Judas Iscariotイスカリオテのユダ

General Information 一般的な情報

Judas Iscariot was the Apostle who betrayed Jesus Christ to the authorities.イスカリオテのユダは、当局にイエス·キリストを裏切った使徒だった。 According to Matthew 27:4, Judas, distraught over Jesus' condemnation, returned his reward of 30 pieces of silver and hanged himself.マタイ27:4、ユダ、イエスの非難以上取り乱しによると、銀の30枚の彼の報酬を返して首を吊っ。 According to Acts 1:18, Judas bought a field with the money, but fell headlong in it, injured himself, and died.行為1時18分によると、ユダはお金でフィールドを買ったが、その中に真っ逆さまに落ち、自分自身を負傷し、死亡した。 His surname may indicate that he belonged to the Sicarii, a radical political group.彼の姓は、彼がSicarii、急進的な政治グループに属していたことを示す場合があります。

Bibliography: Gartner, Bertil, Iscariot (1971); Schaumberg, EL, Judas (1981).参考文献:ガートナー、BERTIL、イスカリオテ(1971); Schaumberg、EL、ユダ(1981)。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Judas Iscariotイスカリオテのユダ

Catholic Information カトリックの情報

The Apostle who betrayed his Divine Master.彼の神のマスターを裏切った使徒。 The name Judas (Ioudas) is the Greek form of Judah (Hebrew "praised"), a proper name frequently found both in the Old and the New Testament.名前ユダ(Ioudas)はユダのギリシャのフォーム(ヘブライ語で "賞賛")、頻繁に両方の旧約と新約で見つかった適切な名前です。 Even among the Twelve there were two that bore the name, and for this reason it is usually associated with the surname Iscariot [Hebrew "a man of Kerioth" or Carioth, which is a city of Judah (cf. Joshua 15:25)].でも、十二間の名義を有する2がありました、この理由のためにそれは通常、姓イスカリオテ[ユダの街(cf.ジョシュア15時25分)であるか、またはCariothヘブライ語 "Keriothの男"、]に関連付けられている。 There can be no doubt that this is the right interpretation of the name, though the true origin is obscured in the Greek spelling, and, as might be expected, other derivations have been suggested (eg from Issachar).真の起源はギリシャ語のスペルに隠されている、と、予想できるように、他の派生が(イッサカルからなど)が提案されてきたけれども、これは、名前の正しい解釈であることは疑いの余地があってはなりません。

Very little is told us in the Sacred Text concerning the history of Judas Iscariot beyond the bare facts of his call to the Apostolate, his treachery, and his death.非常に小さな裸の使徒彼のコールの事実、彼の裏切り、そして彼の死を越えてイスカリオテのユダの歴史に関する神聖なテキストで私たちに伝えられています。 His birthplace, as we have seen, is indicated in his name Iscariot, and it may be remarked that his origin separates him from the other Apostles, who were all Galileans.彼の生家は、我々が見てきたように、彼の名前イスカリオテで示されており、それは彼の原点はすべてのガリラヤ人であった他の使徒から彼を隔てるないと言われています。 For Kerioth is a city of Judah. Keriothためにユダの都市です。 It has been suggested that this fact may have had some influence on his career by causing want of sympathy with his brethren in the Apostolate.それは、この事実は使徒で兄弟たちと共感したい引き起こすことによって彼のキャリアに何らかの影響を及ぼしている可能性が示唆されている。 We are told nothing concerning the circumstances of his call or his share in the ministry and miracles of the Apostles.我々は彼の呼びかけや省庁と使徒の奇跡で彼の株の状況について何も言われません。 And it is significant that he is never mentioned without some reference to his great betrayal.そして、それは彼が彼の偉大な裏切りにいくつかの参照なしに述べられていないことは重要である。 Thus, in the list of the Apostles given in the Synoptic Gospels, we read: "and Judas Iscariot, who also betrayed him".したがって、共観福音書で与えられた使徒のリストに、私たちを読む: "また、イエスを裏切ったイスカリオテのユダ"。 (Matthew 10:4. Cf. Mark 3:19; Luke 6:16). (マタイ午前10時04 Cfのマーク3時19分;ルカ6:16)。 So again in St. John's Gospel the name first occurs in connection with the foretelling of the betrayal: "Jesus answered them: Have not I chosen you twelve; and one of you is a devil? Now he meant Judas Iscariot, the son of Simon: for this same was about to betray him whereas he was one of the twelve" (John 6:71-2).だから再び聖ヨハネの福音書にある名前は、最初の裏切りの予告に関連して発生します私はあなたの12を選択していない、とあなたがたのうちのひとりは悪魔である今、彼はイスカリオテのユダ、シモンの息子を意味: "イエスは彼らに答えた? :これと同じのため、彼は12の一人だったのに対し(ヨハネ6:71-2) "彼を裏切るとしていたところだった。

In this passage St. John adds a further particular in mentioning the name of the traitor Apostle's father, which is not recorded by the other Evangelists.この通路は聖ヨハネは、他の伝道者によって記録されていない裏切り者の使徒の父の名前を言及し、さらなる特定を追加します。 And it is he again who tells us that Judas carried the purse.そしてそれは、ユダが財布を運んだことを教えてくれる人、再び彼です。 For, after describing the anointing of Christ's feet by Mary at the feast in Bethania, the Evangelist continues:ベタニアの饗宴でメアリーによってキリストの足の油注ぎを記述した後、エバンジェリストが続くが、この場

Then one of his disciples, Judas Iscariot, he that was about to betray him, said: 'Why was not this ointment sold for three hundred pence, and given to the poor?'その後、彼を裏切るとしていた彼の弟子の一人で、イスカリオテのユダは、彼は、言った: "なぜ、この香油を300ペンスで売られて、貧しい人たちに与えられませんでした?" Now he said this, not because he cared for the poor; but because he was a thief, and having the purse, carried the things that were put therein (John 12:4-6).今、彼は彼が貧しい人々のための世話をしていないので、このことを言ったが、彼は泥棒だった、と財布を持っているので、(ヨハネ12:4-6)その中に置かれたものを運んだ。

This fact that Judas carried the purse is again referred to by the same Evangelist in his account of the Last Supper (13:29).ユダが財布を運んだこの事実は、再び最後の晩餐(13:29)の自分のアカウントで同じエバンジェリストと呼ばれています。 The Synoptic Gospels do not notice this office of Judas, nor do they say that it was he who protested at the alleged waste of the ointment.共観福音書では、ユダのこのオフィスに気づくことはありません、そして、彼らはそれが軟膏の嫌疑のかかっている廃棄物に抗議したのは彼だったと言うか。 But it is significant that both in Matthew and Mark the account of the anointing is closely followed by the story of the betrayal:しかし、それは油注ぎのアカウントマシューとマークの両方が密接に裏切りの物語が続いていることは重要である:

Then went one of the twelve, who was called Judas Iscariot, to the chief priests, and said to them: What will you give me, and I will deliver him unto you?それからイスカリオテのユダと呼ばれていた12、の一つは祭司長たちに、行って、彼らに言った:あなたは私に何を与えるだろう、と私はあなたがたに彼を提供するのか。 (Matthew 26:14-5) (マタイ26:14-5)

And Judas Iscariot, one of the twelve, went to the chief priests, to betray him to them.とイスカリオテのユダ、12の1は彼らに彼を裏切るように、祭司長たちのところに行ってきました。 Who hearing it were glad; and they promised him they would give him money.誰聴力それが嬉しかったので、彼らは、彼らは彼にお金を与えるであろう彼を約束した。 (Mark 14:10-1) (マーク14:10-1)

In both these accounts it will be noticed that Judas takes the initiative: he is not tempted and seduced by the priests, but approaches them on his own accord.彼は司祭に誘惑と誘惑されていませんが、自分自身の合意の上に近づく:両方のこれらのアカウントではユダがイニシアチブを取ることが注目される。

St. Luke tells the same tale, but adds another touch by ascribing the deed to the instigation of Satan:聖ルカは同じ物語を告げたが、悪魔の扇動に証書をascribingによって別のタッチを追加します:

And Satan entered into Judas, who was surnamed Iscariot, one of the twelve.そしてサタンはイスカリオテ、12のいずれかをされた〜という名字のユダに入った。 And he went, and discoursed with the chief priests and the magistrates, how he might betray him to them.そして、彼は行き、祭司長たちや、彼はそれらに彼を裏切るかもしれないか判事とdiscoursed。 And they were glad, and convenanted to give him money.そして、彼らは喜び、彼にお金を与えることconvenanted。 And he promised.と彼は約束した。 And he sought opportunity to betray him in the absence of the multitude.そして、彼は多数の不在で彼を裏切る機会を求めていました。 (Luke 22:3-6) (ルカ22:3-6)

St. John likewise lays stress on the instigation of the evil spirit: "the devil having now put into the heart of Judas Iscariot, the son of Simon, to betray him" (13:2).聖ヨハネは、同様に、悪霊の扇動にストレスを産​​む:(13時02分) "悪魔は今、彼を裏切るように、イスカリオテのユダ、シモンの息子の心の中に入れた"。 The same Evangelist, as we have seen, tells of an earlier intimation of Christ's foreknowledge of the betrayal (John 6:71-2), and in the same chapter says expressly: "For Jesus knew from the beginning, who they were that did not believe, and who he was, that would betray him" (6:65).同じエバンジェリストは、我々が見てきたように、裏切りのキリストの先見(ヨハネ6:71-2)以前の暗示を伝え、同じ章で明示的に書かれています: "イエスは、彼らがしたことはあった初めから知っていたためと信じて、彼が誰であるか、それは(6:65) "彼を裏切るあるわけではありません。 But he agrees with the Synoptics in recording a more explicit prediction of the treachery at the Last Supper: "When Jesus had said these things, he was troubled in spirit; and he testified, and said: Amen, amen I say to you, one of you shall betray me" (John 12:21).イエスはこれらのことを言っていたとき、彼は精神で悩んでいた "と彼は証言した、と言った:しかし、彼は最後の晩餐での裏切り、より明示的な予測を記録するのsynopticsに同意アーメン、アーメン、私は1、あなたがたに告げます。あなたのことを(ヨハネ12:21) "私を裏切るものとします。 And when St. John himself, at Peter's request, asked who this was, "Jesus answered: He it is to whom I shall reach bread dipped. And when he had dipped the bread, he gave it to Judas Iscariot, the son of Simon. And after the morsel, Satan entered into him. And Jesus said to him: That which thou dost, do quickly. Now no man at the table knew to what purpose he said this unto him. For some thought, because Judas had the purse, that Jesus said to him: Buy those things which we have need of for the festival day: or that he should give something to the poor" (12:26-9).と聖ヨハネ自身が、ピーターの要求に応じて、イエスは答えて、 "これは誰だと尋ねられたとき:彼はそれは私がパンを浸到達しなければならない誰にであり、彼はパンを浸していたとき、彼はイスカリオテのユダ、シモンの息子にそれを与えた。 。そして一口の後、サタンが彼の中に入り、イエスは彼に言われた。どのなたドースト、迅速に行うようになったのでテーブルでない男は、彼が彼にこのことを言ったことを目的に知っていたいくつかの考えでは、ユダが財布を持っていたので。 、イエスは彼に言われたこと:私たちはお祭りの日のための必要としているそれらのものを購入するか、または彼が貧しい人々に何かを与えるべきであること "(12:26-9)。 These last details about the words of Jesus, and the natural surmise of the disciples, are given only by St. John.イエスの言葉は、弟子の自然な憶測、約これらの最後の詳細情報は、聖ヨハネによって与えられる。 But the prediction and the questioning of the disciples are recorded by all the Synoptics (Matthew 26; Mark 14; Luke 22).しかし、予測と弟子への疑問は、すべてのsynoptics(;マルコ14、ルカ22マタイによる福音書26)で記録されます。 St. Matthew adds that Judas himself asked, "Is it I, Rabbi?"マタイは、ユダ自身が "それは先生、私ですか?"と付け加えている and was answered: "Thou hast said it" (26:25).と答えていた:(26:25) "なたはそれを言った。"

All four Evangelists agree in regard to the main facts of the actual betrayal which followed so closely on this prediction, and tell how the traitor came with a multitude or a band of soldiers from the chief priests, and brought them to the place where, as he knew, Jesus would be found with His faithful disciples (Matthew 26:47; Mark 14:43; Luke 22:47; John 18:3).すべての4つの伝道者は、この予測に非常に密接に続く実際の裏切りの主な事実に関して同意し、裏切り者が群衆や祭司長たちからの兵士のバンドとなったのか教えて、と、のような場所に持ってきた彼は知っていた、イエスは彼の忠実な弟子(;マルコ午後2時43分、ルカ22:47、ヨハネ18時03マタイ26:47)で見つけられるでしょう。 But some have details not found in the other narratives.しかし、いくつかは、他の物語の詳細を発見していない。 That the traitor gave a kiss as a sign is mentioned by all the Synoptics, but not by St. John, who in his turn is alone in telling us that those who came to take Jesus fell backward to the ground as He answered "I am he."記号はすべてのsynopticsで言及されているように裏切り者がキスをしたことはなく、自分のターンで彼は "私は答えとしてイエスを取るために来た人たちが地面に後方に落ちたことを告げに一人である聖ヨハネによる彼。 " Again, St. Mark tells that Judas said "Hail, Rabbi" before kissing his Master, but does not give any reply.再び、聖マルコはユダは彼のマスターにキスする前に "あられ、ラビ"と述べたが、任意の応答を得られないことを伝えます。 St. Matthew, after recording these words and the traitor's kiss, adds: "And Jesus said to him: Friend, whereto art thou come:" (26:50).マタイは、これらの単語や裏切り者のキスを記録した後、追加されます: "そして、イエスは彼に言われた友人は、何のためにアート汝は来る:"(26:50)。 St. Luke (22:48) gives the words: "Judas, dost thou betray the Son of man with a kiss?"聖ルカ(22時48分)は言葉を与える: "ユダ、ドーストなたはキスで男の息子を裏切る?"

St. Matthew is the only Evangelist to mention the sum paid by the chief priests as the price of the betrayal, and in accordance with his custom he notices that an Old Testament prophecy has been fulfilled therein (Matthew 26:15; 27:5-10).マタイは裏切りの代償として祭司長たちが支払った合計を言及する唯一のエバンジェリストであり、彼の習慣に従って、彼は旧約聖書の予言が(マタイ26:15その中に満たされていることに気付く。27:5 - 10)。 In this last passage he tells of the repentance and suicide of the traitor, on which the other Gospels are silent, though we have another account of these events in the speech of St. Peter:この最後の通路では、彼は、我々は、聖ペテロの演説の中で、これらのイベントの別のアカウントを持っているが、後悔と他の福音書が沈黙しているしている裏切り者の自殺を語る:

Men, brethren, the scripture must needs be fulfilled, which the Holy Ghost spoke before by the mouth of David concerning Judas, who was the leader of them that apprehended Jesus: who was numbered with us, and had obtained part of this ministry.私たちと共に数えられており、このミニストリーの一部を得ていた:男性、兄弟は、聖書はニーズが聖霊がイエスを逮捕すること、それらのリーダーであったユダを、に関するダビデの口によって前に話している、満たされている必要があります。 And he indeed hath possessed a field of the reward of iniquity, and being hanged, burst asunder in the midst: and all his bowels gushed out.そして彼は本当に不義の報酬のフィールドを持っていた、と絞首刑にされ、真っ只中にバラバラに破裂かれら:と彼のすべての腸が噴出。 And it became known to all the inhabitants of Jerusalem: so that the same field was called in their tongue, Haceldama, that it to say, the field of blood.そしてそれは、エルサレムの全住民に知られるようになった:同じフィールドが血の分野では、それが言いたいことを自分の舌、Haceldamaで呼ばれていたように。 For it is written in the book of Psalms: Let their habitation become desolate, and let there be none to dwell therein.それは詩篇の書にしるされている場合:彼らの居住地が寂れるましょう、そこに住むためにnoneになりそこにしましょう​​。 And his bishopric let another take.そして、彼の司教は別のいきましょう。 (Acts 1:16-20. Cf. Psalm 68:26; 108:8) (使徒1:16-20 Cfの詩篇68:26;。108:8)

Some modern critics lay great stress on the apparent discrepancies between this passage in the Acts and the account given by St. Matthew.いくつかの近代的批評家は行為で、この通路と聖マタイによって与えられたアカウントの間に明らかな違いに大きなストレスを産​​む。 For St. Peter's words taken by themselves seem to imply that Judas himself bought the field with the price of his iniquity, and that it was called "field of blood" because of his death.自身で撮影した聖ペテロの言葉はユダ自身が自分の巣の価格でフィールドを買って、それが原因で彼の死の "血のフィールド"と呼ばれていたあることを意味するように見えるため。 But St. Matthew, on the other hand, says: "Then Judas, who betrayed him, seeing that he was condemned, repenting himself, brought back the thirty pieces of silver to the chief priests and ancients, saying: I have sinned in betraying innocent blood. But they said: What is that to us? Look thou to it. And casting down the pieces of silver in the temple, he departed: and went and hanged himself with an halter."しかし、マタイは、その一方で次のように述べています "その後、自分自身を悔い改め、彼は非難されているのを見て、イエスを裏切ったユダは、祭司長たちや、昔に戻って銀貨三十枚を持って来た、と言って:私は裏切りに罪を犯しました無実の血しかし、彼らは言った:?それは私たちには何かそれに汝を見て、神殿で銀の部分をダウンキャスト、彼は出発:と行って、ホルターネックで首を吊っ "。 After this the Evangelist goes on to tell how the priests, who scrupled to put the money in the corbona because it was the price of blood, spent it in buying the potter's field for the burial of strangers, which for this cause was called the field of blood.この後、エバンジェリストは、それが血液の価格だったのでcorbonaにお金を入れてscrupled司祭は、この原因をフィールドと呼ばれていた見知らぬ人の埋葬のために陶器師の畑を買って、それをどう使ったか言うことを続く血液の。 And in this St. Matthew sees the fulfillment of the prophecy ascribed to Jeremias (but found in Zechariah 11:12): "And they took the thirty pieces of silver, the price of him that was prized, whom they prized of the children of Israel. And they gave them unto the potter's field, as the Lord appointed to me" (Matthew 27:9, 10).そして、このマタイのイェレミアス(しかし、ゼカリヤ11時12分にあります)に帰さ預言の成就を見て: "彼らは銀貨三十枚、彼らの子供たちの珍重珍重された彼の値段を取った主は "私に任命された(マタイ27:9、10)としてイスラエル。そして彼らは、陶器師の畑かれを与えた。

But there does not seem to be any great difficulty in reconciling the two accounts.しかし、二つのアカウントを和解の任意の大きな困難があるように思えません。 For the field, bought with the rejected price of his treachery, might well be described as indirectly bought or possessed by Judas, albeit he did not buy it himself.間接的にユダによって購入し、又は所持するフィールドとしては、彼の裏切りの拒否された価格で買って、よく彼はそれを自分で買わなかったとはいえ、記述されているかもしれない。 And St. Peter's words about the name Haceldama might be referred to the "reward of iniquity" as well as the violent death of the traitor.と名前Haceldama約聖ペテロの言葉は "不義の報酬"と同様に裏切り者の非業の死と呼ばれることがあります。 Similar difficulties are raised as to the discrepancies in detail discovered in the various accounts of the betrayal itself.同様の困難が裏切り自体の様々なアカウントで発見詳細に食い違いとして提起されています。 But it will be found that, without doing violence to the text, the narratives of the four Evangelists can be brought into harmony, though in any case there will remain some obscure or doubtful points.しかし、それはどのような場合にいくつかのあいまいな、または疑わしい点が残っているでしょうがテキストに暴力をすることなく、4つの伝道の物語は、調和させることができる、ことを見つけられるでしょう。 It is disputed, for instance, whether Judas was present at the institution of the Holy Eucharist and communicated with the other Apostles.それは、ユダが聖体の機関で存在し、他の使徒と連通したかどうか、例えば、係争中である。 But the balance of authority is in favour of the affirmative.しかし、当局のバランスが肯定に賛成である。 There has also been some difference of opinion as to the time of the treachery.また裏切りの時間に関していくつかの意見の相違がありました。 Some consider that it was suddenly determined on by Judas after the anointing at Bethania, while others suppose a longer negotiation with the chief priests.いくつかは他の人が祭司長たちとの長い交渉を想定しながら、それが突然、ベタニアでそそぎ後にユダに決定されたことを考慮してください。

But these textual difficulties and questions of detail fade into insignificance beside the great moral problem presented by the fall and treachery of Judas.しかし、偉大な道徳的問題の横に無意味にこれらの原文の難しさとディテールフェードの質問はユダの秋と裏切りによって提示された。 In a very true sense, all sin is a mystery.非常に真の意味では、すべての罪は謎です。 And the difficulty is greater with the greatness of the guilt, with the smallness of the motive for doing wrong, and with the measure of the knowledge and graces vouchsafed to the offender.そして難易度が間違っているのための動機の小ささと、そして犯罪者にvouchsafed知識や美神の尺度で、罪悪感の偉大さと大きい。 In every way the treachery of Judas would seem to be the most mysterious and unintelligible of sins.あらゆる方法でユダの裏切り、罪の最も神秘的で理解不能であるように思えるでしょう。 For how could one chosen as a disciple, and enjoying the grace of the Apostolate and the privilege of intimate friendship with the Divine Master, be tempted to such gross ingratitude for such a paltry price?方法1は、弟子として選ばれており、使徒の恵みと神のマスターとの親密な友情の特権を享受し、そのような微々たる価格にかかる総恩知らずに誘惑される可能性があるため? And the difficulty is greater when it is remembered that the Master thus basely betrayed was not hard and stern, but a Lord of loving kindness and compassion.と難しさは、それがこのように卑劣に裏切られたマスターは、ハードと船尾ではなかったことを思い出しているときに大きいですが、優しさと思いやりを愛する主よ。 Looked at in any light the crime is so incredible, both in itself and in all its circumstances, that it is no wonder that many attempts have been made to give some more intelligible explanation of its origin and motives, and, from the wild dreams of ancient heretics to the bold speculations of modern critics, the problem presented by Judas and his treachery has been the subject of strange and startling theories.任意の光の中で見た犯罪は、それが多くの試みがその起源と動機のいくつかのより分かりやすい説明を与えるために作られ、そして、野生の夢からされていることも不思議ではないこと、それ自体とそのすべての状況で両方、とても信じられないです現代の批評家の大胆な憶測に古代の異端は、ユダと彼の裏切りによって提示された問題は、奇妙で驚くべき理論の対象となっている。 As a traitor naturally excites a peculiarly violent hatred, especially among those devoted to the cause or person betrayed, it was only natural that Christians should regard Judas with loathing, and, if it were possible, paint him blacker than he was by allowing him no good qualities at all.裏切り者が自然特に裏切ら原因や人に捧げられたものの中で、妙に暴力的な憎しみを励起するように、それはキリスト教徒は嫌悪とユダとみなすべきであることは自然なことでした、そして、それが可能だったら、彼に全く許さないことによって彼に彼があったより黒く塗る全然良い資質。 This would be an extreme view which, in some respects, lessens the difficulty.これは、いくつかの点で、難易度を軽減する、極端な見方であろう。 For if it be supposed that he never really believed, if he was a false disciple from the first, or, as the Apocryphal Arabic Gospel of the Infancy has it, was possessed by Satan even in his childhood, he would not have felt the holy influence of Christ or enjoyed the light and spiritual gifts of the Apostolate.それは彼が最初から偽の弟子であったならば、彼は本当に、信じられないことを想定することがあれば乳児の作り話アラビア語の福音書がそれを持っているとして、または、あっても、彼の子供の頃にサタンによって保有していたために、彼は神聖を感じなかっただろうキリストの影響や使徒の光と霊的な賜物を楽しんだ。

At the opposite extreme is the strange view held by the early Gnostic sect known as the Cainites described by St. Irenaeus (Adv. Haer., I, c. ult.), and more fully by Tertullian (Praesc. Haeretic., xlvii), and St. Epiphanius (Haeres., xxxviii).反対の極端ではテルトゥリアヌス​​(Praesc. Haeretic。、XLVII)によって聖エイレナイオスによって記述カインとして知られている初期のグノーシス派によって保持奇妙ビュー(Adv. Haer。、I、C。ULTは。)であり、より完全、聖エピファニオス(Haeres.、38)。 Certain of these heretics, whose opinion has been revived by some modern writers in a more plausible form, maintained that Judas was really enlightened, and acted as he did in order that mankind might be redeemed by the death of Christ.その意見は、より説得力のある形でいくつかの現代作家によって復活ユダは本当に悟りを開いたと主張し、彼は人類がキリストの死によって贖われるかもしれないために行ったように行動されています、これらの異端の特定 For this reason they regarded him as worthy of gratitude and veneration.このような理由から、彼らは感謝と尊敬に値するとして彼を考えていた。 In the modern version of this theory it is suggested that Judas, who in common with the other disciples looked for a temporal kingdom of the Messias, did not anticipate the death of Christ, but wished to precipitate a crisis and hasten the hour of triumph, thinking that the arrest would provoke a rising of the people who would set Him free and place Him on the throne.この理論の現代版では、他の弟子たちとの共通のmessiasの時間王国探したユダは、キリストの死を予想していなかったことを示唆したが、危機を沈殿させ、勝利の時間を早めることが望まれる逮捕は彼を自由にすると王位に彼を置くでしょう、人々の上昇を引き起こすだろうと考える。 In support of this they point to the fact that, when he found that Christ was condemned and given up to the Romans, he immediately repented of what he had done.これをサポートするために、彼らは、彼はキリストが非難し、ローマ人への手紙まで与えられたことを見つけたとき、彼はすぐに彼がやったことを悔い改め、という事実を指摘している。 But, as Strauss remarks, this repentance does not prove that the result had not been foreseen.しかし、シュトラウスの発言として、この悔い改めは結果が予見されていなかったことを証明するものではありません。 For murderers, who have killed their victims with deliberate design, are often moved to remorse when the deed is actually done.意図的なデザインで彼らの犠牲者を殺した殺人者は、しばしば行為が実際に行われたとき自責の念に移動されます。 A Catholic, in any case, cannot view these theories with favour since they are plainly repugnant to the text of Scripture and the interpretation of tradition.彼らは聖書と伝統の解釈のテキストにはっきりと気に食わないなので、カトリックは、いかなる場合においても、賛成と、これらの理論を表示することはできません。 However difficult it may be to understand, we cannot question the guilt of Judas.それは理解することは難しいかもしれませんしかし、我々は、ユダの罪を問うことはできません。 On the other hand we cannot take the opposite view of those who would deny that he was once a real disciple.一方、我々は彼がかつて本当の弟子であったことを否定しようとする者たちの反対の見方をすることはできません。 For, in the first place, this view seems hard to reconcile with the fact that he was chosen by Christ to be one of the Twelve.ためには、まず第一に、このビューには、彼は十二弟子のひとりであることが、キリストによって選ばれたという事実と両立するのは難しいと思われる。 This choice, it may be safely said, implies some good qualities and the gift of no mean graces.この選択は、それが安全と言うことができる、いくつかの良い資質やノー平均美神の贈り物を意味します。 But, apart from this consideration, it may be urged that in exaggerating the original malice of Judas, or denying that there was even any good in him, we minimize or miss the lesson of this fall.しかし、これとは別に考慮することから、それはユダの元の悪意を誇張したり、彼に何か良いさえあったことを否定し、我々は最小限に抑えるか、この秋のレッスンを欠席している付勢されることがあります。 The examples of the saints are lost on us if we think of them as being of another order without our human weaknesses.我々は人間の弱させずに別の順序であるとして、それらを考える場合聖人の例は、私たちに失われます。 And in the same way it is a grave mistake to think of Judas as a demon without any elements of goodness and grace.と同じようにそれが良さと優雅さの任意の要素なしで悪魔としてユダを考えるのは重大な過ちである。 In his fall is left a warning that even the great grace of the Apostolate and the familiar friendship of Jesus may be of no avail to one who is unfaithful.彼の秋でも使徒の偉大な恵みとイエスの身近な友情が浮気あるものに無駄であってもよいことを示す警告が残っている。 And, though nothing should be allowed to palliate the guilt of the great betrayal, it may become more intelligible if we think of it as the outcome of gradual failing in lesser things.何も偉大な裏切りの罪悪感を緩和することが許されてはならないけれども、我々は徐々に低い物事に失敗した結果であると考える場合には、それがより明瞭になるかもしれません。 So again the repentance may be taken to imply that the traitor deceived himself by a false hope that after all Christ might pass through the midst of His enemies as He had done before at the brow of the mountain.だから、再び悔い改めは裏切り者彼は山の眉にする前に行っていたとして、すべての後、キリストは彼の敵の真っ只中を通過するかもしれないという誤った希望によって自分自身を欺いている含意するために取られるかもしれません。 And though the circumstances of the death of the traitor give too much reason to fear the worst, the Sacred Text does not distinctly reject the possibility of real repentance.裏切り者の死の状況は最悪の事態を恐れるあまりにも多くの理由を与えるのにと、神聖なテキストははっきりと本当の悔い改めの可能性を否定するものではありません。 And Origen strangely supposed that Judas hanged himself in order to seek Christ in the other world and ask His pardon (In Matt., tract. xxxv).と原産地は妙に他の世界にキリストを求めると彼の恩赦(マットです。、管。XXXV)を求めるために、ユダが首を吊っているはず。

Publication information Written by WH Kent. WHケントによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Thomas M. Barrett.トーマスM.バレット転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume VIII.カトリック百科事典は、ボリュームviii。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, STD, Censor.レミlafort、標準、検閲です。 Imprimatur.認可。 +John Cardinal Farley, Archbishop of New York +ジョン枢機卿ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography参考文献

CHRYSOSTOMUS, Hom. CHRYSOSTOMUS、ハオマ汁です。 De Juda Proditore: MALDONATUS and other commentators on New Testament; EPIPHANIUS, Haeres., xxxviii; Legend on death of Judas in SUICER, Thesaurus.デユダProditore:MALDONATUSと新約聖書の他のコメンテーター;エピファニオス、相続人、38; SUICERにおけるユダの死で伝説、シソーラス。 Modern view in STRAUSS, Das Leben Jesu.シュトラウスダス文化主イエスにある近代的なビュー。


Judas Iscariotイスカリオテのユダ

Orthodox Information 正教会情報

(This information may not be of the scholastic quality of the other articles in BELIEVE. Since few Orthodox scholarly articles have been translated into English, we have had to rely on Orthodox Wiki as a source. Since the Wikipedia collections do not indicate the author's name for articles, and essentially anyone is free to edit or alter any of their articles (again, without any indication of what was changed or who changed it), we have concerns. However, in order to include an Orthodox perspective in some of our subject presentations, we have found it necessary to do this. At least until actual scholarly Orthodox texts are translated from the Greek originals!) (この情報は信じていますの他の記事の学力の質ではないかもしれない。少数の正統派学術論文を英語に翻訳されているので、我々はソースとして正教会ウィキに頼らざるを得なかった。Wikipediaのコレクションは、作成者の名前を示すものではありませんので、記事がために、本質的には誰でも自分の記事のいずれかを(再度、変更したり、それを誰が変更した内容の表示のない)を編集したり変更したりして自由である、我々は懸念を持っていますしかし、我々の主題のいくつかでオーソドックスな視点を含めるためにプレゼンテーション、我々はこれを行うことが必要と認めていますが、実際の学術的正統派テキストはギリシャ語の原本から翻訳されるまで、少なくとも!)

Judas Iscariot was originally one of the twelve apostles, but is known for his betrayal of Jesus Christ.イスカリオテのユダは、もともと12使徒の一人であったが、イエス·キリストの彼の裏切りのために知られている。 The Wednesday fast commemorates the sorrow at this betrayal, and it is one of the events commemorated in the services of Holy Thursday.水曜日早くこの裏切りに悲しみを記念し、それは聖木曜日のサービスで記念イベントの一つです。 His place among the apostles was taken by Matthias after a vote.使徒たちの間で彼の場所は、投票後マティアスによって撮影されました。 He was the son of Simon Iscariot; Iscariot refers to his place of birth, Judea.彼はサイモンイスカリオテの息子だった、イスカリオテは、出生の彼の場所、ユダヤを意味します。 The other apostles were all from Galilee.他の使徒たちは、ガリラヤからすべてだった。 He is not to be confused with the Apostle Jude, brother of James.彼は使徒ジュード、弟のジェームズと混同しないでください。

Betrayal裏切り

Plot against Jesusイエスに対してプロット

Judas agreed with the chief priests of the Jews to betray Jesus for thirty pieces of silver (cf. Matthew 26:14-16, Mark 14:10-11, Luke 22:1-6, John 13:2-3).ユダは銀貨三十枚(cf.マタイ26:14-16、マルコ14:10-11、ルカ22:1-6、ヨハネ13:2-3)のためにイエスを裏切るように、ユダヤ人の祭司長たちと合意した。

Mystical Supper神秘の晩餐

Jesus revealed at the Mystical Supper that Judas would betray Him, fulfilling the prophecy from the Old Testament.イエスは旧約聖書から予言を果たし、ユダがイエスを裏切るだろうと神秘の晩餐で明らかにした。 After the bread was blessed and broken, Judas left to fetch a guard to arrest Jesus (cf. Matthew 26:20-25; Mark 14:18-21; Luke 22:21-23; John 13:10-11, 18-29).マルコ14:18-21、ルカ22:21-23; - ヨハネ13:10-11、18パンは祝福され、壊れた後、ユダはイエス(参照マタイ26:20-25を逮捕するためにガードをフェッチするために残され29)。

Arrest逮捕

After Jesus and His apostles had eaten the meal, Judas came with an armed crowd and betrayed Jesus with a kiss.イエスキリストと彼の使徒たちは、食事を食べた後、ユダは武装群衆と来てキスでイエスを裏切った。 Jesus allowed this because it was part of the burden He chose to accept (cf. Matthew 26:46-50, Mark 14:42-45, Luke 22:47-48, John 18:2-5).それは彼が(cf.マタイ26:46-50、マルコ14:42-45、ルカ22:47-48、ヨハネ18:2-5)を受け入れることを選択した負担の一部だったので、イエスはこれを許した。

Death

There are two accounts of Judas' death.ユダの死の2つのアカウントがあります。
Judas, remorseful, tried to return the money, but was refused, so he threw it into the temple.後悔ユダは、お金を返すようにしようとしたが、拒否されたので、彼は神殿にそれを投げた。 He hanged himself.彼は首を吊っ。 The money was used to purchase a potter's field as a burial place for foreigners (cf. Matthew 27:3-10).お金は外国人のための埋葬の場所(参照マタイ27:3-10)と陶器師の畑を購入するために使用されました。
Judas bought a field where he fell and died (cf. Acts 1:18-19).ユダは、彼がどこに落ちたフィールドを買って、(参照は1:18-19の行為)が死亡した。

Theological meaning神学的な意味

The betrayal of Christ was foretold in the prophets of the Old Testament, Jeremiah and Zachariah.キリストの裏切りは、旧約聖書の、エレミヤとザカライアの預言者に予告された。

In the services of Holy Wednesday, Judas is contrasted with the sinful woman who anointed Jesus with costly perfume (Matthew 26:6-13).聖水曜日のサービスでは、ユダは高価な香水を塗っイエス(マタイ26:6-13)罪深い女と対比される。

In the prayers of preparation before receiving the Holy Eucharist, he is contrasted with the the thief who confessed Christ on the cross: "I will not reveal your mysteries to your enemies, neither like Judas will I betray you with a kiss, but like the thief on the cross I will confess you: 'Remember me, Lord, when You come into Your Kingdom.'" "私は、あなたの敵にあなたの謎を明らかにしないでもないユダのように私はキスであなたを裏切るでしょうが、のような:聖体を受け​​る前の準備の祈りの中で、彼は十字架の上でキリストを告白した泥棒と対比される'私を忘れないでください、あなたの王国に来て主を。' ":私はあなたを告白する十字架上の盗人

External links外部リンク

Great and Holy Thursday (GOARCH)大王と聖木曜日(GOARCH)
Bridegroom Services: Palm Sunday Evening through Holy Wednesday (GOARCH)花婿サービス:聖水曜日(GOARCH)を介してパームサンデーイブニング
"The Twelve Apostles" by Rev. George Mastrantonis (GOARCH)牧師ジョージMastrantonis(GOARCH)による "十二使徒"


Judas Iscariotイスカリオテのユダ

Coptic Orthodox Information コプト正教会情報

Judas Iscariot was from the village of Kerioth in Judea.イスカリオテのユダはユダヤKeriothの村からのものであった。 He was the only apostle who was not a Galilean.彼はガリラヤ人ではなかっただけの使徒だった。 Judas' name means "Praise."ユダの名前が "賞賛"を意味します。 It is thought because of this, that his unknown mother and his father, Simon Iscariot, were faithful Jews.それは彼の未知の母と父、サイモンイスカリオテは、忠実なユダヤ人であったこと、このためと思われる。

Judas was probably drawn to Jesus by the preaching of John the Baptist.ユダはおそらく洗礼者ヨハネの説教によって、イエスに描かれた。 His heart was prepared to receive the teaching of Jesus because John pointed the way to the coming kingdom and the Messiah.彼の心は、ジョンが来る王国とメシアへの道を指しているため、イエスの教えを受けるように準備された。 Along with the other apostles, Judas had been called to walk in the footsteps of Jesus and to share in his sufferings and self-denials.他の使徒たちと一緒に、ユダはイエスの足跡を歩いて、彼の苦しみや自己否定で共有するために呼ばれていた。 Judas, with the others, preached the kingdom, healed the sick, and cast out demons by the power of God's Holy Spirit.ユダは、他の人と、王国を宣べ伝え、病人をいやし、神の聖霊の力によって悪霊を追い出している。 Judas was privileged to be constantly with his Savior for three and a half years.ユダは3年半のための彼の救い主と常にことを光栄でした。 He witnessed the purity of Jesus' life and his loyalty and obedience to his Heavenly Father.彼は、イエスの生涯の純度と彼の天の父への忠誠と服従を目撃した。

Characteristics of This Discipleこの弟子の特性

The other disciples and Jesus recognized in Judas a very good business sense and they placed him in charge of their treasury.他の弟子たちは、イエスがユダに非常に優れたビジネス感覚を認識し、彼らは自己の担当で彼を置いた。 Jesus and his full-time followers didn't have time to work at secular jobs.イエスと彼のフルタイムの信者が世俗的な仕事で仕事をする時間がありませんでした。 They needed to devote their entire time to preaching the kingdom, and so some of Jesus' followers voluntarily donated money for their financial support (Luke 8:1-3).彼らは王国を説教に彼らの全体の時間を割く必要があったので、イエスの弟子たちの一部は自主的に財政支援(ルカ8:1-3)のためのお金を寄付した。 Judas was probably very trustworthy at first in his responsibilities with the treasury and in his duties to go forth and preach the kingdom.ユダが出て行くと王国を宣べ伝えるために財務省との彼の責任にし、彼の職務は、おそらく最初は非常に信頼だった。 All of the apostles had the same privileges and special guidance of the Holy Spirit, all were tested as to their loyalty to Jesus, and all but Judas were submissive to their testing.使徒たちのすべてが同じ権限と聖霊の特別な指導があったが、全てがイエスへの忠誠のように試験し、すべてが、ユダはそのテストに従順であった。 Judas had certain expectations of what his Lord would do to bring about the kingdom.ユダは、彼の主は王国をもたらすために何を行うかの種の期待を持っていた。 Judas' love and devotion to Jesus was tested more and more, and soon the seed of pride and self-will took root.イエスにユダの愛と献身は、より多くの試験したところ、すぐにプライドと自己の意志の種子は根を取った。 In time it took over his entire character.時間では、彼の全体の文字を引き継いだ。 The more time went on, the more Judas became entrenched in his own will.より多くの時間が経つほど、ユダは彼自身の意志に定着しました。 Judas, no doubt, thought of the treasury as a means to also bring about his plans.ユダは、疑いなく、また彼の計画をもたらすための手段として、自己のことを考えた。 He hoarded the purse of money as if it were his own.それは彼自身であるかのように彼はお金の財布を退蔵。 He became obsessed with the idea of money.彼はお金の考え方に取りつかれました。 Six days before Jesus was crucified, Judas was so concerned about money that he rebuked the Lord for allowing Mary to pour her precious ointment upon his head.イエスが十字架につけられた六日前、ユダは彼はメアリーが彼の頭の上に彼女の貴重な軟膏を注入できるようにするための主を叱責したお金を心配していた。 He exclaimed, "What a waste! This ointment might have been sold for a year's wage and given to the poor!"彼は、 "もったいない!この軟膏は今年の賃金のために販売され、貧しい人々に与えられているかもしれません!"、叫んだ How wrong it was for Judas to have criticized this sweet sacrifice of Mary.それはユダはマリアのこの甘い犠牲を批判しているのをどのように間違っていた。 And how doubly wrong to criticize his Master in front of all his followers.そして、どのように二重にすべての彼の信者の前で主人を批判するのは間違っている。 He even got some of the others to join in the criticism.彼は批判に参加する他のいくつかを得ました。 But Jesus rebuked him back saying, "Leave her alone for she anoints me for my burial!"しかし、イエスは言われた、と言って戻って彼をしかって、 "彼女は私の埋葬のために私をanointsのために単独で彼女を残す!" Judas' pretended zeal for the poor was really greed for his purse (Matthew 26:7-12; John 12:3-8).貧しい人々のためのユダのふり熱意は本当に彼の財布(ヨハネ12:3-8マタイ26:7-12)に対する貪欲だった。 The love of money ensnared Judas and his love for his Lord was in question (1 Timothy 6:10).彼の主のためにユダと彼の愛をわなにかけ金銭を愛することは、質問(1テモテ6:10)であった。

The final event of Judas' life proved that he no longer lived to serve his Lord Jesus, but he now lived to serve himself and his schemes.ユダの人生の最後のイベントは、彼はもはや彼の主イエスに仕えるために住んでいないことを証明したが、彼は今、彼自身と彼のスキームを提供するために住んでいた。 He no longer was inspired by his Lord Jesus, but was now inspired by the prince of evil, Satan (John 13:2).彼はもはや彼の主イエスに触発されなかったが、今は悪、サタン(ヨハネ午後1時02分)の王子に触発されました。 After the incident with Mary, Judas went to the chief priests who had already been plotting to rid themselves of Jesus, and he said, "What will you give me if I deliver Jesus to you?"メアリーとの事件の後、ユダはすでにイエスの自分自身を取り除くためにプロットされていた祭司長たちに行って、彼は言った、 "私はあなたにイエスを届けることが可能かどうかあなたが私に何を与えるのだろうか?" They contracted to pay him 30 pieces of silver.彼らは彼に銀の30部分を支払うことを契約した。 This was prophesied in Zechariah 11:12-13.これは、ゼカリヤ11:12-13で預言されました。 From this point on, Judas sought an opportunity to betray Jesus (Matthew 26:14-16).この点についてから、ユダはイエス(マタイ26:14-16)を裏切る機会を求めていました。 So when the night of the Passover had come, Jesus said to the Twelve, "It is the one to whom I will give this piece of bread when I have dipped it in the dish."だから、過ぎ越しの祭りの夜が来たとき​​、イエスは十二使徒に言った、 "それは私が皿に浸したときに私はパンのこの部分を与える誰に一つです。" Then, dipping the piece of bread, he gave it to Judas Iscariot.その後、一切れのパンを浸し、彼はイスカリオテのユダにそれを与えた。 Even with all of the clues, the others still did not know of Judas' treachery (John 13:26-29).手がかりのすべてであっても、他の人はまだユダの裏切り(ヨハネ13:26-29)とは知りませんでした。 When someone shared a meal with another it represented a vow of trust and friendship.誰かが別のと一緒に食事を共有するとき、それは信頼と友情の誓いを表していた。 Judas did not belong at the Last Supper.ユダが最後の晩餐に属していなかった。 It was after this that Jesus told Judas to leave and be about his evil business.それは、イエスが彼の邪悪なビジネスについて残すとなるようにユダに言ったのはこの後だった。 Judas left and went straight to the chief priests.ユダが出て、祭司長たちにまっすぐに行きました。 Jesus was in the Garden of Gethsemane when Judas led a multitude of priests, servants and elders to his Master.ユダは彼のマスターに僧侶、公務員や年長者の多数を率いた時、イエスはゲッセマネの園であった。 Judas came to Jesus and said, "Greetings, Rabbi," (Matthew 26:49) and then he kissed Jesus.ユダはイエスのもとにきて言った、 "挨拶、ラビ、"(マタイ26:49)そして彼はイエスにキスをした。 Even then Judas thought of Jesus as his Master and probably thought of this whole event as a way to get Jesus to take control.その後もユダは彼のマスターとしてイエスと考えると、おそらく、イエスが支配権を握るために取得する方法として、このイベント全体のことを考えた。 But the group seized Jesus and led him away to be crucified.しかし、グループはイエスを押収し、十字架につけるために彼を連行。 When Judas saw that he was wrong and that his plans had failed, he went back to the chief priests the next morning and said, "I have sinned for I have betrayed innocent blood."ユダは、彼が間違っていたことを見て、彼の計画は失敗したことと、彼は次の日の朝、祭司長たちに帰って言った、 "私は罪のない血を裏切ったため、私は罪を犯しました。" And they said, "What is that to us? That is your responsibility!"そして、彼らは "それが私たちには何ですか、あなたの責任ですよ!"と言った。 (Matthew 27:4-5). (マタイ27:4-5)。 Judas threw down the pieces of silver, ran away and hanged himself.ユダは、銀貨を投げて逃げたと首を吊っ。

Did Judas repent of his crime?彼の犯罪のユダが悔い改めるましたか? From what we know, it doesn't appear so.私たちが知っているから、それはそう表示されません。 In Acts we are told that another was selected "to take over this apostolic ministry, which Judas left to go where he belongs" (1:25).行為で、我々は別のものが(1:25)、 "ユダは、彼が属する場所に行くために残っこの使徒の務めを、引き継ぐために"選択されたことを言われています。 The final determination concerning Judas is in the Lord's hands.ユダに関する最終決定は主の手に委ねられている。 All we can do is examine Judas' actions and apply lessons from his experiences to our own characters.我々にできることは、ユダの行動を調査し、私たち自身の文字に彼の経験から教訓を適用です。 Never did he cry out to his Master, "oh, Lord, forgive! I am sorry, I was so wrong!"彼はマスターに叫ぶことはなかった、 "ああ、主よ、ゆるし!大変申し訳ございませんが、私はそう間違っていた!" No, instead he went to his accomplices in crime, the chief priests who could grant no forgiveness.いや、代わりに彼は許しを与えることができなかった祭司長、犯罪に彼の共犯者に行ってきました。 His pride kept him from facing his brethren and seeking their forgiveness and their help to recover from his sins.彼のプライドが彼の兄弟たちが直面していると自分の罪から回復するために彼らの赦し、彼らの助けを求めているから彼を守った。 When the Apostle Peter sinned by denying the Lord three times, he humbly returned to his brothers and repented.使徒ペテロは主で3回を否定することで罪を犯したとき、彼は謙虚に彼の兄弟に戻ったと反省。 Judas acted pridefully to the end.ユダは最後までpridefully振る舞った。 In his mind he thought the only way out was to kill himself, for to turn back would have meant admitting to all that he was wrong.彼の心の中で彼は出て唯一の方法は、後戻りさせるためには、自分自身を殺すことだった、彼は間違っていたことすべてを認めることを意味しているだろうと思った。 He didn't think of the special assistance of the Holy Spirit that he was provided.彼は、彼が提供されていたことを、聖霊の特別な支援を考えていなかった。 He selfishly ended his covenant to deny himself, take up his cross and follow Jesus.彼が勝手に、自分自身を否定することは自分の十字架を負うて、イエスに従うように彼の契約を終了した。 Instead, he committed suicide.その代わりに、彼は自殺した。

In the case of Judas, Jesus offered many opportunities for Judas to repent.ユダの場合には、イエスがユダ後悔するための多くの機会を提供した。 Jesus was of a gentle and generous spirit toward Judas right up to the very last act when Judas betrayed Jesus with a kiss.イエスは右にユダがキスでイエスを裏切った非常に最後の行為にユダに向かって優しくて寛大な精神であった。 Judas still had a choice at that point to seek forgiveness from his Master.ユダはまだ彼のマスターからの許しを求めるため、その時点で選択肢がありました。

We should take to heart the lesson of this gentle manner of Jesus when dealing with those who oppose us.私たちに反対する人々を扱うときに我々は心にイエスのこの静かな物腰のレッスンを受ける必要があります。 We must keep in mind that we are not the judges of our brethrens' hearts.我々は、我々はbrethrensの心の裁判官ではないことを心に留めておく必要があります。 Both Peter and Judas opposed the Lord, but Jesus was loving and patient with them.ペテロとユダの両方が主に反対したが、イエスは彼らと愛情と患者だった。 He worked with them to help bring them back into harmony with God.彼は神との調和にそれらを戻すために一緒に働いていました。 God allowed Peter to stray far from faith for a time only to show Peter the lesson of his frail flesh.神はピーターがピーターに彼の虚弱な肉体のレッスンを表示するだけの時間のために、信仰から遠く外れることができました。 Some of our fellow Christians may stray far from the Lord as well, and, yet, there is still hope to the end.我々の仲間のキリスト教徒の一部はまだだけでなく、主から遠く外れる、とあり、まだ最後まで望みがある。 Judas Iscariot had every opportunity to be purified by the truth and be useful in the work of the Lord, but instead he became a servant of Satan.イスカリオテのユダは、真理によって精製することがあらゆる機会を持っていて、主の仕事に有用であるが、その代わりに、彼はサタンのしもべとなった。 Jesus said that of the twelve apostles given to him by his Heavenly Father, "None has been lost except the one doomed to destruction" (John 17:12).イエスは天の父によって彼に与えられた十二使徒(ヨハネ17:12) "なし破壊する運命1を除いて失われていません"と述べた。 Jesus also said, "But woe to that man who betrays the Son of Man! It would be better for him if he had not been born" (Matthew 26:24; John 6:70).イエスはまた言われた、 "しかし、人の子を裏切るその人は、災い彼は生まれていなかった場合、それは彼のために良いだろう!"(マタイ26:24、ヨハネ6:70)。 Judas gave up his privilege as a faithful follower of Jesus: one who would be worthy to be called one of the twelve Apostles of the Lamb.子羊の12使徒の1と呼ばれるに値するであろう1:ユダはイエスの忠実な信奉者としての彼の特権をあきらめた。 Though we learn lessons from the life of Judas Iscariot, we cannot claim him as one who is a firm foundation to the Church.我々はイスカリオテのユダの人生から教訓を学ぶことが、私たちは教会にしっかりとした基礎である一人として彼を主張することはできません。 Instead, the honored place he would have held as being part of the Messiah's work was filled by another.その代わりに、彼は救世主の仕事の一部として開催されたであろう、名誉ある地位を別のことでいっぱいだった。

The symbol for Judas is a bag and thirty pieces of silver.ユダのシンボルは袋と銀の30個です。 The moneybag reminds us that Judas was the treasurer of the disciples and that he helped himself to its contents (12:6). MoneyBagを、ユダは弟子の会計係だったし、彼はその内容(12時06)に自分自身を助けたことを思い出させてくれる。 The thirty pieces of silver was his payment for betraying the Lord.銀貨三十枚は主を裏切ったために彼の支払いでした。 Another symbol shows thirty coins above a rope in the form of a "J."別の記号は、 "J"の形でロープの上に30枚のコインを示しています Sometimes the symbol is totally blank indicating the traitor deserves no remembrance.時には記号は裏切り者を示すことは全く記憶に値しない全く空白になっています。

James F. KorthalsジェームスF. Korthals



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです