King Davidダビデ王

Catholic Information カトリックの情報

In the Bible the name David is borne only by the second king of Israel, the great-grandson of Boaz and Ruth (Ruth 4:18 sqq.).聖書で名前Davidはイスラエルだけの第二の王、ボアズとルース(ルース4時18 sqq名。)のひ孫が負担する。 He was the youngest of the eight sons of Isai, or Jesse (1 Samuel 16:8; cf. 1 Chronicles 2:13), a small proprietor, of the tribe of Juda, dwelling at Bethlehem, where David was born.デイビッドが生まれたベツレヘムでユダ、住居の部族、小さな所有者、彼はIsai、またはジェシー(CF 1クロニクル2時13分。1サムエル16:08)の8人の息子の末っ子だった。 Our knowledge of David's life and character is derived exclusively from the pages of Sacred Scripture, viz., 1 Samuel 16; 1 Kings 2; 1 Chronicles 2, 3, 10-29; Ruth 4:18-22, and the titles of many Psalms.私たちのデビッドの人生と文字の知識は聖書、すなわちのページからのみ誘導され、1サムエル16;。1キングス2; 1クロニクル2、3、10月29日、ルース4:18-22、そして多くのタイトル詩篇。 According to the usual chronology, David was born in 1085 and reigned from 1055 to 1015 BC Recent writers have been induced by the Assyrian inscriptions to date his reign from 30 to 50 years later.いつもの年表によると、デヴィッドは1085年に生まれ、1055年から1015年まで君臨していた紀元前最近の作家は30から50年後の彼の統治を最新にアッシリアの碑文によって誘導されてきた。 Within the limits imposed it is impossible to give more than a bare outline of the events of his life and a brief estimate of his character and his significance in the history of the chosen people, as king, psalmist, prophet, and type of the Messias.限度内王、詩編作者は、預言者、とのmessiasタイプとして、それは彼の人生のイベントの裸のアウトラインと彼の性格と選​​ばれた人々の歴史の中で彼の重要性についての簡単な見積もりより多くを与えることは不可能である課せ。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The history of David falls naturally into three periods: (1) before his elevation to the throne; (2) his reign, at Hebron over Juda, and at Jerusalem over all Israel, until his sin; (3) his sin and last years.デイビッドの歴史は、3つの期間に自然に落ちる:(1)彼の昇格前に王位に、全イスラエルのユダ以上ヘブロン、エルサレムで(2)彼の治世は、彼の罪まで、(3)自分の罪と最後の年。 He first appears in sacred history as a shepherd lad, tending his father's flocks in the fields near Bethlehem, "ruddy and beautiful to behold and of a comely face".彼が最初の "血色と目を見張る美しさと美貌の顔の"ベツレヘムの近くのフィールドに彼の父の羊の群れを飼って、羊飼いの若者のように神聖な履歴に表示されます。 Samuel, the Prophet and last of the judges, had been sent to anoint him in place of Saul, whom God had rejected for disobedience.サムエル、預言者と裁判官の最後には、神が不服従のために拒否していたソールの代わりに彼を塗るために送られていた。 The relations of David do not seem to have recognized the significance of this unction, which marked him as the successor to the throne after the death of Saul.ダビデの関係はサウルの死後王位継承者として彼をマークし、この塗油の重要性を、認識していないようです。

During a period of illness, when the evil spirit troubled Saul, David was brought to court to soothe the king by playing on the harp.病気の期間中に、悪霊がサウルを悩ました時、ダビデは琴を弾いて王をなだめるために、裁判所に引致した。 He earned the gratitude of Saul and was made an armour-bearer, but his stay at court was brief.彼はサウルの感謝の気持ちを獲得し、よろい持ちましたが、法廷で彼の滞在は短いものでした。 Not long afterwards, whilst his three elder brothers were in the field, fighting under Saul against the Philistines, David was sent to the camp with some provisions and presents; there he heard the words in which the giant, Goliath of Geth, defied all Israel to single combat, and he volunteered with God's help to slay the Philistine.それからまもなく、彼の3人の兄がペリシテソールの下に戦って、野にいながら、Davidはいくつかの規定やプレゼントを収容所に送られました、彼は巨大な、ゲスのゴリアテはイスラエルのすべての人を無視している言葉が聞こえ一騎打ちに、彼はペリシテ人を殺すために、神の助けを借りてボランティアとして参加しました。 His victory over Goliath brought about the rout of the enemy.ゴリアテ上の彼の勝利は敵の敗走をもたらした。 Saul's questions to Abner at this time seem to imply that he had never seen David before, though, as we have seen, David had already been at court.この時点ではアブネルにサウルの質問は、我々が見てきたように、デイビッドはすでに裁判所にあった、しかし、前に、彼は、ダビデを見たことがなかったことを意味するようだ。 Various conjectures have been made to explain this difficulty.様々な憶測がこの困難を説明する試みがなされている。 As the passage which suggests a contradiction in the Hebrew text is omitted by Septuagint codices, some authors have accepted the Greek text in preference to the Hebrew.ヘブライ語のテキストに矛盾を示唆している通路がセプトゥアギンタ写本によって省略されているように、いくつかの著者はヘブライ語に優先してギリシャ語のテキストを受け入れている。 Others suppose that the order of the narratives has become confused in our present Hebrew text.他の人は物語の順番は私たちの現在のヘブライ語のテキストで混乱になっていると仮定します。 A simpler and more likely solution maintains that on the second occasion Saul asked Abner only about the family of David and about his earlier life.シンプルでより可能性が高い解決策は、2回目でサウルはダビデの家族のことや彼の以前の生活についてのみアブネルを尋ねたと主張する。 Previously he had given the matter no attention.以前に彼がどこに何の注意が払われていなかった。

David's victory over Goliath won for him the tender friendship of Jonathan, the son of Saul.ゴリアテ以上デビッドの勝利は彼のためにジョナサン、サウルの息子の入札友情を獲得した。 He obtained a permanent position at court, but his great popularity and the imprudent songs of the women excited the jealousy of the king, who on two occasions attempted to kill him.彼は宮廷で永久的な地位が、彼の絶大な人気を得て、女性の軽率な曲が2回、彼を殺そうとし、王の嫉妬心を興奮させた。 As captain of a thousand men, he encountered new dangers to win the hand of Merob, Saul's eldest daughter, but, in spite of the king's promise, she was given to Hadriel.千人のキャプテンとして、彼は王の約束にもかかわらず、彼女はHadrielに与えられた、Merob、サウルの長女の手に勝つために新たな危険に直面しましたが。 Michol, Saul's other daughter, loved David, and, in the hope that the latter might be killed by the Philistines, her father promised to give her in marriage, provided David should slay one hundred Philistines. Michol、サウルの他の娘が、ダビデを愛し、そして、後者はペリシテ人に殺されるかもしれないことを願って、彼女の父親が結婚に彼女を与えると約束し、デイヴィッドべき殺す百ペリシテ人を提供した。 David succeeded and married Michol.ダビデは成功しMicholと結婚した。 This success, however, made Saul fear the more and finally induced him to order that David should be killed.この成功は、しかし、サウルは、ますます最終的に彼は、ダビデが殺さなければならないことを命ずるように誘導を恐れた。 Through the intervention of Jonathan he was spared for a time, but Saul's hatred finally obliged him to flee from the court.ジョナサンの介入によって、彼は時間を免れたが、サウルの憎悪はついに彼が裁判所から逃亡を余儀なくされた。

First he went to Ramatha and thence, with Samuel, to Naioth.彼はまずナヨテに、サムエルと、Ramathaとそこに行ってきました。 Saul's further attempts to murder him were frustrated by God's direct interposition.彼を殺害するためにソールのさらなる試みは、神の直接介入に不満を感じていた。 An interview with Jonathan convinced him that reconciliation with Saul was impossible, and for the rest of the reign he was an exile and an outlaw.ジョナサンとのインタビューは、サウルとの和解は不可能だったことを彼に確信し、治世の残りのために、彼は亡命と無法者であった。 At Nobe, whither he proceeded, David and his companions were harboured by the priest Achimelech, who was afterwards accused of conspiracy and put to death with his fellow-priests.野辺で、どこへ彼が進み、ダビデとその仲間たちは、その後、共同謀議の罪で告訴されると彼の仲間の司祭で死刑に処された司祭Achimelechでかくまった。 From Nobe David went to the court of Achis, king of Geth, where he escaped death by feigning madness.野辺デビッドからAchis、彼は狂気を装うことによって死を免れたゲスの王の宮廷に行きました。 On his return he became the head of a band of about four hundred men, some of them his relations, others distressed debtors and malcontents, who gathered at the cave, or stronghold, of Odollam (QR88-->Adullam).彼のリターンで彼はOdollamの約四百男性は、それらのいくつかの彼の関係、他の洞窟に集まって悩んで債務者と不満分子、または牙城、( - >アドラムQR88)のバ​​ンドの頭となった。 Not long after their number was reckoned at six hundred.その数は600で侮れなかったずっと後。 David delivered the city of Ceila from the Philistines, but was again obliged to flee from Saul.ダビデはペリシテ人からCeilaの町を救ったが、再びサウルから逃げなければならなかった。 His next abode was the wilderness of Ziph, made memorable by the visit of Jonathan and by the treachery of the Ziphites, who sent word to the king.彼の次の住まいは、ジフの荒野であったジョナサンの訪問によって、王に言葉を送ったZiphitesの裏切りによって思い出を作りました。 David was saved from capture by the recall of Saul to repel an attack of the Philistines. Davidはペリシテ人の攻撃を撃退するためにソールのリコールによってキャプチャから救われた。 In the deserts of Engaddi he was again in great danger, but when Saul was at his mercy, he generously spared his life. Engaddiの砂漠で彼は大きな危険に再びだったが、サウルは彼のなすがままになったとき、彼は寛大に彼の人生を免れる。 The adventure with Nabal, David's marriage with Abigail, and a second refusal to slay Saul were followed by David's decision to offer his serves to Achis of Geth and thus put an end to Saul's persecution.ナバル、アビゲイルでDavidの結婚、との冒険と殺すソールにも負け拒否は彼のゲスのAchisに役立つ提供するデイヴィッドの決定に続いて、したがって、ソールの迫害に終止符を打った。 As a vassal of the Philistine king, he was set over the city of Siceleg, whence he made raids on the neighbouring tribes, wasting their lands and sparing neither man nor woman.ペリシテ人の王の臣下として、彼はSicelegの都市の上にセットし、そこから彼は自分たちの土地を無駄にしても男も女を温存し、近隣の部族に襲撃を行いました。 By pretending that these expeditions were against his own people of Israel, he secured the favour of Achis.これらの遠征隊がイスラエルの彼自身の人々に反対していたことをふりをして、彼はAchisの賛成を確保した。 When, however, the Philistines prepared at Aphec to wage war against Saul, the other princes were unwilling to trust David, and he returned to Siceleg.しかし、ペリシテ人はサウルに対して戦争をAphecで調製した場合、他の諸侯は、デビッドを信頼するために不本意だった、と彼はSicelegに戻った。 During his absence it had been attacked by the Amalecites.彼の不在の間にそれがAmalecitesに襲われた。 David pursued them, destroyed their forces, and recovered all their booty.ダビデは、それらを追求し、その力を破壊し、すべての彼らの戦利品を回収しました。 Meanwhile the fatal battle on Mount Gelboe (Gilboa) had taken place, in which Saul and Jonathan were slain.一方マウントGelboe(ギルボア)に致命的な戦いは、サウルとヨナタンが殺害された場所を撮影していた。 The touching elegy, preserved for us in 2 Samuel 1 is David's outburst of grief at their death. 2サムエル1に私たちのために保存感動エレジーは、彼らの死で悲しみのデイヴィッドの爆発です。

By God's command, David, who was now thirty years old, went up to Hebron to claim the kingly power.神の命令によって、今では30歳であったダビデは、王の権力を主張するヘブロンへ上って行った。 The men of Juda accepted him as king, and he was again anointed, solemnly and publicly.ユダの人々は彼を王として受け入れ、彼は厳粛に、公的に、再び注がれた。 Through the influence of Abner, the rest of Israel remained faithful to Isboseth, the son of Saul.アブナーの影響を通して、イスラエルの残りの部分はIsboseth、サウルの息子に忠実に残っています。 Abner attacked the forces of David, but was defeated at Gabaon.アブネルはダビデの軍を攻撃したが、Gabaonで敗北した。 Civil war continued for some time, but David's power was ever on the increase.内戦はしばらく続いたが、Davidの電力が増加して、これまであった。 At Hebron six sons were born to him: Amnon, Cheleab, Absalom, Adonias, Saphathia, and Jethraam.ヘブロンで6人の息子は彼に生まれた:アムノン、Cheleab、アブサロム、Adonias、Saphathia、とJethraam。 As the result of a quarrel with Isboseth, Abner made overtures to bring all Israel under the rule of David; he was, however, treacherously murdered by Joab without the king's consent. Isbosethと口論の結果、アブネルはダビデの支配下にイスラエルのすべての人を持って来るために申し入れをした、彼は裏切り王の同意なしヨアブによって殺害されたが、あった。 Isboseth was murdered by two Benjamites, and David was accepted by all Israel and anointed king. Isbosethは2ベニヤミンによって殺害された、とDavidはイスラエルのすべての人と聖なる王に受け入れられました。 His reign at Hebron over Juda alone had lasted seven years and a half.一人でユダ以上ヘブロンで彼の治世は7年半続いた。

By his successful wars David succeeded in making Israel an independent state and causing his own name to be respected by all the surrounding nations.彼の成功の戦争によってダビデはイスラエル独立国家を作り、自分の名前は、すべての周辺国から尊敬されることを引き起こすことに成功しました。 A notable exploit at the beginning of his reign was the conquest of the Jebusite city of Jerusalem, which he made the capital of his kingdom, "the city of David", the political centre of the nation.彼の治世の初めに顕著なエクスプロイトは、彼が彼の王国の首都を作ったエルサレムのエブス都市の征服、 "ダビデの都市"、国家の政治の中心だった。 He built a palace, took more wives and concubines, and begat other sons and daughters.彼は、宮殿を建て以上の妻や妾、そして生んだ息子や娘を取った。 Having cast off the yoke of the Philistines, he resolved to make Jerusalem the religious centre of his people by transporting the Ark of the Covenant from Cariathiarim.ペリシテ人のくびきを振り落とすていたので、彼はエルサレムCariathiarimからの契約の箱を運ぶことによって、彼の人々の宗教の中心地することを決議。 It was brought to Jerusalem and placed in the new tent constructed by the king.それは、エルサレムに持ってきて、王によって構築される新しいテントの中に置かれた。 Later on, when he proposed to build a temple for it, he was told by the prophet Nathan, that God had reserved this task for his successor.その後、彼はそれのために宮を建てることを提案したとき、彼は、神が彼の後継者のために、このタスクを予約していたことを、預言者ナタンに言われました。 In reward for his piety, the promise was made that God would build him up a house and establish his kingdom forever.彼の信心深さのための報酬では、約束は、神が彼を家を構築し、永遠に彼の王国を確立することとしました。 No detailed account has been preserved of the various wars undertaken by David; only some isolated facts are given.詳細なアカウントはデイヴィッドによって行われ、様々な戦争で保存されていない、唯一のいくつかの孤立した事実が与えられている。 The war with the Ammonites is recorded more fully because, whilst his army was in the field during this campaign, David fell into the sins of adultery and murder, bringing thereby great calamities on himself and his people.彼の軍隊は、このキャンペーン中にフィールドにいた一方で、ダビデは彼自身と彼の人々で、それによって大きな災難をもたらし、姦淫と殺人の罪に落ちた、ので、アンモンとの戦争は、より完全に記録されます。 He was then at the height of his power, a ruler respected by all the nations from the Euphrates to the Nile.彼は、彼の力の高さでそれからユーフラテス川からナイル川のすべての国から尊敬定規だった。 After his sin with Bethsabee and the indirect assassination of Urias, her husband, David made her his wife.彼Bethsabeeと罪とウリヤの間接的な暗殺した後、彼女の夫、デビッドは彼女に彼の妻にした。 A year elapsed before his repentance for the sin, but his contrition was so sincere that God pardoned him, though at the same time announcing the severe penalties that were to follow.今年は、罪のための彼の後悔するまでの経過が、彼の悔恨は、神がフォローしていた厳しい罰則を発表すると同時に、しかし、彼を赦免するように誠実だった。 The spirit in which David accepted these penalties has made him for all time the model of penitents.ダビデはこれらのペナルティを受け入れている精神はpenitents年モデルのすべての時間のために彼を作った。 The incest of Amnon and the fratricide of Absalom brought shame and sorrow to David.アムノンとアブシャロムの兄弟殺しの近親相姦はダビデに恥と悲しみをもたらした。 For three years Absalom remained in exile. 3年間はアブサロムは追放されたままである。 When he was recalled, David kept him in disfavour for two years more and then restored him to his former dignity, without any sign of repentance.彼はリコールされた時、ダビデはそれ以上の2年間の勘気に彼を保持した後、後悔の兆候もなく、彼の前に彼の尊厳を回復した。 Vexed by his father's treatment, Absalom devoted himself for the next four years to seducing the people and finally had himself proclaimed king at Hebron.父親の治療によって苛立っ、アブサロムは、人々を誘惑して、今後4年間のためにご自身を捧げ、最後に自身がヘブロンで王を宣言した。 David was taken by surprise and was forced to flee from Jerusalem. Davidは驚きによって取られたとエルサレムから逃亡を余儀なくされた。 The circumstances of his flight are narrated in Scripture with great simplicity and pathos.彼の飛行の状況は、偉大なシンプルさと哀愁と聖書の中で語られています。 Absalom's disregard of the counsel of Achitophel and his consequent delay in the pursuit of the king made it possible for the latter to gather his forces and win a victory at Manahaim, where Absalom was killed.アヒトペルの弁護士と王の追求の結果としての彼の遅延のアブサロムの無視は後者のために彼の力を集めて、アブサロムが殺されたManahaim、で勝利を獲得することを可能にしました。 David returned in triumph to Jerusalem.ダビデはエルサレムに勝利して戻りました。 A further rebellion under Seba at the Jordan was quickly suppressed.ヨルダンでセバ下さらなる反乱を速やかに抑制された。

At this point in the narrative of 2 Samuel we read that "there was a famine in the days of David for three years successively", in punishment for Saul's sin against the Gabaonites. 2サミュエルの物語のこの時点で、我々はGabaonitesに対してサウルの罪に対する罰で、 "連続して3年間、デビッドの時代に飢饉があった"ことを読んだ。 At their request seven of Saul's race were delivered up to be crucified.ソールのレースの彼らの要求7で十字架につけられるために引き渡された。 It is not possible to fix the exact date of the famine.それは飢饉の正確な日付を修正することはできません。 On other occasions David showed great compassion for the descendants of Saul, especially for Miphiboseth, the son of his friend Jonathan.他の場面でダビデは特にMiphiboseth、彼の友人のジョナサンの息子のためにサウルの子孫のための偉大な思いやりを示した。 After a brief mention of four expeditions against the Philistines, the sacred writer records a sin of pride on David's part in his resolution to take a census of the people.ペリシテ人に対して4遠征の簡単な言及した後、神聖な作家は、人々の人口調査を取るために彼の解像度でDavidの部分にプライドの罪を記録します。 As a penance for this sin, he was allowed to choose either a famine, an unsuccessful war, or pestilence.この罪のための苦行として、彼は飢饉、戦争失敗、または疫病のいずれかを選択させて頂きました。 David chose the third and in three days 70,000 died.ダビデは三分の一を選択し、3日間で70,000死亡した。 When the angel was about to strike Jerusalem, God was moved to pity and stayed the pestilence.天使はエルサレムを打つことを約あったとき、神は哀れみに移動し、疫病をとどまった。 David was commanded to offer sacrifice at the threshing-floor of Areuna, the site of the future temple. DavidはAreuna、将来の寺の敷地の脱穀階で犠牲をささげるように命じた。

The last days of David were disturbed by the ambition of Adonias, whose plans for the succession were frustrated by Nathan, the prophet, and Bethsabee, the mother of Solomon.ダビデの最後の日が連続して計画ネイサンは、預言者、およびBethsabee、ソロモンの母に不満を感じていたAdoniasの野望によって乱された。 The son who was born after David's repentance was chosen in preference to his older brothers. Davidさんの後悔の後に生まれた息子は兄たちに優先して選ばれました。 To make sure that Solomon would succeed to the throne, David had him publicly anointed.ソロモンが王位に成功するであろうことを確認するには、ダビデが油を注がれた公に彼を持っていた。 The last recorded words of the aged king are an exhortation to Solomon to be faithful to God, to reward loyal servants, and to punish the wicked.高齢者の王の最後に記録された言葉は忠実なしもべたちに報いるために、神に忠実であるために、邪悪を罰するために、ソロモンに勧告されています。 David died at the age of seventy, having reigned in Jerusalem thirty-three years.ダビデはエルサレム三十三年で世を治めた、70歳で亡くなりました。 He was buried on Mount Sion.彼はシオンの山に埋葬された。 St. Peter spoke of his tomb as still in existence on the day of Pentecost, when the Holy Ghost descended on the Apostles (Acts 2:29).聖ペテロは聖霊が使徒(使徒2:29)で降りた聖霊降臨祭の日にまだ存在しているとして、彼の墓の話を聞いた。 David is honoured by the Church as a saint. Davidは聖人として教会によって尊重されます。 He is mentioned in the Roman Martyrology on 29 December.彼は12月29日にローマの殉教史で言及されている。

The historical character of the narratives of David's life has been attacked chiefly by writers who have disregarded the purpose of the narrator in I Par.デビッドの人生の物語の歴史上の人物は、私はパーで語り手の目的を無視した作家を中心に攻撃されている。 He passes over those events that are not connected with the history of the Ark. In the Books of Kings all the chief events, good and bad, are narrated.彼は良くも悪くも、すべての主な出来事は、ナレーションアール書籍の王で箱舟の歴史と接続されていない、これらのイベントの上を通過する。 The Bible records David's sins and weaknesses without excuse or palliation, but it also records his repentance, his acts of virtue, his generosity towards Saul, his great faith, and his piety.聖書の記録デビッドの罪と言い訳または緩和なしの弱点、それはまた、彼の悔い改め、美徳の彼の行為は、ソールに向かって彼の寛大さ、彼の偉大な信仰と、彼の信心深さを記録します。 Critics who have harshly criticized his character have not considered the difficult circumstances in which he lived or the manners of his age.厳しく彼の性格を批判している批評家は彼の住んでいた困難な状況や彼の年齢のマナーを考慮していない。 It is uncritical and unscientific to exaggerate his faults or to imagine that the whole history is a series of myths.自分の欠点を誇張したり、全体の歴史は神話のシリーズであることは想像に無批判と非科学的である。 The life of David was an important epoch in the history of Israel.デビッドの人生は、イスラエルの歴史の中で重要な時代であった。 He was the real founder of the monarchy, the head of the dynasty.彼は君主制の本当の創始者、王朝の頭だった。 Chosen by God "as a man according to His own heart", David was tried in the school of suffering during the days of exile and developed into a military leader of renown. "自分の心に​​従って、男として"神によって選ばれた、デビッドは追放の日の間苦しみの学校にしようとした名声の軍事指導者へと発展した。 To him was due the complete organization of the army.彼に起因する軍隊の完全な組織でした。 He gave Israel a capital, a court, a great centre of religious worship.彼はイスラエルの首都は、裁判所は、宗教的な礼拝の偉大なセンターを与えた。 The little band at Odollam became the nucleus of an efficient force. Odollam少しずつバンドが効率的な力の核となった。 When he became King of all Israel there were 339,600 men under his command.彼はすべてのイスラエルの王となった時、彼の指揮の下で339600の男性があった。 At the census 1,300,000 were enumerated capable of bearing arms.国勢調査130万で腕を担持できる列挙した。 A standing army, consisting of twelve corps, each 24,000 men, took turns in serving for a month at a time as the garrison of Jerusalem. 12軍団は、それぞれ24000男性から成る常備軍は、エルサレムの駐屯地として一度月間奉仕に交代。 The administration of his palace and his kingdom demanded a large retinue of servants and officials.彼の宮殿と彼の王国の政権は公務員や官僚の大従者を要求した。 Their various offices are set down in I Par., xxvii.彼らの様々なオフィスは私はパーでダウンに設定されます。、27は。 The king himself exercised the office of judge, though Levites were later appointed for this purpose, as well as other minor officials.レビ人は、後でこの目的のためだけでなく、他のマイナーな職員として任命されていたが王自身は、裁判官の事務所を行使した。

When the Ark had been brought to Jerusalem, David undertook the organization of religious worship.箱舟がエルサレムに来られたとき、ダビデは宗教的な崇拝の組織に着手した。 The sacred functions were entrusted to 24,000 Levites; 6,000 of these were scribes and judges, 4000 were porters, and 4000 singers.神聖な関数は24000レビ人に委ねられましたが、これらの6000は、律法学者や裁判官だった4000はポーターたし、4000歌手。 He arranged the various parts of the ritual, allotting to each section its tasks.彼は、そのタスクの各セクションを分担し、儀式の様々な部品を手配した。 The priests were divided into twenty-four families; the musicians into twenty-four choirs.二十から四合唱にミュージシャン、司祭は24家族に分けた。 To Solomon had been reserved the privilege of building God's house, but David made ample preparations for the work by amassing treasures and materials, as well as by transmitting to his son a plan for the building and all its details.ソロモンは、神の家を建てることの特権を予約されていたが、ダビデは、同様に彼の息子に建物とそのすべての詳細については、計画を送信することにより、集結の宝物や材料による作業のための十分な準備をしたします。 We are told in I Par.我々は、私はパーで語られる。 how he exhorted his son Solomon to carry out this great work and made known to the assembled princes the extent of his preparations.どのように彼は、この偉大な仕事を遂行するために彼の息子ソロモンに勧め、組み立て王子彼の準備の程度に知らせた。

The prominent part played by song and music in the worship of the temple, as arranged by David, is readily explained by his poetic and musical abilities.寺院の礼拝に歌と音楽が演奏する著名な部分は、デビッド·編曲として、容易に彼の詩的で音楽的才能によって説明される。 His skill in music is recorded in 1 Samuel 16:18 and Amos 6:5.彼の音楽のスキルが1サミュエル午後04時18分とアモス6時05分に記録されます。 Poems of his composition are found in 2 Samuel 1, 3, 22, 23.彼の組成の詩は2サムエル1、3、22、23で発見されています。 His connection with the Book of Psalms, many of which are expressly attributed to various incidents of his career, was so taken for granted in later days that many ascribed the whole Psalter to him.詩篇との彼の接続は、そのうちの多くは、明示、彼のキャリアの中で様々な事件に起因しているので、多くは彼に全詩篇を生得ことを数日後に付与されたために採取した。 The authorship of these hymns and the question how far they can be considered as supplying illustrative material for David's life will be treated in the article PSALMS.これらの賛美歌と彼らはデビッドの人生のための例示的な材料を供給すると考えることができますどのくらいの質問の原作者が記事詩篇扱われることになります。

David was not merely king and ruler, he was also a prophet.ダビデは単に王と定規ではなかったが、彼はまた、預言者でした。 "The spirit of the Lord hath spoken by me and his word by my tongue" (2 Samuel 23:2) is a direct statement of prophetic inspiration in the poem there recorded. (2サムエル23:02) "私の舌で私と彼の言葉によって語ら主かれらの精神"が記録された詩の中で予言的なインスピレーションの直接的なステートメントです。 St. Peter tells us that he was a prophet (Acts 2:30).聖ペテロは、彼が預言者(使徒2:30)であったことを伝える。 His prophecies are embodied in the Psalms he composed that are literally Messianic and in "David's last words" (2 Samuel 23).彼の予言は、詩篇に具体化されている彼は文字通り救世主と "ダビデの最後の言葉"(2サミュエル23)であることを作曲した。 The literal character of these Messianic Psalms is indicated in the New Testament.これらの救世主詩篇の文字リテラルは、新約聖書に示されている。 They refer to the suffering, the persecution, and the triumphant deliverance of Christ, or to the prerogatives conferred on Him by the Father.彼らは苦しみ、迫害、キリストの勝利救出へ、または父によって彼に与え特権を参照してください。 In addition to these his direct prophecies, David himself has always been regarded as a type of the Messias.これらの彼の直接の予言に加えて、ダビデはいつものmessiasタイプと見なされてきた。 In this the Church has but followed the teaching of the Old Testament Prophets.この教会ではなく、旧約聖書の預言者の教えを踏襲している。 The Messias was to be the great theocratic king; David, the ancestor of the Messias, was a king according to God's own heart.のmessiasは偉大な神政王であることだったのデビッド、のmessiasの祖先は、神ご自身の心によると王だった。 His qualities and his very name are attributed to the Messias.彼の資質と彼の非常に名前がのmessiasに起因している。 Incidents in the life of David are regarded by the Fathers as foreshadowing the life of Christ; Bethlehem is the birthplace of both; the shepherd life of David points out Christ, the Good Shepherd; the five stones chosen to slay Goliath are typical of the five wounds; the betrayal by his trusted counsellor, Achitophel, and the passage over the Cedron remind us of Christ's Sacred Passion.ダビデの生活の中で事件はキリストの生涯を伏線として、父親のみなされる。ベツレヘムは、両方の発祥の地であり、キリストのうちデビッド·ポイントの羊飼いの生活、良い羊飼いは、殺すゴリアテに選ばれた5石が5の典型的なものである傷、彼の良き相談相手、アヒトペルの裏切りによって、そしてCedronオーバー通路はキリストの神聖な情熱を思い出させる。 Many of the Davidic Psalms, as we learn from the New Testament, are clearly typical of the future Messias.のdavidic詩篇の多くは、私たちは新約聖書から学ぶように、将来のmessias明らかに典型的なものである。

Publication information Written by John Corbett.ジョン·コーベットによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Judy Levandoski.ジュディLevandoski転写されています。 In Memory of Andrew Levandoski The Catholic Encyclopedia, Volume IV.アンドリューLevandoski偲んでカトリックの百科事典、ボリュームⅣ。 Published 1908. 1908年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.ニヒルのObstat。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです