Christian Fish Symbolキリスト教の魚の記号

General Information 一般的な情報

The plethora of symbols and attributes used by the Romans contrasted sharply to the few, simple images used by the early Christians, who had to be circumspect in the face of religious persecution.宗教迫害に直面して慎重でなければなりませんでした初期のキリスト教徒によって使用されるいくつかの、単純なイメージへと大幅に対比ローマ人によって使用される記号や属性の過多。 On sacramental cups, seals, and lamps the Holy Spirit was symbolized by a dove and Christ by a fish (perhaps because at the time fish was one of the elements of the sacred meal) or by a shepherd carrying a sheep on his shoulders (from Luke 15:3-7).聖礼典のコップ、シール、ランプに聖霊から(魚(当時魚は神聖な食事の要素の一つであったなどの理由のために)、または彼の肩の上に羊飼いを運んで鳩とキリストによって象徴されたルカ15:3-7)。 The Savior was also represented by a monogram formed by combining the Greek letters chi and rho (XP), the first two letters of the Greek word for Christ.救い主はまた、ギリシャ文字のカイとRho(XPの場合)、キリストのギリシャ語の単語の最初の2文字を組み合わせて作成されたモノグラムで表現した。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
That monogram is also similar to the first Greek letters of the word fish.そのモノグラムもワード魚の最初のギリシャ文字に似ています。

Editor's Note: I heard an interesting speculation regarding this subject, but one which has no confirmation and probably no possible confirmation.編集者注:私はこのテーマに関する興味深い憶測を聞いたが、おそらく、確認またはno確認を持っていません1。 The claim starts with the observation that when two strangers would meet, neither really knew if the other was a Christian or someone who might turn them in to the Roman soldiers to be immediately killed.クレームは、他のキリスト教のか、すぐに殺されるローマの兵士にそれらを回すかもしれない誰かだった場合は本当に知っていた2見知らぬ人が会うときには、どちらの観察から始まります。 And so either one might rather casually use their toe to fidget around, not drawing any special attention from any Romans who might be nearby.それで、どちらか一方ではなく、さりげなく近くなる可能性があるローマ人への手紙から特別な注目を集めていない、周りに気をもむに自分のつま先を使用する場合があります。 A person might then easily draw out the simple outline of a fish in the dust or dirt.人はその後、簡単にほこりや汚れで魚の単純なアウトラインを引き出すかもしれません。 If the other person was NOT a Christian, they would not know what that meant and would simply attribute it to doodling.他の人はクリスチャンではありませんでしたなら、彼らはそれが何を意味するのか分からないだろうし、単にだらだらに属性だろう。 However, if the other person WAS a Christian, then the message would be passed.他の人がクリスチャンだった場合は、メッセージが渡されます。 This seems credible because it seems one of the few possible reasonably safe ways to find out if others were Christians or not, in an environment where all Christians were expected to be killed as enemies.それは他の人がすべてのキリスト教徒が敵として殺されることを期待されていた環境で、キリスト教徒であったかどうかを調べるためにいくつかの可能性が合理的に安全な方法の一つと思われるので、これは信用できると思われる。


Symbolism of the Fish魚の象徴

Catholic Information カトリックの情報

Among the symbols employed by the primitive Christians, that of the fish ranks probably first in importance.魚の重要性が、おそらく第一位原始キリスト教徒に雇用のシンボルのうち。 While the use of the fish in pagan art as a purely decorative sign is ancient and constant, the earliest literary reference to the symbolic fish is made by Clement of Alexandria, born about 150, who recommends his readers (Paedagogus, III, xi) to have their seals engraved with a dove or a fish.純粋に装飾的な印として異教のアート魚の利用は古代と一定ですが、象徴的な魚への最も早い参照は文学への彼の​​読者を推奨しています約150、(Paedagogus、III、xi)で生まれ、アレクサンドリアのクレメントによってなされる鳩や魚が刻まれたそのシールを持っています。 Clement did not consider it necessary to give any reason for this recommendation, from which it may be safely be inferred that the meaning of both symbols was unnecessary.クレメントは、それが安全に両方のシンボルの意味は不要であったことが推測されるかもしれないから、この勧告の理由を与えることが必要であると考えていませんでした。 Indeed, from monumental sources we know that the symbolic fish was familiar to Christians long before the famous Alexandrian was born; in such Roman monuments as the Capella Greca and the Sacrament Chapels of the catacomb of St. Callistus, the fish was depicted as a symbol in the first decades of the second century.カペラGrecaと聖カリスツスのカタコンベの聖餐礼拝堂などのローマ遺跡群で、魚がシンボルとして描かれていた、確かに、歴史的価値のある情報源から私たちは、象徴的な魚が有名なアレクサンドリアが生まれるずっと前にキリスト教徒に精通していたことを知っている第二世紀の最初の数十インチ

The symbol itself may have been suggested by the miraculous multiplication of the loaves and fishes or the repast of the seven Disciples, after the Resurrection, on the shore of the Sea of Galilee (John 21:9), but its popularity among Christians was due principally, it would seem, to the famous acrostic consisting of the initial letters of five Greek words forming the word for fish (Ichthys), which words briefly but clearly described the character of Christ and His claim to the worship of believers: Iesous Christos Theou Yios Soter, ie Jesus Christ, Son of God, Saviour.シンボル自体はガリラヤ湖(ヨハネ21時09)の海岸に、復活した後、パンと魚または7弟子の食事の量の奇跡的な乗算によって示唆されているかもしれませんが、キリスト教徒の間でその人気が原因だった主に、それは言葉簡単に魚のための単語(イクシス)を形成する5ギリシャ語の単語の頭文字から成る有名なアクロスティックに、思えるでしょうが、明らかに信者の崇拝にキリストの文字と彼の主張を記述した:IesousクリストスTheou Yios Soter、すなわちイエス·キリスト、神の御子、救い主。 (See the discourse of Emperor Constantine, "Ad coetum Sanctorum" c. xviii.) It is not improbable that this Christian formula originated in Alexandria, and was intended as a protest against the pagan apotheosis of the emperors; on a coin from Alexandria of the reign of Domitian (81-96) this emperor is styled Theou Yios (Son of God). ( "広告coetum伝集" C 18、コンスタンティヌス大帝の言説を参照してください)​​これは、キリスト教式はアレクサンドリアに由来することをありえないものではなく、皇帝の異教の神格化への抗議として意図されていた。のアレクサンドリアからコインでドミティアヌスの治世(81から96)は、この皇帝はスタイルTheou Yios(神の子)です。

The word Ichthys, then, as well as the representation of a fish, held for Christians a meaning of the highest significance; it was a brief profession of faith in the divinity of Christ, the Redeemer of mankind.その後ワードイクシス、ならびにキリスト教徒最高意義の意味で保有する魚の表現は、それは、キリストは、人類の救い主の神への信仰の簡単な職業だった。 Believers in this mystic Ichthys were themselves "little fishes", according to the well-known passage of Tertullian (De baptismo, c. 1): "we, little fishes, after the image of our Ichthys, Jesus Christ, are born in the water".この神秘的なイクシスで信者がテルトゥリアヌス​​(デbaptismo、C1)のよく知られた一節によると、自身を "小さな魚"だった:で、私たちのイクシスの​​画像、イエス·キリストの後に、 "我々は、小さな魚生まれている水 "。

The association of the Ichthys with the Eucharist is strongly emphasized in the epitaph of Abercius, the second century Bishop of Hierapolis in Phrygia, and in the somewhat later epitaph of Pectorius of Autun.聖体とイクシスの​​関連は強くAbercius、フリギアでヒエラポリスの第二世紀の司教の墓碑銘とオータンのPectoriusの少し後墓誌で強調されている。 Abercius tells us on the aforesaid monument that in his journey from his Asiatic home to Rome, everywhere on the way he received as food "the Fish from the spring, the great, the pure", as well as "wine mixed with water, together with bread". Aberciusは彼のアジアの自宅からローマへの彼の旅は、どこに行く途中で、彼は食品として受け取ったことを前述の碑に教えてくれる水と混合し、同様に "ワイン、一緒に"春、偉大な、純粋から魚 " "パンを持つ。 Pectorius also speaks of the Fish as a delicious spiritual nurture supplied by the "Saviour of the Saints". Pectoriusはまた、 "聖人の救い主"により提供される育成おいしい霊的として魚のことを話す。 In the Eucharistic monuments this idea is expressed repeatedly in the pictorial form; the food before the banqueters is invariably bread and fish on two separate dishes.聖体のモニュメントでは、このアイデアは絵の形で繰り返し表現される; banqueters前に食べ物が常に2つの別々の皿にパンと魚です。 The peculiar significance attached to the fish in this relation is well brought out in such early frescoes as the Fractio Panis scene in the cemetery of St. Priscilla, and the fishes on the grass, in closest proximity to the baskets containing bread and wine, in the crypt of Lucina.この関係で魚に付着独特な意義は十分で、パンとぶどう酒を含むバスケットに最も近接し、聖プリシラの墓地にFractioパニスのシーン、そして芝生の上で魚のような初期のフレスコ画に引き出されていますルキナのクリプト。 (See SYMBOLISM OF THE EUCHARIST.) (聖体の象徴を参照してください。)

The fish symbol was not, however, represented exclusively with symbols of the Eucharist; quite frequently it is found associated with such other symbols as the dove, the anchor, and the monogram of Christ.魚の記号は、しかし、排他的に聖体のシンボルで表されていませんでした。かなり頻繁にそれが鳩、アンカー、キリストのモノグラムのような他のシンボルに関連付けられた発見された。 The monuments, too, on which it appears, from the first to the fourth century, include frescoes, sculptured representations, rings, seals, gilded glasses, as well as enkolpia of various materials.第一から第四世紀にそれが表示されているモニュメントがあまりにも、、、、フレスコ画、彫刻された表現、リング、シール、金色のメガネだけでなく、様々な材料のenkolpionの複数形が含まれています。 The type of fish depicted calls for no special observation, save that, from the second century, the form of the dolphin was frequently employed.特別な観察のために描かれた魚のコールのタイプは、2番目の世紀から、イルカの形が頻繁に採用された、ことを保存します。 The reason for this particular selection is presumed to be the fact that, in popular esteem, the dolphin was regarded as friendly to man.この特定の選択理由は、人気の尊敬で、イルカが人間にやさしいと見なされていた、という事実であると推定される。

Besides the Eucharistic frescoes of the catacombs a considerable number of objects containing the fish-symbol are preserved in various European museums, one of the most interesting, because of the grouping of the fish with several other symbols, being a carved gem in the Kircherian Museum in Rome.カタコンベの聖体フレスコ画に加えて魚のシンボルを含むオブジェクトのかなりの数がKircherian博物館に刻まれた宝石である、なぜなら、いくつかの他の記号と魚のグループで、様々なヨーロッパの美術館、最も興味深いのいずれかで保存されているローマインチ On the left is a T-form anchor, with two fishes beneath the crossbar, while next in order are a T-form cross with a dove on the crossbar and a sheep at the foot, another T-cross as the mast of a ship, and the good shepherd carrying on His shoulders the strayed sheep.順序で次の船のマストのような別のTシャツ、クロス、クロスバーと足で羊に鳩が付いているT形式のクロスしている間、左側にクロスバーの下に2匹の魚と、T形のアンカーですと、彼の肩の上に迷い羊を運ぶ良い羊飼い。 In addition to these symbols the five letters of the word Ichthys are distributed round the border.これらのシンボルに加えて、単語イクシスの​​5文字が国境のあたりに分布している。 Another ancient carved gem represents a ship supported by a fish, with doves perched on the mast and stern, and Christ on the waters rescuing St. Peter.別の古代の彫刻が施された宝石は、聖ペテロの救出海域にマストと船尾、キリストに腰掛け鳩で、魚でサポートされている船を表しています。

After the fourth century the symbolism of the fish gradually disappeared; representations of fishes on baptismal fonts and on bronze baptismal cups like those found at Rome and Trier, now in the Kircherian Museum, are merely of an ornamental character, suggested, probably by the water used in baptism.四世紀後の魚の象徴性は徐々に消失し、洗礼のフォントで、ローマやトリアーで見られるような青銅の洗礼カップに魚の表現は今やKircherian博物館に、おそらく水で、装飾用の文字の単なる提示しているもの洗礼で使用されます。

Publication information Written by Maurice M. Hassett.モーリス·M·ハセットによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Mary and Joseph P. Thomas.マリアとジョセフ·P·トーマス転写されています。 In memory of Elizabeth Kunneth The Catholic Encyclopedia, Volume VI.エリザベスKunnethカトリック百科事典は、ボリュームVIのメモリに保存されます。 Published 1909. 1909年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, September 1, 1909.ニヒルのObstat、1909年9月1日。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです