Hebronヘブロン

Jewish Viewpoint Information ユダヤ人の視点情報

1. 1。

A city of Asher, properly "Ebron"; called also Abdon.アセルの街、正しく "Ebronは";アブドンとも呼ばれる。

2. 2。

A town in Palestine, about 17 miles southwest of Jerusalem; it has a population of 14,000, including 1,100 Jews—690 Sephardim and 410 Ashkenazim.エルサレムの南西17マイル約パレスチナの町、それはユダヤ人が1100-690セファルディムとアシュケナジム410を含めて、14000の人口を持っています。 In 1890 there was a Jewish population of 1,490, but it has been diminishing. 1890年にそこに1490のユダヤ人の人口があったが、それが減少している。 Most of the Jews still live in a ghetto surrounded by walls, and known in Spanish as "El Cortijo" (the court).ユダヤ人のほとんどは、まだ壁に囲まれたゲットーに住んでいて、(裁判所) "エルコルティ"とスペイン語で知られている。 It consists of a maze of narrow and dark passages, into which the doorways open at distances of not more than three feet.それは、出入り口の3フィート以上ではないの距離で開いた先の狭いと暗い通路の迷路で構成されています。 In ancient times Hebron was known as "Kirjath-arba," after its reputed founder, Arba, father of the Anakim (Josh. xiv. 15, xxi. 11).But according to modern exegetes the name is equivalent to the "city of the four."古代でヘブロンは、その創設者の評判が高い、アルバ、アナキムの父(Josh. XIV 15、XXI 11)の後に "、キリアテ·アルバ"として知られていました。しかし、現代のexegetesによると名前は "都市のと等価である4。 " The patriarch Abraham resided at Hebron (Gen. xiii. 18, xiv. 13, xviii. 1, xxiii. 2), and purchased a cave known as the "Double Cave," where Sarah was buried.族長アブラハムはヘブロン(創世XIII 18、14 13、18 1、23 2)に居住し、サラが葬られた "ダブル洞窟"として知られている洞窟を購入しました。 Abraham, Isaac, Jacob, and Leah were afterward buried there (see Machpelah).アブラハム、イサク、ヤコブ、そしてリアはその後(Machpelahを参照してください)​​そこに埋葬された。 Jacob went from Hebron to Egypt (Gen. xxxvii. 14, xlvi. 1); the spies visited the city (Num. xiii. 22).ヤコブは(。大将XXXVII 14 XLVI 1)ヘブロンからエジプトへ行き、スパイが街(。Num. XIII 22)を訪問しました。 In the time of Joshua, Hoham, King of Hebron, was captured there and put to death by the Israelites.ジョシュア、Hoham、ヘブロンの王の時間では、そこに捕獲されたとイスラエルで死刑に。 Hebron and its territory were at first given to Caleb (Josh. xiv. 6 et seq. , xv. 13; Judges i. 20), and then to the Levites of the family of Kohath; it ultimately became one of the six cities of refuge (Josh. xx. 7).ヘブロンとその領土、最初はカレブに与えられた(Josh. XIV 6頁、15 13;。。裁判官I 20)、次いでコハテの家族のレビ人に、それは究極的に6都市の一つとなった避難所(Josh. XX 7)。 David lived there until the conquest of Jerusalem, and was there anointed as king (II Sam. ii. 1, 11; iii. 2 et seq. ; v. 1 et seq. ).ダビデはエルサレムの征服されるまでそこに住んで、そこに王として油注がれた(ⅡサムII 1、11。; III 2 頁;。対1 )であった。 Absalom's revolt began there (II Sam. xv. 9 et seq. ); Rehoboam fortified the city (II Chron. xi. 10).アブサロムの反乱が始まった(ⅡサムXV 9 頁。);レハブアム要塞都市(世chron XI 10。)。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Hebron was one of the towns which possessed a Jewish community after the return from Babylon (Neh. xi. 25), but the Idumeans appear to have afterward acquired it, since they were expelled by Judas Maccabeus (I Macc. v. 65).ヘブロンはバビロン(Neh. XI 25)からの復帰後、ユダヤ人共同体を持っていた町の一つであったが、Idumeansは、彼らがユダMaccabeus(私maccです。V. 65)によって追放されたので、その後、それを取得しているように見える。 Occupied by the Romans, it was taken by Simon, son of Gioras, one of the leaders of the insurrection; but the Roman general Cerealis retook it by storm, killed the garrison, and burned the city (Munk, "La Palestine," p. 57).ローマ人によって占められ、それはサイモン、Gioras、反乱の指導者の一人の息子が撮った、しかし、ローマの将軍Cerealisは、嵐によってそれを再撮影した守備隊を殺し、(ムンク、 "ラ·パレスチナ、" p街を焼いた図57)。 Jews did not inhabit Hebron after the destruction of the Temple, nor under the Romans, Byzantines, Arabs, or Crusaders.ユダヤ人は神殿の破壊した後、また、ローマ人、ビザンチン、アラブ人、または十字軍下のヘブロンに生息していませんでした。 Benjamin of Tudela found only a single Jew (1171) at St. Abraham, as Hebronwas called by the Crusaders.トゥデラのベンジャミンは、十字軍によって呼び出さHebronwasとして、聖アブラハムに1つだけユダヤ人(1171年)を発見。 He asserts, however, that the Church of St. Abraham had been a synagogue under the Turkish rule.彼は聖アブラハムの教会はトルコの支配下にシナゴーグであったこと、しかし、アサートされます。 Forty years later R. Samuel bar Shimshon, who explored Palestine in 1209, makes no mention of Jews in Hebron. 40年後の1209年にパレスチナを探求R·サミュエルバーShimshonは、ヘブロンのユダヤ人についての言及はなかった。

The Modern Community.現代のコミュニティ。

Local tradition attributes the foundation of the modern community to Malkiel Ashkenazi (1450?), in whose honor a service is held every year on the anniversary of his death.地元の伝統に敬意を表して、そのサービスが彼の死の記念日に毎年開催されているMalkielアシュケナージ(1450年?)、に現代社会の基盤を属性。 (Azulai, "Shem ha-Gedolim," p. 88). (Azulai、 "セムヘクタール-Gedolimは、" p。88)。 Fifty years afterward, however, it was difficult to form a "minyan" (quorum).五十年、その後、しかし、それは "ミニヤン"(定足数)を形成することが困難であった。 The following were chief rabbis of Hebron: Israel Ẓebi (1701-31); Abraham Castel (1757); Aaron Alfandari (1772); Mordecai Ruvio ( c. 1785); David Melamed ( c. 1789); Eliakim (end of 18th cent.); Ḥayyim ha-Levi Polacco ( c. 1840); Hai Cohen (1847-52); Moses Pereira (1852-64); Elia Sli-.アブラハムカステル(1757);アーロンAlfandari(1772);モルデカイRuvio( 紀元前 1785年)のデビッドメラメド( 紀元前 1789年);エルヤキム(18セントの終わりイスラエルẒebi(1701から1731)以下は、ヘブロンの首席ラビだった。);ハイムHA-リーバイポラッコ( 紀元前 1840年);バリハイ·コーエン(1847年から1852年);モーセペレイラ(1852年から1864年); EliaのSLI-。 man Mani(1864-78); Raḥamim Joseph Franco (1878-1901); Hezekiah Medini (former chief rabbi of Karasu-Bazar in the Crimea; known as the "Ḥakam Bashi Wakili"; acting chief rabbi since 1901).男マニ(1864年から1878年);Raḥamimジョセフ·フランコ(1878年から1901年);ヒゼキヤMedini(クリミアのカラス - バザールの元チーフ·ラビ、 "ḤakamバシーWakili"として知られ、1901年からチーフ·ラビの演技)。

Hebron possesses four synagogues within the ghetto and four batte ha-midrash without.ヘブロンはせずゲットーと4 batteハ - ミドラーシュ内の4つのシナゴーグを持っています。 The oldest synagogue, that of Abraham Abinu, is supposed to date back three centuries.最古のシナゴーグは、アブラハムAbinuのこと、背中の三世紀の日付になっています。 It was restored in 1738 and enlarged in 1864.それは1738年に復元され、1864年に増築された。 The others are Keneset Eliyyah Mani (like the former, Sephardic), and two Ashkenazic.他はEliyyahマニ(元のように、セファルディ)、および2つのアシュケナージをKenesetされています。 There are three yeshibot, the oldest having been founded by Israel Ẓebi (d. 1731); the second was formed by the union of four older yeshibot. 3 yeshibot、イスラエルẒebi(民主党1731)によって設立された最古のがありますが、第二は、次の4つの古いyeshibotの結合によって形成された。 It possesses the library of Vivas, a native of Leghorn, and is very rich in Spanish works.それはVivas、レグホーンのネイティブのライブラリを保有しており、スペインの作品で非常に豊富です。 Hebron possesses four Talmud Torahs for Sephardim and one for Ashkenazim.ヘブロンはセファルディムとアシュケナジムための1のための4つのタルムードTorahsを持っています。 There are three mutual-aid societies and a free dispensary. 3共済組合や無料診療所があります。 The Sephardic community is administered by the chief rabbiand a council of seven members; the Ashkenazic by the chief rabbi and a council of three.チーフ·ラビと3の協議によってアシュケナージ、セファルディのコミュニティーはチーフrabbiand 7メンバーの評議会によって運営されています。 Most of the Jews are supported by the "ḥaluḳḳah," but there are a few carpenters and shoemakers.ユダヤ人のほとんどは、 "ḥaluḳḳah"でサポートされているが、いくつかの大工や靴屋が存​​在している。 Among the antiquities are the Double Cave, revered by the Mohammedans; the ruins of Abraham's house; the tombs of Gad, Nathan the prophet, Abner (David's commander-in-chief), and others.アブラハムの家の遺跡;、ガド、預言者ナタン、アブナー(デビッドの司令官)と、他人の墓の遺物のうちのmohammedansから崇めダブル洞窟は、されています。 The modern name of the town is Al-Khalil (lit. "the friend" [ ie , of God], a name by which Abraham was known; comp. Isa. xli. 8).町の名前は、現代のハリール(。。[神すなわち 、]直訳"友人"、アブラハムが知られていたときに使用する名前。カンプ伊佐XLI 8)です。

Numerous rabbinical authors have lived at Hebron, including Elijah de Vidas (1525), author of "Reshit Ḥokmah"; Solomon Edni (1622), author of "Meleket Shelomoh"; Moses ha-Levi (1668), author of "Yede Mosheh"; Israel Ẓebi (1731), author of "Urim Gedolim"; Abraham Conque (1740), author of "Abaḳ Derakim"; Ḥayyim Abraham Israel Ẓebi (1776), author of "Be'er Mayim Ḥayyim"; Aaron Alfandari (1772), author of "Yad Aharon" and "Merkebet ha-Mishneh"; Mordecai Ruvio (1785), author of "Shemen ha-Mor"; Judah Divan (1792), author of "Zibḥe Shelamim"; Elijah Sliman Mani (d. 1878), author of "Kisse Eliyahu"; Raḥamim Joseph Franco (d. 1901), author of "Sha'are Raḥamim"; Hezekiah Medini, author of "Sedeh Ḥemed."ソロモンEDNI(1622)、 "Meleket Shelomoh"の著者;;モーセHA-レヴィ(1668年)、 "Yede Mosheh"の著者多数のラビの著者は、イライジャ·デVIDAS(1525)、 "ReshitḤokmah"の著者を含めて、ヘブロンに住んでいる、イスラエルẒebi(1731)、 "ウリムGedolim"の著者、アブラハムコンク(1740)、 "AbaḳDerakim"の著者;ハイムアブラハムイスラエルẒebi(1776)、 "Be'er Mayimハイム"の著者、アーロンAlfandari(1772) 、 "ヤド·者Aharon"と "Merkebetヘクタール-Mishneh"の著者、モルデカイRuvio(1785)、 "Shemenヘクタール - モール"の著者、ユダのディヴァン(1792)、 "ZibḥeShelamim"の著者、エリヤSlimanマニ(民主党1878 )、 "Kisseエリヤフ"の著者;Raḥamimジョセフ·フランコ(民主党1901)、 "Sha'areRaḥamim"の著者; "SedehḤemed"ヒゼキヤMediniの著者、

Bibliography 参考文献
Azulai, Shem ha-Gedolim ; Azulai、 セムHA-Gedolim;
Hazan, Ha-Ma'alot li-Shelomoh , Alexandria, 1889; Hazan、HA-Ma'alotリチウムShelomoh、アレクサンドリア、1889;
S. Munk, La Palestine , Paris; S·ムンク、 ラパレスチナ 、パリ;
Benjamin II., Acht Jahre in Asien und Afrika ;ベンジャミンⅡ、AsienウントアフリカでアハトJahre。
Abraham Ḥayyim Penso, Minḥat Ḳena'ot , Jerusalem, 1879;アブラハムハイムPenso、MinḥatḲena'ot、エルサレム、1879;
Luncz, Jerusalem , 1895-1901. Luncz、 エルサレム 、1895年から1901年。

M. Franco M·フランコ
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906. 1901-1906の間に公開ユダヤ人の百科事典は、。

3. 3。

Third son of Kohath, son of Levi and founder of the Levitic family, the Hebronites (Ex. vi. 18; Num. iii. 19, 27; xxvi. 58).コハテの三男、レビの子とLevitic家族の創始者、ヘブロン(例:viの18;。ヌムIII 19、27;。XXVI 58)。 The Hebronites are often mentioned in the enumerations of the Levites, under the name either of "Ha-Ḥebroni" (Num. iii. 27, xxvi. 58; I Chron. xxvi. 23, 30, 31) or of "Bene-Ḥebron" (I Chron. xv. 9, xxiii. 19).またはベーネ-ヘブロン "の、ヘブロンはしばしば"ハ - Ḥebroni "(。。。私chron XXVI 23、30、31 Num. III 27 XXVI 58)のいずれかの名の下に、レビ人の列挙に記載されている"(私chron。XV。9、23 19)。 In the time of David the chief of the Hebronites was called Jeriah (I Chron. xxiii. 19, and elsewhere).ダビデの時代にヘブロンのチーフはJeriah(私chron。XXIII 19、および他の場所)と呼ばれていました。 In the fortieth year of David's reign the Hebronites were settled at Jazer in Gilead, of whom 2,700 mighty men were appointed by the king superintendents over the two and one-half tribes, and 1,700, under Hashahiah, held similar positions on the west of the Jordan ( ib. xxvi. 30, 31).デビッドの治世の四十年にヘブロンはギレアデにヤゼルにおいて決済した、2700勇士がHashahiah下で、2年半の部族、および1700の王監によって任命された人の、の西でも同様の役職を歴任ヨルダン(ib. XXVI 30、31)。

4. 4。

One of the tribe of Judah, a descendant of Caleb ( ib. ii. 42, 43)ユダの部族の一つ、カレブの子孫(ib. II 42、43)

Gotthard Deutsch, M. Franco, Emil G. Hirsch, M. Seligsohnゴッタルドドイツ、M.フランコ、エミール·ハーシュ、M. Seligsohn
Jewish Encyclopedia, published between 1901-1906. 1901-1906の間に公開ユダヤ人の百科事典は、。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです