The Book of Henoch (Ethiopic)ヘーノホの書(エチオピア)

Catholic Information カトリックの情報

The antediluvian patriarch Henoch according to Genesis "walked with God and was seen no more, because God took him".時代遅れの家長ヘーノホ創世記によると、 "神が彼を取ったので、神とともに歩み、これ以上見られなかった"。 This walking with God was naturally understood to refer to special revelations made to the patriarch, and this, together with the mystery surrounding his departure from the world, made Henoch's name an apt one for the purposes of apocalyptic writers.神とのこの歩行が自然に家長に作られた特別な啓示を指すものと理解し、これは、一緒に世界からの彼の出発を取り巻く謎と、ヘーノホの名前終末論作家の目的のためにがちでひとつになった。 In consequence there arose a literature attributed to him.結果として彼に起因する文学が生じた。

It influenced not only later Jewish apocrypha, but has left its imprint on the New Testament and the works of the early Fathers.それだけでなく、後のユダヤ人の外典に影響を与えますが、新約聖書と初期の父親の作品にその足跡を残してきた。 The canonical Epistle of St. Jude, in verses 14, 15, explicitly quotes from the Book of Henoch; the citation is found in the Ethiopic version in verses 9 and 4 of the first chapter.詩14、15のセントジュードの正規の信徒は、明示的ヘーノホの書から引用して、引用は第一章の詩9と4でエチオピアのバージョンに含まれています。 There are probable traces of the Henoch literature in other portions of the New Testament.新約聖書の他の部分でヘーノホ文学のありそうな痕跡があります。

Passing to the patristic writers, the Book of Henoch enjoyed a high esteem among them, mainly owing to the quotation in Jude. patristic作家に渡す、ヘーノホの予約ジュードで引用主に起因して、それらの間で高い評価を楽しんだ。 The so-called Epistle of Barnabas twice cites Henoch as Scripture.バルナバのいわゆる信徒二回聖書としてヘノッホを挙げている。 Clement of Alexandria, Tertullian, Origen, and even St. Augustine suppose the work to be a genuine one of the patriarch.アレキサンドリア、テルトゥリアヌス​​、原産地、さらに聖アウグスティヌスのクレメントは仕事が家長の本物の一つであると仮定します。 But in the fourth century the Henoch writings lost credit and ceased to be quoted.しかし、第四世紀にヘーノホの文章は信用を失い、引用符で囲む必要はなくなりました。 After an allusion by an author of the beginning of the ninth century, they disappear from view.九世紀の初めの著者によるほのめかした後、彼らは視界から消えていく。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
So great was the oblivion into which they fell that only scanty fragments of Greek and Latin versions were preserved in the West.だから偉大な彼らはギリシャ語とラテン語のバージョンの唯一の乏しい断片が西洋に保存されていたことを落ちた忘却の彼方でした。 The complete text was thought to have perished when it was discovered in two Ethiopic manuscripts in Abyssinia, by the traveler Bruce in 1773.完全なテキストは、それが1773年に旅行ブルースによって、アビシニアで2エチオピアの写本の中に発見されたときに死んでいたと考えられていました。 Since, several more copies in the same language have been brought to light.以来、同じ言語でいくつかの複数のコピーが白日の下にさらされています。 Recently a large Greek fragment comprising chapters i-xxxii was unearthed at Akhmîn in Egypt.最近章I-XXXIIを含む大ギリシャの断片がエジプトでAkhmînで発掘された。

Scholars agree that the Book of Henoch was originally composed either in Hebrew or Aramaic, and that the Ethiopic version was derived from a Greek one.学者はヘーノホの予約は、もともとヘブライ語やアラム語のいずれかで構成されていたこと、およびエチオピアのバージョンはギリシャ1から派生したことに同意します。 A comparison of the Ethiopic text with the Akhmîn Greek fragment proves that the former is in general a trustworthy translation. Akhmînギリシャのフラグメントを持つエチオピアのテキストを比較すると、前者は一般的に信頼できる翻訳であることを証明している。 The work is a compilation, and its component parts were written in Palestine by Jews of the orthodox Hasidic or Pharisaic schools.作業は、コンパイルされ、その構成部品は、正統派ハシドまたはpharisaicの学校のユダヤ人パレスチナで書かれていました。 Its composite character appears clearly from the palpable differences in eschatology, in the views of the origin of sin and of the character and importance of the Messias found in portions otherwise marked off from each other by diversities of subject.その複合文字は、罪の起源とそうでない被写体の多様性によっ​​て互いにオフマークされた部分で発見のmessiasの性格と重要性のビューで終末論で触知の違いから明らかにされます。 Critics agree that the oldest portions are those included in chapters i-xxxvi and (broadly speaking) lxxi-civ.批評家は、最も古い部分は、これらの章I-XXXVIと(広義に言えば)LXXI-CIVに含まれていることに同意するものとします。

It will be seen that the work is a voluminous one.それは仕事が膨大なものであることが分かるであろう。 But the most recent research, led by the Rev. RH Charles, an English specialist, breaks up this part into at least two distinct constituents.しかし、牧師RHチャールズ、英語の専門家が率いる最も最近の研究では、少なくとも2つの別個の構成要素に、この部分を分割します。 Charles's analysis and dating are: i-xxxvi, the oldest part, composed before 170 BC; xxxvii-lxx, lxxxiii-xc, written between 166-161 BC; chapters xci-civ between the years 134-95 BC; the Book of Parables between 94-64 BC; the Book of Celestial Physics, lxxii-lxxviii, lxxxii, lxxix, date undetermined.チャールズの分析との出会いは、i-36、170紀元前構成する前に古い部分; XXXVII-70、166から161年の間に書かれたLXXXIII-XC;年の間にチャプターXCI-CIV 134から95紀元前、たとえ話の予約紀元前94から64の間で、不定天体物理学、LXXII - 七十八、八十二、LXXIX、日付の予約ができます。 Criticism recognizes, scattered here and there, interpolations from a lost apocalypse, the Book of Noah.批判は、あちこち散らばって、失われた黙示録、ノアからの予約補間を認識しています。 Expert opinion is not united on the date of the composite older portion, ie i-xxxvi, lxxi-civ.専門家の意見は、複合古い部分、すなわち、I-36、LXXI-CIVの日に結ばれていません。 The preponderant authority represented by Charles and Schürer assigns it to the latter part of the second century before Christ, but Baldensperger would bring it down to a half century before our Era.チャールズとシューラーによって表さ優勢な権威はキリストの前に第2世紀後半にそれを割り当てますが、バルダンスペルジェは私たちの時代の前に半世紀にそれをダウンさせるだろう。

CONTENTS目次

In the following outline of contents, Charles's analysis, which is supported by cogent reasons, has been adopted.内容は次のアウトラインでは、説得力のある理由でサポートされているチャールズの分析をすることで、採用されています。 The various elements are taken up in their chronological sequence.様々な要素は、その時系列に取り上げられている。

Book I, chapters i-xxxvi私は、章I-XXXVIを予約

Its body contains an account of the fall of the angelic "Watchers", their punishment, and the patriarch's intervention in their history.その本体は、天使の "ウォッチャー"、彼らの処罰、およびそれらの歴史の中で家長の介入の秋のアカウントが含まれます。 It is based upon Genesis 6:2: "The sons of God seeing the daughters of men, that they were fair, took to themselves wives of all they chose."それは創世記6:02に基づいています。 "彼らは公正だった人の娘たちが、自分たちに彼らが選んだすべての妻を取った見て神の子" The narrative is intended to explain the origin of sin and evil in the world and in this connection lays very little stress on the disobedience of our First Parents.物語は、私たちの最初の両親の不服従にはほとんどストレスを産​​む世界でこの接続の罪と悪の起源を説明することを意図している。 This portion is remarkable for the entire absence of a Messias.この部分は、全体のmessiasの欠如のために顕著である。

Book II, lxxxiii-xcブックII、LXXXIII-XC

This book contains two visions.この本は2つのビジョンを含んでいます。 In the first, lxxxiii-lxxxiv, is portrayed the dreadful visitation of the flood, about to fall upon the earth.第一、LXXXIII - 八十四では、約地上に落下し、洪水の恐ろしい面会を描かれている。 Henoch supplicates God not to annihilate the human race.ヘノッホは人類を全滅させることなく、神を請う。 The remaining section, under the symbolism of cattle, beasts, and birds, sketches the entire history of Israel down to the Messianic reign.残りのセクションでは、牛、獣、鳥の象徴で、救世主の治世に、イスラエルの歴史全体をダウンスケッチします。

Book III, xci-civ, cviiiブックIII、XCI-CIV、cviii

It professes to give a prophetic vision of the events of the world-weeks, centering about Israel.それは、イスラエルについてセンタリング、世界週間の出来事の予言的なビジョンを与えることを公言。 This part is distinguished by insistence upon a sharp conflict between the righteous of the nation and their wicked opponents both within and without Israel.この部分は、イスラエル内外両方の国の正義とその邪悪な反対派の間で鋭い対立時に主張によって区別される。 They triumph and slay their oppressors in a Messianic kingdom without a personal Messias.彼らの勝利と個人のmessiasずに、救世主の王国における彼らの抑圧者を殺す。 At its close occurs the final judgment, which inaugurates a blessed immortality in heaven for the righteous.その近くで正義のために天に祝福された不死が開幕しました最終的な判断は、発生します。 For this purpose all the departed just will rise from a mysterious abode, though apparently not in the body (ciii, 3, 4).この目的のためにすべての故人はちょうど(CIII、3、4)を明らかにしないボディでも、神秘的な住居から上昇します。 The wicked will go into the Sheol of darkness and fire and dwell there forever.邪悪な闇と火の陰府に入り、永遠にそこに住むであろう。 This is one of the earliest mentions of Sheol as a hell of torment, preceding portions of the book having described the place of retribution for the wicked as Tartarus and Geennom.これはタルタロスとGeennomとして邪悪に対して報復の場所を説明した本の一部を先行、苦痛の地獄としてシェオルの言及最古の1つです。

Book IV, xxxvii-lxx予約IV、XXXVII-LXX

This book consists of three "Parables".この本は、3つの "たとえ話"で構成されています。 The first describes the secrets of heaven, giving prominence to the angelic hosts and their princes.最初は天使のようなホストとその諸侯に名声を与え、天の秘密を説明します。 The second parable (xliv-lvii) deals with the Messias, and is the most striking of this remarkable book.第二寓話(XLIV-LVII)のmessiasを扱い、この注目すべき本の最も印象的です。 The influence of Daniel is easily traceable here, but the figure of the Messias is sketched much more fully, and the idea developed to a degree unparalleled in pre-Christian literature.ダニエルの影響はここで簡単に追跡可能ですが、messiasはの姿がはるかに完全に描いて、アイデアはキリスト教以前の文献では比類のない程度に開発されています。 The Elect One, or Son of Man, existed before the sun and stars were created, and is to execute justice upon all sinners who oppress the good.次期一つ、または人の子は、太陽や星が作成される前に存在し、善を虐げるすべての罪人によって正義を実行することです。 For this end there will be a resurrection of all Israel and a judgment in which the Son of Man will render to everyone according to his deeds.この目的のためにイスラエルのすべての人の復活と、人の子は、自分の行いに応じて全員にレンダリングされた判決があるでしょう。 Iniquity will be banished from the earth and the reign of the Messias will be everlasting.不法行為は、地球から追放され、のmessiasの治世は永遠なり。 The third parable (lviii-lxx) describes again the happiness reserved for the just, the great Judgment and the secrets of nature.第三寓話(LVIII-LXX)が再びただ、偉大な判断力と自然の秘密のために予約幸福を説明しています。 Here and there throughout the Book of Parables the author gives piecemeal his theory of the origin of sin.あちこちたとえ話の本を通して著者は断片的な罪の起源の彼の理論を与える。 Going a step further back than the fault of the Watchers of the first book, he attributes their fall to certain mysterious Satans.さらに後ろの最初の本のウォッチャーの障害より歩進んで、彼はある種の神秘的なSatansに彼らの秋の属性。

Book V, lxxii-lxxviii, lxxxix, lxxix (transposed)予約V、LXXII-七十八、八十九、LXXIX(移調)

This book may be called the Book of Celestial Physics, or Astronomy.本書は、天体物理学、あるいは天文学の書籍と呼ばれることもある。 It presents a bewildering mass of revelations concerning the movements of the heavenly bodies, given to Henoch by the angel Uriel.それは、天使ウリエルによってヘノッホに与えられた天体の動きに関する啓示の困惑させる質量を示します。 The final chapters of the entire work, cv-cvii, are drawn from the lost Book of Noah.作品全体、CV-cviiの最終章は、ノアの失われたブックから描かれています。

Publication information Transcribed by Douglas J. Potter.ダグラス·J·ポッター転写された文献の情報です。 Dedicated to the Sacred Heart of Jesus Christ The Catholic Encyclopedia, Volume I. Published 1907.イエスキリストの聖心カトリック百科事典に捧げられて、第1巻は1907年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, March 1, 1907.ニヒルのObstat、1907年3月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです