Eusebius of Caesarea, Eusebius of Cæsareaカイザリアのエウセビオス、カイザリアのエウセビオス

Catholic Information カトリックの情報

Eusebius Pamphili, Bishop of Cæsarea in Palestine, the "Father of Church History"; b.ユーセビアスパンフィーリ、パレスチナのカイザリアの司教は、 "教会史の父"と、b。 about 260; d.約260と、d。 before 341. 341前。

LIFE LIFE

It will save lengthy digression if we at once speak of a document which will often have to be referred to on account of its biographical importance, viz., the letter written by Eusebius to his diocese in order to explain his subscription to the Creed propounded by the Council of Nicæa.我々は一度に多くの場合、その伝記の重要性、すなわち、提唱された信条に彼のサブスクリプションを説明するために彼の教区にユーセビアスによって書かれた手紙のアカウントで参照されなければならない文書の話なら、それは長い余談を保存しますニカイア公会議。 After some preliminary remarks, the writer proceeds: "We first transmit to you the writing concerning the faith which was put forward by us, and then the second, which they have published after putting in additions to our expressions. Now the writing presented by us, which when read in the presence of our most religious emperor was declared to have a right and approved character was as follows: [The Faith put forward by us]. As we have received from the bishops before us both in our first catechetical instruction and when we were baptized, and as we have learned from the Divine Scriptures, and as we have believed and taught in the presbyterate and in the office of bishop itself so now likewise believing we offer to you our faith and it is thus."いくつかの予備的な発言をした後、ライターが進行する: "我々は最初に、彼らは私たちの表現への追加を入れた後に公開した後、私達によって提唱された信仰に関する執筆、そして第二に、今私たちに送信することにより提出書き込みが。 、その私たちの最も宗教的な天皇の存在下で読んだときは、右と承認された文字を持つように宣言された次のとおりであった:[信仰は、私たちが提案した]我々は我々の最初の問答式の命令で、両方の私達の前の司教から受け取ってきたように。我々は、バプテスマを受けた時、私たちは神の聖書から学んだように、私たちは長老や司教自身のオフィスで信じ、教えてきたように、今、私たちはあなたに私達の信仰を提供し、同様に信じて、それがこのようになります。 " Then follows a formal creed [Theodoret, Hist., I, 11; Socrates, Hist., I, 8; St. Athanasius, de Dec. Syn. 。ソクラテス、シーッ、私は、8;;。聖アタナシウス、デ12月Synのその後正式な信条[theodoretの、シーッ、私は、11は、次のとおりです。 Nic. NIC。 (appendix) and elsewhere. (付録)および他のです。 Translated by Newman with notes in the Oxford Library of the Fathers (Select Treatises of St. Athanasius, p. 59) and St. Athanasius, vol.父親のオックスフォード·ライブラリ内のノートとニューマン(聖アタナシウス、pの論文を選択してください59)、聖アタナシウス、VOL訳。 I. The translation given here is Dr. Hort's.ここで与えられたI.翻訳は博士ホルトのです。 The words in brackets are probably genuine though not given by Socrates and St. Athanasius].括弧内の単語は、おそらくソクラテスと聖アタナシウスによって与えられたわけではありませんが本物である]。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Dr. Hort in 1876 ("Two Dissertations", etc., pp. 56 sqq.) pointed out that this creed was presumably that of the Church of Cæsarea of which Eusebius was bishop. 1876​​年に博士ホルト( "二つの学位論文"など、頁56 sqq名。)この信条はおそらくユーセビアス司教うちのcæsarea教会のことだったことを指摘した。 This view is widely accepted (cf. Lightfoot, art. "Euseb." in "Dict. of Christ. Biog." - All references to Lightfoot, unless otherwise stated, are to this article. - Sanday, "Journal of Theolog. Studies", vol. I, p. 15; Gwatkin, "Studies of Arianism", p. 42, 2nd edition; McGiffert, "Prolog. to CH of Euseb." in "Select Library of Nic. and post-Nic. Fathers"; Duchesne, "Hist. de l'Eglise", vol. II, p. 149).このビューは広く(cf.のライトフット、芸術受け入れられている "Eusebは"インチ "dictのキリストBiogの。" - ライトフットへのすべての参照は、特に明記しない限り、この記事にある - 。Theologのサンデー、 "ジャーナル研究は。 NICのライブラリの選択 "で" EusebのCHへのプロローグとポストNicの父親 "、" VOL私は、p 15;。;グオートキン、 "アリウス主義の研究"マギファート、P 42、第2版 "。。。 ;。デュシェーヌ、 "シーッドゥEgliseの" VOL IIは、p 149)。 According to this view it is natural to regard the introduction, "As we have received" etc., as autobiographical, and to infer that Eusebius had exercised the office of priesthood in the city of Cæsarea before he became its bishop, and had received his earliest religious instruction and the sacrament of Baptism there also.この見解によれば、それは自伝として、などを "私たちが受けてきたように、"導入を考えるのが自然であり、彼はその司教となり、彼を受けていた前ユーセビアスのcæsarea都市の聖職の事務所を行使したことを推測する最古の宗教的な命令ともある洗礼の秘跡。 But other interpretations of this document are given, one of which destroys, while the other diminishes, its biographical value: (a) According to some the creed proferred by Eusebius was drawn up as a formula to be subscribed by all the bishops. (a)は、いくつかの信条はすべての司教によってサブスクライブされる式として策定されたユーセビアスproferredによると、他方が減少する一方で、その伝記の価値を破壊するそのうちの一つが、このドキュメントの他の解釈が、与えられている。 It was they who were to say that it embodied what they had been taught as catechumens and had taught as priests and bishops.それは彼らがcatechumensのように教えられていたと司祭や司教として教えられていたものを具現化と言っていた人たちだった。 This seems to have been the view generally held before Hort, and was Kattenbusch's view in 1804 (Das apostolische Symbol, vol. I, p. 231).これは一般的にホルト前見解だったようだし、1804(ダスapostolischeシンボル、I巻、頁231)にカッテンブッシュの見解であった。 One objection to this view may be noted.このビューに対する一つの反論は留意すべきである。 It makes all the bishops equivalently say that before they received the episcopate they had for some time exercised the duties of the priesthood.これは、すべての司教たちが同等に、彼らはいくつかの時間を彼らが持っていたbishopの地位を受信する前に聖職者の職務を行使したと言うことになります。 (b) Others maintain that this creed was not the local creed of Cæsarea, but one drawn up by Eusebius in his own justification as embodying what he had always believed and taught. (b)その他、この信条は、ローカルのcæsarea信条が、彼はいつも信じて教えていたものを具現化するように、彼自身の正当化でユーセビアスが策定したものではなかったと主張している。 According to this interpretation the preliminary statement still remains autobiographical; but it merely informs us that the writer exercised the office of priest before he became a bishop.この解釈によると、予備報告書はまだ自伝ままですが、それは単に彼が司教になる前に作家は司祭の事務所を行使したことを通知します。 This interpretation has been adopted by Kattenbusch in his second volume (p. 239) published in 1900.この解釈は、1900年に発表した第二巻(頁239)にカッテンブッシュに採用されています。 One of the reasons which he gives for his change of view is that when he was preparing his first volume he used Socrates, who does not give the superscription which we have printed in brackets.彼はビューの彼の変化を与える理由の一つは、彼が彼の最初のボリュームを準備していたとき、彼は私たちがかっこ内に表示している表題を与えるものではありませんソクラテスを、使用することです。 It is a vital matter with writers of the school of Kattenbusch not to accept what seems the natural interpretation of Eusebius's words, viz., that the creed he read before the council was actually the one he had always used.それはすなわち、ユーセビアスの言葉の自然な解釈と思われることを受け入れていないカッテンブッシュ派の作家との重要な問題である。、評議会は実際に彼が常に使用されていたものだった前に信条は、彼が読んでいること。 If this is admitted, "then", to quote Dr. Sanday, "I cannot but think that the theory of Kattenbusch and Harnack [viz. that the Eastern creds were daughters of the early Roman creed, and this latter did not reach the East till about AD 272] breaks breaks down altogether. Bishop Lightfoot … puts the birth of Eusebius about 260 AD, so that he would be something like twelve years old when Aurelian intervened in the affairs of Antioch. In other words he was in all probability already baptized, and had already been catechised in the Cæsarean creed at a time when, in the Kattenbusch-Harnack hypothesis, the parent of that creed had not yet reached Antioch - much less Cæsarea or Jerusalem" (Journ. Th. Studies, I, 15).これが認められる場合は、 "その後"博士サンデーを引用するために、 "私はしかし東部credsのは、初期のローマ信条の娘であることをカッテンブッシュとハルナック[VIZの理論。、この後者は東アジアに到達しなかったことを考えることはできません約紀元272まで]ブレークは完全に分解されます。司教ライトフット...アウレリアヌスのアンティオキア内政に介入したとき、彼は12歳のようなものとなるように、260 ADについてユーセビアスの誕生を置く。言い換えれば、彼はすでにすべての確率であった洗礼を受けて、すでにカッテンブッシュ - ハルナックの仮説で、その信条の親はまだアンティオキアに達していませんでした、一度帝王切開信条catechisedされていた - はるかに少ないカイザリアやエルサレム "(Journ. Thの研究、私は、15。 )。

The passage just quoted shows that the date of Eusebius's birth is more than a merely curious question.通路はちょうどユーセビアスの生年月日は単に好奇心質問以上のものであることを示していると伝えた。 According to Lightfoot, it cannot have been "much later than AD 260" (p. 309); according to Harnack, "it can hardly be placed later than 260-265" (Chronologie, I, p. 106).ライトフットによると、それは "ずっと後の西暦260より"(P. 309)であったはずがない。ハルナックによると、(。Chronologie、私は、p 106) "それは、ほとんど260から265より後に配置することはできません。" The data from which they argue are the persons and events which Eusebius describes as belonging to "our own times".彼らが主張する元となるデータはユーセビアスが "我々自身の時代"に属するものとして説明して人とのイベントです。 Thus, at the end of his account of the epistles of Dionysius of Alexandria, he says he is now going to relate the events of "our own times" (kath- 'emâs. - HE, VII, 26).このように、アレクサンドリアのディオニュシオスの書簡の自分のアカウントの終了時に、彼は今では "私たち自身の時間"の関連イベントになるだろうと言う(のKath-'EMASを - 。HE、第VII、26)。 He then recounts how, at Rome, Pope Dionysius (259-268) succeeded Xystus, and about the same time Paul of Samosata became Bishop of Antioch.彼はその後、ローマ、並木のある散歩道を継い教皇ディオニュシオス(259から268)、時とサモサタのパウロはアンティオキアの司教となったと同じくらいの時間、どのように語っている。

Elsewhere (HE, V, 28) he speaks of the same Paul as reviving "in our own time" (kath- 'emâs) the heresy of Artemon.他の場所(HE、V、28)彼は(のKath-'EMAS)Artemonの異端 "私たち自身の時間で"復活と同じポールのことを話す。 He also speaks of the Alexandrian Dionysius (d. 265) in the same way (HE, III, 28).彼はまた同じようにアレクサンドリアのディオニュシオス(民主党265)(HE、III、28)のことを話す。 He calls Manes, whom he places (HE, VII, 31) during the episcopate of Felix (270-274), "the maniac of yesterday and our own timess" (Theophania, IV, 30).彼はマーネス氏フェリックス(270から274)のbishopの地位の間の場所(HE、第VII、31)、 "昨日のマニアックと私たち自身のtimess"(Theophania、IV、30)を呼び出し、 An historian might of course refer to events recent, but before his own birth, as belonging to "our own times"; eg a man of thirty might speak thus of the Franco-German war in 1870.歴史家はもちろん、最近のイベントを参照する場合がありますが、彼自身の出生前に、 "私たち自身の時代"に属するものとして、たとえば30の男が1870年に独仏戦争のように話すことがあります。 But the reference to Manes as "the maniac of yesterday" certainly suggests a writer who is alluding to what happened within his own personal recollection.しかし、 "昨日のマニアック"とマーネスへの言及は、確かに彼自身の個人的な思い出の中で何が起こったのかをほのめかしているライターを示唆している。 Concerning Eusebius's parentage we know absolutely nothing; but the fact that he escaped with a short term of imprisonment during the terrible Diocletian persecution, when his master Pamphilus and others of his companions suffered martyrdom, suggests that he belonged to a family of some influence and importance.ユーセビアスの親子関係について、我々は全く何も知らない、しかし、彼の仲間の彼のマスターPamphilusと他の人が殉教を負った彼はひどいディオクレティアヌスの迫害の中に刑の短期でエスケープしているという事実は、彼はいくつかの影響力と重要性の家族に属していたことを示唆している。 His relations, later on, with the Emperor Constantine point to the same conclusion.皇帝コンスタンティヌスポイントと同じ結論に彼の関係は、後に、。 At some time during the last twenty years of the third century he visited Antioch, where he made the acquaintance of the priest Dorotheus, and heard him expound the Scriptures (HE, VII, 32).第3世紀の最後の20年間にいくつかの時点で、彼は司祭Dorotheusの知人を作ったところ、アンティオキアを訪れ、彼は(彼は、第VII、32)聖書を解説聞いた。 By a slip of the pen or the memory, Lightfoot (p. 309) makes Dorotheus a priest of the Church of Cæsarea.ペンやメモリのスリップにより、ライトフットたち(p. 309)Dorotheusのcæsarea教会の司祭になります。 In 296 he saw for the first time the future Emperor Constantine, as he passed through Palestine in the company of Diocletian (Vit. Const., I, 19).彼はディオクレティアヌスの会社(ビタミン定数。、私は、19)でパレスチナを通過として296年に彼は、初めて将来の皇帝コンスタンティヌスを見ました。

At a date which cannot be fixed Eusebius made the acquaintance of Pamphilus, the founder of the magnificent library which remained for several centuries the great glory of the Church of Cæsarea.固定ユーセビアスすることはできません後日Pamphilus、数世紀のcæsarea教会の偉大な栄光のまま壮大なライブラリの創始者と知り合った。 Pamphilus came from Phœnicia, but at the time we are considering resided at Cæsarea, where he presided over a college or school for students. Pamphilusはフェニキアから来たが、同時に、我々は彼が学生のために大学や学校を主宰カイザリア、住んで検討しています。 A man of noble birth, and wealthy, he sold his patrimony and gave the proceeds to the poor.高貴な生まれの男で、裕福な、彼は彼の遺産を売却し、貧しい人々に収入を与えた。 He was a great friend to indigent students, supplying them to the best of his ability with the necessaries of life, and bestowing on them copies of the Holy Scriptures.彼は生活必需品と彼の能力を最大限に発揮して供給し、それらに贈与聖書の写し、貧乏学生には絶好の友人だった。 Too humble to write anything himself, he spent his time in preparing accurate copies of the Scriptures and other books, especially those of Origen.何でも自分自身を書くことがあまりにも謙虚に、彼は聖書、特に他の書籍、原産地のものの正確なコピーを作成する際に彼の時間を過ごした。 Eloquent testimonies to the care bestowed by Pamphilus and Eusebius on the sacred text are found in Biblical MSS.神聖なテキストでPamphilusとユーセビアス授けたケアへの雄弁な証言は、聖書のMSSで発見されています。 which have reproduced their colophons.それは彼らのcolophonsを再現した。 We give three specimens.我々は3つの標本を与える。 (1) the following is prefixed to Ezechiel in the codex Marchalianus. (1)以下のコーデックスMarchalianusでEzechielする前に置かれています。 A facsimile of the original will be found in Mai's "Bib. nov. Pat.", IV, p.元のファクシミリはチェンマイの "よだれかけ。11月特許"、四、pで見つけられるでしょう。 218, and in Migne. 218と、ミーニュインチ It is printed in ordinary type in Swete's OT in Greek (vol. III, p. viii).それは、ギリシャ語でスウィートのOT(体積三年、p。ⅷ)において通常の活字で印刷されています。 It must be remembered that Origen's own copy of the Hexapla was in the library of Pamphilus.それはカ国語対訳書の原産地の独自のコピーがPamphilusの図書館にあったことを忘れてはならない。 It had probably been deposited there by Origen himself.それはおそらくオリゲネス自身がそこに堆積していた。

The following was transcribed from a copy of the Father Apollinarius the Coenobiarch, to which these words are subjoined: "It was transcribed from the editions of the Hexapla and was corrected from the Tetrapla of Origen himself which also had been corrected and furnished with scholia in his own handwriting, whence I, Eusebius, added the scholia, Pamphilus and Eusebius corrected."以下はそのこれらの言葉がsubjoinedアールため、父Apollinarius Coenobiarchのコピーから転写された: "それはカ国語対訳書の版から転写され、また複数形にして修正し、提出された原産地自身のTetraplaから修正されました彼自身の手書き、そこから私は、ユーセビアスは、修正された複数形、Pamphilusとユーセビアスを追加しました。 "

(2) At the end of the Book of Esdras, in the codex Sinaiticus, there is the following note:- (2)エスドラスの予約の終了時に、コーデックスsinaiticusでは、次の注意事項があります: -

It was compared with a very ancient copy that had been corrected by the hand of the blessed martyr Pamphilus to which is appended in his own hand this subscription: "It was transcribed and corrected according to the Hexapla of Origen, Antoninus compared, I, Pamphilus, corrected."それは彼自身の手で、このサブスクリプションを付加された祝福された殉教者Pamphilusの手によって修正された非常に古いコピーと比較した: "それは、原産地の6カ国語対訳書によると転写され、修正されました、アントニヌスは、比較して、私は、Pamphilus 、訂正しました。 " (Swete, vol. II, p. 212.) (スウィート、巻二は、p。212)。

(3) The same codex and also the Vatican and Alexandrine quote a colophon like the above, with the difference that Antoninus has become a confessor, and Pamphilus is in prison - "Antoninus the confessor compared, Pamphilus corrected". (3)同じcodexともバチカンとアレク引用アントニヌスの懺悔になっているという違いがあり、上記のような奥付は、、とPamphilusが刑務所に入っている - "アントニヌス懺悔を比較、Pamphilusは訂正"。 The volume to which this colophon was subjoined began with I Kings and ended with Esther.この奥付はsubjoinedたために音量は私の王に始まり、エスターで終わった。 Pamphilus was certainly not idle in prison. Pamphilusは確かに刑務所内のアイドルではありませんでした。 To most of the books in the Syro- Hexaplar is subjoined a note to the effect that they were translated from the Hexapla in the library of Cæsarea and compared with a copy subscribed: "I, Eusebius, corrected [the above] as carefully as I could" (Harnack, "Altchrist. Lit.", pp. 544, 545).のsyro - Hexaplar内の書籍のほとんどに彼らはカイザリアのライブラリにカ国語対訳書から翻訳およびサブスクライブされたコピーを使って比較したという趣旨のメモをsubjoinedされます: "私は、エウセビオスは、修正された[上]のように慎重に私として"(ハルナック、" Altchrist。点灯 "、頁544、545)可能性があります。

May not the confessor Antoninus be the same person as the priest of that name who, later on, with two companions interrupted the governor when he was on the point of sacrificing, and was beheaded?懺悔のアントニヌスは、彼が犠牲にしようとしていた時以降の2つの仲間との、でガバナーを中断し、その名前の司祭と同一人物ではないかも知れないし、斬首されたのですか? (Mart. Pal., 9.) One member of Pamphilus's household, Apphianus, had done the same a few years before; and another, Ædesius, after being tortured and sent to the mines, on obtaining his release provoked martyrdom at Alexandria by going before the governor and rebuking him. (Mart.パル、9。)Pamphilusの世帯のメンバーの一人、Apphianusは、数年前に同じことをした、彼のリリースが行くことによって、アレクサンドリアで殉教を引き起こし得ることに、拷問を受け、鉱山に送られた後、Ædesius、別知事の前に、彼を戒め。 Towards the end of 307 Pamphilus was arrested, horribly tortured, and consigned to prison. 307 Pamphilusの終わりに向かって、逮捕された恐ろしく拷問、刑務所に委託されました。 Besides continuing his work of editing the Septuagint, he wrote, in collaboration with Eusebius, a Defence of Origen which was sent to the confessors in the mines - a wonderful gift from a man whose sides had been curried with iron combs, to men with their right eyes burned out and the sinews of their left legs cauterized.彼らの持つ男性に、両側鉄櫛でカリー化されていた男からの素敵な贈り物 - セプトゥアギンタの編集の仕事を続けるのほかに、彼はユーセビアス、鉱山での告白に送られた原産地の防衛と共同で書いた、右の目が燃え尽きるとその左脚の元手は焼灼。 Early in 309 Pamphilus and several of his disciples were beheaded.初期の309 Pamphilusと弟子たちのいくつかで斬首された。 Out of devotion to his memory Eusebius called himself Eusebius Pamphili, meaning, probably, that he wished to be regarded as the bondsman of him whose name "it is not meet that I should mention … without styling him my lord" (Mart. Pal., ed. Cureton, p. 37).アウト彼の記憶ユーセビアスへの献身は、彼が名前彼の保証人と見なされるべきではなく、 "それは私が言及すべきことを満たしていません...彼に私の主人スタイリングせず"(Mart.パルを望んだことは、おそらく、彼自身ユーセビアスパンフィーリ、意味と呼ばれる。 、エド。キュアトン頁37)。 Mr. Gifford, in the introduction to his translation of the "Præp. Evang.", has suggested another explanation on the authority of an ancient scholion emanating from Cæsarea which calls Eusebius the "son of Pamphilus". Giffordは、 "Præp。Evang。"彼の翻訳の序文に、ユーセビアス "Pamphilusの息子"と呼んでカイザリヤから発せられる古代scholionの権威に別の説明を示唆している。 He argues further that Pamphilus, in order to make Eusebius his heir, took the necessary step of adopting him.彼はPamphilusは、ユーセビアス彼の後継者にするために、彼を採用するのに必要な一歩を踏み出したことをさらに主張している。 During the persecution Eusebius visited Tyre and Egypt and witnessed numbers of martyrdoms (HE, VIII, vii and ix).迫害の中ユーセビアスはツロとエジプトと殉教の目撃番号(HE、VIII、VII及びIX)を訪問しました。 He certainly did not shun danger, and was at one time a prisoner.彼は確かに危険を避ける、と一度囚人であったしませんでした。 When, where, or how he escaped death or any kind of mutilation, we do not know.いつ、どこで、または彼が死亡または傷の任意の種類をどのように脱出し、我々は知らない。 An indignant bishop, who had been one of his fellow-prisoners and "lost an eye for the Truth", demanded at the Council of Tyre how "he came off scathless".仲間の囚人の一人と "真実を見る目を失った"憤慨していた司教は、 "彼はscathlessオフに来た"どのようにタイヤの理事会で要求した。 To this taunt - it was hardly a question - made under circumstances of great provocation, Eusebius deigned no reply (Epiphan., Hær., lxviii, 8; cf. St. Athanas., "Apol. c. Arian.", viii, 1). 。。CF聖Athanas、 "。。Apol Cアリウス主義"、VIII、、 - それはほとんど問題なかった - この愚弄する偉大な挑発の状況下で行われ、ユーセビアス(Epiphan.、Hær、LXVIII、8返事をdeignedん1)。 He had many enemies, yet the charge of cowardice was never seriously made - the best proof that it could not have been sustained.彼は多くの敵を持っていた、まだ臆病の電荷が真剣に行われなかった - それが持続されていることができなかった最高の証拠。 We may assume that, as soon as the persecution began to relax, Eusebius succeeded Pamphilus in the charge of the college and library.我々はできるだけ早く迫害がリラックスし始めたとして、ユーセビアスは大学と図書館の担当Pamphilusに成功していると思うかもしれない。 Perhaps he was ordained priest about this time.おそらく、彼はこの頃司祭叙階された。 By 315 he was already a bishop, for he was present in that capacity at the dedication of a new basilica at Tyre, on which occasion he delivered a discourse given in full in the last book of the Church history.彼は教会の歴史の最後の本の中で完全な形で与えられ談話を伝えてこれを機会に、タイヤに新しい聖堂の献身でその容量に存在していたため315で、彼は、すでに司教だった。

Alexander, Bishop of Alexandria, excommunicated Arius about the year 320.アレクサンダー、アレクサンドリアの司教、年間約320破門アリウス。 The Arians soon found that for all practical purposes Eusebius was on their side.アリウス派はすぐにすべての実用的な目的のためユーセビアスは彼らの側にあることがわかった。 He wrote to Alexander charging him with misrepresenting the teaching of the Arians and so giving them cause "to attack and misrepresent whatever they please" (see below).彼はアリウス派の教えを偽っので(下記参照) "攻撃してください、彼らは何でも詐称する"彼らが引き起こす与えて彼を充電アレキサンダーに手紙を書いた。 A portion of this letter has been preserved in the Acts of the second Council of Nicæa, where it was cited to prove that Eusebius was a heretic.この手紙の部分は、それがユーセビアス異端者であったことを証明するために引用されたニカイア、第二理事会の行為に保存されています。 He also took part in a synod of Syrian bishops who decided that Arius should be restored to his former position, but on his side he was to obey his bishop and continually entreat peace and communion with him (Soz., HE, I, 15).彼はまた、アリウスは、彼の元の位置に復元されることを決定したシリアの司教会議に参加しましたが、彼の側で彼は彼の司教を守り、継続的に(Soz.、彼は、私は、15)彼と一緒に平和と交わりを切望していた。 According to Duchesne (Hist. de l'Eglise, II, 132), Arius, like Origen before him, found an asylum at Cæsarea.デュシェーヌ(チャンネルですドゥ教会、II、132)、アリウスによると、彼の前に原産地のように、カイザリヤで亡命を発見した。 At the opening of the Council of Nicæa Eusebius occupied the first seat on the right of the emperor, and delivered the inaugural address which was "couched in a strain of thanksgiving to Almighty God on his, the emperor's behalf" (Vit. Const., III, 11; Soz., HE, I, 19).ニカイアユーセビアス評議会の冒頭では、天皇の右側の最初の席を占領し、(ビタミン定数。、 "彼は、天皇に代わって全能の神への感謝のひずみで表現"した就任演説を行ったⅢ、11; SOZ、彼は、私は、19)。 He evidently enjoyed great prestige and may not unreasonably have expected to be able to steer the council through the via media between the Scylla and Charybdis of "Yes" and "No".彼は明らかに偉大な名声を享受し、不当に "はい"との板挟みになってメディアを経由して通って協議を操縦することができるように期待していない可能性があり、 "いいえ"。 But if he entertained such hopes they were soon disappointed.彼はそのような希望を楽しま場合しかし、彼らはすぐにがっかりした。 We have already spoken of the profession of faith which he brought forward to vindicate his own orthodoxy, or perhaps in the hope that the council might adopt it.我々はすでに、彼が彼自身の正統性の正当性を立証する繰越信仰告白の話、あるいは議会がそれを採用するかもしれないことを期待してきた。 It was, in view of the actual state of the controversy, a colourless, or what at the present day would be called a comprehensive, formula.それは、論争の実態を考慮して、無色であった、または現在の日には、包括的な、式と呼ばれるもので。 After some delay Eusebius subscribed to the uncompromising creed drawn up by the council, making no secret, in the letter which he wrote to his own Church, of the non-natural sense in which he accepted it.後は多少の遅延は、彼はそれを受け入れている非自然な感覚の、自分自身の教会に手紙を書いた手紙の中で、秘密を作ることなく、評議会が策定した妥協のない信条に加入しユーセビアス。 Between 325 and 330 a heated controversy took place between Eusebius and Eustathius, Bishop of Antioch. 325と330の間に加熱された論争はユーセビアスとエウスタティオス、アンティオキアの司教の間に行われた。

Eustathius accused Eusebius of tampering with the faith of Nicæa; the latter retorted with the charge of Sabellianism.エウスタティオスはニカイアの信仰の改ざんユーセビアスを非難し、後者はサベリウスの電荷と言い返した。 In 331 Eusebius was among the bishops who, at a synod held in Antioch, deposed Eustathius. 331ユーセビアスにアンティオキアで開催された教会会議で、エウスタティオス退陣を、司教の間でした。 He was offered and refused the vacant see.彼が提供され、空いている見て拒否されました。 In 334 and 335 he took part in the campaign against St. Athanasius at the synods held in Cæsarea and Tyre respectively. 334と335で、彼はそれぞれカイザリヤとタイヤで開催されたのsynodsで聖アタナシウスに反対するキャンペーンに参加しました。 From Tyre the assembly of bishops were summoned to Jerusalem by Constantine, to assist at the dedication of the basilica he had erected on the site of Calvary.タイヤからのアセンブリの司教は、彼はカルバリーの敷地内に建てられた大聖堂の献身で支援するために、コンスタンティヌスによってエルサレムに召喚された。 After the dedication they restored Arius and his followers to communion.奉納の後、彼らは聖体拝領アリウスとその部下を復元しました。 From Jerusalem they were summoned to Constantinople (336), where Marcellus was condemned.エルサレムから彼らはマーセラスが非難されたコンスタンティノープル(336)に召喚された。 The foilowing year Constantine died. foilowi​​ng年コンスタンティンが死亡した。 Eusebius survived him long enough to write his Life and two treatises against Marcellus, but by the summer of 341 he was already dead, since it was his successor, Acacius, who assisted as Bishop of Cæsarea at a synod held at Antioch in the summer of that year.エウセビオスは十分に長いマーセラス戦の生涯と2つの論文を書くために彼を生き延びたが、それは年の夏にアンティオキアで開催された教会会議でのcæsarea司教として支援し、彼の後継者、Acacius、だったので、341年の夏までに、彼はすでに死んでいたその年。

WRITINGS

We shall take Eusebius's writings in the order given in Harnack's "Altchrist. Lit.", pp. 554 sqq.私たちは、ハルナックの "Altchrist。点灯。"論文集、pp。554 sqq名で定義された順番でユーセビアスの文章を取るものとします。

A. Historical A.歴史

(1) The lost Life of Pamphilus, often referred to by Eusebius, of which only a single fragment, describing Pamphilus' liberality to poor students, quoted by St. Jerome (c. Ruffin., I, ix), survives.貧しい学生にPamphilus '気前を記述することが多いユーセビアスによって、ただ一つのフラグメントそのうち呼ばPamphilus(1)失われた命、、、生き延び、聖ジェローム(C.ラフィン。、私は、IX)で引用した。

(2) A collection of Ancient Martyrdoms, used by the compiler of Wright's Syriac Martyrology, also lost. (2)ライトのシリア殉教史のコンパイラで使用される古代の殉教のコレクションも、失われた。

(3) On the Martyrs of Palestine. (3)パレスチナの殉教者について。 There are two distinct forms of this work, both drawn up by Eusebius.この作品は、2つの異なるフォーム、ユーセビアスが策定の両方があります。 The longer is only extant in a Syriac version which was first edited and translated by Cureton in 1861.もはや第一1861年に編集され、キュアトンによって翻訳され、シリアのバージョンで唯一現存しています。 The shorter form is found in most MSS.短い形式は、ほとんどのMSSに含まれています。 (not, however, in the best) of the Church History, sometimes at the end of the last book, generally between books VIII and IX, also in the middle of book VIII. (ではない、しかし、最善の)教会史、時には最後の本の最後に、一般図書VIII及びIX間の、また本VIIIの真ん中インチ The existence of the same work in two different forms raises a number of curious literary problems. 2形は異なるが、同じ作品の存在は、好奇心旺盛な文学、多くの問題を発生させます。 There is, of course, the question of priority.優先順位の問題は、もちろん、あります。

Here, with two notable exceptions, scholars seem to be agreed in favour of the longer form.ここでは、二つの注目すべき例外があり、学者は長い形式の賛成で合意されているように見える。 Then comes the question, why Eusebius abridged it and, finally, how the abridgment found its way into the Church History.その後の質問は、はく奪は教会史にその方法を見つけたか、最終的には、なぜそれユーセビアス抄訳と、付属しています。 The shorter form lacks some introductory remarks, referred to in c.短い形式はcに言及いくつかの前置きを欠いている。 xiii, which defined the scope of the book.本書の範囲を定義XIII、。 It also breaks off when the writer is about to "record the palinode" of the persecutors.ライターが迫害者の "パリノードを記録"しようとしているときに、それはまた途切れる。 It seems probable that part of the missing conclusion is extant in the form of an appendix to the eighth book of the Church History found in several MSS.それは行方不明の結論の一部がいくつかのMSSで見つかった教会史第八本の付録の形で現存する可能性が高いと思われる。 This appendix contrasts the miserable fate of the persecutors with the good fortune of Constantine and his father.この付録では、コンスタンティンと彼の父親の幸運と迫害者の悲惨な運命を対比しています。 From these data Lightfoot concludes that what we now possess formed "part of a larger work in which the sufferings of the Martyrs were set off against the deaths of the persecutors".これらのデータからライトフット結論づけ、私たちは今、 "殉教者の苦しみが迫害者の死亡と相殺された大きな仕事の一部"を結成持っています。 It must, however, be remembered that the missing parts would not add much to the book.しかし、不足している部分が本にあまり追加しないであろうことを忘れてはならない。 So far as the martyrs are concerned, it is evidently complete, and the fate of the persecutors would not take long in the telling.これまでのところ、殉教者を懸念しているとして、それは明らかに完全であり、迫害者の運命は占いに長くはかからないだろう。 Still, the missing conclusion may explain why Eusebius curtailed his account of the Martyrs.まだ、行方不明の結論はユーセビアス殉教者の彼のアカウントを縮小した理由を説明することができる。 The book, in both forms, was intended for popular reading.本は、両方の形式で、人気の読書のために意図されていた。 It was therefore desirable to keep down the price of copies.したがって、コピーの価格を低く抑えることが望ましかった。 If this was to be done, and new matter (ie the fate of the persecutors) added, the old matter had to be somewhat curtailed.これが行われることになっていた、新しい物質が(迫害者の運命をIE)追加した場合は、古い問題はやや縮小しなければならなかった。 In 1894, in the Theologische Literaturzeitung (p. 464) Preuschen threw out the idea that the shorter form was merely a rough draft not intended for publication. 1894年Theologische Literaturzeitungたち(p. 464)でPreuschenは短い形式は、単に公表するためのものではありませ素案だったという考えを捨てた。 Bruno Violet, in his "Die Palästinischen Martyrer" (Texte u. Untersuch., XIV, 4, 1896) followed up this idea and pointed out that, whereas the longer form was constantly used by the compilers of Martyrologies, Menologies, and the like, the shorter form was never used.ブルーノ·バイオレットは、彼の "ダイPalästinischenMartyrer"(TEXTE U。Untersuch。、14、4、1896)で、このアイデアをフォローアップし、指摘したように、その長い形式は常にMartyrologies、Menologiesなどのコンパイラで使用されていたのに対し、 、短い形式が使われていませんでした。 In a review of Violet (Theolog. Litz, 1897, p. 300), Preuschen returns to his original idea, and further suggests that the shorter form must have been joined to the Church History by some copyist who had access to Eusebius's MSS.バイオレット(Theolog.リッツ、1897年、p。300)のレビューでは、Preuschenは、彼のオリジナルのアイデアに戻り、さらに短いフォームはユーセビアスのMSSへのアクセスを持っていたいくつかの筆耕による教会史に参加されている必要があることを示唆している。 Harnack (Chronologie, 11, 115) holds to the priority of the longer form, but he thinks that the shorter form was composed almost at the same time for readers of the Church History.ハルナック(Chronologie、11、115)は、長い形式の優先度に保持したが、彼は短い形式がほとんど教会の歴史の読者のために、同時に構成されていたと思います。

(4) The Chronicle (see separate article, EUSEBIUS, CHRONICLE OF). (4)クロニクル(別記事を参照して、ユーセビアス、クロニクル)。

(5) The Church History. (5)教会史。 It would be difficult to overestimate the obligation which posterity is under to Eusebius for this monumental work.それは後世にこの記念碑的作品のためユーセビアスに下にある義務を過大評価することは困難であろう。 Living during the period of transition, when the old order was changing and all connected with it was passing into oblivion, he came forward at the critical moment with his immense stores of learning and preserved priceless treasures of Christian antiquity.古い秩序が変化し、それが忘却の淵に渡していたとのすべての接続されたときに、移行期間中に生きている、彼は​​キリスト教の古代の貴重な宝物を学習し、保存の彼の巨大な店舗と決定的な瞬間進み出た。 This is the great merit of the Church History.これは、教会の歴史の大きなメリットです。 It is not a literary work which can be read with any pleasure for the sake of its style.それは、そのスタイルのためにどんな喜びで読み取ることができ、文学作品ではありません。 Eusebius's "diction", as Photius said, "is never pleasant nor clear".エウセビオスの "言葉遣い"は、ティノープルが言ったように、 "楽しいも明らかになることはありません"。 Neither is it the work of a great thinker.どちらも、それは偉大な思想家の作品です。 But it is a storehouse of information collected by an indefatigable student.しかし、それは不屈の学生が収集した情報の宝庫です。 Still, great as was Eusebius's learning, it had its limitations.それでも、たユーセビアスの学習として素晴らしい、それには限界がありました。 He is provokingly ill-informed about the West.彼はprovokingly不案内なウエストについてです。 That he knows very little about Tertullian or St. Cyprian is due, no doubt, to his scant knowledge of Latin; but in the case of a Greek writer, like Hippolytus, we can only suppose that his works somehow failed to make their way to the libaries of the East.彼が原因であるテルトゥリアヌス​​や聖シプリアンについてほとんど知っていることは、間違いなく、ラテン語の彼の乏しい知識に、しかし、ギリシャの作家の場合には、ヒッポリュトスのように、我々は唯一の彼の作品は何とかに自分の道を作ることができなかったと考えてよい東アジアのlibaries。 Eusebius's good faith and sincerity has been amply vindicated by Lightfoot.エウセビオスの善意と誠意は十分ライトフットで立証されています。 Gibbon's celebrated sneer, about a writer "who indirectly confesses that he has related whatever might redound to the glory, and that he has suppressed all that could tend to the disgrace, of religion", can be sufficiently met by referring to the passages (HE, VIII, ii; Mart. Pal. c. 12) on which it is based. "間接的に、彼は栄光に戻ってくるかもしれないものは何でも関連したことを告白し、彼は宗教の不名誉に傾向がある可能性があり、そのすべてが抑制されているその"作家、十分に通路を参照することで満たすことができます(約ギボンの有名な冷笑、HE 、VIII、II;。マートパルC 12)、それが基づいている。 Eusebius does not "indirectly confess", but openly avows, that he passes over certain scandals, and he enumerates them and denounces them.エウセビオスは "間接的に告白"が、公然と彼は特定のスキャンダルの上を通過すると、彼はそれらを列挙し、それらを非難avows、していません。 "Nor again", to quote Lightfoot, "can the special charges against his honour as a narrator be sustained. There is no ground whatever for the charge that Eusebius forged or interpolated the passage from Josephus relating to our Lord quoted in HE, I, 11, though Heinchen is disposed to entertain the charge. Inasmuch as this passage is contained in all our MSS., and there is sufficient evidence that other interpolations (though not this) were introduced into the text of Josephus long before his time (see Orig., c. Cels., I, 47, Delarue's note) no suspicion can justly attach to Eusebius himself. Another interpolation in the Jewish historian, which he quotes elsewhere (11, 23), was certainly known to Origen (lc). Doubtless also the omission of the owl in the account of Herod Agrippa's death (HE, 11, 10) was already in some texts of Josephus (Ant., XIX, 8, 2). The manner in which Eusebius deals with his numerous quotations elsewhere, where we can test his honesty, is a sufficient vindication against this unjust charge" (L., p. 325). "また再び"ライトフット引用すれば、 "語り手が持続することとされ、彼の名誉に対して特別料金ができます。ユーセビアス偽造またはHEに引用され、私たちの主に関連するヨセフスの一節を補間している充電用のものは何でもない地面がありませんが、私は、 Heinchenが、この通路はすべて私たちのMSSに含まれています〜だけれども。電荷を楽しませるために配置されており、彼の時間の前に(ORIG参照してください他の補間が(ただし、この)長いヨセフスのテキストに導入されたという十分な証拠があるとされているものの11、 。は、c。資料集。、私、47、ドラリュ者注)疑いが正当に身をユーセビアスにアタッチすることはできません。彼は別の場所で引用している(11、23)ユダヤ人の歴史家、中にもう一つの補間、確かに原産地(LC)に知られていた。ダウトレスまたヘロデアグリッパの死のアカウントでフクロウの省略は、(HE、11、10)ヨセフスのいくつかのテキスト(Ant.、XIX、8、2)に既にあった。他の場所で彼の数多くのクォーテーションで情報をユーセビアスする方法、我々は彼の誠実さをテストすることができますここで、この不当なチャージ "(L.は、p。325)に対して十分な正当性の主張である。

The notices in the Church History bearing on the New Testament Canon are so important that a word must be said about the rule followed by Eusebius in what he recorded and what he left unrecorded.新約聖書キヤノンの教会史軸受の通知では、単語が、彼は未記録残したものを記録し、何でユーセビアス続くルールについて言わなければならないことに非常に重要である。 Speaking generally, his principle seems to have been to quote testimonies for and against those books only whose claims to a place in the Canon had been disputed.一般的に言えば、彼の原則は、そのクレームキヤノン場所に異議を唱えていただけでそれらの本のために、反対の証言を引用してきたようだ。 In the case of undisputed books he gave any interesting information concerning their composition which he had come across in his reading.議論の余地のない書籍の場合には彼は彼が彼の読書に渡って来ていたそれらの組成に関して何か面白い情報が得られました。 The subject was most carefully investigated by Lightfoot in an article in "The Contemporary" (January, 1875, reprinted in "Essays on Supernatural Religion"), entitled "The Silence of Eusebius".被験者は、最も慎重に "ユーセビアスの沈黙"と題された、 "現代"の記事(1月、1875年、 "超自然的宗教についてのエッセイ"に転載)にライトフットにより調べた。 In regard to the Gospel of St. John, Lightfoot concludes: "The silence of Eusebius respecting early witnesses to the Fourth Gospel is an evidence in its favour."聖ヨハネの福音書につきましては、ライトフットは結論: "第4福音書への早期の証人を尊重ユーセビアスの沈黙は、その有利な証拠です。" For the episcopal lists in the Church History, see article on the Chronicle.教会史における聖公会のリストについては、クロニクルの記事を参照してください。 The tenth book of the Church History records the defeat of Licinius in 323, and must have been completed before the death and disgrace of Crispus in 326, for it refers to him as Constantine's "most pious son".教会史の第十本は323にリキニウスの敗北を記録し、それはコンスタンティンの "最も敬虔な息子"として彼を参照するために、326にナガバギシギシの死と不名誉の前に完了しておく必要があります。 The ninth book was completed between the defeat of Maxentius in 312, and Constantine's first rupture with Licinius in 314.第九本が312でマクセンティウスの敗北、そして314のリキニウスとコンスタンティン初破裂の間に完了しました。

(6) The Life of Constantine, in four books. 4本でコンスタンティヌスの(6)ライフ、。 This work has been most unjustly blamed, from the time of Socrates downwards, because it is a panegyric rather than a history.それは賛辞ではなく、歴史であるので、この作業が最も不当に、ソクラテスは下向きの時から、非難されている。 If ever there was a man under an obligation to respect the maxim, De mortuis nil nisi bonum, this man was Eusebius, writing the Life of Constantine within three years after his death (337).かつて格言、デmortuis nilの仮〜善を尊重する義務を負う人がいた場合には、この男は、彼の死(337)後三年以内に、コンスタンティヌスの生活を書いて、ユーセビアスだった。 This Life is especially valuable because of the account it gives of the Council of Nicæa and the earlier phases of the Arian controversy.それはニカイア公会議とアリウス主義論争の初期の段階で与えるアカウントのため、この生活は特に貴重です。 It is well to remember that one of our chief sources of information for the history of that council is a book written to magnify Constantine.それは、その評議会の歴史のための情報の私達の主な情報源の一つはコンスタンティンを拡大するために書かれた本であることを忘れないことがよくある。

B. Apologetic申し訳なさそうB.

(7) Against Hierocles. (7)Hierocles反対。 Hierocles, who, as governor in Bithynia and in Egypt, was a cruel enemy of the Christians during the persecution, before the persecution had attacked them with the pen.迫害は、ペンでそれらを攻撃していた前ビテュニアで、エジプトの知事として、迫害の中にキリスト教徒の残酷な敵であった、Hierocles、。 There was nothing original about his work except the use he made of Philostratus's Life of Apollonius of Tyana to institute a comparison between the Lord and Apollonius in favour of the latter.彼は後者に賛成の主とアポロニオス間の比較を提起するTyanaのアポロニウスのPhilostratusの生命から成って使用することを除いて、彼の作品についてのオリジナルは何もありませんでした。 In his reply Eusebius confined himself to this one point.彼の返事では、この一点に閉じこもっユーセビアス。

(8) "Against Porphyry", a work in twenty-five books of which not a fragment survives. "斑岩の反対"(8)、断片化しないが生き残っているの25冊で働いています。

(9) The "Præparatio Evangelica", in fifteen books. 15本で(9) "PræparatioのEvangelica"。

(10) The "Demonstratio Evangelica", in twenty books, of which the last ten, with the exception of a fragment of the fifteenth, are lost. (10)第十五の断片を除いて、最後の10の20冊の "DemonstratioのEvangelica"は、、、、失われます。 The object of these two treatises, which should be regarded as two parts of one comprehensive work, was to justify the Christian in rejecting the religion and philosophy of the Greeks in favour of that of the Hebrews, and then to justify him in not observing the Jewish manner of life. 1包括的な作業の二つの部分とみなされるべきであるこれら2つの論文の目的は、観察しないで彼を正当化するために、次にヘブル人への手紙というの賛成で、ギリシアの宗教と哲学を拒否し、キリスト教を正当化する、とすることであった人生のユダヤ人の態度。 The "Præparatio" is devoted to the first of these objects. "Præparatio"は、これらのオブジェクトの最初に専念しています。 The following summary of its contents is taken from Mr. Gifford's introduction to his translation of the "Præparatio": "The first three books discuss the threefold system of Pagan Theology, Mythical, Allegorical, and Political. The next three, IV-VI, give an account of the chief oracles, of the worship of dæmons, and of the various opinions of Greek Philosophers on the doctrines of Plato and Free Will. Books VII- IX give reasons for preferring the religion of the Hebrews founded chiefly on the testimony of various authors to the excellency of their Scriptures and the truth of their history. In Books X-XII Eusebius argues that the Greeks had borrowed from the older theology and philosophy of the Hebrews, dwelling especially on the supposed dependence of Plato upon Moses. In the last three books the comparison of Moses with Plato is continued, and the mutual contradictions of other Greek Philosophers, especially the Peripatetics and Stoics, are exposed and criticized."その内容は、以下の要約ギフォード氏の紹介から "Præparatio"彼の翻訳に連れて行かれます: "最初の3つの書籍異教の神学、神話、寓話、そして政治の三重のシステムを議論する次の3つは、IV-VI。チーフ神託のアカウントを与えるのは、デーモンの礼拝、そしてプラトンと自由意志。書籍のVII-IX与えるの教義上のギリシャの哲学者の様々な意見のヘブル人の宗教を好む理由はの証言に設立され、主彼らの聖書の閣下とその歴史の真実に様々な作家は書籍では、X-XIIユーセビアスはギリシア人がヘブル人への手紙の古い神学と哲学、特にプラトンモーセ時の想定に依存住居から借りたと主張している。で最後の3冊は、プラトンとモーセの比較が継続され、特に他のギリシャの哲学者、Peripateticsとストア派、相互の矛盾が露出し、批判されています。 "

The "Præparatio" is a gigantic feat of erudition, and, according to Harnack (Chronologie, II, p. 120), was, like many of Eusebius's other works, actually composed during the stress of the persecution. "Præparatioは"博学の巨大な偉業である、と、ハルナック(Chronologie、Ⅱ、頁120)によると、ユーセビアスの他の作品の多くと同様に、実際に迫害のストレス時に構成されていた。 It ranks, with the Chronicle, second only to the Church History in importance, because of its copious extracts from ancient authors whose works have perished.それがために作品亡くなりました古代の作家からその豊富な抽出物、重要で教会史に次ぐクロニクル、と、ランク付けされます。 The first book of the Demonstratio chiefly deals with the temporary character of the Mosaic Law. Demonstratioの最初の本は主に、モーセの律法の一時的なキャラクターを扱っています。 In the second the prophecies concerning the vocation of the Gentiles and the rejection of the Jews are discussed.第二に異邦人とユダヤ人の拒絶反応の職業に関する預言が議論されている。 In the remaining eight the testimonies of the prophets concerning Christ are treated of.残り8でキリストに関する預言者の証言がで扱われます。

We now pass to three books, of which nothing is known save that they were read by Photius, viz.我々は今、何も彼らはティノープル、すなわちによって読み取られたことを救う知られていないの3冊に渡す。 (11), The "Præparatio Ecclesiastica", (12), the "Demonstratio Ecclesiastica", and (13) Two Books of Objection and Defence, of which, from Photius's account, there seem to have been two separate editions. (11)、 "PræparatioEcclesiastica"、(12)、 "Demonstratio Ecclesiastica"、および(13)の異議および防衛の2冊の本、ティノープルの口座から、2つの別々の版であったように思われる。 (14) The "Theophania" or "Divine Manifestation". (14) "Theophania"または "神の顕現"。 Except for a few fragments of the original, this work is only extant in a Syriac version dsicovered by Tattam, edited by Lee in 1842, and translated by the same in 1843.オリジナルのいくつかの断片を除いて、この作品は1842年に李氏によって編集Tattamによってdsicoveredシリア語バージョンでのみ現存しており、1843年に同じで翻訳。 It treats of the cosmic function of the Word, the nature of man, the need of revelation, etc. The fourth and fifth books are particularly remarkable as a kind of anticipation of modern books on Christian evidences.それは、Word、人間の本質、啓示の必要性の宇宙の関数の扱い、など第四及び第五の本はキリスト教の証拠に現代の書籍の予想のようなものとして特に顕著である。 A curious literary problem arises out of the relations between the "Theophania" and the work "De Laudibus Constantini".好奇心の強い文学的問題は "Theophania"と "デLaudibus Constantini"仕事の関係から生じる。 There are entire passages which are almost verbatim the same in both works.両作品で同じほぼそのままです全体の通路があります。 Lightfoot decides in favour of the priority of the first-named work.ライトフットは、第一という名前の作業の優先順位の賛成で決定します。 Gressel, who has edited the "Theophania" for the Berlin edition of the Greek Fathers, takes the opposite view.ギリシャの父親のベルリン版のため "Theophania"を編集したGresselは、逆の見方をとる。 He compares the parallel passages and argues that they are improved in the "De Laudibus Constantini".彼は平行通路を比較し、それらが "デLaudibus Constantini"に向上していると主張している。

(15) "On the Numerous Progeny of the Ancients". (15) "古代人の多数の子孫について"。 This work is referred to by Eusebius twice, in the "Præp. Ev.", VII, 8, and in the "Dem. Ev.", VII, 8; and also (Lightfoot and Harnack think) by St. Basil ("De Spir. Sanct.", xxix), where he says, "I draw attention to his [Eusebius's] words in discussing the difficulties started in connexion with ancient polygamy." "聖バジル(により、また(ライトフットとハルナックと思う)、この作品は"。。PræpEV "、第VII、8、と"。DemのEV "、第VII、8に2回ユーセビアスによって参照されデ·スピール。Sanct。 "、29)、彼は言う、"私は古代の一夫多妻と繋がりで始まった難しさを議論する際に彼の[ユーセビアスの]言葉に注意を喚起する。 " Arguing from St. Basil's words, Lightfoot thinks that in this treatise Eusebius dealt with the difficulty presented by the Patriarchs possessing more than one wife.聖バジルの言葉から口論、ライトフット、この論文では複数の妻を有する総主教によって提示された難しさに対処ユーセビアスと思います。 But he overlooked the reference in the "Dem. Ev.", from which it would appear that the difficulty dealt with was, perhaps, a more general one, viz., the contrast presented by the desire of the Patriarchs for a numerous offspring and the honour in which continence was held by Christians.しかし、彼は、 "。デム。EV"の参照を見落としているから、それは対処困難は、おそらく、1つの一般的以上だったように思われる、すなわち、多数の子孫のためのpatriarchs欲求によって提示されたコントラストと自制の名誉はキリスト教徒によって開催されました。

C. Exegetical C.解釈の

(16) Eusebius narrates, in his Life of Constantine (IV, 36, 37), how he was commissioned by the emperor to prepare fifty sumptuous copies of the Bible for use in the Churches of Constantinople. (16)ユーセビアス彼はコンスタンティノープルの教会で使用するために、聖書の50豪華なコピーを準備するために天皇から委託された方法コンスタンティン(IV、36、37)の彼の生活の中で、語っていきます。 Some scholars have supposed that the Codex Sinaiticus was one of these copies.一部の学者は、コーデックスsinaiticusこれらのコピーの一つであったと推測している。 Lightfoot rejects this view chiefly on the ground that "the Text of the codex in many respects differs too widely from the readings found in Eusebius".ライトフットは "多くの点でコーデックスのテキストがあまりにも広くユーセビアスで見つかった測定値から異なる"という理由で、主にこのビューを拒否します。

(17) Sections and Canons. (17)セクションと参事。 Eusebius drew up ten canons, the first containing a list of passages common to all four Evangelists; the second, those common to the first three and so on.第二に、最初の3つなどに共通するもの;ユーセビアス10規範は、すべての4つの伝道者に共通通路のリストを含む第一を策定しました。 He also divided the Gospels into sections numbered continuously.彼はまた、連続的に番号付けのセクションに福音を分けた。 A number, against a section, referred the reader to the particular canon where he could find the parallel sections or passages.セクションに対する数字は、彼が並列セクションや通路を見つけることができる特定のキヤノンを読者に参照される。

(18) The labours of Pamphilus and Eusebius in editing the Septuagint have already been spoken of. (18)セプトゥアギンタの編集をPamphilusとユーセビアスの労働は、すでに語られています。 They "believed (as did St. Jerome nearly a century afterwards) that Origen had succeeded in restoring the old Greek version to its primitive purity".彼らは、 "原産地は、その原始的純度に古いギリシャ語のバージョンを復元することに成功していたこと(のように聖ジェロームはその後ほぼ一世紀でした)信じて"。 The result was a "mischievous mixture of the Alexandrian version with the versions of Aquila and Theodotion" (Swete, "Introd. to OT in Greek", pp. 77, 78).結果は "アクイラとtheodotionのバージョンとアレクサンドリアのバージョンのお茶目な混合物"であった(スウィート、 "Introd学。OTにギリシャ語で"頁77、78)。 For the labours of the two friends on the text of the NT the reader may be referred to Rousset, "Textcritische Studien zum NT", c. NTのテキストリーダーで友人二人の労働者のためのルセ、 "Textcritische StudienツムNT"は、cと呼ばれることもある。 ii. II。 Whether as in the case of the Old Testament, they worked on any definite critical principles is not known.旧約聖書の場合のように、彼らはどんな明確な重要な原則に取り組んでいるかどうかは知られていない。

(19) (a) Interpretation of the ethnological terms in the Hebrew Scriptures; (b) Chronography of Ancient Judaea with the Inheritances of the Ten Tribes; (c) A plan of Jerusalem and the Temple; (d) on the Names of Places in the Holy Scriptures. (19)ヘブライ語聖書における民俗学の用語()解釈と、(b)10部族の相続と古代ユダヤのChronographyこと、(c)エルサレムの計画とテンプルと、(d)の地名に聖書インチ These four works were written at the request of Eusebius's friend Paulinus.これら4作品はユーセビアスの友人パウリヌスの依頼で書かれていました。 Only the fourth is extant.唯一の第四は、現存しています。 It is known as the "Topics," or the "Onomasticon".それは、 "トピックス"、または "固有名詞集"として知られています。

(20) On the nomenclature of the Book of the Prophets. (20)預言の書の命名について。 This work gives a short biography of each Prophet and an account of his prophecies.この作品は、それぞれの預言者の簡単な経歴と彼の予言のアカウントを提供します。

(21) Commentary on the Psalms.詩篇(21)解説。 There are many gaps in the MSS. MSSの多くのギャップがあります。 of this work, and they end in the 118th Psalm.この仕事の、彼らは第百十八詩篇で終わる。 The missing portions are in part supplied by extracts from the Catenae.不足している部分は一部でcatenaの複数形からの抽出物によって供給される。 An allusion to the discovery of the Holy Sepulchre fixes the date at about 330.聖墳墓の発見への言及は、約330で日付を修正しています。 Lightfoot speaks very highly of this commentary.ライトフットは、この解説を非​​常に非常に話す。

(22) Commentary on Isaiah, written after the persecution.迫害の後に書かれたイザヤ書は、上の(22)解説。

(23 to 28) Commentaries on other books of Holy Scripture, of some of which what may be extracts are preserved. (23〜28)の論評であるかもしれないものを抽出が保存されるかのいくつかの教典の他の本、上に。

(29) Commentary on St. Luke, of which what seem to be extracts are preserved. (29)何が抽出されるように見えるそのうちの聖ルカ、上の解説は保持されます。

(30) Commentary on I Cor., the existence of which seems to be implied by St. Jerome (Ep. xlix).私うわっ上(30)解説。、の存在は聖ジェローム(Ep. XLIX)によって暗示しているようだ。

(31) Commentary on Hebrews.ヘブル人への手紙で(31)解説。 A passage that seems to belong to such a commentary was discovered and published by Mai.そのような解説に属すると思われる通路はチェンマイによって発見され、公開されていました。

(32) On the Discrepancies of the Gospels, in two parts. (32)は2つの部分で、福音書の不一致について。 An epitome, very probably from the hand of Eusebius, of this work was discovered and published by Mai in 1825.この作品の非常におそらくユーセビアスの手から縮図は、1825年にチェンマイによって発見され、公開されていました。 Extracts from the original are preserved.オリジナルからの抽出物は保存されます。 Of the two parts, the first, dedicated to a certain Stephen, discusses questions respecting the genealogies of Christ; the second, dedicated to one Marinus, questions concerning the Resurrection.二つの部分には、まず、特定のスティーブンに捧げ、キリストの系図を尊重質問について説明し、1 Marinus、復活に関する質問専用の第2、。 The Discrepancies were largely borrowed from by St. Jerome and St. Ambrose, and have thus indirectly exercised a considerable influence on Biblical studies.不一致は主として聖ジェロームと聖アンブローズから借りた、従って間接的に聖書の研究に大きな影響力を行使してきた。

(33) General Elementary Introduction, consisting of ten books, of which VI-IX are extant under the title of "Prophetical Extracts". VI-IXは、 "机上の抽出"のタイトルの下に現存しているそのうちの10冊からなる(33)一般初級入門、、。 These were written during the persecution.これらは、迫害の中に書かれていました。 There are also a few fragments of the remaining books.残りの本のいくつかの断片もある。 "This work seems to have been a general introduction to theology, and its contents were very miscellaneous as the extant remains show" (L., p. 339). "この作品は、神学の一般的な紹介だったようだし、現存する遺跡が示すように、その内容が非常に雑多であった"(L.、頁339)。

D. Dogmatic独断D.

(34) The Apology for Origen.原産地のための(34)お詫び。 This work has already been mentioned in connexion with Pamphilus.この作品はすでにPamphilusと繋がりに言及されています。 It consisted of six books, the last of which was added by Eusebius.それはユーセビアスによって追加された最後のうち6冊、から成っていた。 Only the first book is extant, in a translation by Rufinus.唯一の最初の本はルフィヌスによる翻訳で、現存しています。

(35) "Against Marcellus, Bishop of Ancyra", and (36) "On the Theology of the Church", a refutation of Marcellus. 、マーセラスの反論 "教会の神学" "マーセラス、アンキラの司教に反対"(35)、(36)。 In two articles in the "Zeitschrift für die Neutest. Wissenschaft" (vol. IV, pp. 330 sqq. and vol. VI, pp. 250 sqq.), written in English, Prof. Conybeare has maintained that our Eusebius could not have been the author of the two treatises against Marcellus.英語で書かれている "ZeitschriftエリーゼのためダイNeutest。Wissenschaft"(体積IV、頁330 sqq名。とvol。六頁250 sqq名)、2つの記事では、教授コニビアは、当社ユーセビアスが持っていたことを維持しているマーセラスに対して2つの論文の著者であっ。 His arguments are rejected by Prof. Klostermann, in his introduction to these two works published in 1905 for the Berlin edition of the Greek Fathers.彼の主張は、ギリシャ語の祖先のベルリン版のために1905年に発表され、これら2つの作品への彼の序文で、教授がクロステルマンによって拒否されます。 The "Contra Marcellum" was written after 336 to justify the action of the sylnod held at Constantinople when Marcellus was deposed; the "Theology" a year or two later. "コントラMarcellum"はマーセラスが解任されたとき、コンスタンティノープルで開催sylnodの行動を正当化するために、336の後に書かれた、 "神学"は1年か2年後。

(37) "On the Paschal Festival" (a mystical interpretation). (37) "復活祭の祭について"(神秘的な解釈)。 This work was addressed to Constantine (Vit. Const., IV, 35, 3l6).この作品は、コンスタンティン(ビタミン定数。、Ⅳ、35、3l6)に宛てられた。 A long fragment of it was discovered by Mai.それの長い断片は舞によって発見されました。

(38) A treatise against the Manichæans is perhaps implied by Epiphanius (Hær., lxvi, 21). (38)manichæans反対する論文は、おそらくエピファニオス(Hær.、LXVI、21)によって示されます。

E. Orations and Sermons大腸菌演説と説教

(39) At the Dedication of the Church in Tyre (see above). (39)タイヤの教会の落成式に(上記参照)。

(40) At the Vicennalia of Constantine. (40)コンスタンティンのVicennaliaで。 This seems to have been the opening address delivered at the Council of Nicæa.これは、ニカイア公会議で配信開会の挨拶だったようです。 It is not extant.これは、現存ではありません。

(41) On the Sepulchre of the Saviour, AD 325 (Vit. Const., IV, 33) not extant. (41)救い主の墳墓は、AD 325(ビタミン定数。、IV、33)現存しないで。

(42) At the Tricennalia of Constantine. (42)コンスタンティンのTricennaliaで。 This work is generally known as the "De Laudibus Constantini".この作品は、一般的には "デLaudibus Constantini"として知られています。 The second part (11-18) seems to have been a separate oration joined on to the Tricennalia.第二部(11-18)Tricennaliaへの入社別個の演説だったようだ。

(43) "In Praise of the Martyrs". "殉教者の讃歌"(43)。 This oration is preserved in the same MS.この演説は、同じMSに保存されます。 as the "Theophania" and "Martyrs of Palestine". "Theophania"と "パレスチナの殉教者"として。 It was published and translated in the "Journal of Sacred Literature" by Mr. HB Cowper (New Series, V, pp. 403 sqq., and ibid. VI, pp. 129 sqq.).それが公開され、氏HBカウパー(ニューシリーズ、V頁403 sqq名。、と同書六頁129 sqq名。)によって "神聖な文学誌"に翻訳されました。

(44) On the Failure of Rain, not extant. (44)雨ではなく、現存の失敗時。

F. Letters F·レターズ

The history of the preservation of the three letters, (45) to Alexander of Alexandria, (46) to Euphrasion, or Euphration, (47) to the Empress Constantia, is sufficiently curious.皇后コンスタンへEuphrasion、またはEuphrationにアレクサンドリアのアレクサンダー、(46)に3文字、(45)、(47)の保存の歴史は、十分に好奇心が強い。 Constantia asked Eusebius to send her a certain likeness of Christ of which she had heard; his refusal was couched in terms which centuries afterwards were appealed to by the Iconoclasts.コンスタンは、彼女が聞いていたそのうちのキリストの特定の似顔絵を送信するユーセビアスを尋ね、彼の拒絶はその後何世紀にもわたっiconoclasts whoがでに訴えていた用語で表現された。 A portion of this letter was read at the Second Council of Nicæa, and against it were set portions from the letters to Alexander and Euphrasion to prove that Eusebius "was delivered up to a reprobate sense, and of one mind and opinion with those who followed the Arian superstition" (Labbe, "Conc.", VIII, 1143-1147; Mansi, "Conc.", XIII, 313-317).この手紙の一部はニカイアの2番目の協議会で読んだし、それに対するユーセビアスは "無頼漢センスまで配信されたことを証明するためにアレキサンダーへの手紙とEuphrasionからの部分を設定し、1心と意見の続く人々と牡羊座生まれの迷信 "(静脈、"コンク "、VIII、1143年から1147年、マンシ、"コンク "、XIII、313から317まで)。 Besides the passage quoted in the council, other parts of the letter to Constantia are extant.協議会で引用通路のほか、コンスタンシアへの手紙の他の部分が現存しています。

(48) To the Church of Cæsarea after the Council of Nicæa. (48)のニカイア公会議後のcæsarea教会へ。 This letter has already been described.この手紙は、すでに説明してきた。

FJ BACCHUS FJ BACCHUS
Transcribed by WGKofron Dedicated to Rev. David J. Collins, SJ The Catholic Encyclopedia, Volume V Copyright © 1909 by Robert Appleton Company Nihil Obstat, May 1, 1909.牧師のDavid J.コリンズ、ロバートアップルトン会社ニヒルのObstat、1909年5月1日でSJのは、カトリックの百科事典、ボリュームVの著作権©1909年に捧げWGKofron転写されています。 Remy Lafort, Censor Imprimatur.レミlafort、認可を検閲しています。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです