Jacobジェイコブ

Catholic Information カトリックの情報

The son of Isaac and Rebecca, third great patriarch of the chosen people, and the immediate ancestor of the twelve tribes of Israel.イサクとレベッカ、選ばれた人々の第三偉大な族長の息子、イスラエルの12部族の直接の祖先。 The incidents of his life are given in parts of Gen., xxv, 21-1, 13, wherein the documents (J, E, P) are distinguished by modern scholars (see ABRAHAM, I, 52).彼の人生の事件は文書(J、E、P)は現代の学者によって区別されることを特徴大将は、25、21-1、13の部品(アブラハム、私は、52を参照)に記載されている。 His name-- possibly an abbreviation of Jacob-El (Babylonian: Ya kub-ilu), with which compare Israel, Ismael etc. -- means "supplanter", and refers to a well-known circumstance of his birth (Genesis 25:25).彼の名は - おそらくはジェイコブ - エル(バビロニア:雅KUB-ILU)の略で、イスラエル、イスマエル等を比較しているとすると - "取って代わる人"を意味し、彼の誕生の周知状況(創世記25を参照しています。 25)。 His early years were marked by various efforts to get the birthright from his brother Esau.彼の初期の頃は、兄エサウから長子の権利を得るために様々な努力によってマークされていた。 His struggle for it began before he was born (xxv, 22-5).彼が生まれる前にそれのための彼の闘争は(25、22から5)を開始しました。 Later, he took advantage of Esau's thoughtlessness and despair to buy it from him for a pottage of lentils (xxv, 29-33).その後、彼はエサウの思慮のなさとレンズ豆の煮物(25、29-33)のために彼からそれを買うために絶望を利用しました。 In virtue of this purchase, and through a ruse, he finally got it by securing the blessing which Isaac intended for Esau (xxvii, 1-37), Then it was that, to escape his brother's avenging wrath, and apparently also to obtain a wife from his parents' stock, he fled to Haran, the dwelling place of Laban, his maternal uncle (xxvii, 41-xxviii, 5).この購入のおかげで、と策略を通して、彼は最終的にイサクはエサウ(XXVII、1-37)を対象として祝福を確保することによって、それを持って、そして、それは兄の復讐の怒りを逃れるために、ということでした、と明らかにも取得する彼の両親の在庫からの妻は、彼がハラン、ラバンの宿る場所は、彼の母方の叔父(XXVII、41-28、5)に逃げた。 On his way thither, he had at Luza the vision of the angels ascending and descending by a mysterious ladder which reached from earth to heaven, and of Yahweh renewing to him the glorious promises which He had made to Abraham and to Isaac; in consequence of this, he called the place Beth-El, and vowed exclusive worship to Yahweh should He accompany him on his way and bring him back safely home (xxviii, 11-22).彼の方法はあちらの方で、彼はルザで天使が昇順と降順地球から天に達した神秘的なはしごで、主の彼に彼はアブラハムとイサクに作った栄光の約束を更新するというビジョンを持っていたの帰結でこれは、彼は場所ベス - エルと呼ばれ、彼が(28、11-22)自分の道に同行し、無事に帰って彼を持参してくださいヤハウェへの排他的崇拝を誓った。 Jacob's relations with Laban's household form an interesting episode, the details of which are perfectly true to Eastern life and need not be set forth here.ラバンの家計とジェイコブの関係が興味深いエピソードを形成し、東部の生活に完全に満たされているとある​​必要はありませんの詳細は、ここに記載されており。 Besides blessing him with eleven children, God granted to Jacob a great material prosperity, so that Laban was naturally desirous of detaining him. 11子供をもって彼を祝福以外に、神はラバンは彼を拘留の自然に望んだったので、ヤコブに偉大な物質的な繁栄を付与した。 But Jacob, long wearied with Laban's frequent trickery, and also bidden by God to return, departed secretly, and, although overtaken and threatened by his angry father-in-law, he managed to appease him and to pursue his own way towards Chanaan (xxix-xxxi).彼の怒った義父に追い抜かと脅され、彼は彼をなだめるためとのchanaanに向かって自分の道を追求するために管理が、しかし長いヤコブは、ラバンの頻繁な策略にうんざりし、また戻すために神によって招かれ、ひそかに出発し、( XXIX-XXXI)。 He managed also--after a vision of angels at Mahanaim, and a whole night's wrestling with God at Phanuel, on which latter occasion he received a new blessing and the significant name of Israel--to appease his brother Easu, who had come to meet him with 400 men (xxxii-xxxiii, 16).マハナイムに天使のビジョンの後、彼は新たな祝福とイスラエルの重要な名前を受け取ってこれを機会に、後者Phanuelにおける神との全体の夜のレスリングは、 - - 彼はまた管理に来ていた弟Easuを、なだめるために400人(XXXII-33、16)で彼に会う。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
Passing through Socoth, Jacob first settled near Salem, a city of the Sichemites, and there raised an altar to the God of Israel (xxxiii, 17-20). Socoth通過、ヤコブは最初セーラム、Sichemitesの街の近くに定住し、イスラエルの神(33、17-20)のために祭壇をそこに上げた。 Compelled to leave on account of the enmity of the Chanaanites--the precise occasion of which is uncertain--he went to Bethel, where he fulfilled the vow which he had made when on his way to Haran (xxxiv-xxxv, 15). Chanaanitesの敵意の口座に残すことを余儀なく - 不確実となっている正確な機会 - 彼はハランへ行く途中(XXXIV-35、15)に彼が作った誓いを果たさベテルに行ってきました。 Proceeding farther south, he came to Ephrata, where he buried Rachel, who died giving birth to Benjamin, and where he erected a pillar on the site of her grave.さらに南進むと、彼はベンジャミンを出産死亡したレイチェルを埋葬エフラタ、に来て、彼は彼女の墓の敷地内に柱を建てた場所。 Thence, through Migdal- Eder, he came to Hebron, where he was joined by Esau for their father's burial (xxxv, 16-29).そこから、ミグダル-エーダーを通じて、彼は彼が父親の埋葬のためにエサウが参加しましたヘブロン、(35、16から29まで)となりました。 In Hebron, Jacob lived quietly as the head of a numerous pastoral family, received with inconsolable grief the apparent evidence of Joseph's cruel death, passed through the pressure of famine, and agreed most reluctantly to his separation from Benjamin (xxxvii, 1-4; xlii, 35-38; xliii, 1-14).ヘブロンでは、ジェイコブは、多数の牧歌的な家族の長として静かに暮らして慰められない悲しみとヨセフの残酷な死の見かけの証拠を受け、飢饉の圧力を通過し、ベンジャミン(XXXVII、1月4日から彼の分離に最もしぶしぶ合意した; 42、35から38; XLIII、1-14)。 The news that Joseph was still alive and invited him to come to Egypt revived the patriarch, who, passing through Bersabee, reached Egypt with his sons and grandchildren (xlv, 25-xlix).ヨセフがまだ生きていて、エジプトに来て彼を招待したというニュースは、Bersabeeを通過、(45、25-XLIX)自分の息子や孫たちとエジプトに達し家長、復活させた。 There it was given him to meet Joseph again, to enjoy the honours conferred upon him by Pharaoh, and to spend prosperously his last days in the land of Gessen.それは、再びヨセフを満たすためにファラオによって彼に与え栄誉を享受し、かつゲッセンの地で彼の最後の日々盛んに過ごすために、彼をそこに与えられた。 There, on his death- bed, he foretold the future of fortunes of the respective descendants of his sons, and passed away at the age of 147 (xlvi, 29-xlix).そこには、彼の死のベッドの上で、彼は彼の息子のそれぞれの子孫の運命の未来を予告して、147(46、29-XLIX)歳でこの世を去った。 According to his last wishes, he was buried in the land of Chanaan (1, 1-13).彼の最後の願いによれば、彼はのchanaanの土地(1、1-13)に埋葬された。 Despite the various difficulties met with in the examination of the Biblical narrative and dealt with in detail by commentators, it is quite certain that the history of Jacob is that of a real person whose actual deeds are recorded with substantial accuracy.様々な困難にもかかわらず、聖書の物語の検査でと会って、コメンテーターによって詳細に扱っ、それはヤコブの歴史は、その実際の行為かなりの精度で記録されている実在の人物のことである、ということは確かです。 Jacob's character is a mixture of good and evil, gradually chastened by the experience of a long life, and upon the whole not unworthy of being used by God for the purpose of His mercy towards the chosen people.ヤコブの文字が徐々に長い人生の経験によって鍛え、善と悪の混合物であり、選ばれた人々に向かって彼の慈悲の目的のために神によって使用されるに値しないではない全体の上に。 The Talmudic legends concerning Jacob are the acme of fancy.ヤコブに関するタルムードの伝説は空想の極致である。

Publication information Written by Francis E. Gigot.フランシスe。ジゴ書かれた文献の情報です。 Transcribed by Paul T. Crowley.ポール·T·クロウリー転写されています。 Dedicated to Mr. Cornelius Crowley The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.コー​​ネリアス氏クロウリーは、カトリックの百科事典、ボリュームⅧに専念。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです