Book of Jubilees本jubilees

Catholic Information カトリックの情報

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
(ta Iobelaia). (TA Iobelaia)。 An apocryphal writing, so called from the fact that the narratives and stories contained in it are arranged throughout in a fanciful chronological system of jubilee-periods of forty-nine years each; each event is recorded as having taken place in such a week of such a month of such a Jubilee year.ので、それに含まれている物語とストーリーは49年の記念祭 - 期間それぞれの架空系列システム内全体に配置されているという事実から呼び出さ作り話執筆;各イベントはそのようなもののような週に行われたものとして記録されているこのようなジュビリー月です。 The author assumes an impossible solar year of 364 days (ie twelve months of thirty days each, and four intercalary days) to which the Jewish ecclesiastical year of thirteen months of twenty-eight days each exactly corresponds.著者はその28日間の13ヶ月それぞれのユダヤ教会の年が正確に対応する(30日間それぞれ、および4うるう日、すなわち12ヶ月)364日の不可能太陽年を想定しています。 The whole chronology, for which the author claims heavenly authority, is based upon the number seven.著者は天の権威を主張するために全体の年表は、数7に基づいています。 Thus the week had 7 days; the month 4x7=28; the year 52x7=364; the year week 7 years; and the Jubilee 7x7=49.したがって、週7日を持っていました;月4x7 = 28;年間52x7 = 364;年間週7年、そしてジュビリー7x7の= 49。 It is also called "Little Genesis" (he Lepte Genesis), or "Lepto-Genesis," not on account of its size, for it is considerably larger than the Canonical Genesis, but owing to its minor or inferior authority as compared with the latter.また、それはCanonicalの創世記よりもかなり大きいため、しかし、そのせいでマイナーまたは劣っ権威へと比べてではなく、その大きさのアカウントの "リトル創世記"(彼Lepte創世記)、または "少しの創世記"と呼ばれ、後者。 It is also called "Apocalypse of Moses," "The Life of Adam," and in Ethiopic it is called "Kufale."また、 "モーセの黙示録"、 "アダムの生活、と呼ばれる"とエチオピアではそれが呼ばれる "Kufale。" In the "Decretum Gelasianum" concerning the canonical and apocryphal books of Scripture, we find among the apocrypha a work entitled "Liber de filiabus Adae Leptogenesis" (Book of the daughters of Adam Little Genesis), which is probably a combination of two titles belonging to two separate works. "Decretum Gelasianum"啓典のカノニカルと作り話の書籍に関しては、我々は外典の中でおそらく属する2つのタイトルの組み合わせである "自由·デfiliabus Adae Leptogenesis"(アダムリトル創世記の娘の本)と題する作品を見つける2つの独立した作品に。 The book is also mentioned by Jerome, in his Epistle "ad Fabiolam," in connection with the name of a place called Rissa (Numbers 33:21), and by Epiphanius and by Didymus of Alexandria, which shows that it was well known both in the East and in the West.本はまた、両方のことはよく知られていたことを示している、ジェロームによって、彼の信徒の "広告Fabiolam、"ミツユビカモメ属(数字33:21)と呼ばれる場所の名前と関連して、そしてエピファニオスとアレキサンドリアの双子によって言及されている東と西インチ The Book of Jubilees was originally written in Hebrew and, according to Charles ("Book of Jubilees," London, 1902), partly in verse; but it has come down to us in its complete form only in Ethiopic, and also in various fragments, Greek and Latin. jubilees本は、もともとヘブライ語で書かれており、チャールズ( "本のjubilees、"ロンドン、1902)によれば、部分的に詩が、それはエチオピアで、また様々な断片でのみ完全な形で私たちに降りてくる、ギリシャ語とラテン語。 The Ethiopic text was first edited by Dillmann in 1859 ("Kufale sive Liber Jubilaeorum, aethiopice ad duorum librorum manuscriptorum fidem, primum edidit Dillmann," Kiel, 1859), who in 1850-51 had already published a German version of it in Ewald's "Jahrbücher der Biblischen Wissenschaft," vol.エチオピアのテキストは、1850年から1851年にはすでにエワルドの "でのドイツ語版を出版した1859年にディルマン(" Kufale sive LIBER Jubilaeorum、aethiopice広告duorum librorum manuscriptorum fidem、一次中ediditディルマン、 "キール、1859)によって最初に編集されたJahrbücherデアBiblischen Wissenschaft、 "VOL。 II, 1850, pp. 230-256; vol. Ⅱ、1850、頁230から256; VOL。 III, 1851, pp.1-96. Ⅲ、1851、pp.1-96。 The incomplete Latin version was first discovered and edited in 1861, by the late Monsignor Ceriani, prefect of the Ambrosiana, in his "Monumenta Sacra et Profana," vol.不完全なラテンバージョンが最初に1861年に発見され、編集された、故モンシニョールCerianiによって、彼の "MonumentaサクラらProfana、" VOLで、アンブロの知事。 I, fasc.私は、fasc。 I, pp. 15-54.私は、頁15から54。 The Greek fragments are scattered in the writings of various Byzantine chroniclers such as Syncellus, Cedrenus, Zonoras, and Glycas.ギリシャ語の断片は、Syncellus、Cedrenus、Zonoras、そしてGlycasなど、様々なビザンチン様式の年代記の執筆に点在しています。 The incomplete Latin version, which like the Ethiopic was made from the Greek, was re-edited in 1874 by Rönsch, accompanied with a Latin rendering by Dillmann of the corresponding portion in the Ethiopic version, with a very valuable commentary and several excursus ("Das Buch der Jubiläen oder die kleine Genesis etc.," Leipzig, 1874).エチオピア語のようにギリシャ語から作られた不完全なラテンバージョンは、非常に貴重な解説や、いくつかの補説( "と、エチオピアのバージョンで対応する部分のディルマンによってラテンレンダリングに伴うRönschによって1874年に再編集されました。 dasブーフ·デア·オーデルJubiläenダイ·クライネ·ジェネシス等、 "ライプツィヒ、1874)。 In 1900 Dr. Littmann published a newer German version of the Ethiopic text in Kautzsch's "Apocryphen und Pseudoepigraphen," 3rd ed., vol. 1900年に博士リットマンはカウチの "ApocryphenウントPseudoepigraphen、"第三編、VOLのエチオピアのテキストの新しいドイツ語版を出版した。 III, pp. 274 sqq., and, in 1888, Dr. Schodde published the first English version of the book ("Book of Jubilees," Oberlin, Ohio, 1888). Ⅲ、頁274 sqq名。、及び、1888年には、博士Schoddeは本( "本のjubilees、"オバーリン、オハイオ州、1888年)の最初の英語版を公開しました。 In 1895 the Ethiopic text was re-edited in a revised form by Charles, and by him translated into English in 1893-5 in the "Jewish Quarterly Review" (Oct., 1893, July, 1894, January, 1895), and subsequently in a separate volume with many additional notes and discussions ("The Book of Jubilees," London, 1902). 1895年にエチオピアのテキストはチャールズによって改訂された形で再編集された、と彼は "ユダヤ人の四半期レビュー"(10月、1893年7月、1894年1月、1895年)に1893から5で英語に翻訳され、その後多くの付加的なノートとの議論( "本のjubilees、"ロンドン、1902)とは別のボリュームインチ A French translation is promised by the Abbé F. Martin, professor of Semitic languages at the Catholic Institute of Paris, in his valuable collection entitled "Documents pour l'Etude de la Bible."フランス語の翻訳が題する彼の貴重なコレクションにアッベ·F·マーティン、パリのカトリック大学でユダヤ人の言語学の教授が約束されている "資料デラ聖書L'エチュード注ぐ。" The contents of the Book of Jubilees deal with the facts and events related in the canonical Book of Genesis, enriched by a wealth of legends and stories which had arisen in the course of centuries in the popular imagination of the Jewish people, and written from the rigid Pharisaic point of view of the author and of his age; and as the author seeks to reproduce the history of primitive times in the spirit of his own day, he deals with the Biblical text in a very free fashion. jubilees本の内容は、ユダヤ人の人々の人気の想像力で何世紀もの過程で生じていた伝説や物語の富によって豊か創世正規の予約、、に関連する事実やイベントに対処するとの書面による作家の視点と彼の年齢の剛体pharisaicのポイント、そして、著者は彼自身の日の精神で、原始時代の歴史を再現しようとして、彼は非常に自由なファッションの聖書のテキストを扱っています。 According to him, Hebrew was the language originally spoken by all creatures, animals and man, and is the language of Heaven.彼によると、ヘブライ語は、もともとすべての生き物、動物や人間によって話される言語であり、天の言語です。 After the destruction of the tower of Babel, it was forgotten until Abraham was taught it by the angels.アブラハムは天使によってそれを教えたまでバベルの塔を破壊した後、それが忘れられていた。 Henoch was the first man initiated by the angels in the art of writing, and wrote down, accordingly, all the secrets of astronomy, of chronology, and of the world's epochs.ヘーノホは執筆の芸術に天使によって開始された最初の人だった、と書いた、それに応じて、天文学のすべての秘密を、年表の、そして世界のエポックの。 Four classes of angels are mentioned, viz.天使の4つのクラスは、すなわちを言及されている。 angels of the presence, angels of sanctifications, guardian angels over individuals, and angels presiding over the phenomena of nature.存在の天使は、sanctifications、個人以上の守護天使と天使の天使たちは、自然の現象を主宰。 As regards demonology the writer's position is largely that of the New Testament and of the Old-Testament apocryphal writings.に関しては悪魔のように作家の立場は、その大部分は新約聖書と旧約聖書 - 作り話の文章です。 All these legendary details, it claims, were revealed by God to Moses through the angel of the presence (probably Michael) together with the Law, all of which was originally known to but few of the Old Testament patriarchs, such as Henoch, Methusala, Noah, Shem, Abraham, Isaac, Jacob, and Levi.すべてのこれらの伝説的な詳細は、それが主張し、そのようなヘーノホ、Methusalaとして、もともと知られていたが、旧約聖書の族長のいくつかされましたすべてが、法律と一緒に(おそらくマイケル)の存在の天使を通してモーセに神によって明らかにされたノア、セム、アブラハム、イサク、ヤコブ、そしてレビ。 It is somewhat difficult to determine the particular Judaistic school its author belonged to; he openly denies the resurrection of the body; he does not believe in the written tradition; he does not reprobate animal sacrifices, etc. .それは、その著者が所属特定Judaistic学校を決定するために、やや困難であり、彼は公然と体の復活を否定し、彼が書かれた伝統を信じていない、彼は神に見捨てられた動物の犠牲をしない、など。 . . and the fact that he wrote in Hebrew excludes the hypothesis of his Hellenistic tendencies.そして彼は、ヘブライ語で書いたという事実は、彼のヘレニズム傾向の仮説を除外している。 Equally untenable is the hypothesis advanced by Beer, that he was a Samaritan, for he excludes Mount Garizim, the sacred mount of the Samaritans from the list of the four places of God upon earth, viz.平等に理不尽彼はマウントGarizim、地球、すなわち時の神の4つの場所のリストからサマリア人の神聖なマウントを除外するために彼は、サ​​マリア人であったこと、ビールが進ん仮説である。 the Garden of Eden, the Mount of the East, Mount Sinai, and Mount Sion.エデンの園、東、シナイ山、そしてシオンの山。 If the author belonged to any particular school he must have been in all probability a Pharisee (Hasidaean) of the most rigid type of the time of John Hyrcanus, in whose reign scholars generally agree the book was written (135-105 BC).著者は、特定の学校に属していたならば、彼はすべての確率でジョンhyrcanusの時間の中で最も硬質タイプのパリサイ人(Hasidaean)されている必要があり、その治世の学者は、一般的に本が(135から105紀元前に)書かれていたことに同意します。 Dr. Headlam suggests that the author was a fervent opponent of the Christian Faith (see Hastings, "Dictionary of the Bible").ヘッドラム博士は、著者は、キリスト教の信仰の熱烈な相手(ヘイスティングスを参照して、 "聖書辞典")であることが示唆された。 But if the author, as it is suggested in this rather improbable hypothesis, lived in early Christian times, he must have written his book before the fall of Jerusalem and the destruction of the Temple, since the latter is assumed throughout to be still in existence as the great center of Jewish worship.それはこのかなりありそうな仮説で提案されているように、著者は、初期キリスト教時代に住んでいた場合、後者はまだ存在しているように全体に想定されますので、しかし、彼は、エルサレムと神殿の破壊の秋の前に彼の本を書かれている必要がありますユダヤ教の礼拝の中心地として素晴らしい。 Publication information Written by Gabriel Oussani.ガブリエルOussaniによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Alison S. Britton.アリソンS.ブリットン転写されています。 For the Triumph of the Immaculate Heart of Mary The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.メアリーカトリックの百科事典、ボリュームⅧの汚れなき御心の勝利のために。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York Bibliography Besides the literature mentioned in the body of the article, see the various articles on the subject in the Dictionaries of the Bible, and especially Schürer's History of the Jewish People in the Time of Christ, tr., V, 134-141.記事の本文に記載されている文献のほかにニューヨーク書誌+ジョン枢機卿ファーリー、大司教、聖書の辞書の被写体に様々な記事を見て、キリスト、trの時間におけるユダヤ人の人々、特にシューラーの歴史。、V、134から141まで。

This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです