Dogmaドグマ

Catholic Information カトリックの情報

I. DEFINITION I.定義

The word dogma (Gr. dogma from dokein) signifies, in the writings of the ancient classical authors, sometimes, an opinion or that which seems true to a person; sometimes, the philosophical doctrines or tenets, and especially the distinctive philosophical doctrines, of a particular school of philosophers (cf. Cic. Ac., ii, 9), and sometimes, a public decree or ordinance, as dogma poieisthai.ワードドグマ(dokeinからGr.ドグマ)は、時々、古代の古典作家の著作の中で、人への真の意見と思われるか、その意味を、時々、哲学的教説や教義、特に独特の哲学的教義を、の哲学者の特定の学校(参照CIC。AC。、II、9)、そして時には、ドグマpoieisthaiなどの公共の法令または条例、。 In Sacred Scripture it is used, at one time, in the sense of a decree or edict of the civil authority, as in Luke, ii, 1: "And it came to pass, that in those days there went out a decree [edictum, dogma] from Caesar Augustus" (cf. Acts 17:7; Esther 3:3); at another time, in the sense of an ordinance of the Mosaic Law as in Eph., ii 15: "Making void the law of commandments contained in decrees" (dogmasin), and again, it is applied to the ordinances or decrees of the first Apostolic Council in Jerusalem: "And as they passed through the cities, they delivered unto them the decrees [dogmata] for to keep, that were decreed by the apostles and ancients who were at Jerusalem" (Acts 16:4).当時の判決[edictumが出て行った、 "そして、それは通過するようになりました:神聖な啓典ではそれはルーク、二、1のように、民間機関の法令や布告の意味で、一度、使用されている、ドグマ]シーザーオーガスタから "(参照は午後5時07分の行為;エスター3:3)、別の時点で、モーセの律法の条例の意味でエペソのように、II 15:"ボイドの戒めの律法を作る政令に含まれている "(dogmasin)、再び、それはエルサレムの最初のローマ教皇の審議会の条例または政令に適用されます:"そして、彼らは都市を通過するように、彼らは彼らに配信[dogmata]維持するための政令、というエルサレム "(行為16:04)であった使徒と古代人によって定められた。 Among the early Fathers the usage was prevalent of designating as dogmas the doctrines and moral precepts taught or promulgated by the Saviour or by the Apostles; and a distinction was sometimes made between Divine, Apostolical, and ecclesiastical dogmas, according as a doctrine was conceived as having been taught by Christ, by the Apostles, or as having been delivered to the faithful by the Church.との区別が時々、神の使徒のは、教会の教義との間でなされたものであり、教義として構想されたように応じて、教義の教義や道徳的な教訓が教えたり公布救い主によって、または使徒として初期の祖先の中で使用率が指定の流行していた使徒、キリストによって教えられてきたこと、あるいは教会によって忠実に配信された。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
But according to a long-standing usage a dogma is now understood to be a truth appertaining to faith or morals, revealed by God, transmitted from the Apostles in the Scriptures or by tradition, and proposed by the Church for the acceptance of the faithful.しかし、長年の使用に応じてドグマは今、信仰や道徳に付随して真実であることが理解されて神によって啓示、聖書の中で使徒からや伝統によって送信され、信徒の受け入れのために、教会により提案された。 It might be described briefly as a revealed truth defined by the Church -- but private revelations do not constitute dogmas, and some theologians confine the word defined to doctrines solemnly defined by the pope or by a general council, while a revealed truth becomes a dogma even when proposed by the Church through her ordinary magisterium or teaching office.真実を明らかにドグマなる一方ですが、民間の印は、教義を構成するものではありません、そして、いくつかの神学者は厳粛に法王によって、または一般的な審議会によって定義された教説を定義されたワードを閉じ込める - それは教会で定義され真実を明らかに簡潔に記述されているかもしれない彼女の普通の教導職や教育事務所を通じて教会によって提案されたときでさえ。 A dogma therefore implies a twofold relation: to Divine revelation and to the authoritative teaching of the Church.ドグマは、したがって、二重の関係を意味:神の啓示と教会の権威の教えに。

The three classes of revealed truths明らかに真理の3クラス

Theologians distinguish three classes of revealed truths: truths formally and explicitly revealed; truths revealed formally, but only implicitly; and truths only virtually revealed.神学者は、明らかに真理の3つのクラスを区別します:真理を正式かつ明示的に明らか;真理を正式に認めたが、暗黙的にのみ、そして真理は唯一の事実上明らかにした。

A truth is said to be formally revealed, when the speaker or revealer really means to convey that truth by his language, to guarantee it by the authority of his word.真実はスピーカーや啓示が本当に彼の言葉の権威によってそれを保証するために、彼の言葉によって、その真実を伝えることを意味したときに、正式に明らかにされると言われています。 The revelation is formal and explicit, when made in clear express terms.明確な明示条件で行われたときに啓示は、正式かつ明示的です。 It is formal but only implicit, when the language is somewhat obscure, when the rules of interpretation must be carefully employed to determine the meaning of the revelation.それは解釈のルールは慎重に啓示の意味を決定するために用いなければならないとき、言語はややあいまいである場合には、正式なだけ暗黙的です。 And a truth is said to be revealed only virtually, when it is not formally guaranteed by the word of the speaker, but is inferred from something formally revealed.そして、真実は、それが正式にスピーカーの言葉によって保証されませんが、正式に明らかにしたものから推測されたときにのみ、事実上明らかにしていると言われている。

Now, truths formally and explicitly revealed by God are certainly dogmas in the strict sense when they are proposed or defined by the Church.さて、正式に、明示的に神によって啓示真理は確かに彼らが教会によって提案されたか、または定義され、厳密な意味での定説です。 Such are the articles of the Apostles' Creed.このような使徒信条の記事があります。 Similarly, truths revealed by God formally, but only implicitly, are dogmas in the strict sense when proposed or defined by the Church.同様に、真理は正式に神によって啓示されたが、暗黙のうちにのみ、教会によって提案されたか、または定義された厳密な意味での定説です。 Such, for example, are the doctrines of Transubstantiation, papal infallibility, the Immaculate Conception, some of the Church's teaching about the Saviour, the sacraments, etc. All doctrines defined by the Church as being contained in revelation are understood to be formally revealed, explicitly or implicitly.このような、例えば、代用の教義、教皇不可謬説、無原罪のお宿り、救い主についての教会の教えのいくつかは、秘跡などである啓示に含まれるものとして教会によって定義されたすべての教説は、正式に明らかにされることを理解されている明示的または暗黙的に。 It is a dogma of faith that the Church is infallible in defining these two classes of revealed truths; and the deliberate denial of one of these dogmas certainly involves the sin of heresy.それは、教会が明らかに真理のこれらの2つのクラスを定義する上で絶対確実であること、信仰の教義であり、これらの教義の一つの意図的な拒否は確かに異端の罪を含む。 There is a diversity of opinion about virtually revealed truths, which has its roots in a diversity of opinion about the material object of faith (see FAITH).信仰の物質的な目的(信仰を参照)について、意見の多様性にそのルーツを持って事実上明らかに真理についての意見の多様性が、あります。 It is enough to say here that, according to some theologians, virtually revealed truths belong to the material object of faith and become dogmas in the strict sense when defined or proposed by the Church; and according to others, they do not belong to the material object of faith prior to their definition, but become strict dogmas when defined; and, according to others, they do not belong to the material object of Divine faith at all, nor become dogmas in the strict sense when defined, but may be called mediately-Divine or ecclesiastical dogmas.これは、いくつかの神学者によると、実質的には明らかに真理は信仰の材料オブジェクトに属すると定義されているかの教会が提案した、厳密な意味での定説になって、ここで言っていることには十分であり、他によると、彼らは材料にも属さない信仰の目的は、その定義の前が、定義された時には厳格な教義になる、そして、他によると、彼らは全く神の信仰の材料オブジェクトに属し、また、定義された厳密な意味での定説となっているが、mediately呼ばれるかもしれません - 神や教会の教義。 In the hypothesis that virtually revealed conclusions do not belong to the material object of faith, it has not been defined that the Church is infallible in defining these truths, the infallibility of the Church, however, in relation to these truths is a doctrine of the Church theologically certain, which cannot lawfully be denied -- and though the denial of an ecclesiastical dogma would not be heresy in the strict sense, it could entail the sundering of the bond of faith and expulsion from the Church by the Church's anathema or excommunication.事実上明らかにした結論は、信仰の材料に所属していないオブジェクトの仮説では、それは、教会が、これらの真理を定義する上で絶対確実であることが定義されていない、教会の不可謬性は、しかしながら、これらの真理との関係での教義合法的に否定できない神学的に一定の教会 - 教会の教義の否定は、厳密な意味では異端ではないだろうがと、それは信仰と教会の破門または破門による教会からの除名の結合のsunderingを伴う可能性があります。

II. Ⅱ。 DIVISIONS DIVISIONS

The divisions of dogma follow the lines of the divisions of faith.ドグマの部門は、信仰の分割線をたどる。 Dogmas can be (1) general or special; (2) material or formal; (3) pure or mixed; (4) symbolic or non-symbolic; (5) and they can differ according to their various degrees of necessity.教義は、(1)一般的または特殊なことができる、(2)材料、または正式には、(3)純粋または混合、(4)象徴的または非シンボリック、(5)と、彼らは必然的に彼らの様々な程度に応じて異なることがあります。

(1) General dogmas are a part of the revelation meant for mankind and transmitted from the Apostles; while special dogmas are the truths revealed in private revelations. (1)一般的な教義は、人類のためのものと使徒から送信された啓示の一部であり、特別な教義は、民間の印で真実を明らかにしている間。 Special dogmas, therefore, are not, strictly speaking, dogmas at all; they are not revealed truths transmitted from the Apostles; nor are they defined or proposed by the Church for the acceptance of the faithful generally.特殊な教義は、したがって、厳密に教義が全く言えば、ありません、彼らは使徒から送信明らかに真理ではありません。また彼らは一般信徒の受け入れのために定義や教会で提案されている。

(2) Dogmas are called material (or Divine, or dogmas in themselves, in se) when abstraction is made from their definition by the Church, when they are considered only as revealed; and they are called formal (or Catholic, or "in relation to us", quoad nos) when they are considered both as revealed and defined.抽象化は、彼らが唯一のように明らかにしたとみなされ、教会によってその定義から行われたとき(2)教義(またはそれ自体で、それ自体が神、または教義)材料と呼ばれていたので、彼らは正式な(またはカトリック、または "で呼ばれています彼らは両方のように明らかにし、定義されたとみなされます私たちの関係 "、quoad NOS)。 Again, it is evident that material dogmas are not dogmas in the strict sense of the term.繰り返しますが、それは物質的な教義は、厳密な意味での定説ではないことは明らかである。

(3) Pure dogmas are those which can be known only from revelation, as the Trinity, Incarnation, etc.; while mixed dogmas are truths which can be known from revelation or from philosophical reasoning as the existence and attributes of God. (3)純粋な教義は、トリニティ、化身などとして、唯一の啓示から知ることができるものである、混合教義は、啓示から、あるいは神の存在や属性などの哲学的推論から知ることができる真理いる間。 Both classes are dogmas in the strict sense, when considered as revealed and defined.として明らかにされ、定義されていると考えたときに両方のクラスは、厳密な意味での定説です。

(4) Dogmas contained in the symbols or creeds of the Church are called symbolic; the remainder are non-symbolic. (4)教会のシンボルや信条に含まれている教義は、シンボリック呼ばれ、残りは非象徴している。 Hence all the articles of the Apostles' Creed are dogmas -- but not all dogmas are called technically articles of faith, though an ordinary dogma is sometimes spoken of as an article of faith.したがって、使徒信条のすべての記事は教義である - しかし普通のドグマは、時々の信仰の記事のように話されてもいないすべての教義は、信仰の技術的に記事と呼ばれています。

(5) Finally, there are dogmas belief in which is absolutely necessary as a means to salvation, while faith in others is rendered necessary only by Divine precept; and some dogmas must be explicitly known and believed, while with regard to others implicit belief is sufficient.他人に関して暗黙の信念がある間、いくつかの教義を明示的に知られていると信じていなければならない、(5)最後に、他人の信仰は唯一神の教えによって必要なレンダリングされながら、救いのための手段として、絶対に必要である教義信念がある十分。

III. Ⅲ。 OBJECTIVE CHARACTER OF DOGMATIC TRUTH; INTELLECTUAL BELIEF IN DOGMA独断的な真理の客観キャラクタ;ドグマの知的信念

As a dogma is a revealed truth, the intellectual character and objective reality of dogma depend on the intellectual character and objective truth of Divine revelation.教義は真実を明らかにされたように、知的なキャラクターとドグマの客観的な現実は、知的性格と神の啓示の客観的真実に依存しています。 We will here apply to dogma the conclusions developed at greater length under the heading of revelation.我々はここでドグマ啓示の見出しの下に、より大きい長さで開発された結論に適用されます。 Are dogmas considered merely as truths revealed by God, real objective truths addressed to the human mind?神によって明らかに真理としてのみみなさ教義であり、実際の客観的真理は、人間の心に宛て? Are we bound to believe them with the mind?私たちは心でそれらを信じるようにバインドされている? Should we admit the distinction between fundamental and non-fundamental dogmas?私たちは、基本的かつ非根本的な教義の違いを認めるべきでしょうか?

(1) Rationalists deny the existence of Divine supernatural revelation, and consequently of religious dogmas. (1)合理は、神の超自然的啓示の存在を否定し、結果的に宗教的な教義。 A certain school of mystics has taught that what Christ inaugurated in the world was "a new life".神秘主義者、特定の学校は何キリストが世界に発足すると、 "新しい人生"だったことを教えてきました。 The "Modernist" theory by reason of its recent condemnation calls for fuller treatment.フラーの治療のために、最近非難呼び出しの理由により "モダニスト"の理論。 There are different shades of opinion among Modernists.近代主義の間で意見の異なった色合いがあります。 Some of them do not, apparently, deny all intellectual value to dogma (cf. Le Roy, "Dogme et Critique").そのうちのいくつかは、明らかに、ドグマ(cf.のリロイ、 "Dogmeら批判")へのすべての知的価値を否定するものではありません。 Dogma, like revelation, they say, is expressed in terms of action.ドグマは、啓示のように、彼らが言うには、アクションの用語で表現されています。 Thus when the Son of (God is said "to have come down from heaven", according to all theologians He did not come down, as bodies descend or as angels are conceived to pass from place to place, but the hypostatic union is described in terms of action. So when we profess our faith in God the Father, we mean, according to M. Le Roy, that we have to act towards God as sons; but neither the fatherhood of God, nor the other dogmas of faith, such as the Trinity, the Incarnation, the Resurrection of Christ, etc. imply of necessity any objective intellectual conception of fatherhood, Trinity, Resurrection, etc., or convey any idea to the mind. According to other writers, God has addressed no revelation to the human mind. Revelation, they say, began as a consciousness of right and wrong -- and the evolution or development of revelation was but the progressive development of the religious sense until it reached its highest level, thus far, in the modern liberal and democratic State. Then, according to these writers, the dogmas of faith, considered as dogmas, have no meaning for the mind, we need not believe them mentally; we may reject them -- it is enough if we employ them as guides for our actions. (See MODERNISM.) Over against this doctrine the Church teaches that God has made a revelation to the human mind. There are, no doubt, relative Divine attributes, and some of the dogmas of faith may be expressed under the symbolism of action, but they also convey to the human mind a meaning distinct from action. The fatherhood of God may imply that we should act towards Him as children towards a father -- but it also conveys to the mind definite analogical conceptions of our God and Creator. And there are truths, such as the Trinity, the Resurrection of Christ, His Ascension, etc. which are absolute objective facts, and which could be believed even if their practical consequences were ignored or were deemed of little value. The dogmas of the Church, such as the existence of God, the Trinity, the Incarnation, the Resurrection of Christ, the sacraments, a future judgment, etc. have an objective reality and are facts as really and truly as it a fact that Augustus was Emperor of the Romans, and that George Washington was first President of the United States.したがっての息子(神は、 "天から降りて来ている"と言われて体が下るように、すべての神学者によると彼は、ダウンして来なかったか、天使は場所から場所へ渡すために考案されていますが、沈下組合がに記載されているように時アクションに関してだから我々は神に父を私たちの信仰を告白するとき、私たちは息子のように神に向かって行動しなければならないことを、M.リロイによると、意味;。しかし、どちらも神の父、また信仰の他の教義、そのようなトリニティ、化身、キリストの復活、などが必然的に父の任意の客観的な知的概念、トリニティ、復活などを意味するものか、心にどんな考えを伝えるように。他の作家によれば、神は啓示に全く対処していない人間の心の啓示は、彼らが言うには、善悪の意識として始まった - と啓示の進化や発展があったが、宗教的な意味の漸進的発達は、現代リベラルで、これまで、その最高レベルに達するまでと。民主主義国家はその後、これらの作家によれば、教義として考える信仰の教義は、心のためには意味がありません、我々は精神的にそれらを信じる必要はありません、我々は彼らを拒絶するかもしれません - 私たちは私たちのためのガイドとして、それらを採用する場合には十分です教会は、神が人間の心に啓示を行ったことを教えて、この教義に対してオーバーアクション。(モダニズムを参照してください)​​。ありますが、間違いなく、相対的な神の属性、信仰の教義のいくつかは、アクションの象徴の下で発現させることができるが、彼らはまた、神の父は、我々は父親に向かって子供のように彼に向かって行動しなければならないことを意味するものであり、人間の心にアクションとは異なる意味を伝える - それはまた、私たちの神と創造主の心の明確な類推概念に伝えます。そして、このような絶対的な客観的な事実であり、そしてどちらが彼らの実用的な結果が無視されたか、ほとんど価値のないものとみなされた場合であっても信じられる可能性が三位一体、キリストの復活、彼の昇天などの真理が存在します。教会の教義では、 、神の存在など、トリニティ、化身、キリストは、秘跡は、将来の判断の復活などがアウグストゥスはローマの皇帝だったという事実を客観的な現実を持っており、それだけで本当に本当に事実であると、ジョージ·ワシントンは米国の初代大統領であったこと。

(2) Abstracting from the Church's definition, we are bound to render to God the homage of our assent to revealed truth once we are satisfied that He has spoken. (2)教会の定義から抽象化する、我々は、我々は彼が話されていることを確認したら、真実を明らかに我々の同意のオマージュを神にレンダリングするためにバインドされています。 Even atheists admit, hypothetically, that if there be an infinite Being distinct from the world, we should pay Him the homage of believing His Divine word.でも、無神論者は世界から異なる無限の生き物が存在するならば、我々は彼に彼の神の言葉を信じるの敬意を払うべきだと、仮に、認める。

(3) Hence it is not permissible to distinguish revealed truths as fundamental and non-fundamental in the sense that some truths, though known to have been revealed by God, may be lawfully denied. (3)したがって、それはいくつかの真理という意味で基本的かつ非基本として明らかに真理を区別することは許されません、神によって啓示されたことが知られていますが、合法的に拒否されることがあります。 But while we should believe, at least implicitly, every truth attested by the word of God, we are free to admit that some are in themselves more important than others, more necessary than others, and that an explicit knowledge of some is necessary while an implicit faith in others is sufficient.しかし、我々は信じているべきであるが、少なくとも暗黙のうちに、すべての真実は、神の言葉によって証明され、我々はいくつかは、それ自体が他のものよりも必要な他のものより重要であることを認めるのは自由であり、いくつかの明確な知識はしばらく必要であること他人の盲信で十分です。

IV. Ⅳ。 DOGMA AND THE CHURCHドグマと教会

Revealed truths become formally dogmas when defined or proposed by the Church.教会が定義するか、または提案されたときに明らかに真理を正式教義になる。 There is considerable hostility, in modern times, to dogmatic religion when considered as a body of truths defined by the Church, and still more when considered as defined by the pope.法王によって定義されるように考えた場合、より多くの、まだ教会で定義されて体の真理とみなされ、ときにかなりの敵意は、独断的な宗教に、現代では、あります。 The theory of dogma which is here expounded depends for its acceptance on the doctrine of the infallible teaching office of the Church and of the Roman pontiff.ここで解説されている教義の理論は、教会とローマ教皇の絶対確実な指導事務所の教義上でその受け入れのために依存しています。 It will be sufficient to notice the following points, (1) the reasonableness of the definition of dogma; (2) the immutability of dogma; (3) the necessity for Church unity of belief in dogma (4) the inconveniences which are alleged to be associated with the definition of dogma.ドグマ(2)不変性;、それは、以下の点、教義の定義(1)合理性に気付くのに十分である教義の信仰の教会の団結のために(3)必要性を(4)に主張されて不便ドグマの定義に関連付けられる。

(1) Against the theory of interpretation of Scripture by private judgement, Catholics regard as absolutely unacceptable the view that God revealed a body of truths to the world and appointed no official teacher of revealed truth, no authoritative judge of controversy; this view is as unreasonable as would be the notion that the civil legislature makes laws and then commits to individual private judgment the right and the duty of interpreting the laws and deciding controversies. (1)民間の判断によって聖書の解釈論に対しては、カトリック教徒は、神が世界に向けて体の真理を明らかにし、真実を明らかに公式の教師、論争のない権威ある裁判官を任命していないことを絶対に容認できないビューとして捉え、このビューは、以下のとおりです。市民議会が法律を作って、次に個々の私的な判断に右や法律を解釈し、論争を決定する義務をコミットしているという考えであろうとして無理。 The Church and the supreme pontiff are endowed by God with the privilege of infallibility in discharge of the duty of universal teacher in the sphere of faith and morals; hence we have an infallible testimony that the dogmas defined and delivered to us by the Church are the truths contained in Divine revelation.教会と最高の司教は、信仰と道徳の分野で普遍的な教師の義務の放電で無謬性の権限で、神によって授けられており、それゆえ私たちは、教会によって我々に定義され、配信された教義であることが絶対確実な証言を持っている真理は神の啓示に含まれている。

(2) The dogmas of the Church are immutable. (2)教会の教義は不変です。 Modernists hold that religious dogmas, as such, have no intellectual meaning, that we are not bound to believe them mentally, that they may be all false, that it is sufficient if we use them a guides to action; and accordingly they teach that dogmas are not immutable, that they should be changed when the spirit of the age is opposed to them, when they lose their value as rules for a liberal religious life.近代主義は、宗教の教義には、次のような、我々は彼らは我々が彼らに行動へのガイドを使用する場合、それが十分であること、すべての偽りであることが、精神的にそれを信じるようにバインドされていないこと、全く知的な意味を持っていないことを保持し、そしてそれに応じて、彼らはその教義を教える彼らはリベラルな宗教的な生活のためのルールとしての価値を失ったときの時代の精神がそれらに反対しているときには変更されるべき不変、ではありません。 But in the Catholic doctrine that Divine revelation is addressed to the human mind and expresses real objective truth, dogmas are immutable Divine truths.しかし、神の啓示は人間の心宛てと現実の客観的真実を表現していることは、カトリックの教義では、教義は不変の神の真理である。 It is an immutable truth for all time that Augustus was Emperor of Rome and George Washington first President of the United States.それは、アウグストゥスは、ローマとアメリカのジョージ·ワシントン初代大統領の天皇であったこと、すべての時間のための不変の真理です。 So according to Catholic belief, these are and will be for all time immutable truths -- that there are three Persons in God, that Christ died for us, that He arose from the dead, that He founded the Church, that He instituted the sacraments.だから、カトリックの信仰によれば、これらは、すべての時間不変の真理のためにものになるでしょう - 彼は秘跡彼は彼が教会を設立していること、死者の中から生まれたキリストが私たちのために死んだ神で3人が、、、があること。 We may distinguish between the truths themselves and the language in which they are expressed.私たちは、真理自体と、それらが表現される言語とを区別することができる。 The full meaning of certain revealed truths has been only gradually brought out; the truths will always remain.特定の明らかに真理の意味を完全には徐々にしか出力されています。真理は常に残る。 Language may change or may receive a new meaning; but we can always learn what meaning was attached to particular words in the past.言語が変更されたり新たな意味を受け取ることがありますが、私たちは常に過去に特定の単語に添付されたどのような意味を学ぶことができます。

(3) We are bound to believe revealed truths irrespective of their definition by the Church, if we are satisfied that God has revealed them.私たちは、神がそれらを明らかにしたことに満足している場合(3)我々は関係なく、教会は、その定義の明らかに真理を信じるようにバインドされています。 When they are proposed or defined by the Church, and thus become dogmas, we are bound to believe them in order to maintain the bond of faith.は、提案や教会で定義され、したがって、教義になっているとき、私たちは信仰の絆を維持するために、それらを信じるようにバインドされています。 (See HERESY). (異端を参照してください)​​。

(4) Finally, Catholics do not admit that, as is sometimes alleged, dogmas are the arbitrary creations of ecclesiastical authority, that they are multiplied at will, that they are devices for keeping the ignorant in subjection, that they are obstacles to conversions. (4)最後に、カトリック教徒は時々言われているように、教義は、彼らが、彼らは変換に障害となって服従無知を保つための装置であることを、意のままに乗算されて教会の権威の恣意的な作品、であることを認めることはありません。 Some of these are points of controversy which cannot be settled without reference to more fundamental questions.これらのいくつかは、より基本的な質問を参照しなくても解決できない論争のポイントです。 Dogmatic definitions would be arbitrary if there were no Divinely instituted infallible teaching office in the Church; but if, as Catholics maintain, God has established in His Church an infallible office, dogmatic definitions cannot be considered arbitrary.独断的な定義は、教会には神の制定絶対確実な指導事務所がなかった場合、任意であろう、しかしカトリック教徒が主張するように、神は彼の教会に絶対確実なオフィスを確立している、場合は、独断的な定義は任意とみなすことはできない。 The same Divine Providence which preserves the Church from error will preserve her from inordinate multiplication of dogmas.エラーから教会を維持し、同じ神の摂理の教義は、過度の乗算から彼女を保持します。 She cannot define arbitrarily.彼女が任意に定義することはできません。 We need only observe the life of the Church or of the Roman pontiffs to see that dogmas are not multiplied inordinately.私たちは、教義が極端に乗算しないことを確認するために教会やローマ教皇の生活を観察するだけで済みます。 And as dogmatic definitions are but the authentic interpretation and declaration of the meaning of Divine revelation, they cannot be considered devices for keeping the ignorant in subjection, or reasonable obstacles to conversions, on the contrary, the authoritative definition of truth and condemnation of error, are powerful arguments leading to the Church those who seek the truth earnestly.独断的な定義は、神の啓示の意味の本物の解釈と宣言されていますがと、彼らは、エラーの真実と非難の権威ある定義、逆に、変換に服従無知を維持するための装置、または合理的な障害物とみなすことはできない教会に熱心に真実を求める人々を導く強力な引数は次のとおりです。

V. DOGMA AND RELIGION V.ドグマと宗教

It is sometimes charged that in the Catholic Church, in consequence of its dogmas, religious life consists merely in speculative beliefs and external sacramental formalities.それは時々カトリック教会では、その教義の結果として、宗教的な生活は、投機的な信念や外部聖礼典の手続きで、単に構成されていることがご利用いただけます。 It is a strange charge, arising from prejudice or from lack of acquaintance with Catholic life.それは偏見から、あるいはカトリック生活と知人の欠如から生じた、奇妙な電荷である。 Religious life in conventual and monastic establishments is surely not a merely external formality.修道女と修道士施設での宗教生活は、きっと単に外部形式的ではありません。 The external religious exercises of the ordinary Catholic layman, such as public prayer, confession, Holy Communion, etc. suppose careful and serious internal self-examination and self-regulation, and various other acts of internal religion.このような公共の祈り、告白、聖体拝領などの普通のカトリック素人の外部の宗教的な演習は、内部の宗教の慎重かつ重大な自己検診内部と自己規制、およびその他のさまざまな行為をしたとします。 We need only to observe the public civic life of Catholics, their philanthropic works, their schools, hospitals, orphanages, charitable organizations, to be convinced that dogmatic religion does not degenerate into mere external formalities.私たちは、カトリック教徒の公共市民生活、彼らの慈善作品、独断的な宗教は単なる外部手続きに退化しないことを確信するためには、学校、病院、孤児院、慈善団体を観察するだけで済みます。 On the contrary, in non-Catholic Christian bodies a general decay of supernatural Christian life follows the dissolution of dogmatic religion.それどころか、非カトリックキリスト教団体で超自然のクリスチャン生活の一般的な崩壊は、独断的な宗教の解散に従います。 Were the dogmatic system of the Catholic Church, with its authoritative infallible head, done away with, the various systems of private judgment would not save the world from relapsing into and following pagan ideals.を廃止し、その権威の絶対確実な頭部を持つカトリック教会の独断的なシステムは、、あった、民間の判断の様々なシステムに再発し、異教の理念を次の中から世界を救うないだろう。 Dogmatic belief is not the be-all and end-all of Catholic life; but the Catholic serves God, honours the Trinity, loves Christ, obeys the Church, frequents the sacraments, assists at Mass, observes the Commandments, because he believes mentally in God, in the Trinity, in the Divinity of Christ, in the Church, in the sacraments and the Sacrifice of the Mass, in the duty of keeping the Commandments, and he believes in them as objective immutable truths.独断的な信念がある-allおよびエンドすべてのカトリック教徒の生活のではなく、しかし、カトリックは神を提供して、名誉トリニティ、教会に従う、キリストを愛している秘跡の常連、ミサでアシスト、彼は精神的に信じているので、十戒を観察戒めを守ることの義務で、三位一体では、キリストの神性では、教会では、秘跡とミサの犠牲で神、彼は客観的な不変の真理として、それらを信じている。

VI. Ⅵ。 DOGMA AND SCIENCEドグマと科学

But, it is objected, dogma checks investigation, antagonizes independence of thought, and makes scientific theology impossible.しかし、それは、反対ドグマチェック調査、思考の独立性に拮抗し、科学的な神学を不可能にされています。 This difficulty may be supposed to be put by Protestants or by unbelievers.この困難はプロテスタントまたは不信心によって置かれることになっているかもしれません。 We will consider it from both points of view.我々は、ビューの両方のポイントからそれを検討していきます。

(1) Beyond scientific investigation and freedom of thought Catholics recognize the guiding influence of dogmatic beliefs. (1)科学的調査や思想のカトリック教徒の自由を越えて独断的な信念の指導の影響を認識しています。 But Protestants also profess to adhere to certain great dogmatic truths which are supposed to impede scientific investigation and to conflict with the findings of modern science.しかし、プロテスタントは、科学捜査を妨害すると現代科学の知見と矛盾することになっている特定の偉大な独断的な真理に従うことを公言。 Old difficulties against the existence of God or its demonstrability, against the dogma of Creation, miracles, the human soul, and supernatural religion have been dressed in a new garb and urged by a modern school of scientists principally from the discoveries in geology, paleontology, biology, astronomy, comparative anatomy, and physiology.オールド創造の教義に対する神またはその論証可能性の存在に対する難しさ、奇跡、人間の魂は、宗教と超自然の新しい服装を着て、地質学の発見から主に科学者の現代の学校で付勢されているが、古生物学、生物学、天文学、比較解剖学、生理学。 But Protestants, no less than Catholics, profess to believe in God, in the Creation, in the soul, in the Incarnation, in the possibility of miracles; they too, maintain that there can be no discord between the true conclusions of science and the dogmas of the Christian religion rightly understood.しかし、プロテスタント、カトリック教徒を下回らないが、奇跡の可能性で、化身の、魂の中に、創造には、神の存在を信じると公言し、彼らはあまりにも、真の科学の結論との間には確執があり得ないことを維持正しく理解し、キリスト教の宗教の教義。 Protestants, therefore, cannot consistently complain that Catholic dogmas impede scientific investigation.プロテスタントは、したがって、一貫してカトリックの教義は科学的な調査を妨げることを不平を言うことはできません。 But it is urged that in the Catholic system beliefs are not determined by private judgment, behind the dogmas of the Church there is the living bulwark of her episcopate.しかし、それは、カトリック系の信念で彼女bishopの生活防波堤がある、教会の教義の背後に、民間の判断により決定されていないことに付勢されている。 True, behind dogmatic beliefs Catholics recognize ecclesiastical authority; but this puts no further restraint on intellectual freedom -- it only raises the question as to the constitution of the Church.確かに、独断的な信念の背後にカトリック教徒は教会の権威を認め、これは知的自由へのこれ以上の拘束を置きません - それは唯一の教会の憲法という疑問を提起する。 Catholics do not believe that God revealed a body of truths to mankind and appointed no living authority to unfold, to teach, to safeguard that body of Divine truths, to decide controversies; but the authority of the episcopate under the supreme pontiff to control intellectual activity is correlative with, and arises from their authority to teach supernatural truth.カトリック教徒は、神が人類に真理の本体を明らかにし、論争を決めるために、神の真理はその身体を保護するために、教えるために、展開する生きた権限を任命していないことを信じていない、しかし最高の司教の下bishopの地位の権威は、知的活動を制御するとの相関であり、超自然的真理を教えるために彼らの権威から生じる。 The existence of judges and magistrates does not extend the range of our civil laws -- they are rather a living authority to interpret and apply the laws.裁判官や判事の存在は私たちの民事法の範囲を拡張していない - 彼らはむしろ法律を解釈し、適用するために生きている権威である。 Similarly, episcopal authority has for its range the truth of revelation, and it prohibits only what is inconsistent with the full scope of that truth.同様に、聖公会の権威は、その範囲のために、ヨハネの黙示録の真実があり、それはその真実の全範囲と矛盾しているものだけを禁止しています。

(2) In discussing the question with unbelievers we note that science is "the observation and classification, or co-ordination, of the individual facts or phenomena of nature". (2)不信者と質問を議論する際に、我々は、科学は "自然の個々の事実や現象の観察や分類、または協調"であることに注意してください。 Now a Catholic is absolutely free in the prosecution of scientific research according to the terms of this definition.今のカトリックは、この定義の条項に従って、科学研究の起訴で絶対に無料です。 There is no prohibition or restriction on Catholics in regard to the observation and co-ordination of the phenomena of Nature.自然現象の観察と調整に関してカトリック教徒には何の禁止又は制限はありません。 But some scientists do not confine themselves to science as defined by themselves.しかし、一部の科学者は、自分自身で定義されている科学に自らを閉じ込めていません。 They propound theories often unwarranted by experimental observation.彼らは実験観察によってしばしば不当な理論を提唱する。 One will maintain as a "scientific" truth that there is no God, or that His existence is unknowable -- another that the world has not been created; another will deny in the name of "science" the existence of the soul; another, the possibility of supernatural revelation.一つは、神は存在しないことを "科学的な"真実として維持、または彼の存在が不可知であることになる - もう一つの世界が作成されていないこと、もう一つは魂の存在 "科学"の名の下に否定するでしょう。別の、超自然的啓示の可能性。 Surely these denials are not warranted by scientific methods.確かにこれらの拒否は科学的な方法で保証されていません。 Catholic dogma and ecclesiastical authority limit intellectual activity only so far as may be necessary for safeguarding the truths of revelation.カトリックの教義と教会の権威の限界知的活動だけで、これまでのように真理の啓示を守るために必要であるかもしれません。 If non-believing scientists in their study of Catholicism would apply the scientific method, which consists in observing, comparing, making hypotheses, and perhaps formulating scientific conclusions, they would readily see that dogmatic belief in no way interferes with the legitimate freedom of the Catholic in scientific research, the discharge of civic duty, or any other form of activity that makes for true enlightenment and progress.カトリックの彼らの研究では、非信じる科学者は、観察比較、仮説を作り、そしておそらく科学的な結論を定式化する際に構成されて科学的方法を適用したい場合、それらは容易にない方法で独断的な信念がカトリックの正当な自由を妨害することを見るでしょう科学研究、市民としての義務の放電、または真の悟りと進行状況になり活動の他のフォームインチ The service rendered by Catholics in every department of learning and of social endeavour, is a fact which no amount of theorizing against dogma can set aside.学習や社会的活動のすべての部門におけるカトリック教徒によってレンダリングされたサービスは、ドグマに対して理屈のない量は取っておくことができない事実である。 (See FAITH, INFALLIBILITY, REVELATION, SCIENCE, TRUTH.) (信仰、不可謬性は、ヨハネの黙示録、科学、真実を参照してください。)

Publication information Written by Daniel Coghlan.ダニエルコグランによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Gerard Haffner.ジェラールハフナー転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume V. Published 1909.カトリック百科事典は、ボリュームの対公開1909。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, May 1, 1909.ニヒルのObstat、1909年5月1日。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
Acta et Decreta Concilii Vaticani in Coll.コルでアクタらdecretumの複数形Conciliiヴァチカン。 Lac.ラック。 (Freiburg im Br., 1870-90), VII; SUAREZ, Opera Omnia: De Fide Theologicâ; DE LUGO, Pera: De fide; VACANT, Etudes th&eaccute;ologiques sur les constitutions du concile du Vatican (Paris, 1895); GRANDERATH, Constitutiones dogmaticae Sacrosancti Ecumenici Concilii Vaticani ex ipsis ejus actis explicatae atque illustratae (Freiburg im Br., 1892); SCHEEBEN, Handbuch der katholischen Dogmatik (Freiburg im Br., 1873); SCHWANE, Dogmengeschichte (2nd ed., Freiburg, 1895); MAZZELLA, De Virtutibus Infusis (Rome, 1884); BILLOT, Tractatus de Ecclesiâ Christi (Rome, 1903); IDEM, De Virtutibus Infusis (Rome, 1905); NEWMAN, Idea of a University (London, 1899). (フライブルク、Brであり、1870年から1890年)、第VII、スアレス、オペラオムニア:デfide神学、DE LUGO、ペラ:デfide; GRANDERATH、空いている、エチュード番目&eaccute; ologiquesシュールレ憲法デュデュバチカン(パリ、1895年)concile 、Constitutiones dogmaticae Sacrosancti Ecumenici ConciliiヴァチカンEX ipsis ejus ACTIS explicatae atque illustratae(フライブルク、Brであり、1892年);シェーベン、Handbuchファンデkatholischen Dogmatik(フライブルク、Brであり、1873年); SCHWANE、Dogmengeschichte(第2版、フライブルク、1895。) ; MAZZELLA、デVirtutibus Infusis(ローマ、1884); BILLOT、論考·デ·エクレシアクリスティ(ローマ、1903);同上、デVirtutibus Infusis(ローマ、1905);ニューマン氏は、大学の理念(ロンドン、1899)。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです