Manuscripts of the Bible聖書の写本

Catholic Information カトリックの情報

Manuscripts are written, as opposed to printed, copies of the original text or of a version either of the whole Bible or of a part thereof.原稿は、プリントとは対照的に、書かれている、オリジナルのテキストや聖書全体のまたはその一部のいずれかのバージョンのコピー。 After introductory remarks on manuscripts in general, we shall take up in detail the Hebrew, Greek, Latin, Syriac, Armenian, and Coptic manuscripts of the Bible; manuscripts of other versions are not important enough to come within the scope of this article.一般的に写本の前置きをした後、我々は詳細にヘブライ語、ギリシャ語、ラテン語、シリア語、アルメニア語、聖書のコプト語写本を取るものとし、他のバージョンの原稿はこの記事の範囲内に入ることほど重要ではありません。

I. IN GENERAL一般規定Ⅰ。

Manuscripts may be conveniently divided into papyrus and vellum manuscripts.原稿は、便利なパピルスと羊皮紙の写本に分けることができる。

BELIEVE Religious Information Source web-siteダウンロードビリーヴ

フォント ダウンロード宗教
情報
BELIEVE Religious Information Sourceダウンロード宗教的な情報ソースを信じる
Our List of 2,300 Religious Subjects

たち2300宗教的な科目 のリスト
E-mailダウンロード E-メール
(1) Papyrus manuscripts (1)パピルス写本

In the Roman Empire of the first three centuries of our era, papyrus was the ordinary writing material.私たちの時代の最初の3つの世紀のローマ帝国では、パピルスは、普通の筆記具であった。 Made out of strips of pith taken from the stem of the Egyptian water-plant of the same name, papyrus was very fragile, became brittle in air, crumbled with use, could not resist the disintegrating force of moisture and was quite impracticable for book-form.同じ名前のエジプトの水植物の茎から採取した髄のストリップから作られ、パピルスは非常にもろかった空気中で脆くなり、使用に崩れ、水分の崩壊力に抵抗できませんでしたとのために非常に非現実的であったブックフォーム。 All papyrus manuscripts of every sort are lost to us save such as were buried in exceedingly dry soil, like that of Upper and Middle Egypt.あらゆる種類のすべてのパピルス写本は、上部および中央にエジプトのそれのような、非常に乾燥した土の中に埋められていたような私たちを救うために失われます。 Here the ignorant fellaheen at one time wantonly destroyed vast quantities of papyrus manuscripts.一度ここで無知なfellaheenは気まぐれパピルス写本の膨大な量を破壊した。 Egyptian excavators now prevent such destruction and keep on adding to our very considerable collections of papyri.エジプトのショベルは現在、そのような破壊を防止し、パピルスの私たちの非常にかなりのコレクションに追加し続ける。 It is more than likely that the New Testament sacred writers or their scribes used ink and rolls of fragile papyrus for their autographa (2 Corinthians 3:3; 2 John 12).これは、新約聖書神聖な作家やその律法学者たちは彼らのグラファ(; 2ジョン12 2コリント3:3)のインクと壊れやすいパピルスのロールを使用した可能性が高い以上です。 These original manuscripts probably perished towards the end of the first or the opening of the second century.これらの元の原稿は、おそらく第一または第二世紀の開口部の端部に向かって死んだ。 We find no trace of them in either the Apostolic or the apologetic Fathers, -- unless we except Tertullian's words, "the authentic letters of the Apostles themselves", which are now generally set aside as rhetorical.我々は、ローマ教皇や申し訳なさそう父親のどちらかで、それらの痕跡も見当たらない - 私たちはテルトゥリアヌス​​の言葉は、現在一般的修辞として確保され、 "使徒自身の本物の手紙"以外の場合は除きます。 A significant proof of the early loss of the autograph copies of the New Testament is the fact that Irenæus never appeals to the original writings but only to all the painstaking and ancient copies (en pasi tois spoudaiois kai archaiois antigraphois), to the witness of those that saw John face to face (kai martyrounton auton ekeinon ton katopsin ton Ioannen heorakoton), and to the internal evidence of the written word (kai tou logou didaskontos hemas).新約聖書の直筆コピーの早期の損失の重要な証拠は、これらの目撃者に、元の文章にだけすべての骨の折れると古代のコピー(JA PASI tois spoudaiois会archaiois antigraphois)に決して訴えをエイレナイオス事実ですそのジョンは顔(カイmartyrounton auton ekeinonトンkatopsinトンIoannen heorakoton)に直面しているを見て、書かれた単語(カイ塔logou didaskontos hemas)の内部証拠に。

(2) Vellum manuscripts (2)ベラム写本

Egypt clung to her papyrus rolls until the eighth century and even later.エジプト、8世紀まで、彼女のパピルスロールにしがみついて、さらにそれ以降。 Vellum had been used before the time of Christ (cf. Pliny, "Historia Naturalis", xiii, 11), and during the time of the Apostles (2 Timothy 4:13).ベラムは、キリストの時代(参照プリニウス、 "ヒストリアナチュラ"、13、11)の前に、使徒との時間(2テモテ4:13)の間に使用されていた。 In the third century, it began, outside of Egypt, to supersede papyrus; in the early part of the fourth century vellum and the codex, or book-form, gained complete victory over papyrus and the roll-form.第四世紀の初めの部分ベラムとコーデックス、または本形式は、完全なパピルスの勝利とロール状を得て、第3世紀には、それはパピルスに代わるものとして、エジプトの外、始まった。 When Constantine founded his capital of the Byzantine Empire, he ordered Eusebius to have fifty manuscripts of the Bible made on vellum (somatia en diphtherais) for use in the churches of Byzantium (Vita Constant., IV, 36).コンスタンティンは、ビザンチン帝国の彼の首都を設立したとき、彼はビザンチンの教会で使用(ヴィータ定数。、IV、36)(somatia専用diphtherais)ベラムで行われた聖書の50の写本を持ってユーセビアス命じた。 To the fourth century belong the earliest extant Biblical manuscripts of anything but fragmentary size. 4世紀に何かが、断片的な大きさの現存する最古の聖書写本が所属しています。

(3) Palimpsests (3)Palimpsests

Some vellum manuscripts of the greatest importance are palimpsests (from Lat. palimpsestum, Gr. palimpsestos, "scraped again"), -- that is, they were long ago scraped a second time with pumice-stone and written upon anew.彼らはずっと前に軽石の石で二度目をすりむいたと改めてにより書かれていたが、 - 最も重要ないくつかのベラム写本はpalimpsests(。ラッツpalimpsestum、Grのpalimpsestosから、 "再び掻き")である。 The discovery of palimpsests led to the reckless of bigoted charge of wholesale destruction of Biblical manuscripts by the monks of old. palimpsestsの発見は昔の僧による聖書の写本の大規模な破壊の頑迷電荷の無謀につながった。 That there was some such destruction is clear enough from the decree of a Greek synod of AD 691, which forbade the use of palimpsest manuscripts either of the Bible or of the Fathers, unless they were utterly unserviceable (see Wattenbach, "Das Schriftwessen im Mittelalter", 1896, p. 299).彼らは(参照ワッテンバハ、 "ダスSchriftwessenイムMittelalter全く無用であった場合を除き、いくつかのような破壊があったことは、聖書のか、父親のどちらパリンプセスト写本の使用を禁じた紀元691のギリシャの教会会議の判決から十分に明らかである"、1896年、p。299)。 That such destruction was not wholesale, but had to do with only worn or damaged manuscripts, is in like manner clear enough from the significant fact that as yet no complete work of any kind has been found on a palimpsest.そのような破壊は、卸売はありませんでしたが、唯一の摩耗または損傷した原稿としなければならなかった、まだとしていかなる種類の完全な作業がパリンプセストに発見されていない重要な事実から十分に明確な方法のようである。 The deciphering of a palimpsest may at times be accomplished merely by soaking it in clear water; generally speaking, some chemical reagent is required, in order to bring back the original writing.時にはパリンプセスト05の解読を澄んだ水に浸漬するだけで達成することが、一般的に言えば、いくつかの化学試薬は、元の文章を元に戻すために、必要とされる。 Such chemical reagents are an infusion of nutgalls, Gioberti's tincture and hydrosulphuret of ammonia; all do harm to the manuscript.このような化学試薬はnutgalls、ベルティのチンキ剤とアンモニアのhydrosulphuretの注入され、すべての原稿に害を及ぼす。 Wattenbach, a leading authority on the subject, says: "More precious manuscripts, in proportion to the existing supply, have been destroyed by the learned experimenters of our time than by the much abused monks of old."ワッテンバハ、被写体の第一人者は、言う: "その他の貴重な写本は、既存の供給に比例して、古いのずっと虐待された僧侶たちがより我々の時間の学習実験によって破壊されました。"

II. Ⅱ。 HEBREW MANUSCRIPTSヘブライ語写本

(1) Age (1)年齢

(a) Pre-Massoretic text ()事前にテキストmassoretic

The earliest Hebrew manuscript is the Nash papyrus.最古のヘブライ語写本は、ナッシュパピルスです。 There are four fragments, which, when pieced together, give twenty-four lines of a pre-Massoretic text of the Ten Commandments and the shema (Exodus 20:2-17; Deuteronomy 5:6-19; 6:4-5).つなぎ合わせたとき、十戒とシェマのプレテキストmassoretic(申命記5:6-19; 6:4-5出エジプト20:2-17)の24行を与える、4つのフラグメントがありますが、 。 The writing is without vowels and seems palæographically to be not later than the second century.書き込みは母音なしですとpalæographically後二世紀を超えないように思われる。 This is the oldest extant Bible manuscript (see Cook, "A Pre-Massoretic Biblical Papyrus" in "Proceed. of the Soc. of Bib. Arch.", Jan., 1903).これは、現存する最古の聖書写本(クック、 "事前のmassoretic聖書のパピルス"を参照してください "SOCの進みを。よだれかけ。アーチ"、1月、1903)。 It agrees at times with the Septuagint against the Massorah.それはMassorahに対してセプトゥアギンタと時間に同意するものとします。 Another pre- Massoretic text is the Samaritan Pentateuch.別のプリmassoreticテキストは、サマリア五です。 The Samaritan recension is probably pre-exilic; it has come down to us free from Massoretic influences, is written without vowels and in Samaritan characters.サマリア人の校訂本は、おそらく事前に追放であり、それはmassoreticの影響から自由に私たちに降りてくる、母音なしで、サマリア人の文字で書かれています。 The earliest Samaritan manuscript extant is that of Nablûs, which was formerly rated very much earlier than all Massoretic manuscripts, but is now assigned to the twelfth or thirteenth century AD Here mention should be made of the non-Massoretic Hebrew manuscripts of the Book of Ecclesiasticus.現存する最古の写本は、サマリア人の本集会の書の非massoreticのヘブライ語写本で作られるべきである以前は非常に以前のすべてのmassoretic原稿よりも評価されましたが、今ここで言及する第12回または13世紀の広告に割り当てられているナブルスのことです。 These fragments, obtained from a Cairo genizah (a box for wornout or cast-off manuscripts), belong to the tenth or eleventh century of our era.カイロgenizah(wornoutまたはキャストオフ原稿用のボックス)から得られたこれらの断片は、私たちの時代第10または11世紀に属しています。 They provide us with more than a half of Ecclesiasticus and duplicate certain portions of the book.彼らは集会の書の半分以上を提供してくれると本の特定の部分を複製します。 Many scholars deem that the Cairo fragments prove Hebrew to have been the original language of Ecclesiasticus (see "Facsimiles of the Fragments hitherto recovered of the Book of Ecclesiasticus in Hebrew", Oxford and Cambridge, 1901).多くの学者は、カイロ断片がヘブライ語の集会の元の言語(、オックスフォードとケンブリッジ、1901年 "ヘブライ語で本集会の書の回収、これまで断片のファクシミリ"を参照)であったと証明するものとみなす。

(b) Massoretic text (b)のテキストmassoretic

All other Hebrew manuscripts of the Bible are Massoretic (see MASSORAH), and belong to the tenth century or later.聖書の他のすべてのヘブライ語写本は(MASSORAHを参照)massoreticのもので、その後の第十世紀に属しているか。 Some of these manuscripts are dated earlier.これらの原稿のいくつかは、以前にリリースされた。 Text-critics consider these dates to be due either to intentional fraud or to uncritical transcription of dates of older manuscripts.テキストの批評家は、これらの日付のいずれか意図的な詐欺や古い写本の日付のいいかげんな転写のためであると考えています。 For instance, a codex of the Former and Latter Prophets, now in the Karaite synagogue of Cairo, is dated AD 895; Neubauer assigns it to the eleventh or thirteenth century.例えば、前者と後者の預言者のコーデックスは、現在カイロのカライ派ユダヤ教の礼拝堂では、AD 895に日付を記入されています。ノイバウアーは第11または13世紀にそれを割り当てます。 The Cambridge manuscript no.ケンブリッジ写本なし。 12, dated AD 856, he marks as a thirteenth-century work; the date AD 489, attached to the St. Petersburg Pentateuch, he rejects as utterly impossible (see Studia Biblica, III, 22). 12は、西暦856日付で、彼は13世紀の作品としてマークし、サンクトペテルブルクの五に取り付けた日西暦489、彼は全く不可能拒否(Studia Biblica、III、22参照)。 Probably the earliest Massoretic manuscripts are: "Prophetarium Posteriorum Codex Bablyonicus Petropolitanus", dated AD 916; the St. Petersburg Bible, written by Samuel ben Jacob and dated AD 1009; and "Codex Oriental. 4445" in the British Museum, which Ginsburg (Introduction, p. 469) assigns to AD 820-50.おそらく最古のmassoretic原稿は、以下のとおりです。西暦916日付 "Prophetarium PosteriorumコデックスBablyonicus Petropolitanus";サンクトペテルブルク聖書、サミュエルベンジェイコブによって書かれ、紀元1009年に日付を記入、そして "コーデックスオリエンタル4445"大英博物館で、ギンズバーグ(はじめ、p。469)は、AD 820から50に割り当てられます。 The text critics differ very widely in the dates they assign to certain Hebrew manuscripts.テキストの批評家は、彼らが特定のヘブライ語写本に割り当てる日付で非常に大きく異なっている。 De Rossi is inclined to think that at most nine or ten Massoretic manuscripts are earlier than the twelfth century (Variæ Lectiones, I, p. xv).デ·ロッシは最大で9または10 massoretic原稿は12世紀(VariæLectiones、私は、p。XV)よりも前であることを考えるように傾斜している。

(2) Number (2)数

Kennicott, the first critical student of the Massoretic text, either examined or had others examine 16 Samaritan manuscripts, some 40 printed texts and 638 Massoretic manuscripts (see "Dissertatio Generalis in Vetus Testam. Hebraicum", Oxford, 1780).ケニコット、massoreticテキストの最初の重要な学生は、検査または他の人が16サマリア人の原稿を調べていたか、いくつかの40のプリントのテキストと638 massoretic原稿( "Vetus TestamでDissertatio Generalis。Hebraicum"、オックスフォード、1780を参照)。 He numbered these manuscripts in six groups: nos. NOS:彼は6つのグループにこれらの原稿に番号を付けた。 1-88, Oxford manuscripts; nos. 1から88まで、オックスフォード原稿; NOS。 89-144, other manuscripts of English-speaking countries; nos.英語圏の国の89から144まで、他の原稿; NOS。 145-254, manuscripts of continental Europe; nos.ヨーロッパ大陸の145から254まで、原稿; NOS。 255-300, printed texts and various manuscripts; nos. 255から300まで、印刷テキストや様々な原稿; NOS。 301-694, manuscripts collated by Brunsius. 301から694まで、Brunsiusによって照合写本。 De Rossi (Variæ Lectiones Vet. Test.) retained the numeration of Kennicott and added a list of 479 manuscripts, all his own personal property, of which unfortunately 17 had already received numbers from Kennicott.デロッシ(VariæLectiones獣医。テスト。)ケニコットの命数を保持し、残念ながら17既にケニコットから数値を受け取っていたそのうちの479の原稿は、すべて彼自身の個人的なプロパティのリストを追加しました。 De Rossi later added four supplementary lists of 110, 52, 37, and 76 manuscripts.デ·ロッシは、後で110の4つの補助的なリスト、52、37、および76の原稿を追加しました。 He brought the number of Massoretic manuscripts up to 1375.彼は1375年にmassoretic原稿の数を育てた。 No one has since undertaken so colossal a critical study of the Hebrew manuscripts.誰からヘブライ語写本のように巨大な重要な研究を行っていない。 A few of the chief manuscripts are more exactly collated and compared in the critical editions of the Massoretic text which were done by S. Baer and Fr.チーフ原稿のいくつかは、より正確に照合およびS.ベーアと神父によって行われたテキストmassoreticクリティカルエディションで比較されます。 Delitzsch and by Ginsburg.デリッチとギンズバーグによる。 To the vast number of Hebrew manuscripts examined by Kennicott and De Rossi must be added some 2000 manuscripts of the Imperial Library of St. Petersburg, which Firkowitsch collated at Tschufut-Kale ("Jews' Rock") in the Crimea (see Strack, "Die biblischen und massoretischen Handschriften zü Tschufut-Kale" in "Zeits. für luth. Theol. und Kirche", 1875).ケニコットとデロッシで調べヘブライ語写本の膨大な数に "Firkowitschは(シュトラックを参照して、クリミアで("ユダヤ人 "ロック")Tschufut-ケールで照合サンクトペテルブルクの帝国図書館の一部2000の原稿を追加しなければなりません。ダイbiblischenウントmassoretischen Handschriften Zeits "の"。Tschufut ZU-ケールエリーゼのためルース。Theol。ウントシュタイン "、1875)。

(3) Worth (3)ワース

The critical study of this rich assortment of about 3400 Massoretic rolls and codices is not so promising of important results as it would at first thought seem to be.約3400 massoreticのロールとのCODECのこの豊富な品揃えの重要な研究は、それが最初に考えたのであるように思えるでしょうとして重要な結果のために有望ではありません。 The manuscripts are all of quite recent date, if compared with Greek, Latin, and Syriac codices. 、ギリシャ語ラテン語、シリア語写本と比較した場合の原稿は、かなり最近の日付のすべてです。 They are all singularly alike.彼らはすべて単独で似ている。 Some few variants are found in copies made for private use; copies made for public service in the synagogues are so uniform as to deter the critic from comparing them.いくつかのいくつかの変異体は、私的使用目的で作成されたコピーで発見され、会堂での公共サービスのために作られたコピーは、それらを比較してから評論家を抑止するように統一されています。 All Massoretic manuscripts bring us back to one editor -- that of a textual tradition which probably began in the second century and became more and more minute until every jot and tittle of the text was almost absolutely fixed and sacred.すべてのmassoretic原稿は1エディタに戻って私たちをもたらす - すべてはメモするとテキストの点画まで、おそらく第二世紀に始まったと、より多くの分となった原文の伝統のあることは、ほぼ絶対に固定し、神聖だった。 R. Aqiba seems to have been the head of this Jewish school of the second century. R. Aqibaは、第二世紀のこのユダヤ人の校長であったようだ。 Unprecedented means were taken to keep the text fixed.前例のない手段はテキストが固定しておくために撮影された。 The scholars counted the words and consonants of each book, the middle word and middle consonants, the peculiarities of script, etc. Even when such peculiarities were clearly due to error or to accident, they were perpetuated and interpreted by a mystical meaning.学者がそれぞれの本、ミドルワードやミドル子音の単語や子音を数え、スクリプトの特殊性などがそのような特殊性が明確にエラーや事故に起因していた場合であっても、それらは生まれついての神秘的な意味で解釈されていました。 Broken and inverted letters, consonants that were too small or too large, dots which were out of place -- all these oddities were handed down as God-intended.ブロークンと反転文字、小さすぎたり大きすぎだった子音、場違いであった点 - 神 - 意図したとおりにすべてのこれらの奇妙な振る舞いが下された。 In Gen., ii, 4, bebram ("when they were created"), all manuscripts have a small Hê.大将は、2世、4、bebram( "彼らが作成されたとき")では、すべての原稿が小さい彼を持っています。 Jewish scholars looked upon this peculiarity as inspired; they interpreted it: "In the letter Hê he created them"; and then set themselves to find out what that meant.This lack of variants in Massoretic manuscripts leaves us hopeless of reaching back to the original Hebrew text save through the versions. "手紙の彼で、彼はそれを作成した"と、その後massoretic原稿の変種のことmeant.This不足が元に戻って到達する私たちは絶望的なままに何かを見つけるために自分自身を設定し、彼らはそれを解釈し、ユダヤ人学者は、インスピレーションとして、このクセを見下ろしていましたヘブライ語のテキストはバージョンを通して保存します。 Kittel in his splendid Hebrew text gives such variants as the versions suggest.バージョンが示唆するように、彼の華麗なヘブライ語のテキストキッテルは、このような変異体を与える。

III. Ⅲ。 GREEK MANUSCRIPTSギリシャの原稿

(1) In General (1)一般に

Greek manuscripts are divided into two classes according to their style of writing -- uncials and minuscules.なuncialsとminuscules - ギリシア語写本は、書き込みの自分のスタイルに応じて2つのクラスに分けられます。

(a) Uncials were written between the fourth and tenth centuries, with large and disconnected letters. (a)には、大規模なuncialsと切断文字で、第四と10世紀の間に書かれた。 These letters were not capitals but had a distinctive form: epsilon, sigma, and omega were not written EPSILON, SIGMA, OMEGA, as are those capitals in inscriptions; rho, phi, psi, and at times upsilon were prolonged above or below the line.これらの文字は大文字ではなかったが、独特の形を持っていた:イプシロン、シグマ、オメガは、それらの資本が碑文にあるようにイプシロン、シグマ、オメガを、書き込まれていなかった;ρ、φ、ψを、時にはウプシロンでラインの上または下に延長した。 Words were not separated; neither accents nor punctuation marks were used; paragraphs were marked off only by a very small lacuna; the letters were uniform and artistic; ligatures were used only for the most ordinary words -- IC (Iesous), KC (Kyrios), XC (Christos), ICL (Israel), PNA (pneuma), DLD (David), ANOC (anthropos), PER (pater), MER (mater), OUC (pater), CER (soter), OUNOC (ouranos).単語は分離されなかった;アクセントも句読点どちらが使用された第一項又は第二項は、非常に小さな裂孔ではオフにマークされていた、文字が均一で、芸術的であった。合字は、ほとんどの普通の単語のためにのみ使用されていました - IC(Iesous)、KC(キュリオス)、XC(クリストス)、ICL(イスラエル)、PNA(プネウマ)に、DLD(デイヴィッド)、ANOC(anthropos)、PER(ペイター)、MER(母校)、OUC(ペイター)、CER(soter)、OUNOC(ouranos )。 In the sixth century, began a decadence of the elegant uncial writing. 6世紀には、エレガントなアンシャル執筆の退廃を開始しました。 Twists and turns were given to certain letters.紆余曲折は、特定の文字に与えられた。 In the seventh century, more letters received flourishes; accents and breathings were introduced; the writing leaned to the right. 7世紀には、それ以上の文字は華麗を受けて、アクセントとてbreathingsが導入されました。書き込みが右に傾いていた。

(b) Minuscules (b)はMinuscules

While uncials held sway in Biblical manuscripts, minuscules were employed in other works.なuncialsは、聖書の写本の中に揺れを開催しながら、minusculesは他の作品に採用された。 During the ninth century, both uncial and minuscule manuscripts of the Bible were written.九世紀の間に、聖書の両方アンシャル体と極小の原稿が書かれていました。 The latter show a form of writing so fully developed as to leave no doubt about its long standing use.後者は、その長年の使用について疑う余地はないように十分に発達した書面のフォームが表示されます。 The letters are small, connected, and written with a running hand.文字が小さくて、接続されており、実行中の手で書かれた。 After the tenth century, minuscules were used until, in the fifteenth century, manuscripts were superceded by print. 15世紀に、原稿が印刷に取って代わられた、まで、第十一世紀の後、minusculesを使用した。

(2) Old Testament manuscripts (2)旧約聖書の写本

(a) Septuagint (LXX) (a)はセプトゥアギンタ(LXX)

There are three families of Septuagint manuscripts -- the Hexaplaric, Hesychian, and Lucianic. Hexaplaric、Hesychian、そしてLucianic - セプトゥアギンタ写本の3家族が暮らしている。 Manuscripts of Origen's Hexapla and Tetrapla were preserved at Cæsarea by his disciple Pamphilus.原産地の6カ国語対訳とTetraplaの原稿は彼の弟子Pamphilusによりカイザリヤで保存した。 Some extant manuscripts (vg aleph and Q) refer in scholia to these gigantic works of Origen.いくつかの現存写本(VGアレフとQ)は原産地のこれらの巨大な作品に複数形にしてください。 In the fourth century, Pamphilus and his disciple Eusebius of Cæsarea reproduced the fifth column of the Hexapla, ie Origen's Hexaplaric Septuagint text, with all his critical signs.第四世紀には、Pamphilusとのcæsarea彼の弟子ユーセビアスは彼のすべての重要なサインで、カ国語対訳書、すなわち原産地のHexaplaricセプトゥアギンタのテキストの第5列を再現しました。 This copy is the source of the Hexaplaric family of Septuagint manuscripts.このコピーは、セプトゥアギンタ写本のHexaplaric家族の源である。 In course of time, scribes omitted the critical signs in part or entirely.時間の経過では、律法学者たちは、重要な兆候の一部または全体を省略した。 Passages wanting in the Septuagint, but present in the Hebrew, and consequently supplied by Origen from either Aquila or Tehodotion, were hopelessly commingled with passages of the then extant Septuagint. 、通路をセプトゥアギンタに欠けているが、ヘブライ語に存在し、その結果、アクイラまたはTehodotionどちらから原産地によって供給は絶望的にその後現存セプトゥアギンタの通路と入り交じっていた。 Almost at the same time two other editions of the Septuagint were published -- those of Hesychius at Alexandria and of Lucian at Antioch.ほぼ同時にセプトゥアギンタの他の二つのエディションが発表されました - アレキサンドリアHesychiusのとアンティオキアでルシアンのものを。 From these three editions the extant manuscripts of the Septuagint have descended, but by ways that have not yet been accurately traced.これらの3つのエディションからセプトゥアギンタの写本が現存するが、まだ正確にトレースされていない方法で、降りてきた。 Very few manuscripts can be assigned with more than probability to one of the three families.非常にいくつかの写本は3つの家族の一つに確率以上を割り当てることができます。 The Hexaplaric, Hesychian, and Lucianic manuscripts acted one upon the other. Hexaplaric、Hesychian、そしてLucianic写本は他の時に1を演じた。 Most extant manuscripts of the Septuagint contain, as a result, readings of each and of none of the great families.セプトゥアギンタのほとんど現存写本は、結果として、それぞれの、偉大な家族のいずれの測定値が含まれています。 The tracing of the influence of these three great manuscripts is a work yet to be done by the text-critics.これらの3つの偉大な写本の影響のトレースはテキスト批評家によって行われるべきまだ仕事です。

Papyrus.パピルス。 -- About sixteen fragments on papyrus are extant. - パピルス16についての断片が現存しています。 Of these, the most important are:これらのうち、最も重要なものは次のとおりです。

Oxyrhyncus Pap.パパニコロウOxyrhyncus。 656 (early third cent.), containing parts of Gen., xiv-xxvii, wherein most of the great vellum manuscripts are wanting. 656(初期の第三セントです。)、偉大なベラム写本のほとんどが欠けていることを特徴大将は、XIV-XXVIIの部分を含む。

British Museum Pap.大英博物館のPap。 37, at times called U (seventh cent.), containing part of Psalms (Hebrew) x-xxxiii. 37、詩篇(ヘブライ語)× - 33の一部を含む、U(第七セントです。)と呼ばれる時間に。

A Leipzig Pap.ライプツィヒのPAP。 (fourth cent.) containing Psalms xxix-liv. (第四セントです。)詩篇XXIX-LIVを含む。 These two Psalters give us the text of Upper Egypt.これら2 Psaltersは私たちに上エジプトのテキストを与える。

A Heidelberg Pap.ハイデルベルクのPap。 (seventh cent.) containing Azch., iv, 6-Mal., iv, 5. (7セント)。Azchを含む。、四、6-MAL。、IV、5。

A Berlin Pap.ベルリンパップ。 (fourth or fifth cent.) containing about thirty chapters of Genesis. (4または5セントです。)創世記30章程度含む。

Vellum Uncial.アンシャルベラム。 -- Parsons collated 13 uncial and 298 minuscule manuscripts of the Septuagint; the former he designated with Roman numerals, I-XIII, the latter with Arabic numbers, 14-311 (cf., "VT Græcum cum Variis Lectionibus", Oxford, 1798). - パーソンズは、セプトゥアギンタの13アンシャルと298非常に小さい原稿を照合し、彼はローマ数字で指定前者は、I-XIII、アラビア数字で、後者、14から311を(参照、 "VTGræcum兼Variis Lectionibus"、オックスフォード、1798 )。 Legarde designated the uncials by Roman and Greek capitals. Legardeは、ローマやギリシャの首都でなuncialsに指定した。 This designation is now generally accepted (cf. Swete, "Introduction to the Old Testament in Greek", Cambridge, 1902, 148).この指定は、現在一般的に(参照スウィートは、 "旧約聖書のギリシャ語入門"、ケンブリッジ、1902、148)受け入れられている。

aleph -- S, Cod.アレフ - S、タラです。 Sinaiticus (fourth century; 43 leaves at Leipzig, 156 together with NT at St. Petersburg) contains fragments of Gen. and Num.; I Par., ix, 27-xix, 17; Esd.写本(4世紀、ライプチヒで43葉、サンクトペテルブルクでのNTと一緒に156)の大将とNumの断片を含んでいます。私はパー、IX、27-XIX、17;。静電気。 ix, 9-end; Esth.; Tob.; Judith; I and IV Mach.; Isa.; Jer.; Lam., i, 1-ii, 20; Joel; Ab.-Mal.; the Poetical Books; the entire New Testament; the Epistle of Barnabas and part of the "Shepherd" of Hermas. IX、9エンド、esthです;トブ;ジュディス、IとIVマッハ;伊佐;エレミヤ;。ラム、私は、1 - Ⅱ、20;ジョエル; Ab.-MAL;詩的書籍;全体の新約聖書、バルナバとのhermas "羊飼い"の一部の信徒。 The text is mixed.テキストが混在している。 In Tobias it differs much from A and B. Its origin is doubtful.トビアス、それははるかに異なっているからと、その起源は疑問であるB.。 Two correctors (Ca and Cb) are of the seventh century.二つコレクター(CaおよびCb)は七世紀のものである。 Ca tells us at the end of Esth. Caはesthですの終わりを告げています。 that he compared this manuscript with a very early copy, which Pamphilus testified had been taken from and corrected according to the Hexapla or Origen.彼はPamphilusから取られていたと証言したとカ国語対訳書や原産地に応じて補正ごく初期のコピーでこの原稿を比較した。

A, or Cod. 、またはタラです。 Alexandrinus (fifth century; in British Museum) contains complete Bible (excepting Ps. 1-20-lxxx, 11, and smaller lacunæ) and includes deuterocanonical books and fragments, the apocryphal III and IV Mach., also I and II Clem.アレクサンドリア写本は(5世紀、大英博物館で)完全な聖書を(PS 1-20-LXXX、11、小さい窩を除く)が含まれており、第二正典と断片、作り話IIIおよびIVマッハを含み、また、IとIIのクレムを。 Its origin is Egyptian and may be Hesychian.その起源はエジプトであるとHesychianかもしれません。 It differs much from B, especially in Judges.それは、特に裁判官に、Bからずっと異なります。 Two scribes wrote the manuscript.二つの律法学者たちは原稿を書いている。 The corrector belonged to about the same time.補正は、同じくらいの時間に属していた。

B, or Cod. A、B、またはタラです。 Vaticanus (fourth century; in the Vatican) contains complete Bible. Vaticanus(4世紀、バチカンでは)を含む完全なバイブル。 The Old Testament lacks Gen., i, 1-xivi, 28; I and II Mach.; portions of 2 Samuel 2; and Psalms, cv-cxxxvii. 2サミュエル2の部分;; IとIIマッハ、旧約聖書創世記は、i、1 - xivi、28を欠いていると詩篇、CV-cxxxvii。 The New Testament wants Heb., ix, 14; I and II Tim.; Titus.; Apoc.新約聖書はヘブルを望んでいる、IX、14;。IおよびIIティム;タイタス; apocです。 Its origin is Lower Egyptian.その起源は、Lowerエジプトです。 Hort thinks it akin to the text used by Origen in his Hexapla.ホルトは彼の6カ国語対訳書の原産地によって使用されているテキストにそれは同類と思っている。

C, or Codex Ephræmi Rescriptus (fifth century palimpsest, in National Library, Paris) contains 64 leaves of Old Testament; most of Eccl.; parts of Ecclus.; Wisd.; Prov. C、またはコーデックスEphræmiRescriptus(国立図書館、パリ五世紀パリンプセストは、)は、旧約聖書の64葉が含まれています。Ecclのほとんど; Ecclusの部品;。Wisd;箴。 and Cant.; 145 out of 238 leaves of New Testament.とカント;新約聖書の238葉の145から。

D, or The Cotton Genesis (fifth century; in British Museum) contains fragments of Gen.; was almost destroyed by fire in 1731, but had been previously studied. D、またはコットン創世記(5世紀;大英博物館)の大将の断片が含まれている、ほぼ1731年の火災で焼失したが、以前に研究されていた。

E, or Cod. E、またはタラです。 Bodleianus (ninth or tenth century; in Bodl. Libr., Oxford) contains Heptateuch fragments. Bodleianus(9または10世紀;。Bodl LIBRで、オックスフォード)七書のかけらが入っています。

F, or Cod. F、またはタラです。 Ambrosianus (fifth century; at Milan) contains Heptateuch fragments. Ambrosianusは(5世紀;ミラノで)七書のかけらが入っています。

G, or Cod.グラム、またはタラです。 Sarravianus (fifth century; 130 leaves at Leyden; 22 in Paris, one in St. Petersburg) contains the Hexaplaric Octateuch (fragments) with some of the asterisks and obeli of Origen. Sarravianus(5世紀;ライデンで130葉;パリで22日サンクトペテルブルクの1)は、原産地のアスタリスクとobelusの複数形のいくつかとHexaplaric Octateuch(フラグメント)が含まれています。

H, or Cod. H、またはタラです。 Petropolitanus (sixth century; in Imperial Libr., St. Petersburg) contains portions of Numbers. Petropolitanus(6世紀;インペリアルLIBRで、サンクトペテルブルク)の数字の部分が含まれています。

I, or Cod. I、またはタラです。 Bodleianus (ninth century; in Bodl. Libr., Oxford) contains the Psalms. Bodleianus(九世紀;。Bodl LIBRで、オックスフォード)詩篇が含まれています。

K, or Cod. K氏やタラです。 Lipsiensis (seventh century; in Univ. of Leipzig) contains fragments of Heptateuch. Lipsiensis(7世紀;大学ライプツィヒの中では)七書のかけらが含まれています

L, or The Vienna Genesis (sixth century; in Imperial Libr., Vienna) contains incomplete Genesis, written with silver letters on purple vellum. L、またはウィーン創世記(6世紀;インペリアルLIBRで、ウィーン)ベラム紫色銀色の文字で書かれた不完全ジェネシスが含まれています。

M, or Cod. M、またはタラです。 Coislinianus (seventh century; in National Library, Paris) contains Heptateuch and Kings. Coislinianusは(7世紀、国立図書館、パリ)とキングス七書が含まれています。

NV, or Cod. NV、またはタラです。 Basiliano-Venetus (eighth or ninth century; partly in Venice and partly in Vatican) contains complete Gen., Ex., and part of Lev., and was used with B in the critical edition of the Septuagint (Rome, 1587). Basiliano-Venetusは(8または9世紀;一部はヴェネツィアの一部とバチカンで)。完全な大将は、EX、およびレフの一部が含まれており、セプトゥアギンタ(ローマ、1587)の校訂版でBで使用されました。

O, or Cod. O、またはタラです。 Dublinensis (sixth century; in Trinity College, Dublin) contains fragments of Isaias. Dublinensis(6世紀、トリニティカレッジ、ダブリンでは)isaiasのかけらが含まれています。

Q, or Cod. Q、またはタラです。 Marchalianus (sixth century, in Vatican) contains Prophets, complete; is very important, and originated in Egypt. Marchalianus(6世紀、バチカンでは)完全に預言者が含まれていますし、非常に重要であり、エジプトで始まった。 The text is probably Hesychian.テキストは、おそらくHesychianです。 In the margins are many readings from the Hexapla; it also gives many Hexaplaric signs.余白にカ国語対訳書から多くの測定値であり、それはまた、多くのHexaplaric兆しを与える。

R, or Cod. R、またはタラです。 Veronensis (sixth century; at Verona) contains Gr. Veronensis(6世紀、ヴェローナでは)Grを含んでいます。 and Lat.と緯度。 Psalter and Canticles.詩篇と賛美歌。

T, or Cod. T、またはタラです。 Zuricensis, the Zürich Psalter (seventh century) shows, with R, the Western text; silver letters, gold initials, on purple vellum. RとZuricensis、チューリッヒ詩篇(7世紀)を示し、西洋のテキスト、銀文字、ゴールドイニシャル、ベラム紫色。

W, or Cod. W、またはタラです。 Parisiensis (ninth century; in National Library, Paris) contains fragments of Psalms. Parisiensis(九世紀、国立図書館、パリ)の詩篇の断片が含まれています。

X, or Cod. X、またはタラです。 Vaticanus (ninth century; in Vatican) contains the Book of Job. Vaticanusは(九世紀、バチカンの)書籍の仕事が含まれています。

Y, or Cod. Y、またはタラです。 Tauriensis (ninth century; in National Library, Turin) contains Lesser Prophets. Tauriensis(九世紀、国立図書館、トリノ)はレッサー預言者が含まれています。

Z, or Cod. Z、またはタラです。 Tischendorf (ninth century) contains fragments of Kings; published by Tischendorf.ティッシェンドルフ(九世紀)は、キングスの断片が含まれています。ティッシェンドルフによって公開。

Gamma, or Cod.ガンマ、またはタラです。 Cryptoferrantensis (eighth or ninth century; at Grottaferrata) contains fragments of Prophets. Cryptoferrantensis(8または9世紀;グロッタフェッラータでは)預言者の断片が含まれています。

Delta, or Cod.デルタ、またはタラです。 Bodleianus (fourth or fifth century; Oxford, in Bodl. Libr.) contains a fragment of Daniel. Bodleianusは(4または5世紀;。Bodl LIBRオックスフォード)、ダニエルの断片が含まれています。

Theta, or Cod.シータ、またはタラです。 Washington (fifth or sixth century, to be in Smithsonian Institution), contains Deut.-Jos., found in Egypt, one of the Freer manuscripts.ワシントン(第5または第6世紀、スミソニアン博物館になるように)が、申命-ヨスが含まれています、エジプト、フリーア写本の一つで見つかる。 There are likewise seven uncial Psalters (two complete) of the ninth or tenth century and eighteen rather unimportant fragments listed by Swete (op. cit., p. 140). 9または10世紀の7アンシャルPsalters(2つの完全な)とスウィート(前掲書、p。140)によって記載されている18むしろ重要でない断片が同様にあります。

Vellum Minuscule.極小ベラム。 More than 300 are known but unclassified. 300人以上が知られているが、分類されていないされています。 The Cambridge Septuagint purposes to collate the chief of these minuscules and to group them with a view to discriminating the various recensions of the Septuagint.ケンブリッジセプトゥアギンタの目的は、これらのminusculesのチーフを照合すると、セプトゥアギンタの様々なrecensionsを弁別する観点から、それらをグループ化する。 More than half of these manuscripts are Psalters and few of them give the entire Old Testament.もっとこれらの原稿の半分以上がP​​saltersあり、それらのいくつかは全体の旧約聖書を与える。 In editing his Alcalá Polyglot, Cardinal Ximenes used minuscules 108 and 248 of the Vatican.彼のアルカラポリグロットの編集では、枢機卿Ximenesはバチカンのminuscules 108および248を使用していました。

(b) Aquila (b)はアクイラ

(See VERSIONS OF THE BIBLE). (聖書のバージョンを参照してください)​​。 Manuscript traces of the text of Aquila are found inアクイラのテキストの原稿のトレースはで発見され

fragments of Origen's third columns, written as marginal notes to some manuscripts, such as Q;例えばQのようないくつかの写本に傍注として書か原産地の3番目の列の断片、;

the Milan palimpsest of the Hexapla, a most important tenth century copy found by Mercati in 1896.カ国語対訳書のミラノパリンプセスト、1896年にMercatiで見つかった最も重要な10世紀のコピー。 It contains about eleven Psalms, has no Hebrew column, and uses the space thereof for variant readings;それは、11詩篇について含まれないヘブライ語の列を持っていない、およびバリアントの読み取りには、そのスペースを使用しています。

the Cambridge fragment, seventh century, discovered in a Cairo genizah.カイロgenizahで発見されたケンブリッジ·フラグメントは、7世紀、。 It contains parts of Ps.それは、Psの部分が含まれています。 xxi (see Taylor, "Cairo Genizah Palimpsests", 1900). XXI(テイラーは、 "カイロGenizah Palimpsests"を参照してください、1900)。 The name Jahweh is written in old Hebrew letters.名前ヤハヴェは古いヘブライ文字で書かれています。

The Cairo fragments of the fourth and fifth centuries; three palimpsests (containing 1 Kings 20:7-17; 2 Kings 23:11-27) published by Burkitt in 1897; and four portions of the Psalms (lxxxix, 17-xci, 10; xcv, 7- xcvi, 12; xcviii, 3; ci, 16-cii, 13) published by Taylor (op. cit.).第4世紀から5世紀のカイロの断片; 1897年にバーキットによって発行されたものを含む。3 palimpsests(2王23:11-27 1キングス20:7-17を含む)、そして詩篇の4つの部分(八十九、17-XCI、10 ; XCV、7 - 九十六、12;。九十八、3; CI、16-CII、13)テイラー(前掲)で発表した。

The fourth-century papyrus fragments of Gen., i, 1-5, published, 1900, by Grenfell and Hunt.大将は、私は、1月5日の第4世紀のパピルス断片はグレンフェルとハントで、1900年を出版した。

(c) Theodotion (c)はTheodotion

(See VERSIONS OF THE BIBLE). (聖書のバージョンを参照してください)​​。 The Book of Daniel of Theodotion is found in the Septuagint manuscripts previously mentioned. Theodotionのダニエル書は、前述セプトゥアギンタの写本で発見されます。 The Milan palimpsest contains his text in part.ミラノパリンプセストは、部分的には彼のテキストが含まれています。

(d) Symmachus (d)のシンマクス

(See VERSIONS OF THE BIBLE). (聖書のバージョンを参照してください)​​。 Manuscript sources are the Milan palimpsest, Cambridge fragment, and Hexaplaric marginal notes, all of which are manuscript sources of Aquila.原稿源はアクイラの原稿源であるすべてはミラノパリンプセスト、ケンブリッジ断片、およびHexaplaric傍注です。

(3) New Testament manuscripts (3) 新約聖書の写本

(a) In General ()は一般に

There are, according to the latest authority on this subject, von Soden ("Die Schriften des NT in ihrer ältesten erreichbaren Textgestalt", Berlin, 1902), 2328 New Testament manuscripts extant.このテーマに関する最新の権威、フォン·ゾーデン( "死ぬSchriftenデihrerältestenerreichbaren TextgestaltでNT"、ベルリン、1902年)、現存2328新約聖書の写本によると、あります。 Only about 40 contain, either entire or in part, all the books of the New Testament.わずか約40は、全体または一部、新約聖書のすべての書籍が含まれています。 There are 1716 manuscript copies of the Gospels, 531 of the Act, 628 of the Pauline Epistles, 219 of the Apocalypse.福音の1716原稿のコピー、法531、パウロの書簡628、黙示録の219があります。 The commonly received numeration of the New Testament manuscripts is that of Wettstein; uncials are designated by Roman and Greek capital, minuscules by Arabic numbers.新約聖書写本のよく受信記数ウェットシュタインのことはされています。なuncialsはminusculesはアラビア数字で、ローマやギリシャの首都で指定される。 These manuscripts are divided into the above-mentioned four groups -- Gospels, Acts, Pauline Epistles, Apocalypse.福音書、使徒行伝、パウロの書簡、黙示録 - これらの原稿は、上記の4つのグループに分けられます。 In the case of uncials, an exponent is used to designate the group referred to.なuncialsの場合には、指数部が呼ばれるグループを指定するために使用されます。 D or Dev is Cod. DまたはDevはタラです。 Bezæ, a manuscript of the Gospels; D3 or Dpaul is Cod. Bezæ、福音書の写本、D3またはDpaulはタラです。 Claromontanus, a manuscript of the Pauline Epistles; E2 or Eact is Cod. Claromontanus、パウロの書簡の写本、E2またはEactはタラです。 Laudianus, a manuscript of the Acts. Laudianus、行為の原稿。 The nomenclature is less clear for minuscules.命名はminusculesためそれほど明確ではありません。 Each group has a different set of numbers.各グループには、番号のセットを持っています。 If a minuscule be a complete manuscript of the New Testament, it is designated by four different numbers.非常に小さいが、新約聖書の完全な写本であるなら、それは4つの異なる番号によって指定されます。 One and the same manuscript at Leicester is Evan.レスターで一つの同じ原稿はエヴァンです。 69, Act. 69、法律。 31, Paul. 31、ポール。 37, Apoc. 37、apocです。 14. 14。 Wettestein's lists of New-Testament manuscripts were supplemented by Birch and Schols; later on Scrivener and Gregory continued the lists, each with his own nomenclature.新旧約聖書の写本のWettesteinのリストはバーチと奨学金取得試験によって補完された、後に書士とグレゴリーは、それぞれ自分自身の命名で、リストを続けた。 Von Soden has introduced a new numeration, so as to indicate the contents and date of the manuscripts.フォンゾーデンは、原稿の内容と日付を示すように、新しい命数を導入しています。 If the content be more than the Gospels, it is marked delta (that is, diatheke, "testament"); if only the Gospels, eta (ie, euaggelion, "gospel"); if aught else save the Gospels, alpha (that is, apostolos).他いやしくも福音書、アルファを保存した場合(つまり、唯一の福音書、η(すなわち、euaggelion、 "福音書")の場合、コンテンツは福音以上になる場合は、デルタ(、diathekeつまり、 "遺言")とマークされ)、アポストです。 B is delta-1; aleph is delta-2; Q is epsilon-4, etc. No distinction is made between uncials and minuscules. Bは、デルタ-1であり、アレフは、デルタ2であり、Qがあり区別はなuncials minusculesとの間でなされていない等、ε-4です。 Scholars admit the logic and scientific worth of this new numeration, but find it too unwieldy and impracticable.学者たちは、この新しい命数の論理と科学的価値を認めるが、それはあまりにも扱いにくいと実行不可能見つける。

(b) Payrus (b)はPayrus

In the Archduke Rainer collection, Vienna, are several very fragmentary bits of New Testament Greek phrases, which Wessely, the curator of that collection, assigns to the second century.大公ライナーコレクション、ウィーンでウェセリー、そのコレクションの学芸員は、第二世紀に割り当てる新約聖書ギリシャ語のフレーズのいくつかの非常に断片的なビットである。 The Grenfell and Hunt excavations in Oxyrhyncus brought to light various fragments of the New Testament which Kenyon, the assistant keeper of the manuscripts of the British Museum, assigns to the latter part of the third century. Oxyrhyncusでグレンフェルとハント発掘はケニヨン、大英博物館の原稿のアシスタントキーパーは、3世紀の後半​​に割り当て新約聖書の様々な断片を明るみに。 Only one papyrus manuscript of the New Testament is important to the text-critic -- Oxyrhyncus Pap. Oxyrhyncus PAP - 新約聖書の唯一のパピルス写本は、テキスト·批評家にとって重要である。 657, third-fourth century; it preserves to us about a third of the Epistle to the Hebrews, and epistle in which Codex B is defective. 657、第4世紀、それは信徒へのヘブル人への手紙の第三、およびコーデックスBが不良であるの信徒についての私達に保持されます。

(c) Vellum Uncials (c)はベラムなuncials

There are about 160 vellum uncials of the New Testament; some 110 contain the Gospels or a part thereof.新約聖書の約160ベラムなuncialsがありますが、いくつかの110は、福音書又はその一部が含まれています。 The chiefest of these uncials are the four great codices of the entire Greek Bible, aleph, A, B, C, for which, see above.これらなuncialsのchiefestは、上記を参照してくださいその完全ギリシャ語聖書、アレフ、A、B、Cの4つの偉大なのCODECです。 The Vatican (B) is the oldest and probably the best New Testament manuscript.バチカン(B)は最も古く、おそらく最高の新約聖書写本である。

D. or Cod. D.またはタラです。 Bezæ (qv) (fifth or sixth century; in University Library, Cambridge) contains Gospels and Acts in Gr. Bezæ(QV)(第5または第6世紀;大学図書館、ケンブリッジ)、福音書とGrの行為が含まれています。 and Lat., excepting Acts, xxii, 29 to the end; it is a unique specimen of a Greek manuscript whose text is Western, ie that the Old Latin and Old Syriac.そしてラッツ、除く行為、XXII、最後まで29;。それはテキスト西洋である、すなわちその古ラテン語とシリア語旧約のギリシア語写本のユニークな標本である。

D3 or Cod. D3またはタラです。 Claromonianus (probably sixth century; in Nat. Libr., Paris) contains Pauline Epistles in Gr. Claromonianus(おそらく第六世紀;。ナットLIBR、パリ)でgrパウロの書簡が含まれています。 and Lat., each text independent of the other.と緯度。、他の独立した各テキスト。 Before Hebrews is a list of the books of the New Testament and the number of lines (stichoi) in each; this list omits Thess., Heb., and Phil., includes four apocryphal books, and follows an unusual order: Matt., John, Mark, Luke, Rom., I and II Cor., Gal., Eph., I and II Tim., Titus, Col., Philem., I and II Pet., James, I, II and III John, Jude, Barnabas, Apoc., Acts, Hermas, Acts of Paul, Apoc. 。マット、:。ヘブル、このリストには、テサロニケ省略し、フィル、4作り話の書籍が含まれており、異例の順序に従っています。ヘブル人への手紙は、新約聖書とそれぞれの行数(stichoi)の本のリストになる前に。ヨハネ、マルコ、ルカ、ROMのです。、IとIIコリント、ギャル。、エペソ、IとIIテモテ、テトスへの手紙、コロサイ、Philem。、IとIIのペット。、ジェームズ、I、IIおよびIIIジョン、ジュード、バルナバ、apocです。、行為は、hermasは、ポールの行為apocです。 of Peter.ピーターの。

E, or Cod. E、またはタラです。 Basileensis (eighth century; in Univ. Libr., Basle) contains the Gospels. Basileensis(8世紀;。東大LIBR、バーゼルでは)gospelsが含まれています。

E2, or Cod. E2、またはタラです。 Laudianus (sixth century; Oxford, in Bodl. Library) contains Acts in Gr. Laudianusは(6世紀; Bodlオックスフォード、図書館)Grの行為が含まれています。 and Lat.と緯度。 The former is somewhat like D.前者はややDに似ています

E3, or Cod. E3、またはタラです。 Sangermanensis (ninth century; in Imper. Libr., St. Petersburg) contains Pauline Epistles in Gr. Sangermanensis(九世紀;。Imper LIBRで、サンクトペテルブルク)でgrパウロの書簡が含まれています。 and Lat.; of same family as D3.そしてラッツ; D3と同じファミリーの。

F, or Cod. F、またはタラです。 Boreeli (ninth century; at Utrecht), contains Gospels. Boreeliは(九世紀、ユトレヒトで)、gospelsが含まれています。

F3, or Cod. F3、またはタラです。 Augiensis (ninth century; in Trinity College, Cambridge), contains Pauline Epp. Augiensisは(九世紀、トリニティカレッジ、ケンブリッジ)、ポーリン·エップが含まれています。 in Gr. Grのインチ and Lat.; of the same family as D3, E3, and G3.そしてラッツ; D3、E3、G3のと同じ家族の。

G, or Cod.グラム、またはタラです。 Wolfii A (ninth or tenth century; at Cambridge, and London), contains the Gospels. Wolfii A(9または10世紀;ケンブリッジ大学、ロンドン)、gospelsが含まれています。

G3, or Cod. G3、またはタラです。 Boernerianus (ninth century; at Dresden), contains Paul Epp. Boernerianusは(九世紀、ドレスデンで)、ポール·エップが含まれています。 in Gr. Grのインチ and Lat.; text of D3 type.そしてラッツ; D3型のテキスト。

H, or Cod. H、またはタラです。 Wolfii B (ninth or tenth century; at Dresden), contains Paul Epp. Wolfii Bは(9または10世紀;ドレスデン)、ポール·エップが含まれています。 in Gr. Grのインチ and Lat.; text of D3 type.そしてラッツ; D3型のテキスト。

h2, or Cod. h2、またはタラです。 Mutinensis (ninth century; at Modena), contains Acts. Mutinensisは(九世紀、モデナにある)は、行為が含まれています。

h3, or Cod. h3、またはタラです。 Coislinianus (sixth century; originally at Mt. Athos where 8 leaves remain. Other parts were used for binding manuscripts; 22 leaves thus reached Paris; 3 which were discovered at St. Petersburg, Moscow and Kieff; 1 in Turin). Coislinianus(6世紀、もともと8葉が残る山アトス山で他の部分が結合原稿のために使用された; 22葉はこうしてパリに達し、サンクトペテルブルク、モスクワとKieffで発見された3;トリノの1)。 This manuscript gives us, in great part, a fourth-century text of Euthalius of Sulca.本稿では、大部分が、SulcaのEuthaliusの4世紀のテキストを与えてくれる。

K, or Cod. K氏やタラです。 Cyprius (ninth century; in Nat. Libr., Paris), contains the Gospels. Cypriusは(第9世紀;。ナットLIBR、パリ)、gospelsが含まれています。

K2, or Cod. K2、またはタラです。 Mosquensis (ninth century; in Holy Synod Library, Moscow), contains Acts, Cath., and Paul. Mosquensis(九世紀、聖務ライブラリで、モスクワ)、キャス、行為が含まれており、ポール。 Epp.エップ。

L, or Cod. L、またはタラです。 Regius (eighth century; in Nat. Libr., Paris), contains Gospels.レジアスは(8世紀;。ナットLIBR、パリ)、gospelsが含まれています。

L2, or Cod. L2、またはタラです。 Angelicus (ninth century; in Rome), contains Acts, Cath., and Paul. Angelicusは(九世紀、ローマの)、行為が含まれ、カテーテル法、ポール。 Epp.エップ。

M, or Cod. M、またはタラです。 Campianus (ninth century; in Nat. Libr., Paris), contains Gospels. Campianusは(第9世紀;。ナットLIBR、パリ)、gospelsが含まれています。

M3, or Cod. M3またはタラです。 Campianus (ninth century; in Nat. Libr., Paris), contains Gospels. Campianusは(第9世紀;。ナットLIBR、パリ)、gospelsが含まれています。

N, or Cod. N、またはタラです。 Purpureus, called also Petropolitanus (sixth century), contains Gospels in silver on purple vellum. Purpureus、(6世紀)Petropolitanusとも呼ばれ、紫色のベラム銀の福音書が含まれています。 About half the manuscript is extant: 182 leaves (found in Asia Minor, 1896) are in St. Petersburg, 33 at Patmos, 6 in the Vatican, 4 in British Museum, and 2 in Vienna.約半数の写本は現存:182葉(小アジア、1896年に発見)英博物館にパトモス島、バチカンで6,4で、サンクトペテルブルク33にあり、ウィーンの2。

P, or Cod. P、またはタラです。 Guelferbytanus A (sixth century; Wolfenbüttel), contains Gosp. Guelferbytanus Aは(6世紀;ヴォルフェンビュッテル)、Gospが含まれています。 fragments.断片。

P2, or Cod. P2、またはタラです。 Porphyrianus (ninth century; in St. Petersburg), contains Acts, Cath. Porphyrianusは(第9世紀;サンクトペテルブルク)は、行為が含まれ、カテーテル法です。 and Paul.とポール。 Epp.エップ。

Q, or Cod. Q、またはタラです。 Guelferbytanus B (fifth century; Wolfenbüttel), contains Gosp. Guelferbytanus B(5世紀;ヴォルフェンビュッテル)は、Gospが含まれています。 fragments.断片。

R, or Cod. R、またはタラです。 Nitriensis (sixth century; in British Museum, London), a palimpsest copy of Luke. Nitriensis(6世紀、大英博物館、ロンドン)、ルークのパリンプセストコピー。

T, or Cod. T、またはタラです。 Borgianus (fifth century; in Vatican), Gr. Borgianus(5世紀;バチカン)、GR。 and Sahidic fragments.とsahidicさフラグメント。 One has the double-ending of Mark; another has 17 leaves of Luke and John, and a text akin to B and alpha一つは、マークのダブルエンディングを持っている、もう一つは17ルークとジョンの葉、AとBとアルファに似たテキストを持っています

Z, or Cod. Z、またはタラです。 Dublinensis (sixth century; in Trinity Col., Dublin), a palimpsest containing 295 verses of Matt.; text probably Egyptian, akin to aleph 。マット295の詩を含むパリンプセスト;(トリニティ大佐は、ダブリンにある6世紀); Dublinensisテキストおそらくエジプト、アレフに似

Delta, or Cod.デルタ、またはタラです。 Sangallensis (ninth or tenth century; at Saint-Gall), contains Gospels in Gr. Sangallensisは(9または10世紀;サンガルで)、Grの福音書が含まれています。 and Lat.と緯度。

Lambda, or Cod.ラムダ、またはタラです。 Rossanensis (sixth century; at Rossano, in Calabria), contains Matt. Rossanensis(6世紀、ロッサノで、カラブリア)は、マットが含まれています。 and Mark, in silver letters on purple vellum with illustrations.イラスト入りのベラム紫色銀色の文字で、マーク、。 N, N、

Sigma, Sigma-b, and Phi are all akin and were probably produced at Constantinople from a single ancestor.シグマ、シグマ - b、およびPhiはすべて類似していますし、おそらく単一の祖先からコンスタンティノープルで制作しています。

Sigma-b, or Cod.シグマ - b、またはタラです。 Sinopensis (sixth century; in Nat. Libr., Paris), consists of 43 leaves (Matthew 7-24), in gold letters on purple vellum with 5 illustrations; it was bought by a French naval officer for a few francs, at Sinope, in 1899, and is called also Omicron and Hê. Sinopensis(6世紀;。ナットLIBRで、パリ)は、5イラスト入りのベラム紫色金の文字を43葉(マタイ7-24)、で構成されており、それがシノペで、いくつかのフランでフランスの海軍将校に買収されました、1899年、およびオミクロンと、彼も呼ばれている。

Phi, or Cod.ピピ、またはタラです。 Beratinus (sixth century; at Berat in Albania), contains Matt. Beratinusは(6世紀、アルバニアのベラト時)、マットが含まれています。 and Mark.とマーク。

Beth, or Cod.ベス、またはタラです。 Patirensis (fifth century; in the Vatican), contains Act., Cath. Patirensisは(5世紀;バチカン)、法が含まれている、キャス。 and Paul.とポール。 Epp.エップ。

The American manuscript of the Gospels (fifth century), found in Egypt, 1907, has not yet been published; nor have the fragments of the Pauline Epistles (sixth century) which were found at the same time.エジプトで見つかった福音書の写本アメリカ(5世紀)、1907年は、まだ公開されていません。も同時に発見されたパウロの書簡(6世紀)の断片を持っている。

(d) Vellum minuscules (d)のベラムminuscules

The vast numbers of minuscule witnesses to the text of the New Testament would seem to indicate a rich field of investigation for the text-critic.新約聖書のテキストに極小の目撃者の膨大な数は、テキスト·批評家のための調査の豊富なフィールドを示しているように思われる。 The field is not so rich at all.フィールドは全くそう豊かではありません。 Many of these minuscules have never been fully studies.これらminusculesの多くは完全に研究されたことがありません。 Ninety-five per cent.パーセント95。 of them are witnesses to the same type of text; that of the textus receptus.それらのテキストの同じタイプの証人である;その公認本文の。 Only those minuscules interest the text-critic which are distinctive of or akin to one of the great uncials.の特性や偉大なuncials 1に似ていのみminuscules金利テキスト評論家。 Among the Gospel minuscules, according to Gregory's numeration, the type of B-aleph is seen more or less in 33; 1, 118, 131, 209; 59, 157, 431, 496, 892.ゴスペルminusculesのうち、グレゴリーの命数によると、Bアレフの種類は33に多かれ少なかれ見られ、1、118、131、209、59、157、431、496、892。 The type of D is that of 235, 431, 473, 700, 1071; and of the "Ferrar group", 13, 69, 124, 346, 348, 543, 713, 788, 826, 828.と "Ferrarグループ"、13、69、124、346、348、543、713、788、826、828の、Dの型は、その235、431、473、700、1071のです。 Among the Acts minuscules, 31 and 61 show some kinship to B; 137, 180, 216, 224 to D. 15, 40, 83, 205, 317, 328, 329, 393 are grouped and traced to the fourth century text of Euthalius of Sulica.行為のminusculesのうち、31と61はBにいくつかの親族関係を示す; D. 15、40、83、205、317、328、329、393から224、137、180、216はEuthaliusの四世紀のテキストにまとめられ、追跡されSulicaの。 Among the Pauline minuscules, this same text (ie that of h3) is found in 81, 83, 93, 379, 381.ポーリーンminuscules、これと同じテキスト(すなわちh3のもの)の中で81、83、93、379、381に記載されています。

(e) Lectionaries (e)のLectionaries

There are some 1100 manuscripts of readings from the Gospels (Evangelia or Evangeliaria) and 300 manuscripts of readings from Acts and Epistles (Praxapostoli).福音書からの読み取り値(EvangeliaまたはEvangeliaria)の一部1100年の写本と行為との書簡(Praxapostoli)からの読み取り値の300原稿があります。 Although more than 100 of these lectionaries are uncials, they are of the ninth century or later.これらlectionariesの100人以上なuncialsであるが、それらは、九世紀以降のものである。 Very few of these books of the Epistles and Gospels have been critically examined.書簡と福音書のこれらの書籍は非常に少ないが、批判的に検討されてきた。 Such examination may later on serve to group the New Testament minuscules better and help to localize them.このような検査は、後に新約聖書が良いminusculesグループ化し、それらをローカライズするために助けるために働くことができる。

IV. Ⅳ。 LATIN MANUSCRIPTSラテン語原稿

Biblical manuscripts are far more uniform in Greek than in Latin script.聖書の写本は、ラテン語のスクリプトに比べてギリシャ語ではるかに均一である。 Palæography divides the Greek into uncials and minuscules; the Latin into uncials, semi-uncials, capitals, minuscules and cursives.古文書はなuncialsとminusculesにギリシャを分割;なuncialsにラテン、セミなuncials、柱頭、minusculesとcursives。 Even these divisions have subdivisions.でも、これらの部門では、細分化されています。 The time, place and even monastery of a Latin manuscript may be traced by the very distinct script of its text.ラテン語の原稿の時間、場所、さらには修道院は、そのテキストの非常に明瞭なスクリプトによってトレースすることができる。

(1) Old Latin (1)旧ラテン

Some 40 manuscripts have preserved to us a text which antedates the translation of St. Jerome; they are designated by small letters.約40の原稿は、私たちに聖ジェロームの翻訳をantedatesテキストを保存しました、彼らは、小さな文字で指定されています。 Unfortunately no two of these manuscripts represent to us quite the same text.これらの原稿は、残念ながら、二人は私たちに非常に同じテキストを表していません。 Corrections introduced by scribes and the inevitable influence of the Vulgate have left it a very difficult matter to group the Old Latin manuscripts.律法学者、ウルガタ聖書の必然的な影響を受けて導入された修正は、それグループ古ラテン語写本をすることは非常に難しい問題で残っている。 Text-critics now agree upon an African, a European and an Italian type of text.テキストの批評家は今やアフリカ、ヨーロッパとイタリア語のテキストを入力合意。 The African text is that mentioned by Tertullian (c. 150-220) and used by St. Cyprian (c. 200-258); it is the earliest and crudest in style.アフリカのテキストは、テルトゥリアヌス​​(紀元前150から220)が言及したと聖チプリアーノ(紀元前200から258)で使用されていることであり、それはスタイルでは最古と最も生々しいです。 The European text is less crude in style and vocabulary, and may be an entirely new translation.欧州のテキストスタイルと語彙の少ない原油であり、全く新しい翻訳かもしれません。 The Italian text is a version of the European and was revised by St. Jerome in parts of the Vulgate.イタリア語のテキストは、ヨーロッパのバージョンであり、ウルガタ聖書の部分で聖ジェロームによって改訂された。

The most important Old Latin manuscripts are the bilingual New Testament manuscripts D, D3, E2, E3, F3, G3, Delta.最も重要な古いラテン語写本はバイリンガル新約聖書写本、D、D3、E2、E3、F3、G3、デルタです。

a, or Cod. 、またはタラです。 Vercellensis (fourth century; at Vercelli), containing the Gospels. Vercellensis(4世紀;ヴェルチェッリで)、福音書を含む。

b, or Cod. a、b、またはタラです。 Veronensis (fifth century; at Verona), containing Gospels on purple vellum. Veronensis(5世紀;ヴェローナで)、紫色のベラムの福音書を含む。 a and b are our chief witnesses to the European text of the Gospels. aとbは、福音書のヨーロッパのテキストに私たちのチーフ証人です。

e, or Cod. e、またはタラです。 Palatinus (fifth century; at Vienna, -- one leaf is in Dublin), contains the Gosp.ペーチは(5世紀;ウィーンでは、 - つの葉は、ダブリンにある)、Gospが含まれています。 For Acts, e is Lat.行為については、eは緯度です。 of E2; for Paul. E2の、ポールのために。 Epp., e is Lat.エップ。、eは緯度です。 of E3. E3の。

f, or Cod. f、またはタラです。 Brixianus (sixth century; at Brescia), contains Gosp. Brixianusは(6世紀、ブレシアで)、Gospが含まれています。 on purple vellum; Italian type, thought by Wordsworth and White to be the best extant representative of the Old Latin text which St. Jerome used when revising the New Testament.紫色のベラムで、イタリアタイプ、新約聖書を改定する際聖ジェローム使用古いラテン語のテキストの最良の現存代表するワーズワースと白で考えていた。

ff2, or Cod. FF2、またはタラです。 Corbeiensis (fifth century; at Paris), contains the Gospels. Corbeiensis(5世紀;パリで)は、福音書が含まれています。

g, or Cod.グラム、またはタラです。 Gigas (thirteenth century; at Stockholm), a complete Bible; Acts and Apoc.ギガス(13世紀、ストックホルムで)、完全な聖書;行為とapoc。 are in Old Latin text and are the chief representative of the European type.古いラテン語のテキストにあり、ヨーロッパ型の首席代表である。

h, or Palimpsest de Fleury (fourth or fifth century; at Turin), contains Mark, vii-xvi, 8 and Matt., i-xv; earliest form of Old Latin, African type, closely akin to text used by Saint Cyprian. h、またはパリンプセストデフルーリ(4または5世紀;トリノで)、マルコ、VII-XVI、8とマットが含まれており、I-XV;。聖シプリアンによって使用されているテキストに酷似古ラテン語、アフリカ型の最古の形式、。

q, or Cod. q、またはタラです。 Monacensis (sixth or seventh century; at Munich, contains Gospels; Italian type of text. Monacensis(第6または7世紀;ミュンヘンでは、福音書が含まれています。イタリア語のテキストを入力します。

(2) Vulgate (2)ウルガタ

It is estimated that there are more than 8000 manuscripts of the Vulgate extant.それは現存のウルガタ聖書の8000以上の写本が存在すると推定されている。 Most of these are later than the twelfth century and have very little worth for the reconstruction of the text.これらのほとんどは、後十二世紀以上あり、テキストの再構築のための非常に少しの価値を持っています。 Tischendorf and Berger designate the chief manuscripts by abbreviations of the names: am.ティッシェンドルフとベルガーは、名前の略語でチーフ原稿を指定:午前。 = Amiatinus; fu. = Amiatinus;カンフー。 or fuld.またはファルド。 = Fuldensis. = Fuldensis。 Wordsworth and White, in their critical edition of the Gospel and Acts (1899-1905); use Latin capitals to note the 40 manuscripts on which their text depends.福音書と使徒行伝(1899-1905)の彼らの重要な版でワーズワースと白は、、彼らのテキストが依存している40の原稿を注意することはラテン大文字を使用します。 Gregory (Textkritik, II, 634) numbers 2369 manuscripts.グレゴリー(Textkritik、Ⅱ、634)番号2369の写本。 The most logical and useful grouping of these manuscripts is genealogical and geographical.これらの写本の中で最も論理的かつ有用なグループ化は系図や地理的です。 The work of future critics will be to reconstruct the text by reconstructing the various types, Spanish, Italian, Irish, French, etc. The chief Vulgate manuscripts are:将来の批評家の仕事はフランス、アイルランド語イタリア語スペイン語様々なタイプ、、、、などを再構築することによって、テキストを再構築することであろうチーフウルガタ聖書の写本は、次のとおりです。

A, or Cod. 、またはタラです。 Amiatinus (qv) (eighth century; at Florence), contains complete Bible; text probably Italian, best extant manuscript of Vulgate. Amiatinus(QV)は(8世紀、フィレンツェで)、完全な聖書を含んでいます。ウルガタ聖書のテキストは、おそらくイタリア語、最高の現存写本。

C, or Cod. C、またはタラです。 Cavensis (ninth century; at La Cava, near Naples), a complete Bible; best representative of Spanish type. Cavensis(九世紀には、ナポリ近くラカヴァ、で)、完全な聖書;スペイン語タイプの最高の代表。

Delta, or Cod.デルタ、またはタラです。 Dunelmensis (seventh or eighth century; in Durham Cathedral, England), Gospels; text akin to A. Dunelmensis(7または8世紀;ダラム大聖堂、イングランド)、福音書、テキストAに似ている

F, or Cod. F、またはタラです。 Fuldensis (AD 541-546; at Fulda, in Germany), a complete New Testament; Gospels are in form of Tatian's "Diatessaron". Fuldensis(西暦541から546;フルダで、ドイツでは)、完全な新約聖書、福音書はtatianの "Diatessaron"の形式になっています。 Bishop Victor of Capua found an Old Latin version of Tatian's arrangement and substituted the Vulgate for the Old Latin.カプアの司教ビクターはtatianの配置のラテン語の古いバージョンを発見し、古いラテン語ウルガタ聖書のために置換。

G, or Cod.グラム、またはタラです。 Sangermanensis (ninth century; at Paris), contains the Bible. Sangermanensis(九世紀、パリで)、聖書は含まれています。 In Acts, Wordsworth uses it more than any other manuscript.行為では、ワーズワースはそれを他の写本よりも多く使用する。

H, or Cod. H、またはタラです。 Hubertianus (ninth century; in British Museum, London), a Bible; Theodulfian type. Hubertianus(九世紀、大英博物館、ロンドン)は、聖書; Theodulfianタイプ。

theta, or Cod.シータ、またはタラです。 Theodulfianus (ninth century; at Paris), a Bible; Theodulfian type. Theodulfianus(九世紀、パリで)、聖書; Theodulfianタイプ。

K, or Cod. K氏やタラです。 Karolinus (ninth century; in British Museum, London), a Bible; Alcuin's type. Karolinus(九世紀、大英博物館、ロンドン)は、聖書; alcuinのタイプです。 See V.参照V.

O, or Cod. O、またはタラです。 Oxoniensis (seventh century; at Oxford, in Bodl.), contains Gosp.; text English, affected by Irish influences. Oxoniensisは(7世紀;オックスフォードでは、Bodl内)、Gospを含む;。アイリッシュの影響によって影響を受けるテキスト英語、。

O2, or Cod. O2、またはタラです。 Oxoniensis, or Selden Acts (eighth century; at Oxford, in Bodleian), contains Acts; Irish type. Oxoniensis、またはセルデン行為(8世紀、オックスフォードでは、ボドリアンで)は、行為が含まれ、アイリッシュタイプ。

Q, or Cod. Q、またはタラです。 Kenanensis, Book of Kells (qv) (eighth century; in Trinity College, Dublin), contains Gosp.; Irish type.ケルズのKenanensis、ブック(QV)(8世紀;トリニティカレッジ、ダブリンで)、Gospを含む;。アイリッシュタイプ。

S, or Cod. S、またはタラです。 Stonyhurstensis (seventh century; at Stonyhurst College, England), contains John; text akin to A and probably written near Durham. Stonyhurstensisは(7世紀; Stonyhurst大学、イングランドで)、ジョンが含まれていますが、テキストに似て、おそらくダラム近くに書かれています。

V, or Cod. V、またはタラです。 Vallicellianus (ninth century; at Rome, in Vallicelliana), a Bible; Alcuin's type. Vallicellianus(九世紀、ローマでは、Vallicelliana)は、聖書; alcuinのタイプです。 See K. Kを参照してください

Y, or Cod. Y、またはタラです。 Lindisfarnensis (seventh century; in British Museum, London), Gospels. Lindisfarnensis(7世紀、大英博物館、ロンドン)、福音書。 Liturgical directions in text show it is a copy of a manuscript written in Naples; text akin to A.テキスト内の典礼の方向は、それがナポリで書かれた原稿のコピーであることを示し、Aに似ているテキスト

Z, or Cod. Z、またはタラです。 Hareianus (sixth or seventh century; in Brit. Mus., London), contains Epist. Hareianus(第6または7世紀;。ブリットハツカネズミで、ロンドン)、Epistが含まれています。 and Apoc.とapoc。

V. SYRIAC MANUSCRIPTS V.シリア語写本

(1) Old Syriac (OS) (1)旧シリア(OS)

The Curetonian and Sinaitic Syriac manuscripts represent a version older than the Peshitto and bear witness to an earlier text, one closely akin to that of which D and the Old Latin are witnesses. Curetonianとのsinaiticシリア語写本は、それ以前のテキストにDと、古いラテン語は、目撃者であるのそれに酷似して1をPeshittoとクマの目撃者よりも古いバージョンを表しています。

The Curetonian Syriac (Syr-Cur) manuscript was discovered in 1842, among manuscripts brought to the British Museum from the monastery of S. Maria Deipara in the Nitrian desert in Egypt, and was published by Cureton in 1858. Curetonianシリア(SYR-CUR)原稿はエジプトの砂漠でNitrian S.マリアDeiparaの修道院から大英博物館に持ち込ま写本のうち、1842年に発見され、1858年にキュアトンにより公開された。 It contains five chapters of John, large portions of Matt.それは、ジョンの5章、マットの大部分が含まれています。 and Luke, and Mark, xvi, 17-20, enough to show that the last twelve verses were originally in the document.とルカ、マーク、16、17-20、十分な最後の12の印が文書内にもともとあったことを示します。

The Sinaitic Syriac (Syr-Sin) was found by Mrs. Lewis and Mrs. Gibson, during 1892, in the monastery of St. Catherine on Mount Sinai.シリア語のsinaitic(SYR-SIN)はシナイ山の聖カタリナ修道院で、1892年の間​​に、ルイスアンドミセスミセスギブソンによって発見されました。 This palimpsest contains the Four Gospels in great part, though not entire; it is an earlier recension of the same version as Syr-Cur.このパリンプセストは、全体ではないが、大部分、四福音書が入っていますが、SYR-野良犬と同じバージョンの以前の校訂本である。 Both are assigned to the fifth century and represent a Syriac version which cannot be later than AD 200.両方が五世紀に割り当てられ、後で西暦200よりすることはできません、シリアのバージョンを表しています。

(2) The Diatessaron (2)Diatessaron

This harmony of the Gospels was written by Tatian, an Assyrian and the disciple of Justin Martyr, about AD 170, and was widely used in Syria.福音書のこのハーモニーがtatianの、アッシリアと約170の広告ジャスティン殉教者の弟子によって書かれたもので、広くシリアで使用されていた。 Our manuscript records are two Arabic versions, discovered one in Rome the other in Egypt, and published 1888.私たちの原稿レコードが2アラビア語バージョンです、エジプトローマの他の1つを発見し、1888年を出版した。 A Latin translation of an Armenian edition of St. Ephraem's commentary on the Diatessaron is in like manner witness to this early version of the Gospels. Diatessaron上の聖ephraemの論評のアルメニア語版のラテン語の翻訳は、福音書のこの初期バージョンに同様の様式の証人になっています。 Scholars are inclined to make Tatian's to be the earliest Syriac translation of the Gospel.学者は福音書の最古のシリア語の翻訳であることがtatianのを作るために傾斜している。

(3) The Peshitto (3)Peshitto

The earliest manuscript of this Syriac Vulgate is a Pentateuch dated AD 464; this is the earliest dated Biblical manuscripts; it is in the British Museum.このシリア語ウルガタ聖書の最古の写本は、紀元464日付の五で、これは最も早い日付の聖書の写本であり、それは大英博物館にあります。 There are two New Testament manuscripts of the fifth century. 5世紀の2新約聖書の写本があります。 In all, the Peshitto manuscripts number 125 of Gospels, 58 of Acts and the Catholic Epistles, and 67 of the Pauline Epistles.すべてでは、Peshitto写本の福音書の番号125、行為とカトリックの書簡58、パウロの書簡67。

(4) The Philoxenian Syriac version (4)Philoxenianシリア語版

The Philoxenian Syriac version of the New Testament has come down to us only in the four minor Catholic Epistles, not included in the original Peshitto, and a single manuscript of the Apoc., now at Trinity College, Dublin.新約聖書のPhiloxenianシリア語バージョンは、元のPeshittoに含まれていない4つのマイナーカトリックの書簡、とapocの単一原稿にだけ先に降りて来ている。現在、トリニティカレッジ、ダブリンで。

(5) The Harklean Syriac version (5)Harkleanシリア語版

This version of the New Testament is represented by some 35 manuscripts dating from the seventh century and later; they show kinship with a text like to D.新約聖書のこのバージョンは、7世紀から、後でいくつかの出会い系35の写本によって表され、それらはA〜Dのようなテキストを持つ親族を表示

(6) The Palestinian Syriac version (6)パレスチナシリア語バージョン

This version of the New Testament has reached us by lectionaries and other fragmentary manuscripts discovered within the past sixteen years.新約聖書のこのバージョンはlectionariesと過去16年以内に発見された他の断片的な写本によって私達に達している。 The three principal manuscripts are dated AD 1030, 1104, and 1118. 3主要な写本は紀元1030年、1104年に日付を記入し、1118アール。

VI. Ⅵ。 ARMENIAN MANUSCRIPTSアルメニアの原稿

Armenian manuscripts date from AD 887, and are numerous.アルメニア語写本は紀元887から現在まで、数多くあります。

VII. Ⅶ。 COPTIC MANUSCRIPTS原稿で、コプト語

(1) Sahidic (1)sahidicさ

The Apocalypse is the only book of the New Testament which has come down to us complete in a single manuscript of this dialect of Upper Egypt.黙示録は、上エジプトのこの方言の単一原稿に完全な私たちに降りてくる新約聖書の唯一の本です。 Many isolated fragments have of recent years been recovered by excavation in Egypt; from these it may soon be possible to reconstruct the Sahidic New Testament.多くの孤立した断片は、近年のエジプトでの発掘によって回収されたが、これらから、それはすぐにsahidicとともに、新約聖書を再構成することが可能かもしれません。 The earliest fragments seem to belong to the fifth century.最古の断片は、5世紀に属しているように見える。 Some of these manuscripts are bilingual (see T of New Testament manuscripts).これらの写本の一部は(新約聖書の写本のT参照)バイリンガルです。

(2) Boharic (2)Boharic

This version in the dialect of Lower Egypt is well represented by manuscripts of the same character as B-aleph.下エジプトの方言では、このバージョンはよく、B-アレフと同じ文字の原稿で表されます。 The Curzon Catena is the earliest extant Boh.カーゾンカテナは、現存する最古のBOHです。 manuscript of the Gospels; it is dated AD 889 and is in the Parham Library.福音書の写本、それは、AD 889の日付とパラムライブラリに入っています。 Others are of the twelfth and thirteenth centuries.その他は、12と13世紀のものである。 None is at all so old as the Sah.どれもまったくSAHほど古いません。 fragments.断片。

(3) Middle Egyptian (3)中東エジプト

Middle Egyptian fragments on vellum and papyrus, have been found in Fayum and near to Akhmim and to Memphis. 、ベラムとパピルスエジプトの中東フラグメントがFayumとアフミームに、メンフィスの近くで発見されている。 The largest of these fragments is a British Museum sixth-century palimpsest of John, iii and iv.これらのフラグメントの最大のものは、大英博物館のジョン、IIIおよびIVの6世紀の歴史を残す場所です。

Publication information Written by Walter Drum.ウォルタードラムによって書かれた文献の情報です。 Transcribed by Bryan R. Johnson.転写された共和党ブライアンジョンソン。 The Catholic Encyclopedia, Volume IX.カトリック百科事典は、ボリュームIX。 Published 1910. 1910年に公開します。 New York: Robert Appleton Company.ニューヨーク:ロバートアップルトン会社です。 Nihil Obstat, October 1, 1910.ニヒルのObstat、1910年10月1日。 Remy Lafort, Censor.レミlafort、検閲。 Imprimatur.認可。 +John M. Farley, Archbishop of New York +のJohn M.ファーリー、大司教オブニューヨーク

Bibliography 参考文献
HEBREW MANUSCRIPTS: STRACK AND HARKAVY, Catalog der hebr.ヘブライ語写本:シュトラックとHARKAVY、カタログデアhebr。 Bibelhandschriften der kaiserlichen Bibliothek (Leipzig 1875); NEUBAUER, Facsimilies of Hebrew manuscripts in the Bodleian Library (Oxford, 1886); NEUBAUER, Catalogue of the Hebrew Manuscripts in the Bodleian Library and in the College Libraries of Oxford (Oxford, 1886); KRAFT AND DEUTSCH, Die handschriftl. Bibelhandschriftenファンデkaiserlichen国立図書館(ライプツィヒ1875年); Neubauerさん、ボドリアン図書館でヘブライ語写本のFacsimilies(オックスフォード、1886); Neubauerさん、ボドリアン図書館とオックスフォード大学の図書館でヘブライ語写本のカタログ(オックスフォード、1886); KRAFT AND Deutschは、handschriftlダイ。 hebräischen Werke der KK Hofbibliothek (Vienna, 1857); STEINSCHNEIDER, Die hebräisch. hebräischenヴェルケ·デル株式会社Hofbibliothek(ウィーン、1857年); STEINSCHNEIDER、ダイhebräisch。 Handschriften der K. Hof. Handschriftenデア·K·ホーフ。 und Staatsbibliothek (Munich, 1895); SCHILLER-SZINESSY, Catalogue of the Hebrew manuscripts preserved in the University Library (Cambridge, 1876); ASSEMANI, Bibliothecæ Apostolicæ Vaticanæ codices Orientales (Rome, 1756); MAI, Appendix to Assemani (Rome, 1831).ウントStaatsbibliothek(ミュンヘン、1895);シラーSZINESSY、大学図書館(ケンブリッジ、1876)に保存されてヘブライ語写本の目録;アッセマーニ、BibliothecæApostolicæVaticanæcodexのオリエンタル(ローマ、1756); MAI、アッセマーニの付録(ローマ、1831 )。

GREEK MANUSCRIPTS (OLD TESTAMENT): SWETE, Introduction to the OT in Greek; KENYON, Our Bible and the Ancient manuscripts (1898); NESTLE, Septuagintastudien (1886-1907); FIELD, Origenis Hexaplorum quæ supersunt (Oxford, 1875).ギリシャの原稿(旧約聖書):スウィートは、ギリシャ語のOTを紹介する;ケニオン、私たちの聖書や古代の写本(1898);ネスレ、Septuagintastudien(1886年から1907年)、フィールド、Origenis Hexaplorumquæsupersunt(オ​​ックスフォード、1875)。

GREEK MANUSCRIPTS (NEW TESTAMENT): SCRIVENER, Introduction to the Criticism of the New Testament (1894); GREGORY, Textkritik des NT (1900); Die Griechischen Handschriften des NT (1908); HARRIS, Further researches into the history of the Ferrar-group (1900).ギリシャの原稿(新約聖書):書士は、新約聖書(1894年)の批評を紹介する;グレゴリー、TextkritikデNT(1900);ダイGriechischen HandschriftenデNT(1908);ハリスの歴史にさらなる研究Ferrar-グループ(1900)。

LATIN MANUSCRIPTS: BURKITT, The Old Latin and the Itala (Cambridge, 1896); WORDSWORTH, SANDAY, AND WHITE, Old Latin Biblical Texts (Oxford, 1883-97); GREGORY, Textkritik des NT (1900).ラテン語原稿:バーキットリンパ腫、古ラテン語とイタラ(ケンブリッジ、1896);ワーズワース、サンデー、白、古ラテン語聖書の中のテキスト(オックスフォード、1883年から1897年);グレゴリー、TextkritikデNTの(1900年)。 WORDSWORTH AND WHITE, Edition of the Vulgate (1889-1905)ワーズワースと白、ウルガタ聖書の版(1889-1905)

SYRIAC MANUSCRIPTS: LEWIS, The Four Gospels translated from the Sinaitic Palimpsest (1894); WOODS AND GWILLIAM in Studia Biblica, vols.シリア語原稿:ルイス、シナイパリンプセスト(1894)から翻訳四福音書; Studia Biblica、vols学ウッズとGWILLIAM。 I and III. IおよびIII。

COPTIC MANUSCRIPTS: CRUM, Catalogue of Coptic manuscripts in the British Museum (London, 1905); HYVERNAT, Etude sur les versions coptes de la Bible in Rev. Bibl.コプト語原稿:CRUM、コプト語大英博物館カタログの原稿(ロンドン、1905); HYVERNAT、牧師Biblでエチュードシュールレバージョンcoptesデラ聖書。 (1896). (1896年)。


This subject presentation in the original English languageで、元のプレゼンテーションこのテーマ英語言語


Send an e-mail question or comment to us: E-mail電子メールを送信するご質問や意見を我々 :電子メール

The main BELIEVE web-page (and the index to subjects) is atメインのウェブページと思わページ(と、インデックスを科目)はです