Deism理神論

Catholic Information カトリックの情報

(Latin Deus, God). (ラテン語のデウス、神)。

The term used to denote certain doctrines apparent in a tendency of thought and criticism that manifested itself principally in England towards the latter end of the seventeenth century. 17世紀の後半​​終わりに向かってイギリスで主に自分自身を明らかに思考と批判の傾向に特定の教説が明らかに示すために使用される用語。 The doctrines and tendency of deism were, however, by no means entirely confined to England, nor to the seventy years or so during which most of the deistical productions were given to the world; for a similar spirit of criticism aimed at the nature and content of traditional religious beliefs, and the substitution for them of a rationalistic naturalism has frequently appeared in the course of religious thought.教義と理神論の傾向はありませんが完全にイギリスへ、また70歳に限定またはdeistical作品のほとんどが世界に与えたので、その間にされるものであった。自然を目的とした批判や内容の類似した精神のため伝統的な宗教的信念、そして合理主義、自然主義の彼らのために置換頻繁に宗教思想のコースに登場している。 Thus there have been French and German deists as well as English; while Pagan, Jewish, or Moslem deists might be found as well as Christian.したがって、英語だけでなくフランス語とドイツ語deistsがあった。一方、異教のユダヤ人、またはイスラムdeistsも同様にクリスチャンとして発見される可能性があります。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Because of the individualistic standpoint of independent criticism which they adopt, it is difficult, if not impossible, to class together the representative writers who contributed to the literature of English deism as forming any one definite school, or to group together the positive teachings contained in their writings as any one systematic expression of a concordant philosophy. 、それは難しい、不可能ではない、一緒にクラスのいずれかの明確な学校を形成するものとして英語理神論の文学に貢献した代表的な作家をしている彼らが採用する独立した批判の個性的な立場のために、またはに含まれる正の教えを一緒にグループ化する一致した哲学のいずれ体系的表現として、その文章。 The deists were what nowadays would be called freethinkers, a name, indeed, by which they were not infrequently known; and they can only be classed together wholly in the main attitude that they adopted, viz. deistsは、最近、彼らがあまり知られていなかったそれによって確かにfreethinkers、名前、、と呼ばれるものであったので、彼らは彼らだけがすなわち、採用している主な態度で完全に一緒に分類することができる。 in agreeing to cast off the trammels of authoritative religious teaching in favour of a free and purely rationalistic speculation.無料で純粋に合理投機の賛​​成で正式な宗教教育の束縛を脱ぎ捨てることに同意インチ Many of them were frankly materialistic in their doctrines; while the French thinkers who subsequently built upon the foundations laid by the English deists were almost exclusively so.彼らの多くは、彼らの教義率直唯物た;その後英語deistsによって築かれた基礎の上に構築されたフランスの思想家たちは、ほぼ例外なくそうであった。 Others rested content with a criticism of ecclesiastical authority in teaching the inspiration of the Sacred Scriptures, or the fact of an external revelation of supernatural truth given by God to man.他の人は神聖な聖書のインスピレーションを教える教会の権威への批判、あるいは人間に神から与えられた超自然的な真実の外部啓示の事実と内容を休んだ。 In this last point, while there is a considerable divergence of method and procedure observable in the writings of the various deists, all, at least to a very large extent, seem to concur.この最後の点では、様々なdeists文章の観察方法や手続きにかなりの相違が、少なくとも大部分、すべて、そこにいる間に、同意するように見える。 Deism, in its every manifestation was opposed to the current and traditional teaching of revealed religion.自然神は、そのすべての症状で明らかに宗教の現在と伝統的な教育に反対していた。

In England the deistical movement seems to be an almost necessary outcome of the political and religious conditions of the time and country.イングランドではdeistical運動は時間と国の政治的、宗教的な条件のほとんど必要結果と思われる。 The Renaissance had fairly swept away the later scholasticism and with it, very largely, the constructive philosophy of the Middle Ages.ルネッサンスはかなり、非常に大きく、中世の建設理念を後でスコラを一掃し、それをしていた。 The Protestant Reformation, in its open revolt against the authority of the Catholic Church, had inaugurated a slow revolution, in which all religious pretensions were to be involved.プロテスタントの改革は、カトリック教会の権威に対するその反乱では、すべての宗教的な自負が関与しているとされた低速回転を発足させました。 The Bible as a substitute for the living voice of the Church and the State religion as a substitute for Catholicism might stand for a time; but the very mentality that brought them into being as substitutes could not logically rest content with them.教会の生きた声と国教の代替として聖書カトリックの代替は時間放置かもしれないように、しかし、代替品が論理的にそれらを使用してコンテンツを休むことができなかったとしてされて入ってそれらをもたらした非常にメンタリティ。 The principle of private judgment in matters of religion had not run its full course in accepting the Bible as the Word of God.宗教の問題で民間の判断の原則は、神の言葉として聖書を受け入れることで、そのフルコースを実行していませんでした。 A favourable opportunity would spur it forward once more; and from such grudging acceptance as it gave to the Scriptures it would proceed to a new examination and a final rejection of their claims.好機はもう一度前方に拍車をかけるであろう、そしてそれは、聖書を与えたとして、そのような渋々受け入れから、それは新たな検査や、彼らの主張の最終拒絶に進むだろう。 The new life of the empirical sciences, the enormous enlargement of the physical horizon in such discoveries as those of astronomy and geography, the philosophical doubt and rationalistic method of Descartes, the advocated empiricism of Bacon, the political changes of the times--all these things were factors in the preparation and arrangement of a stage upon which a criticism levelled at revelational religion might come forward and play its part with some chance of success.実証的科学の新しい生活、天文、地理、哲学的疑問やデカルト、ベーコンの提唱した経験主義時代の政治的変化の合理主義的な方法と同様のような発見の物理的な地平線の巨大な拡大 - これらすべての物事はrevelational宗教で横ばい批判が前方に来て、成功のチャンスがその役割を果たすかもしれないその上の段階の準備と配置の要因であった。 And though the first essays of deism were somewhat veiled and intentionally indirect in their attack upon revelation, with the revolution and the civil and religious liberty consequent upon it, with the spread of the critical and empirical spirit as exemplified in the philosophy of Locke, the time was ripe for the full rehearsal of the case against Christianity as expounded by the Establishment and the sects.そして、理神論の最初のエッセイは、ロックの哲学に例示したような重大かつ実証的精神の普及に伴い、革命とそれ必従市民および宗教の自由と、啓示によって彼らの攻撃にややベールに包まれた、意図的に間接的なされているかの時間は、設立と宗派によって唱えとしてキリスト教に対する例フルリハーサルのために熟していた。 The wedge of private judgment had been driven into authority.民間の判断ウェッジは権威に追い込まれていた。 It had already split Protestantism into a great number of conflicting sects.それは、すでに競合宗派の偉大な数にプロテスタントを分割していた。 It was now to attempt the wreck of revealed religion in any shape or form.それは、いかなる形で啓示宗教の残骸を試みるようになりましたでした。

The deistical tendency passed through several more or less clearly defined phases. deistical傾向は、いくつか多かれ少なかれ明確に定義された段階を通過した。 All the forces possible were mustered against its advance.可能なすべての力は、その事前に対して召集された。 Parliaments took cognizance of it.議会はそれを認識しました。 Some of the productions of the deists were publicly burnt. deistsの作品のいくつかは公に焼かれました。 The bishops and clergy of the Establishment were strenuous in resisting it.設立の司教と聖職者は、それに抵抗する激しいでした。 For every pamphlet or book that a deist wrote, several "answers" were at once put before the public as antidotes. deistが書いたすべてのパンフレットや書籍に​​ついては、いくつかの "答え"は、一度に解毒剤として公衆の前​​に置かれた。 Bishops addressed pastoral letters to their dioceses warning the faithful of the danger.司教たちは危険を忠実に警告し、その教区に牧歌手紙を取り上げた。 Woolston's "Moderator" provoked no less than five such pastorals from the Bishop of London.ウールストンの "モデレーター"がロンドンの司教からは少なくても5等牧を引き起こした。 All that was ecclesiastically official and respectable was ranged in opposition to the movement, and the deists were held up to general detestation in the strongest terms. ecclesiastically公式と立派だったすべてが運動に反対であった、とdeists最強の面で一般的な嫌悪まで開催されました。 When the critical principles and freethought spirit filtered down to the middle classes and the masses, when such men as Woolston and Chubb put pen to paper, a perfect storm of counter-criticism arose.ウルストンとチャブのような男性は紙にペンを置くときは、重要な原則とfreethoughtの精神中産階級にまで濾過して、大衆、反批判の嵐が起こった。 As a matter of fact, not a few educated and cultured men were really upon the side of a broad toleration in matters of religion.実際の問題としてではなく、いくつかの教育を受け、培養男性は宗教の問題で広い寛容の側面上に本当にあった。 The "wit and ridicule" by which the Earl of Shaftesbury would have all tested meant, as Brown rightly notes, no more than urbanity and good nature.シャフツベリー伯爵はすべて都会と気立ての良さ以上のもの、ブラウン当然ノートとして、意図しないテストしているだろうそれによって "機知と嘲笑"。 But Shaftesbury himself would by no means allow that he was a deist, except in the sense in which the term is interchangeable with theist; and Herbert of Cherbury, by far the most cultured representative of the movement, is noted as having been the most moderate and the least opposed of them all to the teachings of Christianity.しかしシャフツベリー自身は決して用語は有神論と互換である点を除いて、彼がdeistだったことできるようになり、そしてハーバート·オブ·チャーベリーは、断然運動の最も培養代表は、最も穏健であったことが注目されるそして少なくとも、キリスト教の教えにそれらのすべてに反対した。

One phase through which deism may be said to have passed was that of a critical examination of the first principles of religion.渡されたと言われるかもしれない理神論を介して1つのフェーズでは、宗教の第一原理の重要な試験のことでした。 It asserted its right to perfect tolerance on the part of all men.それはすべての人の一部に完璧な耐性にその権利を主張した。 Freethought was the right of the individual; it was, indeed, but one step in advance of the received principle of private judgment.確かに、それはあったが、民間の判断の受信原理に先立って1工程と、Freethoughtは個人の権利であった。 Such representatives of deism as Toland and Collins may be taken as typical of this stage.トーランドとコリンズなど自然神のような代表は、この段階の典型として扱われることがあります。 So far, while critical and insisting on its rights to complete toleration, it need not be, though as a matter of fact it undoubtedly was, hostile to religion.寛容を完了するには、その権利上の重要と主張しながら、実際の問題として、それは間違いなく、宗教に敵対的だったが、これまでのところ、それは、ことをする必要はありません。

A second phase was that in which it criticized the moral or ethical part of religious teaching.第二段階は、、それは宗教的な教えの道徳的または倫理的な部分を批判したということでした。 The Earl of Shaftesbury, for example, has much to urge against the doctrine of doctrine of future rewards and punishments as the sanction of the moral law.シャフツベリー伯爵は、例えば、道徳律の制裁として将来の報酬と罰の教義の教義に対して促すことが大いに関係している。 Such an attitude is obviously incompatible with the accepted teaching of the Churches.このような態度は、教会の教えに受け入れられ、明らかに互換性がありません。 Upon this follows a critical examination of the writings of the Old and New Testaments, with a particular regard to the verification of prophecy and to the miraculous incidents therein recorded.この時には予言の検証に、そこに記録された奇跡的な事件を中心にして、旧約聖書と新約聖書の書物の重要な審査に従う。 Antony Collins performed the first part of this task, while Woolston gave his attention principally to the latter, applying to Scriptural records the principles put forward by Blount in his notes to the "Apollonius Tyanæus".ウルストンが原則 "アポロニオスTyanæus"に彼のノートでブラントが提唱聖書の記録に適用し、後者には主に彼の注意を与えながら、アントニー·コリンズは、このタスクの最初の部分を実行しました。 Lastly, there was the stage in which natural religion as such was directly opposed to revealed religion.最後に、などの自然宗教が直接啓示宗教に反対されたステージがあった。 Tindal, in his "Christianity as old as the Creation", reduces, or attempts to reduce, revelation to reason, making the Christian statement of revelational truths either superfluous, in that it is contained in reason itself, or positively harmful, in that it goes beyond or contradicts reason.それは、彼の "キリスト教の創造と同じくらい古い"のティンダル、軽減し、または軽減する試みは、その理由に啓示、revelational真理のキリスト教の陳述をし、それがどちらかの理由自体に含まれているという点で、余計な、あるいは積極的に有害な、越えや理由と矛盾している。

It is thus clear that, in the main, deism is no more than an application of critical principles to religion.これは、メイン、理神論に宗教への批判的な原理の応用に過ぎない、ということは明らかである。 But in its positive aspect it is something more, for it offers as a substitute for revealed truth that body of truths which can be built up by the unaided efforts of natural reason.しかし、その肯定的な側面では、それは真実を明らかにするための代替品として提供するため、より多くの何かである自然な理由の人の手を借りない努力によって構築することができます体の真理。 The term deism, however, has come in the course of time to have a more specific meaning.理神論の用語は、しかし、より具体的な意味を持っている時間のコースに来ている。 It is taken to signify a peculiar metaphysical doctrine supposed to have been maintained by all the deists.それはすべてのdeistsによって維持されていることになって独特の形而上学的教義を意味すると解釈される。 They are thus grouped together roughly as members of a quasi-philosophical school, the chief and distinguishing tenet of which is the relationship asserted to obtain between the universe and God.彼らはこのようにほぼ準哲学学校、宇宙と神の間に取得するためにアサート関係となっているチーフと区別教義のメンバーとして一緒にグループ化されます。 God, in this somewhat inferential and constructive thesis, is held to be the first cause of the world, and to be a personal God.神は、このやや推論的かつ建設的な論文の中で、世界の第一の原因であるとされており、個人的な神であること。

So far the teaching is that of the theists, as contrasted with that of atheists and pantheists.これまでの教えは、有神論者のものと無神論者とpantheistsのそれとは対照的です。 But, further, deism not only distinguishes the world and God as effect and cause; it emphasizes the transcendence of the Deity at the sacrifice of His indwelling and His providence.しかし、さらに、理神論だけではなく、結果と原因として、世界と神を区別し、それは彼の留置と彼の摂理を犠牲にして神の超越性を強調している。 He is apart from the creation which He brought into being, and unconcerned as to the details of its working.彼は彼が持ち込ま作成、およびその作業の詳細に関して無関心から離れている。 Having made Nature, He allows it to run its own course without interference on His part.自然を作ったので、彼はそれが彼の部分に干渉することなく、独自のコースを走ることができます。 In this point the doctrine of deism differs clearly from that of theism.この点では理神の教義は有神論のそれとは明らかに異なります。 The verbal distinction between the two, which are originally convertible terms--deism, of Latin origin, being a translation of the Greek theism--seems to have been introduced into English literature by the deists themselves, in order to avoid the denomination of naturalists by which they were commonly known.もともとコンバーチブル用語である両者の間に口頭で区別 - 理神論、ラテン語起源の、ギリシャの有神論の翻訳であることは - 博物学者の宗派を避けるために、deists自分で英文学に導入されているようだそれによって彼らは、一般的に知られていた。 As naturalism was the epithet generally given to the teaching of the followers of the Spinozistic philosophy, as well as to the so-called atheists, deism seemed to its professors at once to furnish a disavowal of principles and doctrines which they repudiated, and to mark off their own position clearly from that of the theists.自然主義は一般Spinozistic哲学だけでなく、いわゆる無神論への信者の指導に与えられたあだ名だったので、理神論は、原則と彼らは否定説の否認を提出すると、マークするために、一度、その教授に見えた有神論者のそれとは明らかに自分の立場オフ。 The word seems however, to have been first employed in France and Italy about the middle of the sixteenth century, for it occurs in the epistle dedicatory prefixed to the second volume of Viret's "Instruction Chrétienne" (1563), where the reforming divine speaks of some persons who had called themselves by a new name--deists.それは質神が喋るのはヴィレーの "取扱Chrétienne"(1563年)、第2巻の前に付けるの信徒奉納で起こるための単語は、しかし、まず、16世紀の中ごろ、フランスとイタリアで採用されているようだ新しい名前で自分を呼んでいた一部の人 - deists。 It was principally upon account of their methods of investigation and their criticism of the traditional Protestant religious teaching that they had also come to to be called rationalists, opposing, as has been pointed out, the findings of unaided reason to the truths held on faith as having come from God through external revelation.それは、彼らはまた、指摘されているように、反対、合理呼ばれるように来ていたことを調査し、伝統的なプロテスタントの宗教的な教えを批判のそのメソッドのアカウントに応じ、主にあった、人の手を借りない理由の結果として信仰に開催された真理へ外部の啓示を通して、神から来た。 Whether it was by ignoring this altogether, or by attempting actively to refute it and prove its worthlessness, rationalism was the obvious term of their procedure.それは完全にこれを無視することにより、またはそれに反論し、その無価値を証明するために積極的に試みることであったかどうか、合理主義は、その手続きの明白な用語でした。 And it was also, in very much the same manner, by their claiming the freedom to discuss on these lines the doctrines set forth in the Bible and taught by the Churches, that they earned for themselves the no less commonly given title of "freethinkers."そして、それは彼らが彼ら自身のためfreethinkers "のない、あまり一般的に与えられたタイトルを獲得した教義は聖書に記載され、教会によって教えこれらのラインに議論する自由を主張することによって、非常に同じように、またあった。 "

There are notable distinctions and divergences among the English deists as to the whole content of truth given by reason.理由によって与えられる真実の全体の内容に関して英語deists間で顕著な違いと相違があります。 The most important of these distinctions is undoubtedly that by which they are classed as "mortal" and "immortal" deists; for, while many conceded the philosophical doctrine of a future life, the rejection of future rewards and punishments carried with it for some the denial of the immortality of the human soul.これらの区別の中で最も重要なのはそれによって彼らは "死すべき"と "不滅" deistsとして分類されていることは間違いないです。ため、多くの人が将来の生活の哲学的教義を認めつつ、将来の報酬と罰の拒絶反応は、いくつかのためにそれで運ば人間の魂の不滅の否定。 The five articles laid down by Lord Herbert of Cherbury, however, with their expansion into six (and the addition of a seventh) by Charles Blount, may be taken--and especially the former--as the format professions of deism.チャールズ·ブラントによって6にそれらの拡張(と第七の添加)で、しかし、Cherburyの主ハーバートによって起工5の記事は、取ることができる - と特に前者 - 理神論のフォーマット職業として。 They contain the following doctrines:彼らは、次の教義が含まれています。

that there exists one supreme God, 1至高の神が存在すること、

who is chiefly to be worshipped;誰が主に祀られることになっています。

that the principal part of such worship consists in piety and virtue;そのような崇拝の主要な部分は、信心深さと美徳で構成されていること;

that we must repent of our sins and that, if we do so, God will pardon us;私達は私達の罪を悔い改めなければならないと我々がそうするなら、すなわち、神は私たちを容赦すること;

that there are rewards for good men and punishments for evil men both here and hereafter.悪人の両方の良い男性と罰のための報酬はここと来世があること。

Blount, while he enlarged slightly upon each of these doctrines, broke one up into two and added a seventh in which he teaches that God governs the world by His providence.ブラントは、彼がこれらの教説のそれぞれに基づい少し拡大しながら、二つに一つを破って、彼は、神が彼の摂理によって世界を支配することを教示している第七を追加しました。

This can hardly be accepted as a doctrine common to the deists; while, as has been said, future rewards and punishments were not allowed by them all.これは、ほとんどdeistsに共通する教義として受け入れることができません。言われてきたように、将来の報酬と罰は、それらすべてが許されていなかったしながら。 In general they rejected the miraculous element in Scripture and ecclesiastical tradition.一般的に、彼らは聖書や教会の伝統の中で奇跡的な要素を拒否しました。 They would not admit that there was any one "peculiar people", such as the Jews or the Christians, singled out for the reception of a truth-message, or chosen to be the recipients of any special grace or supernatural gift of God.彼らは真理のメッセージの受信を白羽、または特別な恵みや神の超自然的な贈り物の受取人となるように選択など、ユダヤ人やキリスト教徒などの任意の一つの "奇妙な人々"が、あったことを認めざるを得ないだろう。 They denied the doctrine of the Trinity and altogether refused to admit any mediatorial character in the person of Jesus Christ.彼らは三位一体の教義を否定し、完全にイエスキリストの人に任意仲裁の文字を認めることを拒否した。 The atonement, the doctrine of the "imputed righteousness" of Christ--especially popular with orthodoxy at the time--shared the fate of all Christological doctrines at their hands.償いは、キリストの "転嫁された義"の法理 - 当時の正統性には特に人気があるのは - 自分たちの手ですべてのchristologicalの教義の運命を共有した。 And above all things and upon every occasion--but with at least one notable exception--they raised their voices against ecclesiastical authority.と上記のすべてのものとあらゆる機会に応じて - しかし、少なくとも一つの注目すべき例外を除いて - 彼らは、教会権威に声を高めた。 They never tired of inveighing against priestcraft in every shape or form, find they went so far as to assert that revealed religion was an imposture, an invention of the priestly caste to subdue, and so the more easily govern and exploit, the ignorant.彼らは、彼らがこれまでにアサートするといっ見つける、あらゆる形やフォームでpriestcraftに対してinveighing口癖のことを明らかにした宗教は詐欺、討伐する聖職者のカーストの発明などがより簡単に支配し、搾取、無知だった。

As deism took its rise, in the logical sequence of events, from the principles asserted at the Protestant Reformation, so it ran its short and violent course in a development of those principles and ended in a philosophical scepticism.理神論は、プロテスタントの改革でアサート原則からのイベントの論理的な順序で、その上昇を、取ったとして、ので、これらの原則の開発にその短いと暴力的なコースを走り、哲学的懐疑論に終わった。 For a time it caused an extraordinary commotion in all circles of thought in England, provoked a very large and, in a sense, interesting polemical literature, and penetrated from the highest to the lowest strata of society.それはイギリスの思想のすべての円の臨時騒ぎを起こした時は、非常に大規模で、ある意味で、興味深い論争文学を引き起こし、社会の最下層から最上位の貫通した。 Then it fell flat, whether because the controversy had lost the keen interest of its acuter stage or because people in general were drifting with the current of criticism towards the new views, it would be difficult to say.それは論争がそのacuterステージの関心を失っていたためか、一般の人々は、新しいビューへの批判の電流で漂流していたためかどうか、フラット落ち、それが言うことは困難であろう。 With most of the arguments of the deists we are nowadays quite familiar, thanks to the efforts of modern freethought and rationalism to keep them before the public.我々は最近かなり慣れてdeistsの引数のほとんどは、現代freethoughtと合理主義の努力のおかげで公衆の前にそれらを保つために。 Though caustic, often clever, and sometimes extraordinarily blasphemous, we open the shabby little books to find them for the most part out-of-date, commonplace, and dull.苛性ソーダ、しばしば巧妙な、時には非常に不敬、我々は、みすぼらしい小さな本は、ほとんどの部分古く、平凡、と鈍いためにそれらを見つけるために開いたけど。 And while several of the "replies" they evoked may still be reckoned as standard works of apologetics, the majority of them belong, in more senses than one, to the writings of a bygone age.そして、彼らは誘発 "回答"のいくつかはまだ弁証の標準聖典として侮れないかもしれないが、それらの大半は過ぎ去った時代の書物に、複数の感覚では、所属しています。

When Viscount Bolingbroke's works were published posthumously in 1754, and even when, six years previously, David Hume's "Essay on the Human Understanding" was given to the public, little stir was caused.子爵Bolingbrokeの作品は1754年に死後に発表され、6年前、デビッド·ヒュームの "人間の理解に関するエッセイは" public、少し騒ぎに与えられたときでさえは、発生したとき。 Bolingbroke's attacks upon revealed religion, aimed from the standpoint of a sensationalistic theory of knowledge, were, as a recent writer puts it, "insufferably wearisome"; nor could all his cynicism and satire, any more than the scepticism of the Scottish philosopher, renew general interest in a controversy that was practically dead.最近の作家がそれを置くように知識の扇情的な理論の観点から目指した啓示宗教時Bolingbrokeの攻撃は、、、、 "我慢ならないほどに退屈"だった;も、すべて彼の皮肉と風刺、スコットランドの哲学者の懐疑的な見方よりそれ以上は、更新する可能性が実質的に死んでいた論争に一般的関心。 The deistical controversy traceable to the philosophy of Hobbes and Locke is preeminently an English one, and it is to the English deists that reference is usually made when there is question of deism.ホッブズとロックの哲学にトレーサブルdeistical論争が抜群に英語の一つであり、そしてそれは理神論の問題がある場合の基準は、通常行われていることを英語deistsになります。 But the same or a similar movement took place in France also.しかし、同じまたは同様の動きは、フランスで開催されました。 Says Ueberweg, 、ユーベルベーク言う

In the eighteenth century, the prevailing character of French philosophy . 18世紀には、フランスの哲学の支配的な性格。 . . was that of opposition to the received dogmas and the actual conditions in Church and State, and the efforts of its representatives were chiefly directed to the establishment of a new theoretical and practical philosophy resting on naturalistic principles.受信教義と教会と国家の実情に反対のものであり、その代表者の努力は、主に自然主義の原則に休んで新たな理論と実践哲学の確立に向けられた。 (Gesch. d. Philosophie, Berlin, 1901, III, 237) (Gesch. D。哲学、ベルリン、1901年、Ⅲ、237)

Men like Voltaire, and even the materialistic Encyclopædists, exemplify a tendency of philosophic thought which has very much in common with what in England ended in deism.ヴォルテール、さらには唯物Encyclopædistsような男性は、イングランドでは理神論で終わったものと共通して非常に持って哲学的思考の傾向を体現しています。 It had the same basis, the theory of knowledge propounded by Locke and subsequently pushed to an extreme point by Condillac, and the general advance of scientific thought.それは、同じ基準、ロック提唱し、その後コンディヤックによって極端ポイントにプッシュ知識の理論、科学的な思考の一般的な進歩を持っていた。 From Voltaire's criticisms of ecclesiastical organization and theology, his unwearying attacks upon Christianity, the Bible, the Church, and revelation, the tendency turned towards pantheism and materialism.教会の組織や神学、キリスト教、聖書に応じて彼の疲れない攻撃、教会、啓示のヴォルテールの批判から、傾向が汎神論と唯物論の方を向いた。 Rousseau would have a religion of nature substituted for the traditional forms of revelation, and bring it, as he would bring philosophy and politics, to the point of view of individualism.彼は個人主義の観点に、哲学や政治をもたらすだろうとルソーは、啓示の伝統的な形式の代わりに自然の宗教を持っており、それをもたらすだろう。 Helvetius would have the moral system based upon the principle of present self-interest.エルベシウスは私利私欲現在の原理に基づいて道徳的なシステムを持っているでしょう。 And thus, as in England the logical development of deism ended in the scepticism of Hume, so in France it came to rest in the materialism of La Mettrie and Holbach.こうして、理神論の論理的発展はヒュームの懐疑論に終わったイングランドのようなので、フランスでは、ラ·メトリとHolbachの唯物論で休むようになった。

PROMINENT DEIST WRITERS PROMINENT DEISTーライター

Reference has been made above to several of the more important representatives of English deism.リファレンスは英語理神のより重要な代表者のいくつかの上になされている。 Ten or twelve writers are usually enumerated as noteworthy contributors to the literature and thought of the movement, of whom the following brief sketches may be given. 10または12の作家は通常、文学への注目に値する貢献者として列挙され、動きを考え、誰が次の簡単なスケッチを与えることができるされています。

Lord Herbert of Cherbury (1581-1648) Cherburyロード·オブ·ハーバート(1581-1648)

Lord Herbert, a contemporary of the philosopher Hobbes, was the most learned of the deists and at the same time the least disposed to submit Christian revelation to a destructive criticism.ハーバート卿、哲学者ホッブズの現代では、ほとんどのdeistsを知ったと同時に、少なくとも破壊的な批判には、キリスト教の啓示を提出するように配置されていた。 He was the founder of a rationalistic form of religion--the religion of nature--which consisted of no more than the residuum of truth common to all forms of positive religion when their distinctive characteristics were left aside.自然の宗教 - - 彼らの独特の特性はさておき、残された正の宗教のすべての形式で共通の真実の残滓を超えないから成っていた彼は、宗教の合理主義的な形態の創設者だった。 The profession of faith of Herbert's rationalism is summed up in the five articles given above.ハーバートの合理主義の信仰告白は、上記で示した5つの記事にまとめて示します。 His principal contributions to deistical literature are the "Tractatus de Veritate prout distinguitur a Revelatione, a Verisimili, a Possibili et a Falso" (1624); "De Religione Gentilium Errorumque apud eos Causis" (1645, 1663); "De Religione Laici." deistical文学への彼の​​主要な貢献は、 "論考デVeritateプラウトdistinguitur A Revelatione、Verisimili、PossibiliらFalso"(1624年)であり、 "デReligione Gentilium Errorumque apud EOS Causis"(1645、1663); "デReligione Laici。 "

Charles Blount (1654-93)チャールズ·ブラウント(1654年から1693年)

Blount was noted as a critic of both the Old and New Testaments.ブラントは、旧約聖書と新約聖書の両方の評論家として注目された。 His methods of attack upon the Christian position were characterized by an indirectness and a certain duplicity that has ever since come to be in some degree associated with the whole deistical movement.キリスト教の立場への攻撃の彼の方法は、それ以来全体deistical移動に伴うある程度になってきた間接および特定の二枚舌によって特徴付けられた。 The notes that he appended to his translation of Apollonius are calculated to weaken or destroy credence in the miracles of Christ, for some of which he actually suggests explanations upon natural grounds, thus arguing against the trustworthiness of the New Testament.彼はアポロニウスの彼の翻訳に付加したメモは、彼が実際にこのように、新約聖書の信頼性に反対して、自然な根拠に基づいて説明を示唆しているそのうちのいくつかのために、キリストの奇跡に信憑性を弱めるか、または破壊するために計算されます。 In a similar manner, by employing the argument of Hobbes against the Mosaic authorship of the Pentateuch, and by attacking the miraculous events therein recorded, he had impeached the accuracy and veracity of the Old Testament.同様に、五モザイク原作に対してホッブズの引数を使用することによって、そこに記録された奇跡的な出来事を攻撃することによって、彼は旧約聖書の正確さと真実性を弾劾していた。 He rejects utterly the doctrine of a mediatorial Christ and contends that such a doctrine is subversive of true religion; while the many falsehoods he perceives in the traditional and positive forms of Christianity he puts down to the political invention (for purposes of power and of easy government) of priests and religious teachers.彼は全く仲裁のキリストの教義を拒否し、そのような教義は、真の宗教の破壊であると主張して、彼はキリスト教の伝統的かつ肯定的な形で知覚し、多くの偽りながら、彼は権力の、簡単に目的のために政治的な発明(に下に置いて、司祭や宗教教師の政府)。 The seven articles into which Blount expanded the five articles of Lord Herbert have been noticed above.ブラントは主ハーバートの5記事を展開した中に7つの記事は、上記の注目されている。 His notes to the translation of Philostratus' "Life of Apollonius Tyanæus" were published in 1680. Philostratus '"アポロニオスTyanæusの生涯"の翻訳への彼のノートは1680年に出版された。 He wrote also the "Anima Mundi" (1678-9); "Religio Laici", practically a translation of Lord Herbert's book of the same title (1683); and "The Oracles of Reason" (1893).彼はまた、 "アニマムンディ"を(1678から9まで)を書いた、 "宗教のLaici"主よ、ハーバートの同じタイトルの著書(1683年)の実質的に翻訳、そして "理由の神託"(1893)。

John Toland (1670-1722)ジョン·トーランド(1670-1722)

Toland, while originally a believer in Divine revelation and not opposed to the doctrines of Christianity, advanced to the rationalistic position with strong pantheistic tendencies by taking away the supernatural element from religion.トーランドは、キリスト教の教義とは対照的に、もともと神の啓示の信者とされていないが、宗教から超自然的要素を奪うことによって強力な汎神論的傾向と合理主義的な位置まで前進。 His principal thesis consisted in the argument that "there is nothing in the Gospels contrary to reason, nor above it; and that no Christian doctrine can properly be called a mystery. "This statement he made on the assumption that whatever is contrary to reason is untrue, and whatever is above reason is inconceivable.彼の主な論文は "理由に福音反対に何もなく、またそれ以​​上はありません;ず、キリスト教の教義が正しく謎と呼ばれることができないこと。"という引数で構成され、彼はある理由に反しているどんなことを前提に作られたこの文を虚偽、そして上記の理由何です考えられません。 He contended, therefore, that reason is the safe and only guide to truth, and that the Christian religion lays no claim to being mysterious.したがって彼は、その理由が真実への安全で、あくまで目安であり、キリスト教の宗教は神秘的であることに全く主張していないことを、主張した。 Toland also raised questions as to the Canon of Scripture and the origins of the Church.トーランドはまた、聖書と教会の起源のキヤノンという疑問を提起した。 He adopted the view that in the Early Church there were two opposing factions, the liberal and the Judaizing; and he compared some eighty spurious writings with the New Testament Scriptures, in order to cast doubt upon the authenticity and reliability of the canon.彼は初期の教会で2反対派、リベラル派とJudaizingがあったとの見解を採用したので、彼はキヤノンの信憑性と信頼性に疑問を投げかけるために、新約聖書といくつかの80スプリアスの文章を比較した。 His "Amyntor" evoked a reply from the celebrated Dr. Clarke, and a considerable number of books and tracts were published in refutation of his doctrine.彼の "Amyntor"は有名なクラーク博士からの応答を誘発し、書籍や管の相当数は、彼の教義の反論に掲載された。 The chief works for which he was responsible are--"Christianity not Mysterious" (l696); "Letters to Serena" (1704); "Pantheisticon" (1720); "Amyntor" (1699); "Nazarenus" (1718).彼が担当したのチーフ作品です - (l696) "キリスト教神秘的ではない"; "セレナへの手紙"(1704年); "Pantheisticon"(1720年); "Amyntor"(1699年); "Nazarenus"(1718)。 Antony Ashley Cooper, third Earl of Shaftesbury (1671-1713)アントニー·アシュリークーパー、シャフツベリーの第三伯爵(1671-1713)

The Earl of Shaftesbury, one of the most popular, elegant, and ornate of these writers, is generally classed among the deists on account of his "Characteristics".シャフツベリー、これらの作家の中で最も人気のある、洗練されたデザイン、そして華やかなの一つ、伯爵は、一般的に彼の "特性"のアカウントでdeistsの中で分類されています。 He himself would not admit that he was such, except in the sense in which deist is contrasted with atheist; of him Bishop Butler said that, had he lived in a later age, when Christianity was better understood, he would have been a good Christian.彼自身はdeistは無神論者と対比されている点を除いて、彼がそのようなあったことを認めざるを得ないだろう。彼のバトラー司教は、彼が後の時代に住んでいたが、キリスト教がよりよく理解されたとき、彼は良いクリスチャンだっただろうと述べた。 Thus, in a preface that Shaftesbury contributed to a volume of the sermons of Dr. Whichcot (1698), he "finds fault with those in this profane age, that represent not only the institution of preaching, but even the Gospel itself, and our holy religion, to be a fraud".したがって、シャフツベリーは博士Whichcot(1698)の説教の体積に寄与していることが序文で、彼は "この不敬な年齢のものにけちをつける、それは説教の機関が、それでも福音自体、私たちだけでなくを表す神聖な宗教、詐欺であるために "。 There are also passages in "Several Letters Written by a Noble Lord to a Young Man in the University" (1716) in which he shows a very real regard for the doctrines and practice of the Christian religion.彼はキリスト教の教義と実践のための非常に現実的な点を示していた "大学で若い男にノーブル主によって書かれたいくつかの手紙"(1716年)内の通路もあります。 But the "Characteristics of Men, Matters, Opinions, and Times" (1711-1723) gives clear evidence of Shaftesbury's deistical tendencies.しかし、 "男性、事項、意見、タイムズの特性"(1711-1723)は、シャフツベリーのdeistical傾向の明らかな証拠を与える。 It contains frequent criticisms of Christian doctrines, the Scriptures, and revelation.それは頻繁にキリスト教の教義の批判、聖書、そして啓示が含まれています。 He contends that this last is not only useless but positively mischievous, on account of its doctrine of rewards and punishments.彼は、この最後の報酬と罰の教義上のアカウント、役に立たないが、積極的にお茶目なだけではないと主張している。 The virtue of morality he makes to consist in a conformity of our affections to our natural sense of the sublime and beautiful, to our natural estimate of the worth of men and things.道徳の美徳は、彼が男性と物事の価値の私達の自然な推定値に、崇高で美しい私たちの自然な感覚に私たちの愛情の適合性で構成されるようになります。 The Gospel, he asserts with Blount, was only the fruit of a scheme on the part of the clergy to secure their own aggrandizement and enhance their power.福音は、彼がブラントと断言だけ自分の権力の拡大を確保し、その力を高めるための聖職者の一部にスキームのフルーツだった。 With such professions it is difficult to reconcile his statement that he adheres to the doctrines and mysteries of religion; but this becomes clear in the light of the fact that he shared the peculiar politico-religious view of Hobbes.このような職業で、それは彼が宗教の教義や神秘に従っていること、彼の発言を両立させることが困難であり、これは彼がホッブズの独特の政治·宗教的な見解を共有したという事実に照らして明らかになる。 Whatever the absolute power of the State sanctions is good; the opposite is bad.どんな状態の制裁の絶対権力は、すばらしいことです。反対は悪いです。 To oppose one's private religious convictions to the religion sanctioned by the State is of the nature of a revolutionary act.国家によって認可宗教に自分のプライベートの宗教上の信念に反対することは革命的行為の性質のものである。 To accept the established state religion is the duty of the citizen.確立された状態の宗教を受け入れるには、市民の義務である。 Shaftesbury's more important contributions to this literature are the "Characteristics" and the "Several Letters", mentioned above.この文献へのシャフツベリーの多くの重要な貢献は、 "特性"、 "いくつかの手紙"ですが、前述した。

Antony Collins (1676-1729)アントニー·コリンズ(1676-1729)

Collins caused a considerable stir by the publication (1713) of his "Discourse of Freethinking, occasioned by the Rise and Growth of a Sect call'd Freethinkers".コリンズは、彼の "セクトcall'd Freethinkersの台頭と成長によって引き起こさFreethinkingの談話"の公表(1713年)によってかなりの物議を醸した。 He had previously conducted an argument against the immateriality and immortality of the soul and against human liberty.彼は以前、魂の非物質性と不死に対しても、また、人間の自由の反対論を実施した。 In this he had been answered by Dr. Samuel Clarke.この彼は博士サミュエルクラークで答えていた。 The "Discourse" advocated unprejudiced and unfettered enquiry, asserted the right of human reason to examine and interpret revelation, and attempted to show the uncertainty of prophecy and of the New Testament record.公平かつ自由な照会を提唱する "談話"は、啓示を調べて解釈する人間の理性の権利を主張して、予言のと新約聖書の記録の不確実性を示すことを試みた。 In another work Collins puts forth an argument to prove the Christian religion false, though he does not expressly draw the conclusion indicated.彼は明確に結論が示されて描画されませんけど、別の作品ではコリンズは、前後キリスト教の偽を証明するための引数を置く。 He asserts that Christianity is dependent upon Judaism, and that its proof is the fulfilment of the prophetic utterances contained in the Old Testament.彼は、キリスト教はユダヤ教に依存していることを主張し、その証拠は旧約聖書に含まれている予言者の発話の成就であること。 He then proceeds to point out that all such Prophetic utterance is allegorical in nature and cannot be considered to furnish a real proof of the truth of its event.彼はその後、すべてのそのような予言的発話が自然の寓意であり、その事象の真実の本当の証拠を提出することを考えることはできないことを指摘して進行する。 He further points out that the idea of the Messiah among the Jews was of recent growth before the time of Christ, and that the Hebrews may have derived many of their theological ideas from their contact with other peoples, such as the Egyptians and Chaldeans.さらに彼は、ユダヤ人の間で救世主のアイデアは、キリストの時代の前に最近の成長であった、とヘブル人への手紙は、エジプトとカルデア人として他の人々と自分の連絡先から自分の神学的なアイデアの多くを導いたかもしれないと指摘している。 In particular, when his writings on prophecy were attacked he did his utmost to discredit the book of Daniel.具体的には、予言で彼の文章が攻撃されたとき、彼はダニエルの本を落とすために彼の最善を尽くした。 The "Discourse on the Grounds and Reasons of the Christian Religion" (1724) called forth a great number of answers, principal among which were those of the Bishop of Richfield, Dr. Chandler ("Defence of Christianity from the Prophecies of the Old Testament"), and Dr. Sherlock ("The Use and Intent of Prophecy"). (1724) "キリスト教の宗教の根拠と理由に関する言説は、"リッチフィールド博士チャンドラー( "旧約聖書の予言からキリスト教の防衛の司教のものであったそのうち元本回答してくれる偉大な数を、来たりすると呼ばれる")、および博士シャーロック("予言の使用とインテント ")。 It was in Collins' "Scheme of Literal Prophecy" that the antiquity and authority of the Book of Daniel were discussed.それは、ダニエル書の古代と権威が議論されたことをコリンズ '"リテラル予言の体系"であった。 The "prophecies were made to be a record of past and contemporary events rather than a prevision of the future. But the "Scheme" was weak, and though it was answered by more than one critic it cannot be said to have added much weight to the discourse". "預言は過去と現代のイベントの記録ではなく、未来の予知とされていますがした"スキーム "が弱かった、それは、複数の評論家が答えたものの、それはに多くの体重が追加されていると言うことができません談話 "。 Altogether Collins' attacks upon prophecy were considered to be of so serious a nature that they called forth no less than thirty-five replies.完全に予言時コリンズ '攻撃は、彼らが前後三〇から五返信劣ら呼ばないように深刻な性質のものであると考えられた。 Of his works, the following may be noticed, as bearing especially upon the subject of deism: "Essay Concerning the Use of Reason in Theology" (1707); "Discourse of Freethinking" (1713); "Discourse on the Grounds and Reasons of the Christian Religion" (1724); "The Scheme of Literal Prophecy Considered" (1727). "エッセイ神学における理性の使用について"(1707年); "をFreethinkingの談話"(1713年);の根拠及び理由の "言説:彼の作品のうち、以下のものが特に理神の教科に軸受として、気づいたことがありますキリスト教の宗教 "(1724年);"(1727) "と見なさリテラル予言のスキーム。

Thomas Woolston (1669-1733)トーマスウールストン(1669-1733)

Woolston appeared as a moderator in the acrimonious controversy that was being waged between Collins and his critics with his "Moderator between an Infidel and an Apostate".ウールストンは彼の "異端と背教者の間でモデレーター"とコリンズと彼の批評家の間で繰り広げられた激しい論争の司会として登場。 As Collins had succeeded in allegorizing the prophecies of the Old Testament until nothing remained of them, so Woolston tried to allegorize away the miracles of Christ.コリンズは、何も彼らのなくなるまで、旧約聖書の予言をallegorizingに成功したように、そうウルストンはキリストの奇跡を離れて譬えるしようとしました。 During the years 1728-9, six discourses on the miracles of Our Lord came out in three parts, in which Woolston asserted, with an extraordinary violence of language and blasphemy that could only be attributed to a madman, that the miracles of Christ, when taken in a literal and historical sense, are false, absurd, and fictitious. 1728から9年の間に、私たちの主の奇跡の6つの言説は、唯一の狂人に起因することができる言語と冒涜の臨時暴力で、ウルストンがアサートされている、3つのパートに出てきたことは、イエスキリストの奇跡、時リテラル、歴史的な意味で取られ、偽の不条理、そして架空のものです。 They must therefore, he urges, be received in a mystical and allegorical sense.したがって、それらは、彼は衝動、神秘的で寓話的な意味に受け取られなければならない。 In particular, he argued at great length against the miracles of resurrection from the dead wrought by Christ, and against the resurrection of Christ Himself.特に、彼はキリストによってもたらされた死者の中からの復活の奇跡に対する偉大な長さにし、キリストご自身の復活に反対した。 The Bishop of London issued five pastoral letters against him, and many ecclesiastics wrote in refutation of his work.ロンドンの司教は彼に対して5牧歌手紙を発行し、多くの聖職者は彼の仕事の反論に書いている。 The most noteworthy reply to his doctrines was "The Tryal of the Witnesses" (1729) by Dr. Sherlock.彼の教説に最も注目すべき回答は、博士シャーロックによって "証人のTryal"(1729)であった。 In 1729-30, Woolston published "A Defense of his Discourse against the Bishops of London and St. David's", an extremely weak production. 1729年から1730年では、ウールストンは "ロンドンとセントデイヴィッズの司教たちに対する彼の言説の防衛"、極端に弱い生産を発表した。

Matthew Tindal (1657-1733)マシュー·ティンダル(1657-1733)

Tindal gave to the controversy the work that soon became known as the "Deists' Bible".ティンダルは論争にすぐに "Deists"聖書 "として知られるようになった仕事を与えた。 His "Christianity as Old as the Creation" was published in his extreme old age in 1730.彼の "創造と同じくらい古くからキリスト教は" 1730年に彼の極端な老後に掲載されました。 As its sub-title indicates, its aim was to show that the Gospel is no more than a republication of the Law of Nature.その副題が示すように、その目的は、福音が自然の法則の再刊に過ぎないことを示すことだった。 This it undertakes to make plain by eviscerating the Christian religion of all that is not a mere statement of natural religion.これは、それが自然宗教の単なるステートメントではありませんすべてのキリスト教の宗教を骨抜きしてプレーン作ることを約束する。 External revelation is declared to be needless and useless, indeed impossible, and both the Old and New Testaments to be full of oppositions and contradictions.外部の啓示は、実際には不可能で、不必要な、無用であることが宣言され、旧約聖書と新約の両方が異議申立と矛盾に満ちて。 The work was taken as a serious attack upon the traditional position of Christianity in England, as is evinced by the hostile criticism it at once provoked.仕事はそれが一度挑発敵対批判evincedれているように、イギリスのキリスト教の伝統的な位置に応じて深刻な攻撃として採用した。 The Bishop of London issued a pastoral; Waterland, Law, Conybeare, and others replied to it, Conybeare's "Defence" creating a considerable stir at the time.ロンドンの司教は牧歌を発行した。ウォーターランド、法律、コニビア、そして、他のものは、それを一度にかなりの波紋を作成コニビアの "国防"と答えた。 More than any other work, "Christianity as Old as the Creation" was the occasion of the writing of Butler's well known "Analogy".他の仕事よりも、 "創造と同じくらい古いキリスト教"は、バトラーのよく知られた "アナロジー"の執筆の機会となりました。

Thomas Morgan (d. 1743)トーマス·モーガン(民主党1743)

Morgan makes professions of Christianity, the usefulness of revelation, etc., but criticizes and at the same time rejects as revelational the Old Testament history, both as to its personages and its narratives of fact.モーガンはキリスト教、啓示などの有用性の専門職になりますが、批判すると同時に、そのような人物と実際のその物語に両方としてrevelational旧約聖書の歴史を拒否します。 He advances the theory that the Jews "accomodated" the truth, and even goes so far as to extend this "accomodation" to the Apostles and to Christ as well.彼はユダヤ人の進歩が真実を "宿泊する"と同様に使徒とキリストに、この "宿泊施設"を延長するようであっても、これまで行くという理論を。 His account of the origin of the Church is similar to that of Toland, in that he holds the two elements, Judaizing and liberal, to have resulted in a fusion.教会の起源の彼のアカウントは、トーランドのものに類似しているという点で、彼は核融合をもたらしたためJudaizingとリベラルな2つの要素を保持しています。 His principal work is "The Moral Philosopher, a Dialogue between Philalethes, a Christian Deist, and Theophanes, a Christian Jew" (1737, 1739, 1740).彼の主な仕事は、 "道徳哲学者、Philalethes、クリスチャンDeist、とTheophanes、キリスト教のユダヤ人の対話"(1737、1739、1740)である。 This was answered by Dr. Chapman, whose reply called forth a defense on the part of Morgan in "The Moral Philosopher, or a farther Vindication of Moral Truth and Reason".これは、その応答内モルガン側の防衛 "道徳哲学者、あるいは道徳的真理と理性の遠い擁護"を定めると呼ばれる博士チャップマンによって答えた。

Thomas Chubb (1679-1746)トーマスチャブ(1679-1746)

Chubb -- a man of humble origin and of poor and elementary education, by trade a glove-maker and tallow-chandler -- is the most plebeian representative of deism.チャブ - 貿易によって謙虚な起源と貧しいと初等教育の男性、手袋メーカー、獣脂チャンドラー - 理神論の中で最も代表的な庶民です。 In 1731 he published "A Discourse Concerning Reason" in which he disavows his intention of opposing revelation or serving the cause of infidelity. 1731年に、彼は啓示に反対または不倫の原因を提供し、彼の意思をdisavowsする "言説に関する理由"を出版した。 But "The True Gospel of Jesus Christ", in which Lechler sees "an essential moment in the historical development of Deism", announces Christianity as a life rather than as a collection of doctrinal truths.レヒラーが生命としてではなく、教義上の真理のコレクションとして、発表キリスト教を "理神論の歴史的発展に不可欠な瞬間を"見ているが、 "イエス·キリストの真の福音"。 The true gospel is that of natural religion, and as such Chubb treats it in his work.真の福音は、自然宗教のものであり、そのようにチャブは、彼の作品でそれを扱います。 In his posthumous works a sceptical advance is made.彼の死後の作品では懐疑的な進歩がなされている。 These were published in 1748, and after the "Remarks on the Scriptures" contain the author's "Farewel to His Readers".これらは1748年に出版され、 "聖書に関する備考"の後に著者の "彼の読者にFarewel"が含まれていた。 This "Farewel" embraces a number of tracts on various religious subjects.この "Farewel"は、様々な宗教的主題上の管の数を包含する。 A marked tendency to scepticism regarding a particular providence pervades them.特定の摂理についての懐疑論への顕著な傾向は、それらを浸透している。 The efficacy of prayer, as well as the future state, is called in question.祈りの効果だけでなく、将来の状態は、質問に呼ばれています。 Arguments are urged against prophecy and miracle.引数は、予言と奇跡に押し付けている。 There are fifty pages devoted to those against the Resurrection alone.単独で復活に対してそれらに専念し50のページがあります。 Finally, Christ is presented as a mere man, who founded a religious sect among the Jews.最後に、キリストはユダヤ人の間で宗教的な宗派を設立単なる男、として提示されます。 Chubb published also "The Supremacy of the Father" (1715) and "Tracts" (1730).チャブはまた "父のスプレマシー"(1715)と "地帯"(1730)を公開しました。 He is also responsible for the sentiments of "The Case of Deism Fairly Stated", an anonymous tract which he revised.彼はまた、 "かなりの言い方をすれば理神論の事例"は、彼が改正匿名管の感情に責任があります。 Henry St. John, Viscount Bolingbroke (1678-1751)ヘンリー·セント·ジョン、子爵Bolingbroke(1678-1751)

Viscount Bolingbroke belongs to the deists chiefly by reason of his posthumous works.子爵Bolingbrokeが彼の遺作という理由で主にdeistsに属します。 They are ponderously cynical in style and generally dull and uninteresting, Containing arguments against the truth and value of Scriptural history, and asserting that Christianity is a system footed upon the unlettered by the cunning of the clergy to further their own ends.彼らは聖書の歴史の真実と値に対して引数を含む、キリスト教が自分自身の目的を促進するために聖職者の狡猾によって読み書きのできない時に足のシステムであることを主張して、スタイルで重々しくシニカルかつ一般的無味乾燥です。

Peter Annet (1693-1769)ピーターアネット(1693-1769)

Annet was the author, among other works, of "Judging for Ourselves, or Freethinking the great Duty of Religion" (1739), "The Resurrection of Jesus Considered" (1744), "Supernatural Examined" (1747), and nine numbers of the "Free Inquirer" (1761).アネットは、 "自分自身のために判断すると、または宗教の偉大な義務をFreethinking"(1739年)、 "イエスキリストの復活を考慮"(1744)、 "スーパーナチュラル検討"(1747)、および9の数字のため、他の作品の中で、著者である"フリークワイアラー"(1761)。 In the second of these works he denies the resurrection of Christ and accuses the Holy Bible of fraud and imposture.これらの作品の第二に、彼はキリストの復活を否定し、詐欺や詐欺行為の聖書を非難している。

Henry Dodged (d. 1748)ヘンリーは(民主党1748)かわさ

Dodged, who wrote "Christianity not Founded on Argument", is also generally reckoned, with Annet, as among the representative deists.かわした、 "キリスト教は引数に設立されていない"誰が書いたか、また、一般的に代表deists間として、アネットと、起算するものとする。 (See GOD; PROVIDENCE; RATIONALISM; SCEPTICISM; THEISM.) (神を参照してください。PROVIDENCE、合理主義、懐疑主義;有神論)

Publication information Written by Francis Aveling.フランシスAvelingによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Rick McCarty.リックマッカーティ転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume IV.カトリック百科事典は、ボリュームⅣ。 Published 1908. 1908年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat.ニヒルのObstat。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです