pontificate of Leo XIII he was enrolled among the doctors of the Church.レオ13世は、司教職に彼は教会の医師の間で在籍していた。 His feast is celebrated on 27 March.彼のごちそうは、3月27日に祝われる。

John of Damascus was the last of the Greek Fathers.ダマスカスのジョンは、ギリシャ語の祖先の最後だった。 His genius was not for original theological development, but for compilation of an encyclopedic character.彼の才能は、元の神学的発展のために、しかし博学な文字のコンパイルのためではなかった。 In fact, the state of full development to which theological thought had been brought by the great Greek writers and councils left him little else than the work of an encyclopedist; and this work he performed in such manner as to merit the gratitude of all succeeding ages.実際には、神学的な思考がギリシャの偉大な作家との協議によってもたらされていたために完全な発展の状態が少し他百科事典編集者の仕事よりも彼のもとを去った、とそれ以降のすべての年齢の感謝に値するとして、彼はそのような方法で実行されたこの作品。 Some consider him the precursor of the Scholastics, whilst others regard him as the first Scholastic, and his "De fide orthodoxa" as the first work of Scholasticism.いくつかは、彼にスコラの前駆考慮他人の修学として彼を捉えながら、とスコラの最初の仕事として彼の "デfide orthodoxa"。 The Arabians too, owe not a little of the fame of their philosophy to his inspiration.アラビア人はあまりにも、彼のインスピレーションへの彼らの哲学の名声を少し借りていない。 The most important and best known of all his works is that to which the author himself gave the name of "Fountain of Wisdom" (pege gnoseos).すべての彼の作品の中で最も重要かつ最もよく知られ、どの作家自身が "知恵の泉"(pege gnoseos)の名前を与えたということである。 This work has always been held in the highest esteem in both the Catholic and Greek Churches.この作品は常にカトリックとギリシャの教会の両方で最高の自尊心で開催されています。 Its merit is not that of originality, for the author asserts, at the end of the second chapter of the "Dialectic", that it is not his purpose to set forth his own views, but rather to collate and epitomize in a single work the opinions of the great ecclesiastical writers who have gone before him.著者は、それが彼自身の見解を記載するのではなく、単一の作業で照合し、具現化するために彼の目的ではありません "弁証法"の第二章の終わりに、アサートするため、そのメリットは、その独創性ではありません彼の前に行っている偉大な教会の作家の意見。 A special interest attaches to it for the reason that it is the first attempt at a summa theologica that has come down to us.特別な関心は、それが私たちに降りてくる総合的研究論文theologicaで最初の試みであることを理由にそれにアタッチされます。

The "Fountain of Wisdom" is divided into three parts, namely, "Philosophical Chapters" (Kephalaia philosophika), "Concerning Heresy" (peri aipeseon), and "An Exact Exposition of the Orthodox Faith" (Ikdosis akribes tes orthodoxou pisteos). "知恵の泉"は3つの部分、すなわち、 "哲学の章"(Kephalaia philosophika)、(ペリaipeseon) "異端について"、および "正教信仰の正確な博覧会"(Ikdosis akribes TES orthodoxou pisteos)に分かれています。 The title of the first book is somewhat too comprehensive for its contents and consequently is more commonly called "Dialectic".最初の本のタイトルは、ややその内容はあまりにも包括的であり、その結果、より一般的には "弁証法"と呼ばれています。 With the exception of the fifteen chapters that deal exclusively with logic, it has mostly to do with the ontology of Aristotle.ロジックのみを処理する15章を除いて、それはアリストテレスのオントロジーに関係してほとんど持っています。 It is largely a summary of the Categories of Aristotle with Porphyry's "Isagoge" (Eisagoge eis tas kategorias).それは主に斑岩の "手引き"(Eisagoge EIS TAS kategorias)とアリストテレスのカテゴリーを要約したものです。 It seems to have been John Damascene's purpose to give his readers only such philosophical knowledge as was necessary for understanding the subsequent parts of the "Fountain of Wisdom".それは、 "知恵の泉"の以降の部分を理解するために必要だったので、彼の読者だけでそのような哲学的な知識を与えるために、ヨハネダマシンの目的だったようだ。 For more than one reason the "Dialectic" is a work of unusual interest.以上の理由の一つは、 "弁証法"は珍しい興味のある仕事です。 In the first place, it is a record of the technical terminology used by the Greek Fathers, not only against the heretics, but also in the exposition of the Faith for the benefit of Christians.最初の場所では、それは異端ではないだけで、ギリシャ語の祖先で使用される技術用語の記録であるだけでなく、キリスト教徒の利益のために信仰の博覧インチ It is interesting, too, for the reason that it is a partial exposition of the "Organon", and the application of its methods to Catholic theology a century before the first Arabic translation of Aristotle made its appearance.アリストテレスの最初のアラビア語翻訳が登場した世紀前にそれは "オルガノン"の部分的な博覧会であることを理由に、面白いものであり、カトリック神学への手法の適用。 The second part, "Concerning Heresy", is little more than a copy of a similar work by Epiphanius, brought up to date by John Damascene. "異端について"第二部は、ヨハネダマシンによって最新の状態にエピファニオスによる似たような作品のコピーに過ぎない。 The author indeed expressly disclaims originality except in the chapters devoted to Islamism, Iconoclasm, and Aposchitae.著者は確かに明白にイスラム教に専念章を除いてオリジナリティ、因習打破、そしてAposchitaeを負いません。 To the list of eighty heresies that constitute the "Panarion" of Epiphanius, he added twenty heresies that had sprung up since his time.エピファニオスの "Panarion"を構成する80の異端のリストに、彼は彼の時間以降に生まれた20の異端を追加しました。 In treating of Islamism he vigorously assails the immoral practices of Mohammed and the corrupt teachings inserted in the Koran to legalize the delinquencies of the prophet. Islamismの治療では、彼は精力的に、預言者モハメッドの延滞を合法化するコーランに挿入破損した教えの不道徳な慣行をassails。 Like Epiphanius, he brings the work to a close with a fervent profession of Faith.エピファニオスと同様に、彼は信仰の熱烈な職業と密接に仕事をもたらす。 John's authorship of this book has been challenged, for the reason that the writer, in treating of Arianism, speaks of Arius, who died four centuries before the time of Damascene, as still living and working spiritual ruin among his people.この本のジョンの原作者は作家が、アリウスの治療では、まだ彼の人々の間で精神的な破滅を生き、作業としてダマシン時間前4世紀に亡くなったアリウス、、のことを話すことを理由として、異議を唱えられてきた。 The solution of the difficulty is to be found in the fact that John of Damascene did not epitomize the contents of the "Panarion", but copied it verbatim.難しさの解決策は、ダマスコのヨハネは "Panarion"の内容を象徴するが、それはそのままコピーしなかったという事実で発見される。 Hence the passage referred to is in the exact words of Epiphanius himself, who was a contemporary of Arius.したがって呼ば通路はアリウスの同世代の人だったエピファニオス自身の正確な言葉である。

"Concerning the Orthodox Faith", the third book of the "Fountain of Wisdom", is the most important of John Damascene's writings and one of the most notable works of Christian antiquity. "正統派の信仰に関すること"、 "知恵の泉"の3冊目の本は、ヨハネダマシンの著作の中で最も重要であり、古代キリスト教の中で最も注目すべき作品のひとつ。 Its authority has always been great among the theologians of the East and West.その権限は、常に東西の偉大な神学者の間であった。 Here, again, the author modestly disavows any claim of originality -- any purpose to essay a new exposition of doctrinal truth.エッセイ教義上の真理の新しい博覧会にどのような目的 - ここで、再び、筆者は控えめにオリジナリティのクレームをdisavows。 He assigns himself the less pretentious task of collecting in a single work the opinions of the ancient writers scattered through many volumes, and of systematizing and connecting them in a logical whole.彼は彼自身を単一の作業に多くのボリュームに点在古代の作家の意見を収集し、論理全体でそれらを体系化し、接続の少ない気取ったタスクを割り当てます。 It is no small credit to John of Damascus that he was able to give to the Church in the eighth century its first summary of connected theological opinions.それは、彼が8世紀に教会に接続された神学的意見の最初の概要を与えることができたことをジョンのダマスカスへの小さなクレジットではありません。 At the command of Eugenius III it was rendered into Latin by Burgundio of Pisa, in 1150, shortly before Peter Lombard's "Book of Sentences" appeared.エウゲニウスIIIのコマンドでは、それは、まもなくピーターロンバードの "文章の書"の前に現れ、1150年に、ピサのBurgundioによってラテン語に翻訳されました。 This translation was used by Peter Lombard and St. Thomas Aquinas, as well as by other theologians, till the Humanists rejected it for a more elegant one.人文主義者はよりエレガントな1つのためにそれを拒否するまでこの翻訳は、ピーターロンと聖トマス·アクィナスによってだけでなく、他の神学者によって使用された。 The author follows the same order as does Theodoret of Cyrus in his "Epitome of Christian Doctrine".キュロスtheodoretのは彼の "キリスト教の教義の縮図"の場合のように著者は、同じ順序に従います。 But, while he imitates the general plan of Theodoret, he does not make use of his method.彼はtheodoretのの一般的な計画を模倣しながら、しかし、彼は彼の方法を使用しません。 He quotes, not only form the pages of Holy Writ, but also from the writings of the Fathers.彼は聖書のページを形成するが、また、父の文章からだけではなく、引用している。 As a result, his work is an inexhaustible thesaurus of tradition which became the standard for the great Scholastics who followed.結果として、彼の作品が続いた偉大なscholasticsための標準となった伝統の無尽蔵のシソーラスです。 In particular, he draws generously from Gregory of Nazianzus, whose works he seems to have absorbed, from Basil, Gregory of Nyssa, Cyril of Alexandria, Leo the Great, Athanasius, John Chrysostum, and Epiphanius.特に、彼はその作品の彼は、バジルから、グレゴリーのnyssa、シリルアレクサンドリアの、レオグレート、アタナシウス、ジョンChrysostum、と聖を吸収しているようだナジアンゾスの聖グレゴリオスから寛大に描画し​​ます。 The work is divided into four books.作業は4冊に分かれています。 This division, however, is an arbitrary one neither contemplated by the author nor justified by the Greek manuscript.この部門は、しかし、任意の一人の著者によって意図されることも、ギリシア語写本によって正当化されたものでもない。 It is probably the work of a Latin translator seeking to accommodate it to the style of the four books of Lombard's "Sentences".それはおそらく、ロンバードの "文章"の4本のスタイルにそれを収容しようとしているラテン翻訳者の仕事です。

The first book of "The Orthodox Faith" treats of the essence and existence of God, the Divine nature, and the Trinity. "正教信仰"の最初の本は、神は、神の性質、トリニティの本質と存在を扱います。 As evidence of the existence of God he cites the concurrence of opinion among those enlightened by Revelation and those who have only the light of reason to guide them.神の存在の証拠として、彼は啓示によって悟りを開いたものと、それを導くための理由の光のみを持っている人々の間で意見の一致を挙げている。 To the same end he employs the argument drawn from the mutability of created things and that from design.同じ目的を達成するために彼が作成したものの無常から、設計からその描かれた引数を採用しています。 Treating, in the second book, of the physical world, he summarizes all the views of his times, without, however, committing himself to any of them.二冊目の本では、治療、物理的な世界に、彼はそれらのいずれかに自分自身をコミットする、しかし、なしで、彼の時代のすべての見解をまとめたものです。 In the same treatise he discloses a comprehensive knowledge of the astronomy of his day.同じ論文で、彼は彼の時代の天文学の包括的な知識を開示している。 Here, also, place is given to the consideration of the nature of angels and demons, the terrestrial paradise, the properties of human nature, the foreknowledge of God, and predestination.ここでは、また、場所は天使と悪魔の性質を考慮に与えられ、地上の楽​​園、人間の本性は、神の予知、そして宿命のプロパティ。 Treating of man (c.xxvii), he gives what has been aptly called a "psychology in nuce".男(c.xxvii)の治療に、彼は適切に "nuceにおける心理学"と呼ばれているものを与えます。 Contrary to the teachings of Plotinus, the master of Porphyry, he identifies mind and soul.プロティノス、斑のマスターの教えに反して、彼は、心と魂を識別します。 In the third book the personality and two-fold nature of Christ are discussed with great ability. 3冊目の本で人格とは、キリストの2倍の性質は素晴らしい能力を説明しています。 This leads up to the consideration of the Monophysite heresy.これは、キリスト単性論異端の考察にまでつながる。 In this connexion he deals with Peter the Fuller's addition to the "Trisagion", and combats Anastasius's interpretation of this ancient hymn.この繋がりで、彼は "三聖"と、この古代の賛美歌の戦闘アナスタシオスの解釈にピーターフラー加え扱っています。 The latter, who was Abbot of the monastery of St. Euthymius in Palestine, referred the "Trisagion" only to the Second Person of the Trinity.パレスチナでセントEuthymius修道院の修道院長であった後者は、わずか三位一体の二番目の方に "三聖誦"を呼ぶ。 In his letter "Concerning the Trisagion" John Damascene contends that the hymn applies not to the Son alone, but to each Person of the Blessed Trinity. "三聖誦について"彼の手紙の中で、ヨハネダマシンは賛美歌が一人息子にしない適用されますが、祝せられた三位一体の各担当者に主張している。 This book also contains a spirited defence of the Blessed Virgin's claim to the title of "Theotokos."この本ものタイトルの聖母の要求の威勢の防衛含まれている "神の母。" Nestorius is vigorously dealt with for trying to substitute the title of "Mother of Christ" for "Mother of God".ネストリウス激しく "神の母"のために "キリストの母"のタイトルを代入しようとしているために処理されます。 The Scriptures are discussed in the fourth book.聖書は、4冊目の本で説明されています。 In assigning twenty-two books to the Old Testament canon he is treating of the Hebrew, and not the Christian, Canon, as he finds it in a work of Epiphanius, "De ponderibus et mensuris".割り当てるときに、彼はエピファニオスの仕事でそれを見つけると、彼は、キリスト教、キヤノンヘブライ語の治療されておらず、旧約聖書キヤノン〜25二冊、 "デponderibusらmensuris"。 His treatment in this book of the Real Presence is especially satisfactory.本物の存在のこの本の中で彼の治療が特に良好である。 The nineteenth chapter contains a powerful plea for the veneration of images.第十九章では、画像の崇拝のための強力な嘆願を含んでいます。

The treatise, "Against the Jacobites", was written at the request of Peter, Metropolitan of Damascus, who imposed on him the task of reconciling to the Faith the Jacobite bishop.論文は、 "ジャコバイトに対して"、ピーター、彼に信仰のジャコバイト司教に和解のタスクを課したダマスカスの首都の依頼で書かれました。 It is a strong polemic against the Jacobites, as the Monophysites in Syria were called.それはシリアのmonophysitesが呼ばれたように、ジャコバイトに強い論客です。 He also wrote against the Manicheans and Monothelites.彼はまたManicheansとMonothelitesに対して書いた。 The "Booklet Concerning Right Judgment" is little more than a profession of Faith, confirmed by arguments setting forth the mysteries of the Faith, especially the Trinity and the Incarnation. "右判定に関する冊子"信仰の職業よりも少しですが、特に信仰の謎、トリニティと化身を記載した引数によって確認された。 Though John of Damascus wrote voluminously on the Scriptures, as in the case of so much of his writing, his work bears little of the stamp of originality.ダマスカスのヨハネは聖書に多量に書いたけど、彼の文章のあまりの場合のように、彼の作品は独創性のスタンプのほとんどを担っています。 His "Select Passages" (Loci Selecti), as he himself admits, are taken largely from the homilies of St. John Chrysostom and appended as commentaries to texts from the Epistles of St. Paul.彼自身が認めているように彼の "選択の通路"(座のSelectI)は、聖ヨハネクリュソストモスの発するから大きく取られ、聖パウロの書簡からテキストへの論評として追加されます。 The commentary on the Epistles to the Ephesians, Philippians, Colossians, and Thessalonians is taken from Cyril of Alexandria.エペソ、ピリピ、コロサイ人への手紙と、テサロニケへの書簡についての解説は、アレクサンドリアの聖キュリロスから取得されます。 The "Sacred Parallels" (Sacra parallela) is a kind of topical concordance, treating principally of God, man, virtues, and vices. "神聖にParallels"(サクラparallela)は神、人、美徳、と悪徳主として治療、局所コンコーダンスの一種である。

Under the general title of "Homilies" he wrote fourteen discourses. "発する"の一般的なタイトルの下で、彼は14の言説を書いた。 The sermon on the Transfiguration, which Lequien asserts was delivered in the church on Mt. Lequienがアサート変容に関する説教は、山に教会で提供されていました。 Tabor, is of more than usual excellence. Taborは、いつも優秀以上のものである。 It is characterized by dramatic eloquence, vivid description, and a wealth of imagery.それは劇的な雄弁、鮮やかな説明、及び画像の富によって特徴づけられる。 In it he discourses on his favorite topic, the twofold nature of Christ, quotes the classic text of Scripture in testimony of the primacy of Peter, and witnesses the Catholic doctrine of sacramental Penance.その中で彼は彼のお気に入りの話題は、キリストの二重の性質、上の言説は、聖礼典の贖罪のは、カトリックの教義をピーターの優位性の証言で聖書の古典的なテキストを引用して、証人。 In his sermon on Holy Saturday he descants on the Easter duty and on the Real Presence.聖土曜日の彼の説教の中で、彼は復活祭当番とReal Presence上descants。 The Annunciation is the text of a sermon, now extant only in a Latin version of an Arabic text, in which he attributes various blessings to the intercession of the Blessed Virgin.受胎告知は、彼だけが聖母マリアの執り成しに様々な恵みをどの属性には、アラビア文字のラテンバージョンで今現存し、説教のテキストです。 The second of his three sermons on the Assumption is especially notable for its detailed account of the translation of the body of the Blessed Virgin into heaven, an account, he avers, that is based on the most reliable and ancient tradition.前提に関する彼の説教の3番目は、最も信頼性が高く、古代からの伝統に基づいている天国に聖母マリアのボディの翻訳、アカウント、彼avers、その詳細な説明をする場合に特に顕著である。 Both Liddledale and Neale regard John of Damascus as the prince of Greek hymnodists. Liddledaleとニールはどちらもギリシャ語hymnodistsの王子と​​してジョンのダマスカスを考えています。 His hymns are contained in the "Carmina" of the Lequien edition.彼の賛美歌はLequien版の "カルミナ"に含まれています。 The "canons" on the Nativity, Epiphany, and Pentecost are written in iambic trimeters.キリスト降誕、エピファニー、と聖霊降臨の "参事が"弱強trimetersで書かれています。 Three of his hymns have become widely known and admired in their English version -- "Those eternal bowers", "Come ye faithful raise the strain", and "Tis the Day of Resurrection". "復活の日TIS"、 "それらの永遠のバウアーズ" "株を上げるがたは忠実な"さあ、そして - 彼の賛美歌の三つは、広く知られており、彼らの英語版で賞賛となっています。 The most famous of the "canons" is that on Easter. "参事"の最も有名なのは、復活祭のことです。 It is a song of triumph and thanksgiving -- the "Te Deum" of the Greek Church.ギリシャの教会の "テ·デウム" - それは勝利と感謝の歌です。 It is a traditional opinion, lately controverted, that John Damascene composed the "Octoëchos", which contains the liturgical hymns used by the Greek Church in its Sunday services.それは、ヨハネダマシン、その日曜日のサービスで、ギリシャの教会で使用される典礼賛美歌を含む "Octoëchos"を作曲した、最近controverted、伝統的な意見です。 Gerbet, in his "History of Sacred Music", credits him with doing for the East what Gregory the Great accomplished for the West -- substitution of notes and other musical characters for the letters of the alphabet to indicate musical quantities. Gerbetは、彼の "宗教音楽の歴史"で、東アジアのためにやっていては、彼の貸方に何グレゴリーの大ウエストの達成 - 音楽の量を示すために、アルファベットの文字のためのノートや他の楽器の文字の置換。 It is certain he adapted choral music to the purposes of the Liturgy.それは、彼は典礼の目的に合唱音楽を適応は確かである。

Among the several works that are dubiously attributed to John Damascene the most important is the romance entitled "Barlaam and Josaphat".疑わしヨハネダマシンに起因しているいくつかの作品の中で最も重要なのは "Barlaamとヨザファト"と題する恋愛です。 Throughout the Middle Ages it enjoyed the widest popularity in all languages.中世には、すべての言語の中で最も幅の広い人気を享受。 It is not regarded as authentic by Lequien, and the discovery of a Syriac version of the "Apology of Aristides" shows that what amounts to sixteen printed pages of it was taken directly from Aristides.それはLequienによって本物とみなされ、 "アリステイデスの謝罪"シリアのバージョンの発見は何それの16印刷ページに相当するアリステイデスから直接取られたことを示していません。 The panegyric of St. Barbara, while accepted as genuine by Lequien, is rejected by many others.聖バルバラの賛辞、Lequienで本物として受け入れている間は、他の多くによって拒否されます。 The treatise entitled "Concerning those who have died in the Faith" is rejected as spurious by Francisco Suárez, Bellarmine, and Lequien, not only on account of its doctrinal discrepancies, but for its fabulous character as well. "信仰で死亡した人々について"と題した論文は、その教義の矛盾のアカウントに、しかしだけでなく、その素晴らしい性格のためだけでなく、フランシスコスアレス、ベラルミーノ、およびLequienによってスプリアスとして拒否されます。 The first Greek edition of any of the works of John Damascene was that of the "Exact Exposition of the Orthodox Faith" brought out at Verona (1531) under the auspices of John Matthew Gibertus, Bishop of Verona.ヨハネダマシンの作品のいずれかの最初のギリシャ語版は、ジョン·マシューGibertus、ヴェローナの司教の後援の下、ヴェローナ(1531)に出てき "正教信仰の正確な博覧会"のことであった。 Another Greek edition of the same work was published at Moldavia (1715) by John Epnesinus.同じ作品のもう一つのギリシャ語版はジョンEpnesinusによってモルダビア(1715年)に公開されました。 It was also printed in a Latin edition at Paris (1507), by James Faber.また、ジェームズ·フェイバーによって、パリ(1507年)でラテン語版で印刷された。 Henry Gravius, OP, published a Latin edition at Cologne (1546) which contained the following works: "Dialectic", "Elementary and Dogmatic Instruction", "Concerning the two Wills and Operations", and "Concerning Heresy". "2つの意志と運用について" "弁証法"、 "小学校と独断的な命令"と、 "異端について":ヘンリーグラビウス、OPは、以下が含まれている動作ケルン(1546)でラテン版を発表した。 A Greek-Latin edition with an introduction by Mark Hopper made its appearance at Basle (1548).マーク·ホッパー導入でギリシャ語、ラテン語版は、バーゼル(1548)に登場した。 A similar edition, but much more complete was published at the same place in 1575.類似した版が、はるかに完全には1575年に同じ場所で公開されていました。 Another Latin edition, constituting a partial collection of the author's works is that by Michael Lequien,OP, published at Paris (1712) and Venice (1748).著者の作品の部分的なコレクションを構成する他のラテン版では、マイケルLequien、OPによってパリ(1712)、ヴェネツィア(1748)で公開されていることです。 To the reprint of this edition, PG, XCIV-XCVI (Paris, 1864), Migne has added a supplement of works attributed by some to the authorship of John Damascene.この版の重版には、PGは、九十四·九十六(パリ、1864)、ミーニュはヨハネダマシンの原作にいくつかによって起因する作品の補足を追加しました。

Publication information Written by John B. O'Connor.ジョン·B·オコナーによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Anthony A. Killeen.アンソニーA.キリーン転写されています。 In Memory of Fr.神父を偲んで。 Cyril Power, SJ The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.シリルパワー、SJカトリックの百科事典、ボリュームⅧ。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです