Idealism観念論

Catholic Information カトリックの情報

In discussing this term and its meaning, reference must be had to the cognate expressions, idealist, idealized, ideal (adjective), and the ideal (noun), all of which are derived from the Greek idéa.この用語とその意味を議論する際に、参照は同族式、理想主義者、理想化された、理想的な(形容詞)に持っていたされている必要があり、理想的な(名詞)は、そのすべてがギリシャのアイデアから派生しています。 This signifies "image", "figure, "form": it can be used in the sense of "likeness", or "copy" as well as in that of "type", "model", or "pattern": it is this latter sense that finds expression in "ideal", and "the ideal" and the derivatives are mentioned above. In speaking of "the ideal", what we have in mind is not a copy of any perceptible object, but a type. The artist is said to "idealize" his subject when he represents it as a fairer, nobler, more perfect than it is in reality. ":それはの意味で使用することができる"肖像 "、または" "と同様のもののように、"タイプ "、"モデル "、または"パターン "コピー:これは、"イメージ "、"図 "形式を意味するそうです"理想的な"、そして "理想的"に表現を見つけるとその誘導体は、上記の言及されている。 "理想"の話では、私たちが心で持っていると、任意の知覚オブジェクトのコピーではなくタイプではありませんこの後者の意味。アーティストは、彼はそれが実際のものよりも、より完璧な、より公平、貴としてそれを表すときに彼の件名を "理想化"と言われています。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Idealism in life is the characteristic of those who regard the ideas of truth and right, goodness and beauty, as standards and directive forces.人生の理想主義は、規格と指令部隊として、真理と右、善良さと美しさのアイデアを考える人たちの特徴である。 This signification betrays the influence of Plato, who made idea a technical term in philosophy.この意味は、哲学にアイデア技術用語を作ったプラトンの影響を裏切る。 According to him the visible world is simply a copy of a supersensible, intelligible, ideal world, and consequently "things" are but the impress stamped on reality by that which is of a higher, spiritual nature.彼によると、目に見える世界は、単に超感覚、分かりやすい、理想的な世界のコピーであり、その結果として "もの"であるが、より高い、精神的な性質のものであるということで、実際に刻印印象づける。 Platonism is the oldest form of idealism, and Plato himself the progenitor of idealists.プラトン哲学は観念論最古の形、そしてプラトン自身の理想主義の原型です。 It is usual to place in contrast Plato's idealism and Aristotle's realism; the latter in fact denies that ideas are originals and that things are mere copies; he holds that the essence is intelligible, but that it is immanent in the things of nature, whereas it is put into the products of art.それは、コントラストプラトンの理想主義とアリストテレスのリアリズムに置くことが一般的である、実際には後者の方がアイデアがオリジナルであり、その事は単なるコピーであることを否定し、彼は本質が理解できるであることを保持しているが、それは自然のものに内在すること、それに対し、芸術の製品に入れられます。 It is more correct, therefore, to call his teaching an immanent idealism as contrasted with the transcendental idealism of Plato.これは、プラトンの超越論的観念論とは対照的に彼の教え内在的観念論を呼び出すために、したがって、より正しいです。 Both these thinkers reveal the decisive influence of that moral and æsthetic idealism which permeated Greek life, thought, and action; but for both, what lies deepest down in their philosophy is the conviction that the first and highest principle of all things is the one perfect spiritual Being which they call God, and to which they lead back, by means of intermediate principles--essence and form, purpose and law--the multifarious individual beings of the visible world.両方のこれらの思想家は、ギリシャの生活、思考、行動に浸透し、その道徳的および審美的理想主義の決定的な影響を明らかにする、しかし、両方のために、どのような彼らの哲学の下に深い嘘と、すべての物事の最初と最高の原則が完全なものであるという信念である本質と形態、目的や法律 - - 目に見える世界の多種多様な個々の人間に彼らの神と呼び、それらが中間の原則により、バックリードして精神的な存在。 In this sense idealism is dualism, ie the doctrine of a higher spiritual principle over against that which is lower and material; and this doctrine again is clearly opposed to the monism which would derive the higher and the lower alike out of one and the same All-being.二元論でこのセンス観念論では、下部および材料であることに対して上でより精神的な原則の法理、すなわち、とこの教義が再び明らかに高いと1のうち、同様に低いとすべて同じ導き出すであろう一元論に反対しているビーイング。 This older idealism teaches, not that there is One-All, but that there is an alpha and omega, ie a supermundane Cause and End, of the world.この古い観念論ワンオールが存在しないことを、教えているが、世界のアルファとオメガ、すなわち、超俗界の原因と終わりには、そこにあることを確認します。 By means of its principles, idealism maintains the distinctness of God and the world, of the absolute and finite, yet holds them together in unity; it adjusts the relations between reality and knowledge, by ascribing to things dimension, form, purpose, value, law, at the same time securing forethought the requisite certainty and validity; it establishes objective truth in the things that are known and subjective truth in the mind that knows them.その原理によって、理想主義は、絶対と有限、まだ団結でそれらを一緒に保持しているのは、神と世界の明瞭さを維持して、それは物事の寸法、形、目的値にascribingによって、現実と知識間の関係を調整し、法律では、先見の明の必要な確実性と妥当性を確保すると同時に、それは知られており、それらを知って心の中で主観的な真実アール物事に客観的真実を確立します。 In this sense the Schoolmen teach that forma dat esse et distingui, ie the principle which formally constitutes the object, likewise, in the act of cognition, informs the mind.この意味でschoolmanのは、そのフォーマダットESSEらdistingui、すなわち正式にオブジェクトを構成する原理を教える、同様に、認知の行為で、心を通知します。 Inasmuch as its principles express the cause and purpose of things, their determinate nature and value, idealism unites the speculative and the ethical, the true and the good, moral philosophy and the philosophy of nature.その原則は、彼らの確定性質と価値を物事の原因や目的を表明だけれども、理想主義は、投機的かつ倫理的な、真といい、道徳哲学と自然哲学を一体化させています。

In this sense St. Augustine developed the Platonic teaching, and in his philosophy is idealism in the genuine meaning of the term.この意味で、聖アウグスティヌスはプラトンの教育を開発し、彼の哲学の言葉の真の意味での観念論です。 From him comes the definition of ideas which Christian philosophy has since retained: "Ideas are certain original forms of things, their archetypes, permanent and incommunicable, which are contained in the Divine intelligence. And though they neither begin to be nor cease, yet upon them are patterned the manifold things of the world that come into being and pass away. Upon these ideas only the rational soul can fix its gaze, endowed as it is with the faculty which is its peculiar excellence, ie mind and reason [mente ac ratione], a power, as it were, of intellectual vision; and for such intuition that soul only is qualified which is pure and holy, ie, whose eye is normal, clear, and well adjusted to the things which it would fain behold" (De diversis quaest., Q. xlvi, in PL, XL, 30). "アイデアは、神の知性に含まれているパーマネントや伝えることのできないものの一定の原型、そのアーキタイプであり、そして、彼らはどちらもあることが始まることも、やめるのに時にまだ、:彼からキリスト教哲学以来保持しているアイデアの定義は来る彼らはされて入って来て、逝く世界の多様なものをパターン化されており、これらのアイデア次第唯一の合理的な魂が、その独特の卓越性である教員、すなわち心と理由があるように恵まれて、その視線を修正することができメンテAC ratione 】知的ビジョンのいわば権力、;と魂が唯一の "純粋で神聖な、すなわち、その目は正常です、クリア、よくそれは見よフェインなるものに調整されている修飾されているような直感用(デdiversis quaest。、Q 46、PL、XL、30)インチ

This line of thought the Scholastics adopted, developing it in their treatises as ideology.のこの行は、スコラはイデオロギーとして彼らの論文でそれを開発、採用したと思った。 Their theory is described not as idealism, but as realism; but this does not imply that they are in conflict with the doctrine of Augustine; it means rather that the ideal principles possess real validity, that as ideas they subsist in the Divine mind before the things corresponding to them are called into existence, while, as forms and essences, they really exist in nature and are not really products of our thinking.彼らの理論ではなく観念論としてではなく、リアリズムとして記述されますが、これは彼らがアウグスティヌスの教義と矛盾していることを意味するものではありません、それは理想的な原則はアイデアとして彼らの前に神の心に生計を立てている本物の妥当性を、所有しているということを意味しそれらに対応するものが存在するように呼ばれ、一方、フォームやエッセンスとして、彼らは本当に自然界に存在していて、本当に我々の思考の産物ではありません。 In this last-named sense, ie, as subjective constructions, ideas had long before been regarded by the philosophers of antiquity and especially by the Stoics, who held that ideas are nothing else than mental representation.この名前の最後の意味で、すなわち、主観的な構造として、アイデアはずっと前に、古代の哲学者、特に精神的な表現以外の何者でもないそのアイデアを開催ストア派によってみなされていた。 This erroneous and misleading view appeared during the Middle Ages in the guise of nominalism, a designation given to the system whose adherents claimed that our concepts are mere names (nomina), which have as their counterparts in the world of reality individual things, but not forms or essences or purposes.この誤ったと誤解を招くようなビューは唯名論を装って、中世、その信奉私たちのコンセプトは現実の個々の事物の世界での対応として持っていますが、単なる名(nomenの複数形)であることが要求されているシステムに与えられた名称中に登場フォームやエッセンスや目的。 This opinion, which robs both science and moral principles of their universal validity, and which paves the way for Materialism and agnosticism, was combated by the leaders of Scholasticism--Anselm of Canterbury, Albertus Mangus, Thomas Aquinas, Bonaventure, and Duns Scotus--nevertheless, from the fourteenth century onwards, it had its champions and propagators, notably William of Occam.科学とその普遍妥当性の道義の両方を奪うと、どれが唯物論と不可知論への道を開くこの意見は、スコラ学の指導者によって戦われた - カンタベリーのアンセルムス、アルベルトゥスMangus、トマス·アクィナス、ボナヴェントゥラ、とドゥンス·スコトゥスを·それにもかかわらず、14世紀以降から、それは特にそのチャンピオンとプロパゲータ、オッカムのウィリアムを持っていた。 For the untrained mind it was easier to consider individual things as the only realities and to regard forms and essences as purely mental products.未熟な心のためには、唯一の現実として、個々の事を考慮すると、純粋に精神的な製品としてフォームやエッセンスを見なすように簡単だった。

So it came to pass that the word idea in various languages took on more and more the meaning of "representation", "mental image", and the like.だから、様々な言語での単語のアイデアは、より多くの "表現"、 "精神的なイメージ"などの意味で取ったことが下った。 Hence too, there was gradually introduced the terminology which we find in the writings of Berkeley, and according to which idealism is the doctrine that ascribes reality to our ideas, ie our representations, but denies the reality of the physical world.したがってあまりにも、徐々にそこに私たちはバークレーの著作の中で見つけている用語を導入し、私たちのアイデアを現実ascribesを教義である理想主義によれば、私たちの表現、すなわち、物理的な世界の現実を否定した。 This sort of idealism is just the reverse of that which was held by the philosophers of antiquity and their Christian successors; it does away with the reality of ideal principles by confining them exclusively to the thinking subject; it is a spurious idealism which deserves rather the name "phenomenalism" (phenomenon, "appearance", as opposed to noumenon, "the object of thought").観念論この種の古代の哲学者とその後継者によってキリスト教開催されたのちょうど逆であり、それは思考の対象に排他的に閉じ込めることにより、理想的な原理の現実と離れてない、それはむしろ値するスプリアス観念論です名前 "現象論"(noumenonとは対照的に、現象、 "外観"、 "思考のオブジェクト")。

The doctrine of Descartes has also per nefas been called idealism.デカルトの学説もnefas当たり観念論と呼ばれてきました。 It is true that Cartesianism is in line with the genuine idealism of the earlier schools, inasmuch as it postulates God, thought, and spatial reality.これは、デカルトは、それが神の公準〜だけれども、以前の学校の真の理想主義に沿ったものであると考え、空間的な現実というのは本当です。 But, on the other hand, this system too employs idea only in a subjective signification and quite overlooks the intermediate position of ideal principles.しかし、その一方で、このシステムはあまりにも主観的な意義だけでアイデアを採用しており、非常に理想的な原則の中間位置を見渡すことができます。 According to the theory of Leibniz, which has also been regarded as idealistic, our mind constructs from its own resources (de son propre fond) its scheme of the world; but, thanks to a pre-established harmony (harmonie préétablie), it accords with reality.また、理想主義的​​と見なされてきたライプニッツの理論によれば、私たちの心は、独自の資源(デ息子propre懐かしい)世界のそのスキームに基づいて構成しますが、予定調和(ハーモニーpréétablie)のおかげで、それは合意現実と。 This view, however, furnishes no solution for the epistemological problem.このビューには、しかし、認識論的問題の解決策をfurnishesない。 Kant claims that his critical philosophy is both a "transcendental idealism" and an "empirical realism"; but he declares ideas are "illusions of reason", and such ideal principles as cause and purpose are simply devices of thought which can be employed only in reference to phenomena.カントは、彼の批判哲学は "超越論的観念論"と "経験的リアリズム"の両方であることを主張するが、彼はアイデアは "理由の錯覚"であり、原因や目的などの理想的な原理だけで使用することができる思考の単にデバイスです宣言現象への参照。 Fichte took Kant as his starting--point but finally rose above the level of subjectivism and posited a principle of reality, the absolute Ego.フィヒテは、彼の出発物質としてカントを取った - ポイントではなく、最終的に主観のレベルを超えて上昇し、現実性の原則、絶対的な自我を仮定した。 Hegel's doctrine can be termed idealism so far as it seeks the highest principle in the absolute idea, which finds its self-realization in form, concept, etc.--a view which amounts virtually to monism.一元論に事実上のぼるビュー - それは形で自己実現を見つける絶対アイデアの最高原理、概念、などを求めているとして、ヘーゲルの学説は、これまでの理想主義と呼ぶことができる。 The various offshoots of Kantian philosophy are incorrectly regarded as developments of idealism; it is more accurate to describe them as "illusionism" or "Solipsism", since they entirely sweep away objective reality.カント哲学の様々な分派が間違って観念論の発展とみなされている、彼らは完全に客観的現実を押し流すので、それは、 "だまし絵"や "独我論"としてそれらを記述する方が正確です。 In this connection a German philosopher declares:この接続では、ドイツの哲学者は、宣言しています。

I affirm without hesitation that the assertion, 'the existence of the world consists merely in our thinking', is for me the result of a hypertrophy of the passion for knowledge.私は、アサーションは、 "世界の存在は、我々の思考に単に構成されています"というためらいもなく断言する私のために知識のための情熱の肥大した結果である。 To this conclusion I have been lead chiefly by the torture I endure in getting over 'idealism'.この結論に私は "理想主義"を乗り越えて拷問に耐えることによって主にリードされています。 Whosoever attempts to take this theory in downright earnest, to force his way clean through it and identify himself with it, will certainly feel that something is about to snap in his brain (Jerusalem, "Die Urtheilsfunktion", Vienna, 1886, p.261).誰でも彼の方法はそれを介してきれいにし、それとの彼自身を識別し、強制的に、実に本格的にこの理論を取ろうと、確かに何かが(エルサレム、 "死ぬUrtheilsfunktion"、ウィーン、1886年、p.261についての彼の脳内にスナップしようとしている感じることができる)。

Similar conclusions are reached by J. Volkelt (Erfahrung u. Denken, Hamburg, 1886, p. 519);同様の結論は、J.フォルケルト(。Erfahrung U伝研、ハンブルク、1886年、P 519)によって到達されています。

Any man who carries his theoretical doubts or denial of the external world so far that even in his everyday experience he is forever reminding himself of the purely subjective character of his perceptions.これまでも、彼の生活経験の中から、彼は永遠に彼の認識の純粋に主観的なキャラクターを自分自身に思い出させていることを外部の世界の彼の理論的な疑問や否定を運ぶどんな男。 . .will simply find himself flung out of the natural course and direction of life, stripped of all normal feeling and interest, and sooner or later confronted with the danger of losing his mind completely. 。単に自身がすべて正常感と関心を剥奪され、生命の自然経過と方向から出て投げつけ、遅かれ早かれ完全に彼の心を失う危機に直面しています。

It is certainly a matter of regret that the terms idea, idealist, and idealism, originally so rich in content, should be so far degraded as to signify such aberrations of thought.それは確かにコンテンツのもともととても豊か用語アイデア、理想主義、そして理想主義は、これまでのところ劣化した思考のような収差を意味するようであるべきことに遺憾の意の問題です。 The present writer, in his "Geschichte des Idealismus" (2nd ed., Brunswick, 1907) has taken the ground that the original meaning of these terms should be restored to them.筆者は、彼の "GeschichteデIdealismus"(第2版、ブランズウィック、1907)で、これらの用語の本来の意味は、それらにリストアするように地面を撮影しています。 In the index of this "Geschichte" and in his monograph, "Die Wichtigsten Philosophischen Fachausdrücke" (Munich, 1909), he traces in detail the changes and meaning which these words have undergone.この "Geschichte"と彼のモノグラフで、 "死ぬWichtigsten PhilosophischenFachausdrücke"(ミュンヘン、1909)の指標では、彼は詳細にこれらの言葉を受けての変更と意味をトレースします。

Publication information Written by Otto Willmann.オットー·ウィルマンによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Peter S. Zehr and Patrick C. Swain.ピーターS.ゼとPatrick C.スウェイン転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VII.カトリック百科事典は、第VII巻。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, June 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年6月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです