Magi東方の三博士

General Information 一般的な情報

The Magi (singular: Magus) were the priestly hierarchy of ancient Zoroastrianism.東方の三博士(単数形:メイガス)は、古代ゾロアスター教の聖職者の階層だった。 The name was originally that of the tribe to which they belonged.名前は、もともと彼らが属していた部族のことでした。 Like the Brahmans of India, the Magi were keepers of the cult and of sacrificial power and exercised considerable political power while Zoroastrianism was the state religion of Persia.インドのバラモンのように、東方の三博士がカルトの犠牲と権力の番人であったとゾロアスター教はペルシャの国教であった間にかなりの政治力を行使した。

In the Hellenistic world the name magi was applied to Eastern astrologers and interpreters of dreams, men considered "wise in the things of God."ヘレニズム世界に名マギは、夢、考えられた男性の東洋占星術や通訳者に適用された "神のものに賢明。" (Hence the derivation of the word magic.) It is in this sense that the name came to be applied to the "wise men from the East" who followed the star to Bethlehem to worship the infant Jesus, presenting him with gifts of frankincense, gold, and myrrh (Matt. 2). (したがって、ワード魔法の導出。)それは、名前が乳香のギフトとの彼を提示、幼子イエスを崇拝するベツレヘムに星を追った "東から賢者"に適用されるようになったこの意味で金、没薬(マタイ2)。 Later tradition called them kings and named them Gaspar, Melchior, and Balthazar.それ以降の伝統は、彼らが王と呼ばれ、それらのガスパール、メルキオール、バルタザールと名付けました。 The Christian church honors them as the first Gentiles to believe in Christ and celebrates their visit by the feast of Epiphany.キリスト教の教会のキリストを信じた最初の異邦人として名誉彼らと顕現祭で彼らの訪問を祝う。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール

Magi東方の三博士

Catholic Information カトリックの情報

(Plural of Latin magus; Greek magoi). (ラテン語の魔術師の複数形;ギリシャmagoi)。

The "wise men from the East" who came to adore Jesus in Bethlehem (Matthew 2).ベツレヘムでのイエス(マタイ2)を崇拝するようになった "東から賢者"。 Rationalists regard the Gospel account as fiction; Catholics insist that it is a narrative of fact, supporting their interpretation with the evidence of all manuscripts and versions, and patristic citations.合理主義者は、フィクションとして福音アカウントを捉え、カトリック教徒は、すべての原稿とバージョン、および教父の引用の証拠とその解釈を支持し、それが事実の物語であることを主張している。 All this evidence rationalists pronounce irrelevant; they class the story of the Magi with the so-called "legends of the childhood of Jesus", later apocryphal additions to the Gospels.これはすべての証拠の合理は無関係発音、彼らはクラスのいわゆる "イエスは、子供のころの伝説"、福音書に後で作り話の追加と賢者の物語を。 Admitting only internal evidence, they say, this evidence does not stand the test of criticism.唯一の内部の証拠を認めることは、彼らが言うには、この証拠は批判の試練に耐えません。

John and Mark are silent.ジョンとマークは沈黙している。 This is because they begin their Gospels with the public life of Jesus.彼らはイエスの公生活と彼らの福音を開始するためです。 That John knew the story of the Magi may be gathered from the fact that Irenaeus (Adv. Haer., III, ix, 2) is witness to it; for Irenaeus gives us the Johannine tradition.エイレナイオスは私たち使徒ヨハネの伝統を与えるために、ジョンは、東方の三博士の物語はエイレナイオスが(。Adv. Haer、III、IX、2)それに目撃されているという事実から収集することができる知っていた。

Luke is silent.ルークは沈黙している。 Naturally, as the fact is told well enough by the other synoptics.当然、事実として他のsynopticsによって十分に語っています。 Luke tells the Annunciation, details of the Nativity, the Circumcision, and the Presentation of Christ in the Temple, facts of the childhood of Jesus which the silence of the other three Evangelists does not render legendary.ルークは受胎告知、キリスト降誕の詳細は、割礼、神殿におけるキリストのプレゼンテーション、他の3伝道者の沈黙は伝説的なレンダリングされませんイエスは、子供のころの事実を伝えます。

Luke contradicts Matthew and returns the Child Jesus to Nazereth immediately after the Presentation (Luke 2:39).ルーク、マシューと矛盾するとプレゼンテーション(ルカ2:39)直後Nazerethする子イエスを返します。 This return to Nazareth may have been either before the Magi came to Bethlehem or after the exile in Egypt.東方の三博士がベツレヘムに来たか、エジプトに亡命した後、前にナザレにこのリターンはどちらだったのかもしれない。 No contradiction is involved.矛盾は関連しません。

The subject will be treated in this article under the two divisions:被験者は二つの部門の下で、この記事で扱われます:

I. Who the Magi were;マギだったI.;

II. Ⅱ。 The Time and Circumstances of their Visit.彼らの訪問の時と場合。

I. WHO THE MAGI WERE MAGIだったI.

A. Non-Biblical Evidence A.非聖書的な証拠

We may form a conjecture by non-Biblical evidence of a probable meaning to the word magoi.本稿ではまず、単語magoiに意味のありそうな非聖書的な証拠によって推測を形成することができる。 Herodotus (I, ci) is our authority for supposing that the Magi were the sacred caste of the Medes.ヘロドトス(私は、ci)はマギメデスの神聖なカーストだったと仮定して私たちの権威です。 They provided priests for Persia, and, regardless of dynastic vicissitudes, ever kept up their dominating religious influence.彼らは、ペルシャのための司祭を提供し、関係なく、王朝の変遷の、これまで彼らの支配的な宗教的な影響力を維持した。 To the head of this caste, Nergal Sharezar, Jeremias gives the title Rab-Mag, "Chief Magus" (Jeremiah 39:3, 39:13, in Hebrew original - Septuagint and Vulgate translations are erroneous here).このカーストの頭、ネルガルSharezarに、イェレミアス( - セプトゥアギンタとウルガタ聖書の翻訳がここに誤っているヘブライ語の原文でエレミヤ39:3、39:13)、 "チーフ占星術師"の称号ラブ·マグを与えます。 After the downfall of Assyrian and Babylonian power, the religion of the Magi held sway in Persia.アッシリアとバビロニアの電力の失脚後、東方の三博士の宗教はペルシャの揺れを開催。 Cyrus completely conquered the sacred caste; his son Cambyses severely repressed it.サイラスは完全に神聖なカーストを征服し、彼の息子がひどく、それを抑制カムビセス。 The Magians revolted and set up Gaumata, their chief, as King of Persia under the name of Smerdis. MagiansはSmerdisの名の下にペルシャの王として、彼らの主任、反乱を起こし、Gaumataを設定します。 He was, however, murdered (521 BC), and Darius became king.彼は、しかし、(521紀元前に)殺され、ダリウスが王となった。 This downfall of the Magi was celebrated by a national Persian holiday called magophonia (Her., III, lxiii, lxxiii, lxxix).マギのこの没落はmagophonia(Her.、III LXIII、LXXIII、LXXIX)と呼ばれる国家ペルシャ休日で祝われた。 Still the religious influence of this priestly caste continued throughout the rule of the Achaemenian dynasty in Persia (Ctesias, "Persica", X-XV); and is not unlikely that at the time of the birth of Christ it was still flourishing under the Parthian dominion.まだこの聖職者のカーストの宗教的影響はペルシャのアケメネス王朝(Ctesias、 "モモ"は、X-XV)のルールを通じて継続、そしてキリストの誕生の時にそれがパルティアの下にまだ繁栄していたことはまずありませんドミニオン。 Strabo (XI, ix, 3) says that the Magian priests formed one of the two councils of the Parthian Empire.ストラボン(XI、IX、3)マギ僧の司祭がパルティア帝国の2つの審議会の一つを形成していることを言います。

B. Biblical Evidence B.聖書の証拠

The word magoi often has the meaning of "magician", in both Old and New Testaments (see Acts 8:9; 13:6, 8; also the Septuagint of Daniel 1:20; 2:2, 2:10, 2:27; 4:4; 5:7, 5:11, 5:15). :午前13時06分、8;;;またダニエル1:20のセプトゥアギンタ2時02分、午前2時10分、2ワードmagoiはしばしば(使徒8時09分を参照して、新旧両方の聖書では、 "魔術師"の意味を持つ27; 4時04分、午前5時07分、午前5時11分、5:15)。 St. Justin (Tryph., lxxviii), Origen (Cels., I, lx), St. Augustine (Serm. xx, De epiphania) and St. Jerome (In Isa., xix, 1) find the same meaning in the second chapter of Matthew, though this is not the common interpretation.聖ジャスティン(Tryph.、七十八)、原産地(Cels.、私は、LX)、聖アウグスティヌス(Serm. xxは、デepiphania)と聖ジェローム(ISAに。、19、1)で同じ意味を見つけるマタイの第二章で、これは一般的な解釈ではありませんが。

C. Patristic Evidence C.教父の証拠

No Father of the Church holds the Magi to have been kings.教会のない父は王だったようマギを保有していない。 Tertullian ("Adv. Marcion.", III, xiii) says that they were wellnigh kings (fere reges), and so agrees with what we have concluded from non-Biblical evidence.テルトゥリアヌス​​( "前売。marcionです。"、III、13)は、彼らがwellnigh王(オンタデrexの複数形)であったと言うので、私たちは、非聖書的な証拠から結論付けているものと一致している。 The Church, indeed, in her liturgy, applies to the Magi the words: "The kings of Tharsis and the islands shall offer presents; the kings of the Arabians and of Saba shall bring him gifts: and all the kings of the earth shall adore him" (Psalm 71:10).アラブのとサバの王は彼に贈り物を持参しなければならない。タルシスと島々の王たちは、プレゼントを提供しなければならない ":天と地のすべての王が崇拝するもの​​教会は、確かに、彼女の典礼では、東方の三博士の言葉に適用されます彼に "(詩篇71:10)。 But this use of the text in reference to them no more proves that they were kings than it traces their journey from Tharsis, Arabia, and Saba.しかし、それらを参考にテキストを使用するこの方法は、もはや彼らはそれがタルシス、サウジアラビア、およびサバから彼らの旅を辿るよりも、王であったことを証明していません。 As sometimes happens, a liturgical accommodation of a text has in time come to be looked upon by some as an authentic interpretation thereof.時々起こるように、テキストの典礼の宿泊施設は、時間内にその本物の解釈として、一部で見下ろしていられるようになってきた。 Neither were they magicians: the good meaning of magoi, though found nowhere else in the Bible, is demanded by the context of the second chapter of St. Matthew. magoiの良い意味、しかし、マタイの第二章の文脈によって求められている、聖書のどこにも見つかりました:どちらも彼らはマジシャンませんでした。 These Magians can have been none other than members of the priestly caste already referred to.これらMagiansはすでに言及聖職者のカーストメンバーにほかならなかったことができます。 The religion of the Magi was fundamentally that of Zoroaster and forbade sorcery; their astrology and skill in interpreting dreams were occasions of their finding Christ.マギの宗教は根本的にゾロアスターのことだったと魔術を禁じ、解釈、夢の中で彼らの占星術やスキルは自分の発見キリストの機会だった。 (See THEOLOGICAL ASPECTS OF THE AVESTA.) (アベスタの神学的な側面を参照してください。)

The Gospel narrative omits to mention the number of the Magi, and there is no certain tradition in this matter. 福音の物語は、東方の三博士の数に言及し省略この問題において、特定の伝統はありません。 Some Fathers speak of three Magi; they are very likely influenced by the number of gifts.いくつかの父親は、3つの賢者の話、彼らは可能性が非常に高いプレゼントの数に影響されている。 In the Orient, tradition favours twelve.オリエントでは、伝統は12を支持する。 Early Christian art is no consistent witness:初期キリスト教美術では、一貫した証人ではない:

a painting in the cemetery of Sts.ジェルバジオの墓地の絵画。 Peter and Marcellinus shows two;ピーターとマルケリヌスは2つを示しています。

one in the Lateran Museum, three;ラテラン博物館で1、3;

one in the cemetery of Domitilla, four;ドミティッラ、4の墓地で1;

a vase in the Kircher Museum, eight (Marucchi, "Eléments d'archéologie chrétienne", Paris, 1899, I 197).キルヒャー美術館で花瓶、8(Marucchi、パリ、1​​899年、私は197 "考古学chrétienneの要素")。

The names of the Magi are as uncertain as is their number.東方の三博士の名前は、その数と同じくらい不確かである。 Among the Latins, from the seventh century, we find slight variants of the names, Gaspar, Melchior, and Balthasar; the Martyrology mentions St. Gaspar, on the first, St. Melchior, on the sixth, and St. Balthasar, on the eleventh of January (Acta SS., I, 8, 323, 664).ラテン系の中では、7世紀から、我々は、名前、ガスパール、メルキオール、バルタザールとのわずかな変異体を見つける;殉教史は、第六の最初の聖メルヒオールに聖ガスパール、、、と聖バルタザールに言及し、上1月(ACTA SSを、私は、8、323、664)の第十一。 The Syrians have Larvandad, Hormisdas, Gushnasaph, etc.; the Armenians, Kagba, Badadilma, etc. (Cf. Acta Sanctorum, May, I, 1780).アルメニア人、Kagba、Badadilma等(参考聖人伝集、五月、私は、1780年)、シリアは、ホルミスダス、GushnasaphなどをLarvandadた。 Passing over the purely legendary notion that they represented the three families which are decended from Noah, it appears they all came from "the east" (Matthew 2:1, 2, 9).彼らはノアからdecendedされた3つの家族を象徴している純粋に伝説的な概念の上を通過、それは彼らがすべての "東"(マタイ2:1、2、9)から来ましたが表示されます。 East of Palestine, only ancient Media, Persia, Assyria, and Babylonia had a Magian priesthood at the time of the birth of Christ.パレスチナの東、唯一の古代メディア、ペルシャ、アッシリア、そしてバビロニアは、キリストの誕生の時にマギ僧の神権を持っていた。 From some such part of the Parthian Empire the Magi came.パルティア帝国のいくつかのような部分から東方の三博士がやってきた。 They probably crossed the Syrian Desert, lying between the Euphrates and Syria, reached either Haleb (Aleppo) or Tudmor (Palmyra), and journeyed on to Damascus and southward, by what is now the great Mecca route (darb elhaj, "the pilgrim's way"), keeping the Sea of Galilee and the Jordan to their west till they crossed the ford near Jericho.おそらく彼らは、ユーフラテス川とシリアの間に横たわっている、シリア砂漠を横断しHaleb(アレッポ)またはTudmor(パルミラ)のいずれかに達し、今や偉大なメッカルート(DARB elhaj、 "巡礼の道に何があるのか​​によって、南方ダマスカスへの旅と彼らがエリコの近くに浅瀬を渡ったまで ")、ガリラヤとその西にはヨルダンの海を保つ。 We have no tradition of the precise land meant by "the east".我々は、 "東"を意味して正確な土地のない伝統を持っていません。 It is Babylon, according to St. Maximus (Homil. xviii in Epiphan.); and Theodotus of Ancyra (Homil. de Nativitate, I, x); Persia, according to Clement of Alexandria (Strom., I xv) and St. Cyril of Alexandria (In Is., xlix, 12); Aribia, according to St. Justin (Cont. Tryphon., lxxvii), Tertullian (Adv. Jud., ix), and St. Epiphanius (Expos. fidei, viii).アレクサンドリア(Strom.、私XV)と聖クレメントによると、ペルシャ、そしてアンキラtheodotusの(Homil.デNativitate、I、X)、それは聖マクシムス(。EpiphanでHomil.十八)によると、バビロンですアレクサンドリアの聖キュリロス(内にある、49、12); Aribia、聖ジャスティン(続きTryphon、七十七)、テルトゥリアヌス​​(Adv.ユート、IX。)、および聖エピファニオス(Expos.信仰の、ⅷ)による。

II. Ⅱ。 TIME AND CIRCUMSTANCES OF THEIR VISIT訪問の時と場合

The visit of the Magi took place after the Presentation of the Child in the Temple (Luke 2:38).マギの訪問はテンプル(ルカ2:38)の子どもの発表後に行われた。 No sooner were the Magi departed than the angel bade Joseph take the Child and its Mother into Egypt (Matthew 2:13).天使はヨセフがエジプト(マタイ2:13)には、子とその母を連れて命じたよりも早く東方の三博士が出発しなかった。 Once Herod was wroth at the failure of the Magi to return, it was out of all question that the presentation should take place.かつてヘロデは返すために賢者の失敗に激怒し、それはプレゼンテーションが行われるべきであるすべての問題外だった。 Now a new difficulty occurs: after the presentation, the Holy Family returned into Galilee (Luke 2:39).今、新たな困難が発生:プレゼンテーションの後、聖家族はガリラヤ(ルカ2:39)に戻った。 Some think that this return was not immediate.いくつかは、このリターンは、即時ではなかったと思います。 Luke omits the incidents of the Magi, flight into Egypt, massacare of the Innocents, and return from Egypt, and takes up the story with the return of the Holy Family into Galilee.ルークは、賢者の事件、エジプトへの飛行、罪のない者massacare、エジプトからの戻り値を省略し、ガリラヤに聖家族のリターンで物語を占めている。 We prefer to interpret Luke's words as indicating a return to Galilee immediately after the presentation.我々はすぐにプレゼンテーションの後にガリラヤへのリターンを示しているとルークの言葉を解釈することを好む。 The stay at Nazareth was very brief.ナザレの滞在は非常に短いものでした。 Thereafter the Holy Family probably returned to abide in Bethlehem.その後聖家族はおそらくベツレヘムに従うことに戻った。 Then the Magi came.その後、東方の三博士がやってきた。 It was "in the days of King Herod" (Matthew 2:1), ie before the year 4 BC (AUC 750), the probable date of Herod's death at Jericho.これは、今年4 BC(AUCは750)、エリコのヘロデ王の死の概日前すなわち、(マタイ2:1) "ヘロデ王の時代に"でした。 For we know that Archelaus, Herod's son, succeeded as ethnarch to a part of his father's realm, and was deposed either in his ninth (Josephus, Bel. Jud., II, vii, 3) or tenth (Josephus, Antiq., XVII, xviii, 2) year of office during the consulship of Lepidus and Arruntius (Dion Cassis, lv, 27), ie, AD 6.我々はアーケレーアス、ヘロデ王の息子は、父親のレルムの一部に行政長官として成功し、彼の第九(ヨセフス、ベル。ユート。、II、VII、3)または第10(ヨセフス、リュブリャナのいずれかで解任されたことを。、XVII知るための、18、2)オフィスの年間レピドゥスとArruntius(ディオンカシス、LV、27)、すなわちAD 6の領事の時。 Moreover, the Magi came while King Herod was in Jerusalem (vv. 3, 7), not in Jericho, ie, either the beginning of 4 BC or the end of 5 BC Lastly, it was probably a year, or a little more than a year, after the birth of Christ.ヘロデ王がエリコで、すなわち、エルサレム(vv. 3、7)ではありませんでしたしながらさらに、東方の三博士は、最後に紀元前4の最初または5紀元前の終わりか、来て、それはおそらく年だったか、それよりもう少し今年は、キリストの誕生後。 Herod had found out from the Magi the time of the star's appearance.ヘロデ王は、東方の三博士から星の出現の時間を発見した。 Taking this for the time of the Child's birth, he slew the male children of two years old and under in Bethlehem and its borders (v. 16).彼はベツレヘムとその境界(動16)で、子供の出産の時のために2歳以下の男性の子供をこれをスルー撮影。 Some of the Fathers conclude from this ruthless slaughter that the Magi reached Jerusalem two years after the Nativity (St. Epiphanius, "Haer.", LI, 9; Juvencus, "Hist. Evang.", I, 259).父親の中には、東方の三博士は、2年降誕後にエルサレムに達したことを、この冷酷な虐殺から結論(聖エピファニオス、LI、9 "Haer。"; "。シーッEvang"ユーベンクス、I、259)。 Their conclusion has some degree of probability; yet the slaying of children two years old may possibly have been due to some other reason - for instance, a fear on Herod's part that the Magi had deceived him in the matter of the star's appearance or that the Magi had been deceived as to the conjunction of that appearance with the birth of the Child.彼らの結論は、確率のいくつかの学位を有し、まだ2歳の子供の殺害は、おそらくいくつかの他の理由が原因であったかもしれない - 例えば、東方の三博士が星の外観の問題、あるいはその彼をだましたことをヘロデの部分に恐怖マギは子供の誕生とその出現の組み合わせのようにだまされていた。 Art and archeaology favour our view.アートと考古学は、我々の見解を支持している。 Only one early monument represents the Child in the crib while the Magi adore; in others Jesus rests upon Mary's knees and is at times fairly well grown (see Cornely, "Introd. Special. in NT", p.203).マギが崇拝しながらつだけ早い記念碑はベビーベッドで子供を表し、他のものではイエスがマリアの膝の上に載っており、かなりよく成長時期にある(、Cornely "Introd学を特別NTインチ"を参照してください、p.203)。

From Persia, whence the Magi are supposed to have come, to Jerusalem was a journey of between 1000 and 1200 miles.ペルシャから、東方の三博士がエルサレムに、来ていることになっているそこからは1000〜1200マイルの旅でした。 Such a distance may have taken any time between three and twelve months by camel.このような距離はラクダで3と12ヶ月の間の任意の時間を取られている可能性があります。 Besides the time of travel, there were probably many weeks of preparation.旅行時以外にも、何週間もの準備はおそらくあった。 The Magi could scarcely have reached Jerusalem till a year or more had elapsed from the time of the apperance of the star.マギはほとんどスターのapperanceの時から経過していた年間以上までエルサレムに達しなかったかもしれません。 St. Augustine (De Consensu Evang., II, v, 17) thought the date of the Epiphany, the sixth of January, proved that the Magi reached Bethlehem thriteen days ofter the Nativity, ie, after the twenty-fifth of December.聖アウグスティヌス(デConsensu Evang。、II、V、17)は、エピファニーの日、1月の第六は、東方の三博士がベツレヘムthriteen日は12月の第25の後降誕、すなわち、ofter達したことを証明したと思った。 His argument from liturgical dates was incorrect.典礼の日から彼の主張は間違っていました。 Neither liturgical date is certainly the historical date.どちらも典礼日付は、確かに歴史的な日です。 (For an explanation of the chronological difficulties, see Chronology, Biblical, Date of the Nativity of Jesus Christ.) In the fourth century the Churches of the Orient celebrated the sixth of January as the feast of Christ's Birth, the Adoration by the Magi, and Christ's Baptism, whereas, in the Occident, the Birth of Chirst was celebrated on the twenty-fifth of December. (時系列困難の説明については、イエス·キリストの降誕の年表、聖書、Dateを参照してください。)4世紀には東洋の教会はキリストの誕生のごちそうは、東方の三博士の礼拝で、1月の第六を迎えキリストの洗礼は、一方で、西洋では、Chirstの誕生は、12月の第25日に祝われました。 This latter date of the Nativity was introduced into the Church of Antioch during St. Chrysostom's time (PG, XLIX, 351), and still later into the Churches of Jerusalem and Alexandria.キリスト降誕のこの後者の日付は聖クリュソストモスの時間(パプアニューギニア、49、351)の間にアンティオキア教会に導入され、まだ後でエルサレムとアレキサンドリアの教会にいた。

That the Magi thought a star led them on, is clear from the words (eidomen gar autou ton astera) which Matthew uses in 2:2.東方の三博士が星がマシューは2時02分に使用単語(eidomenガーautouトンラサ)から明らかなように、それらを導いたと思った。 Was it really a star?それは本当にスターだった? Rationalists and rationalistic Protestants, in their efforts to escape the supernatural, have elaborated a number of hypotheses:合理主義と合理主義プロテスタントは、超自然を脱出するための努力で、多くの仮説を精緻化している:

The word aster may mean a comet; the star of the Magi was a comet.ワードASTERは彗星を意味するかもしれません;マギの星は彗星だった。 But we have no record of any such comet.しかし、我々はこのような彗星の記録がない。

The star may have been a conjunction of Jupiter and Saturn (7 BC), or of Jupiter and Venus (6 BC).星は木星と土星(7 BC)の、または、木星と金星(6 BC)の組み合わせだったのかもしれない。

The Magi may have seen a stella nova, a star which suddenly increases in magnitude and brilliancy and then fades away.東方の三博士がステラノヴァ、突然消えた後の大きさと輝きに増加し、星を見ている可能性があります。

These theories all fail to explain how "the star which they had seen in the east, went before them, until it came and stood over where the child was" (Matthew 2:9). これらの理論は、すべての (マタイ2:9) "それが来て、子供があった場所の上に立ってまで、彼らが東方で見た星が、彼 ​​らの前に行った"方法を説明するために失敗する The position of a fixed star in the heavens varies at most one degree each day.天の恒星の位置は毎日せいぜい1度を変化させます。 No fixed star could have so moved before the Magi as to lead them to Bethlehem; neither fixed star nor comet could have disappeared, and reappeared, and stood still.ベツレヘムにそれらを導くように固定された星はとても賢者の前に移動できなかっただろう、どちらも恒星も彗星の姿を消し、再び現れて、じっと立っていたかもしれない。 Only a miraculous phenomenon could have been the Star of Bethlehem.唯一の奇跡的な現象は、ベツレヘムの星だったかもしれない。 it was like the miraculous pillar of fire which stood in the camp by night during Israel's Exodus (Exodus 13:21), or to the "brightness of God" which shone round about the shepherds (Luke 2:9), or to "the light from heaven" which shone around about the stricken Saul (Acts 9:3).それはイスラエルのエクソダス(出エジプト記13:21)の間に夜にキャンプに立っていた火の奇跡的な柱のようであったか、羊飼い(ルカ2:9)周りを照らしたので、 "神の明るさ"に、または "に被災ソール(行為午前9時03分)程度の周りに輝いていた天からの光 "。

The philosophy of the Magi, erroneous though it was, led them to the journey by which they were to find Christ.それがあったにもかかわらず、誤った東方の三博士の哲学は、彼らがキリストを見つけるためにしたのと旅にそれらを導いた。 Magian astrology postulated a heavenly counterpart to complement man's earthly self and make up the complete human personality.マギ僧の占星術は、男のこの世の自己を補完し、完全な人間の人格を補うために、天の相手を仮定した。 His "double" (the fravashi of the Parsi) developed together with every good man until death united the two.死団結2までごとに良い男と一緒に開発された彼の "二重"(パールシーのfravashi)。 The sudden appearance of a new and brilliant star suggested to the Magi the birth of an important person.新しいと華麗なスターの突然の出現は、東方の三博士に大切な人の誕生を示唆した。 They came to adore him - ie, to acknowledge the Divinity of this newborn King (vv. 2, 8, 11).彼らは彼を崇拝するようになった - すなわち、この生まれたばかりの王(vv. 2、8、11)の神性を認めること。 Some of the Fathers (St. Irenaeus, "Adv. Haer.", III, ix, 2; Progem. "in Num.", homil. xiii, 7) think the Magi saw in "his star" a fulfilment of the prophesy of Balaam: "A star shall rise out of Jacob and a sceptre shall spring up from Israel" (Numbers 24:17).父親の一部(聖エイレナイオス、 "前売Haer。"、III、IX、2;。Progem "Numに" homil XIII、7)は、東方の三博士は、 "彼の星"の預言の成就を見たと思うバラムの "星がヤコブから出て上昇しなければならないと笏はイスラエルから跳ね上がるものとする"(民数記24:17)。 But from the parallelism of the prophesy, the "Star" of Balaam is a great prince, not a heavenly body; it is not likely that, in virtue of this Messianic prophesy, the Magi would look forward to a very special star of the firmament as a sign of the Messias.しかし、予言の並列から、バラムの "スター"は偉大な王子ではなく、天体であり、それは、この救世主予言の美徳は、東方の三博士は、大空の非常に特別なスターを楽しみにしてというのはよくあることではありませんmessiasはの印として。 It is likely, however, that the Magi were familiar with the great Messianic prophesies.これは、東方の三博士は偉大な救世主予言に精通していたこと、しかし、可能性があります。 Many Jews did not return from exile with Nehemias.多くのユダヤ人がNehemiasと亡命から戻りませんでした。 When Christ was born, there was undoubtedly a Hebrew population in Babylon, and probably one in Persia.キリストが生まれたとき、そこにヘブライ語の人口はバビロンに間違いなくあった、そしておそらくペルシャの1。 At any rate, the Hebrew tradition survived in Persia.いずれにせよ、ヘブライ語の伝統がペルシャに生き残った。 Moreover, Virgil, Horace, Tacitus (Hist., V, xiii), and Suetonius (Vespas., iv) bear witness that, at the time of the birth of Christ, there was throughout the Roman Empire a general unrest and expectation of a Golden Age and a great deliverer.また、ウェルギリウス、ホラティウス、タキトゥス(チャンネルです、V、13)、とスエトニウス(Vespas.、ⅳ)クマキリストの誕生の時に、ローマ帝国全体にあったが、目撃者の一般的な不安と期待黄金時代と偉大な救世主。 We may readily admit that the Magi were led by such hebraistic and gentile influences to look forward to a Messias who should soon come.我々は容易に東方の三博士がもうすぐ来るはずのmessiasを楽しみにするようなヘブライ風と異邦人の影響によって導かれたことを認めることがあります。 But there must have been some special Divine revelation whereby they knew that "his star" meant the birth of a king, that this new-born king was very God, and that they should be led by "his star" to the place of the God-King's birth (St. Leo, Serm. xxxiv, "In Epiphan." IV, 3).彼らは "彼の星は"王の誕生を意味したことを知っていたそれによってしかし、この生まれたばかりの王は非常に神だったこと、そしてそれらがの代わりに "彼の星"によって導かれるべきであること、いくつかの特別な神の啓示があったに違いない神王の誕生(聖レオ、SERM。34、 "Epiphanで。" IV、3)。 The advent of the Magi caused a great stir in Jerusalem; everybody, even King Herod, heard their quest (v. 3).マギの出現は、エルサレムで大きな物議を醸した、皆も、ヘロデ王は、彼らの探求(対3)を聞いた。 Herod and his priests should have been gladdened at the news; they were saddened.ヘロデ王とその祭司たちはそのニュースを聞いてハッピーされている必要があり、彼らは悲しみに包まれた。 It is a striking fact that the priests showed the Magi the way, but would not go that way themselves.それは司祭が賢者の道を示したことが印象的な事実であるが、そのように自分自身を行かないだろう。 The Magi now followed the star some six miles southward to Bethlehem, "and entering into the house [eis ten oikian], they found the child" (v. 11).マギは今、ベツレヘムにいくつかの6マイル南の星を追った "と家に入る[EIS 10 oikian]、彼らは子見つかった"(対11)。 There is no reason to suppose, with some of the Fathers (St. Aug., Serm. cc, "In Epiphan.", I, 2), that the Child was still in the stable.と仮定する理由は、父のいくつかと、ありません(聖8月、SERM。ccは、 "Epiphanで。"と、私は、2)は、子供が安定にまだあったこと。 The Magi adored (prosekynesan) the Child as God, and offered Him gold, frankincense, and myrrh.東方の三博士が神として(prosekynesan)子供を崇拝し、彼に黄金、乳香、没薬を提供した。 The giving of gifts was in keeping with Oriental custom.贈り物の付与はオリエンタルカスタムと調和していた。 The purpose of the gold is clear; the Child was poor.金の目的が明確であること。子供が不良であった。 We do not know the purpose of the other gifts.我々は、他のギフトの目的を知らない。 The Magi probably meant no symbolism.東方の三博士はおそらくない象徴を意味しません。 The Fathers have found manifold and multiform symbolic meanings in the three gifts; it is not clear that any of these meanings are inspired (cf. Knabenbauer, "in Matth.", 1892).父親は3つの贈り物、マニホールドと多象徴的な意味を発見した、それの意味は次のいずれかが( "。Matthの"参照Knabenbauer、1892)に触発されていることは明確ではありません。

We are certain that the Magi were told in sleep not to return to Herod and that "they went back another way into their country" (v. 12).私たちは、東方の三博士がヘロデに戻り、(対12) "彼らが戻って自分たちの国に別の方法を行った"ことをしない睡眠中に言われたことを確信しています。 This other way may have been a way to the Jordan such as to avoid Jerusalem and Jericho; or a roundabout way south through Beersheba, then east to the great highway (now the Mecca route) in the land of Moab and beyond the Dead Sea.この他の方法は、エルサレムとエリコを避けるためにヨルダンなどへの道だったかもしれない、または、モアブの地で、死海を越えて偉大な幹線道路(現在のメッカルート)へ回り道ベエルシバを通じて南、その後東。 It is said that after their return home, the Magi were baptized by St. Thomas and wrought much for the spread of the Faith in Christ.それは、彼らの帰国後、東方の三博士は、セント·トーマスによってバプテスマを受けたと、キリストへの信仰の普及のためにはるかに精巧に作られたと言われています。 The story is traceable to an Arian writer of not earlier than the sixth century, whose work is printed, as "Opus imperfectum in Matthæum" among the writings of St. Chrysostom (PG, LVI, 644).物語は、その作品は、聖クリュソストモス(PG、LVI、644)の文章のうち、 "Matthæumでオーパスimperfectum"として、印刷された第6世紀よりも前ではないの牡羊座生まれの作家にトレーサブルです。 This author admits that he is drawing upon the apocryphal Book of Seth, and writes much about the Magi that is clearly legendary.この著者は、彼がセツの偽書によって描画されていることを認めている、と明らかに伝説のあるマギについて多く書いている。 The cathedral of Cologne contains what are claimed to be the remains of the Magi; these, it is said, were discovered in Persia, brought to Constantinople by St. Helena, transferred to Milan in the fifth century and to Cologne in 1163 (Acta SS., I, 323). (1163年アクタSSをこれらが、それは言われて、ペルシャで発見された、5世紀にはミラノに移され、セントヘレナでコンスタンティノープルに持ってきて、ケルンへ、ケルンの大聖堂は、東方の三博士の遺骨であると主張されるものが含まれています。、私は、323)。

Publication information Written by Walter Drum.ウォルタードラムによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by John Szpytman.ジョンSzpytman転写されています。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.カトリック百科事典は、ボリュームIX。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク


Magi東方の三博士

Orthodox Information 正教会情報

(This information may not be of the scholastic quality of the other articles in BELIEVE. Since few Orthodox scholarly articles have been translated into English, we have had to rely on Orthodox Wiki as a source. Since the Wikipedia collections do not indicate the author's name for articles, and essentially anyone is free to edit or alter any of their articles (again, without any indication of what was changed or who changed it), we have concerns. However, in order to include an Orthodox perspective in some of our subject presentations, we have found it necessary to do this. At least until actual scholarly Orthodox texts are translated from the Greek originals!) (この情報は信じていますの他の記事の学力の質ではないかもしれない。少数の正統派学術論文を英語に翻訳されているので、我々はソースとして正教会ウィキに頼らざるを得なかった。Wikipediaのコレクションは、作成者の名前を示すものではありませんので、記事がために、本質的には誰でも自分の記事のいずれかを(再度、変更したり、それを誰が変更した内容の表示のない)を編集したり変更したりして自由である、我々は懸念を持っていますしかし、我々の主題のいくつかでオーソドックスな視点を含めるためにプレゼンテーション、我々はこれを行うことが必要と認めていますが、実際の学術的正統派テキストはギリシャ語の原本から翻訳されるまで、少なくとも!)

According to the Gospel of Matthew (2:1-16), the wise men or Magi followed a star to the birth place of Christ.マタイの福音書(2:1-16)によると、賢者や東方の三博士がキリストの誕生の場所にスターを追った。 It was written that they were from the east and that they brought three gifts to Christ; gold, frankincense, and myrrh.それは彼らが東からあったことを、彼らはキリストに3つの贈り物を持ってきたことを書かれました。黄金、乳香、没薬を。 Since there were three gifts, it has been inferred that there were three Magi. 3つの贈り物があったので、それは3つのマギがあったことが推測されている。 In Latin tradition dating from the seventh century,(from a greek manuscript) their names are given as Gaspar (or Caspar/Jasper), Melchior and Balthasar.第七世紀からラテン語の伝統では、(ギリシア語写本から)その名前はガスパル(またはカスパル/ジャスパー)、メルヒオールとバルタザールのように与えられる。 According to one tradition, the Magi were baptized by the Apostle Thomas, and became bishops. 1伝統によると、東方の三博士は、使徒トマスによってバプテスマを受け、そして司教となった。 The Church commemorates the Magi as saints; the Eastern feast day of the Magi is December 25.教会は聖人としてマギを記念し、賢者の東部饗宴日は12月25日です。

There are numerous variations of the names of the Magi in Greek, but the most common variation is for the name Gaspar which in Greek is Γιάσπερος (yiasperos) which is Anglicized as Jasper.そこにギリシャの賢者の名前の多数のバリエーションがありますが、最も一般的な変動は、ギリシャ語でジャスパーとして英国化されたあるΓιάσπερος(yiasperos)です名ガスパルのためのものです。



This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです