Early Historical Documents on Jesus Christイエス·キリストについての初期の歴史的文書

Catholic Information カトリックの情報

The historical documents referring to Christ's life and work may be divided into three classes: pagan sources, Jewish sources, and Christian sources.異教のソース、ユダヤ人の源は、キリスト教源:キリストの人生と作品を参考に歴史的文書は、3つのクラスに分けることができる。 We shall study the three in succession.私たちは、連続して3つを勉強しなければならない。

I. PAGAN SOURCES I. PAGAN SOURCES

The non-Christian sources for the historical truth of the Gospels are both few and polluted by hatred and prejudice.福音書の歴史的真実のための非キリスト教の源は、憎しみや偏見によって両方少なく、汚染されている。 A number of reasons have been advanced for this condition of the pagan sources:多くの理由は、異教のソースのこの条件に対して進められてきた:

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
The field of the Gospel history was remote Galilee;ゴスペルの歴史のフィールドには、リモートガリラヤだった;

the Jews were noted as a superstitious race, if we believe Horace (Credat Judoeus Apella, I, Sat., v, 100);我々はホレス(。Credat Judoeus Apella、私は、土、V、100)を信じるならば、ユダヤ人は、迷信レースとして注目された;

the God of the Jews was unknown and unintelligible to most pagans of that period;ユダヤ人の神は、その期間のほとんどの異教徒にとって未知と理解不能だった;

the Jews in whose midst Christianity had taken its origin were dispersed among, and hated by, all the pagan nations;その最中キリスト教は、その起源を取っていたのユダヤ人は中に分散し、すべての異教徒の国に嫌われた;

the Christian religion itself was often confounded with one of the many sects that had sprung up in Judaism, and which could not excite the interest of the pagan spectator.キリスト教自体はしばしばユダヤ教に湧いていたが、異教の観客の興味をかき立てることができなかった多くの宗派の一つと混同された。

It is at least certain that neither Jews nor Gentiles suspected in the least the paramount importance of the religion, the rise of which they witnessed among them.それは、ユダヤ人も異邦人もないが、少なくとも、宗教の最も重要で、彼らはそれらの間で目撃しているの上昇を疑っていることは少なくとも確かである。 These considerations will account for the rarity and the asperity with which Christian events are mentioned by pagan authors.これらの考慮事項は、希少性とキリスト教のイベントは異教の著者によって記載されている日付とアスペリティを占めることになる。 But though Gentile writers do not give us any information about Christ and the early stages of Christianity which we do not possess in the Gospels, and though their statements are made with unconcealed hatred and contempt, still they unwittingly prove the historical value of the facts related by the Evangelists.しかし、異邦人の作家は、私たちキリストについての情報を提供し、私たちは福音書に保有していないキリスト教の初期の段階ではありませんけれども、それらの文が隠されていない憎悪と軽蔑で作られていますけれども、まだ彼らは無意識のうちに事実関係の歴史的価値を証明する伝道者によって。

We need not delay over a writing entitled the "Acts of Pilate", which must have existed in the second century (Justin, "Apol"., I, 35), and must have been used in the pagan schools to warn boys against the belief of Christians (Eusebius, "Hist. Eccl.", I, ix; IX, v); nor need we inquire into the question whether there existed any authentic census tables of Quirinius.我々は反対の男の子を警告する(ジャスティンは、 "Apol"、私、35)2番目の世紀に存在していなければならない "ピラトの行為"と題する書面、上に遅らせる必要はなく、異教の学校で使用されている必要がありますキリスト教徒の信念(ユーセビアス、 "シーッEccl。"と、私は、IX IX、V);も、我々はクイリニウス任意の本物の国勢調査のテーブルが存在したかどうかという質問に問い合わせる必要があります。

A. Tacitus A.タキトゥス

We possess at least the testimony of Tacitus (AD 54-119) for the statements that the Founder of the Christian religion, a deadly superstition in the eyes of the Romans, had been put to death by the procurator Pontius Pilate under the reign of Tiberius; that His religion, though suppressed for a time, broke forth again not only throughout Judea where it had originated, but even in Rome, the conflux of all the streams of wickness and shamelessness; furthermore, that Nero had diverted from himself the suspicion of the burning of Rome by charging the Christians with the crime; that these latter were not guilty of arson, though they deserved their fate on account of their universal misanthropy.我々は、キリスト教の宗教の創始者、ローマ人の目には致命的な迷信は、ティベリウスの治世下で代理人ポンテオ·ピラトによって死刑に処されたことをステートメントにタキトゥスの少なくとも証言(AD 54から119)を有する、しかし、時間のために抑制彼の宗教は、それが起きたユダヤを通して、それでもローマ、wicknessと恥知らずのすべてのストリームのコンフラックスだけでなく、再び前後破ったこと、さらに、ネロは、自分自身からの疑​​いを流用していたこと犯罪とキリスト教徒を充電することによってローマが燃え、彼らは普遍的人間嫌いのアカウントに自分の運命に値しますが、これらの後者は、放火の罪を犯していなかったこと。 Tacitus, moreover, describes some of the horrible torments to which Nero subjected the Christians (Ann., XV, xliv).タキトゥスは、さらに、恐ろしいのいくつかはそのネロがキリスト教徒(Ann.、XV XLIV)を受けるために苦しみを説明します。 The Roman writer confounds the Christians with the Jews, considering them as a especially abject Jewish sect; how little he investigated the historical truth of even the Jewish records may be inferred from the credulity with which he accepted the absurd legends and calumnies about the origin of he Hebrew people (Hist., V, iii, iv).ローマの作家は特に絶望的なユダヤ教の宗派として、それらを考慮して、ユダヤ人とキリスト教徒を困惑、どのように少し彼はの起源についての伝説やcalumnies不条理を受け入れていると盲信から推論することができる場合でもユダヤ人のレコードの歴史の真実を調査彼はヘブライ人(チャンネルです、V、III、IV)。

B. Suetonius B.スエトニウス

Another Roman writer who shows his acquaintance with Christ and the Christians is Suetonius (AD 75-160).キリストとクリスチャンと彼の知人を示す別のローマンライターはスエトニウス(AD 75から160)である。 It has been noted that Suetonius considered Christ (Chrestus) as a Roman insurgent who stirred up seditions under the reign of Claudius (AD 41-54): "Judaeos, impulsore Chresto, assidue tumultuantes (Claudius) Roma expulit" (Clau., xxv). "Judaeos、impulsore Chresto、assidue tumultuantes(クラウディウス)ローマexpulit"(Clau.、XXV:それは、スエトニウスはクラウディウスの治世(西暦41から54)の下seditionsを巻き起こしローマの反乱としてキリスト(Chrestus)と考えていることに注意されました)。 In his life of Nero he regards that emperor as a public benefactor on account of his severe treatment of the Christians: "Multa sub eo et animadversa severe, et coercita, nec minus instituta . . . . afflicti Christiani, genus hominum superstitious novae et maleficae" (Nero, xvi).ネロの彼の人生で彼は、キリスト教徒の彼の過酷な治療上のアカウント公共恩人としてその皇帝に関して: "MultaサブEOらanimadversa厳しいらcoercita、NECマイナスinstituta .... afflictiクリスティ、属hominum迷信新星らmaleficae "(ネロ、16)。 The Roman writer does not understand that the Jewish troubles arose from the Jewish antagonism to the Messianic character of Jesus Christ and to the rights of the Christian Church.ローマの作家はユダヤ人の悩みは、イエス·キリスト、救世主の文字にして、キリスト教の教会の権利へのユダヤ人の拮抗から生まれたことを理解していません。

C. Pliny the Younger C.プリニウスヤンガー

Of greater importance is the letter of Pliny the Younger to the Emperor Trajan (about AD 61-115), in which the Governor of Bithynia consults his imperial majesty as to how to deal with the Christians living within his jurisdiction.より重要ビテュニアの知事は彼の管轄区域内に住んでいるクリスチャンに対処する方法として皇帝陛下に相談したトラヤヌス帝(紀元61から115程度)に若いプリニウスの手紙です。 On the one hand, their lives were confessedly innocent; no crime could be proved against them excepting their Christian belief, which appeared to the Roman as an extravagant and perverse superstition.一方では、自分たちの生活は、疑う余地もなく無実だった;ない犯罪は贅沢とひねくれ迷信としてローマに現れ彼らのキリスト教の信仰を除いてそれらに対して証明することはできなかった。 On the other hand, the Christians could not be shaken in their allegiance to Christ, Whom they celebrated as their God in their early morning meetings (Ep., X, 97, 98).一方、キリスト教徒は、彼らの早朝会議で彼らの神として祝わキリストへの忠誠(Ep.、X、97、98)で振とうすることができませんでした。 Christianity here appears no longer as a religion of criminals, as it does in the texts of Tacitus and Suetonius; Pliny acknowledges the high moral principles of the Christians, admires their constancy in the Faith (pervicacia et inflexibilis obstinatio), which he appears to trace back to their worship of Christ (carmenque Christo, quasi Deo, dicere).それはタキトゥスやスエトニウスの文章の場合と同様にキリスト教は、ここでは、犯罪者の宗教のように表示されなくなりました。プリニウスは、キリスト教徒の高い道徳的原則を認め、彼がたどるように見える信仰(pervicaciaらinflexibilis obstinatio)で、彼らの恒常性を賞賛背中キリストの彼らの礼拝(carmenqueクリスト、準デオ、dicere)へ。

D. Other pagan writers D.他の異教の作家

The remaining pagan witnesses are of less importance: In the second century Lucian sneered at Christ and the Christians, as he scoffed at the pagan gods.残りの異教の目撃者はあまり重要なものである:彼は異教の神々の嘲笑のように第二世紀にルシアンは、キリストとキリスト教徒冷笑される。 He alludes to Christ's death on the Cross, to His miracles, to the mutual love prevailing among the Christians ("Philopseudes", nn. 13, 16; "De Morte Pereg").彼はキリスト教徒(; "デモルテPereg" "Philopseudes"、nnは13、16)の間で広まっている相互の愛に、彼の奇跡に、十字架上のキリストの死を暗示。 There are also alleged allusions to Christ in Numenius (Origen, "Contra Cels", IV, 51), to His parables in Galerius, to the earthquake at the Crucifixion in Phlegon ( Origen, "Contra Cels.", II, 14). Phlegonではりつけ(原産地、 "コントラ資料集。"、2世、14)でガレリウスの彼の寓話に、地震へのダイシャクシギ属におけるキリストに申し立てられた当てつけ(原産地、 "コントラ設定資料集"、4、51)が、もあります。 Before the end of the second century, the logos alethes of Celsus, as quoted by Origen (Contra Cels., passim), testifies that at that time the facts related in the Gospels were generally accepted as historically true. 2番目の世紀の終わりの前に、ケルススのロゴalethesは、として、原産地(コントラ資料集。、ここかしこ)に引用され、その時点で福音書に関連した事実は、一般的に歴史的な事実として受け入れられたことを物語っている。 However scanty the pagan sources of the life of Christ may be, they bear at least testimony to His existence, to His miracles, His parables, His claim to Divine worship, His death on the Cross, and to the more striking characteristics of His religion.キリストの生涯の乏しいしかし異教の源かもしれないが、彼らは彼の奇跡は、彼の寓話、神を崇拝する彼の主張は、十字架上の死は、彼の宗教の多くの顕著な特徴のために、彼の存在に少なくとも証言。

II. Ⅱ。 JEWISH SOURCESユダヤ人のソース

A. Philo A.フィロ

Philo, who dies after AD 40, is mainly important for the light he throws on certain modes of thought and phraseology found again in some of the Apostles.西暦40後に死ぬフィロは、彼が使徒のいくつかで再び発見思想と言い回しの特定のモードにスローライトを中心に重要です。 Eusebius (Hist. Eccl., II, iv) indeed preserves a legend that Philo had met St. Peter in Rome during his mission to the Emperor Caius; moreover, that in his work on the contemplative life he describes the life of the Christian Church in Alexandria founded by St. Mark, rather than that of the Essenes and Therapeutae.ユーセビアス(。チャンネルですEccl、II、IV)は確かにフィロが天皇キーズへの彼のミッションの間にローマで聖ペテロに会っていたという伝説を維持し、さらに、その観想的な生活の彼の仕事の中で彼は、キリスト教の教会の生活を描いているアレクサンドリアではなくエッセネ派とテラペウタイに比べ、サンマルコによって設立。 But it is hardly probable that Philo had heard enough of Christ and His followers to give an historical foundation to the foregoing legends.しかし、それはフィロが前述の伝説を歴史的な基盤を与えることを十分にキリストとその信者のを聞いたことはほとんどありえそうです。

B. Josephus B.ヨセフス

The earlist non-Christian writer who refers Christ is the Jewish historian Flavius Josephus; born AD 37, he was a contemporary of the Apostles, and died in Rome AD 94.キリストを指し最も初期の非キリスト教作家はユダヤ人の歴史家フラウィウス·ヨセフスです。紀元37生まれ、彼は使徒の同世代の人だった、ローマ西暦94年に死んだ。 Two passages in his "Antiquities" which confirm two facts of the inspired Christian records are not disputed.霊感を受けたクリスチャンレコードの2つの事実を確認し、彼の "骨董品"の2つの通路が争われていません。 In the one he reports the murder of "John called Baptist" by Herod (Ant., XVIII, v, 2), describing also John's character and work; in the other (Ant., XX, ix, 1) he disappoves of the sentence pronounced by the high priest Ananus against "James, brother of Jesus Who was called Christ." 1年、彼はまた、ジョンの性格や仕事について説明して、ヘロデ王によって(Ant.、18、v、2)が "バプテストと呼ばれるジョン"の殺人事件を報告します(Ant.、XX、9世、1)他の彼のdisappovesで文は反対大祭司Ananusによって発音 "キリストと呼ばれていたジェームズは、イエスキリストの弟。" It is antecedently probable that a writer so well informed as Josephus, must have been well acquainted too with the doctrine and the history of Jesus Christ.それはとてもよくヨセフスとして知らさライターは、よくイエス·キリストの教義と歴史あまりに知り合いにされている必要がantecedently概してです。 Seeing, also, that he records events of minor importance in the history of the Jews, it would be surprising if he were to keep silence about Jesus Christ.彼はユダヤ人の歴史の中でマイナーな重要なイベントを記録すること、また、見て、彼はイエス·キリストについて沈黙を保つためにあったとしたら、それは驚くべきことであろう。 Consideration for the priests and Pharisees did not prevent him from mentioning the judicial murders of John the Baptist and the Apostle James; his endeavour to find the fulfilment of the Messianic prophecies in Vespasian did not induce him to pass in silence over several Jewish sects, though their tenets appear to be inconsistent with the Vespasian claims.祭司やパリサイ人の対価は、洗礼者ヨハネと使徒ヤコブの司法殺人事件に言及することから彼を防ぐことはできませんでした、彼はいくつかのユダヤ人の宗派にわたって沈黙の中で彼が通過するのを誘導しなかったウェスパシアヌスの救世主予言の成就を見つけるために努力する、しかし彼らの教義は、ウェスパシアヌスの主張と矛盾しているように見える。 One naturally expects, therefore, a notice about Jesus Christ in Josephus.一つは、当然、そのため、ヨセフスイエス·キリストについての通知を期待しています。 Antiquities XVIII, iii, 3, seems to satisfy this expectation:古代XVIII、III、3は、この期待を満たすと思われる:

About this time appeared Jesus, a wise man (if indeed it is right to call Him man; for He was a worker of astonishing deeds, a teacher of such men as receive the truth with joy), and He drew to Himself many Jews (many also of Greeks. This was the Christ.) And when Pilate, at the denunciation of those that are foremost among us, had condemned Him to the cross, those who had first loved Him did not abandon Him (for He appeared to them alive again on the third day, the holy prophets having foretold this and countless other marvels about Him.) The tribe of Christians named after Him did not cease to this day.このころ、イエスは、賢者が登場(実際にそれが彼男呼び出すために右であるかどうか、彼は驚くべき偉業の労働者だったため、このような男性の先生がとして喜びと真実を受け取る)と、彼は自分自身に多くのユダヤ人を描いた(また、ギリシアの多くの。これは、キリストであった。)そして、私たちの間で一番のあるものの非難でピラトは、十字架にイエスを非難していたとき、最初に彼を愛していた人々は(彼は生きている彼らに現れて、彼を放棄しなかった再び3日目に持って聖なる預言者たちは、この、彼について他の無数の驚異を予告した。)この日に中止しなかった彼の名にちなんで名付けられ、キリスト教徒の部族が。

A testimony so important as the foregoing could not escape the work of the critics.前述のように非常に重要な証言は、批評家の仕事を逃れることはできなかった。 Their conclusions may be reduced to three headings: those who consider the passage wholly spurious; those who consider it to be wholly authentic; and those who consider it to be a little of each. 、それは完全に本物であると考えている人、そしてそれは少しずつであると考える人々の通路が完全にスプリアスを検討した人:彼らの結論は、次の3つの見出しに減少させることができる。

Those who regard the passage as spuriousスプリアスとして通路を考える人たち

First, there are those who consider the whole passage as spurious.まず、スプリアスとして全体の通路を考える人々がいる。 The principal reasons for this view appear to be the following:このビューの主な理由は次のように表示されます。

Josephus could not represent Jesus Christ as a simple moralist, and on the other hand he could not emphasize the Messianic prophecies and expectations without offending the Roman susceptibilities;ヨセフスは、単純なモラリストとしてイエス·キリストを表すことができず、一方で彼はローマ感受性を怒らせずに救世主予言と期待を強調することができませんでした。

the above cited passage from Josephus is said to be unknown to Origen and the earlier patristic writers;ヨセフスから上記で引用通路が原産地と以前patristic作家にとって未知であると言われています。

its very place in the Josephan text is uncertain, since Eusebius (Hist. Eccl., II, vi) must have found it before the notices concerning Pilate, while it now stands after them.それが今ではそれらの後に立っている間ユーセビアス(hist. eccl。、II、VI)は、ピラトに関する通知の前にそれを見つけていなければならないのでJosephanテキスト内のその非常に場所は、不明である。

But the spuriousness of the disputed Josephan passage does not imply the historian's ignorance of the facts connected with Jesus Christ.しかし、係争Josephan通路のスプリアスは、イエス·キリストと接続事実の歴史家の無知を意味するものではありません。 Josephus's report of his own juvenile precocity before the Jewish teachers (Vit., 2) reminds one of the story of Christ's stay in the Temple at the age of twelve; the description of his shipwreck on his journey to Rome (Vit., 3) recalls St. Paul's shipwreck as told in the Acts; finally his arbitrary introduction of a deceit practised by the priests of Isis on a Roman lady, after the chapter containing his supposed allusion to Jesus, shows a disposition to explain away the virgin birth of Jesus and to prepare the falsehoods embodied in the later Jewish writings.ローマへの彼の旅行で彼の難破船の説明(ビタミン、3);ユダヤ人の教師(ビタミン、2)の前に、彼自身の少年早熟のヨセフスの報告書では、12歳の時に寺のキリストの滞在の物語の1を思い出させるローマの女性にイシスの司祭たちによって実践偽りの最後に彼の任意の導入、章では、イエス·キリストに彼のはずのほのめかしを含む後、イエスの処女懐胎を言い逃れ処分を示しています。聖パウロ難破は行為で語らリコールおよびそれ以降のユダヤ人の文章で具体嘘を調製した。

Those who regard the passage as authentic, with some spurious additionsいくつかのスプリアスの追加と、本物のように通路を考える人たち

A second class of critics do not regard the whole of Josephus's testimony concerning Christ as spurious but they maintain the interpolation of parts included above in parenthesis.批評家の第二のクラスは、スプリアスとしてキリストに関するヨセフスの証言の全体を考えていないが、彼らは括弧内の上記に含まれる部分の補間を維持します。 The reasons assigned for this opinion may be reduced to the following two:この意見のために割り当てられた理由は、以下の2つに減らすことができる:

Josephus must have mentioned Jesus, but he cannot have recognized Him as the Christ; hence part of our present Josephan text must be genuine, part must be interpolated.ヨセフスはイエスに言及しておく必要がありますが、彼はキリストとして彼を認識していることはできません。それ故に、私たちの現在のJosephanテキストの一部が本物でなければならず、一部が補間さ​​れている必要があります。

Again, the same conclusion follows from the fact that Origen knew a Josephan text about Jesus, but was not acquainted with our present reading; for, according to the great Alexandrian doctor, Josephus did not believe that Jesus was the Messias ("In Matth.", xiii, 55; "Contra Cels.", I, 47).のために、偉大なアレクサンドリアの医師によると、ヨセフスイエスはMatthでのmessias( "だったことを信じていませんでした、もう一度、同じ結論が原産地イエスについてJosephanテキストを知っていたが、私たちの現在の読み値と知り合いにされなかったという事実から続きます。 "、13、55;"コントラ設定資料集 "と、私は、47)。

Whatever force these two arguments have is lost by the fact that Josephus did not write for the Jews but for the Romans; consequently, when he says, "This was the Christ", he does not necessarily imply that Jesus was the Christ considered by the Romans as the founder of the Christian religion.ヨセフスは、ユダヤ人のためではなくローマ人への手紙のために書いていないという事実によって失われたものは何でも力これら二つの引数、結果的に、彼が言うとき、 "これはキリストだった"、彼は必ずしもイエスがキリストであると考えたことを意味するものではありませんキリスト教の宗教の創始者としてローマ人への手紙。

Those who consider it to be completely genuineそれは完全に本物であると考えている人

The third class of scholars believe that the whole passage concerning Jesus, as it is found today in Josephus, is genuine.学者の3つ目のクラスは、イエスに関する全体の通路が、それはヨセフス、今日見られるような、本物であることを信じています。 The main arguments for the genuineness of the Josephan passage are the following: Josephan通路の誠実さは主な議論は次のとおりです。

First, all codices or manuscripts of Josephus's work contain the text in question; to maintain the spuriousness of the text, we must suppose that all the copies of Josephus were in the hands of Christians, and were changed in the same way.まず、ヨセフスの仕事のすべてのCODECや写本は、問題のテキストが含まれています。テキストのスプリアスを維持するために、我々は、ヨセフスのすべてのコピーがキリスト教徒の手にあったと仮定しなければならず、同じ方法で変更されました。

Second, it is true that neither Tertullian nor St. Justin makes use of Josephus's passage concerning Jesus; but this silence is probably due to the contempt with which the contemporary Jews regarded Josephus, and to the relatively little authority he had among the Roman readers.第二に、それはテルトゥリアヌス​​も聖ジャスティンどちらもイエスに関するヨセフスの通路を利用していることは事実であるが、この沈黙は、おそらく現代のユダヤ人はヨセフスとみなしていると軽蔑し、彼はローマの読者の間で持っていた比較的小さな権威によるものである。 Writers of the age of Tertullian and Justin could appeal to living witnesses of the Apostolic tradition.テルトゥリアヌス​​とジャスティンの時代の作家は、ローマ教皇の伝統の生き証人にアピールすることができます。

Third, Eusebius ("Hist. Eccl"., I, xi; cf. "Dem. Ev.", III, v) Sozomen (Hist. Eccl., I, i), Niceph.第三に、ユーセビアス( "シーッEccl。"と、私は、XI;。CF "。DemのEV"、III、V)Sozomen(。チャンネルですEccl、i、i)は、Niceph。 (Hist. Eccl., I, 39), Isidore of Pelusium (Ep. IV, 225), St. Jerome (catal.script. eccles. xiii), Ambrose, Cassiodorus, etc., appeal to the testimony of Josephus; there must have been no doubt as to its authenticity at the time of these illustrious writers. (チャンネルですEccl、私は、39)、ペルシウムのイシドール(Ep. IV、225)、聖ジェローム(catal.scriptエクルズXIII。)、アンブローズ、カッシオドルス等、ヨセフスの証言にアピールし、存在これらの著名な作家の時点で、その信憑性に疑いとして行われていない必要があります。

Fourth, the complete silence of Josephus as to Jesus would have been a more eloquent testimony than we possess in his present text; this latter contains no statement incompatible with its Josephan authorship: the Roman reader needed the information that Jesus was the Christ, or the founder of the Christian religion; the wonderful works of Jesus and His Resurrection from the dead were so incessantly urged by the Christians that without these attributes the Josephan Jesus would hardly have been acknowledged as the founder of Christianity.第四に、イエスとしてヨセフスの完全な沈黙は、私たちが彼の現在のテキストで持っているよりも雄弁な証言だっただろうが、この後者は、そのJosephan原作者と互換性のないステートメントが含まれていない:ローマの読者は、イエスがキリストであることの情報を必要とするか、キリスト教の宗教の創始者、イエスと死んでから彼の復活の素晴らしい作品はそう絶え間なくこれらの属性なしJosephanイエスはほとんどキリスト教の創始者として認められていないだろうとキリスト教徒によって促された。

All this does not necessarily imply that Josephus regarded Jesus as the Jewish Messias; but, even if he had been convinced of His Messiahship, it does not follow that he would have become a Christian.しかし、彼は彼のmessiahshipを確信していた場合でも、それは彼がクリスチャンになっていただろうということにはなら​​ない、このすべてが、必ずしもそのヨセフスは、ユダヤ人のmessiasとしてイエスをみなさ意味するものではありません。 A number of possible subterfuges might have supplied the Jewish historian with apparently sufficient reasons for not embracing Christianity.可能subterfugesの数はキリスト教を受け入れていないため、明らかに十分な理由でユダヤ人の歴史を供給している可能性があります。

C. Other Jewish Sources C.その他のユダヤ人の源

The historical character of Jesus Christ is also attested by the hostile Jewish literature of the subsequent centuries.イエス·キリストの歴史上の人物も、その後の世紀の敵対的なユダヤ人の文学によって証明されています。 His birth is ascribed to an illicit ("Acta Pilati" in Thilo, "Codex apocryph. NT, I, 526; cf. Justin, "Apol.", I, 35), or even an adulterous, union of His parents (Origen, "Contra Cels.," I, 28, 32). The father's name is Panthera, a common soldier (Gemara "Sanhedrin", viii; "Schabbath", xii, cf. Eisenmenger, "Entdecktes Judenthum", I, 109; Schottgen, "Horae Hebraicae", II, 696; Buxtorf, "Lex. Chald.", Basle, 1639, 1459, Huldreich, "Sepher toledhoth yeshua hannaceri", Leyden, 1705). The last work in its final edition did not appear before the thirteenth century, so that it could give the Panthera myth in its most advanced form. Rosch is of opinion that the myth did not begin before the end of the first century.彼の誕生が違法に起因している(ティロで "聖人Pilati"、 "コーデックスapocryph NTでは、私、526;ますcfジャスティンは、"。Apol "と、私は、35)であっても、または両親の不倫、組合(原産地"Schabbath"、12、CFアイゼン、 "Entdecktes Judenthum"と、私は、109、。 "。コントラ設定資料集、"私、28、32)は、父親の名前はパンテーラ、共通の兵士(ゲマラ "サンヘドリン"、ⅧですSchottgen、 "Horae Hebraicae"、2世、696;ブクストルフ、 "。。レックスChald"、バーゼル、1639年、1459年、Huldreich、 "Sepher toledhothイェシュアhannaceri"、ライデン、1705)、その最終版の最後の仕事が表示されませんでした。 13世紀前なので、それはそれはその最も高度な形でパンテーラ神話を与えることができます。Roschは神話は最初の世紀の終わりの前に開始されなかったと考えている。

The later Jewish writings show traces of acquaintance with the murder of the Holy Innocents (Wagenseil, "Confut. Libr.Toldoth", 15; Eisenmenger op. cit., I, 116; Schottgen, op. cit., II, 667), with the flight into Egypt (cf. Josephus, "Ant." XIII, xiii), with the stay of Jesus in the Temple at the age of twelve (Schottgen, op. cit., II, 696), with the call of the disciples ("Sanhedrin", 43a; Wagenseil, op. cit., 17; Schottgen, loc. cit., 713), with His miracles (Origen, "Contra Cels", II, 48; Wagenseil, op. cit., 150; Gemara "Sanhedrin" fol. 17); "Schabbath", fol. (;アイゼン前掲、私、116; Schottgen、前掲、II、667。ワーゲンザイル "。Confut Libr.Toldoth"、15)、後のユダヤ人の文章は、神聖な罪の殺人罪で知人の痕跡を示すエジプトへの飛行(参照ヨセフス、 "Antのです。" XIII、13)と、12歳(Schottgen、前掲書、Ⅱ、696)の神殿のイエスのステー付きの呼び出しで彼の奇跡と、(原産地、 "コントラ設定資料集"、2世、48弟子(Schottgen、LOC CIT、713 "サンヘドリン"、43A;;ワーゲンザイル、前掲、17。);ワーゲンザイル、前掲、150。 ;ゲマラ "サンヘドリン" FOL 17); "Schabbath" FOL。 104b; Wagenseil, op.cit., 6, 7, 17), with His claim to be God (Origen, "Contra Cels.", I, 28; cf. Eisenmenger, op. cit., I, 152; Schottgen, loc. cit., 699) with His betrayal by Judas and His death (Origen, "Contra cels.", II, 9, 45, 68, 70; Buxtorf, op. cit., 1458; Lightfoot, "Hor. Heb.", 458, 490, 498; Eisenmenger, loc. cit., 185; Schottgen, loc. cit.,699 700; cf. "Sanhedrin", vi, vii). 104bは、ワーゲンザイル、前掲書、6、7、17)、彼は神(原産地、 "コントラ資料集。"と、私は、28であると主張するとともに、。CFアイゼン、前掲、私、152;。Schottgen、 。LOC CIT、699)ユダと彼の死によって彼の裏切り(原産地、 "コントラ資料集。"、2世、9、45、68、70と;。ブクストルフ、前掲、1458;ライトフット、 "ホルヘブル。 "、458、490、498、アイゼン、locのCIT、185;。Schottgen、LOC CIT、699 700;ますcf。"サンヘドリン "、VI、VII)。 Celsus (Origen, "Contra Cels.", II, 55) tries to throw doubt on the Resurrection, while Toldoth (cf. Wagenseil, 19) repeats the Jewish fiction that the body of Jesus had been stolen from the sepulchre. Toldoth(参照ワーゲンザイル、19)がイエスの遺体が墓から盗まれていたユダヤ人の作り話を繰り返しながら、ケルスス(原産地、 "コントラ資料集。"、2世、55)が、復活に疑問を投げしようとします。

III. Ⅲ。 CHRISTIAN SOURCESキリスト教のソース

Among the Christian sources of the life of Jesus we need hardly mention the so called Agrapha and Apocrypha.イエスキリストの生涯のキリスト教のソースの中で私達が必要とするほとんどのいわゆるアグラファと外典に言及していません。 For whether the Agrapha contain Logia of Jesus, or refer to incidents in His life, they are either highly uncertain or present only variations of the Gospel story.アグラファはイエスの複数形が含まれているか、彼の生活の中で事件を参照しているかどうかのために、彼らは、福音書の物語のどちらかの不確実性の高い、または本のみのバリエーションです。 The chief value of the Apocrypha consists in their showing the infinite superiority of the Inspired Writings by contrasting the coarse and erroneous productions of the human mind with the simple and sublime truths written under the inspiration of the Holy Ghost.外典のチーフ価値は、その聖霊のインスピレーションの下で書かれたシンプルかつ崇高な真理を、人間の心の粗い、誤った制作を対比文章に触発され、無限の優越性を示すことにある。

Among the Sacred Books of the New Testament, it is especially the four Gospels and the four great Epistles of St. Paul that are of the highest importance for the construction of the life of Jesus.新約聖書の神聖な書籍の中でも、特に4福音書とイエスキリストの生涯の建設のための最も重要なものである聖パウロの4大書簡です。

The four great Pauline Epistles (Romans, Galatians, and First and Second Corinthians) can hardly be overestimated by the student of Christ's life; they have at times been called the "fifth gospel"; their authenticity has never been assailed by serious critics; their testimony is also earlier than that of the Gospels, at least most of the Gospels; it is the more valuable because it is incidental and undesigned; it is the testimony of a highly intellectual and cultured writer, who had been the greatest enemy of Jesus, who writes within twenty-five years of the events which he relates. 4偉大なパウロの書簡は(ローマ人への手紙、ガラテヤ人への手紙と、第1および第2コリント書)はほとんどキリストの生涯の学生によって過大評価することはできません、彼らは常に "第五福音書"と呼ばれてきた、彼らの信憑性は、深刻な批評家に襲われたことがない、彼らの証言は、福音書の少なくともほとんどまた、以前の福音のそれよりも、それが偶発的かつ計画的でないので、それはそれ以上の価値がある、それはイエスの最大の敵であった非常に知的、培養作家の証言であり、人は、彼が関係するイベントの25年以内に書き込みます。 At the same time, these four great Epistles bear witness to all the most important facts in the life of Christ: His Davidic descent, His poverty, His Messiahship, His moral teaching, His preaching of the kingdom of God, His calling of the apostles, His miraculous power, His claims to be God, His betrayal, His institution of the Holy Eucharist, His passion, crucifixion, burial, resurrection, His repeated appearances (Romans 1:3-4; 5:11; 8:2-3; 8:32; 9:5; 15:8; Galatians 2:17; 3:13; 4:4; 5:21; 1 Corinthians 6:9; 13:4; etc.).同時に、これらの4つの偉大な書簡は、キリストの生涯のすべての最も重要な事実を証言:彼davidic降下、彼の貧困、彼のmessiahship、彼の道徳教育、神の王国の彼の説教は、使徒の天職を、彼の奇跡的な力は、彼の主張の神となるために、彼の裏切り、聖体の彼の機関は、彼の情熱、はりつけ、埋葬、復活、彼の繰り返さ出演(ローマ人への手紙1:3-4; 5:11; 8:2-3 、8時32分、午前9時05分、15時08、ガラテヤ人への手紙2時17分、3時13分、4時04、午前5時21分、1コリント6時09分、午後01時04分、等)。 However important the four great Epistles may be, the gospels are still more so.しかし四大書簡かもしれない重要なことは、福音書には、なおさらである。 Not that any one of them offers a complete biography of Jesus, but they account for the origin of Christianity by the life of its Founder.それらのいずれかは、イエスの完全な伝記を提供していますが、彼らはその創始者の生活によってキリスト教の起源を説明できないことを。 Questions like the authenticity of the Gospels, the relation between the Synoptic Gospels, and the Fourth, the Synoptic problem, must be studied in the articles referring to these respective subjects.福音書の信ぴょう性、共観福音書との関係、そして第四のような質問は、共観福音書の問題は、これらのそれぞれの科目を参考に記事で勉強しなければなりません。

Publication information Written by AJ Maas. AJマースによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Joseph P. Thomas.ジョセフPトーマス転写されています。 In Memory of Archbishop Mathew Kavukatt The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.大司教マシューKavukattカトリックの百科事典、ボリュームⅧ偲んで。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク


Also, see:また、参照してください:
Sequential Life of Jesus, from the Gospels 福音書からイエスのシーケンシャル生活、

Chronology of Jesus' Life (Catholic Article) イエス·キリストの生涯の年表(カトリック条)

Early Documents Regarding the History of Jesus' Life イエス·キリストの生命の歴史に関する初期の資料

39 Miracles Performed by Jesus イエスによって実行される39の奇跡

Around 100 OT Prophecies Fulfilled by Jesus イエスによって満たさ約100 ot予言

Sequence of all important in Christianity キリスト教では、すべての重要な一連の

Date of Birth of Jesus, by several Analytical Methods いくつかの分析方法によって、イエス様の生年月日、


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです